したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が1スレッドの最大レス数(1000件)を超えています。残念ながら投稿することができません。

『年寄りのGID・続編』

1v(^o^):2007/05/05(土) 07:12:47 ID:crAs10yk
『年寄りのGID』の、続きです。
人を呼んだり、集めたりしませんので、のんびり書いてください。
老眼に気づき始めた人は、このスレの意味がわかるかもね。

2名無しさん:2007/05/05(土) 15:14:46 ID:7WLPegOo
皇太子さんが、結婚を望んでも、昭和天皇は、許しませんでした。
相手が、水俣病を起こしたチッソの元社長の、孫だったからです。
皇太子さんは、昭和天皇が亡くなってから、結婚しました。これは、週刊誌の噂です。
チッソの元社長は、水俣病の原因が、チッソの水銀ではないかと知っていながら、
廃液を流し続けて、たくさんの人を殺しました。
初めは、だれも原因がわかりませんでしたから、
皇太子さんの奥さんのお爺さんを、責めるわけには行きません。
でも、だんだと、原因がわかって来た後も、
水銀を流し続けたのは、人殺しです。

薬害エイズの先生にも、初めはエイズの原因がわかりませんでした。
でも、だんだんと、わかって来た後も、エイズの入った血液製剤を使い続けたので、傷害罪や殺人罪ではないかと、言われました。

性同一性障害も、内部の人には、最初から原因がわかっていましたが、お医者さんには、わかりませんでした。
いまは、お医者さんも、かなり、はっきりと知っていますので、これ以上、ホルモンや手術を続けると、牢屋に入ってもらうことも、あると思います。

3名無しさん:2007/05/05(土) 20:56:11 ID:8kZi57L.
前のスレッドで、何が病気かと、息巻いていらしたかたが、いましたが、
性同一性障害について、言いますと、
自分から、健常な生殖機能を阻害するのは、病気です。
広い意味での、精神病です。

健常な生殖機能を持っていながら、
精神的ストレスから、正常に機能しないことが、よくあります。
ほとんどの、精神障害で、性機能に異常の出る可能性があります。
何らかの精神的ストレスから、自分の身体の性別を、許容できなくなれば、性同一性障害です。

性機能の異常を、性別を許容できない心理として自覚するのは、流行文化の一つで、
性機能に異常のある人物の、性欲に駆られた異常行動を、社会に有害と見なし、
医師や学者が、本人の生殖機能を除去するために、意図的に流行させた文化です。
性機能の異常を、本人が性別の違和感として認識するように誘導し、
本人が生殖機能を除去して欲しいと言い出すように、仕向けました。

4名無しさん:2007/05/05(土) 22:36:52 ID:???
3才の時に確固たる性衝動が性欲があって
それを実行して、親のいない時に隠れて、同級生とセックス(性器は
なぜか使わず、裸になって工作用の水粘土を水で溶かして
それをお尻とか乳首とかに塗りあってひやっとする感覚を通して
刺激しあってました。その時想像していたのは、その同級生の男の子ではなく
男の子の手の感触を通して、繋がっていたイメージは
成人した筋肉質なたくましい男らしい男性でした。テレビや
身の周りにいるような成人した男性に性的に興奮していました。
よく遊びにくる大学生がうちに来ると胸がドキドキして息がつまりそうでした)
しました。私は肉体は男ですが、女の情念、性欲みたいなのがどろどろしてましたね
男が欲しくて欲しくてしかたがなかった。とにかく異常に性に対して
早熟だったことから、いわゆる性別を認識する前に
自分の性別違和を証明してしまったわけです。
家庭環境だとかストレスだとかトラウマだとか
そんなもの何にも関係なく
なんの影響を受ける前に、そういうことをしていた。

これが妄想だった。後ずけこじつけだったとかたづけられれば
むしろ良かったのかもしれませんが、
私は、4才の時に、その同級生と例のプレイをしているのを
祖母に見つかってしまい、それが両親に発覚してしまったのと
その幼稚園の同級生がそれを彼の両親に言ってしまったことで
大問題になってしまったわけです。。。
しかも彼らからしたら幼児ということ以上に同性間だったということが
ショックだったようで、両家だけの秘密として口外しないように
したそうですが、しばらくして小学生の低学年くらいの時に
だんだんと自分のやったことの意味を認識できるようになって
もう、その小学2、3年生の時点で、本当に切実に真剣に
自殺を考えてました。具体的に完遂自殺を計画してましたよ。
もう異様に脳が老けてしまって、、、、、
それからしばらく先の話は、さすがに書けませんね、辛くて

親とは、最近になってカミングアウトした
際にやっと当時のあの出来事を確認のために話すことができたのですが

今、思うことは、あの当時の経験を通して
何をどう考えても、いわゆる私にとっての性同一性障害というものが
後天的なものだとは、どう考えても考えられないということです。

思い切り、読み直しもしないで勢いで書いてます
以前、書こうと思って、推敲とかしているうちに
書き込むボタン押せなくなったので、もうこのまま勢いで
書き込んじゃいます。後の事はもう知りません。

5名無しさん:2007/05/05(土) 22:56:50 ID:???
男に対する性欲だけではなく
男をいたわる気持ちみたいなものも
早い段階からありました

とにかく私の不幸は、いわゆる性の目覚めが
異様に早かったことです

それだけ現実の人間関係の苦しみも深く根深いものになっていきました

私は自分として自慰行為で逝ったことがありません
常に他の誰か(奇麗な女性として)と想定しないと逝けません
女の肉体として想像しないと、逝けないのです
自分の肉体というよりも、自分の存在を拒絶しているのかもしれません

とにかく一番古い記憶が性衝動で、愛しい男性と繋がりたい
体を摩擦させ一体化したいマグワイたいというどろどろとした性欲でした
なんであんな幼児にそんな性欲が宿っていたのか
幼児の性欲に関しては別段珍しくもないのでしょうが
同性間や全く同じようなケースで語られている文献を見た事がありません

また気が向いたら、ちょくちょく書き込みしたいと思います。
一方的なオナニーみたいな文章ですが、そろそろ自分を断片的にでも
解放したいのです。

6a-1:2007/05/06(日) 04:35:18 ID:zTm.Ngss
>>4-5  オハヨウさん。体験談、書いてくれて、ありがとうね。
TG系の人の体験は、コミュニティ中で整理されたものが多くて、いわゆるステレオタイプかな。
学説や、マスコミで流される筋書きを、楯に取る人が多いの。
それに比べて、TS系の人は、個人的な思い違いや、思い入れが多いかしら?

3才の時の体験について、異様な感じはしませんでした。
子供って、気持ちよければ、何でもしますよ。
親に叱られるから、あまり、しないと思うけど。
お尻とか、ちんちんとか、皮膚とかって、もともと、気持ちよくなるようになってるから、そりゃあ、使いますよ。
ウンチとか、オシッコのことで、親から躾けられてるから、なんとなく叱られるんじゃないかなって、そりゃあ、思いますよ。
乳首も感じる人は、感じるね。
1960年頃、男の人に、乳首、感じるかって聞いても、10人に1人ぐらいしか、感じるって言わなかったくせに、
今は、感じるのが普通じゃないかって、平然と言います。
そう言えば、昔は、女性も、感じるなんて、恥ずかしくて言えなかったみたい。

7a-2:2007/05/06(日) 04:37:53 ID:zTm.Ngss
性欲って、男に対して感じるか、女に対して感じるかって、学習なんですよ。
生殖のことがあるから、性交渉ができるように、感じることを学習する文化に、落ちつきますけどね。
もともとは、何に対して感じてもいいみたい。
性欲の対称って、快感を引っ張り出すための糸口で、学習によって、条件反射の回路を作るの。
人間を見て感じてもいいし、石ころを触って感じてもいいの。
何も具体的な物を、見たり触ったりしなくて、何かのイメージを心に描くだけでもよくて、
何も心に描かずに、疲れたら感じるとか、暇になったら感じるとか、そんな習癖を作っても、一向に構いません。
性交渉しないと、人類は絶滅しますから、結果として、性交渉がうまく行くように、
性交渉が気持ちよくなる方向に、条件づけをする文化が、優勢になりました。
性器とか、射精とかには、もともと、気持ちよくなるシステムが組み込まれているから、
このシステムを、適当に作動させるために、何が適当かという条件反射づけの文化ができたの。
適当って、食べ物を作ったり、子供を守ったりもしないといけないから、性交渉してばっかりだと、生き残れません。
性交渉しなくても、性器の勃起や射精の、気持ちよくなるシステムが働けば、農作業している時も、気持ちよく、しんどい目に耐えられます。
食欲や睡眠の気持ちよさも、重なっていますけど、もともとの原始的な生まれつきの反射的な気持ち良さを機能させるために、何か遠回しのことや、遠回しの状態との間に、条件反射の回路を、学習によって作る文化ができているだけです。
自分一人で考えて、試行錯誤して、自分流の、条件反射の遠回しの回路を作るより、文化という、たくさんの人の経験を利用したほうが、楽チンでしょう?

8a-3:2007/05/06(日) 04:40:08 ID:zTm.Ngss
気持ちよくなる相手が、男だったので、自分の性欲は、もともと女のものなのだとか、異常かもしれないとか、お思いになっているのかもしれませんけど、何を思って気持ちよくなっても、自由なんですよ。
アレを擦って、背筋をピンとすると、気持ちよくなる反射とか、乳首やお尻をいじくると、気持ちよくなる反射とかが、生まれつき、仕組まれているだけで、その回路を動かすスイッチを、手で入れようが、足で入れようが、想像力で入れようが、性交渉で入れようが、自由です。
想像力でスイッチを入れるのが、一番、楽チンみたいですけど、何を想像しても自由なんです。
気持ちよくなる回路も、性器のほうから、脳味噌のほうまで、行き渡っていますので、そりゃあ、性器を擦ると、生まれつき、気持ちよくなるように出来ていますから、原始的で結構ですけど、脳味噌で何かを想像するだけでも、その回路のスイッチが入りますし、性器のほうだけを遮断して、脳味噌だけで気持ちよくなることもできます。
これも、性交渉しないと、人類は絶滅していましたから、できるだけ性器のほうを使う方法が、文化として優勢になっているだけです。
でも、性交渉なんか面倒臭くて、ただ気持ちよくなるだけでいいのなら、性器を反応させないようにして、快感を得たほうが、便利ですから、どこまでを性欲と言うのか、際限がありません。
性器を使わないでいると、錆び付いて、本番の性交渉の時に、機能しなくなりそうなので、そんな人が増えると、人類は絶滅するかも知れません。

何を想像しても、自由ですけど、子孫を残せなくなるのは、病気なんですよ。
すでに、子供を作った人なら、問題ありませんけど、作ったことのない人が、作れなくなったり、作りたくないと言い出すのは、病気とせざるを得ません。
人って、子孫を残したくなる仕組みがあるんです。
苦しみや痛みを、避ける本能があって、子供を育てて、年寄りの面倒を、若い人が見ることで、年寄りの苦しみや痛みを、和らげるようになっています。
子供を作る能力があるのに、子供を作らないで、気持ち良さばかりを求めて、子供のない年寄りが増えると、よその人の子が、他人の年寄りの世話をしなければいけませんので、あなたは何故、子供を作らなかったのかと、文句が出てきます。
子供を作る身体があるのに、子供を作らないのは、他人の善意に寄りかかって、他人に負担を掛けることなのですよ。
養子を貰って育てればいいと言う以前に、交通規則を守らなければ、人に迷惑を掛けてしまうように、何を学習して、どんな条件反射の回路を大脳に作り、生殖器をどうするかという文化も、肝心なところを、しっかりと守りながら、みんなの合意で、少しずつ変えて行かなければ、社会にぶら下がるだけの、厄介な人が増えてしまいます。

9a-4:2007/05/06(日) 04:41:45 ID:zTm.Ngss
人って、叱られると、嫌でしょう? 叱るって、実力で攻撃するぞっていう威嚇とか警告だから、叱られた人は、しっかりと覚えていないといけません。
重要なことだからですけど、嫌な事を覚えておくのは、ストレスになります。
ストレスがあると、人は、ストレス解消のために、何か、憂さ晴らしをしたくなりますが、
何をやっても、ストレスがあると、なかなか、うまく行きません。
嫌な事が、大切な事になっていて、覚えてなければいけませんから、融通が利かなくなるのです。
人って、貪欲だから、気持ちいいことなら、あの手この手と、色々な手口を覚えて行くのですけど、ストレスがあると、色々な手口を習得できなくなって、古い手口に、凝り固まって、融通が利かなくなります。
男の子と一緒に、気持ちよくなった事を叱られたので、あの手この手を習得できなくなり、女の子と一緒に、気持ちよくなることを覚えられず、男の子と気持ちよくなる事に、凝り固まってしまったかも知れません。
もっと、嫌な事があって、にっちもさっちも行かなくなると、トカゲの尻尾切りのように、その嫌な事を、ころっと、忘れてしまいますから、
これでは、嫌な事を、何度も何度も、繰り返してしまうような、ドジな人間になってしまいます。
嫌な事は、しっかりと覚えて、二度と繰り返さないようにしけなければいけません。

>>4-5の、体験談を拝見していると、なんでもない子供の気持ちよさを求める行為を叱られて、かえって、忘れられなくなり、融通が利かなくなったのではないかしら。
このぶんですと、もっと大切な、もっと嫌な事を、すっかり忘れてしまっている可能性があります。
女の子と、何かイイ事をして、叱られませんでしたか。
女の子と一緒に、気持ちよくなる手口を、トカゲの尻尾のように、切り落としてしまいませんでしたか。

10名無しさん:2007/05/06(日) 07:20:19 ID:???
これだけ肉体の魅力が強い世界では、心の学びは困難である。

この世界の魅力に狂った魂は、何度生まれてもこの世界の魅力に狂い、
永遠に進歩することはないだろう。

11名無しさん:2007/05/06(日) 10:47:10 ID:DqPmePkw
>>4-5 具体的に書かれていることについて、非常にあっさりした性欲で、通常の心理と言えるでしょう。
超能力を持ち合わせていませんので、書かれていないことについて、想像できません。
>>6-9さんの言う通り、重大なことを忘れている可能性がありますが、書けないと御本人が仰有っているので、どうしようもありません。

3才4才の経験を、御自身で解釈する時に、女の情念とか、どろどろとした性欲とかの表現を使うのは、性同一性障害とは異なる精神障害のようで、妄想性のものと思います。

酒鬼薔薇という中学生を御存知ですか。神戸で小学生の首を切った少年ですが、歓喜して犯行声明を出しています。
読みますと、中学生なら誰にでもありそうな、ごく標準的な悩みを持っていましたが、犯行に及んでしまいました。

あの少年も、標準的な、悩ましいストレスの結果、性欲に異常を生じ、残酷に人を殺して首を切り、校門に展示して快感を得ました。
性欲は、生きようとする意欲に、非常に深い関係があります。それが異常になれば、残酷に殺そうとする気持ちにもなります。

>>4-5の記事を読むと、通常の性欲が、あらぬ方向に妄想を呼び、性同一性障害を確信する結果になっています。
おそらく、性別に関する違和感や、性同一性障害の確信については、TGの運動にそそのかされて、砂鉄が磁石に引っ張られるように、性同一性障害に引き寄せられたに過ぎません。
具体的なオリジナルな経験が、あっさりとした素直なものですので、御自身の解釈の内容を、心理療法で治療するよりも、薬で妄想を抑えたほうが、確実と思います。

12:2007/05/06(日) 12:12:53 ID:l2KEdzYA
一斗樽一杯と、よく聞きました。
精力の総量は、精液に換算して、その量だそうです。
満杯なると、ED、陰萎、インポテンツで、男性ホルモンや、バイアグラでも、不能かしら。

よく見ると、不純物が含まれているから、
樽の中に柄杓を入れて、不純物を掬い取ると、満タンの樽も、うんと少なくなります。
柄杓で掬うのは、難しいから、遠心分離器や、電気泳動装置にかけて、お薬で沈殿させて、不純物を濾過したりします。
不純物を取り除き、純度を高めて、純粋なものだけを残すと、満タンだった一斗樽に、余裕ができます。

>>4-5の記事もそうでが、
TSでもTGでもTVでも、GIDのストレスは、原体験が単純なのに、不純物が多いので、原始的な体験の純度を高めて、不純物を取り除いてあげると、気持ちに余裕ができます。
酒鬼薔薇聖斗さん程度なら、うちのグループにも、一杯いらっしゃいますので、トランキライザーを使わずに、心理療法だけで、行けそうな気がします。
御本人が、心理療法を受け付けずに、待ちきれなくて、ホルモン注射をしてもらったり、インターネットでホルモン剤を買ったり、外国で手術をしたりして、全身に刺青を入れてしまいますけど、
世間の海に、思う存分、泳がせておいて、いよいよ行き詰まった時に、全身入れ墨の、悶々ネエチャン兄ちゃんに、心理療法をしてあげると、素直に治ってしまいます。
もちろん、強制的にお薬を投げ込むと、性別が違うとか、性転換をしたいとか、あほなことを言わなくなりますけど、そんな権限は、誰にもありません。

13名無しさん:2007/05/06(日) 19:12:23 ID:???
…なんだ、やっぱり想定内だったわ。。。がっかり
なんかおうむ返しみたいに同じことしか言わないよね、このお方?
だからこそ、この人の頭をショートさせるような事実を
つきつけてあげたんだけど、受け取ってくれないw
巧妙に無視する、その部分だけw
サカキバラ?w妄想が妄想を呼ぶw?自己紹介してるんでしょうか?

ちなみに私は、トランスしてません。女ホルもオペも
人として不自然なことは一切選択しませんでした。
残念ながら精神科にも警察にもお世話になったことはございませんw
受診したこともないですし、診断書も欲しません。
当事者の方にお会いしたこともございません。

普通の男性として生活し、男性として仕事のキャリアも重ねてきました。
もちろん結婚してません。女性と付き合ったこともございません。
友達ならいるけど、性的に興味を抱いたことは、一瞬たりともございません。
訓練やら馴れでなんとかなるなんて話を聞いて、催眠術をかけかけ
努力したけど、無理でしたねぇ…
一時期、ゲイになろうと思いたち、何人かのゲイとおつきあいしたことが
ありましたが、勃起はしても射精ができませんでした。
やっぱり男としての男らしさを求めてくる気持ちが伝わってきちゃうと
見た目だけがどれだけタイプでも無理なんですよね。

家族とはすべてカム済ませて、全員に受け入れてもらいました。理解なんて
最初から求めませんでしたが、理解できないことを理解、受け入れてくれたようです。

でもこれはあくまで自分の外側の話。内実ザワワザワワしてるわけです。
そして私は、いわゆるGIDというものに対してアンノジョブ並の好奇心を抱きはじめた
わけです。かといって偏った見地から分析していくとなると
上記の方々のようになっちゃうのでw
何事もトータルに、人間として、ありとあらゆる側面から
統合的に、そして直感的に、洞察していったわけですよ。
オカルトも科学も、私には何に対してももともと偏見もエゴもなかったので
感じたままに吸収していきましたね。

私が到達した境地、視点からGIDwを眺めている人が
他にいないのかなーって思って、気づける人が現れやしないかと
色々と、、、管理人さんにはわかると思いますが
精神分裂症ぎみに立場を曖昧にして書きなぐってる次第です
でも全て正直に書き込んでるつもりですが

サカキバラとかオウムとか古い何かにとりつかれてる人
まぁ年寄りには年寄りなりのフェードアウトな生き方考え方があると思うので
そっとしておいた方がいいのかな?でも、そのままでいいの?

もっと未知の世界が広がっているのにねー、一度その鎧のような知識を
脱いで、自然の中にでも入っていって、土いじりすることをオススメします。
人としてとても謙虚になれますよ。

14初心者の、お年寄りために:2007/05/06(日) 21:11:43 ID:X6mUmCFw
※『年寄りのGID・続編』というタイトルの、右のほうに、
All  First100  Last50  と表示されているでしょう?

【All の文字をクリックすると、このスレッドの投稿を、全部、読めます】
現在の状態は、途中の記事が省略されて、最後のほうの記事だけが、表示されています。

このスレッドは、年寄りのGID というスレッドの、いちおう、続きになっています。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/
スレッドを立てた人は、このスレッドと別の人ですし、
以前に世話していた人も、このスレッドには無関係ですので、
続きは続きでも、いちおう、という条件付きです。

15名無しさん:2007/05/07(月) 21:19:20 ID:sgl3Y4io
スポーツで、ドーピング禁止になってる競技が多いでしょう?
お相撲は、どうなのかな。ボディビルは、みんな、お薬つかってます。
プロレスも、たぶん、使ってるんじゃないかな。
オリンピックは、ドーピング禁止なのよね。
馬も、検査があって、禁止なんだけど、抜け道があって、みんな使ってるらしい。

性同一性障害も、ドーピング禁止にしたら、どうなのかな。
同性愛は、性同一性障害と違うんでしょう?
それで、性同一性障害の人って、埋没してると、みんなに笑われて、誹られるのよ。
そしたら、見せびらかしのために、性転換するしかないじゃん。
それだったら、ドーピング禁止にしたほうがいいと思うわ、ね、精神神経学会さん。
あたしも、使ってるけど、埋没してるって、みんなに怒られるの。

いま、テレビ見てたのだけどさ、高坂節○って人、あの人、伊藤忠の人だったんだけど、いま、経済同友会ね、あの人、湾岸戦争の時、ニューヨークで、なんで日本は軍隊出さないんだって、言われたそうなの。
ペルシャ湾のタンカーって、半分は日本行きじゃないかって、言われたので、憲法9条を改正しないといけないって、いま、テレビで言ってたのよ。
嘘ばっかし。
あたし、湾岸の時、石油の仕事でクウェートにいてたからさ、命からがら逃げたけど、その後、湾岸戦争のこと、みんなに聞いて、裏の事情、知ってるわ。
あれって、ブッシュとゴルバチョフが、カスピ海とイラクの石油のことで、裏取引したのよ、それで、ソ連はイラクから手を引いて、イラクはアメリカのものにするっていう約束になったから、あほのフセインが怒って、クウェートに攻め込んだの。
そんなの、丸紅とか三菱の人は、みんな知ってたから、伊藤忠の人も知ってるはずよ。
それでも、嘘ついて、ペルシャ湾のタンカーの半分は、日本行きだから、日本も自前の軍隊を作って、ペルシャ湾を守れるように、憲法9条を改正しないといけないと思った・・・なんて、ぬけぬけとテレビで言って、何も知らない視聴者をだましてたわ。
そのあと、カサブランカの「As Time Goes By」が、NHKの番組予告編で、ちらっと流れたので、ストレス解消したけど、高坂って悪い奴。

16名無しさん:2007/05/07(月) 22:58:48 ID:???
自分のメモ。長文御免。
カルマが全て噴出する感じというか
嘘のつけない時代というか
隠していたものが全て表に出てくる時代、という表現は合っていそうな感じがある。
いろいろなスレを見ていて思うんだが
憎悪の噴出や、あるいは、意識の統合がとれずに支離滅裂になっていく例が多い気がする。
憎悪というのは、ようするに、事態における自分の責任を認めたくないゆえに
相手を叩きつぶしたい、という感情かな。
それは、自分のなかの矛盾を、無理矢理、見ないようにすることであり
自分を嘘のなかに生きさせることだ。
しかし、隠蔽された内部矛盾や嘘は、自分のなかの病巣のような感じで
自分の生命を食っていく。
それが苦しいために、さらに外に敵をみつけて叩きたくなる。
(攻撃すると自分が正しいような気になれるからなんだろう。
さらに、相手が反応してくれることで自分のエネルギーが高まるのだろう。)
外を攻撃するエネルギーが大きければ大きいほど、自分の苦しさも大きい状態。
人からちょっと批判されるくらいでも、「耐えられない」のだ。
外が攻撃できなくなったらあとは崩壊しかないという意味で、
憎悪によってやっと自分を保っている状態なのだろうと思う。
で、精神崩壊というのは、おそらく、嘘を生き続けた結果、どこが本物でリアルか
自分でもわからなくなった状態なのではないか。
この段階では、自分をまとめさせる感情自体がもう崩れていて、
激しい憎悪もないし、そう苦しくはない模様だ。
しかし、砂の山が崩れていくように、無機的に周囲を巻き込んでいく感じがある。
そのようにして、憎悪か空虚に落ちていく人たちが、見受けられるように思う。

17名無しさん:2007/05/07(月) 23:26:01 ID:IJjHP0Jg
おれは、フセインの処刑ビデオを見た後、しばらくは、エレベーターに乗るたびに、天井を見上げたよ。
ロープがぶら下がっているのではないか、先端が輪っかになっているのではないか、気になって仕方なかった。
下りのエレベーターは、今でも、ヒヤッとすることがある。
仕事で、イラクの石油に関与したことがあるので、戦争で殺された首脳部の中に、知り合いもいた。
おれも、しばらくは、イラクに行けない。
湾岸戦争にしても、イラク戦争にしても、アメリカの石油資本が、自分達の地位を守るために、アメリカ国民を扇動したものだ。
日本人は、第二次世界大戦後、財閥が解体され、大企業の株は、企業の持ち合いになっている。
大企業のトップと言えども、会社員が多いが、アメリカでは、大企業の幹部は、ほとんど貴族階級に等しい資産家階級で、平民とは違う。
アメリカの関与した戦争は、この資産家階級の利益のために、平民が扇動されたもので、戦前の日本と同じだ。
軍隊は、手先にすぎない。
湾岸戦争とイラク戦争を見て、スーダンとナイジェリアとカスピ海の石油に、アメリカが最初から仕掛けを作っていたことを知った。
イラクで手こずっても、アメリカは儲かる手筈だった。
戦争を仕掛けたのがネオコンのブッシュ父子だから、当然と言えば当然だが、湾岸の時は、おれも若かったので、知らなかった。
いまに、プーチンとブッシュの密約が出てくると思うが、二人とも任期がないので、このまま逃げ切りだな。

18名無しさん:2007/05/08(火) 00:14:51 ID:3UzSYO4.
>>15 お前、BTCで伊藤忠に全部持って行かれたので、恨みがあるんだろう。
えー、一般のかたに、ちょい説明。
カスピ海沿岸のバクーと地中海を結ぶBTCというパイプラインが、去年の夏から稼働しています。このパイプラインを400億ドル分(4兆5000億円)、伊藤忠が受注しましたので、負け組は、伊藤忠をこき下ろしたくなります。このカスピ海の石油開発が、湾岸戦争の主要要因でしたので、当時のアメリカ伊藤忠の社長だった人(高坂某氏)は、軍隊をペルシャ湾に出せと、日本政府に進言しました。その勢いで、憲法9条改正を持ち出しています。アメリカ伊藤忠の社長は、ブッシュ父親大統領(テキサスの石油屋です)のネオコンと親しくしていましたが、そのブッシュがカスピ海とイラクの件で、ゴルバチョフと合意して湾岸戦争になりました。
15番さんは、負け組でしたので、高坂某氏の発言を聞いて、頭から湯気です。

もう昔の話。しかし、お前は、生き延びたんだねー クウェートで。死んでいたら・・・と思うと、ムカツクだろう。
許してやれや。

19名無しさん:2007/05/08(火) 17:29:24 ID:l4B9443Q
高坂*三氏は、アメリカ会社執行役という立場の、伊藤忠本社副社長、常務を経て、出資先の栗田工業に出向しました。亡くなった実弟の高坂*堯氏と共に、政財界のいわゆる京大人脈です。有名なパリ人肉事件の佐川一政氏の父親も、伊藤忠から栗田の社長に出向していました。栗田工業は、パリ人肉事件の2ヶ月後に、創業者が、バンコクで庭師に刺し殺されましたので、当時、週刊誌を賑わせました。創業者は、贈賄、粉飾決算などで、会社を伊藤忠に取られ、バンコクに島流しになっていましたが、そこでも不渡りを出し、現地の刑務所に、1年間、お勤めしていました。殺された当時は、自宅の庭で、日本料理店向けの野菜を作っていたそうです。このかたは、千歳丸の機関長でした。私と同世代の人なら御存知ですが、有名な引き揚げ船で、戦時中は病院船でしたが、もとは砕氷船として作られた特殊な軍艦でした。創業者は、燃料タンクの洗浄技術を、海軍で覚え、戦後、栗田工業を作りました。天然の女性ホルモンは、一時、日本で、中国の妊婦の尿から採取していました。伊藤忠がタンカーで新潟に運んでいたのを、当時の担当者から直接聞きましたので、間違いありませんが、中国で馬を飼育したほうが安上がりではないかと、首を傾げました。栗田のタンク洗浄技術がモノを言ったそうですが、栗田は、贈賄・粉飾が発覚する以前から、事実上、伊藤忠の支配下にありました。その後、妊婦の尿の輸入は、1年ほどで中止になり、原因は聞き出せませんでしたが、納得しました。
高坂*三氏は、石原*太郎氏の連れの、名うてのタカ派で、人殺しの好きな、やんちゃ坊主ですが、亡くなられたお兄さんも、頭蓋骨や音声の、口当たりに似合わず、短気なかたでした。私の知るGIDのかたがたのほうが、よほどヒューマニストですが、すぐに仕事をさぼり、行方不明になるので、困ります。放浪を好むのは、GIDの性癖でしょうか。

20名無しさん:2007/05/08(火) 21:02:56 ID:N7ZWdTsE
↑放浪癖、スミマセン。わたしもあります。小学校の時からです。
山下清っていう貼り絵の絵描きさんも、放浪癖がありましたけど、
絵の天才でしたから、許してください。
あの人は、知的障害? わたしは性同一性障害ですけど、
親戚みたいなものです。
きっと、天才ですから、許してください。
かんにんね。

21名無しさん:2007/05/09(水) 03:52:23 ID:zxjaZh1Y
>>15 "As Time Goes By"
http://www.youtube.com/watch?v=q_904RjfdhQ&NR

22名無しさん:2007/05/09(水) 20:53:45 ID:k/fG2QFw
上にリンクしてるyou tubeのビデオを見て、懐かしくなりました。
『カサブランカ』は、今でも、アメリカで最も支持されている映画だそうです。
戦争中に、まだドイツ軍が、フランスや北アフリカを、占領している時に、大慌てで作られました。
脚本も、まだ出来ていなかったので、作りながら本を書いたと、淀川長治さんが、テレビで言っていました。
翌年に、ドイツ軍が北アフリカから撤退して、『カサブランカ』は、アカデミー賞を受賞しました。
そのまた翌年に、アメリカ軍が、ノルマンジーに上陸したそうです。

ハンフリー・ボガードって、むちゃくちゃ、顔が大きくて、肩幅の狭い人でした。
肩幅が狭いので、顔が大きく見えるのか、顔が大きいので、肩幅が狭く見えるのか、どっちなのか、考えたことがありますけど、両方のようです。
漫画みたいな人でした。
イングリッド・バーグマンって、いま見ても正当派の美人で、マリリン・モンローのような、売春婦型美人とは、違います。
東洋風にすれば、わたしに似ていると思いました。

でも、本当は、ピアノの弾き歌いの、ドーリー・ウィルソンの喉と、フランスの警察署長役のクロード・レインズが、この映画の味わいなんですよ。

23名無しさん:2007/05/09(水) 21:43:19 ID:???
自分のことを、陰グリッド・バグまんに似ているとは、よく言うよ。
まあ、日本の可愛い系MtFの代表的失敗作であることは、多少認めるが、品がない、あんたは。
憂いがない。可愛いだけで、20才は若く見えるから、化け物に近い。

24名無しさん:2007/05/09(水) 23:33:45 ID:713so9b6
いや、30〜45才までは、憂いがあった。美しかった。
しかし、GID完治後、憂いがなくなり、可愛らしさだけになり、
年齢が年齢なので、気色悪くなった。
むかし、アンソニー・パーキンスの出ていた映画に、
"美女ドリアン・グレイの秘密"というのがあった。
オスカー・ワイルドの脚本だったと思う。
80才を超えても、25才の若さと美貌で、
友達は、皆、よぼよぼの老人になるのだが、
ドリアンだけは、いつまでも若い。
実は、バケモノだった・・・という映画。
ドリアン役が誰だったか、忘れた。

ところで、GIDは完治しても、GIDとして、
精神障害者のための、公的福祉を受けられるのか。
あんたは、完治しているが、これで精神障害者として、特典を受けたのでは、詐欺ではないか。

25名無しさん:2007/05/10(木) 00:10:04 ID:UvqeZSqA
何も受けてないよ、精神障害者のための福祉。精神障害者でないから。
子宮卵巣がないから、身体障害者かも知らんけど、年齢的に無関係。
SRSを受けて、抜けきらないと、一生、精神障害者になるね。
わたしは、子供の時、放っておけば自然に治るとか、自律神経失調症とか、ヒステリーとか、分裂病とか、お医者によって、いろいろ言われました。
SRSの後で、心理療法を受けて、性同一性障害と言われて、何年かして、完治と言われました。
SRS後、15年ほど、経過していました。
たぶん、性同一性障害という病名がなかった時代の見立てが、
お医者によって違うけど、とにかく、そういうのが、精神障害の本体で、
性同一性障害のほうは、便宜的なもの。
もともとの精神障害から、性的におかしくなり、文化的流行が耳に入って、
自分で、反対の性別だ、と言うところに、意地張って、立て籠もったのだと思う。
だから、性同一性障害が治ったって言うのは、もともとの精神障害が治ったっていう意味。
こんなのSRSしても治りませんから、自然治癒を待つか、心理療法で治すか、一生、もともとのままの、もともとの精神障害の心で暮らすか、どれかになると思います。
似たような精神的原因から、パスしない人も、性同一性障害になって、一生、性同一性障害っていう精神障害として、まちがった認識で、人生を終えるのだと思います。
治ってみると、どっちの性別でもよかった、という気持ちになるから、手術したぶんだけ、身体の負担になり、性同一性障害で意地張ったぶんだけ、心の道に迷って、遠回りしたことになります。

26ゆんゆん:2007/05/10(木) 00:12:19 ID:LMQIS/.g
すごいですね。
まるで「メルキオール」、「バルタザール」、「カスパー」みたいですね。

27名無しさん:2007/05/10(木) 12:10:05 ID:???
加齢で性欲が薄まるか、求められなく成るか、あきらめるか
無くなるかでもすれば、性同一性障害は完治するってこと?

28名無しさん:2007/05/11(金) 16:31:20 ID:w5VPnciY
↑ 性欲なくなると、性同一性障害もなくなるみたい。
男でも女でも、やりたいやりたいって気持ちが、性別どうのこうのって気持ちと繋がってるから。
よく性欲の対象とか、性嗜好の傾向とかって聞くけど、納豆が好きか嫌いかみたいで、
関東に生まれると、納豆好きになるけど、関西に生まれると、納豆嫌いになって、
一度、そうなってしまうと、なかなか変わらないので、生まれつき変更不能みたいに思ってしまう感じ。
簡単に変えられる人もいるし、絶対に変えられない人もいて、変更しやすい脳と、変更しにくい脳が、生まれつき決まってるかも。
変更しにくい人は、納豆があるのに、食べずに、飢え死にしてしまうそうです。
アメリカ、ヨーロッパの人は、納豆を食べる習慣がないので、関西の人に似ているけど、
これは、こういう食べ物で、食べても死なない、病気にならないとわかると、
簡単に食べて、味わえるようになる人と、少し計画的に練習すると好きになる人と、絶対に手を出さない人と、口に入れると吐き出してしまう人とが、いるそう。
性同一性障害の人は、一度、習慣がつくと、死ぬまで変更できないタイプの人で、脳の生まれつきのタイプは、統合失調症に似ているそうです。

29名無しさん:2007/05/11(金) 17:11:44 ID:94i19hI2
《1》このスレッドの、前身のスレッドに、性同一性障害は、統合失調症の希釈液ではないか、統合失調症と同じ機序の、ごく軽い症状の人達が、性欲に異常をきたし、文化的流行に誘導されて、先天的な性別の違和感のように、誤認したものではないか、という趣旨の意見がありました。蓋し、一般の医師の間で、最も支持されている見方でしょう。

統合失調症にも、さまざまな原因説がありますが、臨床の診断は、けっして、脳の中を見て判断するのでなく、幾つかの、心理症状の有無により判断しますので、基本的には、素人の常識感覚と同じです。これは、裁判官の判断が、法律や判例や学説を、根拠に上げたとしても、最も大切なことは、世間一般の常識感覚に添うように、判断する事と、同じです。
1950年代末に、日本でも、薬物療法が普及するようになりましたが、それ以前には、一般の人も、なまの統合失調症の症状を、よく街角で見かけ、それなりに、よく知っていました。多くは、破瓜型と言われる統合失調症のタイプで、20才前後に、急に、物を壊したり、叫んだりして、支離滅裂な心理状態になりますので、すぐにわかりました。
羽交い締めにして、身体を動かせなくする、声を出させなくする、などという応急措置が、一時的に、確実に、気持ちを落ちつかせて、おとなしくさせる効果がありました。少し、手を緩めると、また暴れ出しますが、強く羽交い締めにしている間は、本人も力を抜いています。声を出せないとわかると、観念して、無理に叫ぼうとしなくなり、気持ちも、少し落ちつきます。
しばらく、身体を寝かせて、しっかりと、拘束具で固定しておきますので、まるで、虐待しているかのようですが、そうではなく、この方法は、現在でも使用されています。今は、薬剤があるので、声を出せるようにしておくのが普通ですが、自分で叫んで、自分で興奮しますので、薬剤を多量に使うことになり、かえって、副作用のために、本人の脳や身体を、傷つけるかも知れません。
一般の人は、破瓜型の陽性症状と、病気の末に、痴呆になることだけを知っていましたが、医師は昔から、妄想型という、少し違うタイプの、統合失調症も、知っていました。破瓜型でも、妄想が出ますので、妄想型は、少し軽い症状の統合失調症と言えなくもなく、自然に治ってしまうこともあります。

動物実験によって、薬の作用する機序がわかっていますので、薬の効き方から、生きている人間の、統合失調症の脳の状態が、ある程度、想像できます。
脳の神経細胞の、シナプスという繋ぎ目と、ドーパミンという化学物質の話を、聞いたことがあると思いますが、脳が、その状態になるのが、統合失調症の原因ではなく、統合失調症の症状が出ている時、脳は多分、その状態になっている、ということです。
なぜ、そんな状態になってしまうのか、わかりませんが、遺伝的素質や、育ちかたや、気持ちの持ちかたも、原因として、関係があるようです。

薬を飲むと、統合失調症の症状は、うんと軽くなり、健常な人と、ほとんど区別がつかなくなる人もいますが、薬を飲まなくなると、また、元の症状が出てきます。
昔は、身体の動かし方や、発声の仕方などに、薬の副作用が出てきて、副作用を見ると、薬を飲んでいるのではないかと、想像できましたが、最近は、副作用が小さくなりました。
薬は、同じものを長期間、飲み続けていると、効き目が悪くなって、薬を飲んでいるのに、元の症状が、また出て来ることもありますが、何よりも、薬は、一定量を、機械的に飲みますので、生活の現場での、自由な心の振れに、対応できず、生活上の、具体的な気持ちが変化するたびに、一時的に、薬の過不足が生じ、脳の適応力の、守備範囲を逸脱してしまいます。

30名無しさん:2007/05/11(金) 17:21:36 ID:94i19hI2
心臓のペースメーカーほどには、気のきいた作用をしてくれません。統合失調症の薬は、これこれの生化学的作用があるとの、触れ込みになっていますが、脳の中身を見て投薬するのでなく、心理症状に対して使用しますので、論より証拠の、経験医療とも言えます。

薬を使うと、症状が軽くなり、統合失調症でない人達の、ごく軽い精神症状と、大変よく似てきます。このことから、薬の効き方により、統合失調症の脳の仕組が、想像できるだけでなく、症状の軽い精神障害の人の中にも、統合失調症と同じ仕組で起こる人達が、いるのではないかと、想像できます。統合失調症なのに、性同一性障害であると診断されて、性転換手術をされてしまったと、患者が医師を告訴する事件が、たまに、海外から聞こえてきます。

統合失調症は、様々な心理的症状の集まりですが、すべての人に、すべての症状が出るのでなく、人により、幾つかの症状が、選択的に出てきます。また、人により、症状の強弱がありますので、幾つかの症状が揃っていれば、統合失調症とされ、症状の数が足りなければ、別の病名になります。
病気ですから、重症の人から、軽症の人までいますが、ある程度、症状の軽い人は、その人の持つ適応力の範囲内に納まり、症状がピタッと出なくなります。人により、状況により、一定の閾値があり、一定値以下の軽い症状なら、その人自身が、心の融通を利かせて、自分で制御できますので、もはや精神症状でなく、健常と言えます。
統合失調症は、たくさんの症状の集まりですので、症状の非常に軽い人では、出てくる症状の数が少なく、統合失調症の要件を満たしませんが、精神症状の出る仕組は、統合失調症と同じで、単に症状が軽いので、別の病名になっているだけかも知れません。

人それぞれが、自分で融通を利かせて、多少、無理をしてでも、適応できる範囲が、狭い人もいれば、広い人もいます。許容範囲の幅が、生まれつきの素質として、決まっていることもあれば、その時の状況や、気持ちの持ちかたや、生活習慣などにより、広くなったり、狭くなったりすることもあります。
同じ食事や生活をしていても、素質的に、糖尿病になる人もいれば、ならない人もいますし、たくさん食べて、運動もしないので、その人の持つ血糖値の、素質的な許容範囲を超えてしまい、いつもインシュリンを、人よりも多く出し続けているうちに、インシュリンを出す仕組が、疲労してしまい、インシュリンが少ししか出なくなったり、インシュリンが効かなくなったりして、糖尿病になる人もいます。

どこまでなら、融通を効かせて許容できるか、糖尿病でも、統合失調症でも、生まれつきの素質と、時と場合によるものがあり、自分の素質の範囲内で、生活するように心掛ければ、ある程度、発病を防ぐことができますし、発病後も医師は、そのように生活を指導して、余計な症状の悪化を防ぎます。

食欲や睡眠が、日常の悩み事に対して、いかに敏感に反応するかは、健康な成人なら、誰でも経験的に、よく知っていることですが、反対に、食べ物がないと、深刻な悩みを惹し、睡眠不足になれば、様々な生活上のトラブルを、自分から招いてしまうことも、よく知っていなければなりません。
食欲や睡眠欲という言葉が、脳や心の仕組と、一致していないことを、疑ってみる必要があります。

31名無しさん:2007/05/11(金) 17:45:50 ID:94i19hI2
《上が2、これが3》性欲もまた、悩み事によって異常をきたすだけでなく、性欲の異常が、生活上のトラブルにもなり、どこからどこまでを、性欲と呼ぶかは、たんなる言語上の、便宜にすぎないかも知れません。
悩み事があり、性欲に異常をきたした、と言えば、いかにも原因と結果の関係のように聞こえますが、ネコの頭が見えているのなら、たぶん、尻尾が柱の陰に隠れているのではないか、尻尾だけが見えているのなら、頭が隠れているのではないか、という言い方かも知れません。
太陽が爆発すると、何分後かに、地球にも影響が及ぶと言い、光よりも速いものはないと言うと、なにか、時間のことを言っているような気がしますが、理論物理学者が使う時間と、私達が日常的に感じている時間とは、たまたま、時間という同じ言葉を使っていますが、まったく別の意味の、違う概念であり、同音異義語にすぎません。違う概念なら、理論物理学者は、新語を作れば良かったのですが、適当に、常識的な言葉を使って、比喩的に説明しなければ、一般の人には、理解できなかったようです。

常識的な意味の、性欲は、他の個体と間で、気持ちよくなろうとしますが、食欲や、睡眠欲も、他の個体との関係の上で、気持ちよさを求めることがあります。一般的に、気持ちよさには、他の個体との関わりを求めているところがあり、この関係が満たされれば、自分の身体が傷つこうが、死の瀬戸際であろうが、快感に浸りながら、恍惚状態で、のたうちまわることができます。ライオンに食べられるシマウマの、気持ちよさと痙攣に、似ているかも知れません。
人が年老いて、病気で死ぬ時に、死の恐怖から発狂することもなく、安らかに死んで行けるのは、自分という個体のことよりも、なにか別の事に、身も心も委ねているような気がしてなりません。

人間の個体が、他の動物よりも、幅広く、融通を利かせられるのは、先天的な行動や生理のプログラムが、個体の自由な学習を、折り込んでいるからです。学習しなければ、生きて行けませんから、人間は、大脳に負担のかかる動物です。
個体が自由に学習することから、自我が発達し、個体のレベルの行動が、他の動物よりも、遙かに重要になりました。人間では、単に、生きると言えば、個体の命が生きることを意味します。細胞の一つの命など、人間には、さほど重要でないように、個体の命など、動物では、さほど重要でありません。

自我は、大脳に負担をかけて、背伸びするかのように、個体の命に拘りますが、疲れると、自我を放棄して、母親の乳房に、顔をうずめるように、昔ながらの動物的な、集団の命に、身も心も委ねようとします。集団の命に馴染み、自分の利益を顧みないで、動物的な快感を貪っていたのでは、人間は、生きて行けませんので、辛いところです。

賢い人間は、自分の頭を使わずに、人の頭を使います。自我と自我の、取引と契約による、新しい自由な社会を作りました。他との、優れたコミュニケーション能力が、個体の利益を追求するための、自我中心の行動でありながら、旧来の動物的な、個体の利益を顧みない集団の命とは別の、新しい社会を発明しました。賢い人間は、新しい社会の、コミュニケーションによって、自我のストレスを軽減します。

性同一性障害の人の、子供の頃に多い心理的特徴は、他人や社会との、コミュニケーション能力の、著しい不足と、心身症状の出易さです。自我が、まともにストレスをかぶり、あまりのストレスに耐えきれず、解離して、自我を放棄し、トランス状態になり、動物的な集団の命に、身も心も委ねようとして、個体の死が近づいているにもかかわらず、恐怖を感じなくなるように、性欲に異常をきたし、生殖機能を除去することに、何の不安も感じなくなり、性別という動物的な命の役割分担を放棄して、生殖しない部分になることを妄想したのではないかと想像します。子供の頃の、自閉傾向と、ヒステリー傾向が、どの程度あり、性同一性障害のタイプに、どのように関係しているか、まだ、よく知られていません。基礎的な論理能力が、正常であるにもかかわらず、日常生活において、合理的な判断のできない人が多く、短気な人が、穏和な人に比べて、圧倒的に多いようで、性格の印象としては、28番さんのおっしゃるように、統合失調症の子供時代に似ています。統合失調症の人の子供時代でも、コミュニケーション能力の不足が目立ち、心身症状が出やすく、排尿排便の躾に手間取り、動物的な快感を制御するための、人間的な機構が未完成のまま、思春期を迎えてしまう傾向があり、相当程度、発達上の障害がありますが、性同一性障害の子供時代でも、比較的、統合失調症の子供時代に近い発達障害があるようです。

32枕草子 巻一:2007/05/12(土) 06:14:22 ID:zf9455Ik
>>25 の人と同じで、私も完治なので、経験談です。
医師3人(男1、女2)と、私と、みんなで4人で、
九州の温泉の、観光ホテルのラウンジで、1時間ぐらい、お話して、
完治、と烙印を押されました。
私のほかにも、元GIDの、SRS済の人が、数人、温泉に行きました。
医師も、そのほかに、1人、行きましたが、
湯めぐりに、出掛けていて、早くホテルに帰って来たのが、4人だったので、
この組み合わせになりました。

わかりやすい話で、エッチの話ですが、あれは、オナニーなんです。
なにを想像しても、構わないのですけど、
現物が、相手の場合は、想像通りですと、楽です。
でも、相手の性格や、言葉や、行ないの、なにもかもが好きって、
あつあつの、ほんの一時期だけですので、
どうせ、時間が経てば、適当に、オナニーと同じになります。

33枕草子 巻二:2007/05/12(土) 06:16:08 ID:zf9455Ik
エッチするときに、相手の嫌な所を、心に呼び出して、エッチしますか。
それは、難しいことになります。
いい所がなければ、ぜんぶ、想像になって、このほうが、楽です。
なにを想像しても、自由ですから、蛇を想像します。
獣姦という言葉がありますが、蛇は哺乳類でないから・・・省略。
想像で呼び出されるのが、蛇でも馬でも、男でも女でも、
風景でも抽象画でも歌麿でも、何でもいいんです。
具合よければ、結構です。

男性の場合は、生殖がありますけど、人工授精という手もあります。
お金を使いたくなければ、現場で授精するのが、便利と思います。
相手のあることですから、向こうも、快適にならなければ、いけません。
どうしても、男性には、硬さと時間と、最後の瞬発力が、要求されます。
これが満たされなければ、泌尿器科を受診するのが、きっと正解です。
原因の見当をつけてから、精神神経科系を受診することも、あると思います。

34枕草子 巻三:2007/05/12(土) 06:18:06 ID:zf9455Ik
エッチの経験者ですと、そういう治療を経ずに、いきなりGIDは、間違いではないでしょうか。
長い間、エッチができないと、男性は悩むと思いますが、
この悩みが、また悪循環して、ダメの原因になるそうです。

エッチができなくて、性的ストレスを溜めるのは、
エッチの経験者ですと、ちょっと変です。
老人でも、けっこう、性欲って旺盛ですが、エッチしている人は、わずかです。
エッチの快感で、ストレスを解消するのも、
それ以外の事で、ストレスを解消するのも、よく似ていて、
とりわけ、人との、お付き合いが、快適になると、
エッチは、それほど、重要ではなくなります。
快適な気持ちになれば、エッチにこだわる必要はありませんから、
エッチでない快適さが増えれば、それでいいんです。
いつまでも、頑固に、エッチな想像に縋っていると、
そのほかの快適さを、習得できませんから、自分の首を、締めることになります。

35枕草子 巻四:2007/05/12(土) 06:19:33 ID:zf9455Ik
エッチを経験したことのない、お子様では、事情が違います。
何を想像して、快感を得てもいいのですが、
ほとんどの子は、ふつうの、エッチなことを想像しています。
自分自身で、想像物を演じて、オナニーと同じ快適さに、耽っている子が、多いと思います。
性器を使わなくても、快感を得ることを、習得している子も、少なくありません。

エッチなことでなくても、オナニーと同じ快感が得られるのですが、
そこまで、よく勉強した子は、少ないようです。
たいていは、いわゆる性的な想像が、GIDの原因になっていますので、性別に固執します。

性器を使わなくても、性的な想像でなくても、エッチをするのと、同じことで、
現実の出来事を経験しながら、別のことを想像して、
快適な気持ちになったとしても、オナニーで快感を得るのと、同じで、
性とか、性別という、原始的な感覚に、捕らわれなくても、
エッチや、オナニーで得られる快感と、同じものが得られることを、子供は、まだ知りません。

36枕草子 巻五:2007/05/12(土) 06:21:24 ID:zf9455Ik
そのことを、知っていたら、子供が、GIDになるなんて、あり得ないと思います。
おとなでも、子供でも、GIDは、一度、結びついた快感の学習回路を、どこまでも、守り通そうとしますので、
社会や身体の状態が変わると、適応できなくなって、
不可抗力に、押し出されるように、自分を、窮地に陥れてしまいます。

GIDでは、よく、友達のGIDと一緒に、歩行者として信号待ちをしていると、
思わず、友達の背中を押してしまう、と言われています。
じつは、友達だけでなく、自分で、自分の背中を押すように、自分から道路に飛び出てしまいます。
変更不能な力に、押し出されたように、GIDは感じますけど、
自分自身が、過去に作った頑固な学習回路に、押し出されました。
立派な髭を生やして生活していても、男から女に性転換するよりも、もっと簡単に、同じ快感を得られるのですけど・・・
それが出来ない心の不自由さのために、ホルモンや手術をして、体まで不自由にしてしまうのは、確実に、精神病の一種と思います。
この心、じつは、快適になるために、朝から晩まで、一日中、一生、実際に、手と性器を使って、オナニーをし続けなければいけない心と同じで、
同性愛の子には、実際、そういう子が、けっこういますので、ほんとに可哀想になってきます。
でも、ホルモンや手術は、医師が意図的に流行させた文化ですので、GID本人の精神症状は、意外に軽く、心理療法だけで、たいてい治るそうです。

37【1】:2007/05/12(土) 16:03:13 ID:Yw5EO4ys
>>29-31 統合失調症では、許容範囲の狭さは、許容範囲の内側での、調節段階の、段階数の少なさになって表れます。
お湯と水の量を調節して、頃合いの湯加減を得るのが苦手で、老眼や近視でないにもかかわらず、縫い針に糸を通すことができず、引っ越しの時に、傷をつけずに、家具を運搬することができなかったりします。力を入れると、いきなり馬鹿力になってしまい、力を抜いたにもかかわらず、微妙な調節ができず、力を入れながら、微妙に調節するなどは、ほとんど不可能のように見えます。

器用さそのものは、具体的な訓練によって、その動作について、向上しますが、他の動作に対する汎用的な効果は、ほとんど期待できません。
調節段階のキメの粗さは、身体の動作と意識の、両方に表れます。
動作のほうは、目で見て、多くの人と比較することより、「不器用である」と、自分で判断できそうなものですが、意識のほうも、同様に粗雑になっていますので、他人と比較して、自覚することが困難です。

これは、許容範囲の内側の事ですので、本人は、自分の意志によって、行動や思考を、ある程度、制御できます。その制御の仕方が、粗雑であるということです。
許容範囲を超えると、勿論、制御不能になり、自我が、いかにも統合失調症らしい病的な状態になり、場合によっては、支離滅裂の様相を示します。
ごく軽い状態では、まだ病的と言えるほどの自我障害が表れず、健常の部類に入るにもかかわらず、すでに手先や動作の制御に不調をきたし、目で見て他人と比較できるにもかかわらず、本人はそれを自覚していないことが、よくあります。

許容範囲の内側であるにもかかわらず、身体の動作の調節が、粗くなり、不器用で粗雑な動作になるのは、統合失調症の機序では、許容範囲が狭くなることによって、起こります。

車のブレーキの遊びを少なくしますと、少し踏んだだけで、いきなり急ブレーキになってしまいます。自動車教習所で、これを試された人がいるかも知れません。
すぐに、遊びがなくなっていることに、気づきますが、その積もりで用心して、できるだけ微妙に踏んでも、やはり急ブレーキになってしまい、どうにもこうにも、微妙な調節ができなくなります。

38【2】:2007/05/12(土) 16:04:48 ID:Yw5EO4ys
遊びの部分は、ブレーキがほとんど効かないか、少ししか効かない部分です。人は、この部分を使うことで、運動機能のウォーミングアップをします。筋肉だけでなく、筋肉を使う脳のウォーミングアップもしています。
遊びがなくなると、ウォーミングアップのない状態で、いきなり本番になってしまい、脳や筋肉の側の調節機能を、十分に発揮できなくなります。車のほうのブレーキが粗雑になったというよりも、ウォーミングアップができないために、おもに脳のほうの機能が、粗雑になってしまいます。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)という発達障害では、未来を、あらかじめ見積もる心理に、異常が生じます。
人は、時間によって、記憶を整理し、過去の記憶から、あらかじめ、未来を見積もり、個体の行動を心づもりしますので、過去から未来に至る一貫した情報管理がおこなわれ、この一貫性から、自分という意識が生じるだけでなく、未来の行動を、個体ごとに規定し、自分で自分を定義するという自己制御がおこなわれ、責任の意識が生じ、自由と言われる行動や心理の由来になります。
ADHDの子供では、未来を見積もる余裕がなく、刺激に対して、反射的に、動物的に反応してしまいます。反応時間は速いのですが、不確実です。

一般の子供は、多少、反応時間を犠牲にしても、まず、刺激の質や量を見極めてから、過去の経験に照らし、あらかじめ心づもりしていた方針に従い、反応します。
このために、日頃から、暇さえあれば、経験をよく分析して、できるだけ未来の見積もりや、行動の心づもりを、場合ごとに、こまめに多数、用意しておかなければいけません。
車のブレーキの遊びも、それに似ています。ADHDでは、遊びのない状態になっていて、許容範囲の内側でありながら、調節が粗雑になり、過激な反応になってしまいます。

許容範囲が狭くなると、この現象が起こり、許容範囲の内側で、自由な意志によって制御可能でありながら、調節が粗くなり、不器用になり、いきなり過激な反応に出てしまいます。
将来を見積もることが苦手で、手順の多い作業を、計画的に立てて、実行することができず、部屋の整理も苦手です。
軽症になると、許容範囲も広くなり、範囲内での動作や気持ちの調節も、こまめにできるようになりますが、最も軽症の場合、最初に出やすい症状が、ヒステリー論で解釈すると、よく辻褄の合う行動ではないかと考えられ、子供と成人の、両方の性同一性障害に、よく共通して表れていますので、性同一性障害の大部分は、統合失調症と同じ機序の、希釈液ではないかと、目星をつける人もいます。
あるいは、植草一秀氏の行動も、この系統かも知れません。

39名無しさん:2007/05/12(土) 16:11:09 ID:???
>>32-36 ようするに、オナニーとか、性交渉とかで、得られる快感って、
そんなこととは、ひとまず、関係ない事で、得られる快感と、
同じなんでしょう?

性欲って、オナニーや、性交渉っていう、性器を使って、快感を得たいとか、
性器を使わなくても、性的な事を想像して、快感を得たいとか、
そういう欲望でしょう?

最終的には、やっぱり快感が目的なんだけど、
これって、性欲を使わなくても、別の手段でも、得られて、
快感そのものには、区別がないのよね。

GIDは、自分の身体の性器や、衣服や、文化からは、ある程度、離れられるけど、
反対の性別の、性器や、衣服や、文化からは、まだ、離れられなくて、
性別が違うなんて、駄々をこねて、性欲で得られる快感から、まだ、脱皮できないのよね。

40名無しさん:2007/05/12(土) 17:41:42 ID:???
上の投稿について。
生殖の事がありますので、性欲から脱皮できにくくなっていますが、生殖機能の放棄を望みながら、性別の心理から脱皮できないのは、生殖機能の放棄を唆したのが、医療の側で、当事者の側には、元々、そのような希望がなかったという歴史的事情を知れば、わかります。
フランスやドイツの、夜の盛り場のゲイバーで遊んでいた異性装者や同性愛者に、医師が、去勢や女性ホルモンという医療を提供したのが、現在のgid医療の始まりです。
心が女だと言うのは、見え透いた嘘にすぎませんでした。見え透いているほうが、面白く、歓楽になります。男性が女性を求める性欲の変形で、性的快楽を求めるための、歓楽でした。

ヨーロッパでも、アジアでも、古代から、去勢術がありました。歌手や宮廷役人などが、それを求めたり、刑罰として実施されたりしましたが、自分の心は女だと言って、それを求めた人は、いませんでした。
インドのヒジュラのように、古くから、男性同性愛の売春を営んでいた人達でさえ、去勢の歴史は、ヨーロッパの女性ホルモンの歴史と、ほぼ同じです。ヒジュラは、インドに古くからある半陰陽崇拝と、自分達の事とを、すり替えることで、自己弁護しようとしましたが、実態はヨーロッパとほぼ同じで、第二次世界大戦以前に、去勢を求めた歴史はありません。
これらことからわかるように、自分の心の性別は、身体の性別とは反対だと言って、性転換を望むようになったのは、おもにドイツの学者が、第二次世界大戦前に、異性装や同性愛を楽しむ歓楽街の人達のことを、ひとまとめに理解しようとした時期と同じで、この人達を去勢して、断種しようとするナチスドイツの下拵えの研究によるものでした。
いわゆる優生学により、にこやかに断種に導こうとする政策でした。
実際のナチスドイツは、戦時の状況から、去勢などという生やさしい手段よりも、手っ取り早く収容所に入れて、焼却処分にする道を選びました。

戦前の優生学の研究を、戦後になって受け継いだ医師が、GIDとして、ひとまとめにした上で、ホルモン、性転換手術という処方を、にこやかに普及しました。
当事者の心理では、生殖機能にこだわらないという思いに至れば、当然、性別にこだわりません。
生殖機能にこだわらないという態度で、しかも性別にこだわるという矛盾した心理は、ナチスドイツが研究して、にこやかに普及した優生学特有のもので、その文化が、現在も、間引き医療を好む医師によって、にこやかに受け継がれているからです。
過半数のGID医療に携わる医師は、GIDに同情的で紳士的な態度を示しながら、内向きには、キチガイを笑う態度であったり、一般の医師に対して、あらぬ学説を示して、自己の非行を弁護し、保身を謀る態度に汲々としています。

41名無しさん:2007/05/12(土) 21:32:24 ID:TxQHu.aY
前から、気になっていましたが、
お部屋の整理整頓、手先の器用さ、計画を立てて行動する…
こんなの、統合失調症では、簡単にダメになっちゃいます。
でも、
ヒステリー系では、お部屋は、綺麗ですし、
わりと、先回りして、人の心の裏を読んで、ズルをします。

性同一性障害の人は、ホルモンやってる人って、
mtfなんか、お部屋が綺麗で、ファッションや、お化粧や、ヘアスタイルに、気を使っているから、
器用なんじゃないかなって、思うんだけど、
検査してみると、不器用な人が多いの。
何が一番最初に、前兆として、出てくるかってのと、
何が一番軽症の、症状として、出てくるかってのを、
分けて考えないといけないところがあって、
統合失調症と、ヒステリーと、発達障害と、性同一性障害の関係って、ややこしい。

42名無しさん:2007/05/12(土) 22:11:39 ID:???
私は、一流大学の教授、名誉教授レベルの医師が、GID医療に積極的に参加しながら、GIDを、頭のおかしくなっている人間と見て、若い医師と一緒に、軽く嘲るように笑っている現場に居合わせ、たいへん残念に思いました。
患者本人が希望しているのだから、問題ないだろう。性腺を摘出すれば、世の中のためになるだろう、という意識でした。

キリスト教国や、イスラム教国には、ソドミーに対する、強烈な偏見差別があり、ドイツ・オランダなどでは、優生学による、精神障害者の抹殺という歴史がありました。
第二次世界大戦後も、徴兵制度のあった国や、現在も、男性に兵役義務のある国があり、それぞれの国の文化的事情から、GIDのホルモン療法や性転換手術を是認する医療政策が生まれました。日本は、同性愛や異性装に対して、歌舞伎や宝塚のように、諸外国に比べて、明るく開放的な意識を持ち、精神病に対して、本人の責任を問わないとする通念が、諸外国に比べて、早くから普及していました。
第二次世界大戦前後に、抗生物質や性ホルモン剤が使用されるようになり、抗精神薬も使われるようになりました。
ドイツの敗戦により、ナチスの優生医療の実態が暴露されて、批判されましたが、優生医療の考え方は、なくなりませんでした。

精神病患者に対する優生医療の実施は、抗精神薬のない時代には、やむを得ない事情があったかもしれません。第二次世界大戦後も、多くの国で、統合失調症患者に対する去勢手術が行なわれました。
抗精神薬が使用されるようになると、多くの男性患者は、副作用から不能になりましたが、薬を使用する以前から、病気のために不能になっていた人も、少なくありません。

優生医療では、精神科を受診しないような、いわゆる落ちこぼれや、非行少年少女や、軽い精神異常をきたしている人達などの、ダメ人間の子孫を根絶することが、重要でした。最善の方法は、この人達を、平和的手段で呼び集めて、納得づくで、断種医療に誘導することでした。
遊び人を自認していたゲイの人達に、これは遊びや趣味でなく、生まれつきの、反対の性別の心であると教唆し、この人達の非行に、まことしやかな医学的口実を与えて、支持を得た上で、円満のうちに、断種に導きく手筈でした。
ナチスによって、戦前に研究されていましたが、戦況の急迫から、ナチスは精神障害者の命を、直接、抹殺する方法をとりました。
戦後のGID医療が、戦前の平和的な優生医療を継承し、GIDとして纏めた上で、治療法として、ホルモンや手術を提示しました。

43名無しさん:2007/05/12(土) 22:28:41 ID:???
抗精神薬→抗精神病薬に訂正します。

44えみりん:2007/05/13(日) 08:15:38 ID:r3n0qrH6
GID医療の、裏側の実態を、できるなら、全部、暴露してちょうだいよ。内輪ネタだいすき。
これを、遊びや、趣味や、ライフスタイルでなく、
病気の一種だと言ったのは、医師でしょう?
GIDの当事者は、遊びや、趣味や、ライフスタイルと思っていたし、
一つの病気として、十把一絡げにされたいとも、思っていませんでした。

これは、身体と反対の性別の、生まれつきの心の素質で、
変更不能だと言い出したのは、医師でしょう?
当事者は、そんなこと、思っていませんでしたよね。
性的な遊びで、反対の性別を、マネしていただけでしょう? 楽しければ、よかったのよね。
医師に言われて、当事者は、びっくり仰天。
医師のほうから、出向いて来たのよ、ゲイバーに。

でも、性的な遊びや、非行を、医学的に正当化して、変更不能だと言ってくれるんだから、
家族や社会に、言いわけするには、とても便利で、有り難かったのよね。

45えみりん:2007/05/13(日) 08:17:37 ID:r3n0qrH6
(つづき)みんな、家族や社会から、非難されて、拠り所がなくなっていて、
本心は、社会から見放されるんじゃないかって、不安で、寂しかったからね。
みんな、親切そうな医師の言葉に、飛びついちゃった。

こうして、医師が、遊びや非行に興じている人達を、洗脳して、
生まれつきの、不可避のものであると、信じ込ませたの。
みんな、自分は、生まれつきに、身体と反対の、脳の性別のために、
生まれつきに、身体と反対の、心の性別になったと、確信するようになったの。
こんな所で、こんな性欲遊びをするのも、医学的に仕方ないんだって、開き直るようになったの。

その上で、医師は、治療法として、ホルモンと手術があるって、言ったの。
そうすると、みんな、ホルモンや手術をしたい、性転換したいって、言い出して、
卵巣や精巣を、自分から、取ってしまう道を選びました。
優生医療としては、大成功よね。
性欲遊びや、非行に走る、軽い精神障害の人が、みんなGIDに飛びついて、遺伝子を絶やすことになりました。メデタシ、メデタシ。

46名無しさん:2007/05/13(日) 08:49:42 ID:dwNsVq8M
RKB毎日放送
ムーブ2007(九州、沖縄、山口のJNN8局共同による企画・制作番組)   

「心の性で生きる〜性同一性障害者の決意〜」

市役所で働く野見山美佐さん(47)は、服装も物腰も女だ。
中学時代には「お前、本当に男なのか!」とズボンを脱がされるなどのイジメに遭った。
「体の性で生きるしかない。結婚して子を持てば、違和感もなくなるのでは」と、無理して男性として生きてきた。
だが、それで軽減される種の苦悩ではなかった。美佐さんは5年前にカミングアウト、改名した。
戸惑った家族とは縒りを戻せたが、戸籍は男性のまま。
妻子がいることで、性同一性障害特例法の条件を満たせないのだ。

 一昨年カミングアウトした百合さん=仮名(24)は、担当教官に「趣味を持ち込むな」とスカートや化粧を禁止され、
傷ついたという。また、就職活動では成績はオールAなのに、履歴書の性別と外観が異なることからか、
面接で軒並み無視されショックを受けた。

 二人の友達で公務員のミナミさん(44)は療養休暇を取って、性適合手術を受けにタイへ旅立った。
手術の希望者は三千人いると見込まれ、「順番は死ぬ前に廻って来ない」と、海外へ行く人が増えている。
そして、性差別が穏やかなタイなどの方が暮らしやすいと、帰国しない人にも会った。

 告白が不利な限り、統計は不確かだが、こうした悩みを抱える人は少なくとも5千人はいる。
当事者がカミングアウトせず、周囲が分かろうとしなければ、誤謬から差別を煽ることこそあれ、
互いに暮らしやすい社会には向かわない。だから、あえて肉薄し、この番組を作った。

■各局の放送予定
RKB  5月13日(日) 24:40
MBC  5月14日(月) 25:30
RBC  5月14日(月) 25:25
TYS  5月13日(日) 24:50
RKK  5月16日(水) 25:50
NBC  5月13日(日) 24:30
OBS  5月20日(日) 25:20
MRT  5月17日(木) 25:25
http://www.e-jnn.com/move/index_f.html

47名無しさん:2007/05/13(日) 10:32:22 ID:???
このスレッドの、前身のスレッドがあります。
年寄りのgid というタイトルで、
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/ です。

前身のスレッドで、こういう事を、書いている人がいました。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/886,
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/890-892

おそらく、同一の人と思いますが、
この人は、子孫を残さないことが、なぜ、いけないのか、と仰有っています。
子供を産めない人も、世の中には、たくさんいる。
それでも、幸せに暮らしているではないか、と主張しておられます。

優生医療というのは、子供がなくても、幸せに暮らせる、という意味ではありません。
簡単に言うと、エリート層の人達が、ダメ人間層の人達を、少しずつ間引いて行き、将来、エリート人間だけで競い合うような、未来社会を作ろう、というのが、優生学や、優生医療の考え方ですが、もう少し詳しく言うと、価値が低いと決めつけられた人達を、振り分け、振り落として、間引いて、遺伝子の人為的な取捨選択により、人類の遺伝的な質を、少しずつ、高めて行こうとする考え方です。

48:2007/05/13(日) 10:51:50 ID:qaZcPhWg
>>46 これは、gidという、狂信的文化を流行させてしまった責任の半分が、マスコミにあるという意味でしょう?
公務員の人で、gidの当事者を、二桁ぐらい、知っています。
いずれも、同じ職場で、長年、一緒に働いていた同僚達は、本人の性格を、よく知っています。
人間って、毎日、一緒に顔を合わせて、仕事をしていると、「腹の底」まで、わかってくるんですよ。
一緒に飲むこともあるでしょう、行楽に行くこともあるでしょう。
ちゃんと、わかりますよ。

女らしい気持ちって、誰も感じていなかったのです。
でも、突然、本人が、そんなことを言い出しました。
今まで、「腹の底」から、人をだましていたのかしら?
そんなこと、ありませんよね。そんな悪い人ではありません。

よく調べてみると、すぐに、わかります。
自分は女だ、なんて言い出す前に、せっせと隠れて、友達と女装歩きをしていました。
この期間に、すっかり、マインドコントロールされてしまったのですよ。

49葵 2:2007/05/13(日) 10:54:48 ID:qaZcPhWg
なにか、ストレスがあって、男の覇気が萎えてしまう時が、あるでしょう?
そういう時に、インターネットで、gidの話を見て、テレビで見て、
実際に、gidの人と会って、あっというまに、その気になってしまいます。
自分は、子供の頃から、女の心だった、と言い出します。
親、兄弟、家族は、よく知っています。女の心だなんて、そんなこと、ありませんでした。
具体的に、子供時代のことを、いろいろと持ち出して、説得します。
こんなに、男らしかったではないか。
どんな男の子だって、女の子みたいな遊びをすることもあるのよ、と説得しますが、
本人は、無理をして、男の真似をしていただけで、ほんとうの気持ちは、女だった、と言います。
奥さんは、女らしい人と結婚したのかしら? そんなことは、ありませんでした。奥さんを、だましたのかしら?

職場の人や、家族の人は、そんなことを、信じません。
毎日、一緒に暮らしていて、ほんとうの気持ちに気づかないほど、まわりの人は馬鹿ではありません。
これは、きっと、精神病に違いないと、まわりの人は思います。
いままでは正常だったのに、ここに来て、突然、発病したのだと、まわりの人は思います。

50葵 3:2007/05/13(日) 10:56:31 ID:qaZcPhWg
これ以上、悪化して、支離滅裂になってしまったのでは、家族は困ります。
職場の人も、精神病患者に意地悪をするのは、なんとなく良心が咎めます。
これは、仕方がない、そっと見守ってやろう、という気になります。
テレビが、みんなで支援してやれ、と言います。そう言ったほうが、視聴率を稼げるからです。
パチンコ依存症で、子供を死なせてしまった人に、それは脳内麻薬が出たので、仕方なかったのよと、慰めてあげるように、gid本人が自分の心は子供の頃から女だったと信じ込んでいるのを見て、まわりの人は、それを非難して病気を悪化させるようなことはしません。そうよね、そうだったわよね、と言って、気づかってあげます。

テレビの人は、何も知っているはずが、ないでしょう? 普段からgidの人と、お付き合いしていた人が、テレビの人だったの? それとも、gidの当事者が、テレビの人なの? それとも、gidの家族の人? それとも、gid医療をしているお医者さんが、テレビの人? どうして、テレビの人が、gidのことを知っているの? gidの人は、当事者同士でなければ、なかなか本心を言いません。ボーイフレンドにさえ、mtfgidの本心は言いません。
テレビの人は、当事者の日頃の行動を、何も知らないでしょう? gid医療の歴史も、医師の内輪の本音も、知りません。ほとんど、なにも知りませんから、gidの人の言うことを、善意で信じるしかありません。
私自身、いままで、テレビや新聞社の人から、何度も取材を受けました。何も知らない人達なので、さて、建前を教えてあげればいいのか、本音を言って誤解を招くのがいいのか、それともgid医療内部の、汚い話をリークすればいいのか、時々、迷ってしまいます。
とりあえずは、建前を言いますので、あなたが引用してきたテレビ局の話と、私がテレビ局に教えてあげる話とは、たいして違いませんよ。
テレビの人は、噂を流したり、吹聴したり、煽り立てたり、流行に乗ったりして、とにかく、視聴率を稼ごうとしているだけなんですが、テレビやマスコミやインターネットに煽り立てられて、いまのgidの人達は、マインドコントロールされて行くみたいですね (^^)
テレビの人と言っても、実際は、テレビ番組製作会社の人で、そのまた下請けの、ビデオソフト制作屋さんのような感じの人達で、ぶらぶらと出入りしているフリーターみたいな人も含めて、ほんの十数人の会社のことが多いのです。それでも、いっぱしの大きなテレビ局の名前や名刺を出して、取材に来ます。ビデオ制作趣味がこうじて、仕事にあぶれている人とか、週刊誌にリポート記事を売り込んでいる人とか、そんな人達の場合も、けっこうあるのですよ。それでも、いっぱしの大きなマスコミ企業の名前や名刺を使えるような慣習が、マスコミ業界にはあります。大きな会社の名前を出すと、信用してもらえるから、一般の人から情報を聞き出しやすいでしょう? 取材に協力してもらえるでしょう? gidのことを、知ってるような種類の人達では、ないのですよ。そのへんの普通の人達なのよね。
どうして、当事者が、何も知らないテレビ屋さんの記事を引用して、自分の言いわけにしないといけないのかしら。
当事者が、テレビに教えてあげないといけないのに、どうして、何も知らないテレビ局の人の記事を楯に取って、自分の正当性を宣伝したい気持ちになるのかしら。
何も知らないテレビ局の人の書いた記事を、まるごとコピーして、当事者としてのあなたの気持ちは、まるで、週刊誌やテレビの、外部の人によって、おもちゃのように作られた気持ちなのかしら? 自分で、自分の言葉を使って、少しずつ、人を説得できるように、自分の気持ちを、ひとつひとつ、落ちついて、順を追って、分析してごらん。

51名無しさん:2007/05/13(日) 13:23:23 ID:tiVoNZgI
オーイ、保母経験者がいたじゃろうが。
>>46の、相手をしたれよ。
子供さんの一時預かりも、サービスしたらどうじゃ。
ボランティア、いるじゃろが。

52名無しさん:2007/05/13(日) 18:20:00 ID:V0pUHSRU
>>47
じゃあ競争原理とは一体なんだろうかと考えてみようか。
競争とは一般的に他者との勝ち負けを意味しているわけであるが、
これを社会が公認し、それを社会体制の原理にした場合の結果は、
米国や他の自由主義国家みればわかるであろう。競争で勝つことは
法で認められた権利であり、また負けることも法は認めている。
勝った方は社会的に前に進み、負けた方は現状に留まれるものは留まり、
そうでないものは退場する。この原理はそれに適応できるものは、恩恵を
得ることができ、できない者は損失をすることが余儀なくされるわけである。
この原理はエリートには適合するかもしれないが、一般大衆の労働者には
不適応を起こす。一般大衆とは、エリートからかけ離れた資質を持った存在(本質的に)
である為、競争原理を良しとしないということである。人間は少数のエリート気質の存在と
大多数の大衆気質に分類することができる。いくら大衆気質の者にエリート思想を植えつけても、
それに則って上手く生きることは難しいのである。これが今の社会の問題を更に深刻化しているわけ
である。資質を無視した競争原理導入により、競争に適合しない大衆が巻き込まれ、
大衆がばらばらにされ、現代は認め合った分離ではなく、憎しみや差別による
分離であることが問題であるということである。

競争原理は、特区的な分野では非常に有効である。だが一般世間では、
この原理は有効とは言えないことがだいたいわかってきた。
ここで多元的なシステムを並立することが有効ではないかと思ったわけである。
例えば日本国で資本主義と社会主義を並立し、選択が出来る社会構成というように、
個人のレベルに応じて選択できるような体制が必要とされているのではないかという
思いがある。一元的な運営は効率的で管理しやすいかもしれないが、今の現状を考慮
するとどうも一元的な管理は不可能になりつつある。

53名無しさん:2007/05/13(日) 18:24:22 ID:V0pUHSRU
魂を定義するにはどうすればいいのかを考えて見たいと思う。
魂の存在を認識するのは、人間の基本能力では無理である、それは
見えないからである。だが見えない魂の認識を諦めてしまっては、
人類の進歩の障害になる為、行けるところまで行く必要はある。
魂を考える前提として、生命の全てに魂が存在することを肯定して、
話を進めることにする。植物だろうが動物であろうが、魂が存在し、
それが無くなれば死という前提で話を進める。魂とは真我という説が
有力であろうと思っていて、非言語的な司令塔ということではないだろうか。
例えば考えたいという思いが発生する、その前提になっているのが非言語的な
思いもしくは脳の考える部位に魂が移動するようなことが発生している可能性。
魂は脳を支配することによって、脳を動かし複雑な思考を行わせている可能性。
その魂は脳以上に高度な思考を行っているのか、それとも単なるエネルギー体
なのかはまだはっきりした答えはわからない。

それで能力に個人差が生じるのは、遺伝だけでは説明がつかないことも
事実であり、どうしても魂の存在が関連しているのではないかという推測が
沸いてくるわけである。魂が高度化しているのと、そうでないとには差異が
生じるのではないかという疑問が自然にわいてくるのである。

高度化した魂は脳に複雑な命令を出し、複雑な思考を可能にさせているのでは
ないという思いがある。それで人にそれぞれ趣向があり、それを執着と表現
することもできる。どこに執着しているかが魂のレベルが決まるのではなかろうか。
例えると性、金、宗教、学問といった分野のどこに強い執着をもっているかによって、
魂次元を垣間見ることができるのではないだろうか。性に強い執着があるものは、
他の分野に強い執着を持つことが可能なのだろうか。おそらく、無理であろう。
執着とは脳の特定部位に異常な活動が確認されている。これは魂がそこに張り付いて
いるのではないかという可能性を示しているのではないかということである。

54名無しさん:2007/05/13(日) 18:28:27 ID:V0pUHSRU
過去日本は資本主義と社会主義を両立させた国として、
世界から賞賛されたこともあった。しかし、現在は
福祉は切り捨てて、競争原理を前面に押し出し、
経団連が作った法を国民に押し付けているわけである。
経団連は国民に選ばれた存在ではなく、単なる利益団体である。
その一部の利益団体にこの国は乗っ取られ、資本家に有利な
体制を築かれてしまったことに対する皮肉を語ってみた。
選挙という民主主義の洗礼をうけない存在が、この日本を動かし、
労働を運命を本能的に趣向している存在を虐げている存在への
皮肉である。

中選挙区時代は派閥の長が選挙資金を集め、子分に金をばら撒いていた。
だが小選挙区になった今は、個人で選挙資金を集めることやっている為、
派閥の長よりも、企業家に依存する割合が高くなっているわけである。
これによって、派閥の政治家同士が結集することが難しくなり、企業家に抱え
られている政治同士が結集するという事態が、今の経団連の暴走を生むことになった。

55名無しさん:2007/05/13(日) 18:34:35 ID:V0pUHSRU
魂とはプログラマで例えることができるかもしれない。
脳をコンピュータと例えて、魂は脳の部位(キー)を刺激する
ことによって、複雑なプログラムを組んでいるのではないかと
いうこと。それでプログラマという職業は下は素人レベルの者から
神レベルの者が存在する世界であることを考えると、魂もそのような
レベルに差があっても不思議ではない。

遺伝的要素はコンピュータの性能までと言うことも説明できるかもしれない。
コンピュータの性能の高低はハードディスクとCPUで評価される。
ただいくら高性能でも、使う側に技術がなければそれを使い切ることは
できない。それで人間は30過ぎると記憶や処理能力は、低下し始める。
だが中にはそれを感じさせない者もいるわけである。ではなぜ、このような
差異が生じるのだろうかと考えてみる必要があるわけである。その要因に
なっているのが魂のレベルもしくは活性度ではないということ。性能を低下を
技術でカバーしているのではないかということである。

565月子:2007/05/13(日) 19:41:10 ID:???
↑ >>4-5 >>10 >>13 >>16 >>46 >>52-55
上の投稿をなさったかたは、同一人物ですよね。
以前のスレに、フリーエネルギーの記事を、貼り付けた人も、同じと思います。
一升瓶を持って来て、とぐろを巻いた子も、同じかしら。

高校の先生に、
このタイプの妄想性のGIDが、いらっしゃいますが、
そこまでは、わかりません。

いずれも、同一人物ではないかしら…
という印象だけですから、証拠はありません。

印象が共通しているのは、
投稿の内容に、同種の妄想があるからなの。
御本人の心が、多少、混乱しますけど、実害はありません。

57名無しさん:2007/05/13(日) 20:35:51 ID:dJPkakJE
>>52-55 言わんとすることは、わかりますが、一人合点で、思い込みに近く、収拾のつかない心理とも言えます。

GIDの心理療法では、妄想に陥らないように、用心します。
現実に即した、実現可能な計画性を重視し、できるだけ、抽象的な言葉に振り回されないように、心の中だけの出来事を、敬遠します。

そうは言うものの、抽象語や、心の中だけの、証拠のない気持ちを、使用不可にするわけには行きませんので、その都度、こまめに、現実的な、具体的な事柄に、話の方向を修正します。

外国の医師で、GIDの当事者のかたがいらっしゃいますが、いわゆるパスしない御仁です。
女性ホルモンを自己処方しておられますが、どうせパスしない身体的条件なのに、なぜ女性ホルモンを使い続けるのか、どうしても、聞いてみたくなりました。
返答がなく、当事者でなければ、わからないと言って、不機嫌になりました。
容貌容姿において、パスしない事を告げてあげると、激怒しました。
他人に対して、説明不能な気持ちに固執して、みずからの生殖機能を断ち切ったようです。
年齢的に、男性ホルモンを下げても、下げなくても、パスするか、しないかには、関係ありません。
女性ホルモンを使用しても、腎臓を患っているのかと見えるだけで、けっして女性的には見えません。
何を忌避し、何を期待して、女性ホルモンを使い続けるのか、説明不能もしくは説明拒否の心理というのは、性同一性障害よりも、むしろ、他の精神障害を疑ったほうが、適切ではないかと、思いました。

58薔薇園 行ってきたよ (1):2007/05/13(日) 21:45:38 ID:???
>>52-55さんが、どなたなのか、私には、想像がつきません。
みなさん、御自由に書いていらっしゃるからねё

ちょっと、わかりにくいのですが、>>47さんに、リンクしていらっしゃいます。
>>47さんは、優生医療を批判しておられます。
つまり、特定の価値観により、特定の人達の遺伝子を、廃絶しようという医療を、批判しています。
GID医療は、結果として、ナチスドイツが進めた優生医療と同じではないか、という趣旨です。
ナチスドイツは、精神病の人や、いわゆる精神障害者の人の、性腺を摘出しようとしましたが、
精神障害者の大部分の人は、病識がありませんので、精神科を受診しません。
夜の盛り場で、性的な非行に走っている人達を、ナチスドイツは、精神障害者として、
なんとか、断種に導こうと、優生医療を研究して、実用化しました。
もともと、ナチスドイツが考えていたのは、平和裡に円満に、断種に導く政策でした。
でも、戦争が逼迫してきたので、余裕がなくなり、強制的に収容所に入れて、命もろともに、処分しました。
たくさんのGIDや、同性愛の人達が、犠牲になりました。
現在で言うところの、GIDという纏めかたは、ナチスの発明ではなかったか、結果として、現在のGID医療は、ナチスの優生医療を、継承しているのではないか、という御趣旨のようでした。

59薔薇園 行ってきたよ (2):2007/05/13(日) 21:47:48 ID:???
>>52-55さんの投稿は、それに対するResでしょうか。

ところが、たとえば>>52の投稿記事ですが、>>47に対するResとしては、焦点が合っていません。
競争を多様化しなさい、ということのようです。

>>53は、魂の議論ですが、近代的な心理学や精神医学が起こる以前に、
たくさんの形而上学関係のかたが、想像で議論なさっていました。
想像そのものは、荒唐無稽なものでしたが、
ほとんどは、自然学や数学や人生教訓などを、言い表したいために、
想像上の魂の議論を、比喩的に、使用したものです。
言ってみれば、現実社会の、具体的なトラブルを、如何にすべきか、という議論のために、
キリスト教の、宗教哲学を、比喩的に使用したのと、同じような意味です。
あくまで標的は、具体的な問題のほうでした。

60薔薇園 行ってきたよ (3):2007/05/13(日) 21:50:00 ID:???
>>54は、経営者の団体を、批判したものと思いますが、
>>52の、競争の多様化と、少し関連しているようです。

でも、どうしてGIDに関係があるのか、想像を絶します。
経済界が、社会を支配するのは、民主的でないと、怒っておられるようですが、
投稿の焦点が、どこにあるのか、困惑します。

>>55で、再び、魂が登場して、コンピューターとリンクしているようですが、優生医療とは、どう関係あるのでしょうか。
GID医療は、結果として優生医療ではないかという>>47さんへのResとしては、
肝心なところで、趣旨不明になっています。
やや、妄想ぎみのために、御自身で、話の筋道を、見失われたのではないかしら?

私の意見を言いますと、GID医療が、優生医療を連想させるものであろうが、なかろうが、
できるだけ、子供を産んで、生ませて、育てて、親と子という絆を、繋いで欲しいの。
家庭を中心とした、なごやかな気持ちで暮らして、できるだけ身体を傷つけずに、広く、ゆったりと、おおらかに、のびのびとした心を、大切にして欲しいの。

61名無しさん:2007/05/13(日) 22:27:07 ID:elqAZdjY
>>58-60

「薔薇園 行ってきたよ」さん、ありがとう。
気持ちが、落ちつきます。
頑張ってちょうだいねёё

できるだけ、ホルモンも手術もしないで、
おおらかな気持ちで、暮らしていけるように、
GID医療を、そっちのほうへ、持って行ってくださいね。

心理療法、応援しています。
精神科の先生は、いったい何をしてるのかしら。
美容外科や、形成外科に、下駄を預けて、
お仕事をサボってるんだから、もう。

62名無しさん:2007/05/13(日) 23:46:28 ID:???
>>61 耳に痛い。>>57 の外国の医師であり、かつ、gidの当事者の例では、自
分で、ドグマチールやリスパドールを処方しながら、女性ホルモンを服用し、
本物の性同一性障害だと、自認しています。

心が身体と反対の性別だとか、脳の性別がどうだとか、そんなことを仰有って
いました。GID医療に固執していたのでは、治療できません。GID医療が、精神
障害の治療を、邪魔しています。

当事者が、インターネットなどで、盛んに、進軍ラッパを吹き鳴らしています。
マスコミが、同調します。>>46 の貼り付け記事は、テレビ局の見解のようで
すが、GIDの実態を御存知のかたには、お笑い草です。ここに紹介されている
言葉は、TG運動の判子を、あちこちに、ぺたぺたとスタンプのように押したも
のです。テレビ局は、それを、当事者の切実な声のように紹介します。安物の、
お子様向けペタペタスタンプにすぎません。いい年をした大人が、安物の玩具
に、引っかかります。gid医療が、生殖機能を断ちます。

63名無しさん:2007/05/14(月) 01:28:10 ID:gUT82Tig
>当事者がカミングアウトせず、周囲が分かろうとしなければ、誤謬から差別を煽ることこそあれ、
>互いに暮らしやすい社会には向かわない。だから、あえて肉薄し、この番組を作った。

この種の「善人」に関しては、イギリスの警句、「偽の友は公然の敵より悪い」
または「公然の敵の方が偽の友より良い」や、最近、次の引用を発見した。

「確信は真理にとってウソより危険だ(フリードリッヒ・ニーチェ)1878年」

「不完全な真実は時に完全な誤謬より危険だ(ルドルフ・シュタイナー)」

今から129年前の警句である。

64名無しさん:2007/05/14(月) 01:38:43 ID:gUT82Tig
http://www.youtube.com/watch?v=SSbwJho4eoA

よよさんが貼付けてたリンクだけど、このスレで書き込んでおられる人ですか?

65名無しさん:2007/05/14(月) 14:08:00 ID:p8AS3TVY
この人は、いわゆる"関東某重大事件"の、加害者の側の、人脈の人。
加害者は、srsをしてトランスしたmtfなんだけど、このビデオの人から、逆にリンクをたどって行くと、加害者の友達が、たくさん出てきます。
その中に、実際に被害者を脅迫したgidもいますし、srsをした共犯者も、何人かいます。
加害者その人が、出てくるかは、知らないけど、srs後、つまり事件後は、インターネット上から、消えているはずで、消し残しがあるかもってところかしら。
ビデオの人は、事件に無関係。

反対に、被害者の人は、子宮卵巣のあるmtfインタセクスの人。
パスしない人だけど、男女の性別に、こだわらない人だったから、パスする、しないは、問題外かしら。
公文書の性別は、srs前は男、srs後は女。 
普段は、srsの前も後も、男の服装で暮らしていました。
gidのリンクで、この人にたどりつくのは、不可能。
もう、亡くなられたし、インタセクスの人ってこともあるけど、gidの友達の大部分が、srs後の心理療法で治癒しているから、
友達自身が自分のことをgidだと言って、ネット上でカミングすることはありません。
お医者さんだったから、アメリカのお医者さん関係のホムペから、日本のページを手繰ることが出来るのだけど、
パーキンソン病とか、脳味噌の手術とか、そういう専門的なところで、時々、名前を見掛けるだけ。

66名無しさん:2007/05/14(月) 21:33:21 ID:???
田舎で自給自足の余生を送られてうらやましい限りですが
性的なシーンの挿入が、アイタタタタタな病んだ印象を拭えませんね…
こんなの見せられたら、年とる前に自殺したいとか言う子増えそう…
もっと上品で知的で良い歳を重ねていらっしゃる年寄りのGIDが見たい。
以前、50、60代のゲイの人たちの集いの模様の写真を見てトラウマになったことが
あります。あんなの嫌。洞窟の行き止まりで腐っていくみたいな。
酷い差別的な表現ですみません。

67名無しさん:2007/05/14(月) 23:50:29 ID:.9nAlVdw
人それぞれの趣味や、価値観や、生き方がありますので、友人同士で、猥褻な遊びを楽しむのも結構ですし、男が、女の衣服を着て、女の気分で生活しても、それはそれで、一向に構いません。
GID医療は、そのような趣味や、娯楽や、遊興のために、便宜を提供するものではありませんから、変更可能な生き方の質を追求するTGの思潮の大半は、HRTやSRSの対象になりません。
GIDは、けっして性別に関する趣味や、価値観や、生き方にのみ、症状が現れるのではなく、他の多くの精神障害と共通する症状を、基盤に持ち、その基盤の上に、性別に関する趣味や、価値観や、生き方に、GID特有の、融通の利かない頑固な傾向が現れてきます。
上に乗っている性別に関する部分については、たんに頑固であるだけですので、趣味が頑固で、価値観の融通がきかず、生き方の許容範囲が狭くとも、それだけでは、なんら精神障害と言うべきものでなく、治療の対象でもなく、HRTやSRSを実施することでもありません。
基盤の部分について、他の多くの精神障害と共通する病的症状が認められますので、精神障害とし、その症状の特徴を、基盤の上に乗っている部分の、たんなる趣味や、価値観や、生き方の特徴によって、形容したものです。

たとえば、パチンコ依存症という精神疾患があります。パチンコは、病気ではありません。土台になっている心理に、精神障害があります。それは、アルコール依存症や、麻薬依存症などと、ほとんど共通の病的心理ですが、特徴として、それ自体は健康な遊戯としてのパチンコという表現で、規定しています。飲酒も、それ自体は、特に病気と言うものではありません。麻薬も、医療目的に使用されることのある道具にすぎません。それらによって、土台の精神障害の種類を、分類しただけです。
パチンコや、酒や、麻薬のような道具が、病気になる筈もありません。
男が、女の服を着ようが、女の真似をして、道を歩こうが、女になりきった気持ちで生活しようが、自分のことを女だと言おうが、女だと性自認しようが、男とセックスしようが、そんなものは病気ではありません。ただの、趣味や、価値観や、生き方に過ぎません。それらの特徴を見て、基盤になっている精神障害を分類しただけです。

性同一性障害なら、基盤の精神障害の上に乗っている部分の特徴により、基盤の精神障害は、生殖器の自傷行為を強く望むようになります。
リストカットなら、基盤の精神障害の上に乗っている部分の特徴により、しつこく手首を切ろうとします。
拒食症なら、基盤の精神障害の上に乗っている部分の特徴により、食べなくなったり、食べ過ぎたりします。
上に乗っている部分は、たんなる道具や、文化や、趣味や、生き方や、人生観にすぎませんが、それらが、基盤の精神障害を誘導して、具体的な結果を引き起こします。
基盤にある共通の精神障害の部分に、幾つかの仕組があり、性同一性障害や、拒食症や、リストカットや、麻薬依存症や、アルコール依存症や、ヒステリーなどでは、統合失調症に似た機序を共有し、癲癇や双極性障害などとは異なる機序ではないかと推定されます。

68名無しさん:2007/05/15(火) 01:16:22 ID:/0T0y6BQ
夜分、恐れ入ります。(飛び入りで、申しわけありません。)
性同一性障害に、他の精神障害と共通の基盤があり、
統合失調症と共有する機序があるとの説は、以前から知られていました。

しかし、けっして性同一性障害の特徴が、
基盤の上に乗る文化・趣味的な特徴のみならず、
基盤の部分にもありはしないかと、思いを致します。

特に、体質的に、性同一性障害の一部に、望みの性別に近い特徴が認められ、
精神的な基盤として、
精神障害の基盤とは別のものがありはしないかと、思いを致します。

>>65の医師は、性同一性障害に、半陰陽に準ずる体質的な特徴があり、
体質のみにとどまらず、精神的な素質になっていると、
考えておられたように記憶しています。

69名無しさん:2007/05/15(火) 23:08:23 ID:469oQDA.
テレビの番組で、よく見掛ける女性アナウンサーが、車を置かせて欲しいと言って、うちの家に来ました。40才を、少し超えたぐらいの人です。
うちのグループにも、テレビ局に勤める20才代のFTMがいます。その子の、お姉さんかしら? 一緒に、お仕事で、うちの近くに、来ているのかしら。

でも、違いました。ただ、庭先に、車を置かせて欲しい。これからも、この辺に用事があるたびに、車を置かせて欲しい、と言います。それだったら、駐車場にさせて欲しいって、言うことでしょう? テレビ局の駐車場? それとも、あなたの私用? 駐めるときは、いつも、あなたの、マジェスタを、とめるの?

とりあえず、いま、置かせて欲しい。ちょっと、用事があるので、また、お伺いします、と言って、どこかへ、行ってしまいました。仕事の書類や、自分の著作の入った手提げを、残して行きました。

うちの家は、お城のそばにあり、お城には、観光客用と業務用の、駐車場があります。広い公園ですので、駐車場に車をとめるより、うちの庭先にとめたほうが、便利な時もあります。お城の前の、オフィス街に所用の人が、時々、うちの家の庭先に、違法駐車をして行きます。

1時間ほどして、さっきの人が、また来ました。やっぱり、やめました、と言って、そのまま、帰ろうとするので、忘れ物よ、と、手提げを、持たせてあげました。

頭が、変になっているのかしら。言葉も、身なりも、しっかりしているのですが、話のすじが、あさってで、自分が、今、何のために、何をしようとしているのか、わかっていません。とりあえずは、解離性健忘ですが、脳腫瘍や脳梗塞が、あるかも知れません。テレビに出演中は、しっかりしていますので、統合失調症ではないと思います。

記憶が落ちると、空白部分を、想像で作りますので、なにか妄想のあるような、あさっての行動になり、自分が何をしているのか、人に説明できなくなります。しばらく、休暇をとって、ゆっくりとすれば、自然に治ると思いますが、仕事や、失恋や、家族の揉め事や、育児の疲れとかよりも、おしゃれして、同僚とフランス料理を楽しんで、カラオケを歌って、シティホテルで浮気をして、というライフスタイルのほうが、
日本の帝国主義を非難して、自分の国の指導者を、神様のように称えなければ、身の上が危うくなる国のライフスタイルと、同じくらい、窮屈で、鬱陶しいストレスになることもあるって、本人が気づいていなければ、なかなか治らないことも、あります。

70夏水仙でしゅ:2007/05/15(火) 23:54:53 ID:/fKl1XgQ
↑性同一性障害の人がね、
自分のことを、性同一性障害だってカミングするとき、
家族とか、職場とかにね、
それから、ホルモンをしたいって、病院に行くときとか、
性転換手術を予約するときとか、
手術の前後1年ぐらいとかって、
たいていの人は、そんな感じよ。

それから、ホルモンをしても、容貌容姿体質に自身が持てないとか、
お仕事とか、家族とかの事情で、手術ができない人とかって、
ちゃんと、心理療法を受けなければ、一生、あさっての気持ちで、
性別のことばっかりに囚われて、
ほかのことは、うわの空で、生きることになりま〜す。

71夏水仙でしゅ:2007/05/15(火) 23:57:20 ID:/fKl1XgQ
それから、>>29-31の人が、

>性同一性障害の人の、子供の頃に多い心理的特徴は、他人や社会との、コミュニケーション能力の、著しい不足と、心身症状の出易さです。

って、書いてたけど、ほかに、mtfの人は、お父さんが怒るばっかりの人が多くて、
ftmの人は、お母さんの生活態度が、ちょっと御発展じゃないかなって人が多いみたい。
こういうも、エディプスコンプレックス?   ※ >>29-31の人って、>>37-38の人と、同じかしら。

>>37-38って、ADHDの子供にも言えることかな?
あたしが、統合失調症の人、20人ぐらいに聞いた感じでは、
男性は、母親に対する気持ちに、憎しみみたいなのがあって、
実際に、御両親に会ってみると、
お母さんは、しっかりしていて、お父さんが、いまひとつの感じが、多かったので、
これだと、男性のオトナの社会への適応の仕方を、お父さんから学べないかなって、思いました。
女性も、母親に憎しみを持ってる人が多いかなって感じるんだけど、こっちの場合は、実際に、お母さんに会ってみて、もうちょっと、何とか、ならないのって感じを受けることが多く、これだと、女性社会への適応の仕方を学べないかなって思いました。

72辻  1:2007/05/16(水) 07:59:59 ID:vuFsTiwI
>>68さんへ >>65の被害者のお医者さんは、私のグループでは、名前そのものから、野菜スープ先生と呼んでいました。

卵巣や子宮のあるインターセックスの元男性だったのですが、
男の心や、女の心を感じる直感は、なかったそうです。
親も医師も本人も、インターセックスであることを知らず、身体の外観にも異常がなかったのですが、この先生は、幼児期に、自分は女だと言い出しました。
誰も信じてくれず、中学生になってから、詳しく調べて見ると、子宮や卵巣が発見されて、インターセックスだったとわかりました。

この先生は、自分と同じように、性別が違うと言い出したインターセックスの人を探しましたが、
学術論文に紹介されていた例は、本人に確かめることのできた例に限り、すべて、すでに医師や親が知っていたり、身体の外観に異常があったりした例で、そのことから、自分の性別に疑問を感じていました。

その先生自身は、おそらく、体質を感じたのではないかと、自分のことを言っていました。
たとえば、筋肉には、瞬間的に強い力を出す瞬発筋の細胞と、弱い力を長時間、出し続ける持久筋の細胞とがあり、
手足の筋肉も、遺伝的に、その比率が決まっていて、変更不能です。
持久筋の比率が、遺伝的に高いと、瞬間的に強い力を出せませんので、行動が、穏やかになり、女性的に見えたり、
瞬発力が弱いにもかかわらず、男性的な行動をとろうとして、いわゆるナヨナヨ型の、へんな男性になり、いじめられたりするそうです。

73辻  2:2007/05/16(水) 08:01:13 ID:vuFsTiwI
どこに、皮下脂肪を蓄える細胞が、たくさんあるかというのも、遺伝的に決まっていますので、
顔の皮下脂肪を蓄える細胞が少なければ、女性ホルモンを使っても、さほど女性的な顔立ちになりませんが、
多ければ、女性ホルモンを使わなくても、最初から、女性的なぽっちゃりとした、色白の顔立ちになります。

こういう遺伝的な体質を、幼時の頃に、すでに自覚している可能性があります。
性別に結びつく生理的な因果関係はありませんが、文化的に取捨選択された結果、女性なら皮下脂肪が多く、男性なら瞬発筋が多いという取り合わせが出来てしまっています。
男性なら、毛むくじゃらで、女性なら、つるつるというのと、同じですが、
よく間違えるのは、男性なら背が高く、女性なら低いということで、思春期の女性ホルモンの作用から、生理的に性別と関係があるかのように思ってしまう間違いです。

哺乳類は、大概、雄の身体が大きく、雌の身体が小さくなっていますが、180センチの女性が、生理的に生存に不利とは言えませんし、時代や食生活などにより、身長は、大きく変わります。
思春期の女性ホルモンでも、身長の成長が止まらずに、男性のように、背が高くなったとしても、そういう体質にすぎないと思っておけばいいのでしょうか。
男女にかかわらず、思春期に、性ホルモンが出ないような遺伝的体質なら、生殖不能になり、その素質は子孫を残せませんので、とりあえずは、性別の異常に入るかもしれません。

瞬発筋の少ない人は、皮下脂肪をためれば、体温を維持しやすく、妊娠出産に有利ですが、瞬発筋や皮下脂肪の多少と、性別との因果関係は、身体の内部の生理的な因果関係でしょうか、
それとも、身体の外部の自然界の状況を経由しなければならない因果関係でしょうか、それとも社会的文化的事情を経なければ繋がらない因果関係でしょうか。

74辻  3:2007/05/16(水) 08:02:34 ID:vuFsTiwI
男女の性別は、性器の形状で決めることになっていて、これが、医学や生物学の定義と言えます。
幸いにも、哺乳類では、精子は小さく、卵子は大きく、相対的な大きさに、相当な差がありますので、
性器の形状で決めるのも、配偶子の形態で決めるのも、性腺の形態や機能で決めるのも、ほとんど同じ意味で、困惑するときは、半陰陽という病気にしてしまえば、いいようです。

しかし、性ホルモンに対する反応の具合や、身長や、皮下脂肪や、筋肉うんぬんということになると、性別の定義と、どのような因果関係で結ばれるのか、必ずしも、必然性はありませんが、
事実上、現代社会では、文化的事情を経由して、必然的な因果関係で結ばれていると言ってもいい場合があります。

野菜スープの先生は、体質と、脳の機能との間に、一緒になって現れてくる組み合わせがあり、精神的に自覚できるものがあると、おっしゃっていました。
この先生は、インターセックスに伴う、精神障害に詳しく、とりわけ先天的な精神障害から、インターセックスを言い当てる名人だったそうです。

私は医学のことを、全然、知りませんので、インターセックスの先天的な精神障害と言えば、知的障害を、まず思い浮かべ、クラインフェルーターは、インターセックスに入るのか、という馬鹿なことしか考えませんが、
野菜スープ先生によると、知能の著しく高くなるインターセックスもあり、生まれて一度も、生理的に催してくる性欲がなく、自殺率が非常に高く、性転換で治ります。
インターセックスでない場合にも、同じ精神症状が出て、やはり性転換で治るそうです。
私の関与しているグループの、性同一性障害の当事者でない人は、医師も含めて、家族に精神障害者のいるかたが多く、
性同一性障害は、はっきりと、他の精神障害の症状が現れた後に、自分の性別が違うと言い出し、下水口に吸い込まれるように、GID当事者やマスコミの宣伝に流されて、ホルモンや性転換手術という自傷行為に至るのではないかと、検討しています。

75名無しさん:2007/05/16(水) 12:50:26 ID:oK9Ddlw6
>>70-71 性同一性障害の子供時代が、どうだったか、
調べるっていうか、探るっていうか、聞き出すっていうか、とにかく、無理無理。
御両親に聞いたって、子供を見る目っていうか、精神医学や、発達心理学の、基礎知識がなくて、
普通の子供なら、どうで、発達障害なら、どうかっていう経験的な目がなくて、
けっきょく、聞いても、わかんないって感じで、頼りない答えだから、
これだと、周囲が誘導すると、すぐに、
この子は、子供の時から、女の子の心だったとか、男の子の心だったとか、言い出すよ。

発達障害ってのが、だいたい、逆引きでないと、わかんない感じ。
精神障害者の親が、精神科医とか、発達心理学者とかって場合もあって、
統合失調症の子供時代はどうだったか、わりと聞き出せるんだけど、
それでも、統合失調症を発病した後で、子供時代に発達障害らしきものがあったのに、重要視してなかったので、統合失調症の予兆として捕らえ切れていなかったって、仰有います。

>>69 大手町、丸の内でしょう? 東京だったら、すごいオフィス街だけど、武家屋敷も、まだ残ってる地方だから、それを観光するには、
ムミちやんとこの、門の横に、車を置くのって、なんとなく便利。

76名無しさん:2007/05/16(水) 18:35:32 ID:???
独占欲ってなんなのでしょう?苦しいです

77名無しさん:2007/05/16(水) 20:49:06 ID:???
強烈な恋をすると、他の事がまともに考えられなくなりますね
とても危険です
体でもなんでも無理をしてでも
彼好みの体に変えたくなります
彼と繋がれない体なら
存在していないも一緒です
彼が他の女性と会話しているのを見ているだけで胸が痛みます
独占欲が強すぎるのでしょうか
自分の恋愛感情は隠していますが、おそらく
いつも目で彼を追ってしまっているので、バレバレでしょう。

78名無しさん:2007/05/16(水) 20:59:06 ID:???
お姉様たちは今でも恋してますか?
ここでは恋愛相談はナシですか?

79名無しさん:2007/05/17(木) 00:02:56 ID:ERAggSzk
まだ毛沢東の時代の中国で、四川省の少数民族の山に、
ホモサピエンスとは別種の人類が、棲息していると言われました。
氷河を歩く雪男ではないかと、伝えられました。
梅里雪山や、玉龍雪山や、ミニヤコンカなど、
今は、日本人も訪れる有名な観光地になっていますが、当時は秘境でした。
旧人のネアンデルタール人は、ホモサピエンスが生まれる前に、枝分かれして、ヨーロッパや北アフリカに住んでいた人類です。
ホモサピエンスは、13万年前に生まれ、1万年前には、すでに中東地域に、小さな町を作っていました。
昔々の、相当に長い期間、地中海沿岸の人類には、ホモサピエンスとネアンデルタール人の、二種類がいましたが、
ネアンデルタール人は、氷河期を越えられずに、絶滅しました。
アジアでは、北京原人の子孫で、ホモサピエンスとは別種の人類が、毛沢東の時代に、まだ四川省に生き残っているということでした。
狼と一緒に暮らしているそうです。
狼は、犬の祖先ですので、群になって行動し、人間になつきます。
ギリシャ神話の、アポロンとアルテミスの双子を生んだのは、狼でしたし、
ローマ神話の、ロムルスとレムスという双子のローマ人の祖先は、狼に育てられました。

80名無しさん:2007/05/17(木) 00:05:43 ID:ERAggSzk
インドの、カマラとアマラの姉妹も、狼に育てられましたが、
四川省に住む別種の人類は、狼の群と、互いに子供を育て合う関係でした。
人間の子は、狼の群に預けられ、何年か後に、人間の社会に戻ります。
狼の子も、人間社会で育てられ、その後、野生の狼に帰ります。
四川省の人類は、ホモサピエンスと戦うとき、狼の群と一緒に戦ったそうです。

私は、狼の子が産まれたら、どうしようと、心配になりました。
すると、母は、狼少年って、知ってる? と私に聞きました。
狼少年ケンという漫画がなかった時代でしたので、
私は、赤頭巾ちゃんの、お兄さんではないかと思いました。
ほんとうは、狼が来た、と言って、いつも村人に、嘘をついていた羊飼いの少年が、
本当に狼が来たときに、村人が助けに来てくれなくて、食べられて死んだ、というお話です。
古代ギリシャのイソップという人が作りました。
じつは、四川省に住む別種の人類の話も、ニセ情報だったのですが、
さすがに、ギリシャ人とか、ローマ人とか、インド人とか、中国人とか、古い国の人は、頭が違うと、感心したものです。

81名無しさん:2007/05/17(木) 02:22:15 ID:FlNXo.HM
中国人のあの根底のどよーんとした雰囲気は
共食い文化というのか、人肉文化、カニバリズムが源になっているような気がする。

82名無しさん:2007/05/17(木) 09:42:54 ID:LSJBVgLE
最近少し悟った、好きな奴には好きとはっきり言う。
嫌いな奴にははっきり嫌いと言ってやる、他人なんてどうでもいい。
今まで散々気を使ってたが自分を大事にする事をすっかり忘れていた、
どうせいい人ぶっていても他人はいい子ちゃんぶってるとしか思わないもんだ。
悟った、私は私が一番大事なんだ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!

83名無しさん:2007/05/17(木) 14:45:21 ID:???
2006年4月6日、「ユダの福音書」の存在が明らかにされた。
確認された福音書の実物は1970年代にエジプトで発見された。
新聞報道されている福音書の概要では、

「真のわたしを包むこの肉体を犠牲とすることによって、
お前は全ての弟子たちを超える存在になる」

イエスはそうユダに伝え、自らの身柄を官憲に引き渡すように指示した、と。

「お前には(真理の)すべてを話し終えた。
目を上げ、雲とその中の光、それを囲む星々を見なさい。
皆を導くあの星が、お前の星だ」

「お前は、この世代のほかの者たちの非難の的となるだろう」とも。

84名無しさん:2007/05/17(木) 19:58:51 ID:IZ2NMsNY
性同一性障害が、周囲の人の負担になっている例も、多いのですが、
家族が、性同一性障害の人の負担になっている例も、非常に多いことを、忘れないでください。

性ホルモンを使用している人の、約30%は、これです。
端的に言いますと、家族に精神障害者がいる、
家族に犯罪者やヤクザがいる、家族が働かない。
家族に、身体障害者がいる。家族に、病人がいて、看病している。
いわゆる、未解放部落の出身である。在日韓国・朝鮮人である・・・等々。

こういう人達は、精神科のGID医療を受けないことが、通例です。
私の知っているグループでは、
そういうGIDの人達や、そういう家族を持つ医師などが、たくさんいます。
綺麗事ではないGIDの実態を、知っています。
何も知らない置物の医師とは、違います。
アメリカの兵士が、ベトナムの戦場で、マリファナを吸っている写真を見ると、現代日本の、GIDを思い出します。

85お猿 1:2007/05/17(木) 22:59:22 ID:7Sc3CaD.
納豆を食べると、関西の人は、吐き出すでしょう?
あんな腐った物、絶対に、食べられないって言います。
関東の人は、おいしくいただけますから、
たまたま、関西に生まれ育ったか、関東に生まれ育ったかで、
違いがでます。
たぶん、ヨーロッパやアメリカの人も、関西の人と同じよね。
関東の人は、特殊なんです。

関西の人でも、飢え死にしそうになると、納豆を食べるかしら?
大豆は、食物アレルギーが出やすいので、
アレルギーのある人は、飢え死にしそうなくらい、おなかのすいている時に、
納豆を食べると、死んでしまうかもね。

嵐山のお猿さんが、捕獲されて、九州に放たれたことがあります。
何十匹かだったと思いますけど、一匹だけ、生き残って、あとはみんな、飢え死にしちゃいました。

86お猿 その2:2007/05/17(木) 23:00:40 ID:7Sc3CaD.
学者の人は、ちゃんと、九州の山には、冬でも食べ物が一杯あるので、大丈夫だと思って、放したのですけど、
嵐山のお猿さんは、九州の木の実を知らなかったので、
そこに、木の実が一杯あるのに、食べずに飢え死にしました。

お猿さんって、一つの群で育っても、青年になると、放浪の旅に出て、よその群に入りますから、
九州から、わざわざ嵐山まで来ていたお猿さんが、一匹、混じっていて、
嵐山のお猿さんと一緒に、九州の山に引っ越しさせられました。
その一匹だけ、生き残ったの。
ほかのお猿さんも、見習って、九州の木の実を食べればいいのに、飢え死にしてしまいました。

食物アレルギーって、乳児の頃は、10人に1人ぐらい、あるのよ。
でも、大人になると、100人に1人ぐらいになるの。
ところが、子供の頃は、食物アレルギーがなかったのに、大人になってから、アレルギーになる人もいます。
あれって、異物が入ると、抗体ができて、異物をやっつける時に、自分の身体もやっつけてしまうのでしょう?
でも、学習によって、だんだん、これは大丈夫だとわかると、抗体ができなくなります。

87お猿 その3 おしまい:2007/05/17(木) 23:01:56 ID:7Sc3CaD.
免疫機構って、学習によって、できたり、消えたりするんだけど、脳がやっているの。
ストレスがあると、この学習がうまく行かなくなるの。
自律神経と、免疫機構と、学習とが、関係あるんです。

関西の人でも、飢え死にしそうになると、納豆を食べると思うけど、
どうしても、納豆に手をつけずに、飢え死にしてしまう人も、必ず、いると思います。
アレルギーの人もいるし、アレルギーでないけど、食べると吐いてしまう人も、いると思うの。
たぶん、よく似た仕組なんですよ。

同性愛とか、性同一性障害とかも、それと似てるかも知れないと思うの。
お猿さんみたいに、頭が悪いんじゃなくて、お猿さんみたいに、脳の融通がきかなくなっちゃうの。
統合失調症も、性同一性障害も、拒食症も、ヒステリーも、アトピー性皮膚炎も、たまごアレルギーも、同性愛も、納豆嫌いも、自律神経失調症も、膠原病も、
ぜ〜んぶ、似たような仕組みだと言われたら、あなたの脳味噌、ついて行ける?
患者さんを見てると、似たような人達だなあって、感じるんだけど、自分で自分を傷つけてしまうときに、御本人の意志が関係してるって印象かしら。

88瑠璃:2007/05/17(木) 23:44:29 ID:XtaiZx8s
>>82 自分の両親よりも大切? 子供が生まれたら、自分の子供よりも、自分
が大切? 病気になったとき、一生懸命、世話をしてくれた人よりも死ぬ直前
になっても、まだ自分のほうが大切?

昔、《ミスター・グッドバーを探して》という映画がありました。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD8725/story.html
この主人公の女性も、不妊手術を受けました。最後は、ホモの男性に殺されま
した。この映画は、ホモの映画でもなければ、不妊手術が主題の映画でもな
く、性的マイノリティーの映画でもありません。主人公の女性は、聾唖学校の
心やさしい先生でした。でも、この先生が転落して行く心の過程は、GIDによ
く似ています。グッドバーって、男性のあれのことですよ。

>>76-78 みんな年寄りだから、エッチなことは言わないと思います。恥ずかし
くて、頬っぺが桜色になることに、なっています。浮気している人もいます
し、うちでは御夫婦のスワッピングも斡旋しています。それでも、恥ずかしいの。

89名無しさん:2007/05/17(木) 23:56:32 ID:???
↑ あ、その映画、リチャード・ギアが、不良の男の子で出てくるの。あいつに、ぴったりの役。
この女性、子供の時にポリオで、片足が不自由になったのに、手術で治って、体のほうは、病気を克服したの。でも、心のほうの治療を受けなかったのが、間違いだったかも。
GIDの心そっくりの映画。SRSしても、心理療法を受けたほうがいいと思う。

90名無しさん:2007/05/18(金) 00:54:08 ID:???
>>84
>家族が、性同一性障害の人の負担になっている例も、非常に多いことを、忘れないでください。

そんな視点から語ってくれる先生って他にいないよ

91名無しさん:2007/05/18(金) 10:44:03 ID:9WNzlqaI
>>84
一理あると思います。
でも、そうだとしたら、その負担になっている家族がいなくなれば、
性同一性障害の症状は消えてなくなるの?

だったら、性同一性障害は体を直すしか治療法がないというのは、
間違いということ?

92名無しさん:2007/05/18(金) 19:46:00 ID:???
全国小・中学生作文コンクールの作文優秀作品 
「『あまえる』ということについて」 小学2年生 中村咲紀

だれも気がついていないけれど、ゴーシュの心の中には、へんなものがたくさん入っています。
へんなものというのは、その人によってちがうけど、じこまん足だったり、
つよがりだったり、がまんのしすぎだったり、色んなものがあります。
そういうへんなものが心の中に入っていると、本当のじぶんがちゃあんと見えません。
ゴーシュは一生けんめいれんしゅうしているつもりだけど本当のじぶんがちゃあんと
見えていないので、本当のれんしゅうができていないのです。本当のじぶんを
ちゃあんと見ないでどんなにがんばっても、まちがったがんばりかたしかできません。
それは、本当のがんばりにつながりません。
 ー
わたしが、ようちえんの年中のまん中へんのころだったと思います。

「さきのこと、ずうっとだっこしていなかったから、だっこしてあげようか」と、
おかあさんが言ったことがありました。いもうとのまきがへやにいない時でした。

 わたしは「いい」と言いました。

「どうして」

「まきがおかあさんにだっこしてほしいと思った時、いつでもだっこしてもらえる
ように、わたしはもうだっこしてもらわなくていいの、まきがだっこしてほしいと
思った時、わたしがだっこしていたら、まきがだっこしてもらえないでしょう」

おかあさんは、その時、一生けんめいな顔をして、わたしをだきしめてくれました。
おかあさんは「この日をずっとわすれない」と言います。
「さきがそんなにだっこしてほしがっていることを、この時まで気がつかなかった」と言います。

わたしもぜったいにわすれないと思います。だって、その時のだっこが、
わたしのおぼえているさいしょのだっこだからです。これよりまえのだっこを、
わたしはおぼえていません。

93名無しさん:2007/05/18(金) 19:49:25 ID:???
わたしのようちえんのたんにんの先生は、わたしがつらいのをわかってくれませんでした。
先生は、わたしがなくしものをしてないた時と、だれかにいじめられてないた時と、
ころんでないた時にだっこしてくれました。わたしは、何でもないふつうの時に、
だっこしてもらったことがありませんでした。わたしは、先生にだっこされて
にこにこわらっているともだちが、うらやましかったです。
わたしも、ないていない時にだっこしてもらいたかったです。

(中略)

ようちえんにつくと、おかあさんは、ちょうどえんていにいた先生に、
わたしがともだちとあそべないことをそうだんしました。すると、先生はおどろいた顔をして言いました。

「さきちゃんは、教しつでは、いつもおともだちとあそんでいるから、
大じょうぶだと思いますけど」先生のことばがはっきりと聞こえました。

わたしは、先生とおかあさんのはなしが気になって、あそんでいるふりをして、
耳をすましていたのです(先生は、わたしのこと、見てないなあ……)。

わたしは、先生は、わたしがともだちがいないのをしっていると思っていました。
だって、先生は、年しょうの時も、年中の時も、ずっとわたしのたんにんだった
のです。わたしのことを見ていたらわかるはずです。

「さきちゃんはおともだちがいません。何とかしましょう」と、本当のことを
ちゃあんと言ってほしかったです。でも、もし本当に気がつかなかったのなら、
「さきちゃん、おともだちいないの?」とわたしにちゃあんと聞いてほしかったです。
先生は、そのどちらもしてくれませんでした。わたしは、この時からこの先生を、
わたしのことわかってくれないわるい先生だと思うようになりました。

94名無しさん:2007/05/18(金) 19:51:29 ID:???
じつは、わたしは、ようちえんの先生やともだちのことは、あんまり、
思い出したくなかったので、わすれようと思っていたのだけれど、
このごろ時どき考えます。ようちえんの先生は、わたしが、「だっこしてください」
と言ったらにこにこだっこしてくれたのかもしれません。
ようちえんのともだちは、わたしが、「ともだちになってね」と言ったら、
ともだちになってくれたのかもしれません。わたしが心をきつくしていたから、
ようちえんの時わたしは、だれともなかよしになれなかったのかもしれません。
わたしは、じぶんがわるいのに、人をわるいとずっと思ってきたのかもしれません。
そういうことに気がついた今、わたしは、とてもかなしいです。

ゴーシュが本当のゴーシュにもどった時、わたしは、(めでたし、めでたしです)
と言いました。でも、本当のゴーシュにもどったゴーシュが一ばん先にしたことは、
かっこうに、「すまなかった」とあやまることでした。わたしは、ゴーシュも、
今のわたしのようにかなしかったんだろうと思います。わたしのかなしさは、
はんせいではなくこうかいです。わたしは今、ようちえんの先生にとてもわるい
ことをしたと、こうかいしています。

本当のじぶんじゃない時は、じぶんじしんもつらいけど、まわりの人もきずつけて、
まわりの人にもつらい思いをさせているのかもしれません。

わたしは、もうこうかいしたくないと思います。
わたしは今、本当のじぶんです。本当のじぶんをちゃあんと見て、
そのじぶんをたいせつにしてなくさないようにしたいと思いました。

わたしは、いつかようちえんの時の先生に会うことがあったら、
「あく手をしてください」と言いたいと思います。その時わたしは心の中で、
(めでたし、めでたしです)と、じぶんに言ってやろうと思います。

95トマト:2007/05/18(金) 22:21:26 ID:CbC9ejCI
>>92-94
小学校二年生で、自己満足って言葉、知ってるんだから、びっくり。
お母さんに、教えてもらったのでしょうね。
この子の、お母さんは、ものを考えるすじみちを、大切にしています。

この子のレベルになる前に、
こんなことを言うと、怒られるかもしれませんけど、
性同一性障害の人は、躓いています。

それは、一流大学を出て、エリート社員になって、結婚して、子育てをして、
40才になってから、性同一性障害になった人でも、同じみたい。
後々になっても、響いてくるんです。
わたしも、幼稚園のレベルから、心理療法を受けました。

96トマト:2007/05/18(金) 22:23:32 ID:CbC9ejCI
>>84 >>90 >>91
Resにならないかも知れないけど、関連投稿(^-^)
わたしは、家族に3人の病人がいました。わたしを含めて、4人家族です。
最初は、2人だけ、病人だったの。お母さんが、介護していました。
その次に、わたしが性同一性障害になりました。
最後に、お母さんが、病気になりした。

わたしは、3人の家族を介護しながら、育ちました。
性転換して、心理療法を受けて、必死に、自分の病気を治しました。
家族が、一人ずつ、死んで行って、
最後に、わたし一人になりました。

でも、わたしの性同一性障害は、治りました。
結婚して、夫の連れ子と、養子を育てました。
性同一性障害って、ホルオペでは、治りませんけど、かならず治る道があるので、諦めないでね(^-^)

97名無しさん:2007/05/18(金) 22:47:19 ID:???
>>91 治ります。性同一性障害は、すべて、心理療法だけで治ります。この病気を、地球上から、根絶できます。これは、医師が優生医療を実行するために、人為的に作り上げた病気で、一種の医原病だからです。

もともとは、精神障害というべきほどでなく、これと言った具体的な悩みもなく、統合失調症と同様の機序で、ごく軽い持続的な心理的ストレスのある人達が、解離して、快適な気持ちになり、性的遊戯に耽っていたものを、
医師が入れ知恵をして、心や脳の性別が、生まれつきに身体と違うので、そのような性的遊戯に耽るのだと、そそのかしたものです。

彼らは確かに、性的な遊戯として、異性装や同性愛を楽しみ、自分は反対の性別だ、などと冗談で言っていましたが、本当には、そんなことを信じていませんでした。
しかし、キリスト教やイスラム教の、ソドミーに対する禁忌があり、世間からは、落ちこぼれと言われ、軽蔑されてましたので、一般社会で、孤立していました。
医師の入れ知恵や、そそのかしに飛びつき、ほんとうに、自分は反対の性別なのだと、信じ込むようになりました。

なぜ、そんな性的遊戯に耽っていたのか、なぜ、そんなに簡単に信じ込むようになったのかは、解離すれば、どのような心理になるかという、精神医学や心理学の基本を勉強してください。彼らの心の側に、解離を必要とするストレスがありました。

また、医師の側では、優生医療の大義名分がありました。
優生医療とは、たとえば、精神病の患者が妊娠したとき、堕胎すべきか、売春婦が妊娠したとき、堕胎を勧めるか、抗精神病薬のなかった時代に、統合失調症の患者の去勢手術をすべきか、などということを考慮した医療のことで、
日本でも、性転換医療を公然化する時、優生保護法が問題になりました。

98名無しさん:2007/05/18(金) 22:49:04 ID:???
病院を受診する患者については、医療の側で、ある程度、コントロールできます。しかし、本人に苦しいという気持ちがなければ、受診しません。
統計的に、どのような精神障害者の子供には、どのような精神障害が、どの程度、発症し、どの程度、犯罪や非行に走り、犯罪や非行の常習者の子供には、どのような精神障害や、犯罪や非行が、どの程度、発生するか、わかっています。精神障害や、犯罪や非行が、どれだけ、社会の負担になるか、計算することも、可能でしょう。

精神科を受診する人達を、医療の側でコントロールするだけでなく、受診しない人達の中で、犯罪や非行に、転落して行く人達が、子供を残さなければ、確率的に言って、社会の負担は、軽くなり、本人のためにもなるかも知れず、生まれてくる子供のためにもなるかも知れません。

性同一性障害は、そのような優生医療の考え方から、性的非行に走る人達を、そそのかして、入れ知恵をして、性別が違うと、みずから言い出すように信じ込ませて、性同一性障害という名前の、一つの病気を新しく作り、その治療法として、ホルモン療法や、性転換手術を提起したものです。

医師の側から、夜の歓楽街に出向き、性的非行に走る人達に、手をさしのべて、性別が違うという意識を持たせて、洗脳して、誘導したものです。
この医療を流行させるために、脳の性差の学説や、ホルモンシャワー説などを準備し、記者会見して、マスコミに発表しました。

さまざまな、ごく軽い精神的ストレスから、解離して、性的快楽により、ストレスから逃れていた人達が、マスコミや学者や医師の宣伝に、おびき寄せられるかのように、みずから、性別の違和感があると思い込み、ホルモンや、性転換手術を、頑固に希望するようになりました。
また、当事者自身が、あたかも、無限連鎖講や、オカルト宗教のように、布教、宣伝活動に、ボランティアで従事しました。このような精神状態は、すべて、解離した心理では、ごく普通に起こることです。
性同一性障害そのものの、主症状は、ICDの分類で言うところの、解離性障害です。身体化障害や離人症なども、ICDでは解離性障害の中に入りますが、実際に、性同一性障害では、ふつうに見られます。

性同一性障害では、もとになる精神障害が、非常に軽く、性同一性障害特有の症状および、主症状の解離性障害は、心理療法のみで、すべて治癒し、他の精神障害は、ほとんど残りません。

99名無しさん:2007/05/19(土) 11:23:08 ID:kGhDyM1.
こんな長いの、よう読まん!!

100名無しさん:2007/05/19(土) 12:06:08 ID:2O8C0qJg
大学の名誉教授先生が、人の真似をする病気の患者さんを、紹介してくれました。
新しい病気で、反射的に、人の動作を、真似するそうです。

先生は、その患者さんの前で、自分の手を叩いたり、肘を叩いたり、首を曲げたりしました。
患者さんも、その真似をしました。

私は、似たような動作ばかりを、繰り返さないで、色々と、変わった動作も、織り交ぜてちょうだい、と恐る恐る、注文しました。
先生は、ヨガのポーズみたいな、新しい動作を、組み入れました。
患者さんも、真似をしています。

今度は、わたしが、グー、チョキ、パーを、同じ順番で、何度も繰り返してから、グーを出して、急に動作を停止しました。
患者さんは、グーの後、チョキを出してから、パーを出しかけて、慌てて動作をやめました。

これって、反射的に動作を真似してしまう病気かしら?
なんとなく、先生が、新しい病気を発表するために、患者さんを教育しちゃったんじゃないかしら。

101いしのまき 01:2007/05/19(土) 23:31:49 ID:3nPYHdOU
インターセックスで性転換する人や、
性欲が無くて、性転換する人のグループがあるのだけど、
この人達の言うには、
仏教とか、ヨガの、座禅瞑想は、
ゲイバーで、異性装して、夜遊びしてる子や、
自宅で、家族の目を盗んで、女装している子と、
同じ快適さを、求めてるんだって。

欧米では、キリスト教やイスラム教のタブーから、
差別虐待や、優生医療の対象になって、
GIDとか、性転換医療とかが、生まれたのだけど、
インドから東では、そんな激しい差別はなくて、
うまく解離して、自我のストレスを解消すれば、
性交渉や、性欲に頼らなくても、それと同じ快楽を得て、
悟りを開けるって、昔から知っていたんだって。

102いしのまき 02:2007/05/19(土) 23:33:18 ID:3nPYHdOU
インドから、西では、GIDとして、ひとまとめにして、
性腺削除、性転換で、優生医療っていう考え方が、
虐待されていた人達に、憐憫を垂れることになったのだけど、
インドから、東では、
解離して、いい気持ちになる道を、自分で見つけた人達だから、
うまく指導してあげれば、悟りを開けるの。
性転換なんか、しないで、どんどん、悟りの卵を、産んでちょうだいね。

薬はだめ。
自分で、気持ちよくなる方法を、見つけたのに、
なんで、このうえに、薬なんか、使う必要があるの。
薬なんか、要らないって、自分で、すでに実証してるじゃない。
薬なんか、使わなくても、自分で、融通をきかせて、
気持ちの持ち方を工夫して、すでに、いい気持ちになってるじゃない?

103いしのまき 03:2007/05/19(土) 23:35:07 ID:3nPYHdOU
工夫の仕方に、ちょっと、知恵が足りなかったの。
解離を多用すると、自我があさってになるから、自我障害が出ます。
自我が希薄になると、ストレスがなくなって、気持ちいいんだけど、
自分の利益を、顧みなくなって、集団の命の一部に、なってしまうの。
だから、暗示にかかりやすく、そそのかされやすくなるの。

赤ちゃんとか、夢を見ている時とかって、
気持ちよさそうだけど、生きる能力がないって言うか、
誰かに、庇護されていないと、死んじゃうでしょう?
そうならないように、自我の機能が、希薄になると、
自我障害が出るだけでなく、集団の一部に、変身するの。
マインドコントロールされてるみたいに、
サリンを撒いた時の、オウムの信者さんと、同じ心理状態になるの。
動物になって、ボスニア・ヘルツェゴビナの兵士みたいに、
笑いながら、一般市民を、平気で虐殺して、性的快楽を感じるの。

104いしのまき 04:2007/05/19(土) 23:36:19 ID:3nPYHdOU
自我のストレスを、解消するために、
やたら、解離に耽っちゃってる時に、
「性別が違う」、「性転換できる」って、
テレビとか、インターネットとかで、そそのかされて、
ほんとうは、反対の性別だったんだ、
このストレスは、性別の違和感だったんだ、
社会から、はぐれてしまったのは、
自分の理解も、社会の理解も、
足りなかったからだって、思い込んでしまうの。

うしろめたいって、気持ちがあるから、
そういうのに、しがみついちゃいます。
精神科医の人は、パチンコ依存症の人に、
これは、脳内麻薬が出るから、仕方なかったんだよって、
教えてあげるでしょう?

105いしのまき 05:2007/05/19(土) 23:37:34 ID:3nPYHdOU
パチンコやってる間に、失業して、子供を死なせて、離婚しちゃった人なんか、
自責感から、いまにも自殺しそうな感じだもんね。
慰めてあげないと、いけないでしょう?
ただ、慰めてあげるより、脳内麻薬が出るって言ってあげれば、
なんとなく、科学的で、医学的な感じだから、
頼りになりそうでしょう?

おんなじ調子で、欧米のお医者さんは、
ホルモンシャワー説だとか、脳の性差とか言って、なぐさめて、あげたの。
そうでないと、あっちの人は、
キリスト教とか、イスラム教のタブーがあるから、
いまにも、殺されそうな感じだったんだから。
実際に、戦争中は、キチガイとして、収容所で処分されちゃったしね。
いまでも、イランなんか、GIDや同性愛は、精神病だと、言ってあげないと、
公開処刑されてしまうらしいの。

106いしのまき 06:2007/05/19(土) 23:39:20 ID:3nPYHdOU
戦争が終わっても、あっちは、徴兵制があったから、
スカートをはいてる人が、徴兵されると、可哀想でしょう?
でも、世間の人は、そんなの許しませんよ。
みんな、徴兵されて、戦場で死ぬのに、
スカートをはいてる変態だけ、生き残って、子孫を残すなんて、
世間の人は、ぜったいに認めません。

だから、
優生医療、GID、ホルモン・性転換手術って、成り行きになったのよ。
でも、あっちと、こっちは、事情が違うでしょう?
あっちは、西の、イスラム教、キリスト教。
こっちは、東の、ヒンズー教、仏教、儒教で、座禅瞑想して、悟りを開くの。
戦争に負けてからは、日本に、徴兵制なんか、なかったでしょう?
歌舞伎も、宝塚も、文化勲章、もらえるでしょう?
伝統的に、メジャー文化だったから、アングラじゃなかったでしょう?

107いしのまき 07:2007/05/19(土) 23:41:48 ID:3nPYHdOU
うしろめたい気持ちがあるから、
本当の自分は、男だとか、女だとか、藁にも縋る思いで、信じるのよ。
ホルモンシャワーや、脳の性差に、しがみつくのも、それ。
うしろめたいって気持ちが、とても大切なの。
心理療法の、とっかかりになるから。

座禅瞑想は、なんか、宗教臭いから、うちでは、遠慮したけど、
ロールプレイってのは、やったよ。
性同一性障害って、ロールプレイみたいなもんだから、
GIDの人は、すぐに、はまっちゃいます。
会社員の人が、3才の子供に、ほんとうに、なっちゃうの。
わたしは、ミミズの役でしたので、ちょっと、難しかった。
ミミズのように這って歩くのと、蛇のように歩くのと、身体で違いを表現するって、むずかしい。
でも、ロールプレイって、はまると、ほんとうにミミズになって、
タイまで、歩いて行って、外科手術しちゃうのと、同じくらい、気持ちがいいって、よくわかりました。

108いしのまき 08:2007/05/19(土) 23:43:45 ID:3nPYHdOU
オウムの麻原彰晃さんは、水の上を歩いて、
座禅したまま、空を飛んだから、すごい。
飛びながら、射精したそうです。

徴兵されると、みんな、解離して、平気で、人を殺せるようになります。
サリンも、撒けます。性転換も、できます。なんにでも、なれます。

性同一性障害の人は、性転換は戦争だと、言います。
私は、言わなかったけど、何人もの人から、聞きました。
戦場の兵士の気持ち。
誰が、何のために、そそのかしたのかしら?

古代から、去勢術があったのに、ナチスが優生医療を言い出すまで、
本当は女だから、去勢して欲しいなんて、自然発生的には、誰も言い出しませんでした。
誰が、そそのかしたのかしら。

109いしのまき 09:2007/05/19(土) 23:45:18 ID:3nPYHdOU
GIDの90%は、解離性障害が出るの。
人の裏をかくのが、うまいのですよ。
自分は、絶対に性別が違う、ホルモンシャワー説だ、脳の性別だって言って、
なにかに憑かれたように、信じ切ってるように見えて、
ほんとは、一般の人が、ころっと、だまされるのを見越して、
御本人は、そういう振りをしています。
一生懸命、運動をして、市役所に行って、ジェンダーフリーだとか言って、
抗議したり、要望書を手渡したりしてるの。
充実した社会生活を送ってるって感じの、ママゴト遊びをしています。

行きずりの人や、通りすがりの人と話しても、パスするんだから、
浮動票を集めるように、人の心の裏をかけば、社会生活ができるって、思ってるみたい。
そういう了見だと、実社会から、浮き上がってしまいます。
毎日、顔を合わせて、一緒に仕事をしたり、生活したりしてる人は、
人の心の裏をかくようなトリックには、絶対に、だまされません。

110名無しさん:2007/05/20(日) 06:14:48 ID:???
でも知人のmtftsでとても奇麗でかわいい完パスの人いるけど
かっこいい彼氏とラブラブでほんまに幸せそう
こんど結婚するらしいけど、トランス前の彼女はほんまに冴えない
いつも鬱状態の暗い冴えない人でしたよ。
お金持ちの息子さんでしたから、決めてからチンコとるまでは早かったですよ。
豊胸、整形、いたれりつくせりで、正直、うらやかしかったです。
やはり現代は経済的なことなんじゃないのでしょうか
お金である程度までは精神的なやすらぎも、性的な関係も満足できちゃいます。
例えば、現時点で30代以下でお金を有り余る程もっているGIDがいたとして
SRSまで行かない人は皆無だと思います。昔とは条件が違いすぎるのかもですね。
現にマトリックスを制作したGIDの監督は、SRSを選択しました。
子供もつくるそうです。

111名無しさん:2007/05/20(日) 06:17:33 ID:???
年寄りのGID、容姿の悪いGID、貧乏なGIDにとって
このスレに書かれてある言葉は、癒されるし、それに従った方がいいのかもしれません。

112名無しさん:2007/05/20(日) 10:34:35 ID:946lix/A
mtfですと、srsをする人は、ホルモンをはじめてから、2年程度でsrsに至ります。容貌容姿でsrsをするか、しないか、ほぼ決まります。誰が見てもパスする人は、早く、そうでない人ほど遅く、パスに不安のある人は、srsしない状態のまま、一生を過ごすことになります。srsまでの速度、期間の短さは、容貌容姿の序列に、ほぼ一致しています。経済状況や年齢とは、まったく一致しません。

mtfgid当事者の容貌容姿第一主義、有名なテレビタレントになりたい主義は、14才の非行少女によくある心理です。うまく行けば、非行少女も芸能人として持てはやされますが、成功する確率は非常に低く、ロシアンルーレットをするようなものです。mtfgidの精神状況、社会状況も、それによく似ています。

>>110-111の気持ちで生きて行ける成功率は低く、おそらく年寄りの元gidのかたは、全員経験済です。あなたのような心理を経験して、若い頃にsrsに走った人達が、現在の年寄りのgidです。あなたのような心理は、全身に刺青を入れるヤクザの心理と同じで、単に若気の至りと言い、大昔から青少年にはよくある心理です。いつか大人にならなければいけませんが、刺青が邪魔をするように、性転換が邪魔をします。

ただし、日本の刺青は、世界的に評価が高く、一級品です。刺青だけですが。人間や心を評価する人は、少ないでしょう。幸せなヤクザも、少なくありませんが、医療が、その種の幸せを支援するなら、医師や当事者には、刑務所に入って貰います。

113名無しさん:2007/05/20(日) 11:59:58 ID:???
経済を支配してるのは、どこの国もヤクザでしょう。
お金がないとなんにもできない世の中でしょ、今は?
ヤクザがアーキテクトしたシステムでよりよく生きるためには
刺青はむしろ安全保障になるのかもしれませんよ?
年寄りさんたちのこれまでとこれからと
私達のこれまでとこれからは全然違うと思うのです
どちらが上とか下とかではなく、全く参考になりません。だって土台が違うのだもの。

114名無しさん:2007/05/20(日) 17:02:10 ID:AoUKNAko
>>92-94 引用ですが、よかったので、チェックを入れておきます。
>>101-109 は、久方振りに面白き投稿ゆえに、チェックマークを入れます。
>>113 これでは、お年寄りのGIDのかたは、大変ですね。

115(メ`´)凸:2007/05/20(日) 17:25:00 ID:a/LEeCkY
>>110-111 >>113
傍観者の素人ですが、、、推測しますと、子供時代にすでに非行があり、社会生活ができていなかったのではないかな? 幼時性格ですよね。
この状態で、ホルモンに入った精神科医は、何を考えていたのでしょうかね。土台を作り直さずに、この上に何かを築くことは、不可能と思われ。ホルモンをしながら、土台を変更しつつ、同時に、土台の上に、新しい社会生活の形を作る・・・ 精神科医の妄想! あてずっぽうでやったな、主治医。

116名無しさん:2007/05/20(日) 18:41:31 ID:4F3c45ng
↑ 若い子の気持ちも、考えてあげてください。
個人名をあげなければ、精神科医の陰口を叩いても結構ですが、
なまみのGIDは、モルモットじゃありませんから、
当事者の心を傷つけるような意図は、感心しません。

男とか、女とかじゃないのよ。
ちゃんとした社会生活のできる健康な精神が、欲しいの。
そのために、性転換が、役に立つとは、限らなくて、
かえって、崖っぷちに立つ人の、背中を押してしまうこともあります。
性転換医療の目的は、性別ではないの。
男でも女でも、どっちでもいいのよ。
性別は、手段にすぎないの。

117名無しさん:2007/05/20(日) 18:56:16 ID:???
今一番一般人に有名なGID能町みね子さんが
ラジオ出演されました。
印象的な言葉で、SRSを終えた今の気持ちを聞かれて
「やっと借金を返済できたという気持ち」と答えてました。

彼女のブログと本とこの肉声は、多くのGIDの灯台になるでしょうね。

118野次馬:2007/05/20(日) 20:10:55 ID:???
>>117
gid以外の精神障害が治らないと、医師はsrsに踏み切れないだろう。
それでも行くかな、この子の主治医は。ホルモンをやったぐらいだから、行くかなw 
このスレのお姉さんがたよー、面倒見てやってくれよ。かわいそうだと思わないのか。
助けてやらないのは、薄情だぞw

119名無しさん:2007/05/20(日) 20:28:30 ID:???
いくらでも演技できますし
決心したら誰も他人の行動は制限できませんよ
でも正直、迷ってるから、ここに縛られてるんですよ
でもでもやっぱり私は体を女性型サイボーグにしたいです。
そっちの方がマシですからね。何十年も考えて出した結論です。
自殺するよりマシでしょ。

120名無しさん:2007/05/20(日) 20:30:39 ID:???
私が尊敬してる当事者は、石倉由さんただ一人です。
彼女より本質をついてる人は他に見当たりませんでしたよ。
たぶん思い切り曲解してるのも自覚してますけど
それでもいいんです。私がそう感じたんだから。

121名無しさん:2007/05/20(日) 22:40:51 ID:vMHeRpo2
条件付きだが、戸籍の性別を、堂々と変更できるようになり、
昔のように、裏社会に転落して、闇から闇への人生は、減ったやも知れませぬ。
以前は、いろいろと手口があり、戸籍を買うこともありました。
在日韓国・朝鮮・中国系の人達が、昔から持っていたルートで、調達方法は、知りません。
犯罪絡みもあったようですが、買う人は、そのすじにお金を払うだけです。

ところが、現在も、転落して行く人が、跡を絶たず、
社会状況よりも、本人の精神状況が、原因のようです。
SRSを受けると、気持ちが変わり、人格まで変わり、責任を放棄します。
気持ちが楽になり、幸せですが、責任を放棄しますので、遅かれ早かれ、行き詰まります。
この生き方を、GID医療が公認したようなもので、心に、錦の御旗が翻り、治らずに、転落します。

性同一性障害が治癒していない限り、当事者を信じることはありません。
それは、銃を持った犯罪者の良心を信じたのでは、こちらが死ぬことになるのと、同じです。
かならず、犯人に銃口を向けたまま、犯人の身体検査をして、警察官が犯人の身柄を確保してからでなければ、銃を下ろしてはいけません。

122あいちゃん:2007/05/20(日) 23:02:21 ID:???
そりゃあ、そうよ。
精神科では、看護師さんが、いつも診察室にいるでしょう?
いるだけじゃなくて、ちゃんと、立って、見張ってるでしょう?
看護師さんでもあるけど、ガードマンの役目でもあるのよね。
油断すると、お医者さんは、殺されちゃいますよ。
たまに、ドジなお医者さんが、命を落としてますよね。
患者さんが、性同一性障害でも、おなじです。
娑婆では、実際に、性同一性障害の人は、すごい犯罪をやってのけます。
この人達の心は、戦場の修羅場の兵隊ですから、人殺しもします。
ちゃんと、心得てます。
性同一性障害って、非行も、犯罪も、自殺もするってね。
以前のスレに、アメリカで銀行強盗をして、人質をとって、逃走用の飛行機を要求して、
空港で射殺された事件のこと、書いてあったでしょう?
あの時の、銀行強盗の目的は、mtfgidの手術費用捻出。
当のgidは、事件後、手術をして、有名人になって、テレビタレントみたいなことをしていました。

123名無しさん:2007/05/20(日) 23:57:39 ID:vMHeRpo2
>>47 の人は、マスコミの従業員の言葉を、マスコミというだけで、信奉して引用しています。
>>48-50の人は、GIDのことを何も知らないマスコミの一員の言葉を、GIDが信奉することを、批判しています。
>>62 と >>63 のかたも、同様に批判しています。


>>110 の人は、手術のためのカネがものを言う、カネで幸せを買える、と主張しています。
>>112 の人は、mtfGIDの容貌容姿第一主義と、マスコミに取りあげられたいというGIDの幼い心理を指摘しています。


>>113 の人は、GIDを正当化するように、刺青を入れたヤクザを正当化しています。
>>117 の人は、タレントもどきのGIDの言葉を、神の言葉のように信奉しています。
>>121 の人は、治癒していないGIDは、非行も、犯罪も、人殺しも、自殺もすることを、指摘しています。
>>122 の人は、手術費用のために銀行強盗をしたGIDグループの事件に触れ、このGIDは、事件で名をあげ、テレビタレントになったと言っています。グループのメンバーは、事件で射殺されました。

話の流れを、了解しました。

124(_ _).。oO:2007/05/21(月) 00:21:22 ID:k/UHK/5c
とにかく、GIDの当事者のことを、あんまり、悪く言わないで欲しいの。
やっぱり、いろんな病的な精神症状が出てることは、確かだけど、
それを、あんまり悪く言うと、世の中の人が、誤解するから。

でも、あんまり、良く言う必要もないのよ。
ちゃんと、どこが変かっていうのを、言ってあげて、
自分で、思い違いを直していけるように、してあげればいいの。
それだけの正常さは、GIDの当事者に、ちゃんとあるから。

125名無しさん:2007/05/21(月) 06:40:11 ID:???


              混         沌

126名無しさん:2007/05/21(月) 07:09:37 ID:???
オハヨウ! 凄いことになっています、このスレ。
悪乗りして、恐縮ですが、
20年前の、mtfGIDの相場は、
性的快楽に溺れた揚げ句、最後は、売春、援助交際で、
連れ合いの男が、人の弱みにつけ込み、
善良な市民を、殴ったり、蹴ったり、脅したり、血まみれにして、
ヤクザの女房気取りの、サングラスを掛けたmtfGIDが、
路上に倒れて呻いている一般市民の顔を、ハイヒールで踏みつけて、
唾を吐いて、澄ました顔で、連れ合いの男の尻について行く・・・
ハリーベンジャミンのTV(トランスベスタイト)が、
ここまで、転落するのに、何年かかるか、人により異なるだけ。
人により、年数が違いますが、ほぼ、同じ道筋をたどりました。
それが・・・今も、同じです。(これが恐い。精神科医は何をしているのか)
>>121氏のおっしゃる通り、特例法ができても、GIDの心は、昔と同じで、
つき詰めると、性的快楽に溺れ、羽目をはずした非行の生き方を、自分から求めているに過ぎないからです。

127名無しさん:2007/05/21(月) 07:29:59 ID:FfVVAEK2
篤志家に来て貰って、以前のスレッドのように、
特注品の投稿を、書いて頂くのは、いかがですか。

128名無しさん:2007/05/21(月) 07:42:52 ID:???
>>110-111 >>113 >>117 >>119 >>120 あたりは、知的水準に問題があり、箸にも棒にもかからぬ非行少女の心理と思われw 可哀想ですが、切り捨てて、突き放すべし。刑務所が最善で、医療の問題と思うべからず。

129名無しさん:2007/05/21(月) 08:03:06 ID:.HU/brl.
おはようございます。
以前のスレッドの、"年寄りのgid"は、正体不明の人が、スレッドを立て、
やはり、正体不明の別の人が、いわゆる"関東某重大事件"に触れていたので、
その記事を見つけた葉子さんが、
完全治癒したsrs済gidのグループに、回覧板を流し、人を呼びました。
幾つかの治癒グループに噂が流れ、"篤志家"のかたが、記事を投稿しておられましたが、
スレッドの雰囲気を作るために、
葉子さんのほうから、指名して、投稿を依頼することもあったそうです。

葉子さんは、4月に九州方面に出張されて、5月の連休に帰宅されましたが、
"年寄りのgid"に出て来られることは、ありませんでした。
このスレッド『年寄りのGID・続編』は、誰が立てたのか、知りません。

インターネットの掲示板やホムペやブログを、見たり書いたりする人は、
そもそも、中学生程度の子供が中心ですので、放置しておくと、どうしても、そのレベルの知的水準まで下がります。

130名無しさん:2007/05/21(月) 10:14:32 ID:???
思想って恐いですね
方向性で思考してるんですね
自分たちが批判してる対象そのものに自分たちがなっているという
ことがわかっていないのが恐いです
戸籍を改竄した在日朝鮮人犯罪者、堤と知り合いのgidここにいるでしょ?

131:2007/05/21(月) 12:13:06 ID:CxDMTLc.
ピサの斜塔って、斜めに傾いてるから、
ガリレオさんは、物体の自由落下の実験をしました。
斜めじゃなかったら、途中で、
下の階の壁とか、窓とか、庇とかに、ぶつかって、
うまく、実験できないのよね。

途中で、ぶつかって、バウンドします。
GIDの人も、ぶつかって、
テレビに出演したり、本を出版したり、大学で教えたりします。
ぶつかって、バウンドしているだけなんです。

ほんものの、やくざの女房で、弁護士になった人がいました。
ほんものの、やくざで、刑務所に入って、小説家になった人もいます。
やくざって、何をしているか、知らない人は、
弁護士になったり、小説家になったりした人を、見習おうとします。

132薫 上のつづき:2007/05/21(月) 12:17:40 ID:CxDMTLc.
(↑続き)でも、ちょっと、待ってね。
その弁護士さん、やくざの女房の時に、どれだけ悪いことをしたか、ちゃんと反省して、
被害者の市民の人に、許しを乞うて、損害賠償をしましたか。
やくざの亭主を、ちゃんと告発して、責任を取らせましたか。

その小説家さん、ちゃんと、やくざ時代の悪事を、反省しましたか。
被害者の人に、謝罪して歩きましたか。

弁護士さんも、小説家さんも、やくざだった経歴を利用して、
有名になっただけではありませんか。
やくざの女房から弁護士、やくざから小説家っていう話題性を、
面白おかしく、本にして、お金を儲けただけではありませんか。
やくざの女房や、やくざの時と、ちゃんと、心を入れ替えて、本を書いたのかしら。
こういう人達も、バウンドしているだけで、ほんとうは、落下中なんですよ。
GIDも、落下中に、有名になります、話題になります、でも、見習ってはいけません。

133名無しさん:2007/05/21(月) 12:40:56 ID:???
>>115 >>118 >>128
おい、コラ、そこのオマエ。
GIDは、おかしなところがあるから、精神障害の中に、入っとんじゃ。
それを、あざ笑うて、ナニするつもりじゃ。
GIDは、治るんじゃ!
精神科医が、サボっとるから、GIDが犠牲者になるんじゃ。
わかったか、クソったれ! 笑うな。

134名無しさん:2007/05/21(月) 13:02:42 ID:vIKl8IsU
ここに書いている年配のgidは、戸籍の性別も変更できない時代に、srsをした人達です。
今のgidの子の非行とは、比較にならないほど、桁違いの非行を、経験して来た人達です。
それでも、治る人は、治るんです。ガラの悪いのもいますが、根は、気の優しい人達です。
虫も殺せない、という言葉がありますが、ほんとうに、ゴキブリにコップで蓋をして、窓の外に逃がしてあげるような人達です。
あほなんです。

135山脇:2007/05/21(月) 17:47:59 ID:HaDp5aAk
ノグルミと、サワグルミと、オニグルミと、
どれが一番、葉っぱが大きいですか。

クルミの木です、と聞きましたが、調べると、クルミには種類があります。
どれかな・・・ 葉っぱが、高いところにあって、手にとれません。
オニグルミでしたら、食べられますか。

136名無しさん:2007/05/21(月) 17:58:00 ID:???
>>130 その堤とか言うのは、知らん。
>>131-132 の塀の中から出てきた小説家を、知っている。
あれは、芸能プロダクションをやっていた暴力団の組員で、
三島由紀夫と同じ男性同性愛のグループ。
女房を何人も取り替えているが、それでも同性愛。
三島の小説のモデルになっていたらしい。
そのグループは、性同一性障害のグループと親しく、その関係から知った。
日本国籍の戸籍の売買は、今も昔も、在日アジア系社会では、普通にある。
闇で覚醒剤を買うのと同様に、手軽に戸籍を入手できる。
こういう世界に、性同一性障害の当事者が、落ちて来る。
今も、増えるばかりで、
GID医療の公然化や、特例法の施行が、逆効果になっているとわかる。
春の雪のように、ひらひらと舞い落ちて来て、夢のように溶ける。
GIDを治して、この美しい光景から、生還されることを、希望します。

137名無しさん:2007/05/21(月) 19:34:24 ID:???
絶対的真理

人は 人を 変えられ ない

138名無しさん:2007/05/21(月) 19:53:12 ID:???
美輪って三島とそんなに懇意でもなかったくせに
あの人ってかなり穢れた人ですよね
在日社会と繋がりが深い、裏では平気で在日のプロパガンダに手を貸してる
金もらってる

139名無しさん:2007/05/21(月) 20:00:46 ID:???
>>136
つまり今時の子たちは
年寄りのようなヤクザな世界と繋がる傾向は弱まってる
医療がその代わりをしている
本質的には変わらないのかもしれないけれど
医師をなんでもありの暴力団になぞらえるのは飛躍し過ぎ

自分たちの経験を過大評価して後世に伝えたい気持ちはわかるが
もうそんな経験はできない、あなただけのものだ
戦争反対なんて言っても、あの戦争が二度と再現できないように
現に、今、実質日本は戦時中なんだけど、そんな自覚、一般庶民にはないでしょう?

140名無しさん:2007/05/21(月) 20:45:01 ID:0fenq5L2
あのね、GID医療をやったお医者さんは、勲章もらえるよ。
若い子は、使い捨てになるかも知れないけど。ゴメン。
お年寄りのお医者さんね。
勲章とか、文化功労者とか、なんとか、かんとか、
とにかく、国家に褒めてもらえるの。

それの選定をしてま〜す。誰に何をあげようかってねё
花道を作ってあげるの。親切でしょう?
GID医療の撤退手順を、もう、具体的に相談してるんよ。

ここ、この掲示板ね、誰でも自由に書けるから、話のすじが、ぐにゃぐにゃになってるけど、
適当に、賢い人だったら、だいたいのGIDの病気の仕組を、読みとれると思うの。
これ、少数意見じゃないよ。日本のお医者さんの99%以上の、多数派意見。
もう、サイコロ振るみたいな、実験的な医療をする必要はないでしょう? ホルオペは、必要ないの。サイコロ医療の、後始末の段階になってまーす。
あたしは、詳しい専門的な中身までは、知らないけど、だいたい、洩れてくる・・・ 偉い人、フォローしてちょうだーい!

141名無しさん:2007/05/21(月) 21:23:57 ID:SbCaodeI
シドニーのフィーフィーさん、還暦です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070521-00000588-reu-ent.view-000
美人度では、当方、まだ勝っています。

142明智:2007/05/21(月) 22:26:39 ID:r2vZbtJ.
>>135山脇さんへ。
ノグルミは、小葉身の基部が、やや心臓形で、
小葉柄が、長さゼロミリに近く、葉軸を少し抱く感じに見える。
葉軸は、小葉柄のことでなく、複葉の中心軸のこと。

オニグルミは、小葉身の基部が、やや楔形で、
小葉柄が2ミリほどで、葉軸を抱かない。

サワグルミは、偶数複葉だから、すぐわかる。他は奇数複葉。
シナサワグルミは、葉軸(複葉の中心軸)に翼があるので、すぐわかる。
カシグルミ(テウチグルミ)は、葉の先の形が、にぶいので、すぐにわかる。

オニグルミは、食べられますけど、少ししか実がない。
カシグルミは、西洋のクルミで、実が大きいので、たくさん食べられる。
シナサワグルミは、有毒。

143名無しさん:2007/05/22(火) 00:07:48 ID:Y49OYySM
その塀の中の人は、
オリエンタルホテルだったかしら、そこの息子さんだけど、
塀の中で、日本赤軍のメンバーと一緒だったのよね。
三島さんとの関係もあって、困るんよね、こういうのは。
あっちこっちから、知り合いが重なってきて、
否が応でも、紹介されてしまう。
関東系のヤーさんだから、一緒にいると、誤解を招きやすい。
それでも、押し売りみたいに、電話がかかってきて、
時間があるから、会わないかとかね。
あたしゃ、ヤクザとは、お付き合いしません!
それが・・・ばらす人がいるの、性転換してるってこと。
このへん、つらいね。
弱み、握られている感じ。

144名無しさん:2007/05/22(火) 00:17:37 ID:X1c80NXs
↑そいつんとこ、赤坂に事務所あったでしょう? 安藤組。
赤坂の料亭組合、田中清玄さんが作ったでしょう?
うちのグループ、赤坂で料亭やってる・・・ どうしよう・・・

でしょう? でしょう? 世の中、こんなもんよ。GIDの悲哀。

おやすみなさーい。

145名無しさん:2007/05/22(火) 00:41:23 ID:???
抜けられないようになっています・・・まさに性転換は入れ墨。
ネットで調べると、ANDO組は、昭和39年までになっていますが、
赤坂は、つい最近まで、事務所がありました。
あれは、子分の作った別のヤクザでしょうか。

お医者の、誰と誰が、ヤクザか、知っています。赤坂の料亭が、賭場だから。
不法滞在の朝鮮韓国中国人の街ですが、国会議員や高級官僚の、囲われ人ばかりだから、絶対に安全地帯。
お医者さんが見ると、昔は副作用が大きかったので、お医者さんの、誰と誰が精神病か、わかってきました。
GID医療は、オカルト医療です。

146名無しさん:2007/05/22(火) 01:02:45 ID:PA6vVqAM
>>143-145 全部纏めて、色町出身は、しばらく黙っとれ。
スズメのぴーちくぱーちくで、信憑性無しと認む。

147名無しさん:2007/05/22(火) 01:08:57 ID:???
カムするとやたらと在日が近寄ってきてウザイ
同じだ同じだって同情してくるけど
ぜんぜん違うじゃん
細木数子って元在日でしょ?戸籍いじったのしってるよん
安岡ってGIDとも関係あった?

148名無しさん:2007/05/22(火) 08:09:58 ID:dXReyobo
この際、申します。安岡先生は、三島さんの先生でもあったのですが、
わたくしの高校の大先輩で、安岡先生の高校大学の後輩に、某県教育委員会委員長がいて、
わたくしは教育委員会の紹介で、srsを受けました。私の性転換は国家事業と思います。
田中清玄さんは、日本赤軍の前身の、共産同赤軍派に資金援助していました。
田中さんの仕事仲間のX氏は、後に国会議員の擁立で対立し、田中氏一党に
家屋敷を奪われ、一時、大阪に逃避しました。その家屋敷は、現在、
3世国会議員の本宅になっています。X氏の孫が、野菜スープ先生です。
X氏の妾腹の孫が、赤坂で料亭を経営しています。X氏のお妾さんは、中国の少数民族出身でした。
『山の郵便配達』という中国映画に描かれていた少数民族ですが、民族名、忘れました。
野菜スープ先生は、関東某重大事件の被害者で、加害者は、srs済gidと、その仲間です。
加害者側の背後組織に、田中清玄系右翼と、北朝鮮情報機関があり、gid1
名はその機関の要員でした。
細木数子、銀座のホステス出身だそうですが、人脈違いで情報なし。
田中清玄氏は、ロッキードの児玉誉士夫氏に狙撃されたことがありますが、何が何やら、わかりません。
gidは、人のコネが頼りの人生ですので、思わぬところで、玉に当たって死にます。

149名無しさん:2007/05/22(火) 10:16:58 ID:???
マイ睾丸の呪いかしらね…

150名無しさん:2007/05/22(火) 12:48:41 ID:???
>>148
トン族(トンは、人偏に同)。孫娘から聞いた。

151名無しさん:2007/05/22(火) 20:21:42 ID:???
はるかりんのBLOG
幼馴染で同級生の彼女と高校生から付き合いはじめ、5年後、一大決心でプロポーズ!
しかし…彼女から、レズビアンである事をカミングアウトされ放心状態。
お願ぃ女の子になってほしぃのと彼女の衝撃的な懇願に言葉を失う。
真剣に悩み苦しみ話し合った結果、性転換後に結婚する事になった。
肉体的、精神的にどの様な変化が現れるのか?不安だらけのなか、
女性ホルモンの投与を開始する。このブログは、愛の成長日記・体の転換日記です。
彼女好みの女の子になると本気で心に誓い、究極の愛を追求し、愛する人へ身も
心も捧げる♂の恋愛ストーリーです。

↑こういうほんまもんの狂った奴を叩くならいいけどな
半分ネタだろうけど、まだブログ閉じないなんて恥知らずだなぁ

152名無しさん:2007/05/22(火) 21:02:51 ID:8s.DVcP.
>>151 これ、本でしょう? 小説か、なにか知りませんが、とにかく、本。
本にするときに、書いた人は、どれだけ、お金を出しますか。
正味何冊売れると、書いた人は、儲かりますか。
見た感じ、書いた人は、正常です。
小説家になりたいちゃんと思います。
ネットのブログのほうは、友達の写真かしら。
本人の写真だったら、病気かもね。

    性同一性障害の当事者で、本を書いたことのある人は、
    いままで、テレビで記者会見を見た限り、
    全員、ふつうの精神病の一種だと、わかりました。
    性同一性障害特有の症状を除外しても、精神障害が、はっきりと表れていました。
    たぶん、性同一性障害特有の症状を発症する以前から、ふつうの精神障害だったはずです。

それよりも、151を投稿した人は、なんのために、ここに投稿しましたか。性同一性障害の、ほとんどの人は、統合失調症系の精神障害の軽傷例で、解離性障害が顕著に出ていて、ヒステリー系の精神障害の一種と言えます。大丈夫ですか。

153名無しさん:2007/05/22(火) 21:11:28 ID:8s.DVcP.
軽症と軽傷、まちがえた(*^-^*)

154愛媛の○○の女王 (1):2007/05/23(水) 06:03:46 ID:aW7Q1ZX2
>>152 本は、ある程度の数が売れるように、宣伝にお金をかけると、
赤字になりますけど、名前が売れて、
テレビとか講演とかって、引き合いが来ますので、
それで差し引き、年間所得1000万ぐらいまで、持って行く方法もあるみたい。でも、すごい宣伝費をかけないといけないから、
まず、採算をとるのは難しい。
そういう、やりかたで成功する人は、
何年かに一人ぐらいしか、出て来ないらしい。
たいていの人は、名刺のかわりに、本を出版するだけですから、
"浮動票"を集めて、何かをしたいっていう、有名趣味の人の、
名刺作りのための、基礎的な投資みたい。

本で思い出したけど、男性同性愛の人の人口は、
日本では、同性愛関係の雑誌の売れ行きから、推測するのが、
いちばん、実数に近い線を出せるそうです。

155愛媛の○○の女王 (2):2007/05/23(水) 06:04:53 ID:aW7Q1ZX2
だいたい、肉体交渉を伴う経験ありが、全男性人口の、3人に1人の割合で、
いつもの習慣になっている人が、全男性人口の、20人に1人ぐらいで、
中間に、たまに実行する人がいる感じ。
この、3人に1人ってのが、西側先進国の、現在の文化的流行の、共通の水準で、
ほぼ、アメリカも、フランスも、ドイツも、日本も、同じ割合だそうです。

同性愛の人は、男女を問わず、ほとんどが男女兼用っていうか、バイです。
男性同性愛は、統合失調症とあまり関係ないのですが、
女性同性愛は、少し関係があるみたい。どうしてかな。
文化のスタイルとして、男性同性愛は、伝統的な形ができていて、
時代と場所により、全人口の100%近くまで流行しますけど、
女性同性愛は、しっかりとした文化スタイルがないので、
道に迷う人が多いのかも。
男女とも、同性愛の流行が下火になると、統合失調症との関係が出てきます。
流行すればするほど、統合失調症との関係はなくなります。あたりまえですけど。

156愛媛の○○の女王 (2):2007/05/23(水) 06:06:14 ID:aW7Q1ZX2
性同一性障害の場合は、現在のところ、
統合失調症と、密接な関係があります。
これは、流行が盛んになると、
統合失調症との関係が、濃密になります。
生殖機能をダメにしますから、文化的な流行には、限界があって、
病的な流行に、なりそう。

つまり、病識のない、受診しない、軽い精神病の人が、
心の苦しさを逃れるために、性的快楽を求めて、
続々と、集まってきて、
自分から、集団自殺のように、生殖機能を放棄する種類の、
病的な流行に、なりそうな感じ。
これは、まだ、性同一性障害の歴史が浅いから、予想ね。
現在、インターネットや、TG運動などに、その兆しが、見えているので、政策的に、流行を抑制する方向に、転換しようとしています。
軽い精神病の人の、生殖機能をダメにするのは、悪徳であるという、善良な思想です。

157名無しさん:2007/05/23(水) 06:51:18 ID:UUh507pM
おはようございます。
上の記事>>154-156の、「病識のない、受診しない、軽い精神病の人が、心の苦しさを逃れるために、性的快楽を求めて、続々と、集まってきて」という箇所について、少し書きます。
身体と異なる性別を求めることで、性的快楽を求めるのは、基本的には、同性愛でなく、通常の性欲の傾向です。
通常の性欲の対象に、思いを致せば、性的快楽を感じる、ということです。

心の苦しさを逃れるために、という箇所について言いますと、軽い心の苦しさがあると、性的異常をきたし、性欲感情の内容が変化します。
心の苦しさがあれば、食欲がなくなり、眠れなくなる、というのと同じで、通常の性欲の対象に、性欲を感じながら、性交渉ができなくなることも、よくあります。軽い精神的な障害では、ごく普通にあることです。
心の苦しさが、軽い程度だが、持続的である場合は、持続的な性的快楽を求める傾向があります。
既婚者では、長時間、快感を得続けられるような性交渉の形になり、射精できなくなり、不能になります。
mtfでは、性交渉において、夫が射精しなければ、妻は自責感を感じ、夫婦間の性交渉が、疎遠になります。

性的快感は、必ずしも日常語の性欲の範疇に入らず、たとえば女性のファッションや化粧に、女性は、性的快感を得ますが、通常、性欲とは言いません。
軍隊や警察や消防などで、命令されて、集団で規則正しく行動するとき、男女を問わず、生理的には性的快感を得ますが、通常は、整列して行進し、敬礼している隊列を見て、性欲むき出しになっている、とは表現しません。
しかし、脳の生理は、性的快感を得る時と、同じ機序が機能していると推定できます。
肉体の心地良い疲労感を自覚する時や、具体的な動作を命令されて、その通りに行動する時や、それを集団で行う時などは、脳は、性的快感を得ています。

158名無しさん:2007/05/23(水) 08:23:58 ID:euUOy.cE
↑それあるんよ、よく聞く。命令されて、動作する。みんなで動作する。
そうすると、すごく気持ちよくて、濡れるんだって。
それで、うちのセンセに聞くと、
命令されて盲目的にみんなで動作する心理と、性的快感の心理と、
すごく似ていて、要するに、性欲と、集団の一部分になろうとする気持ちとは、
根本的には、同じ本能だから、同じ脳の仕組が働くんだって。
戦争の時の、民族浄化とか言って、大量虐殺しちゃう気持ちとか、
オウムの信者さんの気持ちとかと、性欲って、似てる・・・

うちは、統合失調症の人の社会復帰の手順と、よく似た方法を使ってるよ。
性同一性障害の治療ね。
対人関係処理を含む仕事の能力が、性同一性障害発症の前に、
著しく低下してるってことが、確認されてるんだって。
なにかのストレスとか、その素質のために、限界に来て、やや自閉的になって、
その苦しさから逃れるために、解離性障害が出て、性的快感を求めて、性同一性障害の流行を吹き込まれて、記憶を再編成して、性別が違うって言い出すらしいの。

159名無しさん:2007/05/23(水) 08:29:23 ID:euUOy.cE
それで、対人関係処理を含む仕事の能力の低下って、
成人の場合は、本人は、まだ性同一性障害って言い出さない時で、
まだ、性同一性障害の人と、一人も会ったことのない時で、
自分の性別が違うなんて、思ってもいない時だから、
mtfだと、男性の気持ちのままで、男装のままで、いつものように仕事をしている時に、
すでに、対人関係処理を含む仕事の能力の低下に、周囲の人は気づいているんだって。
その後、本人が、たぶんね、これは、なんだろうかって、自分でも、首をかしげて、
とにかく、気持ちが、しっくり行かないので、性的快感を求めて、気持ちを癒やそうってするんだけど、
その頃には、解離性障害の症状が、いろいろ出てるらしいの。
職場の人は、よく見てる人だと、気づいてるんだって。
それから、本人は、性的快感を求めても、射精できないので、性同一性障害のことを知って、自分は本当は女だったんだって、思うようになって、
家族や職場にカミングするそうです。
だから、職場の人は、これは何かの精神病の結果、こうなったんだって、みんな気づいてるのよ。
それで、手先だけの仕事の作業能力とか、頭だけの仕事の能力とかは、全然低下してなくて、対人関係処理ってところで、仕事の能力が低下するから、子供の性同一性障害の発症の前兆として、自閉的になるのと、よく似てるの。
これを、うちでは、mtfでもスカートのまま、統合失調症の社会復帰と同じように、作業療法から入るんだけど、正直言って、治る人は治るけど、治らない人は治らないってところがあります。

160名無しさん:2007/05/23(水) 08:35:12 ID:euUOy.cE
解離性障害って、ひどくなると、妄想が出るの。
統合失調症でも、妄想とか、解離性障害が出るんだけど、
統合失調症とは言えないほど、症状が軽くなると、妄想とか、鬱とか、解離性障害だけが出てきて、
もっと軽くなると、解離性障害だけが出てきて、
もっと軽くなると、もう、完全に健康。
それで、軽い妄想と解離性障害のある状態が、子供時代からあったり、長引いたりしてると、性格になっちゃってるから、人格障害とか言われちゃうのよね。
対人関係処理を含む仕事の能力の低下って、どういうわけか、エッチな接客業は除くってことらしいの。
でも、ゲイバー関係の人に聞いたけど、やっぱり若い子はまだ治ってなくて、エッチ業でも、対人関係処理を含む仕事の能力が低下してるって聞きました。
コンピュータのプログラムとか、機械・建築の設計とか、こういう単純作業は、能力が低下しないのよ。
でも、そこから治療は入って行くの。うちの場合ね。


あの子、お亡くなり? へんな性格の過労なのに、薬、のみすぎて、半分自殺じゃないの? 向精神薬は使うなって、言ってるのに・・・ ぽっくりかな。
だれか、おしえて〜 昔、わたしの太もも、なでなでした子。

161:2007/05/23(水) 14:26:46 ID:???
> コンピュータのプログラムとか、機械・建築の設計とか、こういう単純作業は

え〜?これ単純作業でつか?T_T
じゃぁ、、対人関係を含まない複雑な作業とはいったい・・・!?

162コロラド出張完遂記念:2007/05/23(水) 18:01:43 ID:b7ni9es2
>>158-160
真っ正直に信じ込んで、思い込んでいる人ほど、治りやすく、反対に、性同一性障害の業界で、めしを食っている人ほど、絶対に治りません。
めし食いgidは、性同一性障害の生き方を、まるで、素晴らしい神わざのように宣伝して、精神的に不安定な人達を、gidの泥沼に引き込みます。
ホムペやブログや、出版や講演やテレビを通じて、名を売り、客を増やして、ポン引きが通行人の袖を引くように、どろどろの世界で、生計を立てています。
昔から、この種のイカモノが、性同一性障害を流行させましたが、私の古くからの友人にも、この種のイカやタコが、いっぱいで、堪忍してください。
お陰で、たくさんの、精神的に不安定な人達が、犠牲になりました。

異性装や同性愛の性的快感と、ホルモンを使えば、男の顔が、女の顔になる手品と、性欲の人参に釣られて、集団催眠に掛かりやすくなる心理が、最大の武器です。
大阪の、クリニックでは、mtfのお客さんの、99%は、せいぜい、顔だけ、女性としてパスするのが、限界です。
略して、顔パスと言いますが、ここのクリニックでのsrsの実施例は、非常に少なく、他の病院での手術を含めて、何%のお客が、srsに至るか、不明です。
宙ぶらりんの人達は、特別なトレーニングを受けない限り、精神障害のまま、一般の仕事に従事することになり、一生、色ぼけ状態で、無為に過ごします。
首尾よく、srsを受けた人も、精神的に治癒しなければ、健常者として生活できるのは、性同一性障害の狭い業界の中だけで、いわば、籠の中の鳥にすぎません。
治癒するためのトレーニングを拒否して、精神障害者を庇護する社会を作ろうと、大挙して市役所に押しかけるのは、本末転倒の売春婦救済運動の一種にすぎませんが、めし食いgidは、性同一性障害者の狭い業界の中で、姉御のような地位を得ていますので、宙ぶらりんが増えれば増えるほど、籠の中の生活が楽になります。
悲しい女衒(ぜげん)にすぎませんが、性同一性障害の業界では、望みの性別の、善良な一般市民として、知らん顔をして生きるような、いわゆる埋没人生は、笑われますので、
マスコミの袖まで引くような、女衒になるしか、生きる道がなく、精神障害者の御家族の皆々様、どうか、堪忍してあげてください。

163名無しさん:2007/05/23(水) 19:51:16 ID:???
よく言うよ。仕事さぼって姿消して、遊び呆けていたのが真相だろ。
コロラド出張、そんな話、聞いたこともない。
誰が割りを食ったか、反省の弁は?
ドタキャン、遁走、出奔、放浪、さぼり常習犯で、GID完治? 
解離性遁走です。

164コロラド出張完遂記念:2007/05/23(水) 20:20:45 ID:???
今のGIDは、登校拒否、インターネット、夜の盛り場、日曜のウィンドショッピングetc.ですが、昔のGIDは、山下清大先生を尊敬していました。
放浪したんです。これ、ほんとです。
リュックの中に、着替えの下着と、洗剤と、洗濯ひもと、寝袋を入れて、旅から旅へと、あてどもなく、さすらいました。
伊豆の踊り子でした。
今の子は、知らないでしょう?

165杉並:2007/05/23(水) 22:38:43 ID:.7rHeegg
>>164
あのう・・・伊豆の踊り子の件は、
静岡に出張の時に、姿をくらまして、
夜になっても帰らずに、心配していると、
次の日の夕方になって、富士山をバックに、
誰か知らない人と、撮影した写真を、みんなに配って、
「ちょっと、天城峠、見に行ってたの」って、
のたまった一件ではないでしょうか。

166杉並:2007/05/23(水) 22:40:49 ID:.7rHeegg
>>161
対人関係を含まない複雑な作業って、なにかしら?
わたしの思うには、人間特有の、よく発達した高等な精神機能は、
他人とのコミュニケーション能力を使って、人と人の心の間を、調停する機能で、
統合失調症と同じ仕組みの、脳の生理では、
ストレスがあると、最も人間的な精神機能から順番に異常になるので、
統合失調症という病名に相当しないような、最も軽い異常では、
人とのコミュニケーション能力に、障害が出てくる、という意味じゃないかしら。

統合失調症と呼ばれるほどになると、
原始的な動物的な先天的な精神機能にまで、障害が出てくるけど、
統合失調症とは違う仕組みの、脳の生理の異常の場合は、
脳腫瘍でも、癲癇でも、双極性障害でも、
ごく軽い異常から、いきなり、原始的で動物的で先天的な精神機能に異常が出てくると思います。

そういう点で、性同一性障害の人の、精神的な異常は、
軽い人ほど、高等な人間的な精神機能だけが異常になり、
重症になるほど、原始的で動物的で先天的な精神機能にも、異常が出てくるので、
統合失調症の生理的特徴と、よく似ています。
けっして、ごく軽い性同一性障害でも、いきなり原始的で動物的で先天的な精神機能に異常が出る、
ということは、ないんじゃないかしら。

そういう意味で、理数的な情報処理とか、純粋に論理的な情報処理とかは、
人間特有の精神機能の中でも、比較的、原始的な能力によるものですから、単純作業の部類に入り、
それを人間関係に適用するような不確実な判断は、
人間特有の精神機能の中でも、複雑で高等な機能に属する、ということじゃないかしら。
別の言い方をすると、自分の頭や、機械の頭を使って考えるのは、単純で、
たくさんの人の頭を、たくさん使って、たくさんの人の頭と頭の間を調停する作業は、
高等で複雑っていう意味じゃないかしら。

性同一性障害の場合は、一番高等で複雑な機能だけが、最初の軽い症状として、ちょっと異常になるので、
人とのコミュニケーションが苦手になり、自閉的になるみたいで、
けっして、ホルモンシャワー説や、脳の性差説のように、
性別っていう有性生殖以来の、比較的原始的な機能が、まず最初の軽い症状として異常になるってのは、
性同一性障害の症状の実態とは違う、という意味じゃないかしら。
ホルモンシャワー説や、脳の性差説は、事実に反し、
統合失調症と同じ機序の、ごく軽い異常が、性同一性障害の原因で、
それが文化的に教唆されて、性別の違和として自覚するようになっただけではないか、
という意味に、わたしは読みとりましたけど・・・ 

だから、治療法も、ホルモンシャワー説や、脳の性差説とは、正反対になり、
統合失調症に準じることになります、という意味じゃないかしら。

統合失調症って、遺伝的素質の上に、胎児期の発達障害とか、子供時代の教育、学習、生活環境とか、
発病までの生活習慣とか、発病時の気持ちの持ち方とかが、原因になっていますけど、
性同一性障害では、ものすごく症状が軽いので、後ろのほうの事が原因になっている可能性が高く、
遺伝的素質や、胎児期の発達障害のような、先天的な原因を、お薬や手術を使って補正する必要はなく、
もちろん、性ホルモンや性転換手術も必要なく、
いろいろなセラピーだけで治る可能性が高く、その中でも、余裕を持った気持ちで、背伸びしないで、
他人と体面したコミュニケーションをとる方法を練習するのが、いいみたい。

背伸びすると、解離性障害や妄想が出るって、聞いています。
それから、余裕を持たないで、100m走を競争する直前のような気持ちで、人よりも優位に立とうとすると、ストレスが溜まるそうです。
好印象を与えようとか、逆に斜に構えて、自分らしい特徴を出そうとするのも、逆効果で、
いちばんいいのは、みんなと一緒の、平凡な目立たないマナーを習得して、人の前で、余裕しゃくしゃくの気持ちで、平凡さを披露することみたい。
すくなくとも、ホルオペは、治療にはならなくて、症状を悪化させる可能性が高く、
TGの運動とか、ホルモンシャワー説とか、脳の性差説とかは、わざと症状を悪化させる意図があるかもって、感じかな。

167名無しさん:2007/05/24(木) 00:32:35 ID:???
でもあなたみたいな年寄りになりたくないと
直感で思いました。

なんなんですかね、この違和感。これも精神病なのですかね?
なんでもかんでも精神病、精神病、精神病
同じ事しか言わないし、この人こそ、なんか変な人のように感じます。

名をつけることで、征服支配操作しようとしてませんか?
そういう印象を受けます。そしてそういう人は必ずなにがしの立場を代表していて
純粋な好奇心とか善意とはほど遠いエゴな動機で書き込みをしていたりもします。

168:2007/05/24(木) 02:29:37 ID:???
>>166
あープログラムや機械設計しないヒトの感覚なんだろうなーて思ったです。
確かに、作業をしてる最中には、複数の人間とリアルタイムにコミュニケーションをとりながら、
ということはしないけどー・・・
単純な数理計算やベクトル空間把握で機械設計するんじゃないですよ。

つかってる脳の分野は、複数人とコミュニケーションするときの言語野?とは、
ちょっと異なる言語野?を目いっぱい使い切るのだけど。

多くの文献や、最近ではネット上の資料を読み解きながら、
理解・分解・再構築を繰り返すことで、プログラムや機械設計は成り立ってます。

ヒトの生み出した(というか、自然界の法則を人間が翻訳して、人間の言葉にした、
概念の断片をかき集めて、それを自分の意思で目的にかなったものに
再構築するのが、プログラム、という作業です。

脳活動や生理欲求からくる、高次さ、単純さ、といういみでは、
ヒトとヒトのコミュニケーションと複雑さの点においては大して変わらないと思いましたけどねー

169:2007/05/24(木) 02:42:30 ID:???
精神的に病んでたり余裕がなかったりすると、
電卓は叩けても、ロジックが浮かばない。
ロジックが組めないと、プログラムも機械設計も「形にならない」。

高次の精神活動から、まず支障が現れて、
原始的なものにはいきなりは障害が出ない、というのなら、
プログラムも機械設計も「高次の精神活動」であって、「単純な作業ではない」
というふうに分類してホシイです。

170名無しさん:2007/05/24(木) 07:54:06 ID:odwPmWTU
>>168-169 横レスです。
ジョン・ナッシュが、統合失調症になったときの症状は、参考になると思います。理数系の思考は、統合失調症では、症状の出るのが遅く、そのために統合失調症の発見が遅れる傾向があります。能力には、習得する年齢があり、早すぎても、遅すぎても、学習効果が小さくなります。数理処理や、音楽的才能などは、早熟の能力で、統合失調症では、習得年齢の遅い能力ほど、障害を受けやすく、早い能力ほど、しぶとく残ります。
このスレの、現在の投稿者の面々のプロフィールは不明ですが、以前の「年寄りのgid」では、投稿者を呼び集めた人がいましたので、投稿者のプロフィールを推測できました。大学卒の人では、理数系が多く、医師も比較的数学の得意な人が多かったと記憶します。>>168-169のかたと同様の仕事を経験していた人もいたと思います。

>>167 これも横レスになります。
投稿者は、高校の先生と聞きました。投稿者と同世代のGID当事者の有名人が、今後、テロや訴訟の標的にならぬように、心掛けます。GID医療を推進した医師には、賞勲が取り沙汰されています。当事者のリーダーに被害が及ばぬようにする対策も、今後検討される予定です。

171:2007/05/24(木) 12:11:22 ID:???
> 投稿者は、高校の先生と聞きました。
よく読み込まれてますね。。。
感心しましたです。

172名無しさん:2007/05/24(木) 18:26:50 ID:???
GIDを心理療法で完治できると言ってるお医者?様へ
どういう治療をするのですか?何をもって治ると定義するのでしょうか?
もしかして薬物療法?向精神剤のリタリンとか使ったり?

173名無しさん:2007/05/24(木) 20:43:21 ID:???
社会機能は正常、正当という観点から、精神病が「創造」されましたが、
我々は病気にかかっているわけではありません。
今の社会システムに「属する」ためには、自分を殺さなければならないが殺しきれない---という問題です。
この状況にふさわしい名称は、「社会機能不全症候群」です。

最適の「クスリ」があるとすれば、それは、社会自体が変わることです。
そこから逃避しないことです。

174名無しさん:2007/05/24(木) 22:18:16 ID:I0L35J4o
いそちゃんが、パソコン飽きたから、新緑を楽しむそうです。
大学のセンセやってる子も、このスレが中学生レベルになっているから、
中学校の先生に、来てもらったほうがいいんじゃないかって、言ってました。
もう一人、わせだのあほのセンセ(ごめんなさい)がいるでしょう?
あの人も、キチガイの世話は遠慮って言って、消えちゃったし、
内科の先生も、神経内科の先生も、もう来ないと思うから、
わたし(寧)も、しばらく来ませんね。

バイバ〜イ(^-^)/~~~

175:2007/05/24(木) 23:43:37 ID:rywx/T.k
発達心理学の可愛らしい先生が来ていたのを、知ってる?
京都の精神科のおっさんも、ちょろっと、冷やかしに来ていたよ。
よーちんは、あっちこっちから、掻き集めていたらしいが、関東の事件の加害者連中が来ないと、退屈。
あの連中は、srs済グループだから、手術をしても、心理療法を受けないと、オウム状態になり、強盗殺人まで走るという例だ。
おれも来ないよ。それから、>>172-173は、妨害記事。多分、その高校の先生だろう。

176名無しさん:2007/05/25(金) 15:49:32 ID:???
>>174
『勝利宣言とは』

本当に説得力が有る人はする必要がないもの。

話をずらして一方的に高みに立って相手を憐れんでみせることで
正面からの応答を回避する態度。

ちなみに「勝利宣言」は、それを行うことで本人だけは優越感に浸っている
らしいけど、ギャラリーからは捨て台詞に思われていることが多いようです。

177道上 さとみ:2007/05/25(金) 18:29:50 ID:eNhO2n5M
質問 1
srsを受けると言っていた人が、3人いましたが、
srsのあと、3人ともブログを閉じてしまって、
メールを出しても、返事が来なくなりました。
どうしてかなと思って、お年寄りに質問します。
どうしてですか。

質問 2
このすぐ上の>>176の人ですが、
前から何度も投稿なさっている人と思います。
前から気になっていたのですが、
これだけ妄想があると、はっきりと精神病に見えるので、
入院するように手配してあげたほうがいいと思います。
精神病ではないのでしょうか。
お年寄りの御判断をお尋ねします。

178名無しさん:2007/05/25(金) 18:58:48 ID:BIcvcmWs
わたしが見ている性同一性障害のグループでは、男女の性別にこだわらず、男の生き方であろうが、女の生き方であろうが、本人の自由な選択に任せています。
治療の対象は、診断基準にある性同一性障害特有の心理ではなく、他の精神障害にも共通する精神的な異常です。性転換医療がなければ、受診しませんでしたが、ホルモン・手術を求めて受診したことにより、精神障害として治療可能になりました。
ホルモン・手術は、基礎疾患の治療にならず、むしろ症状を悪化させます。

>>158-160 >>162に言及されているクリニックでは、抗鬱剤の使用が多く、疑問を感じていましたが、医師本人の個人的資質を聞き、納得しました。
性同一性障害に至る以前からの基礎疾患について、双極性ではないか、鬱病ではないか、と一部に紛らわしいところもありますが、大部分は統合失調症の陰性症状に相当するものを、誤認したものと考えます。
その場合、抗鬱剤は、症状を悪化させる可能性が高く、本人の病識を無くします。統合失調症では、本人が非常に苦痛を感じている場合でも、統合失調症の病歴がなければ、なんらかの病気ではないかという自覚さえありません。
医師でありかつ当事者のgidに、抗精神病薬を自己処方していながら、ホルモンシャワー説や、脳の性差説に縋り付き、性ホルモンを自己処方していた例もあります。
ましてや、統合失調症の基準を満たさない軽症例では、本人は何らかの心理的工夫により、薬剤によらず、すでに快感に陶酔しており、受診する必要もなく、病気ではないかという不安も、本人は持ちません。性同一性障害では、多くが、性的工夫による、性的快感に陶酔していますが、統合失調症と同様に、陽性的時期と、陰性的時期がある場合は、双極性障害や鬱病と見間違われやすくなります。
抗鬱剤を処方すると、ホルモン・手術と同様に、症状を悪化させる可能性が高く、たとえ陰性的な症状でも、もしも薬剤を使いたければ、安定剤と抗鬱剤と入眠剤よりも、安定剤と入眠剤のみのほうが、よりましな場合が多いと言えますので、参考にしてください。

しかし、通常は、性同一性障害に、薬剤は使いません。子供も成人も、同じです。ホルモン剤も使いませんが、現在使用中の人は、そのままにしておきます。異性装も、本人の望み通りにしておきますので、薬剤を使う必要はありません。
二次的に、抑鬱症状の出る人や、ごく稀に、性同一性障害の発症以前から、抑鬱症状のある人もいますが、精神科以外の診療科では、抗鬱剤の使用は、難しい判断になります。
>>172 原則、性同一性障害に、抗鬱剤は禁忌です。 【続きます】

179名無しさん:2007/05/25(金) 19:04:33 ID:BIcvcmWs
【続きです】
くだんのクリニックでは、医師の個人的資質から、抗鬱剤を多用したものと思われ、何事においても、性同一性障害の原因の精神障害を、悪化させる方向に、治療していました。
リストカットの手首の傷は、病気の本体でないように、性別は性同一性障害の病気の本体ではありませんので、手首の傷を、外科で治療しても、リストカットは治らず、性別を治療しても、性同一性障害は治りません。

>>173 統合失調症や鬱病や癲癇の患者さんと、100人程度、仲良くなって下さい。この人達が、犯罪を犯したり、自殺したりした時、これは精神病であると言ってあげることが、どれほど大切か、よくわかります。この人達が、どれほど苦痛に苛まれているかを知れば、犯罪者として処刑されるのを阻止し、精神病として治療してあげるのが、人情であるとわかります。
たとえ、残酷に人を殺しても、この人達に責任はない、と言ってあげます。アラブの国では、同性愛や性同一性障害は、病気でなければ、処刑されます。欧米でも、虐殺されました。これを、性同一性障害という病気であると言ってあげて、この人達の命を守り、治療してあげることは、非常に大切なことです。
統合失調症と同じ機序の精神障害では、本人には病識がありません。殺人や自殺に走るほど苦しくても、苦しいという自覚がありながら、病気という自覚がありません。当事者の医師が、抗精神病薬を自己処方するほど、苦しいという自覚がありながら、それでもなお、脳の性差だと言い、性ホルモンに縋り、性同一性障害以外の精神障害ではないかという自覚が、まったくなかったのと同様の心理状態は、性同一性障害では、ごくふつうにあります。

リストカットでも、拒食症でも、アルコール依存症でも、同様です。病名がついているから、そういう病気だと思っているだけで、どこがどういうふうに精神的な病気なのか、自分ではわかっていません。自分から手首を切り、何度治療しても、何度も手首を切り、インターネットで仲間同士で相談して、計画的に手首を切り、救急車を呼ぶ騒動を起こして、仲間同士で祝杯をあげる人達を、健康だと思いますか。
ホルモンや手術を望むのは、手首を切るのと同じです。医師が、本人の望み通りに、手首を切ってあげるのが、真っ当な医療と思いますか。インターネットで手首を切る相談や、見ず知らずの人と自殺の相談をしているのを、第三者が通報すれば、そのページは削除されます。プロバイダーに、法的責任があります。
性同一性障害のホルモンや手術も、同じことですが、一般の人は性同一性障害の実態を知りません。ホルモンや手術の部分は、歴史的に医療の側が、当事者を誘導した部分ですので、法律違反にもなりません。
なぜ、医療の側が、手をさしのべて、当事者を誘導したか、御存知ですか。これを、優生医療と言い、性同一性障害が日本で合法化される時、当時の優生保護法が、最大の焦点になりました。優生医療の是非が、欧米でも、アラブでも、日本でも、問題になりました。本人に病識のない精神障害者を、こまめに間引いて行く努力を怠れば、素質的に自我障害の起こりやすい人間が増え、社会は底無しに悪化して行くという考え方です。

性同一性障害の当事者が、社会のほうに障害があり、自分達は病気でないと言うのは、引かれ者の小唄にすぎません。性同一性障害は、非常に軽い精神障害です。ほとんど、健康と言ってもいいほどですが、ホルモン・手術という点で、完全に病気の部類に入ってしまいます。
当事者が、これを、さも健康であるかのように吹聴し、当事者みずからが、犠牲者を増やして、文化運動のリーダーになったかのように陶酔するのは、残念ながら、健康な心理とは言えず、病的な妄想に属します。
手首を切り、駄々をこねるのが、新しい文化であるかのように吹聴するのは、オカルトにすぎません。同様に、性同一性障害にとって、非常に大切なのは、病識です。ごく軽微な精神障害ですので、病識ができれば、とんとん拍子で自然治癒します。ホルモンや手術を禁止しなくても、治癒すれば、余裕を持って、自分の生き方を工夫できます。治癒しなければ、srsを受けても、修羅の心に変わりはありません。
新しくホルモンや手術に入ることを認めず、治療中に新しくホルモンや手術に走った時は、治療を中止します。その点で、入院治療も考慮されますが、外国の例では、あまり効果がありませんでした。
一部の精神科医は、患者に、性同一性障害の当事者組織の支援を受けるように、勧めていますが、これはオウムに入るように勧めるのと同じようなもので、症状を悪化させます。

180名無しさん:2007/05/25(金) 19:13:30 ID:???
>アラブの国では、同性愛や性同一性障害は、病気でなければ、処刑されます。
>欧米でも、虐殺されました。

ここは日本である。そして我々は日本人だ。
日本人には、世界を変える弱さがある。支配や操作や力ではない。
西洋哲学や医療に盲信しているうちは受容できないし、思考すらできないのだろうけれど。

絶対的などんよりとした観念というのか、ダーウィンの進化論なんかを
信じてたりするのだろうか。

181名無しさん:2007/05/25(金) 19:20:22 ID:???
>>179
あなたこそ残酷で冷徹で、虐殺する側の人間に見えます。
なにをどうやったら、そんなにまで傲慢に、人間に対して、他者に対して
まるで神の代理人ような視点で、人を裁けるのですか?
同情というものの本質をあなたはわかっているのでしょうか?
同情されるということの本質を?

私はあなたのような人間を認められない。人間として。
自分の思想がどれだけ危険なものなのか、自分自身の想念をもっと観察してごらんなさい。

局地的に専門的に人間を分析すれば、必ずあなたのような誤った万能感、
危険な精神状態に陥る。

もっとトータルに人間を、自分を通して洞察してごらんなさい。

182名無しさん:2007/05/25(金) 19:26:09 ID:???
なぜあなたは、例外を、可能性を、進化を
無視する?覆い隠そうとする?塞ぐ?
なぜそこを見ようとしない?
当事者も変容しているのだぞ?
自分の理論に都合のいい当事者だけを見るのだ?
100人?人間ウォッチングだのマーケティングだの
自分の外側に目を奪われているうちは、人間の本質なんてものは見える訳がないでしょう?
あなたは他人を語りながら、自分を暴露しているし
ただ自分を救済したいだけなのだろう?
一体、どこまで当事者と乖離していくのか?

183名無しさん:2007/05/26(土) 02:54:20 ID:DlSnFmxo
わくわくドキドキ

あげーage♪

184名無しさん:2007/05/26(土) 06:32:17 ID:dIfLj37I
>>177 その3人って、誰か知らないから、事情がわからないんだけど、よくあること。
御本人は、大学に合格したり、一流企業に入社したりすると、ここで、一区切りをつけて、
交友関係を精算しようっていう気持ちみたいに、言いわけするんだけど、
あちこちから、御本人の言葉が、いっぱい聞こえてきますから、嘘ってことが、すぐに、わかります。
srsすると、偉くなった気持ちになって、下っ端のgidとは、つき会えんって感じかな。鼻が高くなって、天狗になるの。
srsする人は、手術のとき、まだ駆け出しの子が、ほとんどなんだけどね。

>>176の人も、>>180-182の人も、妄想が出てるって想像できるけど、
明るく元気な妄想だから、景気よく花火を打ち上げるようなもの。
統合失調症の人になると、妄想の中身が違ってきます。
解離性同一性障害の人は、統合失調症よりも、ひどい妄想が出ることもあるなんて、建前の文書には、書いてあることもあるんだけど、
実際に会ってみると、解離性同一性障害の人の妄想は、楽しい妄想ばっかりで、ぜんぜん、心配しません。
妄想って言って一括してるけど、これは言葉の綾で、妄想の内容の深刻さのほうが、問題みたい。
>>176の人も、>>180-182の人も、陰性転移が出て、興奮して錯乱状態だけど、とても楽しそうで、何も問題ありません。
>>183の人も、同じ人かな。寂しいのだと思います。お話して、ちゃんと、お相手してあげてくださいね。健康ですから、大丈夫ですよ。

185名無しさん:2007/05/26(土) 10:13:12 ID:???
↑ 子供の相手って、疲れるんよ。
掃除機かけると、はしゃぎ回って、
3、4人が、テーブルの下、くぐって、反対側に出るの。
掃除機、止まっちゃって、あれって思ってると、子供が泣き出すの。
テーブルの向こう側で、掃除機の線につまづいて、椅子に頭ぶつけてるの。
反対側に回って、覗いてみると、
お砂糖の容れ物、ぶっちゃけて、床、まっ白け。
服まで、お砂糖かぶってるから、
どういう倒れかたをしたのよって聞きたくなるけど、本人、泣いてるだけ。
友達の子供が、説明してくれるんだけど、なんか、わかんない。
とにかく、動きなさんな。
服の砂糖が、散らばるから。
どこかの子供が、掃除機で吸い込んだらいいって言うの。
だめなの、パイプの中にお砂糖がついて、
だんだん溶けて、ねちゃねちゃになるから、
掃除機で吸い込むのは、だめなの。
子供が、どうして、ねちゃねちゃになるのかとか、
どうして、パイプの中にくっつくのかとか、聞くの。
そんなの、いま、説明してられません!
そしたら、掃除機で吸い込んだあと、
パイプを洗ったらどうかって、提案する子供がいるの。
くそっ、子供のくせに、と思いながら、
掃除機のパイプって、電線、通ってるから、
水洗いしても、いいのかしら?
掃除機本体の、ゴミ入れの周りにも、お砂糖がくっつくでしょう?
そんなの、水洗いできないでしょう?
子供が、どうして、どうしてって、聞いてくるし、
泣くし、走るし、
ほんとに、子供の世話って、疲れます。

186名無しさん:2007/05/26(土) 19:42:43 ID:???
本当に説得力が有る人はする必要がないもの。

話をずらして一方的に高みに立って相手を憐れんでみせることで
正面からの応答を回避する態度。

ちなみに「勝利宣言」は、それを行うことで本人だけは優越感に浸っている
らしいけど、ギャラリーからは捨て台詞に思われていることが多いようです。

187名無しさん:2007/05/26(土) 20:07:18 ID:2h54mM7A
>人の性欲の質には、自分自身の性別についても、性欲の対象の性別についても、
>先天的な性別の違いはなく、涎が出るほど、簡単に変更できます。

治癒に薬物を基本的に使用しないということですと、洗脳、催眠の類いですか?
例えば、テレビ番組をいくつか制作できる資金があったとして
国民の何割かの性欲の対称の性別を操作することも可能でしょうか?

眼鏡会社がメガネ男子ブームをつくったり、2ch経由の萌えブームとか
明らかに人間の性欲、性愛、恋愛対象は簡単に操作できそうです。
GIDの治療というのも同じようなことでしょうか?

1881.:2007/05/27(日) 16:41:39 ID:RwWKjF9g
どなたか、親切な篤志家のかたは、いらっしゃいませんか。
このところ、話が統合失調症との関係になっていますが、
ヤラセではない御仁が、篤志家をお待ちのようです。

私が書くと、横槍を入れることになりますが、暇ができましたので、少々。
性同一性障害では、上のほうの、どなかが仰有るように、
性別のことは、主たる治療の対象ではありません。
どうぞ、御自由に。

石ころを想像して、オナニーしようが、豚を想像して、オナニーしようが、
一向に構いません。
その豚が、♂であろうが、♀であろうが、医師は関知しません。
あなたが、♂で、豚が♂であれば、同性愛かも知れませんし、
あなたのほうが、mtfの性同一性障害の場合もあるかも知れませんが、
性同一性障害の治療では、医師は、性別のことに、無頓着です。>>178-179

1892.:2007/05/27(日) 16:42:56 ID:RwWKjF9g
性同一性障害では、性別の事は、治療の対象外と言っても、過言ではありません。
>>85-87に、納豆と猿の事を書いた人がいましたが、偏食も性別も、そのこと自体は、どうぞ御自由に、の範疇ですので、
ピーマンが嫌いでも、納豆が嫌いでも、女が嫌いでも、男が嫌いでも、医師は気にしません。
しかし、大豆アレルギーでない人が、納豆倉庫に閉じ込められ、餓死した後に発見されると、初めて精神障害が明らかになります。
嵐山の日本猿グループが、九州の山で餓死した状況と同じです。
何が原因で、こんな惨事になったか、勿論、納豆文化が原因なら、文化問題ですし、学者が嵐山の猿を九州に移植したのが原因なら、猿学者の責任ですし、
ホルモン・性転換手術の流行が原因なら、医者の責任です。
性同一性障害では、精神障害と言えない性質の人達が、ホルモン・性転換手術の流行により、精神障害と言えるほどの症状をきたすようになります。
九州に送られなければ、こんなことにならなかったのですが、全滅してしまった限り、病気だったと言わざるを得ません。
日本猿に、こんな病気があったとは、猿楽者も知りませんでしたが、人間にこんな病気があることは、以前から知られていました。
性別のことでもなければ、納豆のことでもなく、統合失調症のことです。
いかなる精神障害でもなかった人達が、ホルモン・性転換手術の流行により、
統合失調症と同じ機序によると思われる精神障害を発症してしまいます。
性同一性障害の治療は、その治癒を目的としています。
文化や偏食を治療するものではありませんので、性別には関知しません。どうぞ、御自由に。

190名無しさん:2007/05/27(日) 17:04:51 ID:fvZhK/CI
自分の場合、スタートは女装マゾ。
主様の好みの女装をして、主様に言われるままに身体を女に改造していくのが、すごい快感だった。

主様とは大学3年の時、新宿の女装の店でバイトしてた時に知り合った。
大学卒業した後もまともな就職もせず、主様の会社に籍だけ置いて、ほとんど出社しないのに給料をもらい、実際はマンションに囲われての愛人生活。
そんな生活が4年続いて、自分ではけっこう幸せだと思っていた。

ところが、今から10年前、主様の会社が破綻、主様は夜逃げ同然に姿を消し、私が住んでいたマンションも抵当に取られて追い立てをくらった。

それまでの安穏な生活は、あっと言う間に吹き飛び、気づいたら、26歳で社会的キャリアゼロで世の中に放り出されていた。

身体は全身脱毛と二度の豊胸手術で作ったEカップのおっぱい、しかもタマ抜きしたばかりで、もう男の生活には戻れない。
もちろん、田舎の両親の家にも帰れない。

結局、そのころ流行だしたニューハーフ・ヘルスへ。
東京、大阪、名古屋、東京と店を4軒移って、やっと生活も落ち着いたけども、フーゾクの仕事に疲れはじめた。
そんなころ、性同一性障害の診断があれば戸籍も女にできるという話を知った。

その気になってお金を貯めて、去年の夏に、タイでSRS。
帰国した後、いろいろ伝をたよって、後づけで性同一性障害の診断書を手に入れた。
去年の暮れに家裁に申請したら、思いがけないほど簡単に変更OKの通知。
今年の誕生日に日に戸籍を変更、めでたく女になりました。

スタートは女装マゾでも、ちゃんと女になれたという報告でした。

191名無しさん:2007/05/27(日) 18:53:57 ID:???
神様 
私にお与えください
自分には変えられないものを受け入れる落ち着きを
自分で変えられるものを変える勇気を
そしてその二つを見分ける知恵を

192名無しさん:2007/05/28(月) 01:20:25 ID:t5qirLWw
>>167 >>172-173 >>176 >>180-183 >>186-187
寄ってみました。上の投稿、妄想性人格障害では? 統合失調症ですか。
性同一性障害でしたら、そちらの治療が、先では?
関東の事件で、被害者の医師に、金と命を要求したのは、この種の連中でした。
数人のGIDが同調しています。全員、SRSを終えていました。全員、被害者と、面識、交流、ありませんでした。
オウムの信者が、オウムを批判した弁護士一家を殺した心理と同じで、危険ではありませんか。
背後関係を、詳しくお調べ下さい。お願いします。

193名無しさん:2007/05/28(月) 01:54:58 ID:???
レッテル貼りに勝利宣言、、、ネットの世界ではこの手の人々を厨房と
呼んでいた時代もありましたね。

194みゅう  その1:2007/05/28(月) 06:02:29 ID:USZ.PsVc
オハ >>192 のかたは、推定、仙台のミミさんのグループのかた?
だったら、知らないかも知れないけど、
あなたが、あげた人(>>193も同じ)が、誰なのか、特定済です。
この人と、そっくりの性格の人が、うちのグループにもいて、
その人の場合は、ftmの若い子ですけど、性格が、瓜二つです。
"関東某重大事件"には、無関係ですので、安心してください。
統合失調症が、どういう遺伝をするか、御存知ですか。
統合失調症と、子孫や先祖や親戚の、統合失調症との関係。
統合失調症と、子孫や先祖や親戚の、統合失調症以外の精神障害との関係。
統合失調症と、子孫や先祖や親戚の、非行や犯罪との関係。
統合失調症と、子孫や先祖や親戚の、精神障害とは診断されていないが、精神科医により、精神障害があったと推定できる人との関係。
同じことを、今度は、健常な人や、性同一性障害の人を中心にして、調べてみます。
うちのグループでは、性同一性障害の当事者(元gidを含む)、約200人の、データを持っています。
母方のお爺さんが、若い頃に何かの精神障害を発症したことがあるとか、同性愛だったなんて、知らない人が多いでしょう?
ナチスドイツの優生学は、詳しく調べて、統合失調症や、その他の精神障害や、同性愛や、性犯罪や、今で言うgidの、疫学的な遺伝の仕方を、研究していました。

195みゅう  その2 おしまい:2007/05/28(月) 06:04:13 ID:USZ.PsVc
うちのグループも、ナチスドイツの優生学と、同じ調査をしました。
うちのグループには、性同一性障害の当事者と、
性同一性障害の治療に携わっている医師のほかに、
家族や、友人や、支援者や、
さまざまな精神障害者や、その家族や、
さまざまな精神障害者を家族に持つ医師などが、含まれています。
疫学的な遺伝的調査から、統合失調症の遺伝だけでなく、
たぶん、統合失調症と同じ脳の仕組みで起こると推定できる心理や行動(病気や非行など)を起こしやすい素質の、
遺伝の仕方を、ナチスドイツの優生学と同じように、分析してみました。
どんな心理や行動を起こしやすい素質が、一つの系列に纏められるか、ナチスドイツの優生学と、よく似た答えを得ています。
遺伝とは別ですが、母子家庭や父子家庭や、家族の身体的病気などが、重なっている例も、あります。
>>192のかたの揚げられた人の気持ちは、
子供時代に登校拒否をして、親のいない昼間に、お姉さんのセーラー服を着て、お化粧して、14才頃から女性ホルモンを始めた母子家庭の子で、
今は戸籍の性別も女性になっているgidの人と、
同じ系列の遺伝的な素質の関係する心理と、よく似ています。

196こっち:2007/05/28(月) 08:00:04 ID:SVo0wBwA
仙台は、ちょっとショーツが違う。
あん人、自分一人で、戸籍性別変更まで、漕ぎ着けたけん、
独立系。
うちのお医者さん系列に、知らん顔して、のさってきたげな。
親戚、でも毛色が違う。
>>192は、金髪かしら、パイパンかしら。そこが、知りたい。

197名無しさん:2007/05/28(月) 08:08:14 ID:vfvQRTwY
>>194-195
もっと、詳細膨大広範に調査してるよ〜ん
日本では最大の、綿密な疫学調査
おまけに、GIDの人脈調査までしてま〜す。
出勤。じゃあねー

198名無しさん:2007/05/28(月) 12:23:59 ID:SljH7h5I
>>192 その関東の事件、聞きました。
gidのほうは、みなさんの言う通り、性欲とカネに目が眩んで、オウム状態と思います。
背後の右翼と外国系は、カネのためには、人をも殺す組織かな。
gid4名? 5名? 集団でオウム状態になったところが、gidの行く末を見るようで、嫌な感じでした。
gid地図が面白くて、事件に係わったgidから、芋づる式や、網の目式で、何千人かのgidの交友関係が、一目瞭然になります。
いくら見ても、見飽きませんでした。
昔のgid医療は、紹介制だったので、紹介の経路は、性交渉の関係を意味していました。
現在のgid地図を見ても、gidの交友関係は、肉体交渉の関係と、やはり同じなのだと納得しました。
今も昔も、gidは、乱交乱婚ですね。
関東の事件を教えてくれた人と話して、これからのgidは、オウム型になるか、三浦型になるか、どちらになるのかと、予想しました。
三浦型は、ロサンゼルス銃撃事件のことで、加害者も被害者も共犯者も証人も参考人も、暴露したマスコミの人も、全部、同じ性交渉グループの人で、事件の実態は、仲間から抜け出ようとして、仲間に批判的な態度を取った人に対する制裁殺人でした。
一般のお客さんもいる普通の飲み屋で、冗談のように話されていた人殺しの話が、そのまま実行されましたが、飲み屋の話は、一般の人に聞かれても、事件の証拠になりませんでした。
オウムも、性交渉とカネの絆で結ばれていました。
教団に入り、出家するときに、全財産を教団に預けるので、一度入ると、抜けられませんでした。
gidも、仲間の放火殺人や、強盗事件などの犯罪を、事前に一般の酒場で平気で喋り、その通りに事件が実行された後になっても、事件に加担したことを、誇らしげに酒場で披露し、他のgidが、それを誉めるという、犯罪者の溜まり場の雰囲気が、今もあります。

199名無しさん:2007/05/28(月) 22:05:26 ID:RE1n97Sg
>>194-195 一人の人が、苦しさに耐えかねて、いい気持ちになろうとすると、
周囲の人の負担になって、周囲の人の苦しさが、増えるの。
そうでしょう?
苦しいときは、だれでも、気持ちよくなろうとします。
これ、あたりまえ。
なにか、ストレスに耐えかねて、
ストレス解消のために、楽器を弾いて、歌うと、
本人は、気持ちよくなるのだけど、
周囲の人は、うるさくて、苦しみが増えます。
軍隊で、一人の人が、苦しくて、へたばると、
周囲の人が、面倒を見るために、周囲の苦しみが増えます。
実際には、日本の軍隊は、へたばった人を、置き去りにしたそうです。
日本は、軍隊のいる所しか、占領していませんでしたから、
軍隊が通り過ぎると、置き去りにされた日本兵は、
中国人に、殺されました。

200ネリネ (1):2007/05/28(月) 22:14:11 ID:oFfqxQ3k
>>193
こんなことを言うと、叱られると思いますが、言います。
>>193 の人は、私の親しくしているgidのグループとは、
完全に別系統のグループのかたです。
このかたの発言は、身内や親戚系統のグループの人の、
半分ヤラセ発言ではありません。

もっと、書いて欲しいの。
統合失調症の系統の精神障害と、
性同一性障害との関係を、調べています。

私の関係グループでは、遺伝子の解析もしていて、
統合失調症に関与すると言われている遺伝子の異常が、
性同一性障害の人にもあることが、確認されています。

201ネリネ (2):2007/05/28(月) 22:19:39 ID:oFfqxQ3k
統合失調症では、遺伝的素質の上に、
子供時代の、環境や教育や、
生活習慣や、気持ちの持ち方なども、揃わなければ、
発病しません。
性同一性障害の人では、後天的な事のほうを調節すれば、
統合失調症と同様の機序の、軽い精神異常になることも、ないはずです。

性同一性障害の人の、精神症状は、
性同一性障害特有の症状を除けば、
社会とのコミュニケーション不調と、解離性障害です。
いずれも、自我障害で、
ほとんどの、性同一性障害の人に、表れます。

これが原因になり、ストレス解消のために、
異性装や同性愛などの、性的遊戯に耽ります。

202ネリネ (2):2007/05/28(月) 22:20:24 ID:oFfqxQ3k
統合失調症では、遺伝的素質の上に、
子供時代の、環境や教育や、
生活習慣や、気持ちの持ち方なども、揃わなければ、
発病しません。
性同一性障害の人では、後天的な事のほうを調節すれば、
統合失調症と同様の機序の、軽い精神異常になることも、ないはずです。

性同一性障害の人の、精神症状は、
性同一性障害特有の症状を除けば、
社会とのコミュニケーション不調と、解離性障害です。
いずれも、自我障害で、
ほとんどの、性同一性障害の人に、表れます。

これが原因になり、ストレス解消のために、
異性装や同性愛などの、性的遊戯に耽ります。

203ネリネ (2):2007/05/28(月) 22:21:52 ID:oFfqxQ3k
統合失調症では、遺伝的素質の上に、
子供時代の、環境や教育や、
生活習慣や、気持ちの持ち方なども、揃わなければ、
発病しません。
性同一性障害の人では、後天的な事のほうを調節すれば、
統合失調症と同様の機序の、軽い精神異常になることも、ないはずです。

性同一性障害の人の、精神症状は、
性同一性障害特有の症状を除けば、
社会とのコミュニケーション不調と、解離性障害です。
いずれも、自我障害で、
ほとんどの、性同一性障害の人に、表れます。

これが原因になり、ストレス解消のために、
異性装や同性愛などの、性的遊戯に耽ります。

204ネリネ (3):2007/05/28(月) 22:24:51 ID:oFfqxQ3k
自然発生するのは、そこまでです。
その状態にある人達を、医療が誘導して、
人為的、医原的に、性同一性障害特有の症状を、発症します。

このような経緯から、
性同一性障害では、特有の症状よりも、
医療が誘導する以前の、自然発生的な症状のほうが、重要で、
とりわけ、統合失調症に類似の、軽い精神異常を治療することが、
性同一性障害の治癒に、直結します。

>>193のかたは、非常に典型的な、性同一性障害を示しています。
このかたの症状の傾向から、
性同一性障害が、統合失調症と同じ仕組みの病気であることが、
明確にわかります。
お待ちしておりますので、是非、いろいろと、書いてください。

205名無しさん:2007/05/29(火) 13:39:37 ID:3GFFrP1U
よそのスレで、gidの人のホムペが、リンクしてあって、
クリックすると、矢野直美という人が出てきたので、
最近の若い子って、
あたしの知らない人が増えたなあって、思ってました。

それで、うちのグループの人に、聞いてみたけど、
だれも、矢野直美さんというMtFを、知らないの。
産婦人科の雑誌に、一酸化窒素と卵胞の発育について、
という記事を発表していたから、学究派の若い子です。

ある人が、あの先生は、MtFだったの? と言いました。
東京の婦人科の先生です。
そしたら、東大のお医者さんすじから、情報が入ってきて、
矢野さんは40才ぐらいで、確か、ジュンメだった、と言うことになりました。
後輩だから間違いない、婦人科だから、絶対に見間違わないそうです。

206名無しさん:2007/05/29(火) 14:44:06 ID:???
なんていうか、ここにいる人たちの頭のOSかなり古いよね。Windows95って感じ。
ネットとリアルの境界を理解できてないし、リアルではお年寄りで
頭もよろしくていらっしゃるのでしょうけど、ネット上だと幼いw

207名無しさん:2007/05/29(火) 14:50:08 ID:???
>>200
>>193
>こんなことを言うと、叱られると思いますが、言います。
>>193 の人は、私の親しくしているgidのグループとは、
>完全に別系統のグループのかたです。
>このかたの発言は、身内や親戚系統のグループの人の、
>半分ヤラセ発言ではありません。

その通りですよ。ていうか、自分たちが言ってる精神病そのものの
思い込みの激しい人たちが多くて、正直、まじで引いてます。。。
わけがわからないんですけど…。ただその時々の感情を
言葉として吐き出してるだけです。
このスレッドには、なんだかんだと言って、私にとってとても
新鮮な反応をしてくれる人がいるようなので、とても正直に
私の内側を晒してしまっています。
なんでそんな単純な言葉を、凝り固まった固定観念や偏見で裁いたあげくに
なんとかグループのなんだとか、オウムだとか、なんたら事件がとか
そんなもん知らねーーーーよ、まじで。。。わけわからないw
頭が良く成りすぎると、洞察力とか想像力とか、ある上限を境にして
それ以上は超えられないようになってしまうのかしら。。。
まぁこんな事書いても、煽ってるようにしか見えないね。すみません。
それなりにリスペクトしてるんですけどね、お年寄りには。
ただ私には立場が全くないし、エゴもないので、ある意味、狂気ですよね。

208名無しさん:2007/05/29(火) 14:57:44 ID:???
人間、何ものにも属せず、そして、何も しない 何も 選択 しない
そうし続けることができたなら、 一体 その人間は どういうことになると思いますか?

とにかく、何も決めない、何も判断しない、何も選択しない

すべてを拒絶してるように見えて、すべてを肯定して受け入れているかのような状態

それでいて、リアリスト。人間関係のトラブルも社会的な問題も全くなく
もちろん家族との関係も良好、経済的にも特殊な職能によって自立している。
肉体精神共に良好。  でもいわゆる典型的な性同一性障害とやらに適合している。

これ以上は、身元がバレるから書かないけど、
これ以上を書いたなら、あんたたちの頭の中のマニュアルが破綻するので
やめておいてあげる。

209:2007/05/29(火) 16:31:08 ID:???
生きた心地がしないw

210【1】:2007/05/29(火) 21:14:05 ID:NQFaPxxI
>>206-208
挑発した人がいるから、こういう答えになっていますが、
公開の掲示板ですので、投稿を制限できません。
松岡農相の自殺のこともあり、心配しています。
随分と鉄面皮な答弁をしていたようですが、苦しかったのでしょう。

このスレの常連のかたの大多数は、すでに心理トレーニングを受けて、
精神医学的には、GID完治になっています。
性別に、こだわらないという気持ちだけでなく、
おおらかに、ゆったりとした気持ちで生きて行ける心の技術を、
身につけています。
柳に風、暖簾に腕押し、糠に釘ですので、安心して、虐めてあげて下さい。

211【2】:2007/05/29(火) 21:16:24 ID:NQFaPxxI
GIDの人は、
統合失調症になりやすい素質に、よく似た素質を、
遺伝的に、持っています。

糖尿病になりやすい素質の人は、
生活習慣や、食事に気をつけていれば、
発病せずに済んだかも知れませんが、
標準的な生活をしたために、発病してしまいました。

GIDの人の、統合失調症になりやすい素質は、それほど強くなく、
短気でカッとなり、興奮しやすいために、お付き合いできる人が少なく、
気持ちが通じないと、悔し過ぎて、苦しく、自閉的になり、
ストレス解消のために、脇目も振らず、気持ちよくなれる事に、夢中になり、
周囲の人に、迷惑をかけてしまいます。
どんな人とも、気安くお付き合いすることが、へたです。

212【3】:2007/05/29(火) 21:18:02 ID:NQFaPxxI
気持ちよくなれる事に、夢中になっている時は、
解離していると言います。
これを多用すると、意識の統合と解離を、
こまめに調節する機能が、低下します。

自我を維持することは、それ自体、ストレスになりますが、
その解消法として、
他人や社会と、親しく接して、
意志疎通を図る、という手があります。

これが苦手な人は、ストレス解消に、解離を多用し、
統合と解離を、こまめに調節する機能が、低下します。
この仕組は、糖尿病の発病のパターンに、よく似ています。

自我による、持続的なストレスを解消するために、
持続的に解離すると、性的快感に浸るようになります。

213【4】:2007/05/29(火) 21:19:47 ID:NQFaPxxI
解離して、自我が弱くなると、生殖本能が強くなるからです。

自宅で長時間、異性装を楽しんだり、
夜の店で、同性愛の人達と一緒に、
夜が明けるまで、異性装で過ごすのは、
>>200-204のかたが、書いておられるように、
古代から、世界中にあり、自然発生的なものです。

この人達に、心が反対の性別である、
脳の性別が、生まれつき、体と違っている、
という言い訳を教えたのは、
第二次世界大戦後の、医療の側でした。

これ以後の経緯は、人為的、文化的と思います。

214【5】:2007/05/29(火) 21:21:10 ID:NQFaPxxI
統合失調症の人の、薬剤で緩解した後の症状や、
統合失調症に満たない精神障害の人の症状や、
統合失調症を、まだ発病しない子供時代の心理や行動や、
中年になって、初めて統合失調症になる人の、
発病前の心理や行動を見ると、
統合失調症ではないが、統合失調症と同じ仕組の、
軽い精神症状や、心理や行動の特徴が、見えてきます。

GIDの人には、それがありますが、
悪化して、統合失調症を発病する人は、多くありません。
軽い統合失調症の素質があっても、気にするほどでなく、
生活習慣や、心の持ち方に気をつければ、
一生、健康に過ごせます。

しかし、実際には、GIDという精神障害を、発症してしまいました。

215【6】:2007/05/29(火) 21:22:31 ID:NQFaPxxI
性別のことは、文化的な、新しい生き方であるとしても、
自分から、生殖機能を捨ててしまうのは、
健康な心と言えません。

捨てざるを得なくなったのは、
生活習慣や、心の持ち方によって、
軽い統合失調症と同じ素質を、
増長させてしまったからです。

GIDの人は、ホルモンを始めようと、心に決める頃から、
SRSを受けた後、数年〜20年程度まで、
気持ちが、無我夢中の状態で、周囲が見えていません。
SRSを受けた人の中には、自然治癒する人も、少なくなく、
治ると、一転して、
GIDは、ちょっとした錯覚だったと、回顧するようになります。

216【7】:2007/05/29(火) 21:23:46 ID:NQFaPxxI
SRSを受ける直前には、
手をつけられないほど、切れてしまった性格の人でも、
治癒すると、なに食わぬ顔で、あれは錯覚だったと言います。
いま、GIDの人達の、仲間社会に残っているお年寄りは、
稀にみる、難治性の人だけです。
大部分の人は、手術後の性別の社会に、同化してしまいました。

SRSのできない人は、トンネルを抜けられません。
男性社会にも、女性社会にも、適応できませんので、
GIDの、狭い精神障害者の社会に、しがみついているほか、ありません。
統合失調症の人の退院が長引くと、
精神が荒廃して、社会復帰できなくなります。
GIDも同じで、仲間社会に長く居ると、回復不能になります。
SRSのできそうにない人が、次から次へと、ホルモン療法に入ります。
最初から、ホルモンをしなければ、ただの健康な趣味や文化なのに。

217名無しさん:2007/05/30(水) 05:28:08 ID:???
男性社会にも、女性社会にも、
GIDの、狭い精神障害者の社会にも適応できないです。
ホルモンもsrsも、医師にも当事者にも会いません
何も選択しませんでした。
でもあなたが言われている傾向はよくわかるし、当てはまるところもありますが
私は、とにかく何もしませんでした、選択しませんでした。
何かに救いをもとめることも、馴れ合うことも、属する事も、あがめることも
依存することもしませんでした。女装もメイクもなにもかもしたことさえ
ありません。非行に走ることもありませんでした。
とにかく自立しようと思いました。

でも生きてます。周囲の人間に迷惑をかけるどころか
自分で言うのもなんなんですが、頼られる存在だったりします。

何かこう、すべてが自分の中を通過していきます。欲望もなにもかも
流して流して流していってます。

先生方の分析してることには逐一当てはまるので
私は典型的なその症例にあてはめる患者ということになるのでしょうが
それを行為としてまったく実行していないのです。発症していないのです。

堪えて耐えて絶えて、歯を食いしばって、なにもかもすべてを我慢して
受け流してきましたからね。何もしていないのです。
今の私は、かなり不思議な存在です。空に溶けてしまいそうです。

218名無しさん:2007/05/30(水) 06:13:41 ID:???
あらすじ〜
難病「レックリングハウゼン病」によって異形な姿となった、実在した青年
がモデルの苦難に満ちた一生を描いた物語。ジョン・メリックはその醜い姿
から家族から疎まれ、継母から酷い折檻を受ける。耐えきれなくなった彼は
家を飛び出し、サム・トーという興行師との出逢いにより見せ物小屋のスタ
ーになるが、見せ物小屋を取り締まる警察などによって経営自体が行き詰ま
り、メリックは事実上失業となってしまう。しかし、彼のうわさを聞いたロ
ンドン病院の医師フレデリック・トリーブスは彼を見つけだし、保護する。
彼はメリックに病院の個室を与え、生活を全て請け負った。
ここから本当の悲劇がはじまるのであった。

219:2007/05/30(水) 07:44:11 ID:???
「エレファントマン」。

220:2007/05/30(水) 11:38:24 ID:???
>>218
ごめんなさい。>>219が話の腰を折ったのなら構わず続けてください。

221:2007/05/30(水) 12:12:02 ID:???
>>217
まったく実行してなくても明確に病識があれば軽度とはいえ発症といえると思います。
障害の定義は、本人または関係者が苦痛に思い、障害が原因で社会生活に支障をきたしている事、をさします。
ですから女装したかどうか、メイクしたかどうかなんてどーでもいいことです^^;
GIDかどうかは脇に置いておいて、なんとなく離人症っぽい印象をうけます、が、
解離せずに眼前のことに集中できるだけのバイタリティもってらっしゃるみたいなので、とりあえず大丈夫そう。

ていうか、現実認識・処理能力はともかく、
生きてるって実感、というか、目の前で起こることの現実感を保ててますか?

222:2007/05/30(水) 12:49:32 ID:???
>>200-204
> これが原因になり、ストレス解消のために、
> 異性装や同性愛などの、性的遊戯に耽ります。
>>211-216
> 自我による、持続的なストレスを解消するために、
> 持続的に解離すると、性的快感に浸るようになります。

主催者の方へ質問です。
説として主張するところは、同一であるように見受けられます。
しかし、ストレスの解消方法が、どうして一様に性的快楽へ向かうのか、を説明するには、

>>213 解離して、自我が弱くなると、生殖本能が強くなるからです。

にある本能説だけでは説明不足の感があります。
性的快楽以外のストレス解消方法へ向かいにくいのはなぜでしょう?

223エレファントマンコ長文:2007/05/30(水) 12:51:42 ID:zuwhPxGQ
エレファントマンって、アメリカでは、B級映画でした。
映画鑑賞する人が見るような映画でなくて、
恋人同士で戯れたい人とか、麻薬を手に入れたい人とかに、
映画館が場所を提供するんです。
その時に、スクリーンで上映する映画の一つで、
お客さんは、映画なんて、あんまり見ていません。

日本では、かなりヒットして、
テレビでも、何回も放送されて、誰でも記憶に残ってるの。
日本でのみ、ローカルにヒットした映画に、
エマニュエル夫人なんてのもありました。

日本では、エレファントマンを見て、
映画館のお客さんは、すすり泣くんです。
これ、淀川長治さんが、テレビで言ってました。
アメリカでは、そんなこと、絶対にありませんでした。
これ、わたしの体験。

淀川長治さんって、一生、独身だったんだけど、
なんで独身だったかは、知りません。
わたしの友達に、淀川さんに弟子入りした子がいて、
その子は、男性同性愛者でした。
監督でも、ビスコンティとか、ルネ・クレマンとかって、
同性愛の人でした。
俳優さんは、言うまでもなく、映画界は、同性愛の宝庫です。

オペラ界も、そうなのよ。
ホモか、マフィアか、ユダヤかって、よく聞かされました。
そういう人達の後援がなければ、
オペラ界では、成功しないそうです。
性同一性障害では、だめですかって、
マジで、聞き返してしまいました。

どうして、映画とか、オペラには、同性愛者が多いのか、
ユダヤのせいだとか、マフィアのせいだとか、
アメリカの人は、言っていました。
そう言えば、フリーメーソンなんて言うのも、ホモだったかしら。

わたしの思うには、芸能界って、だいたい、
一般社会と大幅に違うことをやっています。
市民社会から、浮き上がって、見せ物を演じてるんだけど、
昔で言うと、河原乞食の類なんです。
芸能界って、今でこそ、華やかだけど、
昔は、乞食の仲間で、家も家族もなく、河原で寝起きしていました。
このスレでも、誰かが触れてたけど、
伊豆の踊り子の類なんです。
一般市民階級以下の、はぐれ者なんです。
オペラや、バレエでも、昔は、ストリップショーみたいなもので、
客は、性的欲望から、オペラやクラシックバレエを見たのですよ。
オペラは、イタリアで最初に始まった当時から、
ホモ臭かったそうです。
そう言えば、カステラートなんて、
子供の高い声を維持するために、去勢したんだけど、
どうしても性欲があるのだから、
やってしまえば、ホモ臭くなるのは、仕方ありません。
クラシックバレエは、踊り子の脚を見たいために、
お客さんが集まりました。
あれは、ただのストリップの類。
でも、男性のダンサーって、半分くらいは、オカマっぽいよ。
そうそう、フィギアスケートも、男性は、オカマっぽくなるのかしら?
テレビで、オカマ丸出しの楽しそうな子、見たことがあります。
あの子、口の幅が広くて、唇が黒人風なのよね。

芸能って、そういう世界なんでしょう?
実生活から離れた所にあって、
色っぽいことも、商売ネタにするの。
でも、その前に、市民社会に適応できない子が、
芸能界に憧れる傾向があって、
現実逃避の一種かも知れないけど、
これ、やると、自分の殻に閉じこもりがちになって、
周囲の人との日常的な付き合いが、できなくなるから、
映画、一生懸命、見るのよね。
淀川長治さんのところにも、
どういうわけか、ホモやオカマが集まってました。
どういうわけか、性同一性障害も、映画館に集まったりします。
スクリーンの映画なんて、どうでもよくて、
客席で何かやってるそうです。
どうでもいいけど、スクリーンで上映される映画があって、
たいてい、ポルノでしょう?
エレファントマンも、
そういう種類の映画と一緒に上映されてました、アメリカでね。
淀川長治さんによると、日本では、エレファントマンを見て、
映画館のお客さんは、すすり泣いてたって言うんです。

224:2007/05/30(水) 13:21:13 ID:???
一時的、一過性的に解離することで心を防衛するのは、
健常者にもみられる精神の自己防衛作用です。これ自体は、誰の心にもあります。
解離することが癖になると、心がそのような性質を帯びてくるようになります。

問題は解離しやすい性質にある、というより、解離する心的外要因となる苦痛が、
継続的に与え続けられる環境に当事者が置かれている事にある、ともいえます。

性同一性障害の場合は、CPTSD(複雑性心的外傷)という見方もできるかもしれません。
性自認と周りが扱う性別が食い違っていた場合、幼少期における継続的な心的外傷要因となるでしょう。
親も周囲もそのような意図は持っていませんが、結果的に性的虐待環境にある、ともいえます。

解離する「癖」を持つ場合は、自らが置かれた環境と反対方向(あるいは無関係な方向)へ進む感じがします。
ストレス解消や心の防衛機能としての解離が、ストレートに性的快楽へと進むようになる、とは、考えにくいのです。

225名無しさん:2007/05/30(水) 18:40:02 ID:???
>解離して、自我が弱くなると、生殖本能が強くなるからです。

トランスの決心する動機は、ほとんど性欲だと思います。
よく性欲さえなければ、こんなに苦しまないのにって思ってた頃がありました。

ただそれだと印象悪いから、当事者は苦心してカマトトぶった嘘をつきます。
まぁこれは、女性が男性に対して女は性欲がないなんてポオズをするのと同じですから
問題ないでしょ。

226名無しさん:2007/05/30(水) 18:52:01 ID:???
>>221
>まったく実行してなくても明確に病識があれば軽度とはいえ発症といえると思います。
>障害の定義は、本人または関係者が苦痛に思い、障害が原因で社会生活に支障をきたしている事、をさします。
>ですから女装したかどうか、メイクしたかどうかなんてどーでもいいことです^^;

全くもってその通りだと思いました。
だからこそ、ここで書き込みをしてしまうのだと思っています。

>ていうか、現実認識・処理能力はともかく、
>生きてるって実感、というか、目の前で起こることの現実感を保ててますか?

自然と触れ合う事でバランスをとってました。
禅の影響というのもあります。
我慢強いのと、とにかく水に流すことでなんとかやってます。

しかし、なんとも表現できないような、妙な感覚に
最近囚われていて、それを何かのかたちで吐き出したくて
ここで自分の普段意識していない汚い部分を晒して
それに対する有識者の反応を鑑みて、それで
何か自分の自覚できていない側面を観察できたらいいなと思ってます。

自分で言うのは本当になんなんですが、
子供の頃から他人にやたらと頼られることが多く
その期待にこたえるのに精一杯で、自分のことを考える余裕があまりなかったし
良い具合に逃避できていたと思います。

自分のことよりも、他人の問題を解決することにばかり意識が飛んでいて
今現在も、複数の他人を同時に精神的にも経済的にも援助しています。

227名無しさん:2007/05/30(水) 18:54:03 ID:???
>>223
リンチの映画からは、トラニーチェイサーと同じ匂いがします。

228名無しさん:2007/05/31(木) 05:41:04 ID:???
この児玉と言うヤクザが、半島から在日ヤクザとゴロツキ宗教を根こそぎ日本に連れてきてしまった。
お陰で、韓国はクズがキレイにいなくなって良かったろうが、日本はトンでもないゴロツキを全部引き受け
るハメになった。以来、ゴロツキ連中は跳梁跋扈し、右翼を気取って好き放題。

◎児玉機関
http://stocksaurus.hp.infoseek.co.jp/kodamakikan.html
児玉機関とは、 国粋党総裁笹川良一の仲介で海軍航空本部嘱託となった児玉先生が、1941年12月
に海軍航空本部の依頼で上海に設置した諜報機関です。この児玉機関は海軍向けの銅、潤滑油、雲母、
プラチナ等の軍需物資を海軍へ渡していたようです。

結果的に、日本は連合軍に敗れます。児玉先生は、もちろん日本に帰国しました。その帰国するときに、
戦時中貯えていたダイヤ.プラチナをこっそり日本に持ちかえったそうです。ダイヤモンドで約5万2000
カラットはあったといいます。当時の金額で約200億円、現在の額で7兆円ほどだといわれています。もち
ろん、それが真実かどうかは証拠がないためわかりません。ダイヤモンドで200億円ですからほかの貴金属
もあわせれば、もっと膨大だと思います。GHQの調査では450億円はあったとされています。とにかく、膨大
な額なのです。

229:2007/05/31(木) 18:56:13 ID:???
>>226
囚われる、ということの意味を、すこし掘り下げて考えて見ましょう。

繰り返し、同じイメージが頭に浮かぶ、その意味を自分で理解できない場合、
自分はなぜ繰り返し同じイメージを抱いてしまうのか、について不思議に思うことがあります。

空想や妄想は、誰の心にもあるもので、それ自体は良いことでも悪いことでもありません。
意味を与えるのは、自己や世間の価値観です。

現実にあり得ないことだったり、どう考えても自分の経験に基づくものとは思えない場合は、
その空想に、長く囚われてしまう、ということは、あまりない、と思います。
なぜなら、その空想が、自分自身の価値観を脅かすことがないからです。

囚われてしまう場合は、空想や妄想が、自己の価値観に反するものであり、
かつ、自分の実体験に基づいていると考えられるようような場合、なのではないでしょうか。

それは、自分にとってどういった意味があるのか、あったのか、
理解可能な形に、「意味を与えたい」という自己欲求のひとつ、なのだと思ってます。

(続く)

230:2007/05/31(木) 18:56:52 ID:???
>>229続き)
人は、身におきたことを、感知して、知覚した事の意味を、自らにおきたこととして受け止めて、
その結果どうすればよいか考え、そして、行動します。

自分が受け止められない出来事に遭遇してしまった場合、
言葉にならずに、ただ、そのときの感情だけを覚えていて、
自己の記憶の片隅に、言葉という理解を与えられずに、イメージとしてずっと漂うことがあります。

このような場合、理解可能な形に「意味を与えたい」という自己欲求に基づいて、
ずっとその時の記憶のイメージに囚われてしまう事があります。

たとえば、>>4-5 の投稿者のケースを考えて見ましょう。

この投稿者の場合、当時の自分が、男だと思っていたこと、とか、女だと思っていたこと、とか、
どういった感覚を、自分が望んでいたか、感じていたのか、といった、解釈を与えることで、
実体験に何らかの意味を与えようとしているように見えます。

しかし、現在の自分の価値観や知識を元にして、現在の自分が納得できるように、
事の意味を再構築しているのであって、決して当時の自分の気持ちに向き合っているようには、
私には思えません。今の自分の気持ち、、ではなくて、当時の自分の気持ちに、
もっと直接的な形で向かい合ったほうが、自分にとっての理解は進むものだと思います。

そのときに抱いた気持ちは、

  同級生とそれまでの関係性には戻れないことへの、哀しさ、
  (同級生が親に言うことで)信頼していた人から裏切られた、という悲しみ、
  親から見離されるかもしれない、という、恐怖、、、

なのではないでしょうか。

向かい合うべきは、別離という苦しみ、裏切られた、と感じた、心の傷なのだと思います。
受け止めてあげるべきは、幼い自分にとって、辛すぎて受け止め切れなかった、苦しさ、哀しさ、ではないでしょうか?
私は、今の自分であれば、受け止めてあげることが、できるものだと思っています。

なにかに囚われてしまって、明確に自己の実体験に基づいている、と、確信できるケースであれば、
それは、PTSD(心的外傷、いわゆるトラウマ)として捉えるほうが、現実的ではないか、と私は考えています。

231水無月 1:2007/05/31(木) 20:59:01 ID:h6dusVT6
>>222 >>224
私は主宰者ではないのですが、
性同一性障害の人の、発症前の行動・心理の、おおまかな共通点は、
他人や社会との、意志疎通・コミュニケーション能力の低下と、
その結果、自閉的になりやすく、ひきこもりやすい、という傾向と、
身体化症状や離人症まで含めて、ICDの範疇の解離性障害を起こしやすく、
非行に走りやすいという傾向です。

これは、子供のGIDにも、成人のGIDにも、共通しています。
思春期以後では、自閉的で陰性的な傾向の後、陽性的な傾向に転じる際に、
テレビや、インターネットの影響が絶大で、積極的にGIDと知り合い、
カミングせざるを得ない切羽詰まった気持ちになります。

解離しやすい傾向を検査できますが、
設問に、自分で答える検査ですので、信頼性は、ほとんどありません。
解離性障害を発症している人は、人の心の裏をかきます。
隣近所や職場の人に尋ねられると、
ホルモンシャワー説や、脳の性差説で済ませておくのと同様に、
嘘八百の気持ちを、医師や家族にも、説明しますが、
本人自身、嘘を自覚しないところまで行きますので、
嘘とは、また違う、ということになります。
ICDの解離性障害に括られている症状は、
すべて、GID社会では、ごく普通に見られますので、異様な社会です。

解離すると、暗示にかかりやすく、そそのかされやすくなりますが、
インドや東南アジアや中国や日本などの、座禅瞑想の類では、
俗世間の影響を排除するために、人里離れた山の中で、解離します。
ただし、座禅瞑想は宗教的ですので、
その宗教の暗示にかかり、そそのかされます。
半陰陽の友人によると、釈迦は、性交渉が苦手で、
色情から遠ざかるためでなく、性的快感を得るために、
座禅瞑想に耽りました。

深く解離すると、性的快感を得る回路が作動します。
朝、目覚めた時、勃起しているのと同じです。
性的な夢を見なくても、睡眠・夢は、深い解離と同様の状態ですので、
自動的に性反射の回路が作動します。
乳児も、自我が未熟で、解離した状態ですので、勃起します。
動物には、発情期がありますので、
自我が未熟で、解離状態にあっても、
発情期でない時期には、性反射の回路は作動しません。
人間は、発情期がなく、常時発情状態ですので、
解離すれば、性反射の回路が、自動的に作動します。

快感を得る回路には、何種類かの先天的な反射回路があります。
根本は、同一の快感回路が作動しますが、
その手前で、個体維持の快感と、種族維持の快感に、分かれています。
個体維持のほうは、さらに、
睡眠の快感、食事の快感、排便の快感など、
多数の先天的な反射回路に、分岐しています。

人間の、種族維持の快感は、性器の反射回路のみが、先天的です。
動物では、性的快感以外にも、
種族維持のための反射回路を、先天的に多数、持っています。

それぞの反射回路は、さらに分岐していますが、
ここから先は、先天的でなく、
後天的な学習によって形成された条件反射回路で、
網目状に、互いに連絡しています。
クリームパフェを食べると、食事の快感反射の回路が作動しますが、
ピーマンを食べても、作動せずに、
反対に、苦痛の回路が作動する人もいます。
社長になって気持いい、有名人になって気持いいという感覚は、
学習による後天的な条件反射回路ですが、
どの先天的な快感の、反射回路に繋がっているか、暇なら考えて下さい。

232水無月 2:2007/05/31(木) 20:59:41 ID:h6dusVT6
性欲の対象も、人間では、
学習によって後天的に作られた条件反射回路です。
動物では、先天的な反射回路になっています。
条件反射回路でも、幼児期に作られたものは、
以後、変更不能になることがあります。
一旦、学習によって形成された回路が、
どれほど変更可能で、どれほど変更不能かは、
遺伝的な素質にもよりますが、
変更する気がなければ、変更されません。
統合失調症の人では、変更不能になりやすい傾向があります。
遺伝的素質を、動物実験で調べても、
変更する気があるか、ないか、という人間的なものは、調べられません。
幼児期には、誰でも、親の世話を受けて育ちますが、
折角、学習して作った回路も、すぐに、変更しなければなりません。
もう、ここで、変更不能になる人も、います。
幼時のように、甘え続けられなければ、不快になり、苦痛になります。
統合失調症は、双極性障害に比べて、遺伝的素質の影響が小さく、
生活習慣や、教育や、考え方などに、大きく左右されます。

話の都合で、動物には自我が無いとします。
実際は、猿にも犬にも、それなりにありますが、
魚や、ミミズには、ほとんど無いはずです。
人類になってから、著しく発達した意識形態で、
人には、なくてはならぬ必需品ですが、
乳児には、ほとんど無く、後天的に形成されます。
脳細胞は、ほぼ3才で、増殖を停止しますが、
自我の形成が完了したと、言えるかどうか、疑問です。

自我は、後天的に形成されると言えども、
ある程度、先天的なプログラムによって、自動的に形成されます。
時間や論理を使って、記憶情報を整理する能力に、似ています。
実際、その能力が、自我の核心部分です。
自我は学習によって、
後天的に形成された条件反射回路を、一括して管理して、
過去の情報から、将来の個体の行動を決めるための、
後天的な意識形態です。

233水無月 3:2007/05/31(木) 21:01:07 ID:h6dusVT6
自我のない動物の社会では、
それぞれの個体は、
個体に備わっている集団用のプログラムによって、行動しますので、
動物の社会は、個体の利益を考えない集団です。

人間は、自我がなければ、生きていけません。
先天的な能力や、種族維持のための性反射の回路だけでは、ひ弱で、
自我を形成して、初めて、生きる能力を獲得します。
自我を放棄できませんので、
個体本位の利益を追求しながら、集団社会を作ります。

人間の社会は、他の動物にない人間独自の社会ですが、
猿の社会から、連続していますので、
ある日、突然、人間の社会になったのではありません。
少しずつ、猿とは異なる社会になりました。

昔は、人類も、猿のように、個体の利益よりも、
集団用のプログラムによって動く社会でした。
地縁血縁社会は、それに似て、
つい最近まで、人間も、集団になれば、解離しました。
都市文明以来、徐々に、自我による集団を作る社会になり、
最終的には、フランス革命によって、自我中心の社会になりました。

自我社会は、非常に新しいもので、
今でも、集団になると、お祭りのように解離する人が、たくさんいます。
無私無欲。己を虚しうして、社会のために働くのが、
古代の聖人の教えであり、
つい最近まで、日本人の道徳の規範でした。
自我を捨て、解離すると、聖人君子になるかのようでしたが、
実際には、気持ちのいい猿になるだけでした。

自我の維持そのものが、非常に疲れますので、
自我社会では、ストレス解消のために、
きめ細かく、丁寧に、解離しなければなりません。
これをすると、すぐに、調節能力の劣化してしまう人がいます。
統合失調症になりやすい遺伝的素質によりますが、
まだ、統合失調症に関与する遺伝子の、
すべてが解明されているのでなく、保険も効きませんので、
遺伝子の異常を見て、薬剤を決めることは、ありません。
症状により、えいっとばかりに投薬し、効果がなければ、変更します。
論より証拠の治療法です。

234水無月 4:2007/05/31(木) 21:01:33 ID:h6dusVT6
そこまで至らずとも、各種の精神障害を発症したり、
自閉や、非行に及ぶ人がいます。
性同一性障害の人達も、その種類で、
文明以前の社会なら、何の障害もなく、陶酔して暮らせた可能性があります。
天照大神が天の岩戸に閉じこもり、天宇受賣命が裸踊りをし、
卑弥呼が刺青を入れていた時代の生き方で、
猿や神に近い復古主義です。
生殖機能を自分から放棄して、自滅を希望しますので、
精神疾患に入ります。
社会に適応できなければ、淘汰されますので、
mtfは、精子を凍結保存し、
ftmは、卵子の凍結保存が実用化されるまで、
原則として、ホルモン療法を見合わせるのが、お薦めです。。

統合失調症になりやすい遺伝的素質は、
脳の興奮が鎮まらず、これといった理由もなく、
持続的に興奮し続ける素質です。
最初の興奮の仕方は、健康な人と同じと思われます。
興奮が鎮まらないので、その回路を持続的に使用続けることになります。
不必要になった子供時代の生活習慣の条件反射回路も、
脳の中では、常時使用し続る状態になり、変更不能になり、
いつまでも、甘えた生活態度になります。
興奮させる物質や、それを鎮める物質や、脳の部位ごとになど、
想定できる遺伝子の組み合わせは、無数になります。
疫学的に、統合失調症の遺伝的要因は、他の要因よりも小さく、
統合失調症発病には至らぬが、
同じ遺伝子の異常を、幾分持つ人と、
統合失調症以外の精神障害との関係は、さらに曖昧です。
また、重症の統合失調症の患者さんでも、
乳幼児期に脳が興奮しすぎることはなく、
青年期に急激に発病する人や、
子供時代に心身症や自閉的傾向の認められる人もいます。
まったく異常がなかったにもかかわらず、中年になって発病する人や、
思春期以後、統合失調症以外の精神障害に相当する状態が続いた後、
中年になって発病し、ほとんど自然治癒する人さえいます。
脳を興奮させる仕組や、鎮める仕組や、
そのための化学物質の代謝に関する仕組などが、
使い過ぎにより、機能不全になることもあります。

いまのところ、論より証拠のほうが、理解しやすく、
統合失調症では、薬物の効き方が、
その人の、生理的病的特徴を推定する決め手になります。
統合失調症に足りない場合は、受診しないことが多く、
本人の訴えも断片的で、その人の症状が、
統合失調症と同様の仕組かどうか、診察室での判断は不能です。

性同一性障害では、幼児期の動作振る舞いを、変更できない人が多く、
幼児的な、中性的な態度が、
反対の性別の心のように、見えることがあります。
思春期になっても、幼児的な動作をする男の子は、女性的に見えます。
反対に、幼児的な動作をする女の子は、男性的に見えます。
中性的な性格ですと、第二次性徴の発達が遅れ、
異性との新しい接し方を習得できず、
性欲処理にオナニーを使うことが多くなり、
同性仲間と戯れて、同性愛を習得する人が多いと言われています。

235:2007/05/31(木) 22:02:36 ID:???
gidという狂信的文化において、性的快楽以外の手段で、ストレスを解消する方向へ向かいにくいのは何故でしょう?

逆説的な回答の例を、そして、象徴的な文例としての回答を、このスレッドに1つ見つけています。

具体的には、>>29-31にある、以下の部分です。

> 性同一性障害の人の、子供の頃に多い心理的特徴は、他人や社会との、コミュニケーション能力の、著しい不足と、心身症状の出易さです。自我が、まともにストレスをかぶり、あまりのストレスに耐えきれず、解離して、自我を放棄し、トランス状態になり、動物的な集団の命に、身も心も委ねようとして、個体の死が近づいているにもかかわらず、恐怖を感じなくなるように、性欲に異常をきたし、生殖機能を除去することに、何の不安も感じなくなり、性別という動物的な命の役割分担を放棄して、生殖しない部分になることを妄想したのではないかと想像します。

箇条書きで趣旨を書くと、

→ ストレスに耐え切れず、自我を守るためにトランス状態となる。
→ ストレスにさらされると、性欲異常をきたす。
→ 個体の死よりも恐怖の度合いが低いであろ*虚勢不安*に委ねる事で、死の恐怖から逃れることを試みる。

ここでいう*トランス状態*とは、人格の同一性に揺らぎが生じる離人症状のことで、
GIDの性別移行行為を言う「トランス」とは異なります。これは解離性障害の症状のひとつであり、
自分におきている出来事を他人事のように傍観することで、自己が受けるストレスを和らげようとする、心の自己防衛システムです。

なぜ、トランス状態がストレートに性欲異常を引き起こすのか、については、記述がありませんので、
その心理的メカニズムについては不明です。

解離性障害を扱う上では、「それは自分ではない、という妄想に浸る」という説明をすることが一般的です。
それで説明としては十分だと思うのですが、死の恐怖からより低い恐怖へと転換する対象として、
わざわざ虚勢不安を選択する理由を、投稿者は明らかにしていません。

236名無しさん:2007/05/31(木) 23:33:21 ID:R.AAKr5U
なんか、七面倒臭いことやってるね。
解離するって、極端に言うとさ、自我がなくなるんよ。自我が、重いから、ストレス解消のために、自我をなくすのよ。
いちばん、手っ取り早いのは、おねんね。自我、なくなるでしょう? ストレス解消になるでしょう。そしたら、性欲催すんよ。眠ってる時にね。そういうシステムなのよ。

でもさ、自我のストレスがひどいと、眠るだけじゃ、ストレス解消に足りないでしょう? だって、一日中、あしたも、あさっても、眠り続けるわけに、行かないもん。だから、起きてるときに、解離するんよ。
でも、起きてるときに、夢見心地になると、具合悪いでしょう?
だから、みんな、要領よく、人目を盗んで解離するのよ。もっと要領のいい人は、仕事に夢中になって、解離するの。これだと、怒られないね。
もっと要領がいいと、絵、描いたりして解離するの。芸術家さん、みんなに褒めてもらえるから、これ便利ね。

でもさ、そんな特技なかったら、どうする?
ふつうは、人とお話したり、社会に溶け込んだりして、自我のストレス、解消するんだけど、それができない人って、いるのよね。自閉的な人。
仕方ないから、登校拒否して、ドバーッと解離するでしょう? そしたら、当然、性欲に浸かっちゃうよ。

それでね、人とお話したり、社会に溶け込んだり出来ない人と、要領悪く思いきりドバーッと解離しちゃう人とは、だいたい、同じ人なのよ。
発達障害の子でも、統合失調症の人の子供時代でも、性同一性障害の人の発症前でも、だいたい同じなのよ。

ほかのことで、ストレス解消できないかって、いうことでしょう?
自我のストレスって、自我を支えるのが重いっていう感じなのよね、だから、自我を捨てたいのよ、気持としては。
人とお話したり、社会に溶け込んだりって、みんなで支え合うって感じなんだけど、やっぱり、自我社会だからね、現代は。以前のスレッドで、契約社会って言ってた人が、いたわ。
それに適応できない人は、どうしても自我のストレスがあるときは、それを捨てる方向に向かうのよ。

自我って、基本は個体維持だからさ、この自我をなげうつと、自然に種族維持の意識になっちゃうのよ。
個体維持系の快感に浸っても、自我、なくならないでしょう? おいしいもの食べても、自我、なくならないでしょう? 眠るのも、個体維持だけど、これは、眠ってばかり居られないから、だめでしょう? 食べるのも、ウンコするのも、快感だけど、一時的でしょう?
一日中、食べてるわけ、行かないじゃんか。一日中、ウンコしてるわけにも行かないし・・・ 一日中、お風呂入ってるわけにも行かないし・・・

自我って、起きてるときは、ふつう、ずーっとあるものね。それが重荷だったら、ずーっと何かの快感に浸ってないとだめでしょう?
いちばん、確実なのは、自我を捨てちゃう。解離しちゃう。
でも、これやると、種族維持の本能が優勢になって、人間って、種族維持の快感って、性的快感しかないからね。性欲に浸るよ。

237上の続き:2007/05/31(木) 23:34:32 ID:R.AAKr5U
こんなの、あたりまえなのよ〜 ごめん。だって、非行する人のグループって、たいてい、セックスが乱交になってるでしょう? あんまり、非行グループが、グルメ趣味とか、非行グループが、スポーツや音楽の特訓やってるって、聞きませーん。非行グループが、お布団に凝って、安眠趣味だとか、聞かないと思うけど。
ハメはずすと、やることは、たいてい似てくるのよ。自我の重みに耐えかねて、社会に適応できないとなると、たいてい、セックスに凝ると思うけど。これ相場よ。
あと、おカネに凝って強盗、窃盗する、詐欺するとか、暴力に凝るとかもあるみたいだけど、暴力はだいたい、性欲の延長で、おカネなんか、そのものは役に立たないから、おカネで何か買うんでしょう? 食べても、すぐにおなか一杯になるから、けっきょく、グループでセックスするために、マンション借りるとかね、そんなところに使うのよ。
自我の重みって、やっぱり、最後は性的快楽で解消ってのが、世間の相場と思うけど・・・

トランスって、ようするに、自我がなくなると、トランス状態って言うの。眠ってるときも、そうなんだけど、眠ってるときは、あんまり聞こえないし、見えないし、体も動かせないけど、起きてる時に、自我がなくなると、人の暗示を受けて、催眠術にかかりやすくなるの。
自我がなくなっていて、自分で判断できないんだから、人の意のままに動かないと、仕方ないでしょう? そういう意識状態をトランス状態って言うの。
性同一性障害の人は、性同一性障害を発症する前に、かなり、トランス状態に近くなっていて、ようするに自我希薄になってるの。
それを、自己防衛システムとか、なんとかっていうのは、とりあえず解釈した価値観だから、ここでは問題ではないと思うの。

トランス状態になれば、極端に言うと、自我がなくなるんだから、個体の判断で、行動できなくなるでしょう? 人間の場合、個体の判断力って、自我が受け持ってるものね。
個体の判断で行動できなくなると、誰の判断で行動するの? 人の判断で行動するか、個体の中に格納されている集団行動を規定したプログラムで判断して行動するしかないでしょう?
人間の場合さ、個体の中に格納されている集団行動を規定したプログラムって、性本能のプログラムだけでしょう?
自我がなくなって、トランス状態になれば、人の意のままに動く(催眠状態)か、性欲で本能的に動くかしかないのよ。

あなたが、ホルモンやSRSをしたのは、たぶん、どっちかだと思うの。
でも、性本能のほうは、生殖機能を放棄したりしないよ。じゃ、一つしか残らないでしょう。
これ、歴史的に言って、その通りなのよ。昔の人は、生殖機能、放棄しなかったよ。日本で言うと、ハリーベンジャミンの説が流行してから、それまでは、ホルモンなんか、やらないって言ってた人が、ホルモンするようになったのよ。
もうちょっと前は、ドイツ、フランス経由で、デンマーク風の性転換論が入ってきて、それで性転換した人もいました。
わたしが、それだけど。
デンマーク風の性転換論って、貧困の生まれの、軽い精神障害者の福祉のために、売春を国家管理したり、性転換手術を合法化したりするって考え方。
つまり、貧乏の生まれで、おまけに軽い精神障害者だったら、貧乏から抜け出せなくて、非行や犯罪や売春に、走る確率が高いのよね。だから、国家のほうで、積極的に、売春婦の道を用意してあげたり、性転換の道を開いてあげようっていう考え方。
わたしも、デンマークのお医者さんに、手術してもらいました。

238:2007/05/31(木) 23:44:30 ID:???
>>231-234
スレの主催者の主張は、
「自ら正常な生殖機能を喪失することを望むのは、病気で、健全な精神ではない」
という点に集約できると思います。
その点に関しては、私も同意見なのですが、
私が疑問に思うのは、
執拗なまでに、性同一性障害のメカニズムを、「性欲」と結びつけて考えている点にあります。
単純に、虚勢不安に囚われているのではないか、とプロファイリングしてしまうことで、片付けてしまってもよいのかもしれません。

239名無しさん:2007/06/01(金) 00:42:39 ID:???
↑ 思いますが、性同一性障害を性欲と切り離す考え方は、無理があります。
実態と異なりますし、ホルモンシャワー説でも、脳の性差に関する説でも、どの道、性欲で考える説です。
性欲から切り離せば、性転換の必要は何一つないと思います。

それから、
性同一性障害が精神障害になるのは、生殖機能を阻害するからです。
これが、病気であるか、ないかの、分かれ目になります。
性同一性障害が病気でないと言おうが、病気であると言おうが、
その根拠は、生殖機能の阻害に関わる説になります。

性欲についても、生殖機能についても、
いずれも、性同一性障害に関する考え方の焦点です。
ここを、はずしたのでは、ピンボケになります。

余談ですが、虚勢不安とあるのは、去勢のことですか、虚勢のことですか。意味不明です。

240:2007/06/01(金) 01:00:20 ID:???
>>236-237
面倒くさくてごめんなさい(笑

んー、、解離しても自我はなくなりませんよw
眠ることで消失するのは意識であって、自我はなくならないです。
目が覚めて意識が戻ったときに芽生える「自我」は、眠る前の「自我」とほとんど同一で、
眠る前と起きた後の「自我」が、記憶や人格の連続性がない、ぜんぜん別の人格になっちゃってた、ということはありませんよね?

解離、というのはですね、語弊を恐れずにいえば、「もうひとつの自我」に体をのっとられる事を言います。
解離性障害、という分野では、「遁走」や「健忘」や「離人」という分類をしていて、
共通していえるには、「解離している間の記憶を遡って反芻することができない」という点にあります。

眠っていたって、「あぁ、眠ってたんだな」ですみますが、ふつうは眠っている間に会社に出勤してたり、
眠っている間にゴミを出して、朝ごはんの準備をしていたり、
眠ってる間にぜんぜん知らない人場所で生活していたり、ということはありませんよね?
仕事に夢中になっても、夢中になっていた間の記憶を「忘れてしまう」ということはないでしょう?

「解離する」というのはですね、解離している間も、ちゃんと「自我」による受け答えがあって、
他人とコミュニケーションできて、ひとつの人格、として認められる状態、にあるのですが、
解離がおさまったあと、「そのとき、何で自分はそんなことしてたんだろう??」っていうのを、
ちゃんと思い出せない、思い出せたとしても、きちんと理由を説明できない状態にあることをいいます。

眠ることも、狂ったようにエッチすることも、確かにストレスの発散にはなるのでしょうけれど、
基本的に「解離する」ということと、ストレスを発散することは、ぜんぜん別のことです。
ストレス解消のために何かに没頭する行為は、解離ではなくて、「現実逃避」や「気分転換」という言い方をします。

私が、面白いな、と思う点は、>>238に集約していますので、後のレスを参照してくれたら、と思います。

241名無しさん:2007/06/01(金) 01:40:52 ID:???
私は、性欲なんて昔も、SRSが終わった今も全然ありませんが、GIDなのですが。

242:2007/06/01(金) 02:34:43 ID:???
>>239
> 余談ですが、虚勢不安とあるのは、去勢のことですか、虚勢のことですか。意味不明です。
変換ミスを指摘してくださっているので、意味が不明なことはないと思います。
生殖機能を除去される事への恐怖、をいいたいので、「去勢不安」でよいのでしょうか?

MTFについては、「性欲が悩み」というのはよく聞くのですが、よくよく聞いていると、
勃起する、ということと、男性的な性衝動を結び付けて考えている点にあって、
性欲の存在そのものには、悩んでいないような印象を受けています。

MTFの心理を考えれば、勃起するのは、自身が男性器を備えている、ということを強く想起させるので、
自身の肉体が生物学的に男性であることを認識させることに直結しますから、とても苦痛に感じてしまうのでしょう。

重要な点は、MTFの場合は、自身の男性器を想起させられること、にあって、
性欲そのものが悩み、というわけではない、ということです。

ご存知と思いますが、ホルモン療法を行っても、睾丸摘出をしても、勃起神経を摘出するわけではないので、
ちゃんと勃起するようですし、性欲自体がなくなってしまうわけではありません。
ところが、SRSして男性器がなくなってしまうと、彼女ら(MTF)は、男性とセックスします。
そして、肉体的に勃起することがなくなりますから、自身の肉体が生物学的に男性であることを強く想起しません。
SRSすることで性欲はなくなりませんし、SRSの後は、性欲を肯定的に考えることが出来るようになります。

SRSして、彼氏がいれば、自身の性欲には、あんまり悩みませんよね?

FTMについては、月の物の生理を苦痛に感じていても、性欲そのものについて悩んでいる、というのは、ほとんど聞いたことがありません。
それに、どんなに「女が好きか」という点に熱心に語る傾向があるので、むしろ性欲を奨励する雰囲気にあるのではないでしょうか(笑
(むしろ、レズビアンのヒトから、なぜ女性が好きになるのか?という性欲自体を悩んでる話はよく耳にしますけれど、
彼女らから「自ら不妊になりたい」という話を聞くこともありません。
まぁ、生理自体は、肉体的にも精神的にも心地よいものではありませんし、
生物学的に女性であれば、メンドクサイシ、損してる気分になることは確かだと思います。)

243:2007/06/01(金) 02:35:28 ID:???
(>>239へ、続き)
> 実態と異なりますし、ホルモンシャワー説でも、脳の性差に関する説でも、どの道、性欲で考える説です。

「なぜ、自分が女性だと思うか」に対して、生物学的な理由付けを望んでいるだけの話であって、
性欲とは無関係なのではないでしょうか?
「どの道、性欲で考える」という辺りが、意味がよくわからないので、少し詳しく説明願います。

> 性同一性障害が精神障害になるのは、生殖機能を阻害するからです。
> これが、病気であるか、ないかの、分かれ目になります。
> 性同一性障害が病気でないと言おうが、病気であると言おうが、
> その根拠は、生殖機能の阻害に関わる説になります。

私が性同一性障害が「病気である」としているのは、>>221で説明したように、
> 障害の定義は、本人または関係者が苦痛に思い、障害が原因で社会生活に支障をきたしている事、をさします。
という点にあります。なにが原因で、どんな症状を出していようと、社会生活に支障が出ている状態であれば、
それを「精神病と考え、障害となる原因を取り除く」ようにするのは、当然の思考回路だと思っていっています。

私が疑問に思うのは、

  生殖機能が阻害される、ということと、精神障害の症状を、
   根拠なく結び付けているのは、どうしてか?

という点にあります。

だって、生理不順になったから、といって、精神障害になるわけじゃありませんよね?
不妊治療を受けているからって、精神障害になるわけじゃありませんよね?
前立腺肥大の治療で、ホルモン療法を行うことがありますが、
精神障害を引き起こしたり、そのまま性同一性障害になってしまう、ということもありませんよね?
だいたい、女性は、平均的には50代のころに閉経を迎えますが、更年期症状になることはあっても、
精神障害には、ふつうなりませんよね??

> 性欲についても、生殖機能についても、
> いずれも、性同一性障害に関する考え方の焦点です。
> ここを、はずしたのでは、ピンボケになります。

GIDのヒトでも、「自分の子供がほしい」と思うヒトをたくさん知っています。
勃起することを苦にするMTFは大勢いるようですが、
SRS後にも性欲に苛まれるMTFを私は見たことがありません。

私から言わせれば、性欲や生殖機能に基づいて考えるほうが、
論理的な切り口のピントがボケてしまってるのですよ。

244名無しさん:2007/06/01(金) 08:15:21 ID:WpJBatUM
性欲とgidの関係にもいろいろあると思うのです。

たとえば、性欲を排除したい場合。
女性性をもてあます思春期の少女のような心理状態の人。
あるいは、子供の頃のトラウマが原因で性欲を嫌悪する人。

また、異性へのあこがれが強すぎて、その人そのものになりたいという場合。
ハードボイルドの世界にあこがれて、その主人公のようになりたい人。
レースクイーンにあこがれて、自分もやってみたい人。

これらも、コスプレですんでいれば良かったのにね。
今は簡単に身体まで変えられちゃうから。

お年寄りの方が言う、乱交パーティとか、非行とか。
今はそういうのとはちょっと違うと思います。

オタクが多いんじゃないですか?
アニメオタク、ゲームオタク、パソコンオタク。

反対の性になりたくて、その苦痛が社会生活に支障をきたすというけれど、
実際に身体を変えてみて、初めて気付く人もいるんじゃないですか?
余計に生きにくくなってしまったことに。

245名無しさん:2007/06/01(金) 08:37:45 ID:???
ランパなんて非行なんて
今時、誰でもいつでもどこでも、小学生でも老人でも
やる気があればできるし、出会いも、出会う気があれば誰とでも出会えます。
すべての人間のIDがつながってしまう方向性で時代は流れています。
自我に対する捉え方も大きく変化しつつあります。

ネットの影響は想像以上にすごいですからね。
例えば、グーグルの発想というか、Web2.0の思想って
システムが統合失調症してるでしょ?

お年寄りさんが考えてる天と地がひっくり返ったとしたら
それにお年寄りさんたちの頭は対応、適応できるのかしら?それが心配です。

246名無しさん:2007/06/01(金) 12:25:21 ID:vX5ZQRao
>>240 ねえー、だれか、叱ってやってよ、この鴉いう子。ずるい。あげ足とりしてるもん。
解離しても、自我なくなりませんよ、だって。そんなの、字づらの意味、言ってるだけでしょう? なくなるって、どういう意味か、いっぱいあるから、適当に理解せんと、いけましぇん。意識なくなった、って言ったら、意識はなくなっていません、なくなったように見えているだけで、無意識があります、とか、そのうち意識が戻るんだから、なくなってません、とかね。そんな、揚げ足取りは、しっぺです。しっぺて、知ってる? 若い子は知らないかな・・・

解離とは、これこれです、だなんて、そんなの、ただの定義。学者さんによって、定義が違うってば。目に見えない心のことを、定義の仕方で話しても、仕方ないでしょう?
解離のことを言いたければ、純粋に解離性障害の患者さんを、何人も見ること。それから、統合失調症だと、たいてい解離性障害が出てるから、統合失調症の患者さんを、たくさん見ること。ほかに、拒食症とか、お酒中毒とか、リストカットとか、麻薬中毒とか、こんな人も、解離性障害が出てるから、実物を見て観察すること。
でも、解離性障害って、たいてい御本人は、自覚してないよ。性同一性障害は、その例だけど、精神病院なんか、いろんな患者さんが入院しているでしょう? 解離性障害の出てる患者さんって、いっぱい居るんだけど、患者さん同士は、ぜんぜん気づいてないの。自分のことじゃなくて、人の症状についても、ぜんぜん気づいてないよ。
これ不思議なんだけど、性同一性障害でも、解離性障害がいっぱい出てるんだけど、ほかの人の解離性障害を指摘できる人って、めったにいないよ。わかってないんよね。わかる能力に支障をきたしてるかも知れないけど、そこは、あたしには、わかんない。多分、支障きたしている、あたし自身の経験だとね。
囲碁とか、チェスやってる人って、外国の人と、一生懸命、なんか考察して検討してるの。お互いに、言葉、知らないんだけど、それでも、なんとなく通じるの。囲碁とか、チェスって共通の基盤があるからさ、言葉知らなくても、言わんとしてることは、通じるみたい。
そういう気持がないと、だめなのよ。なんで、この人、揚げ足取りしてるのかなって、思ったけど、囲碁とか、チェス、実際にやってる? 解離性障害とか、統合失調症とか、拒食症とかの人の解離性障害、実際に、どうしたら治るのかなって、思案したことある? 

それからさ、ついでだから、あるお医者さん、大学の先生なんだけど、その人の解離の解釈の仕方を言うけど、たんなる一例ね。仕事で数式に夢中になってる時、仕事に没頭してる時ね、解離してるんだって。もちろん、車、運転しながら、助手席の人とお話している時も、そろばんの先生が、暗算している時も、解離してるんだけどね。
ようするにさ、解離って、統合の反対語でしょう? 統合って、自我っていう形式による意識の統合のこと。だいたい、そんな感じ。解離には、度合いがあってさ、深い解離から、浅い解離まで、いっぱいあって、解離のバリエーションって、ほんと多種多様なの。
なんかさ、鴉っていう子の説明、読んでると、この子は、インターネットで調べただけじゃないかなって気がするの。ごめん。
実際に、囲碁とかチェスとか、やって御覧よ。プロの人、中国語知らないくせに、中国の人と、親しげに話してるよ、盤面はさんで。チェスの人も、スウェーデン人と話してるのよ、その人、スウェーデン語なんか、ぜんぜん知らない日本人よ。囲碁とかチェスやってる人みたいに、解離性障害の人の病気を、どうしたら、よくなるように手を貸してあげられるか、体験してみてちょうだいよね。そしたら、言葉尻をとらえて、ズルすることも、なくなると思うの。

247上の続き:2007/06/01(金) 12:29:30 ID:vX5ZQRao
解離とストレス解消と、関係ないこと、ないんよ。解離して変なことする人を擁護してあげるために、解離しやすい素質って、先天的にあるみたいに精神科のお医者さんは言ってあげるの。だから仕方ないって、慰めてあげるの、周囲の人に、仕方ないから許してあげて欲しいって、言ってあげるの。
それって、性同一性障害の人のことを、ホルモンシャワー説だとか、脳の性差だとか言って、慰めてあげて、周囲の人に理解してあげるように言ってあげるのと同じ。パチンコ依存症の人に、脳内麻薬が出るから仕方ないって言って、慰めてあげて、家族の人に、仕方ない事だから許してあげるように言うの。
パチンコやると、楽しいからさ、確かに脳内麻薬出てる感じだし、実際、学説もあるんだけど、パチンコ依存症で転落して行く人の心とは、なんか懸け離れてるみたい。とりあえず、慰めてあげることになるから、それなりに有効なんだけどね。

それと同じなのよ、解離しやすい素質は、ストレス解消とは別で、演技や嘘とは別なのって、言ってあげるの。でも、実際に解離性障害の人を見ればわかるけど、演技や嘘の段取りをちゃんと整えています。自分の都合のいいように嘘ついておいて、解離して忘れるっていう感じなの。
お酒飲んで裸踊りして、女性社員の前で、ちんちん振り回した人が、鼾かいて眠ってしまって、起きると裸踊りのことは忘れてるってのと同じ。嫌な人とお見合いのお食事をすると、わざと吐いて、食事をぶち壊すの。何回も、似たようなことをやっていると、家族や周囲の人には、わかってきます。これって、解離性転換性障害よね。
本人は、わざとやっておきながら、ちゃんと胃がおかしいって言って、内科を受診します。こんなもん、解離をなんと説明しようが、家族の人や周囲の人は、何度も見ていると、わかってきます。そういう心が、解離性障害の根本にはあります。
これは、拒食症でも、リストカットでも、アル中でも、似たようなもの。性同一性障害もその一種って言う先生もいるから、その疑いありね。それでさ、解離って、なにかしらって言うとき、鴉って子の言い方は、ずるい。これは、建前の言い方。性同一性障害について、建前はこれこれって言うのと同じ。実態は、かなり違うでしょう?

解離性同一性障害でもね、けっきょくさ、子供時代に性的虐待を受けたってとこに、落ちつくの。誰に虐待を受けたかって聞いても、本人が言わないこともあるし、言っても、事実かどうか、誰もわかんない。嘘ともホントとも、誰も証明できないところに、最後は立て籠もるの。性的虐待のせいだから、仕方がないって言って、どこまでも駄々こねます。
こんなこと言ってる間は、病気のまっ盛り。いつまでも駄々こねてると、いつまでも治らないだけよって、わからせてあげて、適当に突き放して、適当に話、ちゃんと聞いてあげます。
性同一性障害の子が、自分の性同一性障害は仕方ないんだ、自分に罪はないんだって言って、いつまでも、どこまでも駄々こねて、ごね得しようとしてると、そのうちに突き放されて、治らないうちは精神障害者で暮らすほかないってわかるまで、適当に相手にされているだけになっちゃうのよ。
なんか、寂しいでしょう? 相手にはしてもらってるけど、本当にはわかって貰えないって気持で、一生過ごすって、あたしは、孤独だなあ、可哀想だなあって、思う。

248上の続きの続き:2007/06/01(金) 12:37:10 ID:vX5ZQRao
解離性障害なんて、それだけでさ、受診する人なんて、ほとんどいないんだけど、あたしは、ぜんぜん知り合いでない人の純粋な解離性障害をね、えーと、転換性障害とか、記憶喪失とか、解離性同一性障害とかね、10人ぐらい、症例を教えてもらって、実際に見て会ってお話したけど、全員ようするに、普通なら、あきらかに嘘なのよ。

たとえば、裁判で、犯罪の動機ってのを、検察の人が、こういう動機だって、言うじゃんか。動機なんか、こころの中のことだから、直接の客観的証拠なんてないよ。周辺の事実の証拠をいろいろ取り揃えて、こういう事実関係だから、動機はこうだって、検察の人は決めつけるの。
被告の人が無罪を主張してるんなら、被告の人は裁判で、そんな動機は検察のへたな作文だって言うよ。動機って心の中の気持なんだから、それは違うって、本人が言えば、直接、心の証拠なんて、どこにもないでしょう? どうしようもないのよ。
でも、判決では、動機はこうだって、裁判官が言って、死刑になるの。裁判では、裁判官に、心証の自由ってのがあって、裁判官がこうだって決めつけて判決してもいいってことになってるの。

でもさ、病院だと違うでしょう? 本人が自分は知らない、嘘じゃないって言えば、知らないことにしないとしょうがないでしょう? 事実で裏付けられる周辺の状況からして、本人が嘘をついてるはずなのに、本人自身は、絶対に知らない、嘘じゃないって言って、精神科に助けを求めて来て、入院してる人までいるよ。
こういうの、解離性障害って診断されるの。嘘だったら、たんなる仮病だけど、嘘だなんて、証明できないでしょう? 本人は知らないって、あくまで言うんだから、けっきょくさ、だれが見ても嘘に決まってるのに、わざと自分で嘘をついたっていう気持を忘れちゃって、本当に知らないって思い込んでしまう病気だって感じで、解離性障害って診断されるの。純粋な解離性障害の人って、だいたい、そんな感じ。

記憶喪失なんかでも、何と何を忘れて、何を覚えてるか、点検してみると、わざと忘れてるのに決まってるんだけど、本人は自然に忘れたって、あくまで言うの。脳腫瘍とか、頭を打った衝撃でないかとか、本人は言うんだけど、脳を見ても異常ないし、頭を打った傷も、ぜんぜんないの。
本人にとって、都合の悪いことだけ、ものの見事に忘れてるんだけど、面倒くさいところは、ごそっと1ヶ月分とか、1年分とか、人によっては、過去全部とか、忘れているの。でも、日本語、ちゃんと喋ってるし、ちゃんと服を着ることも知ってるし、車も運転できるよ。過去全部忘れてるみたいだけど、詰めて行くと、選択的に忘れてるのよね。
あとで、本人の身元が知れて、周囲の人に事情を聞くと、なにかトラブルがあって、トラブルを思い出しそうなことだけ、ものの見事に忘れてるの。こういうのも、覚えてるはずで、思い出してるはずだけど、尋ねられて答える時になって、忘れた振りをしてるのと、同じように見えるの。
限りなく、嘘や演技なんだけど、本人が嘘じゃない、演技じゃないって言い張るかぎり、お医者さんは、どこまでも嘘じゃないって押し通そうとする病気なんだなって判断して、解離性障害って診断するの。

249上の続きの続きの続き:2007/06/01(金) 12:38:19 ID:vX5ZQRao
病院って、裁判所じゃないから、心の中は、本人がこうだって言えば、そうなの。本人が痛いって言えば、嘘でも本当でも、痛いの。心の中のことは、原則、本人の言うことにもとづいて、診断されるの。
本人が胸が痛いって言って、心臓の上を手で押さえるから、いろいろ検査するんだけど、異常無しなの。でも本人は、痛い痛いって言って、悶えてるの。痛そうな電流なんか、脳からも心臓からも出て来ないんだけど、ぜったいに痛い、もの凄く痛いって言うの。
こんなのも、解離性障害よ。嘘だっていう証拠ないでしょう? でも本当だって言う証拠もない。本人は、もの凄く痛いって言ってるんだから、本人の言葉を嘘だとは言えずに、解離性障害って診断するの。

そんなので長期入院する人もいるから、この心理はどういう心理かなって、色々と解釈する人が出てきて、子供時代に性的虐待を受けたから、こうなったんだって、そんな感じで落ちつかせようっていうお医者さんも出てくるの。
これも証拠なんてないから、本人の言うがままなんだけど、客観的プロセスなんか、どうでもいいの。子供時代の性的虐待が嘘でもほんとでも、どっちでもよくて、肝心なのは、こういう解離性障害が治るようにするために、お医者さんは本人に、どんな理由をつけてあげればいいかってことなの。どうせ心の中のことなんだから、証明不能で、嘘の理由でも、本当の理由でも、たいして変わりないのよ。
性同一性障害の人の、心や脳が、生まれつき女だとか、男だとかって言い方を、お医者さんが本人に教えてあげて、理由をつけてあげるのも、そういう意味なのよ。嘘でも本当でも、どっちでもいいの。それで、駄々をこねなくなれば、成功なの。

250ついで:2007/06/01(金) 12:40:02 ID:vX5ZQRao
ついでだから、>>239も、Resしまーす。あんまり、性同一性障害の診断基準に書いてある建前のこと、話題にしても、仕方ないと思うの。あんなの、法律をすり抜けるための、便宜でしょう? あれ空想に近いくらい、実態と違うよ。お医者さんのほうが逮捕されないようにするために、一生懸命考えたって、お医者さんから聞いてるもんね〜 こんな空想にすがりつかないと、心がもたない当事者の精神的な基礎疾患が、問題だって、ここのスレで言ってた人がいてたけど・・・ 

ついでのついでで、ごめんだけど、>>241。これって、言葉の問題と、違うかしら? 性欲、全然ない人がいるって、神経内科の先生に聞いたことがあるけど、それだと50%の確率で、自殺するそうなの。それで、性転換手術をすると、性欲がもりもり出てくるの。
性欲が無いってことを、いろいろ確認する検査があって、日常語の、性欲が無い、というのとは、かなり医学的に意味が違うみたい。ようするに、性反射のシステムが、作動しないってのを、脊髄以下、性器のほうから、もっと上のほうの間脳とか、大脳辺縁系とか、そっちのほうまで、調べるそうなの。
濡れてくるくせに、性欲がないって言うと、性欲のシステムの問題より、双極性障害とか、統合失調症とかが疑われるとか・・・詳しいことは、知りませーん。

251ついでの、ついで:2007/06/01(金) 12:40:42 ID:vX5ZQRao
>>242-243 これもResするね。あ、この子、また鴉って子。要注意の子。また性欲のこと? 性欲って、言葉の綾があって、日常語のほうは、文化的な意味だから、ぜんぜん、あてにならないよ。だから、やめ。言葉の綾取りはしないよーん。
勃起のことだけどさ、なんか、嫌な言葉。この言葉、どうにかならないの? でもまあ、突入するね。mtfが、勃起が嫌だ、気色悪い、ボッキしてちんちん意識するのは嫌だとか言うのは、だいたい嘘。全部、確かめるなんて出来ないから、だいたいとしか言えないけど、それは、そういう言い方をして、まことしやかに言うってのがステレオタイプになってるの。
わたしの記憶だと、ハリーベンジャミンの説が輸入された時に、女装するお店が流行させたの。それで、いっぺんに、mtfはみんな、これを言うようになったの。今でも、その下流の下流のほうで、まだ言ってる人がいるけど、こんなの信じませーん。だいたい1975年ぐらい、だいたいよ。ベンジャミンの説が日本に入って来たの。それまでは、そんなことを言う人はいなかったって、聞いてまーす。
わたしも、そういう人と女装レズってのを、やったことがあるけど、一生懸命、立てようとして、しごいてました、その人。・・・となると、わたしの責任問題だから、ちゃんと立ててあげると、喜んでました。ピューッと出すと、なんか、感激してたよ。その人、奥さんいるのよ。子供もいるの。結婚したては、一生懸命、精だして、やったとか、聞いてます。そんな人が、勃起すると、嫌だ、自分は女なのに、男みたいで嫌だって、言うのよ。もぞもぞっと動き出すと、気色悪いって言うの。これね、模範の言葉みたいなのが、ハリーベンジャミンの論文に書いてあったのよ。それが紹介されると、みんな、その症例にある言葉を、まねしたのよ。
ボッキのことは、あたしも気持ち悪いっていうか、一生懸命、ボッキさせて、皮、伸ばしておかないと、材料不足になるじゃんか、袋とかもね、引っ張って伸ばしたの。ホルモンやってると、やっぱりピーンと張りよくボッキしないから、それをしごいて、皮伸ばすって、変な気持よ。ボッキすると変な気持ちになるって、あたしは、それ思い出した。
mtfは、たいてい、手術前から、男とやりまくってるよ。ボッキが嫌って人も、やりまくってるよ、たいてい。ボッキが嫌って人に限ると、100人ぐらいかな。もっとかな・・・ 1000人、そんな多くない。だからさ、この鴉って子は、mtfに多い実態とは違うね。多い実態は、言葉の上での言いわけ。ほんとうは、やりまくりの、やりすぎのインポテンツ。ところが、鴉さんは、その言いわけのほうが、嘘偽りなく自分の気持ちだって言うんだから、あたしの直感っていうか、経験的カンだから、根拠ないんだけど、小学校の頃から、性同一性障害以外の発達障害みたいなのが出ていたのじゃないかなって、思いまーす。
あのね、性欲ぜんぜんないって子のグループがあって、だいたいAセクなんだけど、50%自殺するの。精神科のお医者さんは、発達障害を疑ったんだけど、SRSで治っちゃうんよ。その人達は、性転換したいなんて思ってないし、異性装とか同性愛の趣味もぜんぜんないの。それで、その人達は、なんか脳の仕組から、原理的に、脳の中に電極入れて電気流すと治るはずなんだって。今、その電極治療をアメリカで研究してるらしいの。
性欲の話は、あたしは、関係ないから、遠慮ね。横から、あんまり、ごちゃごちゃ言うと怒られるから。ただ、鴉ちゃんの文章読んでると、性欲を、日常語の意味にとってるね。たぶん、脳神経科の感じと、日常語の感じと、心理学の感じと、精神科の感じの違いを汲まないと、話が合わないと思うの。生物学とか、生態学とか、民族学とか、あげればキリがないくらい、いろいろあるけど、性欲って、そういう色々な意味の違いを知ってないと、言葉の綾で、脳味噌興奮するだけになるんじゃないかな。ごめん。脳神経科の感じって、脳の電線とか細胞のこと、解剖学や脳の生理学の受け売りが多いけどね。心理学の感じって、だいたい文学っぽいこと、精神科の感じって、お薬の効き目とか臨床のことね。遺伝子のことは、いまのところ、実用できるほどは、詳しくわかってないみたいって、上のほうの誰かさんが言ってたと思う。性欲は、あたし、苦手だから、遠慮。

252おしまい:2007/06/01(金) 12:41:46 ID:vX5ZQRao
>>243 生殖機能のこと? これさ、優生保護法のことなんよ、きっと。いま名前変わってるけど、調べるの面倒だから、勝手に調べてね、新しい法律の名前。ようするに、生殖機能を阻害するのは、法律違反になるの。正当な理由が要るの。精神障害のために、生殖機能を阻害するのは、昔の優生医療と同じになってしまうから、正当な理由がないとだめ、精神障害って理由だけではだめって感じで、これが無茶苦茶に精神障害の人の生殖機能をだめにしてしまう医療の、歯止めになってるの。ここを擦り抜けるために、ごちゃごちゃ、理由をつけるのよ、お医者さんって。
その、ごちゃごちゃが、性同一性障害って病気。形成外科の先生はさ、お医者さん自身が逮捕されないように、性同一性障害の診断基準を作ったって、言ってたけど、精神科の先生は、駄々こね病の患者さんに、周囲に迷惑をかけないように、駄々をこねないように、駄々を引っ込めてもらうように、飴玉をやって喜ばせるために、性同一性障害の診断基準を作ったって、言ってたの。どっちが、本当か、知らない・・・
生殖機能を壊すとダメって法律があるのは、それだけ生殖機能は大切っていう、だいたいの国民の合意があるからなのよ。歯止め、作っておかないとだめなんだけど、精神障害のために、生殖機能を阻害するってことになると、事実上歯止めがなくなるから、問題になると思うの。統合失調症の去勢手術って、むかし、あったからね。性同一性障害も、昔だったら、統合失調症ってされてたから、それで去勢ってのと、結果として同じことになるでしょう? それのこと、言ってるんじゃないかな、違ってた? いま、お昼ご飯、食べたばっかだから、違ってるかな。まだ、おなかの中で消化不良。
それで、ちょっと、付け加えるけどさ、鴉ちゃんは、論理的な切り口がなんとか、かんとかって書いてて、>>239の人も、説がどうのこうのって書いてるけど、そんなの、関係ないんじゃないかな。あたしの思うには、精神障害の人が、その精神障害のために、自分から生殖機能をだめにすることを望んで、その通り、だめにしてあげるのが、性同一性障害の医療だから、精神障害の人が、首吊って死にたいって言えば、お医者さんがロープ準備してあげて、首吊りさせてあげるってのと同じでしょう? 全身に刺青を入れたいって人が、美容外科に行くと、美容外科の先生が、入れ墨いれてあげるって、なんか変でしょう? 
だって、全身に入れ墨いれたい人って、たいてい、アタマおかしくなってるよ。精神障害よ。性同一性障害の子も、ホルモンとか手術とか受けたいって必死になってる時って、たいてい、アタマおかしくなってると思うけど・・・ 治ってみると、素直にわかるけどさ、今、病気の真っ最中の人には、わかんないかな。この病気って、本人に病識ないから、仕方ないか。治るとさ、性別のことは、どっちでもいいって気持になるの。だから、どっちでもいいなら、生まれつきのほうが有利なんだけど、もう手術しちゃったからさ、これも神様の思し召しで、さあ次、行こうかって気持になるの。男の心でも、女の心でも、どっちでも行けるよ〜 そんなの気にしないけど、体、女になってるから、これで行かないと仕方ないのよね。

>>244 あ、この人も、性欲の意味、日常語だけかな。そしたら、>>239の人とは、話、ずれる感じ。性欲ってさ、誰かがなんか言ってたけど、このスレの上のほうの人ね、種族維持系の本能って、みんな性欲だからさ。回路が同じらしいの。あたし、その回路、見たことないけど、脳味噌のスライス標本が、スライドにになってて、一人の人間の脳で何千枚もね、そのスライドを、顕微鏡で追いかけて行って、脳神経の道を見るの。解剖学者さんのすることだけど、一本一本、顕微鏡で人間が見分けて、コンピュータに手作業で入れて、立体的な神経の図を作るんだけど、種族維持系の本能って、性欲と同じ神経に束ねられて、快感になるんだって。気持い〜ぃ、だ〜いすき。

>>245 この子、松岡農相のお子さんじゃないかって、だれかさんが心配していた子かな・・・ テレビで見たけど、あの人、優しそうな顔してるのよ。死んだから、そう見えるのかな・・・ だから、この子も、優しい系の顔かな。

253:2007/06/01(金) 12:49:40 ID:???
名前覚えてくれた、ってことは、そろそろコミュニケーションできるのかな?笑

254:2007/06/01(金) 14:29:53 ID:???
ネット社会は広くて狭いので知り合いの顔が容易に浮かんでくるのだけど、
昔から私自身が言ってるようにネット上での1つの人格が把握できれば、コミュニケーションは可能なので
生物学的に誰がどうとか、私は興味持たないので追求もしませんからご安心を。

まず貴方の文章すっごくボーダーくさい(笑)
それゆえメンヘル事情にそれなりに精通してるからこそ解離のこと、ちゃんと説明できるんだと思うよ。
だから私も如何なく発揮しそうで応酬しそうなのだけど、投影漫画祭りは消耗するでしょ?
私も疲れるからほどほどにお返事しますね。

私の文章が揚げ足取りっぽくなるのは、スレッドの主催者、とわたしが呼んで反応してくれてる人のことを
多少なりとも警戒してるからであって自己情報を曝け出さないように、って用心してるから。
気に障ったらごめん、かまってほしくて、コミュニケーションとりたいだけなので要注意人物とか、
あんまり気にしないでホシイです^^;

解離障害でてる患者さんは解離に自覚が「ない」ことなんてあんまりないよ。
そうじゃないとおとなしく入院させられてること自体が成り立たないでしょ?
確かに嘘つきで演技症で都合よく忘れたフリするし気づかないフリするんだけど、
何かおかしくて、何かがヘンで、なにか困ってる、っていうこと自体はちゃんと把握してますよ。
それでも抜き差しならない状況にやむを得ず逃亡を試みちゃうヒトもいるんだけど、
そーいうひと、って閉鎖病棟にいるでしょ?私らのような軽度のヒトなら閉鎖病棟にいる偉いヒトたちには
そう簡単にお目にかかれないよね、雲の上のヒト(w

このWebな時代なのでネットで調べて得た知識ももちろん少なくはないけど、
解離性障害と自閉症スペクトラムに関しては、私自身がものすごく苛まされた時期があったので
健常者諸君よりもずいぶん詳しくなっちゃったのが実情なところかな。
自閉については私自身は「文学的な表現」の範疇で収まってるようなので病識として捉えなくても大丈夫だったけど。

解離はねー・・自動車の運転もちゃんとするし、運転中に会話することも出来るけど、運転してる最中に「運転していること自体を忘れちゃう」から問題なんですよ。危ないんですよ。ウソだった、演技だった、じゃすまないでしょ。これ知り合いの主婦。今は自動車の運転をしないようにしてます。(これは解離性離人症の範疇。)
それからね、職場放棄して数日帰ってこない人。営業時間中に突然。美容師目指してたんだけど、2回目にさすがにオーナーが切れちゃって、一応解雇扱い。オーナーが知り合いで、解離性遁走、ていう精神病のジャンルがあるから、ってことで一応納得してもらって、結局お店の手伝いは続けてもらって、いまは家族ぐるみでサポートする感じのお付き合いになってます。(ここのオーナーはそいう意味では人格者です。)
ま、だから、私自身、解離性の人たちとはリアルにお付き合いありますよ。

私自身に関しては、言っても信じてもらえないからあんまり説明しないのだけど、複数の副人格が統合されることを恐れて互いに主人格の座を争って殺し合い、結果的に生き残った人格が今の私。スイッチングだのフラッシュバックだの一時期はホントに大変だったんだから。私の中でのもうひとつの人格については、友人がちゃんとその存在を知ってるし、ワタシ的にはその子は「死んでしまって」生き返る見込みも兆候もないのだけど、友人から「死んじゃったね」って言われて私もようやくそう思えるようになった、というか。。

255:2007/06/01(金) 14:42:15 ID:???
> 相手にはしてもらってるけど、本当にはわかって貰えないって気持で、一生過ごすって、あたしは、孤独だなあ、可哀想だなあって、思う。

その気持ち、よくわかりますよ。でも、わかって貰うと思ってるからこそ、書き込んでる。やめときゃいいのに、ついつい投稿しちゃったあとだから、一貫性を持たせるためにも律儀にきちんと説明するように努力する。何のために?って自分のため。突っ込まれたら笑ってごまかす、ダメなら逃げるw、ワタシもそうだもん。

たくさん書きすぎるとお互い消耗しちゃうだろうから、
ワタシこの辺でやめておきます。(つか、あたしがすでに消耗しちゃった^^;

私が興味あるのは、貴方じゃないもう一人のヒトが、
「ホルモンやってSRSするのは他人のはずなのに、自身の去勢不安に結びつけて怯えてる」
っていう現象。このひとがなーんで、生殖機能の阻害に、これだけ拒否反応示すのかなぁ、
ってのが興味津々なわけ。ふつーの健常者だったら、去勢不安持ってても、これだけ粘着して延々とカキコつづけたりしないでしょ?

疲れすぎないように注意してさえすれば、貴方とはこの掲示板ではうまくやってけそうな気がするです。

256名無しさん:2007/06/01(金) 20:30:55 ID:DjUHvNhI
神戸の六甲山に、ハーブ園があり、ネモフィラが咲いていました。
3月4月の、お花ですが、いま、絨毯のように敷き詰まっています。
とても、涼しそうです、あの色。
やはり、空色が、ネモフィラならではの、色合いです。
新神戸からロープウェイで、楽々ですけど、
布引貯水池の上のほうですから、ハイキングがお薦め。
新緑が、日に日に、深味を帯びてきました。
でも、梅雨入り前は、まだ、新緑のうち。
遠くから、木々の色を見て、名前を当ててください。
わたしは、夫と娘夫婦と孫と一緒に、
ひさしぶりに、ゆっくりとした気持ちになりました。

娘の旦那さんは、わたしがMtFということを、知りません。
死ぬまで、娘の旦那には、言わないつもりです。
娘は、知っています。

257名無しさん:2007/06/01(金) 20:31:02 ID:AgGNrQvI
医学的に、問題の多い記事が目立ちますので、コメントします。

1.
>>254 の記事中、>>246-252の投稿者に対して、ボーダーくさいとの表現がありますが、ボーダーの疑いは、全くありません。御安心下さい。誹謗中傷になりかねません。
2.
>>254 の記事中、解離性障害と閉鎖病棟の記述がありましたが、解離性障害によって、閉鎖病棟に入院する患者さんは、非常に稀です。開放病棟に入院する患者さんも、相当に珍しいものです。
3.
>>254 の記事中、自動車の運転と離人症の記述がありますが、この状況では、おそらく医師は解離性と診断できません。解離性障害の診断は非常に難しく、臨床で用いられることは、ほとんどありません。
4.
>>254 の記事中、美容師と遁走の記述がありますが、解離性の要件を欠き、単に遁走の可能性があります。
5.
>>254 の記事中、御自身の体験として、主人格、副人格、統合などの記述がありますが、解離性の人格交代を、御本人が自覚する例は、非常に珍しく、解離性同一性障害の受診例以外に、病識のないのが通例で、主人格、副人格、統合などと、自己分析することもありません。
6.
>>255 の記事中の去勢不安云々のことは、性同一性障害を精神障害とするか否か、精神神経学会・当該大学などで検討された折、生殖機能の損傷が、最大の議論になり、診断基準・マニュアル等の作成も、生殖機能の損傷について、法律に抵触しないことを目的に、語句を選んで作成されました。
性転換医療では、生殖機能が最大の問題であり、現在も国内で精神科を通過せずにHRT・SRSに及ぶ医療は、違法の可能性があります。性同一性障害に関する医療の、最大の問題点に言及すれば、去勢不安であるとするのは、誹謗中傷に近いものです。因みに、筆者の記憶では、生殖機能の損傷について、このスレッドの前身スレッドで問題を提起したのは、大学で医学倫理を教えられている女性の医師のかたで、去勢不安があるとは思えません。

258:2007/06/01(金) 21:24:47 ID:???
>>257
コミュニケーションが取りづらいなぁ、、

質問の趣旨はですね、
このヒト、>>211-216ってどんな背景のヒトなのかに、ワタシが興味を抱いてる、ということです。
大学で医学倫理を教えられている女性の医師のかた?

心当たりがあれば教えてください。

259:2007/06/01(金) 21:34:51 ID:???
もちょっとストレートに言うと、>>257 ID:AgGNrQvI あなたの
プロフィールがもっと知りたい(笑

差し支えない範囲でお願いします。

260:2007/06/02(土) 02:34:11 ID:???
>>230
>そのときに抱いた気持ちは、

  同級生とそれまでの関係性には戻れないことへの、哀しさ、
  (同級生が親に言うことで)信頼していた人から裏切られた、という悲しみ、
  親から見離されるかもしれない、という、恐怖、、、

なのではないでしょうか。

向かい合うべきは、別離という苦しみ、裏切られた、と感じた、心の傷なのだと思います。
受け止めてあげるべきは、幼い自分にとって、辛すぎて受け止め切れなかった、
苦しさ、哀しさ、ではないでしょうか?
私は、今の自分であれば、受け止めてあげることが、できるものだと思っています。

なにかに囚われてしまって、明確に自己の実体験に基づいている、と、
確信できるケースであれば、
それは、PTSD(心的外傷、いわゆるトラウマ)として捉えるほうが、
現実的ではないか、と私は考えています。



さんの分析は、とても理にかなってると思います。
でも、私には当てはまらないようです。

私がそのときに抱いた気持ちは、ただただ 性欲です。
当時の私の気持ちを、当時の自分として想像すればするほどに
不思議で不思議で、単なる好奇心なのです。

たぶん私ってかなり精神強いです。PTSDとか無いですから。

とにかく疑問なんですよね、なんであの時点で
はっきりとした女の性欲ってもんが自分の中に在ったのか
学習していくものでしょう?
なんで人間としての最初の記憶や想い出のはじまりが
いやらしい男に対する情欲、性欲だったんでしょうか?

同級生や親に対する気持ちは、今はあんまり気にしていません。
カムしたし、当時のことも話して、ただ恥ずかしかっただけだったので
話すことで、水に流せました。それから同級生とその家族は小学生の頃に
遠くへ引っ越してしまったので、彼に対する執着心も恐怖もないです。
連絡手段もお互いにないですし、彼を見て興奮してたわけじゃないし、
彼を私の自慰行為のヘルプに利用してただけでしたから、バター犬状態に
使役してたわけです。

261:2007/06/02(土) 04:07:27 ID:???
>>260
今の時点で痛み、に感じていないのなら、なにより^^

ワタシも類似の経験があるのですが、なぜか中学校ごろに、そのときのことを繰り返し夢に見て、
目が覚めたら・゚・(ノД`)・゚・で枕ぐっしょり、ていう時期があって・・・
ワタシは私なりに、そのとき改めていろいろ悩んだですよ。

んー・・・繰り返し反復して思い出すことによって記憶の定着率が高まる、、
というのが人間の記憶のメカニズムらしいので、
人間として最初の記憶、といよりは、たびたび思い出す記憶を時系列に並べると、
たまたま最古だった、ってくらいに考えたほうがいいんじゃないかな、、とか思いました。。
ワタシは2歳、3歳のころの事って、けっこうたくさん記憶のこってますし。

> はっきりとした女の性欲ってもんが
いろんな性欲の形があるので、「女の性欲みたいな」で文学的表現に留めておきましょうよ^^;

262名無しさん:2007/06/02(土) 08:51:54 ID:ZLSBZoDA
神戸って、いいなあ。
町の後ろに、山があるから。
海も、見えるし、地震もあるし。

横須賀も、いいよ。
私は、長浦町だけど、海、見えます。
神戸みたいに、高い山でないけど、
木も一杯だから、崩れないと思う。

窓から、ぼうーっと、海、見てると、今朝でした、
ほんとに、ぼうーって、汽笛が、聞こえてきました。

知ってるのかな、私の気持ち。

263名無しさん:2007/06/02(土) 10:43:00 ID:GPme2TBE
わたしの叔母さんは、宝塚でした。
家を新築した直後に、御主人が亡くなりました。
翌年に、阪神・淡路大震災です。
新築の家が、全壊してしまいました。
断層の上だったのかも知れません。売布という所です。
叔母さんは、痴呆になり、亡くなるまで、治りませんでした。
血縁関係がわからなくなり、わたしの顔も忘れてしまいました。
家は全壊でも、それは役所の基準ですので、見た感じは、倒れずに立っています。
その中で、震災後、数ヶ月間、一人で暮らしてから、長男夫婦に、引き取られました。
その時にはもう、痴呆になっていました。
PTSDの一種と思いますが、地震の直後に引き取られていると、発病を予防できたかも知れません。
親戚のお葬式で、叔母さんと会ったのが最後でした。
わたしを見て、子供時代の男の子の名前で呼んでくれました。
すごく感激して、涙が滲みました。ほんとうに、うれしかった。
それから、すぐ、叔母さんも亡くなりました。

264名無しさん:2007/06/02(土) 10:47:12 ID:GPme2TBE
おはよう。更進が早くて、読むのが追っつかない(^^)
>>246-252 これは東京の人。いつもの調子で、愉快なお喋りを、書いているので、むちゃ大量。
この人、臨床の事、よく知っています。午後に、きまって病棟を回る癖のある人で、見学ツアーに参加して、よその病院まで、症例、集めに行きます。

日本のGID医療は、マッチポンプのようなもの。マッチ擦って、自分で火つけて、真っ先に、自分で消防車乗ってやってきて、消火して、マスコミに賞賛された人がいました。後に逮捕されました。
マッチポンプ。日本のGID医療は、この種のタコ。

>>236-237 これも東京。もともと、貧困、性的非行、軽度精神障害などから抜け出せない少年少女に、国策として、公認売春婦への道を拓いたのが、北欧の先進的な性転換医療。東京の言う通り。
40年ほど前に、私が訪れたコペンハーゲンの大学では、女性講師が、学生に、性交渉の体位を教えていました。
体育館で、体操服になり、男子学生と女子学生が、二人一組で床に寝て、性交渉の各種体位の実技指導を受けます。北欧の伝統的な民族性。
ドイツは、重度精神障害者を断種する優生医療を採用しました。性的非行を軽い精神障害と見なし、性的症状を持つ軽度精神障害者に対する性転換医療に発展しました。ホルモンシャワー説は、その時の口実。
アメリカは、人種差別問題。黒人の公民権運動に便乗して、同性愛のカミング運動になり、徴兵問題で揉めましたが、最後はエイズの流行を食い止めるために、性転換の合法化になりました。脳の性差説は、その時の口実。

キリスト・イスラム教国では、ソドミーのタブーが強く、自分の性別は違うと言い出す妄想症状が、昔からありました。記録では、ほぼ現在で言う統合失調症や、解離性同一性障害に相当します。日本では、その種の妄想症状はありませんでした。
精神障害の症状は、文化に大きく左右されます。同じ遺伝子が、欧米では統合失調症に関与し、日本では関与せず、遺伝子の解析や、疫学的研究から、多くの精神障害では、先天的素質だけでは、発病しません。ハリーベンジャミンにしろ、欧米の説を信奉した日本のGIDにしろ、精神障害について、あまりにも無知でした。

265パンサー:2007/06/02(土) 11:43:57 ID:GRc5ALIc
gid医療を、戦争治療だと言う人がいました。
gidには、性転換を、戦場のどさくさのように表現する人が多く、
遵法意識が廃れ、人を陥れ、心が荒ぶ人が、少なくありません。

ある日、突然、戦争になることはなく、前段階として、戦争になりそうな世相が続きます。
戦争準備ために、青少年の教育から始めなければなりません。

gidにも、心の準備期間があり、多くは、精神障害に近い異常な状態です。
この時期について、自分は反対の性別の心であったとする述懐は、軍服で答える兵士の言葉に過ぎません。

gidでは、戦場から帰還できる兵士は少なく、多くは傷痍軍人とも言える精神状態で、
あらためて、平和な市民生活に適応できるように、再訓練しなければなりません。
そもそも、軍隊に入る以前から、社会に適応できなかった人が多く、
戦場から帰還しても、放置すれば、男性社会にも、女性社会にも適応できず、
平和な市民社会の中で、銃を持つ戦場の兵士のような精神状態になります。

266わたし:2007/06/02(土) 12:29:04 ID:fGB6i4p.
>>263 この次は、GIDの番ね。お葬式をしてもらう番。
もう、何人も亡くなってるけど、いよいよ本番かな。
年取って、一番感じることは、血すじ。
お葬式になると、これが一番でしょう?
その次に、職場。
でも、死ぬ時は、退職している人が多いから、
職場って言っても、形だけになるでしょう?
友達なんか、後ろのほうよ。
子供をたくさん作って、身内をたくさん増やしておくと、
気持ちが、安らかになるのよ。
息子や娘や孫って、心の頼りになるよ。
連休に、ちっちゃいのが、たくさん遊びに来てくれて、
一週間ぐらい、嬉しかったよ。
喪服、いっつも、ピッタリのを着てる人がいるんだけど、
体型、変わらないのかしら? 喪服の新調って、嫌な感じ。

267名無しさん:2007/06/02(土) 14:23:42 ID:vRH7ZFms
>>257 私の記憶違いかも知れませんが、生殖機能の事を言ったのは、男性だったのでは?

生殖機能の事を言うと、噛みついて来る人がいますが、私が読んだ限り、「若い」、です。
年齢は、どうしようもありません。
若気の至りと言う言葉もありますが、年嵩が積み上がると、どんなヤクザでも、自然に悟るものがあるらしく、年齢としか言えません。

年長者には、将来、行き詰まる事がわかっていても、若気の至りで何かをしようとする人は、聞き入れませんので、仕方なく強制的に型に嵌める事になります。
子供を教育する時に、大人はそうします。
型に嵌める事を怠れば、子供が将来、困ることになり、揚げ句の果ては、社会の負担になります。
型に嵌める、額縁に入れる、鋳型に填めると言っても、大部分は、制限速度遵守のようなもので、60㎞と言われれば60㎞を守り、100㎞と言われれば100㎞を守っておけばいいものです。
交通政策の専門職でなければ、60㎞や100㎞の根拠に、こだわる必要もなく、60でも80でも100でも、なんでも来いです。

若い人は、約束事なら、約束を変えて、新しい社会を作るのがいい、と言いますが、そうではなく、なんでも来いの気持ちが、習得できていなければ、男にも女にも適応できない心で性転換するようなもので、揚げ句の果ては、本人が困り、社会の負担になります。
意地を張って、GID運動を強行すれば、ヤクザと同じになります。
>>265の人は、兵士や戦争のことを書いていますが、GIDでは、自分をヤクザに喩えて、自嘲して息巻く人も少なくなく、GIDの大部分は、いわゆる転落の人生になります。

全身に刺青を入れても、それなりの人生を生きて行けますが、社会的に制限されることは確実です。
生殖機能で肝心なのは、それを、みずから断ったという自責感です。
みずから、この道を選んだ限り、この道で生きて行かねばならぬという義務感が、心を拘束します。
生殖機能を断つことによる身体的事情や、社会的事情しか見えていない精神科医は、もう一度、大学に戻り、顔を洗って出直しても、無駄でしょう。
年齢を待つほうが、早いと思います。

mtfは、ホルモン療法に入る前に、可能な限り、精子を凍結保存して下さい。
ftmは、卵子の凍結保存が実用化されるまで、いましばらく、ホルモン療法を見合わせてください。
との趣旨の薦めが、このスレッドにありました。賛成します。
精子の凍結保存を薦めない医師や、卵子の凍結保存技術の実用化の動向を説明しない医師は、信用しないほうがいいとの意見もありました。賛成します。
配偶子を保存することで、気持に、計り知れぬ余裕が生まれ、GID治癒への端緒になります。
また、性転換の意味が大きく変わり、医学的に、美容医療として了承できるようになり、性別に関する文化も一変します。
現在、mtfでは、この道があるにもかかわらず、子供のいないmtfに、これを薦めない医師は、>>263-264さんの言葉を借りれば、タコです。

268名無しさん:2007/06/02(土) 15:21:38 ID:wgnvE83s
↑ ね、ね、これ、あたしも前に言ったのよ。
精子の凍結保存。これ、やらずに、ホルモンやっちゃうなんて、おかしいのよ。
保険でってわけに行かないから、お金のこともあるけど、
これ、勧めないのは、人って、血縁がなくなると、どんな気持になるか、わかってないのよ。
年とると、何がわかってくるか、勉強できてないのよ。
うちは、インターセックスの人のとこに、入れてもらったから、
ちゃーんと、やってるもんね、凍結保存。
だから、代理母のこととかも、やってるんだけど、
代理母、代理出産も、将来、法的に認められるんでしょう?
こんなの、泌尿器科とか、産婦人科のセンセだったら、ピ〜ンと来るんよね。
だから、GID医療って、チーム組まないと、ポカするのよ。
たくさんのセンセが、チーム組んでくれるから、若気の至りがなくなるんよ。
大阪の美容外科のセンセも、若気の至りのまま、年くって、戻れなくなったでしょう?
いったん、やりはじめると、意地張って、間違いに気づいても、ぶつかって玉砕するところまで、行っちゃうんよ。
薬害エイズと一緒。

269名無しさん:2007/06/02(土) 16:24:39 ID:???
当事者:ホル前に精子を冷凍保存したいんですが…

カウンセラー:あんた偽物だね?女だったら、そんなこと言わないはずだ!
   あんたがオスである証拠だ!それから性欲肥大化してるのも偽物だ!
   認められません!
   
一般人:えー、性同一性障害でー心がぁー女なのにぃ、なんでそんなこと冷静に思うの?
    おいしいとこどりみたいなぁー印象うけるよぉ?
    なんかぁーずるいみたいなぁ、同情してほしいんだったら、そのくらい
    あきらめて、悲惨な感じにぃなってくれないとぉ、なんか嫌なかんじぃ
    キンパチの上戸彩みたいなぁー必死さ、自暴自棄っぷりが大事だよね
    そうじゃないとあたしたちは、かわいそーって思ってあげられないよ
    だいたい障害者のくせに、なんで子供なんて欲しいと思うの?
    子供もオカマになっちゃったら悲惨じゃね?

一般人フェミ婆B:せ、性同一性障害者たるもの、そ、そんな発言は許されませんっ!

270名無しさん:2007/06/02(土) 16:32:20 ID:???
当事者SRS済ノンパス:子蟻は絶対に許せないっ!!!!子供つくりやがって!!!
          おまえらはGIDじゃない!!!!

一般人C:えー!せいどういつせいしょーがいのひとがなんでー?
     いのちがけでチンコとりたいっていうのに、わたしたちは感動するのにぃ
     精子冷凍保存なんて、なんか興ざめー、女の体になりすましたいだけの
     変態なんじゃないんですか?ほんものの女性だって子供うめない人がいるのに
     その精子、誰につかうんですか?せいどういつせーしょがいの人が
     結婚とかー出産とかーなんかー違う感じがする。

271χ:2007/06/02(土) 17:39:14 ID:NO6Apfqk
若い医師にまで、褒賞勲章の類は、無理ですが、
長老の医師が、GID医療の功績を、公的に顕彰されることで、
若い子の履歴にも、傷がつかないはずです。

現在、GIDを是認する医師は、1%にもなりません。
一般の医師から見れば、ゲテモノ医療の一種です。

GID医療に携わる医師は、まず、自分自身の立場を守ろうとして、
自身の医療行為の矛盾を隠蔽し、信頼性のない様々な学説を提示し、
GID当事者の支持を得るために、当事者の心理を、半ば催眠術にかけるように誘導しています。

この危険な状態を、是正するために、GID医療の貢献者に勲章を、という施策が検討されています。
将来、子供のないmtfは、原則として、精子を凍結保存しなければ、性転換は認められなくなります。
精子の保存を拒否する心理は、GID以外の精神障害によるものですので、治癒しなければ、ホルモン療法はありません。
ftmのホルモン療法は、当分、自粛に向かいます。将来、GID医療は、一般病院でも、健康保険で広く実施されるようになります。これが、GID医療の、最新動向です。質疑応答はありません。

272さえ:2007/06/02(土) 19:53:45 ID:eda4hau.
>>271 聞いたことがあります。gidのホルモン療法を、精神科経由の有無によらず、総数で現在の1/100にするとか、客観的基準によって、ホルモン療法を決めるとか・・・

273さえ:2007/06/02(土) 20:11:01 ID:leKjt10A
>>269 おかしい〜 
性同一性障害は、男とか女とかに、関係ないのですよ。
本人が、それにこだわっているだけで、
目玉にこだわる人がいても、目玉に関係なくて、
頭がおかしいだけだったりね
性同一性障害の人は、性別にこだわりますけど、
原因は、性別に関係のない精神障害なんですよ。
性同一性障害は遺伝しませんから、安心して子供を産んでください。
>>270
精子とか卵子とか、関係ないのですよ。
今は、代理母出産を使いますが、
技術が進歩すれば、最初から最後まで、試験管の中でもいいのですよ。
精子も卵子も、同じことなのですよ。
男性器があってもなくても、右の頬っぺに、ほくろがあるかないか、それくらいの違いしかないのですよ。
ほくろが嫌いなら、消しゴムで消してもいいのですよ。

274名無しさん:2007/06/03(日) 00:02:27 ID:iuOWtm.2
普段は、アクセスもできませんが、土曜で、纏め読みしています。
>>242の鴉さんの記事を読み、あれっと思いました。
このかたは、mtfのかたではないのですね。

mtfが、男性器の興奮を苦痛に思う事に触れておられますが、
これは、男性器の動きを感じるのが嫌だと言う、建前の言葉になっています。
mtfの大部分のかたは、そう仰有いますが、
大部分のかたは、そんな事を思っていません。

白々しい嘘ですが、
思わず吹き出してしまったのは、>>251のかたの記事です。
ハリーベンジャミン以来の流行の言い訳だと解説していますが、
100人、1000人という数字をあげていらっしゃいます。
このかたの経験の数に違いありませんので、笑い転げました。
いつも、愉快なかたです。

>>242のかたは、ホルモン療法でも、ちゃんと勃起するようですし、
と書いていらっしゃいますが、ほどほどに、勃起します。
srs後に男性器がなくなると、男性とセックスする、
と書いていらっしゃいますが、gidは男性器であろうが、女性器であろうが、
いつでも、お盛んです。(手術直後は、謹慎します)
Aセクのかたが、10%ほど、いらっしゃいますが、気分はAセク、実態は淫乱というのも、よくあります。

mtfの多くは、白々しい嘘をついているだけです。
特に、既婚者のmtfは、大部分のかたが、思春期以後、男性同性愛者です。
男装のまま、男性と、性交渉します。
奥さんには、自分はホモでない、と強く訴えますが、
たんに目を覆うばかりの、白々しい嘘にすぎませんので、心配は要りません。

>>242のかたは、このような実態と建前の、大幅な違いを、まったく御存知ないようで、
mtfでいらっしゃらないことを知り、あれっと思いました。
mtfは、性交渉を共にする親しいmtfにしか、本心を打ち明けません。
心理カウンセラーや、医師や、家族に、事実を明かすことはありません。

このスレッドのかたは、若い頃に、お盛んだった人が多く、
寝室で変身するgidの実態を、よく御存知です。
既婚のmtfから、その奥さんを、酒の肴に紹介してもらったmtfもいらっしゃいまして、
御両人とも、srsをしてしまう不思議な世界です。
絶対に、世間に告白することはありません。

mtfには、取り巻きの男性陣がいて、mtfと酷似の性向を持っています。
容貌容姿の点から、性転換を思いとどまったに過ぎない場合が多く、
人格障害と言われていますが、現在、研究されています。

このスレッドは、以前の、年寄りのgidと違い、まったくフリーになっていますので、
よく書いておられるかたが誰なのか、わかりませんが、
以前のスレッドは、当事者や医師や学者や家族などが、一丸となっていました。
商社関係の企業グループで、大手総合病院の系列が、そっくり傘下に入っていますので、それなりのコネクションを持っている人達でした。
治療法は、企業グループでの職業訓練が主体ですが、
その前段階として、独自の作業療法や心理療法があるようです。
現在は、どなたが投稿なさっているのか、よくわからないところがあります。

gidは、最も早く治癒する人でも、10年間は、人生をロスします。
多くは、20年かかります。
その間、軽い人で、中学生レベルの思慮分別になり、
重い人では、小学校低学年レベルまで退行します。
知識・経験・技量は、変わりませんので、一般の人は気づきません。
できるだけ早く、年齢相応の思慮分別に戻し、
人格障害や早期痴呆を阻止します。

275名無しさん:2007/06/03(日) 04:15:13 ID:???
過去現在未来って同時に存在するものだと思った。

276:2007/06/03(日) 06:29:12 ID:???
>>274
MTFを女装子や趣味女、という言葉に置き換えてみると、
>>274の投稿で書いてある内容は、よく理解できると思います。。(-_-;
昔はMTFや当事者という表現は使いませんでしたからね。

確かに>>242で書いた内容は、今時のGIDの子が診察室で言いそうな台詞ですが、
最近の子はたいしたホモ時代を経ずに、割合すぐにタイに行ってしまうので、
セックスの肉体的な経験もほとんど無いままに性転換してしまいます。
このような子らの場合に限って言えば、>>242の内容は、単なる建前ではなく、
かなり真実味を帯びてるケースがあるのですよ。

277:2007/06/03(日) 06:36:26 ID:???
ところで、このスレッドに書き込まれている方の多くは、
ホルモン療法に反対されているみたいですが、
ポストオペの当事者についてのホルモン充填療法についてはどう思われてますか?

278名無しさん:2007/06/03(日) 10:05:32 ID:???
>最近の子はたいしたホモ時代を経ずに、割合すぐにタイに行ってしまうので、
>セックスの肉体的な経験もほとんど無いままに性転換してしまいます。
>このような子らの場合に限って言えば、>>242の内容は、単なる建前ではなく、
>かなり真実味を帯びてるケースがあるのですよ。

ていうかある一面の真実だと思う。これを絶対的に否定する人たちの
自信の深さが恐いです。なんであんなに自信満々なんですか?当事者でもないのに?
嘘つきよばわり、詐欺師よばわり、ヤクザだの刺青だの一体いつの時代の
話をしているのでしょうか?
サンプルとか基盤になってる文化的背景とか時代背景とか
古すぎるんですよね、、、、

鴉さんの言ってることの方がすんなり頭に
はいってくるし、、、共感するところが多いです。
なぜ誰も反論しないのか不思議でしょうないです。


精神障害だのなんだのとロボットのような論調で
決めつけられた文章を読んでいると石化しそうになります。。。

おそらく書き込みの動機は、憎しみ、復讐心、報復ですね。
そう感じました。

日本のGID医療はマッチポンプだと思うし、精子凍結保存の義務づけも賛成です。
なるべくノンホルノンオペでやり過ごせるように治癒していこうという方向性も
賛成。命を繋げないという現実が中年以降どれだけ人として行き詰まるのかという
警告も骨身に沁みます。

でもあなたがたは、あまりに現実の当事者、とくに若い人たちの現状を
曲解、誤解しすぎていますよ。物事を理解しすぎてしまうことは危険です。

279名無しさん:2007/06/03(日) 10:25:48 ID:iuOWtm.2
>>277 みなさん、続けてられます。
男性的な体質のmtfで、
ホルモンの力で、女性的な見かけにしている人(srsを受けた人でも、そういう人がいます)は、
痴呆が出やすいのではないかと、噂されています。
他のmtfを見て、なんとなく、その傾向を感じる人が、多いようです。
実態は、わかっていません。
更年期を過ぎると、男女問わず、
徐々に、性ホルモンを、必要最小量に減らしたほうがいいのではと言われていますが、
これも資料が少なく、確かなことは何も言えません。

280なだ:2007/06/03(日) 12:33:12 ID:uL3.Mn3Q
甘え病の一種だからね。飴玉やると、泣きやむよ。
なくなると、また欲しいって、言うよ。
もう、持ってないって、わからせると、
今度は、こえだちゃんが欲しいって言い出すよ。
キティちゃんも、リカちゃんも欲しいって言って、そのたびに、泣き出すよ。
野良猫、拾って来ても、飼えないって言うと、泣き出すよ。
かみなりさんがゴロゴロって怒ると、おへそ取られちゃうよって感じで、ちゃんと説明してあげるんだけど、
泣いてダダこねる子は、自閉的になったりしてね。
ホルモンも手術も、ホルモンシャワー説も、脳の性差説も、飴玉なのよ。
40才になってからでも発症するから、飴玉あげるの。
これで、一時おさまるけど、性転換しても、売春婦になるだけの人もいるよ。
これも、飴玉の次は、こえだちゃんが欲しいって、ダダこねる姿。
40才の所帯持ちでも、こういうふうになるの。
テレビカメラの前で、もっと健常者は障害者に飴玉を出せって、駄々こねて、
泣いて怒るんだけど、どうしたら、治ると思う?

281吉理:2007/06/03(日) 16:25:33 ID:???
>>1>>279>>280も、
みんなみんな句読点の使い方が統一的でかつ、変すぎる。
読点(、)が各文節ごとにあるんだけど、
同一人物の自作自演?

282名無しさん:2007/06/03(日) 16:56:44 ID:KSCQe8kg
↑ 標準になってるの。年寄りのgidの時から。
みんな、老眼だから、字を詰めると、目が疲れる・・・
できるだけ、一行を短く。丸から丸までも、短く。

283R:2007/06/03(日) 17:13:49 ID:2gJK0rSA
ストレスが限界に達すると、精神障害を発症する人が、多いようです。
40才でGIDを発症したMTFの既婚者は、思春期からの、男性同性愛を隠して、結婚しましたが、
性同一性障害を知ると、我慢できなくなり、
子供の頃から、性別の違和感に、耐えてきたと言い、急遽、性同一性障害に進路変更して、騒ぎ出しました。

思春期に同性愛を覚える人は、異性とのコミュニケーションの取り方が不味く、
同性同士の社会で、自分を異性に見立てたり、相手を異性に見立てたりする人が多い、と言われています。
異性の肉体に性欲を催しますが、異性とのコミュニケーションが苦手で、
同性同士で、異性の役割を演じます。
異性の心理を毛嫌いするにもかかわらず、自分自身が理想の異性の、理想の心を演じる人もいます。
結果は、異性的な身体的外観と、異性のマナーや、異性の態度物腰振る舞いなどにより、同性の心の真髄を、表現することになります。

実は、同性とのコミュニケーションの取り方も、あまり、上手くありません。

40才でGIDを発症したMTF既婚者の、自己分析では、
生活習慣や、趣味や、考え方などの、まったく異なる人とは、
互いに相手に迎合して、敵意のないことを示し合い・・・
というオーソドクスな付き合い方をしようとしますが、
もっと自分らしく、気兼ねなく振る舞ったほうが、よかったそうです。

思春期に、本人にとっては、新種の人類である女性に対し、おとなしく接しすぎ、
自分らしさを出せずに、振り回されてしまったことから、億劫になり、
同性同士で、気楽に付き合うようになったが、
性欲の盛んな時期だったので、男性との愛を覚えてしまった。

それを隠して、結婚生活を演じてしまい、ストレスが溜まった。
もう、自分は、辛抱しない。今、はっきりと、わかった。
いつまでも辛抱して、我慢していると、人生が耐え難いものになってしまう。

子供時代は、天真爛漫だった。
思春期に、女性に対して、自分らしさを制限して、
振り回されて、引っ込み思案になってしまったのが、間違いの元だった。
子供の時のように、女性に対しても、天真爛漫に振る舞えばよかった。

男性との愛を覚えたのは、偶然ではない。
最初に、女性の肉体に対する憧れを、
女性の肉体に対する、性欲のように、間違えてしまった。
ほんとうは、自分の肉体が、女性であることを、望んでいたのだ。

妻や子供のことがあるから、男性との事は、秘密にしている。
女性に、振り回されてしまった。
ほんとうは、自分の心が、女性だった。
子供の頃の天真爛漫さは、自分自身が女性の心だったからだ。
自分らしい生き方だったのだ。今、それがわかった。
妻と結婚したのは、間違いだった。
自分は女だった。これからは、女として生きたい。
なんとしてでも、自分らしく、ほんとうの女として生きたい。

本人の自己分析は、こういう感じでした。
子供時代の天真爛漫さが、少し、気になりましたが、
私は、脳天気ですので、異論はありませんでした。

小学校1年生頃、ふつうの子供は、学校で、
席に座っているように、先生に言われると、座っています。
立ち上がった子供は、座りなさいと、先生に言われています。
ああ、立ち上がってはいけないのだと、ほかの子供にもわかります。

40才のMTFは、自分一人だけ、立ち歩いて、
おとなしく座っていなかったそうです。
小学1年生ですから、先生も、きつくは叱りません。
注意されると、その子は、先生の足に抱きつき、親愛の情を示しました。
先生も、抱きついてくる子を、突き飛ばしたりはしません。
可愛らしい子でした。
席まで連れて行き、やさしく頭を撫でてあげ、
ちゃんと座っていましょうねと、にっこりと言います。

そのMTFは、そういう子供時代を、天真爛漫だったと言います。
自分らしさを、思いきり発揮できたと言います。
その生き方が、よかったのだと、言います。
その自分らしさを、今、もう一度、思い出して、天真爛漫に生きたい。
これからは、自分を隠したくない。
女性に振り回される男性役は、もう懲り懲り。
生まれついた心のまま、素直に、女性として生きるのがいい、と言います。

284R:2007/06/03(日) 17:17:46 ID:2gJK0rSA
心の針が、右に、左にと、大きく振れる印象を受けます。
バネ秤の体重計に乗ると、針が振れますが、あまり大きく振れると、バネが疲れます。
体重計の上で、飛び跳ねるのも、やめたほうがいいでしょう。
ばねに、素質があり、すぐに疲れるバネと、耐久力のあるバネとがあります。バネが疲れると、体重計も、役に立たなくなります。

予備知識もなく、異なる文化に飛び込むと、心の衝撃が大きくなります。
あらかじめ、旅行ガイドブックや、歴史や、地理や、経済の本を読んでおきます。
まかり間違っても、イスラムの国に行くのに、すぐにバレるような男性の女装姿で出かけてはいけません。
どうしても女装したければ、法律や、裁判や、警察の実態を、調べておくべきでしょう。

予備知識があると、心の衝撃は、緩和されます。
適応力が増しますが、予備知識は、嘘かも知れません。
嘘のガイドブック、嘘の歴史、嘘の地理かも知れませんので、あらかじめ、嘘かも知れないと思って、眉に唾をつけておくことも大切です。
先入観が間違っていても、眉に唾がついていると、現実を見て、すぐに修正できます。
唾を塗ることを忘れていると、先入観の修正に、時間がかかります。

秤に乗る時も、同じです。
針が左右に大きく振れる人は、あるいは生まれつき、バネの弱い人かも知れませんが、あらかじめ、瀬踏みをするような心があれば、衝撃も柔らかくなります。
ADHDという発達障害の子供は、秤に片足を乗せた時に、どれくらい針が振れるか確認しません。
どれくらいのバネの強さかを、片足を軽く乗せた感触から、予想することをしません。
瀬踏みしません。いきなり、跳び乗ってしまいます。

バネの強さ弱さと言い、瀬踏みしない気持と言い、バネの耐久性と言い、生まれつきの素質もあるようで、
どの遺伝子が関与するか、調べられていますが、まだ、確定的には言えません。
生活習慣や文化や趣味が変われば、精神障害を発症しなかった可能性のある人も多く、
反対に、生活習慣や文化が変われば、今まで健常だった人が、新たに精神障害を発症する可能性もあります。
上述の40才MTF既婚者の例では、性同一性障害という精神障害のような、文化のような流行がなければ、自分の心は女だと言い出さなかったと思われます。
そのかわりに、別の精神障害を、発症していた可能性もあります。
同性愛も、国によって、精神障害とされたり、犯罪とされたりします。
性同一性障害の性転換が、文化として流行すれば、その文化を許容できない人が、新たに精神障害を発症する可能性もあります。

脳性麻痺や交通事故などで、身体障害者になられたかたが、これまで二桁の数、御自分のことを、性同一性障害であると言い、性転換を希望されました。
うち2名のかたが、自殺なさいました。
身体障害と、性同一性障害とは、明らかに異なるように見えますが、御当人には、その違いが理解できませんでした。
ましてや、性的感覚に異変を感じる人なら、全員、性別の違和感を自覚し、性同一性障害であると言い出しても、不思議ではありません。

卵子の凍結保存が、もう少しで実用化されます。
精子と卵子の保存さえ、実施されれば、性転換は完全に美容手術と同じになります。
二重瞼を作る手術と、何ら変わりがありません。性別の心など、取るに足らぬ些細な事です。
性器の形状によって、性別という事務的な仕分けをしたければ、どんなに男性的な容貌容姿の人でも、性器が女性なら、女性です。
どんなに男性的な心の人でも、どんなに違法に性転換した人でも、売春のために性転換した人でも、文句なく女性です。
大切なのは、生殖ですので、mtfは、ホルモン療法に入る前に、精子を凍結保存し、ftmが卵子の凍結保存技術の実用化を待ちさえすれば、
生まれつきによる性別の文化は、自然に消滅し、
性同一性障害が、精神障害であると、はっきりとわかります。
性同一性障害で治療しなければならないのは、性別のことではなく、精神障害のことです。

285名無しさん:2007/06/03(日) 18:00:07 ID:KSCQe8kg
区切り慣れてない人は、へんなとこで、区切ってるみたい。
隙間あけて、読みやすく。
小学生でも読めるように、難しい漢字は使うな。
話のすじは、小学生でもわかるように、単純に。
性同一性障害って、中学生の判断力になってるから、
条件節いっぱいくっつけた論理は、控えるように。
性同一性障害って、視野が狭くなってるから、
ただの単語の意味、言い回しなんかで、つまずいて、つっかかってくるので、
小学生向けに書くように。
性同一性障害の子は、背伸びして、賢くみせようとして、
自分は行間を読めるぞ、眼光紙背に徹してるぞってところを、披露したがるから、
できるだけ、小学校高学年向けに。
性同一性障害の子って、治らないうちは、平均して中学生ぐらいの判断力だから、
小学校高学年向けだと、気持に余裕が持てるでしょう?
こういうのは、みんな統合失調症の軽い症状を基準にしています。

286H185:2007/06/03(日) 18:52:38 ID:c3ahBhZ6
このスレって異様すぎ

287吉理:2007/06/03(日) 21:08:40 ID:???
>>282
ふーん。
みんな単発IDだし、HNも単発だし、
次の人が出てきたら以前の人は消えるし、
なもんで、

解離性同一性障害者の、壮大な一人芝居じゃなかろうか

なんて、少し思ったりもしたもんでw。

288吉理:2007/06/03(日) 21:50:16 ID:???
あと、前スレで
「もう、このスレはここで終わり。あとは書かないように」
と号令かけたら、全員で続編のこのスレに移動してきたことも異様w。

おまえら全員、一人の脳内で飼ってる鴨なのかいw?と
問い詰めたい。

289吉理:2007/06/03(日) 22:23:12 ID:???
おかしいと思ったキーワードは「のかた」。
ctrl+Fキーで
「かた」という文字でこのスレを全部検索してみるといいですよ。

見事に、文節を区切って書いている人ばかりがヒットするから。
「○○のかた」っていう言い方ですね。

そして、文節を区切っている人が「同一人物」という目で見ていくと、
全部、同じ人が言ってるようにしか見えなくなってきますw。

290名無しさん:2007/06/03(日) 23:38:57 ID:4Rl9U7KQ
>>289-287 あやしいね、この人。
まえのスレだと、人を呼んだ人がいたので、統一されていたけど・・・
だれかが、管理していたみたい。へんな記事を、牽制していたからね。
このスレは、野放図になってるみたいだから、どうかしら。
私の見た感じ、このスレは初めから、混乱状態と思います。
前のスレの人は、ほとんど寄りつかなくなった感じ。
私は、この掲示板の、よそのスレの常連さんが、
まえのスレの続きを装って、演出しているのかなって、思ってました。
記事を読んでいると、形が、前のスレの標準型みたいな形で投稿しているんだけど、
内容が、ぜんぜん、違うの。言葉使いも、違う。
贋スレ。この掲示板の、よそのスレの人が、偽装しているんだなあって、思っていました。
前のスレでは、私が書くと、管理している人に、怒られたから。
吉理さんって人、あなたが真犯人で、自作自演したのじゃない?
前のスレを終わりにしたのも、あなた? それとも鴉とかいう人? 
無罪潔白ですと、証明できる? あなたは、何が目的で、偽装工作をするの? ドロを吐いてごらん。気持が楽になりますよ。

291:2007/06/03(日) 23:48:45 ID:???
生物学的に同一人物か、はさておいて、
とりあえずネット上の人格は3人を識別してて、
それぞれにお話してるつもりw

つか、文体もさることながら、語る内容の趣旨がみんな同一なのが
このスレの面白みだとおもうよww

292吉理:2007/06/04(月) 00:03:25 ID:???
>>291
なるほどw
触れちゃいけなかったのか。
ていうか、それ前提だったんだ。

ごめんwww。

>語る内容の趣旨がみんな同一なのが
「ボッキ、セックス、オラ正しい」って内容なw。

>>290
違うんだったら、単発IDでそんなに釣られるなよ、疲れるなあw

293名無しさん:2007/06/04(月) 00:10:27 ID:PQQw5ir6
吉ナントカ 怪しい説に一票。
前のスレに、一番最後に書いてるの、この人だから。
言いだしっぺが怪しい。
根拠、それだけ。
鴉てのも、共犯の可能性あり。
前に、茶々入れてきたから。ズルい。
このスレそのものが、この二人の演出って、あり得る。
あたしは、だまされたかナ。
前のスレの終わりかた、おしいと思ってたよ〜
オ・ヤ*ス+ミ

294:2007/06/04(月) 00:23:51 ID:???
寂れた遭難所をこんなに一生懸命盛り立ててくれてるんだもの、
誠心誠意お相手して差し上げなきゃw

これだけのエネルギーを注ぎ込んでカキコしてくれてるんだから、
「ムカツク、氏ねw」で対応しても、すぐに怒涛の警告くるでしょー?

ゆっくり気長に対応してゆくのがよいと思うです。

295名無しさん:2007/06/04(月) 00:29:55 ID:???
とても魅力的な惹き付けられるスレッドであることは確かなんですよね。
こんなスレッド他に無いw

反発心を覚えるけど、ある面ではものすごく尊敬しているつもりです。
その証拠に、書かれている長文は、プリントアウトして
しっかりと熟読させて頂いております。勉強になることが多い。

296:2007/06/04(月) 04:37:06 ID:???
さてさて。。
GIDの精子保存、卵子保存(卵子は現在まだ技術的に困難、
もうちょっとでめどが立つ、らしい?)について、保存することを義務付ける、と、
繰り返しおっしゃってるみたいなのですが、
なんでそんなに保存したがるのでしょうか?

それでも、やっぱり子供がほしくなることがあるから、というのなら
それはやりたいヒトがやればいいと思うのですけれど、ほかに理由は・・・?
(前のスレッドにあるのなら、ここらへん、というポインタあげてほしいです。
もうちょっと暇が出来たら、そのうち読んで探そうと思ってますけど、まだ仕事が忙しいので時間が取れません。。)

性同一性障害者の総数って、病院に通ってるヒト、では大目に見て7千人くらい、
1万人に満たない、と見積もられています。
交通事故で年間1万人前後、自殺で毎年2〜3万人が死んでます。
だから、少子化対策、という意味では、ぜんぜん割に合わない。。

代理母が頼めるからといっても、日本の戸籍制度では「生んだヒトが実母」であって、
これって法務省硬直化してるから、当分望み薄な話。だって、夫婦別姓とか、
世帯ベースでの戸籍やめて、個人ベースでの戸籍にするとか、、もう棚上げっぱなしで、
ホントに何年掛かるか見通しすらたてられない。
だから、代理母頼めたからといっても、日本の法律では「養母」にしか成れないのですよ。
実母として戸籍登録できる見込みはかなり望み薄。

それにどーーーーーしても、自分の遺伝子を分けた子供がほしい、とおもっても、
すっごいお金掛かるよ?SRSの手術代の金額どころじゃないですよ。
それに代理母誰に頼むの?第三者に頼む場合は契約、という形になるから、
すっごいお金掛かるです。親戚や近親者に頼むことが出来る場合、に、限られるです。
だから、ホントに子供がほしい、ということを真剣に考えるんだったら、
養子をもらう、というのが現実的な選択になってくるデス。
精子の冷凍保存してたから、って、あんまり現実的じゃないと思う。

297:2007/06/04(月) 04:41:34 ID:???
>>295
ホルモン療法については誤った思い込みに基づいて書き込まれてるから
勉強の教材としては不適切だと思います。
これに関しては、暇を見つけて自説を投稿してゆきますので、
まぁ、楽しみにしておいてくださいw

298名無しさん:2007/06/04(月) 12:51:00 ID:u7up/FM2
>>290 >>293など。
状況は察しがつきました。
gidの治った若い方は、msnの掲示板に集まっていますので、そちらへ回られては?
gidは本人が自分で気づかなければ、周囲が言えば言うほど、症状が重くなるので、気をつけて下さい。

以前のスレッドで人を呼んだ人も、スレッドを立てた人を知らなかったそうす。
通りすがりに以前のスレッドを見つけて、人を呼びましたが、人が来なくなると、御自分も来なくなりました。
年配のかたは、パソコンに凝りませんし、若いかたは、よそへ行ってしまいました。
パソコンや携帯電話はgidを悪化させますので、元gidのかたも、医療方面のかたも、できるだけgidの掲示板に係わらないほうがいいのではありませんか。

医療方面のかたは、知識の提供と、心理療法と、病院での作業療法を担当してられるので、説得しようとなさるのかも知れませんが、治療の本体部分は商社での職業研修ではないでしょうか。
知らない国で、実際に身体を動かしながら、人と接して仕事を覚えることです。
パソコンでは出来ませんので、いつまでも居残らなくてもいいのでは?
パソコンで説得しようと頑張らなくてもいいのではありませんか。
                             老婆心

299吉理:2007/06/04(月) 16:48:36 ID:???
>>294
いらんことしたみたい。
ごめんね。

300名無しさん:2007/06/04(月) 17:45:55 ID:Qq6rTncg
吉理と鴉ってのに言うけどね、生殖機能でぎゃーぎゃー言うんだったら、あなた達の事を、精神障害って診断した主治医に聞いて御覧よ。どうして、精神障害なんだって。

あたしの言った事と、同じ事を、医師は答えるよ。決定的なのは、自分で自分の生殖機能をだめにするのを望むってことだけなの、性同一性障害が病気っていう理由。だから、主治医に文句言ってね。

こんなの、だれでも、わかるでしょう? 五体満足なのに、自分で、自分の指を切り落とす人がいたら、たぶん精神病じゃないかって、だれでも思うでしょう? 自分で、自分の耳、切り落とす人も同じ。でも、自分で、自分の瞼を二重にして欲しいって希望しても、精神病とは思わないでしょう? 

じゃ、自分で自分のちんちん切り落として欲しいって言ったら、どう? たぶん精神病じゃないかって、みんな思うの。結局、この感じなのよ、性同一性障害が精神障害って理由。自分から自分の生殖機能を傷つけたいって望んでることが、明白だもの。それが目的で受診したのが、わかるもの。

それで、どうして、そんな病気になるのか、主治医に聞いて御覧。ホルモンシャワーとか、脳の性差とか、いろんな説を教えてくれるけど、いまのところ定説はなくて、原因不明って言ってくれるよ。

原因不明なのに、どうして、ホルオペ治療をするのかって、聞いて御覧よ。結局、飴玉説が出てくるよ。飴玉やって、治るか治らないか、サイコロ振るようなもので、医師は責任持てないって言うよ。自己責任だって言うよ。

その次に、このスレのコピーを見せて、吉理と鴉ってのみたいに、性転換治療をしても、まだ、「生殖機能を放棄するのは自由だ」って感じで、食ってかかってくる状態だと、ホルオペで飴玉やって、精神障害は治ったのか、悪化したのか、聞いて御覧よ。

これ性転換医療の失敗例だってことになるよ。失敗したら、この先、どうなるか聞いて御覧。そこまで、見通している主治医ならいいんだけどね。ほとんどの精神科医は、手術後、患者が通院しないって、嘆いているよ。知らないの、どうなるか。

駄々こねる子に、飴玉やって、駄々がおさまらなければ、どうなるか、考えてみるといいよ。もとからあった精神障害が見えて来るよ。その精神障害に対して、ホルオペが治療にならなかった理由もわかってくるよ。かえって、症状を悪化させただけだってね。でも、自己責任だからね、主治医は責任とらないよ。

この先どうなるか、教えてあげないよ〜ん。

301:2007/06/04(月) 19:46:16 ID:???
対応が人口無能みたいなロボット的ではなくて人間的な感情表現に及んでいる点を評価します。

302H185:2007/06/04(月) 19:50:05 ID:nWmjrl5E
>>300
ありがたいお言葉、感謝

飴玉どうぞ〜ヽ(´∀`*)ノ●

303名無しさん:2007/06/04(月) 19:56:45 ID:???
>>298
セカンドライフで若さを取り戻してほしいです。
金儲けもできますよ

304名無しさん:2007/06/04(月) 20:25:41 ID:???
涼しさは同じで、北海道よりも、玉龍雪山のほうが安い!

305名無しさん:2007/06/04(月) 23:04:18 ID:NG7WXmq.
飴玉医療でなく、パチンコ医療なんだが…
脳内麻薬が出る、24時間。埋没しなければ、死ぬまで。
長期間持続すると、痴呆が出る。埋没すると、脳内麻薬の出が悪くなり、安全。
この線で書いてもらえれば、有り難かったが…
四川のトイレは、痴漢が出る。

306:2007/06/04(月) 23:05:59 ID:???
>>300
まぁ、ひとつだけいえることは、
性同一性障害の治療は、生殖機能を阻害する精神を治療することを目的にしていない、
ということです。

「ちんちんを切り落とさないと殺される」とか「生殖機能が襲ってくるから死にたい」
とか言い出せば、精神疾患から来る幻聴や妄想を疑いますので、治療はまずそこから、ですね。

大切なのは、性転換することを望む、ということ以外は、
肉体的にも精神的にも健全であることを確認することから始めますので、
そんなに心配しなくても大丈夫です。

307名無しさん:2007/06/04(月) 23:25:09 ID:c7NUr.UY
>>305
説明してもらえませんか。GID医療と、非行・犯罪・統合失調症・GID以外の精神障害との関係は、一般群とそれらの関係よりも、有意義に緊密であることは知られていますが、GIDと脳内麻薬・痴呆の関係は知りませんでした。できれば、説明してもらえませんか。

308:2007/06/05(火) 00:16:30 ID:???
手術療法前の、なーーんにもしていないヒトにとって、(異性の)性ホルモンは、
依存作用、というと語弊があるのですが、依存症状に似た状況を作り出すことになるので、非常に危険です。
(念のため、性ホルモンには*薬物依存作用*はありません!)
しかし、後述の「依存に似た作用」を引き起こします。
(異性の)性ホルモンの投与は、半年から1年継続して投与することで、生殖機能が喪失してしまいますから、
気休めや美容目的で、安易に(異性の)ホルモンを服用・注射することは、
極めて危険な行為なので、私自身は、もちろん強く反対しています。

# みなさんはご存知だと思いますが、ここで大切なのは、
# 失われるのは生殖機能であって、(異性の)性ホルモンの投与を止めても、
# 性ホルモン製造の機能が、なくなるわけではない、という点です。
# 投薬くらいでは簡単に性ホルモンの製造機能をなくすことは出来ません。

去勢前のMTFを例に説明します。
ホルモン投与すれば、男性ホルモンは抑えられ、自分の体では作れない女性ホルモンで
男性ホルモンの代わりの働きをします。この副作用として、体が女性化します。
性ホルモンの血中濃度は、女性ホルモンがあるので、脳は「性ホルモンを分泌しろ」という指令をだしません。

ホルモン投与を止めると、男性ホルモンの製造機能が徐々に回復します。
しかし、直ちに回復するわけではないので、性ホルモンの血中濃度が低下します。
脳は「性ホルモンを分泌するように」という指令を出しますが、製造機能が回復していないので、
血中濃度は上昇しません。すると、脳は指令が届いてないのか、とおもって、性ホルモンの分泌を促す、
指令をさらに増加します。
具体的には、脳下垂体から大量の性腺刺激ホルモンが分泌されるようになります。

この、過剰に性腺刺激ホルモンの分泌が続く状態は、更年期によく似た症状を引き起こします。
(よく似た、というよりは、そのものといってよいのかもしれません。)
このときにに、自身の睾丸による性ホルモン製造の機能が回復をしっかり待つことが出来れば、
機能の回復とともに性ホルモンの血中濃度が回復しますので、性腺刺激ホルモンの過剰分泌も収まります。
ところが、回復を待つ間は、とても、とても、辛い状態になるのです。

このときに、女性ホルモンの投与を再開すると、性ホルモンの血中濃度は回復しますから、
やはり性腺刺激ホルモンの過剰分泌も収まってしまいます。
とても辛かった状態も緩和されて、とても楽になります。

  これがあるので、一度ホルモンに手を出した女装者は、
  なかなかホルモンを*きっぱりと止める*ということが出来なくなるのですよ!

ホルモン投与を再開すれば、楽になる、ということを体が知ってしまっていると、
なかなかホルモンを止める、ということが出来なくなってしまいます。

また、ホルモン投与をきっぱりと止めてしまいさえすれば、性ホルモン製造機能は回復するのですが、
はやり機能としては傷ついたものになっているので、ホルモン投与の期間が長いほど、
回復にも時間がかかります。(100%回復するかどうかは、ちょっと不明です。が、そもそも2つある睾丸の
1つを事故などで欠損しても、のこった1つが2つ分の働きをまかなえるだけのキャパをもっているので、
100%回復出来ることが重要かどうかは判断がムツカシイのですよ。)

ガイドラインは概ね、1.精神療法、2.ホルモン療法、3.手術療法、という順番になっていますが、
いちどホルモン療法を行ってしまうと、ずっとホルモン療法を継続せざるを得ない環境をつくりだすことに
なってしまうので、本当の意味では、手術療法する気がないのであれば、
ホルモン療法は絶対に止めておいたほうがよい、と思っています。

309名無しさん:2007/06/05(火) 00:17:28 ID:???
あなたは病気を愛している

すべての病気は自分で創り出している。自分を憐れんだり、
自分に注意を向けるために、病気を利用してきたのだ。

ほとんどの人はまったく無意識に病気を創り出している。

だから、何故、自分が病気になったのかがわからない。

310:2007/06/05(火) 00:22:03 ID:???
>>308 自己レス、ていうか、補足。
ですから、ホルモン療法は、
それがないと生きてゆけない、健康に社会生活を継続してゆくことさえ出来ない、
といった強いつよ〜〜い作用を持っているのです。

  けして*あめ玉*なんていう生易しい表現ではすまされない物です。

# 再度強調しておきますが、性ホルモン自体に薬物依作用はありません。

311:2007/06/05(火) 00:36:48 ID:???
>>307
脳内麻薬(というか、レセプターの飽和と鈍化の話)と痴呆の話は、
後日ワタシがお話しするかもしれません。

312吉理:2007/06/05(火) 01:28:44 ID:???
>>300
なんか、控えようと思ったら呼ばれたので。

えっと、基本的に私、精神科というところに通ってませんけどもw。
そういえば、戸籍変更に必要だからという理由で、数回、診断書とかいう紙切れをもらうためにお邪魔したなあ。

なんで自分のことを医者に託すのか、よく分かりませんが。
ホルモンするのも自分で探してすればいいし、
チンコ切りも、日本でなければ外国いけばいいだけだし。

いったいなにに依存してるんですか?あなたは。

313名無しさん:2007/06/05(火) 10:52:52 ID:???
GIDという概念に囚われすぎてるんですよね
ひとつの個性、生かすも殺すも自分次第だと思う
色んな流れがあっていいのに
これじゃないと絶対にだめだという、そういうのがないと不安な人たち
善悪二元論に依存してるんだと思う

314名無しさん:2007/06/05(火) 19:17:53 ID:ex.7I0Fo
>>307
鎌好きの男性がいるが、遺伝的素質、人格障害と痴呆の発生率など、性同一性障害と共通点が多い。どちらも遺伝的素質は、日常的な感情の抑揚や、気持の持ち方の変化に、脳がついて行けずに、持続的に興奮してしまう素質。
脳の興奮は、薬で大雑把に調節できるが、その調節範囲よりも狭い範囲で、脳が持続的に興奮するので、薬は無効。対人関係の気持ちの持ち方を微妙に調節できず、ストレスが溜まり、発散しようとすると、非行になる。非行にならないように心掛けると、それがまたストレスになり、ひきこもりやすくなる。

これは脳の興奮を微妙に調節できない素質の精神障害に共通。一日中、持続的に理由のわからない不快感を感じるので、一日中、持続的に不快感を紛らわさないといけなくなる。食事、睡眠、性欲など、先天的な快感システムで脳内麻薬が出るので、これを利用して不快感を紛らわそうとする傾向がある。
解離状態でも、脳内麻薬が出る。

男性が一日中女装するのはそのためで、性交渉の一時的な強い快感が目的ではない。健常者は、射精後の脱力感を、軽い快感に感じるが、性同一性障害では、脱力感が不快感に感じられることが多い。射精と射精後の気分の変化に、脳がついて行けず、調節不能になり、意図せざる部位で、意図せざる軽い興奮が持続し、理由のわからない不快感に感じられる。

この気分の変化量が、性同一性障害では平均的な限界値。日常的な対人関係、生活上の、この程度の変化に対処できないために、対人関係の不調やひきこもりや非行になり、脳内麻薬を求める。一日中女装する男性の目的は、一日中持続的に安定した脳内麻薬を得ること。性同一性障害の平均よりも、耐性が大きければ、性同一性障害でも、一日中異性装の上、射精を好む。

315名無しさん:2007/06/05(火) 19:19:19 ID:ex.7I0Fo
上の続きです。
この延長に、医療が提案して、性転換療法があるが、素質は変わらず、性転換後も脳内麻薬を求める。性転換後の性別に適応すると、脳内麻薬が出なくなるので、本人は適応を拒否することがあり、持続的に脳内麻薬の出ることを好み、痴呆になりやすくなる。人格障害、痴呆は、この種の素質に、広く共通する傾向で、性同一性障害も同じ。性転換の前も後も同じ。

性転換は根本的な治療にならず、性転換後の性別に適応できなければ、性転換による身体的社会的負担増が、かえって素質から来る症状を悪化させる。性同一性障害、脳内麻薬、痴呆説の概要はこれ。

性同一性障害の痴呆のはデータはまだ少ないが、人格障害は、以前から知られていた。性転換しても、以前からある心理状態に耐えねばならぬ事情は変わらず、子供は性転換の前後で、心理的な発達の程度が変わるので、耐性が強くなっていれば、自然に治るが、人格障害に進むこともある。性転換後の性別に適応することを拒否したり、適応できない場合は、人格障害になることが少なくなく、痴呆の出る例も知られている。

性同一性障害は、事実を知ると耐えられずに、自殺、非行を招きやすく、難しい事情がある。性同一性障害の痴呆には、脳内麻薬説、性ホルモンによる脳の変性説、性ホルモンによる脳血管障害説、統合失調症に準ずる説など、多数ある。

性同一性障害では、多くは統合失調症の遺伝的素質の一部を持っている。人格障害や拒食症などでも同じ。統合失調症の、遺伝的素質の影響力は大きくなく、後天的要因も大きい。性同一性障害では、人格障害を発症していなければ、脳内麻薬に頼らない生活が可能。すでに人格障害に発症していれば、事実上、放任になり、多くは本人に苦痛の自覚がなく、周囲が一方的に迷惑する。

この系統の遺伝的素質は、生活状況や文化や考え方に、発病の有無が左右される。性同一性障害では、病気を必要以上に流行させないことが肝心で、1万人に1人程度の流行を目安にして、それよりも増えれば政策的に流行を抑え、低ければ寛容に対処する。鬱病の遺伝的素質は、性同一性障害では少なく、一般と同じ。

性同一性障害は、ドロップアウトして性的非行に興じる人間に似るが、拒食症に近い印象を与えることもあり、接した人は精神障害の疑いを持つ。性同一性障害特有とされる生まれつきの素質は、医師が性転換療法を正当化するために、弥縫策として打ち上げたもので、根拠はない。性転換療法の正当化のために流行させた口実を除外すれば、一日中、脳内麻薬の快感を得た状態で、日常生活ができるように、性転換したいことになる。

性転換後の性別の日常生活に適応すれば、脳内麻薬が出なくなるので、振り出しに戻る。このために、元来はこの種類の男性は、一日中女装していても、自分の性別を拒否しなかった。去勢を求めなかった。医療が第二次世界大戦後に性転換を提案し、心理の筋書きを教え、学説を援用して体裁を弥縫した。

性同一性障害の痴呆の発症率、人格障害の発症率、統合失調症、拒食症、他の精神障害などとの、痴呆を介した関係、遺伝子の解析データ等々、詳しいことは、>>311の投稿者が説明してくれるそうなので、譲ります。

箇条書きのようになりましたが、職場で書きましたので、御容赦を。

316名無しさん:2007/06/05(火) 22:47:04 ID:9BG9RYxY
>>314-315 発達障害も多く、性同一性障害の非行の大きな原因だと聞いていますが、性転換で治りますか。狭い意味の精神病に入らず、当事者にも自覚がありませんので、病院をフリーで通過してしまいます。性転換を希望する人の半数を超えているのではないかと言われ、性転換医療の危険性が指摘する学者が増えてきました。性同一性障害と、人格障害や発達障害とを併発しているのでなく、人格障害や発達障害の症状の一つとして、性転換したいと言い出したのではないかと言われています。性転換で人格障害や発達障害は治りますか。悪化しますか。そのままですか。

317名無しさん:2007/06/05(火) 22:51:07 ID:9BG9RYxY
「性転換医療の危険性が」 は、「性転換医療の危険性を」 の誤りです。

318:2007/06/06(水) 03:21:25 ID:???
>>316
>性転換で人格障害や発達障害は治りますか。悪化しますか。そのままですか。
私の知ってる症例からいえば・・・
おおむね「そのまま」ですね。
極端に悪化する例を見たことがなければ、完治したつーのも知らないし。。

319名無しさん:2007/06/06(水) 06:37:12 ID:???
>完治
残酷ですけど、容姿によりますか?
SRSした人で本当にしあわせそうな人知ってるけど
自然な美しさをもっていて性格も穏やかで
美容関係のお店を経営されてて楽しそうですよ。
SRSで1度死んだつもりで頑張ったんだって
生き方変わったって言ってた。

320名無しさん:2007/06/06(水) 07:43:44 ID:???
>>306 >>308 >>310 犠牲の道連れを増やすだけのような誤解では? 気になりました。

321:2007/06/06(水) 08:15:23 ID:???
>>320
これを誤解というのなら、なぜ更年期症状が辛いのか、ていう
内分泌系の医学的知識を全て否定することになりますけど?
貴方のような犠牲者を増やしたくないしw

322小夜:2007/06/06(水) 10:53:25 ID:???
このスレの流れ、あんまりにも気持ち悪いから関わりたくなかったんですけど、
寝不足でテンパった勢いで一言。
あたしはGIDって病気なんて信じてません。
SRSは単なる美容整形の一種。
犠牲者とかバカなこと言ってないで、美容整形したかったら病院行って
オペしたってそれだけのことなんだからさ。
美容整形するのに精神科の診断書が要る現状がどっかおかしいのであって、
あんなものは無条件にやりたい人はやれるようになってていいと思うよ。

323名無しさん:2007/06/06(水) 12:16:15 ID:???
そんなに精神病扱いしたいなら
ビューティーコロシアムとかあーいう番組をまず潰せよ
なにがどーちがうのかと小市次官問いつめたい

324名無しさん:2007/06/06(水) 12:44:27 ID:GEz7Zktk
gidはあくまでもたてまえ。
にもかかわらず、私はgidって思い込んじゃう人が何らかの精神病ってことでしょう。

325名無しさん:2007/06/06(水) 19:44:16 ID:???
大部分の人では、更年期障害は、たいした問題ではありません。ホルモン補充療法を受ける必要もありません。一部の人だけが重症になります。なぜ、この差が出るのかを教えてあげてください。

更年期障害の自覚症状は、ホットフラッシュや不定愁訴などです。自律神経系と精神に異常が出ますが、精神症状は文字通り不定で、ありとあらゆる症状を訴えます。この症状はホルモンの不足による症状ではなく、ホルモン量の変化に、精神が対応できないことから起こる症状です。変化に対応できる人は、ほとんど更年期障害に悩むことはありません。一部の人だけが、悩みます。
どんな人が、ホルモン量の変化に対応できない人なのか、教えてあげてください。

性同一性障害の人には、自律神経失調症になる人が少なくありません。これは自律神経の病気というよりは、精神障害の一種で、自律神経失調症になる人は、他の精神障害も多く発症します。思春期に男性でありながら女性乳房になる性同一性障害の人が少なくありませんが、その人は高い確率で自律神経失調症を併発しています。思春期のホルモン量の変化に、精神や身体が対応できずに、変調をきたします。精神だけでなく、身体的にも対応不能の症状の出ることを、教えてあげてください。

統合失調症では、精神症状だけでなく、身体症状も出ます。統合失調症だけでなく、性同一性障害を含めて、各種精神障害の人にも、子供時代に対人関係の調節が不味く、自律神経失調症や転換性障害などの心身症状の出やすい傾向があります。統合失調症の治療法として、トランキライザーによる薬物療法が中心になる以前に、性ホルモンとの関係から、去勢手術が流行したことがあります。性ホルモン量の変化に対応できないことと、性同一性障害の発症とが、密接な関係にあることを教えてあげてください。

更年期障害の治療は、ホルモン療法と共に、心身症を克服する心理トレーニングと、生活習慣を改善するための指導を、並行して行います。性同一性障害の治療に似ています。様々な精神障害の女性も、更年期を迎えます。どんな人達が更年期障害に悩むかを、教えてあげてください。

内分泌の医師も、内科の医師も、婦人科の医師も、よく心得ています。性同一性障害の人の中には、知らない人もいるかもしれませんので、少しも内分泌の医学知識を変更しなくてもいいと教えてあげてください。篤志家でも、元gidでも、どなたでも結構ですから、初心者向けのしっかりとした基礎知識を教えてあげてください。ではでは。

326吉理:2007/06/06(水) 20:27:51 ID:???
>>322-324
なんか、自分の意とするものに反する(ていうか処理できない)書き込みがあった場合、
それは「なかったこと」としてスルーしていくみたい。

327yuri-k:2007/06/06(水) 22:02:46 ID:dHkwRfM6
鴉さん
随分研究なさっているのね。あたしはここ2年間ホルモンをきっぱりやめています。
毎日バストアップマッサージを続けていますが、多分、SHEーMALEの身体で
終わる事になると思います。
SHE−MALEで終わるのは、決してそれで満足している訳ではないけれど、
今は やむを得ない選択肢と思っているの。鴉さんが うらやましいわ。

328名無しさん:2007/06/06(水) 23:50:46 ID:???
GIDに執着してる時点で
同質だと思う。

みんなは、ただの方便、手段として
自分の生き方に似合わせてそれぞれ選択してるだけなのにね
病気って側面だけを見て、トータルで見られないから
おかしな医療業界になっちゃってる

yuri-kさんの生き方は一つしかないし
他と比べて正しかったのか間違っていたのかなんて
計ることなんてできないじゃん

病気の分類だけで人間をわかったようになってる人って
ほんとにアホだと思う
そんなロボットみたいな生き方を伝染させていく方が
よっぽど恐い

体いじりまくったとしても、私はそういう人の方が
とても人間的だと思う。去勢は異常だとか、絶対絶対絶対って…
人間はみんな違う存在だよ?

神様は何もなにひとつとして禁止なんてしていない。

329H185:2007/06/07(木) 01:06:32 ID:PO2WtIsA
男ホルより女ホルが気持ちいいからやってるだけ。
性犯罪者には女ホル入れると良いとかいう話も有るでしょ?
男ホルって、いつもギラギラムラムライライラカッカして変。
空回りばかりで、どう考えてもわたしには合っていないと思ったから。
あとは、手術して男ホル出ないように出来ればいいだろうね。

330:2007/06/07(木) 06:35:51 ID:???
>>329
うれしいな、その感覚を表現できるヒトがここにもいたw

気持ちいいから、というと、ちょっと語弊あるけど、
その感覚が落ち着けるかどうか、ってのはすごく大切だと思う。

331名無しさん:2007/06/08(金) 13:21:35 ID:ugHr8w0.
>>325 ベテラン医師からの又聞きです。
MTFの3割が、思春期に女性乳房になり、自律神経失調症を経験して、
なかには女性ホルモンを使用しなくても、女性的な容貌風姿になる人もいます。
女性の更年期障害に女性ホルモンの使用が躊躇われていた時代に、
女性ホルモンの使用を乞い求めたMTFが何人もいます。
1950〜60年代です。その時代からMTFの治療を手掛けていた医師の話では、
女性乳房や女性的な容貌風姿になるのは、体質ではなく、
精神障害の身体症状だそうです。
精神的に治癒しなければ、統合失調症によく似た症状が出ます。
治癒すれば、すがすがしい気分になり、性同一性障害も治ります。
ヒステリーと同じ治療をおこないます。
薬物なら安定剤を使用しますが、
ホルモン療法中の性同一性障害では、安定剤を使用しません。
性同一性障害のホルモン療法中でなくても、
抗鬱剤や抗不安剤を使用すると、悪化するそうです。

332mtf:2007/06/08(金) 14:36:03 ID:???
>>331
>治癒すれば、すがすがしい気分になり、性同一性障害も治ります。

女性と恋愛したり、女性に欲情したりする可能性もあるということですか?
そんな夢のようなこと、あるなら、なんで今、こんなことになってるのですか?
よくわかりません。

333名無しさん:2007/06/08(金) 17:51:40 ID:???
>>331 だいたい性同一性障害の人は、統失っぽい症状が出ますが、
初めから鬱っぽい症状を併せて出ている人が、たまにいるので、
難しいと思います。
だいたい鬱っぽい人は、おとなしくて素直で従順ですが、
性同一性障害で、鬱っぽい症状の出るのは、
ほとんど、二次的な症状か、
統失の陰性症状に相当するものでないかとか、言われています。
パニック障害の出る人がいますが、
性同一性障害の場合、私が今までに見た例では、
いずれも夢遊病のような解離症状を伴っていて、
これも、統失っぽい症状と思いました。
人の多い広場で出ます。
こういう場合、デパス、いけませんか。
構わないのでは? デパス使ってるgid多いですよね。
抗不安剤がダメな理由、教えてください。

334松永 ◆A4jsQTgi.Q:2007/06/08(金) 18:26:57 ID:JlzilnIE
久々に電脳世界に鬱陶しく出てきたww。GID1.0。
>デパス
人それぞれに処方されているんじゃない?
うちは睡眠導入剤として出して貰ってる、医師の判断でしょ。
パニックはソラナックスで押さえているけれど、社会参加が多くなった分
あまり要らなくなった、時に残っているけれど。人酔いと言うのかな込んで
いる病院でパニック引き起こし点滴して貰ったのがつい最近かな。

解離症状ね〜眠剤服用後は時に馬鹿やるけれど、人として道に外れた
事はしないし。

何か統失とか書かれていますが、全家連も破産した事だし、そう言った
研究を表に出してみたら良いと思いますが・・・ここに書いても愚痴に
見えるし、そもそもあまり役に立たないと思う。

335名無しさん:2007/06/08(金) 21:09:04 ID:w.aud6tk

また、来ている、懲りずまに。

336名無しさん:2007/06/08(金) 21:44:52 ID:???
>>333
>>331は又聞きらしいので、返答不能では?

337:2007/06/09(土) 01:21:23 ID:???
ご無沙汰してます。お懐かしぃ^^

338名無しさん:2007/06/09(土) 12:25:13 ID:925k10KM
性転換医療は、外国や日本の経験から、
性同一性障害も含めて、いかなる精神障害の治療にもならないことが、ほぼわかっています。
埼玉の時、すでに外国では、わかっていましたが、
なぜ、埼玉や岡山が、あえて動物実験のように、
人間に対して性転換医療を行なう必要があったのか、疑問が出ています。
どのような医療も、人間に対して有効かどうか、直接実施してみる必要のある時期がありますが、
すでに外国の例や日本の例から、性転換は精神障害の治療にならないことが、わかっていました。
なぜ、埼玉が実施したのか、疑問の声が多く、日本では未だに性転換医療は、ごく一部の医師しか実施していません。
精神障害のない患者さんに対して、性転換医療を行なうには、
子供のある人に対して、美容手術のように行なうしかありませんが、
これでは、容貌と容姿の点でパスせず、一般の人から見ればグロテスクな手術になります。
子供のある人で、ホルモン療法を行なっていないにもかかわらず、容貌容姿のパスする人には、
大概、しつこい精神障害や非行があり、その病気や非行は性転換で治らず、むしろ悪化する傾向があります。
手術でよくなった患者さんは、手術をしなくてもよくなったと思われる人で、
性転換手術は医学的に適用できる対象がないのが現状です。

339吉理:2007/06/09(土) 12:47:51 ID:???
ああ、分かった。
「主語」がないから、すんげー変な文章になるんだ。

たとえば>>338でいくと、

>>性同一性障害も含めて、いかなる精神障害の治療にもならないことが、ほぼわかっています。
「誰」が、あるいは「どこの機関が」分かっているの?

>>なぜ、埼玉や岡山が、あえて動物実験のように、
>>人間に対して性転換医療を行なう必要があったのか、疑問が出ています。

疑問を持っているのは「誰」?


というように、ことごとく主語が抜けている。
いったい、誰がなにをして、どこの機関・人がなにを理解したのかがさっぱり分からん。

340:2007/06/09(土) 14:47:19 ID:???
生殖機能について、型通りの考え方を記します。建前に近いものですが、一つのモデルですので、示して置きます。

命は、絶対的に第一に大切です。
これを理解できない精神状態を、私達は、まだ子供であるか、精神異常であるか、どちらかであると言います。一時的に精神異常の場合もあれば、継続的に精神を病んでいる場合もあります。
命の大切さは、絶対的ですので、命の大切さを無視する人に対して、他人は、ほとんど超法規的に行動してもいいことになっています。命の大切さを理解できない精神状態を、まだ子供であるか、精神異常であるとするのも、絶対的な判断です。理由や証明を必要としない第一原理です。

生殖機能は、子が無い場合、命に準じて大切です。
準じるの具体的な意味を、命の次に大切であり、大切さは二番目であると考えても差し支えありません。これも超法規的な行動が、ある程度、許されます。
本人に子が有ると無いとにかかわらず、子の無い自分や他人の生殖機能が命に準じて大切であることを理解できない精神状態を、私達は、まだ子供であるか、精神異常であると言います。これも、一時的な精神異常もあれば、継続的に精神異常の場合もありますが、ほとんど絶対的な判断に近く、理由や証明を必要としません。

人間以外の生物では、個体の命よりも、生殖のほうが大切です。人間も生物の一つですので、先天的な生理機能は、個体の命よりも生殖を大切にする設計になっている可能性があります。
賢い人間は、個体の命のほうを重要とする特殊な社会を作りました。人間特有の社会形態ですが、個体の命よりも生殖を大切にする設計の生理機能を使い、生殖よりも個体の命を大切にして生きようとすると、身体的にも精神的にも、様々なトラブルを生じます。具体的には、自我障害と言われるトラブルや、自我のストレスと言われるトラブルや、心身症といわれる身体的トラブルなどを生じます。
人間の賢さは、この生殖機能を実行できなくても、なんとかトラブルを回避して生きて行く事を可能にしました。

生殖機能の大切さを理解できない精神状態は、肝心かなめの人間特有の賢さを発揮できない状態であり、限定的に他人や社会に保護されなければ社会生活のできない状態に陥ります。具体的には、子供であるか精神異常であるかの、いずれかですが、現実に、この大切さを理解できない成人は、さまざまな精神異常をきたし、他人や社会の庇護下でなければ生きていけない精神状況になっている実態があり、多くの場合、治療されることもなく、犯罪や非行に転落します。
性同一性障害が治癒していない場合は、それに相当し、多くの場合、性転換は性同一性障害に至った精神障害の治癒を妨げます。
【続きます】

341:2007/06/09(土) 14:52:57 ID:???
【上の続きです】
生殖機能が、なぜ大切かを理解するには、人間独自の高等な精神が必要です。他の生物には、そのような精神がなく、無条件に、個体の命よりも、生殖のほうを大切にすべく、先天的にプログラムされています。その生殖を、一番目ではなく、二番目に大切であるとしたのが、人間独自の賢さですが、同時に相当に無理をした賢さですので、人間でも、ある程度以上の賢さがなければ、理解できません。
その程度が、社会人として必要な賢さの最低限になります。中学生になると、能力としては辛うじて理解可能になりますが、実際の理解は、さらに後になるのが通例です。成人になっても理解できなければ、精神異常の状態と言えますが、発達の進行に個人差があり、成人の具体的年齢は特定できません。

命を大切にしていなければ、現にここに、私達は存在しません。命の大切さと、命とは、現実には同義語と言ってもいいほどですが、生物学的には、生殖の大切さと、命とが、実際的な同義語になります。実際に、他の生物では、個体の命よりも、生殖のほうを重視した行動や生態を示します。
生殖がなければ、現にその個体が存在していることもなく、そこに個体の命があるのは、延々と、生殖をつないできた歴史的事実の決定的証拠と言えます。決定的の意味を、絶対的、無条件的、超法規的に自明であると言い換えても差し支えありません。
大切にしたか、しなかったかの意味は、結果によって判断されます。そこに個体の命があるのは、40億年、生殖を大切にしてきた結果であり、生殖を大切にしない精神状態は、命を大切にしない精神状態と、論理的に等価です。一例で言うと、自分の命を大切にしても、生殖機能を大切にしない個体は、親や子や家族や社会を大切にしない個体と同じで、それを理解できない精神状態は、まだ子供であるか、精神異常であるか、いずれかです。
命の大切さと同様に、生殖機能の大切さも、絶対的決定的で、議論の余地はありません。

生物学的な命には、個体の命と生殖との境界線がなく、生殖や、生殖の結果の社会も含めて、一体の命です。人間以外の他の生物では、この論理は、生理や心理や行動の先天的プログラムになっていますが、人間では後天的に理解しなければなりません。
理解できて初めて、一人前の生物として認められます。理解できなければ、まだ子供か、精神異常であるとします。人間の社会も、生殖の結果として出来上がった社会ですので、親から子への繋がりがなければ、社会もありません。社会は、この繋がりを根拠に成り立っていますので、この繋がりをみずから断とうとしたり、この繋がりを理解できない人間は、まだ子供か、精神異常か、いずれかであるとされます。
抵抗すれば、社会の敵として処分抹殺されることもあります。優生医療では、理解不能な人間を精神異常としたうえで、処分する道を選んだ歴史があります。現在の性転換医療も、その流れです。別の道としては、精神異常として、強制的に保護して隔離治療する方法や、社会の敵として刑務所に収容し、あるいは死刑に処す方法などがあります。

性同一性障害の中でも、すでに子供のいる人について、これが精神障害に相当するかどうか、議論された経緯があります。便宜的に、精神障害としておくことにしました。
実際は、子供時代から軽い発達障害らしき異常のあった人や、軽い人格障害と言える人もいますが、一律に精神障害とする根拠はなく、ほとんど医学的には、美容のための性転換に近いものですが、本人の利益になるように、便宜的に精神障害の内としました。
この人達でも、生殖機能の大切を理解できない精神状態になっていれば、絶対的に精神異常と言えますが、ほとんどは本人が、たとえ意志に反して結婚し、意志に反して嫌々子供を作ってしまったと言い、自分は生殖機能を大切とは全然思わないと宣言したとしても、理解していると認められる精神状態ですので、問題ありません。

子供のいない性同一性障害では、正常な配偶子を生産しているにもかかわらず、本人が配偶子の保存を拒否すれば、絶対的に精神障害であると認められます。実際、それに相応しい精神症状が無数に観察でき、この精神状態では社会生活は困難であり、周囲の庇護がなければ生存不能であると鑑定できます。
これを性同一性障害であると診断して、精神障害の一種であるとするのは、けっして便宜ではなく、絶対確実な判断です。治療の結果、配偶子の保存に理解を示し、実行すれば、幾分、精神症状が軽快したと認められます。
【続きます】

342:2007/06/09(土) 14:56:23 ID:???
【続きです】
性転換医療では、少なくとも、生殖機能の大切さを理解できる精神状態でなければホルモン療法に入るべきでなく、心理療法によって、その理解水準を確保することが前提条件になります。
これを理解できない精神状態ですと、性転換しても社会的精神的な自立は困難で、周囲の庇護がなければ非行に走るのは目に見えています。現実には、他人や社会に非常な迷惑を掛けていながら、本人は何も迷惑を掛けていないと言いますので、言葉ではなく行動によって判断します。

精神障害者に対して、これが病的に異常な精神状態であり、精神障害に相当することを告知するのは、建前上の形式的な言葉なら、さほど問題ありませんが、その意味を詳しく説明するとなると、どうしても人間性の尊厳、社会生活の大切さ、命の大切さ、生殖の大切さなど、健常なら精神の発達とともに自然に理解してるはずの事を教えなければなりません。
烙印を押してしまえば、精神障害者は自殺することもありますし、非行に逃げ込むこともあります。烙印を押さずに、本人に理解できるように説明しようとしても、具体的な事実を突きつければ、かえって理解不能な精神状態を浮き彫りにしてしまうことにもなりかねません。
理解が足りないのでなく、発達が遅れているのでもなく、もはや理解不能であることを、はっきりさせてしまえば、本人の落胆はいかばかりかと想像できます。

私達の社会は、個人を中心とした自我社会の形式をとっていますが、根本のところは、他の生物と同じように、生殖を中心とした超個人的な社会です。個人の身体の生理も、同様に生殖を第一にするシステムになっています。
子のない成人が、生殖機能の大切さを理解できない精神状態は、単に個人中心の人間特有の契約社会と、動物的な生殖社会との、極めて人間的な人間特有の兼ね合いを理解できない精神状態であるだけでなく、人間をも含めた生物に共通のプログラムにまで、その個人の内側で相当な異常をきたしている精神状態と言えます。そこまで異常をきたしていると言うに相応しい精神症状が、実際に確実に観察できます。

配偶子の保存は、この精神状態をチェックするための確実な指標になります。子のない性同一性障害の当事者が、配偶子の保存を拒否したり、生殖機能の大切さを納得できなければ、自動的に性転換不能な精神状態であると認めてもいいでしょう。
生殖機能の大切さは、命の大切さに準ずるもので、命が社会を作っているように、生殖機能が社会の隅々までを支えています。この大切さを理解できなければ、社会の大切さを理解できないに等しく、精神状態は思春期未満の可能性が高いと言えます。そこまですでに退行しているか、最初から精神の発達がそのあたりで止まってしまっている可能性があります。
社会の大切さを理解できない精神状態は、子供だけでなく、いわゆるオタクや、ひきこもりや、登校拒否や、性的非行や犯罪を好む青少年にも多く、生殖機能の大切さを理解できない性同一性障害も、その一つと言えます。

以上、生殖機能に関する既存の考え方を、性同一性障害に即して解釈しました。子のある性転換者について、これを精神障害とするか、性別の変更を認めるかという問題においても、いつも根本的に議論されます。

性転換医療では、配偶子の保存を健康保険で行なうのが望ましく、たとえ嫌々ながら保存したとしても、性転換後の気持の余裕は計り知れず、代理母出産という次の有意義な人生の課題と希望を与え、性同一性障害に至った精神障害の治癒への重要な端緒になります。多くは発達障害です。
また、妻子のある性転換者の戸籍の性別を速やかに変更すべきで、生殖器の性別が変わったにもかかわらず、事務的に元の性別で暮らすのは、性同一性障害に至った精神障害の治癒を妨げます。多くは人格障害です。
女性から男性への性転換手術は、卵子の保存が実用化されるまで中止すべきです。現在の手術法に実用価値や信頼性がほとんどなく、実験動物の手術よりも劣ります。動物実験からやり直すべきです。

343:2007/06/09(土) 18:10:07 ID:???
>命は、絶対的に第一に大切です。
一行目から書いてあることが難しくてわかんないT_T

344名無しさん:2007/06/09(土) 19:51:34 ID:yfASWv8o
>>334
パニック障害様の症状を目撃した時、
もし解離しているなら、
発作の直後に、記憶の異変がありますので、
本人に発作の前と、発作中と、発作の直後の記憶を確かめて下さい。
解離していると、発作の直前と、発作の最後に、目玉の動きが変わります。
発作の直前は見逃してしまうかも知れませんが、発作の最後の部分の目玉の動きを観察して下さい。
発作中の応答が、上の空や、応答無しになることが少なくありません。
解離する人は、普段からチックの激しい人が多く、上半身全体のチックも見られます。
人との会話で、起承転結のある物語的な話や論理的な話をすることが苦手で、感嘆詞の多い感覚的感情的な話し方をする人が多いかも知れません。
解離の自覚は本人にありませんので、周囲の人が観察した事を本人に教えます。
もしも従順な人なら受診して医師に伝えますが、本人には自覚がないので受診しても医師に伝えず、医師は実態のわからない状況で、本人の言葉から薬剤を出すかも知れません。
解離性であるのとないのとでは、パニック障害様の症状に対する治療法が変わってきます。

345松永@夜逃げ ◆A4jsQTgi.Q:2007/06/09(土) 20:22:11 ID:???
まあよくそこまで研究してますね、うちの場合、栄養不足と貧血を起こしていた事も
あって点滴中看護婦の話し声が聞こえて来ましたよ。「あの人妄想入ってる」ってね(^^;;

こちらは人込みと医師から伝えられなかった突然の血液検査でパニックを
起こし、病室に引きずり込まれましたとさ。
昔からチック(体の一部にみられる繰り返す動きや言葉)は無いですが、軽い
LDを抱えていたんじゃないかな。特殊学級にも入れられなかったし。
特殊教育も他の成年障害者から言えば弊害だと言ってたしね。
うちが今行っている病院なら失礼ながらも統失やその位の方は見た目で判りますが。
何回か病院を見聞きしてるうちに純女m(__)mの入院・通院患者さんが「友達になって欲しい」
など話を持ちかけられたりしますけど、そう言った方の歩き方や話し方はやっぱりたどたどしい。
私も直接対面のコミュニケーションは不足しているけれど、直球で話すからね・・・

パニックでもいろんな症状の方がいる、普通の人でも誰にでもパニック障害は起こりえる
と思うんですが・・・友人にもイライラ時に足をガタガタさせる人はいますよ。

>>377
鴉さん、いつぞやはどうもでした・・・

しかしデパスの名を出したから黄泉に帰って(笑)書いたので、今後レボトミン
とかワイパックス、レキソタンなんて言い出したらどこかのDrと同じにしちゃうよぉ〜

346名無しさん:2007/06/09(土) 21:23:18 ID:yfASWv8o
>歩き方や話し方はやっぱりたどたどしい

それは、薬の副作用ですので、統合失調症の症状ではありません。
軽い人ですと、自分で薬を飲まなくなり、通院を怠りがちになります。
薬を断つと、歩き方や話し方のたどたどしさもなくなり、
一般の人には、区別がつかなくなります。

最近の非定型の薬剤では、そのような副作用が少なくなり、
しっかりと薬を服用していても、
昼間は、歩き方や話し方では、一般の人に区別がつかなくなりました。
朝晩は眠たくなりますので、識別できます。

347名無しさん:2007/06/09(土) 23:46:58 ID:???
>>345
チックの意味が多分、違うよ、()の中。
どこかの心理学の教科書では、そうなってるのかも。
でも、実用にならない、その記述では。 と思う。

348名無しさん:2007/06/10(日) 00:18:47 ID:???
>>347を書きました。もっと親切に書きます。

性同一性障害に関してのみ言うと、解離性障害を出しやすい人のチックは、
目尻、目頭から、口元にかけて、頬の筋肉を反射的に瞬間的に痙攣させるチックで、
ちぇっ! っと言う感じを堪えて、頬だけ無意識にぴくっとひきつる感じ。
上半身のチックは、悪寒がしてぶるぶるっと上半身が震える感じで、
気持悪い時や、嫌な事があった時に、上半身を大きく震えさせる。

それから、解離とは無関係ですが、妻子持ちのmtf性同一性障害の人に、特徴的に多い表情は、
一人笑いの、薄ら笑いで、人を嘲けているのか自嘲しているのか、どちらかの感じ。
この一人笑いの薄ら笑いは、同行者の印象に残る。
普通の人は同行者がいる場合、同行者との会話の内容に即して、
笑ったり、微笑んだり、人の陰口を叩いたり、あざけ笑ったりするが、
mtf妻帯者の性同一性障害では、会話の内容とは孤立した感覚で、一人笑いの薄ら笑いをする人が多いので、同行者の印象に残る。
性同一性障害以外でも、人格障害に多い特徴。

またmtf妻帯者の性同一性障害では、自慢や人の陰口がたいへん多い、という特徴もある。

チックの説明はここがいい。
http://health.yahoo.co.jp/katei/bin/detail?sc=ST110310&dn=2
トゥーレット症候群はここがいい。
http://square.umin.ac.jp/~develop/tou/tourette.htm
ドーパミンやADHDとの関係も基礎知識として知って置くこと。
チックはヒステリーとも関係が深く、性同一性障害の解離性障害とは、その関係で押さえる。
なによりも、性同一性障害の当事者の普段の行動の観察が第一。
それから、色々な精神障害の症例をたくさん見て、目を養うこと。
特に日常生活。
すると、性同一性障害を発症しやすい精神状況がわかってくる。

349名無しさん:2007/06/10(日) 00:43:29 ID:J.4a8rYw
>>345 は、繰り返す動きというところが、間違ってるんだよ。
反復性には違いないが、それは癖になっている、習慣のようになっているという意味なんだよ。
一回一回については、反射的、無意識的、痙攣的で、ぴくっと、一回きり。
ぴくぴくというリズムはない。
これが、ドーパミンを抑制すれば治るものだから、ドーパミン過剰のせいで直接筋肉が発作的に動いたと解釈する医師もいるが、
ドーパミン過剰から心理症状をきたして、間接的に筋肉の習慣的な動きを作ったと見たい。
大人でも、ヒステリーに多いよ。

350名無しさん:2007/06/10(日) 13:12:12 ID:eEQ1.z6c
性同一性障害の解離性障害について、確認しやすいのは解離性転換性障害です。
解離性健忘や、その他のタイプに近い曖昧なタイプの解離性障害も常習的に出ていますが、確認が難しいものです。
パニック障害に似た解離性症状は、性同一性障害でも非常に稀ですが、確認は容易です。

解離性障害は、傍観者として事実を直接知っていなければ、判断できません。
本人の記憶を、直接本人に尋ねて確認しなければ、判断できません。
推定では解離の有無を判断できませんので、必ず、事実と記憶の両方を知っていなければならず、診察室での診断は困難です。
本人の家族や友人が、事実の傍観者の立場になり、医師が彼らから聞き取ることも可能です。
事実と記憶が異なっていれば、次に、本人の記憶が嘘や演技や偽りの自覚のあるものでなく、真実であると確信している記憶であることを、本人との会話でそれとなく罠を仕掛けるように確認します。
この一連の作業が、解離性障害の診断に不可欠ですので、診断は容易ではありません。

解離性転換性障害や、パニック障害に似た発作では、症状が歴然とした行動に表れますので、現場に居合わせれば、事実を確認しやすいものですが、解離性のパニック状の発作は、性同一性障害でも非常に頻度の低い症状で、目撃するのは稀有です。

チック症状は、統合失調症と同じ遺伝子が関与していると見られている症状の一つですが、性同一性障害でよく見られるのは、顔面の運動性のものです。
上半身全体に及ぶものは稀で、音声的なものは一般の人と同じで、ほとんどありません。
顔面のものは、一回の発作が0.3秒ほどで、一般の子供には普通に見られますが、大人なら、まったく起こさないものですので、性同一性障害の大人で半日に1回以上目撃され、いつ会ってもその頻度で目撃されるなら、チックがあると言っていいでしょう。
一瞬ですので、相手の顔を見ていなければ、気づきません。
性同一性障害では、約30%の人がチックを持ち、一般の人よりも非常に多く、極めて特異です。

普通の人は、「それは子供の頃にあったが、大人になってからはない」とか、
「自分は一度も経験したことがないが、人のを見たことがある」とか言います。
チックの常習者は、「そんなの、誰にでもあるのではないか」と言います。
自身の経験から、大人になっても誰でもチックのあるのが普通だと思っています。

統合失調症の人は、薬を飲んでいれば、チックは出ません。
解離性の症状は、性同一性障害ではおそらく90%近い人が発症しますが、これも統合失調症やヒステリーや神経症などの遺伝子を持つ人に多いものです。

統合失調症とは、どんな病気かと、性同一性障害の人によく聞かれますが、もしも、拒食症や、リストカットや、アルコール中毒などを知っているなら、性同一性障害も含めて、それらに比較的共通した心理的な症状を、うんと重症にすると、統合失調症になります。
統合失調症になると、共通の症状のひどい症状だけでなく、別の症状が幾つか加わってきます。
これらの精神障害は、よく似た系統の遺伝子を素質的に持っていますが、遺伝的素質だけでなく、生活環境や、気持の持ち方や、生活習慣などによって、同じ遺伝子を持っていても、発症する人としない人、重症になる人と軽症の人との差が出てきます。
乳児の排便の躾から、すでにその差が出てきますが、幼児期か、遅くとも思春期までに、ほぼ決定されてしまい、後は何才までおとなしくしていられるかという我慢比べになってしまいます。
思春期や、20才前後や、結婚後の倦怠期や、更年期や、退職直後などに、我慢できなくなることが多いようです。

性同一性障害の人などは、遺伝的には、ほんの少しの素質しかなく、健常と言っていいほどですが、子供時代に、ほんの少しの素質につけこまれてしまうと、おとなになってからも、なかなか治らずに往生します。
睡眠や食欲や性欲や他人とのコミュニケーション能力などが、つけ込まれやすいところで、性同一性障害では主に後ろ二つに症状が出ます。
眠らず食べずに生きるのは困難ですが、性転換しても生きて行けますので、心配無用です。

351松永 ◆A4jsQTgi.Q:2007/06/10(日) 13:24:12 ID:EzS0cQmQ
ドーパミンを出してきたと言う事はある程度知っている人だね。
うちのパニック友人(GID者じゃない)もドーパミンの事を知っている位だから。

ただチックは置いておいて
>>mtf妻帯者
と書いて出して来るのには気になる。どこぞの掲示板のスレでも「松永は子蟻か」
と書かれていたのも気にくわない。このお方は子蟻叩きスレを率先しているとしか
思えない。
悪いけどその点が一番けたくそ気持ちが悪い。小梨でもこういったレベル張りする
事に頭が来る・・・

352:2007/06/10(日) 13:56:33 ID:???
子蟻叩きは今に始まったことじゃないけど、
ここしばらく増えてる気がする・・・
なんかのネガティブキャンペーンかと勘ぐってしまうくらい。

# そう考えると、確かにこっそりやってしまうのが
# 戦略的にはいいのかもしんない☆

353名無しさん:2007/06/10(日) 14:42:56 ID:???
鴉は松永にならんでもよかw 
見苦しすぎるから、やめとけw

354:2007/06/10(日) 15:02:34 ID:???
>>353 ??意味がわからん

355:2007/06/10(日) 15:06:37 ID:???
・・・あぁ、自作自演疑ってるんだったら、
この掲示板のコテハンの面々はそんな趣味もってないからご安心あれ。

# つーか、やってるほうが一番疑心暗鬼になるんだよなwww

356:2007/06/10(日) 15:17:17 ID:???
# というか、てっきり古いヒトだと思ってたんだけど、
# 電脳幽霊タンを知らないんなら最近のヒトなんだろうなぁ、、

357名無しさん:2007/06/10(日) 17:29:16 ID:F4mt995s
>>348のリンク、だいじょうぶでしょうか。心配になりました。

358松永@ ◆A4jsQTgi.Q:2007/06/10(日) 19:16:58 ID:???
厠に最後に書いてからほぼ1年経つし、知らない人も多いと思う。

その間特例法に関与した虎井さんも逢ったという某党の前議員とか精神
医療当事者(厚労省の精神医療にも関与している)のボランティア(また
6月に精神医療の全国放送のラジオ番組を再開するそうで)さんにも接触
出来ている・・・と、どこかのスレに書いていた筈(^^;;
古い所では2000年あたりに2ちゃねるのスレに名前が上がっていたし・・・

まあ、TSFJやとまとしゃん、いずみちゃんとの論争を知らない点では、現在の子有り、小無し
論議を比べていけないだろうけれど。

自称:ネット弁慶ですが、何か?(笑)

359松永@ ◆A4jsQTgi.Q:2007/06/10(日) 19:26:39 ID:???
あぁ、このPCではIDが変わるんだ、同じ接続回線で同じ2ちゃんねるブラウザなのに・・・
自作自演してまで叩きをやる人が自助グループの中枢にいるとなると
やはり距離を置いてしまう。だからこそいつも自分一人で動いているんだけど。

上は試しに書き込んだだけ、スルーしてちょうだいな。

360名無しさん:2007/06/11(月) 03:16:55 ID:XtoniuvA
>>357
>>348のリンクは、この人のチームの医師のページと思います。チックの記事の先生は知りませんが、トゥレットの先生はお子様が発達障害で、性同一性障害の発達障害についてもよく御存知の人です。

361名無しさん:2007/06/11(月) 12:28:32 ID:???
>>360本人がここに書いていました。もう書きませんが。

362Pam:2007/06/11(月) 18:07:39 ID:FVdceX5Y
トケイソウの花の咲く家の先生。 
キリスト教徒かなと思いましたが、違います。
パッションフルーツも時計草だけど、副冠がカラスウリみたいに髭になっているの。
お花のトケイソウと、果物のトケイソウと、どちらの花を綺麗と思うか、人それぞれだけど、
果物のトケイソウも、捨てたもんじゃないと思います。
果物のほうは、葉、茎に、大量のアルカロイドが含まれていて、
鎮痛、精神安定、抗痙攣、不眠の緩和、血圧の降下、ヒステリーやノイローゼの緩和、更年期障害等々、
薬用植物の本を見ると、いっぱい薬効が書いてありますけど、よく見ると、みんな同じ系統です。
モノアミン酸化酵素阻害剤として作用しますので、ドーパミンやセロトニンやノルアドレナリンやアドレナリンなどの、脱アミノ化を阻止して、それらが減少するのを防ぎます。
ヨーロッパでは、トケイソウの生薬が、ちゃんとした精神科の医薬品として認められていて、非定型の鬱病のお薬として使われていますけど、
幻覚剤や覚醒剤や興奮剤として、いわゆる合法ドラッグの原料にもなっています。
昔、ジュリエン先生が、あの人はパーキンソンが専門の神経内科医で、DBSもやっていましたが、
ドーパの発見とMAO阻害剤の発売が、同じ1960年で、早くからMAO阻害剤を使ってらしたのを思い出します。
生薬は、使い方が難しいので、素人は手を出さないほうがいいかもね。
トケイソウの先生の家、もう咲いているかしら。

363名無しさん:2007/06/11(月) 20:43:37 ID:XL184/5M
* 時計草の先生の家は、トゥーレットの先生の家ですか。

* チックの先生は、ヤフーのプロフィールに、
小児神経、臨床遺伝と書いてありますが、
性同一性障害の遺伝子のデータは、東大にありますか。阪大にありますか。

* 埼玉のデータは、東大に筒抜けですか。

* ヤフーの軽度発達障害の項目の執筆者も、同じチームですか。

* チーム名と医師の人数を教えて下さい。

* その他の医師を、すべて教えて下さい。

364名無しさん:2007/06/11(月) 22:36:30 ID:FVdceX5Y
野暮な、シツモン。 一番目は、その通り。
残りは、答える筋合いでないから、遠慮。

365名無しさん:2007/06/12(火) 11:21:43 ID:Nhanq6b.
情報が独占できない時代になっちゃったね
これまで知る由もなかった情報が
すべて摂取できない程、大量に流出してる
日本の、世界のこれまでの闇部、恥部がすべて

やはり人間は、死に際に、すべてを解き放ちたくなる衝動が
沸き起こってくるものなでしょうか?
しかも、その衝動が、即、こういった場所で満たせてしまうから
恐ろしいです。キャッシュは永遠に保管されます。
書き込むボタンを押したら、後戻りできません。

366脇チャン:2007/06/12(火) 18:12:32 ID:gf3lbtBo
年寄りのgidのスレッドが立つ以前から、この掲示板は精神障害者
に性同一性障害と称して性転換医療を実施した症例として、医療方
面で注目されていました。そこへ99%の医師の、性同一性障害や性
転換医療に対する見解を代表するような人士が、年寄りのgidと称
して乗り込んで来たので、多数の医師が注目していました。性同一
性障害を統合失調症未満のドーパミン系の精神症状と見ておられる
ようですが、以前から性転換医療に携わる医師も、統合失調症系か
鬱病系かの基準未満の精神症状と見て、精神病の発病を回避する目
的で性転換医療を実施していましたが、むしろ精神障害を固定し非
行に転落させる逆効果しかないのではないかと疑問視されていまし
た。ドーパミン系の発達障害を基礎疾患とする説は以前から最有力
でしたが、性転換を封じると統合失調症の発病に進行しないでしょ
うか。

367吉理:2007/06/12(火) 21:18:07 ID:???
>そこへ99%の医師の

医師じゃないじゃんwww。


以前、韓国に行った時にニセブランドの財布が売ってて、
「これホンモノ?」
って聞いたら、
「うん、99パーセントホンモノだよ」
って言ってたのを思い出したよwww。

368名無しさん:2007/06/13(水) 00:23:30 ID:k9Rd/3G2
おひさでござい。
あたしが書くとさ、茶々入れる子がいるから、島流しに遭いましたけど、
日本って、もともと島国だから、ふるさとみたいなもんよ。

あたしは、小学校五年生の時に家出しました。帰ってきたけどね。
それから何度も家出したんだけど、
当時は、性転換って、闇医療でさえなかったのよ。
母と一緒に、全国の医師を訪ね歩いて、
半陰陽の人の医療ルートに入れてもらって、
デンマークとか、スウェーデンの医師に手術してもらったんだけど、
戸籍の変更もできなかったし、性同一性障害なんて言葉もなかったし、
やること、すること、全部、自分で探し出してきて、
自分で、生き方を作りました。

でも、行き詰まっちゃった。
戸籍もないし、仕事も変な仕事ばっかりで、
あっちの男から、こっちの男へ、できるだけお金持ちばっかり狙って、
とっかえ、ひっかえして、暮らしていました。
たまたま、男性同性愛の人と知り合って、
その人が、エリート階級の、お金持ちの人ばっかりの付き合いの人だったから、
その人のコネで、拾い上げてもらって、職業訓練受けて、
法律とか、事務的なことも、みんな、そのグループの人に助けてもらって、
やっと、いっぱしの仕事につけたときは、もう30才になってました。
それから、30年間、仕事一点張り。
外国の仕事も覚えたしね。人生、幸せでした。

せっかく性転換したのに、GIDのコミュニティにいてたのじゃ、
性転換の意味、ないでしょう?
昔の遊郭で、朝まで女装でたむろして、
夜が明けると、遊郭から仕事に行ったり、
仕事さぼって、昼間っから遊郭に入り浸りになっていた人達と、
同じじゃない?

369名無しさん:2007/06/13(水) 00:25:37 ID:k9Rd/3G2
ドーパミンが主犯って、統合失調症が有名なんだけど、
ドーパミンそのものは、お薬でコントロールできるのよ。
でも、ドーパミン過剰のまま、脳が出来ちゃってるし、
ドーパミン過剰のまま、育っちゃってるから、発達障害になっちゃってるんよ。
ADHDとか、アスペルガーとか、学習障害とか、そういうのとは違います。
これはね、破瓜型の統合失調症の人の子供時代を、たくさん調べるとわかるの。
軽度の発達障害よりも、うんと軽い症状で、ふつうの親御さんは気づきません。
それに比べて、性同一性障害の人の子供時代は、
かなり、はっきりと、子供時代に軽度の発達障害の傾向があるので、
その分だけ、大人になってからの精神障害の症状が軽くて、
統合失調症にならなくて済んでるんですよ。

わかんないでしょう?
子供時代の精神障害と、大人の精神病や精神障害とを比べれば、わかるのよ。
子供時代に、登校拒否や、非行や、性別が違うとか言って、駄々こねた子のほうが、
ガス抜きになって、統合失調症になりにくいのよ。
登校拒否や、非行は、症状が軽いっていう意味。
自分で対処できるほど、症状が軽いっていう意味。
対処の仕方が悪いだけ。

ドーパミン過剰の状態で育っちゃうって、もう胎児の時からよ。
排便の習慣から、差が出るって書いていた人がいてたけど、
胎児の時から、悪影響の中で、脳を作っちゃうの。
それが、発達障害として残るの。
いったん、覚えちゃったことを、変更できないの。
これ、ドーパミン過剰の症状。
ふつうの子は、3才ぐらいの時に、自分は男の子だと思って、
そのまま、半年とか、1年ぐらい、過ごしてしまっても、
その後で、簡単に修正して、自分は女の子だって、思うようになるの。
でも、ドーパミン過剰だと、修正不能になっちゃうのよ。

性欲の対象も、そう。
思春期だけどね、ふつうの子は、みんな男女どちらとでもセックスできる能力を持ってるの。
どちらにでも、変更できるの、性欲の対象を。
ただ、文化的にノーマルな性欲の対象を持っている人は、
わざわざ変更する必要もないから、自分の能力に気づいてないだけ。
でも、ドーパミン過剰だと、これも変更できなくなるの。

ドーパミンって、
神経細胞の繋ぎ目の所で、電気が化学物質に変わる時の、
化学物質の一つなんだけど、
ほかにも、いろんな化学物質があります。
でも、神経の機能によって、どの物質をおもに使うかの差があるの。
ドーパミンって、性欲関係の神経の伝達物質なの。

性同一性障害の正体は何かって、神経伝達物質を探ってる人の間でも、
いくつか説が分かれたのだけど、
だいたい、ドーパミンがおもに関与してるみたい。
これは、薬剤の効き方と、遺伝子と、症状の出方と、動物実験から絞って行くんだけど、
昔の精神科医の人も、だいたい性同一性障害は統合失調症の系統だって、見ていました。
性同一性障害の人の子供時代の症状が、
統合失調症の人の子供時代に、ものすごく似てるし、
大人になってからの症状も、一見して統合失調症系の症状だもんね。

あ、もう寝ないといけない。じゃあね〜

370名無しさん:2007/06/13(水) 00:27:31 ID:???
>>367
>>366の意味は、そういう意味でないと思いますが。
医師の多数派の見解を支持する意見の持ち主という意味ではありませんか。
多数派という点を99%と表現しているのでは?
99%の多数派の医師の見解と読みましたが。
国語力を養ってから、投稿されてはいかがですか。

371名無しさん:2007/06/13(水) 00:28:28 ID:???
>>367
>>366の意味は、そういう意味でないと思いますが。
医師の多数派の見解を支持する意見の持ち主という意味ではありませんか。
多数派という点を99%と表現しているのでは?
99%の多数派の医師の見解と読みましたが。
国語力を養ってから、投稿されてはいかがですか。

372名無しさん:2007/06/13(水) 00:31:11 ID:k9Rd/3G2
↑新しい投稿が出ていたので、追加で書きま〜す。

無理無理。
吉理ってのは、だめ、この子の頭では無理ですよー

373小夜:2007/06/13(水) 00:38:48 ID:???
99%ってのはどこから出てきた数字?
実際に医師●●●●人にアンケート取って有効回答が…つー話なら理解
できるんだけど、いきなり99%の多数派と言われて根拠無しじゃ
まったく信用できませんが…

374名無しさん:2007/06/13(水) 02:02:56 ID:kYSydXqI
ドーパミン過剰によるメリットはあるのかな?

375H185:2007/06/13(水) 02:27:35 ID:yq9qnTxo
へぇ〜え、自作自演ばかりで、一体何がやりたいんだかね?

376名無しさん:2007/06/13(水) 02:57:52 ID:???
「気持ちの悪いスレは沈める」に1票!

377:2007/06/13(水) 07:32:36 ID:???
残さず食べるに例外を作りたくはありません。

378:2007/06/13(水) 07:41:58 ID:???
それはそれとして・・・。

タバコの常習性も一過性のドーパミン過剰から来るレセプターの麻痺による、
って説明もなされるようになって来てるのですがー・・・
もはや何でもアリだねぇ、、

379名無しさん:2007/06/13(水) 09:18:45 ID:???
ドーパミンの働き

私たちが日常何かをするときには、意識するしないに関わらず必ず何らかの動機が
その行動の背後にあります。ものを食べたり、ゲームをしたり、勉強をしたり、
スポーツをしたり、溝に落ちないように道路を歩いたり、あるいは朝起きて顔
を洗うといった習慣などにも煎じ詰めれば何らかの動機があります。生理学者が
行動中の動物の脳に電極を刺してどんなときにドーパミンニューロンが活動し
ているかを調べてみたところ、ドーパミンニューロンはそのような行動の動機
付けに関連して活動を増すことがわかってきました。私たちのまわりで起こる
さまざまな出来事がいいことであれ、いやで危険なことであれ、とにかく自分
にとって意味があって、何らかの行動を引き起こすような場合には必ずドーパ
ミンニューロンが活動しています。つまり、私たちは周囲の環境にに適応し、
学習しながら、生活するすべを会得していきます。言ってみれば人生は学習の
連続です。ドーパミンはそのような学習の強化因子として働いているのです。

380名無しさん:2007/06/13(水) 09:23:08 ID:???
ドーパミンが多すぎるとどうなるか?

ドーパミンが逆に多くなるのも良いことではありません。幻覚やパラノイア
(精神分裂病の陽性症状)が起こったり、発話や運動をコントロールできなくなって
、変な恥ずかしいことを思わずやったり口走ったりしますし(チック症やGil de la
Tourrette症候群)、不必要とわかっていながら同じ行動を反復する強迫神経症に
なったりします。また、薬物依存もドーパミンに関係しています。麻薬やコカイン
、アンフェタミンなどの覚醒剤やタバコなどはドーパミンを増やす効果がある
ため、その行動そのものが動機となって強化され、精神依存を作り出し、
やめたくてもやめられなくなります。脳から見るとタバコも覚醒剤も殆ど同じと
言っていいことが明らかになっています。

381名無しさん:2007/06/13(水) 09:27:58 ID:???
人間の「性欲」は調べてみると驚くほど奥が深いことに感心させられる。

実のところ、人間の男女の性欲についての科学的メカニズムの検証は未だ道半ば
ということが出来る。各学者・研究者の夫々の研究領域においての検証が主体で
あり、夫々の研究報告が、「性欲の各論」となって情報が分散、それを統合し
体系付けることが必要になってくる。

「性欲」は大きく二つの観点から考える必要がある。ひとつは専ら生殖・種の保存
を目的とした、本能(食欲・性欲・睡眠欲)としての「性欲」。そして、もうひとつ
が生殖と切り離された、人間のコミニケーションとしてのセックスにおける
「性欲」ということになる。
この二つの性欲を完全に分離して説明することは困難だといえる。なぜなら、
生物が本能として持っている「本能性欲」(造語)と人間がコミニケーションなど
のセックスにおける「大脳性欲」(造語)は、我々の脳の中で複雑に関係連携し合
っている「統合性欲」(造語)だからである。現在では性欲を本能とは言わず
「性衝動」という言葉で表現するのが正しいようだが、ここでは「性欲」で押し
通す。グロスマンによると、「性衝動」とは、「ホルモンと中枢神経」と「外的
刺激の総和」だと定義している。しかし、ここではやはり庶民派研究者らしく「
性欲」というものを解説してみようと思う。
http://www.enoplan.jp/sexindex/howtosex2.htm

382名無しさん:2007/06/13(水) 10:18:21 ID:kYSydXqI
でもここの人たちってなにげに情報通だよね
2chでも見た事無いネタ書いてる人がいるし

こういう日本の裏社会の現状も詳しそう、、、昔のGIDなんて特に…
http://oriharu.net/jjinsin.htm

383吉理:2007/06/13(水) 17:34:21 ID:???
>>371
つまり、
「最低100人の医師にアンケートをとって、その結果を元に99パーセントと言っている」
わけですか。

そっちのほうが非現実的だったので、367の解釈になったわけですがw。

384名無しさん:2007/06/13(水) 19:24:23 ID:iG9KtM4A
「竜宮の乙姫の元結いの切りはずし」を知っているだろうか。
正式にはカタカナで書くが、アマモの和名である。
六月に、実を結び始めたアマモの株を採取する。
水槽に移植し、完熟させてから、種を採る。
秋に種を蒔き、苗を作り、冬の終わりに、浅い砂地に定植する。
アマモ場の育成には、何種類もの技術や施設があり、キットやプラントになっている。
特許を持つ各社の売り込みが激しかった。
いいアマモ場を作れば、魚が育ち、豊かな海になる。
先週の花枝採取には、子供まで参加して、組合員総出になった。
船の上の胴付きゴム長の老人もいれば、スカートで海を歩く女の子もいた。
アマモ場の育成事業は、漁協職員の僕の仕事だ。
裸足の子供達に、100円のビーチサンダルを配って、ケガをしないように注意した。

385【1】:2007/06/14(木) 20:53:44 ID:cXI69B3E
【1】
GIDの子供時代は、非行が多くて、発達障害もかなりある印象です。
非行・精神障害などの、ハイリスク群と言えかもね。

統合失調症の子供時代は、一見、正常な子ばっかり。
これを見て、将来、統合失調症になる可能性が高いと見分けられる人は、
かなり詳しい人です。
若い精神科の先生には、できません。
1000人ぐらいの子供を見て、20才ぐらいに統合失調症を発病するか、
それとも、その他の精神障害を発病するかを、見極めないといけませんから、
最低20年はかかります。

ドーパミンを伝達物質にする神経は、思春期以後に活発になります。
性欲を催して性的快感を追求する神経は、ドーパミンを伝達物質にしていることが多いのですが、
思春期以前でも、胎生期から、この神経は機能しています。
思春期以前は、活動が目立ちませんので、異常のほうも目立ちません。

胎生期は、脳の器質そのものを形成する時期です。
脳は確実に、統合失調症になりやすい遺伝的素質によって惹される様々な異常に晒されて形成されます。
出生後も、3才頃まで脳の器質の形成が続きますが、
統合失調症では、器質の異常は微細で、発見が難しく、おもに機能の異常として表れます。
機能もまた、ある時期に形成され、その他の時期には変更不能になるものが、少なくありません。
統合失調症を起こしやすい異常な機能の半分は、3才頃までに形成されたもので、
思春期までは、あまり目立たない機能です。

異常な機能の一つに、数多くの神経伝達物質の、異常な放出や受容があります。
それぞれの神経伝達物質の間には、他の結果を見て調節するフィードバック機能があります。
一つの神経伝達物質の量を、お薬で調節して、統合失調症の症状がよくなったとしても、
その物質の量の異常が、統合失調症の原因とは限りません。
そのような神経伝達物質の異常に、ドーパミンの過剰や、グルタミン酸の不足があります。
実際には、神経細胞内の生成の異常や、神経細胞からの放出の異常や、他の神経細胞での受容の異常などを含んでいます。
統合失調症では、神経細胞のドーパミン受容体の機能を遮断して、
他の神経細胞から受け取るドーパミンの量を少なくすると、
ドーパミンだけでなく、他の神経伝達物質の量が変化します。
ドーパミンの量が、セロトニンやノルアドレナリンなどの、
他の神経伝達物質の量を決める時の、フィードバックの指標になるのが、
統合失調症の、異常な機能の一つです。

だいたいのところを言うと、統合失調症や性同一性障害では、
性欲神経優位の脳の器質が、胎児期から3才までの、脳の発達期に形成されてしまった可能性があります。
健常な人では、生物一般に共通の生殖機能を制御して、
人間特有の個体本位の社会生活を営むために、
人間特有の自我機能が形成されます。
統合失調症では、思春期以後に自我機能の障害が目立つようになり、発病に至ります。

386【2】:2007/06/14(木) 20:54:29 ID:cXI69B3E
【2】
統合失調症になりやすい素質の人でも、
実際に統合失調症になる人と、ならない人とでは、
子供時代の様子が、違います。
なる人は、健康な人と区別のつかない子供時代の人が多く、
かなりの専門家でなければ、将来を予想できません。
ならない人は、早くから、
統合失調症以外の精神障害を発症している人が多く、非行も多く、
子供時代に、軽い発達障害に似た症状を示す人も、少なくありません。

発達障害の子には、脳の器質に、子供時代からの異変が発見され易く、
基底核の異常が少なくありません。
性同一性障害の人は、統合失調症になりやすい素質を持ちながら、
統合失調症にならずに、子供時代から、非行や精神障害が多く、
統合失調症の人の子供時代と、はっきりとした軽い発達障害の子供との、
中間のような子供時代の人が多い印象です。

ドーパミンを抑制すると、プロラクチンが増えます。
ドーパミンは、神経細胞と神経細胞の間の、
ごく近い距離の、情報伝達を担う物質で、
プロラクチンは、神経細胞と、身体の細胞との間の、
比較的遠い距離の、情報伝達を担う、ホルモンという物質です。
神経細胞がホルモンを、直接分泌する場合もあれば、
ホルモン分泌のための、専門の組織や細胞がある場合もあります。
神経細胞が、それらのホルモン分泌組織に、情報を伝達するときは、
さらに、ホルモンの分泌を促すホルモンを分泌します。
もともと、生物の身体の中では、化学物質を使って情報を伝達していました。
よく使う化学物質の伝達経路では、
化学物質を出す側と、受け取る側の距離が遠い時、
血管のような道路を作って、化学物資を流す方法があります。
また、中継地点を数多く作って、
送り手と受取手の間の、距離を縮める方法もありました。
中継地点をたくさん増やすと、いつの間にか、送り手と受け取り手とが、繋がってしまいます。
こうして、神経という情報伝達経路が出来ました。
それぞれの神経細胞は、中継地点です。
神経細胞と神経細胞の間は、ごく近い距離になり、
神経伝達物質という化学物質が、情報を伝達します。
神経細胞の密集している所が、中枢神経と言われ、
尻尾から頭のてっぺんまで、細長く続いています。

387【3】:2007/06/14(木) 20:55:16 ID:cXI69B3E
【3】
ホルモンと神経伝達物質は、似たような由来を持っています。
昔の脳は、ホルモンの分泌腺の集まりでした。
その名残が今もあり、間脳と言われる脳の一部の、視床下部という部分は、
それ自身、多くの種類のホルモンを分泌し、
脳下垂体という専門のホルモン分泌器官まで、ぶら下げています。
脳が電気回路でなかった時代の、機能の一部が残っています。
視床下部から分泌されるホルモンの中に、
ゴナドトロピン放出ホルモンや、成長ホルモン放出ホルモンがあります。
男でも女でも、ゴナドトロピン放出ホルモンの分泌には、
パルスジェネレータと言われる周期性を作り出すシステムがあり、
女性では、サージジェネレータという月経周期のシステムもあります。
ドーパミンが過剰になると、このシステムが停止し、
女性では月経に異常をきたし、男性では不能になり、成長ホルモンが分泌されます。
エストロゲンが増えると、エンドルフィンも増えて、ドーパミンが抑制され、
プロラクチンが増え、成長ホルモンも抑制され、
ゴナドトロピン放出ホルモンが抑制され、エストロゲンが減るように作用し、
女性では、授乳中に妊娠しないようになります。
ゴナドトロピンは、性腺刺激ホルモンのことで、エンドルフィンは脳内麻薬の一つです。
乳房が痛いとき、ドーパミンを増やすお薬を使うと、痛みがなくなります。
エストロゲンとドーパミンとは密接な関係があり、
エストロゲンを増やせばドーパミンが減り、
ドーパミンを増やせばエストロゲンが増える人もいて、
統合失調症の治療に、エストロゲンを使うこともあります。
MtFの性同一性障害の人が、女性ホルモンがなければ不安になると訴える時、
どんな精神状態になっているのか、お薬の効き方によって推測すれば、
まず第一に、統合失調症と同じ仕組が、頭に浮かぶことが少なくありません。

ある18才の男の子は、身長165cmの、女性的な振る舞いの子でしたが、
20才になると身長185cmになり、統合失調症を発病して入院しました。
ドーパミンと、性ホルモン、成長ホルモンとの関係を示すモデルは、たくさんありますが、
実際にその子の脳の中で、何が起こったかは、誰にもわかりません。
確実に言えるのは、統合失調症のお薬で、見た目の症状が治まり、
この薬がなければ、生きて行けないが、
この薬を飲み続けても、統合失調症は、根本的には治らず、
長期間、薬を飲み続ければ、社会復帰が不能になるということです。

ドーパミンは、生殖に関する中枢神経の伝達物質に使われることが多く、
統合失調症では、必要以上にたくさん放出されるだけでなく、
長時間放出されて、なかなか鎮まりません。
人は、子供の時に、家族の世話になる生活を学習して適応しますが、
大人になるまでに、せっかく学習した甘えん坊生活を捨て、
新しく、自立して生きる方法を学習しなければなりません。
子供時代の生活習慣は、3才までなら、脳の器質を作っています。
母親のオッパイを飲み、母親と一緒に眠るのは、生命活動の根幹にかかわる大切な生活習慣でした。
健常な人なら、ほとんど自然のように変更されて、大人の生活に適応できますが、
統合失調症の人では、以前の習慣の神経回路が、持続的に興奮してしまい、
いつでも頻繁に使用し続けている状態になり、変更できなくなります。
以前の気持ちを持ち続けたままになりますので、
新しい習慣を身につけるのが、大変難しくなり、
母親のオッパイが恋しくて仕方ない気持ちのまま、
強がりを言って、大人の真似をしなければいけなくなります。
考え方や気持ちの変更が難しくなり、新しい学習が阻害され、融通が利かなくなります。

過剰にドーパミンが流れてしまいますので、
興味があって意識を集中すべき事と、まったく興味のない無関心な事との間で、
丁度いい加減な中庸を維持することができず、
思春期以後、身も心も、不器用になります。
極端から極端に揺れ動く中学生のように、
いつまでも反抗期が長引いているかのように見えますが、
やがて大人になる中学生とは違い、いつまでたっても成長しません。
大人になれません。

388【4】:2007/06/14(木) 20:56:36 ID:cXI69B3E
【4】
統合失調症でも性同一性障害でも、
すでに異常な状態で発達してしまった脳の器質や機能の中で、
一度形成されてしまえば変更不能なものは、
薬を飲んでも、手術をしても、正常にはならないことが問題です。
性同一性障害で、性転換をすれば回復するかのように思うのは間違いで、
すでに形成されて変更不能になっている異常な脳の機能のまま、
性転換という精神的身体的社会的負担に適応し、
新しい人生を作れるかという問題になります。

性同一性障害の人の中には、
性別を許容できない感覚だけがあるかのように誤解している人がいますが、
そんな感覚だけが、ぽつんと一つだけ表れることはありません。
性別を許容できない気持には、
必ず背景に性同一性障害以外の精神障害があります。
性転換後に性同一性障害の治癒した人が、たくさんいます。
いずれの人も、女でも男でも、どちらでもよかったと言い、
新しい性別の社会に適応して、
GIDのコミュニティに出入りすることもなくなり、
性同一性障害は錯覚だったとか、一時的な病気だったとかと言います。
子供時代に、箸にも棒にも掛からなかった人でも、
治ってしまえば、昔、はしかに罹ったような事を言います。
治らない人だけが、GIDのコミュニティに残って、
性同一性障害のための運動に、躍起になっています。
自然に治る人に、性転換治療をしたのは、間違いだったかも知れません。
性転換しても治らない人に、性転換治療をしたのも、間違いだったかも知れません。
性転換は美容手術と言う人がいますが、
子供のいない人が性転換を望む気持は、精神障害としか考えられません。
これは、現在、性転換医療を行なっている世界中の医師の、一致した考え方と思います。
性転換後に、自然に治癒する例を、性転換医療の成果と考えるかどうか、
性転換をしても、悪化する人も少なくありませんので、
性転換医療の評価は微妙かも知れません。

389名無しさん:2007/06/14(木) 22:57:28 ID:Zf5W2Avw
99%の事です。私が尋ねた500人程度の医師は、全員、性同一性障
害には基礎疾患があるとして、鬱病系か統合失調症系の疾患をあげ
ました。但しこれは、子のないGIDについてです。性同一性障害を
本体性の病気とする医師は1人もいませんでした。アンケートはと
りません。1ヶ月に2人の医師に尋ねれば、1年で24人。20年で480人
です。本人が望めば誰にでもホルモン注射をする医師がいますが、
そのような医師もまた鬱病か統合失調症を考えています。美容のた
めの性転換と考える医師は、美容外科の医師でさえ1人もいません。
99%としたのは、現に精神障害を患っている医師が5%程度います
ので、判断力のない医師もいると想定し、99%としました。精神異
常の医師を除外すれば、概ね100%で結構です。

390吉理:2007/06/15(金) 00:42:19 ID:???
よく分からなくなってるんだけど、
>>1は、

1.助けを求めている
2.自分の人生をただただ悔いている
3.たくさんいる脳内の鴨を引き連れて話すことがオナニーになっている

のどれ?

391小夜:2007/06/15(金) 10:17:28 ID:???
4.妄想の中に生きている人 に一票

392名無しさん:2007/06/15(金) 14:49:48 ID:UcCjGc1Y
Q. スリッパはどれを履いてもよろしい?

393淑子:2007/06/15(金) 18:11:20 ID:h9w4oL6k
ジュリ先生の家のポーポー、いましがた裏山に植えました。
鉢だったから、根がぐにゃぐにゃになっていました。
ごぼう根で、移植を嫌うので、鉢からごそっと出して、
そのまま、土ごと、すっぽり移植しました。根はいじらず。
去年、鉢でも咲いたそうですが、実をつけなかったそうです。
自家不和合らしいので、一本では結実しません。
そこで、我が家にお嫁入りになりました。
うちには、ポーポーが2本あります。
まだ小さいけど、来年ぐらいに花をつけます。
ジュリ先生の家のポーポーと、うまく行きそうです。
みーちゃんの息子さんが、車で持ってきてくれました。
晩御飯を食べて行きなさいって言ったのですが、
山に植えてくれて、そのまま帰ってしまいました。
収穫したばかりの大石早生を、たくさん持って帰ってもらいました。
みーちゃん、ありがと。息子さんと、すもも食べてね。

394名無しさん:2007/06/15(金) 19:48:33 ID:Vv1Qbh36
ナクロの人は、パーシモンのウッドを、本当に持って来た。
さすがに使わず、見せびらかすだけだったが。

ジュリ先生で思い出した。
彼女は後部座席にいつもパーシモンのウッドを、ぞんざいに放ったらかしていた。
なつかしいでしょ?

395名無しさん:2007/06/15(金) 22:11:43 ID:???
>>392

センターの図書館から清儒館にアクセスします。どれが誰の専用ということはなく、空いているのを自由に使えます。国のを使っていると、動きがとれなくなります。持参でも構いませんが、清儒館のを使うと、すぐに犯人を特定できます。

396コルセア:2007/06/15(金) 23:56:03 ID:fVgyzhcs
>>394 すごいねー 「僕」が妊娠して、子供産むなんて、前代未聞。
命の恩人のお墓参り、忘れずに。
それから、
漁協職員は、ゴルフをしてはいけません! 酒、飲むな。
結婚式、楽しみにしてます。おやすみなさい。

397名無しさん:2007/06/16(土) 00:31:47 ID:IQ3yG45Y
>>395
謝々。まだアクセスの方法を呑み込めていませんが、清儒館経由にします。
成育センターでも知っている人は僅かでは。

398名無しさん:2007/06/16(土) 02:47:36 ID:???
>>379-381
リンク先を読みました。
脳と、神経や化学物質との関係を学ぶには、脳の解剖が必修です。犬は無料で入手できますので、犬の脳を解剖します。脳の構造を詳しく知ってから、人間の脳を語ります。
経験豊富な優れた指導者の下で、約10名のグループを作り、学術的に計画的に無駄なく実習します。一部始終をビデオと写真に撮り、脳の切片からスライド標本を作り、残りはホルマリンで保存します。全員に詳細なレポートの提出を義務づけます。
脳の解剖を経験しなければ、脳の記事を読んでも理解が困難になりがちです。脳の解剖をお勧めします。
間違いもありますが、悪くない記事でした。

399:2007/06/16(土) 03:24:57 ID:???
それで .cn なのか、納得。

400:2007/06/16(土) 03:33:32 ID:???
Sick, tired and sleepless with no on else to shine for
Sick of all my distress but I won't still poor ;-

Symptoms are so deep
Something here's so wrong
N o t h i n g is complete
Nowhere to b e l o n g
I think I'd better stay here on my own
So spare me if you please ;-

401名無しさん:2007/06/16(土) 20:55:41 ID:AuECh8ns
今朝、タイサンボクの花が、きれいに咲いていました。
真っ白。
この花、雨や風で、すぐに花びらが傷ついて、茶色になってしまいます。
傷一つない真っ白な花って、蕾の時しか、見れないことが多いの。
開ききってしまうと、傷つきやすいのです。

モクレン科って、原始的なグループで、
どうして生き残っているのか、不思議に思うのですが、
蜜や香りも、去ることながら、
花の大きさで、人間の庇護を受けて、生き残ってるのかしら。

ヤマブキみたいにね。
町で見掛けるのは、黄色の八重ヤマブキですが、
道灌さんの歌のように、みのひとつだに無きぞ悲しきで、タネができません。
それでも、お花が奇麗なので、人に可愛がってもらって、大繁盛。

402名無しさん:2007/06/17(日) 23:17:20 ID:???
犯人、犯人って言うと、出てくる犯人って、
手を叩けば出てくる池の鯉みたいで、すごいなって思いました。
統合失調症系統の症状って、
犯罪に喩えて言うと、犯行声明を出さずにはいられない心理になるそうです。
わざわざ犯行声明なんか出すと、尻尾つかまれるのに、
それでも、出したくなるんだそうです。

性同一性障害のカミングってのも、それと似たような心理かな。
統合失調症系統の、系統って、なんですかって、質問してみたら、
たとえば19才の男の子が、発病して入院したとして、
保護されるって感じで入院する直前になって、
誰にでも精神病ってわかる異常になるんだけど、
入院の3ヶ月前とか、1年前とかでは、
もう、素人には、精神病とは断定できないのよね。
本人も、もちろん病識がないから、精神科に行くことなんかしないし、
もし、その時点で、
お医者さんが、その男の子の日常生活を知っていたとしても、
統合失調症の診断基準には、当てはまりません。
でも、精神科のお医者さんですと、ああ統合失調症の感じだなって、わかるそうです。
まだ、とんでもないことを、しでかしてもいないし、
はっきりと妄想ってわかる言葉も、周囲に洩らしてない状態です。

でも、結果として、この子は、3ヶ月後とか、1年後とかに、
はっきりと、とんでもないことをして、
誰にでもわかる妄想を、真実だと必死に訴えて、
保護されるように、病院に連れて来られて、
診断基準も満たして、はっきりと、統合失調症を発病しました。
そうなると、発病の3ヶ月前とか、1年前の心理状態も、
多分、統合失調症と同じ仕組の心理だったんだなあって、
ほぼ、確実に推定できます。

でも、3ヶ月前とか、1年前とかって、
まだ、とんでもない事なんか、しでかしてないし、
誰にでもわかる妄想なんか、周囲の人に言っていません。
本人には、自分が精神病っていう病識なんてないから、
精神科を受診することなんか、まず絶対にありません。

こういう心理状態のまま、精神症状が極端に悪化しないで、
統合失調症にならずに、病院にも行かずにいる人って、たくさんいます。
悪化して統合失調症って診断される人と、
悪化しないで、精神障害とも言われずに暮らしている人と、
どこが違うかって、知りたくなります。

精神科の先生が、もしも、その人の普段の日常生活を見ていると、
なんとなくわかるそうです、その違いが。
簡単に言うと、発病前の心理の奥底は、推定が難しいから除外して、
表面的な生活とか生活態度とかが、普通の人に近いほど、統合失調症を発病しやすくて、
なになに障害って感じに近い人ほど、統合失調症を発病しにくいの。
その代わり、なになに障害の疑いを持たれるけどね。
これって、受診しなければ、なになに障害でも何でもなくて、
普通の人と同じ扱いを受けて、普通の人のように暮らすことになります。
周囲の人に勧められて、素直に自分から受診した人だけが、
なになに障害っていう病名を貰えるのですが、
受診しない人って、本人は気持よくて、周囲は迷惑って状態になります。
子供時代から、かなりはっきりと、なになに障害って感じの人のほうが、
かえって、統合失調症にならずに、けっこう行けるそうです。

こういうのを、ぜんぶ纏めて、精神科のお医者さんには、
ああ統合失調症の感じだなあって、わかるそうです。
統合失調症と同じ仕組の、異常な心理状態ではないかって推定できるので、
素人さん向けに、統合失調症系統って言い回しておくそうです。

403名無しさん:2007/06/17(日) 23:19:02 ID:???
性同一性障害も含めて、なになに障害ってのが、
統合失調症の発病を予防するお薬になっているという見方もできます。
自前の脳の中で調達できるお薬だから、手軽と言えば手軽なんだけど、
性同一性障害だと、けっこうお金がかかるから、安上がりとは言えません。
本人だって、リストカットとか、アル中とか、麻薬依存症なんかだと、
けっこう身も心も、傷だらけになるし、
性同一性障害なんか、生殖機能をだめにしてしまいますから、相当な自傷行為です。
こういうのを、ぜんぶ、自前のお薬の、自前の副作用って見ます。
効果に比べて、副作用が大きいので、やっぱり、なになに障害ってことになるんだけど、
なになに障害が、自然のお薬になるんだったら、もっと積極的にお薬を増やして、
たとえば、性同一性障害の人に、性転換治療をしたらどうかって考え方も出てきます。
そしたら、もっと副作用が増えて、お薬としての効果は上がらなかったりしてね。

性同一性障害の人が、反対の性別の真似をするところまでは、自然発生的に起こったことだから、
本人自身の、自然治癒能力から、自前のお薬を作ったようなものだけど、
自分は反対の性別だと確信して、ホルモン療法や手術を求めるのは、
医療が作った文化だから、本人の自然治癒能力とは、ちょっと違います。
どんな文化でも起こる事と、特定の文化のもとでのみ起こる事とは、
やっぱり、根本的に意味が違うのではないかな。
自然治癒能力と言っても、多くは世間にぶら下がる感じになって、
お世辞にも、治癒とは言い難いのだけど、
とにかく、病院にも行かずに、自分の気持だけで対処できるから、
それはそれで、偉いことだと思います。
子供自身が、性同一性障害の文化的流行を知らずに、
自分の性別は反対だと言い出したとしても、
親のほうが文化的流行にかぶれていることも、けっこうあるそうです。

性同一性障害の人に、性転換医療の悪口を言うと、
腫れ物に触ったみたいに、噛みつかれることがよくあります。
その噛みつきかたが、発達障害とか人格障害とかの疑いを持たれる理由になったりします。
中学生の女の子が、夜遊びをして、母親に叱られると、凄い反抗的な態度をとることがあるのだけど、
26才のmtfが、その感じで、噛みついて来ます。
なんか、おかしいって感じますよね。
26才なのに、14才って、なんかおかしい。

19才で、統合失調症を発病した男の子は、
18才の時にも、あちこちで人と感情的に対立して、
以後、その相手とは仲直りできずに、発病まで行ってしまいました。
仲直りできない相手が、あちこちにいて、
好きな人が嫌なヤツと親しくしているので、とうとう誰とも親しくなれなくなって、
孤立して、自分から引きこもってしまいました。
その引きこもりの殻が破れて、積極的に弁護事務所に相談に行ったり、警察に投書したりするようになって、
人を中傷するビラを、自分の部屋の窓の外側に貼って、
包丁を持って、近所の人に大声で叫ぶようになったので、
母親が無料医療相談に行って、男の子は病院行きになりました。
なんか、三島由紀夫さんが市ヶ谷の自衛隊で演説したのに似ています。
仲直りできずに、だんだん孤立して行く様子と、
性同一性障害の人が、だんだん普通の社会生活ができなくなって、
性同一性障害のコミュニティを見つけ出して、
そこに、たむろするようになって行く様子とが、よく似ています。
最後にビラを貼って大声で叫ぶのと、性同一性障害の人がカミングするのとが、また、なんとなく似ているって感じ。

統合失調症の人って、退院した後も、人格障害のようなのが残りやすく、
性同一性障害の人でも、ある程度、年増の人は、たいてい人格障害って感じになっているそうです。
これがあると、一般社会に適応するのが難しくて、嫌われ者みたいになってしまうのですが、
性同一性障害の人の実態も、性同一性障害っていう錦の御旗を掲げるので、
周囲の人は、親切そうに世話をしてあげるって感じで、
ほんとうは、迷惑顔ってことが、よくあります。

404名無しさん:2007/06/17(日) 23:19:47 ID:???
心は反対の性別だなんて言うと、周囲の人には、見え透いた嘘にしか感じられません。
精神医学的には、心が本当に反対の性別であるかなんか、どうでもよくて、
常識はずれの事を、絶対譲れない真理のように確信して、
声を上げて自傷行為をせざるを得なくなる所へ、
自分自身を追いつめて行く精神障害なんです。
三島由紀夫さんが、右翼だとか、天皇を崇拝していたとか、そんなのはどうでもよくて、
あんな所でビラをまいて、演説して、右翼の服装を見せびらかして、
切腹せざるを得なくなるような、精神的な基礎疾患が、
統合失調症ではなかったのかと、よく週刊誌を賑わしました。

何かにしがみつかざるを得なくなる心理で、
溺れかかっている人が、発泡スチロールの箱につかまって、
太平洋をぷかぷか浮いている精神状態。
発泡スチロールでも、材木の切れ端でも、救命いかだでも、なんでもよかったのですが、
とにかく、早く助けてあげないと、死んでしまいます。
性同一性障害の人では、早く助けてあげないと、人格障害になってしまう感じかしら。
こうなると、助けてあげても、オカに上がった河童になってしまい、生きていけなくて、
結局また、自分から発泡スチロールを抱えて、井戸の中に飛び込んでしまいます。

ただの趣味として女装したり、ただのレズビアンだったりっていう人が、たくさんいるけど、
そういう人達の目には、仲間内で、頭のちょっとおかしな人に限って、
ホルモン療法を希望して、性同一性障害になるように見えるのだそうです。
自分は反対の性別だと言い出してしまうと、
あとは、子供の時から、その気持だったのに、辛抱してきたと言い、
できるだけ、子供の時の年齢を若く言ったほうがいいと思い込みますから、
たいていは、3才か4才ぐらいから、そうだったと自己主張します。
精神科以外のお医者さんは、それを聞いて、
3才か4才の頃からとすると、発達障害だったのだなあ、ADHDかなあ、アスペルガーかなあと、見当をつけますけど、
精神科のお医者さんが診ると、たいていは、本人が再構成した記憶のようで、
元ネタの記憶の断片そのものが、妄想ってこともあり得ます。
でも、母親と相談しても、妄想とまでは言える証拠がないので、
妄想かどうかは、どうでもよくて、
一種のヒステリーのようなもので、解離性障害だろうってことになるそうです。

ただの女装趣味の人や、ただのレズビアンの人から見て、
自分の性別は反対だと言い出す人の、どこが、ちょっとおかしいかって言うと、
気持にぜんぜん余裕がなくて、何かに追われているような精神状態に見えるみたい。
これは、性別のことを一切除外して、その他の事だけを観察しても、そういう気持に見える、という意味です。
必死に、自分でない者になりきって、今の自分から逃げようとしているのだから、
それだけ、今の自分が行き詰まっているのだけど、
ただの女装趣味や、ただのレズビアンの人の目には、
行き詰まっているのは、性別のことでなく、
さりとて、何か具体的な心の悩みでもなく、
とにかく今の自分の何もかもを、唾棄したい気持になっています。
この気持って、統合失調症の人の、発病前の気持と、よく似ているみたい。
本人は、自分を唾棄したいのでなく、周囲や世の中が間違っていると言って、
不正義を唾棄するんだって、自覚しているのですけど。

はっきり、わかるそうです、急速に頭がおかしくなってるってことが。
女装仲間やレズやホモの仲間と、喧嘩しやすくなって、
制止を振り切って、飛び出てしまって、ホルモンを始めてしまいます。
本人は、考え方の違いのように思っていますけど、
周囲の人の目には、考え方の違いでなく、頭がおかしくなっていると見えます。

発泡スチロールにしがみつくのだから、やっぱり命が惜しいのです。
だから、いろいろな症状が出てくるのだけど、
結局、命のために、生殖能力を切り捨ててしまうので、
蜥蜴の尻尾切りと同じかな。
人間の生殖能力って、切っ取ってしまうと、はえて来ませんから、
社会の助け合いを期待して生きざるを得なくなるけど、
性同一性障害の人って、社会との関わりかたがヘタクソですから、
一方的に、寄りかかることになって、精神障害に御理解をってことになります。

405名無しさん:2007/06/17(日) 23:21:07 ID:???
統合失調症って、お薬ができる以前の、
ドーパミンのことが、まだ知られていなかった時代から、
性欲に関係して、いろいろと症状の出てくることが、わかっていました。
おもに思春期以後に症状が出てくるのだけど、
思春期前からも、それなりに症状が出ています。
それを見つけるのは、精神科関係の専門の人でなければ、ちょっと無理だそうです。

性自認って、3才4才ぐらいで、
脳の性差って、おもに生まれる前の胎児の時に出来るのですが、
やっぱりドーパミンを伝達物質にしている種類の脳神経の働きが中心になります。
性欲の対象の性別のほうは、思春期みたい。

性自認や性欲の対象は、性転換後に、性同一性障害が治癒した人達によると、
40才でも50才でも、簡単に変更できるそうです。
性欲の対象のほうは、文化の違いによって、同性愛の流行が大きく変わることとか、
同性愛の人の、ほぼ全部が男性とも女性とも、セックスで感じることができるので、
変更は容易なはずだって、誰にでも想像できましたが、
実際に性同一性障害の治癒した人達は、
あんなの車を運転するのと同じで、
年をとってからでも、覚えようという気持があると、簡単に覚えられるって、のたまいます。

性自認のほうは、3才4才の性自認なんて、普通は、そのとき限りのもので、
小学校に入学してからの性自認とは、ぜんぜん違うそうです。
人間の社会生活では、小学校以後の社会的な性自認が大切で、
3才4才の動物的な性自認なんか、焼却処分にしても構わないとか。
乳歯のようなもので、どうせ生え替わるので、後生大事に取って置く必要はないのだけど、
性同一性障害の人は、その乳歯が大切だと言って、みんなに嘘を教えているそうです。
これも、性同一性障害の治癒した人の感想。
乳歯のほうを大切にして、永久歯のほうをペンチで抜いてしまうなんて、
まるでルイ14世みたいですけど、
統合失調症系統の精神障害って、それぐらいのことはやります。

性転換って、美容手術ではないかって言う人がいるんだけど、
タイの美容外科の先生でも、日本の美容外科の先生でも、
そんなことは、思っていません。
決定的な治療法のない精神障害の人に、生きるための道具を作ってあげるって感じなんだけど、
発泡スチロールの箱のことかな。
実際には、容貌容姿のパスしない人にも、無条件でホルモン療法に入ってしまいますから、
生きるための道具を作ってあげるって言うより、
お望み通りに海の中に突き落としてあげて、発泡スチロールの箱を投げて、
それにつかまって、一生プカプカやってなさいって感じかな。
そうでもしなければ、こんなの治療法がないから、
放っておくとゴミ袋からこぼれ落ちて、本人も社会も困るだけだって、
日本の美容外科の先生が言っていました。
さすがに、美容外科って、美意識を重んじるんだなあって感心しました。

こう言うと、容貌容姿とか体質とかの事かと、勘違いする人がいるけど、
基本は、生殖機能中心の、生理的な身体や社会のシステムと、
個人の命と責任を重んじる文化的な社会システムとの間で、
調停のつかなくなった異常な心が原因で、
その調停って、自我が受け持っているから、自我の未熟や異常っていう症状が出てきます。
でも、背景はやっぱり、ドーパミン神経が大人しくしてないっていう素質が、胎児の頃から脳を作ってきたから、
出来上がってしまっているものを修正するって、難しくて、
性転換後に治癒した人達の話では、この際、古いものを修正するのでなくて、
新しく英語を覚えて、アメリカに移住してしまうみたいに、
新しい性別の社会のルールを、始めの第一歩から学習して、
もう一度、赤ちゃんからやり直すぐらいの気持が大切だそうです。
外国語を覚える時って、幼時みたいに猿まねで、ぱくぱく口を動かして、
賢そうな日本語なんか、御無沙汰になったほうがいいみたい。
性転換したあとは、古い性別の事なんか忘れて、性同一性障害の事なんか忘れて、GIDの運動とか仲間とかも忘れて、
セサミストリートのマペットみたいに、新しい子供になって、
新しい人生を始めるほうがいいって聞いてます。
そのほうが、脳も心もフレキシブルになるんだって。
いちばんだめなのは、GID。TG。TS。
こいつが頭から離れないと、GIDになった経緯の精神異常も、頭から離れないそうです。
性転換って、転地療法のようなものだから、人心を一新しないと意味ないって感じ。
GIDの仲間を引き連れていたのでは、転地になりません。
年寄りのGIDの人、そうでしょう?

406名無しさん:2007/06/17(日) 23:42:13 ID:Ag9QIdog
他人の心の中に土足ではいっていって
それだけじゃ飽き足らずに
決めつけまでして
それから、それから、どうするの?

完全に普通の人って存在するのでしょうか?

私は、精神科医という職業自体が病んでいると思います。
実際の彼らの私生活を観察しているとそう感じます。
本人が一番自覚しているのではないのでしょうか?

407名無しさん:2007/06/17(日) 23:44:09 ID:Ag9QIdog
>>404
あなたは、あれですね
単に自分以外の存在を否定しているだけでしょう。
そうやって自分の存在を、生存を維持したいのでしょうけど
あれですね、人間として、生物として、醜いですねぇ…とっても、いやかなり…。

408名無しさん:2007/06/18(月) 13:44:11 ID:DtJqZJxg
>>406、407
私には、若い人に警鐘を鳴らしているように見えますが。

409H185:2007/06/18(月) 18:32:51 ID:.GAc6vpA
統合失調症の人って、普通の人から見て、すごい芸術的才能のある人に見えたり、
深い哲学的論理の持ち主だったり…すこともあるらしいね。
発病前は。
ここによく書いてる人は、その一種に見えなくもないんだけど。

発泡スチロールですか、うまく言うものです。
読んでると暗示にかかって自分も深刻なビョーキのような気がしてくるwww

410名無しさん:2007/06/18(月) 21:56:53 ID:Lv0ePJAM
あじさい、キレイ
雨降ってきたので、生き生きしてます
かたつむり、見っけ

411名無しさん:2007/06/18(月) 21:57:00 ID:nNH8bKK6
性格の不一致から離婚して、再婚した人がいましたが、同じタイプの男性と再婚したので、やっぱりと思っていましたところ、性格の不一致で再び離婚しました。
折角、離婚したのですから、前とは異なる性格の人と再婚すれば、心機一転できたかも知れませんが、前の夫を罵りながら新しい恋人と結婚し、前と同じように罵りながら離婚しました。

性転換せずに、元々の性別のまま海外に移住する治療法があり、文字通りの転地療法になりますが、新天地で言葉を習得し仕事を覚えなければならず、当分は性転換どころではありません。

海外移住ほどではありませんが、性転換手術を受けた後に、外国での仕事を経験するグループがあり、精子の保存と、性転換手術と、海外勤務との合わせ技で、性同一性障害の治癒に、非常に高い成績を残しています。
精子の凍結保存も、人生の絶大な安心感になったと、経験者に好評です。
希望者のみに行なわれる治療法で、協賛企業にも多数の障害者を受け入れる余裕がなく、一般的な有効性は不明です。

412名無しさん:2007/06/19(火) 02:06:29 ID:P/M.4bIE
失礼します。
>>406-407 >>409 の投稿者について。

本人は気持よくて、周囲は迷惑って状態(>>402の記事中)
自分から発泡スチロールを抱えて、井戸の中に飛び込んでしまいます(>>404の記事中)
それにつかまって、一生プカプカやってなさい(>>405の記事中)
放っておくとゴミ袋からこぼれ落ちて、本人も社会も困るだけ(同>>405の記事中)

この状態の人ではない?
自分の事を言われたと思い、頭にきているのでは?
皮肉や冷笑や誹謗中傷しか対抗手段を持たない自堕落な人生を送っているのでは?

ふと、そんな気がして、憐憫を覚えました。
>>402-405の投稿者にお願いします。
救済する手段はありませんか。

413吉理:2007/06/19(火) 09:04:07 ID:???
>>412
すべての他人の投稿のみに、反応しないことw

414名無しさん:2007/06/19(火) 11:22:51 ID:6Hsh9YVE
>>412
社会ってなんですか?
社会とは、いったい、何の事でしょう?人間の複数でしょうか。

社会というのは、あなたでしょ?

(それは社会が、ゆるさない)
社会じゃない。あなたが、ゆるさないのでしょう?
(そんな事をすると、社会からひどいめに逢うぞ)
社会じゃない。あなたでしょう?
(いまに社会から葬られる)
社会じゃない。葬むるのは、あなたでしょう?

汝は、汝個人のおそろしさ、怪奇、悪辣、古狸性、妖婆性を知れ!

415:2007/06/19(火) 18:34:06 ID:ftoebivM
のこちゃんの子、もう2才半なんだって。きょう、見に行ったの。
「ウンチしたいけど、やめた」て言うのよ。この子、賢いわ。

タケノコを一昨年、植えたそうなの。タケノコよ。
もこもこ生えてきて、竹藪になりそうな勢い。
「早く退治しないと、えらいことになるよ」て、竹藪退治の話をしてきました。
ぴゅーっと勢い良く伸びてる竹に、「竿竹にするぞー」て言ってやったら、
のこちゃんの子も、「さあだあにすうおー」て言ってました。
のこちゃんが、タケノコを植えたのは、のこちゃんだから。

養子に入った時に、ねむの木、植えたんだって。咲いてたわ。
これ、おっきくなるから、邪魔になるのに、あの子、変なのばっかり植えるんよね。
柏葉あじさい指して、テンダイウヤクだって言うの。
「テンダイウヤクは隣りのちっちゃい木よ、メグスリの木の前よ」て、教授してきました。馬小屋の娘は、庭木の名前を知らん。
うち、ピースとか、アンネフランク、咲いてるよ。バラ最終便。

416名無しさん:2007/06/19(火) 21:38:49 ID:???
庭の竹は根絶あるのみ!

417名無しさん:2007/06/19(火) 23:10:40 ID:s40LTU1k
のこは賢い。本家を掌握したと噂に聞く。28才で1兆円を支配下に治めたか。

418名無しさん:2007/06/20(水) 00:07:27 ID:hy4mPW1A
私の家では、シトラスが終わって、ミルトスが満開です。
みかんの八朔のことを、私の家では、シトラス、銀梅花のことをミルトスと言っています。
ミルトスはエルサレムでたくさん咲いていました。
恐い町でした。
葉っぱが、ローズマリーと同じ香りです。
遠くから見ると、満開のミルトスは白く煙って見えます。
おしべが長いから。
ネムノキも、遠くから見ると、ピンク色に煙って見えます。
これも、おしべが長いから。
今、咲いている木では、スモークツリーが、遠くから見ると白く煙って見えます。
これは、花が終わった後、花枝が細長く伸びて、煙になります。

エルサレムは思い出の町。

419名無しさん:2007/06/20(水) 07:05:57 ID:f2ux4ynI
>>412 人格障害状態になると治療法がなく、性同一性障害の場合、あとは痴呆を待つばかりになります。
痴呆から人格障害になるのは一般に多いのですが、なぜ性同一性障害では人格障害から痴呆になるのか、わかっていません。
統合失調症は、昔、早期痴呆と呼ばれていました。
一つの病気として纏めるときに、早期痴呆を重視し、現在の統合失調症と同じ病気を導き出してきた、ということです。
統合失調症は、放置すると痴呆になります。

ホルモン療法が原因ではないかとも言われれています。
頭の良かった人や、医師でありかつ性同一性障害であった人が、痴呆になる様子は痛々しい限りですが、性同一性障害の治癒した人では痴呆の発生率が一般と同じですので、必ずしもホルモン療法のせいとは言えません。
性同一性障害では、治癒してもホルモン療法を続けるのが普通です。
エンドルフィンやドーパミンなど、快感を催す脳内の化学物質のせいではないかとも言われています。
快感漬けが、統合失調症や、人格障害状態の性同一性障害の共通点です。
病識の無さも、これに由来します。
脳内麻薬漬けと言えますが、嫌な事に適応できなくなり、快い事だけに浸って生きて行こうとする生活態度が、麻薬中毒と同じ結果になるのではないかとも言われています。
人は本能のままに任せて置くと、誰でもそうなりますので、昔の人類は脳の老化や痴呆の訪れが早く、生殖育児を終えると直ちに老人になったと言われています。
発達期を終えた後の自我障害は、痴呆の前兆と言えます。

420シトラス・ミルトス (よこす):2007/06/20(水) 19:27:26 ID:7E/PcH0g
>>417
1兆円を動かせる立場って、お幾らぐらいチョロマカセられる?
年間、100億円ぐらい、軽い? 

>>418
童謡に、"みかんの花咲く丘"ってあったでしょう? 
ゲーテの、"ヴィルヘルム・マイスターの修行時代" の中の、ミニヨンって女の子が、"レモンの花咲く国"って歌っています。
ヨハン・シュトラウスや、ベートーベンやシューベルトや、リストやシューマンやヴォルフまで曲をつけています。トマの "ミニヨン" の中のアリア、"君よ知るや南の国" が、いいと思います。レモンってシトラスです。

君よ知るやレモンの花咲く国を、
ほの暗き葉陰には黄金色(こがねいろ)の柑子(こうじ)かがやき、
そよ風は青き 空より流れいで、
天人花は静かに月桂樹は高く立てり。
君よ知るやそを、いざやかなたへ、
いざともにゆかんいとしのきみよ ※堀内敬三訳

柑子は、果物のコウジミカンのことで、植物名としては、タチバナ(橘)を言います。橘は、絶滅危惧種ですので、植物園でないと見られないと思いますが、日本に自生する唯一の柑橘類だそうです。

でも、ゲーテの原文を検索すると、Im dunklen Laub die Goldorangen gluhn, ってなってますから、ただの熟した柑橘類のことみたい。

天人花はどうかな、誤訳と思う。ゲーテの原文は、Die Myrte still und hoch der Lorbeer steht?  わたしの思うには、多分ゲーテは、学名の Myrtus communis に相当する植物のことを、頭に浮かべてますよ。となると、銀梅花、もしくはミルトスって訳すのが正解。

因みに、テンニンカは Rhodomyrtus tomentosa のことで、フトモモ科(Myrtaceae) の、東南アジア原産の、Rhodomyrtus属の植物です。myrtus(ミルトス)という言葉が入っていますが、同じフトモモ科の、Myrtus属とは、また別の属です。

Rhodoはギリシャ語のバラの意味のrhodonを、ケルト語で形容詞化して赤いという意味のrhoddとして使います。英語のroseも、redも、フランス語のrougeも、ここから来ています。口紅は薔薇の花。
myrtusの語源は、ネットによると、西アジアからエジプトにかけてのセム系の言葉で、ヘブライ語やアッカド語までは遡れるそうで、苦いという意味。

421シトラス・ミルトス (よこす):2007/06/20(水) 19:28:11 ID:7E/PcH0g
月桂樹はシチューに入れたり、マラソンで優勝した人が頭に冠っているあれで、強烈な香りですから、ゲーテの詩は地中海沿岸の香り物ばかりです。ヨーロッパの人なら、お肉料理に欠かせません。あっちは、お塩とかお醤油とかを使わないので、お肉の味付けは、香りのする植物に頼ります。日本風に言うと、便所の香水みたいなのを使って、お料理を味付けします。

ドイツ語のLorbeerだから、英語のlaurel、ラテン語のlaurusで、素直に月桂樹でいいのですが、桂って翻訳している人もいます。桂って、Cercidiphyllum japonicum で、種小名を見ればわかるように、東アジア原産の樹木で、日本の木と言ってもいいくらい。どうして桂なのかしらって、思いをめぐらすと、牧野図鑑に、中国の桂は、モクセイのことだって書いてありました。モクセイって、キンモクセイでのことで、秋になると町じゅうに漂ってくる便所の香水の代表作です。植物の属で言うと、Osmanthus属で、オスマントルコのあのオスマンです。osmeは、ギリシャ語の香りとか匂い、anthosもギリシャ語で花、それをラテン語化して、属名にしています。種小名もfragransだから、説明不要。

昔、香りのある植物を、全部ジャスミンと言っていた時代がありました。アラビア人って、香りの成分を抽出するのがお上手で、完成品の香料をヨーロッパに売っていました。ヨーロッパ人は、作り方も原料も知らないから、何もかもジャスミンと言っていました。アラビア語です。これを求めて、大航海時代になりました。そういう時代の言葉の名残で、香料について、混乱した言葉づかいがあり、ゲーテの言うLorbeerは、ジャスミンのことで、中国語では、モクセイは桂だから・・・そういう翻訳でしょうか。誤訳です。
そんなことを考えていると、あほと言われました。月桂樹だから桂って翻訳しただけに違いないと・・・ くそったれ。

どうして植物の事を知っているかと言うと、若い頃にヨーロッパの樹木や花卉植物を買い付けていました。一鉢とか、一本ずつとか、日本でも育ちそうなもの、売れそうなものを、卸売市場で買います。せいぜい日本円で3000円ほどです。これを1000個ほど、一々買い付けて、栽培法を聞いて、植物検疫に回し、梱包して日本に送ります。1000個買っても、250万円ぐらいにしかなりませんが、1000個買い付けるのが、どれほどしんどいか、言うまでもありません。若いときは、こんな下っ端の仕事を、やらされます。年をとってくると、アメリカの大草原で、牛を100頭買って日本へ送るとか、小麦の契約栽培を取り付けて、収穫した小麦をロシアに売ったりします。とにかく仕事柄、植物の名前はよく覚えました。サカタのタネ屋とちょぼちょぼです。

ドイツでおこめを食べると、香りのついているのがあり、ギョッとします。ゲーテではありません。昔、"にがい米"というイタリア映画がありました。ヒロインをシルヴァーナ・マンガーノという女優が演じていました。それに似ていると言われたことがありますが、今、写真を見ても、お世辞にも美人とは言えません。胸の感じが似ているそうです。マンガーノ、マンガーノと馬鹿にされました。漫画って言うことです。昔は、漫画って言うと、あほ馬鹿ボケ間抜けと言う意味です。漫画漫画と言われて、悔しい思いをしました。男なのに、胸が女なので、漫画でした。

私は、>>418の忘れな草さんの記事の、シトラス、ミルトスから、ゲーテの詩を思い出して、香りの植物を思い出して、ドイツで食べた香りのおこめを思い出して、イタリア映画の"にがい米"を思い出して、漫画漫画と言われて笑われた青春時代のにがい思い出に、涙が滲みました。

422名無しさん:2007/06/21(木) 09:36:23 ID:XfRBidt6
ゲーテってフリーメイソンだったんでそ?

423名無しさん:2007/06/21(木) 12:19:04 ID:uVLocevw
『にがい米』のシルヴァーナマンガーノ見つけたよん
http://pserve.club.fr/RizAmer4.JPG
http://www.studioesseci.net/allegati/mostre/319/risoamaro.jpg
http://img5.allocine.fr/acmedia/medias/nmedia/18/36/19/84/18462163.jpg
http://www.argentic.fr/visuals/1262/visual-medium.jpeg

似てると思う。身体のでかさ。肩幅の広さ。ウェストの細さ。腰骨の広さ。太ももの太さ。
年寄りになって、ウェストが太くなって、何もかも、でかくなった。
考えてみると、ウェストの細さだけが、メリハリだった。

横須賀さんとこは、インタセックス系gidだから、体の外観が反対の性別そっくりなので、不適応になって、検査しても、インタセックスじゃないから、どうしたものか、で、性転換して、あとからこじつけのgidでしょ?

この人、ビスコンティの『ベニスに死す』の美少年の母親役じゃんか。
こんな女優、いたのか。

424名無しさん:2007/06/21(木) 12:38:26 ID:8zfP44f.
3枚目4枚目が似てる。顔までなんとなく似てきたきたきたw
マンガーノは、日本人顔でない?

425名無しさん:2007/06/21(木) 20:12:14 ID:GmSRYrRg
キンモクセイの香り(匂い?)について、稀ですが、gidの目撃例。
ある人は、40才を過ぎてから、ヘルペスが顔の神経に来ました。

ヘルペスウィルスには、何種類かの型がありますが、大人がひどい症状を出すのは、帯状疱疹と単純ヘルペスの1型と2型です。
帯状疱疹は、上半身や顔や耳などにひどい痛みのあることが多いのですが、軽いと気づきません。
単純ヘルペスの1型は、顔、特に口の周りとか、口の中に出来物ができますが、あまり痛くはありません。
単純ヘルペスの2型は性器にぶつぶつができますが、痛い人でもすぐに消えてしまいます。

どのヘルペスウィルスも、簡単に言うと、神経に住み着きますので、治ったと思っても、神経に一生、残っています。
大部分の人は、ヘルペスウィルスを、顔の神経とか腰の神経とかに飼っている状態で、普段は無害ですが、体が弱った時に神経を伝わって移動して、末梢神経の端から出て、性器とか、口とか、顔とかの皮膚に症状を出します。
精神的に弱ったときには、神経を伝わって、脳に入ることもあります。

そのgidの人は、ストレスで弱っていた時に、顔に帯状疱疹ができて、困っていましたところ、秋になってキンモクセイの香りを、おしめを洗う臭いだと言い出しました。
街じゅうがうんこの臭いだと言い出してから、引きこもるようになり、統合失調症になり、入院しました。
統合失調症の原因説の一つに、ヘルペスウィルス説がありますが、妊娠中に母親から胎児にヘルペスが感染したり、幼児期に感染して脳に入ったりするとgidになるという説もあります。

426名無しさん:2007/06/22(金) 00:39:09 ID:BEvoU5Gs
ヘルペス持ちの人があまりにも無知というのもありますよね
ウィルスだという認識がない人もいてびっくりします。
オーラルセックスなどで、口から性器ヘルペスに感染する人も多いですからね
女性などは妊娠でもすれば胎児にも影響でますしね
治癒が不可能なわけで、一生つきあっていかなきゃならない寄生虫なわけで
症状が出ている時に子供に口移しの食べ物を与えたり
ほんと無知な親が多いです。昔は、日本の全人口の7割ちかくが
ヘルペスのウィルス持ちだったそうですけど、今はだいぶ減ったそうですね。

感染しても発症しない人もいるし、不思議なウィルスですよね、ヘルペス。

427名無しさん:2007/06/22(金) 06:02:14 ID:9aThuDgs
>>425 
ヘルペスgid説は、統合失調症経由だよん
ヘルペス統合失調症説は、ドーパミン神経経由、自我障害経由、自律神経失調症経由、ヘルペス脳炎経由(辺縁系が侵される)だよん
ヘルペスは、神経内科で診るのよん 日本では違うけど、欧米では神経内科の病気

ひとりごと

性同一性障害は、学者さん(医学部の精神科の教授センセ)によっては、最初から人格障害の一種になってるよ〜ん 実際には人格障害は、統合失調症のなり損ないだから、よく似た仕組で起こるのよん どうしてなり損ねたかは、別途学説が必要 最初から人格障害ってひどい 子供の性同一性障害もいるのに でも、子供の性同一性障害は性転換しないのが普通なんよ

428名無しさん:2007/06/22(金) 13:05:04 ID:8EZqhHpE
神経内科得意です。ジュリ先生の指導を受けました。さあーっ、食べるぞー

429名無しさん:2007/06/22(金) 23:19:39 ID:KWpZMua2
唐突ですが、自分の性別は身体の性別とは反対の性別だとか、
この身体の性別は絶対に自分の本当の心ではないと、
家族の一人が言い出した時、残りの家族のなすべき事は、
まず、医師を選んでください。
この病気は、統合失調症の一種ですので、本人には病識がなく、
自分の病気について、
たんに世間一般とは違う考え方にすぎず、自由な思想や意見や生き方の範囲内だとか、
何か精神とは無関係の、身体の病気のせいで、
精神が二次的に被害を受けているだけだと言い、
精神は根本的に健康なので心を変更する必要はない、と言って、
心の内容を変更することを、一切拒否します。
この病気では、病気について、本人に判断能力がありません。

本人の言い出す事は、
未熟な知識で何処かの医者の断片的な言葉を借りてきたか、
この病気の実態を何も知らないマスコミ会社の従業員の言葉を強弁するか、
闇医療時代に性転換医療を行なっていた医師が、
自己弁護するために作った建前の学説の断片にすぎません。

家族の人が、いい医師を見つけだして、
まず性転換を阻止するように動いてください。
本人は、性転換のために人殺しまでしてしまうような心境になっています。
また、性同一性障害には、仲間同士の病人組織があり、
場合によっては、病人組織の人間が何人も家に押しかけてきて、
まるで、オカルト宗教の仲間が家族を脅すような状況になることもあります。
その仲間の中に、若い医師が入っていることもあります。
あるいは、医師自身が性同一性障害であるいう医師が混じっていることもあります。

これらの医師は、いずれも自分自身では統合失調症の薬を飲みながら、
自分の何処が病気なのか、自覚できない心理状態になっていますので、
信用してはいけません。

統合失調症は、電車の線路のような病気で、駅がたくさんあります。
同じ線路に、東京の都会の真ん中の駅もあれば、
北海道の田舎の駅もありますが、線路は通じています。
統合失調症という名前の駅は、この線路を代表するような大きな駅にすぎません。
この線路には、統合失調症という駅のほかに、
拒食症や、パニック障害や、リストカットや、アルコール依存症や、
人格障害や、性同一性障害などと言うような、たくさんの駅がありますが、
どれも同じ線路です。

また、同じ線路だから言っても、
東京の真ん中の駅から、北海道の田舎の駅まで、
乗り換えなしで、各駅停車で行くことはできません。
そんな電車は運行されていませんし、経営している会社も違います。

しかし、統合失調症と同じ線路だと言うことを理解できている医師を、
家族の人は選んでください。
けっして、性同一性障害という原因不明の建物だけが、
ぽつんと一つ、線路もなく、何処かの田舎に建っているのではありません。
また、線路の幅の異なる別の電車の線路の駅でもなく、
路面電車の駅でもありません。
統合失調症という代表的な駅の名前で言い表される線路に設けられた多数の駅の一つが、
性同一性障害という駅です。
何処に駅を作り、どの駅にどの電車が止まり、別の電車は通過してしまうかは、
社会的、便宜的、人為的、医学的な事情で決まりますが、
何処に何と言う駅があろうと、同じ線路であることを、よく知っている医師を選ばなければいけません。
性同一性障害という駅の建物の事情だけでなく、
この駅が何処にあり、どの線路にあり、何処の駅から何処行きの電車に乗れば、
性同一性障害という駅にたどりつくかを、よく知っている医師を選んでください。

430名無しさん:2007/06/22(金) 23:20:19 ID:KWpZMua2
本人は、性同一性障害という建物だけが、ぽつんと一つだけ新しく出来て、
新しい文化の発祥地のように思っていますが、
性同一性障害という建物を、この線路に設けたのは医療の側で、
電車の運行や利便性などの営業政策上、ここに性同一性障害という名前の新しい駅を作りました。
けっして、建物だけポツンと一つ建っているだけの文化センターではありません。
本人は電車の駅だということを知りませんので、誤って東京まで行ってしまわないかと心配する家族もいますが、
電車の乗り方に習熟していなければ、いきなり東京の統合失調症という駅まで行ってしまうことはなく、
途中でうろうろしている間に発見されるのが普通です。

ただ、統合失調症と同じ線路の駅だと知ったとき、
今度は一転して、性転換医療を行なっている医師を恨み憎んだり、
悲嘆のあまり、自殺したりすることがありますので、
少しずつ、統合失調症という線路のことを教えます。
家族の人も知ってください。
この線路の駅が、すべて同じ傾向の症状を持っている事を理解できるようになれば、
性転換医療が、本人も含めて、素人を騙すための誤魔化し医療だとわかるでしょうが、
騙しや誤魔化しが、必ずしも悪いのではありません。
本人の気持がよくなり、周囲も気持ちよくなり、命に別状なければ、それでいいのです。

残念ながら、統合失調症を根本的に治癒させることはできません。
ただ、発達期に性同一性障害を発症した時は、
まだ残っている心の成長の余裕の部分を使って、
統合失調症や性同一性障害とはわからないような生活形態にすることが可能です。
この病気は、遺伝的素質だけでなく、生活状態が発病の大きな要因になりますので、
線路が敷かれていて、駅があっても、車中心の生活をしていれば、鉄道と関わりなく暮らして行けるように、
精神病や精神障害と関わりなく暮らして行けるようになることも可能です。

まだ心の成長に余裕のある発達段階の人なら、
性同一性障害は、優れた精神科系の医師の治療を受ければ、必ず治ります。
残念ながら、すでに発達期を終えた人では、
性同一性障害を治しても、別の駅に移動してしまうだけで、
別の統合失調症の線路の駅という病名になる可能性が高いと言えます。
他の精神障害になるのと、
望みの性別に適応できず、元の性別にも適応できない状態で、ホルモン療法を続けて、
たとえば、スカートをはいたまま厚化粧をして出勤して、会社に迷惑がられて、
一生、自分のどこが精神障害か自覚できない精神状態で暮らすのと、
どちらがいいかという選択になります。

性同一性障害では、性同一性障害特有の症状だけでなく、
根本的には統合失調症という名の線路に共通の症状を持っています。
性同一性障害に嵌まっている間は、性同一性障害特有の症状しか素人の目には見えませんが、
精神障害をよく知っている医師の目には、はっきりと統合失調症と共通の症状が見えています。
この共通の症状は、遺伝的なもので、変えることはできませんが、生活形態によって、遺伝的素質に害されずに生活することが可能です。

何と言う医師が、性同一性障害の事を知らない医師で、何と言う医師が良い医師かは、個人名をあげて言うことを差し控えます。
一般に、年長の医師は精神障害全般についてよく知っていますが、性同一性障害の実態を知らない事が多く、
反対に若い医師は、流行の文化に乗って軽はずみな事をしますが、性同一性障害の実態をよく知っていることもあります。
ただし、精神障害についての知識や経験が足りず、
更年期以後になると、どのように症状が変化するか、老人の精神障害が若い頃のどのような生活形態と関係があるかなど、
年齢と共に変わる病態を知りません。
家族の人が優れた精神科系の医師を選ばれることを願っています。
本人には病識がありませんので、その能力はありません。

431H185:2007/06/22(金) 23:56:25 ID:PZiOkVQ6
ご苦労!

432mr..3:2007/06/23(土) 01:00:46 ID:mAhuAvNU
429
> 何と言う医師が、性同一性障害の事を知らない医師で、何と言う医師が良い医師かは、個人名をあげて言うことを差し控えます。
そんなけちくさいこと、いわないで、おせ〜てよ。

433虹 (1):2007/06/23(土) 08:27:38 ID:/ReGdsXQ
統合失調症は色々な症状のデパートだってことだけじゃなく、
統合失調症の症状は変体するって、わかってない子が多いのよね。
変体って、変態じゃないよ、蝶々が青虫から蛹になって羽が生えて飛んで行く変体ね。

たとえば一つの症状だけに着目するとします。
症状には識閾っていうのがあってね、ある程度軽くなると、ピタッと出なくなるの、その症状。
これを例え話で言うと、視力が0.01の人は、ほとんど見えてないのよね。
地下街を歩いてても、案内板が見えてないから、東京・大阪・名古屋の広い地下街だと、どこの階段を登ると、どこの交差点のどっち側に出るか、全然わからなくなって、方向音痴になります。
実際に歩いたことがあって、すでに知っている通路しか、地下街の中を通れないの。
ある程度以上、視力が弱いと乱視がひどくなって目玉が歪んでるし、視力や乱視の状態が変化しっぱなしなので、コンタクトレンズも眼鏡も使えません。
こういうのは、本人にはどうしようもなくて、身体障害の一種にならざるを得ません。
オウム真理教の麻原って人は、そんな状態だったみたい。

ところが、ある程度、症状が軽くなると、コンタクトレンズや眼鏡を掛けると、しっかりと物が見えるようになり、車も運転できるでしょう?
これは、譬えよ。だからコンタクトレンズとか眼鏡とかは、心のコンタクト、心の眼鏡っていう意味で、自分で心の持ち方を工夫して対処できるって意味です。
ある程度のところで、症状がピタッと出なくなるので、この一線を識閾って言うの。

でも、本当は、コンタクトを付けていると、つけっぱなしはできないので、時々、付け替えたり、薬品で洗浄して消毒しないといけません。
視力のいい人は、そんな事を知らないけど、コンタクトを使っている人は、そんな煩わしい作業が必要なんですよ。
ここでは、心の作業のことです。
眼鏡をつけたままでは、激しいスポーツはできないでしょう?
プールは眼鏡をはずさないと、監視員に怒られるし、お風呂も湯気で曇るから見えなくなります。
普段から時々レンズを拭いてあげないとだめだし、雨の日は傘をささないと眼鏡が水滴だらけ。
これも心の作業のことで、普通の視力の人は、そんな行動をしないけど、コンタクトや眼鏡の人は、そういう人に特有の心の作業が必要で、それが生活の邪魔になることもあります。

ある程度よりも、症状が軽くなると、自分で工夫を凝らして対処できるようになるので、心のコンタクトや心の眼鏡を掛けることで、目が見えてないような症状はピタッとなくなるのですけど、その代わりに、心のコンタクトレンズを洗浄したり、眼鏡を拭いたりするみたいな別の症状が出てきます。
心のことですから、心のコンタクトや、心の眼鏡は、人の目には見えないけど、洗浄したり拭いたりっていう症状は、行動となって表れて来るので、人の目にも見えます。

識閾以下では、別の症状になって表れて来るの。
このことを、統合失調症の症状は変体するって言います。

統合失調症の人には、お部屋の整理整頓ができずに、乱雑な人が多いんだけど、症状がひどくなると、ゴミの山の中に暮らしているような人も出てきます。
ゴミを捨てなくて、お掃除もできなくて、整理整頓もできません。
だから、10年も前のゴミまで、だいじに残してあるようになって、部屋の中がゴミだらけになり、ゴミの中に住んでるような状態になります。
捨てられないのよね。
要らないものなのに、捨てられない心。

症状がある程度よりも軽くなると、ぴたっと出なくなります。
しっかりと、お部屋の中を整理整頓して、いつも、どんなお客さんが来ても大丈夫なように、奇麗にしているのですけど、今度は逆に、何から何まで、いつも整理整頓して片づけなければ気が済まなくなって、子供にいつもガミガミ言って、整理整頓、片づけなさい、お掃除お掃除って、口うるさく言います。
いつでも、杓子定規に奇麗にしていないと、気が済まないの。
こういうお母さんって、ADHDっていう発達障害の子供のお母さんに多くて、ADHDもやっぱり遺伝するんだなあって言われています。
ADHDの症状調べて御覧、お母さんと見比べて、遺伝するんじゃないかなって、見当をつけられるようにならないと、統合失調症と性同一性障害とが一緒の病気だってことも、見当をつけられないのよ。

434虹 (2):2007/06/23(土) 08:28:35 ID:/ReGdsXQ
男性だと、自分の机の上に、本を一冊置いておくだけでも、きちっと机のタテヨコに合わせて、本を置かないと気が済まなくなって、5ミリでも歪んでいると、なんとなく気持悪いって感じで、気分が落ちつかなくなります。
統合失調症の人でも、ゴミの山の癖に、被害妄想があると、玄関に自分が脱いだ靴だけでなく、人の靴まで、1センチも狂わないように、きちっと揃えて整理整頓しますよ。
なんで、いつも靴を脱ぎ飛ばして乱雑粗雑な人が、奇麗に靴を揃えるのか、不思議でしょう?
でも、不思議じゃないんよ。

なんでも奇麗に整理整頓していなければ気が済まない気持と、反対にお部屋を整理整頓できなくてゴミの山になってしまう統合失調症の一つの症状とは、じつは同じ精神症状の、識閾の上と下と違いだってことを、よく知っていなければ、統合失調症の系統の症状って、なかなか理解できません。

性同一性障害の人は、自分達の言葉や行動は、統合失調症とは全然違うと思っているかも知れませんが、精神障害をよく知っている人の目では、同じ症状の重い例と軽い例の違いとか、ちょっとしたバリエーションにしかすぎないのですよ。
軽ければ、自分の心の持ち方を工夫することで対処できますので、識閾以上の症状は出なくなりますが、今度は、心の持ち方の工夫が、常識はずれの何かに固執することになって変更できなくなります。

統合失調症の人は、24時間パニック障害のようなものですが、識閾以下になると、たんにパニック障害と言われる症状だけのようになり、広場恐怖のように特定の状況下でのみ、パニック状態の心理になったりするの。
基本的には、統合失調症の典型的な症状の一部が、パニック障害なんですよ。

統合失調症って、ドーパミン神経が興奮しやすくて、長時間鎮まりにくいっていう症状とか、逆にドーパミン神経の興奮を鎮めるために、ほかの神経を総動員するんだけど、その神経の協調がどうも不調になるっていう症状とかがあります。
今年になって、カルシニューリン系の遺伝的素質を、理研の人が発表したんだけど、そこにフィルター機能がだめになるって症状が出てるの。
理研の言い方ではレイテント抑制があかんようになるって書いてるけど。
これは、ドーパミン神経がいったん興奮すると鎮まりにくいっていう症状と同じ事を言ってるのよ。
神経に情報が流れると鎮まりにくいってことは、いつまでも勝手に情報が流れ続けて、いつまでも使用中の状態になってしまうの。
だから気分転換できなくて、いっつも使用中の神経は、使用頻度が高くなって、しっかりとした太い回路になってしまうから、変更できにくくなるでしょう?
あの人は、ひょっとしたら私の事を悪く思ってるんじゃないかって、一瞬でも思うと、いつまでも勝手に思い続けてしまって、やがて関係念慮や注察妄想や被害妄想になってしまうの。
もう、その事はどうでもいいんだから、あの人の事は傍らにどけといて、別の事を考えるってのが出来なくなっちゃうの。
重要でないことをフィルターすることができなくなるってこと。

蝶々と青虫とが、同じ種類の動物だってことは、よく観察していないとわかりませ〜ん。
青虫も、一齢とか二齢とかがあって、何度も脱皮して変体します。
変態じゃないんよ、変体。
海に出たサクラマスはサケみたいにおっきくなりますけど、川で一生を過ごすアマゴは鮎みたいにちっちゃい川魚で、鱒寿司になります。
よく見てないと、アマゴとサクラマスと鱒寿司が同じかどうかわかりませ〜ん。
性同一性障害の人の普段の言葉や行動を見てると、まず間違いなく統合失調症と同じ素質の人。
でも、軽い。
軽いから、症状の出方が全然違うの。

435名無しさん:2007/06/23(土) 08:33:21 ID:pLCXrDU.
俺が最高!俺が最高!俺が最高!俺が最高!俺が最高!俺が最高!俺が最高!俺が最高!俺が最高!俺が最高!
俺が最高!俺が最高!俺が最高!俺が最高!俺が最高!俺が最高!俺が最高!俺が最高!俺が最高!俺が最高!俺が最高!俺が最高!俺が最高!俺が最高!俺が最高!俺が最高!俺が最高!俺が最高!俺が最高!俺が最高!
http://jbbs.livedoor.jp/news/3609/#1

436名無しさん:2007/06/23(土) 13:39:55 ID:3N0fhlJ2
キミは知らないだろうが、GIDは同じGIDの当事者でも、自分とは異なる意見のGIDを憎いと思うと、女性として暮らしているGIDの隣近所に、「あれは幼女にイタズラする変態男の要注意人物で警察もマークしている」と言い触らすのだぞ。隣近所だけでなく、周囲のスーパーマーケットやコンビニや自治会にまで言い触らし、相手がその土地に住めなくなるようにする。女性として暮らしている人が、そんな噂を流されると、これまで学校時代は遠い地方の男女共学の学校だったと近所の人に言っていたことが嘘だったとバレてしまう。会社でもあれは男だと陰口を叩かれるようになり、更衣室では誰も近づかなくなる。こんなことを実際に何人ものGIDが徒党を組み、あたりまえの事のようにやってのけた。

キミは知らないだろうが、GIDは放火殺人までやる。それを当人が盛り場のビルの地下の一室のバーで言い触らし、他のGIDは喜ぶばかりで咎めはしなかった。まだGID医療が公然化されていなかった時代の話だが、GIDは手綱を弛めると犯罪や非行の温床でしかなくなる。病識のないGIDはそこまで簡単に行く。仲間だと思っていたGIDの当事者組織が実は犯罪や非行に走る心を支援する組織だと初めて知り、それがきっかけで治療を受け治癒したGIDも少なくない。キミはそれを知っているか。これをGIDは健康人だから刑務所に入れて死刑にすればいいと思うか。それともGIDは精神障害だから、そんな馬鹿なことに走らぬように治療するのがいいと思うか。

437露パブ通いオヤジ萬さんの妄想スレ:2007/06/23(土) 22:11:28 ID:pLCXrDU.
ロシアパブの風俗嬢を妊娠させたとか自慢しているオヤジの妄想スレです… 可哀想なオヤジに声援送ってね!
http://jbbs.livedoor.jp/news/3609/#1

438名無しさん:2007/06/24(日) 13:51:40 ID:xpr7qVvU
>>272

1/100の根拠はなに

439名無しさん:2007/06/24(日) 16:38:57 ID:.JC21KQk
土曜日に小田原に行きました。ゴルフがお目当て。
一泊して帰りに、JRの根府川の駅を見たいと所望しました。
鉄道趣味か、と言われたので、いえ、建築趣味なの、と答えておきました。
友達が伝統民家や伝統的町並や明治大正昭和前期の建築物に凝っていて、
私もお付き合いで、趣のある古い建物が好きになりました。
諸般の事情から、昔の建物は、駅舎によく残っています。
訪ねているうちに、建物だけでなく、趣のある景色も好きになりました。
根府川駅は日本の駅100選に選ばれていて、風光明媚な駅です。
相模湾が一望できますが、東京に最も近い無人駅でもあります。
ゴルフ場の看板が立っていました。
送迎バスもあります。JRでゴルフに行く人がいるのでしょうか。
海がとってもきれいで、駅舎もありきたりで、しみじみと味わい深いものがありました。
主人に浮気させてあげるために、男友達にゴルフに連れて行ってもらい、
思いがけず一泊することになりました。
帰宅すると、ちゃんと小言を言われましたので、いつまでも夫婦円満の予感がします。

440露パブ通いオヤジ萬さんの妄想スレ:2007/06/24(日) 18:46:05 ID:Q9IMoxmI
ロシアパブの風俗嬢を妊娠させたとか自慢しているオヤジの妄想スレです… 可哀想なオヤジに声援送ってね!
http://jbbs.livedoor.jp/news/3609/#1

441∇ T M ∇:2007/06/24(日) 22:41:01 ID:JhQmfho6
∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇
ホルをやっている人間の99%はパスしない。遊びのためだ! 遊び人をgidから除外せよ。 
こいつらは遊びのままで仕事をしようとして、会社から文句を言われるとgidの診断書を提出して開き直る!
遊び人のための診断書を濫発する医学が悪い。即刻、医師免許を取りあげよ!
∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇

442名無しさん:2007/06/25(月) 12:34:12 ID:BGNfcan.
あなたの恋には理由がある

神経成長因子が恋する感情に作用=イタリア研究者チーム (ロイター) - goo ニュース

なんと!!人の恋する感情は、神経成長因子(NGF)という分子の働きが影響しているらしいです。

激しい恋をしてはる人の血中NGFは、恋もでけへん人の血中NGFりもずっと高濃度、なんだって。
ただし、同じ恋人との交際期間が1年を超えると、NGFの血中濃度は低下してしまうんだそうな・・・・。
つまり、恋の賞味期限は一年ということですか!!??イヤン

それにしても、血を調べればその人が現在「恋愛」しているかどうかが簡単にわかってしまう
という事実は、とても怖いことですよ??

学校や会社で年一回行われる健康診断。この血液検査項目に、
HGB(ヘモグロビン濃度)、WBC(白血球数)、PLT(血小板数)の他にもNGF(血中愛欲値)
が加わる日も近いかもしれません。

勉強もせずにセックスばかりしている生徒を、学校側は血液検査で知ることができます。
また、仕事もせずに不倫ばかりしている社員を、会社側は血液検査で知ることもできます。

あなたの血中NGF、いかほどですか??

443名無しさん:2007/06/25(月) 12:38:48 ID:BGNfcan.
ところで、もうこの人しかいないという人に恋をしました。
彼はごく普通の男性です。私は命をかけてでも彼と結ばれたいです。
結婚も恋愛もできなくてもいいんです。女性として認識してもらって
それで女性として告白してふられたいのです。存在を受け入れてもらえれば
それだけでいいのです。

今を生きたい。

年をとってから後悔するかもしれないし、ここに書いてある事読んでると
なるほどたしかに説得力がある部分もありますね。
だけど、私は、今を生きたい。もう恋するたびに何度も何度も先送りに
してきたし、これが最後のチャンスかなって思いました。

自殺するつもりで、トランスの道に入ろうと思います。
恋する分子を利用して、一気に駆け上りたいです。

444名無しさん:2007/06/25(月) 12:46:01 ID:BGNfcan.
神経成長因子の生体内産生を促進する食用植物成分を発見 2001年7月17日

宝酒造株式会社(社長:大宮 久)のバイオ事業部門は、明日葉(あしたば)、
ホップ、食用菊の花、ガジュツ(紫ウコン)などの食用植物の成分が、現代社会
において問題になっているアルツハイマー型痴呆症や糖尿病が原因の末梢神経
障害などの予防と治療に効果が期待される、神経成長因子(Nerve Growth Fac
tor : NGFと略)の生体内での産生を顕著に増強することを発見しました。 
これらの成果は和漢医薬学会(平成13年8月18日、富山)、日本生薬学会(平成
13年9月7日、金沢)、日本生化学会(平成13年10月25日、京都)で発表される予定です。

神経成長因子(NGF)とは

 神経細胞の誕生を促す作用、神経細胞の生存を維持する作用、脳の損傷時に修
復する作用、脳神経の機能を回復し脳の老化を防止する作用など神経細胞の生と
死に密接に関わるタンパク質です。従って、アルツハイマー型痴呆症や糖尿病合
併症の神経障害などの予防・治療に有効であると考えられています。しかし、 N
GFは分子量が大きく(118アミノ酸残基からなる分子量13,259のサブユニットが2
つ非共有結合した2量体)血液脳関門を通過できないため、脳への移行は困難です
。そのため世界中で、血液脳関門を通過できるNGF産生を増強する物質の探索が行
われています。

神経成長因子(NGF)は、前脳基底部コリン作動性神経細胞の神経栄養因子であり
、アルツハイマー型痴呆では同神経細胞の脱落がみられるところから、NGFの欠
落とアルツハイマー型痴呆との関連性が注目されるようになりました。

神経成長因子(NGF:nerve growth factor)。軸索(axon)の伸長および
神経伝達物質の合成促進作用がある。他の神経伝達物質とは反対にシナプス
後ニューロンから放出され、シナプス前ニューロンにより、その終末から「
逆行性」に取り込まれる。


恋をすれば、アシタバを食べれば、統合失調症にも効果あるってこと?
GIDもやわらぐ?

445名無しさん:2007/06/25(月) 12:48:22 ID:BGNfcan.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&d...

Entrez PubMed

逆ですが、日本人では恋人とキスをすると血液中のNGFが減るそうです。ネガティブフィードバックでしょうか?

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&d...

Entrez PubMed

心理的なストレスが大人のNGFレベルを変化させる。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&d...

Entrez PubMed

パラシュート降下のストレスはNGFを増加させる。そりゃこわいでしょから。

446名無しさん:2007/06/26(火) 00:35:51 ID:c6oh4Zz6
神経成長因子って、中枢神経で言うとさ、
樹状突起の伸ばしかたとか、消滅のしかたに関係するタンパク質なんだけど、
中枢神経の樹状突起って、脳の情報回路そのものだからさ、
健康な人だったら、ワケあって、そういう情報回路になってるのよ。
身体の器質とか、身体の機能とか、身体の傷とか、病気とか、
経験とか、記憶とか、考え方とか、生き方とか、生活習慣とか、個性とかね。

そういうワケがあって、そういう脳の情報回路になってるの。
無茶苦茶に、情報回路を作ったワケじゃないのよ。
つまり、無茶苦茶に神経成長因子っていうタンパク質を生産したワケじゃなくて、
一定の規則のようなものに基づいて、そういうタンパク質を生産したの。

まず遺伝子に規定されている規則。
次に、過去にすでに形成された脳の器質や機能によって規定される規則。
それに、一時的な経験や記憶の内容も影響すると思うの。

447名無しさん:2007/06/26(火) 00:36:17 ID:c6oh4Zz6
だからさ、そんなタンパク質を、無茶苦茶に脳にお注射すると、
それこそ、無茶苦茶に樹状突起ができたり消えたりしちゃって、
無茶苦茶な情報回路になっちゃって、精神障害になるんじゃないかな。

ドーパミンの受容対の機能を、一時的に阻害するトランキライザーを使っても、
脳の神経回路そのものは、変わらなくて、過剰に流れる情報を、一時的に抑制するだけよね。
でも、神経成長因子って言うタンパク質を、脳にお注射すると、
脳の神経細胞の樹状突起が、何の根拠もなく、伸びたり消えたりしちゃうから、
脳の神経回路そのものが、無茶苦茶に作られたり、壊されたりすることになって、人間を精神病にしちゃうんじゃないかしら。

脳梗塞のネズミで実験では、脳の海馬っていう記憶を司る場所にお注射すると、
神経前駆細胞っていう予備の分化前の神経細胞が、正規の神経細胞に変わって、記憶のほうも回復するんだけど、
ネズミの行動を観察して類推できる記憶って、人間の実際の記憶に比べると単純だから、
ネズミの実験だけでは、まだ人間に実用化した時の副作用は予想できないと思うの。
どうして記憶の内容が回復するか、システムが不明だから、無茶苦茶な記憶が出来ちゃう危険性もありま〜す。

448名無しさん:2007/06/26(火) 10:27:27 ID:eRSvPWeE
部分部分だけ見てたらダメってことか。。。
全体のシステムの流れをわかってないと、恐いかもね

449名無しさん:2007/06/27(水) 17:28:02 ID:13YzDFnk
>>446-447 これはBDNFと言われる脳由来神経栄養因子のことで、NGFと言われる末梢神経での神経成長因子の類似物と言っていいでしょう。いずれも神経栄養因子の一種で、化学的には幾つかの物質の総称です。

神経栄養因子は、>>446-447さんの指摘のように、神経細胞内でそれぞれの細胞の事情に応じて一定のルールを適用して生成され、神経細胞自身の変性に関与します。

末梢神経では、実際にこの物質を人為的に投与して、理由はともかく結果が良ければ実用の運びとなりますが、中枢神経では、それぞれの人格が神経細胞の成長や発達に由来します。樹状突起による神経細胞間の連絡網を、それぞれの神経細胞の事情を考慮せずに、一律に脳由来神経栄養因子によって形成するのは、脳の外科手術によって人間の人格を形成するよりも困難と思われます。

>>446-447 の記憶が回復したと言うのは間違いで、記憶能力が回復したと言うのが正解です。ネズミの海馬に人為的に脳梗塞を起こすと、海馬の細胞が死に、学習能力が低下します。そこで脳由来神経栄養因子を投与すると、神経幹細胞が神経細胞に分化し、学習能力も向上したので、死んだ海馬細胞の代わりに記憶に関与するようになったと推定できる、という東大チームの実験です。

450あじさい 1:2007/06/27(水) 23:35:20 ID:e63hNYE2
>>443
性同一性障害が治癒する人と、治癒しない人と、
その違いが薄々わかります。
性同一性障害が治癒するとは、
身体の性別を強く拒否したり、
性転換を強く望んだりするに至った基礎疾患としての、
精神障害が治癒することです。
治癒すると、性別の拒否や、性転換の希望が、
些細な事に感じられるようになり、
適応力が増し、性別への執着がなくなり、
日本人として生まれたなら、日本人のように振る舞い、
イタリアに行けば、イタリア人を見習い、郷に入れば郷に従うように、
現在の身体の性別がこれこれなので、
この性別の文化や慣習を受け入れ、感じ、行ない、考えるのを、
あっさりと実行できるようになります。

451あじさい 2:2007/06/27(水) 23:36:36 ID:e63hNYE2
ホルモン療法に入る前に治癒した人を、あまり知りません。
知り合う機会がないからです。
性転換手術を受けてから治癒した人を、数多く知っています。
治癒するには、容貌容姿体質でパスする必要はありませんが、
性転換治療が治癒の原因とは言えません。
治癒には、あくまで基礎疾患としての精神障害を、
うまく回避して生きる生活実態が必要で、
生まれながらの身体の性別と反対の性別で生きるのも、その一つですが、
実際には、生まれながらの身体の性別にも、反対の性別にも、
どちらにも適応できない生活実態になってしまい、
人格障害の袋小路に陥ります。

統合失調症では、子供の発達障害から、青年期に発病して、
治療の末に、人格障害状態になり、軽い痴呆になる人も少なくありません。
妄想を言わなくなるだけで、妄想の取れない人が少なくありません。

452あじさい 3:2007/06/27(水) 23:37:13 ID:e63hNYE2
社会復帰が遅れたために、人格障害が残ったと言う医師もいますが、
子供の発達障害を治療できないうちに、発達の余地もなくなってしまったのが原因のようです。

性同一性障害の治癒する人は、子供の発達障害の治癒する人で、
手遅れになると、人格障害になり、治療不能になります。
結婚後に性同一性障害になる人の多くは、ホモであるだけでなく、
すでに人格障害になっている人が少なくありません。

性同一性障害が治癒する最大の期待値は、
まだ発達する余地に等しいと言えます。

この掲示板に書いておられる人の数人は、
いま治療すれば、治癒する可能性が高く、
別の数人は、もはや治癒する可能性がなく、
このまま行けば痴呆にならないかと心配します。

453あじさい 4(終):2007/06/27(水) 23:37:54 ID:e63hNYE2
性転換治療を受けるなら、精神科の受診をお奨めします。
できるだけ、親兄弟に相談なさることを、お奨めします。
できるだけ、性同一性障害の治癒していない人やマスコミの言葉を鵜呑みにせず、
インターネットやマスコミの、性同一性障害の情報には、眉唾で接するのがいいでしょう。

精神科を受診するときは、性転換医療を指定せずに、
あくまで性同一性障害ではないかと思うが、
それを治したいと希望するのが得策です。
自分の場合、性転換は治療になるかと、精神科医に尋ねてください。
できるだけ、何もかもを話して、精神科医の判断を利用するのが得です。
自分の判断のどこが間違っているかを指摘してもらうのが得です。
多くの人は自分の事をどう思うかを、精神科医に予想して貰うのが得です。
性同一性障害そのものは、最近の流行ですので、よく知らない精神科医もいますが、
性同一性障害になる原因の精神障害は、昔ながらのよくあるものですので、
年配の精神科医なら、よく知っています。

454名無しsun:2007/06/28(木) 06:03:51 ID:45UwcEmk
お早うございます。
>>425
ヘルペスの件ですが、mtfのホルモン療法との関係で、
薬剤の副作用として、免疫異常や免疫力低下は、添付文書に書いていませんが、
多くの医師の経験から、mtfの卵胞ホルモン投与は、免疫力が低下するとのことです。
耐糖能低下による免疫力低下かも知れませんが、中枢神経に対する副作用かも知れませんし、脳血栓や肝機能低下によるものかも知れず、ステロイド一般に準ずるものかも知れません。
いずれにしても、ヘルペスウィルスは大喜びです。

>>450-453
痴呆の件ですが、卵胞ホルモンにより、
一般の人の痴呆が、通常より1.5〜2倍程度になることは、以前から知られています。
mtfの痴呆は、ホルモン療法に加えて、統合失調症と同様の要因かも知れませんが、
gidには人格障害が多く、いま一つ腑に落ちません。
65才以上の一般の人では、5%程度が痴呆とされることになっていますが、
mtfgidでは50%に達するかも知れません。

455名無しさん:2007/06/28(木) 06:57:50 ID:???
>>439   小田原の間中病院に知ってるセンセ、いますか。

456名無しさん:2007/06/28(木) 17:43:10 ID:q1ojJfV.
>>454
>痴呆の件ですが、卵胞ホルモンにより、
一般の人の痴呆が、通常より1.5〜2倍程度になることは、以前から知られています。

しかしこれはおかしい。
一般に女性のほうが痴呆にかかりやすいのは事実だが、卵胞ホルモンにより罹患しやすい
のではなく、閉経後卵胞ホルモンの急激な低下によって罹患しやすくなることが
わかっている。したがって米国では卵胞ホルモン補充療法がとられているし、わが国でも
卵胞ホルモン補充療法は痴呆の治療として浸透してきている。
女性においては卵胞ホルモンが痴呆の発症を妨害していることは認知症の発生メカニズムの定説。

457名無しsun:2007/06/28(木) 21:12:47 ID:???
>>456
承知しています。

女性ホルモンの使用について、昔は性のタブーがあり、
副作用が殊更強調されました。
このスレッドに書かれている年寄りのgidの若い頃は、
一般女性の更年期障害の治療や、避妊目的での使用でさえ、
禁止されていました。

性のタブーを守るために、副作用を強調しましたので、
性ホルモン剤は非常に危険であるかのような学説が、
積極的に紹介されました。。

       *****

女性ホルモンが自由に使えるようになったのは、
ピル解禁運動と、
更年期障害に対するホルモン療法の普及運動とによります。
女装する人達がハリー・ベンジャミンの説を吹聴し始め、
女性ホルモンを使い始めたのも、同じ頃でした。
つい最近のことです。

女性解放運動家や、商売熱心な産婦人科医などが、
性ホルモンの安全性と効用を強調する学説を、
積極的に流しました。
女装する人達も、その学説を信じました。

       *****

いずれも客観的に信頼できる学説ではなく、
文化運動を目的とする、いわば「為にする」アジテーションでした。
性同一性障害で言えば、
ホルモンシャワー説や、脳の性差説のようなものです。

学説は色々ありますので、
正反対の学説がある、という事をお調べ下さい。
どの学説が客観的な事実に基づくものであるかを判断するには、
どんな能力が必要かを、自分自身で知って下さい。

文化運動や営利目的の絡んだ学説は、信用性が少ないかも知れません。
>>456の人の御意見は、けっして定説ではなく、
ホルモン補充療法を普及して利益を上げようとする産婦人科医や、
女性解放運動家の宣伝学説のような気がします。
あるいは性転換治療を勧める医師の、自己弁護かも知れません。

       *****

mtfの性同一性障害のかたは、
プロギノンデポー(日本では富士製薬)を使っている人が少なくないと思いますので、プロギノンデポーの添付文書の一節を引用しておきます。エストラーナ(日本では久光製薬)、オバホルモン(日本ではあすか製薬)、プレマリン(日本では武田薬品)などにも、同様の記載があります。

*HRTと痴呆の危険性
米国における65歳以上の閉経後女性を対象とした無作為化臨床試験の結果、結合型エストロゲン・黄体ホルモン配合剤投与群では、アルツハイマーを含む痴呆の危険性がプラセボ投与群と比較して有意に高くなる(ハザード比:2.05)との報告がある。並行して行われた子宮摘出者に対する試験の結果、結合型エストロゲン単独投与群では、アルツハイマーを含む痴呆の危険性がプラセボ投与群と比較して有意ではないが、高い傾向がみられた(ハザード比:1.49)との報告がある。

記載の出所は

Writing Group for the Women's Health Initiative Memory Study Investigators:JAMA, 289(20):2651(2003)
*Shumaker, S.A. et al. : JAMA 289, 2651, 2003
*Rapp, S.R. et al. : JAMA 289, 2663, 2003

Writing Group for the Women's Health Initiative Memory Study Investigators:JAMA, 291(24):2947(2004)
**Sally, A.S. et al. : JAMA 291, 2947, 2004
**Mark, A.E. et al. : JAMA 291, 2959, 2004

詳しくは各製薬会社にお問い合わせ下さい。

       *****

外国の医師で、自分自身が性同一性障害のmtfがいましたが、
女性ホルモンは痴呆を予防すると言っていました。
その後、痴呆になりました。
しかし、女性ホルモンが原因ではないかも知れません。
彼女は、抗精神病薬を常用していましたので、
統合失調症による痴呆の可能性があります。
一般に、更年期障害でHRTを受ける人は、
発達期から統合失調症と類似の精神症状を持つ人が多いようです。

上の研究では、子宮摘出者についても、HRTで痴呆が多くなります。
性同一性障害の痴呆について、参考になるかも知れません。
説明が舌足らずで、申しわけありませんでした。

458名無しさん:2007/06/29(金) 00:27:00 ID:GaqvjgbQ
GIDに最適の「クスリ」があるとすれば、それは、社会自体が変わることです。
社会機能は正常、学校教育は正当という観点から、GIDという病気が「創造」され
ましたが、我々は病気にかかっているわけではありません。今の社会システムに
「属する」ためには、自分を殺さなければならないが殺しきれない---という問題です。
この状況にふさわしい名称は、「SFDS(Social Function Deficiency Syndrome
:社会機能不全症候群)」です。

459名無しさん:2007/06/29(金) 00:32:30 ID:GaqvjgbQ
残念ながら、世界の現状は、我々にとって不幸な状況が続いています。
医師たちの多くは、我々の潜在能力の高さに気づいていません。
それどころか、我々の「過剰な」想像力や創造性を、早い段階で摘み取らないと
「将来が大変だ」と考えます。そこで摘み取りきれなかった部分は、
学校が、そして社会が面倒を見る仕掛けが定着しています。
「悩める親たち」の横の連絡機構や、カウンセリングの組織もあります。
しかしそれらは、一部の例外を除いて、我々の本質を理解しておらず、
「障害」の大枠の中で対処しようとしているにすぎません。

「学会」というものもありますが、「リタリン」を投与して様子を見ようとする
医者(「潜在力の圧殺」に成功したとき「治療の効果があった」とされます)と
同様、本質が分からずやっているから、根本的な解決に至らないのです。

もはやこの現実に、従来の観念で対処することは不可能です。
我々が、巨大な「マス(塊)」として、有無を言わせぬ現実を
この社会に突きつけながら、頭の固い大人たちが最終的に目を覚ます機会を
与えてやっているとも言えます。

460名無しさん:2007/06/29(金) 00:36:26 ID:GaqvjgbQ
恐怖感… 最大の「モチモノ」といってよいでしょう。
同時に、「彼ら」にとって、これを「植え付ける」ことが、我々をコントロールする
最大の武器でもありました。死への恐怖、病気や別離への恐れ、地位を失う恐れ、
経済的苦難への恐れ、愛情や親密さを表現することへの恐れ、
自分の真実を表出することへの恐れ、失敗することへの恐れ等々。
すべて、「創造者」であることを「忘れてしまった」ことが根源にあります。
また、死への恐怖は、肉体が唯一の実在だという「ニセ情報」を信じ込ませられ
てきたことに関係します。

この3次元の世界では、表面意識から見て「予想外」のことが起こることは
多々ありますが、常に、原因は自分にあり、「何か必要な知らせ」が来たと
捉えるのが正解です。そうでないと、「創造者としての自分」の地位を放棄する
ことになります。たとえそれが、一見困難な状況であっても、自分としていま
何が出来るかを考えて、行動を起こせばよいわけです(恐怖心に駆られて走り出す
のでなく)。一瞬一瞬、常に状況を把握していて、「足が地に付いて」いれば、
その状態がすべてです。先のことを、あれこれ心配する「クセ」は、
「廃棄」すべき「モチモノ」の1つです。

この世で言われる成功や失敗は、すべて特定の観点または見解に過ぎません。
時代を経て、成功が失敗に変わる例はいくらでもあります。

そもそも、成功を追求したり、成功や失敗のレッテルを貼ることがおかしかった
のです。「成功願望」は、誤った価値基準の産物です。価値を規定するなら、
それぞれの人が、創造者としての体験を積んでいるプロセスだけが、
唯一の価値です。その価値を評価できるのは、本人だけです。目標を求めるなら
、その計画がヒューマニティ全体に寄与しているかどうかだけをチェックすれば十分です。

隠蔽と責任転嫁…。根源に「失敗への恐れ」があり、実際に「失敗した」と当事者
が認識したとき、隠蔽や責任転嫁が出てきます。したがってこれも、恐怖感の変形
であり、誤った価値基準を信奉した「ツケ」のようなものです。「失敗した」など
と認識しなければよいのです。すべてはプロセスであり、ゲームであり、それぞれ
に固有の価値があるのだから、「失敗」は存在しないのです。また、自分のジレン
マの責任を、外部に押し付けることは、力を放棄して外部に売り渡すことになるの
で要注意です。

もう一つ、隠蔽が出てくるケースは、幼少期あるいはその後に、両親、親族、
あるいは友人などに好まれ受け容れられてきた「セルフイメージ」と実態がずれて
きた(と本人が勝手に思い込んだ)場合です。「自己の真実」への直面を恐れてい
るわけです。「プロセスの価値」だけを信頼していれば、何の問題もないことですが…。

461くちなし:2007/06/29(金) 17:37:32 ID:???
>>458-460
病院でリタリン出されたこと、あんの?
あんた、このスレによう書いてはる子やろ?
どんな理由で、リタリン貰ったんか、気になったわ。
いつもの投稿の感じからすると、リタリンは、相応しくないと思うんやけど・・・お節介やね。
冷静な時と、妄想気味の時と、時々入れ替わるんよ。
リタリン飲んでから、この投稿書きはったのかな。
鬱っぽい時の状態を知らんから、何とも言えへんけど、
性同一性障害で、リタリンを使わんとあかん人に、ホルモン療法は考えにくい・・・
お医者はすぐにリタリン出すけど。
私の独断と偏見やから、信じたらあかんよ。
きっと治ると思うわ。
性同一性障害も含めて、なにもかも、きれいさっぱり治るから、
いまはじたばたせんと、ちんたらちんたらでええんとちゃうの?
        (根)

462くちなし:2007/06/29(金) 17:38:25 ID:???
>>456
あの人やと思うんやけど、この人も治りはるわ。
気持ちに、単純ミスとか早とちりが多いけど、基本的な論理機能は、まだ気まじめに動いてるやんか。
気が急いて、せせこましいとこで背伸びするのが、精神症状の原因かも知れへん。
年取ると、この人も、何もかも治るわ。

gidは、思春期に自律神経失調症の出はる人、多いんよ。
男の子やのに、更年期みたいに、ホットフラッシュ出て、真冬の氷張る寒い朝に、窓開けて寝はるねん。
学校の試験で頭使うと、カーッと来て、汗たらたらになって、考えてられへんねんで。
冬に、デパート入るの苦手で、電車もあかん、暖房もあかん、真冬も汗で、夏も汗、毛穴おっきい。
筋肉質で、ホルモンやるまで、ニキビ出て、女性ホルモンやっても、皮下脂肪つきにくくて、オッパイおっきくならない。
そのくせ、中学の時、オッパイ膨らんできたり。

25才30才ぐらいまで、続く人もいはるけど、
統合失調症になりやすい素質やのに、なれへん人に、青少年時代の自律神経失調症て多いんやよ。         (根)

463名無しさん:2007/06/30(土) 00:36:09 ID:???
>>456
ひどい誤解と思うよ。どこぞの産科医が一時言い触らしてエリザベスのTVにプレマリンを配給していたが、あの爺さん自称TGだが統失だったんだよなw

464名無しさん:2007/06/30(土) 13:35:00 ID:v2c.Zb7k
>>459の記事は、ADHDに対するリタリンの処方の事を言っているようです。子供時代にこれを処方されると、成人後もこれを求める傾向があります。ADHDはドーパミン神経の先天的な異常を疑う人もいますが、リタリンが抗鬱剤として使用されることからもわかるように、ドーパミンの再取り込みを阻害して、神経伝達物質としてのドーパミンの量を増やすことで、ADHDの治療薬として使われます。
統合失調症の陽性症状では、ドーパミンを減らせば効果がありますが、陰性症状という厄介なものがあり、これがしばしば鬱病と見まちがわれます。統合失調症発病として最初に発見されるのは陽性症状ですが、子供時代にADHDに似た様子が観察されることがあります。
ADHDの子供を見ると、動き回る、衝動的に行動する、持続的な注意をそそげない、整理整頓ができないなどの印象を受けますが、子供の3〜5%という発生率からして、人それぞれの性格の内ではないかとも思えます。
一見、これらは統合失調症の陽性症状を希釈したイメージに似ていますが、統合失調症の陽性症状は、現在では急性の一時的な発作的症状と言ってもいいほど、ドーパミンを減らす薬でよく抑えられます。有効な薬剤のなかった時代には、この発作的症状が長期間持続しましたし、現在でも薬の服用をやめると、そのうちに陽性症状に転じます。また服用中でも薬に対する耐性ができてくると陽性症状に転じます。
問題は陰性症状で、薬の副作用による見まちがいもありますが、陽性症状で発病が発見される以前には陰性症状を長期間経験しているのが普通です。薬剤のなかった時代にもありましたので、陽性症状よりも、むしろ陰性症状のほうが統合失調症の本体で、症状の程度が一定の限界値を超えると耐えきれずに陽性症状に転ずる可能性があり、陽性症状だけしか説明できないドーパミン仮説よりも、最近は他の仮説を求めるのが流行です。
ADHDの子供の様子を極端にすると、統合失調症の陰性症状になるはずで、多動という側面に捕らわれて統合失調症の陽性症状の希釈液ではないかと見たのは早計だったのではないという考え方も出てきて、最近ではADHDの治療薬としてリタリンを使いドーパミンを増やして様子を見るのがお決まりのコースになっています。
ADHDやアスペルガーなどの子供の発達障害と、思春期後期以後の統合失調症との関係は微妙です。一般に統合失調症の診断は、過去も現在も陽性症状を確認できなければ不可能ですので、まだ陽性症状を発症したことがなく、陰性症状だけの状態では、ほとんど自動的に統合失調症以外の精神障害に振り当てざるを得ません。
統合失調症の人の子供時代には、ADHDやアスペルガーなどの発達障害と診断できるようなものは少なく、けっして落ちこぼれでなく真面目で優秀な人が目立ちます。明確な発達障害が統合失調症に進行する可能性はほとんどなく、多くの性同一性障害のように、子供時代に発達障害よりも一層華々しい落ちこぼれに類似した非行を体験している人が統合失調症を発病することも、けっして多いものではありません。一部の研究者は子供の性同一性障害にアスペルガーが多いとしていますが、成人の性同一性障害や家族の話から、子供時代のアスペルガーを推定できる例はほとんどなく、ADHDと推定できる例さえも多くありません。

465名無しさん:2007/06/30(土) 13:38:16 ID:v2c.Zb7k
それにもかかわらず、ADHDやアスペルガーと、統合失調症や性同一性障害との関係が問題になるのは、何よりも症状が似ているからです。統合失調症では薬を止めるといずれ陽性症状が出てきますが、ADHDやアスペルガーではそのような事は起こりません。しかし統合失調症の発病前の陰性症状では、長期間、薬がなくても本人は辛抱してきました。その時の症状がADHDやアスペルガーや性同一性障害によく似ています。
欧米では統合失調症の症状として、性同一性障害が知られる遙か以前から、自分の性別は反対の性別だと言い出す人がいましたが、日本では文化的な違いから、江戸時代や明治大正期に統合失調症の症状として、性別が反対だと訴える患者はいませんでしたので、戦後に性同一性障害が流行し始めるまで、性別が違うと訴える精神症状は解離性障害以外にありませんでした。性同一性障害では、解離性障害が広く一般的に出ますが、これは統合失調症になれない人がよく出す症状で、統合失調症の発病を予防する効果があります。
また統合失調症の子供時代には、非行や落ちこぼれがなくとも、周囲と協調できず心身症の出やすい傾向があり、ドーパミン神経が活発になる思春期以後、ひきこもりやすくなります。性同一性障害も思春期に発症しやすく、周囲との協調が苦手で引きこもりやすく、解離性障害や心身症の出やすい傾向があります。
統合失調症ではドーパミンを減らすことで陽性症状を抑えることができますが、性同一性障害やADHDではリタリンを使いドーパミンを増やす人がいます。統合失調症の陰性症状では、前頭葉のドーパミンが減っていると言われていて、セロトニンを減らせばその部位のドーパミンが増えて、陰性症状に効くと言われています。非定型の統合失調薬は、パーキンソン病様の副作用をなくすために、ドーパミンを減らす作用を少なくし、同時にセロトニンを減らして陰性症状に効くようになっています。
統合失調症の症状には、明らかにドーパミンが過剰になることにより起こる陽性症状と、ドーパミンの過剰を抑え込むために、ドーパミン神経以外の神経が協調して機能する能力が不調になる陰性症状とがあります。ドーパミン神経が活発になり興奮することを、動物的本能あるいはその中でも特に生殖本能と言います。ドーパミン神経以外の神経が協調してドーパミン神経の興奮を抑え込もうとする機能のことを、人間特有の能力あるいは自我と言います。どちらの症状の原因にも、遺伝的素質と、胎児の頃や幼児期などの過去にすでに形成されて変更不能になってしまった脳の器質や機能と、現在あるいは現在に至るまでの生活状況や考え方などがあります。自我に異常の出る症状を自我障害と言い、統合失調症の主症状とも言えます。
あまり飛躍したことを言うと顰蹙を買いますので、これまでにしておきますが、>>459>>458-460)のリタリンの記述はADHDや統合失調症の陰性症状との関係ではないかと思いましたので>>461>>461-462)の関連で書いて置きました。

466名無しさん:2007/06/30(土) 16:03:57 ID:???
>>464 これ、「か」が脱けてるよ、きっと。
「早計だったのではないか」の、「か」脱け。

467名無しさん:2007/06/30(土) 18:54:36 ID:v2c.Zb7k
>>464「か」抜けでした。訂正してお詫び致します。

468名無しさん:2007/07/02(月) 12:18:26 ID:sXGS3P8o
むかしむかし、養子をもらって子育てを始めた時、
うちのお母さんは、オッパイを飲ませるのか、人工ミルクなのかと、わたしに聞きました。
わたしは半陰陽じゃないって、何度も説明してきたのに、
やっぱり、お母さんは、半陰陽と区別がついてませんでした。

その頃、日本の性転換手術は、まだ、お医者さんが逮捕される時代で、
性同一性障害という言葉もありませんでした。
半陰陽を診てくれている医師が、当時、ホルモンを始めた女装の人達に、
半陰陽の事を説明して、インターセックスというカタカナも紹介しましたが、
だれも、興味を持ちませんでした。
戦前から、結婚や妊娠出産のガイドブックには、かならず半陰陽の事が記述されていましたから、
これを知ろうとする気持ちもなくて、わたしの心は女だとか、身体は男に生まれたけど、心は女なの、などと言っても、
取って付けた嘘だと、すぐにわかりました。
ほんとに、そういう気持ちなら、中学生にもなると、必死になって、本屋さんや図書館で調べるものですが、
ほんとに、必死になって調べたアホがいて、わたしでした。

469名無しさん:2007/07/02(月) 12:18:54 ID:sXGS3P8o
その当時、女装の人達に、半陰陽のことを教えた医師は、御自身が、半陰陽の人で、
平安時代や鎌倉時代の昔から、宗教的に半陰陽に対して、特殊な信仰を持つ密教の、最高責任者の家に生まれました。
神道や仏教や、中国やインドの民俗宗教では、半陰陽が信仰の対象になるそうで、
江戸時代以前から、外科手術も行なわれていて、人工的に半陰陽を作ることもあったそうです。
現在の性転換医療と同じことになりますが、そう言えば、上杉謙信が半陰陽だったという説もあります。
明治以後は、西洋医学に乗り換えましたが、半陰陽に纏わる家庭生活や就職や結婚や出産育児や法律などに、
平安時代や鎌倉時代から、延々と受け継がれた工夫と、人間関係のコネクションがありました。
その医師は無宗教の人で、宗教教団の財産を、経済的な資本組織に再編して、相当に大きなお金を動かしていました。

わたしは、その関係の人から、医療や法律や仕事などの、便宜供与を受けましたので、
うちのお母さんは、わたしのことを、半陰陽と区別できませんでした。
半陰陽の人には、戸籍が男性だったのに、性転換して女性の戸籍になり、
結婚して、妊娠して、自力分娩で出産した人もいます。
わたしも、自分のお乳を、子供に飲ませているみたいに、お母さんは思い込んでいました。
この掲示板を見て、半陰陽の人が性同一性障害の人の中に混じってくることもあると知って、世も末だと思いました。

470名無しさん:2007/07/02(月) 12:48:02 ID:jnksaKBw
↑半陰陽ってさ、いくつもの病気を指して、
漠然と、そのあたりの身体症状を言っている言葉だからさ、
医学的な仕組みから言うと、半陰陽で纏めるより、
それぞれの病気で纏めたほうが、合理的なのよね。

病気の種類によって、精神症状も、ぜんぜん違ってるんだけどさ、
精神症状のことを、形成外科や、産科や、小児科のお医者さんは、
あんまり知らないのよね。

半陰陽ってさ、確実に、古代からあった病気で、信仰の対象にもなるからさ、
確実に、半陰陽を取り扱うグループってのが、昔からあるのよ。
生活の仕方とか、結婚とかのことも、いろいろ、手当しないといけないしね。
知的障害の出る人も多いから、
親とか、お医者さんが、しっかりして、その道を見つけてあげないと、路頭に迷うのよね。
gidに迷い込んじゃって・・・かわいそ。

471名無しさん:2007/07/02(月) 14:44:28 ID:sXGS3P8o
GIDは純然たる精神病だから半陰陽とは一緒にできないね。
これまで何人もの半陰陽の人にGIDの人を紹介しましたが、
GIDのゴロツキ社会に居着いた人は一人もいませんでした。
逃げた。

472名無しさん:2007/07/02(月) 19:34:01 ID:JaTxCcrI
自称GIDの半陰陽が多いのはなんで?

473名無しさん:2007/07/02(月) 22:48:49 ID:AycxaEIE
半陰陽は、定義が曖昧です。
それぞれの病気の定義ほどには、しっかりと決まっていません。
いわば、医学の俗語のようなものです。
しかし、どの病気とも知れず、原因機序不明の半陰陽症状もありますから、
幾つかの症状を、横断的にひと括りにして、半陰陽と言い表すのは、やはり便利です。
どんな具体的な症状を、半陰陽として括るか、しっかりとは決まっていません。

半陰陽の頻度も、当然、曖昧です。
確実なのは、出生児に産科医が半陰陽と診断した場合で、おおよそ1万人に1人です。
だいたいは、性器の外観を目で見ただけの診断ですから、最低、それだけいると言えますが、見逃しが多いものです。
その後も、本人が薄々気づきながら、言い出さない事が多く、受診する例が、実数の内の何%程度か、不明です。
多く見積もる人では、人口200人に1人と推定していますが、多すぎます。
人口1000人につき1人という線が、当たり障りのない推定値で、計算もしやすいので、仮に、これにしておきます。
ちなみに、性同一性障害は、人口10000人に1人が計算しやすいので、これに決めました。

半陰陽は、性同一性障害の、10倍の絶対数です。
性同一性障害のコミュニティに、どれほどの割合で半陰陽の人が混じっているか、想像してください。
おおよそ100人に1人と、私は見ました。
これも、計算しやすいので、これにしておきます。

そうすると、半陰陽の人の中で、さらに1000人に1人だけが、性同一性障害のコミュニティに混じって来ることになります。
0.1%です。
残りの99.9%の半陰陽の人は、性同一性障害の人の中には混じって行きません。
0.1%と言うのは、ほとんど変人に近いほど、少ない割合です。
自称GIDの半陰陽が多いとは思えません。

この割合は、半陰陽の人の中で、自分が半陰陽であるとカミングする人の割合と、ほぼ同じです。
そしてまた、子供時代の半陰陽の手術に反対して、
性同一性障害のように、性自認によって半陰陽の性別を本人が選択できるようにするのがいい、と主張する半陰陽の人の割合でもあります。
残りの99.9%の半陰陽の人は、子供時代の半陰陽の手術に反対していません。
本人の性自認によって性別を決めることに賛成していません。

その理由は、99.9%の半陰陽の人は、育てられた性別や、戸籍の性別によって、性自認が決まるからです。
私の知る半陰陽の人のグループの話では、性自認が、育てられた性別や、戸籍の性別と異なる半陰陽の人を、1人も知らないと言います。
その人達の話では、カミングして性同一性障害の人のコミュニティに混じって行く人の性自認は、
多分、性自認でなく、本人の幼稚な考え方にすぎず、
その考え方の大部分は、性同一性障害の運動に誑し込まれたせいで、
誑し込まれた原因は、育てられた性別や、戸籍の性別の、ノーマルな性欲が、
反対の性別に転嫁されたものだろう、ということでした。
つまり、私には、半陰陽の人が、性同一性障害にかぶれたにすぎず、
脳性麻痺の人が、性同一性障害になるのと同じ理由のように思いました。
その数は、半陰陽の0.1%ですので、不思議ではありません。
半陰陽の人も、一般の人と同じように、1%の確率で統合失調症になりますから、
それを回避するために、0.1%程度が性同一性障害にかぶれても、多いとは思いません。

日本や世界の歴史上の有名人は、高校の教科書に載っているだけでも、何千人かになります。
それに現代日本の、有名な経済人や政治家や学者や芸能人など、とにかく有名人を加えると、何万人かになりますが、
自分は半陰陽であるとカミングする人は、めったにいません。
おそらく数人です。
その割合が、そのまま、半陰陽の人の考え方や感じ方の割合です。
けっして、半陰陽の人の中の0.1%の変人とも言える人から、半陰陽の平均像を作ってはいけません。

474(名古屋):2007/07/03(火) 12:45:02 ID:FFTW7GMk
お昼のYAHOOのトピックスに、『船員用ホテル 実態は一般客9割』というのがありました。
私も若い頃、船員協会のホテルばかり利用していましたが、船員ではありませんでした。お付き合いしていた人も、船員ではありませんでしたが、戸籍が女性の半陰陽の人でした。
なつかしくなって、トピックスをクリックしてしまいました。
その人は、かなり重症の半陰陽で、修羅の生活になっていましたが、それでも性に関する運動には無関心で、必死に戸籍通りの性別で生きて行こうとしていました。

この人の性別についての意識は、一般の半陰陽の人に共通で、性同一性障害の人も、ホルモン療法やハリーベンジャミンの説を掲げる運動がなかった時代には、半陰陽の人達と同じように、戸籍通りの性別の気持ちを持っているのが普通でした。
TGや性同一性障害の運動で言う性自認は、世間一般の人や、一般の半陰陽の人や、運動以前の異性装や同性愛の人達の、素直な性別の意識とは、まったく意味が異なりますので、文化運動のための新しい概念と言うべきでしょう。
この概念を、世間一般の素直な性別の意識にまで拡張して、同じ次元の事のように論じるのは、明らかに意図的なトリックと思いますが、実際には、運動してる人達の知識や経験や思慮分別に疑問があり、意図的なトリックのようでありながら、たんに未熟の意識にすぎないのかも知れません。

475名無しさん:2007/07/03(火) 23:53:22 ID:GT46A082
>>473
これ絶対おかしいですよ、最後の部分。
だって、日本や世界の有名人が、高校の教科書に載っているだけで何千人かでしょ?
それに現在の、経済界とか政界とか学者さんとか芸能人とかの有名人を加えると何万人かになるんでしょ?
そしたら、1000人に1人が半陰陽だとすると、半陰陽は数十人でしょ?
その数だったら、カミングする人は、0人ですよー。
だって、私は半陰陽だと公言する人は、0.1%なんでしょ?
実際、半陰陽だと知れている有名人って、何人いる?
みんな、言わないよー。
性同一性障害の人の中に混じってきて、自分は半陰陽だなんて言う人は、
ものすごく特殊な人です。
日本生まれの日本人なのに、イスラム過激派に参加して、自爆テロするぐらい、ものすごく少数意見の人です。
こんな人の言うことって、半陰陽の人の一般的な意識とは、ぜーんぜん違います。
(月山-1)

476名無しさん:2007/07/03(火) 23:56:01 ID:GT46A082
半陰陽の人はね、可能な限り、ちっちゃい時に手術して、
本人の記憶に残らないようにしてあげると、心の負担が小さくなるの。
手術ができなかったり、ためらったり、発見が遅れたりすると、
本人の気持ちのしこりになって、悩んで、
性同一性障害の人の真似をして、性自認がどうのこうのって、言い出すようになって、
挙げ句の果てには、「手術はできるだけ思春期を過ぎてから、本人の性自認に添うようにするのがいい」というような、
ひねくれた主張を、押し通そうとするようになります。

こういう事を言う人は、何らかの事情で、手術できなかった人なんですよね。
ぐずぐずしているうちに、本人は色々と性別の事を考えるようになって、
もう取り返しのつかなくなった自分の心を正当化するみたいに、
性自認なんていう人為的な言葉を振り回すようになります。
(月山-2)

477名無しさん:2007/07/03(火) 23:58:56 ID:GT46A082
この背景には、
「半陰陽には、公文書の性別と違うと言い出す人がいて、先天的な性自認を偽ることはできない」
というような、性同一性障害の性転換治療を推進する学者の学説があります。

実際には、半陰陽の人のほとんどは、身体的事情や社会的事情に感づいて、
自分の性別はおかしい、自分は半陰陽かも知れない、と思うようになるの。
先天的な性自認を感じて、自分の性別に疑問を持つのではありません。

できるだけ、本人の心のしこりにならない幼児期の早い時期に、親と医師の判断で手術してあげると、
あとから、あなたは半陰陽だったのよ、ちっちゃいときに手術したのよって教えてあげても、ほとんど本人の苦になりません。

それを、どうして、わざわざ性に目覚める頃まで、手術を引き延ばしてから、
わざわざ、本人に悩ませて、本人の苦悩の選択を性自認と称して、
わざわざ、心のしこりを作るように、本人の選択に任せる治療をしなければいけないのか、甚だ疑問です。
性別の治療は、本人が選ぶ必要もないようにしてあげるのが最善で、本人が性自認などと言う妄想を振り回すようになれば、失敗です。(月山-3)

478名無しさん:2007/07/04(水) 02:04:00 ID:O.A1YHHw
性愛がなければ、性欲がなければ
このままで一人でも生きぬいていけると思う。
GIDなんてどーでもいいです。

後天的にアセクになることってできますか?
セックスしたくなくなれば、このままで堪えられそうです。

479H185:2007/07/04(水) 06:23:10 ID:3Jb54iYU
>>478
アセクに鳴れるかどうかなんて、なんで人にわかる訳?そんなの意味不明です。
何も気にしないホームレスくらいにならなれるのかな?
いちいち人に聞かないで自分で決めてね。

480名無しさん:2007/07/04(水) 12:04:20 ID:O.A1YHHw
だってここで長文書いてる人全般にいえることだけど
性欲が希薄。もしくは感じられないのだもの。治療によってそうなったのかと
思った。

481H185:2007/07/04(水) 15:13:41 ID:3Jb54iYU
女性ホルモンを入れると、男としての性欲は薄れるけれど、
エロなことを全く考えなくなる訳でも無いと思います。
長文を書いている人は、統合失調症か何かで、きっとお薬の副作用で
性欲も無いのでしょう。
抗うつ剤(わたしの場合はアモキサン)なんかも性欲が薄れますよ。
一生服作用の強い薬を飲み続ければアセクに近い状態を持続するかも
しれませんけれど、それは本当のアセクとは違いますけどね。

482:2007/07/04(水) 16:20:29 ID:???
長文を書くこと自体が自慰行為なんで
十二分にエロいと思いますけど^^;;;

483文月 (1):2007/07/04(水) 23:16:38 ID:p4LFAuvs
性同一性障害が治癒する人と、しない人とがいるんだけど、治癒する人って、性転換後の性別社会に適応してます。
身体的条件から適応の無理な人は、元の性別の暮らしに戻って治癒してるみたい。
治癒しない人って、元の性別にも、性転換後の性別にも、どっちにも適応できないの。
だいたいの感じね。
わたしの知ってる人では、ぴったりとこれに当てはまるんだけど、知らない人のことまで、しらみつぶしに調べたわけじゃないから、だいたいの感じ。
知ってる人って、500人ぐらいかな。

それでね、治癒する人と、治癒しない人とは、まだ治癒していない時から、あー、この人は治癒するんじゃないかなって、だいたいわかるの。
これもだいたいだけど、治癒する人は、精神科のお薬を飲んでないの。
いままで一度も精神科のお薬を飲んだことがないって人が多いの。
それで、治癒した人も、まだ治癒していない時とか、ホルモン療法に入る前とかに、わたしと同じで、かなり派手な非行があるんだけど、性同一性障害以外の精神症状はないの。

治癒しない人って、性同一性障害以外の精神症状がいっぱいあって、そのために性同一性障害になったんじゃないかって想像できるくらいの人とか、性同一性障害になってから、症状が悪化して、精神科のお薬を使い始めたとかって言う人が多いの。
性転換治療って、性同一性障害特有の精神症状以外の、どんな精神障害の治療にもならないし、かえって悪化する人が少なくないのよね。
それに、性同一性障害特有の精神症状も、治癒しない人では治癒しません・・・なんのこっちゃ

それから、治癒する人って、精神的な発達がまだ望める人が多いの。
もうこの人は、これ以上発達しないだろうって感じの人は、性同一性障害が治癒しないし、性同一性障害以外の精神症状のある人が多くて、それも治らないって感じ。
性同一性障害になると、性同一性障害以外のどんな精神症状も治らなくなっちゃうのよ。
他の精神障害を固定して、場合によっては悪化させる感じなんだけど、本人は他の精神障害の症状を訴えずに、ぜんぶ性別違和感だって感じでお医者さんに訴えるものだから、お医者さんは見逃しちゃうのよ。
だいたい、統合失調症の陽性症状や、知的障害や、しゅっちゅう身体症状の出ている精神障害なんかだったら、診察室でわかるんだけど、たいていの精神症状って、本人が診察室で言わなければ、お医者さんにはわからないでしょう?
性同一性障害の人は、欝っぽい気持ちのことも、性的不能のことも、妄想っぽい気持ちのことも、ぜーんぶ性別違和感に含めてしまうんで、お医者さんにはその人の精神障害の本体が見えて来ないの。

性欲のことだけど、年寄りのgidの中に入る人って、だいたい60才ちょい前ぐらいから、65才ぐらいかな。
この年齢層の人で、性欲中心の生き方をしている人って、ほとんどいないでしょう?
性同一性障害が治癒するとね、性欲のことなんか重大事でなくなるの。
自我のコントロール下に入るの。
ドーパミン神経の興奮を、その他の神経の調和でうまく制御できるって感じかな。
その他の神経の調和ってところで不調の出る人は、統合失調症の陰性症状のようなのが出てくるんだけど、誰かが言ってたみたいに、統合失調症って陽性症状が出ないと診断しにくいのよね。
統合失調症って病気は、病識がないのが特徴だから、陰性症状だけしか経験してない人って、普通は受診しないよね。
それを性同一性障害って形で掻き集めてるんだけど、本人に病識がないもんだから、いくら治療しようと思っても、本人はなんでもかんでも性同一性障害にかこつけてしまって、治療不能になっちゃうの。

484文月 (2):2007/07/04(水) 23:17:50 ID:p4LFAuvs
ドーパミン神経の不調が確認できる精神障害って、子供で言うとADHDなんだけど、ADHDの子って、未来を予期するのが苦手なのよ。
計画性がないって言い方もできるけど、瞬間的に対応するときにも、一瞬の余裕がないの。
たとえば、車が前から来たので、右か左かに避けないといけないんだけど、左には水たまりがあるから、普通の人は道の右端に避けるのよね。
ADHDの子は左に避けちゃって、水たまりの中に入っちゃうの。
とっさに対応しなければいけないことは確かなんだけど、まだ少しぐらい時間的に余裕のある時は、水たまりのことも考えて対処するのが普通なのに。
アスペルガーの子だと、反対に対応不能になっちゃって、車が目の前で止まって、クラクションを鳴らすってことになるかな。

ADHDの子の、未来を予期するのが苦手ってのが、年寄りのgidの古いスレで、自我の発祥の由来を書いていた人がいたけど、自我の役割そのものなのよ。
つまり、個体の経験を分析して未来を予測して、あらかじめ、こういう場合はこうするって心構えを持って置くってことね。
これが自我の重要な任務なの。
これは別の言い方をすると、未来の個体の行動を規定することになるから、自分で自分を規定することになるでしょう?
自分で自分のことを、これこれであると定義するようなもので、このことを、自由って言うのよね。
自我のもう一つの役割は、コミュニケーション。
これも、面白い言い方をしていた先生がいたけど、ようするに自分の過去の情報を分析するのはしんどいので、他人の頭を使って考えてもらうの。
こうすると自分の頭の負担が軽くなるでしょう?
他人や社会とのコミュニケーションって、脳の負担を軽くする意味があるのよね。
これも自我の役割の一つで、ADHDの子って、この二つの事で精神障害って言われる異常が出るの。
まだこれから心が成長する可能性があるから、発達障害ってところに入ってるんだけど、統合失調症の陰性症状に似てるのよね。
でも、統合失調症って、さっきも言ったけど、陽性症状を確認できなければ、統合失調症って診断しにくいの。
統合失調症の陰性症状だと、病識がないから受診しないんだけど、患者さんはなんやかやと他の事にかこつけて受診することもあるのよ。
たとえば、アルコール依存症とか。
お酒をやめたいって言って受診するんだけど、本体は統合失調症の陰性症状だったり。
性同一性障害もその一つだっていうのが、性同一性障害っていう診断名のできる前の精神科医の主流の考え方だったんだけど、今もそういう感じかな。
性同一性障害っていう診断名をつくると便利だから作っただけ。

未来を予期するのが苦手っていうのと、他人とのコミュニケーションが苦手っていうのと、病識がないってのとを、覚えておくと便利よ。
なんで、未来を予期するのが苦手かっていうと、これをすると統合失調症の人は、妄想が出てきて、苦しくなるの。
だから、本人はそれを回避するようになるの。
他人とのコミュニケーションが苦手ってのもあるから、結局、他人と自分との関係のことで、未来を予測すると、妄想になりがちなの。
人を信じられないのよね。
これがドーパミン神経の活発になる思春期になると、だんだん悪化して、青年期に陽性症状になって、統合失調症ってことになるんだけど、性同一性障害の人って、その途中の状態で陽性症状を出さずに止まってるので、統合失調症でなくて、性同一性障害なの。
止まり方、つまり回避の仕方が、自分は反対の性別だって言って、性的快楽に浸る方法。

485文月 (3):2007/07/04(水) 23:19:45 ID:p4LFAuvs
ドーパミン神経って、性欲にも関係あるんだけど、未来の予期とか、他人とのコミュニケーションとかにも関係あるのよ。
ようするに、自我が発達するってのは、ドーパミン神経を制御する能力を身につけるってことなの。
制御の仕方の、肝心なところが記憶の使い方に関係があって、海馬ってところでやってるのよ。
ここが怪しいって、もっぱらの噂なんだけど、まだ詳しいことはわかってないの。
記憶の使い方って、性同一性障害は、ほとんどの人が解離性障害が出るんだけど、これまさに記憶の使い方。
それで、統合失調症の人に病識がないって仕組もまた、解離性障害と同じことなの。
かんたんに言うと、ヒステリーって言われる転換性障害の記憶の仕組を拡大解釈して、似たようなのを集めると解離性障害になるから、一種のヒステリーと言ってもいいんだけど、これが性同一性障害では、統合失調症の陽性症状を発症させないための、回避ルートになってるの。
でも、陰性症状のほうは、わりとまじめに出てるよ。

統合失調症の一卵性双生児の発病の疫学的な遺伝のデータって、たくさんあるんだけど、ネットで紹介されるのは統合失調症に限ってのデータでしょう?
本当は、一卵性双生児の一人は統合失調症になって、もう一人はならなかったと言っても、ほかの精神障害になってる場合が多いの。
ただ、統合失調症の陰性症状に似たような症状を共有する精神障害って、統合失調症みたいに、やっぱり病識がないから受診しないことが多くて、たんに待ち受けているだけの研究では、よくわかんない。
追跡調査のようなのが必要で、非行なんかでも、登校拒否で学校に行かない子供は、それだけでは精神科を受診しないけど、これは精神障害のせいではないかなって、検討してみる必要があるのよ。
そういうふうにして、統合失調症の患者さんの家族や家系を調べると、他の精神障害も多くて、反対に他の精神障害を患ってる人の家族や家系を調べると、別の精神障害や非行や統合失調症も多いって、はっきりわかるの。
やっぱり、統合失調症になりやすい素質っていう遺伝があって、統合失調症にならなくても、ほかの精神障害になったり非行に走りやすかったりするんで、だいたい統合失調症と似たような仕組の精神障害って何か、わかってくるでしょう?
性同一性障害の人の姉妹兄弟とか両親とかって、その傾向がはっきり出てるのよ。
そしてその傾向のあるなしが、性同一性障害の治癒しない人と治癒する人との差に関係してるんで、なんか気持ちが鬱陶しくなってくるって感じ。
もちろん、遺伝子のこれこれが統合失調症になりやすい遺伝子だっていう研究も進んできていて、動物実験のできるぶんについては、かなり信頼性があるみたいなんだけど、動物実験のできない場合も多くて、自我機能って人間だけが飛び抜けて発達してるから、動物実験のデータって、あんまり当てにならないのよね。

性欲のことに戻るけど、mtfだったら、女性と性交渉できるんならホルモン療法はしないで、結婚して、子供を育てて、趣味で女装したり、内緒で男性とセックスしたりするのがいいよ。
容貌容姿とか、体質のこともあるしね。
性同一性障害の社会って、精神病院の病棟のようなもんで、あんまり長く入院してると、それこそ廃人になるよ。
退院しても、自宅療養だけってのはできるだけ早く切り上げて、社会復帰できるように家族の人が世話してあげないと、自宅療養が長く続くと、やっぱり精神が退行して行くよ。
簡単に言うと、性同一性障害って色ボケ状態だから、ちょうどラブホテルに向かってる時とか、駐車場からお部屋に入るまでの間の男性の心理みたいなもんで、ニンジンに釣り上げられて、気持ちがあさってになってる馬なの。
この状態でトラブルがあると、人殺しも簡単にしてしまうみたいな一触即発の心理なんだけど、トラブルがないと男性のほうは完全に色ボケ心理よね。
ちょっと見た目の会話とか行動とかからは、なかなかわかんないんだけど、一緒にいる女性には、男性がウハウハ気分になってるって、すぐにわかるでしょう?
性同一性障害って、この状態で24時間、一生、生きて行こうって心理になってるの。
その状態って、うわの空でしょう?
ベッドの中でなく、ホテルに向かう時のウハウハ気分よ。
地に足がついてないんだけど、通りすがりの人にはわからないよね。
正常な人間のように見えるんだけど、ほんとは色ボケで、それなりの精神症状がいっぱい出てるの。
一時的なら、だれでもあることだから正常なんだけど、これで24時間、一生ってことになると、やっぱり精神障害って感じでしょう?
それだけ、耐えきれない持続的なストレスがあるっていう証拠なのよ。
その持続的なストレスってのが、どうやら統合失調症の陰性症状の軽いので、遺伝的な素質もあるってことになると、やりきれない感じよね。

486文月 (4):2007/07/04(水) 23:21:46 ID:p4LFAuvs
これを治療する方法って、じつは決定的なのがなくて、ある美容外科のお医者さんは、無差別にホルモン療法をするなって言っても、ほかにどんな治療法があるのかって、食ってかかってきたそうなの。
治療法のことが問題なんだけど、遺伝的な素質も影響してるような精神病の軽いのっていう認識については、美容外科の先生も異論がないのよ。
このスレで誰かが言ってたけど、性同一性障害の当事者のことを、精神病を回避するために、海で溺れそうになって発泡スチロールにつかまって、一生ぷかぷか浮いてる人って表現したのは、性同一性障害を美容だと言う当事者の人に人気のあった美容外科のお医者さんが言った言葉なのよ。
自分から海に飛び込んで、お医者さんに発泡スチロールの箱を投げてくれって、頼むの。
でも、もともとは、歴史的に、海に飛び込んだら助けてやるって言って、ホルモン療法や性転換手術をそそのかしたのは、お医者さんのほうなのよね。

森田療法ってのがあって、試した当事者の人や、性転換医療をしているお医者さんがいるんだけど、効果がなかったそうなの。
そりゃそうよね、これってヒステリーに効かないんだけど、性同一性障害の解離性障害は、一種のヒステリーだもんね。
治療を拒否するのよ、病識のない精神障害って。
反抗期の心理と見間違われて、発見が遅れるんだけど、反抗期って、小学校高学年から高校生ぐらいまでだから、20才を超えた大人がまだ反抗期のようなことを言ってると、精神障害かなって疑いたくなるでしょう?
性同一性障害なんて、治癒しなければ50才になっても、まだ反抗期と紛らわしいことを言ってるよ。
一生、言い続けるんだけど、反抗期じゃないから、成長する見込みもなくて、10年たっても20年たっても変わらないの。

性同一性障害が治癒しない人って、年をとると痴呆になりやすいんだけど、人格障害かどうかが、疑問になるって人が多いの。
レッテルなんか、どうでもよさそうなもんだけど、人格障害と痴呆との関係って、疫学的調査があるのよね。
でも、人格障害でないと、他の疫学データと比較できないから、人格障害かどうかってのが問題になるの。
性同一性障害が治癒しない人は、気持ちのいいことしかしようとしないから、融通が効かなくなって、好き嫌いの許容範囲が狭くなるのよね。
本人は、人間って誰でも気持ちのいいことを好んでするんじゃないかって思ってるんだけど、子供の時は偏食でも、大人になると何でも食べるようになるのが普通なの。
食べられない食べ物ってのが、少なくなるんだけど、性同一性障害の治癒しない人って、嫌いな物を食べようとすると拒絶反応が出るの。
原因はわかんないんだけど、とにかく好き嫌いの許容範囲が狭くなるってことが、痴呆と関係あるみたいで、だいたいどういう経過をたどって痴呆になって行くかもわかってます。
昔の遊郭の名残の赤線で、夜中の間ずーっと女装していた人や、昼間も女装して家に帰らなかった人って、最後は痴呆になったんだけど、その前には遊郭で女装して世相を皮肉っぽく評論して、人のやることを茶化したり、皮肉ったり、嘲け笑ったりばっかりして、結局何もしないで仲間内の遊郭で女装の性的快楽に浸っていただけだったの。
ゲイバーにもこういう人達がいて、世界中、昔からこういう人がいたようなんだけど、昔は麻薬に手を出したりしてたのが、今は性ホルモンと精神科のお薬に手を出しているだけで、実態は昔と同じでしょう?
こういう人を、どうしたら救えるかは知らないけど、こういうふうにならないためには、まず自分の体型とか体質とかを、人に評価してもらって、望みの性別の社会に馴染めない素質だったら性ホルモンには手を出さないこと、異性装には手を出さないこと、性同一性障害には手をださないこと。
容貌は性ホルモンで簡単に変わるので、評価しないこと。
体質はお医者さんに診てもらう必要があるよね。
同性愛は世の中にたくさんいて、性同一性障害とはまた別だから、性欲の対象なんて重大視しないこと。

性同一性障害では、なりたい性別のことを性自認って言うので、身体の性別を許容できない精神障害のことを性自認って言うのと似たような意味よね。
性自認って、診断基準で言及されてる性同一性障害特有の精神症状の一つだけど、統合失調症の人の言う電波のようなもので、性自認を言い出す性同一性障害の人に対して、お医者さんは基本的に統合失調症の陰性症状のようなものを治療の標的にしてるの。
治療法がないから、結局、本人の望みの通り、ホルモン療法になるんだけど、性自認がどうのこうのって思うんだったら、最初から性同一性障害には手を出さないこと。
そのほうが、病気を固定してしまわなくて、いいと思うんだけど。

487文月 (5):2007/07/04(水) 23:22:24 ID:p4LFAuvs
性同一性障害が治癒した人って、性同一性障害の人の社会からは遠ざかるの。
でも症状が悪化した人も遠ざかるので、性同一性障害の人の前から消えただけでは、どっちかわからないと思うの。
95%の人が、やがて性同一性障害の社会から姿を消すんだけど、治癒した人のほうが多いんじゃないかな。
子供がなくて、容貌容姿体質がパスしないのに、ホルモン療法に入った人は、まず確実に性同一性障害以外の精神障害が原因で性同一性障害になった人で、
ホルモン療法のせいで症状が悪化してると思うの。
だいたい、壁に突き当たって、ゴツンと頭をぶつけて、何度も一歩退いて、また勢いをつけて壁にぶつかって、これを何度も繰り返している人って、けっこういてて、そのうちに入院するよ。
でも、本人に病識がないから、言ってあげても、言うと喧嘩になるのよね。
可哀想だけど、行くところまで行くしか仕方ないの。
何人も見てきたから、わかってるんだけど、どうしようもないってのが正直なところ。

森田療法ではないけど、座禅瞑想が効果あったって言う人もいるの。
でも、座禅瞑想してる時だけしか効果がなくて、実用にならんって言ってました。
わたしは、未来を予期しようとすれば、精神的にトラブルが出るってのは、一種のヒステリーだと思うんで、座禅瞑想がいいかなって思ってるんだけど。
座禅瞑想って解離するから、ヒステリーと同じテクニックが使えるの。

488名無しさん:2007/07/05(木) 01:35:09 ID:yo.gfi6Q
寄る辺なき自我が「神」を捏造する。
「自分の時代」の終わり。
真の「豊かさ」とは何か?「自我(エゴ)の世界」を突き抜けたとき、
人は癒され、蘇生の時が始まる。
エゴ(対立と競争)の時代からエヴァ(愛、調和、互恵)に満ちあふれた未来社会へ

489名無しさん:2007/07/05(木) 02:08:56 ID:/ipf88v6
くろゆり よっこ

490名無しさん:2007/07/05(木) 23:17:06 ID:rGYsM.IM
プーチンは、ロシア語のほかに、ドイツ語と英語とフランス語ができます。
勝った〜!
あたしは、日本語のほかに、英語とドイツ語とロシア語とフランス語とイタリア語ができる。

プーチンは、柔道五段で、レニングラード市の選手権で優勝してる。168cm。
これは互角と思う。
あたしは、ロッククライミング初級入門コース1週間修了で、受講料1万5千円。認定証ありの、158cmだから。

491:2007/07/06(金) 00:23:00 ID:???
さっちゃんが、もう書かないと言っています。私も書きませんね。ではでは。(^-^)/~~~

492:2007/07/06(金) 01:20:56 ID:???
いつもご苦労様です。。。m(__)m

493名無しさん:2007/07/06(金) 10:27:40 ID:???
さっちゃんって誰?

494名無しさん:2007/07/06(金) 13:57:35 ID:CghPdhyQ
↑ジュリエン追悼ホムペの内科医。
http://www.geocities.jp/machi0822jp/sacchan.htm

495名無しさん:2007/07/06(金) 17:51:08 ID:???
1:20%の人々は自分のことを先延ばしにする人だと認識している。
ライフスタイル自体が先延ばしすることに慣れてしまっており、時間通りにできなくなってしまっている。

2:先送りにすることを重大な問題ととらえていない人が多いが、決して取るに足らないようなことではない
なんでもかんでも先送りにしてしまうのはセルフコントロール、自己調整の問題であり、特に米国ではその傾向が強いそうです。いわゆるお国柄というやつですね。
また、先送りにする際の「理由」はただの「弁解」であり、言い訳にすぎないのでその弁解を誰も真剣に聞こうとはしなくなる、と。周囲からの評価が下がり、「あいつはああいういい加減なやつだ」という評価になっていくわけですね。

3:先送りするクセはスケジュールや時間管理の問題ではない
意外なのですが、すぐにスルーして「あとで見る」「あとで読む」「あとで返事する」「あとでやる」としてしまう人は時間の見積もりができない人というわけではない。ちゃんと何をするのにどれぐらいの時間がかかるのかはわかっている。しかし、ほかの人々に比べて余りにも「楽観的すぎる」そうです。
先ほどのアメリカに多く見られるというのも、この楽観主義によるところが多いのかもしれません。

4:先送りする人は直接的ではないが家庭環境から先送りすることを学んでしまっている
先送りする原因は生まれ育った家庭環境にもあるということ。権威主義的な子育てのスタイルの家庭で育つと起こりやすいそうです。
つまり、両親のうちのどちらかが権威主義的で、厳しく自分の子どもをコントロールしようとして、それがあまりにも強すぎるので子ども自身が自分で自分を律して調整する能力、自分自身の意図した行動の結果によって何が起きるかということを学ぶことができなくなってしまう、と。そしてそういう親からの支配に対する「反抗」という形で「先送りにする」という行動が出てくるそうです。
先送りする人はこの家庭環境があるが故に、家族よりも友人の影響を受けやすくなり、そしてこの友人たちによってさらに先延ばしにする習慣が強化されるとのこと。なぜなら、この先延ばしにすることを許容してくれる人、そして先延ばしにする言い訳を許容する人を友人に選んでしまうため。悪循環の開始です。

5:アルコールの消費量が多い人ほど先送りする傾向も強い
先送りにする人は要するに自己調整、セルフコントロールができない人なので、必然的に飲酒なども適量で済ますということはなく、結果的にアルコールを他の人よりも大量に摂取してしまう結果になるそうです。アルコールに限らず、薬物乱用などにも同じように陥りやすいらしい。

496名無しさん:2007/07/06(金) 17:51:53 ID:???
6:先送りにする人は自分で自分に嘘をつく
自分の嘘をつく感覚を守るために「これは重要ではない」というように自分に言い聞かせるそうです。そしてさらに別の嘘として、締め切りが迫ってくるプレッシャーがあるときほどよりクリエイティブになれる!などというようなことを考えてしまうらしい。
例えば「今は明日にコレをやりたい気分だ」「期日が迫ってるプレッシャーがないと仕事をする気になれない」などというようにして自分に嘘をつく。しかし実際には次の日にやるという気分でもないし、プレッシャーがあればいい仕事ができるわけでもない、と。結果的には無駄に時間を浪費しているだけというわけです。

7:積極的に注意散漫になりがちなことを行う傾向が強い
自分の注意を本来やるべき事からそらすことによって、本来やるべきことをやって失敗するという恐怖から自分の感情や自分自身を保護してしまうそうです。
例えば、電子メールを必要もないのにこまめにチェックするなど。本来やるべき仕事よりも電子メールが何か来ていないか?ということの方が非常に気になるというわけです。試験前に掃除したくなるという人をちらほらと見聞きしますが、あれも同じ理屈かも。いわゆる現実逃避。

8:先延ばしにする人には典型的な3種類のタイプがある
・覚醒タイプ:危機的状況まで何もしないことにスリルを感じる人。締め切りぎりぎりで大あわてで仕事をこなすことに幸福感を覚える。締め切りぎりぎりまで先延ばしにして超特急で仕事をこなし、終わってから「ああ、いっぱい仕事した〜♪」というような感覚を覚える人のことです。つまり、ぎりぎりまで放置した反省がどこにもない。
・回避タイプ:失敗する恐怖を回避するため、もしくは成功する恐怖を回避するために先延ばしにしてしまう人。これは決して能力不足なのではなく、努力することを怠っているのが原因らしい。いわゆる「やる気になってやればできるのに」という人。
・意思決定不能タイプ:決断ができない人のこと。決断することによって発生する出来事の結果を恐れるため、意思決定することを先延ばしにしてしまう。

9:先延ばしにすると結果的に多大なるコストがかかる
先延ばしにする人は要するに自己管理能力も低いため、結果的に健康に対する害も大きいそうです。風邪やインフルエンザにかかりやすく、胃腸障害も発生しやすい、それどころか不眠症にもかかりやすい、と。それだけでなく、先送りにして遅延させた結果の責任を他者に転嫁するため、仕事のチームワークを乱し、私的な関係をも破壊してしまう、と。確かになんでもかんでも先送りにし続けるような人がいれば仕事は進まないし、約束も期日通りに守ってくれないのであればプライベートでも頼りにはされなくなるので必然的につきあいが疎遠になっていくのは当然か……。つまり、あまりにも多くのコストを支払ってしまうというわけ。

10:先延ばしにする人であってもその行動を変えることはできる
ではどうすればこの先延ばしにしてしまう自分を変えることができるのか?変えるには多くの精神的なエネルギーが必要ではあるが、「認知行動療法」によって改善可能だそうです。

497名無しさん:2007/07/06(金) 19:58:18 ID:np7tLuPs
>>494

リンク先の「さっちゃん」の歌を聞きながら、歌詞を目で追いました。
このスレの文体と同じで、幼稚園向けだったと知りました。

3番の歌詞で、さっちゃんが遠くへ行ってしまいます。
涙がにじんでくるのは私だけかしら。
性同一性障害の治癒した人達は、まだ治癒しない当事者を見て、
涙がにじんでくるのを、知っていますか。

それにしても、この絵、ほんとうのさち先生の似顔絵のような・・・
顔、太りすぎ。

498名無しさん:2007/07/06(金) 20:04:47 ID:???
自分のことちゃんづけとか
名前で呼ぶ人って
なにがしかの神経症なんでしょうかね?

499名無しさん:2007/07/06(金) 22:30:29 ID:???
>>497 孫と歌いました。

500名無しさん:2007/07/06(金) 22:46:45 ID:CghPdhyQ
これ麗チンの娘ちゃう?
http://www.photokyoto.com/kyoto/Mimurodoji/Zoubihai/Hasuzake015.htm

501佐世保:2007/07/06(金) 23:36:21 ID:???
去年、レイ母娘と一緒にジュリ先生の茶室を借りました。
MRちゃんと思います。そばかす黒子まちがいなし。

502名無しさん:2007/07/07(土) 00:45:47 ID:ZFjhHz2c
ここの住人的にMRってどうなの?

503名無しさん:2007/07/07(土) 05:51:37 ID:yrnkgPgY
ちょっと調べてみましたが、
>>494
さっちゃんのmidiのページは、お医者さんのホームページの一部ですよね。
この外科医の人、誰?

>>500
麗さんの娘さんの写真は、三室戸寺ですよね。
このお寺の宗派は、密教の修験道ですよね。

>>501
ジュリさんの茶室は、密教のお寺さんの境内の山ですよね。
寺の名は?

>>495-496 先送り論は、健常者でも起こり得る悪習が、精神症状の原因になる説ですよね。
統合失調症や性同一性障害では、健常者では起こり得ない脳の生理現象が、悪習の原因になっていませんか。

504名無しさん:2007/07/07(土) 05:51:44 ID:Kb9hlTnE
オハヨ EMDR、効果あったよ〜ん。検討してくだされ 目玉運動 >>483-487

505名無しさん:2007/07/07(土) 15:14:46 ID:???
>>494 外科の人の親ばかコーナー、いいと思いました。
GIDの人も子育てをして、経験して欲しいと思いました。
http://www7.plala.or.jp/machikun/jikoshokai3.htm

>>500 麗の娘の隣りの人は、旦那さんでしょうか。
http://www.photokyoto.com/kyoto/Mimurodoji/Zoubihai/Hasuzake018.htm

506名無しさん:2007/07/07(土) 18:03:02 ID:.BUAOZyY
発達障害のgid発見! 近所のスーパーマーケット。
最初、軽い脳性麻痺かなと思ったが、顔が卵胞ホルモン。すっぴんだが、女言葉でmtf。
声質がうわずり、動作が定まらず、ADHDか。
17才程度で、母親が付き添っていたが、我が子を娘扱い。一人での行動は困難か。
ADHDにしてもアスペルガーにしても、男が多い。
発達障害の軽症例で統合失調症になったのを数例知っている。いずれもうわずった声質と、不安定な話し方と動作があった。
シャキッとできない。
これが統合失調症に結びつくのが不思議不思議。gidに結びつくのは、わりとすなおに理解できる。
脳性麻痺の男性も動作が不安定で、発声に不自由するので、遠くから見ると間違う。
脳性麻痺の男性も、数人gidになったのを知っているが、うち複数が自殺した。
発達障害や脳性麻痺の人をgidと診断してホルモン療法に入るのは如何なものか。

507名無しさん:2007/07/08(日) 15:47:01 ID:X357anSs
>>504 EMDRも認知行動療法も森田療法も、病識がなければ受けません。
EMDRは、非常に簡単で、自分一人で行なっても効果があると言われていていますので、
何か具体的なトラブルが原因で落ち込んだ時に試してみて下さい。
統合失調症の人は目が据わってきますが、
逆に眼球の運動をすると、中枢神経を活発にする効果があるようで、
その時に変更不能のようになってしまっている嫌なトラブルを具体的に思い起こすと、
そのトラブルに対する凝り固まった気持ちを解きほぐし、
もっと広い余裕のある見方で解釈し直すことができるようになります。
自分一人で行なえば、お金がかかりませんので、試してみて下さい。

病識のないのは、性同一性障害の特徴です。
治る人は、何もしなくても、自然に治りますが、
治らない人は、性転換以外のどんな治療をも拒否して、自分が精神障害であることを認めません。

治る人と、治らない人とでは、痴呆だけでなく、寿命にも、はっきりと差が出てきます。
治っても性ホルモンを続けるのが普通ですから、性ホルモンが原因ではなく、
精神障害の心理状態が、知性や寿命や身体の機能の異常と、密接に関係しています。
性同一性障害では、先に人格障害になってから痴呆になりますが、
性同一性障害を人格障害の中に入れている医学部の教授は、性同一性障害の心理状態を、すでに痴呆の一種と見ています。
昔で言う早期痴呆のことです。

>>506 性同一性障害の心理状態は、昔で言う片端(かたわ)です。
車椅子の身体障害者の子が、ボランティアの人に車椅子を押してもらいながら、
「押したい人は押せばいい」と、傲慢に言っていました。
医師でありながら性同一性障害の人に、>>495-496の先送り説のようなことを言ったとき、
その医師は、「性同一性障害をかわいそうだと思わないのかっ!」と怒りました。

性同一性障害は頭も心も狂ってることが、普通の人にはわかりきっていますから、
世話して保護して大切にして、好意的な言葉を掛けて守ってあげていますが、
当人には、そのような社会の助け合いや優しさの心が理解できず、
自分達の個性や能力の素晴らしさを武器に、自立して生きていると思い込んでいます。
みんなお互いに、社会の子供を大切に守って育てるように、
大人同士も優しく助け合って生きているかのような態度を、
世の中の人は、性同一性障害の人や障害者や子供や老人に対してとります。
それでも、性同一性障害の人は、助け合いの心が理解できずに、
自分達は個性と能力の優秀さで、注目を浴びていると思い込んでいます。
それだけハンディをつけて泳がせてあげないと競争にならないので、
世間の人は、そういう優しい態度をとっているだけなのです。

世の中は、みんなお互いに子供や病人を庇ってあげるような助け合いの社会で、
健康な人同士も、お互いに助け合い、庇い合う関係ですが、
これは人によって意見が異なり、個人と個人との競争社会だと言う人もいます。

>>495-496の先送り説は、アメリカの常識感覚を心理学的に説明したもので、
アメリカ人の好きな常識心理学、常識哲学の一種です。
健康な人の常識的な感覚から、精神障害者の気持ちを推し量ったものですが、
ルソーやアダムスミスの言う、人間は生まれた時は白紙で、生まれながらにして平等で、
機会均等の自由な競争が大切だという考え方を受け継いでいます。(続きます)

508名無しさん:2007/07/08(日) 15:51:06 ID:X357anSs
しかし、生まれつきに能力の足りない人がいることも現実で、
人それぞれの基本的な能力に差があり、どうしようもない境遇に生まれることもありますから、
人それぞれにハンディをつけて、下駄を履かせてあげないと、面白い競争にはなりません。

性同一性障害の人には、ほとんど致命的と言ってもいいほど、
社会生活に必要な基本能力が、生まれつきに不足している人が多く、
どんな能力が致命的に足りないか、よく観察して理解してあげる必要があります。

結婚して子供を育ててから、性同一性障害に名乗りをあげる人がいますが、
そういう人達の多くは、すでに人格障害に近い心理状態になっています。
その人の能力をよく見ると、すでに子供時代から、人に与えられた課題をよくこなすが、
命令されずに、自分で考えて自由に見積もって対処しなければならない状況では、
周囲の人の意見や立場を斟酌できずに、たちまち、芸術的とも言える個人技を披露したり、
周囲から不満が出ると、心身症状が出たりする人が少なくありません。

統合失調症の人にも多いのですが、これをしなさい、あれをしなさいと、
具体的に指示してあげなければ、本人は不安になります。
自由にしなければいけない状況になると、対処不能になり、極端に走ります。
基本的には社会人として必要な能力が不足しているからで、
個人として生きることだけで汲々としていますので、
社会の中では課題を与えられて管理されていなければ生きていけません。
自由と言われると、目標も方向も見つけ出せなくなります。
自分に命令して自由を束縛する社会と、自分自身の個人的な快適さとの間で、
葛藤することしか習得できませんでした。

最近、医療でも、個人の生活の質(QOL)を重要視するようになりましたが、
これは病人向けの優しい考え方です。
健康な人では、自分の生活の質よりも、自分以外の人の生活の質が大切です。
生物の身体も脳も、みんなで生きるように出来ていますので、
健康ならば、することは、みんなのためになることしかありません。
これができなければ、自動的に病気と言われ、
病気の人には、その人自身の身体と心の、生活の質に専念できるようにしてあげます。
場合によっては、犯罪や優生医療などと言って、健常でない人を間引いてしまうこともあり、
医療が性同一性障害の人の生殖機能を阻害するのは、
優生学的に遺伝学的に、将来の災禍を予防する措置で、
本人には、御自身の生活の質の向上に専念してもらいます。

子供や親や妻や夫や、親しい友人や社会全体などのために、
生き甲斐を見つける能力は、思春期以後に著しく発達しますが、
この発達が不完全な人は、致命的な基本能力の不足があると言えます。
多くは、子供時代に自分自身のために生きる能力の発達が不調だった結果ですが、
これは、結婚して子供を育ててから、性同一性障害になる人にも、
まだ子供のうちに性同一性障害になる人にも、共通です。

その能力の不足が何であるかを見つけてあげる事が、性転換医療の第一歩です。
多くは生まれつきのもので、遺伝的素質が疑われ、変更修正するにはストレスが大きすぎますので、
これまでの生活様式を棚上げにして、脳梗塞の人が失った言葉を新しく習得するように、
乳幼児のレベルから、新しい生活様式を代償的に獲得し直すのが効果的です。

>>495-496の先送り説では、統合失調症の発病を説明できないように、性同一性障害を理解できません。
性同一性障害ではどんな能力が致命的に不足しているか、性同一性障害の人の生活の実態を観察し直してください。
それから、性同一性障害の原因を一般の人に説明するときには、
とりあえず、ホルモンシャワー説や脳の性差説のように、
カミナリさんが怒っているのでお臍を隠しなさい、と言う程度の説明にして下さい。
理解の程度を見て、少しずつ現実的な説明にレベルアップして行きます。

509名無しさん:2007/07/08(日) 23:22:34 ID:EmH1TNx6
自分自身のために生きる能力が全く欠落しているために
親に迷惑をかけて死にたいです。
親に援助してもらったお金で
友達にごちそうしたり、おごったり、困ってる人を励ます為に
散財してしまいます。後から自分の愚かさに気付いて罪悪感と
経済的な損失と両親に対する申し訳なさに、そして自己嫌悪に陥って
死んでこのデススパイラスから逃げてしまいたくなります。

510名無しさん:2007/07/08(日) 23:56:39 ID:IaPZgcFY
>>507 それって、人間は手先が器用だとか、言葉でコミュニケーションをとるとか、目で形を見分けるのが得意だとか、
人間の能力で優れている事をすると、人間らしい脳の刺激になるってことでしょう? EMDRのこと。
だから、落ち込んで塞ぎ込んだ時は、人と話をしながら、目を動かして周囲に注意を配りながら、手を動かす作業をすると、
気分転換になって、気持ちに余裕ができて、凝り固まるのを阻止できるってことでしょう?
EMDRの目玉療法ってのも、常識療法とちゃう?

お医者さんの性同一性障害って人とお話をすると、性同一性障害の症状が一目瞭然になるから悲しい。
お医者さんって賢いから、何でもよく知ってるし、医学の事も詳しいのに、
なんで、ここだけ頭が変になって、聞き分けのない子供みたいになってるのか、くっきりと浮かび上がって来るでしょう?
オウム真理教の事件の時も、偉いお医者さんが、アホな事を信じてるものだから、
どこが、頭がおかしいか、素人にも、はっきりわかったでしょう?
あれとおんなじで、お医者さんの性同一性障害の人って、ハンコ押したみたいに、性同一性障害の症状が出てくる感じ。
お医者さんだから、自分でお薬を飲んだりしてるんだけど、それでも治らないのがあるって、ちゃんとわかっちゃう。
>「性同一性障害をかわいそうだと思わないのかっ!」
って、自分で言ってるお医者さんの性同一性障害の人って、自分のどこを、かわいそうだと自覚してたのかしら?

511名無しさん:2007/07/09(月) 15:25:12 ID:???
心に性別はあるのか?

512名無しさん:2007/07/09(月) 23:39:24 ID:ynxK29ow
>>510
自分自身がgidであるという医師の治療は受けないほうがいいでしょう。判断能力がありません。gidに関してだけでなく、医業全般について医師としての業務を実行できません。医師に関しては、精神科医の治療を受けて軽快しなければ医業停止とするのが正解です。

513名無しさん:2007/07/11(水) 00:48:54 ID:HOOUYrJ6
確かにGIDは冷静さに欠ける。
医師として働き続けるのはどうかと思うよ。
自分でも、昔は大した事無かった仕事で躓く事がよくある。

514名無しさん:2007/07/11(水) 15:40:46 ID:???
冷静と欲情の間

515名無しさん:2007/07/13(金) 01:37:55 ID:???
助けて!壊れそう!

516りんご:2007/07/13(金) 17:45:18 ID:3RutN1FY
年寄りのgidが来なくなり淋しいね

517名無しさん:2007/07/14(土) 07:37:31 ID:???
商社系は大手町書込禁止
丸の内に回れ
医系は図書館経由従前通り
徳系は鯖不調

518名無しさん:2007/07/14(土) 20:54:53 ID:PRE0sWL2
ISに数億円と命を要求したGID一党が、この掲示板に書いています。逮捕しませんか。

519名無しさん:2007/07/14(土) 22:32:56 ID:hzmxPeFs
↑ 無理ですよ〜 証拠はたっぷりあるんだけど、刑事事件の問題じゃないのよ。
数億円じゃなくて、数十億円。
この金額になるとさ、へたに騒ぐと、かえって損するらしいの。
刑事事件としては、脅迫されたけど、お金は取られてないから、精神的被害だけよね。
でも、この事件の処理で、すでに経済的には30億円ぐらい損してるらしいの。
騒ぐと、この上に100億円、200億円、損しちゃうみたいな感じで、
犯人は刑務所に入れたけど、200億円も損して、何がうれしいのか、ということになりそう。

どうせ、性同一性障害って、素人ヤクザの業界だから、あっちこっちで犯罪好きの連中と関わりがあるのよね。
でも、お金儲けの世界も、本音は闇から闇でしょう?
このへんは、現金にお金の計算をして、損害のいちばん小さい道を選択したってこと。
ちゃんと犯人はわかってるから、折りを見て、内々に処分すると思うけど・・・
コンクリート詰めはあり得ないって聞いてるから、御心配なく。

犯人グループは、仲良しグループでなく、GIDの運動をしている組織みたい。
ハリー・ベンジャミンって親分は、101才まで生きたから、子分も多いのよ。
ヤクザがお金を借りるときは、必死に冤罪を主張する殺人犯人みたいに、
「天地神明に誓って嘘ではない」って、涙をにじませて訴えるけど、
お金を返して欲しいって言うと、手のひらを返して、
「わしら、尻まくって生きとんじゃ。おまえにも、家族がいるんじゃろ。
コンクリート詰めになりたいか」って言って、啖呵切るでしょう? 
GIDって、それなのよ。
半分精神病で、半分極道。
オウムみたいに、マインドコントロールされてないと、発狂するよ。
でも、マインドコントロールされると、サリン撒くよ。

ホルモンシャワーとか、脳の性差とか、性転換医療とかってのは、
マインドコントロールしてあげる手段なんだけど、
ちゃんと責任を持ってコントロールしてあげないと、オウムの二の舞になるよ。

暴力団の山口組の三代目の奥さんって人がいて、
ヤクザ組織がなければ、非行に走って暴力を使って徒党を組む人間を、誰が管理するのかって、言ってたよ。
これは、昔からある説なんだけど、ヤクザの組員の半分ぐらいは、
かなりはっきり精神障害でしょう?
非行や暴力の世界には、その世界の暗黙のルールみたいなのがあって、
悪いことばっかりやって目立ってると、その筋の連中から制裁を受けるの。
袋叩きにあって、支配下に入れられるみたい。
素人が一人で立ちんぼうして、売春やってると、
すぐにやくざに見つかって、袋叩きにあって、
耳の後ろに青い小さな丸印の入れ墨を入れられるのよ。
こういうふうに管理しないと、喧嘩か戦争か、わけのわからないような、
暴力の溢れる世界になっちゃうって説なの。

埼玉や岡山のやったことも、これと同じだから、
性転換手術のあとを、ちゃんと管理しないといけないんだけど、
ほんとは、山口組が管理なんかしてないように、
日本の性転換医療も、精神障害者に入れ墨を入れて、
一般社会に適応できなくしてしまっただけみたい。

犯人側のGIDのグループは、仲良しグループじゃなくて、
GIDの運動をやってる組織の体裁なの。
その組織を、埼玉や岡山で性転換医療を推進していた医師が支援していたのではないかって疑いが、一番の問題なのよ。

GIDの当事者のほうは精神障害だから、
自分で自分が何をしているか、よくわかってないのよ。
頭がポワーッてなってるの。
それをそそのかして、踊らせて性転換させて、
GIDの運動をさせたのは、医療のほうだから、
親分の医者は、子分のGIDの不行跡の責任をとるべきって説もあるの。
GIDの解離性障害って、大部分はホルモン療法と性転換手術の結果なのよ。
解離させて、精神障害の治療をしようってのが、性転換医療なんだから。

520名無しさん:2007/07/15(日) 02:13:49 ID:???
じゃあどうすりゃあいいっのさ?うえ??

521名無しさん:2007/07/15(日) 22:25:00 ID:gpih.gx6
うえの者ではありませんので悪しからず。

>じゃあどうすりゃあいいっのさ?うえ??

ホルモン療法、性転換手術により、約90%の人は、解離性障害を経験します。主に、容貌の変化と、性ホルモンによる直接の中枢神経に対する影響と、性転換治療を正当化する医療の宣伝と、性同一性障害の当事者の教宣運動などが、解離の原因です。自分が別人になったように思い込み、自分から以前の記憶を偽造捏造しながら、わざと記憶を捏造した企図や、具体的な記憶の改変作業が記憶に残らず、解離の自覚がなく、自分は嘘偽りなく正直にこの通りの人間であると自覚します。記憶の改変の結果、以前の約束や経験を忘れ、他人の信用を失います。記憶の改変は性転換治療中に、何度も継続的に実行されますが、本人に自覚がなく、他人の目には我が儘で無責任な性格にしか見えません。中には記憶の改変を行なうたびに、人格が変わったかのようになり、解離性同一性障害に近い症状を示す人もいますが、すべてが一回限りの使い捨ての人格ですので、解離性同一性障害とは言い難いところがあります。性転換治療の進行に応じて、数十回〜数百回と、人格が変わるように見える人もいます。そのたびに実際の経験の記憶が失われ、捏造された記憶に置き換わります。性同一性障害の当事者の運動のほとんどは、解離性障害の症状としての妄想や、性転換を正当化するために吹き込まれた意見などによるもので、トランス状態に近いと言えます。

性転換医療では、性転換が現実にあり得る事を知った時から、性同一性障害特有の症状を発症し、性転換治療を望むに至った人が、性同一性障害と呼ばれますが、性同一性障害特有の症状は、性転換治療開始直前に、多くの人が著しく悪化しますので、性同一性障害は医原病と言うことも可能です。性同一性障害特有の症状は、ホルモン療法に入った後も、一部の人は自然に治癒し、元の性別に復帰し、一部の人は性転換手術後に治癒し、新しい性別に適応しますが、一部の人は性転換治療の進行の程度にかかわらず、一生治癒せず、元の性別にも新しい性別にも適応できない状態になります。

性同一性障害では、大部分が性同一性障害発症以前に、すでに基礎的な精神障害を発症していて、その症状の一つとして性転換医療にしがみつく心理になります。基礎的な精神障害は人により様々ですが、概ね統合失調症の陰性症状の範疇の症状の軽度のもので、多くは思春期に顕著になります。一部は乳幼児期から、すでにあったと推定できます。性転換医療にしがみつき、カミングしたり、性同一性障害の運動に躍起になったりする心理は、統合失調症の陽性症状を連想させる軽度の躁状態です。

1%未満の少数ですが、性同一性障害の一部の人は、性転換治療により、性同一性障害特有の症状だけでなく、性同一性障害を発症するに至った基礎的な精神障害の治癒する人がいます。主に統合失調症の陰性症状と同様の症状です。自然治癒する時期が性転換治療の時期と重なっただけとも考えられますが、性転換治療の結果とするなら、性転換治療に伴う解離が治癒の原因と想像することも可能です。

解離性障害は、解離により実生活にトラブルを惹し、本人が受診した時にのみ、精神障害として解離性障害と診断されることもありますが、解離は通常の脳の生理現象で、多くの人はトラブルを起こさずに、むしろストレス解消や仕事の促進などに有用です。芸術家が仕事に夢中になる時は解離していることが多いと言われ、性交渉も解離していますが、精神障害ではありません。恐山のイタコなども解離していますので、無理に解離性憑依や解離性トランスに分類する人もいますが、女性のイタコに男性の霊が憑っている時に、自分自身のことを男性であると確信し、依頼人の注文に応じて霊の憑る様子が、あたかも演技のようであるにもかかわらず、イタコ本人はけっして演技ではないと言い、本当に霊が憑ると確信していたとしても、周囲や自分自身と何のトラブルも起こしませんので解離性障害ではありません。(続く)

522名無しさん:2007/07/15(日) 22:29:31 ID:gpih.gx6
自我というタガがなくなれば、解離していると言い、タガがしっかり締まっていれば統合していると言います。統合と解離の間には程度があり、通常はある程度統合し、ある程度解離しています。統合と解離の程度は、あらかじめ条件を付けて置きます。仕事中によそ事を考えて夢うつつになっている時でも、上司の足音が聞こえれば、ハッと我に返り統合しますが、部下の女の子が近づいても気づきません。予め条件を付けて置くことを怠れば、野放図に解離してしまい、実生活の最中に夢を見ているような状態になり、トラブルになります。反対に条件付けを忘れて強く統合しっ放しになると、ストレス解消ができずに統合失調症になる可能性もなきにしもあらずです。就職の面接では多くの人は強く統合していますが、面接が終わればネクタイを弛めるように適度に解離して羽根を伸ばします。反対に面接の時だけ解離して夢の中の登場人物のように別人を演じる器用な人もいます。結果よければ良しです。トラブルが起こらなければ何の精神障害でもありませんが、解離してトラブルが起こったとしても、精神科に出頭して解離性障害と診断される素直な人は滅多にいません。解離や統合のトラブルの多くは、あらかじめ条件づける事を間違えたせいで起こりますが、統合失調症や解離性障害では、あらかじめ条件づける能力に疑問があり、幼児期の生活様態によるものだけでなく、先天的な素質によるものもあります。統合失調症や解離性障害では、統合と解離の障害だけでなく、さまざまな精神症状の出ているのが普通で、統合失調症の場合は陽性症状の法外な言動や苦しさから受診する羽目になった人が多く、解離性障害では解離によるトラブル以外の症状のために受診した結果、統合失調症の診断基準には満たず、適当に解離性障害に放り込んで置く場合があり、医師によっては気分障害や神経症や統合失調症などにして置く場合もあります。人格障害は当人の自尊心を著しく害しますので、受診した人に診断することはありません。

統合失調症の統合の意味は、自我と言われる意識形態の主たる特徴の一つで、おおよそ自我機能のことを言っていると思っても構いません。自我というタガを弛めて、動物的な意識形態になれば解離していると言います。自我は人間において著しく発達した意識形態で、かなり無理をして意識を締め付けているところがあり、機会を見て、適当に弛めてあげなければ、精神衛生上よくありません。しかし慣習的に、睡眠中の夢を見ている意識状態や、自我の未発達な乳児の意識状態や、動物の意識状態のことを、解離しているとは言わないことになっています。解離も統合も、あらかじめ条件づけて置かなければ、トラブルの元になりますので、野放図に解離や統合をしてはいけません。朝6時に起きなければいけないと思って眠ると、いい夢を見ていても、午前6時前になると自然に目覚めるように、普段からトレーニングしておきますが、多くは乳児の時に自我が発達すると同時に、解離や統合に条件付けることを習得します。ADHDという発達障害の一種では、この条件付けが人よりも未熟であることが少なくありません。自我の重要な機能の一つに、過去の経験から予め未来を見積もり、未来の行動を予定して置くと事と、他人とのコミュニケーションによる情報交換がありますが、とりわけ時間によって記憶を整理し未来の見積もる事が、意識の同一性という人間特有の時間に依存した意識形態を形成しました。犬や馬では、継続的な一つの時間によって意識を整理しませんので、昨日の意識と今日の意識とは別のもので、同一性がなく、自我と言えるものが無いと言われています。詳しくは犬や馬に聞いてください。過去の責任を現在の意識がとらねばならぬ理由に執着しなくなりますので、人間が解離すると責任感が軽くなり、ストレス解消に極めて有効な手段になります。統合失調症では解離するのが苦手で、責任感に苛まれ、万策尽きて陽性症状が出た時に、一挙に解離してしまいます。(続く)

523名無しさん:2007/07/15(日) 22:33:35 ID:gpih.gx6
統合失調症には様々な種類の症状があり、鬱病にそっくりなものも出てきますので、統合失調症と言わずとも、精神病と言っておけばいいのではないかと思われるふしもあります。統合失調症と初めて診断されるのは、ほとんど陽性症状が初めて出る時期と同じで、本人には精神病であるという自覚がまったくありませんが、苦しいという自覚はあります。現代では陽性症状が出ると周囲が何やかやと理由をつけて、結局受診することになりますので、このあたりの一線が統合失調症の診断基準になっています。これよりも症状が軽ければ、本人に受診を説得しようとしても喧嘩になるだけですし、強制的に治療を受けさせる手段もなく、本人には精神病であるという病識がありませんので、どうしようもありません。たまたま、大酒を飲むとか、性転換したいとか、食べるのは嫌だとか、記憶がなくなって立ち往生したとか、人の多い広場で気絶したとか、何か特徴的な症状が出た時に、それをとっかかりに受診することがあり、統合失調症以外の精神障害と診断されますが、多くはそれぞれの精神障害に特徴的な症状のほかに、統合失調症と共通の様々な症状の軽いものを合わせ持っています。本人には病識がありませんので、受診した理由の症状以外の症状を言わず、言わなければ見逃されてしまいます。性同一性障害もその例です。

統合失調症の大部分の症状は、薬物によって人為的に類似の症状を作り出せます。ただし具体的な症状の内容までは作り出せず、欧米では統合失調症の症状として、自分は反対の性別だと思い込む事が昔からありましたが、日本にはなく、文化や生活状態による具体的な症状の違いを、薬物によって作り出すことは出来ません。反対に薬物によって、統合失調症の様々な症状が新しく起こることを阻止することもできますので、それぞれの種類の症状の治療薬になります。ただし、治療を始める以前に、すでに長期間患っていた症状は、薬を飲むことにより、口に出して他人に言わなくなり、変な行動として表さなくなるにもかかわらず、心の中でその症状に耐えている状態にすぎないというところまでしか治せないことが少なくありません。特に以前からある妄想はなかなか取れません。人に対して表さなくなれば、とりあえずは良しとせざるを得ませんが、本人はそれなりに苦しさや違和感が持続します。初めて統合失調症と診断された後、10年後に陽性症状が再発した時に、薬で陽性症状が抑えられて気持ちが良くなると、これまで我慢し続けていた妄想がぞろぞろと出て来ます。その内容から、10年前に発病した後、治療を続けていたにもかかわらず、妄想がなくなっていなかったとわかります。多くは初めて統合失調症と診断されるより、さらに以前の思春期の初め頃からの妄想を、ずっと持ち続けていたとわかります。

性同一性障害の人に、これを人に言うと頭がおかしいと思われるのではないかと危惧し、他人にはけっして言わないが、自分では正しい、間違っていないと思う事があれば教えて下さい、と質問したことがあります。人に知られると、恥ずかしくて体面がなくなるような事を、尋ねているのではありません。人に言うと、猛反発を招きそうな少数意見や偏見を、尋ねているのではありません。人に言うと、精神科を受診してみては、と真剣に言われそうな事を尋ねています。どんなに変質的な事を信じていても、心の中で思っているだけで、人に言うこともなく、行動にも表さなければ、人の自由ですので、教えて下さい、と質問しました。

部落民や朝鮮人は信じないとか、容貌容姿で人の真価は決まるとか、血液型を知ってから人を判断するとか、人類は宇宙から来たとか、匂いで未来がわかるとか、本当は女であるとか、肌を触れれば気持ちがわかるとか、人間は操られているとか、他人と同じ空気を吸っているだけでむかつくとか、脳味噌が痒いとか、なかには、質問の趣旨を取り間違えた回答も少なくありませんでしたが、具体的な事は言えないが、そのような事がある、という項目にチェックを入れた人が、90%を超えました。これは統合失調症よりも多い比率です。(続く)

524名無しさん:2007/07/15(日) 22:36:21 ID:gpih.gx6
妄想とは現実にあり得ない事を実際にあると確信する事のように文学的に解釈されますが、現実にあり得るか否かという価値判断や、被害妄想な注察妄想などという内容よりも、一つの事柄が気になって仕方がない、頭を離れない、関係なさそうな状況でも、その事柄が顔を出してきて、心に引っかかってしまう、そのために判断がそちらに傾いてしまう、もう済んだことなので処分したい事柄だが、いつまでも気にかかり、それを覆い隠したり忘れたり棚上げしたりすることが出来ず、気分転換できず、考え方感じ方の視野が遮られ、判断の融通が利かなくなり、好き嫌いの許容範囲が狭くなり、精神の内容が狭いところに閉じ込められて行くということが重要です。本人は絶対に妄想とは自覚していませんが、漠然とした違和感のような苦痛として感じられることが少なくありません。これは薬物によって人為的に作り出すことができます。主に神経伝達物質としてのドーパミンを増やしたり、グルタミン酸を減らしたりすれば、この状態になります。治療はその逆で、今後新しく起こる妄想を起こらないようにすることができますが、すでに長期間あり続けた妄想を、根本的に除去することはできません。理由は、精神に利く薬の大部分が、神経細胞間の情報を伝達する化学物質の量を加減するものであっても、すでに出来てしまっている神経回路を変更することは出来ないからです。たとえばドーパミンが過剰になれば、その神経経路はいつまでも余韻が残るように興奮状態を持続し、なかなか鎮まらず、常時使用中の状態になってしまいます。よく使う神経経路はしっかりとした太い経路になります。ドーパミン過剰による情報の意味の変質が、被害妄想や注察妄想になるのは、その人が他人にどう思われているかを気にする性格の人だからで、まじめで勤勉で責任感の強い正直な人に多く、統合失調症になりやすい性格と言われています。ひとたび強固に作られてしまった妄想を呼ぶ神経回路は、その後、統合失調症と診断されて治療薬を飲んだとしても、なかなか変更されたり修正されたりはせず、統合失調症の陰性症状や、他の精神障害の根本的な治療が難しい原因になっています。勿論、遺伝的素質も根本的には治療が困難です。

僅か1秒ほどの間一髪の差で命をとりとめ、無事に済んだという経験がありませんか。車に跳ねられそうになり、咄嗟に反射的に身体を動かしたのが奏功して助かったような経験です。その時の記憶はスローモーションのように、1秒が10秒ほどになって思い出された事がありませんか。0.1秒単位で、状況を認識し、身体を制御し、脳が命令していたのがわかります。海で溺れそうになったり、病気で死にかけた時、これまでの人生の経験が、走馬燈のように頭を流れて行った経験がありませんか。これらは映画のテクニックとしてよく利用されていますが、映画以前から、実際に多くの人が経験していた事ですので確認してみて下さい。そして、統合失調症や他の精神障害の人も、そんな事を経験していたなら、その記憶を尋ねてみて下さい。統合失調症などの精神障害者では、そんな非常時の記憶の中に、状況や事実の経験に無関係の妄想が混じっていることがわかります。0.1秒単位の1秒間の咄嗟の行動の中に、妄想が2齣も入っていたりします。これまでの人生経験の中に、妄想の内容が入っていたりします。性同一性障害の人の場合はどうか、尋ねてみて下さい。妄想のあることがわかります。内容がけっして性別の事ではないこともわかります。

いったん強固に作られた神経回路が、自然に再編成される事があります。思春期に大々的に行なわれ、ドーパミン神経が密接に関係していると言われています。それまでは幼児のように周囲の人の庇護のもとに暮らしていましたから、子供らしく甘えた生活態度が、すでに脳の神経回路になっています。折角作った神経回路です。これが思春期の性欲によって再編成されて、大人の社会人として社会を作る神経回路になります。子供を生んで育てて社会を作るための社会人に脱皮します。ドーパミン神経の活発化が、この脱皮を行ないます。古い子供の神経回路を変更して、新しい社会人の回路に繋ぎ変える働きが性欲にあります。(続く)

525名無しさん:2007/07/15(日) 22:39:08 ID:gpih.gx6
チョウは、幼虫から蛹になり脱皮して羽根を伸ばして蝶々になります。生殖が目的ですが、蛹の時に、中身を調べた事がありますか。蛹の外側には、羽根や脚などの蝶々の外観に似た器官がすでに出来ていますが、人間の皮膚や手足に相当する外観だけにすぎず、内部は、ほとんど均一な液体で、器官と呼べるような構造物がありません。幼虫の時には、人間で言えば臓器や筋肉などに相当する構造物が内部にありましたが、蛹になると溶けて、均一な液体になってしまいます。この液体が再び結合されて、蝶々の内部の器官を再形成してから、脱皮して飛び立ちます。人間では、思春期になっても、内臓や筋肉などが溶けることもなく、身体の内部が均一な液体になることもありませんが、脳の機能の一部があたかも溶けて再形成されるかのように、一旦出来上がっていた子供特有の思考や感情などの神経回路が、大人の神経回路に再形成されます。具体的には神経細胞の樹状突起という手を引っ込めたり伸ばしたして、幼年期に作った回路を壊して、新しい大人の神経回路を作りますが、一定の設計図があるかのように見事に行なわれます。このために、幼年期に固定されていた神経回路も容易に変更されて、けっして幼年期にすでに習得して築き上げた神経回路が、大人になっても人間を幼児的な精神のままに固定してしまうことはありません。ドーパミン神経の機能が、この人間の変態を先導していると言われていますので、チョウが脱皮して生殖に励むようになるが如く、人間では思春期の性欲が、遠い星のような指標になり、大人の社会人を目指すと言えるかも知れません。他の生物で言う生殖と、人間で言う社会人になることとが、似たような意味になりますが、性同一性障害では生殖を拒否する心理と、社会人に脱皮できない心理とが、ものの見事に一致しています。

解離は変態と同様の効果をもたらすかも知れず、性転換は性同一性障害になるに至った基礎疾患としての精神障害の治療に、効果があるかも知れないと期待されました。解離の詳しい機序は省略しますが、すでに出来上がっている神経回路の一部を棚上げにして封印する作用があり、ドーパミン神経を活発化するものと思われます。統合失調症の陽性症状でも解離しますが、陰性症状では解離できずにストレスを溜め込みますので、上手く解離すれば陰性症状の治療になるかも知れず、下手に解離すれば、サリンを撒くかも知れません。残念ながら、性同一性障害の性転換は性別に固執していますので、性転換に伴う解離の効用と危険性がよく理解されていません。性別は性転換の原因でもなければ目的でもないことを理解し、性同一性障害の実態に即した病識を持つのが賢明です。性転換医療は性転換に伴う解離を期待しての治療法で、性同一性障害を発症する原因として、統合失調症と同じ機序の、軽い症状の精神障害が考えられます。

座禅瞑想では、俗世間のそそのかしに合うと危険ですので、人里離れた山の中で行なうと禅僧は言います。座禅瞑想は解離しますが、解離するとトランス状態になり、暗示やそそのかし受け入れやすくなります。仏教のそそのかしに遭います。馴れた人は、胡座を組まずに、日常生活でも精神的に実行できると言いますが、疑問です。ヨガや各種自律神経訓練法なども、類似の効果を期待していますが、座禅に比べると技術的に未熟です。ロールプレイもよく似た効果がありますが、異性装も同じで、日常的に行えば生活の妨げになりかねません。催眠療法も同様です。ある性同一性障害のグループでは、商社の協力を得て、外国での仕事を経験し、高い治癒効果をあげていると言います。言葉も知らず、仕事も覚えなければならず、周囲は黒人ばかりの熱帯のナイジェリアに、いきなり飛ばされて、ストレスや性別どころでなかったと言う人もいます。幼時のように人の真似をして、現地の生活と言葉と仕事に馴染み、性同一性障害だけでなく、その他の精神障害の治療にも効果が高かったと言います。また子育ての効果も高く、治癒した人達は、性転換では配偶子の保存が、治癒のための最大の保険になり武器にもなると言っています。(終り)

526名無しさん:2007/07/16(月) 00:19:56 ID:???
論理=悪魔が人間に植え付けた装置
ディベート=戦争の雛形

527名無しさん:2007/07/17(火) 21:30:23 ID:D9e8AXYw
毎朝、30分で裏山の頂上まで駆け上がり、30分かけて、ゆっくりと下って来ます。梅雨が明ければ、今年は苗場山。
今朝、きのこを見つけました。10センチぐらいのを、7本採取。調べましたが、名前がわからない。とにかく、毒きのこではない。白っぽく、あまりおいしそうではなかったけれど、分厚くて、食べ目がありそう。バター炒めで食べました。おいしかった。でも、バターの味しか、しなかった。柄も柔らかくて、どんなお料理にも合いそう。

精神障害の人を見ていると、きのこを思い出します。あれは真菌類の菌糸が胞子を作るために、子実体を伸ばしたもので、言ってみれば花かな。
性同一性障害の人は、自分で精神障害ってことがわかっていないので、可哀相な花。

普通の女性に性同一性障害の人を紹介して、一緒に歩いていると、性同一性障害の人達のグループに遭遇しました。そしたら、一緒に歩いていた性同一性障害の人の態度が変わって、相手の容貌容姿を鼻であしらってから、一人ごとのように冷笑しはじめました。相手の人達のことを知っているのかしらと尋ねると、知らないの。
この態度が女性の印象に残ったらしく、あとで聞くと、あれは精神病だとすぐにわかる態度だと言っていました。異常に容貌容姿にこだわって、それだけで人を評価して、自分の人生を値踏みして、自分より男性的な顔や身体つきのMtFの人を見ると、すごく憎んで見下した態度をとります。
この掲示板の人も、そうかな。そんな気がしました。精神病という印象が残るのですよ。

苗場山って、冬はスキー場で有名だけど、頂上は平坦な台地になっていて、湿原や草原があります。ツルコケモモが有名。
アメリカの代表する果物は、ブルーベリー、クランベリー、コンコードグレープなのだそうですけど、このクランベリーが、日本でいうツルコケモモ。ニュージャージーのほうでは、平地の池で大量生産して、大型機械で果実を採取していますけど、日本では高山植物。
梅雨が明ければ、苗場でクランベリーのお花を見ます。もうすぐかな。

528名無しさん:2007/07/18(水) 01:40:22 ID:KcUlWTKs
あなたのその偏見、確信、こだわりも、精神病という印象が残るのですよ。。。

でも精神病の経験というのか、それが無い人間に
果たして精神病という印象を意識できるのかということです。
治癒できるのかということです。

すべてを固定化して捉えないことです。断定しないことですよ。
確信しないことです。

本棚もぎっちり詰め込まないで、常に3割くらい空かしておくのがいいのです。
家を建てるのにも完璧につくらない方がいいのです。

すべての事象は流れていきます。同じ時に留まりません。

529名無しさん:2007/07/18(水) 06:52:07 ID:LF0j3LQE
>>518 >>519 背後のGID組織の組織的関与を証明する証拠を入手したか。

530名無しさん:2007/07/18(水) 07:58:23 ID:KHq.81iM
Qちゃんの旦那とミア姉のお葬式のあと、みんなしょぼん。
そのあと地震で、信越線の青海川駅のホームの端っこが埋まったのを見に行った人の話は伝わって来るのに、
柏崎の人の様子が伝わってきません。
誰だ! 野次馬根性で土砂崩れの跡を見に行ったのは!
柏崎の人に会ったのか、報告せい!
だいたい、あの人、まだ柏崎に住んでるの?
行ってきまーす、会社。

531名無しさん:2007/07/18(水) 12:41:43 ID:8WX6QDv.
>>503
三室戸寺は、本山派の修験道のお寺です。奈良県の大峰山と関係があります。
修験道には、京都の真言宗醍醐寺を中心とする当山派と、京都の聖護院を中心とする本山派と、吉野の金峯山寺を中心とする本宗派と、その他の地方の宗派とがあります。いずれも役小角を、修験道・山伏の開祖としています。
日本の伝統的な山岳信仰の形態の一つで、広くは神道の一種ですが、歴史的に見て、経済的政治的に仏教の宗派に属さずにはいられない立場でしたので、それぞれの社寺によって、やや複雑な系譜になっています。
亡くなられたジュリ先生のお寺も、古くは真言宗に属する修験道の一派でしたが、現在は醍醐寺の当山派ではなく、吉野の修験道の社寺と縁戚関係にあります。

彼女はインターセックスの人で、医師でした。代々、血縁の信者さん達の相互扶助のための宗教資産を運用していましたが、ほとんどが近畿地方を中心に日本全国に散らばる山林でしたので、林業が斜陽になると、近代的な資本形態に資産を変えて行きました。
祖父や曾祖父が当主として進めた方向を、彼女は当主代理として一層強力に推進して、積極的に資産を海外に移転しました。反対派との相当な軋轢があったようです。バブル期に、ほぼ完全に資産の移転を終え、バブル崩壊の影響を受けずに、現在は確実に1兆円を超える運用額になっているはずです。
GIDの運動家とその周辺の連中が、金と命を要求して彼女を脅迫しました。おもに性転換手術を終えたMTFとプレオペのGIDと右翼です。

彼女はアメリカ国籍の近代的な登山が趣味の人で、日頃は大峰山でトレーニングをしていました。修験道の家柄に生まれた人としては、ある意味で当然です。本人は無宗教だと言っていましたが、いわば財閥の長であるとともに、修験道の宗派の長でもあり、大峰山は彼女の庭のようなものでした。
当主の地位は、一千年ほど続いている世襲の地位で、インターセックスは特別な信仰の対象になっていました。彼女が父親に代わって辣腕を振るったのも、インターセックスだったからです。
鎌倉時代初頭から、代々の当主が灯籠を立てていますので、藤原摂関家の家系まで確実に遡れる家柄でした。自動的に藤原頼長・頼道や、大化改新の中臣鎌足の子孫になりますが、本人によると、家柄というのは、実子がいても他に優秀な人間がいると、養子として貰い受けて後継ぎにするものだそうです。

インターセックスの人や、修験道の人や、商社の人がどう決めようとも、ジュリ先生を脅迫したGIDと、その連中を指揮した医師や学者に、必ず鉄槌を下します。絶対に逃がしません。許しません。

532名無しさん:2007/07/18(水) 13:22:44 ID:KHq.81iM
↑ 上杉謙信女性説とか半陰陽説を思い出した。
あの人(謙信さん)も修験道に凝ってました。
地震の柏崎から、すぐ。上越市の春日山。
ここにいました、上杉謙信。
この前の中越地震の時は、長岡の人が被災しました。
無事だったのですけど、家が傷んだそうです。
今度の柏崎は、どうかな・・・
誰か、教えてーーーー 柏崎の消息。

533名無しさん:2007/07/18(水) 19:51:17 ID:saSAE6Us
熊本の温泉旅館の女将からの情報。
柏崎の人は鯨波のホテルに今も住み込みで勤めています。仲居さんです。無事だそうです。
ネットで和風ホテルの写真を見ると、しっかりした鉄筋コンクリートの建物です。
住み込みですので、建物に被害があったとしても、とりあえずは御本人に損害はないのでは。
今後、ホテルのお客さんが減ると、解雇されるかも。
鯨波は、海水浴場で温泉もあります。柏崎市です。
ホテルに電話を掛けると呼び出して貰えると思いますが、携帯の番号は、
昔、石川県の温泉旅館で、着物姿で金のシャチホコと言って逆立ちしてお客さんを喜ばせていた仲居さん出身の、
熊本の温泉旅館のあの女将にお尋ね下さい。
京都のカメキチ姐さんも御存知です。私(東京の宝石屋)も。
長岡の人の話では、前よりも今度のほうが強かったそうです。
前回は外壁に罅が入り、今度はそれが落ちたので、補修しないといけないとぼやいていました。無事です。
長岡の人は農業ですが、柏崎の人を知っていました。
旅館・ホテル業関係の年寄りの部のGIDの元締めは高級料亭経営のカメキチ姐さんです。

534はまっこ:2007/07/19(木) 17:43:42 ID:pM79FL5I
おひさしぶり〜 まだ梅雨、あけないね。うちのセミ、泣かないもん。

>>533 職場まで書いちゃっていいの? 源氏名まで書いてる。
>>527に登場のgid、おかしいよ。
知らないgidを見て、容貌容姿とか、服装の趣味とかだけで、
軽蔑して、冷笑して、憎むのは、
中学生の精神状態のまんま、大人になってしまったgid。
これ直感だから、あたってないかも。
たぶん、あたしの思うには、このgidの人はtv系で、自称tg。
奥さんと子供さんがいて、30才すぎてからカミングして、身長180cm。
あたしだったら、クラインフェルタか聞いてみるね。
そうでなかったら、欝っぽい気持ちから、tvになった人で、鬱病系じゃなくて、統合失調症系ね。
きっと、ヘンな妄想があるのよ。
ピンと来ない? 話も聞かずに、見ただけで、知らない人を憎むのは、子供か精神障害なんよ。
>>528の人は、ずっと前に、幼年期の妄想を書いてた子でしょ?

535名無しさん:2007/07/19(木) 21:45:00 ID:.cH0ZVpM
アンタ、バカなんじゃいの?
今時、「医者は何でも知っている〜♪」とか思ってるわけ?

医者なんて、最近は、専門が違うと話通じないのは前からだけど、
同じ専門でも研究グループが違うと話つうじないくらい
医者の間の能力的格差も大きいので、もし病気したら、
医者選ばないと、命にかかわる・・・ 閑話休題。


・・・ところで、
GID関係なんて、専門医なんていないわけで、
GIDを診察してる医者が他の医者と違うのは
DSM−IV−TR を読んだことがある・・・ってだけ。

DSM−IV−TR もコメ国で、昔、TS,TV が人権で騒ぐのに
どう対処するか?という行政上の必要性から
コメ国のインチキ医者たちがでっち上げただけのもの。

そんなカス医者に自分の運命を任せるなんて、とんでもない!
カウンセリングなんて、アンタ、自分で DSM−IV−TR読んどきゃ、
何訊かれたって、医者の聞きたい答えがかえせるでしょ?
そういう、どっからも文句のつけられない模範解答をだしてくれたほうが、
医者も楽でいいし、後でトラブルにならなくていいわけ。

医者はGID患者を救おう、として努力してるわけじゃないから、
なるだけ、楽なほうがいいし。
医者で、「基準をキビシクしてやろう」って、モメるもとをわざわざ
作るバカはいなーいけどさ・・・、
明らかに自分よりアタマ悪い医者、それもノンケで
GIDの混乱した幼少期も暗い青春も知らないアッパラパーの
ヴォケェ〜なんかに自分を診断されるなんて!
こんな屈辱はないと思う。 

クソ医者ども! 死ね! 
あ!でも診断書書いてからにしてネ♪

536名無しさん:2007/07/19(木) 21:51:40 ID:.cH0ZVpM
Iowa大で MRI 使ってブレイン・マッピング
(脳内の血液の動きとか化学物質の増減などを、立方mm単位で画像化する技術を使って、
精神病、または正常な精神活動との相関関係の脳の地図をチマチマと作っていく研究)
やってる天才オバサンの Nancy Andreason のグループの研究が進むと、ほんとに、
精神病に対して、カウンセリングとアテズッポウのクスリで対処・・・が仕事の
精神分析医なんていうインチキ医者は、19世紀の化学者に対する中世の錬金術師にしかみえなくなるよね・・・。

GID だって、ブレイン・マッピングで、原因が解剖学的に、脳生理学的に、分子生物学的にわかっちゃって、
一発で治療できて、「正常」のオッサンにするのも、できるようになるのは、あきらかでしょ?

それで、アタシ、考えるんだけどさー、確実な「治療法」があるとして、
自分は、オッサンであることが正常に感じる、「正常なオッサン」になりたいんだろか・・・って。

病気だったら、治療して健康に戻りたい! と思うのが普通でしょ?

でも、GID の人で「正常なオッサン」になりたい! と思う人、いないでしょ?
だとしたら・・・、結局、 GID ってライフ・スタイルで、病気じゃないのかも〜・・・。

まあ、アタシなんか、体がすでに完パスで、
オッサンに戻ろうとしても解剖学的に不可能だから、
いまさら、ただの知的好奇心にすぎないんだけどさ・・・、

「GIDが精神病か?ライフスタイルか?」って、問題は
人道上、律法上、行政上、での扱いに影響が出そうで、

低脳医者とかアホ政治家が利己的な個人的ゲインのために、
利用したら怖いよね〜〜・・・。

537名無しさん:2007/07/20(金) 06:28:00 ID:???
セミの羽化は、土中の気温や湿度が関係するのでしょう。羽化しても、まだ梅雨が明けておらず、雨ばかりでは生殖もできず、虚しいですね。我が家の近辺では、確かに毎年、梅雨明けの日の朝から、セミが泣き出します。ミンミンゼミやアブラゼミでしょうか。

このところ、隣りのマンションの自転車置き場の屋根を、カラスが歩いて、早朝の睡眠を妨げられます。自転車置き場の屋根は、塗装した鉄板の波折板で、カラスが集団で歩くと、爪が鉄板を引っ掻き、金属音が混じり、朝っぱらから工事を始めたかと思うほどの騒音になります。
自治会がマンションに苦情を言うことになり、私も付き合わされましたが、どちらの側にも短気な人がいますので、話のできる人だけで内々に交渉することになりました。何の委任も受けていませんが、少人数だけで極秘に事態の行く末を決めてしまいます。まったく民主的ではありませんが、どこの社会でも、物事の決まり方はこんなものでしょう。

決まった通りに舞台の上で演じてくれる役者と観衆がいて、適当に反対意見を述べてくれる人もいます。イベントを運営してくれた人もいますが、物事の成り行きを決めた人達は、予定通りに終わったと人づてに聞いた時、ゴルフに興じていました。

538名無しさん:2007/07/20(金) 12:11:13 ID:Wa0J/sHw
>>535-536
こいつ援助交際で男だまして暮らしとるヤツじゃろが。男にも女にも適応できんと売春やっとるだけで、完パスたあ笑いこけた。完全な性転換失敗例じゃろが。医者を恨むなら埼玉に言え。

539名無しさん:2007/07/20(金) 12:35:23 ID:PzlmjYwk
↑そうなの? あの子なの?

540名無しさん:2007/07/20(金) 13:13:56 ID:???
だれか知らないけど、投稿内容が支離滅裂に近いかな。かなりの躁状態とお見受けしました。
投稿に書かれている基本知識のほぼ全部が誤っているので、指摘してあげる親切な人もいないのでは?
この精神状態「混乱した幼少期も暗い青春も」は、たとえばドーパミンをほんの少し上げて、それを思春期にホルモン療法のように数年間続ければ、簡単に作り出せます。
指摘するのも、めんどいけど、

>病気だったら、治療して健康に戻りたい! と思うのが普通でしょ?

精神疾患では、病識のないほうが普通なの。
病識ってのは、病気の知識でなくて、自分の病気の箇所を自覚して、その病気を治したいと思う気持ちのことなのよ。
精神疾患では、その気持ちのないほうが普通だから、精神が異常かどうかを判断するのは、本人でなく周囲の人です。本人は、自分自身の精神疾患のことを、健康だと確信しています。

アイオワのことを書いてるけど、脳内の化学物質の分布を知る研究は、何千件とあります。論文なら何万本とあります。
化学物質の増減を制御しても、できてしまった神経回路の変更はできないのよ。
神経系は、たとえば一つが不具合になると、他の神経系が代償しようとして機能しますし、薬で神経伝達物質を下げると、もっと神経伝達物質を多量に放出しようとします。
あなたの知らない現象がたくさんあって、脳の中の化学物質の増減を映像化しても、臨床にはなかなか応用できません。お大事に。

541素ーちん:2007/07/20(金) 15:51:25 ID:.WHHo3uk
>>535-536 覚醒剤、飲んでるんとちゃう?

542はまっこ:2007/07/20(金) 21:09:42 ID:7/dttMcc
津のクルーザー、このあいだ大阪に行った時、淡輪で見掛けたよ。いま誰が持ってるのかしら、御存知? 
乗せてもらいたいなあ・・・

>>535-536 この子、自殺しないかしら。初歩的な知識で躓いているでしょう? 
だれも指摘してくれない生活状況になってるのよね。自分で気づかない知的状態になってるのよね。
たぶん、指摘してくれる人を遠ざけ、自分で気づくのを拒否しているの。
いつか、気づいて苦しい目を乗り越えないと、人格障害・痴呆になるよ。
遅れれば遅れるほど、絶体絶命になるんだけど、それがわかってないみたい。
乗り越えられるかな、混乱した幼少期で、暗い青春でしょう? 人よりも極端にストレスに弱い素質よね。
ボールを蹴ってばかりじゃ、だめなのよ、ちゃんと受ける練習もしなくちゃ。
容貌容姿で完全にパスする人だったら、年寄りのGIDにはザラにいるよ。
心が反対の性別なんて誰も言わなかった時代に、性転換まで漕ぎ着けた人達だから、知能指数の高い人が多くて、150以上なんてザラにいるよ。
この子の心の中、書いてくれたんだけど、これを口に出して人に言い触らせば、すでに妄想型の統合失調症かな。
口には出さないと思うけど、我慢しないで、泥、吐き出して入院したほうが、この子のためになるかしら。
へこたれないで、頑張って、乗り越えて頂戴ね。みんな、乗り越えたのよ、年寄りのGIDの人達は。応援してます。

543名無しさん:2007/07/21(土) 21:16:38 ID:???
アメリカさんお金持ちらしいから自殺はないんじゃないかな

544nagoya:2007/07/22(日) 01:01:58 ID:tLFRjJEU
伊良湖の磯を歩くと、アメフラシがいっぱい。灯台からビューホテルに行く磯。すぐに恋路ヶ浜の砂浜になるますが、その手前ね。よその子供が遊んでいたので、のぞいて見るとアメフラシ。こんなのがゴロゴロなんだから、まだ梅雨は明けません。産卵のため。

昨日、まちがえて常滑行きに乗りました。なんだか混んでると思っていましたが、気になりませんでした。大田川でやっと気づいて、神宮前まで引き返しましたが、中部国際空港ができてから、あっちの線は混んでいます。

近鉄から名鉄に乗り換えたとき、早足で地下街を歩いたせいで、汗ぐっしょり。いったん閉まっていた豊橋行きのドアが、もう一度開いたので、飛び乗りました。これが常滑行き。ホームの表示は、豊橋行きでしたが、次の電車の表示だったの。学生さんを待たせて、悠然と遅刻しました。

>>543 お金持ちも、精神障害の間接的な原因の一つ鴨。しっかりとしたお母さんだったら、乳児の頃から躾けようとすると心身症が出たと、教えてくれる鴨ね。甘やかして育てたのではありません。

お金持ちでも精神障害になるように、お金持ちでも自殺します。平和な時代になっても、戦場のように、阿修羅のように、野獣のように生き続けた人がいて、もう戦争は終わったのだと、やっと気づいて、せっかく気づいた時に、力尽きて自殺してしまいました。辛かったのでしょうね。

>>535-536の人は、何も知らずに痴呆になれないでしょう? 知ることを拒否すればするほど、知ってしまって、辛くなるいっぽう。性転換を希望していた脳性麻痺の人も、知ったときに自殺しました。ホルモンシャワー説や脳の性差説を信じて、飴玉しゃぶりながら性転換したほうがいい鴨ね。

治る人は何もしなくても治るかも知れないし、治らない人は何をやっても治らないかも知れません。お金持ちも貧乏人も、知能の高い人も低い人も、完全に平等。生まれついた星が、とんでもなく不平等でも、人は生まれながらにして完全に平等だと言うんですよ。神様の権限と、人のなすべき事とは、別枠なの。倦まず弛まず怠らず、人のなすべきことを為して、最高に幸せだと納得できるように生きましょうね。

アメフラシ、雌雄同体で、ものすごくエッチです。ёё

545名無しさん:2007/07/22(日) 01:53:59 ID:HJHTjf8k
正常な男性を肉体をもった人間が
射精を意識的に1年間まったくしない場合
肉体の変化というのはありますか?

ホルもつかわずに
そのままの状態で、できるだけ男性化を止めたいのです。
今のところ、2ヶ月持ちこたえました。

546名無しさん:2007/07/22(日) 02:34:59 ID:???
こちらは大阪です
先週には蝉の抜け殻を見たのに鳴き声を聞かないな
と思ってたら今朝は鳴いていてました
湿気がすごくて空気が重いのに
大阪の蝉もエッチですねw

547名無しさん:2007/07/22(日) 18:26:07 ID:O0KPi7R.
アメフラシは神経細胞の実験材料なんだよな。シナプスと長期記憶とCREBの関係で、エリック・カンデルがノーベル賞もらったのは、もう古いか。
エリザベス・ロフタスは、解離性障害やPTSDなどの、幼児期の性的虐待の記憶を、虚偽の記憶と言っとったが、ジュリエンも昔からそれを言っていて、精神分析派と対立していた。
カンデルは精神分析の肩を持ったことになるんだよな。アメフラシのシナプスを使って、カンデルは長期記憶の研究をしたが、性同一性障害の妄想も一枚噛んでる。
>>544の名古屋のおばちゃんは、そういう話に持っていくための伏線を書いたのだろ。以前に東京のFTMのネエちゃんも、同じ手口を使っていた。幹細胞に話を持っていくために、プラナリアを書いていただろが。
プラナリアは可愛い顔をしているが、アメフラシは好かん。犬の脳のほうが美味いと思うが。

548名無しさん:2007/07/22(日) 18:26:46 ID:O0KPi7R.
アメフラシは神経細胞の実験材料なんだよな。シナプスと長期記憶とCREBの関係で、エリック・カンデルがノーベル賞もらったのは、もう古いか。
エリザベス・ロフタスは、解離性障害やPTSDなどの、幼児期の性的虐待の記憶を、虚偽の記憶と言っとったが、ジュリエンも昔からそれを言っていて、精神分析派と対立していた。
カンデルは精神分析の肩を持ったことになるんだよな。アメフラシのシナプスを使って、カンデルは長期記憶の研究をしたが、性同一性障害の妄想も一枚噛んでる。
>>544の名古屋のおばちゃんは、そういう話に持っていくための伏線を書いたのだろ。以前に東京のFTMのネエちゃんも、同じ手口を使っていた。幹細胞に話を持っていくために、プラナリアを書いていただろが。
プラナリアは可愛い顔をしているが、アメフラシは好かん。犬の脳のほうが美味いと思うが。

549名無しさん:2007/07/23(月) 02:12:21 ID:???
俺は頭が悪いから伏線なんておもいもよらなかった、ごめんよ
調べてたらこんな時間
深夜のお勉強タイムは楽しかったw
寝よ

550名無しさん:2007/07/23(月) 12:23:22 ID:ANDEhDwU
奥さんのいるmtfgidには、絶対に離婚しないように勧めています。
糸の切れた凧で、統合失調症の人とそっくりの生活になってしまいます。
御主人がgidになった奥さんには、早く離婚するように勧めています。
精神障害者の介護は、介護人が自分の一生を犠牲にすることになり、子供がいると、子供も将来、精神障害になる可能性が高いからです。

精神病になりやすい素質は、ある程度遺伝します。
精神病は、素質だけでは発病しませんが、同じ家族として、同じ環境のもとで生活していると、同じように発病してしまいます。
同じ病名の精神障害とは限りません。

精神障害の当事者の多くは、自分の生活や感情を、自由な生き方や考え方だと確信して、子供を教育しようとします。
mtfgidも同じです。
子供が成人するまで、非常に危険ですので、精神障害の親との距離を、ある程度とったほうがいいようです。
母親は子供に、gidが統合失調症の軽い症状だということを、しっかりと教えて、
精神障害者を差別しないで、ある程度突き放して生きる道を教えるのが正解です。
統合失調症もgidも含めて、精神障害では、同じ家庭の同じ血を引いた人が全滅することも少なくなく、家族に複数の精神障害者というのは、ごく普通にあります。

551名無しさん:2007/07/23(月) 22:48:31 ID:z209Q5mk
GID個人を特定できる記事が多いので、警告します。
GIDの約5%は、暴力団と親しい生活状態にあり、事実上、ヤクザもしくはヤクザ関係者です。この比率は一般の人と比べて、さほど多くありません。
不特定多数のヤクザを批判すれば、弾丸や小指が配達されて来るように、一般論としてGIDやGID医療に批判的な態度をとれば、約5%のGIDに脅迫されることもあります。特にGIDがGIDを批判すれば、その傾向が強いようです。

昔、『ミンボーの女』という映画でヤクザを指弾した伊丹十三は、ヤクザに顔を切られました。ヤクザ映画は、いわゆる任侠を美化したものが目立ちますが、ほとんどは必ずしも堅気でない少数の映画関係者によって制作されます。映画関係者即ちヤクザ関係者であることも珍しくなく、一般にヤクザを美化した映画しか制作できません。

GIDも似たような状況で、ほとんどのマスコミや医療関係者はGIDを美化しますが、実態がそうでないことは周知の通りです。一部のGIDは、GID医療に批判的な人達に暴力団紛いの報復を実行しています。オウムに批判的な弁護士一家を皆殺しにしたオウムの精神状況と酷似しています。
彼らはGID治療以前から一般社会への適応を拒否していましたが、性転換によって新しい性別に適応できる身体的特徴を獲得しても、善良な社会に適応しようとはしません。性転換によって性交渉の快楽が得られれば、次はヤクザのする事を望みます。労せずして性と暴力と金の獲得を目論んで性転換したに過ぎず、中学時代からすでに暴力団の手下になって殺人を犯した同級生を尊敬していました。

一部のGIDの、この精神状況を知りながら、あたかも非行や犯罪を支援するかように、性転換手術を実施した医師達がいます。いわばキチガイに刃物を与えた結果になりましたが、それを知りながら性転換手術を積極的に推進しました。埼玉や岡山が、何故、暴力や非行を目指す性転換医療を推進したのか、明らかにすべきです。

>>535-536の口調は、実際に犯罪を冒したGIDの脅迫文と同じ調子です。脅迫文では、命と金を要求しました。この事件にはGIDのほかにプロの犯罪者とインターネットの精通者が加わっていました。
GIDや投稿者個人を特定できる記事は危険ですので、慎むべきです。インターネットにアクセスする際は、万全のセキュリティをお忘れなく。

552名無しさん:2007/07/24(火) 00:11:35 ID:???
↑やーさんまがいの、非行GIDがいることは確かだから、
用心するに越したことはないけど、特にこのスレではね、
でも、その子>>535-536は、だいじょうぶ。
まだ子供なんよ。突っ張ってるだけ。自惚れてるだけ。
傲慢になってるだけ。悪い子じゃないから、問題なしと思いま〜す。

                           オ・ヤ・ス・ミ

553ディズニーランドでこけた:2007/07/24(火) 08:57:35 ID:JlhV1ZG.
今月から田中さんのあと、村瀬ですが東京国税局長。
お知り合いのかた、手をあげてください。
印をつけておいてネ。

554名無しさん:2007/07/25(水) 00:20:09 ID:???
公安調査庁の緒方なんとかって元長官が朝鮮総連との件で逮捕されました。 公安調査庁は検察官の法曹組織で、警視庁の公安部とは犬猿の仲ですが、総理官邸とは親密です。
国税局に出向した財務省のおかたは、お人好しのオッチョコチョイですが、窮鼠猫を噛むと言うこともあります。(もも)

555名無しさん:2007/07/25(水) 20:33:44 ID:???
蝉が泣くと公安調査庁のGID内偵に東京国税局のお許しが必要?
警視庁が終わって公安調査庁が出てくるわけ?
東京国税局と何を談合したいの。

556名無しさん:2007/07/25(水) 22:07:07 ID:s76yfp0k
宗教って、
年中行事が目白押しで、すっごく忙しいの。
役に立たない芸能番組みたいで、
テレビとか、パソコンに、囓り付いてるより、
風と共に去りぬの、スカーレットみたいに、
土、耕してたほうが、きっと、病気も治ると思う。
景色がいいもん。
人が豊かだもん。
儀式や、お祭りや、テレビの娯楽や、インターネットなんか、
毎日毎日、見ず知らずの人と、売春してるようなもんで、
そこはかとなく、虚しい。
あたしは、スーダンで農場やりたかったけど、
タリバンに壊された。
東京国税局は、リビアの原発と思うけど、
朝鮮総連と、どう関係あるかは、知らん。

557名無しさん:2007/07/26(木) 01:25:51 ID:hSMHuVKY
>>551
>性転換によって性交渉の快楽が得られれば、次はヤクザのする事を望みます。
労せずして性と暴力と金の獲得を目論んで性転換したに過ぎず、
中学時代からすでに暴力団の手下になって殺人を犯した同級生を尊敬していました。

まったく、その通りでまんまのやからがいますね、
姿を見せないが・・・。
擁護する周囲もやーさんまがいの非行GID?
怖いね、実感!

558名無しさん:2007/07/26(木) 23:20:41 ID:???
性転換医療ってね、要するに間引き医療なの。ダメ人間の子孫を絶やす医療なの。優生医療って言うの。
性別の事は、ホルモン療法や性転換手術を、医療の側が提示したことで、はじめて、性同一性障害の人が、性別の事を言い出すようになったの。こういう医療がなかった時代には、性別の事で悩んでるとは、言わなかったの。自分は本当は反対の性別だなんて、統合失調症の人か、解離性障害の人しか、本気では言わなかったの。それも、統合失調症の人が言ったのは、ヨーロッパやアメリカだけで、日本では、統合失調症の人も言わなかったの。
そういう気持ちがあったのに、医療技術がなかったから言わなかったのとは違うのよ。もともと、性別のことにこだわる気持ちなんてなかったから、言わなかったのよ。

性同一性障害って、医療の側が提案した治療法で、その治療法を正当化するために、性同一性障害っていう病気をでっち上げたの。
どういう人達のための治療法かって言うと、統合失調症の陰性症状に近い症状の人達が、非行に走って、統合失調症の陽性症状の発症を防いでいる人達のなかに、性的快感に浸り続ける人達がいたの。この人達は男性なんだけど、ずっと性的快感に浸り続けたいので、射精したくないの。射精すると快感が覚めるから、統合失調症の陰性症状によく似た症状に苦しむことになるの。だから射精しないで、射精の一歩手前の快感に、ずーっと浸り続けようとするの。そのために女装していたの。女装しているだけで、そういう快感があるの。

性転換医療って、こういう人達のために、治療法として医療側から提案されたの。ずっと女装していたんじゃ、働けないだろう。女性ホルモン使ったらどうだ。そうしたら、昼間でも女装のまま、町の中を歩けるだろう。性転換したらどうだ。そうしたら一生、女装のまま暮らせるぞって、医療の側がそそのかしたの。
性別のことは、この治療法を正当化するために、性同一性障害っていう病気と一緒にでっちあげられた屁理屈なのよ。いまは、その屁理屈が流行しているけど、いまでもやっぱり集まってくる人は、統合失調症の陰性症状のようなものを持っている人達なの。その症状のもやもやとした不快感のことを、性別の違和感だっていうふうに、思い込むの。統合失調症の陰性症状って、思春期にひどくなるから、性欲と一緒になりやすいのよね。だから、もやもやとした不快感が、何か性的なものに感じられるの。それに顔や体つきが、反対の性別に似てる人もいるしね。思い込みやすいの。

でも、何もかもが思い込みじゃなくて、統合失調症の陰性症状のような精神症状は、性同一性障害の人に共通して確実にあります。それに対する治療法としての、ホルモン療法や性転換手術なのよ。ここをまず、しっかりと押さえておかないといけません。

結局さ、性転換って、ホルモン療法だけにしても、生殖機能をダメにしてしまうから、優生医療なのよ。統合失調症の基準未満の精神症状を持続的に持っていて、苦しさから逃れるために非行に走りやすい人達を間引いて、子孫を作らせない医療なの。トランスジェンダーとかホルモンシャワーとか脳の性差とか、性同一性障害の人は言ってるけど、所詮は、間引かれ者の小唄なの。

だからさ、ホルモン療法する前に、配偶子を保存して、アッカンベーしてやりなさいって、言ってるの。性同一性障害の人には、その意味がわかんないのよね。統合失調症の系統の精神症状って、病識がないから仕方ないのよね。犬猫扱いにされてるのが、わかんないのよ。ほんとよ、性転換手術をしてる先生が、おんなじ手術台で犬猫の去勢手術もしてるって。その先生と話をすればわかるけど、性同一性障害の人を、犬猫なみのダメ人間と思ってるの。でも、ニコニコして性同一性障害の人を治療するんで、性同一性障害の人はその先生を神様のように思って慕っています。べつにその先生を慕っても悪くないんだけどさ、基本は性転換医療って、ダメ人間処分の間引き医療の優生医療なのよ。

559名無しさん:2007/07/27(金) 13:02:12 ID:DDg9/.xs
ルンルンルン
8月1日前後が多い夏休み。みんな消えた。
行ってきま〜す v(^o^)

560名無しさん:2007/07/27(金) 23:34:00 ID:kGsQDe1.
性転換のなれの果て?
http://iboard3.to/bbs3.cgi?id=0707

561名無しさん:2007/07/27(金) 23:57:51 ID:???
パソコンのみ進化し、人間は進化を止めている。
多くのラッダイトたちが職を失い、憲法の理念が根こそぎ蔑ろにされている。
弱い者はとことん痛めつけられる。

蜂起には遠いが、放棄もまた革命的なのかもしれない。

562名無しさん:2007/07/28(土) 02:03:12 ID:bauGtGJU
一部のよからぬ者の為に誤解されて、
迷惑被るのはいつも地道に過ごしてる
多くの人達!
よからぬ者の屁理屈は、自己中でどこかの団体みたいに
要求するのが当然とばかりに逆差別、
要求が通らなければ、罪を犯して仕方ないと責任転嫁、

もう屁理屈は聞き飽きた。

563名無しさん:2007/07/28(土) 13:47:36 ID:???
人間はミスチルの歌にもあるように、
エゴとエゴとのシーソーゲーム♪に明け暮れてます。
それによるストレスでうつ病が増えてるようです。自殺者もたくさんいます。

564 ★:2007/07/28(土) 20:00:01 ID:Es2/2zVw

グループの名称は知りませんが、神戸の性転換者のグループが性同一性障害の人に自殺を要求したうえ、
その人の近所や自治会に、その人が女装する男性の痴漢や変質者であるとの噂を流しました。
約1万人の町内の人がその讒言を信じました。
この性転換者のグループは、メンバーが20名以上いて手術を終えた人が中心です。
メンバーの誰もその人の事を知りませんでしたし、その人もそのグループの事を知りませんでした。
メンバーの1人がその人を陥れようとしてグループに応援を求め、グループが組織的に実行しました。
陥れようとした理由は、パスしない顔と身体のその人を憎んだと聞いています。
目的は自殺させることでした。
性同一性障害の起こした事件の中で、最高に悪質と思います。

565よよ:2007/07/28(土) 22:04:01 ID:pTRa73AU
町内に1万人すんでるのすげー。
北海道では考えられないことです。

腸内ならなんとなくわかるけど。

566名無しさん:2007/07/29(日) 00:13:38 ID:Mxb2RDJs
カントウの事件の関西バージョンじゃないの?

567名無しさん:2007/07/29(日) 00:43:44 ID:pPAGavfI
>>564
今時、完全犯罪なんて無理でしょうに…
さすが年寄り、、、

車もろとも沈められる直前にだって
携帯メール打てるもんねー、2ちゃんに書き込めるもんねー
そんな時代だよん

もう嘘なんて突き通せる時代じゃないんだよ
これからは完全に埋没することなんてできませんよ

なにからなにまで他人のデータなんて覗けます。
みんなツナガッテシマッタ

google一神教化はどこに行き着く?

568名無しさん:2007/07/30(月) 19:38:04 ID:HthIC6jU
恋愛に不自由だから
ストレスがものすごくて
病んじゃうんじゃねーの?

性同一性障害っていうより、恋愛不自由者って感じ。
恋愛機会均等法成立を目指した方がヨサス

出会い系とかつかっても
変態しかいねー
ふつーの人でも異常性求めてくるから
もうありえねー

病まない方がおかしい

執着もしたかないし、こだわりたくねーし
ひきこもりたくもねーのに

どうしてもこのまんまだとそういう吹きだまりに
自然と追い込まれる

ノンケってだけで、日々、日常の中に
異性関係の気の流れがあって
当たり前のように活用できるわけだが

うちらはそういうのが利用できないわけで
個人の問題じゃないからこそ、どうしようもないわけで

あらかじめ欠落してる人間からすると
それは尋常じゃないくらいに生きにくいのだが
あたりまえのように享受できていたりする人には
我々が病的にこだわって執着している
みっともない変態に見えるんだろうね

もう革命しかないと思った。

569名無しさん:2007/07/30(月) 23:36:20 ID:tnI7mqic
出会系で男をあさり
寄生虫の様に、相手を騙し、金を吸い取り
役目が終われば次々と渡歩き
自分は真当に働く事なく、
悪びれもせず、春売って当然で過ごす、
処理済GIDが現実に存在する。

570名無しさん:2007/07/31(火) 02:53:35 ID:02XI9WvM
だから、漁ってねーってば

ノンケどもの方がやりたい放題だろ
こっちは童貞だよ処女だよ

ゲイのSNS登録したら、もうセックスのことしか考えてないみたいま
妖怪みたいなのばっかりで、吐き気がして
即日退会した。

どこに何を求めても
人間ってのは、いくつになってもおさかんで
男だの女だの
チンコだのマンコだの求めて
生きる張り合いにしていやがる

もううんざりしてきた

自分を商品化できない私は
いつまでも値札をつけられずに
いつのまにか市場価値も失い
朽ちていくのであろうか

もっと不細工に生まれてくれば
そもそも男にも女にも性的に意識されることもなく
楽に生きられたのかもな
まぁいいや、そのうち老化すれば、自然と生きやすくなるだろう
はやく歳くいてー、年寄りのGIDとやらになりてー

571名無しさん:2007/07/31(火) 15:12:45 ID:yiG/SLQU
いや、569みたいなのは恋愛なんて考えてないし、
人としての心なんてもっていない。

男では同情を得るのが不利だから、性別変更して
商品?として、利益を得ている。

なんの為に性別変更をしたのか?本末転倒では
犯罪者に銃を与えているお上、

一部のばかな者のために白い目で見られて平気?
それか、商品価値が認められるのが羨ましいの?

大変な思いして手に入れたもの、もっと大切にしなきゃ!
屑になりたきゃどうでもいいけど、、

572名無しさん:2007/07/31(火) 22:40:00 ID:???
http://www.nicovideo.jp/watch/sm738726

573名無しさん:2007/07/31(火) 23:06:11 ID:SpRbsfb6
柏崎市の元mtfgidの女性によると、ホテルのお風呂の修復が、もうすぐ完工するので、
お盆は正常に仕事ができるそうです。

福島の川前出身の元mtfgidのSさんが、9月から家族全員でエジプトのカイロ勤務です。
お盆から8月末頃まで、実家で過ごすそうで、現在、東京のマンションの引っ越し準備に大わらわです。

574名無しさん:2007/08/01(水) 02:05:49 ID:6jwp5edI
オナニーは喫煙よりもはるかに危険なものである。
一世代前の研究者によってこの事実は既に明らかになっていたが、
1960年代の性革命、すなわち<気持ちいいなら、
やればいいじゃん>というメンタリティによってこの事実は
見事に隠匿されてしまったのである。

以下にオナニーにまつわる神話とその実際を列挙する

神話:オナニーは無害である。

現実:オナニーが虚弱体質、鬱病、近視、健忘症などの原因
になることは既に医学によって証明されています。

神話:オナニーより、ドラッグやエイズの方が遥かに重要な問題
である。

現実:専門家の試算によれば、今この瞬間、つまり毎秒、
150,000人のアメリカ人がオナニーをしていると考えられて
います。また試算によればオナニーによるアメリカ経済への
経済的損失は毎月凡そ31億円以上になるのです。

神話:オナニーは言わば、「犠牲者なき犯罪である」

現実:神学の専門家によれば、オナニーはつまり、一つの
「入り口(GATE)」であると考える事が出来るのです。
オナニーは言わば一つの「門」であり、それがレイプや変
態行為、児童の性的虐待、エロ動画中毒などといった全て
の危険な行為への入り口の役目を果たすのです。

575名無しさん:2007/08/04(土) 00:11:32 ID:FkVlsBwY
農水省の御大臣は、自殺のあと、絆創膏でしょう? 
お二人とも、林野庁林政部出身なのよね。
このスレに書いていたお年寄りのgidの中に、
国内では、森林、砂防ダム、食肉、漁業に詳しい人がいて、
農水省や林野庁と、御縁があります。

林野庁の、緑のオーナー制度が、行き詰まりました。
木材価格の下落だそうです。
植林して、木材を売って、儲けようなんて、戦後の日本では、考えられないことですが、林野庁は、やりました。
何を考えていたのでしょうか、輸入したほうが、お安いのに。
何かのボランティア制度かなと思っていましたら、
本気で一口50万円を出して、儲ける目論見でした。
農林業は、世界中どこでも、補助金がなければ、食べて行けません。
このスレゆかりの、山持ちの先生は、1970年頃に林業から撤退しました。
でも林業っていいなあ、ジャックと豆の木みたいで、ロマンティックで。

576名無しさん:2007/08/04(土) 16:48:03 ID:UAWxPH2M
自然=神

おまえみたいなのが増えたから神は死んだ。

577笙子:2007/08/05(日) 10:32:10 ID:OCCXRCq.
八戸の市街地の東に、大須賀海岸があります。太平洋に面しています。プレイピア白浜という遊園地がありました。お客さんが少なかったので、無料の自然公園になりました。そのかわり、JR八戸線のプレイピア白浜駅がなくなって、今は1号線を車で行きます。県道の1号線です。

漁港の前を通って、蕪島(かぶしま)の横を通ります。蕪島は、小高い神社になっていますが、国指定の特別天然記念物で、ウミネコの繁殖地です。昔は文字通りの島でしたが、戦争中に海軍が埋め立てて、陸続きにしてしまいました。ウミネコは8月にいなくなりますが、まだいます。それから、水産科学館と、灯台と、展望台の横を通って、海添いに、大須賀海岸まで行きます。ほんの5分ほどです。

自然公園になったプレイピア白浜は、いつも綺麗なお花が咲いています。いまは、ハマナス、カワラナデシコ、カンゾウ、オオバギボウシ、ハクサンギク、ウサギギクです。私はウサギギクが好き。

大須賀海岸は砂浜ですが、遊泳禁止です。砂が1ヶ月に、2mも積もります。潮の流れに運ばれて、砂浜が砂丘のようになります。その砂が波にさわられて、2mの砂の崖を作ります。その崖も、波に洗われて、元の平らな砂浜になります。それを、何度も何度も、繰り返します。潮流が激しく変わるので、遊泳禁止になっています。

でも、八戸線で陸奥白浜という駅まで行くと、白浜海水浴場があります。泳げますから、来てください。白浜海水浴場は、大須賀海岸の南の端っこです。蕪島の横にも、小さい海水浴場があります。いっぱい、あります。

八戸は、岐阜よりも寂しいですが、私も年寄りのgidですので、みんなと目と目を見ながら、口で話したい。手をつないで歩きたいと思います。大須賀海岸は、いい所です。牧場も、磯辺の岬もあります。葦毛崎といいます。灯台の横を馬が歩いて、レストランで桜肉を食べれます。あのお肉は、どこで仕入れるのか知りません。競走馬の牧場です。サラブレッドの上で、ウミネコが鳴いて、太平洋の波が押し寄せてきます。

港の近くに、うちの会社の事務所があります。お風呂もお台所もありますので、10人くらい泊まれます。お盆は、私のふるさとに来てください。温泉もあります。柏崎の人は地震で大変。今年のお盆は、八戸の温泉につかってください。ウミネコの声が聞こえてきます。青森県ただ一人の年寄りのgid、笙子でした。

578名無しさん:2007/08/06(月) 07:28:20 ID:.2nBw1Zc
精神障害者を見ると、
生まれて来なければ良かったのにと、
思うことがあります。

苦しんで、悪あがきして、社会にぶら下がり、
社会に迷惑を掛けることしか、喜べない人生は、
見るに見かねます。

そういう人に、
精子や卵子を残して、子孫を残すように勧めるのは、
冒険ではありませんか。

うまく餌をあげて、マインドコントロールして、
自分から喜んで子孫を絶やすように、うまく信じ込ませるのが、
正解ではありませんか。

579名無しさん:2007/08/07(火) 08:30:43 ID:Z6aeB4V.
精神障害者じゃなくて
社会不適合者でしょ

彼らの生まれてきた使命は
この社会をぶっ壊すことでしょ

単純なことなのよ

あんまり難しく考えると真理から遠のくわよ

580名無しさん:2007/08/08(水) 20:48:57 ID:V81mLvjk
思春期に精神障害を発症する人の多くは、
成人の社会性と生殖を制御する脳の能力が、形成不全になります。
この能力は一体のもので、
人間の生存に必要な、他の基本的な能力が、幼児期に形成を終えるにもかかわらず、
成人の社会性と生殖を制御する脳の能力だけが、思春期に初めて形成されます。

妄想は、神経伝達物質の異常な量によって、伝えられる情報の意味が変化して起こります。
その人が得意として、頻繁に使用し、強固な神経回路の形で、大脳に記憶されている正常な情報に、
妄想が付加されて、妄想は強固な神経回路になり、頻繁に使用されることになります。

性同一性障害の、性別を許容できない意識は、多くが思春期に、神経伝達物質の異常な量によって作られた妄想です。
性同一性障害の、日常の行動や思考や感情は、薬の副作用によるものを除く統合失調症の症状に酷似しています。
統合失調症では自宅に引きこもることが多く、性同一性障害では自分たちの病気を正当化し信奉する雰囲気の、極小の同類社会に引きこもります。
この極小社会の外部に出張するとき、性同一性障害本人の感情は、統合失調症の陽性症状の人が外出したり、陰性症状の人が外出したりする時の感情と、ほぼ同じです。
但し、全体的に性同一性障害は、統合失調症よりも軽症で、生殖機能の阻害を強く希望する自傷心理は、医療の教唆による医原性の精神症状ですので、性同一性障害の自然発生的な症状から、除外されるのが妥当です。

581名無しさん:2007/08/09(木) 14:28:32 ID:c41ikV3.
子供のいないGIDと話すと、「頭、こわれてる」と感じる。ほとんど、そう。
子供のいるM→F・GIDと話すと、「女嫌いのくせに、スケベなオッサン」に見える。
子供のいるM→F・GIDは、ほとんど中学の時からホモで、女の心理を、ゲエーッと吐きそうになるぐらい、毛嫌いしている。
その人物が、トランスジェンダーと言い、「自分の心は女のジェンダーだ」と嘘をつき、信じ込むから、ややこしい。

ホモは、ほとんど、どちらの性別ともセックスする。
元々の性欲の対象はノーマルで、異性に対し敏感に性欲を催すが、これがなければホモになれない。
異性の心理を許容できず、同性とのセックスを先に覚え、後に、異性ともセックスできるようになることが多い。
ノーマルに結婚して励むが、異性の心理を許容できずに、再びホモに戻り、二足の草鞋で行くことが多く、一部はインポになり、GIDになる。
インポの原因は、異性の心理を相手にするとストレスが溜まることから、交渉中にオナニーの心理的要領で、空想的快感を長時間、貪り続けようとして、射精できなくなることが多い。

子供のいるM→F・GIDでは、女の心理を相手にする許容力がないが、オリジナルな性欲の対象が女なので、自分で女になり、心でオナニーする。
ホモもGIDも、心理的に異物を許容できる範囲が狭く、アレルギーを起こしやすい。
許容範囲の狭い人は、そそのかされやすく、解離しやすく、ナルシズムに浸りやすい。
基本的に、子供のいるM→F・GIDの心理的ジェンダーは男だが、オナニーの要領で女装し、解離性障害になり、性ホルモンを使い、やがて性転換手術を受ける。

582名無しさん:2007/08/09(木) 18:17:05 ID:???
子供がいない人がさ、カミングとか、ホルすると、
まず、GID以外の精神障害があって、
それが原因で、性転換したいって言い出したと考えて、間違いないと思う。
思春期に、どういう精神症状が出ていたかとか、
現在、どういう症状が出ているかとか、
御家族から聞き取るのも簡単だし、
日常生活を見るのも、わりと簡単。
だからさ、子供がいない人がGIDになるのは、
蓋然性から言って、まず確実に、ほかの精神障害が原因だって言えると思うの。
年齢が嵩んで来ると、わかりにくいけどね。

子供のいる人が、カミングしたり、ホルしたりして、GIDだって言い出したときは、
遊びでやってる場合があるから、蓋然性じゃなくて、個々に検討することになるんだけど、
性転換したい人は、みんな解離性障害が出てるから、
本人の言うことは、100%嘘だと思っておいたほうがいいし、
GIDは、思春期の精神障害が、30才とか40才になっても、GIDとして出てくるんだけど、
思春期を調べようとしても、生活状況が変わってしまっていて調べようもないし、
両親とも会えないし、中学生当時の様子を知っている人にも会えないので、
けっきょく、現在の日常生活から、これは遊びの仮病か、精神障害かを判断しないといけないでしょう?
解離性障害だけでも、判断できないこともないんだけど、
遊びでも性転換しようとすると、みんな解離性障害になるからね。
遊びのくせに、GIDっていう精神障害者になりすまして、診断書を職場に提出する人がいて、
公務員なんか、その手の詐欺が多いらしいの。
解離性障害って、そういうのを確信犯でやってのける心理になれるんよ。

583名無しさん:2007/08/09(木) 21:01:38 ID:3qVNOuZk
んで、あんたは医学に引き蘢るというわけですかね。
なんで人間それぞれを分析分離させようとするんですか?
悪魔的ですねぇ…。
みんなゆるやかに曖昧につながっていれば、名付け(呪いみたいなもんだね)さえ
しなければ、
神経症なんて存在しなくなりますよ

モンゴルでは鬱病患者なんて一人もいないそうですねw

584名無しさん:2007/08/10(金) 10:12:10 ID:bVU9s53k
>>583
ではGIDは呪い中の呪いですね。

モンゴルにGIDはいますか?

585お盆 【1】:2007/08/13(月) 01:37:58 ID:NJah4/eM
>>583 横合いから失礼します。
名前の有無に関係なく、神経症はなくならないのでは?
統合失調症の名前をなくしても、統合失調症はなくならないでしょう?
性同一性障害も、そうですよね。
性転換医療を完全になくせば、性同一性障害に特有の精神症状は、なくなりますけど、
アルコールがなくなれば、アルコール依存症がなくなるのと同じです。
でも、アルコール依存症になる人の、基礎的な精神疾患は、なくならないのでは?
性同一性障害も同じです。

統合失調症も、神経症も、鬱病も、性同一性障害も、
重症か軽症か、という見方をすると、
軽症の精神障害なら、辛抱したり、気持ちをまぎらわしたりできるのではないかと思うかも知れませんが、
軽症でも、辛抱していると、いつかは一遍に凄い症状が出てきます。
統合失調症が、それなんですよ。
発病する前に、何年も辛抱しているのが普通ですから、
診断はされていないけど、統合失調症も同然の状態というのが、わかります。

気持ちをまぎらわせるなら、性同一性障害がそれでしょう?
基礎になる精神障害は軽症ですが、
自分から、子孫を残せない一代雑種のような体にしてしまい、
変な体にすることで、どちらの性別にも適応できなくなり、
基礎疾患として元からあった「社会に適応できない心」を、
わざわざ自分から宣伝して、治癒する道を閉ざしてしまいます。
この、おおっぴらな自傷心理は、統合失調症と大差ありません。
気持ちをまぎらわせた結果が、こんなふうに転がってしまいました。
人によっては、精神障害にならずに、通りすがりの人に唾を吐くように喧嘩を売り、
犯罪の加害者になったり、かえって被害者になったりする人もいます。

ついでに言いますと、鬱病は日本の風土病のようなもので、
諸外国では、躁鬱病として、比較的はっきりと双極性が現れてきます。
日本の文化とも言えますし、日本人の遺伝的素質とも言えますが、
文化は、特定の遺伝子を取捨選択しますので、同じような意味になります。
モンゴルでは、鬱病は珍しいかも知れませんが、
双極性障害は、諸外国と同じように、モンゴルにもあります。
朝青龍というお相撲さんは、危なっかしいタイプでは?
今にも自殺しそうで、見てられません。

性転換医療がなかった時代、現在の性同一性障害に相当する人達は、
性的な歓楽街で、朝まで女装でたむろしていました。
昼になっても働きに行かずに、ほとんど住み着いていた人もいます。
この人達は、性交渉をするのでもなければ、ホモに御執心でもなく、
女になりたいとも言っていませんでしたし、去勢を強く否定していました。
世界中の歓楽街で、大昔から、ほぼ共通の現象で、
江戸時代の遊郭にも、この種の人達がいた、という記録があるそうです。

まだ精神病によく効くお薬がなかった時代で、
戦前は、重症の人に、麻薬や麻酔剤を使っていました。
不眠症のような軽症の人にも、睡眠薬として麻酔剤を使っていました。
統合失調症の陽性症状によく効くお薬が普及して、
精神障害の治療が、薬物療法主体になったのは、
戦後、15年近く経ってからでしたが、
その間に、戦争と抗生物質により、外科手術が容易になっていましたので、
精神病を外科手術で治療する精神外科が盛んになった時代がありました。
エガス・モニスがロボトミーでノーベル賞を受賞した時代に、
歓楽街にたむろする女装の人達のために、性転換手術で精神障害を治療する方法が考案されました。
女性ホルモンは、DESがすでに実用化されていました。
ロボトミーは、現在、禁止されていますが、
アメリカの一部の州やイスラム教国などでは、現在も、去勢が刑罰の一種として残っています。

586お盆 【2】:2007/08/13(月) 01:39:33 ID:NJah4/eM
日本にハリーベンジャミンの説が輸入されて、TVやTSという女装が流行したのは、1970年代のことで、
プレマリンの流行や、女性解放運動や、ピル解禁運動と同じで、
ベトナム戦争や全学連運動などの、騒然とした時代が終わった後の、
行き場を失った学生運動の人達が、夜の歓楽街に流れ込んできた時代でした。

一日中女装のまま、歓楽街を離れない人達と、
一日中、ペニスをこすりながら、射精しない男達とが、
同じような所に、仲良くたむろしていました。
いずれも、思春期にホモセクシャルを覚えた人達ですが、
性交渉のために歓楽街にたむろしているのではありませんでした。
女装の人達がお薬を使っているので、何というお薬なのかと聞いてみると、
赤玉とか、白玉とか、言っていました。
プレマリンの錠剤のことですが、赤玉や白玉という言い方は、
日頃から色々なお薬を使っている人達の中でも、
中枢神経に効くお薬を、あれやこれやと飲み比べている人達が、よく使っています。
この人達は、睡眠薬として抗不安剤を使ったり、
「前向きに積極的に生きよう」と言って、抗鬱剤や覚醒剤を使ったりします。
性同一性障害の人達が、性転換を正当化するときも、
「前向きに積極的に生きよう」という言葉を、よく使います。
夜の歓楽街にたむろする女装の人達は、いわゆるホモの発展場のことをよく知っていて、
ホモの人達は、中枢神経に作用する非合法の薬物が、裏の社会に流通するときの隠語を、よく知っていました。

性同一性障害の人達に共通の性的特徴は、ホモセクシャルの人と同じで、
異性の心理と協調することができません。
異性の心理を、軽蔑したり忌避したりしますが、
性欲の対象は、異性の肉体や服装ですので、
異性の心は気に入らないが、異性の体と性交渉したい、という心理状態です。
女装する男性は、心が男性的でガチガチになっていますので、
女性とは、打ち解けて話せません。
女性と性交渉しようとしても、相手の女性的な心が気に入らないので、
性格の不一致ということになってしまいます。
女装して、男性から女性に性転換しようとしている人は、
ほとんど例外なく、ものの考え方や感じ方が、人一倍、男性的な心理ですので、
人一倍、女性の肉体や服装に性欲を催しますが、
自分の心理に融通を持たせることができず、
一時的に中性的に譲歩したり、女性的に妥協したりすることができません。
つまり、相手の女性の、女性的な心理と和合することができません。

ホモセクシャルの人は、やがて、いずれの性別とも性交渉できるようになります。
結婚して子供をもうけるのが普通ですので、
男が好きか、女が好きかは、趣味の問題にすぎませんが、
性同一性障害では、社会を許容できない心理が、より重症で、
やがて、いずれの性別にも、適応できなくなり、
性交渉の相手として、異性の心理を許容できないばかりか、
自分自身が、同性の社会に適応できなくなります。
性欲の対象は、異性の肉体や服装ですので、
自分自身が、それを演じることを望み、
自分の心は、どちらの性別にも適応できない状態になります。
性欲と肉体や服装だけが生き残って、性的な人格を喪失します。
これは、大人の社会に適応できないのと、ほとんど同じ意味です。

性同一性障害では、解離性障害がバンバン出てきますが、
離人症というのが、解離性障害の中にあります。
性同一性障害が、「積極的に前向きに生きよう」と言うとき、
この離人症の状態になっています。
ロボトミーは、植物の葉を意味するギリシャ語のロボスに由来していますが、
1970年代に廃止されされた時には、
人間性を喪失させると言う意味で、人間をロボットにする手術のように批判されました。
離人症の人は、よく自分のことを、ロボットの気持ちとか、機械のような感覚と表現します。
自我や人間らしさを喪失する感覚です。
性同一性障害の人は、よく性転換のことを、美容手術と言いますが、
「美容外科は精神外科である」と、よく美容外科の医師は言います。
精神外科とは、ロボトミーや去勢術などによって精神病を治療した昔の診療科で、
現在は、脳神経外科と言いますが、
美容外科の医師は、あえて脳神経外科と言わずに、精神外科と言います。
この言い方ですと、性転換手術は、完全に精神外科になります。

587お盆 【3】:2007/08/13(月) 01:42:03 ID:NJah4/eM
性同一性障害では、治癒しなければ、いずれの性別の社会にも適応できなくなりますので、
自分を偽った心と、作り物の性器によって、性的快楽に浸っているだけの、役に立たない人間になってしまいます。
よく見掛けるのは、新しい性別の社会に、安物のお人形さんのように、ちょこんと座っているだけの人です。
何も喋れず、何も積極的な事が出来ず、ほとんど供え物のように、顔と服装を展示しているだけで、
心は、性的快楽に浸って、痴呆状態になっています。
新しい性別の社会に適応しようとすれば、たちまち性的快楽が消えてしまい、
社会に適応できない心が、拒絶反応を起こして、様々な精神症状が出てきます。
その人が、生き生きと見えてくるのは、ゲイや性同一性障害などの、性的社会にいる時だけです。

これは、昔の人が夜の歓楽街で、一日中女装のまま、たむろしていたのと同じで、
引きこもりの一種と言えます。
実際、思春期に、学校に行かずに、自宅に引きこもり、
誰もいない自宅で、母親や姉のスカートをはいて、性的快楽に耽っていた人が、
mtfの性同一性障害には少なくありません。
昔の夜の歓楽街で女装をしていた人も、今の性同一性障害の人の思春期も、性転換後の生活の実態も、
共通しているのは、社会に適応できずに、引きこもって、性的快楽に耽ることです。

性転換を望むのは、反対の性別の気分になると、気持ちいいからです。
その気持ちよさは、性的快感です。
自分の性別は体の性別と違うと言い出すのが、
欧米の形成外科医がそそのかした言い訳の模範例ですが、
本人の、偽らざる気持ちは、
一生、性的快感に浸ったままで生活できれば、どれほど幸せだろうかという、密かな願いです。

そんな人を、ゲイの社会や、夜の歓楽街の人は、歓迎するでしょうし、
見ず知らずの、通りすがりの人は、面白いので、好意的になるでしょう。
一般の職場の人は、迷惑です。
性的快感に浸ったままの人に、お給料を払っていたのでは、
その人ひとりだけ、遊んで仕事をさぼっているようなもので、
みんなが、尻拭いをしてあげることになります。
それでも、性同一性障害が精神障害であれば、
みんなで面倒を見てあげなければいけないのでは、という気持ちにもなります。
もしも、精神障害でなく、
ただの怠け者が、詐欺で診断書をとって、会社に提出するのなら、
みんなで、虐めて追い出してやろうという気持ちになります。
当然です。
自殺すれば、ざまあ見ろという気持ちにもなるかも知れません。
お役所では、税金で面倒を見ていますので、
職場にマスコットを置いておくような気持ちで、
詐欺と知りながら、性的マスコットに、お給料を出している、という噂もあります。
一種の闇給与かも知れません。

精神障害でなければ、どこの誰が、
性的快楽に耽り続けたままの人間を、雇い続けますか。
そんな気持ちでは、社会に適応できません。
歓楽業では、特殊な技芸として、喜ばれるかもしれませんが、
一般社会では、無理と思います。
仕事が出来ないだけでなく、社会生活が不能になります。

性的快楽に耽り続けられるから、性転換が気持ちいいのですよね。
一般の人は、一時的に、間歇的にしか、性的快楽に耽りませんが、
性同一性障害の人は、継続的に、死ぬまで浸り続けようとします。
一般の人は、性的快楽に一生浸り続けたいとは思いません。
むしろ、苦痛です。
性同一性障害の人が、一生浸り続けたいと思うのは、
それに見合うだけの、持続的な苦痛があるからで、
そこから逃れたいために、一生、性的快楽に浸りたいと、切に願います。
その苦痛が何かを自覚することが、性同一性障害の人にとって、一番大切なことです。
これが、性同一性障害治癒への、第一歩になるからです。

588お盆 【4】:2007/08/13(月) 01:44:54 ID:NJah4/eM
自分と異なる考えや感じ方に接したときや、嫌な事に接したとき、
精神障害者と健常者とでは、反応が異なります。
健常者から見ると、精神障害者は、
まるで中学生のような、あるいは3才や4才の幼児のような、未熟な反応を示します。
耐性がなく、ストレスに弱く、うまく気持ちをそらすことができず、幼稚で過激な反応になります。
単に未熟で、やがて大人の対処法を習得するものなら、何の問題もありませんが、
いつまでも、3才や4才や、中学生のままですと、精神障害と言われても、やむを得ません。
脳の中の化学物質の、異常な代謝から来るものですと、トレーニングには限界があり、
異常が長期間持続すると、妄想や、異常な代謝の仕方が、重要な記憶として、神経回路になってしまいます。

健常な人が、1年に1度くらい感じる、精神的な不快感を、
性同一性障害の人では、ほとんど毎日、朝昼晩となく感じている可能性があります。
これは、糖尿病と同じ原理です。
食べれば、誰でも血糖値が上がりますが、健康な人は、すぐに正常値に戻ります。
糖尿病の人では、なかなか戻らず、やがて上がったままになります。
自分で自覚できないうちに、重症の糖尿病になっていることも、少なくありません。

脳の中の化学物質は、種類が多く、相互に依存し合っていますので、糖尿病のようには、解明できませんが、
どんな時に不快になるかを、精神障害者自身が知ってることが、よくあります。
それを避けようとして、わざと二次的な症状を出してしまいますが、
本人は、あくまで知らぬ振りをして、本当に知らないと確信してしまいます。
こういうのを解離性障害と言い、性同一性障害の主症状です。
二次的な症状が、性別の違和感や、性別を許容できない心理です。
これは、医師がそそのかして、本人がわざと出した症状です。

本人が知っていながら、本当に忘れてしまったのは、
社会生活を許容できない心理で、生殖を実行できない心理と同じです。
社会は生殖の産物で、生殖は社会を作るためにあるようなものだからです。
みんなで、この脳と、この心と、この体を、役に立つように使って下さい、という共益性の意識が育ちません。
思春期に起こる精神障害の多くに共通の異常で、代表的な病気は統合失調症です。
このような精神障害では、自分の利益を確保し、自分の才能を顕示し、他人との競争に勝ち抜く事しか、理解できませんので、
働いて儲けて、病気も苦しみもなく、食べて、寝て、法律を守っていれば、
あとは自分の好きな事をして、才能や個性を伸ばしても、構わないはずだ、と確信しています。
それでは子供と同じではないかということが、わかりません。
社会のためになることは、思想の部類ではないかと、本人は思っています。
思想ではなく、生物に必需の生理なのです。
脳の仕組みなのです。
それが端的に、生殖機能に現れてきます。

性同一性障害では、そこまで重症ではありません。
性別の違和感や、性別を許容できない心理は、医師がそそのかして誘導したものです。
生殖機能を損なったのは、医師ですので、本人の精神症状ではありません。
自分は果たして、生殖を拒否していたのか、ようく考えてみて下さい。
男でも女でも、配偶子が違うだけで、同じです。
産んでも産ませても、生殖には違いありません。
男か女かは、重要でなく、コップに卵を割って、カルピスを入れれば、出来上がりです。
卵になりたいか、カルピスになりたいか、そんなものは重要ではなく、
生命にとって、子孫を残すことが命よりも大切だとわかることが、
社会に適応する能力を獲得することになります。
納得できて、自覚できることが、
性的快楽に浸り続けなければいけないほどの苦痛が何かという自覚になります。

589お盆 【5】ここまで:2007/08/13(月) 01:46:06 ID:NJah4/eM
わかれば、性同一性障害も治ります。
大部分の人は、それほど重症ではないからです。
年寄りのgidの人達が治癒しています。
大部分の人は、病識を持つだけで、治るはずです。
治れば、人に指図してもらうことを、渇望するようになります。
性同一性障害を正当化するような運動に浸っていると、
世間の人は、誰も指図してくれなくなるでしょう?
世間一般の人は、性同一性障害とはどんな病気か、知りません。
障害者を差別してはいけないと思うと、
性同一性障害本人の言う通りのことを、信じなければいけない立場になってしまいます。
誰も、性同一性障害の人に、指図できなくなるでしょう?
性同一性障害のことは知らないので、これでいいですかと、
世間の人が、性同一性障害の人に気兼ねして、
まるで自由にして下さい、というような結果になるでしょう?
これは、精神障害者を差別しないように、優しくしてくれているようで、
じつは、性同一性障害の人は、世間に見放されている、ということです。
治癒していない人は、理解のある人だと思って、それを喜ぶかも知れませんが、
治癒した人は、世間の人に指図してもらうことを、喉から手が出るように強く望むようになります。

>>583さん、引きこもりの意味、わかります?
私は、>>580の記事を読んで、そう理解しました。

590名無しさん:2007/08/13(月) 03:40:35 ID:zu/g/2tI
きみたちならわかるはずだ
わたしたちはエリート

恋をしたり
家庭を持ったりするのは

一般コースの普通人にまかせておけばいい

591名無しさん:2007/08/13(月) 04:03:20 ID:zu/g/2tI
>>589
そなたのいう世間とはそなたそのものじゃ

ごたくをならべるな、一言ですむのに、なぜ
そこまで広大な長文になるのを
そなたは自覚しておるのじゃろうか?

そなたはそなた自身を大事に扱っておらぬな?
だから、そうやって他者をコントロールしようとするのじゃよ。

なによりも、他者の、己の
なによりも最優先、尊重されなければならぬものは
  意志 である。 意志だ。 他人の意志を搾取することなかれ

八百万の神とは、八百万の神の国というのは
八百万の志、意志を、多様な意志を受け流すということじゃ
限定、選別したり、否定したりしないということじゃ
わかるか?

592名無しさん:2007/08/13(月) 04:06:29 ID:zu/g/2tI
現世で善悪という陰陽から解脱するのじゃ・・・その為に諸悪が紛れておる・・・
それを他人の行為として攻撃しているうちは解脱はならぬぞ?

もっとも正しい理解とは自分にもその可能性は充分にある・・・
と、「知ること」なのじゃ・・・簡単であろう?
人の振り見て我が振り直せ!という諺があろう?・・・違うかの?

何も専門用語や横文字を羅列した文章や言葉に真理が書いてあるのではない
判りきって無視してしまいがちなものにこそ真理は見えておる
つまり、自分の足元に真理は転がっておるのじゃ・・・常に・・・
そして、その真理に対する解釈は個々人で違っておる
が、その違いこそが多様性であり、この宇宙を生かしめる原動力なのじゃ・・・

街を歩いていて皆が同じ顔をしておったら気持ち悪くはないか?
が、違いを強調しあって対立していては本末転倒である・・・
その違いを許し、生かすという事・・・違うかの?

過去の独裁者が全て失敗したはこれよ・・・
つまり自分の色に全てを染めようとしたから失敗したのである・・・
個々の色に違いはあっても良いし、むしろそれが当たり前・・・
ただその様を離れて見たときに上品な織物のように見えればそれで良い・・・
それが現世より離れた視点、宇宙意識というものである・・・
一級品と言われる美術品を良く眺めてみるが良い・・・
それは対立する色、形、微妙なバランス・・・
それらが調和しているからこそ、価値あるものとして認められているのである

>離人症の人は、よく自分のことを、ロボットの気持ちとか、
>機械のような感覚と表現します。
>自我や人間らしさを喪失する感覚です。

生きたままの屍より、屍のような冷静な視点でこそ見えてくるものがある
屍の視点とは自我を殺した視点の事よ・・・
無我の境地と言われるもの・・・違うかの?
是非、達人となってくれよ・・・

593名無しさん:2007/08/13(月) 04:07:29 ID:zu/g/2tI
真理を探したいのなら他人には尋ねるな・・・
己の力で掴み取ってみよ・・・それが自立であり努力ではないのかのう・・・

真の自立とは誰にも何も聞けぬという事よ・・・

そこで、自力で立ち上がろう、立とうとする意欲がそなた自身にあるのかどうか?
少し目を閉じて考えてはどうかのう・・・
この事実に目覚め、真実、自分の力のみで立ち上がろうとする時に
眠っていた能力が開かれるのである・・・
嘘だと思うのなら是非実行してくれい・・・

594名無しさん:2007/08/13(月) 04:13:25 ID:zu/g/2tI
>>589はあまりにも完全だ。
コンピュータ・イライザの申し子のように!!

ひとたび恋のとりこになったら
コンピュータの力でも軌道修正は不可能だというぜ

強い引力の星にとらわれた衛星のごとくね!

595名無しさん:2007/08/13(月) 04:30:05 ID:zu/g/2tI
そこなる山べに、おぴただしき豚の群れ、飼われありしかぱ、
悪霊ども、その豚に入ることを許せと願えり。
イエス許したもう。悪霊ども、人より出でて豚に入りたれば、
その群れ、崖より湖に駆けくだりて溺る。牧者ども、起りしことを見るや、
逃げ行きて町にも村にも告げたり。
人ぴと、起りしことを見んとて、出でてイエスのもとに来たり、
悪霊の離れし人の、衣服をつけ、心もたしかにて、
イエスの足もとに坐しおるを見て懼れあえり。悪霊に憑かれたる人
の癒えしさまを見し者、これを彼らに告げたり。

ルカ福音書 第八章三二ー三六

596名無しさん:2007/08/13(月) 04:44:08 ID:zu/g/2tI
彼ハシステムノ存在ヲ根本的ニハ疑ッテイル
人間本来ノ生キカタト相反スルモノトシテ!

疑問ニハ答エヲ!

システムハアクマデ正当デナケレバナラナイ

システムには逆らわず

感情を殺して…………そう……………いままでどおり………

597名無しさん:2007/08/13(月) 12:39:34 ID:Os3DrRvQ
『年寄りのGID・続編』の記事を、全部読むには、
『年寄りのGID・続編』というタイトルの右の、
Allという文字をクリックします。

>>590-596 精神障害者が宗教に凝ると、教義がすべて妄想になり、病状を悪化させる危険性があります。この記事は、覚醒剤や抗鬱剤を服用して書いています。
>>590 自分は神に選ばれた者と言い、犯罪をやってのけたGIDが、多数います。

Wikipediaの性同一性障害の記事は、治癒していないGIDの妄想で、GIDの実態や臨床医の認識と全く異なりますが、当人は気づきません。この種の妄想を確信するGIDは、自分よりも容貌容姿の点でパスし難いGIDに対し、非常に残酷な感情を露わにして攻撃的になります。この関係はGIDの実態を知らなければ、Wikipediaの記事を読んでもわかりません。町で、パスしないGIDと出会うと写真に撮り、ブログに貼り付け、嘲笑して攻撃するGIDもいます。パスしないGIDの身元を割り出し、誹謗中傷の讒言を職場や自治会に垂れ込んだ者もいます。町に見掛けただけの知らないGIDに対してです。犯人のGIDは、GIDは神に選ばれた者だと信じ、自分の犯罪を神の意志のように確信していました。容貌容姿でパスしないGIDを見ると、神を僭称する偽者だと感じ、笑い、攻撃の牙を剥き、殺そうとします。この種のGIDによる犯罪の実例は多数で、トランスベスティズムの時代から、すでに被害を受けたGIDが、GID同士の差別虐待が病的に異常だと嘆いていました。解離性障害の一形態です。MtFでは容貌容姿でパスするかしないかの感情から、パスすれば神に選ばれた者のような気持ちになり、パスしない者を軽蔑し、憎しみを抱くようになります。容貌容姿で人をあざけ笑い、憎み、攻撃する感情と、Wikipediaの性同一性障害の記事の内容とが、密接に関係している事は、GIDの実態を知ることによってのみ、わかります。解離性障害の妄想によるものです。この種のGIDは、パニック障害や不眠症を持ち、宗教に凝る傾向があります。数年前に栃木県で起こった事件でも、犯人のGIDの背後に、韓国系の宗教組織と、朝鮮系の国家組織と、日本の右翼暴力団組織があり、GIDグループをマインドコントロールしていました。背後組織の標的は、被害者の運用する莫大な資産でした。

>>585-589 行儀が良すぎます。

>>521-525 力作か。

>>495-496 よく知られている先延ばし論ですが、GIDに半分有効な解釈です。

598   ○:2007/08/13(月) 15:13:17 ID:JX4MP78k
関東地方の事件も、そうなんだけど、
gidが事件を起こすときには、特徴的な心理と言葉があるのよね。
  「自分は神から選ばれた特別な人間なんだ」、とか、
  「gidは神の思し召しなんだ、エリートなんだ」、とか、
  「自分は女神なんだ」、「自分は神の真理を知っている」、とかね。
これ、年寄りのgidの、古いスレッドでも、
関東の事件に関連して、すでに紹介されてるんよ。
それでも、まだ、>>590-596 みたいに、
似たようなことを言う人がいるんよね。
  これ、gidが事件の加害者になったり、
  自分から突っかかって行って、被害者になったりするときの、
  常套心理とか、常套文句なんよ。
  統合失調症の人が、電波が飛んで来たって言って、
  包丁持って、通行人を刺し殺すのとおんなじなんよ。
神様が出てくるけど、宗教の信者さんに限らず、事件を起こすgidに特徴的な危ない心理で、宗教を信じてない無宗教のgidでも、自分は神様に選ばれた、と口に出して叫びながら、事件を起こすの。似たようなgidの例は、いっぱいあって、統合失調症とぎりぎりのところの解離性の妄想なんよね。

599名無しさん:2007/08/13(月) 16:36:47 ID:7/KN2DRo
590-596は、単に「地球へ・・・」をパクッてるだけ。
彼のオリジナルじゃないよ。

600名無しさん:2007/08/13(月) 21:50:46 ID:2aem93q6
ぱくったっていうより、まんまじゃん
わざと多重人格者っぽく演出してんじゃない?

601名無しさん:2007/08/14(火) 00:16:25 ID:ncnJVTww
>>583さん、引きこもりの意味、わかります?
私は、>>580の記事を読んで、そう理解しました。

きみたちならわかるはずだ
わたしたちはエリート

疑問ニハ答エヲ!

システムハアクマデ正当デナケレバナラナイ

システムには逆らわず

感情を殺して…………そう……………いままでどおり………

>>589はあまりにも完全だ。
コンピュータ・イライザの申し子のように!!

602名無しさん:2007/08/14(火) 21:02:01 ID:UIGE0JBw
MtFよりFtMのほうが、精神病に近い人が多いかな。
粗暴で喧嘩するのがMだとか、不言実行で寡黙なのがMだとか、一気飲みがMだとか、勘違いが多いね。
寡黙で、Mそっくりの大柄なFtMがいたので、
体型体格のせいで、F社会では暮らしにくくて、寡黙になって、FtMになったのかな、
と思って話してみると、かなりの欝でした。
インタセクスかなと思って、聞いてみると、違うって言うから、
「ほんと? 見せて」、と言ったら、見せてくれた・・・
レントゲン、撮ってみないと、わかんない。。
高校の時から無月経だと言うので、摂食障害かな。
食欲関係は、視床下部とか自律神経とか大脳辺縁系とか、あのへんで、ようするに性欲と同じ。
原始的な機能で、これが障害を受けるのは、大部分が神経性で、
ようするにストレスたまると、睡眠や食欲や性が直撃されて、この人みたいに、欝になって不眠になって大食いして無月経になるんだけど・・・
視床下部でドーパミンやノルアドレナリンが異常とか、家族に他の精神障害が多いとか、これも当然なのに、
突然、脳の性差や、胎児のホルモンシャワーが闖入して来て、精神病よけのおまじないかな、GIDになる心理は。
確かに、精神病にならずに済んでるけど、GIDで性転換も、精神病に負けず劣らず、しんどいのに・・・こっちのほうが魅力あるか、やっぱり。

603名無しさん:2007/08/16(木) 04:40:38 ID:B9TIBkps
性的虐待とか性的暴力というほどではないのでしょうが、
一種の性的嫌がらせになるようなことは経験しています。
もうずっと忘れていたのですが思い出しました。

5歳くらいの時、うちの隣の2歳くらい上の女の子が、私のことを気に入っていたようで、
休みの日の小学校に連れて行かれて、人目につかない校舎の渡り廊下みたいなところに連れて行かれ、
パンツを脱ぐよう言われたんです。
なんでそんなことするのかわからないし、「やだ」って言えなくて、だまってじっとしていたら、
彼女は強く「脱いで!」と言いました。
そこでこれはなんか変だとわかったのに、拒絶して逃げてくる強さがなくて、
わたしは言われるままにパンツを脱ぐと、彼女は満足そうに笑って、彼女もパンツを脱ぎ、
「うしろ向いて」と私に後ろを向かせて、自分も後ろを向き、お尻をくっつけるんですよ。
そして今度は「前を向いて」と前を向かせて、今度はお尻と同じように股間をくっつけようとするんですね^^;
なんでこんなことするのかなぁと理解できなかったんですよ。
ばかですよねぇ。こんなこと要求されているのに逃げてこられないなんて、どこまで気が弱いんでしょう。
その頃には父にどやされてひっぱたかれたりしていたので、それが関係しているのかもしれません。

結局、そのときは他の男の子に見つかり、
「おまえらなにやってんだー!」と言われて、二人して逃げてきたんですが…
自分の撒いた種を自分で刈り取るためにこういう目にあったのなら、
5歳の私はなにをしたと言うんでしょう。

604名無しさん:2007/08/16(木) 08:57:05 ID:VbSXZH/w
インターセックス関係の事情通に質問
などか今頃、公安調査庁がごちゃごちゃ言って来る?

605名無しさん:2007/08/16(木) 12:35:15 ID:???
>>585-589 朝青龍と、神経衰弱と、
包茎治療の精神科医と、精神外科で思い出した。

美容外科は、堅苦しく言うと、
脳以外の外科手術によって、精神疾患を治療する診療科であると、
美容外科医自身が、自認している。
二重瞼や、豊胸術や、隆鼻術も、精神疾患の治療が目的。
患者が思っているような、美容目的の手術ではない。

つい先日、豊胸術を受けた患者は、自殺率が三倍になるという研究が、
ヤフーのトピックスに出ていた。
豊胸術が自殺の原因になるのでなく、
自殺するような精神疾患を、豊胸術で治療したつもりだったが、
全然、治療効果がなかった、という解説になっていた。
美容外科は、効果のない精神外科という意味で、
性転換手術も、これと同じ。
効果どころか、豊胸術にしても、性転換手術にしても、
かえって精神疾患を悪化させる可能性が高い。

漱石の神経衰弱の頃は、
ブロイラーの統合失調症Schizophreniaは、まだなく、
クレペリンの早期痴呆があったかどうか、そのあたりの時代で、
神経衰弱の診断は、やむを得ない。
年寄りのgidの古いスレに、漱石の症状が、紹介されていた。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/415-416
現代なら、統合失調症の、比較的軽症例で、
診断基準に満たない可能性が高く、
何という病名にするか、医者の楽しみになる。

漱石は3才で天然痘に罹り、胃潰瘍持ちだった。
このことが、エンドルフィンとドーパミンに関連して、
統合失調症の原因になったとの説がある。
 (下に続く)

606名無しさん:2007/08/16(木) 12:36:21 ID:???
 (上の続き)
エンドルフィンは、
視床下部や脳下垂体で、チロシンから作られると言われている。
ベンゼン環を持つアミノ酸で、
モルヒネよりも、強力な麻酔作用がある。
ドーパミンも、チロシンから作られる。
モルヒネは、植物性だが、植物は苦痛を感じない。
動物の体は、モルヒネを製造できないが、苦痛を感じるので、
モルヒネよりも、強力な麻酔物質を製造する。

エンドルフィンは、苦痛があれば、作られる。
性欲を催せば、作られる。
3才までに、製造能力が完成する。
その頃に、苦痛の大きな病気に罹れば、
エンドルフィンを製造する能力が、よく発達する。
以後、苦痛があれば、麻薬に浸る。
禁断症状が出る。
苦痛がなければ、自分から苦痛を作ってしまう。
自傷行為をする。
自暴自棄になり、自分で自分を追い詰め、自業自得に至り、
精神的に苦しむのも、自傷行為と言える。
性欲に浸れば、麻薬が出るが、
一時的な性感には興味がなく、持続的な性感に浸ろうとする。
欲が深い。
漱石は好き者で、妻も自殺未遂を好んだ。
あかんたれ、だめ人間、甲斐性なし、ごんたくれ夫婦で、
小説家風情に転落するのは、無理もない。
お笑いタレントのような人間が、ロンドンに留学して、
帰国後は東大教授になり、髭をピンとさせたのだから、
ストレスが溜まる。
昔は小説家になると言えば、親が泣いた。
遊郭に入り浸り、セックス三昧の遊興人になる意味だった。

胃潰瘍持ちの漱石は、エンドルフィンに浸っていたが、
胃潰瘍は、ストレス病と言えるように、
わざとストレスを求め、
自分から胃潰瘍になって苦しむ傾向がある。
エンドルフィンが出ると、ドーパミンも出ると言われている。
注意欠陥・多動性障害、統合失調症、軽躁症、多幸症、
パラノイア、ヒステリー、解離性障害、拒食症、リストカットなどでも、
ドーパミンが過剰になっている。
ギャバ神経や、セロトニンや、ノルアドレナリンなども関係があり、
脳内のホルモンや神経伝達物質が、多数関与しているとわかれば、
風が吹けば桶屋が儲かる式の話になるので、深入りはしない。

3才までに、インフルエンザやヘルペスなどの、
ウィルス性の病気に罹り、治りが悪かったかどうか、
両親に尋ねてみるのも悪くない。
まだ、脳の神経細胞が増殖する時期で、
苦痛があると、脳内麻薬を出す機構を、細胞の増殖で作ってしまう。
相当に重症でも、苦痛を感じなくなるので、表情は穏やかで、
身体の表面に症状の出ない病気では、
高熱があっても、本人が平気な顔をしているので、
親は見逃してしまう。

統合失調症の治療を受けている患者は、
薬の副作用から、苦痛を感じないので、
固いものを噛んで、虫歯が折れても、歯痛を感じず、
言葉には出さないが、
注察妄想、追跡妄想、被害妄想、関係妄想などがあり、
外出を拒み、歯医者に行かない。
その他の身体の病気も同じで、
本人の身体に不調が現れた時には、手遅れになっている。
苦痛という警告反応が出ない。
性同一性障害も、よく似た状態になっている。

607名無しさん:2007/08/16(木) 20:41:20 ID:CxS4xjuY
>>597 Wikiの記事、読みました。GIDの当事者が書いたと思いますが、妄想
の真っ只中って感じ。こんなことを言ってる間は、精神障害かな。簡単に
言うと、この記事は、性転換手術が優生医療ではないかと批判された時、
医師が自己弁護のために陳述した意見で、こういうふうに言わないと、逮
捕されるという事情がありました。

多重人格の女の子が、子供時代に性的虐待に遭ったと訴えるのと同じで、
大部分は、性的虐待の事実を証明できません。あらかじめ、嘘とも本当と
も証明できない事を見越して、多重人格の女の子は、そういう所に逃げ込
んで、立て籠もります。解離性障害というのは、だいたい、こういう症状
の出し方になります。性同一性障害の、主たる症状は、解離性障害ですの
で、同じような逃げ込み方、立て籠もり方になりますが、この方法を教え
たのが、性転換医療を実施した医師です。これは、エリザベス・ロフタス
さんが、昔、言っていた虚偽記憶と同じです。

>>605-606 ケシから、モルヒネを作ってるアメリカの会社を、日本のイン
ターセックス系の人が、経営していますよね。製薬会社で、麻薬メーカー
だから、脳内麻薬のことも詳しいのではないかしら。脳内麻薬のことを、
このスレに書いてくれればいいのですが。

>>604 警視庁公安部のほうは、被害者側インターセックス・GIDの人が、友
達を頼って、捜査を依頼しました。人脈を頼って内々に依頼すると同時に、
正式な手続きでも告発しています。この捜査で、背後組織が判明しました
が、起訴には至りませんでしたので、被害者側インターセックス・GIDの人
は、公安組織を使って、情報だけを入手した事になります。最初から、そ
の積もりだったと言われています。

ちなみに、この事件では、加害者側GIDも警察に告発しています。同時に、
加害者側右翼や、外国宗教組織や、外国情報組織は、逃げました。加害者
側GID本人は、解離性障害そのもので、自分は被害者だと信じ込んでいまし
たが、背後組織のほうは、正気でしたので、こういうことになりました。

公安調査庁のほうは、役所が独自に動いたもので、被害者側インターセッ
クス・GIDの人は依頼していないと言っています。加害者の右翼暴力団関係
は、被害者側と合意して片付いていますので、韓国系の宗教団体と、北朝
鮮系の情報組織の関係と思います。この宗教団体は、日本の自民・民主系
国会議員百人以上に献金しています。昔、共産主義に勝つための政治組織
があり、日本の多数の右翼団体が動員されていました。この韓国系宗教団
体が、自民党に献金して、右翼を動かしたものです。催眠商法やマルチ商
法の手口を使って、日本で荒稼ぎをしているそうです。信者になる人は、
おもに半分精神障害という感じの人で、GIDもその内です。

北朝鮮系情報組織の件は、例の拉致問題を、公安調査庁が担当しています
が、緒方某という元長官が、朝鮮総連をだまして、逮捕されたように、闇
から闇の世界で、真相は薮の中です。北朝鮮側も、パチンコ屋などを使っ
て、日本の政治家に献金しているそうですので、日本の元長官逮捕は、韓
国と北朝鮮との間で、何かの問題を解決するために、何かの取引が成立し
た意味と思います。公安調査庁が、被害者側インターセックス・GIDに、ち
ょっかいを出してくるのは、好ましくないようです。

解離性障害は、ヒステリーを含みますので、簡単なようだけど、本人の確
信するところと事実とを、比較する必要があるので、診断は簡単ではあり
ません。GIDの日常生活を具体的に見ている人なら、判断できるけど、判断
する人もGIDだったら、見えません。これは、他の精神障害でも、よくある
ことで、精神障害者は、病識を持つのが嫌いで、自分のどこが精神障害か
を、知ろうとしません。わざと知ることを拒否して、首をかしげます。大
雑把に言うと、解離性障害ね。自分と同じ精神障害の人を見ても、その人
のどこが精神障害か、わかりません。自分の精神障害を知るのを拒否して
いますから、同じ病気の、他人の症状を見るのも拒否してしまいます。こ
ういうのは、精神科の入院病棟を観察すれば、すぐにわかります。ほとん
どの患者さんは、自分の症状を自覚するのを拒否するために、自分と同じ
病気の、他人の症状を見る能力もなくなります。治癒していない性同一性
障害の当事者である医師には、性同一性障害の人を診察治療する能力はな
いと思って下さい。

608名無しさん:2007/08/17(金) 02:49:26 ID:MPtE/TRc
クーラー止まったら、暑くて真夜中に起きてしまったわ。
朝までクーラー入れっぱなしにしないといけない。
お布団、びしょびしょ。

あのねー、ウィキペディアだけど、あれは、
GIDが先にあって、その結果、
不登校や自殺や拒食症などがあるとしてるのよね。
これ、完全に間違いよ。
これは、その後、GIDになった人が、
そういうふうに、記憶を作り替えるの。

こんなの、同級生や家族や近所の人に聞けば、すぐにわかるのに。
先に、不登校などの非行や、色々な精神症状があるの。
その時点では、GIDでないの。
GIDとは無関係。

609名無しさん:2007/08/17(金) 02:50:13 ID:MPtE/TRc
ただ、非行や精神症状は、思春期に出てくることが多くて、
性欲とは、おおいに関係があるから、
自動的に、性別とも関係があるわよね。
精神症状が出てると、異性とはうまく行かないので、
中学生ぐらいに、ホモレズ行為を覚えることも多いしね。
非行や精神症状のある人は、
異性との性交渉よりも、ホモレズを先に覚える人が多いの。
これは、一般的に言えるの。

そのことを、後になって、本人は、
性的違和感があったとか、性別が違うと思っていたとか、
記憶を作り替えるの。

610名無しさん:2007/08/17(金) 02:50:58 ID:MPtE/TRc
でも、ウィキペディアはひどいね。
あそこまで、ひどい妄想だと、
かなり重症で、GID以外の精神症状いっぱい出てるんじゃないかな。
子供がいない場合は、統合失調症と紛らわしい感じの、
解離性同一性障害になってるんじゃないかな。
子供がいる場合は、人格障害状態かも。
子供がいる人が、突然GIDって言い出す時は、
たいてい、その前に会社とか家族とかと、トラブルがあったり、
娘さんが嫁いで寂しいとか、家族や自分が、身体の病気になったとか、
会社で出世コースからはずれた人事になったとか、
そういうことがあるんよ。
統合失調症の人の発病と、ほとんど同じきっかけ。
性同一性障害は、多分、
統合失調症の成り損ないバージョンでいいと思う。
ミニ統合失調症でもいいかな。こっちのほうが、いいよね。

611名無しさん:2007/08/18(土) 06:31:20 ID:wkglxbL6
「もし解決したい問題があるのなら、
 それがどんな問題であるとしても、自分のワークをしなさい。」

これはユングも同じようなことを言っていました。

「自分の闇に取り組む。
 この世界をよくするには、それしかないことを、
 一人でも多くの人が自覚することが大切だ。」

二年前に、ハワイに住む一人のセラピストの話を聞いた。
その人は触法精神障害者(訳注:刑法罰に問われたものの、
精神障害を理由に不起訴、減刑、あるいは無罪となった人のこと)
の病棟に収容されていた人たち全員を、
誰一人診察することなく癒したそうだ。
その心理学者は患者のカルテを読み、
自分がどのようにして
その人の病気を創りだしたのかを理解するために、
自分の内側を見たのだそうだ。
彼が自分自身を改善するにつれて、患者も改善したという。

最初にこの話を聞いたとき、都市伝説だと思った。
自分自身を癒すことによって
他の誰かを癒すなんてことがどうやってできるだろう?
最高の自己改善の達人であったとしても、
どうやって触法精神障害者を癒すことができるだろう?

私には理解できなかった。
論理的な話ではなかったので私は受け入れなかった。

612名無しさん:2007/08/18(土) 06:33:44 ID:wkglxbL6
しかし、一年後に同じ話をまた聞くことになった。
セラピストはホ・オポノポノという
ハワイの癒しのプロセスを使ったのだという。
初めて聞くものだったが、忘れることができなかった。
もしその話が本当なら、
私はもっと知らなければならなかった。

私は「完全な責任」とは、
私の言動に対する責任は私にあるという意味だと
前々から理解していた。
その向こうのことは、自分の管理を離れていると。
ほとんどの人たちは完全な責任というものを
そのように考えているのではないかと思う。
私たちは自分の行いに対して責任があるのであって、
他の人の行いに対してではない。
精神病の人々を癒したハワイのセラピストは、
私に完全な責任についての
進化した新しい観点を教えてくれることになった。

彼の名はイハレアカラ ヒュー レン 博士。
私たちは最初の電話でたぶん一時間は話しただろう。
彼にセラピストとしての仕事の全貌を
語ってくれるようお願いした。
彼はハワイ州立病院で4年間働いたことを話してくれた。
触法精神障害者を収容していた病棟は危険なところで、
心理学者は月単位でやめていき、
職員はよく病欠の電話をかけてきて、
やめていく人もいたそうだ。
人々がその病棟内を歩くときには、
患者に攻撃されないように壁に背中をくっつけて通ったらしい。
それは生活するにも働くにも訪ねるにも
心地よい場所ではなかった。

613名無しさん:2007/08/18(土) 06:34:48 ID:wkglxbL6
レン博士は一度も患者を診なかったのだそうだ。
彼は診療室を持って
患者らのファイルに目を通すことには合意した。
それらのファイルを見ながら、彼は自分自身に働きかけた。
彼が自分自身に働きかけるにつれて、
患者に癒しが起きはじめた。

 「2、3月後には、以前は手足を縛られていた患者たちが、
自由に歩くことを許可されていました」と彼は言った。
「多量の投薬が必要だった人たちは、
投薬をやめつつありました。
そして退院の見込みのなかった人たちが
退院していったのです。」

私は畏敬の念に打たれた。

「それだけではありません」彼は続けた。
 「職員が仕事に来ることを楽しみ始めたのです。
常習的欠勤や退職は消え去りました。
患者は退院していくし、
職員全員が仕事に来るようになったので、
最後には必要以上の人数の職員が残りました。
現在、その病棟は閉鎖されています。」

614名無しさん:2007/08/18(土) 06:38:08 ID:wkglxbL6
ここで私は問わなければ気がすまなかった。
「それらの人々に変化をもたらすような何を、
 あなたは自分自身の中で行っていたのですか?」

「私は彼らを創りだした自分の中の部分(パート)を
 癒していただけです」と彼は言いました。

私には分からなかった。

レン博士は説明した。
あなたの人生への完全な責任とは、
あなたの人生の中の全てが――
単にそれがあなたの人生に存在しているというだけの理由で―
―あなたの責任なのだと。
文字どおりの意味で、全世界があなたの創造なのだと。


ヒャー。これはなかなか納得できるものではない。
自分の言動が自分の責任だということと、
私の人生におけるあらゆる人の言動の責任が
私にあるというのは全く別の話ではないか。
それにもかかわらず、実際のところは、
もしあなたが自分の人生の全責任を負うならば、
あなたが見たり、聞いたり、触れたり、
その他どんな方法であれ、
あなたが経験する全てがあなたの責任なのだ。
それはあなたの人生の中にあるのだから。

これはつまり、テロリストの活動、大統領、経済―
―あなたが経験していて好きではないこと―
―を癒すのは、あなた次第だということである。
言ってみれば、それらは存在してはいないのだ。
あなたの内面からの投影である以外には。
問題は彼らに関するものではなく、
あなたに関するものであり、
それを変えるには、
あなたはあなたを変えなくてはいけないのだ。

615名無しさん:2007/08/18(土) 06:40:41 ID:wkglxbL6
このことは把握するのも難しく、
ましてやそれを受け入れて実際に生きることは
もっと難しいとわかっている。
非難のほうが、完全な責任よりもはるかに簡単である。
しかし、レン博士と話すにつれて私は気づき始めた。
彼にとっての癒し、
そしてホオポノポノにおける癒しとは、
あなた自身を愛することなのだと。
あなたが自分の人生を改善したければ、
あなたは自分の人生を癒さなければならない。
もしあなたが誰かを癒したければ
―たとえそれが精神障害を持った犯罪者であっても―
あなたはそれを、自分自身を癒すことによって行うのだ。


どのようにして自分自身を癒すことに取り組んでいたのかと
私はレン博士にたずねた。
患者のカルテを見ていたときに、
彼は具体的には何をしていたのだろう?

「私はただ『ごめんなさい(I'm sorry)』と
『愛しています(I love you)』を
何度も何度も言い続けていただけです」と彼は話した。

That's it?  それだけ?

That's it.  それだけ。

あなた自身を愛することが、
あなた自身を好転させる最も素晴らしい方法であり、
あなた自身を好転させるにつれて、
あなたはあなたの世界を好転させるということが判明した。

616名無しさん:2007/08/18(土) 06:47:29 ID:wkglxbL6
これがどのように機能するかの簡単な例をあげてみよう。
ある日、誰かが私を不愉快にさせるメールを送ってきた。
過去そういう時には、
私は自分に感情的な反応を引き起こすものについてワークしたり、
あるいは意地悪なメッセージを送ってきた人に
理を説こうとすることで処理したものだった。

今回私はレン博士のメソッドを試すことにした。
私は「ごめんなさい」と「愛しています」を
声に出さずに言い続けた。
特定の誰かに向かって言ったわけではなかった。
私はただ愛の精神を呼び起こし、
この外側の状況を創り出した
自分の中を癒そうとしただけだった。


一時間もしないうちに同じ人からメールが来た。
彼はさっきのメッセージについて謝罪していた。
私は謝ってもらうために
外側に何も働きかけをしていないことを覚えておいてほしい。
私は返事すら書いていなかったのだ。
にもかかわらず、
「愛しています」と言うことで、
私はどういうわけか彼を創り出していた
自分の内側を癒すことができた。

つまり、外なんてないということだ。

あなたがあなたの人生の中の
どんなものでも改善したいのなら、
見るべき場所はただひとつ、
あなたの中である、ということだ。

617名無しさん:2007/08/18(土) 14:31:14 ID:???
 
 
↑ >>611-616

どこかのコピペだろうが。
自分の言葉で書けよ。どっかの宗教の布教スレにするな。

618名無しさん:2007/08/18(土) 15:35:39 ID:vnpT2ZjU
よく似たことを言っていたGIDが、統合失調症になり通院していましたが、キリスト教系の新興宗教に入信して、そのまま帰ってこない実例を知っています。

619むぎ:2007/08/18(土) 18:24:04 ID:???
京都の失踪当時26才のMtFgidでしょう? 
御両親は自分達が死んだ後の、
精神障害の息子の生活のために遺産を残そうとして、
お金を溜めていましたが、
何千万円か何億円かの流動性の資金を、
MtFgidの息子(娘?)が全部解約して、
お金と一緒に、新興宗教に飛び込んで、
そのまま行方不明になっています。
御両親は自分達の家のローンの返済も、
ままならない状態になっています。

>>611-616の話は、その医師自身が精神障害です。
医師も一般の人と同じように精神を病みますが、
医師という資格があるので、
精神病や精神障害のまま、業務している医師が、日本にも数千人います。

620むぎ:2007/08/18(土) 18:34:27 ID:???
訂正、京都のFtMgidでした。ごめんなさい。

621名無しさん:2007/08/18(土) 22:53:51 ID:Ty3V6uWs
リクエストです。どちら様でも。

1 統合失調症と鬱病と性同一性障害の妄想の違い
2 時間と妄想のこと

よろしくお願いします。ペコリ m(__)m

622名無しさん:2007/08/18(土) 23:23:33 ID:???
こういう質問をするってことは、知ってるんだよな。海馬がやられるってこと。妄想や予期不安は、ここがイカレるんだよなあ。知ってりゃ、書きゃいいのに。

623名無しさん:2007/08/19(日) 01:37:05 ID:6UqVQtEs
ああなんとなく本性がよくわかったような気がする。
直観って信じていいものなんだ。

624しーしい:2007/08/19(日) 05:56:03 ID:???
>622
ば、ばかな、 滅びのバーストストリームが通用しないなんて

625茨城cc:2007/08/19(日) 13:39:44 ID:co6AUafU
GIDやTGなどの運動をすると、確実に犯罪の発生率が下がります。
なかには、犯罪まがいの非行や宗教に走る人もいますが、
妄想であれ、解離性障害であれ、性的快感に浸りきりの色ボケ状態であれ、
いずれにせよ、刑法犯は確実に少なくなります。
子供のいないGIDの人が、自分のことをGIDだと言い出す前の非行の状態からすると、
一般には、相当に犯罪をおかすリスクの高い人達ですが、
GIDやTGになると、確実に犯罪は少なくなります。
宗教を信じたとしても、以前のオウムのような宗派や、
現在の外国系の一部の大宗派や、数十人単位の小さな宗派の一部のような、
触法宗教に填り込まない限り、
大部分の人は、それほど、悪いことはしません。
野放しになっているよりも、GIDやTGの運動や、宗教に凝ったほうが、
犯罪の発生率は、確実に下がります。
これは、GIDが治癒しない状態でのことです。
治癒した人は、たとえホルモン療法中や、性転換後でも、一般の人と同じです。

626名無しさん:2007/08/19(日) 21:45:59 ID:W9yzLGqo
あるmtfの人は、お化粧を落とさずに、夜、眠ります。
思い通りに、お化粧が出来ると、洗顔したくありません。
お風呂にも入らず、シャワーも浴びずに、
男性との性交渉の前後も、そのままですので、不潔です。
性転換手術をして、2年ぐらい経っていましたが、
重症でもなく、軽症でもなく、mtfとしては平均的です。
本人は完全にパスしていると言っていますが、
完全に落ちこぼれています。
治療中の統合失調症の人の、
軽症のほうから1/3程度のところの人と、
ほぼ同じくらいの、病的精神状況です。
性同一性障害では、性ホルモン以外には、
中枢神経を標的にした薬を使いませんが、
性的快感に浸りきっていることが、
向精神薬の使用と同じ意味になっています。

627名無しさん:2007/08/19(日) 21:46:24 ID:W9yzLGqo
あるmtfの人は、お化粧を落とさずに、夜、眠ります。
思い通りに、お化粧が出来ると、洗顔したくありません。
お風呂にも入らず、シャワーも浴びずに、
男性との性交渉の前後も、そのままですので、不潔です。
性転換手術をして、2年ぐらい経っていましたが、
重症でもなく、軽症でもなく、mtfとしては平均的です。
本人は完全にパスしていると言っていますが、
完全に落ちこぼれています。
治療中の統合失調症の人の、
軽症のほうから1/3程度のところの人と、
ほぼ同じくらいの、病的精神状況です。
性同一性障害では、性ホルモン以外には、
中枢神経を標的にした薬を使いませんが、
性的快感に浸りきっていることが、
向精神薬の使用と同じ意味になっています。

628名無しさん:2007/08/20(月) 08:09:49 ID:Bj.TpFHM
集金活動にのみ血道を上げる人たちがいます。
彼らの性質は生まれつきで、単純なものです。

社会を自分たちの搾取のための器械として使うために、
彼らはほかの人たちに首輪や手綱をつけて利用します。

才能のある人、腕力のある人、知性のある人などは、
お金のために首輪や手綱をつけられ、集金家たちに利用されます。
彼らは、自分たちが家畜のように扱われているとは感じません。
彼らにそのように感じさせることが決定的な不利になることを、
集金家たちはよく知っているのです。

救世主の話や、陰謀論などの「誘惑の道具」を使うのは、知性のある人々です。
知識を権威構造化して、それを持たざるものを貶めるのも彼らです。
彼らは自分たちの立場や権威を守るためにそうするのですが、
首輪をつけて自分を操っている集金家については無頓着です。

利口な彼らは、お金をただ集めることに意味があるとは思いません。
けれども、そんな彼らに集金家たちが異を唱えることはありません。

集金家たちにとって大事なのは、それが知性にせよ腕力にせよ、
自分たちに無い能力を持つ彼らを、いかに利用するかだけなのです。

お金を集めるというごく単純な本能しか持たない集金家の性質を、
ほかの人たちが本当の意味で理解することはありません。
彼らの頭の中には、それを使うという思考すらないのです。

彼らは、自分たちの活動に必要なものをすべて肯定します。
そこには信念もプライドもイデオロギーも無いのです。
そして、他人にそのようなものがあることを彼らは理解しません。
ただ、肯定して、おだてあげることが有益であることは、よく知っているのです。

629名無しさん:2007/08/20(月) 08:56:50 ID:Bj.TpFHM
米国が、中共中国、韓国、北朝鮮と連携して、
日包囲網を形成し始めた。

しかし、日本の権力階級は全員
米国の傀儡であって、
今までの自分たちの考えは変えることが出来ない。

この「権力階級」とは、

  (1)官僚の全員
  (2)政治家の全員
  (3)財界の全員
  (4)学界の全員
  (5)マスコミの全員
  (6)宗教界の全員
 
を含む。

従って、日本の権力階級は、なすところを知らず、右往左往
するしかない。

自衛隊諜報グループと外務省の一部が、独立の諜報組織を結成した。

米国CIAの下部組織にひとしい、日本の警察と外務省は、
当然のことながら、前述の如き動きを潰そうとするであろう。

ひょっとしたら、小池防衛大臣と守屋防衛次官の権力闘争は、
この問題と関係しているのかも知れない。

久間の後任に小池を推したのが小泉であると伝えられるが、
これは意味深長である。

十一月、安部首相は中共中国へ行き、
南京の例の日本軍による南京三十万人大虐殺博物館に「参拝」
する「サプライズ」を画作中、との報道もある。支離滅裂、という他ない。

小池防衛大臣の人事は、守屋防衛次官ら、
防衛省内の嫌米国内派を一掃するのが狙い。

つまり、直感的に時流を掴むのがうまい小池氏は米国の意向に添おうと必死だ。

米国は、安倍に見切りをつけた。
米国(CIA)の次の標的は、安倍首相自身だ。
近く彼(安倍首相)のスキャンダルが炸裂すると予言しておこう。

そのあとの、米国の傀儡に予定されているのは誰か。
米国の要求は、日本軍を米軍の尖兵として、対イスラム全面
戦争に引きずり出すことである。

米国と、そしてその忠実なエージェントとしての、
防衛省内警察出身官僚、そして自衛隊内の米国の手先としての自衛隊高級将校を
使って、自衛隊、防衛省内の嫌米的妨害勢力をたたき潰すこと。
と言うわけで間もなく、「小池首相」を米国は登場させるのかもしれない。

630(=^^=) どすこい どすこい:2007/08/20(月) 20:18:40 ID:leq/iZSs
ジャ〜ン。朝青龍ってお相撲さん、
解離性障害なんだって、最新の診断。
GIDも、解離性障害なんでしょう?
なーんか、似てると思ってたわ。
お相撲さんって、おっぱい、おっきくなる人、多いでしょう?
似てるんよ、mtfのGIDと、お相撲さん。
最初、包茎治療の精神科医って人が、神経衰弱って、診断したじゃんか。
包茎治療は精神外科みたいなこと、言ってたでしょう?
精神外科って、ロボトミーとか去勢手術とかで、
精神障害を手術で治すつもりの診療科だったんだけど、
現在は、その後継を自認してるのが、美容外科よね。
夏目漱石が神経衰弱だったってことからも、わかるけど、
神経衰弱って、統合失調症の系統の病気でしょう?
その次が急性ストレス障害で、今度は解離性障害、朝青龍の診断。
なんとなく、性同一性障害って、どんな病気か、わかりそ。

631名無しさん:2007/08/21(火) 13:43:11 ID:kC9IGL6A
昔、ジュリエン(自分自身がインターセックスで性転換した医師)が、
NHKのテレビニュースの、相撲のビデオになると、
テレビの前に走って行って、じーっと見ていました。

食べてるだけで、べろーんとお乳の大きくなる人と、
食べてもお乳の大きくならない人との、
体質の違いを見ているのだそうです。

「mtfも、こんなもんやんか」と言っていました。
ジュリエンによると、
女性ホルモンの太りかたは、お相撲さんの太り方に似ているそうです。

「お乳も、こんなんやわ」と言って、テレビのお相撲さんを指さしていました。
ブラジャーをつけると、ホル漬けのmtfになるそうです。

632:2007/08/21(火) 22:21:45 ID:???
こんばんは。
横綱さんの、解離性障害のことですが、わたしは知りませんので、報道だけが情報源です。
診断が正しければ、横綱さんの次の手を、予想できます。
整形外科の診断の通りです、と言います。
診断書を書いた整形外科のお医者さんは、レントゲンにちゃんと肘と膝の故障が写ってる、と言っていました。
仮病疑惑から、横綱さんは処分を受けましたから、整形外科のお医者さんとしては、そう言わざるを得ません。
横綱さんは、整形外科の診断の通りの故障があって、痛かったので、巡業というお仕事を休んだのだと言います。
嘘偽りなく、痛かったので、モンゴルで休養しましたが、サッカーボールを蹴るぐらいは出来たので、ファンサービスのために、ボールを蹴っただけです、と涙ながらに訴えます。
そして、自分は本当にそういう気持ちだったと、記憶を作り替えて、自分自身で確信します。
嘘ではなく、性同一性障害の人が、自分は子供の時から、本当に反対の性別の気持ちだったと信じて、男の体格容貌心理習慣のまま、お化粧をして、スカートをはいて出勤するのと同じです。
性転換医療を実施している医師が、ホルモンシャワーや脳の性差のことを言うのも、整形外科医が、レントゲンにちゃんと写っていると言うのも、同じです。
医師としては、自己弁護のために、そう言わざるを得ません。
こんなことになる原因として、元横綱の理事長さんは、あいつは羽目をはずして無謀な事をする反面、気が小さくて一人で悩みやすい性格だ、と言っていました。
その性格のお陰で、本格的な精神病にならずに済んでいるような、横綱さんの脳の生理的な事情があるのかも知れません。
性同一性障害では、思春期以後、その事情に、軽度の持続的な異常があります。

633ペコちゃん:2007/08/22(水) 12:37:15 ID:cy5prY4M
トラヤヌス帝はホモで子無し。
ユスティニアヌス1世は娼婦テオドラと結婚して、子無し。
お人よしは、戦争好きかも。
お坊さんになっても、芸術家になっても、軍人政治家になっても、
子無しは、生き方が孤立して、独善的になり、
殺伐とした心になる気がする。
あたしは、性同一性障害の問題は、生殖医療と思います。
卵子や精子の保存、人工授精、代理母出産などは、
緊急の弥縫策にすぎないのでは?
あたしたちの世代で実現できる目標は、体細胞から子供を作ること。
体細胞クローンは、すでに牛や豚やネズミで実用化されています。
基本的には、人間でも可能。
クローンでなく、体細胞を使った遺伝子の交配と、
借り腹の代理母による人間の妊娠出産を、社会制度として実現したい。
卵子の凍結保存よりも、こちらのほうが目的を見失わなくていいと思います、GID医療の目的。

634名無しさん:2007/08/22(水) 22:11:29 ID:???
GID医療の意義が、生殖医療にあることを理解するのは、GID諸氏には難しいと思うよ。
それから、例の統合失調症と鬱病と解離性障害と性同一性障害の妄想の違い、誰か書けよ。
ついでに、妄想と時間と記憶と自我機能のことを。特にフィルター機能やレイテント機能やワーキングメモリーやプレパルス抑制などと、生殖と社会性に障害の出る精神障害との関係を、海馬の機能障害に照らして、誰か書けよ。
思春期に異常の出る精神障害と、3才で異常の出る精神障害との違いも。
性同一性障害で痴呆になることも。
今から夏休みのヤツもいるだろうが。暇なら書け!

635H185:2007/08/22(水) 22:29:01 ID:drLlIny2
>>634
お前が書け!
っていうか命令口調カンジワル。
オネガイシマス。

636吉理:2007/08/23(木) 12:19:56 ID:???
>>634,>>633,>>632,>>631,>>630・・・・というよりも、
誰か一人の名前に統一しない?

ていうか、解離性同一性障害のことについては書かないのw?

637名無しさん:2007/08/23(木) 18:37:44 ID:eXzRKeVs
朝青龍がさ、
自分の本当の心は、子供の頃から女だったって、
記者会見で、涙ながらに言えば、
テレビに囓り付くわ。
GIDのために貢献すると思う。

638名無しさん:2007/08/24(金) 16:22:37 ID:kGWcQBv.
9月から砂漠の中のロサンゼルス。やなところ。
シエラネバダは遠いかしら。雪のある所へ行きたい。
今日はさっさと帰りませう。

639名無しさん:2007/08/24(金) 20:01:35 ID:???
ロスの砂漠より大阪のヤーさんが恐い

640名無しさん:2007/08/25(土) 07:27:15 ID:hi/psc4Y
ロサンゼルスとヒューストンは嫌いです。ロサンゼルスなんか、半分砂漠だから、仕方ないかな。車中心の都市計画で、歩ける所がない感じ。車から降りると危ないから、人通りの多い所しか、外に出られないの。だから、建物と建物の間を、車で移動して、人の多そうな広場とか公園とかを歩くだけ。ほんとに、町の真ん中でも、人の歩いてる歩道なんか、ほとんどないよ。そう思うと、アメリカ人って、可哀想な人達なのよね。
ロサンゼルスでも、海の近くは湿っぽい風が入るの。きっと、昔はそこに町を作ったのよね。でも今は巨大都市だから、奥地のほうは砂漠の町。山の手の高級住宅街なんか、プールみんな持ってるでしょう? ロサンゼルスって、草木も生えない所だから、町の中の植物は全部、スプリンクラーでお水をやるの。ジョウロでやる人はいません。お水が恋しくて、池を作るんだけど、穴掘っただけでは、お水が抜けてしまうから、コンクリートで固めるでしょう? そしたら、プールになるの。夕日が反射すると、眩しそう。でも、夏の間は、雨が降らないから、お肌がかさかさになるの。そういう時は、真っ裸で泳ぐと、すっごく気持ちがいいの。私が住んでた頃は、あの家、イエライシャンのいい香りがしてました。夜来香って書くの。ほんとに真夜中に香って来るのよ。でも、夜になると涼しくなるから、真夜中に泳ぐのは、ちょっと寒かった。

641名無しさん:2007/08/25(土) 09:42:52 ID:F2lecQ0c
カリフォルニアの電力自由化の後の停電時代に、
発電所をエンロンに売った仕事をした人は、
当時、ロサンゼルスに滞在していました。
エンロン破綻のぎりぎりの時期でしたので、
胃の痛くなる日々だったと聞いています。
ロサンゼルスにいい思い出を持ちにくいでしょう。

エンロンは、ヒューストンに本社がありました。
テキサス出身のブッシュ大統領を担ぎ上げるために、
チェイニー副大統領などの、いわゆるネオコン政治家が資金を捻出するため作った会社で、
石油関係の人は、ヒューストンに何度も足を運んでいます。
ヒューストンに良い思い出を持つのは難しいでしょう。

もうすぐ大統領も交代しますから、ロスを許してあげて下さい。
電力危機で知事になったシュワちゃんは、無罪です。

642名無しさん:2007/08/25(土) 13:31:50 ID:???
>>639 あれは東京のヤーさん。大阪と違います。
東京の、そのヤーさんは、mtfの連れ合いになる人種の人で、ほとんどgidと同じ傾向の精神疾患。
この種の人は、すでに人格障害になっている人が多いので、用心すること。
ホモの自覚を持てない人。
gidが、ホモ類似の連れ合いと一緒に暮らす時は、連れ合いの治療も必要。
異性と生活できない精神状態で、異性の肉体に性欲を感じます。
gidを異性の肉体の代用品として求めて、gidの心を同性の心として求めて来る人。
それでいながら、gidの心を異性の心のように評価します。
これは自分に対する嘘ですが、嘘を自覚できない。
自覚できない嘘で隠蔽しなければとりつくろえない精神疾患があります。
gidの体については、異性よりも同性に近いと客観的に評価できる。
gidの連れ合いの精神疾患を治療しないと、gidと一緒に悪いことをするようになりかねません。
gidが治癒しない理由の半分は、連れ合いの精神疾患です。

643名無しさん:2007/08/25(土) 19:57:38 ID:I/JknY1w
>>639>>642
その事件では、gidが、gidのための福祉施設を作る話を、事件の前にばらまきました。
gidには失業者が多いから、という理由でしたので、それはそれで結構ですが、どんな福祉施設かというと、ラブホテル。
それを経営するために、gidが3億円を出すと言う話。
そのgidは、いわゆるgid運動と同じことを言っていましたから、どうしてgidの運動が、ラブホテルにたくさんのgidが住み込んで生活する話になるのか、それがどうしてgidのためになり福祉になるのか、???です。
ところがこの話に、gidや、gidとセックスしたい連中が、たくさん乗ってきました。
ここで集められた連中が、後の事件の手足になりました。
当時のgid研究会と、神戸の手術後グループが、共犯者募集の草刈り場になりました。
gid研究会の誰と誰が、人殺し計画に加担したか、ほとんどわかっているそうですが、組織犯罪と言えるかどうか、微妙なところかな。

644名無しさん:2007/08/25(土) 21:27:17 ID:ib3ki6L.
>>638 ボールディ山 10,000feet以上、3,000mちょい。本名サンアントニオ山。
ロス中心部から目測50キロ。すぐ裏山。見えてまーす。
冬は雪が積もってアイゼンが必要だけど、今は禿げ山。
クレアモントっていう市街地から、車でマウントボールディっていう1500mぐらいのスキー場まで行って、
スキーリフトでマウントボールディノッチっていう2400メートルぐらいの高さまで行きます。
夏でも運行。10$丁度だったかな、往復。
そこが登山口で、尾根筋を登ります。夏、日帰りで行ける。

645名無しさん:2007/08/26(日) 21:36:35 ID:iHDVtWiY
ゴミ捨てに行ったら、お隣のおばちゃんに引っかかって、長話。
はよシャワー浴びて、冷えた麦茶飲んで、クーラーにあたりたいのに、汗たらたらかきながら、山猫がいるという話。
それは野良猫が山に住んでるだけなのに・・・

646名無しさん:2007/08/27(月) 00:35:26 ID:???
クレーン・デリック運転士、揚貨装置運転士、昔のわたし。
本職ではありませんが、ヘルメットを被って、ミニスカートでやっていました。
そこへジュリ先生が、「わたしにもやらせて」と、闖入して来て、困りました。
あの先生は、フォークリフトを乗り回して、港で遊ぶのが好きでした。
やはりミニスカートです。
昔は、ミニが流行でしたので、仕方ありませんが、フォークリフトでも、デリックの運転室でも、座ると中身が見えます。
ハンカチ、タオルの類を、膝に広げていました。
なつかし〜い。
神戸の川崎造船で、ジブデリックが倒れたニュースを見て、若い頃を思い出しました。
妊娠して出産して育児するのが夢でした。
まだTGやGIDの考え方がなかった時代です。
知らないでしょう?
おやすみなさい。

647名無しさん:2007/08/27(月) 06:30:13 ID:BWGd2eGE
こんなのもあるよ。
ジュリセンセの三重県の家の前に、
コンクリートミキサー車を横付けにしたgidがいるの。
庭付き一戸建ての住宅団地だから、
そんなのが家の前に止まると、近所中の人が注目!
gidはジーパンをはいた足を、大股開きに開いて、
運転席にドデーンと座っていました。
そこらじゅう、マンガの本ばっかし。
ジュリセンセは、助手席にも座れない。
マンガの本を寝台に片づけながら、ジュリセンセは、
「生コンってナマ物なのに、どうしてベッドが付いてるの?」と尋ねました。
そのgidいわく、「するためじゃねえか」
ジュリセンセは、寝台に放り込んだマンガの本を取り出して、助手席に積み上げました。
生コン車って、車のベッドで眠る毎日だから、重労働です。
あたしは知ってる。

648名無しさん:2007/08/28(火) 18:17:34 ID:Z0iki/MI
gidの精神障害を指摘するのは、それなりに意味のあることですが、気をつけて下さいね。
gidは、非行に走って犯罪を冒す人と、精神病院に入院する人との中間のような人で、非行や犯罪を悪い事だと思う自覚が足りませんし、精神障害の自覚が全くありませんので、喧嘩して人を殺してしまう暴走族や、ホームレスの人にガソリンをかけて殺そうとする中学生のような、一触即発の腫れ物のような心理状態です。
精神の病気であることを、人に指摘されると、非常に激しい憎しみを持ち、非行を咎められると、報復して殺そうとします。一時的な嫌悪感を抑えられずに突っ走ってしまうか、悩んで引きこもってしまう人達です。
統合失調症を発病する前の、神経衰弱様状態や自律神経失調症様状態などと同じような精神状態ですが、自分の病気を知ってしまうことを極端に拒否して、わざと自分の病気を自覚しないで済むような道ばかりを選びます。
無理やり自覚させられるような状況に直面すると、精神状態が極端に不安定になり、妄想や幻覚が出て、誰かのせいにして恨んで憎みます。
たとえばmtfのgidでは、容貌容姿のパスしない人を見ると、それだけでその人に敵意を持ち、激しく憎み、個人攻撃をします。
容貌容姿でパスしない人が、目の前に現れると、自分自身の精神障害が見えてしまいます。それを拒否するために、相手の人に対して凶暴な感情を持ち、葬り去ろうとします。
インターネットで簡単に見つけられるのは、相手のgidの個人情報を暴露する記事を、掲示板などに書き付ける行為です。
多くは容貌容姿をあざけ笑い、いかに頭のおかしい人間かを書き付ける個人攻撃です。
反対に完全に性転換後の性別の社会に適応している人を見ても、やはり自分の精神障害を指摘されているような気持ちになり、相手の人が性転換した人間であることを、地域社会や職場に言い触らします。
相手の人は、新しい性別で暮らしていて、近所の人も職場の人も、性転換した人であることを知りませんから、こんな垂れ込みだけでも、生活状況が一変してしまい、転居転職を余儀なくされてしまいます。
病識のない精神障害では、異常を指摘されると必ず敵意を持ち憎みます。
むしゃくしゃして放火するとか、夜にこっそり相手の家の壁にペンキで落書きするとか、昔からよくある話ですが、gidがgidになった原因の精神異常は、そういう心理状態です。
gidの精神障害を指摘するとき、個人攻撃にならないように気を付けるだけでなく、プロキシを使って投稿するような防御策も講じて下さい。
この掲示板のクリック数がページの最下端にありますが、毎日100程度の人が見ています。全員がgidとしますと、必ず20人程度は、精神障害と犯罪を冒す心理の中間のような、暴走族に似た不安定な心理状態ですので、うっかり個人情報を洩らしてしまうのは非常に危険です。

649名無しさん:2007/08/28(火) 21:47:41 ID:.hUKvBTk
医師は勇気を持って性転換医療から撤退すべし

650名無しさん:2007/08/29(水) 13:02:30 ID:kfg8tTbc
いじめられて、不登校になった例も、多数あります。
本人は性的違和感のためと言いますが、軽い発達障害ではないかと言う人もいます。
思春期になる前ですと、その可能性もありますが、
思春期を含めて、思春期以後ですと、いじめられやすい子には、
発達障害よりも、統合失調症の発病前の精神症状のほうが多いようです。
融通が利かなくなり、我が道を行く頑固さになり、友達づきあいが悪くなり、引っ込み思案になり、揶揄を受け流すことができず、
挑発に対して、気のきいたハッタリの笑顔や威嚇を使えないと、いじめの餌食になり易くなります。
妄想があると、対人関係が疎かになり、いじめられ易くなります。
心や体の中を、風が通り抜けて行く感じや、何かにしがみついていなければ、安心して眠れない気持ちなどは、
やがて引きこもりになり、ひどい人は被害妄想になり、統合失調症になることもありますが、
軽い人は性的違和感のようなスローガンにしがみつき、カミングして性同一性障害になることもあります。
子供の時から、中性的な生活や、反対の性別に近い態度物腰言葉つき服装などで生活していた人は、滅多に性同一性障害にならず、
性同一性障害になる人のほとんどが、反対の性別に馴染めず、異性に対する性欲を素直に表現できず、
同性社会にも馴染めず、思春期に統合失調症の発病前に似た社会行動の異常が顕著に出てきますが、
発達障害と言えるほどの、3才までに形成される精神の動物的機能に異常の出ることは、ほとんどありまん。

651名無しさん:2007/08/29(水) 21:32:45 ID:???
シフォンのミニワンピの下にスパッツで、
笑われるかなって思ったけど、
大丈夫だった。
暑いのにスパッツなんか、いらんかったけど、
年齢が年齢だから、美脚を見せるのは、遠慮した。

652名無しさん:2007/08/30(木) 07:12:34 ID:XGduqQ7o
>>650
訂正です。最後の行の末尾、
ありまん  は、
ありません  です。

すみませんでした。目立つような発達障害は、性同一性障害には、ほとんどありません。多分、脳性麻痺で性同一性障害の人のほうが、目立つ発達障害で性同一性障害の人よりも、多いはずです。

発達障害はくせ者で、、目立たない軽い発達障害でも、その他の精神障害の原因になる可能性があります。
手先の不器用さを見逃されていた統合失調症の人がいて、重症の統合失調症になっていました。
統合失調症の陽性症状でも不器用になりますし、統合失調症の薬の副作用でも手先が不器用になります。
検査しても、それと見間違われていて、手先の不器用さから重症の陽性症状と見られたり、薬の副作用が出ていると見られたりして、
投薬が不適切になり、薬漬けのために重症になってしまった可能性がありました。
子供の頃から不器用な人は、統合失調症によるものではありませんが、コンプレクスから統合失調症を誘発することがあり、不適切な治療により重症の統合失調症になってしまいます。
この人は、発病から20年間も、病院を変わるたびに検査を受けていたにもかかわらず、統合失調症の症状や薬の副作用としての手先の不器用さと間違われていました。
家族を調べれば、統合失調症や薬の副作用によるものでないことが、すぐにわかったのですが、家族に聞き合わせた医師は、これまで一人もいませんでした。

653名無しさん:2007/08/30(木) 08:30:39 ID:ZDYSckgM
↑ それそれ。時間ないから、簡単に書くけど。
MIT(マサチュセッツ工科大)の利根川ノーベル屋さんチームが、
マウスの実験から、統失の遺伝子を発見したって、昔(4、5年前)、言ったのよね。
今年、理研が、その遺伝子の異常を、日本人の人間の統失でも確認したって、言ったでしょう?

これ、おかしいんよね。発達障害と統失とが、一緒くたになってるのよ。
統失の症状って、見てると、みんな解離性障害の出し方なの。
統失独自の症状って、ないからさ、逆に言うと、統失って、ありとあらゆる精神症状が出てくる可能性があるんだけど、症状の出方が、発達障害と違うんよね。
統失の症状って、思春期以後に出てきて、それまでは正常なの。
正常だったのに、思春期に異常になるんだけど、出し方が、わざと出してる感じで、ヒステリとか解離性障害とかの出し方なの。

そういう症状の中に、思春期より前からあるものが、隠されてるみたいに、ちょっとだけ混じってて、これは3才までに確定した症状で、
今のところ生まれつきの能力不足や能力異常としか言えないんだけど、軽い発達障害なのよね。
これがタネになって、それを回避したり隠したりするために、二次的に統失の症状が出てくるって感じなの。GIDもおんなじなのよ。
時間切れ。マタネ。

654名無しさん:2007/08/31(金) 01:21:24 ID:0ZgtJrys
成人した子を持つ男性が、例によって例の如く、突然gidだと言い出しました。
女装を始めて、わずか数ヶ月ですが、女装を始める前に1年間ほど男性として、女装の人と交際していました。
これもよくある話です。
自分も女装を始めると同時に、カミングしてホルモンを始め、2年後には性転換手術を終えました。
この人もまた、思春期に男性同性愛を覚えて、その後結婚しましたが、ずっと男性として男性の衣服で男性と性交渉を持っていました。
子供が育った後に、gidだと言い出しました。
この人が、やはりホルモンシャワーや脳の性差のことを言い、自分は子供の頃から女の心だったと主張します。
自分は子供の頃から女の心だったから女性に憧れていたと言いますが、どう聞いても、子供の頃から男性として女性に性欲を催したので女性に憧れた、としか聞こえません。
ホルモンをする以前は、どう見ても男性の顔かたちでしたが、ホルモンを始めて顔が変わると、自分は子供の頃から女に間違われていたと言い出しました。

よくあるTGですが、この人は夜一人で眠れません。
一人で寝る時は、抱き人形のようなものにしがみついて眠るほどですから、相当な不安があるようですが、本人はそれを普通だと思っています。
缶ジュースのリング状のプルトップを指で引っ張れません。
指だけを使って開けて見せると、そんな人を初めて見たと言います。
かなり指先の不器用な人ですが、自分で気づいていないのが不思議ですした。

655名無しさん:2007/08/31(金) 10:18:03 ID:khPgwtW2
>>654 それ、爪じゃない? 
mtfでしょう? gidになってから3-4年だったら、爪伸ばしてるでしょ。
爪伸ばして、マニキュアしてると、プルリング、起こせないよ。
爪、傷つけないように、マニキュア、傷つけないようにしてるんじゃない?
ふつう、爪、奇麗に切ってると、指先の、爪の余りの肉のところで、プルリング、起こすでしょう?
そんなの、だれでもわかってるのに、プルリングを指先で引き起こす人を初めて見たなんて言うのは、女装遊びに、ハマってるのよ。
srsしても、まだハマったままなのよ。

ふつう、20年ぐらい、ハマったままになるよ。
ロールプレイだからさ、性転換って、gidは、性的な陶酔状態もあるから、一種のトランス状態なのよね。
ふつうの人から見ると、痴呆に見えるんだけど、本人は気づいてないの。
本人はgidやtgや診断基準や特例法やの議論してると、自分は大人だと確信してるのよ。
実生活みると、人間関係の客観的事実を認識できなくなってて、mtfだと中学生の女の子より、まだ幼稚で夢の中。

656名無しさん:2007/08/31(金) 21:15:51 ID:KtQ6EvaY
こちら、福井の大野です。東京に35年間も性感に浸ったままの人
がいます。性転換後も一日中、お尻にバイブを入れて暮らしていま
す。手術後は前も手当するので大変です。お部屋もおトイレも何年
も掃除していません。お化粧に取り掛かってから外出するまで、3
時間もかかります。いつも、よそ行きの服を着て、援助交際で生活
しています。隣近所の人から差別を受けていないと言いますが、隣
近所の人とつき合っていませんから、無視されているだけと思いま
す。容貌容姿も戸籍も女性です。頭の回る人で、話し方も身振りも、
変なところは何もありません。おめかしして遊んで、男と一緒にMt
Fの容貌や衣装を評価して笑うだけの人生ですが、自分のことをト
ランスジェンダーと言い、男性は本物よりも女性らしい心と評価し
ます。私の印象では、女嫌いのホモの心で、つき合っている男性と
同じ種類の心です。生まれ育った家庭環境が複雑で、苦しみの多い
子供時代だったと思います。この人は病気でしょうか。大野は荒島
岳の見える湧水の町ですが、市内の水も最近は汚くなりました。

657お答え:2007/08/31(金) 23:00:21 ID:???
その人は、もちろん独身で、子供はいないでしょう?
身体的に生殖機能が正常なのに、子供を作らずに生殖機能を捨てるのは、
精神に病気があると思って、まず間違いないと思いまーす。
一日中、お尻にバイブを入れるのは、GIDによくあるよね。
思春期の男の子だと、ペニスを緊縛したり、ガードルで押さえ付けたり、
女の子だと、膣に鋏みを格納したり、尿道にカテーテル入れたり。
全部、性別の違和感があるとか、体の性別を許容できないとかと、GIDは言うけど、
性的快感にずーっと浸り続けたいための工夫よね。
性的快感を得ると、脳内麻薬が出るので、一日中、それに浸り続けようとするのは、麻薬中毒と同じことよね。
異性装して、異性の気分になっているだけでも、性器が濡れて来て、性的快感があるから、
GIDって、性交渉や、手を使ったオナニーをせずに、気分だけでオナニーができて、便利。
それも一日中、一年中、一生、手も使わずに、オナニーをし続けられるのよ。
これで昼間もお仕事をすると、死ぬまで麻薬漬けになりまーす。
オナニーしながら仕事して、一生、麻薬漬けで生きようとする気持ちは、きっと病気よね。
麻薬に手を出さずにはいられない心理が、GIDの病気の正体だけど(たぶん、統合失調症の軽いやつ)、とりあえずは麻薬漬けだけで、病気ってことで、いかが?

658名無しさん:2007/09/01(土) 12:49:38 ID:FhvLsIRY
新説、珍説、へそ曲がり説など、楽しく拝見しております。
脳内麻薬説は、行けそうですね。

659名無しさん:2007/09/01(土) 22:19:50 ID:???
ニューヨークにいる日本のgidが、
フロリダに遊び行かないか、マイアミに行かないか、
キーウェストに行かないかと誘ってくれました。
この暑いときに、なんで蚊だらけのフロリダに行くのか、
飛行機代高いのに。
スペイン語、知らんのに。

冬の話だと言うので、
大阪はニューヨークのような氷河地形でないと言ってやりました。
彼は名寄の生まれなので、常夏の国大阪を知りません。
地球温暖化とヒートアイランドのせいで、
近ごろ、大阪は真冬でも氷が張りません。
私の子供の頃は、雨でなければ、冬は毎日、氷が張りました。
gidになった頃の氷河時代がなつかしい。

660名無しさん:2007/09/01(土) 23:41:44 ID:???
>>657まだお乳のあるFTMの子が、なべシャツを着ると、
やはり、お乳がキュッと来ます。
FTMの子は感じていますが、気づいていません。
気づくのを拒否する心理が働いています。
気づく代わりに、「自分の心は男だ」と言い、カムアウトします。
これも解離です。
MTFの人が、「オナニーをするだけでも痛いので、女性と性交渉ができない」と言います。「だからGIDになったのだ」と。
包茎なのかと思いましたが、違いました。
女性ホルモンのせいで、鬼頭の粘膜が薄くなり、擦ると、怪我になります。
精力も衰えていますので、擦っても擦っても、射精できなくなり、
痛いので、オナニーもできなくなります。
「だからGIDになった」ということはあり得ません。
そのMTFは、奥さんも子供もいる人です。
嘘をついていますが、自分の嘘に気づいていません。
これも解離していました。

661酒田:2007/09/02(日) 17:49:52 ID:iozsHxJU
よく話した友達が、性転換すると何も言わなくなりました。
性同一性障害になると、こうなるのですか。
年寄りのgidの方にお願いします。

662名無しさん:2007/09/03(月) 17:41:31 ID:o2wwwR8E
大臣の生年月日を見て、しょうもないことを勘定しました。
わたしよりも年上と、年下と、どっちが多いか。
丁度、同じでした。
でも、政治家にはなりたくない性格なので、遠慮。
家庭を取り仕切りたかったから、満足。
この上の質問、答えよかな・・・
やめときます。簡単に言うと、それが目的でGIDになったのだけど。
一般社会との交渉を断ち、性的快楽に耽りたかったから。
引きこもりね。社会に適応できないのは、当たり前。
適応したくなかったので、GIDになったのですよ。
羽目をはずして、はみ出すと、気持ちいいのよ。
マゾ、マゾ。
吹き溜まりとも言います。

663名無しさん:2007/09/03(月) 19:29:54 ID:kNN9Om2.
>>661 います。あなたは一般社会の人ですか。
性転換する前の友人は、性転換前の様子を知っています。
性転換すると、性転換前の記憶や責任を放棄しようとします。
嘘の記憶に塗り替えます。
性転換前の事実を知っている友人を切り捨てようとします。
性同一性障害になる前に、ホモやレズだった人は、沢山います。
ホルモン療法を始める前に、親友だったホモやレズの人と、喧嘩別れになります。
>>662さんの言う通り、自分からそうします。
都合の悪い記憶は、蜥蜴の尻尾のように、切り捨てます。
解離性障害です。
本人は自覚していませんが、話さなくなるのは拒否の態度です。
性同一性障害の人は、一般社会の人と、普通の話が円滑にできなくなります。
拒否の態度です。
けっして新しい性別に適応不十分だから会話ができなくなるのでなく、適応拒否の自閉症状で、一般社会お断りの意志表示です。

664いまは〜 もう秋 だれもいない海 1:2007/09/04(火) 18:47:45 ID:w8/SFO.I
>>661 ヒステリーなのよん。
今の言い方で言うと、解離性障害。朝青龍さん。

mtfGIDの人の一人住まいの家に行くと、お掃除してないの。
和室に砂が溜まってます。
その上を歩くから、畳が擦り切れてるの。
何年間、お掃除してないのかな。
おトイレに行くと、汚れが分厚くこびり着いてるの。
離婚してから、一度もトイレ掃除してないみたい。
お掃除しましょ、って誘って、
とりあえず、おトイレの塩酸とタワシと、
お部屋の蛍光灯、買いに行きましょうってことになったの。
蛍光灯が切れたまま、暮らしてるの。

ところが、蛍光灯を付け替える時に、びっくり仰天。
その人、蛍光灯の取り替えができません。
「やったことないの?」って聞くと、「うん」って言うの。
女でもできるよ、小学3年生でもできるよ。
教えてあげました。
次、塩酸ぶっかけて、おトイレごしごし、磨きましょう。
これも、その人、やったことがありませんでした。

なんか、おかしいなあ。
蛍光ランプの取り替えって、そんなに難しい?
初めてでも、簡単に想像つくでしょう?
その人、どういうふうにすれば取り替えられるのか、
想像がつかないようでした。
あの輪っかになったランプよ。
輪っかが切れてたから、買ってきて付け替えたの。
付け替えをしたことがないって言うんだけど、
手つきを見ていると、私が指示した事の、次に何をすればいいのか、ぜんぜん理解できてないの。
あんなの、そんなに難しい?
誰でも、手順を想像できるよね。
初めてでも、だいたい、わかるよね。
ほかの部屋のも付け替えたのだけど、
二度目でも、まだ何がなんだか、わかってない様子でした。

この人、働いてるのよ。
化学会社の技師さんよ。
大学出よ。
喋ってても、知能はまともよ。
なんで、蛍光灯の取り替えが出来ないのよ。
変でしょう?

これ、わかる人いますか。
どうして、性同一性障害の人が、こんなふうになるか、
わかりますか。

665いまは〜 もう秋 だれもいない海 2:2007/09/04(火) 18:48:27 ID:w8/SFO.I
答え一発、行きます。
この人、解離してるんです。
職場では、我慢して、技師の顔と、GIDの顔を、合わせ持ってるけど、
帰宅すると、解離して別人になって、架空の女になります。
この人の場合は、人格はそれほど変わってないようでした。
でも、能力が変わるの。
女になると、蛍光灯も付け替えられなくなるの。
おまけに、お掃除もできない女になるの。

これ、解離性同一性障害に相当するか、そんなのどうでもいいのよ。
解離性障害って、実際は、幾つものタイプの中間みたいな、
混ざり合ったみたいな、どれでもよさそうな、どれにも当てはまらないような、
そんな形で現れてきます。
診断基準のタイプ分けなんか、机上の定義にすぎないのよ。

もうひとつ、参考になる話。
目玉ね。
統合失調症の人って、目玉据わってくるの。
性同一性障害は、どうだと思う?
一般の人と、性同一性障害の人の目玉の動き、
見比べたこと、ありますか。

性同一性障害の人は、一般の人と、統合失調症の人との、
ちょうど中間ぐらいの目玉の動き方です。
平均ね、性同一性障害の人の平均。
ひどい人は、統合失調症の人のように、据わってしまってます。
軽い人は、ふつうの人と同じ。

統合失調症の人は、なんで目玉、据わってくるか、わかりますか。
周囲の事を、できるだけ見ないようにしているの。
なんで見ないようにしているかっていうと、
イヤな事を見てしまうから。
周囲の事を、できるだけ聞かないようにしているの。
幻聴や妄想があるのよね。
いわば、見ざる聞かざるで、目を塞いで、耳を塞いで生きようとしているの。
それでも、幻聴や妄想は、脳味噌の中から起こって来るんだけど。
本人は、周囲の何者かが悪さをしていると思ってるの。

性同一性障害の人と、博物館に行った事があるの。
4時間ぐらい、その人、一生懸命、展示物を見てるの。
全部の展示物を見て、解説文を全部読んでるの。
私、それに付き合わされた。

666いまは〜 もう秋 だれもいない海 3:2007/09/04(火) 18:48:56 ID:w8/SFO.I
ところが、その人、視力が0.1もないんよ。
コンタクト付けてないし、眼鏡掛けてないし、
0.1以下で、ガラスケースの中の、展示品の横の解説文、読めるのかしら?
読めません。
私、あとで知ったの、その人が0.1以下の視力だってこと。
本人が言ってたので、「コンタクト付けてるの?」って、聞いたの。
黙ってしまいます。
しつこく、重ねて聞くと、「だいたいのカンでわかる」って言うの。
「この博物館、何度も来てるの?」って聞くと、「初めて」。
「ここの解説の本、あらかじめ買って、読んでいたの?」って聞くと、「そう」。
なーるほどね。
でも、なんか、おかしい。
その人、展示物を見ているとき、
一生懸命、ガラスケースの中の解説文を読んでるようでした。
ふん、ふんて、頷きながら、読んでるみたいでした。

なんか、ポーズだけ、4時間とってたみたい。
どっかの美術館の芸術絵画を見てる女の子なんか、
すっごく、神妙な顔して頷いてるけど、たいてい、ポーズだけなのよ。

昔、デジカメとか携帯電話のカメラとかがなかった時代、
mtfGIDの写真を撮ってあげて、プリントして見せると、
見るなり、破って捨ててしまう人が、たくさんいました。
美人に写ってない写真は、その場で破り捨ててしまうの。
イヤな写真は、絶対見ないって態度。
頑固に決めてかかってるの、そういう生き方で生きるって。

こういう生き方をしていると、目玉据わってくるのよ。
統合失調症の人は、もっとひどくなるけど、
性同一性障害の人も、同じような傾向があるの。
というのは、ホルモン療法を始めていない時は、
けっこう、目玉が動いてるの。
ホルモン、手術と進むにつれて、目玉が据わってくるの。
周囲を見ないで生きよう、気にしないで生きようって態度。
目を蓋して、耳も蓋して、何も見ないで一途に生きようってこと。

これやると、解離性障害になるのよー
統合失調症の症状の大部分は、解離性障害なんよ。
性同一性障害も、主症状は解離性障害だから、仕方ないか。
もうひとつ、性同一性障害には主症状があるんだけど、
「年柄年中、朝から晩まで死ぬまで色ボケで幸せ」っていう名前の症状。
でも、これも広く言うと、解離性障害の一種だから、
漠然としてるけど解離性障害で纏められるんじゃないかな。
名前や分類なんか、どうでもいいけど。

667名無しさん:2007/09/04(火) 22:11:14 ID:???
『誰もいない海』
http://www.fukuchan.ac/music/j-folk2/daremoinaiumi.html
年寄りのgidには、幾つかのグループがあります。お会して昔の話をすると、よく自殺の話題になります。年寄りのgidには、何人も何人も、自殺未遂をした人がいます。私も21才の時に、死にそこないました。漁村の育ちで、波の荒い磯辺から身投げしましたが、砂浜に打ち上げられました。

この歌の歌詞に、

知らん顔して人がゆきすぎても わたしは忘れない。
海に約束したから つらくても つらくても 死にはしないと
たったひとつの 夢が破れても わたしは忘れない 淋しくても 淋しくても 死にはしないと
ひとりでも ひとりでも 死にはしないと

という言葉があります。

涙が出てきて止まりません。何人もの恩人に助けられて、今の私があります。性転換は辛い選択でしたが、今は幸せです。涙が出てきて止まりません。

668名無しさん:2007/09/05(水) 06:09:20 ID:6JZqWX9g
インターネットも携帯電話もGIDもなかった時代で、
TVもTGも、ハリーベンジャミンもなかった。
タイもフィリピンもなかった。
まだアメリカは、性転換が違法だった。
日本人で性転換する人は、ゲイバーの人か、真面目な人か、どちらかだった。
真面目な人は、半陰陽のルートで性転換した。
北欧で性転換した。
ゲイバーの人は、半陰陽のことを知らなかった。
南欧か北アフリカか北欧で性転換した。
真面目な人は、ゲイバーの人の事を知っていた。
自殺した。

669名無しさん:2007/09/05(水) 08:03:42 ID:ooxqW/HQ
アメリカで違法って随分前のことですよね。

670名無しさん:2007/09/05(水) 18:59:17 ID:QtUsYRWI
アメリカはさ、しばらく統合失調症の治療と称して、性転換手術をしてたよ。あそこは、ソドミー行為禁止の法律も、つい最近まで各州にあったし、ベトナム戦争の途中まで、男子皆兵の徴兵制があったから、アフリカ諸国やイスラム諸国に次いで、差別虐待の大きかった国なのよ。
リズさん(映画になったGID)なんかも、徴兵制の時代に旦那がリズさんの性転換手術の費用を稼ぐために、銀行強盗したの。人質をとって、ホモの解放とかなんとか、政府に要求してたよね(映画で言ってた)。
性同一性障害とか、自分は女だとか、そんなことは、その頃の本人達も思ってなかったのよ。本人達はホモだと言ってました。実際、性転換する人と、その性交渉のパートナーになる男性とは、同じ精神障害なのよ。顔と体の女っぽい人が、性転換を望むだけ。

リズさんは、銀行強盗失敗後、デンマークで手術したよ。まだアメリカはだめだったの。アメリカでは、統合失調症っていう名目で精神科に入院していました。入院中だったもんで、強盗の共犯にはならなかったんだけど、開放病棟だったから、強盗当日の犯行の直前にも、旦那と病院の外で会って、お茶を飲んでたとか。

ハリーベンジャミンなんかも、その頃はアメリカがだめだからメキシコの手術を紹介してたよ。戦争が終わってから、ちょっとずつ性同一性障害って病名が普及して、性転換手術がアメリカでできるようになったのは、州によって違うと思うけど、ヨーロッパよりうんと遅いよ。
それからエイズがあって、たくさん死んだから、やっと公文書類の性別変更ができるようになったの。遅い州は1990年代だったと思う・・・

リズさんから聞いたアメリカの事情や、デンマークの手術の事は、アメリカ在住の日本人から日本の性転換希望者に、リズさんとの会話をカセットテープに録音した情報として届けられていました。
当時の性転換の中心は、パリとコペンハーゲンだったのですが、言葉の関係で、ニューヨークやサンフランシスコやミュンヘンやウィーン経由で日本に情報が届いたの。インターセックスの人は、ペテルブルク経由のルートも持ってたよ。

リズさんは、せっかくデンマークで手術して、有名人になったんだけど、10年ちょっとでエイズで死んだわ。

671名無しさん:2007/09/05(水) 20:17:59 ID:ZU9B9MCs
.
.
>>666 >統合失調症の症状の大部分は、解離性障害なんよ

その通りです。全部と言う人もいます。
.
.
.

672名無しさん:2007/09/05(水) 21:11:33 ID:???
↑ 自分から望んで楽な道を選び、
砂山の砂のように、自分自身で崩れ去ることでしょう?
解離性障害は、それですが、
統合失調症では、近親だから生育環境が似ていただけでなく、
明らかに遺伝している人がいます。
遺伝の内容が軽い発達障害ではないかと疑われる人がいます。
性同一性障害では、子のない人の近親者に精神障害者が多く、
本人のやるせない悲しさがよくわかります。
父親が覚醒剤で逮捕され、ヒステリーの妹がシングルマザーになり、育児を放棄しましたが、
母親が家族の世話をしています。
本人は性同一性障害になり、卵巣と子宮と乳房を摘出しました。
将来この人は、父と母と妹とその子を世話することになります。
性同一性障害のコミュニティーは、この悲しさを共有して乗り越える社会でなければならず、
現在の性転換医療は優生医療にすぎませんが、将来は生殖医療として解消されなければなりません。

673名無しさん:2007/09/06(木) 08:08:38 ID:.L3hf.2s
>>667 自殺のことですが・・・
例のカントー某重大事件の、加害者のGIDは、
20才頃に遺書を残して、自殺未遂を謀ってるよ。
事件そのものでも、二度、心中の約束してるよ。
心中を偽装した殺人計画だったと思うけど・・・

"ミスター・グッドバーを探して" (1977)って映画があるんだけど、
gooの映画解説。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD8725/story.html
このヒロインの女性、とても気持ちの優しい人。
子供の時、ポリオで歩けなかったのだけど、
手術して練習して、歩けるようになった頑張り屋さん。
聾唖学校の先生をしていて、親身に生徒の心を気づかえる女性。
でも、転落して行きました。
家族とセックスと麻薬が犯人かな、そういう描き方。

674○×△:2007/09/06(木) 21:20:44 ID:DcitrPcI
秋ナス、お安いので毎日食べてるのに、台風、本気で来るつもりかしら。サンマの開き、塩気が多いから嫌。純生がいい。今日もはらわた、取りました。

>>664-666 統合失調症の子は、眼鏡もコンタクトも使わない。眼鏡屋さんへ行けない。じっと顔を見られるのが嫌。パーマ屋さんも行けない。歯医者さんも行けない。統合失調症のお薬飲んでるから、虫歯痛くない。

>>667 台風の近づいてる海で泳いだGIDがいます。小学5年生の時、半日かけて一人で海に行き、うねりに呑まれて、手も足も腰も痙攣して、何時間か海を漂っていました。これまでの記憶が走馬燈のように流れたそうです。何時間後かに、浜辺にあげられたそう。自殺かどうか、自分ではわからない。これも年寄りのGID。

>>668 当時のMtFGIDの姿。小中学生の癖に一人で放浪。妊娠、出産、育児が大好き。中学生の男の子が、妊娠出産の本を読んでいる。独身の青年男子が、生まれたての赤ちゃんの養子の斡旋ルートを必死で探している。

>>669 徴兵制とベトナム戦争のせいで、性転換手術は社会的に難しい問題になりました。徴兵逃れのこと。戦場で死ぬのが青年男子の勤めだったから、命の不公平が生じる。というわけで、アメリカは性転換の後進国でした。ホモ殺人、オカマ殺人が、ザラにある国だし。

>>670 私はフランス語OKでしたが、お呼びが掛からなかった。エリザベスさんは、なんだったっけ、男時代の名前、忘れた。日系GIDの人とボストンまでヒッチハイクしています。ガーターを見せて車を止めるのが巧かった。運ちゃんと好い事をしてしまうので困った。ひどいヒステリーで子供時代の記憶が甦らない。典型的なTV女装の人で、テレビ出演では気のきいた作り話をしているのに、私生活はいつもあさっての人でした。という逸話が伝わっています。

>>671 思春期以後に発病するから、発達障害の確認が難しい。事情はGIDと同じ。

>>672 子供のいないGIDの大半は、近親者の非行や異常性格の原因が、生まれつきのアタマのおかしさで、自分もどうしようもない遺伝を受け継いでいることに気づいています。もう、子孫を残したくないという気持ちがあっての上での、性転換の決意と思う。

>>673 関東の事件の加害者だけでなく、被害者のほうも、自殺未遂経験者。ミスター・グッドバーを探してでは、最後に主人公の女性を殺した男は、ホモ男の愛人のオカマで、現在のアメリカならGIDになっているタイプの人でした。映画は1977年だけど、原作はもっと古く、GIDという考え方のなかった時代。

675名無しさん:2007/09/06(木) 23:07:11 ID:ye.KeQs.
お医者の基本は、往診なのよ〜ん。
病院で待ってる精神科医は、ダメ。
患者の日常生活を見て、
家族や近所の人や親戚や友人や同級生や会社の人と話すと、
患者の心が見えてくる。
診察室では、ほんとのこと、言わないよ〜ん。
美容外科医なんかに、精神外科ができるはずない。
あんなの、性同一性障害の人の生活を、なんにも知らんのに、
何が性転換よ。

676名無しさん:2007/09/07(金) 00:44:12 ID:PiG1zB5U
赤子を取りあげたことのない精神科医は、困ったものです。
僻地医療を勉強すれば、性同一性障害の実態がよくわかります。

677名無しさん:2007/09/07(金) 18:06:56 ID:???
身なりや、言葉つきや、振る舞いや、物腰や、
考え方や、感情などで、
子供時代から、
体と反対の性別や、中間の性別のような心理に、
適応して暮らしている人は、
自分の心は体と違うとは、まず、言い出しません。
ホルモン療法や性転換手術を望むことも、ありません。
性同一性障害にならずに、そのまま一生、
そういう性格の人として暮らします。
体の性別通りに結婚して、子供を育てます。

自分の心は体と違うと言い出し、
ホルモン療法や性転換手術を望む人は、
たとえ子供時代から、そう思っていようが、異性装をしていようが、
ヒステリーによるものと思って、まず間違いありません。

678名無しさん:2007/09/07(金) 18:07:55 ID:???
性同一性障害では、ほぼ全員、
子供時代や、思春期の始め頃までの、
性欲の対象の性別や、性自認の性別は、正常です。
性欲や、性別に関する基本的な精神機能は、正常です。
以後、この正常な感覚を、一生持ち続けます。

その上で、性欲の対象の性別や、性自認の性別を、
意図的に実行しなくなります。
多くは、ヒステリーによるもので、
早い人では、子供時代から現れますが、
遅くとも、思春期に現れます。
ヒステリーにより、思春期特有の発達が阻害され、
生殖を制御する心理と、
成人として社会に参加する心理とを結ぶ線の、
成人に必要不可欠な精神機能に、病的な障害を受けます。

679名無しさん:2007/09/07(金) 20:18:14 ID:???
上の投稿は、時間がなかったので尻切れでUpしました。
捕捉。
性欲の対象の性別や、性自認の性別を、
意図的に実行しなくなる程度に、軽症から重症まであり、
思春期の発達が阻害される程度は、それに一致します。
重症ほど、子供時代の早い時期から、ヒステリーが現れます。
重症では、思春期以後、他人との性交渉を習得しないか、
同性との性交渉だけを習得し、異性との性交渉を習得せず、
結婚せずに、思春期の発達障害から直接、性同一性障害を発病します。
中程度の症状では、思春期以後、まず同性との性交渉を習得し、
以後、異性との性交渉も習得し、結婚し、子供をもうけた後、
思春期の発達障害から、性同一性障害を発病します。
軽症では、中程度の症状と同じ経過をたどり、子供をもうけますが、
思春期の発達障害の後遺症が軽微で、性同一性障害を発病することなく、
多くはホモやレズと呼ばれ、両性との性交渉を維持します。

680:2007/09/07(金) 21:31:48 ID:HXxxna2k
>>679 思春期の発達障害って言い方、紛らわしくない?
性別のことは、オナニーとおんなじ要領なのよ。
性欲の対象なんか、文化的に流行があることからわかるように、
簡単に異性以外とセックスできます。
あんなん、豚とセックスしてても、奇麗なネエチャンとナニしてるって思えばいいんだから。
オナニーと同じでしょう? 頭の中の想像と、現実とが違ってても、問題ないのよ。
自分自身の事についても、同じ。
現実がどうでも、頭の中の想像では、
自分は別嬪のネエチャンなんだって思ってりゃ、それでセックスはだいじょうぶ。
そのまんまの気持ちで、普段の生活もやっちゃえば、
性自認は、想像上の性別と同じになります。
性自認でなくて、豚だと自認してもいいのよ。
豚の服着て、手術すれば、ロールプレイがしやすくなるでしょう?
性別のことは、解離性転換性障害のダミーの症状が、癖になって神経回路になってしまっただけだから、
臨界期なんて、関係ないのよ。1/3の人は、ホルモンのあとでも、手術のあとでも、治るのだから。

681名無しさん:2007/09/08(土) 08:48:58 ID:PFA.OPX6
.
>>676

gidは、変温動物の爬虫類だと、パナマのmtfが言っていました。
脳の体温調節機構が壊れて、爬虫類様生態を獲得したそうです。
ジュラシックパークに行ったの? って聞くと、
ガラパゴスの観光ツアーでした。
日本なら、小笠原はどうでしょうか、僻地医療。
昔、美輪明宏が黒蜥蜴をやって、三島由紀夫が出演していました。
年寄りのgidの最高齢グループが、あのすじです。
.

682名無しさん:2007/09/08(土) 22:45:21 ID:SsC/l3lc
つまらない投稿ですけど、堪忍してください。怒らないでね。

>>667さんの『誰もいない海』を聞いて、
こんな歌を思い出しました。
『バスストップ』
youtubeにあったのでリンクします。
いくつかビデオがあったのですが、これが若い頃の声です。
http://www.youtube.com/watch?v=iy3j-279uXY

どうしてこれを書いたかと言いますと、
『誰もいない海』も、『バスストップ』も、
若い女性の切ない気持ちを歌っています。
わたしはMtFですが、思春期からこっち、いつもこんな気持ちでした。
どうか、死なないでくださいね。
わたしも年寄りになりましたが、昔の人は、みんな生きるか死ぬかの瀬戸際でした。

683名無しさん:2007/09/08(土) 23:24:20 ID:???
今、バスストップ、リンク見たよ〜
高速道路のバス停が出てくるけど、
滋賀県の名神の八日市じゃない?
どこも同じ作りかしら。
あたし、八日市の高速バスのバス停で、
何度も待ち合わせたことがあるの。
実らぬ恋だったけど、相手は農家の跡取り息子。
打ち明けたのだけど、反応がいまいちで、
あたしから身を退きました。
3年間ぐらい放心状態で、寝ても覚めても泣いてばっか。
生きている心地がしませんでした。
普通のお嫁さんになりたかった。

684名無しさん:2007/09/09(日) 18:05:34 ID:DpF5Lgoc
性同一性障害の自殺は、ヒステリーや解離性障害の自殺で、
拒食症や、リストカットや、アルコール依存症の人の自殺と、だいたい同じ。
自分から、自業自得のように苦しんで自殺するの。演技的だったりしてね。

統合失調症でも、発病前とか、発病から間もない頃の自殺はこれ。
もちろん、被害妄想から苦しむのだけど、
被害妄想という種類の妄想になってしまうのは、本人の性格だとしても、
妄想を呼び込んだのは、ストレスを回避するために、
自分自身で自我を弛めて、野放図に解離したから。
真面目な性格の子ほど、ストレスがあっても家庭や学校から逃げられなくて、
ストレス回避の色々な方法を習得しないうちに、
一番手近な解離という方法を使う習慣が身についてしまったの。
それにしてもストレスに弱すぎるのは、生まれつきの可能性が大きいけど、なかなか客観的には確認できない。

その後、性同一性障害になる子は、学校時代にストレスがあった時に、
すでに登校拒否なんていう実力行使でストレス解消する方法を覚えているし、
思春期になるとオナニーも覚えて、統合失調症になる子よりも融通が利きます。
だいたい、統合失調症の子の親よりも、性同一性障害になる子の親のほうが、親自身野放図で、
仕事の関係で、昼とか夜とかに家を留守にして、子供が一人になることが多く、
子供は登校拒否したり、自宅で女装してオナニーして、ストレス解消してたり、
ストレスの原因そのものが、親がいないという寂しさだったり・・・

重症の統合失調症では、発病後、そのうちに脳の神経細胞が壊死するけど、
これは、細胞の自殺みたいなもので、ヒステリーの自殺と同類。
でも、脳の神経細胞が大量に壊死してしまえば、生ける屍だから、
それ以後の個体の自殺は、ヒステリーとは意味が違う。

思春期以後の事のみに限定すれば、脳の神経細胞壊死に至るまで、
統合失調症でも拒食症でもアルコール依存症でも性同一性障害でもリストカットでも、
なにもかも自業自得の手順なんだけど、
子供の頃や生まれつきの原因が想定できるので、可哀想。
嫌な事があると発熱するとか、頭痛が起こるとか、
子供の頃に心身症の出ている人が多くて、
すでにヒステリーになってるんだけど、
子供だから、苦痛があっても、ほんとに逃げ場がないのよね。

ヒステリーって、脳の神経細胞の壊死や自殺まで行くんだけど、
ストレス解消の方法をたくさん知っている子ほど、脇道にそれることが多くて、
脇道にそれずに王道を行くと、統合失調症になります。
拒食症でもリストカットでも性同一性障害でも自殺するから、
統合失調症でも何でもよさそうなものだけど、
統合失調症は性格的に被害妄想が出て凄く苦しむし、
人から虐待されることも多く、人を攻撃することもあるので、
いちおう統合失調症のほうが重症ってことになっています。
とことん家族に迷惑をかけて、周囲の人や社会にぶら下がって生きるって事では、
むしろ統合失調症以外のほうが重症かもね。

鬱病の自殺は、心因性のものでも、内因性のものでも、
ヒステリーのような、わざとする演技的な、やらせの心理はありません。

685   【御案内】  .:2007/09/09(日) 20:21:49 ID:1PtEe9FY
★★★
         【 お年寄りのgidの人へ 】

このスレッド『年寄りのGID・続編』の記事 を、
全部読むには、
『年寄りのGID・続編』というタイトルの、右のほうの、
All という文字を、クリックします。

現在は、最初の投稿と、最近の投稿だけが、表示されています。
All をクリックすると、全部表示されます。

以前には、『年寄りのGID』、というスレッドがありました。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/

★★★

686宇和島:2007/09/09(日) 21:58:21 ID:X9G865wo
このごろの若い子は、と言うと顰蹙を買いますが、
このごろの性転換は、男性の社会にも、女性の社会にも適応しないで、
最初から、そのつもりもありません。

なぜ、ホルモンや手術をするのでしょうか。
性別文化を壊すために、自分の体の性別と、生殖機能を壊しますから、ダダイズムに似ています。

ダダは、第一次世界大戦前後の退廃的風潮で、
ロシアンルーレットが流行したのも、その頃です。
レマルクの西部戦線異常なしという小説に、あたりまえのように兵士になった青年の気持ちが、よく描かれています。

ロシアンルーレットは、第二次世界大戦の時にも、再び流行しました。
同じくレマルクの凱旋門という小説に、戦争前夜のパリの様子が描かれています。
主人公はナチスに追われたオーストリアの亡命医師ですが、
同じ状況下のパリで、性転換手術が行なわれていたことを、レマルクは知りませんでした。

687はまっこ no.1:2007/09/10(月) 08:33:49 ID:JLsyLPmQ
レマルクって、関節リウマチのお薬なんだけど、
関節リウマチは、自己免疫疾患って言われてます。

自己免疫疾患は、
自分で自分を攻撃してしまう病気で、免疫機構の異常の一つね。
膠原病とも言うけど、
重症筋無力症とか、エリトマトーデスとか、
強皮症とか、1型糖尿病の中の1A型とか、橋本病とか、
有名な病気がいっぱいあるから、検索してみてちょうだい。

アレルギーも、免疫機構の病気だから、花粉症やアトピーみたいに、
外部から入ってきた異物が抗原になる免疫異常と、
自分自身の細胞が抗原になったり、
何かの異常から自分自身の細胞を攻撃してしまったりする自己免疫疾患とは、
よく似ているところがあって、アトピーが膠原病になったりすることもあります。

688はまっこ no.2:2007/09/10(月) 08:35:16 ID:JLsyLPmQ
エリトマトーデスや、おとなのアトピーの患者さんを見ていると、
こんなことを言うと抗議を受けるかも知れないけど、
ヒステリーを連想させる性格の人が多くて、
心理的なストレスが、皮膚の病状に関係してるってわかります。

神経科の病気では、多発性硬化症が自己免疫疾患なんだけど、
統合失調症も、それではないかって、解釈する精神科のセンセもいます。
統合失調症って、
ヒステリー(解離性障害)の症状が癖になって、
自分の苦痛を回避するために、自分から、社会に適応できないようにするみたいに、
脳の中の色んな液性の化学物質の量の相互関係を調節するパターンを、
妄想や幻覚を出すパターンにしてしまって、
そのパターンを、重要な記憶として、しっかりとした神経回路にして、
ほとんど自動的に、頻繁に使用するハメになってるんだけど、
被害妄想や幻聴なんかのせいで、物凄く苦しんだ挙げ句に、
脳の神経細胞の自死(アポトーシス)を招いてしまうから、
統合失調症や、その主症状のヒステリーって、自己免疫疾患ではないかって、解釈することもできます。。

689はまっこ no.3 終わり:2007/09/10(月) 08:37:54 ID:JLsyLPmQ
ヒステリーって、19世紀末頃から1970年代ぐらいまで、
催眠療法や精神分析をやってた人が定義していた特殊な意味での医学用語で、
古代ギリシャや、古代ローマや、中世ヨーロッパや、現代の日常語として
世界中で使われているヒステリーの意味ではありましぇん。
現代の医学用語で言うと、だいたい解離性障害と同じような意味かな。

性同一性障害の主症状って、解離性障害と、性的快感の脳内麻薬漬けの多幸症ね。
主症状は、統合失調症と重なってるんだけど、比較的他人に危害を加えなくて、
自分自身もほとんど苦しみの自覚がないから、軽症例ね。
でも、家族や周囲の人を苦しませるって意味では、統合失調症と同じくらい、重症なの。

家族の生き血を吸って、骨までしゃぶるってぐらいに、
周囲の憐れみと優しさの心に、つけ込んで来るのよ。
溺れている人が必死でしがみついて、助けに来てくれた人のほうが溺れ死んで、
本人は生き残っちゃったって、水の事故でよくあるでしょう? あれなの。

690名無しさん:2007/09/10(月) 16:56:07 ID:???
エリテマトーデス(lupus erythematodes)。ドイツ語です。
英語では、エロィティマトセス(lupus erythematosus)と聞こえます。
日本語の病名は、ドイツ語のエリテマトーデスを用い、英語表記を添えることもあります。エリテマトーデス(lupus erythematosus)となります。

女の子に多い病気です。
精神症状として統合失調症様の症状も出る自己免疫疾患で、全身性のものは最近の大脳皮質基底核変性症やクロイツフェルト・ヤコブ病などよりも、かなり前に、厚生労働省の特定疾患治療研究事業対象になっています。
いわゆる難病です。
自身のDNAが抗原になり、炎症を起こします。
頬の皮膚の蝶型紅斑、日光過敏症、手足の関節炎、手のレイノー現象、血管の炎症や血栓、腎炎等々。
性同一性障害では、MtFでもFtMでも発病例があり、遺伝的素因のほか、感染、卵胞ホルモン、紫外線、薬物などが誘因になります。特にMtFは用心すべき病気です。
ステロイドで治療しますが、死ぬときは日和見感染か心臓あたりで死にます。昔は腎臓で死にました。

691H185:2007/09/10(月) 21:03:51 ID:sfLQyibE
で、いつも執拗にカキコしてる人たちは、同じような精神障害?
なんていう病気なのか解説キボンヌ。
っていうか、気味悪いので、そろそろ消えろ!!!

692名無しさん:2007/09/10(月) 22:58:55 ID:3/j/GLhs
医者が病を増やしてきたんですよね。自らのエゴで。
当人は本気で日々治療してるつもりだから
目も当てられない…。

意識しなければ、自然と通過していく
想いに呪いをかけて
商売のために、エゴのために
人間を患者にしていく、、、、、

なぜ単純にその人そのものと向き合えないのだろう?

所詮、商売、サービスとなると
赤の他人に施せる行為には限界があるということですね

我々も彼らに依存しないように
依存心を煽られないように
自立したいものです。

693はまっこ:2007/09/10(月) 23:00:10 ID:JLsyLPmQ
訂正
>>687-689
エリテマトーデスって書くところを、
エリトマトーデスって書いてしまいました。
ごめんなさい。
>>690さん、ありがと。

694名無しさん:2007/09/10(月) 23:08:00 ID:???
>>684
なんでそこまで極端に感情を抑えて書き込みするのですか?
読んでいると胸のあたりが息苦しくなってきます。
あなたの文章を読んで多くの人たちが不快感を覚えるのは
おそらくあなたが感情を抑圧しているからです。
気持ちのはいっていない文章は
なんていうのか、辞書を読んでいるような
死んでいる文章というのか
何か生命力、可能性、よくもわるくも完成されすぎていて
先がないような
そんな死人の書いた文章に見えます。

695名無しさん:2007/09/10(月) 23:23:36 ID:3/j/GLhs
>>667
シンクロニシティでしょうか。。。
まったくおなじ経験というか思い出があります。
歌詞を読んで
泣いてしまいました。

696名無しさん:2007/09/11(火) 23:17:38 ID:???
>>691 >>694
嫌いだと言って唾を吐いているだけの子供らしい投稿ですが、
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1155631570/885
ヒステリーたる所以です。

>>690は、>>693の"はまっこさん"が仰有るように、
エリトマトーデスと書き損じてらしたので、指摘しただけです。
解説するつもりの意図ではありません。

697名無しさん:2007/09/12(水) 00:46:07 ID:???
精神疾病症例集依存ヒステリー障害?

698名無しさん:2007/09/12(水) 17:27:30 ID:C9x4hQgU
ねえ、この子、連れの男と、うちの家まで来て、
GIDの気持ちをわかってほしいって、涙目で脅迫するんじゃない?
連れの男が、ピストルちらつかせて、笑いながらオモチャだって言ってました。
見た感じ、本物みたいだったけど、本物って手に持ったことないから、オモチャと区別がつかない・・・
どれどれ、見せてちょうだいって、ピストルに触ろうとすると、
引っ込めて、危ないって、薄ら笑うのよ。

GIDの半分は、今でも、入れ墨やくざと同じ道をたどるから、
治癒した年寄りも、そのへんのところは心得てまーす。
昔は100%、GIDって世の中の裏側の世界で生きてました。
転落して行く人の心理は、よーく知ってるよ〜
餅は餅屋って言葉あるでしょう?
このスレの年寄りのGIDって、生粋のお餅屋さんなのよ。
今は引退して、家庭の主婦やってたりしてるけど。
じゃあねー

699● 緊急報告 乱文で御免:2007/09/12(水) 19:20:04 ID:ga77834.
● ● ● 緊急報告 ● ● ●

昨日早朝、大阪のAさんが自宅マンションに寄ったところ、マンション北側ベランダの手すりに、銃弾が撃ち込まれたような痕跡を発見しました。

ベランダの手すりは、上端部が鉄材で、その下に幅1m、高さ1.5m、厚さ8mmの、ガラス板が、各戸のベランダに7〜8枚程度、並べられています。ガラス板の中には鉄の網が入っていて、大人が体当たりしても割れません。ガラス板とガラス板の間は、鉄材で仕切られています。
このガラス板に、直径2cm程度の穴があき、穴の周囲は、ガラス一面に蜘蛛の巣状の放射型の罅が入っていました。ガラスの貫通痕部分の破片は、ベランダに散乱し、奥行1m余りのベランダに面したアルミサッシの網戸まで達していました。

Aさんは、普段このマンションを利用しておらず、10日以上留守にした後、異変に気づきました。弾丸がベランダに落ちていないか探しましたが見つかりませんでした。ベランダの下の地面を探しましたが、磁器タイルの舗道になっていて、毎日、掃除人が掃除していましたので、弾丸の破片を掃き捨ててしまった可能性があります。

弾丸が貫通しなかった場合でも、ガラスに貫通痕が残るのか、ガラスの強度との関係があり、よくわかりません。現在、目撃者を探しています。通常、人間がハンマーで叩いても、貫通痕は残りませんし、ガラスは割れません。金槌で釘を叩くように、アイスピックとハンマーで穴を開けようとしても、人に目撃されずに短時間に成し遂げることは不可能に近く、銃弾の可能性があります。

Aさんは、やくざ関係者と交際がなく、日常生活上のトラブルもありませんでしたが、関東地方のGID関係の事件の捜査に協力しました。この事件では、やくざ関係者やGIDが、インターセックスの医師を脅迫しました。また、Aさんは、この掲示板のこのスレッドに何度か投稿したことがあります。
Aさんの心当たりとしては、銃器を使用して暴力団まがいの報復をする人は、関東の事件しか具体的には思い当たりませんが、この掲示板のこのスレッドに投稿していましたので、それに対する報復なら、犯人が誰か、Aさんにとっては具体的にはわかりません。何かの報復だとしますと、報復の仕方としては、GID医療を批判する人に対するGIDの典型的な報復事件です。

●以上、緊急に報告しておきます。まだ、銃弾とは特定できていません。もし銃弾であった場合は、たとえ犯人や共犯者が精神障害者のGIDであっても、背後組織の幹部も含めて、絶対に刑務所に入れてやると、Aさんは決めています。Aさんは性転換して女性になった人です。この掲示板を閲覧していて、何か情報をお持ちのかたは、このスレッドにお寄せ下さい。プロキシ使用をお薦めします。

700名無しさん:2007/09/12(水) 22:08:56 ID:8qdizjhE
↑ イタズラ、イタズラ。
あそこ二階だから、一階の庇の上に乗って、
アイスピック突き立てて、重い目のハンマーで、
エイッて、一発たたくと、
穴あいて、蜘蛛の巣みたいな罅入るよ。

銃弾に見せかけるイタズラ、脅し。
単独犯ね。
郵便受けにネズミの死骸とか、
飼い犬のワンちゃんを毒殺とか、
ゴミ箱に放火、車のタイヤに千枚通し、
職場にタレ込み電話、ペンキで壁にオカマと落書き、
墓石倒してペンキでオカマ、迷惑電話1千回、
早朝に配達された牛乳を道に投げつけて瓶を割る・・・
そんな感じ。GID専科ね。

701名無しさん:2007/09/13(木) 00:09:44 ID:BPNKeiU.
>>698 人生の道のりから言っても、gidの経験から言っても、まだ
ほんの幼稚園ですから、一足飛びに知るのは無理というものです。
飴玉しゃぶりから覚えて、少しずつ成長して行きます。一つ覚える
たびに、泣いて駄々をこねて涙を拭いて、逃げずに辛い気持ちを幸
せな気持ちに変えて行く力を身につけます。gidは、4才ぐらいか
ら、やり直さないと治癒しません。4才の子供は、ただただ猿真似
のように人の真似をして、物事を覚えていきます。4才の子供が皮
肉な評論家のようなことを言っていたのでは、そこで成長が止まり
ます。治癒しないgidはそれです。この人はヒステリーの意味を誤
解しています。

702暇つぶし 1:2007/09/13(木) 12:33:34 ID:???
おかゆと点滴なんだって、シンちゃん。
なーんか、朝青龍さんと、連動してるよ。
引退勧告したフンドシ趣味のオバちゃんもいるし。

年寄りのgidって、政治とは縁がないんだけど、
昔、岸さんにお世話になった人がいて、
岸さんの娘婿さんのことを、
アベちゃん、アベちゃんって言ってたの。
政界では、安倍川餅とか、床の間の置物だとか言われて、
でくのぼうの、役に立たない人だったみたい。

そのアベちゃんの息子さんに、シンゾーっていう遊び人がいて、
総理大臣になったの。
gidも遊び人みたいなもんだし、年齢も同世代なんだけど、
シンゾーとお友達になったgidは、一人もいなかった。

岸さんの通産省の後輩に、三島さんのお父さんがいて、
gidの目には、いいお爺ちゃんだったんだけど、
岸さんに言わせると、ダメ人間だったそうです。
そのダメ人間の息子さんが、三島さんで、
おなか刺して、首を切り取ってもらって、死んじゃった。
三島さんのグループって、ホモのグループなんだけど、
gidと関係があったのよ。
だから、年寄りのgidは、その人脈と関係があるの。

岸さんって、笹川良一っていうヤクザの親友で、
笹川さんは、関東方面を仕切ってたそうなの。
年寄りのgidは、
田中清玄っていう元共産主義者の右翼とお近づきだったんだけど、
この人は、関西のやくざと皇室と石油業界に影響力があったの。
スターリンとマッカーサーの間を取り持って、
昭和天皇に報告していた人なの。

703暇つぶし 2:2007/09/13(木) 12:34:27 ID:???
岸さんの人脈とは、敵対関係なんだけど、
岸さんの人柄が、年寄りのgidには、抜群の人気だったのよ。
個人的に親しく面倒見てくれたの。
お仕事では、年寄りのgidは、
石油関係の経済グループに抱えて貰ってたから、
お仕事と、プライベートのお付き合いとが、
微妙に入り混じってました。
そういう微妙な関係をとりもつのが、年寄りのgidの役目だったのかも。
幇間と言ってもいいし、高級娼婦と言ってもいいし。(低級?)
GIDの生きる道は、今も昔も限られているの。

田中清玄って人と一緒に仕事をしていた土建屋さんがいて、
この人は伝統的な日本の修験道系の宗派の頭取だったのよね。
そのお孫さんが、医師でインターセックスのmtf。
この人の経済組織が、年寄りのgidの働き口になったのですよ。
外国での性転換手術も、お世話になったしね。

この人を脅迫した関東のgidがいて、
共犯者の中に、gidや、やくざや、右翼がいて、
背後に、gid組織や、韓国の宗教組織や、北朝鮮の情報組織がありました。
脅迫の狙いは、この人の経済組織を乗っ取ること。
当のgid達は夢うつつで、事情をなんにも知らずに、
オウムの信者さん状態の心理だったの。
ヒステリーなんだけど、集団ヒステリーって言ったほうがいいかも。

この事件の時に、年寄りのgidのグループが、
内偵や捜査に協力しました。
捜査の主体は、日本の公安関係の国家組織。
捜査の対象は、韓国系の宗教組織と、北朝鮮の情報組織。
やくざや、右翼のほうは、被害者側の人と、やくざ組織との間で、
内々に手打ちにしちゃいました。
朝鮮半島産の宗教や情報機関の事は、今も尾を引いてると思う。

韓国の宗教組織は、岸さんの人脈の政治資金を賄ってました。
もちろん、シンゾーさんも、その人脈。
北朝鮮の情報機関のことを、シンゾーさんは、
例の拉致問題で、非難してたでしょう?
この時の毅然とした態度が国民的人気を呼んで、
シンゾーさんは総理大臣になったのよね。
拉致問題が、男シンゾーの原点。

704暇つぶし 3:2007/09/13(木) 12:35:22 ID:???
でも、その韓国の宗教組織と、北朝鮮の情報機関とは、
ものすごく仲のいい間柄だったってこと、
知ってる人は、知ってます。
だって、関東の事件で加害者側に加担した日本の右翼にも、
韓国の宗教組織のお金や、朝鮮総連のお金が配られていました。
関東地方の右翼に指令していたのは、
岸さんの系統の政治家から、笹川さんの財団経由だもの。
船舶協会ね。

関西のやくざは、港湾労働者の組合を握ってます。
山口組の三代目って人が、労働組合を作ったの。
関西のやくざって、むかし赤軍派のゲバ棒学生を匿ってたよ。
赤軍派に資金援助してたのは、田中清玄さんで、山口組のお友達。
その田中さんって、皇居に出入りして、昭和天皇と仲が良くて、
日本とアラブの石油を取り持ってた人なのですよ。
複雑怪奇、百鬼夜行。

公安調査庁の元長官という人が、朝鮮総連の土地のことで、
詐欺を働いて逮捕されたでしょう?
公安調査庁は、朝鮮総連を監視している日本の情報機関の一つ。
拉致問題も所管ね。
この逮捕の真相は、
韓国の宗教組織と、北朝鮮の情報機関とが、
内々に手打ちにしてしまった意味だと、
年寄りのgidの人達は噂していました。

シンゾーさんは、拉致問題で、
北朝鮮に強い態度で臨んでいたのだけど、
それは、マスコミに対するポーズだけで、
実際は、官庁や経済界の人脈を、配下に治めていませんでした。
日本の捜査当局の仕事の内容を、
韓国の宗教組織と、北朝鮮の情報機関が決めてしまったみたい。
そっちのほうが、当局の人事に影響力があったから。
その結果、公安調査庁の元長官が、朝鮮総連を騙した罪で逮捕されて、
めでたしめでたしになりました。

シンゾーさんとお友達になるgidがいなかったのも、
なんとなく、わかるでしょう?
頼りなかったの、昔から。

以下の記事に対するresでした。
>>554 >>607
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/589
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/733
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/734
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/963/1169715678/735

705名無しさん:2007/09/13(木) 18:01:27 ID:LBjvzXFw
.

>>695

辛くなったときに、海を見たくなる人は多いと思います。海辺の村の育ちでしたので、波が荒くてもその磯から海に入ると浜に打ち上げられるのを知っていました。心の中で死にたい気持ちと生きたい気持ちが、海と陸のようにせめぎ合っていました。私が海の生まれだからでしょうか。海を見ると、寄せては返す心の汀を見ているような気がします。
.
.

706名無しさん:2007/09/13(木) 22:09:20 ID:nM0SYsYM
>>704のリンクの記事にありましたが、
賀○さんは、今、宮内庁にお勤めと思いますが、
外務省から出向でした?
それはともかくとして、宮内庁勤務になられてから、
御無沙汰しております。
外務省の頃は、当方の仕事の関係から、よく御一緒させて頂きました。
あくまで、お互いに仕事上の立場でしたので、
プライベートなものではありません。
高貴な方面の情報が目減りした感じです。
お仕事柄、致し方ないでしょう。

ところで単刀直入にお伺いしますが、
ジュリ先生は皇族の血を引いていらっしゃいましたか。
よろしくお願い致します。
高貴な方面に疎いもので・・・

707青 (上):2007/09/13(木) 22:52:36 ID:???
>>705

>私が海の生まれだからでしょうか

性同一性障害には、ふるさとに帰るという気持ちを持つ人が少なくありません。
実際には、望みの性別で暮らした経験のない人が、そんなことを言います。
やんちゃ坊主だった男の子が、男として結婚して、子供をもうけてから、
自分の本当の心は女だった、ふるさとに帰りたいと言い出します。
この「ふるさと」が、経験上の記憶でないことは、明らかです。

その人が自殺を図り、未遂になった時、初めてその気持ちがわかります。
>>705の人の仰有る、「私が海の生まれだからでしょうか」です。

708青 (下):2007/09/13(木) 22:53:46 ID:???
自殺未遂の多くは、ストレスが溜まり、何かを人に訴えるために、自殺を図り、
生きようとする本能との間で葛藤になり、結果として、わざと未遂になりますので、
ヒステリー(解離性障害)と言われますが、
その奥底には、死んで楽になりたい、もうこれ以上、苦しみたくない、
疲れた、永遠に楽になりたい、ふるさとに帰りたい、という気持ちがあります。

生きる苦しみのない死を、ふるさとと錯覚する気持ちが、
拒食症やリストカットや性同一性障害などの、自殺や自傷行為にあります。
性同一性障害の人が、生殖機能を摘出するのは、紛れもない自傷行為ですが、
自分は、本当は女だった、本当は男だったという気持ちは、
疲れた、永遠に楽になりたい、ふるさとに帰りたい、という気持ちと同じです。

性同一性障害の人は、よく性転換を、ふるさとに帰ると表現します。
.

709暇つぶし第二弾!:2007/09/14(金) 12:38:58 ID:BIydCgC2
私達の若い頃は、妊娠・出産・育児が、mtfの望みだったの。
フロイトみたいで、アホみたいだけど、
海って、産みなの。

人間って、もとは、お魚でしょう?
海で進化したから、体の中は、海なのよね。
脳も、充実した部分は、グリア細胞って言って、
栄養源になったり、形を保つための基幹構造になったりする部分で、
壁とか柱なのよね。
グリア細胞の間は、液体の詰まった隙間になってて、
神経細胞ってのは、その隙間の水中に、藻のように枝葉を伸ばすの。
海の名残りなの。

生物って、妊娠・出産・育児して、命を延ばすから、
生殖って、延命っていうか、生きるって意志そのものでしょう?
生きないと、生命じゃなから、
GIDが生殖器を自傷するって、自殺と同じよね。
思いとどまって、自殺未遂になる気持ちだから、
基本的には、自殺し損ねて、両脚切断で生きていく人と、
ほとんど一緒のような余生を生きて行くことになります。

本人が、そう思わないのは、酔ってるから。
辛いから、酔っぱらって、憂さを忘れてるの。
性欲に酔ってるのよ。

海って、死んでるから、夢って、死ぬ気持ちなの。
妄想とか幻覚とかって、夢とおんなじだから、
覚めてみないと、気づかないでしょう?
妄想とか幻覚とか夢とかって名付けて、
現実とは違うって区別するんだけど、
覚めてみなければ、気づかないんだったら、
現実との違いなんて、わかりっこないでしょう?
議論しても、仕方ないでしょう?

結果論なのよ。
生きていけなくなるのは、
妄想や幻覚や夢を見ているって証拠になるの。
結果論って、定義と同じなのよ。
生きていけないのは、妄想や幻覚や夢を見ているのと、
同じ意味なのよって、定義されてるようなもんなの。

死ぬ人は、みんな、妄想や幻覚や夢の中に帰って行くの。
夢は海なの。
死んでるの。
ふるさとなの。
子供に帰って、赤ちゃんに帰って、生まれる前に帰るの。
だから、苦しくなくなって、ストレス解消になるのよ。
心理療法の一つに、ロールプレイってあるでしょう?
GIDは、自分でロールプレイを発見したのよね。
それだけ、ストレスがあったってこと。

受胎する前って、死んでる?
違うわよね。
それより遡ると、自分でなくなって、両親になるでしょう?
GIDって、両親のことまで、滅ぼそうとするのよ。
こういうのを、未生怨って言うの。
フロイトはエッチだったから、エディプスコンプレックスって言ってたけど。

今日もお昼休みの暇つぶしでした。口の中に御飯入ってる・・・

710夢子:2007/09/14(金) 13:31:06 ID:???
↑ あたしなんかさ、夢は不吉って、先生に教えられたよ。
着物の先生だけどさ。
夢って字の裾模様だったら、
お葬式も留め袖でいいと、その先生はのたまってました。
でも、なんか色町のオバチャンみたいで、
あたしは、留め袖でお葬式に出る勇気はない。
お洋服で済ませまーす。

711名無しさん:2007/09/15(土) 10:19:43 ID:hHCRdKCc
>>682-683
古い領収書を処分しようと再点検していると、
東名-名神高速のバスの時刻表が出てきました。
1970年の国鉄です。
名古屋から東京まで、週末に高速バスで通っていました。
当時は日曜だけが休日でした。
恋人はその後、医師になり女性と結婚しましたが、
私の手術後の辛い時に、助けてくれませんでした。
後にバスストップの歌が流行した時、
どうしても思い出してしまったのが、この医師のことでした。
殺してやりたいと思いました。

712GY:2007/09/15(土) 13:28:28 ID:???
>>706 "*やさん"は、あのグループの名前のようになっています。
"*やさん"のところ、と言えば、どのグループを指しているのか、
年配のgidは、みなさんピンと来ます。

ジュリエンヌ(アメリカでの通称)のところは、藤原鎌足の末裔で、
鎌倉時代初期以降の家系は、歴代当主の寄進した灯籠が、
神社にすべて残っていますので確実です。
遅くは江戸時代にも、何度か皇族の血が入っています。
明治以降、おそらく皇族の血は入っていません。
半陰陽多発の家系で、近親結婚のせいだとジュリエンは言っていました。
何度も血を新しくするために養子を入れて、しかも半陰陽の養子を入れています。
宗教的な意味合いがあるそうですが、半陰陽の養子で血を新しくしますから、半陰陽でも子孫を残せなければ意味がありません。
あるいは、健康な人間を養子にして、人為的に半陰陽にすることもあったようですので、現在の性転換に似ています。
ジュリエンのところに、半陰陽だけでなく、gidが集まったのも、うべなるかなです。
ジュリエンは医師でした。

713GY:2007/09/15(土) 13:28:36 ID:???
>>706 "*やさん"は、あのグループの名前のようになっています。
"*やさん"のところ、と言えば、どのグループを指しているのか、
年配のgidは、みなさんピンと来ます。

ジュリエンヌ(アメリカでの通称)のところは、藤原鎌足の末裔で、
鎌倉時代初期以降の家系は、歴代当主の寄進した灯籠が、
神社にすべて残っていますので確実です。
遅くは江戸時代にも、何度か皇族の血が入っています。
明治以降、おそらく皇族の血は入っていません。
半陰陽多発の家系で、近親結婚のせいだとジュリエンは言っていました。
何度も血を新しくするために養子を入れて、しかも半陰陽の養子を入れています。
宗教的な意味合いがあるそうですが、半陰陽の養子で血を新しくしますから、半陰陽でも子孫を残せなければ意味がありません。
あるいは、健康な人間を養子にして、人為的に半陰陽にすることもあったようですので、現在の性転換に似ています。
ジュリエンのところに、半陰陽だけでなく、gidが集まったのも、うべなるかなです。
ジュリエンは医師でした。

714名無しさん:2007/09/15(土) 13:28:46 ID:igV9jwiw
パバロッティ死んだけど、
デルモナコとか、コレルリとか、ジュディガーランドとか、ドリスデイとか、
オペラ・ミュージカル・映画の、
スターのボイストレーニングやってた人が、
むかし、ニューヨークにいて、ビクターフックスって人。

その人のアシスタントやってた日系のインタセクスの人がいて、
フックスの孫娘に、数学の家庭教師してやるのと交換に、
ボイストレーニング受けてたんだけど、
いつのまにか、ボイストレーニングのアシスタントにされてたっていうメゾソプラノの人、いたでしょう?

そのインタセクスの人、パバロッティの知り合いだったんじゃないの?
パバロッティに、紹介してもらえないかな。
フックスの孫娘って、いま、フロリダかジョージアか、あのへんの大学の、数学の教授でしょ。

715梼原:2007/09/16(日) 17:34:19 ID:W6IpHsdM
昨日も今日も、朝からずっと雨です。
高知県の四万十川上流のゆすはらです。梼原と書きます。
国道の番号は197と440です。メインストリートのくねくね道です。
去年Mxさんが来てくれた日も、雨でした。降るんです。
国道が通行止めにならなかっただけ、ましと思うべし。
須崎まで行くと、電車も高速道路も何でもあります。
須崎は高知市の35キロぐらい西南の海ベリの町。
そこから、もういっぺん35キロぐらい西の、山の中が梼原。
直線距離ですから、実際の道のりは60キロぐらいです。
須崎から馴れた人ですと速度違反で一時間。

田舎が売りの観光地がたくさんあります。
貧乏の徴しの千枚田が奇麗で、いつもカメラマンが来ています。
それから津野山神楽。
高校生がやっていますが、立派ですので見てあげてください。
全部舞うには8時間かかります。
この二つは、本物の財産。
津野山というのは、現在の津野山町の西半分と梼原町とを合わせた地域で、四万十川の上流です。
10世紀に津野氏の荘園になり、関ヶ原の戦いの直後に、
長宗我部氏と同時に滅びました。
西軍の長宗我部氏が徳川家康に所領を没収されたので、
長宗我部氏の息子を養子にしていた津野氏も滅びました。
長い間、津野山を所領にしていたので、
四万十川上流に、津野山文化という纏まりが出来ました。
津野山神楽は、それを継承しています。とても洗練されています。

あと坂本龍馬が歩いた道と、木造の芝居小屋。
龍馬など六人の志士の墓は、観光用です。
芝居小屋は戦後すぐのものを観光用に古めかしく復元しました。
もとは講堂兼公民館のようなものでした。
山のてっぺんはカルスト地形になっています。
発電のための風車がありますが、これも人集め用です。
おいしい鮎は天然物でなく、放流したものです。でも、おいしいです。
雲の上温泉は、鉱泉を温めたもので、井戸水です。

KさんとYさんに、そういう所を案内しました。
ニセ物より本物のほうがいいので、自宅のお風呂に入りました。
Kさんは長風呂で、主人が様子を見に行ったきり、帰って来ません。
お風呂は離れにあります。
今夜は忙しくなると言って、主人は張り切っていました。
もうすぐYさんの御主人が到着しますが、男どもは何をしたいのでしょうか。

716名無しさん:2007/09/17(月) 23:09:03 ID:j.FP8bNY
頭の中が石油でできている人ばかりですね
石油に価値がなくなってしまう時代になったら
システムに順応できなくて
辛そう。。。

717名無しさん:2007/09/18(火) 12:44:32 ID:QQ/r.o8A
統合失調症になって仕事をやめると、年金をもらえるのですけど、家族の人は、いま慌てて年金をもらったほうが本人のためになるのか、もっと症状が悪くなって社会復帰の見込みがなくなってから年金を申請したほうがいいのか、一瞬悩んだそうです。
そこの家族では、統合失調症は初めてでしたが、それでも一瞬そのような思いが閃きました。
統合失調症と言っても、今は治癒しないとは限りませんし、社会復帰の見込みは大いにあります。大急ぎで年金を貰ってしまうと、本人は社会復帰の意欲を失うのではないか、回復しなくなるのではないかと、家族の人は考えました。
いったん障害年金を貰うと、再就職するときに事務上の記録を再就職先の会社に知られてしまう可能性があり、年金を貰っていたことを隠すのが難しく、再就職の妨げになります。
年金が入ると、本人は再就職の意欲を失い、社会復帰を怠けるようになるかもしれない・・・
家族の人は、そんなことを一瞬考えて、障害年金を申請するのは、もっと後でもいいのではないかと悩んだそうです。
その人は、統合失調症の医学的な知識を何も知らない人でした。それでも、とっさにそんなことが閃いたわけを聞きますと、その人は、頭が壊れて統合失調症になったのでなく、イヤな事を頑固に拒否して、現実を見ないで、空想的な夢物語に憧れる生活態度が、統合失調症の原因になったと見ていました。
これは、当たりです。
はじめて家族が統合失調症を発病した人でも、日頃の生活をよく見ている人は、この病気が心因性の原因で起こり、脳の壊れる症状が出るに至ったことを、的確に見抜いていました。
そんなに患者をよく見ている家族でさえ、心因性の生活態度や性格の、そのまた原因に、遺伝的なものや、避けられない脳の病気などがあったのではないかと問われると、わからない、思い当たらない、と言います。
思い当たることは、子供の頃からの頑固に片意地を張る性格と、思春期以後の自分の殻に閉じこもる性格で、そのために現実を客観的に見ないで、夢物語の世界に遊んで、現実社会との齟齬をきたし、それが苦しみなって発病したのではないか、ということでした。
家族にさえ、それ以上は思い当たらない原因を、他の人が探し出すのは、とても難しいことです。

性同一性障害も、発病に至るいきさつは、ほとんど同じです。
統合失調症の人よりも性同一性障害の人は、ストレスに耐えられない性格で、羽目をはずしやすい性格だったので、苦しみを我慢できずに、我慢しなかったことが、被害妄想を防ぎ、頭が壊れるのを回避する結果になりました。

718名無しさん:2007/09/18(火) 20:11:25 ID:???
マンガの本を万引きした人が、店員に殴られて死にました。
よくある事件です。
やくざは万引きを捕まえるのが大好きで、
万引きをネタに、殴って蹴って、
一生、お金をせびり続けますので、気をつけてください。

一人で万引きをする大人の人は、
万引きの時に、精神状態があさってになっている人が多いんです。
これは万引きを捕まえる仕事をしているインタセクスの人から聞きました。
犯行がビデオに映っていても、自分はやってないと言う人が多いそうです。
絶対に認めません。
この手が悪いと言って、自分の手を本気で折ろうとする人もいます。
本気だそうです。

記憶から消えてなくなるのと、絶対に認めない頑固な態度と、自分という気持ちがあさってになる意識状態とは、関係があって、
解離性障害と言います。
最初に、子供が駄々をこねるような頑固な態度があります。
そのために実生活が困難になり、苦しくなるので、苦しみから逃れるために、自分という気持ちがあさってになります。
その次に、やりたい事をやって、記憶がなくなります。

解離している時は、脳の色々な機能が、通常とは異なります。
幻覚や妄想の出る、夢のような意識になっていますので、
現実に対処する反射的な脳の機能が低下します。
プレパルス機能も低下します。
人に殴られると、まるで眠っている最中に殴られたように、
脳も体も、反射的な防御措置をとらずに、
たった一発殴られただけで、簡単に死にます。

プレパルス機能って、地震のS波とP波の速度の違いを利用して、
直前に予報を出すシステムがあるでしょう?
あれと同じで、緊急情報が入って来た時に、
最初に警報だけ出して、注意を喚起しておいてから、
その後で、本体の情報の内容を流す脳の機能です。
最初からいきなり本体の情報を流すと、
注意がよそに行っている時は、情報の内容を理解できないんです。
だから、まず注意を振り向けさせる信号を流してから、
そのあとで、肝心な情報を流します。
これ、プレパルス機能って言います。

性同一性障害の人は、たぶん、殴られるとすぐに死にます。
相手の犯人は、信じられない気持ちになります。
どうして軽く一発殴っただけで、死んでしまったのだろうかって。

719名無しさん:2007/09/18(火) 23:57:52 ID:xYPovA8o
昔ね、拒食症っていう言葉を、一般の人が初めて聞いたのは、
カーペンターズの妹さんが拒食症で死んだ時だったの。
死亡の経緯は知らないので、検索して調べて見て下さい。

長島カントクという人の奥さんが亡くなったので、思い出しました。
あの人、膠原病だったそうですけど、
膠原病って、自己免疫疾患の一つで、
簡単に言うと自分で自分の細胞をやっつけてしまう病気なんだけど、
その時に炎症が起こるんで、対症療法的にステロイドで炎症を抑え込みます。
昔は腎臓が炎症を起こして腎不全が死亡の原因になったんだけど、
最近は、ステロイドの関係からか、虚血性心疾患で死ぬ人が多いそうです。

膠原病は免疫異常の病気なので、どうしてもストレスと関係があります。
ヒステリーは、ストレスがもろに出てきてるんだけど、
拒食症とか、リストカットとか、性同一性障害とか、統合失調症とかって、
ヒステリーの典型的な病気です。

自分で自分をやっつけてしまうことが、心に出てくると、身体の自傷行為って言いますが、
免疫機構に出てくると、アレルギーや自己免疫疾患になります。
胃潰瘍とか、機能性胃腸障害なんてのも、自分で自分をやっつける病気の一つかもね。

とにかく人間って苦しむと、脳の神経細胞が損傷したり壊死したりします。
応急措置として、苦しまないように麻薬みたいなのを使えばいいんだけど、
麻薬って、使い続けると、脳がダメになってしまうみたい。

宇宙船の中で、無重力状態を長期間経験していると、
身体の何もかもが、重さに耐えられなくなるでしょう?
地球って、重力があって、人間はいっつも重たい目をして生きてるから、
重みに耐えられなくなるってことは、生きて行けなくなるってことなのよね。
やっぱ、ちょっとぐらいは苦しくても、自分で耐えられるようになるのがいいんだけど、
脳内麻薬って、なんかインチキくさいのよね。

これも、自分で耐える方策の一つなんだけど、
これってケガした時とか、病気の時とか、セックスの時とか、
非常時の応急的なシステムだから、
これを常用するってのは、自分で苦しみに耐えることになるのかしら?
だって、これを常用するためには、
いっつも、自分からケガしたり、自分から病気になったり、
セックスしっぱなしになったりしないといけないでしょう?

ヒステリーって、こういうことになるのよね。
自分で自分をやっつけてしまうの。
拒食症とか、リストカットとか、性同一性障害とか、統合失調症とかね。
アルコール依存症も、パニック障害も、そう。

でも、いっつも性的快感に浸り続けることが、
なんで、自分で自分をやっつけることになるか、わかりますか。

カーペンターズの妹さんのほうが亡くなったとき、
マスコミは、みんなダイエットのせいだと言っていました。
拒食症って、ダイエットで起こるんだと言っていました。
でも、無理なダイエットで拒食ってのは、
病気の替え玉の症状、目くらましの煙幕、ダミーなのよね。
病気の本体は、典型的なヒステリーなんよ。
それで、統合失調症と関係があるの。
マスコミの人が、それに気づくまで、15年かかりました。

720  I:2007/09/19(水) 08:26:24 ID:I95opSNE
>>699 この事件のことを、昨夜インターセックスの人から聞きました。
1階と2階の間の庇の上に乗り、2階のベランダのガラスの手すりに一撃を加えています。拳銃を使った脅しにしては、面倒な事をしています。銃声を聞いた人もいませんので、銃弾を装った脅しの可能性があります。
事件の数日前に、黒いサングラスにネクタイ、スーツ姿の男が二人、ベランダの家のGIDの様子を、マンションの住人に尋ねていました。一人はピンクのカッターシャツで、遊び人風の妙な服装でした。脅しのために、目立つように振る舞った可能性があります。
脅迫であることを被害者にわからせるように行動していますので、被害者の思い当たるところが犯人に近いと考えます。被害者のGIDは関東地方の事件で捜査に協力したこと以外に心当たりがありません。

GIDが犯行に加わっていなければ良いのですが、関東地方の事件ではGIDの目的不明の挙動が捜査を攪乱しました。加害者のGIDグループは自分達が何をしているのか理解していない様子で、事件後に捜査されることが名誉毀損だと言い、警察に被害届を出しました。ヒステリー風の挙動でした。

ヒステリーでは例えば解離性同一性障害の人が心理療法士やカウンセラーや医師などに、性的虐待を受けたことがあるとほのめかしたり訴えたりします。
実際に強姦の被害届を出した後、警察から詳しく事情を聞かれ、信じてもらえなかったと嘆き、被害届を取り下げた経験があります。男友達とシティホテルに別々の部屋を取って泊まりましたが、気を許して男友達を自室に入れたところ強姦されたという類いの訴えです。法的には強姦の成立する余地もありますが、限りなく灰色ですので細かな心理に至るまで問い質されたとしても不思議ではありません。信じてもらえずに、泣く泣く訴えを取り下げることもあり得ます。
これだけを聞くと、そんな悔しさや心の傷が、解離性障害の原因になっているかのようですが、同じ女性が何度も類似の事件の被害者になり、そのたびに警察に訴えていることを知ると、法的手段に訴えること自体がヒステリーの症状ではないかという疑いが生じます。
解離性障害の女性の訴える性的虐待の被害を、解離性障害の原因として有力であると思い込むのは早計です。

ヒステリーでは解離性障害のほかに、人に心を開かなくなり、思春期以後、性的な感情に異常をきたす症状が出ます。また転換性障害も起こりますので、本人の訴える病気の理由や原因の多くは、ストレスの正体を隠すためのトリックやダミーであることが少なくありません。嘘ではないことを示すために、わざわざ法的手段に訴える人もいます。
統合失調症の陽性症状では、被害妄想を法律事務所や放送局や新聞社などに持ち込み、自分は誰々に陥れられようとしているとか、自分の悪口を広めないで欲しいなどと、よく訴えます。
ヒステリーでは、被害を訴える形を取りますが、統合失調症のように本人が深刻に苦しむ様子はなく、むしろ他人や周囲を振り回してストレスを解消しているふしがあります。その程度まで人の心を読み、自分の心をだまします。人をだますには、まず自分からではなく、自分をだますには、まず人からです。ヒステリーでは、記憶を失うこともまた、妄想や幻覚の一種です。

721  I:2007/09/19(水) 08:27:56 ID:I95opSNE
(上の続きです)GIDの中には、性別による差別をしないで欲しいと言い、徒党を組んで役所やマスコミに押しかける人達がいます。一理ありますが、その人達の性の実態を知ると、性別の差別に苦しむ輩ではありません。
夜間に公園に集まり、星空のもとで男性と性交渉を楽しむ人達もいます。喘ぎ声が周囲の住宅に聞こえ、夜間に犬の散歩に出掛けた住民が、あらぬ光景を目撃します。自治会が警察に苦情を言い、警察の職務質問を受けると、すかさず性同一性障害を差別しないで欲しいと要望し、夜中に公園を利用してはいけない法律があるのかと抗議します。
MtFには、結婚後に子供をもうけてから、性同一性障害であると言い出す人達がいます。この人達の大部分が思春期からホモセックスを経験しています。妻とは別に情夫や情婦を持つ人や、隠し子のいる人さえいます。

ホモやレズのグループは、小グループでは異性に似た雰囲気を嫌うグループもありますが、大きなグループでは、必ず異性の役割を受け持つ人達がいます。これは古代から世界共通です。
ホモやレズの多くは、思春期の性的に不安定な時期に、異性との性交渉よりも先に同性との自慰を共有した経験が、後になっても甘酸っぱい記憶として忘れられないだけですが、異性の役割を受け持つ人の多くは、思春期よりも前の子供時代から、ヒステリーを発症していたきらいがあります。

思春期になると、自分の心を他人に開かず頑固に駄々をこねる心理が次から次へとストレスを作り出します。ヒステリーがあると、思春期に発達すべき性欲と社会性に関する本能的な能力が不完全に形成されます。
MtFでは、子供をもうけても育児よりも自分のストレスのほうが重大になり、子供の成長を顧みずに、自分自身の心を子供のような駄々こね心理に委ねてしまいます。FtMでは、自分の産んだ子供に煙草の火を押しつけたりします。
子供のいるMtFでは、会社、家庭、妻、子供という逃げ場のない状況から、子供の頃の駄々こね心理に退行します。自分のストレスの原因を見ないように、人をだますことで、自分をだまします。

子供の駄々こね心理は、躾のできていない状態にすぎませんが、やがて我が儘ではなく、自分が自分でない気持ちになります。自分が空っぽになりますので、我が儘ということはなく、むしろ心頭を滅却すれば火もまた涼しの覚悟です。自分をだまして、自分を見失い、周囲を顧みずに火もまた涼しとばかりに性転換に突っ走りますので、全身に観音菩薩の刺青を入れたやくざの心意気に似ています。耳なし芳一のように、生殖器だけ切り取られる結果にならねば良いのですが。時間切れになりましたので、失礼します。

722茅 1:2007/09/22(土) 23:12:37 ID:irMEHHbU
この子は、たぶんADHDだったと思いますが、性転換手術をして、今も日本の何処かで暮らしています。
というのは、このあと、この子たちを朝まで営業している喫茶店に連れて行き、そこのマスターに預けました。
4人のうちの一人が、親の差し金で、一人でアパートに暮らしていましたが、そこへ不良少年達が集まってきて、たまにしか家に帰らずに、雑魚寝していました。
学校へも行かず、アパートの子が親から貰っているお金で食べていましたので、お金もありませんでした。
家に帰って学校に行きなさいと、お説教するために、喫茶店のマスターのところへ連れて行きました。
それが、どう転んだのか、いつのまにか、こぶしの子は、女装のお姉さんに囲われて、そのまま性転換手術まで行ってしまいました。
しばらくは、女装の人を通じて状況を知らせて貰っていましたが、手術後半年ほどして、行方をくらまし、今は連絡がとれません。

40才を少し過ぎていますが、サバを読んでいるはずですので、35才ぐらいでしょう。
性転換しても軽い発達障害の後遺症をひきずったままでしたから、中学校へ行っていない未熟な教養で、一般の女性社会に適応しているとは、とても思えません。
たぶん、売春か援助交際か、その種のお店で働いているのではないでしょうか。
手術前は、もっぱら男を誘惑して、自分の性的魅力に我を忘れる生活でした。
夜間中学へ行きなさいと、何度も勧めましたが、言うことを聞きませんでした。
父親は酒癖が悪く、蒸発してしまい、母親もよその男と一緒に暮らしていましたので、子供の面倒を見る人が誰もいません。
母親に、息子さんが性転換したいと言っていると伝えると、ケラケラ笑って、本人の好きなようにさせればいいのでは、という返事でした。

723茅 2:2007/09/22(土) 23:16:28 ID:irMEHHbU
女装の人は、この子をペットにしていたと思います。
二人、連れ立ってホルモンを始めましたが、この子のほうは、そのまま性転換まで行きました。
女装の人も、男性機能が役立たなくなっていましたから、手術の傷が癒えると飛び出したくなったのだろう、と言っていました。

過去を知っている人と一緒に居ると、嘘をつけなくなり、息苦しくなります。
嫌な事を見ないで、無菌室で育ったような生き方しかできません。
ヒステリーの人にも、統合失調症の人にも、GIDの人にも、共通して言えることですが、人生は降り積もる雪のように積み重って行くことを、認めません。
脳は経験を踏まえて上積みされて行きますから、壊れた機械のように修理すれば元通りに元気になるというものではありません。
不調だった時の記憶や、鬱陶しかった時の記憶などが、ぜんぶ積み重なって、未来を決める基礎になります。
頭がおかしくなっても、それを修理すると、昔の悪い夢が遺跡のように掘り出されて、心の表面に浮かび上がり、復元されて、いつか来た道を辿るだけかも知れません。
機械とは違い、治そうとすればするほど、自分から壊れてしまうかも知れません。
そんな窮地に陥っている人が、ヒステリーや、統合失調症や、GIDになっています。

この子は知能が正常だったのに、人との会話が円滑にできませんでした。
学校で苛められたので、自分の思い通りにならないと、こぶしを握ります。
自分が何を望んでいるか、言葉に表現できず、相手から問われても答えられません。
相手の気持ちを尋ねる言葉を知らず、物事を行なうには、自分の気持ちや計画を、人に説明して、社会の同意を得なければいけないことを知りませんでした。

やがて、プライベートな思いは隠しておけばいい、人との関係は、嘘の辻褄を合わせておけばいいと思うようになりました。
でも、心の中のストレスの捌け口がありません。
どうしても我慢できずに、心の中の事を、実生活の場にぶちまけると、たちまちトラブルになり、とんでもない嘘を上塗りして、元の黙阿弥になり、いよいよ頑なになります。
性転換がそれだったかも知れません。

ホルモンも手術が、かえって体を傷つけ、心の負担を大きくすると思いましたが、男から女に性転換する人は、オナニーで足りなくなると、異性装をして、それでも足りなくなるとホルモンをして、それでも足りなくなると手術をします。
本人はそれに気づかないので、男なのに女のような顔や体の人は、オナニーよりも異性装をして、もっと女っぽい人はホルモンをして、もっと女っぽい人は手術をすると思っています。
女っぽい顔や体の人は、心も女だと思っています。

ほんとうは、誰でもオナニーをすると気持ちよくなりますが、一日中オナニーをしていられませんので、異性装をします。
異性装はオナニーと同じ効果があって、一日中できます。
でも、顔や体が女っぽい人は、すぐに馴れてしまって、効き目がなくなります。
もっと強い効果を求めて、ホルモンをします。
女性ホルモンをすると、顔が女性になりますので、昼間っから町の中を出歩けます。
でも、服を来ている時の顔や体が、女として通用してしまう人は、すぐに女の振る舞いに馴れてしまって、効き目がなくなります。
もっと強い効果を求めて、性転換手術を受けます。
手術をすると、女としてお風呂に入れますし、女としてセックスもできます。
でも、裸になっても女と見分けのつかない人は、すぐに女に馴れてしまって、効き目がなくなります。
もっと強い効果を求めて、戸籍の性別を女にします。
それでも、すぐに馴れてしまって効き目がなくなるので、元の黙阿弥です。
振り出しに戻って、男の社会にも、女の社会にも適応しようとしなくなります。
適応するとオナニーとしての性転換の効果がなくなりますが、適応を拒否すると、オナニーとしての効果がよみがえります。

この子は、もともと大人の男の社会にも、女の社会にも適応していませんでした。
男と女という性別にかかわらず、大人の社会に適応できませんでした。
でも、男の子の気持ちが板についていましたので、女性の体を見ると性欲を感じます。
オナニーをするときは、女性の体を想像します。

724茅 2:2007/09/22(土) 23:21:12 ID:irMEHHbU
鏡を見ると、左右が反対になっています。
鏡の中に写った虚像の立場になって、どちらが右で、どちらが左かを決めますので、左右が反対になります。
鏡を見ている自分の立場と、鏡の中に写った自分の立場とでは、向かっている方向が反対ですので、左右が反対になります。
鏡の中の世界は、ペラペラの厚みのない二次元の虚像です。
鏡を裏から見ることはできませんが、