したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

女子高生コンクリ詰め殺人事件(ウィキペディア概要)

1 名無しさん :2018/08/22(水) 10:21:06 ID:IgHbpu7U0
女子高生コンクリート詰め殺人事件(じょしこうせいコンクリートづめさつじんじけん)は
、1988年(昭和63年)11月から1989年(昭和64年)1月の間に発生した猥褻略取誘拐・監禁・
強姦・暴行・殺人・死体遺棄事件の通称である。

1988年11月25日夕方に埼玉県三郷市内の路上で被害者女子高生(事件当時17歳)が不良少年
グループに拉致され、約40日間にわたってグループのたまり場だった東京都足立区綾瀬の加
害者宅に監禁されて暴行・強姦を受け続け、1989年(昭和64年)1月4日に加害者グループか
ら集団リンチを受けて死亡、遺体をコンクリート詰めにされて東京都江東区内の東京湾埋立
地に遺棄された[判決 1]。1989年(平成元年)3月以降、別の強姦事件で逮捕された加害者少
年らが事件を自供したためにその全容が判明した[新聞 1][新聞 2]。

刑事裁判における事件番号は第一審・東京地方裁判所では平成1年(合わ)第72号[判決 1]、控
訴審・東京高等裁判所では平成2年(う)第1058号である[判決 2]。

この事件は、加害者が全て少年(未成年者)であったこと、犯罪内容が重大・悪質であった
こと、犯行期間も長期におよび、少女が監禁されていることに気づいていた周囲の人間も被
害者を救わなかったことなどから、社会に大きな衝撃を与えた。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

踏み出せば何かが変わる - 三浦 大輔


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板