したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

日本語訳を書いてみるスレ

2 某スレ696 :2015/08/19(水) 19:58:57
Another View of Japan
Exception Is Taken to Statements In Dr. Brown's Letter

TO THE EDITOR OF THE NEW YORK TIMES:
私はアーサー・J・ブラウン博士がNYTへの手紙で述べたことのいくつかに反論を試みようと思います。
私は東アジアでの騒乱についての報道が公正だったとの供述に同意することができません。
大まかに言えば、難民キャンプの女性への強姦を含むあらゆる種類の残虐行為によって日本軍が告発されていたのに、数日後にはそのような行為が中国人によって行われたことを示す十分に調査された詳細なレポートが現れました。
中国人には大佐など高ランクの役員が含まれていました。最初の供述が、ブラウン博士を含む多くの読者にとって、明らかに不完全なものであったことを意味します。

No Dictator
ヨーロッパの状況に言及する中で、日本の政府が軍事独裁政権であると示唆することは、まぎらわしいように思えます。
日本政府内の権限の分配は、私はこの場で説明することのできない、ヨーロッパとは異なる長い歴史にルーツを持っています。
ですが独裁者なしに独裁はありえず、そして日本に独裁者はいません。
海軍および陸軍の大臣は天皇への直接のアクセス権を保有しており、そのうえ文民の内閣が存在し、全ての内閣の長は文民への責任を常に負っています。
そのうえ、海軍と軍大臣が常に協力して行動すると仮定することは間違いです。
ブラウン博士は「天皇がどの程度の支配力を実際に行使するかは、数人の日本人だけしか知らないのである」と言います。
天皇の特権の行使はオプションであるという意味で、それを予測できないことは正しい。
しかし、その権力が行使された明治時代、および1936年2月の無秩序(二・二六事件)を終結させた提案によって、天皇の権力は偉大たりうることが示されています。

Close to War
繰り返しますが、私は「日本人は知的に判断する手段を持たない」などの供述には同意しません。
日本の報道機関の検閲は決して厳格ではありません。
シカゴでのルーズベルト大統領や、様々な場面でのハル長官の発言といった類は、日本では完全に出版されています。
さらに、日本人は、いつも紛争の舞台と隣り合わせに生活してきたのであり、その歴史を十分に熟知しているという利点を持っています。
その利点は、ここにいるほとんどの人々は持ち合わせていません。
ここで意見を表明している人々のうち9割は、紛争が発生し記事の見出しになるまで状況をほとんど知らなかっただろうと言うことは、おそらく控えめな表現でしょう。
ブラウン博士はそのカテゴリーの範囲内に来ることなしに、多分供述に同意するのでしょう。
私は日本の人々の全員または大部分は、軍隊をこれ以上、天皇以外の何者かに従属させることを望んでいないと思います。
これは卑屈な支配を示すものではありません。
日本人は従順で均質ですが威勢の良い民族でもあり、それを考慮に入れることができない政府は成功を望むことができません。
(Rev.) JOHN COLE MCKIM.

注。この文はニューヨーク・タイムズ1938年1月16日付、読者の投書欄に掲載されたものです。
当時のNYTに、ブラウン博士、マッキム牧師がそれぞれ2回ずつ寄稿しており、これはそのうちのひとつです。
 
http://nanking1937.blog.fc2.com/blog-entry-17.html


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

干物妹! うまるちゃん 1 (ヤングジャンプコミックス) - サンカクヘッド

FPSは・・・遊びじゃないんだよ!!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板