したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

ミドリムシ 掲示板

1 ミドリムシ 掲示板 :2012/05/02(水) 19:20:16
(*)ミドリムシ - Wikipedia
ミドリムシ(緑虫)は、ユーグレナ植物門ユーグレナ藻綱ユーグレナ目に属する鞭毛虫の仲間であるミドリムシ属 Euglena の総称。
近年、ミドリムシを用いたバイオ燃料の研究や医療技術の転用、環境改善、豊富な栄養素を持つことから食用としての研究が進んでいる。

------------------------------

(*)ミドリムシのクッキーやサプリメント(ミドリムシで特筆すべきは豊富な栄養素)お取り寄せ通販 おすすめ 掲示板
http://makingsense.greater.jp/cgi-bin/gourmet/read.cgi?no=18
ユーグレナの和名は、生物の授業でおなじみの「ミドリムシ」。五億年前から生息し、地球上で唯一動物でありながら「光合成」を行う微生物といわれています。植物であり、動物でもあるミドリムシ。この不思議な特性が、わたしたちに多大な恩恵をもたらすものとして、いま世界規模で注目を集めているのです。
ミドリムシで特筆すべきは、「完全食」と言われる豊富な栄養素。動物性と植物性の栄養素が59種類含まれており、理論上は「ミドリムシさえ食べていれば生きていける」と言われるほど。ビタミン、必須アミノ酸、ミネラル、不飽和脂肪酸など、人間が必要とする栄養素を単体で補うことができるのです。

------------------------------


(*)微生物「ミドリムシ」が入ったクッキーが人気(2010年4月20日 日経トレンディネット)
ttp://trendy.nikkeibp.co.jp/article/hit/20100415/1031518/
 淡水の中に生息する、単細胞の微生物「ミドリムシ」。我々の生活にはあまり馴染みのないそのミドリムシを使ったクッキーが、意外なまでの大ヒットになっている。
 「ミドリムシは、ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸など栄養素がとても豊富でヘルシー。そのうえ淡水ならどこにでも生息するので、環境にも優しい食材です。
 気になるお味は、豆乳クッキーに似たさっぱりとした味。少々青臭い後味が残るが、充分食べられる。
 「ミドリムシの魅力であるヘルシーさを生かすために、クッキーに砂糖やバターは使っていません。とは言え、おいしくなければただ奇をてらっただけの商品になってしまいますから、もう一度食べたいと思ってもらえる味にすることに一番気を遣いました」(松久さん)。
 なお、“食材”となるミドリムシは、石垣島の培養施設で真心をこめて育てられているという。ヘルシーかつ環境に優しい次世代の食材として注目されるミドリムシ。今後もミドリムシを使ったおいしくヘルシーな商品の登場に期待したい。

2 ミドリムシ 掲示板 :2012/05/02(水) 19:26:52
サプリからジェットオイルまで今、大活躍! 話題沸騰の「ミドリムシ飯」
ttp://dime.jp/genre/21761/
 注目のミドリムシビジネスを牽引するのが、ユーグレナ社。ミドリムシの研究開発や、石垣島でミドリムシを育て、『石垣産ユーグレナ』としてミドリムシ粉末を生産している会社だ。このたび、未来農業“ユーグレナ・ファーム”と銘打って新事業を展開、『石垣産ユーグレナ』を使った新商品を出すというので発表会に行ってきた。そしたらなんと、ミドリムシ米、ミドリムシ青汁などが登場していた。さらに東京・自由が丘にミドリムシカフェまでオープンさせるというではないか。試食品をいただいたので、さっそく調理、試食してみた。
 まず気になったのが、白米にミドリムシ粉をコーティングした『石垣みどり米』。毎日数10g摂れば、生きていけるだけの栄養素が含まれている、といわれるミドリムシ粉末だが、カロリーがほとんどないので、炭水化物などで補給が必要といわれていた。そこに登場したのが、この米。まさに炭水化物+ミドリムシの完璧な組み合わせ。早速、炊いてみよう。
 米は通常、サラサラとしたものだが、『石垣みどり米』はちょっと表面に粘度があるのか、多少固まっていた。ミドリムシ粉をコーティングするためか、原材料にハチミツ、ローヤルゼリーなどいかにも粘着力のありそうなものが含まれているので、そのせいかもしれない。においは色のせいか抹茶っぽく感じる。
 炊き上がってみると、期待したほどミドリ色ではなかった。もちろん、白米と比べると色はついているのだが、あえて言えばほのかにくすんだ黄緑色。2合分の水を入れたのだが、炊き上がりはちょっと柔らかめになってしまった。普通〜固めが好きな方は水加減少なめがいいと思う。
 おにぎりにして食べたところ、味にミドリムシが入ってます的特徴は感じなかった。色が多少ついているくらい。もっちり、甘みのある、おいしいご飯だと思う。白米と食べ比べると、白米より甘みが強いような気もするが、これは米の種類の問題かもしれない。またミドリムシ粉が入っているからといって、粉っぽさはまるでない。ただ、熱いときにはあまり気にならないのだが、冷めてくるとビミョーに「ああ、ミドリムシって藻類なんだよね・・・」と思い出させる香りがしてくる。意識しないと気がつかない程度だが敏感な人は、なにかニオイのある食材(カレーとか漬物とか)と一緒に食べたほうがいいかもしれない。

3 ミドリムシ 掲示板 :2012/05/02(水) 19:28:09
世界初の技術! 「ミドリムシ入りバイオ燃料」を使った車登場
ttp://life.oricon.co.jp/rank_carbuyer/news/2010639/

 理科の授業中、顕微鏡で見たこともある人も多いであろう微生藻類・ミドリムシ(学術名ユーグレナ)の油を抽出して作った燃料『ユーグレナバイオオイル』を使って走る車が2012年4月24日、報道陣にお披露目された。

 このバイオオイルを作ったのは東大発のベンチャー企業・ユーグレナ社。ミドリムシは光合成によって二酸化炭素を吸収して成長するため二酸化炭素削減に一役買うほか、燃料にできればトウモロコシやサトウキビなどと異なり食料価格を混乱させることもないため“次世代のバイオ燃料”として同社は研究を続けている。

 使用されているミドリムシは同社が石垣島で大量に培養したもの。現在は法律の問題もあり、車に入れているのはミドリムシオイルと植物原料のオイルで作ったバイオ燃料と軽油を混合したものだが、「近い将来には、ジェット機の燃料としても使用が期待されている」(同社)という。

 ミドリムシ入りバイオ燃料を使って走る車は2012年5月19日より毎週土曜日、東京・目黒区の自由が丘にて展開される移動販売車「ユーグレナ・ファーム」にて利用される。

4 ミドリムシ 掲示板 :2012/05/02(水) 19:29:30
ミドリムシ 世界へ飛躍 (東京新聞 2012年1月28日 夕刊)
ttp://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012012802000184.html
 世界で初めてミドリムシを大量培養する技術を開発して健康食品などを製造し、二〇一○年度に東京都ベンチャー技術大賞を受けた企業「ユーグレナ」(文京区)が、都がドイツで開くセミナーに参加、欧州での事業展開を目指す。都と下水処理の共同研究も始めており、「世界的にレベルの高い都の下水道技術が海外輸出される際、ミドリムシによる浄化技術も一緒に輸出できれば」と夢を広げる。 
 同社は三人の若者が〇五年に設立したベンチャー企業。ユーグレナは、ミドリムシの学名だ。
 ミドリムシは微生物で、藻の一種である微細藻類に分類される。同社は、ミドリムシがビタミンやアミノ酸など栄養素を豊富に含むことに着目し、二億匹のミドリムシが入ったクッキーなど、ミドリムシを使った食品や化粧品を開発し、製造販売している。バイオ燃料や飼料の開発にも取り組んでいる。
 今年一月から新たに始めた都との共同研究では、ミドリムシで下水を浄化する技術の開発を目指す。ミドリムシは、有機物だけでなく窒素やリン、金属類の無機物も取り込む性質があり、一般の微生物ではできない無機物の除去も可能という。
 具体的に描くのは、汚水にミドリムシを投入して、培養して増やしながら、下水をきれいにしてもらうという構図。まず三月までに、効果的な投入量など基礎データを収集し、将来的に下水処理場での実用化に挑む。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

モンスターハンター:ワールド(発売日以降お届け分) - PS4 - カプコン

一狩りいこうぜ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板