したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【解決!?】金木犀春欄慢【宴会!?】

1 ヨモギ茶 :2011/04/19(火) 14:23:48
【妖幻卿金木犀】

そこは、妖怪と人間が共存し、共に暮らしているお伽草紙のような箱庭世界である

ずっと昔は人間と妖怪は敵同士でしかなかったが、今ではお互いにうちとけ。
幻想と現実がまじりあったような環境を作り出していた。

今宵は、何度目かはもう解らない4月の春。
金木犀はどこもかしこも、優しい桜の色で覆い尽くされ。空も柔らかいパステルカラーとなり、
毎度の恒例行事となっているようで、まさにピンク色の雲としかいいようがない桜の花々の下では。
住民達がこぞって甘酒の瓶やらしきものやらごちそうなど、花見の宴会の準備をしていた。

金木犀をいろどっている桜の木々の中には、まさしく桜の主、または妖怪桜としかいいようがないものがあり、
その中には、金木犀の春を司る少女が宿り。金木犀に毎年やってくる春の度に桜と共に目覚め、住民と共に宴を楽しむのだとか

「いやあっ・・・今年も、すんげー桜が咲いたよなあっ!!!」

風に舞い続ける花びらをかぶりつつある民家の一つ。
お伽タウンと呼ばれる村と幻の森の中間に位置する所。
窓の外でふりしきる花びらの雨をみつめながら、キータは嬉しそうに尻尾をふりながらいった。

毎年、この妖幻卿では春に桜が咲き誇り、宴会をするのは常識みたいなものになっており、
キータ達三人の住む家近くのお伽タウンに住む人々が、積極的に道具や食糧などをもちよって準備にとりかかっているのだ。

「さーて・・・こーしちゃいられないぜ!死ぃ無!雪牙!俺達も宴会の手伝いにいこう!って・・・おい、どーしたんだ?」

はやくいこう!とせかそうとしてふりかえったキータ。しかし、なにやら雪牙は浮かない顔をしてカレンダーをみつめており、
死ぃ無もまたなんか変じゃないの?といいたそうにしている・・・

「なあ・・・・キータ。なんだか変じゃねーのか?」
「え?なんでだよ・・・」
「だってさあ・・・。・・・・いまってまだ真冬時じゃねーの? どーして、いきなりこんな春まっさかりになっちまってんの?」
「えぇっ!!!?まだ真冬って、何言ってんだっ!!!;」

まだ真冬とはどういうことか、現に気温は心地いい程に暖かく、まんべんなく世界は春色に彩られているではないか
びっくりしているキータは雪牙にカレンダーを見せてもらった。
見た感じぺらっぺらの一枚の紙にひづけなどを描いただけのようだが、羽根が生え、付け根には人間の眼球がある。
妖怪化して命をもったその紙は、日付の変化とともに自動的に今を映し、決して嘘はつかない。

その。妖怪カレンダーにしるされていた日付。そして。現在の季節は―――――




2月1日(Or12月2日)。冬のもっとも寒いはずの時期である―――――――




=金木犀春欄慢=


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

レッドブルエナジードリンク 250ml×24本 - レッドブル・ジャパン

フルチャージ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板