したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

危険日直撃!!シリーズ提案

34 名無しさん :2018/03/27(火) 00:20:33
その叫びを最後に気を失う母。そのマンコとアナルから大量の精液が垂れ落ち、娘の顔にかかる
気を失ってベッドに倒れ込む母、娘を包囲する全裸の男優達、母の愛液と男優の精液がこびりついた姿を淡々と記録するカメラ
そこまで認識した娘は顔に突いた精液を手ですくって口に運び、カメラに向かって見せつけるように舌の上で転がしてから飲み干す
次の瞬間、とんでもない台詞が娘から飛び出した
「私も、同じようにしてください」
「いいのかって、よくなかったらこんなこと言いません」
「私、昔から大勢の男の人たちにめちゃくちゃに犯されたいって思っていたんです。それに……」
そこで一瞬だまり、意を決したように口を開く娘
「それに、皆様のオチンポで乱れた母の姿を見て理解しました。わたくしの今までの人生は、今日、この夜のために……皆様の子種を受精するためにあったのだと」
「今日は、私も母と同じく排卵日となります。お願いします。母のついでで構いません。わたくしのことも皆様のオチンポで犯しぬいてくださいませ」
「私の子宮を、その逞しい大きな睾丸で作られた、濃くて、熱くて、ネバネバで、量もたっくさんのザーメンでパンパンにしてくださいませ」
そこまで聞いた男優陣は、娘に耳打ちする。男優の言葉に顔を赤らめる娘
「わたくしを、完全に所有したいのですね……わかりました。皆様がお望みなら、そのようにいたします」
生唾を飲み込む
「わたくしは人間としての生を捨て、この心と体と卵子と子宮、そのすべてを、皆様の性欲処理用品としてこの命ある限り捧げ尽くすことをここに誓います」
「一人の女ではなく、一匹の雌として懇願いたします。わたくしの人生で出会った中で、最高の男であり、最高の雄である皆々様の子種で、わたくしを孕ませてくださいませ」
「両親との絆、友達との友情、彼氏との愛、将来の夢、そのすべてより、皆様の子をこの世に産み落とすことの方が大事だと気づきました」
「それらのすべてを捨て、皆様の遺伝子を未来に残す繁殖行為にのみ、この命を捧げます」
「わたくしのことは、皆様の性欲の赴くまま、お好きなようにお使いくださいませ」
三つ指ついて礼する娘
「わたくしは、皆様の子作り肉奴隷です」
そこまで言う相手に遠慮する理由はない
まずは着衣のまま責め立てながら、インタビューじみた問いかけをする
「えっ?あそこまで言った理由ですか?それは、皆様に興奮していただきたい一心でございます」
「これまでの人生を捨て、これからのすべてを捧げる……それぐらいしないと、皆様には納得していただけないとも思ったからです」
そこで初めて男優、スタッフ陣が素性を明かす
「え?Mr.michiru?AVメーカー!?」
「今夜の映像はAVとして全国流通確定済み……なぁんだ。私もう、普通の生活は遅れなくなっていたのですね」
「それでしたら、ますます遠慮なんかいりません。わたくしを、皆様の作品にふさわしい女優として躾けてくださいませ」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa