したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

投稿用スレ

1 ahoseek :2014/10/21(火) 11:36:46 ID:BVGncACo0
不可解な体験をした方で、2ch等の掲示板に書き込めない方はこのスレッドに投稿してください。

33 本当にあった怖い名無し :2019/09/26(木) 22:58:29 ID:w3kWKbxA0
>白い建物のような物体
アトランティス時代の建物は白っぽい透明だったらしい。

>TV中継の解説者は死神で
解説者は寧ろおやじの魂だったんじゃw

34 本当にあった怖い名無し :2019/11/12(火) 12:45:56 ID:IxbSpdwA0
小学生の時の不思議な話を一つだけあるので良かったらお付き合いください。

今は知らないけど当時は5年生と6年生の2年間は同じクラスメイトで固定。
それで6年生になって転校生の板垣君がやって来た。
俺の記憶は毎週月曜日と金曜日にある朝礼が終わって軽く話した事だけ。
整列した時に身長順で並んで俺の前が彼で首の後ろに大きなホクロがあった事を良く憶えている。

それで一学期最終日の朝礼後に板垣君が「また転校するので今日が最後。今までありがとう」と言った。
あまりに突然で「え?そうなの?」くらいしか言えなかった。
転校するのだし先生からの説明や本人の挨拶があるだろうと思っていた。
でも何故か何も無かったので「あれ?何もないのか」と驚いた記憶がある。

先日、卒業30周年記念同窓会&担任先生喜寿祝いと言うのがあったので参加した。
雑談中に俺が板垣君の話をすると誰も憶えていない。
卒業アルバムや遠足などの写真を持ってきている人もいたので確認するが姿なし。
俺も朝礼以外で何か思い出そうとしたが学校内外で遊んだ事や席順などの教室内の記憶が無い。
担任の先生もクラスだけではなく学年でも2年間で転入出する生徒がいなかった事と言う。
特に受け入れ側だと色々と準備もあるので失念する事は考えられないと断言された。
確かにクラス全員の出席番号と氏名、保護者の名前などを言えるくらいなので認知機能低下は考え難い。

今でも朝礼後に話す時の板垣君の笑顔や転校すると言った時の寂しそうな顔を憶えている。
「本当に実在していたのかな」とも思うけど、俺が存在を否定すると駄目な気がしてね。
きっと何処かで元気にやっていると信じている。

35 本当にあった怖い名無し :2019/11/28(木) 02:48:32 ID:4iynNibk0
テスト(オカルトとは無縁のもの)
https://i.imgur.com/cP3BpGp.jpg

36 本当にあった怖い名無し :2019/12/22(日) 01:39:53 ID:kVBu/Rjw0
うちのアパートの横が神社なんだが、玉垣の一部がぶち破られてたことがあった。
外から神社内に向かって何らかの大きな力が働いて幅1mぐらいの玉垣がふっ飛ばされてた。飛距離は2mぐらいだったかな。
該当部分の外側は幅広めの側溝。そしてその対岸にうちのアパートの駐車場。何かがぶつかることは考えにくい。ぶつかったにしても
あの飛距離は異常。誰かが小さいカメハメ波
でもしたんだろうか。暫くして業者が直してくれたけど。。なんか、思い出したので書き込んだ。

37 本当にあった怖い名無し :2019/12/22(日) 01:47:01 ID:kVBu/Rjw0
>>36
追加
飛距離なのかはわからんが、本来の場所から玉垣が横たわっていた所までの距離ね
ふっ飛んだかどうかは見てないし

38 本当にあった怖い名無し :2020/03/20(金) 19:54:49 ID:8wlJ9Zjk0
多分去年の今くらいのお話。
日付が変わるか変わらないかくらいの夜、バイト帰りに家のもよりのバス停に降りた。
ここから家までは徒歩5.6分くらい、バス停から直進し、バス通りと平行している川を左折して渡り、また右折して川沿いに進むというルートを進む。

橋にたどり着き、曲がったところで、渡った先の橋のガードの根本に猫のからだがお腹から後ろだけが見てとれた
前足や頭は角の先に隠れてる形
体はちょうど影になってて模様とかはわからず、ただ猫がよくやる上に伸ばした尻尾をしていたから、まあ猫なのは間違いないだろう
あ、猫だーと思うだけで特に気にはしなかった。野良猫何匹もいる土地だからね そのまま橋を右折し渡り初め、あと3.4歩で曲がり角、というところでその猫の影も前に進み消えた
角までたどり着き、どんな猫だったのカナート角の先を見る

いない

橋沿いの道は平坦で次の橋のある十字路まで完全に見通せるんだけど、どこにもいない
歩くペース的に俺が角に来るまでに前の曲がり角まで行くのはちょっと無理があると思える距離だし、じゃあ、橋のガードの外側を俺と入れ違いに戻ってったのかなと思ったけど、ガードの柱は土台とほぼ同じ太さで猫が歩けるスペースはない。
すぐ脇を雨水や下水管が通ってるけど、平面じゃなく円柱で流石に猫でもこの上を全力で走れるとは思えない。

これが俗に言うなにかに化かされた体験???という不思議な気持ちに
実害はないし特に怖いとは感じなかったな
家帰ってからも家族に話したら化かされたんじゃないの〜と
まあ後々考えれば川と反対側の家の垣根飛び越えたとか、現実的な答えではあるんだろうけど  
不思議体験ならいいなーと思ったので サイトを見つけたので書き込ませていただきました。

39 ほのくに :2020/05/01(金) 22:05:26 ID:3NGdynGE0
善光寺の超能力者

25年くらい前の話
ある人が長野県で超能力者に会ってきたという話をしてくれた。
その話を聞いて会って見たくてたまらなくなり、夏休みを利用して家族旅行のついでにそこに寄ってみることにした。

それは善光寺の前に伸びる道路と平行にある商店街だったような記憶がある。
その超能力者はパブ?飲み屋を経営していて店は19時以降でないと開かないというので、昼間は観光して、その時間を待って小さな子を3人連れて行った。(家族5人)

その店はホステスもいて小さな子がいるのを珍しがって相手をしてくれた。
そのオーナーは慣れていると見えて、まずは私たちが食事を頼んで終わるのを待って、いろいろなことを見せてくれた。

手を触れずに時計の針を止めたり
私が持っていた口紅を手を触れずに押すように動かしたり。

一番びっくりしたのはスプーン曲げ。
テレビと違って、
硬い大きなディナー用の大きなスプーンの端を持って一振りすると、根元からバネみたいにグルングルンに巻かれていたこと。
それに日付とサインを書いてくれた。

今も玄関の飾り棚にそれはある。

店の名前は忘れてしまったけれど
ポリスという字が入っていたような気がする。

その後ほどなくしてその超能力者は亡くなってしまったと聞いたのだけれど真偽のほどは分かりません。

誰か行ったことがある人はいませんか?

40 本当にあった怖い名無し :2020/06/10(水) 00:42:16 ID:9paalkTs0
2013年10月2日に見た夢をFBに投稿した内容です。
最近の日本及び国際情勢に関してあまりにも
当て嵌まっているような気がしてこちらに投稿します。
(以下2013年に投稿した内容です。後から知った事は()内に記述)

さっきNHKで式年遷宮のニュースをやっていて
上棟祭に場面を見たら、今年見た夢を思い出した。
夢に見た建物がすごく似ていたので不思議だったので書き留めておいた。
この夢を見たのは5月23日で、その日伊勢神宮では
1年前に檐付祭(のきつけさい)というのが行われた日でした。

(後から調べて判った事ですが2013年「東側を米の坐(よねのくら)西側を
金の坐(かねのくら)といって20年ごとに社殿の建て替えが行われます。
今は米の坐で、本年秋には建築中の金の坐に神様が移動なさいます。
昔から米の坐は安定期、金の坐は動乱期といわれています」)
↑金の座は動乱期という点に注目ください。

夢の続きに戻ります。

私は何か行事みたいなものがあって参加している。神事みたいなものらしい。
数種類の衣類が(袴・着物・羽織のようなもの)数十枚単位ずつあって
それをひとり一枚持って順番に屋根の上のようなところから広げては
移動するみたいな事を繰り返す。
それをすることで、何か悪いものと戦っている感じだった。
何度も同じことを繰り返すのだけど、最後の回で失敗をしてしまい、
建物の中で炎が上がったり人が死んだりしてしまう。

移動は何もない広い場所でしているのだけど、衣類を広げるのは屋根の上
(のような見晴らしのいい所)でやっている。
いくぞ!みたいな感じで袴を持った十数人が、どどどーと屋根?に登って
畳んであった袴を広げて「えいや!」って何かを威嚇して、次に着物を
持った十数人が突撃する、といった感じ。
自分が担当してのは着物(柔道着みたいに丈の短いもの)で 広げ終わると、
すかさず袖畳みをして(畳み方も決まっている)待機場所へ戻る。
赤っぽい色をしていた。
これをほんとうに何度も何度も繰り返していた。
ちなみに周りはまったく知らない男性たち。

で、さっきも書いた通り、テレビで見た上棟祭の建物と
ググってもらえば判るけど式年遷宮の時に神職の方達が
身に纏う衣装とそっくりなものを夢で見た。
20年周期で回ると言われているそうです。
夢を見た当初は今のコロナ禍とか各地の暴動とか予想も
していなかったので軽く考えていましたが
次の式年遷宮まで日本が無事でいられるのか不安で
仕方なくてこちらに書き込みました。

41 本当にあった怖い名無し :2020/06/14(日) 02:15:28 ID:VDeocghQ0
小学生の頃やたらリアルな夢を見た。
家の近くにある雑木林の中を飛び回りそろそろ家に
帰ろうと家の近くの180センチくらいある塀の上を飛んで
いたら前から歩いてきたカップルの女性と目が合って
女性がギャー!と叫んだ、私もびっくりした。
気がついたら布団の中にいた。
3歳頃から不思議な体験をしているので、もしかしたら
幽体離脱したのかも?と思ってる。

42 本当にあった怖い名無し :2020/08/28(金) 13:31:34 ID:/82pTi2Q0
4年くらい前
神棚の置いてある部屋に用事があったためそこでガサゴソしてたら、後ろから
「なむあみだぶつ」
という声が

正直、はっきりとした発音ではなく
テレビでうちの猫挨拶ができるんですよ〜、といわれて出てきた猫みたいに言われりゃ聞こえるかも、みたいなうにゃうにゃした声だったんだが音ははっきり聞こえたため、すぐさま走ってその部屋から逃げた

ただの気のせいか、それこそ猫が迷い込んでただけなのかもしれないが、未だにあの部屋に一人で入れない

43 本当にあった怖い名無し :2020/11/08(日) 12:38:39 ID:hEpMgWxI0
自分にとっての正確な記憶は高校生からで、それ以前の記憶はわけがわからない。
何故ならその記憶の全てには自分の姿があるから。
中学生以前の記憶はまばらで、違った方向から自分と他人を見ているような、そんな映像だけが
自分の中にある。
高校生の、いつだったか、どこかの遊歩道を歩いていたとき、周囲がぐるぐる回る現象に陥った
ことがある。それ以降、しっかりと記憶が記憶として残るようになったし、第三者視点で見るこ
ともなくなった。
後日、親にそういえば昔こんなことがあったよね、と聞いたが、どれもこれも知らないと言われ
てしまった。中学生以前に記憶していたものは自分だけで、幼馴染の友人にも聞いたが知らない
と言われてしまった。
もういい加減、いい年齢になっているので気にせずにすんでいるが。

44 本当にあった怖い名無し :2021/06/18(金) 15:52:38 ID:wOw91FLA0
感情を含む体験の根本原因は体験者自身の先入観・自分ルール・思い込み・色眼鏡・記憶・判断基準etc。価値観が変わらない限り似たような体験を繰り返す。執着が強いほど感情も強まる
情報をどう解釈し反応し対処するかは解釈者の自由選択。「世相・言葉・服装・風紀の乱れ」はそれを感じる本人の心の乱れの自己投影
不満イヤ不安ウザ不快コワ不信キモ不可解の原因は各人の固定観念にあるので他者のせいにするのは筋違い。他者に不自由を与えた者は自らも不自由を得る
故に、貴方が誰かを怒らせても貴方に相手の怒りの原因はない。逆に、誰かが貴方を怒らせても相手に貴方の怒りの原因はない
他罰的で他力本願で問題解決力が低く対外評価を気にする不寛容者ほど、情緒安定と自己防衛の為にマナー礼儀作法ルール法律を必要とする

感情自己責任論(解釈の自由と責任)〜学校では教えない合理主義哲学〜
://kanjo.g1.xrea.com/

45 SCF :2021/07/26(月) 00:01:04 ID:2b3SSMXQ0
初投稿です
さっきうたた寝してまして どうやら寝落ちしてしまったみたいです
わたしが経験したのは恐らく明晰夢の類ではないかと思います

妙に薄暗い町でした 人の気配はありません
全体的に夕暮れ時なのか空はオレンジと紫でした
とりあえず 散歩すると およそ50cmから1mくらいまでの高さを
いわゆるエアウォークできるようになってうれしくて
すいすい歩いていきました
気が付くとでかいビル?ホテル?みたいなところに出ました

いわゆる第一村人的な方に会わないかなとこのときはワクワクして
ホテルに入りました
このときにはエアウォークを理解したのかおよそ30階くらいまで
ジャンプで飛べるように
ようやくホテルに入りました
ここなら誰かいるんじゃないかって
異世界人ならぬ夢世界人と話してみたい このときまではそう思っていました

ホテルなのかと思いきやどうやら中はマンションのようでした
1つ1つの部屋にはいわゆる苗字のようなものが書かれていましたが
ぐじゃぐじゃで全く読めませんでした
たまたま声がしたほうに行ってみると扉が開いてみました
自分は興味本位にやっほーのノリで扉を開けました

そこにいたのは扉の内側で絶命した男性
そしておそらくショットガンを持つ筋肉質で殺意むき出しのやばそうな太った女性
その女性のおしりの辺りにかくれる女の子

次の瞬間 自分はあっやばいと思いました
どう考えても事情は分からないけど殺人現場だなと
そしてこの女性は恐らく会話どころじゃないなと
失礼しましたと逃げようとした矢先
何が起こったのか首根っこをつかまれました
この女性の能力なのか
一瞬のうちに自分の背後が先ほど外からみたガラス張りの窓です
えっ さっきまであっちの入り口にいたのに
そんなことを言っている場合じゃありません
銃を構える女性が発砲してきました
やばいと感じ 一瞬窓からあとずさりしつつ
やるしかないと超タックルで窓をぶちやぶります
たぶん女性のショットガンの弾で割れたのでしょうね
いずれにしてもそのときは撃たれずに済みました
しかし 安心もつかの間
空から地面に向かって落下する自分は見上げたところ
女性が窓際の床に膝を付きランチャーを構えているのです
おいおい まじであんなやばいの撃つのか?いくらなんでも人ひとりだぞ
だいたいどこに隠してたんだよそんな武器 殺し屋か?それとも軍人か?
あるいはスパイかなにかか?なんて考えていると
そして案の定撃ってきました
黒いでかい弾でした
あっやばい これはたぶん避けられないというかたぶん破壊力で吹っ飛ぶかも
なんて思いました まさか初めての明晰夢?がこんなダークなものだなんて
次の瞬間 視界がホワイトアウトしました
そこで目を覚まします
とんでもなく息切れしていました
とりあえず 異世界に転移したとか迷い込んだのではないことがわかり安心しました
しかし これが明晰夢なんでしょうか
まさかスカイウォークで探索しようとした矢先に〇されかかるとは
まさに夢にも思っていませんでした


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) Nintendo Switch 対応 - 任天堂


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板