したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

投稿用スレ

19 本当にあった怖い名無し :2018/05/04(金) 00:51:54 ID:vdGC5mEw0
(途中送信してしまいました。すみません)
電灯の紐に手が届かなかったのです。
寝る前には絶対に上段の掛け布団はきちんと敷かれていた、それをハッキリと覚えていた私はその垂れ下がった掛け布団の端を見てまずは不思議に感じました。
上体を起こして梯子に掛かっている姉の掛け布団の端をつついてみたりして『不思議だな』と首を傾げ垂れた布団を戻そうとして、いや待てよ、と動作を一旦やめました。
寝る時には絶対にこんな事にはなってなかった訳ですし、誰かが部屋に入ってきたら目が覚める程当時は1人寝に不慣れで眠りの浅かった私がこの布団が垂れ下がるまで目が覚めなかったのはおかしい。更に、1つ部屋を隔てた先で眠っているはずの父がこんな意味不明な事をする為に夜に部屋に入ってくるはずがありません。
そこまで考え、私は言い様のない気持ち悪さにかられました。
そしてその垂れ下がった掛け布団を見なかったことにして、少々息苦しいですが布団を被って無理矢理眠りにつくことに。
再び目が覚めたのはいつも通り目覚まし時計に予めセットしていた時間でした。
そういえば夜中に姉の掛け布団が垂れ下がっていたな、と梯子を見上げると、そこには梯子のみがかかっているだけで別段異変はありませんでした。
母がきっと片付けてくれたんだ、と無理矢理自分を納得させ、そしてリビングへ。
丁度そこにいた両親に「布団、ちゃんと直してくれたんだね。夜中に垂れ下がっててビクッた」と半ば笑いながら告げると、両親とも不思議そうな顔で首を傾げました。
「夜、用事もないのにあんたの部屋に行くわけないでしょ」

私はその時、あの夜中目が覚めた時に上段をのぞき込まなくて良かったと心から思いました。もしかしたら、その時上段には見知らぬ誰かが眠っていたのかも知れません。

後になって話してくれたのですが、この家に住んでいた時、度々こういう体験を姉はよくしていたらしいのです。彼女がよくこういう事に遭遇していたのは、上段にいるのかもしれない私達家族以外の誰かのせいだったのかもしれません。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

パイニャン - 青山裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板