したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

DEEPについて

1 名無しさん :2018/03/15(木) 00:46:47


598 田布施 蟻巣 :2018/10/15(月) 06:43:55
施設さえあれば容易に、かつ安価に安定した質を維持したまま大量生産出来る「化学物質」は、「劇的な」「確実な成果」を人々と社会に与える。故に個人が大病を患ったり、また社会全体で著しく生産能力が不足するなど状況が「逼迫」しはじめた時、これらの「化学物質」は今以上により激しく製造され、また消費される。それは様々な悪影響を人々の心身に与えるが、しかしその悪影響は劇的ではなく常に緩やかに、また微妙な形で進行し続ける為、放射能と同じく因果関係を立証する事の困難さから、その影響が深まっても人々は危機感を憶える事は稀である。そしてその悪影響は全体に及ぶ為、(脳も不完全にしか成長しなくなる事もあって)いつしかそれが「普通」となり、原発事故時のように「安全基準」は次第次第に引き上げられ続けていき、依然化学物質の濫用は行なわれ続ける。「不完全な成長」故に「子供が子供を育てる」という状況が更に深刻化していく事も相まって、肉体的にも知能的にも精神的にも劣化して生物的にはボロボロになりながらも、そこから生じる様々な支障から文明を維持する為には更に更に化学物質を使う事に成らざるをえず、そしてその為に更に更にその心と身体を悪化させていく。やがて文明を維持できる最低限の健康や理性さえ人々が維持できなくなるまで。社会が「今のような平和」を維持し続けて行く限り、この「緩やかな悪循環」を抜け出す術は恐らく無いだろう。

自己相似系の立体に光子が閉じ込められるのは、恐らく体積に比しての表面積の巨大さと複雑さ故に、一般的な物体に比べて「場として」光子と立体が「相互作用」(「語弊」があるが)し切る事に「ラグ」が生じる事に由来すると推測される。
光速を超え、空間と時間を無視して瞬時に伝達される「量子もつれ」は、恐らく「圧縮された時空」も無視する。
重力子は恐らく重力子同士をも縛る。互いにその働き「自体」を「鈍め合う」。

円周率やネイピア数や根などは、「関係性」より自明的に定められる無理数である。どんな関係性からも、関係性から求めた数同士の操作からも求める事の出来ない「真のランダム」とも言える無理数(無限数列)などあるのだろうか?
学問において扱える論理的な操作は全てこの時空下における三次元以内の空間内で表現できる通り、人の「論理」とはいずれもこの時空下においての「集合」の概念を礎にしている。ではトポロジー的な時空においては?

「状態」である我々は、それが例え宗教であろうが科学であろうが哲学であろうが何にしろ、どこまでもただ「状態」を(抽象的なものも含めた)「別の状態」に置き換えて説いているだけ

599 田布施 蟻巣 :2018/10/15(月) 06:44:46
進化によって首の長くなったキリンは、その長い首の果ての頭まで血液を送れるほど強靭な心臓を「同時に」持たなければならない。でなければ常に脳に十分な血液が回らず環境に対して有利になる処か生存する事さえ侭成らなかっただろう。無論、心臓が先に強くなり後で首が長くなったという事は考えられるが、しかし進化前の小さな身体に先に強靭な心臓が備わったとして、(ワンダーネットの為に)脳への影響を排除したとしてもその肉体には「極端な高血圧」の為に様々な支障が生じる為、通常の個体よりもその生存率は格段に落ちるはずである。つまり首と心臓の「最低でも二つ以上の変化」が「ほぼ同時に」進行しなければキリンの進化は起こり得なかったが、この二つの変化はそれぞれ別の突然変異であり、ほぼ完全にランダムな突然変異の内上手く補い合えるこの二つの変化が殆ど同時に起こったという事になる。また、支障が出ない程度に徐々に首と心臓が変化していったという考えも、現在キリンとその先祖の近縁種であるオカピの中間の首の長さの種が化石でさえ発見されていない事から支持されず、どうにもキリンの首と心臓の変化は「一気に」進行したと見るのが自然のようである。そもそもダーウィンが「突然変異」という概念を持ち出したのも、多くの生物でこのような中間種が不在であったり極端に少ない事に由来している。普通「成功作」を造る為にはあらかじめ「先に計画を立てて」いなければ「大量の」失敗作や試作を経なければならないものであり、そしてランダムな突然変異頼りの進化で中間種という「試作」や「失敗作」を飛び越えていきなり「成功作」が出来るというのも何とも解せない話であるが、それでも遺伝子コードの数で見ればヒトゲノムでも二万五千個程度であるので環境要因や不運な事故や他の遺伝子病や奇形の併発など「他の要因」を「無視するなら」この組み合わせの変異が同時に発現するのは十分起こり得るようにも見えるが、しかし遺伝子コードは一つだけで数千もの塩基配列から成るほど膨大な分子数を持つ事は珍しくないらしく一つの遺伝子コードの「変異の仕方」だけを見ても莫大な種類になる為、「生命がこれほど多様な通りに」突然変異の組み合わせの数も天文学的な数となり、とても「短期間」或いは「少ない試作」でこの最適な組み合わせの変異を同時に引き当てられるようなものではない。
そしてこのような「二つ以上なら問題無いが個々に変異が起きた場合は生存に関わるような変異」はキリンの首と心臓だけではなく、一般に心臓や肺などの内臓と肉体の一部の形質、或いは肉体の大きさそのものが「劇的に変化」する場合にも当て嵌まり、所謂「奇形」が「成長期前の段階」から通常の個体より早死にする傾向にある事もこの事と関連しているように思われる。他にも消化酵素の変化によってそれまで食べられなかった物が食べられるようになった代わりに従来の食物が消化し難くなった場合など劇的に食性が変化した際それまで食べていた食物ではなくそれまで見向きもしなかった物を求める「新しい本能」が必要となる場合も、新しい消化酵素だけ、新しい本能だけしかそれぞれ現われなかった場合は十分な栄養を取れず致命的であるし、より一般的に、獲得した新しい肉体の形質とそれに適した新しい本能についてもそれぞれ一つのみが変異した場合は致命的となる事は多くあるように思われる。極端な話、足や手などが「水かき」や「ヒレ」に変化しても泳ぎ方などの「水中で暮らす為の本能」が無ければただ邪魔になるだけで上手く動けず自然界では致命的であるし、また肉体がそのままで「水中で暮らす本能」だけ得ても体が水中生活に適していない為に溺れるリスクや体温を失い衰弱し易いリスクなどの為にやはり致命的となる。キリンは偶蹄類という「牛」などの仲間であるが、「クジラ」もまた偶蹄類(鯨偶蹄目)であり、水陸両生のアザラシやアシカなど(ネコ目鰭脚類)よりも実は「牛」の方が種としては近い。ただクジラの場合、現在では何故か(海という生息域を選び放題な場に棲み、また「収斂進化」があるにも関わらず)アシカなどのような水陸両生の種は消えているが(これも中間種の不在の一例と言える。一応カバがそれに該当するが、しかし淡水のみに生息する上にヒレも無く、アシカやアザラシのような形態とは程遠い)しかし過去には確かアシカのような陸から海へと渡る「中間種」が存在していたと確か記憶している。このように「牛」は、キリンともクジラとも近い種であるが、現在「牛」は有史以来「家畜」として「世界中」で広く飼育され続け、特に20世紀以降は人口爆発に伴って増加し続ける牛肉等の需要を満たす為にその飼育数も爆発的に増え、恐らく20世紀に家畜として誕生した個体数だけでもそれ以前に地球上に誕生した祖先も含めた全ての野生種の牛の総数よりも多かったと推測される。

600 田布施 蟻巣 :2018/10/15(月) 06:45:29
加えて家畜という「商品」として飼育する為に病気を防ぐ為の抗生物質等や餌代を浮かせる為に本来の草食の食性とは違う肉などを混ぜた飼料が与えられ、また飼育下の不自由な環境からその肉体には野生種よりも多大で「不自然な」ストレスがかかり続けており、そして生物一般について肉体にストレスがかかればかかるほど「遺伝子異常」は発生しやすいと言われている為飼育環境下の牛は野生種よりも「遺伝子のエラー」、つまり「突然変異」が起こり易いという事となる。実際遺伝子ではないが肉骨粉という牛肉を混ぜた飼料を与えられ「共食い」をさせられ続けた牛の中には体内の「たんぱく質」の一種のブリオンが「変異し」ウイルスのようにその変異を正常なブリオンにまで伝播させて増殖して脳をスポンジ状に侵す「狂牛病」(BSE)が発生している通り、飼育下の牛が「生物として何らかの異常」を生み出し易い環境にいる事は事実だろう。このように過去の野生種の牛達よりも多く誕生し、また「異常」が起こり易い環境下に家畜牛達は置かれているにも関わらず、しかし一向に家畜牛達の中からキリンやクジラの先祖のように「牛の首」(や脚)が極端に(そして均等に)長くなったり、また後脚がヒレになったというような「突然変異」が起こったというような話は聞いた事がない。無論「奇形」は度々誕生しているが、しかしそれは顔の一部、又は全体が大きく歪に(非対称、非均等に)変形していたり、脚が多かったり欠けていたりまた頭が多かったり、或いは背骨などの身体全体が大きく歪んでいたりと、これらの歪(非対称、不均衡)な奇形の多くは生存が困難な程肉体の機能を大きく損ない過ぎてとても進化に繋がるようには見えず、実際に生物全般を見渡してもこれら歪な奇形が進化に繋がっているような姿の生物はごく僅かである。この「突然変異」は「遺伝子の異常」で起こるものだが、しかしそのような遺伝子の異常を語る時、引き合いに出される例の多くはこのような歪な奇形である。そしてこれは多くの場合、進化を齎すような「整った変化」とはかけ離れているように見え、そしてそれら「整った変化」よりも多く引き合いに出される通り「整った変化」よりも遥かにその「発生頻度」は高いように見える。進化論信者の方々にはこのように飼育場という効率的かつ大量に世代交代が起こる上に遺伝子変異も自然環境より起こり易いという絶好の場があるのだから、
進化に有効な突然変異が有意な頻度で起こるのかどうか是非とも存分に研究して頂きたいものだ。人類が品種改良として作物や家畜やペットなどを「意図的」に「選別」する事によって「進化」させ続けた通り、進化というものは「世代交代」によって起こり、そして「自然淘汰」と「突然変異」が進化の「一因」である事は事実である。しかしそれはあくまで「一因」でありそれだけでは決して足りず、人間が品種改良を行なうように「意図的に進化の方向を操作する存在」が絶対に必要である。突然変異も自然淘汰も「操作」の為の「手段」や「過程」にしか過ぎない。しかしその存在を物質的な機構で説明する事は恐らく出来ないだろう。生物の願望が進化に反映するという考えを物質世界の法則のみで説明しようとする場合、その願望の「微妙さ」や、また人間がスーパーコンピュータを使ってようやく解読出来る程の遺伝子コードの難解さと膨大さがその大きな壁となる。生物がその意思を遺伝子に反映できるとするなら、まず生物の願望なり思考なり、或いは現在の問題に対する最適な変化なりを細胞内の小器官が脳やコンピュータの如く読み取る事が出来、かつ、その変化をもたらすには膨大な遺伝子コードの何処を変化させれば可能なのかを小器官が把握していなければならない。分泌ホルモンの種類等で区別されるようなパターン化した定型的な体内の変化や体外からの単純な刺激なら兎も角、生物の願望という「微妙な反応」や、問題とその解決策の関係が単純ではない状況(飢餓の解決策として首を伸ばす等)を細胞より小さな部位へ正確に伝える手段も、それを理解し適切な遺伝子を変異させる極小の判断機構もあるとは考え難く、実際そんな手段や機構があればとっくに発見されている事だろう。

601 田布施 蟻巣 :2018/10/15(月) 06:46:02
化学物質、その中でもとりわけ生物にとって必須な酵素に限定しても最も単純なものでも百を超える分子量を持ちそれらが「立体的に組み合わさって」成り立っており、その中の僅かな分子が別の分子に置き換わったり「組み方」が少し変わるだけで「無害な物」が「猛毒」へと変化する事があるほどその性質は繊細でまた複雑であり、この複雑で微妙な酵素の反応が複数種組み合わさって働く事によってはじめて生命は成り立つ。フレッドホイルという博士は単純な鎖状のアミノ酸(ポリペプチド鎖)が結合して最も単純な酵素として機能する為には10の39乗もの回数の試みが必要であり、また、この十倍以上もの大きさを持つ酵素の場合は10の390乗もの試みがあってはじめて機能し、更に酵素は一種だけでなく単純な単細胞生物でも2000種、ヒトのような高等生物では十万種以上の酵素と関係しており超天文学的な数値となると述べており、生命が発生する確率は洗濯機の中にバラバラの時計のパーツを入れて回したら偶然全てのパーツが組み合わさって時計が完成するような確率云々という話も酵素などの生物の中で働く物質自体が発生する確立とその(熱に弱い故に稀少な)物質が生命が機能するだけの量と種類が一所にそろい更にその物質間のバランスが秩序を持ち、そしてそれが持続され続ける確率が現在の進化論のようにどこまでも偶発的に起こったと考えるなら超天文学的な確率となる事に由来している。生命自体の誕生もその後の進化さえ、偶発的な事象にのみに依るとすればこれほどまで低確率となるのだから、将来的に巨大なパラダイムシフトが起こる可能性も無くは無いとはいえ、生命の誕生と進化の背後には「何らかの意思」があると思う事はむしろ自然な帰着であるよう私には思われる。

602 田布施 蟻巣 :2018/10/15(月) 06:46:41
もしもこの世界に「見えざる意思」が無いのなら、祈りや儀式と言った宗教的な行動ほど無駄なものは無く、むしろ殆ど害悪でしかないと言えるだろう。何故ならこれらは時に生存が困難になるほどの非合理的な理不尽を人々に強い、またその異様さや排他性からそれ以外の人々に嫌悪感や忌避感等を抱かせる事で迫害等を招き、また知恵こそが最大の武器である人間から相当な割合で合理的な思考力さえ奪い、何より祈りや儀式に時間を割いた分だけ確実に、人が競争に勝ち残る上で最も重要な物事を学び考える時間や身体や技術を鍛えて磨く時間を多かれ少なかれ奪っていくものだからである。宗教的な戒律等も同様であり、それを守った為に飢え死にする事や子を残せず血を絶やす事なども少なくは無い。宗教に陶酔した者達同士の閉鎖的な団結力と非論理的な攻撃性、凶暴性を生存の上での大きなメリットと考える事は出来るように一見見えるが、しかし例えば発生した疫病を解決法が見つからないから神の怒りだなどと言って放置し続け集団内で疫病が蔓延し幹部だけがそれから逃れて優遇され続け結果として誰も頑なに対処しようとせず疫病が集団の存続が不可能なレベルまで蔓延したり、教主が財産を全て捧げよと言って信者が尽く全て捧げ教主以下一部の幹部を除いて信者とその家族の多くが破綻しやはり宗教集団そのものを存続困難にさせそこに属する者達も血が絶えかねない程その人生に支障をきたすなど、陶酔している上に閉鎖的である上に各種の制限的な思想の為に一般に宗教集団やその信者達の現実における重大な問題に対する対処能力や技術的な発展性はそれ以外の集団に比して著しく低く、また攻撃性、凶暴性から周囲へ攻撃を繰り返し反発と迫害を自ら招き、更に異なる宗教思想同士でも無為な争いを無駄に人々に繰り返させ続け個人のみではなく一族や国の存亡にさえ大きな悪影響を与える事も珍しくはなく、その団結性、攻撃性を見てもやはり個人のみでなく集団としてもメリット以上に致命的となり得る巨大なリスクを抱えているように見える。そしてそのメリットに成り得る集団での団結性や攻撃性さえも、宗教化されていない集団でも(しかも宗教的な盲目性を排した状態で)持ち得るものであり、宗教特有のものという訳では無い。
果たして現在の進化論では環境に対して大きなデメリットが無ければ自然淘汰の対象にならないという話であるが、しかしどう見てもこれら宗教的な行動や思想については無害処かもはや普遍的とさえ言えるほどに個人の生命や集団の存続にとってとてつもなく巨大なデメリットがありしかもそれがメリットを大きく上回っているようにしか見えず、にも関わらずこのような宗教的な行動や思想は、原始的な狩猟採取生活を続ける民族達さえ含めて世界中の何処の民族にも大抵は存在しているほど自然淘汰されずに人類という種に普遍的に備わっている。世界中の、それも原始的な生活を続ける狩猟採取民族達さえ持っているという事は、この宗教というものは、これは原始的な文明が発生する以前か、少なくともその発生の前後から既に人々の中に付随していた習性であると推測できるが、しかし弱者や愚者まで広く保護されるようになった為に自然淘汰が上手く働かなくなった文明発達以後なら兎も角、文明以前や原始的な文明の黎明期のように野生の状態に近い状態で自然淘汰が起こり続ける中、合理性の欠如から猛獣や飢餓などのみでなく、疫病や災害などへの対処を誤り易く個人どころか集団全体を全滅させる恐れさえあったこの宗教という習性が人々に広く残り続けた事は、神や霊といった見えない意思や力の存在、及びその助けを否定するならば、一つの大きな謎と言えるものであるように思われる。

603 田布施 蟻巣 :2018/10/15(月) 06:47:31
現在アメリカやヨーロッパ等では(白人達の)キリスト教離れが進行しているそうである。キリスト教国家は確かに歴史を見ればこれまで世界中で略奪と虐殺の限りを尽くしてきたが、しかしキリスト教自体には「殺すなかれ」「奪うなかれ」「隣人を愛せ」などという教えがあり本当にこれらの国がキリスト教の教義に忠実なら魔女狩りもインディアンやアボリジニや中南米原住民やその他世界中の原住民達の虐殺も植民地支配も奴隷貿易も十字軍による侵略戦争なども起こってはいない訳であり、これらの行為の前には大概相手をキリスト教に改宗させる為というような「口実」はよく使われていたが一生奴隷としてこき使われたり虐殺されては改宗もクソも無くそんなものは単なる屁理屈でしかない。果たして「異教徒や土人は人間じゃないから殺してもOK」「隣人達から奪い尽くし殺し尽くす事はむしろ自分達の愛故だ」などというような事でも思っていたのか自分達の行いと教義との間のこの辺りの整合性について当時これらの行為に加担した白人達はどう考えていたのかは定かではないが、これら過去の白人国家にキリスト教という博愛を説く宗教が蔓延していなければ、戦争や侵略が日常的で世界中に植民地を持っていた過去のヨーロッパの国々ならわざわざ「建前」などを考慮する必要も無く「白人以外は人間ではないから何をしてもいい」などともはや口実とさえ言えない屁理屈だけ述べて世界中での略奪と殺戮を正当化させていてもおかしくは無かったように思われ、これら白人国家はキリスト教という「口実」がなくてもやはり儲ける為や権力の為や集団ヒステリーやらでどの道これらのような事をやらかしていたよう思われる。魔女狩りに関しても魔女(魔術師)という概念やそれを恐れ忌避する傾向は土着宗教どころか宗教化する以前の迷信や各地の都市伝説などにも見られるものでありその起源もキリスト教とは関係がなく、これらの国々で迷信が広がり集団ヒステリーが起こればキリスト教が無くともアフリカの迷信深い地域のようにやはり似たような事が起こっていた可能性は高いだろう。「キリスト教があったせいで今まで世界中でこれだけ悲惨な事が起こり続けていた。」というような事はネット上などで無神論者などからよく出る言葉だが、キリスト教離れが進む今、それを捨てた白人達が今後「本当にマシになるのかどうか」は、恐らくそう遠くない内に見れる事になるよう思われる。

604 田布施 蟻巣 :2018/10/15(月) 06:48:57
はじめは影だった。
彼の父は殺された。しかし世間一般では病死という事にされた。それは彼の父が殺されたという事が弱みとなり、全てが台無しになる事を避ける為だった。父の死からほどなく、彼が父の代わりになった。しかしすぐに彼もまた殺された。彼の父の死の時と同じく敵対勢力の手によるものと、彼らは偽った。彼の父が彼らに殺された事は、既に遠く外国にまで噂が広まっていた。彼はいずれその噂を聞いていただろう。そうなれば、いずれ自分達に歯向かうようになる。だから彼らは彼を殺した。彼の周りの人達は、彼の代わりを立てねばならなくなった。しかしそれが成るのを目前に彼の父と彼と立て続けに二代も殺されたと世間に知られれば、全てが台無しになるかもしれない。それに彼の代わりになった者もまた、殺される可能性が高かった。だから彼らは自分達の中から影を立てた。彼の周りの人達には、それが成り上手く軌道に乗った時に全てを明かすと偽って。だから、彼の周りの人達は、影が彼の代わりになる事を黙認した。彼の死は世間に隠された。影が彼だという事になった。それが成ったのは、影が彼の代わりになって一年も経たない内の事だった。
彼の周りの人達は、彼らの事を怪しんではいた。しかし確たる証拠は掴めず、また、彼らに歯向かえば彼や彼の父のように殺されるのは目に見えていた。そして何より、それを成すには彼らの力が必要で、他の多くの人々の為にも彼らと反目する訳にはいかなかった。彼の周りの人達には、力が無かったのだから。だから時を経て彼らの言葉が嘘だとはっきりとわかり、全てが手遅れになって尚、彼の周りの人達にはどうする事もできなかった。影は、彼になった。はじめは影だった。
それ以前の彼と、父の代わりになった後の彼とは、何もかもが違いすぎていた。彼自身が変わったというには全てがあまりにも急速で急激すぎる変化だった。

                                              田布施 蟻巣

605 名無しさん :2018/10/15(月) 07:20:20
荒らしだるw削除してー

606 名無しさん :2018/10/15(月) 07:23:18
どうせ昨日の最前古参軍団じゃないのwww

607 名無しさん :2018/10/15(月) 07:57:40
したらばってスクロール簡単だし
意味ないよね

608 名無しさん :2018/10/15(月) 08:54:33
>>606
なにそれ?w

609 名無しさん :2018/10/15(月) 10:09:40
最前古参軍団ww

610 名無しさん :2018/10/15(月) 10:19:29
熊本きてたの?

611 名無しさん :2018/10/15(月) 10:33:00
>>610来てたよー。

612 名無しさん :2018/10/15(月) 10:40:54
ありがとう
亮がいる内は全国追っかけそうだね

613 名無しさん :2018/10/15(月) 10:48:31
古株?笑

614 名無しさん :2018/10/15(月) 10:52:51
古株さとド新規たくさんいるのに
なぜ売れないww

615 名無しさん :2018/10/15(月) 10:54:08
結局は文句言ってるやつら僻みじゃない?(笑)

616 名無しさん :2018/10/15(月) 11:07:40
>>615
あれを妬むやついるか?w

617 名無しさん :2018/10/15(月) 11:28:51
>>616
あれってどれ?

618 名無しさん :2018/10/15(月) 11:37:59
>>617
ラテ軍団

619 名無しさん :2018/10/15(月) 11:45:32
僻むならもっとすごい人たちいるしね(笑)

620 名無しさん :2018/10/15(月) 11:52:42
みんなに見えるとこに書いてない人とかでしょ

621 名無しさん :2018/10/15(月) 12:06:54
僻むとかww
盛るなってだけじゃんww

622 名無しさん :2018/10/15(月) 12:08:04
>>621それな

623 名無しさん :2018/10/15(月) 12:11:31
ファンのこと叩くのやめようよ〜TT 誰も楽しくないよ〜。

624 名無しさん :2018/10/15(月) 12:19:17
>>623
叩いてないじゃん
こんなファンがいますってだけで
本人にとっては事実なんだもんww
盛ってないならやり続ければいい
見てる人は分かるんだからww

625 名無しさん :2018/10/15(月) 12:23:49
嫌な人は見にこなければいいだけw

626 名無しさん :2018/10/15(月) 12:31:06
>>625
まず下げるの覚えてからくればww

627 名無しさん :2018/10/15(月) 15:59:40
RYOやめたら啓司か哲也に
戻るだけだよww
今をせいぜい楽しんでww

628 名無しさん :2018/10/15(月) 16:04:10
ttps://youtu.be/1nau_oPS_Kw
動画

629 名無しさん :2018/10/15(月) 16:06:02
静岡が楽しみだねw 盛りに盛ってるからw

630 名無しさん :2018/10/15(月) 17:07:44
話題になってること知ってるの?
知っててきたら根性あるなww

631 名無しさん :2018/10/15(月) 17:42:02
私なら怖くて行けないww

632 名無しさん :2018/10/15(月) 18:26:18
わたしだけのりょうちゃんいぬだから行くんじゃない?

633 名無しさん :2018/10/15(月) 18:26:23
じゃあお前は行かなければいい

634 名無しさん :2018/10/15(月) 18:27:41
行く行かないは自由だろ
いちいちうるせーな
陰険野郎どもが

635 名無しさん :2018/10/15(月) 19:15:35
別に行くなって言ってないじゃん
むしろ行ってみんなにみてもらってww
汚い言葉使ってると
RYOに嫌われちゃうよwwwww

636 名無しさん :2018/10/15(月) 19:20:12
見てもらったらなんなの?
それで?なに?
そもそも好かれてもないし嫌われもしないでしょう
所詮は芸能人とファンだから
向こうからしてもファンなんて金だよ金

637 名無しさん :2018/10/15(月) 19:25:00
好かれてるんじゃないのww
あの妄想だとww

638 名無しさん :2018/10/15(月) 19:26:45
なんでもいいから下げてよwww必死だなwww

639 名無しさん :2018/10/15(月) 19:29:06
そんなに嫌いなら直接凸ればいいじゃんwこのネタ飽きたわw

640 名無しさん :2018/10/15(月) 19:29:26
必死すぎww

641 名無しさん :2018/10/15(月) 19:41:25
下げるの意味がわかりません

642 名無しさん :2018/10/15(月) 19:47:21
>>641 嘘でしょww

643 名無しさん :2018/10/15(月) 19:56:35
>>641
分からないならくるなww

644 名無しさん :2018/10/15(月) 20:27:19
タカの左手薬指の指輪は匂わせだったの?

645 名無しさん :2018/10/15(月) 23:33:41
リリイベきたね

646 名無しさん :2018/10/16(火) 07:15:00
TT

647 名無しさん :2018/10/16(火) 08:04:37
いつまでリリイベ引っ張るんだろww


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

サクラクエスト 3巻 (まんがタイムKRコミックス) - Alexandre S. D. Celibidache


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa