したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

企画「密着ドキュメント 代理性交」

1ファッティー:2015/05/07(木) 23:07:06
N○Kスペシャルみたいなドキュメントタッチのトーンだと嬉しいです。

ナレーション
「子供が欲しくても、身体的な理由で妊娠することができないカップルに対し、近年注目を集めているのが、代理性交制度です。
 今回、我々は代理性交制度を受けることを決意した一組のカップルに密着しました。」

二人の女性登場。

「都内に住むA美さんとB子さん(仮名)。
 二人は同性愛者のカップルです。
 我々は、二人の日常について取材させてもらいました。」

二人で仲良く買い物などしている光景。
同棲している部屋に帰宅。(部屋内は固定カメラで撮影)
食事の後、二人でレズ行為を始める。

「二人は深く愛し合っています。
 しかし、女性同士であるため、愛の結晶ともいえる妊娠という結果に至ることはできません。
 相談した結果、二人は代理性交制度を受けることを決意しました。」

A美、B子、インタビュー
養子をとることも考えたが、悩んだ結果、やはり自分たちの遺伝子を継いだ子供が欲しいとの理由で代理性交を選んだことを語る。

ここで代理性交制度説明。
「代理性交制度とは、パートナーの男性が不妊症である場合や女性同士のカップルである場合に、第三者からの精子の提供を受ける制度です。
 精子提供者は、パートナーと遺伝的に近い肉親から選ばれ、多くはパートナーの父親、兄弟が提供者となります。」

「二人は、代理性交の制度について、家族を説得し、協力をお願いしました。」

A美またはB子の父親インタビュー
最初に話を聞いたときには抵抗があったが、娘にも子供を得、育てる喜びを知ってもらいたいと思い、精子提供を決意した心境を語る。

「今回のケースでは、A美さん、B子さんの両方が妊娠を希望したため、二人の身内の男性数人が精子提供者候補として、検査を受けることになりました。」

看護師による精液採取。
いつもの手コキクリニック、性交クリニックの感じで。(なくても可)

「検査の結果、A美さんのお父さんと弟さんがB子さんと、B子さんのお兄さんと叔父さんがA美さんと代理性交を行うことになりました。
 代理性交では女性一人に対し、必ず二人ないし三人の複数の男性が精子の提供を行います。
 これは、妊娠に至った後、実の父親が特定されることで起こるトラブルを回避するためです。」

「代理性交は、女性、男性ともにアイマスクとヘッドホンで視覚と聴覚を遮った状態で施術が行われます。
 パートナーの肉親と性交渉を行った事実によって、家族関係が崩れることを避けるための配慮です。」

「今回は、二人のたっての希望により、同時に代理性交の施術が行われることになりました。」

アイマスクとヘッドホンをした以外は全裸になるA美とB子。
別室では、同様の格好の精子提供者の男性陣。

前戯は看護師によって行われ、女性は濡れた状態に、男性は勃起した状態に。(視覚、聴覚は塞がれたまま)

看護師の導きで、精子提供者は女性に挿入、中出し。
(看護師が話しかけるときにヘッドホンをズラす以外は、アイマスクとヘッドホンは男女ともしたまま)

精子提供者、二人目に交代し、同じく中出し。

「取材を終えた数ヶ月後、我々の元に二人からメールが届きました。
 このときの代理性交で、A美さんは妊娠に至らなかったものの、B子さんは無事に妊娠できたことが記されていました。
 メールの最後は、こうつづられていました。
 『多くの方の協力を得て、私たちは小さな命を授かることができました。
 今後は二人でこの命を大切に育てていきたいと思います。』

2名無しさん:2015/10/29(木) 07:27:14
同性カップル証明書の話題がニュースになったので、検討いただけると嬉しいです。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

※画像アップローダーはこちら

(画像を表示できるのは「画像リンクのサムネイル表示」がオンの掲示板に限ります)

掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板