したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

寝取られビデオレター

134 名無しさん :2018/01/05(金) 14:40:43
ピストンの音がひっきりなしに響く。もう、撮影を始めて半日近く経っている
にもかかわらず
母   「あ、あ!!きもちいい!!もっと突いてください!!」
娘   「いっぱいエッチしてぇ!!中に出して!!孕ませてぇ!!」
嬌声を上げる母娘。ここまで中出しされ続けて、半ば正気を失っている
尻に書き込まれた中出しの数を示す正の字は、二人とも六つを数えている
スタッフ「さあ、運命の時ですよ」
そう言って、スマホを示すスタッフ
スタッフ「今から旦那さんの携帯にかけます。ハンズフリーで通話しますので、思いの丈をぶつけてください」
母   「はい!!」
娘   「わかりました!!」
男達のピストンを受けながら答える母娘
発信して間をおかず、スピーカーから夫の声が聞こえてくる
母   「あ、ああ!!あなたぁ!!」
娘   「や、イク……お父さぁん!!」
母娘  「ごめんなさい!!私たち!!もう、あなたの元には帰らない!!」
心の底から二人は叫んだ
母   「この人達とのセックス、普通じゃないの!!デカチンでテクもいいけど……それ以上に、優しくて、暖かくて……」
娘   「中に出されるたびに、子宮だけじゃなくて、心の奥までぽかぽかしてきて、優しい温もりが、広がって……」
自らを魅了したセックス。その魅力の万分の一でも伝えようと言葉を紡ぐ母娘
母   「こんなセックス、初めて……」
娘   「激しいのに優しくて……もう、これ以外考えられなくなっちゃう」
スタッフ「すいませんねぇ、もう帰る気ないからあなたに別れを言うって聞かなくてですねぇ。ルール違反になっちゃいますが、先に決別のご連絡という次第でして」
スタッフの言葉に夫が沈黙した
スタッフ「旦那さん、引いてらっしゃいますよ?何か言うことはないんですか?」
母   「だって、仕方がないじゃないですか……こんなすごいセックス、どんな女でも一撃で陥落しちゃいます……」
娘   「今までの性体験、全部子供のままごとだって、思い知らされちゃいました……」
偽らざるの本音を、夫とスタッフに伝える母娘
スタッフ「それでも、一応家族だった人でしょう?何かないんですか」
そう言いながら顔は笑ってるスタッフを見返し、母娘で見つめ合いながら叫ぶ
母   「あんな祖チン、離婚してないだけのただの人です!!撮影終わり次第、離婚届出すから関係ありません!!だから、皆様の子供、孕ませてぇ!!」
娘   「私にとっては父ですが、それだけです!!あの男の祖チンが子供に遺伝されないよう、皆様の巨根遺伝子、たくさん受精させてください!!」
母   「あなたぁ!!」
娘   「お父さぁん!!」
母娘  「私たちのこれからの人生に、あんたなんかいらない!!皆様のたくましいオチンポで孕ませてもらえればそれでいいのぉ!!」
思いのすべてを叫びきり、満たされた笑顔で腰を振る母娘
スタッフ「そういうわけですんで、ディスクは完成次第お送りいたします。それでは」
スタッフが通話を切り、スマホの電源を切る
スタッフ「旦那さん、泣いてらっしゃったようですよ?」
母   「そんなの知りません!!思い出したくもありません!!皆様のデカマラであの祖チンを忘れさせて!!」
娘   「祖チン親父の存在、皆様のチンポで忘れさせて!!私のすべてを塗りつぶして!!」
四つん這いでバックから突かれながら叫ぶ母娘。男優のピストンも早まる
母   「私たちは、幸せ者です!!」
娘   「だって、皆様のものになれたのですから!!」
母   「女の喜びを、教えてもらえたのですから!!」
娘   「母の喜びに、目覚めさせてもらえたのですから!!」
母娘  「皆様の遺伝子を育む子宮に、私たちを選んでくださったことを感謝いたします!!」
母   「皆様!!」
娘   「お願いします!!」
母   「あの祖チン野郎の妻だった女であるわたくしを!!」
娘   「あの祖チン親父の娘だった女であるわたくしを!!」
母娘  「皆様の濃厚精液で孕ませてくださいませ!!心も体も!!すべて!!寝取ってくださいませ!!」
それの答えるように、さらなる子種汁が二人の子宮に注ぎ込まれた。その感触に絶頂に達する母娘
しばし余韻を味わった後、カメラに向き直る
母   「あんたの希望通りに寝取られてあげたわよ。どうだった?」
娘   「興奮しないわけないよね?愛する妻子をAV女優に仕立て上げようとして、その希望が叶ったんだから」
母   「ま、専属子作り女優として道を開いてくれたから、もう何も言わないわ」
娘   「私たちは私たちで、新たな人生を歩んでいくわ」
母   「じゃーね、変態祖チン野郎。せいぜいこのディスクでシコってるといいわ」
娘   「ばいばい、変態祖チン親父。あんたを忘れて幸せになるわ」
母娘  「あらためまして皆様」
母娘  「末永く、よろしくお願いいたします」
三つ指ついて礼する母娘の姿で了


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa