したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

企画リレー小説スレッド

69 第1回8番(IX) :2008/03/10(月) 00:54:18
 デフォンさんと会ったのは、ようやく車椅子で所内を散歩する許可が出てからだった。休憩所のベンチ前、そろそろ木の葉も落ちきった季節で肌寒い。
「会いに来てくれればよかったのに」
「いやいや、どうも、自分から出向くのが恥ずかしくてさ……」
 すごくぱっとしない印象の人で、私を助けてくれるのは確かにこんな人なんだろうなと、一人で納得したのだった。
「もう、いいのかい?」
「何のことですか」
「目が覚めてから、色々あったろう。もう気分は落ち着いたのかな」
「それが、意外と動じてないんです。何年も眠っていて、そのうえ夢の中では感覚が二千年にも延びるんですよ。もう、眠る前の自分とは違う人間になっちゃいました」
「そうかい」
「それに、デフォンさんが夢をちゃんと終わらせてくれましたから」
「うん」
「ああ、でも、なんだか相当酷いのも混じってましたよね。私、もう一生猫と鼠にトラウマを抱き続けると思います」
「いや、あれはケルネーさんがね……しかもヘリステラ教授まで割り込んで悪乗りして」
「もう、皆して、人の夢で遊ばないでくださいよう」
「あっははは」
 そうやって笑って、私たちはすぐに黙り込むのだった。あるいは、黙り込んだのは私だけなのかもしれない。デフォンさんは、私が何か言いたそうにしているのを辛抱強く待ってくれているように思えた。なら、私も意を決するべきなのだろう。
「私がアルセスだと分かって、どう思いました?」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

踏み出せば何かが変わる - 三浦 大輔


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa