したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

おすすめのパワースポット 掲示板

16 パワースポット 掲示板 :2012/07/06(金) 18:54:25
パワースポット調査2位の恐山 住職はこの結果を明確に否定
ttp://www.news-postseven.com/archives/20120701_125246.html

(女性セブン2012年7月12日号)
 青森県の北東部、下北半島に位置する恐山。ここは、高野山、比叡山と並ぶ日本三大霊山のひとつであり、死者への供養の場として知られる。
「恐山は怖いところだと思っている人が多いですが、初めて来た人は“懐かしくなるところですね”と声を揃えます」
 こう語るのは恐山菩提寺の院代で、『恐山 死者のいる場所』(新潮新書)の著者でもある南直哉さん。182cmの長身で、全てを見透かすような鋭い眼光。弁舌の切れから“恐山の論僧”の異名も持つ南さんにズバリ、恐山とは何かを訊いてきた。
 恐山といえば、死者の言葉を伝える“口寄せ”を行うイタコを思い浮かべる人も多いだろう。実際、参拝や観光ができる5〜10月の開山期間の問い合わせは約9割がイタコ絡みだというが、寺は取り次ぎをしない。
「イタコと恐山菩提寺には何の関係もありません。雇いも契約もありません。イタコは個人のかたが家業でやっていて、大祭があると、いわば出張営業に来るわけです。言葉は悪いが、縁日の出店みたいなもの。われわれは集まって来るものを拒まないだけなのです」
 また、ある新聞が行ったパワースポットのアンケートでは、1位の伊勢神宮に次ぎ、恐山は2位に選ばれた。ところが、南さんは「ここはパワースポットとは真逆のパワーレス・スポットですよ」といい切る。
「恐山が霊場であるのは、パワーがあるからではないんです。逆に、力も意味もないパワーレス・スポット、いわゆる巨大な空洞だからこそ、死者への感情を入れることができるのです」
 恐山には供養の仕方や教義の決まりは一切ない。供養に来た人が自分の感情に任せて、自分の信仰を作っていくだけだ。この無こそが、1200年も霊場たり得た理由だという。
「普通は誰かがある場所に行くのは意味があるからだと考えますが、そうではない。意味を持ちこむために行く。発想が真逆なんです。供える相手がいるから供えるのではなく、死者を存在させるために供える。なぜそうするかというと、死者は生者にとってとても重要な他者だからです。生者は死者に拘束されているんです」

------------------

「恐山: 死者のいる場所」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4106104644/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4106104644&linkCode=as2&tag=heartlinks-22

死者は実在する。懐かしいあの人、別れも言えず旅立った友、かけがえのない父や母―。たとえ肉体は滅んでも、彼らはそこにいる。日本一有名な霊場は、生者が死者を想うという、人類普遍の感情によって支えられてきた。イタコの前で身も世もなく泣き崩れる母、息子の死の理由を問い続ける父…。恐山は、死者への想いを預かり、魂のゆくえを決める場所なのだ。無常を生きる人々へ、「恐山の禅僧」が弔いの意義を問う。

<目次>
第一章 恐山夜話
この世の果て/温泉場としての恐山/「恐山のイタコ」はいない/欲望をイタコにぶつける人々/死後の世界は「あるのか、ないのか」/カナダ人とイタコ/帰らぬ父と、母の歌/幽霊の正体/老夫婦の五月人形/死者の遺服/極楽への魂呼び/魂とは何か/「取引」でこじれる親子関係/あなたがそこにいてくれるだけでうれしい/人は死んだらどこへゆく/また会いに来るからね/恐山はパワーレス・スポット/魂の行方を決める場所

第二章 永平寺から恐山へ
二十年の修行生活/永平寺で死にたかった/修行道場の「ダースベイダー」/下山の決意、恐山との縁/永平寺と恐山/はじめての恐山/梁山泊サンガ結成

第三章 死者への想いを預かる場所
毎日が驚きの連続/仏教では割り切れない場所/死者は実在する/生者から欠落したもの/死は生者の側にある/恐山を問い続ける/日常をリセットできる場所/集まってくる民間霊能者/宗教者の素質/不安を共有するセンス/死者に何を預けるのか/自分の死と他人の死/人は死んでも関係性は消えない/詫びるなら生きているうちに/恩讐の彼方に/恐山とは巨大なロッカーである/「一番の供養」とは何か/変化する死者儀礼/不変の器

第四章 弔いの意味
君には信仰がない/仏教は生きるテクニック/弔いの根底にあるもの/葬儀のイノヴェーション/「これからも大丈夫」と老僧は言った/情報化する死者/自分らしい逝き方/因果律を破る死と大往生/弔いの意味を問う/お葬式を頼まれるお坊さんになれ/死者を想うための器/死者と適切な距離を保つために/死者は懐かしくて恐いもの

無常を生きる人々 あとがきに代えて
彼らは来た/悲しめない心/死者がいない人たち/教義の無力/無常を生きる/近代の敵意/死を放つ場所/死者を抱えなおす社会


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

装甲騎兵ボトムズ 1/20 スコープドッグ(ペールゼン・ファイルズ版) - バンダイ

むせる

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板