したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

八鹿高校事件ホームページのために

97 もっこす </b><font color=#FF0000>(08EeniEM)</font><b> :2004/04/25(日) 18:19

 どこにも全解連の批判、攻撃というものが稚拙だったから、事象だけをとりあ
げて唯我独尊的に事を語っていたから、マスコミが相手にしなかったという理由
はありません。あなたの主張は、マスコミ関係者のスケープゴートでしかありま
せん。
 翌日の東京の各紙には「赤旗」を除いて一行も報道されず、現地の兵庫や関西
で発行されている新聞でさえ、全く黙殺したものがあるほか、取り上げた新聞も、
事件の性質から見て扱いが小さい上、その内容の多くは「八鹿高教諭らと解同系
もみあい」とか、「教師団と共闘会議側とトラブル」などと、集団リンチという
凶悪な犯罪が行われた事件の真相を伝えるにはほど遠いものでした。


>日共と解放同盟の分断亀裂の原因は何であったとお考えですか?

 当時の自民党がどのような方針を持っていたかは、1958年12月『部落解放運動
の最近の動向』(自民党同和問題議員懇談会)でまとめています。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////
部落解放運動が「いわゆる民族民主統一戦線の一貫としての共同闘争」として
進むことが何より危険だ。勤評闘争で部落解放同盟が「勤評は差別を助長し同和
教育の障害になる」として和歌山その他で共同闘争をしていたことを重視し、こ
れが「勤評評定反対のような社会運動、政治運動等の権力闘争の統一行動に結び
つき、高められていくことに強い警戒感をもっている。さらに解放同盟が日本共
産党の部落対策路線に接近しつつあることも着目する。しかし、全体としては
「まだ解放同盟の組織は、それほど強固なものではないと思われる」。強力な運
動体になる前に先手を打つべきだ。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 背景には、自民党が「国民の間で進みつつあった革新共闘の一層の発展をくい
止め、そこから部落解放同盟を脱落させようとした」ことがあります。

 1959年6月に自民党治安対策特別委員会が作成した「国家の安全保持に関する
意見(案)」では次のように言っています。
「資本家、企業家は、いわゆる資本主義的悪弊を改め、労働者はマルクス・レー
ニン主義的階級闘争思想を排脱して、労使双方が国民経済の中におけるそれぞれ
の任務を自覚し、相互に立場を尊重する健全な労使慣行を確立すること」。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

踏み出せば何かが変わる - 三浦 大輔


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板