したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

投稿用スレ

38 本当にあった怖い名無し :2020/03/20(金) 19:54:49 ID:8wlJ9Zjk0
多分去年の今くらいのお話。
日付が変わるか変わらないかくらいの夜、バイト帰りに家のもよりのバス停に降りた。
ここから家までは徒歩5.6分くらい、バス停から直進し、バス通りと平行している川を左折して渡り、また右折して川沿いに進むというルートを進む。

橋にたどり着き、曲がったところで、渡った先の橋のガードの根本に猫のからだがお腹から後ろだけが見てとれた
前足や頭は角の先に隠れてる形
体はちょうど影になってて模様とかはわからず、ただ猫がよくやる上に伸ばした尻尾をしていたから、まあ猫なのは間違いないだろう
あ、猫だーと思うだけで特に気にはしなかった。野良猫何匹もいる土地だからね そのまま橋を右折し渡り初め、あと3.4歩で曲がり角、というところでその猫の影も前に進み消えた
角までたどり着き、どんな猫だったのカナート角の先を見る

いない

橋沿いの道は平坦で次の橋のある十字路まで完全に見通せるんだけど、どこにもいない
歩くペース的に俺が角に来るまでに前の曲がり角まで行くのはちょっと無理があると思える距離だし、じゃあ、橋のガードの外側を俺と入れ違いに戻ってったのかなと思ったけど、ガードの柱は土台とほぼ同じ太さで猫が歩けるスペースはない。
すぐ脇を雨水や下水管が通ってるけど、平面じゃなく円柱で流石に猫でもこの上を全力で走れるとは思えない。

これが俗に言うなにかに化かされた体験???という不思議な気持ちに
実害はないし特に怖いとは感じなかったな
家帰ってからも家族に話したら化かされたんじゃないの〜と
まあ後々考えれば川と反対側の家の垣根飛び越えたとか、現実的な答えではあるんだろうけど  
不思議体験ならいいなーと思ったので サイトを見つけたので書き込ませていただきました。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

クズの本懐(7) (ビッグガンガンコミックス) - 横槍 メンゴ


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板