したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

危険日直撃!!シリーズ提案

20 名無しさん :2017/01/01(日) 12:21:51
娘「見て見てお母さん!!このクソ親父、ホントにチンポおっ立ててるよ!!」
母「あら、ホント……実際に見るまでは信じたくなかったけど、こうしてみるとショックよりも呆れるわね……」
何だこれは。どういうことだ。目の前の光景に呆然とする男
母「あなたごめんなさいね。実を言うと、あなたが皆さんに企画を提案したこと私たち知ってたの」
娘「私たちが回されて、妊娠するところ見たい、だっけ?人として最低だよ?これ」
母「実際に目の前にしたら心変わりするかと思ったけど、それはなさそうね」
娘「ないない!!だって、こんなにチンポ大きくしてるんだもん」
そう言って、男の股間をつつく娘
母「そこまで私たちが孕むところを見たいなら」
娘「お望み通りにしてあげるよ」
母「これから、皆さんとの本気セックスで妊娠するからね」
娘「孕みたい女が孕ませたい男たちのザーメンを受け入れるんだもの。孕まないわけがないわ」
母「もう一つ、皆様にも内緒にしていたことがあります」
娘「私たち……今日、排卵日になるようにこれを今日まで飲んできたの」
そう言って、何かのカプセルを取り出す母娘
「「排卵誘発剤でーす!!」」
母「娘と話し合ったんです。どうせ孕むなら、確実に孕もうって」
娘「これなら、確実に排卵日に調整できますでしょ?」
母「知り合いの女医にお願いして手配してもらったんです。見返りには、子作りソープランドの連絡先を教えました。
面接に来たらお願いしますね?」
娘「普通じゃない排卵の仕方だから、もしかしたら双子とか三つ子ができちゃうかも……」
「「これもすべて……」」
男の方を振り向く母娘
「「あんたのためじゃなく、皆様のためにやったんだよ?」」
母「家族がレイプされてるところがみたいだなんて……私だけならまだしも、娘もだなんて……」
娘「はっきり言って、相手が皆様じゃなかったら、あんたのことただじゃすまなかったわ」
母「それは許されないから、今日限りで、私たちはあんたの前から消えるわ」
娘「私たち、そろって皆様の元に嫁ぐわ。準備ももう終わってるの。この間退学の手続きしてきたし」
母「うちには離婚届を用意しておいたわ。サインして出しておいてね」
娘「私たちとの最後の思いで、しっかりと目に焼き付けてね?」
そう言って、二人でスタッフに向き直る
「「皆様、お待たせしました」」
母「ここまで、ご覧になったとおりです」
娘「心はすでに、皆様のもの……」
母「その私たちの排卵中のオマンコに、皆様のたくましいオチンポをぶち込んで」
娘「濃くて、熱くて、たくさんのザーメンを中出しして、妊娠させて……」
「「体まで、完全に、寝取ってください!!」」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa