したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【解決!?】金木犀春欄慢【宴会!?】

1 ヨモギ茶 :2011/04/19(火) 14:23:48
【妖幻卿金木犀】

そこは、妖怪と人間が共存し、共に暮らしているお伽草紙のような箱庭世界である

ずっと昔は人間と妖怪は敵同士でしかなかったが、今ではお互いにうちとけ。
幻想と現実がまじりあったような環境を作り出していた。

今宵は、何度目かはもう解らない4月の春。
金木犀はどこもかしこも、優しい桜の色で覆い尽くされ。空も柔らかいパステルカラーとなり、
毎度の恒例行事となっているようで、まさにピンク色の雲としかいいようがない桜の花々の下では。
住民達がこぞって甘酒の瓶やらしきものやらごちそうなど、花見の宴会の準備をしていた。

金木犀をいろどっている桜の木々の中には、まさしく桜の主、または妖怪桜としかいいようがないものがあり、
その中には、金木犀の春を司る少女が宿り。金木犀に毎年やってくる春の度に桜と共に目覚め、住民と共に宴を楽しむのだとか

「いやあっ・・・今年も、すんげー桜が咲いたよなあっ!!!」

風に舞い続ける花びらをかぶりつつある民家の一つ。
お伽タウンと呼ばれる村と幻の森の中間に位置する所。
窓の外でふりしきる花びらの雨をみつめながら、キータは嬉しそうに尻尾をふりながらいった。

毎年、この妖幻卿では春に桜が咲き誇り、宴会をするのは常識みたいなものになっており、
キータ達三人の住む家近くのお伽タウンに住む人々が、積極的に道具や食糧などをもちよって準備にとりかかっているのだ。

「さーて・・・こーしちゃいられないぜ!死ぃ無!雪牙!俺達も宴会の手伝いにいこう!って・・・おい、どーしたんだ?」

はやくいこう!とせかそうとしてふりかえったキータ。しかし、なにやら雪牙は浮かない顔をしてカレンダーをみつめており、
死ぃ無もまたなんか変じゃないの?といいたそうにしている・・・

「なあ・・・・キータ。なんだか変じゃねーのか?」
「え?なんでだよ・・・」
「だってさあ・・・。・・・・いまってまだ真冬時じゃねーの? どーして、いきなりこんな春まっさかりになっちまってんの?」
「えぇっ!!!?まだ真冬って、何言ってんだっ!!!;」

まだ真冬とはどういうことか、現に気温は心地いい程に暖かく、まんべんなく世界は春色に彩られているではないか
びっくりしているキータは雪牙にカレンダーを見せてもらった。
見た感じぺらっぺらの一枚の紙にひづけなどを描いただけのようだが、羽根が生え、付け根には人間の眼球がある。
妖怪化して命をもったその紙は、日付の変化とともに自動的に今を映し、決して嘘はつかない。

その。妖怪カレンダーにしるされていた日付。そして。現在の季節は―――――




2月1日(Or12月2日)。冬のもっとも寒いはずの時期である―――――――




=金木犀春欄慢=

2 腐れ飯 :2011/04/24(日) 23:03:09

桜雲とはこういうことをいうのだろうな。
「お姉ちゃんすごいよ!みてみて桜」
こんな綺麗な桜はいつぶりだろう。まだ子供のころ、剣と剣のママと、私の家族で見に行ったっけ、剣は桜よりお弁当ばっかり食べて…
「人いるよ人!えんかいってやつかな?なんか楽しそうだなぁ」
この暖かい陽気、太陽の匂い…からだの奥まで染み渡る春の風…春…春…
「ねぇねぇおねえty

「春じゃねええ え え え え え え え ええええええええ!!!」

「うきゃぁ!」
迷子になるがまま彷徨ってたら変なところについてしまったのはつい先ほどの話。
寒い寒い森をマルボをつれて歩いていたら急に眠気がおそってきて空間が捻じ曲がった。
で、目を覚ましたら

「ここ何処!?」
「わ…わかんない…けど…」
私達と同じ世界だろうか?
綺麗過ぎる桜に、少しそこらへんの理性が外れてしまった。
「ねぇねぇ、あっちにいっぱい人いるみたいだし、いってみようよ!」
「えぇ…でも…」
「そこらへんのどきょうがないから剣兄ちゃん私にとられちゃうんだよ」
「とら…とられてないし!!いや…ていうかアイツは関係…」
「とりあえず私はあっち言ってみるね!蘭花姉ちゃんもきなよ!」
そういうとマルボはスキップしながらあっちへ行ってしまった…。
強い風が吹く…春の香りだ…暖かく優しい…。
パステルカラーの空模様に、懐かしさが溜まっている心の奥をさすられたような気持ちになった。少しでも気が緩むと、この世界に包まれて眠ってしまいそうだった。それほどにここは居心地がよく、気持ちが良かった。

「どっけどけどっけえええええい!」

蘭花が振り向いた瞬間、ドカンドカンと二連続の打撃が走る。

「な…なに…いまの…」
「おい!おい!」
赤くなった鼻をさすりつつ、涙目でゆっくり前をむく。すると、二人の小人がこっちを見て笑っていた。
羽はないようで、地面にふんぞりかえって立っている。人というには小さい…
これ…

「妖精?」
「ざまーみろペチャパイ」
ケタケタ笑いながらその二人は走り去ってしまった…

こ…この…

「クソガキ共があああああああ!!」

そういうと蘭花は猛スピードでその妖精を追いかけるのだった…。

3 バッシャー :2011/04/25(月) 00:14:35
「待ちなさあああああ!!」

2人組の妖精を猛スピードで追いかける蘭花。だが・・・

「きゃあんっ!」

<すってーーーん!>

何かに足を引っ掛けて転倒してしまった。妖精はその間にそのまま遠くに行ってしまい、やがて見えなくなった。

「うぅ〜、逃げられた・・・一体なんなの・・・よ?」

転倒した状態のまま、妖精が逃げていった方向を向き、その後足の方に目を移す。
そして足に引っかかったものを見た蘭花は・・・驚愕した。
それは・・・干乾びてしまい、ぐったりと横向きに倒れている少女であった。
少女は跳ねた青い髪型で、長い髪をお腹のあたりに巻いていた。また、薄くて見えづらいが背中から2本の触手が生えている。

「だ、大丈夫!?」
「なん・・・くる・・・ないさ・・・」

蘭花は思わず倒れている少女をゆさゆさ揺すってみる。その少女からは沖縄語の弱弱しい声が聞こえてくる。
どうやら生きてはいるようだ。だが、見るからに息苦しそうな様子であった。

「ど・・・どうすればいいの。」

どうすればよいか分からず、蘭花は戸惑ってしまった。

4 ヨモギ茶 :2011/04/25(月) 07:20:03
「あ〜ここらへんやったんか〜・・・。お嬢はん。こないな所でどないしたんでっか〜?」

なんとなく力が抜けてしまいそうな、のーーーんびりとした声がすぐ近くから聞こえた。
微妙にほわ〜んとしかかった蘭花であったが、突然すぐ近くから声をかけられたのだ。驚かないのは流石に無理であろう

「だ――――誰っ!!?」

ぽわ〜んとしかかった意識をしゃきっとさせ、声の主へと勢いよく振り返る。
・・・声の主らしき少年は、・・・地面に頭から突き刺さり。なんかよくわかんない事をわめきながら両足をばたばたさせていた。
おそらくは、振り返って身構えた蘭花の気迫におされたのであろうが。小心者というか、最初に脅かしておいてという感じである。

「あっ・・・!?ちょ、ちょっと大丈夫!?ごめんなさい!?」

干からびてしまっている女の子も心配だがこのままではこの人窒息しちゃう。
そう想い、蘭花は地面にめり込んだ人の足をひっぱって引っこ抜こうとするけれど。
蘭花は女の子ゆえに腕力がないので、どうにも引っこ抜くことができなかった。

「う〜〜〜〜っ・・・抜けない。どうしよう・・・。はっ・・・」

蘭花ははたとひらめいた。これだけ花が咲き乱れ、生命の伊吹に満ち溢れている場所だ・・・。それならば、きっと。
蘭花が静かに念じはじめると、地面に埋まった人の周辺の花達が芽吹き、やがて大きな蔓となって埋まった人に巻きつくと
更に成長をしていく力に任せ。地面に埋まっていた人を引きぬいた。
その人はまるで忍者というか古き良き時代の人のような格好で、髪は血みたいな朱色だった。

「げへっげへっ・・・いやあ〜げふん。脅かしてしもて・・・助けてもろてえろ〜すんまへん・・・(T▽T)」
「いえいえ・・・。地面にささっちゃったのは私のせいですから・・・。ところで、あなたの名はなんというんですか?私は桃崎蘭花といいます。」

どうにかひっこぬけたのを確認すると、蔓を動かしてその人に上を向かせてあげて、穴ではない場所におろしてあげた。
役目を終えた蔓はまるでビデオの逆再生の如く、生まれてきた地面へと戻っていった。

地面に逆さに生えてしまった人(え)。彼の名前は煉賀といった。
彼はある人達に会う為に桜木道を歩いていたのだが、
なにやら遠くからめちゃくちゃ怒っている感じの蘭花の声が聞こえたので、
なんやなんやと驚きつつこちらへとやってきたのだった。

「そうだったんですか・・・驚かせちゃってごめんなさい・・・」
「ええねんええねん。さっきたすけてもろただけでもう十分やわ〜(´▽`*)」

「ところで桃崎はん、さっきの怒りようからして、れぷらこーんにあったんちゃいまっか?」
「れぷらこーん・・・?」
「小人みたいな姿をした二人組の妖精や。それがたいそーな悪戯好きでなー。そなんして驚いたり、怒ったりしてんのを喜ぶんや。(´▽`)」

確かにあの二人組の妖精は、こちらを転倒させた後、「ぺちゃぱーい」とかいってけたけた笑っていた。
・・・・・思い出したらなんだかも〜〜〜怒りが再びこみ上げてくるっ!!!

「・・・・・〜〜〜〜〜あ い つ らあああああああああああ!!!」
「ちょ――――ちょっとちょっとちょっとあんさんっ。な、なんかわすれてないでっか!?というか、なんだか女の子ひからびてまっせ!?(´▽`;)」
「はっ・・・!!!」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

オオカミ少女と黒王子 DVD (初回仕様) - 廣木隆一


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板