したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

投稿用スレ

1 ahoseek :2014/10/21(火) 11:36:46 ID:BVGncACo0
不可解な体験をした方で、2ch等の掲示板に書き込めない方はこのスレッドに投稿してください。

8 (?_!) :2016/02/17(水) 17:04:57 ID:oPyHT.fg0
ときどき覗きにきています。
が、初書き込みです。

ある晩、引っ越して来た部屋の天井の境目に
長いムカデみたいな黒っぽい影がはっていくのをみました。部屋はディスクスタンドがついているので、本が読めるくらいの明るさです。

本物のむかでよりずいぶん大きく、細部はぼやけていて、影のような黒いけど半透明なものでした。大きさは引き戸一枚分位なので90センチくらいでしょうか。

すぐに移動して天井にすいこまれるように
見えなくったので、驚いたけど叫ぶほどではないし、エニグマでのぞいていると不思議な話も多
いので、なんかみえたのかとそのまま寝ました。

つぎの日、旦那に話しても気のせいだと
オカルト否定派なので相手にされず。

しばらく変なもの(天井からはえてるびろびろ揺れる包帯とか、本棚から生えてる指のかたまりみたいなもの)を見かけましたが、
やがて見えなくなったので忘れてました。

ところが、昨日 22時頃に二歳の娘が
天井をみながら

ママあれ何?チョコチョコ動いてる
くろいの

と不思議そうにいいだしました。
私がみたのは三年前ですし、
話してもないので不思議です。
私が見ても見えなかったので、
気にしないのよと伝えました。

しばらく目で追ってましたが、反らしたので
どうしたの?
と聞くと、

ハチブンブンいちゃったよ

と言いました。
ハチ?と思いましたが、娘は虫はセミ、チョウ、テントウムシしか知らないので、同じモノをみたのかはよくわかりません。

毎晩出てくるものではないようですし、
対応方法もわからないので、そっとしておこうとおもってます。


こんなときどう対応したほうがよかったんでしょうか。

9 本当にあった怖い名無し :2016/02/27(土) 16:19:57 ID:0oKl7ulg0
不可思議まとめサイト巡ってたら自分がにちゃんに投稿してたのが載っててなんか嬉しかったです(笑)
って事で調子に乗って不可思議な事を書かせてください。

誤字などあったらごめんなさい。
まず、小学校時代の体験です
ど田舎で育った私は、山と海に囲まれたとこで育ってたんだけどある夏休みのある日、なかのいい女友達1人と一つ下の男の子と3人で遊んでました、
その男の子の家と女友達の家は、近くにありそこ間に竹やぶがあって探検と、言う名目で竹やぶに入って遊んでいた。
田舎なのでセミや農作業してる音などが飛び交う中で竹やぶに入ったらそんなん音がひとつも聞こえず竹が生い茂っているからか湿気や肌寒さまで感じるようなとこでした。
その日は、本当に竹やぶのなかを少し探検して終わり次の日お弁当を持ちよってその竹やぶの中に秘密基地をつくろーとなり次の日男の子が家からくすねてきたノコギリとかを使って竹を切ってコップみたいなの作ったりして遊んでた。
そこにいると時間の感覚もおかしく感じてた
時間の流れが緩やかと言えばいいのかよくわからないけどそんな感じ。
何日かコソコソ竹やぶで遊んだりしてたんだけど今まで遊んでた数メートル先に文字が書いてある石を見つけた石碑っていうのかな?
よくよく読んでみるとここで、戦死したなんちゃらかんちゃら的な事と人名が書いてありそれを見つけたとたんみんな怖くなって飛び出した。
すると男の子のお母さんがすごい剣幕で叱りに来た!あそこは、入ったらいけん!!!入ったらいけん場所なんよ!ってとにかく二度と入ったらいけないと叱られた。
あの時間の緩やかな感じといい外の音させ聞こえない事といい不思議な場所でした。
今思い返すと手入れされてた竹やぶでもないのに石碑付近や私達が遊んでたとこだけ竹がひとつも生えておらず広場みたいになってたのか。
まぁ、もう二度近くに行きたくないところです

10 本当にあった怖い名無し :2016/03/09(水) 19:32:47 ID:oeOKzZDg0
今から20数年前、俺はまだ幼く母が弟を出産するために入院し、父も日中は仕事で家を空けているためしばらくの間俺は祖父母宅に預けられてたんだがその頃の話。
いつもじいちゃんがどっか連れてってくれたり遊んでくれたりして退屈はしてなかったがおそらくその日はじいちゃんもばあちゃんも畑仕事でもしてたのか俺は一人でじいちゃんちの敷地内で走り回ったり犬と遊んだり穴掘ったり一人遊びに興じていた。
んで見てしまった…
ロボライダーっているじゃん仮面ライダーBlackRXのあれな。
あいつが地面の穴(直径2センチくらいの穴)からこっち見てんの…
訳わかんなくて取り敢えず昼ごはん食べてからもう一度見に行ったらロボライダーも穴も無くなっていた。

11 本当にあった怖い名無し :2016/07/28(木) 15:59:42 ID:Q8ipO5OU0
怖くないけど、不思議な話です。
今年の2月ごろのこと。冬にしては暖かい日に、2歳の娘を連れて車で公園に行きました。
久々の公園にはしゃいで遊び、ちょっと体が冷えてきたので車の中で持参した食料で一服していたとき。
「あれなにー?」
と娘が窓の外を指差しています。2歳児のあれなに、これなに、に辟易していた私は、またか……と思いながら指差す方を見ました。
 そこには、宙を舞う白い紙切れのようなもの。大きさは3センチくらいでしょうか。
 ティッシュの切れ端?と思い見ていると、助手席側の窓の外をゆらゆらと飛んでいた白いものはフロントガラスの上をひらひら運転席側へと移動し、車の右側の地面の近くをくるくる回っています。
 目で追っていた私は、このときになって気がつきました。今日は、ほとんど無風状態。回る白いものの周囲にある落ち葉は、少しも動いていません。
 あ、これなんかよくわかんないやつだ。
 そう思い、とりあえず窓がきっちり閉まっていることを確認してから白いものの動きを見守っていると、それはひらひらゆらゆら翻りながら空に登っていき、やがて見失ってしまいました。
「ねえねえ、あれなに。しろいのなあにー?」
「……あー。なんだろうねえ」
 娘のなになに攻撃にうんざりしている私ですが、このときばかりは誰かに聞きたかった。
 あれ、なに?

12 本当にあった怖い話 :2016/09/04(日) 21:23:37 ID:263AhBzY0
小学生の頃に体験した不思議体験

ピース

今から約20年以上前、父が不慮の事故にあったと病院から
連絡が来て母と一緒にその病院に行った。

父は処置室で治療を受けていた後、病室に移動したのだが
当時小学生の自分は落ち着きのない子供だった為、病室を
抜けだして、ベンチが置いて有るロビーでTVを見ていた。
そのTVはよく覚えていないが、スポーツの実況シーンが
流れており、自分は何を思ったがTVに映っている解説者に
ピースをした。

するとそのTVに映っている解説者が明確に自分に対して笑顔で
ピースを返してきた。
それを不思議にも思わず、自分が再度ピースをしたらまた解説者が
ピースを返してきた。
今となればあり得ない事だと理解しているが、当時小学生の自分には
到底理解出来ず、人に話そうとしたが自分だけの秘密として隠した。

父が病院に搬送されてから、深夜近くになったところで自体が急変。
父は治療の甲斐もなく亡くなってしまった。
父は塗装業を営んでおり、その際命綱なしで作業中2階から足を
踏み外してしまい落下してしまったのだが、運悪く落下した先が
かたいコンクリートの床に頭を打ってしまったのが原因だった。

その父を死を理解した時、頭部の打ちどころが悪かったのが死因だと
分かっているが、自分は昼間見ていたTV中継の解説者は死神で
父を迎えに来たのではと今現在でも思っている。

以上、文才が無いながらも投稿させていただきました。

13 本当にあった怖い名無し :2017/05/12(金) 17:20:33 ID:riD7XsPQ0
私が小学生の時の体験です。その頃住んでいた近所に竹林がありました。
山の中というわけではなくて、知り合いの農家へ通じる細い路地が迷路のように生け垣に沿ってあったのですが
その生け垣の中ってどうなってるのかな。と思いある日、覗いて見ることにしました。
生け垣を少しかき分けて中を見ると、なだらかな斜面一面に青竹が鬱蒼と茂っており、暗いはずなのに陽射しが
さんさんと降り注ぎ、風など通らないはずなのに竹は静かに揺らめいていて、
ふと気付くと青竹の中を大きな真っ黒のアゲハ蝶がゆらゆらと舞っていました。
本当に美しく幻想的な光景に子供ながら我を忘れて見入っていました。
下を見ると地面は柔らかそうな緑の下草に覆われていて子供の足でもこれなら行けそうと思い
私は思わず蝶を追いかけて中へ入れないかしら。と思いましたが何せ竹林を取り囲む様に背丈の高い生け垣
に邪魔されて子供ですら入る隙間がありません。仕方なく諦めて家に帰りました。知り合いの農家へ行くには
その生け垣の路地を通らないと行けないので、そこを通る度、気になりチラッと横目で見るのですが
子供心にもなぜか、あの時の美しいけど妖しい光景にあまり見てはいけない様な気がして覗く事はしませんでした。
それから数年経ち、そんな事などすっかり忘れていた頃たまたま路地を通った時に、そういえば竹林はどうなったかな。
美しく、あのまま変わってはいないだろうと好奇心から勇気を出して覗いて見ました。あの桃源郷のように美しくも妖しかった光景
は何処にもなく、青竹は茶色く変色し枯れ果て、ほとんどの竹がなぎ倒されて緑が綺麗だった下草も枯れていました。
光など何処からも入っては来ず、ただの荒れ果てた竹林の姿でした。それから何度か覗いて見ましたが最初に見た様な光景
ではありませんでした。その当時、周りは数年前と何ら変わっていないのに、どうして竹林だけが様変わりしてしまったのか今でもわかりません。
現在は住宅が建ち竹林はなくなってしまいました。もう確かめようもありません。最初に見た光景が幻想だったのでしょうか。
あの時見た、この世の中ものとは思えない程の幻想的な妖しいまでに美しい竹林をまだ見たことがありません。
でも、もう一度見られるとしたら少し怖い様な気がします。

14 本当にあった怖い名無し :2017/08/04(金) 11:18:29 ID:ITeLJaVU0
数年前にマンションの管理組合役員をしていたころのこと。

休日の昼間、マンション周囲の見回りをし、マンション裏手にある駐車場で歩いていたところ、突然マンション側から野球ボールが飛んできた。結構な速度で目の前を通過しバウンドしていったので、ぶつかっていたら怪我は免れなかったかも知れない。

そんなことがあったので警察官立会いの下、二度と危険なことをしないようにと投げた当人に注意しなければならないと監視カメラを見ることになった。監視カメラは全部で11ケ所。
監視カメラを見ていたのはマンション常駐管理人、管理組合役員の理事長と副理事長2人、警察官2人、そして自分の計7人。

監視カメラを巻き戻し、該当する時間に全員で目を凝らした。
けど、マンション廊下側に当たるところには誰も歩いておらず、駐車場を自分一人だけが歩いている姿しか映っていない。警察官も「変ですねぇ」と不思議顔をし、飛んできたボールがバウンドしている映像を最後に見て、いったいどこからボールが投げられたのか検討がつかない。

ふと一人の警察官が「少しだけ巻き戻してください」と言うので管理人が巻き戻し始めると、四階部分の廊下の手すりにボールらしきものが映っていることに全員確認できた。
監視カメラからちょっとだけ遠目だったので見逃していたようだった。

少しだけ時間を進めて見ると野球ボールはひとりでに手すりの上で数十センチ飛び跳ね、勝手に勢いよく落ちていった。誰も居ないのに、まるで誰かが投げたような感じで。
監視カメラの前に居た7人は無言。

警察官の一人が「まぁ、怪我をされなかったのは何よりですし、投げた人物も見当たりませんし、自分らは戻ります。また何かありましたらご連絡ください」と言い戻っていった。
年配の理事長も「こういうことは稀にあると思うし、気にしないようにしよう」と言い、全員納得して各部屋に戻っていった。

管理人さんから「どうされますか?」と聞かれたので、自分は「見なかったことにしようかなと思うんですが」と言うと管理人さんも「確かに。さすがに日報には書けないので」と言うことで無かったことになった。

15 本当にあった怖い名無し :2017/09/04(月) 23:15:56 ID:C8sdETis0
割と乗降客数の多い駅の駅前広場に幼児用のブーツが片方落ちていた。
それを見た瞬間、何故かそのブーツの持ち主が脳裏に浮かんだ。
母親がベビーカーを押していて、そのベビーカーに乗っている女の子の映像。
直ぐにブーツを拾って、地下の食料品売場の隅の方にあるカフェテリアに直行。
そこに映像どおりの女の子が居て、ベビーカーの後ろの収納ボックスに同じブーツのもう片方があったから「落としましたよ」と手渡したら感謝された。
その時はそれが自然だったから何も思わなかったけど、後から考えるとすごく不思議だ。
落とし主も、落とした瞬間も見た訳じゃないし、落とし主を知っていた訳でもない。
駅前広場周辺には他にもデパート等のビルが沢山並んでいて、どれもそこそこ混んでいた。
何故、持ち主が分かる筈のない落とし物を持って、特定のビルの特定の売り場の隅のカフェテリアに居る持ち主の元に迷いもせず直行出来たんだろう?

16 ケルベロス :2018/03/26(月) 14:51:50 ID:wpiI.K1w0
えっと今現在春休み中で家で動画見てたのよ
動画見てたらどっかでコンコンコンコンって聞こえんのよ
家の中で鳴ってる気もするけど遠くで鳴ってる気もする
もちろんなんかの勘違いかもしれない
なんかを叩くような音靴下履いた状態できの床を走るような音でもある
これがいつからか知らないけどすごい鳴る
動画見てるとこれがうるさいのなんのってま、とにかく迷惑!
付け加えると家の近くにいるときだけ鳴る
どっかで何かを叩いてるだけかもしれないけど
怖くなくてすまん

17 ケルベロス :2018/03/26(月) 14:56:59 ID:wpiI.K1w0
上の書き込みに追加
他にも誰もいないのに勝手にドアが開いたこともある
これだけに追加するなんてすまん

18 本当にあった怖い名無し :2018/05/04(金) 00:27:04 ID:vdGC5mEw0
ふと思い出して「あれは気持ち悪かったな」と改めて思ったので、こちらに失礼します。

もう10年程の出来事です。当時の私は低めの柵が張ってある二段ベッドの下段で寝起きしていました。
ベッドの上段は姉が使っていたのですが、当時彼女は大学へ通う為に遠方で一人暮らしをしていたので、上段には姉が実家で使っていた予備の布団が半ば放置という形で常に敷いてありました。
いつもの様に下段で一人就寝していると、ふと夜中に目が覚めたのです。
そして何の気なしにベッドの上段へ登る為に掛けてある簡素な梯子を見て、ある事に気付きました。
何故か上段から姉の掛け布団の一辺が梯子の中程まで垂れ下がっていたのです。
私が床に就く前は絶対にこんな風にはなっていませんでした。なぜそう言いきれるのかと言うと、当時の私は常夜灯として豆電球を灯していないと眠れない体質でした。その豆電球を灯すためには、一旦寝床から身を乗り出して下段の柵に足を掛けて立ち上がる様な格好になって手を伸ばさなければ電灯のひもに

19 本当にあった怖い名無し :2018/05/04(金) 00:51:54 ID:vdGC5mEw0
(途中送信してしまいました。すみません)
電灯の紐に手が届かなかったのです。
寝る前には絶対に上段の掛け布団はきちんと敷かれていた、それをハッキリと覚えていた私はその垂れ下がった掛け布団の端を見てまずは不思議に感じました。
上体を起こして梯子に掛かっている姉の掛け布団の端をつついてみたりして『不思議だな』と首を傾げ垂れた布団を戻そうとして、いや待てよ、と動作を一旦やめました。
寝る時には絶対にこんな事にはなってなかった訳ですし、誰かが部屋に入ってきたら目が覚める程当時は1人寝に不慣れで眠りの浅かった私がこの布団が垂れ下がるまで目が覚めなかったのはおかしい。更に、1つ部屋を隔てた先で眠っているはずの父がこんな意味不明な事をする為に夜に部屋に入ってくるはずがありません。
そこまで考え、私は言い様のない気持ち悪さにかられました。
そしてその垂れ下がった掛け布団を見なかったことにして、少々息苦しいですが布団を被って無理矢理眠りにつくことに。
再び目が覚めたのはいつも通り目覚まし時計に予めセットしていた時間でした。
そういえば夜中に姉の掛け布団が垂れ下がっていたな、と梯子を見上げると、そこには梯子のみがかかっているだけで別段異変はありませんでした。
母がきっと片付けてくれたんだ、と無理矢理自分を納得させ、そしてリビングへ。
丁度そこにいた両親に「布団、ちゃんと直してくれたんだね。夜中に垂れ下がっててビクッた」と半ば笑いながら告げると、両親とも不思議そうな顔で首を傾げました。
「夜、用事もないのにあんたの部屋に行くわけないでしょ」

私はその時、あの夜中目が覚めた時に上段をのぞき込まなくて良かったと心から思いました。もしかしたら、その時上段には見知らぬ誰かが眠っていたのかも知れません。

後になって話してくれたのですが、この家に住んでいた時、度々こういう体験を姉はよくしていたらしいのです。彼女がよくこういう事に遭遇していたのは、上段にいるのかもしれない私達家族以外の誰かのせいだったのかもしれません。

20 D-quity :2018/07/18(水) 16:54:09 ID:dqaV.UHs0
これは、どうすればいいのでしょうか?
私は、小学五年生から耳鳴りの症状があります。それが日に日にまして、今ではリアルに聞こえてきます。耳鳴りとはみなさんがイメージするやつとは違い、誰かが対話しているよな感じだったり、時には笑っていたり、またある時には名前を呼ばれたりしたことがありました。しかし、その中で一番恐ろしい事がありました。
ある朝、私は予備校に行くために電車に乗っていました。その時、またあいつです。
イライラしていたら、いきなり突然女の大きな声で、「お前だな!!!!!よくも!!!!!!ぶっ殺してやる!!!!!!」って。その時は、びっくりしてあたりを見ましましたが当然誰もそういう風に言いそう奴はいません。怖くなって、途中の駅に降りたのですが、扉が閉まる際に私は見てしまいました。
人混みの中に、たしかに私を見つめている目があちらこちらの隙間にギロリと私を見ていたのです。そのまま、電車はいってしまいました。

21 本当にあった怖い名無し :2018/07/19(木) 12:17:09 ID:NkyqIpX60
本当は2chにカキコしてこじつけでいいから何なのか教えて貰いたかったけど、チキンなのでここに投下。駄文スマソ。
昨日〜今日にかけて徹夜で怖話見てたんだが、音とかなるとビクッとする。もう慣れたとはいえ不意打ちはまだやめて欲しい。んで、やっぱり今回もそういう音は多々あった。でも大抵は外からの音だし、ビクッとしても特におかしいことは無かった。
そんな中、いきなり車が水溜まりを踏んで道路を通る音がした。俺の部屋の窓に面した道路。そん時窓は空いてた。
何がおかしいって、いきなりってのがおかしい。
どういうことかっつーと、車が水溜まりを通って水がはねる時の音、あれがいきなりした。断片的に。
たしかに乾きかけの水たまりは道路に転々とあった。そこはいい。
だから水の音も断片的に聞こえる。そこもいい。
異常なのは、車のエンジン音も水音がする時だけ断片的に聞こえること。
何か、常に透明で、存在が分からない車が、水溜まりを通る時だけこの世に出現するみたいな。
体験としてはそれが何台分か続いたってことで終了。
俺本人も読んでて全く面白くない。だけど当事者としてはただただ不思議なので、正直何だったのか誰かに教えて欲しい気分。
友達に話しても信じてもらえる歳じゃないんでちょっとスッキリした。
駄文失礼シマスタ

22 本当にあった怖い名無し :2018/09/15(土) 18:01:41 ID:y5YB/qeY0
さっき某部活の新人大会が終わった。
大会では音楽をかけるのでCDデッキを使っていた。
機材の片付けをしようと思ってCDを取り出すボタンを押したら手前にCD受けがブイーんと出てきたが、何故か空っぽ。あれ?と思ってクローズボタンを押すとCD受けが戻ってCDが入っている表示になった。やっぱりCDが中にあるようだ…もう一回押してみたらさっきはなかったCDが出てきた。不可解。

23 ほのくに ◆XksB4AwhxU :2018/11/06(火) 17:11:33 ID:ewgWHtvA0
中学3年生の夏ごろ、授業中の教室の天井から突然水が降ってくる出来事がありました。

その当時は、授業中に天井裏から変な音がしてみんながザワザワすることが何度もありました。
それはズリっというか、ズッというか、何か柔らかく重いものが移動しているような感じで、誰かが天井裏を這っているような印象でした。

そしてある日、ちょうどバケツ一杯をひっくり返して落としたような量がザーッと一瞬で落ちてきました。その時は全員があっけに取られて、床で跳ね返る水を呆然と見ていました。

そして皆が上を見ると、天井の板の隙間がわずかに濡れていて
そこから落ちてきたのだろうと分かりました。

それが連続して、3日目か4日目。とうとう誰かの机の上に水が…。その子は慌てて席を離れるも、教科書とノートの上ではねる水。

中学生にとって次は自分の机の上かも知れないという恐怖ときたらありません。友達との話題はそのことばかりでした。
そして土日の休みが入りました。

休み明け、先生が質問無用という感じで「これからは水が降ってくることは無いから、みんな落ち着いて勉強するように。」と宣言しました。それ以降、天井をひきずる音も、天井から落ちてくる水も無くなりました。

今思い返すと、あんな線一本の隙間からドシャドシャーっと水が落ちてくるのは不可能なのです。あれは何だったのかなぁ。

24 横浜駅の駅員 :2018/12/12(水) 08:36:00 ID:6h62TDG.0
自分は横浜駅で駅員をしているんだけど、そこで起こった不可解な話。
ある日、お客様がここは何駅だと聞きながら改札に来た。
横浜駅ですよ〜というとお客様はそんなわけないだろ!と怒鳴る。そして、自分は出町柳から来たんだぞと言う。
酔ってるように見えたから勘違いだろうと彼のICOCAを読み取り機に置くと、30分ほど前に京阪深森駅入場という記録がついていた。
京阪の駅から30分で横浜にこれるわけなく、年月日を確認するも間違いはなかった。
お客様に聞いても普通に電車に乗っただけだと言い要領を得ない。
よく分からなかったが面倒だったのでそのまま強制出場をして新幹線をご案内した。
よくよく考えてみると、うちのIC読み取り機は他エリアの鉄道会社は会社名のみ表示して駅名までは分からないはず…
ICカードのエラーだったのかな…

25 本当にあった怖い名無し :2018/12/27(木) 21:53:43 ID:73SCP6Kk0
不可解な一致

なんてことはないんだけど、数ヶ月前に嫁に不倫され、離婚した。気分転換に俺は12月23日に性感エステに行き、その時についた女性から上映中の映画「ボヘミアンラプソディ」が面白いから見に行った方がいいと勧められた。その時はふ〜んくらいにしか思わなかった。

翌日に洋服の青山にスーツを買いに行き、次の日に早速スーツを来て仕事に行った。ボールペンを上着の旨ポケットに入れた瞬間に違和感を感じて確認すると、なぜか「ボヘミアンラプソディー」の映画のチケットが一枚出てきた。そしてなんと財布の中からももう一枚出てきた。しかも12月23日上映の夫婦割りのチケットだった。

性感エステと洋服の青山は全く無関係の業種だし、関わりが一切ないはずなのだが偶然の一致には出来過ぎている。「夫婦割り」「上映日が過ぎたチケット」にはどんな意味があり、何の暗示が隠されているんだろう。

26 本当にあった怖い名無し :2019/02/02(土) 02:03:45 ID:2gkY89B20
あんま大したことじゃないんだけど1つ。

小学校3年だか4年の音楽の授業では教科書の他に楽曲集みたいな文庫本のようなものも副読本?として使ってたんな。

授業は毎回音楽室でやるのでそれら
とピアニカやリコーダーを持って移動するんだけど
ある日、気づいたら楽曲集がない。

振り返ると当時のクラスメートで手グセの悪い他県民(転校生)が居たので
おおかた

27 (1/3) :2019/02/02(土) 04:29:46 ID:2gkY89B20
あんま大したことじゃないんだけど色々読んでて思い出したので投下。

小学校3年だか4年の音楽の授業では教科書の他に文庫本みたいな楽曲集も使ってた。

授業は毎回、音楽室でやっていたので、開始前にはそれらと自分の楽器(ピアニカやリコーダー)の準備、移動が必要だった。

その日の授業前もいつものように自分の机からテキスト類を持ち出し、自分のロッカーへ楽器を取りに行った時に気づいた。

さっきまで手元にあった
楽曲集が ない。

あれ?と思い机の中を確認してみたが
楽曲集は見当たらなかった。

その日はたまたま遅刻気味であり、更に音楽担当は担任でありヒス要素かなり多目の女性教師であったために殊更焦っていた。

振り返ると、焦燥感にかられて無意識に2冊を取り出したと思い込んでいたのだろう。

(続きます)

28 (2/3) :2019/02/02(土) 04:43:17 ID:2gkY89B20
当時、学校で自分のモノが勝手になくなっていることが頻繁にあった。
楽曲集の件もその1つに過ぎないのだが
同一人物からモノが返ってきた事が二度あった。

一度目は低学年の頃。
自分が授業で使うためにクラスに持ち込んだおもちゃがなくなっていたのだが
月日が経ったある日のこと、あるクラスメートが借りっぱなしだった、とヘラヘラした雰囲気でそれを返してきた。
もちろん貸した覚えなど無い。

そいつをRとする。

小学校1年の時に他県から転校してきたRは卒業までずっと同じクラスであった。

楽曲集の時まで知る由もなかったが、Rの手グセの悪さはクラスではほぼ周知の事実として広まっており
自分もそれから間も無くして、クラスメートからRの噂話を聞いた。

その場では噂を信じたくないという理由で違うのではないかと言ったが
それから1年後、今度はリコーダーケースに付けていたキーホルダーが無くなっていた。

おもちゃより思い入れがあったのでそれを泣きながら担任に伝えたところ
渋々ながらもその日の帰りの会でクラス全体に問いただしてくれた。

その後間も無くしてRが、自分も同じものを持っているため譲る、という名目でそれを寄越してきたのだが
アホな自分は奴を微塵も疑わず、喜びと感謝を込めて受け取った。

だがしばらくして流石にRの不審さに気づいた自分は、楽曲集もそいつがやったのだろうな、と結論づけた。

(続きます)

29 (3/3) :2019/02/02(土) 04:52:43 ID:2gkY89B20
長くてごめんよ
ここからが本題。

これら小学校での盗難に関してはまだ説明がつけられるが
実は学校外でも似たようなことが起こった。

R盗難疑惑からしばらく経ったある冬の日、家で単4充電池2本を充電していた。

ポケモンブームもあり、ゲームボーイにどハマりしていた自分は
その日もいつものように充電器に電池をセットし自室の床近くの壁コンセントに挿した。

そして頃合いを見て電池の回収を試みたのだが
コンセントから充電器を抜いた際、手を滑らせ充電器を床に落としてしまい、その弾みで電池1本がどこかへ飛んでいってしまった。

しかし、飛んでいったといえど
コンセントは本棚とクローゼットの間の幅1mも満たない空間にあり、どこにいったかはたかが知れている…

と思いきや
なんと電池が見当たらない!

あれ?と思い、クローゼットや本棚をどけてみたが、どこにも無い。

不可解に思いつつもそのうち出てくるだろうと思い
その日は別の電池を使った。

しかし、あれからもう20年近く経つが見つからないまま今に至る。


書いてて思い出したが
そういえば似た現象、大学の時にアパート暮らしでもあったな…
覚えてる限りだとデジカメと、その時からずっと使ってた件の充電器と…

引き払い時の荷造りでも見当たらなかったので
引っ越し先で荷物ひっくり返して探してみたが
いずれも出てこず今に至る。

更にこの年末は
まさかまさかのiPad紛失。もちろん自室。
大掃除しても出てきませんでしたorz


次は何が消えるのかちょっと怖い。

30 ほのくに :2019/03/05(火) 23:21:11 ID:rHr.oryY0

塩原温泉病院に知り合いが入院していました。
非常にお世話になった人だったので
週に1〜2回、遠い距離を面会に行っていました。
たしか2004年のことだったと思います。

いつだったか面会に行っても診察かなにかでしばらく待たなければならない時がありました。


その日は秋のおだやかな陽気だったので、私は庭を散歩してみようと思いました。

その当時、エントランスを入っていくと
広い駐車場があり、その向こうに何棟もの病棟が山に向かってだんだんと上がっていくように見え、駐車場は、小高い塀のように、5mほどの高さの堤に囲まれてすり鉢の底のような感じでした。



そして駐車場のはずれを歩いていると、木立に隠れて人がやっと通れるくらいの道があるのを見つけました。

駐車場から右手に見える堤の向こう側は崖になっていてはるか下の方に鹿股川が流れているはずだと思って、私はその急な道を登っていくことにしました。

尾根まで登り切って振り返ると木立の向こうに駐車している車の群れが陽の光に光っています。すぐ下には人々の気配があるのに、ここはまるで時が止まって別な世界にいるようです。

そして前方に目をやれば、すぐ下の斜面に古びた木製の高い塀で囲まれたものが建っています。

斜面の途中までその塀は続いていて、途切れた先は崖になっています。そして思った通り、その先には美しい紅葉に彩られた川の流れ見下ろすことができ、私はその美しさにしばし見とれていました。

ところで、その木の塀に囲まれた建造物はどうも露天風呂のように見えます。私は好奇心にかられて出来る限りぐるっと周りを回ってみました。

すると木の塀の隙間が少し空いているところがあり、そこからそっと覗いてみると、思った通り露天風呂になっています。湯気もあがっています。

4,5人くらい入れるでしょうか?小さめの浴槽に張られたお湯の水面に青空が映っています。周りには木の床に囲まれていて、日本人にはおなじみの黄色いプラスチックの湯桶が色褪せて2つ。奥の方に着替えを置くだろう棚も見えます。いかにも誰かのプライベートな露天風呂といった印象です。

ここだけが別世界のようでひと気が無く、かと言ってしばらく使われてないような荒廃した空気はありません。

初めは病院に勤務している医師や看護師がプライベートに使っているのかなと思いましたが、そんな訳ないかと思い直し、でも患者さんが使うはずも無いのです。温泉病院ですから患者さんは病棟の中で温泉療養をしているのですから。

とても腑に落ちない想いをいだいて坂を下りて駐車場に戻ると、人間世界に降りてきた!という感じがしました。まるで異世界にでもいたのかと思う感覚で思わず振り返ってみましたが、小道も、もちろん向こう側にある温泉も見えません。

また機会があったら行ってみたいと思っていましたが、それきり機会もなく知り合いも退院し、何年か経ったら温泉病院は新しい大きな建物が崖に張り出すように建っていて、あの露天風呂はどうなったのだろうと時々思い出して不思議に思っています。

あの露天風呂の情報を誰か知っていれば教えていただきたいものです。

31 結婚式 :2019/03/13(水) 23:47:26 ID:bI2g8kwY0
20代から友達が次々と結婚しました。
もちろん、結婚式に呼ばれて行く私。

ある時の結婚式が、ものすごく違和感があった。
両家の温度差があまりにも違う。
両家の育ち柄の差かと思ってた。
(旦那大人しい、嫁快活)
…数年後離婚。

その離婚(?)を気に、離婚するかどうかが、過去に行ったのも含めてわかるようになってしまった。
「結婚しました」ハガキも『本当の相手』でなかったら、ひとりハガキ相手に動悸がする。触れない(^^;
(はじめは「未婚のうち心狭い(T^T)人の結婚喜べないって!」と悩んだ)

きっかけの離婚があって10年以上経つ。今は慣れた。
離婚報告受けても「でしょうねー」って口が裂けても言えないが。

これは、何度も結婚式行ってるとわかること?

32 本当にあった怖い名無し :2019/05/20(月) 02:51:40 ID:7fRYGUAU0
精神科医の先生も離婚する結婚はなんとなく分かるって言ってた
洞察力が鋭いだけでオカルトではないと思う

33 本当にあった怖い名無し :2019/09/26(木) 22:58:29 ID:w3kWKbxA0
>白い建物のような物体
アトランティス時代の建物は白っぽい透明だったらしい。

>TV中継の解説者は死神で
解説者は寧ろおやじの魂だったんじゃw

34 本当にあった怖い名無し :2019/11/12(火) 12:45:56 ID:IxbSpdwA0
小学生の時の不思議な話を一つだけあるので良かったらお付き合いください。

今は知らないけど当時は5年生と6年生の2年間は同じクラスメイトで固定。
それで6年生になって転校生の板垣君がやって来た。
俺の記憶は毎週月曜日と金曜日にある朝礼が終わって軽く話した事だけ。
整列した時に身長順で並んで俺の前が彼で首の後ろに大きなホクロがあった事を良く憶えている。

それで一学期最終日の朝礼後に板垣君が「また転校するので今日が最後。今までありがとう」と言った。
あまりに突然で「え?そうなの?」くらいしか言えなかった。
転校するのだし先生からの説明や本人の挨拶があるだろうと思っていた。
でも何故か何も無かったので「あれ?何もないのか」と驚いた記憶がある。

先日、卒業30周年記念同窓会&担任先生喜寿祝いと言うのがあったので参加した。
雑談中に俺が板垣君の話をすると誰も憶えていない。
卒業アルバムや遠足などの写真を持ってきている人もいたので確認するが姿なし。
俺も朝礼以外で何か思い出そうとしたが学校内外で遊んだ事や席順などの教室内の記憶が無い。
担任の先生もクラスだけではなく学年でも2年間で転入出する生徒がいなかった事と言う。
特に受け入れ側だと色々と準備もあるので失念する事は考えられないと断言された。
確かにクラス全員の出席番号と氏名、保護者の名前などを言えるくらいなので認知機能低下は考え難い。

今でも朝礼後に話す時の板垣君の笑顔や転校すると言った時の寂しそうな顔を憶えている。
「本当に実在していたのかな」とも思うけど、俺が存在を否定すると駄目な気がしてね。
きっと何処かで元気にやっていると信じている。

35 本当にあった怖い名無し :2019/11/28(木) 02:48:32 ID:4iynNibk0
テスト(オカルトとは無縁のもの)
https://i.imgur.com/cP3BpGp.jpg

36 本当にあった怖い名無し :2019/12/22(日) 01:39:53 ID:kVBu/Rjw0
うちのアパートの横が神社なんだが、玉垣の一部がぶち破られてたことがあった。
外から神社内に向かって何らかの大きな力が働いて幅1mぐらいの玉垣がふっ飛ばされてた。飛距離は2mぐらいだったかな。
該当部分の外側は幅広めの側溝。そしてその対岸にうちのアパートの駐車場。何かがぶつかることは考えにくい。ぶつかったにしても
あの飛距離は異常。誰かが小さいカメハメ波
でもしたんだろうか。暫くして業者が直してくれたけど。。なんか、思い出したので書き込んだ。

37 本当にあった怖い名無し :2019/12/22(日) 01:47:01 ID:kVBu/Rjw0
>>36
追加
飛距離なのかはわからんが、本来の場所から玉垣が横たわっていた所までの距離ね
ふっ飛んだかどうかは見てないし

38 本当にあった怖い名無し :2020/03/20(金) 19:54:49 ID:8wlJ9Zjk0
多分去年の今くらいのお話。
日付が変わるか変わらないかくらいの夜、バイト帰りに家のもよりのバス停に降りた。
ここから家までは徒歩5.6分くらい、バス停から直進し、バス通りと平行している川を左折して渡り、また右折して川沿いに進むというルートを進む。

橋にたどり着き、曲がったところで、渡った先の橋のガードの根本に猫のからだがお腹から後ろだけが見てとれた
前足や頭は角の先に隠れてる形
体はちょうど影になってて模様とかはわからず、ただ猫がよくやる上に伸ばした尻尾をしていたから、まあ猫なのは間違いないだろう
あ、猫だーと思うだけで特に気にはしなかった。野良猫何匹もいる土地だからね そのまま橋を右折し渡り初め、あと3.4歩で曲がり角、というところでその猫の影も前に進み消えた
角までたどり着き、どんな猫だったのカナート角の先を見る

いない

橋沿いの道は平坦で次の橋のある十字路まで完全に見通せるんだけど、どこにもいない
歩くペース的に俺が角に来るまでに前の曲がり角まで行くのはちょっと無理があると思える距離だし、じゃあ、橋のガードの外側を俺と入れ違いに戻ってったのかなと思ったけど、ガードの柱は土台とほぼ同じ太さで猫が歩けるスペースはない。
すぐ脇を雨水や下水管が通ってるけど、平面じゃなく円柱で流石に猫でもこの上を全力で走れるとは思えない。

これが俗に言うなにかに化かされた体験???という不思議な気持ちに
実害はないし特に怖いとは感じなかったな
家帰ってからも家族に話したら化かされたんじゃないの〜と
まあ後々考えれば川と反対側の家の垣根飛び越えたとか、現実的な答えではあるんだろうけど  
不思議体験ならいいなーと思ったので サイトを見つけたので書き込ませていただきました。

39 ほのくに :2020/05/01(金) 22:05:26 ID:3NGdynGE0
善光寺の超能力者

25年くらい前の話
ある人が長野県で超能力者に会ってきたという話をしてくれた。
その話を聞いて会って見たくてたまらなくなり、夏休みを利用して家族旅行のついでにそこに寄ってみることにした。

それは善光寺の前に伸びる道路と平行にある商店街だったような記憶がある。
その超能力者はパブ?飲み屋を経営していて店は19時以降でないと開かないというので、昼間は観光して、その時間を待って小さな子を3人連れて行った。(家族5人)

その店はホステスもいて小さな子がいるのを珍しがって相手をしてくれた。
そのオーナーは慣れていると見えて、まずは私たちが食事を頼んで終わるのを待って、いろいろなことを見せてくれた。

手を触れずに時計の針を止めたり
私が持っていた口紅を手を触れずに押すように動かしたり。

一番びっくりしたのはスプーン曲げ。
テレビと違って、
硬い大きなディナー用の大きなスプーンの端を持って一振りすると、根元からバネみたいにグルングルンに巻かれていたこと。
それに日付とサインを書いてくれた。

今も玄関の飾り棚にそれはある。

店の名前は忘れてしまったけれど
ポリスという字が入っていたような気がする。

その後ほどなくしてその超能力者は亡くなってしまったと聞いたのだけれど真偽のほどは分かりません。

誰か行ったことがある人はいませんか?

40 本当にあった怖い名無し :2020/06/10(水) 00:42:16 ID:9paalkTs0
2013年10月2日に見た夢をFBに投稿した内容です。
最近の日本及び国際情勢に関してあまりにも
当て嵌まっているような気がしてこちらに投稿します。
(以下2013年に投稿した内容です。後から知った事は()内に記述)

さっきNHKで式年遷宮のニュースをやっていて
上棟祭に場面を見たら、今年見た夢を思い出した。
夢に見た建物がすごく似ていたので不思議だったので書き留めておいた。
この夢を見たのは5月23日で、その日伊勢神宮では
1年前に檐付祭(のきつけさい)というのが行われた日でした。

(後から調べて判った事ですが2013年「東側を米の坐(よねのくら)西側を
金の坐(かねのくら)といって20年ごとに社殿の建て替えが行われます。
今は米の坐で、本年秋には建築中の金の坐に神様が移動なさいます。
昔から米の坐は安定期、金の坐は動乱期といわれています」)
↑金の座は動乱期という点に注目ください。

夢の続きに戻ります。

私は何か行事みたいなものがあって参加している。神事みたいなものらしい。
数種類の衣類が(袴・着物・羽織のようなもの)数十枚単位ずつあって
それをひとり一枚持って順番に屋根の上のようなところから広げては
移動するみたいな事を繰り返す。
それをすることで、何か悪いものと戦っている感じだった。
何度も同じことを繰り返すのだけど、最後の回で失敗をしてしまい、
建物の中で炎が上がったり人が死んだりしてしまう。

移動は何もない広い場所でしているのだけど、衣類を広げるのは屋根の上
(のような見晴らしのいい所)でやっている。
いくぞ!みたいな感じで袴を持った十数人が、どどどーと屋根?に登って
畳んであった袴を広げて「えいや!」って何かを威嚇して、次に着物を
持った十数人が突撃する、といった感じ。
自分が担当してのは着物(柔道着みたいに丈の短いもの)で 広げ終わると、
すかさず袖畳みをして(畳み方も決まっている)待機場所へ戻る。
赤っぽい色をしていた。
これをほんとうに何度も何度も繰り返していた。
ちなみに周りはまったく知らない男性たち。

で、さっきも書いた通り、テレビで見た上棟祭の建物と
ググってもらえば判るけど式年遷宮の時に神職の方達が
身に纏う衣装とそっくりなものを夢で見た。
20年周期で回ると言われているそうです。
夢を見た当初は今のコロナ禍とか各地の暴動とか予想も
していなかったので軽く考えていましたが
次の式年遷宮まで日本が無事でいられるのか不安で
仕方なくてこちらに書き込みました。

41 本当にあった怖い名無し :2020/06/14(日) 02:15:28 ID:VDeocghQ0
小学生の頃やたらリアルな夢を見た。
家の近くにある雑木林の中を飛び回りそろそろ家に
帰ろうと家の近くの180センチくらいある塀の上を飛んで
いたら前から歩いてきたカップルの女性と目が合って
女性がギャー!と叫んだ、私もびっくりした。
気がついたら布団の中にいた。
3歳頃から不思議な体験をしているので、もしかしたら
幽体離脱したのかも?と思ってる。

42 本当にあった怖い名無し :2020/08/28(金) 13:31:34 ID:/82pTi2Q0
4年くらい前
神棚の置いてある部屋に用事があったためそこでガサゴソしてたら、後ろから
「なむあみだぶつ」
という声が

正直、はっきりとした発音ではなく
テレビでうちの猫挨拶ができるんですよ〜、といわれて出てきた猫みたいに言われりゃ聞こえるかも、みたいなうにゃうにゃした声だったんだが音ははっきり聞こえたため、すぐさま走ってその部屋から逃げた

ただの気のせいか、それこそ猫が迷い込んでただけなのかもしれないが、未だにあの部屋に一人で入れない

43 本当にあった怖い名無し :2020/11/08(日) 12:38:39 ID:hEpMgWxI0
自分にとっての正確な記憶は高校生からで、それ以前の記憶はわけがわからない。
何故ならその記憶の全てには自分の姿があるから。
中学生以前の記憶はまばらで、違った方向から自分と他人を見ているような、そんな映像だけが
自分の中にある。
高校生の、いつだったか、どこかの遊歩道を歩いていたとき、周囲がぐるぐる回る現象に陥った
ことがある。それ以降、しっかりと記憶が記憶として残るようになったし、第三者視点で見るこ
ともなくなった。
後日、親にそういえば昔こんなことがあったよね、と聞いたが、どれもこれも知らないと言われ
てしまった。中学生以前に記憶していたものは自分だけで、幼馴染の友人にも聞いたが知らない
と言われてしまった。
もういい加減、いい年齢になっているので気にせずにすんでいるが。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

パイニャン - 青山裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板