したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

投稿用スレ

1 ahoseek :2014/10/21(火) 11:36:46 ID:BVGncACo0
不可解な体験をした方で、2ch等の掲示板に書き込めない方はこのスレッドに投稿してください。

2 本当にあった怖い名無し :2014/11/21(金) 15:23:52 ID:yYkTqNao0
早朝だった。
早起きして、習慣のランニングに出かけた時に変なものを空に見た。
時刻は周りの明るさから見て、6時位だったと思う。
そろそろ帰ろうかと思い、ふと立ち止まって、空の明るさから大体の時刻を
割り当てるため見上げると、白い建物のような物体が見えた。
実際は白いんだろうが、何故か透けて見える。
まるで別次元のものを此方が何かを通して覗き見ているような、感覚だった。
下の方にかけて薄くなり空と同化しているようで全体像は見えなかった。
勿論、実際に建っている物ではなかったし(そんな建物この辺にはない)
見えた角度から、とてつもなく大きくて、遠かった。

イメージとしてはファンタジーに出てくるような塔っぽい。
先端は、六角形を縦に引き伸ばしたような形で下に向かうにつれ四角形を多重に
組み合わせて構成されていて、建物は全体的に角張っていた。
表面には何も書かれていないようで真っ白。

時間的に寝ぼけていたのでは?と思われるかもしれないが
起きた直後ならまだしも、運動した後で眼は冴えているし
へとへとになるまでやってはいない。

見間違いでもない。
建物が見えているのとは別方向の空も見てみたけど、建物は動かず
ぼやけることもなかった。まるで実際に存在しているかのように。

眼球に傷は無いし、脳にも異常はなかった。

そのまま見続けるのも無意味だったので一端家に帰り
学校に行く時に確認してみたが消えていた。
探しても見つからなかった。

それだけ?といえばそれだけなんだけど
こうまではっきりと、こういう物を見てしまうと
今まで見た聞いたことのある怖い話や不思議な話の中には本当が
混じっているのではいかと思えて、空恐ろしくて。

あ、そうそう何故別次元のものと感じたのか
その理由は、鳥が飛んでいるより遥かに上だったから。
重なることもなかったし、明らかに浮いていた。

3 ぱぱ :2014/12/10(水) 23:31:47 ID:bu/xrT/A0
30年以上前、小学生の時。
寝るときはうつ伏せが癖でした。
いつものようにうつ伏せで寝ようとすると…
お尻を「パチン」と叩かれました。
布団を被っていたのですが、直接お尻を叩かれたのです。
夢かもしれませんが、その感触は今も鮮明です。

4 本当にあった怖い名無し :2015/01/28(水) 11:52:48 ID:3AgiQuhE0
祖父が眠っているお墓が、山の中のお寺にある。
苔むした階段を上った先、季節の木々に囲まれた白い砂利の上に本堂があって、
春は桜に、秋はススキ、ちょっとした庭園みたいで、外国人の友達ができたら
まず真っ先に連れていこうと思ってた位、和っぽくて不思議な雰囲気のお寺。
ある時、いつものように家族で墓参りに行き、
本堂横の和尚さん宅にご挨拶をしに行った。
当時高校生だった私が、歓談を親に任せて軒先でぼんやりしていると、
かすかに笛の音が聞こえてくる。
黙ってじっと聞いていると、どうやら雅楽の音っぽい。
(あの「ふぁ〜んチャラリ〜♪」みたいな音)
なんとなく扉がしまった本堂の中から聞こえてくるように思われて、
「(へぇ、雅楽は神社ってイメージだったけどお寺でもやるんだなあ)」
なんて思い「今日は雅楽隊の方でも来てるんですか?」と聞いた。
お囃子の練習みたいに、本堂の中でお坊さんたちが練習してるのかと思って。
和尚さんキョトン。家族もキョトン。
なんか変な空気になってしまった私はあわてて、
「だって、ほら、音楽が…」
「音ォ〜? …別にしないけど」怪訝そうな家族、
首をかしげ「ん?」と不思議そうにニコニコしてる和尚さん。
そのまま流され和やか〜に一同は歓談にもどったけど、
私は狐につままれたような気持ちで、話が終わるまでその音に聞き入ってた。
何だったんだろ。

あともう一個、また別の時。
和尚さん家の玄関前には飛び石がある。
そこに、小さい虹が落ちていた。
虹っていっても別にアーチ状じゃない、10円玉を楕円にした大きさのやつ。
よくペットボトルとか、自転車の反射板とかでできるやつ、
見たことあるんじゃないかな。
やっぱり歓談の間、暇を持て余していた私は飛び石の上の虹に気が付き、
上に手をおいた。
あれって光の反射だから、上に手を置くと手の甲に虹が映るんだよね。
そのまま、上手い事手の甲に映したまま動いてくと、反射元にたどり着く。
別に光物なんて近くにないし、どっから反射してんのかな〜
なんて不思議に思って。
でも上に手を置いたら、虹が隠れてしまった。手の甲に映ってこない。
初めての体験に「!??」となる私。すぐに、あ、じゃあこれペイント?
ふしぎな落書きだなぁ…なんて思っていると、すぐ横に和尚さんがやってきた。
「どうしたのー?」なんていわれたので、上記の経緯をざっと説明。
和尚さんも私の横に座り込んで不思議そうな顔で手のひらを何度もかざし、
手の甲に映ってこない虹を見ては「不思議だねぇ」と首をかしげてた。
お墓まいりの度、何度かごあいさつに行ったけど
飛び石に虹があったのはその時だけだった。

5 本当にあった怖い名無し :2015/02/03(火) 12:48:37 ID:IYkGSQOkO
実家の屋根の葺き替えを地元の職人にお願いしました。
休憩時にコーヒーを渡したりしたいので外に出て屋根を見たのですが、その職人さんの弟子?の方の後ろにトイプードルが尻尾を振ってお座りをしてたのです。
弟子さんに犬危ないですよと言うと、あぁ…って感じで受け流されました。
休憩ということで降りて来られた時、犬は居ませんでした。

聞く話によると先週他界したトイプードルが居て、一番その弟子さんになついていたそうです。
亡くなって次の日からベッドの回りを跳び跳ねたりする音が聞こえるとか。
全く怖くないですが、弟子さんの表情を見る限りほのぼのした不思議な出来事でした。

6 少年バット :2015/03/26(木) 22:24:13 ID:Gqv3CG/g0
あい


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

小林さんちのメイドラゴン : 1 (アクションコミックス) - クール教信者


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板