したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

2007年コンクール

1あつけん@音楽委員長:2007/06/20(水) 23:08:31
今年のコンクールについて、何かありましたらこちらに書き込んでください。

●課題曲
先日の定演終了後にもお話しさせていただきましたが、音楽委員と話し合った結果及び潮見先生と相談し、今年のコンクール自由曲はマーチ「ブルースカイ」とさせていただきます。
主な理由としては次のとおりです。

・ブルースカイのほうがさわやかなサウンドでTBのカラーに合っている。
・定演においてブルースカイのほうが完成度が高い。(自由曲が新曲になるため、負担も減らすことができるように)
・ナジム・アラビーはマイナスされる箇所が多く予想される。

●自由曲
しばらくは“自由曲”と言います。

自由曲3曲目の楽譜に練習番号「D」がありませんが、こちらは無視しておいてください。ミスですね。
小節番号についてはどのようにするか現在先生に問い合わせ中ですので、決まり次第ご連絡させていただきます。
曲ごとに小節番号を入れてはどうかと打診中です。

2あつけん@音楽委員長:2007/06/28(木) 21:57:37
自由曲 小節番号について

各楽章ごとに“1”からつけていってください。(全3楽章)
私もこれからやるので、それぞれ何小節あるかまだわかりません・・・。
土曜日には先生の合奏がありますので、それまでにお願いします。

3あつけん@音楽委員長:2007/06/28(木) 22:06:21
自由曲 第一楽章 Jの3小節目(51小節目)について

ダブルバーがふたつ続きますが、基本的に4拍子なので、Jは全部で3小節ということになります。
よって、Kの1小節目は52小節目になりますね。

4あつけん@音楽委員長:2007/06/28(木) 22:26:27
ダブルバーがふたつ書いてないパートもあるようです。
各パートにおいての手書きなのでバラバラですね。
とにかく、Jの1小節目が49小節目で、Kの1小節目が52小節目になりますので、お間違いなく。。。

5あつけん@音楽委員長:2007/06/28(木) 23:04:28
自由曲 各楽章小節数

第一楽章  122小節
第二楽章  197小節
第三楽章   51小節

間違ってた方、もう一度よ〜く見直してみてください。
と言っても、パート譜が間違っている可能性もあります・・・。
僕の楽譜でも、休みの小節数が未記入の箇所がありました。
変だと思ったらお問い合わせください。




別件ですが、皆さん自由曲のことばかり考えていませんか?
もちろんコンクールでは課題曲も演奏します。
定期演奏会までに積み重ねたものを、今後は更に発展させなければなりません。
体が忘れてしまう前に、もう一度思い出すようにしてください。

定期演奏会においての演奏からスタートですよ!

6毛@院長:2007/07/03(火) 02:33:25
毛です。はい。
土日の練習お疲れ様でした。コンクールの練習で思い出したことがあったのでここに書いておきます。

課題曲について、裏拍を手で叩きながら自分のパートの楽譜を歌ってみる練習をして欲しいと思いました。これは楽器を持たなくてもできる練習です。やり方が解らない人はパートの音楽委員等に聞いてみて下さい。

これ、簡単そうですができない人が結構いたりします。途中で手拍子が表の拍になっちゃってたりね・・・。これをやると自分が走ったり遅くなったりしてる部分がよく解ります。が、裏拍の手拍子と歌がピッタリくるように修正できれば充分な安定感を生み出す事ができる効果的な練習だと私は思います。

一日一回たった3分弱、手を叩きながら(裏拍ね)歌ってみるだけで、随分変わると思います。
本番まであと一ヶ月ありますから充分な効果は得られると思いますので、ぜひ一日一ブルースカイでお願いします。

それから日曜日の課題曲の合奏で潮見先生が伴奏パート(ンパ、ンパとか?)のハーモニーを少し整理されていましたが、パート練習で練習するポイントというか、きっかけを与えてくださったと私は解釈しています。
ハーモニーについて、パート練習でできるものについてはパートで詰めてきていただくよう、お願いします。伴奏だからハーモニーは適当でいいやとか思わないようにしてください。伴奏のハーモニーはとても大事だと私は思いますし、そういうところがしっかりしているといないとでは音楽の説得力が全然変わってくると思います。

定期の前からしつこいように言っていますが、積み上げると言う言葉には継続すると言う意味も含まれています。いくら効果がある練習でも続けなれば身になりません。ですから、まずは続けることを大事にして下さい。先々週だかに久々にやった1,5,3の音を積んでハーモニーを作る練習・・・ひどかったですよね。。。この事からも人間は続ける事を怠ると、結構すぐに忘れてしまう生物のようですので、皆さんお忙しい事とは暫時手降りますが「継続は力なり」とすべく、ご協力ください。

次の本番はコンクールですが、コンクールというステージは演奏会などとは違う独特の雰囲気を持っていると私は思います。その独特な空気の中で、自分を見失うことなく自信を持ってPlayできるようにするためには、継続して積み上げていく事を普段にも増して強く意識して練習していかなければならないと私は思います。今日よりも明日、明日よりも明後日が良くなっていると感じられるようにすべく、前向きに取り組んでいただきたいと思いますし、楽器のコンディションも上げていって欲しいと思います。(毎日入浴中とかに唇ぶるぶるさせるだけでも違いますよ)とにかく、何もしない一週間を過ごす事だけはないようにして欲しいと思います。

コンクールと言う場であっても演奏会と同じく、一秒でも長く拍手をもらえるように、また聴きたいと思っていただけるような音楽を奏でたいと私は思っております。
そのためには一人も漏れることなく、全員が前向きに取り組んでいく必要があると思います。コンクールの舞台でも楽しく満足のいく音楽を全員で奏でられるように、皆さんの力を貸していただきたい、そう私は思います。宜しくお願い致します。

それから、次回7日はおとといの状態(直前の合奏時の状態)か、もしくはそれ以上から合奏がスタートできるようにお願い致します。

以上、ずいぶん脱線してしまい、なおかついろいろ申し上げてしまい申し訳ございませんが、最終的には全員が笑顔でいられるようにしたいと脳内シュミレーションをしていますので、皆様のご協力をぜひよろしくお願い申し上げます!

7毛@プリンセス:2007/07/30(月) 12:12:49
毛です。

昨日おとといのホール練習、お疲れ様でした。
いよいよコンクールまであと一週間を切りました。
この一週間の過ごし方で楽しく刺激的なライブとなるかが決まると私は思います。
つきましては、私を含めた全員が下記の事に気をつけて一週間を過ごしていただきますよう、お願い申し上げます。

1.楽器のコンディションを整えて下さい。
昨日おとといのホール練習で、大きい箱(ホール)での演奏感覚が掴めたのではないかと思います。大切な事はここからコンディションを落とさない、むしろ上げる事だと私は思います。皆様には今週一週間、できるだけ楽器を吹く・叩くチャンスを作り、コンディションアップのための工夫をお願い申し上げます。なお、明日火曜日から金曜日まで上公を夜間解放していますので、よろしければご利用ください。

2.前日までに練習の復習をしておいてください。
昨日、おとといの練習で修正・練習が必要となった箇所、あるいはまだまだ修正の余地がある箇所などがあると思います。前日の合奏までに必ず復習してできる限り潰しこんできていただきたいと思います。宜しくお願いします。(裏拍の手拍子練習もして下さい・・・。)
また、ピッチについて、個人、パート、パート間でいま一度確認しておいてください。(パート、パート間は合わせる時間が取りにくいと思いますが、メール等で打ち合わせていただいておくだけでも随分違うと思います。)

3.体調管理には気をつけてください。
暴飲暴食、不規則な生活などで体調を崩さないようにお願いします。
せっかく練習してきたのに体調が悪くて・・・という事が一番もったいない事だと私は思いますので、宜しくお願いします。

演奏会やコンクールを含め、どんな本番でもそうですが一番大切な事は自信を持ってPlayする事だと思います。いままで練習してきた事に自信を持って胸を張ってPlayするために、上に書いた事を一人も漏れることなく実行いただきますよう、お願い致します。

一週間あればまだ何とかなる事が沢山あると思います。聴いていただく方に、「また聴きたい」と思っていただける音楽を全員で奏でるために、もう一歩先を目指して、最後の悪あがき練習をお願い致します。練習でカッコ悪くても本番でカッコ良かったらいいじゃないですか。本番でカッコ良くなるためにギリギリまでカッコ悪く練習していただきたいと思います。何もしないところには何も生まれないと私は思いますしね。

私はよく一人も漏れることなくと言いますが、たくさんの人でひとつの音楽、ひとつのものを創るためには、できる限り皆さんの向いている方向を揃える必要と思うからです。それは大人数になればなるほど大変な事ですから、78名という大所帯の私達は取り組みも合奏も「全員で」という意識をより強く持って取り組んでいく必要があると私は思います。一人も漏れる事なく、皆様のご協力をお願い致します。

では、一秒でも長い拍手をいただく事のできる充実したライブとなるように、皆さんが笑顔で(感涙可)いられるように、もうひと踏ん張りお願いします!

8あつけん@音楽委員長:2007/08/05(日) 23:28:39
県大会お疲れ様でした。
取り急ぎ審査講評を載せておきます。(敬称略)

●小野照三
課題曲:4
メンバー数で想像したよりそれなりのサウンドで安心しましたが、曲頭の音型、響きの表現、A2小節前、Aからの表現が意外に未成熟で、それはそれで驚きです。
これだけ楽器が多いと、それなりのパートにすべてf〜ffの表現があるはずなのに、常にtuttiでのモノトーンしか出ないのも、これまた意外でした。

自由曲:5
こちらのほうがまだパートごとのアンサンブルでの音色感が出せています。
惜しむらくは、響きでのf〜ffの表現でなく、人数のf〜ffに向かうことです。
もっと全員がブレスコントロールの研究と統一を徹底し、広がり、深い、壮大な、豊かな、静かな、etcの立体的表現を研究してください。


●北野徹
課題曲:5
八分音符の弾み、響きをていねいに。
また、♪♪の形 詰まる所が(打楽器、特に注意を)。
勢いのあるテンポで着実な音楽に仕上がっていました。

自由曲:5
ティンパニ、ステキな音で、思い切りの良さが全体をよく引き締めていました。
打楽器、よく考えた音色、音量で、センスの良い魅力的な演奏でした。


●木下紘次郎
課題曲:5
ユニゾンの魅力を引き出しやすい編成です。
余裕をもって響いています。
Trioはレガートで美しい、オブリガートのバランスも良かった。
少し重くなりがちですが、バランス感覚が良いので、よい表現につながっています。

自由曲:5
雄大さから、前進する音楽への変換が自然です。
重厚なサウンドはメンバー個々の「ひびかせ方」の結果です。
クラリネットを中心とした突き進むフレーズが効果的です。
音量的に大きい部分が多く、単調になりやすい時のPianoのサウンドと木管のSoloは効果的です。(バランス的にバックがおさえると、Soloが余裕をもって「音づくり」が出来ると思います。少しオーバーブロー気味なサウンドになりがちです)
大編成のメリットをもう少し活かせると良いと思いました。



今日はここまで。
続きは明日書き込みます。

9せーじ@録音係:2007/08/06(月) 01:28:01
コンクールお疲れ様でした。

当日の演奏を録音置き場にUPしました。確認よろしくお願いいます。

10あつけん@音楽委員長:2007/08/06(月) 23:07:37
審査講評の続きです。

●露木薫
課題曲:5
表現力の豊かさ、サウンドの透明感など人数の多さを上手にひとつにまとめ上げていると思います。
マーチも自然なスタイルで、とても良かったと思います。

自由曲:5
こちらもよく統一感のある演奏でした。
時々打楽器やチューバのバランスが気になりましたが、バンドとしてはしっかりとした実力を感じました。


●並木博美
課題曲:5
大変結構でした。
八分休符1個 + 十六分音符6個(の音型)がもっときこえるようにしましょう。

自由曲:4
ホールがせますぎて音が飽和してしまいます。
ハーモニーを合わせるのがやはり大変だと思います。
シンフォニック&ゴージャスなサウンドはいいですね。


●服部孝也
課題曲:5
人が多くてステージがつぶれないか心配でした。
これだけ人数いても全くうるさくなく、軽やかなのでビックリしました。
好みですが、最後もう少し軽く流れがあるとよかった。
ちょっと落ちついてしまった。

自由曲:5
ガンダムかっこよかったです。
きっと相当バランスとりつつ練習してきたのだと思いますが、どの楽器も細かいパッセージもちゃんとそろっていてよく聴こえました。
欲を言えば、中声部あたりもう少しほしいかなあ。
あとパーカッションの音の粒がもう少し聴こえてもいい気がしました。
大変よくまとまっていて、構成も素晴らしかったです。


●服部吉之
課題曲:4  自由曲:5
サウンドの豊かさは圧巻。
大編成の中でのセクションの音をしっかり適切にまとめるあたり大変素晴らしいと思います。
音楽性も高く大変楽しめました。

11あつけん@音楽委員長:2007/08/10(金) 00:02:05
皆さん、県大会の録音はもう聴かれたでしょうか?
必ず聴いてください。
ひとりも漏れることのないよう。

東海大会まで実質3週間しかありません。
前日を除いて、合奏練習も5回のみとなりました。

まずはミスを極力減らしていきましょう。
もちろんどんな演奏の場でもミスは少ないほうがいいですが、その中でも特殊な場であるコンクールですので、各々で直すべきところは直していきましょう。
するなとは言いません。
してしまったらしょうがないですから。
でも、しないようにするための努力は必要だと思います。
皆さんひとりひとりの気持ちにより解消されることと思います。

そして、更にいい音楽を作り上げていきましょう。
あれだけの演奏をしているのですから、皆さんそれぞれ技術力はあるはずです。
5回の合奏が少ないと思うか多いと思うかは人それぞれですが、皆さんの力を発揮できるよう一回一回の練習を大切にしてください。

11日から再始動です。
決して今までのものをリセットすることないよう、よろしくお願いします。


さ、自分も頑張らないと・・・。

12あつけん@音楽委員長:2007/08/20(月) 22:46:07
8月19日(日)の通し録音がアップされていますので、皆さん確認しておいてください。
また、同日練習終了後に音楽委員にてスコアリーディングをし、潮見先生からの確認事項等や各音楽委員からの指摘事項等がいくつかありましたので、各パートにて音楽委員にご確認ください。

13毛@メタボリックシンデレラ:2007/08/29(水) 00:42:36
毛です。お疲れ様です。
なぜか会場のスレッドに書いてしまったので、念のためこっちにも書きます。。。

先週末の練習、お疲れ様でした。
いよいよ東海大会まで一週間を切りました。
東海大会は各県の代表となられた団体が集うステージですので、どの団体も素晴らしい音楽を奏でられる事と思います。
その中で一人でも多くの方に東海市吹がもう一度聴きたい楽団№1と思っていただけるように、一秒でも長い拍手がいただけるように、
即売CDの生産が追いつかないくらい売れるように、欲張りですが・・・いままで積み上げてきた事のすべてを出し切れるよう、各自
ギリギリまで調整やコンディションアップに努めて下さいますよう、お願い申し上げます。

聴く人の心を揺さぶる音楽を奏でるためには、まずステージに立つ79人全員が自信を持ち、胸を張ってプレイすることが大切だと私は思います。
自信を持ったプレイを実現するためには最後の最後まで前を向いて気になるところをクリアしていく(練習する)事が必要だと私は思います。
そして本番のステージでは、ここまで積み上げてきた皆さんの想いを一つ一つの音符やフレーズに乗せ、楽しみながら心のこもった音楽を「客席に」届けていただくことが大切だと思います。

東海市吹の生命線とも言える心のこもった熱い音楽を実現すべく、皆様にはぜひともお力添えくださいますよう、お願い申し上げます。
皆さんの力は楽団の力となり、音楽にエネルギーを与えますから。

以下、東海大会の前日までにお願いしたい大事な連絡事項です。
各自、ご確認のうえ、ご対応をお願い致します。

ガンダムの2楽章、3楽章の曲間についてですが、アタッカ(曲間なし)でいく可能性が出てまいりました。
前日もしくは当日の練習で実際にやってみますので、当日になって慌てる事がないように今週末までに楽譜の整理をお願い申し上げます。

では、演奏を終えたあと79人全員が充実感溢れる笑顔でステージに立っていられるようにしたいと思っていますので(感涙なら号泣も可)、
上記の内容について一人も漏れることなく実行くださいますよう、よろしくお願い申し上げます!!!

ゆけ、ガンダム!飛べ、ガンダム!!!

ご清聴、ありがとうございました。

14毛@大名:2007/08/30(木) 02:03:49
毛です。2夜連続の登場、誠におめでとうございます。

えー、昨日の書き込みでガンダムの2楽章から3楽章の曲間を空けずにアタッカ(曲間なし)でいく可能性の話を致しましたが、
先ほど潮見先生と打ち合わせを致しましたところ、やはり3楽章が大変短い曲となっているため、2楽章と3楽章の間に間が空くと
緊張感が緩む感じがするために2楽章と3楽章はアタッカで演奏したいと思いますとの事でした。

ついては、2楽章から3楽章へ移るときに譜めくりの時間が無くなりますので、いま2楽章から3楽章へ移るときに譜めくりを
されている方は譜めくりをせずに3楽章の演奏が開始できるように楽譜を製本し直しておいてください。
この作業は9/1(土)の合奏前までに完了していただきますよう、お願い申し上げます。

それからティンパニパートについては音替え等があるため、管楽器以上にいろいろ大変ですが潮見先生とお話した結果、下記の
いずれかでご対応いただけましたら幸いに思います。

以下、「ティンパニパートのみ」の変更点です。
案1/2楽章の最後1小節(197)のロールをカットして音替えとマレット替えの時間に使う。
案2/案1が難しい場合、2楽章は193から最後までティンパニはカットして音替えとマレット替えの時間に使う。
カットなしで対応可能であれば、その方法を採用するかも知れないので、教えてください。

潮見先生は案1が良いのですが、最悪の場合は案2でもと・・・と、言っておられました。ように思います・・・。

ご不明な点等がございましたら、リープ21お客様相談室へお問い合わせ下さいませ。
以上、急な話で誠に恐縮ですが宜しくお願い致します!!!

15あつけん@音楽委員長:2007/09/02(日) 22:50:05
東海大会お疲れ様でした。

結果は“ダメ金”ではありましたが、最高のTBサウンドを奏でられたのではないでしょうか。
細かいところを見ていけばキリが無いですが、これまで培ったものを絶やすことなく、「継続は力なり」で今後につなげていきましょう。
ガンダムはファミリーコンサートでも演奏します。
東海大会よりもさらに飛躍した、すべてのお客様に感動していただける演奏を目指しましょう。

今回は自由曲の突然の変更にも関わらず、皆さんの努力の甲斐あってあれだけの演奏をすることができましたが、例年とはイレギュラーになってしまったことは私の反省すべき点と思っています。
来年の定演(コンクール自由曲)の選曲も今月下旬から開始する予定です。
これまでとは違った方法での選曲になる予定で、慎重な選曲をさせていただきますので、団員の皆様のご協力をよろしくお願いします。
(詳細は後日お知らせします)

近日中に基礎練習についてさらに効果的なものをと音楽委員(先生も交えて)にて話し合う予定です。
何事も基礎が大事となりますので、ここで再度見直しをしていきたいと思っています。

少々長くなりました・・・では審査講評です。(敬称略)


●北野徹
課題曲:A
張り、輝きのあるサウンドで、色彩感豊かな説得力十分の音楽に仕上がっていました。
(所々で打タイミング乱れる。注意を)

自由曲:A
打楽器、見事に効果的な演奏でした。
よく考えた音色、音量、タイミングがステキでした。


●武田忠善
課題曲:A
スーパーヘビー級だけどなかなかフットワーク軽い。
最終ラウンドまでもつかと思ったが、なかなか実力バンドだ。

自由曲:B
人数のせいというより曲のせいだな。
みんな同じサウンドでワーワーやっている。
Pianoからでさえ、もうシットリできなくなってる。


●久保義一
課題曲:A
全体に良いサウンドが出ています。
p,mpがもっと有ると良いですネ。

自由曲:A
上に同じ。
パーカッションのバランスももう少し弱くても十分聞こえています。(場所場所で)


●三浦徹
課題曲:A
すこし固い印象を受けますが、メリハリの効いた優れたマーチです。
Tutti f,ffのバランス、打楽器との融和が課題です。

自由曲:A
アニメの音楽です!
期待感を煽り、その先にあるものは劇伴音楽宿命でしょうか?
木管のスキルを聞かせどころとするなら完成度を高く!
音楽とするのは難しい!?
よく吹けてますし、上手です・・・が・・・映像があればこそ・・・


●新井靖志
課題曲:A
Tempo良く、迫力のあるマーチですね。
細かいリズム、アンサンブル等研究しましょう。

自由曲:A
所々木管が聴こえなくなるので注意しましょう。(バランス)
迫力の演奏、力のある素晴らしい団体ですね。
これからも楽しませて下さい。


ちなみに、全国大会への代表団体の選出方法が、私の思っていたのと違っていました。
東海大会では、金賞団体(今回は4団体)の中より審査員の投票によって決定します。
よって、点数に関わらず投票数の多い団体が選ばれるということです。

あと、審査員の先生方にはもっと日本語を勉強していただきたいですね・・・。
おやすみなさい。

16せーじ@録音係:2007/09/03(月) 02:51:07
コンクールお疲れ様でした。

東海大会本番の演奏をUPしておきました。↑の審査講評との照らし合わせのため。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

※画像アップローダーはこちら

(画像を表示できるのは「画像リンクのサムネイル表示」がオンの掲示板に限ります)

掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板