したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

共産主義・社会主義・資本主義・ベーシックインカム

3 名無産の民 :2011/09/14(水) 09:16:36
資本主義とは、具体的に言えばアメリカやヨーロッパ、日本で行なわれているような経済体制のことで、企業の競争があるのが特徴です。
その実態は、資本家が工場や農場などの生産設備や、労働者などの労働力を確保し、
それらを動かすことによって利潤を上げ、その資金を再び生産手段の買収に用いることによる拡大を繰り返していくといった構図です。
一般的な場合、人民は少数の資本家と、多数の労働者に分かれます。
システムが、競争の勝者が良い暮らしができるようになっているので、
資本家はライバルに勝とうとして、生産性を挙げたり品質改良をしたりします。
このため、技術の発展を促しやすい体制であるといえます。
しかし、具合が悪いと貧富の差が拡大し、社会が暗くなります。
現在は、多くの国が資本主義を取っていますが、共産主義に近い形態だったり、
税を重くして貧富の拡大を防いだりしていることも多いです。

ベーシックインカムとは、毎月一定額を国民に支給する制度のことです。
資本主義の下でも、共産主義の下でも可能です。
その財源は、資本主義の場合は消費税や所得税、相続税などですが、
共産主義の場合は国営企業の収益です。
支給する金額は生活費レベルで、その金額だけでも質素な生活を送ることが可能なレベルというのが、
多くの学者の主張しているレベルです。
もし、贅沢な暮らしをしたいのであれば、労働をして給料をもらえばいいし、
老後に備えて週に数日間働くという方法もありえます。
この政策の利点は、生活費を支給することによって生活保護政策を不要にできることです。
様々な収入認定や生活実態の調査に必要な公務員を減らせるため、人件費が安くなるとされています。
そして、実質的に不要だった産業が消滅するため、社会の無駄が省けるということになります。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX) - 森 薫

アミルさん20歳で既に行き遅れ扱いされてるけど俺ときたら…

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板