したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

八鹿高校事件ホームページのために

92 葉寺覚明 </b><font color=#FF0000>(WuRV/fU6)</font><b> :2004/02/29(日) 14:49

「解放の道」(1978/4/15)より。

--
「解同」の妨害はねのけ登園

二人の幼児が無事に
全解連など市民が守りぬく
大阪・吹田

 【吹田】大阪・吹田市光明町で、「解同」支部が市立ことぶき保育園に入園する二人の幼児の親が、かれらの下部組織「保育父母の会」に入っていないことにいいがかりをつけて、連日二十数人を動員、保育園の玄関にピケをはって妨害しました。
 しかし、全解連支部や広範な市民のきびしい批判と抗議をうけた「解同」は十二日ピケを解き、二人の幼児は無事、元気に保育園へ通えるようになりました。
 「解同」に入園を妨害されていたのは、大小田春義さんの長男・康祐ちゃん(生後四ヵ月)と西河義治さんの長女・真理ちゃん(四歳)の二人。
 入園式のおこなわれた七日、西河さんらが子どもとともに保育園へ行くと、「父母の会」会員ら二十数人が入口に立ちはだかって入会を強要しました。翌八日、二人の子どもは無事に登園できたものの、十日朝、「解同」副支部長の高田博一らが、二十数人の主婦らを動員して妨害しました。
 これにたいして全解連支部は「市は入園を決定している。『解同』に権利はない。すぐにピケを解け」と抗議。お母さんに抱かれた西河真理ちゃんは、いったん園内に入り、保母にあずかられるようにしましたが、「解同」にとりかこまれて大声でわめかれたため、おびえた真理ちゃんが泣き出したので、お母さんはやむなく保育園から出ました。
 さらに十一日、門坂民生部長が市の責任で二人をあずかろうと、「市が措置決定をしているのであずかります。門をあけなさい」と松田保育園長に指示。松田園長が門を開けようとすると「解同」と「父母の会」の十数人が実力で妨害。門坂次長が「妨害をやめなさい」とくりかえし通告したにもかかわらず、無視しました。
 事態を重視した「公正・民主の教育と同和行政を要求する吹田市民の会」の池原隆・市職労委員長、佐々木紘治・水道労組委員長など代表十人は、市に「子どもが安心して保育所へあずけられるよう、万全の対策をとれ」と要請。全解連支部は「『解同』のいっさいの妨害を排除せよ」と要請するとともに、「こどもの心を傷つける『解同』=『父母の会』」と、真相を訴えるビラを市民に配布しました。
 このようなとりくみのなかで、「解同」はピケを解除したもの。しかし、かれらは、二人の親が「『父母の会』に入会した」とデマをとばしたため、全解連支部は「ウソやデマは絶対に真実にとってかわることはできない。二人の親は、『父母の会』に入会せずに、正々堂々と保育所に入れました。いまこそ、住民全体の納得のいく公正・民主的な同和行政を実現するためにたたかおう」と、光明町一帯の住民に呼びかけるビラを全戸配布しました。
--

>>91

「藤川委員」を「藤川議員」に訂正します。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

クズの本懐(7) (ビッグガンガンコミックス) - 横槍 メンゴ


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板