したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

八鹿高校事件ホームページのために

112 & </b><font color=#FF0000>(70zeVo/k)</font><b> :2004/04/25(日) 18:59
////////////////////////////////////////////////////////////////////////
>その後の話し合い要求も拒否し11月16日には待機した解放研生徒
>と話合った3人の教師をとり囲み連れ出し、そのまま11月22日まで一斉スクラム
>下校という方式を採ったわけです。18日には「解放研生徒」21人が職員室に座り
>込み話し合いを要求。彼らは依然として話し合いに応じない。11月19日釈明を求
>める生徒たちの要請も拒否。20日に「差別教育糾弾闘争」に発展した。

 最高裁民事判決では、事件当時の八鹿高校の教育について、「少なくとも(解
同が主張するような)部落差別を助長するような差別教育ではなかったことは明
らか」だとしており、「解同」が要求した「部落解放研究会」を教職員側が承認
せず、「解放研」生徒との「話し合い」に応じなかった点について「落ち度」が
なかったことは認定しています。解放研の性格と実態については、「解放研は、
人間的な触れ合いと全人格的な結びつきを基盤として、教える者と教えられる者
との間に良好な教育的秩序が必要な学校教育において、その全てを根底から破壊
しかねない重大な危険性を帯有しているのみならず、指導面でも、教師の指導を
排除して、教育現場において関係者の総学習、総点検の実施を要求する解放同盟
の指導を至上のものとしており、運動体的色彩の濃い生徒の集団であって、本来
教師の指導、助言のもとに学習活動をすべきクラブ又は同好会とはまったく異質
のものであった」と、「解放研」が「解同」という外郭団体の指導下組織である
ことを明らかにしています。学校教育が「不当な支配を受けない」と言うのは、
教育基本法で保障されています。
 つまり「解放研」問題を口実として県立八鹿高校に「解同」丸尾派が教育介入
を図ろうとしたために起こったのです。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 16日には、教頭から「臨時職員会議の結果、解放研生徒との話し合いはしない
ことになった」という返事があった。このため生徒は、電話連絡により、連合解
放研に支援を依頼し、3時半頃には20名の他校の「解放研」が来た。一方的に同
和室3名の教員を罵倒し、他校の「解放研」20名近くが職員室入口にたむろし、
帰ろうとする教師たちを妨害した。
 17日の日曜日には「解放研」の生徒が八鹿高校内の職員室をはじめ教師の机の
中まで「差別教師糾弾」のポスターをはりめぐらせ、18日朝には「八鹿高校教師
の冷たい仕打ち」なるビラを高校前・養父・和田山・新井・生野の各駅前でまい
た。「解同」の宣伝車6台が八鹿高校に入り、大声でがなりたてていた。休み時
間にはシュプレヒコールが繰り返される騒然たる状態が続く中で「三項目の要求」
が出されます。18日の座り込みの21人の中には他校生も含まれており、さらに昼
過ぎには、マイクロバスで40名の他校「解放研」生徒を引き連れて丸尾が乗り込
み、3時40分に「八鹿高校教育正常化共闘会議の闘争宣言」をスピーカーで行い、
八鹿高校は異常な状態におかれます。ここですでに「解同」に八鹿高校は占拠さ
れているのです


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

レッドブルエナジードリンク 250ml×24本 - レッドブル・ジャパン

フルチャージ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板