したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

第42回定期演奏会

1たろう@もぐもぐ:2013/12/24(火) 22:24:22
お疲れ様です。

先日、次回定期演奏会の選曲会議が終わりまして、以下の様に候補曲が決まりました。
また、来期指揮者からの意向等により変更などあるかもしれませんが、仮決定ということで楽譜の準備をしていただいている状況です。
(大澤親分のデビューの定期も、OPとコラールがひっくり返りましたが、あれからもう3年なんですねぇ・・)

早ければ忘年会の日に、各パートに配布できるそうなので、ワクワクしておきましょう。
技術的に難しい曲が並びましたが、吹いて楽しいオリジナル祭りです。
動画サイトとかで聴くことができますので、年末の間に聴いてみてくださいね。


・ホープタウンの休日(S.ライニキー) オープニング候補曲
・吹奏楽のためのパッサカリア(兼田敏) その他 古典
・稲穂の波(福島弘和) その他 邦人
・目覚めよ、呼ぶ声あり(J.S.バッハ) ゆったり曲
・翡翠 (J.マッキー) サブメイン曲(コンクール候補)
・ルイ・ブルジョアの賛歌による変奏曲(C.T.スミス) メイン曲(コンクール候補)
・課題曲(1〜2曲、未定) (どんな曲なのかな)
・ニムロッド(エニグマ変奏曲より) (E.エルガー) アンコール緩 候補
・トリッチ・トラッチ・ポルカ(J.シュトラウス) アンコール 急候補

半年後、楽しい演奏会になるように頑張りましょう。

2たろう@こそこそ:2014/03/23(日) 22:51:05
土日と練習、お疲れ様でした。

定期演奏会の曲順を、課題曲の決定と併せてお知らせさせていただきますので
ご確認をお願い致します。

1.ホープタウンの休日
2.シンフォニック・バンドのためのパッサカリア
3.斎太郎節の主題による幻想曲
4.翡翠

(休憩)

5.行進曲「勇気のトビラ」
6.稲穂の波
7.目覚めよ、と呼ぶ声有り
8.ルイ・ブルジョワの賛歌による変奏曲

(アンコール)
9.ニムロッド
10.トリッチ・トラッチ・ポルカ

3塚本:2014/05/27(火) 10:17:49
お疲れ様です。

定期演奏会の曲目解説を、音楽委員長さんに書いていただきました。
これは演奏会のパンフレットに載せるものですが、各楽曲を改めて理解することができますので、ぜひみなさんにも読んでいただきたいと思います^^
(なるほど〜と思う説明が色々あり、面白いです!)


練習録音置き場にありますので、ご確認よろしくお願いします。

4たろう@音長:2014/07/16(水) 08:12:45
続いて自由曲についてその1です。
アレグロ部分はテンポ128で正確に演奏できる様、さらっておいてください。


全体的に高音木管の音色・音程が苦しい部分が多く見られます。
この曲はユニゾンが多いので、各自チェックをするのはもちろん、もっと合わせる努力(音色、イメージ、トップに寄せる意識など)をしていきましょう。
※コラールに入る1小節前のユニゾン(特に最後のB♭!)、あと93〜95の形(これは金管の人も)特にひどいのでお願いします。


23〜のコラール、歌うこと、音色・音程のコントロール、発音等きちんと気を付けて。主旋律以外の人はやはりもう少し控えめに。


0.冒頭木管の音色がきつくならにようにしましょう。

1.21小節目のritの四分音符の長さに意識がありません。※テヌートではなくマルカート。
 特に金管や音域の高い楽器が顕著です。
 rit,がかかる毎にどんどん気が抜けていくので、より丁寧に意識を持って演奏しましょう。
 満岡先生のrit.は20小節目はほとんどかかりません。覚えとしてメモをしておきましょう。
(※トランペットは難しいですが、乱暴な印象を与えないように演奏してください。ひょっとすると、いつも吹きすぎているかもしれません) 
  
2.同じ箇所です。20から(もとい18から)はB♭から始まる音列がメロディです。ほかの人は一歩だけ引いて、正しいメロデイラインがきちんと聴こえる様にバランスを整えてください。20から、1拍目の音を吹き捨てないように。丁寧に演奏しましょう。

3.まだ同じ箇所です。22小節目の伸ばしの低音、金管全般。
 この伸ばしの音が頭がとっても頭の悪そうな音がしています。
 具体的には発音が乱暴であることと、和音への意識と、fpのpの意識が薄いです。
  和音はFを主音に、Cが5音、E♭が7音。バランスを低音やラッパのFを聞いて整えてください。 とにかく丁寧にこの伸ばしを演奏しましょう。pはもっとpに。クレシェンドは、木管の八分音符を聴かせてからもっと後ろでかけるべきと思います。音の切り方も丁寧に。

4.まだまだ同じ箇所です。
  22小節目、4泊目裏のパーカッションのクレシェンド、どうしたらもっと劇的になるか考えてみてください。流れてしまっています。23の頭に重さも足らないかなとも思います(主にB.D)  また、木管のB♭のユニゾンの音程!

5.23〜 発音と息の種類をコラール用に変えて、しっかり準備しておきましょう。
  フレージングや音程はもちろん気をつけますが、出てくる音そのもので勝負できないと聴かせられません。オルガンサウンド目指していきましょう。
 木管高音域はもう3段階くらい「楽な音色」で歌えたほうが全体の印象がかなり良いのではと思います。 フレーズの切れ目と始まりを明確に考えましょう。

6.51〜 主旋律、対旋律共にとても音程が不安定でした。パート練習等で詰めていただけると嬉しいです。低音はコントラバスのピチカートを意識して形を揃えましょう。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

※画像アップローダーはこちら

(画像を表示できるのは「画像リンクのサムネイル表示」がオンの掲示板に限ります)

掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板