したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

時代劇総合スレッド 2

458 名無しさん :2020/06/27(土) 14:04:28
必殺仕事人2020は見所なさそう

459 奥方派 :2020/07/16(木) 17:23:03
大奥物の話題(悪女など)がありましたらよろしくお願いします。
スレ違いかも知れませんが「大奥絵巻」(淡島千景・佐久間良子・大原麗子)で対峙する
局一派の中臈をおとしめるために役者を大奥に潜入させ逢引きの現場を仕込む。
中臈はまんまと役者の証言で折檻を受ける身に。お役御免となった役者は口封じのため、
長持部屋にとおされ用意された長持の中へ。中臈二人は打掛を役者の上にかけて
帯に手挟んだ懐剣袋の房紐を引き解き懐剣を引き抜き、振り上げそのまま長持の中の
打掛に突き刺す。打掛の下には苦しむ役者の表情。「騙しやがったな!」と叫ぶが
中露二人は無表情のまま懐剣を更に深く刺しこみ、抉り廻す。
最後には役者の動きは止まり、長持の底から血が流れていく。
局と中臈二人は懐剣を鞘に戻し何事もなかったかのように去っていく。

460 名無しさん :2020/08/03(月) 18:04:29
時代物であれば心臓一突きですかねぇ
心臓=オッパイですし。

461 名無しさん :2020/09/07(月) 23:31:31
たまに「時代劇の致命傷」について考えることがあって。

時代劇って現代劇と違って、「致命傷」の範囲が広いですよね。
女優さんが、体を刺されて殺られる時って比較的「胸と胸の間を刺されないで死ぬ」イメージがあるのは私だけですかね?
「胸の膨らみの周り」に致命傷を受けて…な感じが。
(「主水死す」の桔梗?
 →右胸の上をブスりと刺され絶命。とか)

あと斬られて死ぬ時も、縦にバッサリもありますが、基本胸の膨らみを避けてお腹を袈裟斬りが多い気が
(「水戸黄門」の胡蝶
 →バク転逃げ直後お腹を袈裟斬り
「あずみ2」のこずえ
 →お腹を袈裟斬り

機会があって、あずみ2の台本を古本屋で買って、こずえ死亡時の演出は
「こずえの体に深い一撃を与え…」
の記載があったとき、「致命傷」=「胸」の感じなのに何でお腹何だろう?って考えた事があって。
今のところ「斬られにくい・斬りにくい」からなのかなって考えています。

こずえの場合は、一瞬背中側・胸元を写してから、横からお腹を斬られる姿を写してるのですが、背中と胸元の時は胸の上に刀が当てられているんですね。
ですが、横からだと棒立ちのこずえに腰を落としたあずみがお腹に体を当ててるのを見て、殺陣の都合なのかな?
って今は考えています。

長々失礼致しました

462 名無しさん :2020/09/11(金) 14:43:18
今BSフジでやっている斬り捨て御免シリーズには結構ヤラレシーンがあります。
最近では鈴鹿景子・泉じゅん・有吉ひとみさんたちが演じてました。
また、無名のままフェードアウトした女優さんも結構います。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい写真集 - 青山 裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板