したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

性的少数者ら描いた映画、支援団体の抗議受け東浦で上映見合わせ

1 かあちゃん、どこが「バリアフリー」なの? :2019/04/30(火) 20:35:07
性的少数者ら描いた映画 支援団体の抗議受け東浦で上映見合わせ

性的少数者らに立ちはだかる社会の様々な障壁を超えようと
奮闘する様子を描いた
映画「バリアフリーかあちゃん!!」の上映を計画していた
愛知県の東浦町社会福祉協議会は、
7月7日に町内で予定していた上映会の見合わせを決めた。
性的少数者を支援する
民間団体「レインボーなごや」(名古屋市)が
25日、町側に上映中止を申し入れたためという。

映画は
市民団体「ひがしうら映画プロジェクト」が
町の補助を受けて制作した。
町側は
「映画を制作した市民団体と、
 レインボーなごやが話し合い、
 問題が解決するまでは上映を中止したい」としている。

レインボーなごやが最も問題視しているのは
「かあちゃん」が息子を助けに行く場面。
「女の出る幕じゃない」と言われた「かあちゃん」は
「実は男だったんです」と制止を振り切る。
2月の試写会で映画を見て
ショックを受けたメンバーがいたという。
酒井徹共同代表は
「強制的なカミングアウトを感動的に描くのは
 当事者の思いと異なる誤解を生みかねない」と指摘し、
撮り直しを求めたという。

監督の石丸みどりさんによると、
別の性的少数者からは
「よく理解して作られた映画」と感想が寄せられたという。
「勇気を出して前に向かうのを支えたい思いを込めた映画。
 しっかり話し合いができずこのようなことになり残念。
 今後、協議したい」と話した。
(江向彩也夏)
(『朝日新聞』2019年4月26日名古屋・尾張・知多版)

2 かあちゃん、どこが「バリアフリー」なの? :2019/04/30(火) 20:37:13
東浦町制記念映画「上映中止を」 LGBT団体申し入れ

LGBT(性的少数者)団体
「レインボーなごや」(名古屋市中区)は
25日、東浦町に対し、
町制70周年記念で住民が制作した
映画「バリアフリーかあちゃん!!」の
当面の上映中止を求める申し入れをした。
町は
7月7日に町内の公共施設で行う予定だった上映会の中止を
決めた。

映画は、
町民有志らでつくる「ひがしうら映画プロジェクト」が制作。
町は制作費の一部を補助している。
男性として生まれたが女性として生きる
トランスジェンダーの主人公が、
町内で起こる問題を解決するという内容。
問題としているのは、
主人公の子供が井戸に落ち、
助けようとすると「女の出る幕ではない」と言われ、
実は男性だと告白するシーン。

半田市役所で同日、記者会見した
同団体の酒井徹・共同代表は
「公衆の面前で不本意な告白をさせている。
 性別を隠していることが後ろめたく思わせる恐れがある」
などと主張する。
同団体はプロジェクトに
シーンの撮り直しや上映の中止などを求めているという。

一方、
映画監督の石丸みどりさんは
「多様な人がいて、
 それを受け入れられる社会にしたいという思いで制作した。
 LGBTの方たちを批判する気持ちはまったくない。
 お互い歩み寄れる方法があるか検討したい」と話した。
(『読売新聞』2019年4月26日愛知・名古屋市内版)


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

飼育少女(1) (モーニング KC) - 仲川 麻子

KENZEN! マジ、KENZEN!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板