したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

観光

19 NAME :2018/03/29(木) 13:48:56
これが日本の春だ! 実際に行って選んだ東日本・桜の花見名所ベスト10
http://www.msn.com/ja-jp/travel/news/%e3%81%93%e3%82%8c%e3%81%8c%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e6%98%a5%e3%81%a0-%e5%ae%9f%e9%9a%9b%e3%81%ab%e8%a1%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e9%81%b8%e3%82%93%e3%81%a0%e6%9d%b1%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%83%bb%e6%a1%9c%e3%81%ae%e8%8a%b1%e8%a6%8b%e5%90%8d%e6%89%80%e3%83%99%e3%82%b9%e3%83%8810/ar-BBKNsSt?ocid=iehp#page=2

●10〜6位を発表--世界一の桜並木に"タレント桜"も
寒かった冬も終わり、いよいよ桜の花見の季節が到来! 2018年は急に暖かくなったせいか、開花が例年よりも一週間から10日程開花が早い場所もある状況だ。そこで今回は、まだ余裕で花見に間に合う東日本エリアの中から、筆者が実際に訪れて特に素晴らしいと思った桜の名所を10カ所厳選し、満足度のランキング形式で紹介しよう。

○第10位 五稜郭公園の桜(北海道函館市)

第10位は、五稜郭公園の桜。北海道の桜は基本的にヤマザクラが多く、本州の桜を見慣れている目にはソメイヨシノほどの見応えがないのが実情だが、五稜郭公園の桜は北海道では貴重なソメイヨシノ。本州の花見名所にも負けない見応えで、北海道を代表する花見名所と言える。

特にオススメは昼間の桜で、観光名所の五稜郭タワーから見下ろす花見は、ここならではの絶景だ。五稜郭自体は昼間のみ入場可能で、時間外は外側に広がる桜林での花見になる。夜はライトアップがあるが、ぼんぼり(雪洞)によるものなので、北海道名物ジンギスカンの花見宴会には十分だが、鑑賞には向かない。

夜桜のライトアップなら、松前城まで行くのがオススメ。ただし、オリジナル品種のナデン(南殿)など見所も多いことを踏まえると、ぜひ昼間の桜も楽しんでいただきたい。

●information
五稜郭公園の桜
例年の見頃: 4月下旬〜5月上旬
住所: 北海道函館市五稜郭町44
アクセス: JR函館本線函館駅から湯の川行き市電17分、五稜郭公園前下車徒歩15分
○第9位 世界一の桜並木(青森県弘前市)

第9位は、世界一の桜並木。世界一なのに知名度が非常に低いので、ぜひ知ってほしいという意味も込めて第9位とさせていただいた。総延長20kmにも及ぶヤマザクラの並木道で、「世界一長い桜並木」と呼ばれる場合もある。

日本屈指の桜名所、弘前公園がある弘前市内にあるのだが、岩木山方面の標高が高いエリアにあり、品種的にもヤマザクラなので開花が遅い。よって、弘前公園の桜が満開になっても、咲き始めの状況で同時に見るのが難しく、セットで有名になるというわけにはいかないのが、知名度が低い理由だろう。

ここが満開になる頃には、他の桜は終わっているが、比較的開花が遅い小岩井牧場の一本桜(岩手県)などとともに、広範囲に周遊して訪れていただきたい。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

1/5000 SDF-1 マクロス ムービーカラーエディション / Wave



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa