したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

皇軍(明治〜WW2)がファンタジー世界に召喚されますたvol.26

270 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/07(土) 21:32:13 ID:k83QLRus0
一通りの食事が終わり、レオニスは葉巻タバコを、フェリスは酔い醒ましの水を飲んでいた。
傍らに立つ赤人奴隷は上半身を曝け出しているが、暖炉と蝋燭によって室内は暖かく保たれている。
ありがたい事だが、きっちりと軍服を着こなしているフェリスにとっては意外と暑い。
酒を飲んでいると余計に火照ってしまう。

フェリスは懐中時計に目をやる。
「私は少し、夜風に当たりたいと思います。殿下も御一人で、熟考なさって下さい」
そう言って席を立って剣をベルトに差したところで、壁に掛けられた時計が鐘を打った。

帽子を被り食堂を出ると、テレーズが速足で向かって来たところだった。
「閣下。もう長居は無用かと……」
フェリスに拳銃を渡しながら小声で耳打ちしてくる。
「脱出の準備は?」
「滞りなく完了しています。閣下のご命令があれば、今すぐにでも出発出来ます」
「しかしこちらの大公殿下がな……」
フェリスにそこまでの義理は無いと言えば無い。
本国へ送った情報から、新たな命令が来る事は考えにくい。
そもそも伝令が本国から到着する前に、ロマディアの戦闘は決着するだろう。
伝書鳩は大使館と駐在武官が持っているもので、派遣軍の師団長でしかないフェリスの元に届く事は無い。

フェリスの師団司令部は実態としては既にロマディアに無く、副官のテレーズが残るのみである。
あとは、当地で雇った軍属扱いの荷馬車くらい。
全員、乗馬と馬車でいつでもロマディアを離れる準備は出来ているが……。
ロマディアを離れたら、陸路を使うか海路を使うかはその時の情勢次第。
「市内の状況を考えると、宮殿に居た方が安全だろうね」
「この場で、脱出の機会を窺いますか?」
「ラピトゥス城という考えもあるが、戦闘用の城塞にマルロー王国の将軍が
 居るのは拙いだろうし。事が終わるまでは自室で武器を置いて大人しく過ごすさ」
2丁の拳銃を懐のベルトにしまい、話しながら廊下を進む。
突き当りを曲がると歩みを止め、照明が少なく静かな廊下の先、階段の辺りを見据えた。

テレーズが、自分用に持っていた拳銃の撃鉄を上げて暗闇の先を照準する。
「いや、事が終わる前に始まるか」
叫び声と銃声の後、鉄兜と胸甲を着けた将校が、白刃を煌めかせて階段を駆け上って来た。
「そこに居るのは誰か! 合言葉は?」
胸甲の将校がフェリス達に誰何する。
「合言葉は知らんが、まず話し合う必要があると考える次第だ!」
「何を話し合うのだ!」
「私は敵ではない」
剣と胸甲で武装した将校の後ろから、カービンを持った兵士が続いてきた。
それを見て、フェリスは確信する。
「飛竜騎士か? なら私はやはり敵ではない。こちらも武器を下ろすから、そちらも武器を下ろして欲しい」
フェリスに命じられたテレーズが撃鉄を半コックに戻し、ベルトに差した。

そんなこんなで兵士達と問答していると、後ろから飛竜軍司令官が現れた。
「大公はどうした?」
「いえ、まだです……」
その一連のやり取りで、フェリスはこれが末端の兵士の暴走ではなく、飛竜軍司令官による組織的なものだと把握する。

「閣下。これは空軍の意志ですか?」
「子爵閣下ですか……私なりに考えた結論です」
その言葉に、フェリスは廊下の端に寄って道を空けた。
他国の事であるし、無理に止めようとしても多勢に無勢である。
宮殿の周囲には近衛兵が居る筈で、彼らを排除してまで事に及んだのだから、もう覚悟は決めている。
これ以上飛竜を死地に赴かせない為の、他の方策を考え直した結論がこれなのだ。
レオニスの事を“殿下”と呼ばず、単に“大公”と呼び捨てているのもその証拠だろう。

飛竜軍司令官は、兵士達がレオニスの居る部屋に入るのを後から追う。
フェリスとテレーズも、彼らを追った。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板