したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

皇軍(明治〜WW2)がファンタジー世界に召喚されますたvol.26

192 名無し三等陸士@F世界 :2018/02/13(火) 04:19:26 ID:i5bsLcNs0
隠蔽に関して言えばお互いの練度次第ですね。
小隊規模で本気で隠蔽された部隊って発見は困難ですから。
で、基本伏兵ってローテクノロジーなんですよね。
日本でも普通に戦国時代やってましたから。
なのでこの世界でも練度次第ではできるんじゃないかなあ。
ましてサーモグラフィー等使えない皇軍では至近で撃破されるのもしょうがないのでは。

193 303 ◆CFYEo93rhU :2018/02/17(土) 13:36:09 ID:bXzhWQn.0
年末年始は挨拶もなくすみませんでした。
新年の挨拶をするつもりが、2月になってしまいました。

旧暦なら今がまさに年始の時期だから……。


>>187-188

中央に皇帝が居て安定期の中華王朝でも、辺境地域は異民族に対して自主防衛とかしてましたからね。

>>190
>>192

皇国軍は快進撃に気が緩んでいたのと、主力部隊はリンド王国戦からの連戦で疲れていたという事もあるかなと。

ただWW2で、隠蔽された日本軍の対戦車砲陣地が米軍戦車部隊に思わぬ打撃を与えた事例があるので、不可能ではないだろうと思ったのですが。
現代戦でも、中東の紛争地などでは高度なセンサーを備えた主力戦車と随伴歩兵が居ても、RPGとかの奇襲食らってますし。

あと、使用するのは12ポンド砲(1バルツ砲)だけでなく6ポンド砲(1/2バルツ砲)や3ポンド砲(1/4バルツ砲)などもです。
砲兵が狙いをつけて射撃するまでの時間を稼ぐため、砲兵の射界に誘導するため、戦竜や歩兵部隊が戦います。

皇国軍の歩兵連隊や大隊の主力をもって一気にひき潰すには小粒過ぎるが、中隊や
小隊単位で前方警戒する斥候部隊だけでは心許ない程度の規模と火力のセソー軍です。

戦竜や砲兵を効果的に駆逐するのに最も都合が良いのが戦車なので、戦車がセソー軍の野戦陣地を攻撃
しようとしているところを、肉を切らせて骨を断つ(断ててないけど)覚悟で攻撃する感じでしょうか。

その場に居る皇国軍の戦車は1個小隊4〜5両程度で、その中の運の悪い1両を破壊できればセソー大公国軍の勝利(セソー大公の精神的勝利)なのです。

194 名無し三等陸士@F世界 :2018/03/04(日) 18:38:40 ID:Imfv7Bj20
>>193
あけましておめでとうございます。
本年も作品楽しみにしております。

195 名無し三等陸士@F世界 :2018/03/04(日) 18:46:12 ID:Imfv7Bj20
圧倒的装備差練度差のある場合の現代戦ですら伏兵が通用する一番の要因は
もともと伏兵って攻撃側が圧倒的に有利な戦法なんですよね。
攻撃を受ける側は行動中延々とあたりを警戒し続ける中、
攻撃側はもし敵が油断していなければ攻撃しなければいいだけなので本当に攻撃側有利なのです。
その分攻撃規模はどうしても小さくなり近代戦以降では戦術レベルでは
攪乱と士気低下くらいにしか役には立ちませんが。

196 名無し三等陸士@F世界 :2019/01/04(金) 21:13:26 ID:dXO2PQEY0
1年以上更新ないし、これはエタったと考えてよいのかな?

197 303 ◆CFYEo93rhU :2019/01/19(土) 09:34:51 ID:SNm79O0Y0
あけましておめでとうございます。

昨年は全く投下なしで、すみませんでした。

30年戦争開戦から400年、ダンバイン放映から35年という記念の年だったのですが。
何の成果も得られませんでした!!

前置きはこの程度として、本編 >>113の続きを投下したいと思います。

198 303 ◆CFYEo93rhU :2019/01/19(土) 09:36:29 ID:SNm79O0Y0
「また霧が出て来ましたね」
「これは僥倖だ。夜霧に紛れて陸兵を全部揚げるぞ」
ギューナフ中将は当初から上陸を予定していた陸軍将兵に加え、海兵隊も上陸させる準備を始めた。
13隻の艦に乗る海兵隊を合わせれば400人近くになるから、戦力を20%以上多く出来る。
陸軍将兵と海兵隊の全部を合わせれば2300人。ここまで来たら、戦力の出し惜しみは無しだ。
コマントル代将の分艦隊が奮戦したのか、はたまた皇国軍の哨戒艦隊はそもそも居なかったのか。
真相はともかく、悲観的な想定に比べればかなりの時間をかけて上陸作戦を進められていた。
セソー大公国軍に、作戦が成功するかも知れないという希望が見えてきたのだった。


予定より大幅に時間をかけて、菱と共に2隻の大型帆船を屠った蓮だったが、祝勝の雰囲気は吹き飛んだ。
「海兵隊より連絡がありました。敵の本隊は東海岸“ろ”地点! 既に殆ど揚陸完了している模様!」
やられた! という悔しさで艦橋内は騒然とした。
霧が晴れたらそこに艦隊が居て、セソー陸軍の連隊旗が翻っていた。というような状況だったらしい。
偵察班は距離を取る為に撤退したから、その後の詳細は不明だがかなり不味い事になっているだろう。
上陸後に追撃されて、敵味方の距離が近すぎれば海から艦砲での掩護射撃も出来なくなる。
「上陸部隊への砲撃は可能か?」
「友軍誤射が考えられるので、難しいです」
ただでさえ少ないノイリート島駐留軍を、味方からの誤射で減らす訳には行かない。
しかし、圧倒的な寡兵で押し切られた場合を考えると支援砲撃をしない訳にも行かない。
“予定では”敵の部隊が上陸する前に艦ごと潰す筈だったが、思惑どおりには行かなかった。
「陸軍と海兵隊に連絡して全員の海岸線からの撤収を。30分後に敵の上陸地点周辺を砲撃する」


運も味方に多くの陸兵を揚陸させたセソー大公国軍だったが、
砲戦力に関しては1/2バルツ砲を2門しか揚陸していなかった。
大砲を牽く馬も居ないので、歩兵が数人がかりで押して移動させる事になる。
船から陸に揚げる手間もあるから、多数の大砲を用意しても効率が悪いのだ。
大砲を1門陸揚げするなら、歩兵を10人陸揚げする方がずっと良い。

やっと運んだ大砲にしても、降雨や降雪でぬかるんだ道では馬匹でも移動が難しいだろう。
この時期のシテーン湾沿岸の道路は殆ど泥道であるから、大砲は“使える状況なら使う”程度の代物だ。
ノイリート島にしても石畳で舗装されている箇所は中心部とその周辺くらいで、島全体の舗装率は10%もない。
島の中心へ向かう道路は狭い上り坂が続くので、軍旗を先頭に大砲を押す兵を最後尾に置いて縦隊を組み、進軍を開始する。


秘匿の為に灯火を消して進むので、歩みは遅い。
暫く進んだところで、突然の地響きと激しい爆音。
文字どおり長蛇の列となっていたセソー大公国軍の縦隊に戦慄が走った。
「大砲は捨てて良い。急いで内陸に行け!」
指揮官のヴィットール中将が指示を下す。
せっかく無傷で上陸したのに、ここで終われない。

30分ほど続いた砲撃で損害を受けたセソー大公国軍だったが、悪夢の夜はまだ終わらない。
上陸した2300人のうち、300人程は洋上からの砲撃で戦闘不能に、400人程は後詰に。
1600人の兵員が坂を上りきり、ノイリート要塞の中央部へ進もうとする頃には海上が酷い有様になっていた。

199 303 ◆CFYEo93rhU :2019/01/19(土) 09:37:08 ID:SNm79O0Y0
ノイリート島の東“ろ”海岸を砲撃しながら大急ぎで駆けつけた蓮と菱は、今度は対艦戦闘に移った。

「艦長、帆船の艦影発見。5隻の船体を目視、他にもマストを確認。7、8隻は居ます」
「哨戒機と潜水艦が確認した艦と一致するか?」
「軍旗はセソー大公国軍のものです。マストの本数や形状等も報告と一致します」
「よし、帆船を敵艦隊主力と評定。司令部に敵発見を報告、右舷砲戦準備」
砲術長が測的と主砲の装填作業を指示する。
セソー艦隊の後方から左側に抜ける形で追い越しながらの同航戦になるだろう。
「距離2500……いや2000まで詰めろ。初弾から当てるぞ!」
巡洋艦か新型駆逐艦ならともかく、欧州大戦世代の
旧式駆逐艦の砲戦力は“無いよりまし”程度のものだ。
だが戦艦からすれば豆鉄砲と呼ばれる5インチ級の単装砲でも、
この世界においては要塞砲を凌駕する射程と攻撃力の大砲だった。
旧式故に対空戦闘こそ苦手だが、対水上戦闘能力は砲の門数分。
駆逐艦の主砲で破壊不可能な艦船は皇国以外に存在しないから、
15秒程度で再発射可能な連射性能は一撃の破壊力不足を補って余りある。
8隻相手となれば、一撃の火力を頼りにリスク覚悟で接近戦を挑むしかない。

先程の2隻とこの8隻以外にも、まだ居るかも知れないのだ。
手間取ってまた霧が濃くなったら厄介なのである。


帆を張って増速準備中だった戦列艦プランヴィーネは皇国艦を左舷に見るように舵を切り、戦闘態勢に入った。
「皇国軍では軍旗を引き下ろすのが降伏の合図だそうだが、なら軍旗をマストに釘で打ち付けるかね?」
数的に不利な上、皇国艦は性能で圧倒的に優位なのだ。
艦橋から斜め後方を眺めても、皇国艦の速度は呆れるほど速い。
「左舷砲戦準備! 使えるものは全部使え!」


プランヴィーネの艦橋で司令官が望遠鏡を覗いているのと同時に、蓮の艦橋からも艦長や見張り員が双眼鏡を覗いていた。
「最後尾の敵艦が左に舵を切りました」
最後尾の艦だけ帆を張っており、前方の艦は完全に帆を閉じている。
帆を閉じているという事は、前方の艦は停止して上陸部隊を舟艇に移乗させている最中という事だ。
双眼鏡越しにも、艦の周囲に小舟が多数見て取れた。最後尾の艦が警戒していたのだろう。
1人でも多くの揚陸を許すと後が厄介だが、足止めをしようとする戦闘艦を
放っておくのも厄介。まず針路を妨害しようと舵を切った艦を無力化し、
その後に揚陸作業をしている艦を無力化する必要があると判断した。
「こちらの居場所は掴まれている。探照灯を使い、展帆している艦から攻撃せよ。停船作業中の
 帆船なら容易に動き出せない。敵の準備が整う前に決着を着けられると信じている」
こちらの針路を塞ぐように旋回した最後尾の艦に対しては、風上で距離を取っていれば容易に接近は許さない筈だ。
主砲が斉射されると、初弾から1発の命中があった。他の2発も夾叉しているので測的は正しかったようだ。
船体に命中した榴弾が爆発し、構造物を破壊すると共に火災を発生させる。
蓮に続いて菱も砲撃を開始する。こちらは全弾外れたが、夾叉はしているようだった。
真っ赤な炎によって、停止して揚陸作業していた艦も明るく照らし出される。
第2斉射は全て外れたが第3斉射は蓮と菱で3発命中し、第4斉射、第5斉射と続く。

プランヴィーネも左舷全ての砲列を使い砲戦に応じるが、
蓮と菱の怒涛の攻撃に、反撃の砲撃も弱々しくなっていく。

プランヴィーネは既に20発以上命中している中、蓮の第10斉射が止めになった。
2発命中し、木造船体である事と消火能力が低い事が重なり火薬庫に引火したのだ。
既にボロボロだった船体は至る所から浸水しながら、火達磨となって沈んで行く。

船体、装具、武装、人員。
全てが赤々と燃え盛り焼き討ち船のようになったプランヴィーネは、
しかし同時に、威風堂々とした戦列艦の最期として華々しくもあった。

プランヴィーネが戦闘不能になり沈没しつつあるのを確認すると、
蓮と菱は停船中の艦に標的を変え、砲撃を続行する。
巨大な松明と化したプランヴィーネによって照らされる残存艦隊は、良い的でしかなかった。

元々陸兵を多く積むために大砲を下ろしていたので砲力が減じているが、幸か不幸か今の状況では大砲の定数は関係ない。
一応それでも、ロケット弾や旋回砲など、可能な限りの反撃を試みるセソー大公国艦隊だが、戦闘態勢にあった戦列艦でも敵わないのだ。

凡そ45分に渡る一方的な砲戦により、その場に居たセソー大公国艦隊の戦列艦とフリゲートは
転覆沈没するか、辛うじて浮かんでいても最早自力での航行は不可能な程の痛手を負った。

セソー大公国艦隊との戦闘を終え、その最期を見届けた駆逐艦蓮と菱の2隻は、
周辺海域を一通り哨戒した後、大内洋方面からリンド王国南西の泊地へ帰投した。

200 303 ◆CFYEo93rhU :2019/01/19(土) 09:38:32 ID:SNm79O0Y0
投下終了です。

こんなグダグダな拙作にも、何年もお付き合いくださって本当にありがとうございます。

……東京オリンピックまでには終わらせたい。

201 名無し三等陸士@F世界 :2019/01/19(土) 21:04:01 ID:.78nQQms0
投下乙です。
海軍力ではやはり圧倒的ですね。

202 名無し三等陸士@F世界 :2019/01/19(土) 21:25:02 ID:L7rkzYew0
おお、久々の投下だ、乙です
さて、上陸した連中はこの海戦の結末見てあっさり降伏するのか、それともあがくのか…

203 名無し三等陸士@F世界 :2019/01/20(日) 00:59:42 ID:YSuRdNuk0
とんでもねえ待ってたんだ

204 名無し三等陸士@F世界 :2019/01/20(日) 22:17:46 ID:Rx9iVfiQ0
乙!
まってましたぜ!

205 303 ◆CFYEo93rhU :2019/01/23(水) 20:32:28 ID:SNm79O0Y0
ありがとうございます。
ありがとうございます。

開店休業状態ですが、執筆は継続中です。

206 名無し三等陸士@F世界 :2019/01/31(木) 18:34:54 ID:AWSwU19o0
有難い…お疲れ様です!

207 名無し三等陸士@F世界 :2019/02/02(土) 16:52:14 ID:Imfv7Bj20
おお!待ってました。
あけましておめでとうございます。今年もますますのご繁栄をお祈りしております。

208 名無し三等陸士@F世界 :2019/03/15(金) 10:53:16 ID:bq8ROwp20
303氏連載10周年おめでとー

209 303 ◆CFYEo93rhU :2019/05/18(土) 18:18:34 ID:SNm79O0Y0
平成が終わり令和となりましたが、皇国召喚は終わってません。
本編の続き投下します。

>>208

ありがとうございます。
あっという間の10年、月日が過ぎるのは怖いです。

ですがここまで期間がかかっても、投下があると
反応してくださる方々には、本当に嬉しいです。

210 303 ◆CFYEo93rhU :2019/05/18(土) 18:20:09 ID:SNm79O0Y0
平成が終わり令和となりましたが、皇国召喚は終わってません。
本編の続き投下します。

>>208

ありがとうございます。
あっという間の10年、月日が過ぎるのは怖いです。

ですがここまで期間がかかっても、投下があると
反応してくださる方々には、本当に嬉しいです。

211 303 ◆CFYEo93rhU :2019/05/18(土) 18:23:46 ID:SNm79O0Y0
「プランヴィーネ大破炎上! 船体の傾斜が止まりません。沈没も時間の問題でしょう……」
「我が軍の誇る戦列艦が満足な反撃も出来ず、10分も経たずにか!」
揚陸指揮を執っていた次席指揮官は、ギューナフ提督のあっけない散り様に驚愕したが、同時に作戦の第一段階成功を感謝した。
引火した火薬庫で黒色火薬から発生する大量の硝煙が疑似的な煙幕になり、一時的に海から上陸地点への視界が効かなくなったのだ。
「ギューナフ提督とプランヴィーネからの最後の支援だ! 1人でも多く上陸し、ノイリート島に翻る皇国の旗を引き摺り下ろせ!」
風が凪いでいるせいでなかなか晴れない煙幕。そのお陰で追加の150人。合計で600人の上陸が完了していた。
既に発見されてしまった以上、残り全部の揚陸は絶望的だが、9割方完了した上陸任務はほぼ達成したと言っていい。

だがセソー大公国軍の出鼻を挫くように、沈みながら燃え盛る大公国艦隊に照らされている
集結地点に向けて、前進偵察を行っていた皇国軍海兵分隊からの誘導で陸軍の軽迫撃砲が発射された。
上陸すればとりあえず艦砲射撃から逃れられると思っていたセソー大公国軍だが、陸からの砲撃に目を覚まされた。

揚陸に使用した艦は悉く攻撃を受け、退路は絶たれている。
このまま進んで、ノイリート島を奪い返すしか道は無い。
司令官のヴィットール中将は急ぎ進軍を命じる。
大砲は軽野戦砲が2門あったが、遺棄してきた。つまり存在しない。
飛竜の掩護は無い。戦竜も騎兵も居ない。頼れるのは狙撃兵と擲弾兵のみ。

もうすぐ夜が明ける。
勝つにしろ負けるにしろ、数日中には決着が付くだろう。いや、付けねばならない。
兵員と弾薬を優先した為、食糧の揚陸が殆ど出来ておらず、手持ちの4日分しかない。
何が何でも4日以内、節約して食い繋いでも1週間以内には終わらせる必要があるのだ。
揚陸予定だった10日分の食糧は海の藻屑となった。

物心両面で背水の陣。
ノイリート要塞の食糧庫の場所は分かっているから、そこを襲撃して食糧を確保する必要があるだろう。
皇国軍の新たな艦隊や飛竜が襲撃してくるかも知れないのだから、一刻の猶予も無い。


ノイリート島に上陸した中で最精鋭とされる部隊は狙撃兵大隊だった。

狙撃兵大隊を指揮するのは、伯爵家出身のディーン少佐。
彼にとっては名誉職のようなもので、これが初の“実戦”であった。

これは他の大隊でも大なり小なり同様だったが、今まで訓練や山賊討伐任務、
小国との国境紛争はあったが、列強の正規軍と真正面から戦った事は無かった。
それも当然の事で、この大陸北方で列強国と言えばリンド王国かマルロー王国であり、
そのどちらかと戦争する機会がそう頻繁にあったら堪ったものではない。

ある程度経験のある、言わば主力部隊は皇国軍とリンド王国軍に備えて首都の西方にあり、
今回派遣されたノイリート島上陸部隊は、二流とは言わないまでも一段劣る部隊ばかりなのだ。

濃霧の海を行く事1週間。命辛々上陸し、乗ってきた船は沈没し、今も周辺に爆発が起きている。
皇国軍という敵を相手に逃げ出したい気持ちで一杯だったが、分散戦闘開始の号令をかけた。

ディーン少佐の大隊の得意とする戦法は少数の精鋭狙撃兵による散兵戦術だが、皇国流の戦闘群戦術に近い部分もある。
大隊の人数は本部要員含めて150人程度であり、約30人の中隊4個で編成されている。
この4個中隊が散開して敵の歩兵陣をちくちくと射撃する訳だ。
加えて、この狙撃兵大隊は擲弾と擲弾筒を装備している。
隙を見つければ敵陣に肉薄して擲弾を射撃する事も出来る。

列強国のような大規模な軍を持てないセソー大公国軍の変化球であった。
勿論、騎兵に追い掛け回されたらひとたまりも無いのだが、これだけ少人数で身軽なので、意外と逃げ切れてしまう。
それにたった100人かそこらの歩兵に対して騎兵を差し向けるのは、それはそれで勿体なく感じるだろう。
飛竜や戦竜なら尚更、敵の主力陣に突入させたい訳で、こんな小物に構っていられない。

戦列歩兵のように重厚ではなく、本格的な擲弾兵のような火力も持たないが、その隙間を埋めるように存在する。
国土や人口が巨大な列強国ではないからこその、特徴的な軽歩兵なのだ。

皇国流の戦闘群戦術で求められるような突破力こそ無いが、
突撃を受け持つ主力歩兵や騎兵を支援する縁の下の力持ち。

狙撃兵大隊が薄く広がって周囲の警戒をしつつ、本隊の戦列歩兵と擲弾兵が陣形を組む。
暗闇の中でのそれは、決して順調なものではなかった。

そうこうしているうちに、狙撃兵大隊が発砲音を聞く事になる。

212 303 ◆CFYEo93rhU :2019/05/18(土) 18:25:35 ID:SNm79O0Y0
最も前進していた皇国軍の海兵分隊は、密集しているセソー大公国軍の中から離脱した部隊を目撃した。
脱走かと思った者も居たが、統制のとれた動きからすぐにそれは無いと判断。
小銃での狙撃を試みるも、なかなか命中しない。

真正面から突っ込んでくる馬でもなければ、そうそう当たるものでもなく、機関銃が無いと歯噛みするしかない。
そうこうしているうちに300m、200mと接近してきて、100m程まで迫られる。マスケットでも当てに行ける距離だ。
数人は仕留めたが、仕方なく、距離を保って観測しつつ機関銃のある陣地まで後退する破目になってしまった。


皇国軍が退却した。
その報せは、落ち込んでいたセソー大公国軍の士気を幾分か高めた。
自分達は、リンド王国軍すら蹂躙した皇国軍を退かせた!

だが皇国軍を退かせた張本人である狙撃兵大隊は一発も撃っていない。
もう少し接近してから撃とうとしていたところ、逃げられたという感触だった。
しかも戦闘前から数人の死者と負傷者を出している。
砲撃でやられた部隊と合わせれば、損害は既に百人を超す。

「閣下、敵の退却は整然としたものでした。深追いは危険です」
死にそうな思いをしたが、今度こそ本当に死ぬかも知れない。降伏すべき。
そんな思いを胸に秘めながら、ディーン少佐はヴィットール中将に進言した。

仮設の司令部となっている簡易天幕では、将軍の他、参謀達も渋い顔である。
言っている事は正しいが、それを臆面も無く言い放つ少佐風情にだ。
ただコネと身分だけで成り上がった無能な士官なら一笑に付すところだが、
ディーン少佐は無能ではない。歴戦の英雄ではないが、十分に有能な方だ。
過去に山賊討伐という任務で、部隊に1人の戦死者も出す事無く任務達成した程度には有能だ。
地形的にも、元々の要塞の設計的にも、あと1シウスも進めば厳重な防備が待っている。

「かといってここに留まり続けるのは出来んし、退却も出来んぞ?」
帰りの船が沈んだからな。
「この天幕か、撃沈された艦の帆を使えば良いと愚考します!」
やや遠回しではあるが、白旗を掲げよと言っている。次にする事は軍使による正式な降伏の宣告だろう。
将軍を前にして、参謀でもない少佐風情が臆面も無く降伏を進言する図に、当の参謀達も苦い顔。
「閣下! 小官は本国に許婚が居りまして、この戦いが終わったら結婚をする予定です」
何を言い出すんだこの小童は。年若いとは言え軍人が情に訴えるとは……。
「それが貴官の本心か?」
「はい! 要塞砲の炸裂弾で死ねば、遺体は身元不明となるでしょう。それでは死後婚姻も出来ない!」
「死にたくないのは皆同じだ。この戦いでは既に死んだ者も大勢居る。海軍のギューナフ閣下も恐らく艦と運命を共にした。貴官だけ虫が良いとは思わんか?」
ヴィットール中将の視線が射竦める。
「虫が良いとは思います。
 ですが、今の時点で奇襲上陸をして主要部を即座に制圧という当初の作戦は破綻したも同然です。
 勝算の無い、生きて帰る望みの無い戦いに赴く事こそ、指揮官として兵への裏切りではないでしょうか」
そんな事、改めて言われずとも解っている。
奇襲も強襲も、駄目だった。
断続的ではあるが、今この瞬間も天幕の周辺で爆発が起きているし、斥候に出した部隊は戻って来ないのだから。
次の爆発がこの天幕を直撃しないという保証も無い。

ディーン少佐の提言が概ね正論だからこそ、ヴィットール中将としても安易に首を縦に振れない。
指揮下の部隊の中では精鋭であるディーン少佐だから、余計なのだ。
戦闘部隊の序列としては最上位となる擲弾兵大隊の指揮官も、ディーンが言うなら……という態度。
天幕の中には士官しか居ないから良いものの、兵が聞いたらせっかく上がりかけた士気がどん底まで落ちるだろう。
「少佐の考えは解った。その上で命令するが、狙撃兵大隊は1シウス前進し、敵の反応を探り報告せよ」
「前進するのであれば……閣下が下命されれば掩護しますが、本隊は前進しないのですか?」
「敵の反応次第だ。それによっては突撃する」
「……了解!」

天幕を出たディーン少佐は、すぐに大隊を集結させて点呼を取らせた。
「大隊前進! 擲弾筒には発煙弾を装填しておけ!」

213 303 ◆CFYEo93rhU :2019/05/18(土) 18:30:47 ID:SNm79O0Y0
短いですが、投下終了です。
ブラウザの調子なのか回線の調子なのか、開始宣言の二重投稿すみませんでした。

214 名無し三等陸士@F世界 :2019/05/18(土) 19:25:51 ID:.78nQQms0
投下乙です。
少佐、何故フラグを…(滝汗

215 名無し三等陸士@F世界 :2019/05/19(日) 23:14:23 ID:CDK4/xxs0
帝国召喚のHP消えちまった・・・

216 名無し三等陸士@F世界 :2019/05/20(月) 00:02:04 ID:Rx9iVfiQ0
投下乙!
これはいいフラグw

217 名無し三等陸士@F世界 :2019/05/20(月) 08:53:12 ID:lEy5xQPg0
>>215
移転してるやで
ttps://kurokurobee.web.fc2.com/

218 303 ◆CFYEo93rhU :2019/05/26(日) 16:46:28 ID:SNm79O0Y0
10年前を色々思い……。

私がここで投稿しているのはF自モノとしては処女作ですが、
戦艦1隻だけ異世界転移という習作的なモノはあり(未完結、未投稿)、
それを書いている時にこちらの分家に出逢い、
設定をある程度引き継いだり修正して国ごと転移モノに
変えたのが『皇国召喚』なので、影響受けまくりです。

例えば飛竜の設定。
速度が100km/hくらいで積載量が操縦士含め150kgくらいというのは、
この戦艦1隻だけ召喚もので設定したものをほぼそのまま流用してます。
戦艦が搭載する水観や水偵で空戦しても勝てて、高角砲や機銃でも落とせて、
爆弾はバイタルパートを貫通せず軽微な損傷で済むレベルを想定してたらしいです。

これ、単発モノとして投下しようかと考えてるんです。
未完結なので、本当に部分的なエピソードが幾つかあるだけなんですが、
結構細かい事書いてたりして、皇国召喚の掌編としても通用するレベル。
むしろ今書いてるものより上手いんじゃないかと。
武器の名前とか地名とかは互換性無いんですが、
何より大きいのは皇国召喚では結局不発に終わった、
超弩級戦艦が戦ってる場面がある事なんですよね。

ただ読み返すと、もう完全に『日本国召喚』のクワ・トイネ公国とロウリア王国なんですよね。
特に飛竜騎士が哨戒任務中に沖合で巨大戦艦を発見して驚くあたりは笑っちゃうほど似ていて、
敵の覇権国家はロウリア王国とパーパルディア皇国を足して2で割ったような帝国で。


>>214
>>216

伯爵家の家柄ですから許婚くらい居てもおかしくないのです。

「私は、この戦争が終わったら故郷(くに)に帰って結婚するんです」
「彼女は、私の帰りをパインサラダを作って待っているんです」
「閣下、このペンダントを預かっていてくれますか? 失くしたら大変だ」
「こんな、いつ砲弾で死ぬかもわからない所に居られるか! 私は泳いでも帰る!」

>>215
>>217

書籍化もされたみのろうさんの『日本国召喚』が直接のきっかけだと思うのですが、
「○○(組織名や国家名)召喚」という題名のF世界召喚ものが凄い増えた印象があります。
以前より大規模召喚ものはありましたが、その題名がここまで「○○召喚」だらけになるとは。

この界隈で「○○召喚」というシンプルな題名の原点はくろべえさんの『帝國召喚』だと思ってるのですが……。

というか「皇国召喚」で検索すると小説家になろうとハーメルンで別作品が4作品くらいあるんですよね。
こんな味気ない単純な題名が被る事になるとは10年前は思いもしませんでした。

219 303 ◆CFYEo93rhU :2019/05/26(日) 16:55:48 ID:SNm79O0Y0
10年前を色々思い……。

私がここで投稿しているのはF自モノとしては処女作ですが、
戦艦1隻だけ異世界転移という習作的なモノはあり(未完結、未投稿)、
それを書いている時にこちらの分家に出逢い、
設定をある程度引き継いだり修正して国ごと転移モノに
変えたのが『皇国召喚』なので、影響受けまくりです。

例えば飛竜の設定。
速度が100km/hくらいで積載量が操縦士含め150kgくらいというのは、
この戦艦1隻だけ召喚もので設定したものをほぼそのまま流用してます。
戦艦が搭載する水観や水偵で空戦しても勝てて、高角砲や機銃でも落とせて、
爆弾はバイタルパートを貫通せず軽微な損傷で済むレベルを想定してたらしいです。

これ、単発モノとして投下しようかと考えてるんです。
未完結なので、本当に部分的なエピソードが幾つかあるだけなんですが、
結構細かい事書いてたりして、皇国召喚の掌編としても通用するレベル。
むしろ今書いてるものより上手いんじゃないかと。
武器の名前とか地名とかは互換性無いんですが、
何より大きいのは皇国召喚では結局不発に終わった、
超弩級戦艦が戦ってる場面がある事なんですよね。

ただ読み返すと、もう完全に『日本国召喚』のクワ・トイネ公国とロウリア王国なんですよね。
特に飛竜騎士が哨戒任務中に沖合で巨大戦艦を発見して驚くあたりは笑っちゃうほど似ていて、
敵の覇権国家はロウリア王国とパーパルディア皇国を足して2で割ったような帝国で。


>>214
>>216

伯爵家の家柄ですから許婚くらい居てもおかしくないのです。

「私は、この戦争が終わったら故郷(くに)に帰って結婚するんです」
「彼女は、私の帰りをパインサラダを作って待っているんです」
「閣下、このペンダントを預かっていてくれますか? 失くしたら大変だ」
「こんな、いつ砲弾で死ぬかもわからない所に居られるか! 私は泳いでも帰る!」

>>215
>>217

書籍化もされたみのろうさんの『日本国召喚』が直接のきっかけだと思うのですが、
「○○(組織名や国家名)召喚」という題名のF世界召喚ものが凄い増えた印象があります。
以前より大規模召喚ものはありましたが、その題名がここまで「○○召喚」だらけになるとは。

この界隈で「○○召喚」というシンプルな題名の原点はくろべえさんの『帝國召喚』だと思ってるのですが……。

というか「皇国召喚」で検索すると小説家になろうとハーメルンで別作品が4作品くらいあるんですよね。
こんな味気ない単純な題名が被る事になるとは10年前は思いもしませんでした。

220 303 ◆CFYEo93rhU :2019/06/01(土) 22:53:20 ID:SNm79O0Y0
本編の続き投下します。

221 303 ◆CFYEo93rhU :2019/06/01(土) 22:54:58 ID:SNm79O0Y0
夜明け前の最後の暗闇の中、ディーン少佐の狙撃兵大隊は行進の太鼓を叩く事もせず、
岩陰や茂みに隠れながら息を殺してノイリート要塞周辺を歩きまわり這いまわった。
皇国軍の防御陣地を幾つか見つけるが、どれも相互支援可能と思われる配置だった。
そんな中、一箇所だけ孤立して存在する小さな陣地を発見する。
(ここを足掛かりにするか、せめて勝利したという実績を作れないものだろうか)
大隊の兵員は長銃身マスケットと擲弾筒を射撃態勢に、陣地に近づいていく。


機関銃陣地に篭って様子を窺っていた皇国軍は、時折現れる斥候を撃退しては休息するを繰り返して居た。
後方では、セソー大公国の陣地に向けてのんびりと迫撃砲が撃ち込まれている。
重要拠点の攻防戦にしては、あまりに間延びした戦闘だった。

そうなる理由は単純で、両軍共に積極性を欠いているから。
既に海軍の駆逐艦は帰途に就き、他の艦艇の増援も無いので、暫くは洋上からの戦闘支援は望めない。
飛行場には稼働状態の戦闘機や爆撃機があるが、燃料や弾薬は“本番”の為に必要で、こんな事に消費させられない。
反撃に転じてセソー大公国軍に突撃するには砲兵火力が足りない。
歩兵が自前で持つ手榴弾や迫撃砲もそう潤沢な弾薬がある訳ではない。嵩張る大隊砲や連隊砲となれば尚更。
一部小隊では鹵獲した1/2バルツ砲を置物にして、敵に警戒させる事で足止めするという方策も取られた。
戦車の1個小隊でもあれば違うだろうが、戦車や装甲車といった機甲戦力は全て大陸本土にある。

これで積極果敢に攻めろというのは無理な話だ。
航空支援も砲撃支援も機甲戦力も無い中、歩兵だけでの攻勢はリスクが高過ぎる。
もう時間的、空間的に後が無いならともかく、皇国軍はそこまで切羽詰っていない。
むしろこの戦場に限れば、時間は皇国軍の味方だ。
敵に退路は無く、味方には十分な陣地と食糧の備えがある。
篭城戦という戦況では圧倒的に有利な防衛側が、急いで打って出る必要などどこにあろうか。
ここで睨み合いが続こうが、大陸本土で決着が付けばそれで終わりだ。
少なくとも迫撃砲と歩兵砲の弾薬にある程度余裕が生まれなければ、攻勢には出られない。

加えて、ある意味でそれ以上に深刻な問題があった。
もしも千数百人の敵兵が降伏してきたら、受け入れる余地が無いのだ。
勿論、ノイリート要塞には敵の捕虜を収容する為の建物も併設されており、それでも足りなければ牢屋などもあるが、問題は食糧であった。
直ぐに干上がる訳ではないが、確実に余裕が無くなる。
この場にある物資は大陸本土で活動する部隊の分としても利用されるから、麦の一粒だって無駄には出来ない。
セソー大公国軍が全力で攻撃してきて飛行場を破壊されたら困るが、それに対し反撃して降伏されても困る。
今回は初回のように、捕虜を本土に送り返す為の船の手筈も無い。その可能性のある船は皇国軍が自らの手で沈めた。

222 303 ◆CFYEo93rhU :2019/06/01(土) 22:55:29 ID:SNm79O0Y0
東の空が明けて夜が終わった頃。
セソー大公国軍の軍服を纏った人影が見えた。今度は数十人だ。
警戒に当たっていた皇国軍将兵はまたか、という思いで小銃や機関銃に手をかける。
「撃ち方用意!」
だが、今回は今までと違った。
敵部隊から撃ち出された爆弾が大量の白煙を吐き出し、視界を遮る。
「撃ち方待て!」
破れかぶれの敵は何をしてくるか分からない。
毒ガスかも知れず、しかし防毒マスクは無いという事態に小隊長は困惑した。
この場に吹く海風の風向きは、皇国軍が風下側なのだ。
「退避! 煙から距離を取れ!」
小隊員は持ち場を離れて下がるが、煙に巻かれる。
「全員、何ともないか?」
「少し煙たいだけです。ただの煙幕です!」
小隊軍曹は冷静に返した。戦場の勝手知ったる軍曹の助言は心強い。
そうこうしているうちに敵はさらに、その煙幕に隠れながら発煙弾を発射し、煙幕のカーテンを盾に徐々に接近してくるのだ。
手を拱いていては不味い。
「持ち場に戻れ! よく狙え……撃ち方、始め!」
煙幕が展開されている辺りを機関銃で薙ぎ払うが、命中している気配が薄い。
こんな戦い方、リンド王国より洗練されてるじゃないか!

煙幕の切れ間、右手に剣を掲げた指揮官らしき人影が見えた。
それに気付いた機関銃手は、その付近を全力で薙ぎ払う。

それでもまだ、煙幕が陣地に近づいてくる。
距離にすれば確実に100mを切っている。
「総員着剣!」
小銃手は着剣し、破砕手榴弾を用意し、白兵戦すら辞さぬ構えだ。
重機関銃は分解され、予備陣地へ後退を始めた。
軽機関銃はギリギリまで付き添うが、いよいよ不味い状況だ。

不気味なのは、発煙弾以外に発砲が無い事。
数的にはセソー大公国軍の方が多い。この間に忍び足で詰め寄られていたら、いかに武器の性能で勝っていても多勢に無勢。
「総員本陣地に戻れ!」
皇国軍は煙幕に向かって手榴弾を投擲し、分隊が相互に支援射撃しながら本陣地に後退する。

そこで初めて、セソー大公国軍からの声が聞こえた。
「前列構え! 撃て!」
至近距離から発砲されたと分かる破裂音に、大量の硝煙。
「二列目、撃て!」
続けて
「三列目、撃て!」
弾丸が通り過ぎる風切り音に続き、さらに導火線に火の着いた擲弾と思しきものも飛んできた。

煙幕に隠れている相手も盲撃ちだからだろうが、匍匐のお陰で死者が出なかったのは幸いだった。
三列目の射撃が終わると伏せたまま撃ち返し、さらに後退する。

数分後、煙幕が晴れると皇国軍が居た陣地は爆弾で破壊されており、そこに敵軍の姿は無かった。
「中隊本部に通信! この戦力で仮設陣地の守備は困難。一時後退を具申する!」

死者や重傷者こそ出さなかったものの、皇国軍は数人の負傷者と陣地からの退却を強いられるという“敗北”を喫した。
そもそも守備兵が少なかった、機関銃以外に満足な重火器が無かった、皇国軍の守備線の最前線の、
更にその先に構築された仮設陣地で孤立していたという点はあるが、陣地を一つ失ったのは事実だ。

動員兵力でも武器の性能でも皇国に及ばずとも、こういう戦法が一般的になれば皇国軍とて無敵ではなくなり、損害も増えるだろう。
ライフルという単独の武器の事は教えても現代的な戦術の肝は教えなかった皇国軍にしてみれば、かなり衝撃的な事態であった。
この瞬間、皇国軍将兵は転移以来久方ぶりの“近代戦”を戦っていたのだ。

223 303 ◆CFYEo93rhU :2019/06/01(土) 22:56:00 ID:SNm79O0Y0
「突撃の好機でした。伝令も送りました。閣下!」
司令部の天幕に入って来たディーン少佐は、煤汚れた顔で左の頬がぱっくり切り裂かれて流血していた。
赤く染まったハンカチで怪我をした頬を押さえながら、苛立ちを隠し切れない様子で詰め寄る。
「準備させていたのだ。そうしたら早々に逃げ帰って来たのは貴官ではないか」
「あれ以上の戦闘継続など無理です。大隊の死傷者は30人を超えました。
 1個中隊が消滅したのですよ! 私も危うく死にかけました」
そう言って、折れた剣を見せる。
美しい装飾の為されたサーベルは、中程で折れていた。
飛び散った破片の一つが胸にしまってあったペンダントに突き刺さって軽い打撲も受けた。
「剣が無ければ即死でした。大隊長戦死、指揮不能によりもっと早く後退していたでしょう」
顔の正面に掲げていた剣に皇国軍の銃弾が命中し、それで剣が折れて頬に傷を負った。
剣に当たって弾道が逸れた弾丸も、ディーン少佐の髪の毛を焦がしていった。
一旦、顔の前に掲げてから頭上に上げて、前を指し示す動作の途中だった。
僅かでも動作がずれていたら、顔面を撃ち抜かれて即死だっただろう。

「そうは言うが、旅団本隊は貴官の大隊の10倍の規模だぞ? そう簡単には動けん。それくらい解るだろう」
「全軍の展開など求めていません。とりあえず1個中隊でも良いのです」
「戦力の逐次投入は愚の骨頂だろう。それに伝令からは攻撃成功の報告を受けたが、とてもそうは見えなかった」
「皇国軍の陣地に1/4シウスまで肉薄して射撃を浴びせ、あの場に居た皇国兵は
 全員逃げ出したと判断します。あれが成功でなければ、何が成功なのですか!」
「皇国兵の撤退を、直接確かめては居ないだろう」
「それが可能な状況なら、恐らく私はここに居りません!」
あれだけ濃密な煙幕を展開してもなお、皇国軍の前に大損害を受けたのですよ?
たった1シウス前進するのにこれだけの損害なら、ノイリート要塞中枢に迫る頃には全滅しているでしょうね。

「そこまで言うなら、もう準備も整っているだろうから、本隊を出そう」
「閣下……発煙弾は殆ど使い切りましたし、同じ手に二度も引っかかるとは思えません」
皇国軍という敵を相手に、ディーン少佐は通常使う密度の数倍の煙幕を使っていた。
それですら数十人の損害を出したが、発煙弾の投射をケチっていればもっと多くの損害が出ていただろう。

皇国軍の防備が手薄なうちに奇襲または強襲によって要塞を奪還するという作戦は
最初からどれほどの成功率が望めるか疑問であったが、もはや不可能なのは明白だ。
少数の部隊でも、皇国軍は必ず機関銃という“大量連発銃”を配備しているから、兵数と火力が額面通りに計算できない。
皇国軍陣地で部下が拾った、直径半シクル程の円筒形の金属柱(空薬莢)を見ながら、ディーン少佐は“保身”を考えぬ訳にはいかなかった。

224 303 ◆CFYEo93rhU :2019/06/01(土) 22:56:31 ID:SNm79O0Y0
降伏をしたら、戦後にどんな仕打ちを受けるだろうか。
司令官や連隊長、司令部参謀は物理的に首が飛んでもおかしくない。
大隊長や中隊長クラスの指揮官も相応の懲罰を受ける事になるだろう。
武人の名誉という意味でも、称号や栄典の剥奪など容易に想像出来る。

さらに攻撃を続ければ、反撃で磨り潰されるだろう。
かといって降伏したら終戦後にどんな沙汰が待っているか判らない。

作戦参謀が意見具申した。
ディーン少佐の決死の行動は結局、皇国軍陣地に突撃は不可能という事の確認。
敵陣地の弱点を探るどころか少数の部隊で偵察の為に近づく事すら不可能な状況。
下手に大軍で攻めすぎれば撤退や降伏すら満足に出来なくなるのはリンド王国軍が大量の血で以て証明した。
今更改めて何を確認する必要があるのかと問われれば、伝聞ではなく体験として共有出来たという事に尽きる。
「最早この戦争の行く末は決しているのは、中将閣下もよく理解されているでしょう。
 マルロー王国からの支援も途絶えております。ここは一つ、降伏ではなく一時停戦を申し入れては?」
「何か思うところがあるか?」
「現状の皇国軍からの攻撃は、緒戦に比べれば随分と散発的です。
 つまり島内の防備を後手にしてでも他にやりたい事があるのです」
「ノイリート島から本土への攻撃準備か」
「はい。皇国軍の飛竜であれば我が国の本土全域が制空権内に収まります。
 極北洋シテーン湾に面しているロマディアなど目と鼻の先でしょうから」
「確かに、彼らからすればそうなるだろうな」
リンド王国の王都ベルグは、それで散々な目に遭ったのだから。
だが、ヴィットール中将は別の事に気を揉んでいた。
「命を散らして我等を上陸させたギューナフ提督に何と詫びれば良いのだ」
「それは閣下や我々が死んでから、あの世でおいおい……」
死後の世界はともかく、大公殿下からのお咎めはあるかどうか分かりませんよ?
塞翁が馬。ロマディア死守を命じられず、本土へ帰る手段も失った事は幸福に転ぶかも知れませんね。

そんなやり取りから少し後、上陸したセソー大公国軍の司令官ヴィットール中将はノイリート要塞の皇国軍に対し、停戦の軍使を差し向けた。
停戦理由は、負傷兵を本土に後送する為。
後送には、まだ使える状態で打ち揚げられたボートやカッターを利用したり、
艦隊の残骸を利用して新たなボートや筏を作製して間に合わせる事とする。
準備に時間がかかるので、停戦期間は15日とする。


この協定に皇国軍の現地司令部は安堵した。
これはあくまでノイリート島内での戦闘行為の禁止であり、皇国とセソー大公国の戦争行為の禁止ではない。
具体的には、島内の双方の軍部隊に対して島内や島外から攻撃してはいけないという期限付き停戦協定だ。
島内から島外を攻撃したり、島内の飛行場から飛行機を飛ばして島外を攻撃する事は協定違反にならない。
負傷者を後送する際には、船舶に赤十字(それと分かる意匠)の旗を常時掲げる事。
後送に使用する船ないし舟は予め皇国軍に通知する事で、この後送任務中に限り病院船と
同等(船体の白色塗装が望ましいが、塗装資材が無いので不問とする)の扱いを受ける。

皇国軍とセソー大公国軍のどちらかが違反した場合、協定は即時失効する。

向こうから言い出した事だが、これは皇国軍にとっては願ったり叶ったりであった。
島内の部隊の弾薬を節約出来る上に、飛行場を大々的に使っても島内の部隊は反撃されない!
勿論、警戒の為の歩兵や海兵部隊は通常どおり配置するが、それで攻撃を受けたらセソー大公国の非を咎める理由にしかならない。
本土に向けて負傷兵が後送される際は通知を受ける事になっている。つまり本土に敵の情報が伝わるタイミングを知れる事になる。
何より15日もあれば、セソー大公国の首都ロマディアは陥落しているだろう。

225 303 ◆CFYEo93rhU :2019/06/01(土) 22:57:44 ID:SNm79O0Y0
投下終了です。
暑かったり寒かったり、体調がおかしくなる……。
これからまだまだ暑くなる季節、皆さんも命を大事に。

226 名無し三等陸士@F世界 :2019/06/02(日) 14:20:35 ID:.78nQQms0
投下乙です。
寒暖差が結構あって本当にきついですよね。

停戦しましたか。これはもう仕方ないなぁと思ったり。前線司令部がどうこう出来る範疇を超えてるわけだし……。

227 名無し三等陸士@F世界 :2019/06/02(日) 17:44:06 ID:Rx9iVfiQ0
投下乙!

少佐は生き残りましたか。

寒暖差による体調不良もですが、生ものにも注意だね!
いや、ほんときついっす・・・。

228 名無し三等陸士@F世界 :2019/10/20(日) 05:36:02 ID:Ld2JT8Og0
wikiが更新されてここが更新されてたことに気が付きました。
透過お疲れさまです。もう秋になってまいりましたがお体ご自愛ください。

229 303 ◆CFYEo93rhU :2019/11/02(土) 16:25:51 ID:IEHUhI4I0
お久しぶりです303です。
投下が遅れていますが、何とか生きています。
次話の投下は、今月中にはしたいと思っているのですが難しいかもしれないです。
すみません。

春から夏の時も、夏から秋の時も、寒暖差が辛い。
皆様もご自愛ください。

230 303 ◆CFYEo93rhU :2019/11/06(水) 21:02:51 ID:IEHUhI4I0
取り急ぎの連絡にて失礼いたします。

当面、使うかどうか分からないですが、したらば掲示板が使えなくなった時の事を考え、「小説家になろう」様に場所だけは作っておきました。
「N8666FV」です。

何事も無ければ今までどおりこちらに投下となります。
移行作業だけはぼちぼち進めようかと考えていますが、何か意見等ありましたら、こちらに書いて下さるとありがたいです。

231 名無し三等陸士@F世界 :2019/11/07(木) 23:25:24 ID:.78nQQms0
遂になろう進出ですか

232 303 ◆CFYEo93rhU :2019/11/08(金) 20:06:43 ID:IEHUhI4I0
私は2日の夕方に書き込んだので、その翌日からですか?
したらば全体が突然繋がらなくなって、という経緯を知ってから、避難所の確保も必要かなと。
本来は、したらばの方が避難所として使われる側なのでしょうけれど。

>>231

遂になろうデビューしました!
令和初の快挙であります!

ブックマークしてくれた方、評価してくれた方。
ブクマも評価もしていないけれど閲覧してくれた方。
感謝します。
初心に返る気持ちで励みにしたいと思います。

「なろう」を選んだのは自分が読み専として使い慣れてるという理由が一番大きいのですが、
この界隈の活性化に、ほんの少しでもお役に立てればという淡い期待も、無きにしも非ず。
異世界転移ものといったら「なろう」というイメージ(なろうテンプレ)もありますし、
先行作品で書籍化されているものがある今こそ……いーじゃねーかよ二番煎じだってよぅ!

「なろう」で初めて拙作を知る読者が居る可能性を考えていませんでしたが、可能性を言えばゼロではないんですよね。
そういうの方の目に留まった時、F自ジャンルの中のF皇ジャンルを広めんとするのは無謀だろう
という思いもありますが、あらすじ読むだけでも、何かの形で心に棘を残せれば嬉しいのですが。

あとは『皇国召喚』の終わりが見えてきたので、F自以外のジャンルを
ここに投稿するのは板違いなので、丁度いい機会と思い準備しました。

とは言え、したらばに関してTwitterとかで不穏な話題が出てたから
焦って動いてしまっただけで、ちょっと勇み足だった気もします。
典型的な、パニックになったら真っ先に死ぬ奴の行動……。

233 名無し三等陸士@F世界 :2019/11/08(金) 20:14:43 ID:9JnG.z1g0
なるほど、なろう進出にはそういった事情がありましたか
何はともあれ、無理せず頑張ってください

しかしこれで分家からなろうに移った人、これで3人目か…

234 303 ◆CFYEo93rhU :2019/11/09(土) 12:00:32 ID:IEHUhI4I0
>>233

その御二方と比べられると、凄く申し訳ない気持ちになります。

移行作業していて、初期ストーリーを読んでいると、忘れている。
東大陸編の後半、今書いている部分などと設定に矛盾が!!!

数年ぶりに気付かせてくれた、自分で作業した価値ありましたね……。
今更どうにもならないので、気にせず本編の続き投下したいと思います。

235 303 ◆CFYEo93rhU :2019/11/09(土) 12:02:17 ID:IEHUhI4I0
フェリス・コーンウォース。
コーンウォース伯爵令嬢のコーンウォース子爵。
そしてマルロー王国空軍少将、飛竜師団長である。

彼女が居るのはセソー大公国の首都ロマディアに建つロマディア宮殿。
既にリンド王国と皇国に降伏したマルロー王国の武官としてこの地に居るには勿論訳がある。

元々、北方諸国同盟軍の第二陣としてこの地に派遣される予定で、飛竜陣地の構築などの指揮をしていたところ、母国が降伏した。
その後は、宙ぶらりんとなった実体のない飛竜部隊を円滑に基地に戻すためにしばらく滞在していたのだが、その任務もほぼ終えた。
皇国軍相手では飛竜と言えど高確率で撃ち落されるという報告を何度も聞いてきたフェリスにとって、もうこの地に留まる理由は無い。

だが、セソー大公国軍の飛竜軍司令官が泣きついてきたのだ。
援軍の約束をしておいて突然梯子を外すのは無責任だと。
それを決めたのは自分ではなく、マルロー国王とセソー大公だろうに、何故一介の軍人がそこまで面倒を見なければならないのか。
リンドやマルロー王家にとってはそう単純な話でもないのだろうが、下級貴族の自分からすれば滅ぶなら勝手に滅びればいい。
そう思い、この国の行く末を見届けてやるという意志でこの地に留まっていた。
勿論、本格的な戦闘が始まれば爆撃やら砲撃やら銃撃やらで死ぬかもしれない。

師団長という立場で私情を優先させるのは上級指揮官失格だろうが、生きて帰れたら報告書として纏めるつもりだ。
死んだら死んだで、実家に跡取りは居るし、家柄で出世したようなものだから師団長の適任者は他に居るし……。
本国の人事部には、親の七光りを出世させたり重要な任務に就かせてはいけないという戒めとして貰おう。


今、セソー大公国の本土にはノイリート島から移送された20余騎の飛竜に元々居た200騎余の飛竜で、220騎程が居る筈だが、実際には70騎程しか残っていない。
しかもこの数字は軍籍にある飛竜を全て含んだ数字だ。負傷して予後不良だが生きてはいて、まだ除籍されていないだけの飛竜も含んでいる。
だから実際には戦力として数えられる飛竜はもっと少なく、60騎も居ないだろう。
しかし首都ロマディアに限れば、元々48騎だった稼働飛竜の数は減っていない。
ロマディア以外の場所の飛竜がほぼ全滅しているという事だが、ロマディアに限れば戦力は減っていないように見える。

だから、なのだろうか。
セソー大公レオニスは「決戦兵力は健在であり、大公国軍の意気や旺盛である」と触れ回っている。
空の飛竜も海の戦列艦も健在であるから、何も心配はないと。

飛竜戦力の3/4が消滅したのに?
リンド王国軍の飛竜も戦列艦も、セソー大公国軍の10倍ありましたが、結果はどうなりましたか?
逆に言えば貴国軍の戦力はリンド王国軍の1/10以下しか無く、7割が壊滅したとされるリンド王国軍の残存戦力より少ないのですよ。
現にリンド王国軍は、その残存する戦力でもって北方戦線を今なお優位に進めているではありませんか!
リンド王国軍相手にすら梃子摺っているのに、そのリンド王国軍を鎧袖一触にした皇国軍を相手にどんな秘策をお持ちなのでしょう?
マルロー王国に停泊していた飛竜母艦を極秘裏に出撃させたが、砲戦に巻き込まれて沈没したと伺いましたが?

236 303 ◆CFYEo93rhU :2019/11/09(土) 12:03:38 ID:IEHUhI4I0
フェリスはリンド王国が皇国と戦争をしていた時期から対皇国の飛竜戦についての研究を進めていたが、
どれも机上の空論に過ぎないのではないかとの不安はあり、実際に机上の空論だった戦術もあった。
撤収任務中にもセソー大公国軍の報告書を見ていたが、飛竜母艦すら砲戦から逃れられない
となると、陸でも海でもどうにもならないという現実からある種の諦観を覚えるようになる。

飛竜母艦が敵艦と砲戦になる事はまずあり得ないのだ。
常識的にあり得ない。

洋上における飛竜母艦の任務とは偵察と爆撃だ。
飛竜は数発の爆弾を持って偵察に出かけ、敵艦や敵艦隊を発見したら船員や索具、帆柱や帆桁を攻撃して船足を止める。
そして母艦に戻り、その情報を受けた艦隊の戦列艦やフリゲートが足の止まった敵を煮るなり焼くなりする。
勿論、この砲戦中にも飛竜による空からの攻撃で敵艦隊を撹乱するのは言うまでもない。
相応の被害を受けている敵艦を一方的に攻撃できるのだから、圧倒的に有利だ。
列強国が高価な飛竜母艦を保有するのは、正にこの戦法が決まった場合のメリットが非常に大きく、
同時に他国が飛竜母艦を持つのに自国がそれを持たなければ、一方的にこのリスクを負うから。

攻撃に使う時だけでなく、こちらが逃げる場合でも、船足が速く砲撃力もある
フリゲート等を砲戦距離外から爆撃できれば味方の逃走成功率は上がる。

そしてそれだけ重要な艦だから、必ず戦列艦やフリゲート等の護衛があり、特に風上側に対しては最も警戒を厚くする。
だから、余程不運に見舞われたとか、杜撰な指揮をしたとか、常識的にあり得ない想定をしなければ、飛竜母艦が砲戦で撃破されるなど考えられない。

飛竜母艦が1隻あたり20騎の飛竜を積載しているとしても、約半数は食事や休憩中。
そして残る10騎のうち半数は敵飛竜を警戒したり交代の為に待機しているので、偵察に使える飛竜は5騎。
それぞれが別方向に飛んでいくので会敵するかも分からないが、会敵したとしても1騎か2騎だ。
しかしそれでいい。
1騎の飛竜が1隻の敵艦の船足を止めれば、それが単艦であればその艦の命運は尽きたも同然だし、
艦隊のうちの1隻であれば、敵艦隊の司令官はその艦を見捨てて先を急ぐか、共に残って大艦隊を迎え撃つかの二択を迫られる。

敵艦隊に飛竜母艦がある場合、直掩の飛竜が居るし、その艦隊は対空火器も充実しているから、飛竜が単騎で突っ込むのは自殺行為。
だから攻撃はせずに爆弾を投棄して偵察情報だけ持ち帰る。
これだけでも、飛竜母艦を含む有力な敵艦隊が存在するという偵察情報を得られる訳だから、その後の艦隊行動の指針に大きな意味がある。

建艦に高い技術が必要で専門に訓練した飛竜も必要。
それだけ高価で数も持てないが、その分の仕事はしてくれるのだ。

確かに飛竜母艦という艦自体は飛竜の積載と運用を第一義とする為、船としては酷く不格好で、船足は遅く、運動性も低い。
戦列艦より巨大なのに対艦砲は対空砲兼用で大型コルベットか小型フリゲート程度の数しか持たないのだ。
何より実質2本マスト!
マストは3本あるのだが、フォアマストとミズンマスト、またはメインマストとミズンマストしかなく、残るマストは展帆機能に大きな制約がある。
どちらの設計にも一長一短あるが、メインマストとミズンマストしかない設計なら、フォアマストは見張り台とジブを固定する柱としての機能しかない。
なので砲戦になったら鈍重な三層甲板戦列艦にすら追いかけ回されるし、フリゲートやコルベットなら尚更。

飛竜母艦を含む艦隊というのは前提として戦列艦を含む大規模なものであり、砲戦に巻き込まれないように運用するものなのだ。
停泊中であっても、飛竜母艦は内側に、戦列艦やフリゲートを外側にする。

なのに、リンド王国軍の飛竜母艦も、セソー大公国軍の飛竜母艦も、皇国軍に沈められた。
流れ弾が飛んできて損傷を受けたとかではなく標的とされて撃沈されたのだ。
セソー大公国軍のものはまだ調査中というのが正確だが、撃沈されているとみて間違いないだろう。
海軍関係者の顔色を見ていれば大体分かるし、元同盟軍とは言え他国の軍人に機密情報をペラペラと喋ってくれる。

皇国軍と飛竜を軸に制空権や制海権を争おうと考えるのがそもそも間違っている。
これは、今までどおり皇国以外の既存の国を相手にした戦闘に使うものであるのだ。
皇国軍といい勝負しようと思ったら、それはもう皇国式の軍備と軍制が必要となる。

皇国を仮想敵とした飛竜戦術を構築するという目的設定がそもそも間違い。
水を沸騰させようが凍らせようが、それを飲んで酔っぱらう事は無い。
皇国相手の新戦術研究とやらは降伏後のマルロー王国でも行われているが、
何とかして水を水のまま上等な酒にしようともがいているように感じてならないのだ。

237 303 ◆CFYEo93rhU :2019/11/09(土) 12:06:34 ID:IEHUhI4I0
そしてリンド女王はそういう諸々に気づいている。
だから皇国式の制度や製品を積極的に導入し、ユラ神国と皇国との戦争で低下した
列強国の首席としての威信を、以前よりも隔絶した国力を以て取り戻すつもりなのだろう。
このまま皇国との関係が順調に進めば、リンド女王は“列強リンド王国の中興の祖”になる。
だが、こちらのセソー大公がそれを分かってリンド女王を引き摺り下ろそうとしたとは思えない。
単に血筋的により正統な(と勝手に思っている)自分が選ばれなかった腹いせ以上のものが見えない。
マルロー国王が手を引いてもセソー大公が手を引かないのは、そういう事なのだろう。

ロマディアという前線に赴いて、現場の空気を感じて、フェリスはそれを一層強く感じる。

兵士は勿論なのだが、主に大隊長以下の中級、下級将校の士気の低下が著しい。
相手が皇国の事となると、荒唐無稽な話も噂話なのか事実なのか判断が付きかねる。
それで本来兵士たちを宥めたり叱咤して秩序を維持する側の将校たちすら疑心暗鬼になっているのだ。
流言を取り締まる側である憲兵すらも及び腰になっている。
「近々、ロマディアが大規模な空襲を受けて瓦礫の山になる」
という噂話に対して、そんな事ある筈なかろうと否定出来ない。
現に、リンド王国のベルグに対しては“やろうと思えば可能だった”けれど、皇国の自主的な配慮で“やらなかっただけ”なのだという話だ。
実際、空襲によってリンド王国軍の陸上部隊と洋上艦隊は壊滅したし、石造りの頑丈な建造物の代表格である飛竜基地や
対艦要塞すら徹底的に破壊している事から、都市を爆弾で破壊するのは不可能というこの世界の従来の常識は通用しない。
ロマディアより巨大なベルグすら焼き尽くせるなら、ロマディアなら簡単に焼き尽くせるだろう。
防火上の理由から石材や煉瓦造りを徹底している軍施設と違って、
むしろ大都市である程に木造建築も多いから良く燃えるだろう。

なまじ皇国軍の鉄竜を討ち取った! という朗報を耳にしたから、一瞬でも希望を
感じてしまったから、反動でその後の連敗に絶望を感じている気がしないでもない。

北方諸国同盟に派遣されていた第三国の観戦武官達がそそくさと帰還し始めている。
死んでしまっては観戦結果を報告出来ないし、事実上解散した実体のない同盟とやらと運命を共にするのは馬鹿らしいだろう。

軍人ですらこうなのだ。
問題は何よりロマディア市民である。
ロマディアに度々飛んでくる皇国軍の飛竜――飛行機というらしい――の羽音に怯え切っており、毎日百数十人という単位で逃げ出して行くのだ。
都市に残るのは逃げ出す資金さえ用意できないような出稼ぎ労働者、身寄りのない老人や子供など。
元々この都市は“王位以外は何でもある”と言われるくらい、大陸北方で豊かな都市だった。
市場は活気に溢れ周辺の村落も潤っていた。
それが今では食糧すら満足に入って来ない。

つまりセソー大公の言葉は市民たちに全く届いていないという事だ。
当然だろう。皇国軍が首都上空を遊弋するのを全く防げていないのだから。
大公宮が市民に留まれと命令しても焼け石に水。

この辺りの反応の違いは列強といっても大国と中小国の差だろう。
よもや王都に攻め込まれる事態など夢にも思っていなかったリンド王国の王都民は、逃げ出す事は無かった。
皇国軍の本格攻撃が始まってさえ、逃げ出す者は多くなかったと聞く。
後の言葉で言えば“正常性バイアス”と言うのだろうが……。
それが逆に、皇国軍が無秩序に逃げ惑う民衆を誤射せずに済み、戦後の関係修復にも大いに役立ったらしいから、どう転ぶか分からないものだ。

238 303 ◆CFYEo93rhU :2019/11/09(土) 12:07:37 ID:IEHUhI4I0
対して、セソー大公国は列強国の席にあるとはいえ国土も人口も大国には及ばない。
過去、リンド王国とマルロー王国の覇権争いに巻き込まれて酷い目に遭った歴史もある。
そういう都市の市民だから、ここが攻め込まれる訳は無いとか、攻め込まれても負ける訳がないなどと考える者は少ない。
特に皇国軍がセソー大公国の国境を越えたという情報が伝わってからはロマディアを棄てる市民が増えだした。

シテーン湾の海賊討伐や遭難者救助に功績のあるノイリート伯爵がセソー大公を裏切ったという話も、今では全く逆の意味で理解されているようだ。
ノイリート伯爵がセソー大公を見限ったのだと。重要拠点を任されている忠臣が主君を見限る事の意味を考えれば、危機感を抱いて当然だ。

ロマディア市民は常々、戦争がやってきたら一時避難して、戦争が終わったら帰って来て酒を飲みながら瓦礫を片付け、と気軽に考えていた。
というのは、リンド王国とマルロー王国の双方、少なくとも片方はセソー大公国を全力で支援するから。
が、今回は様子が違う。双方の列強国からそっぽを向かれた。こんな事は前例がない。
なので、明るく元気に町を離れるという光景が見られず、中には市内の
家を格安で売りに出し、田舎に移住するつもりで荷物を纏める者も居た。
これは避難というより逃亡と言っても良いだろう。

「子爵閣下、ロマディア市民の逃亡に関して、陸軍が担当ですが空軍としても何かするべきなような」
「宜しいのでは? 守るべき市民が居なくなれば、我々のような武人が死地に赴く必要も無くなりましょう。
 それにロマディアは今まで戦災に巻き込まれても、その度に不死鳥の如く再建されてきたと聞き及びます」
飛竜軍司令官は軍階級では自分が上だが爵位は男爵なので、わざわざ子爵閣下と呼んでフェリスを上に仕立ててくる。
子爵と言ってもそれは只の儀礼称号で、実態は単なる伯爵令嬢なのだが。

貴族とは言え軍人であれば、軍の階級や職位に基づいて上下関係を計るのが当然だ。
そうでなければ伯爵の大佐が男爵の将軍に命令しても良い事になるし、
部下としてはどちらの命令を優先させれば良いのか分からなくなる。
そんな不文律を意図的に破ってまでマルロー貴族という権威に縋ろうとする。
今はこうやって下手に出ているが、本格的に危うくなったらどうなる事やら。

同業者なのに何か他人事のように思えるのは、自分がマルロー王国という大国の軍人という余裕もあるのだろう。
だがそれ以上に、自分が歴史の目撃者となっているという事を天空から俯瞰しているような不思議な感覚。
この国では軍人も一般人も等しく皇国の掌の上で踊らされている。勿論、その中には自分も含まれる。

ロマディアの宮殿で執務をしていた貴族が夫人と幼い子供と共に“地元を宥める”為に帰郷した。
フェリスは現在、その貴族夫人が使っていて空いた部屋を自室にしている。
大国の高位軍人で貴族令嬢でもある客人という事で、こういう待遇になっているが、
北方諸国同盟が解体せず、戦争に勝っていれば彼女が帰郷する必要など無かった筈だ。
お陰で専用の風呂とトイレのある部屋で生活出来ているが、本来は望ましい事ではない。

239 303 ◆CFYEo93rhU :2019/11/09(土) 12:09:34 ID:IEHUhI4I0
投下終了です。
やはりこちらが落ち着きます。

240 名無し三等陸士@F世界 :2019/11/09(土) 17:29:27 ID:.78nQQms0
投下乙です。
ある意味、もうどうにでもなれみたいな無力感(汗

241 303 ◆CFYEo93rhU :2019/11/10(日) 08:10:03 ID:IEHUhI4I0
>>240

セソー大公は謎ですが、フェリス少将の心境としては「もうどうにでもな〜れ」というより、野次馬みたいなものだと考えています。
無力感というよりは、「なんか目と鼻の先で凄い事が起きてる!」という興奮なんだと思います。多分。

貴族生まれの高位軍人がそんな事で舞い上がったら駄目だろ!
飛竜陣地建設大隊も含めれば数千の部下がおるのじゃぞ。
でもフェリスさんはポゼイユ侯爵とは別ベクトルに好奇心旺盛なんです。

242 名無し三等陸士@F世界 :2019/11/10(日) 08:32:28 ID:bq8ROwp20
投下乙!!

>>飛竜陣地建設大隊も含めれば数千の部下がおるのじゃぞ
え?フェリスさんの部下ってまだ現地に残ってるんですか?
てっきりもう全員帰国させていて、本人だけが軍事顧問みたいな立場で残ってるのだと思ってました

243 303 ◆CFYEo93rhU :2019/11/10(日) 23:30:16 ID:IEHUhI4I0
>>242

飛竜師団は副師団長の指揮下でマルロー王国に帰国しています。

副師団長が師団長代理として権限を預けられていても
一時的な話で、フェリスさんが師団長職にある限りは、
数千人に対する責任が消えた訳ではないという話です。

セソー大公国にはフェリスさんと副官が残っています。
将軍と副官だけってのも不自然ではありますが、そこはまあ……。

立場としては軍事顧問より観戦武官が近いですね。
正式にそうと任命された訳ではありませんが、本人はそのつもりで居ます。

244 303 ◆CFYEo93rhU :2019/11/17(日) 21:49:02 ID:FUij1vsc0
東大陸編のラストまで、ほぼ骨格は書き終えて、あと肉付けという段階になりました。
「あの方が帰って来るまで続けたい」とやってきましたが、もうこれがファイナルラストアンコールです。
これで終わりかと思うと、将棋の羽生さんが詰み筋が見えて手が震えだすような感覚(?)で、変な緊張しています。

という事で(?)掌編投下します。

245 303 ◆CFYEo93rhU :2019/11/17(日) 21:50:04 ID:FUij1vsc0
『シャーナさまと蓄音機』

リンド王国、ノールベルグ城。
ある日の午後、シャーナは侍女を呼ぶ呼び鈴を鳴らすと、蓄音機のスイッチを入れ、急いでカーテンの裏に隠れた。

「お呼びでございますか?」
…………。
「陛下?」
自分を呼んだ筈のシャーナの姿が見えない。
『あなたの後ろに居ますよ』
突然聞こえたシャーナの声に振り向くも、そこに姿は無い。
『あなたの後ろに居ますよ』
もう一度振り返るが、やはり誰の姿も無い。
そもそも声の聞こえる方向と“後ろ”が一致しない。
「陛下、どちらにいらっしゃるのですか?」
『私はここに居ますよ』
部屋に姿は無いのに“ここ”とは?
おろおろする侍女をカーテンの影から覗き見るシャーナは笑いを堪えるのに必死だ。


件の蓄音機は、女王即位と国交樹立に対するお祝いの品として皇国天皇から贈られたものだった。
皇国外の外国人が持つものとしては現状ユラ教皇とリンド女王しか持たない貴重品である。
機能もそうだが、調度品としての外装も素晴らしい。むしろ外装の方が高価なくらいだ。
皇国風の漆の箱に入れられており、花鳥風月をあしらった蒔絵、蝶番などに用いられる金細工は皇国でも最高の職人達の手による。
外装だけで100万リルスの値がついてもおかしくないくらいなのだ。
さらに中に入れられている、本体たる蓄音機が皇国以外の国では作成不可能な高度製品であり、輸出もされていない事から、実質値が付けられないも同然。
当代のリンド王家の財産としては破格の物品であることは確かであろう。
それを、侍女との遊びに使うとは……。

246 303 ◆CFYEo93rhU :2019/11/17(日) 21:52:00 ID:FUij1vsc0
投下終了です。
『皇国召喚』にまともな女性キャラは居ない。

247 名無し三等陸士@F世界 :2019/11/17(日) 22:09:44 ID:.78nQQms0
乙でした。酷い話だw

248 名無し三等陸士@F世界 :2019/11/18(月) 20:44:28 ID:10DiI6ic0
素早い投下乙です
この時代の蓄音機というと、オープンリールのテープレコーダーあたりですかね
電源はどうしてるんだろうか…?

249 名無し三等陸士@F世界 :2019/11/18(月) 21:08:26 ID:06BBujPs0
この数回分を読めてないけどまず先に乙です

250 303 ◆CFYEo93rhU :2019/11/20(水) 21:46:10 ID:FUij1vsc0
>>247

でもこれくらい破天荒な事してこそ王様!
という気持ちもあります。

民の事など考えずに遊び惚けたら困りますが、まず王が明るくないと。

>>248

オープンリールって、50年代から60年代くらいの映画やドラマとかでよく見る奴ですよね。
パンチカード式コンピューターと、オープンリールレコーダーと、チカチカ光るパネルの3点セット。

ですが、私としては、SP盤ないしLP盤を想定してました。
乾電池内蔵の電蓄です。雑誌の付録に付いてたソノシートみたいのも、技術的に可能そうならそちらでも。

電蓄は幾ら何でもというなら、手回し式で、何回かくるくるさせるとその後の何十秒か動作するタイプもありましたよね?
こちらならゼンマイ式なので電源不要です。
こちらだとスイッチ入れるのではなく、ゼンマイ巻くってなりますが。

後、大穴として王宮の一部(女王や王配の私室)を電化したというのも。
それまでの蝋燭(シャンデリア)よりずっと明るい電球を感じて頂くために東芝社員あたりが突貫工事で……。
電球と共用タイプのソケットなら、天井から電線が伸びる不格好さはありますが、電気のある生活が出来ます。
じゃあその大元の電源はどこだというと、王宮(王都)近くの川からポンプで水車回して発電するくらいでも、電球くらいなら間に合うでしょう。
ベルサイユ宮殿が10km離れたセーヌ川から水引いて噴水作ったんですから、リンド王国に出来ないとは言わせない!

>>249

そんな事ありません。
乙という言葉があるだけで、ありがたいです。

251 303 ◆CFYEo93rhU :2019/11/20(水) 21:47:09 ID:FUij1vsc0
>>247

でもこれくらい破天荒な事してこそ王様!
という気持ちもあります。

民の事など考えずに遊び惚けたら困りますが、まず王が明るくないと。

>>248

オープンリールって、50年代から60年代くらいの映画やドラマとかでよく見る奴ですよね。
パンチカード式コンピューターと、オープンリールレコーダーと、チカチカ光るパネルの3点セット。

ですが、私としては、SP盤ないしLP盤を想定してました。
乾電池内蔵の電蓄です。雑誌の付録に付いてたソノシートみたいのも、技術的に可能そうならそちらでも。

電蓄は幾ら何でもというなら、手回し式で、何回かくるくるさせるとその後の何十秒か動作するタイプもありましたよね?
こちらならゼンマイ式なので電源不要です。
こちらだとスイッチ入れるのではなく、ゼンマイ巻くってなりますが。

後、大穴として王宮の一部(女王や王配の私室)を電化したというのも。
それまでの蝋燭(シャンデリア)よりずっと明るい電球を感じて頂くために東芝社員あたりが突貫工事で……。
電球と共用タイプのソケットなら、天井から電線が伸びる不格好さはありますが、電気のある生活が出来ます。
じゃあその大元の電源はどこだというと、王宮(王都)近くの川からポンプで水車回して発電するくらいでも、電球くらいなら間に合うでしょう。
ベルサイユ宮殿が10km離れたセーヌ川から水引いて噴水作ったんですから、リンド王国に出来ないとは言わせない!

>>249

そんな事ありません。
乙という言葉があるだけで、ありがたいです。

252 303 ◆CFYEo93rhU :2019/11/30(土) 10:56:42 ID:k83QLRus0
本格的に寒くなってきました。冬は嫌だ……。

外伝投下します。
なろうで人気出るには悪役令嬢が必要と聞き及び、書いてみた習作です。

253 303 ◆CFYEo93rhU :2019/11/30(土) 10:59:41 ID:k83QLRus0
私達はやり過ぎた。
西大陸の筆頭、東大陸とも繋がりの強いイルフェス王国の不興を買ってしまったのだ。

最初のうちは、イルフェス王国にも害をなす盗賊団(傭兵崩れ)の根城だったり、
イルフェス王国や他の列強国、大国との外交関係が悪い国や地域を選んでいた。
この頃の私達には、引き際を心得る理性があった。

しかし、私達は、イルフェス王国の闇の権益に手を出してしまった。

私達がイルフェス王国製の武器を多く使っているというのは、かなり初期から判明している。
私達に武器を提供してくれたイルフェス貴族は、事が発覚すると即座に縛り首になった。

私達の義勇団とイルフェス王国が潰し合って疲弊すれば、ライランス王国にとって望ましい形だが、
余り露骨に私達を支援すれば、ライランス王国を滅ぼしたくてうずうずしているイルフェス王国に開戦の口実を与えてしまう。
第三国を経由して細々と、武器や資金を支援してくれているだけでもありがたいが、同時に両大国の掌の上で踊らされている現実に腹立たしくもなる。


砲兵員が、野砲に弾薬を込めている。
大砲など触った事も無かった志願兵が、この1年半で1/4バルツ砲を素早く装填出来るまでになったのだ。
実戦に明け暮れていた義勇団の戦闘能力は、大国の正規兵にも引けを取らないと胸を張って言える。

交差した銀の剣と金の天秤が描かれた旗を持ち、葦毛の馬に跨る私を見て、幼馴染のレジットが叫ぶ。
「相手が誰だろうが俺達は負けない! 俺達には正義の執行者シモーヌ・ダルテュールが付いているんだ!」

私が剣を高く掲げると即座に太鼓が打ち鳴らされ、義勇団の鬨の声と共に、2門の1/4バルツ砲から砲弾が発射された。

イルフェス王国軍の緋色の戦列の前方では、私の乗る馬よりもさらに白い馬に乗った、銀色の鎧に青いマントを纏った女性が駆け回っている。
マントには王族しか着用が許されない王家の紋章が燦然と輝いている。

わざわざ望遠鏡で見なくても“イルフェスの魔女”だと分かる。

イルフェス王国軍は1/4バルツ砲が8門と1/2バルツ砲が16門の合計24門。軽量の1/4バルツ砲は騎馬砲兵隊に集中配備されている。
数日前からは飛竜が少なくとも8騎。戦竜こそ見えないが“盗賊狩り”にしては容赦なしのようだ。

イルフェス王国の使者に拠れば、生きたければ首魁を差し出せという。
首魁の衣服を“全て掲げよ”という破廉恥な内容の勧告に対し、義勇団は一層の抵抗の意志を固めた。
既に没落したとは言え、私だって貴族の端くれだ。貴族は民の為に、民は貴族の為に。
ただ奪うだけでは盗賊と同じ。そういう思いで義勇団を立ち上げたのに、列強国の王女だというだけで、何故こんなにも他人を見下せるのか。

この瞬間、私達の勝利条件は敵の大将、つまりあの“魔女”を殺すか捕らえる事になった。
私が殺されるか捕らえられるか、それとも“魔女”を殺すか捕らえるか。

訓示が終わったのか“魔女”は戦列の後方へ向かい、緋色の横隊が一歩前へ。そして1/2バルツ砲の砲撃が始まった。
西大陸随一の列強国だけあり、砲車の脇には豊富な弾丸が積まれているのが見える。あえてこちらに見えるように積んでいるのだ。

それでもって義勇団の持つ数少ない野砲を集中攻撃してくる。
こちらは2門、向こうは16門。どちらが撃ち勝つかなど、子供でも分かる。

左翼から中央にかけて厚く布陣している義勇団の、左翼と中央にそれぞれ1門ずつ置かれた1/4バルツ砲。
虎の子の大砲の周囲は歩兵が守っているが、私達には騎兵が無い。
騎乗している指揮官が私を含めて数人居るというだけで、その事は相手も知っている事だろう。
前衛の歩兵は横隊、後衛の歩兵は縦隊で、騎兵を警戒する素振りすら見せていないのだから。

私達に隠し玉の騎兵が居たとしても、この野砲の数では騎兵突撃が成功する見込みは薄い。
私達に騎兵戦力が無ければよし、あれば一か八かの突撃を試みたくなるような陣形なのだ。

254 303 ◆CFYEo93rhU :2019/11/30(土) 11:01:29 ID:k83QLRus0
「騎兵が来るぞ!」
竜騎兵と軽騎兵がこちらの右翼側に展開し、速歩から駈歩で接近を開始する。

「盾隊出せ!」
義勇団は戦力を中央から左翼に集中させているので、非常に薄い右翼部隊を防御すべく、銃弾を防ぐ鉄板を張った木製の置き盾が並べられる。
馬が怖がるよう、長さ1シンクの棒を棘のように突き出した盾は不格好だが、私達に格好をつけている余裕などない。

歩兵隊員が一斉射撃を見舞わすが、遠い。
「射撃命令があるまで撃つなと言っただろうが!」
「叱責する暇があるなら防御陣に組み替えろ! 総員銃剣構え!」
私は中央で歩兵隊員を纏める団員を叱咤し、右翼の団員にも“死守命令”を出した。

私達の横隊が空撃ちしたのを見た敵騎兵隊だったが、何故か距離を保ってこちらの様子を窺っている。
「敵の砲兵だ!」
気付いた時には、右翼の至近距離で敵の騎馬砲兵隊が射撃態勢に入っていた。
右翼から陣形が滅茶苦茶に荒らされ、折角の盾隊も砲撃で粗方破壊されてしまった。

騎馬砲兵の活躍を見届けると、竜騎兵と軽騎兵が襲歩で押し寄せ、まず中央の大砲の周囲に居た歩兵を至近距離から射撃した。
そして抜刀、対騎兵防御の準備など出来ていない戦列を支えるのは精神力のみだろう。
私の為、仲間の為、自分の為、理由は何でもいいが、とにかくその精神力が頼みの綱だ。

義勇団の本陣が置かれた廃屋には、予備の1/4バルツ砲が2門あるが、これは奥の手。今、前に出す訳にはいかない。

中央が荒らされ、左右が完全に分断された私達の義勇団に向かって、緋色の歩兵横隊が前進を開始した。
1.5シウスの距離だったものが1シウスに迫り、3/4シウスに迫る。

「やるぞ、今だ。狙うは白馬の“魔女”だけだ。続け!」
乗馬している団員が臨時の騎馬隊となり、駈歩で敵の右翼を迂回するように本陣を離れた。
中央や左翼の歩兵隊員達は、既に銃を撃ち尽くし抜刀していた竜騎兵や軽騎兵を戻らせまいと銃剣で必死の抵抗をしてくれている。

私達の臨時騎馬隊が本陣から十分に離れると、隠し玉の1/4シウス砲から、散弾が放たれた。
至近距離からの散弾は何人かの味方も巻き込むが、この場には敵の方が圧倒的に多い。しかも多くが騎兵。一矢報いたろう。

私達の接近を見た敵軍の後方からは予備の軽騎兵と胸甲騎兵が向かって来た。
40騎は居るだろうか。こちらは10騎も居ないのに。

「白馬……奴が来る! 討ち取れ!」
白銀の鎧を煌めかせ、王旗を掲げた副官を従えた“魔女”が、胸甲騎兵と共に私達に接近してきたのだ。
千載一遇の好機に、私達は勢い付いた。

だが発砲音と共に硝煙を潜り抜け、白い肌を煤で汚した“魔女”によって、その気勢が削がれる。
半シウスの距離で馬を走らせながらの銃撃が連続で命中するなど、悪夢でしかない。

だが軽騎兵と胸甲騎兵は“魔女”の後方に従っているだけで、周囲を厳重に守っている訳ではない。
「足を止めるな! 突撃しろ!」
私は右手に剣を、左手に拳銃を持ち、“魔女”に向かって突撃する。
拳銃を撃つのは槍の間合いだ。
発砲音が鳴ると、私の横を走っていた古参の団員が胸を撃たれて落馬した。

硝煙が晴れると“魔女”が咥えた弾丸を銃口に吐き出し、込め矢で突き固めているのが見える。
早過ぎる。従者が換えの銃を持っていて、撃つごとに受け渡して装填している訳でもない。
そんな事を考えているとまた発砲音と共に団員が胸に穴を開けて馬から落ちた。

私が首魁だと分かっているだろうに、あえて生かしておくつもりなのだろうか。

“魔女”は鞍に装着されたポケットにマスケットをしまい、腰に下げた鞘から華麗な装飾の施された剣を抜いた。
相手は銃をしまい、こちらは装填済みの拳銃を持っている……。
罠かも知れない。しかしここまで来て止まる訳には行かない。

255 303 ◆CFYEo93rhU :2019/11/30(土) 11:02:47 ID:k83QLRus0
距離は5シンクも無い。
私が左腕を伸ばして“魔女”に狙いをつけた時、“魔女”は鞍のポケットから拳銃を取り出し、一瞬のうちに撃鉄を上げると発砲した。
その硝煙が煙幕のように私の視界を奪い、同時に私の後ろで射撃機会を狙っていた団員が血を吐きながら馬の背にもたれかかる。

白煙の向こうに影を探しても“魔女”は居ない。
私の後ろで発砲音がしたので振り返ると、“魔女”が団員の革鎧ごと上半身を斬り落としていた。
馬には腰から下だけが残り、上半身だけ落馬させられている。

一思いに首を刎ねるなり、胸を突くなりすれば良いものを、見せしめのように行われる“魔女”の虐殺。
“魔女”の硝煙で煤けた顔も、白銀の鎧も、真っ白だった馬も、返り血で赤く染まっている。

これで、乗馬していた団員は私だけになった。
「これが、栄光あるイルフェス王国軍のやる事か!」
私の撃った拳銃は“魔女”を捉えた。命中した。
「この距離で外すのはいただけないな。失望した」

命中はした。しかし剣を持つ右腕を僅かに掠る程度の浅い傷しか与えられなかった。
「ところで戦況が見えているか? 剣と天秤の旗がどこにあるか」
“魔女”の言葉に、私は本陣の方向を振り返った。
旗竿にレジットの服が結ばれて、義勇団の旗は見えない。
緋色の軍服を着た歩兵隊が、倒れている団員達を銃剣で突き刺し回っている。

「ダルテュール伯爵には、我が王家も世話になった誼がある。
 最後まで、誰一人として逃げなかった組織を鍛え上げた貴様に、
 私は感銘を覚えている。これは本心だシモーヌ。私の――」
「気安くその名を呼ぶな!」
「何でもいいが、貴様の家はもうそろそろダルテュール伯爵ではなくなるだろう?
 ネアロ男爵家になるのは何年ぶりだ? 私に仕えれば今回の件は不問とし、
 伯爵の土地は安堵され禄も出す。これは父王陛下も承諾済みだ。書面もある」
「ハッ? いつからアルテュールがイルフェス王の土地になった?」
「貴様が署名した瞬間から、そうなる」
「なぜ私が。アルテュールには母上も居るし兄上も――」

自分の言葉を、自分で反芻した。
「兄上は……」
「最期まで抵抗したが、聞き分けの無い貴族はみっともないと思わないか?」
「貴様が……何も、そこまで……」
「私がアルテュールを包囲している間も、貴様はあちこち駆け回っていたな。
 そのせいで危機を伝える伝令が貴様を捕まえるのに四苦八苦していたようだが」
「…………」
「貴様の告発のせいで、我が王国がどれだけの損害を受けたと思う?
 信用というのは金貨で簡単に買えるものではない事くらい、解るだろう」
「そんなもの、自業自得だ!」
「ほう、言ったな?」

“魔女”がニヤリと顔を歪めた。


その後の事は覚えていない。
思い出そうとしても、魂が拒絶する。
ただ、ビリビリに引き裂かれた服とも言えない布を纏って、アルテュールの館に辿り着いた事は薄っすらと覚えている。

今はイルフェス王国の軍服に身を包み、王女義勇連隊の一員として“魔女”の“寵愛”を受けながら、故郷アルテュールの平安を願うばかりだ。

256 303 ◆CFYEo93rhU :2019/11/30(土) 11:03:41 ID:k83QLRus0
投下終了です。
悪役の令嬢が欲しいものを手に入れる話。
西大陸編の外伝はかなり久々で、完全な一人称視点は初めてかも知れません。

257 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/01(日) 13:49:23 ID:k83QLRus0
本編の続き投下します。

258 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/01(日) 13:52:37 ID:k83QLRus0
朝食を終えた頃、皇国軍機の羽音が聞こえた。
バルコニーから身を乗り出して空を眺めると、一際巨大な
皇国軍機からロマディア市内全域に向けて大量の伝単が
ばら撒かれているところで、宮殿の敷地内にも落ちてきた。

まるで雪のように降り注ぐ高品質な紙の束。これだけでも皇国の国力が痛い程に分かる。
実際、市民は我先に伝単を拾い集め、様々用途に再利用しているくらいだ。

庭に出て手に取り、すぐに内容を確認する。

『7日後の朝からロマディア全域を攻撃するので
 ロマディア市民は早急に市外に避難するように
 ラピトゥス島は特に危険なので近づかないように』

『第三国の国民もロマディアから撤収するように
 期日までに避難しなかった場合の損害について
 皇国は一切の責任を負わないものとする』

伝単を見て、フェリスは遂に来る時が来たと感じた。
ロマディアが大規模な空襲を受けて瓦礫の山になる日が。
「おお、皇国軍の死の宣告!」
ここに居たら7日後に死ぬかもしれないのに、何故か気分が高揚する。
最初の頃は、特に期限を定めない降伏、避難勧告だった。
それが程なくして2週間以内に降伏せよという文章に変わり、そして7日後に攻撃すると!
フェリスはそれを副官の女性将校テレーズにも見せる。
「残る伝書鳩は何羽だったかな」
「13羽です」
「なら最後まで見届けられるだろう」
師団司令部と通信中隊が持つ伝書鳩を多目に連れてきたのは正解だった。
本格的な戦闘となれば本国との通信に徒歩の伝令兵が安全だが、時間がかかりすぎる。
「何も閣下が残る必要は……もしもの事があれば、コーンウォース伯爵家にとって損失です」
「少なくとも今の私は只の軍人だし、もしもの事はいつ起きてもおかしくないんだ。父上だってそれは承知だろう」
「しかし……」
「残って事態を見届ける空将も必要だろう。これは命令だ」
そう言ってしまえば、公的にはただの副官であるテレーズは黙るしかない。
子供の頃から付き合いのあった幼馴染という事は、今は無関係なのだ。

259 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/01(日) 13:53:57 ID:k83QLRus0
朝食後の散歩にセソー大公国軍の空軍司令部を訪ねると、
飛竜軍司令官がぶつぶつと呟きながら作戦案を考えている。
「午前中は第1連隊で午後は第2連隊? いやそんな事をしている余裕は……」

行き詰って頭を抱えている。
少しガス抜きに付き合った方が良いかも知れない。
「こうなれば軍の存在意義は国体の護持でありましょう」
「は?」
「ユラに仲介を頼むよう、現場からの陳情として宰相や外相を説得されてはいかが?」
「は、ユラを?」
「ええ、ユラは原則中立の方針を放棄しておりませんし」
ユラ神国が列強国として振る舞える“パワー”の一つがこれだ。
東大陸で最も広く信仰されているユラ教の総本山がある事もあり、
単純な経済力や軍事力以上のパワーがあるのはどの国も認めるところだ。
だから、特に列強国同士の戦争になった場合、仲介する能力のある強力な
中立国となると多くの場合でユラ神国が第一候補となってしまう。

ただ皇国の元世界のスイスのような永世中立国でもない。
中立の度合いが他国より高いというだけで、最終的には時と場合による。

それに何より、ユラ神国は皇国と相互防衛に基づく軍事同盟を結んでいる。
リンド王国との戦争被害が大きかったのとユラ神国が直接攻撃された
訳ではないとして野戦軍の派兵をしていないだけで、今も有効な条約だ。
事実、皇国軍の領内通行や基地の提供などは公然と行われ、ユラ領内における兵站支援などで事実上参戦している。
「閣下、ユラは今や皇国の同盟国です」
「しかし此度の……セソー大公国の対リンド戦争においては皇国に積極加担しておりません」
「東大陸の列強全てが皇国と国交を持っている訳ではないのはご存知でしょう。
 大内洋に面していない大陸東側の国家群と皇国は国交以前に交流さえない所もまだ多いのです。
 リンド王国はともかく、皇国と仲介できるのは現状ユラ神国以外に考えられませんが」
「ううん……」

もう一押しだろうか?
「ユラは皇国の軍事力を身をもって知っている数少ない列強国です。
 皇国が最終通告を出した以上、ユラの大使もロマディアから避難するでしょう。
 他の都市の領事館なら知りませんが、ロマディアに居たら危険ですからね。
 恐らくユラの大使館員はいつでも逃げ出せるように準備はしていた筈。
 7日後の朝からですから、今日中にでもロマディアから脱出しておかしくありませんよ?
 むしろ外務卿はじめ外交官吏の面々が率先してやらないのが理解できませんね」

フェリスは軍人で外交職員ではないから部分的にしか知らないが、それでも観測範囲で
セソー大公国の外交部門がやっている事は中立国に対してセソー大公国の正義と軍事行動を
支持して欲しいという働きかけで、これは素人のフェリスから見ても理解不能の行動だった。
戦争初期の段階ならまだしも、首都に攻め込まれる寸前の今する事ではないだろう。
根本原因を作ったのが自分達だから一方的に嘲笑えないが、これは流石に無い。

確かに前リンド国王の突然の崩御から現女王の即位と皇国との国交樹立までの
鮮やか過ぎる手筈は怪しいが、それが生きてくるのは戦争の大義や勝った後に
リンド王国を弱体化させる手段としてで、負けそうな段階で叫んでも遅い。

260 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/01(日) 13:55:12 ID:k83QLRus0
だがしかし。
(もしも私が同様の立場だったら、こんな無責任な事は言えない)
もしもマルロー王国が皇国軍に攻め込まれ、首都ワイヤンが爆撃の災禍に曝される寸前となった時、飛竜騎士である自分は戦闘中止命令を受けるまで戦うだろう。
たとえ勝ち目がないと分かっていても、数百騎の部下たちを死地に送り込むだろう。そして自分は地上の司令部で……。
自決? そんな身勝手な事したら、騎士達に呪われるだろう。
降伏? まだ隣の戦区で戦っている将兵を見捨てて?
(所詮他人事だから言える事か)
それ以前に、母国が早々に降伏しなければ、今頃自分はリンド王国国境方面に進出していた筈だ。
そして、その前線司令部で皇国軍の爆撃を受けてとっくに死んでいた可能性もある。
飛竜陣地は中隊ないし大隊単位で建築されるが、師団司令部が敵飛竜からの被害を避ける為に各陣地を転々と
移動した場合、指揮系統に乱れが生じる為、どこか一箇所の大きめの飛竜陣地に固定してしまうのが普通だ。
勿論、そこは他より多くの対空砲や対空ロケット弾が配備され、歩兵や騎兵に対地砲兵、場合によっては戦竜兵も配備される。
それを逆手にとって、司令部がない飛竜陣地をさも重要な場所のように偽装するという事もあるが……。

結局それは、飛竜による攻撃だけでは、敵の飛竜陣地を潰しきる事は不可能という作戦の前提がある。
飛竜による爆撃に加えて、騎兵隊や歩兵隊が飛竜陣地を蹂躙してこそ、真に決着が付く訳だ。
しかし皇国軍の飛行機は爆撃だけでそれらを纏めて吹き飛ばすから、作戦の前提が崩れる。

フェリスが色々と考え込んでいると、側に居た飛竜軍司令官が沈痛な面持ちで語り始めた。
「子爵閣下、閣下は飛竜部隊の将軍として対皇国戦術も研究していると存じます」
「まあ、戦術研究も仕事の一つですから、それはまあ……」
「それで閣下は、何か新たな手立てを考案されましたか?」
「恥ずかしながら、あまり現実味のある方法は考案出来ません」
考案していたとして、今この場で教えるつもりもさらさら無いが。

「閣下、我が陸軍部隊が皇国軍の鉄竜を撃破したのはご存知ですね?」
「リンドですら対処できなかった鉄竜を撃破したとか。見事なものです」
「皇国軍も慌てたようで、敵部隊は後退しました」
フェリスはセソー大公国軍の公式発表前に既にその情報を知っていた。
陸軍の砲兵将校が自慢げに教えてくれたのだ。
将校ともあろう者が“これは機密情報なのですが”と前置きすれば秘密が守られると思っている訳は
無いだろうから、余程自慢したかったのだろうか。リンド王国ですら成し得なかった事を成したと。
その日のうちに軍の公式発表が行われたから遅いか早いかの問題だが、規律の問題だ。
他にも色々と有意義な情報は得られたが、良いのかそれで。軍法会議ものではないのだろうか。
これは一部のロマディア市民すら口にしていたのだが、それも軍からの公式発表前だった。大丈夫か。

ついでにフェリスが知っている情報には続きがある。
皇国軍が後退したのは一時的なもので、体勢を立て直してからはまた進軍している。
いや後退ですらなく停止といった方がより正確だろう。セソー大公国軍が一時でも前進した気配は無い。
もし、それを切欠に皇国軍を押し返したのなら、今もこちら側が戦線後退を続けて首都目前まで迫られている説明がつかない。

261 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/01(日) 13:57:34 ID:k83QLRus0
「皇国軍の兵器と言えど、人が造った物である以上、相応の威力のある兵器で攻撃すれば撃破出来るのです!」
「神話にある、絶対に死なない怪物とは違いますからね」
「そうです。皇国軍は決して神でも怪物でもない。我々と同じ人間です」
「同じ人間であると。その点は対等ですね」
鉄砲が当たったら人は死ぬ。みたいな当たり前の話をされても反応に困る。
大砲を当てれば皇国兵だって死ぬだろう。皇国製の兵器だって壊れるだろう。
当てられないから困ってるんだろう?
こちらの野砲の距離より、皇国兵の小銃の距離の方が長く、連発銃はさらに長く、皇国製の大砲は地平線の向こうからすら飛んで来るんだろう?

少数事例であれば、リンド王国軍だって皇国軍の将兵を銃撃したり砲撃したりして死傷させたし、飛竜による爆弾で軍艦も損傷させた。
だから射程に入って命中弾を得られれば、何らかの被害を与える事は出来るのだ。
それが戦局を動かすような決定的な事態に繋がるかどうかは別問題として……。
まあ鉄竜に関しては、一般的な野砲である1/2バルツ砲が通用せず生半可な攻撃では
ビクともしない重装甲を備えているという話だから、それを討ち取ったとなれば
凄い事であるが、その後同様の話を聞かないという事は、それっきりだったのだろう。
二度目三度目があれば、またやってやりましたと絶対に自慢する筈だ。
つまりこれも例外的な少数事例という訳だ。
どの程度の大砲を使えば有効なダメージを与えられるかという評価を得られたのは
収穫だが、それを生かした次が続かないという事は、対策されたと考えるべきだろう。

騎士の鎧の隙間を狙えば釘1本でも討ち取れるとか言ってるのと同じだ。
その騎士は強弓と斧槍と剣と盾で完全武装しており、鎧を着ていない戦士より俊敏で、鎧に特有の死角が殆ど無い。
その釘で、騎士の鎧に傷をつけても、騎士本人には何のダメージも無い。
釘で篭手などを打てば、一瞬手を引っ込めるかもしれないが、すぐに剣を持ち直して反撃してくるだろう。
そういう事だ。

「時に閣下、飛竜が持てる爆弾の重量はいかほどでしょう」
「1発きりの大型爆弾なら、12バルツですか」
主に要塞等の頑丈な建造物を爆撃する、飛竜を長射程の臼砲のように使う大型爆弾だ。
この程度は、飛竜に関わる軍の将校なら誰でも答えられる事。
「いいえ、24バルツです」
「!?」
その数字を聞いた瞬間、真意が解った。
解ったが、解りたくなかった。
24バルツ爆弾などというものは無いから、12バルツ爆弾を2発、1騎の飛竜に運ばせるのだろう。
そして、敵の陣地や鉄竜、軍艦等、重要目標に突っ込ませる。

「無人飛竜を体当たりさせる、という訳ですか」
「然様です。流石閣下、理解がお早い」
飛竜騎士が乗る指令騎1騎に対して2〜4騎の重爆装飛竜を用意する。
重爆装飛竜には飛竜騎士は乗らず、目一杯の爆弾を括り付け、突入すべき標的を指示して体当たりさせる。
今まで人間を載せていた分の重量を全て爆弾に振り分ければ、飛竜でも大型爆弾を2発積める。
しかしそうすると爆弾を投下するタイミングを操作する手段が無いから、飛竜ごと体当たりさせると、そういう事だ。
地面や障害物に激突しそうになれば飛竜は自身の判断で避けるので、正確に言えば標的の近くまで飛ぶように指示するという事になる。
飛竜が標的に近づいたタイミングで爆弾の固定が解けて起爆するように、指令騎が上空で操作する訳なので事実上の体当たり攻撃。
攻撃が成功しようがしまいが飛竜にとっては片道切符となるし、攻撃方法の仕組みから精度の高い爆撃は不可能。
そもそも皇国軍を相手にするなら指令騎も無事で済むかどうか。

262 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/01(日) 13:58:11 ID:k83QLRus0
この戦法の利点は、飛竜が途中で迎撃されて力尽きても、上空で点火さえしてしまえば後は決まった時間が
経過した時に爆発するから、精密攻撃は不可能だが何らかの損害を与える可能性が期待出来るという事だ。
欠点は利点の裏返しで、戦果確認騎を兼ねる指令騎が撃破されたら敵に与えた損害が全く不明になる事だ。

過去、そういう事を考えた人は居たが、2発の大型爆弾を落としたければ2騎の飛竜を使えば
良いだけであり、何らメリットが見出せない戦法なので、実際にやろうとした人は存在しない。
似たような考えとして、3〜4騎の飛竜で1発の大型爆弾を運ぶというのもあったが、これもそこまで大威力の爆弾を
苦労して造り、離陸から投下まで息の合った飛行で運んでまで得られるメリットが無いので、実戦で使われた事は無い。
同じ結果を得たいなら、臼砲を使えば済む事である。

が、今のセソー大公国軍にはとにかく飛竜の数が無い。
小国相手ならともかく、列強国相手ではもはや抑止力としても機能しないレベル。
その列強国の飛竜をも退けてきた皇国軍相手では、存在しないも同然。
だから2発の爆弾を使いたければ2騎の飛竜を使えば良いなどと言っていられない。
1騎の飛竜を限界まで酷使しても尚不足するのだ。
本当は12バルツ爆弾を3発積みたいだろう。体格に優れた若い飛竜なら可能だ。
途中で骨折するかもしれないが、どうせ体当たりで死ぬなら骨折しても構わない。
だが離陸直後に骨折したら攻撃そのものが不発になるから、2発で我慢する。
「騎馬隊の兵士に、馬に爆弾を括り付けて敵陣に突撃させろと命令するようなものですよ」
「人の命と飛竜の命を天秤にかけるなら、閣下はどちらを選ばれますか?」
卑怯な質問だ。二択なら人の命に決まっているが、だからといって飛竜の命を粗末にしていいという理由にもならない。
両方を大切にするべきだ。飛竜騎士なら尚更だ。愛竜を自爆突撃させる飛竜騎士は、後を追って自決するかも知れない。

だが、下がりに下がった将兵や市民の士気。
それでも戦争を止めようとしないセソー大公。
陸戦で使う大砲は悉く皇国軍歩兵や砲兵、空襲の標的にされる。
乾坤一擲に賭けるのであれば、取れる手段など選んでいられなかった。

それでも飛竜騎士の端くれとして、言わねばならない。
「私には、既に同盟を解消した他国の軍事作戦をとやかく言う資格はありません。
 飛竜軍司令官として、それが最善の策だとお考えになるなら、やれば宜しいでしょう。
 我が国にとっても貴重な戦訓が得られます。ですがもし迷いがあるなら、他の方策を試すべきです」

その言葉を残して、フェリスは軍司令官の部屋から退室した。

263 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/01(日) 13:59:27 ID:k83QLRus0
投下終了です。
本編の方は、今月中には終わる予定です。

264 名無し三等陸士@F世界 :2019/12/01(日) 15:50:04 ID:OvOMxCeA0
投下乙です!

いやぁ、末期ですなぁ

265 名無し三等陸士@F世界 :2019/12/01(日) 22:01:23 ID:.78nQQms0
投下乙です。
上が決断しないと軍としてはどうしようもないですね。

あと、わざとだと思うのですけどこの話の悪役令嬢ではかなりの確率で、なろうでの評価は……

266 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/05(木) 22:34:59 ID:k83QLRus0
感想ありがとうございます。

>>264

私は末期戦もので主人公が理不尽な状況にあって、そのままずるずるとバッドエンド一直線も好きですし、大逆転してハッピーエンドも好きです。

>>265

一時的な停戦であればともかく、講和となると君主の専権事項。
戦闘停止命令されない限りは戦い続けねばらないのがそこらの傭兵と違うところ。

>なろうでの評価は……

規約違反で載せられないような内容ではないと思うので、
なろうには『皇国召喚』の番外編として投稿するつもりですが……。

悪役令嬢は冒頭で婚約を破棄されないといけないんでしたっけ。
エレーナ殿下に婚約破棄を叩きつける奴なんざ思いつかんですが。

267 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/07(土) 21:28:50 ID:k83QLRus0
本編の続き投下します。

268 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/07(土) 21:30:54 ID:k83QLRus0
皇国軍が攻撃予告の伝単を投下してから2日が経った。
通告どおりなら5日後に大規模攻撃が始まるのだろう。
そんな日に、フェリスはセソー大公レオニスの私的な夕食に招待されて居た。
軍の高官同士で会食した事は何度かあるが、大公ご本人とは初めてである。
フェリスがいつ出国するか分からないから、最後の晩餐のつもりだろうか。
状況が状況であるし、あくまで軍人としてこの地に留まっている関係上、
フェリスはデコルテのドレスではなくマルロー軍服を着ての会食である。

「麗しい御婦人と晩餐をご一緒出来て光栄です」
「お褒めの言葉をありがとうございます。私も北方の要石と称される殿下に御招き頂き光栄です」
心にもない事をペラペラ喋る技術は、貴族の生まれを有難く思える。
「フェリス嬢は飛竜軍少将との事、しかもその首にあるのは、一級銀翼勲章では?」
「そのとおりです。殿下は我が国の軍事にも精通していらっしゃりますね」
「銀翼勲章となればマルロー王国軍の誉れでしょう」
「旅団長以上の証のようなものです」
実際旅団長以上なら殆どが、連隊長でも何割かは銀翼勲章を佩用しているから、特段の有難みは無い。
百年前ならともかく、今は高位の飛竜指揮官である証以上の価値は無い。金翼勲章なら別だが。
実際、佩用できるのが銀翼勲章くらいしかないというのはむしろ恥ずかしい話で、
褒めるなら空中狙撃徽章とかを褒めて欲しい。略綬だから暗くて見えないか。

「ご謙遜を! 二級までならともかく、一級銀翼勲章は階級だけで得られるものではない事くらい、私も存じておりますよ」
「ありがとうございます」
「一級銀翼勲章をお持ちの貴婦人が助力して下されば、我が軍も百人力ですよ!」
「……助力とは?」
「我が国に残って居るのは、そういう事なのでしょう? 飛竜部隊の指揮官として、我が国を救うと」
「祖国マルロー王国は、リンド王国及び皇国に降伏しましたので、ここに居ても戦闘行為には一切加われませんが」
「我が軍の軍服をご用意します。大将の軍服を!」
は? 何を言っているのかこのモノは。
「それはつまり……国際法違反なのは殿下ほどの方ならご存知の筈……」
負ける公算が非常に高い戦いに、軍服を偽って参加するなど、何の利益があるのか。
生き延びたとしても戦後にどんな非難を受けるか分かったものではない。
コーンウォース伯爵家の面子を潰す事になるし、銃殺ではなく絞殺されても文句は言えないだろう。

体格の良い赤人が侍る中、戦争継続に乗り気なレオニスと正反対のフェリスを尻目に、淡々とした給仕が開始された。
北の趣都と呼ばれるだけあり、この季節の極北洋で獲れる新鮮な魚料理を中心に多種多様な料理が運ばれてくる。
だが……この上等な料理も数日の間に食べる者も作る者も居なくなるのかと思うと、他国の事ながら淋しくも感じた。

269 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/07(土) 21:31:38 ID:k83QLRus0
丁度、飛竜隊の話が出たところで、フェリスは本題を切り出す。
まだロマディアに残っているマルロー王国の外交官は、セソー大公レオニスを
講和の席に着かせるよう説得する事や圧力をかける事を本国から指示されているらしい。
「貴国の飛竜部隊ですが。殿下は皇国との戦争において飛竜部隊がどれ程の戦果を挙げたか、ご存知でしょうか」
「飛竜は最強の戦力であり、無くてはならない存在だ。此度の戦争でも相応に活躍している」
「リンド王国軍が顕著でしたが、偵察や攻撃に出た飛竜が帰って来ない事を以て、付近に皇国軍の存在を探知するという事に相成りました。
 貴国の空軍も同じ意味では活躍していると言って良いかもしれませんが、しかし我が軍やリンド軍と、貴国軍では規模が違います。
 100騎の飛竜が失われても、我が軍やリンド軍は壊滅的な損害とはいえず、立て直せます。しかし貴国は違います。
 私が飛竜師団の戦闘指揮官として助言できるのは、ここまでです。あとは殿下のご決断を待つのみ」
「ふむ。敗軍の将に期待した私が愚かだった」
「このまま事が進むと、新たに“初代セソー大公”位が創設されるやもしれません」

現セソー大公であるカミーロ家が断絶して困るのはリンド王国とマルロー王国。
そこでマルロー王国の降伏後、両大国は秘密裡にセソー大公となり得る家系を協議していた。
結論としては、カミーロ家に匹敵する家格の貴族は存在しないが、どうしようもなければ代理と成り得る貴族は存在し、
マルロー王子との婚姻によって“初代セソー大公”とする事は、一応は可能であるという結論になっていた。
しかし、そういう御家騒動は北方に新たな火種を生む。
リンド王国と北方諸国同盟との戦争が御家騒動であったし、皇国という圧倒的な力を前に、
この期に及んで「我こそが正統な」と名乗り上げて事を荒げるのは懲り懲りだという意見が多い。
だからレオニスには、穏便に講和して貰いたいのだ。

しかし説得が上手く行かないなら、「お前の一族が死んでも代わりは居る」と告げなければならない。
果たして“命が絶たれる”場合と“貴族でなくなる”場合とで、危機感は違ってくるのだろうか。
軍服と白旗を掲げる機会は今夜から5日後の朝までしか無いが。

270 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/07(土) 21:32:13 ID:k83QLRus0
一通りの食事が終わり、レオニスは葉巻タバコを、フェリスは酔い醒ましの水を飲んでいた。
傍らに立つ赤人奴隷は上半身を曝け出しているが、暖炉と蝋燭によって室内は暖かく保たれている。
ありがたい事だが、きっちりと軍服を着こなしているフェリスにとっては意外と暑い。
酒を飲んでいると余計に火照ってしまう。

フェリスは懐中時計に目をやる。
「私は少し、夜風に当たりたいと思います。殿下も御一人で、熟考なさって下さい」
そう言って席を立って剣をベルトに差したところで、壁に掛けられた時計が鐘を打った。

帽子を被り食堂を出ると、テレーズが速足で向かって来たところだった。
「閣下。もう長居は無用かと……」
フェリスに拳銃を渡しながら小声で耳打ちしてくる。
「脱出の準備は?」
「滞りなく完了しています。閣下のご命令があれば、今すぐにでも出発出来ます」
「しかしこちらの大公殿下がな……」
フェリスにそこまでの義理は無いと言えば無い。
本国へ送った情報から、新たな命令が来る事は考えにくい。
そもそも伝令が本国から到着する前に、ロマディアの戦闘は決着するだろう。
伝書鳩は大使館と駐在武官が持っているもので、派遣軍の師団長でしかないフェリスの元に届く事は無い。

フェリスの師団司令部は実態としては既にロマディアに無く、副官のテレーズが残るのみである。
あとは、当地で雇った軍属扱いの荷馬車くらい。
全員、乗馬と馬車でいつでもロマディアを離れる準備は出来ているが……。
ロマディアを離れたら、陸路を使うか海路を使うかはその時の情勢次第。
「市内の状況を考えると、宮殿に居た方が安全だろうね」
「この場で、脱出の機会を窺いますか?」
「ラピトゥス城という考えもあるが、戦闘用の城塞にマルロー王国の将軍が
 居るのは拙いだろうし。事が終わるまでは自室で武器を置いて大人しく過ごすさ」
2丁の拳銃を懐のベルトにしまい、話しながら廊下を進む。
突き当りを曲がると歩みを止め、照明が少なく静かな廊下の先、階段の辺りを見据えた。

テレーズが、自分用に持っていた拳銃の撃鉄を上げて暗闇の先を照準する。
「いや、事が終わる前に始まるか」
叫び声と銃声の後、鉄兜と胸甲を着けた将校が、白刃を煌めかせて階段を駆け上って来た。
「そこに居るのは誰か! 合言葉は?」
胸甲の将校がフェリス達に誰何する。
「合言葉は知らんが、まず話し合う必要があると考える次第だ!」
「何を話し合うのだ!」
「私は敵ではない」
剣と胸甲で武装した将校の後ろから、カービンを持った兵士が続いてきた。
それを見て、フェリスは確信する。
「飛竜騎士か? なら私はやはり敵ではない。こちらも武器を下ろすから、そちらも武器を下ろして欲しい」
フェリスに命じられたテレーズが撃鉄を半コックに戻し、ベルトに差した。

そんなこんなで兵士達と問答していると、後ろから飛竜軍司令官が現れた。
「大公はどうした?」
「いえ、まだです……」
その一連のやり取りで、フェリスはこれが末端の兵士の暴走ではなく、飛竜軍司令官による組織的なものだと把握する。

「閣下。これは空軍の意志ですか?」
「子爵閣下ですか……私なりに考えた結論です」
その言葉に、フェリスは廊下の端に寄って道を空けた。
他国の事であるし、無理に止めようとしても多勢に無勢である。
宮殿の周囲には近衛兵が居る筈で、彼らを排除してまで事に及んだのだから、もう覚悟は決めている。
これ以上飛竜を死地に赴かせない為の、他の方策を考え直した結論がこれなのだ。
レオニスの事を“殿下”と呼ばず、単に“大公”と呼び捨てているのもその証拠だろう。

飛竜軍司令官は、兵士達がレオニスの居る部屋に入るのを後から追う。
フェリスとテレーズも、彼らを追った。

271 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/07(土) 21:33:18 ID:k83QLRus0
葉巻を吸って寛いでいたところ、いきなり突入してきた空軍将兵に
レオニスは目を丸くしたが、自軍と判るとすぐに焦りの表情に変わった。
室内は廊下と違ってかなり明るく、どの部隊かすぐに判別可能だ。
「皇国軍か! 飛竜部隊がどうしたか?」
予告期限より前に皇国軍が夜襲を仕掛けて来たので、至急の報告に来たと勘違いしていた。
飛竜軍司令官まで居るのだから、余程重大な報告だと思ったのだろう。

「違います。今すぐ、皇国とリンド王国に降伏すると、こちらに署名して頂きに参りました」
飛竜軍司令官は、既に書式が整えられ、レオニスの署名さえあれば即時に効力を持つ文書を見せた。
特に講和条件について何も書かれていない内容は、無条件降伏に等しい。

だが皇国は停戦ではなく降伏を望んでいるのだ。
停戦して、講和内容について協議して、それが破談して戦争再開などという事は認めない。
とりあえず降伏しろ。話はそれからだ。という強い意志。
「貴様ら、血迷ったか!」
火の点いたままの葉巻を投げつける。

「殿下! ここは一旦落ち着い――」
「お前が嗾けたのか! マルローの女狐め!」
確かに、涼むといって部屋を出た直後にこれでは、状況証拠的に怪しさ満点だ。
だが勿論、フェリスはこんな茶番の糸を引いていない。
マルロー王国軍人として、そんな事をする意味も無ければ命令も受けていない。
むしろ本当に皇国軍の攻撃であれば、そちらの方がフェリスにとって“本来見たかったもの”である。

レオニスは椅子の脇に置いてあった自分の剣を取り、抜いた。
貴族の嗜みとして剣技を磨くとしても、本業として武芸を磨いている者に敵いはしない。
しかもレオニスは1人で、兵士達はこの部屋に居るだけでも12人だ。

殺そうと思えば簡単だ。剣を使う必要すらなく、拳銃で済む。
だがそれでは降伏文書に署名させる事が出来ない。
脅しも兼ねた拳銃は、部屋に残っていた赤人奴隷に向けられ、躊躇なく発砲された。

「剣を置いて下さい。手荒な真似はしたくありません」
既に手荒な事になっているのだから、レオニスは壁を背に剣を離さない。
しかし多勢に無勢。数人の兵士が一斉に飛びかかれば、身柄を拘束するなど容易いだろう。


だが、事態は飛竜軍司令官の思い通りには進まない。
レオニスは兵士と揉み合いになった末に転倒し、後頭部から大量の血を流して倒れていた。
固い大理石の床には鮮血が広がり続け、顔に近寄ってみても呼吸が無く、首筋を触っても脈が無い。
「何たる事だ! 生かして捕らえろと言った筈だ!」
「そんな、殺すつもりは……」
兵士は動揺し、飛竜軍司令官に助けを求めるような視線を向ける。

「講和するに絶好の機会ではありませんか。いち早く全軍の停戦をして、
 この事を皇国に知らせるのです。でなければ、5日後に予告どおり
 攻撃が始まるのではありませんか? 主の居なくなったロマディアを」
「私は空軍の将に過ぎない。全軍の指揮権を持つのは殿下であって……」
「貴方がやった事だ。貴方から軍務卿に報告すれば良いでしょう」

フェリスの言葉に、飛竜軍司令官が叫んだ。
「この女共を捕らえよ! 罪状は大公殿下の暗殺!」

272 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/07(土) 21:34:48 ID:k83QLRus0
その命令に一瞬戸惑った飛竜騎士達の隙をつき。フェリスとテレーズは駆け出した。
部屋の入口を見張っていた兵士を突き飛ばすとそのまま廊下を走って、階段を目指す。

結果論だが、ドレスでなく軍服を着ていて良かった。
こうなったら着替えている暇など無く、一目散に逃げるしかない。

階下からは、時折叫び声と共に銃声や剣戟の音が聞こえる。
戦闘が行われているのは間違いないが、誰と誰が?

「こちら側の階段は使えそうにないな」
「しかし裏手の階段はラピトゥス城に近いです」
「なら横の窓から降りるか」
飛竜に乗る者であれば、度胸付けや、実際に墜落した場合の受け身として、高いところから安全に飛び降りる技能を訓練させられる。
フェリスは手近な窓から下に誰も居ない事を確認すると、剣の柄で鍵を壊して窓を開けた。
「本当にやるんですか?」
「律儀に階段使って下りて行くよりは安全だと思う。安全な階段を探し回っている間に退路が塞がったら困るしな」
追ってくる相手も飛竜騎士だが、逃げ場の無い狭い通路を無理矢理通るよりは、広く動ける空間に行った方が良い。
外に出ても、飛竜は夜は飛べないのだ。

窓枠の外に身を乗り出すと、そのままふわりと宙を舞って地面へ着地する。
後を追って来たテレーズも、教練の模範となるような美しい着地を見せた。

「散歩していた甲斐があったな」
2人は夜の闇に紛れ、レオニスが愛する庭園の生垣に身を潜めた。
数人の飛竜騎士が追って来るが、迷路のように配置された生垣に自分達が遭難しそうになっている。

正門は厳重に施錠されて警備の兵士も最低2人いる。幾つかある裏門も状況は似たようなものだ。
ではどうするか。
「柵を乗り越えるぞ」
門とは離れた場所にある柵をよじ登るのだ。
身のこなしの軽い2人になら可能。

セソー大公国軍が市内に作っている陣地の位置は把握している。
後はそこを避けつつ市外に出て、帰国するのみ。

流石にこの短期間でロマディアの隅々まで把握するのは無理だが、主要な道路や橋、運河は頭に入っている。
飛竜騎士の特権。地形を上空から見られる事であり、空からの景色と地上からの景色を頭の中で合成する技能。
地上の景色を見ただけで、俯瞰した風景を頭の中に描ける技能。

最も警備が厳重なのが、皇国軍の主力部隊が目前に布陣している西側。
次に無血占領されたノイリート島のあるシテーン湾に面した北側。

東側か南側から脱出したいが、双方一長一短がある。
東側は海岸線に沿って開けており、夜が明けると隠れる場所が少ない。
南側は河川が流れて複雑な地形で隠れる場所が多いが、その分遅くなる。

「ここは夜が明けるまでに南から市外に出て、夜が明けたら西に向かおうと思う」
「西ですか? 東ではなく?」
「飛竜騎士として考えてみろ。わざわざ皇国軍が布陣する方向に飛竜を飛ばして撃ち落されに行くか?」
「西に逃げれば追手は来られないと」
「それくらいの理性は残っていると信じたい、というだけかもな。同じ空軍の将官として」

フェリスの決断には、しかし単純な誤算があった。
飛竜は来ないから追い付くには時間がかかるという前提で考えられた脱出計画は、馬で追いかけて来た飛竜騎士によって阻止される事になる。
その数4騎。宮殿で追いかけっこした者達とは違うが、軍服からセソー大公国軍の飛竜騎士である事は間違いない。

射撃を避けるようにジグザクに走るが、人の脚と馬の脚の差。
すぐに追いつかれてしまい、回り込まれてしまった。

フェリスは拳銃を手に、先頭に居た飛竜騎士を撃った。
その銃声を皮切りに銃撃戦が始まる。
しかし互いに動き回るので決め手を欠き、遂に剣を抜くが。

「テレーズ馬に乗れ!」
互いの銃弾が空になったところで、フェリスは最初に撃って主を失った馬に飛び乗った。
2人が馬に乗って駆け出した直後、銃声を聞いて駆けつけて来た応援の飛竜騎士が放った銃弾が、フェリスの腹部を抉る。
後ろに座るテレーズにもたれ掛かるように力を失ったフェリスだが、まだ息はあった。
フェリスから手綱を奪い、西を目指して一目散に逃げる。
その間も断続的に銃撃を受けるが、テレーズは逃走を続けた。

フェリスはテレーズの胸に体を預けて目を閉じる。
次に目を開く時は永遠に来ないのだろう。

273 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/07(土) 21:44:13 ID:k83QLRus0
投下終了です。
次回か、その次あたりで本編ラスト行けると思うので、お付き合いいただけると幸いです。

274 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/15(日) 15:36:04 ID:k83QLRus0
本編の続き投下します。

275 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/15(日) 15:36:35 ID:k83QLRus0
目覚めると、知らない天幕だった。
すぐ傍に副官のテレーズが座っている。
テレーズは目が合うとハッとして立ち上がり
「先生! 目を開けました!」
そう言って天幕を出て行った。
どこだここは。
軍の野戦病院にも見えるが、それにしては小奇麗過ぎる。
液体の入った非常に精巧な作りのガラス瓶がベッド脇のポールにぶら下げられ、そこから細い管を経由し、腕に刺さった針を通して、透明な液体が注ぎ込まれている。
詳細は分からないが、怪我人に使っているのだから何かの薬だろう。ただの薬の容器にしては出来過ぎているが。
こんな方法で薬液を体内に入れるというのは不安感が拭えないが、どうせ拾った命だし、折角なので体験しておこう。
薬というのは口から飲むか、肛門から入れるか、患部に塗るものという常識からして、針で直接体内に入れるというのは驚きだ。
そこでふと気づく。針を通して液体を入れるという事は、もしやこの極細の針は中空構造なのか? 裁縫針より細いのに。

暫くすると、テレーズと共に白衣を着た男が天幕に入ってきた。
フェリスの腕を掴んで脈を測ったり、目を覗き込んだり、舌圧子を押し当てて舌や喉を見たり……。
服をはだけさせ、胸と背中に聴診器を当て、傷の辺りに手を当てて触診。
フェリス自身は何をされているのかよく分からない。
「貴官の氏名、所属、階級は?」
「フェリス・コーンウォース。マルロー王国軍第7飛竜師団長。空軍少将」
「宜しい。これだけハッキリ答えられれば、もう大丈夫でしょう。弾丸は摘出したから、あと数日、ゆっくり休めば歩けるようにもなる」
「ありがとうございます!」
「これが私の仕事だから。じゃあ、私は他にも山ほど仕事があるんでね、フェリスさんを頼むよ」
そう言って、白衣の男はそそくさと天幕を後にした。
「今の人は、誰?」
「皇国軍の軍医で、イシカワ大尉」
何となくそんな気はしていたが、皇国軍だったか。

「私は捕虜?」
「捕虜ではないそうですよ。意識が戻ったら事情を聴きたいとは言ってましたけど」
「戦争はどうなった?」
「何故か敵国の皇国軍がロマディアの反乱部隊と暴徒を鎮圧して、そのままなし崩し的にセソー大公国は休戦、誰が講和条約の責任者となるかでモメてます」
「大公夫人が居ただろう」
「夫人なのか、ご子息なのかでモメてます」
まだそんな事やってたのか。
「……テレーズが、助けてくれたのか」
「ピクリとも動かなかったのですが、鼓動はありました。だから馬で皇国軍に突撃しました」
「よく撃たれなかったね」
「私の上着を振りながらで意図を汲んで頂けたのか皇国軍には撃たれなかったのですが、その前に追いかけて来た飛竜騎士の流れ弾に当たったようです」
そう言ってテレーズは服をめくり、脇腹の傷痕を見せた。
フェリスと違い掠った程度で重傷ではなかったが、放っておけばどうなったか分からない。
「私の為に……」
「閣下の傷に比べれば、こんなの何でもありません。お揃いで嬉しいです」
「それで助けを求めたと」
「はい。皇国軍も、自分達で予告した日時より前にロマディアが大変な事になって焦っていたようですが、事情は把握して頂けました」

「それにしても、ここは本当に野戦病院か? 気持ち悪いくらい綺麗だが」
「はい。そのようです。閣下の場合は女性であるのと他国軍の将軍で、皇国軍将兵と同じ場所に入れるのは都合が悪いから別室を用意したと聞かされました」
野戦病院というのは、もっとこう、吐き気がする程に血生臭くて、将兵の苦悶の喘ぎ声とノコギリの音が響く場所。
ここは多少臭うものの、それは薬品の匂いで、それも殆ど気にならない程度だ。血生臭さとは無縁である。
「そう言えば、ここでは何人の怪我人が居る?」
「軽い怪我人を含めると1000人近く居るそうですが、多くは日帰りで、閣下のように大怪我をして病床にあるのは50人程だそうです」
「多いな」
「流れ弾を受けたロマディア市民も多くいるそうですので」
「軍の野戦病院が敵国の市民の面倒まで見てるのか。ご苦労な事だ」
「ロマディアの民間医師は既に多くが町を離れており、セソー軍の医師は自軍将兵優先で、手が回らないのでしょう」
「宮廷医師も居ただろう」
「残念ながら、騒乱で命を落とされました」
宮廷医師が診察治療するのは大公とその家族、宮殿や市内に住まう貴族とその家族であり、下々の民を触る事など無いだろうが。

276 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/15(日) 15:37:27 ID:k83QLRus0
改めて、着せられている服をめくって腹部を見ると、真っ白な包帯が巻かれていた。
その下がどうなっているかは見えないが……。
「凄いんですよ。閣下の開腹手術が終わって、包帯が巻かれた後も、その方が治りが良いからと
 毎日看護兵が来て包帯を取り換えてくれるんです。それは今朝方巻かれたものですから綺麗ですよね」
そりゃあ、血や膿などで汚れるから毎日取り換えた方が良いだろうというのは分かるが……。
実際にそれをやるとなると、どれだけ大量の包帯の在庫が必要になるのだろう。

テレーズの腹部は包帯が取れているが、銃創は綺麗に縫合されている。
「随分、丁寧な仕事するね……」
戦場における傷口の縫合とは、もっと大雑把なものだ。
兵士自身によるものと軍医によるもので差はあるが、軍医によるものでもここまで綺麗に縫う必要あるのだろうか?
焼きゴテで無理矢理傷口を塞ぐ方が簡単なので、高級将校や貴人相手でなければそちらの方が主流だというのに。

「その透明な液体は、鎮痛剤と、あと何と言ってましたっけ、抗生剤と言うものらしいです」
「それ程痛みを感じないのは、何かの鎮痛薬だろうとは思っていたが、抗生剤とは
 聞いた事が無い。私は医者じゃないから専門用語は分からないが、何かの薬なのか」
「殆どあらゆる病気の元となる瘴気を無効化するんだそうです」
「ほ?」
「手や足を撃たれたら、切るじゃないですか。あれは撃たれたところが腐って、そこから瘴気が出て、全身に回るのを防ぐ為ですよね」
「そうだね。そうしないと全身に瘴気が回って、傷口を塞いでも結局死んでしまう」
「そういう瘴気を消して全身に回るのを予防する薬だとか」
「ああそうか。私の撃たれたところの傷から瘴気が出るのを防いでる訳か」
「そういう事らしいです」
「ほぉ……」
道理で高熱にうなされていない訳だ。
でもそれじゃあ、ずるいだろう。
外科治療の巧みさもあって、皇国兵は即死か、余程酷い怪我か病気にならない限り復帰出来るじゃないか。
現役復帰は無理でも、治癒して娑婆に戻れれば、兵士としては無理でも人として生活出来る。

いや、皇国軍の兵器の火力を見れば、これくらい強力な医療が無いと将兵が死ぬ一方で戦争にならないのかも知れない。
しかし結果論ではあるが、皇国軍の野戦病院を実地体験出来た。これは価値ある情報になるだろう。
瀕死の自分をここまで治療したのだから、兵器だけでなく医療技術も相応に凄まじいという事だ。
それはそれとしても、皇国に大きな借りが出来てしまった。
個人的に命を救われた件もそうだが、敵国の反乱騒動を即座に鎮圧したとなれば、本当に大きな借りだ。

「何か口にしたいな」
「先生は、まだお腹に入れるのは駄目で、唇を湿らす程度と」
テレーズは飲み水の入った瓶から小皿に少し水を注ぎ、看護兵から説明を受けていたガーゼを浸して、フェリスの唇を拭う。
「こうしていると、子供の頃を思い出す」
「私もです」
天幕の中は、平和だった。

277 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/15(日) 15:51:14 ID:k83QLRus0
現在、反乱軍に加わったセソー大公国軍の将兵は皇国軍の憲兵隊が身柄を拘束している。
セソー大公国軍の憲兵に任せたらまたどんな事件を起こしてくれるか分かったものではないので、
講和が成り戦争が正式に終結するまでは、皇国軍が捕虜という名目で面倒を見るという措置だった。
こういう事を未然に防ぐのも憲兵の役目だろうに、反乱軍の中にはよりにもよって空軍憲兵も混ざっていたのだから。


何でこんな、他国の尻拭いを自分達が……。
慈善事業でやっているのではなく、皇国の国益の為にやっている訳だが。
特に此度の戦争はリンド王室と皇国皇室への侮辱や否定的な外交姿勢を
撤回させるという非常に政治的な目的があるので、妥協点を探るなど無いのだ。
皇国の講和条件を呑むか呑まないか。呑まないなら滅びて貰うしかない。

皇国軍が警備するロマディア宮殿内で、皇国とリンド王国、マルロー王国、ユラ神国、
そして当事者のセソー大公国の関係者が集まり、セソー大公の死体検分の後、本題に入っている。
つまり、講和条約についてだ。

「それで結局、大公妃殿下と大公世子殿下の扱いをどうされるのです?」
大公が死亡したのが確認されたのだから、規定に従って大公世子が新しい大公として即位する。
だが新大公となる大公世子はまだ幼く、摂政が置かれる予定である。
そこで誰が摂政となるかでモメているのだ。
君主たる大公の代理として、権力と同時に責任も発生する。
摂政の候補になりうる貴族や有力者達は皆、何故、前大公のしでかした事の責任を自分が負わねばならないのか
という思いがあり、かといって大公妃(新大公にとって大公太后)が摂政となるのはそれはそれで面白くないのだ。
講和条約には、大公代理として摂政の署名が絶対に必要なので、ここをハッキリさせないと話が進まない。

セソー大公国の有力貴族は概ね親リンド派と親マルロー派に分かれる。
親リンド派といっても別にマルロー王国と敵対してリンド王国につくというものではないし、逆もそうだ。
どちらの王家に親しみを感じるかとか、どちらの国との関係をより重視するかといった程度の話。
リンド貴族やマルロー貴族に出自を持ち、連なる貴族ならば明確に、血筋的にどちらかになるが、
彼らも現代ではセソー大公国に暮らすセソー貴族なのだから、無暗に波風を立てる事はない。
功罪で言えば、このような緊張関係がどちらか一方の列強国に傾倒する事を防ぎ、
大陸北方、シテーン湾の安定に寄与してきたという功績の方が大きいだろう。

亡くなった前セソー大公は、それで言うと親リンドであった。
だから親リンド派の旗色が若干悪い訳だが、今後の外交関係を考えた時、リンド王国と
皇国との関係が東大陸においてより重要になるだろうというのは、論を俟たない。
その点ではリンド貴族とのパイプが強い親リンド派の貴族が優位である。
そこに、親大公妃派とそうでない派閥が重なり、責任の押し付け合いの様相である。
ここに来て功罪の罪の面が表面化してしまった。

278 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/15(日) 15:52:16 ID:k83QLRus0
ユラ神国から派遣されてきた外交官である枢機卿が言い放つ。
「セソー大公国の皆様、ご自分達の置かれている状況を理解しておられますか?
 現在はあくまで皇国とリンド王国の善意によって休戦しているに過ぎず、
 戦争状態は終わっていないのです。皇国はやるといった事は必ずやります。
 もしこの講和会議が何も決まらないまま終わるような事があれば、
 リンド王国とマルロー王国も貴国に差し伸べる手は持たないでしょう」
皇国の担当者は、文官も武官も一見すると優しい顔をしたまま黙ったまま。
このアルカイックスマイルは非常に不味い。
現在は前大公の喪に服するのと講和条約の事前協議として停戦しているに過ぎない。
皇国軍は停戦しているだけで、戦闘態勢自体は解いていないどころか国境外に戦力を集結し、
ひとたび命令さえあればロマディアのみならずセソー大公国全土を半月以内に灰塵に出来る。
国土と国民が物理的に無くなれば、戦争はそこで強制的に終了だ。

皇国軍は今まで東大陸軍(東大陸派遣軍)で使っていた戦車が子供に見えるくらい巨大な新型戦車を
リンド王国に上陸させ、関係各国の武官等を招いてその主砲の威力を実演し、関係者の度肝を抜いた。
今まで皇国軍が使っていた戦車ですら、その主砲威力は要塞砲に匹敵するというのに、
それが前座だったとでも言いたげに、要塞砲ですら容易に崩せない
厚みの石垣を爆破し、何十枚も重ねた鉄板すら貫通して見せた。

さらに、沖合に今まで見ていた軍艦の倍程もある超巨大戦艦を走らせ、
空気を震わせる轟音と共に主砲を斉射するという実演もして見せた。
艦の速力や主砲の射程と破壊力については秘匿とされたが、
皇国が見せた範囲であれば、速力は20ktで射程12kmだった。

あんなに巨大な鋼鉄の戦艦が、順風を受ける戦列艦の2倍の速度で走り、実用射程に至っては50倍!
沿岸から内陸に10マシルの都市でさえ射程内に収め、艦砲射撃出来るという事実だ。
見た事も無い程に巨大な大砲であり、実弾射撃の標的となった場所にあった城塞は跡形もなく吹き飛んでいた。
王家直轄の城塞で、取り壊して近代式の要塞に再建する予定の場所だったのだが、想定外の威力に言葉を失う。
その威力は皇国軍が今まで使用していた野砲や爆弾の比ではなく、形あるものは何も残らないだろう。
沿岸から12マシル以内の全ての地域は、今後この艦砲射撃を受けるかもしれないのだ。
近代式の要塞に再建したところで、この砲撃を前にすれば何の意味も無い。

今まで自分たちが見てきた皇国軍の兵器は何だったのだという
落胆すら覚え、圧倒的な存在感と畏怖の念を魂に刻み付けられた。

本国にはまだまだ部隊があり兵器もあるとは聞いていたが、
皇国軍は全く本来の力を出さずして戦っていたのだ。
これを見たリンド王国軍関係者の放心状態たるや。

そしてこれらの兵器を披露したという事は、皇国の意に沿わない結果に
なればこの力を使う事があるかもしれないと宣言しているに等しい。
実際、これらは皇国軍が他の地域での活動を一時停止してまで行った東大陸への
大増援作戦の一環として送り込まれたもので、必要となれば使う為のものだ。

279 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/15(日) 15:53:07 ID:k83QLRus0
皇国は政府としても軍としても、講和を迫るのは相手の為であるという態度だ。
『皇国としては別に好きなだけ相手してやるが、本当にそれでいいのか?』と。
『慈悲深い皇国は、敵対国の人命すら配慮するからこそ講和を勧めるのだ』と。

恫喝そのものであるが……。
不思議で仕方がないのは、このド派手な実弾演習にはセソー大公国の武官も
招かれていたのに、現状で一番の当事者である彼らに危機感が見られない事。
特にロマディアは海に面しているのだから、陸からだけでなく
海から巨大戦艦が攻めて来たら逃げ場はなく一巻の終わりだ。
宮殿、市街地、いずれも海岸線から5マシル以内に立地しており、
ロマディアの胃袋たる周辺の農村地域ですら10マシル以内なのだから。

勿論、内陸に10マシル以上なら大丈夫という事でもない。
皇国軍は列強の飛竜母艦に相当する飛行機母艦を保有していて、
そこから戦闘用の飛行機を運用可能と見られている。
皇国軍にとってこれは戦艦以上に重要で極秘の存在なのか、
未だにその正体について友好国にすら明かしていないが、
存在は確実だ。皇国軍人も、仄めかしてはいるのだから。
ただそれがどれくらいの能力を持っていて、何隻あるのかが
不明であるので、各国は皇国軍の洋上航空戦力を計りかねている。

そして皇国軍母艦の搭載飛行機の行動半径は、
少なく見積もっても250マシル(300km)はある。
つまり沿岸から250マシル以内は爆撃圏内。

ではそれよりさらに内陸なら安全だろうか?
否。
この艦砲射撃と航空爆撃によって得た地域に飛行場を作って、そこから
さらに内陸を爆撃するという方法で、理論上はどこでも攻撃され得る。
真っ先に攻撃される場所か、そうでないかの問題でしかない。
皇国との戦争において、後方の安全地帯など存在
しない事はリンド王国が証明したではないか。

危機感という意味では、むしろユラ神国関係者の方が大きかったかも知れない。
リンド王国の王都ベルグは内陸にあり、艦砲射撃を受ける心配はない。
しかし聖都ユラは海に面している為、艦砲射撃を受けてしまう。
ユラの神殿、宮殿、門前町として発展した首都は何かあれば皇国軍の艦砲射撃によって灰燼に帰すだろう。
行政府や立法府としての首都機能を内陸に移したとしても、神殿だけはどうしたって移動できない。
神殿やそこに安置されている宝物が無くなれば、ユラ神国はユラ神国である土台を失ってしまう。
教皇といった聖職者達に神性を与え、信徒の信仰心を物的に担保するのがユラ神殿という場なのだから。


皇国本国では総理大臣と国防大臣を始めとする閣僚諸氏が頭を下げて
衆議院と貴族院を相手に説得し、非難囂々の中で意思決定されたなど、
この世界の国々に対しては絶対に知られたくない事であったが。

280 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/15(日) 15:58:27 ID:k83QLRus0
皇国は、今回の戦争の講和条件として、原状回復を前提に

リンド王国の現女王及び王配、リンド王室と皇国皇室を正統と公式に認める事。
リンド王国及び皇国の内政に干渉しない事。
リンド王国及び皇国に賠償金を払う事。

の3点を求めており、逆に言えばそれ以上は求めていない。
皇国との国交樹立とか、領土割譲、資源採掘権などは講和条約の条件としては求めていないのだ。
賠償金を払えない場合、代わりに領土を割譲するとか、現物や利権で払うといった
代案は提示されているし、賠償金の額からしても呑まざるを得ないだろうが。

賠償金の金額についてはある程度、交渉による減額に応じる用意はあるが、
それ以外の2つはリンド王国の国体の正統性に関わる部分なので絶対に譲れない。
リンド王室と婚姻した事で、間接的に皇国の皇室が“列強に値する正統な王朝”
と認められている部分が多分にあるので、ここが躓く事は許されないのだ。
そうでなくても、皇国に理解のある女王を引き摺り下ろされては今後の
東大陸外交が振出しに戻ってしまうし、武力によって他国の王位継承に
口出しして、それが通ってしまうような前例を作る訳には行かない。
(皇国自身が武力を背景にリンド王室と関係を結んだ件には目を瞑る)

「皇国は本日を含めて4日以内。3日後の午後6時を期限として、
 セソー大公国と正式な講和条約を締結する事を望みます」
皇国の外務当局者の言葉である。
望みます。という言い方ではあるが、実質強制である。
3日以内に署名しろという脅迫に等しいが、この会議の席の誰も皇国の提案に異を唱える者は居ない。
唱えられる訳が無い。
3日後の午後6時までに講和が成らなかったら……。
皇国の敵国でも何でもない筈のユラ神国関係者、セソー大公国との
戦争では皇国側の当事者のリンド王国関係者も冷や汗を浮かべる。

拷問してでも、誰かを摂政に推挙し、署名させなければならない!


結局、新しいセソー大公である小レオニスの摂政に推挙
されたのは、叔母にあたる前大公の妹レミニアだった。
弟だとそこそこ大物だし、本人が嫌がっている。
レミニアは、本人に大した権威も権力も無いが、腐っても大公家の
血筋なので他の貴族からの横槍を無視しても崩れない程度の土台はある。
リンド王国への留学経験があり、前大公の下では内務省で働いており、政務能力はある。
候補は居ないかと匙を投げて、それが頭にぶつかったような形の推挙。
「大臣達が勝手に決めて、事後報告ですか」
ロマディア騒乱にて負傷したレミニアは、郊外の自宅で療養中であった。
銃撃を受け、軽い裂傷で済んだが、一歩間違えれば死んでいたのだ。
貴族や関係者達が押しかけて来た時、レミニアは乗馬を留めておく厩舎で、愛馬の世話をしていた。
「私がこのような怪我を負う原因となったのが、そもそも――」
「レミニア殿下! 時間が無いのです!」
そう言って、外務卿が条約の書面を差し出す。
「これに摂政として署名しろと?」
「はい!」
「内容を見た上で言ってますか?」
「我が国に選択肢はありません。期限が来れば皇国軍の再攻撃が始まります」
「ロマディア市内には、反乱軍を取り締まり治安を維持すると居座ってますが、あれらも攻撃してくると?」
「恐らくは……」
レミニアにも言い分がある。
ここまで脅迫に近い形で署名させようという事を、何故前大公であるレオニスに行わなかったのか。
マルロー王国が抜けた段階でレオニスを“説得”していれば、こんなごたごたにはならなかった。
それを、レオニスが居なくなった途端に立場の弱い自分に押し付けてくる……理不尽だ。
「現リンド王室の承認。これは認めるしかありません。私も異議はありません。
 内政干渉の禁止にしても、明文化の上で認めざるを得ないでしょう。
 ですがこの賠償金の金額は? 減額交渉してこれですか?
 こんなの、国が無くなってしまいます」
「皇国が欲して、我が国から差し出せるようなものは他に無く……」
「皇国製品を輸入するのでは駄目なのですか? あと領内の通行権とか……
 何でもいいから賠償金の代わりになりそうな事を提案して下さいよ。
 私を推挙したという事は、当然私が会議の矢面に立つのでしょう?」

281 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/15(日) 15:59:23 ID:k83QLRus0
以下は皇国に対しての義務であるが、リンド王国に対しての
義務(王室への意見無用、賠償金等)や、皇国とリンド王国と
マルロー王国の三者の許認可が必要な事業なども設定された。

国交の樹立と通商の開始。公使館と商館をロマディアに置く。
賠償金を金または銀にて支払う(総額の35%以上は金である事)。
毎年一定量以上の皇国製品を輸入する(品目や金額は都度改定)。
皇国の皇室及び婚姻、血縁関係のある他国王室等への批判の禁止。
皇国が指定するシテーン湾に面する場所に無償の労働力を提供する。
ノイリート島とその付属島を割譲する。
上記を除くセソー大公国の領土(属領含む)を無期限の租借地とする。なお租借料は無料とする。
上記租借地における皇国軍の駐留と通交を無制限に認める。
上記租借地における特定の税収の一部を皇国のものとする。
上記租借地における特定の資源採掘権を皇国のものとする。
上記租借地における皇国の領事裁判権と治外法権を認める。
セソー大公国の国内法につき新法の設定、旧法の改定、
各種行政の重要懸案については皇国との協議を必要とする。

……等々。


賠償金は当初要求より大幅に減額されたが、その分本土が租借地とされ、
一般的な領事裁判権の範囲を超える無制限の治外法権まで盛り込まれた。
皇国の領土になった訳ではないので、この地域は依然セソー大公国の
固有の領土であり、皇国の天皇と皇族、臣民は皇国法に従うが、
それ以外の人々はセソー大公国法に従うという二重規範が適用される。
しかもそのセソー大公国法は皇国との“協議”によって決められる。

マルロー王国が手を引いた後もあがき続け、皇国兵のみならず
自国兵や自国民をも無駄に傷つけた事への懲罰的な意味が多分にあった。
これくらいの譲歩をしなければ皇国が納得しなかったという事でもある。
外務省を通じて東大陸に伝えられた内大臣府と宮内省の強い要望もあった。

また、この地は大陸北方の極北洋に面する要地であると共に、リンド王国と
マルロー王国という北方の二大列強国の緩衝地帯としても機能していた。

大陸北方に野心を見せる東方や南方の列強や大国が、
セソー大公国を誑かして足掛かりとし、再びこの地に
騒乱が起きるような事を皇国は何よりも望まない。
故に、しばらくの間は皇国がセソー大公国を事実上の植民地、
あるいは保護国とする事で睨みを利かせるという理由もあった。

282 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/15(日) 16:12:40 ID:k83QLRus0
レミニアは、この条約に署名する際、周囲の重鎮に漏らした。
曰はく――
『私が大公殿下の摂政として署名する訳で、責任は全て私にある。
 大公殿下が成人なさった後であっても、決してこの件を持ち出して
 大公殿下の私生活や政務を煩わせる事をしてはならない。
 いずれのこの条約について大幅に改定する必要があるが、
 皇国のみならずリンド王国やユラ神国も納得させねばならない。
 その為には、この件を持ち出して政争の具にするような面を
 特に列強各国に見せてはならず、粛々と条約内容を守る事。
 その時になったら当事者だった私が大公殿下を補佐する。
 事が成った後であれば、私はどうなろうが受け入れる』


レミニア・カミーロはセソー大公国憲法を制定し、小レオニスの成長とセソー大公国の発展を見届け、
何よりの懸案だった皇国との諸条約をほぼ誰の目から見ても満足の行く形で改定させると、即座に隠居した。
その後、程なくして絞首自殺。享年45歳。
生涯結婚せず、大公と国に尽くした麗婦人の、あまりもあっけない最期。

不穏を感じていた使用人が毒になり得るものや刃物等を厳重に管理している中での事であり、
貴族に対する斬首でなく平民に対する絞首を自ら選んだ事は、多くの者に衝撃を与えた。

北方諸国同盟との戦争当時の皇国関係者で自害する者すらおり、
君主や元首でもない相手に皇国天皇から異例の弔電が出された。

幼い頃から影に日向に支えてくれた小レオニスに
とっては実の母親を失うよりも辛かったと手記にある。
東大陸初の立憲君主、セソー大公レオニス・カミーロ曰はく
“私にとって、叔母のレミニアは姉であり母であり父であった”
“レミニアが自死した事で、私は真に大公として独り立ちせねばならなかった”

レミニアの遺産は生涯を過ごした小さな邸宅と僅かな現金のみであったが、
セソー大公国に対する有形無形の遺産は金額では計れないものだとされる。



セソー大公国との講和が成り、東大陸での戦争状態は終わった。
特に東大陸では、大内洋に面するユラ神国、リンド王国という二大列強国と同盟関係を結び、影響力を揺るぎないものとする事に成功。

本土列島と神賜島。
大内洋、西大陸、東大陸。
この新世界に瞬く間に名を轟かし、世界の覇権を握った皇国は、従来の『列強国』という概念を超える『超大国』として、千年を超える繁栄を誇る事になるのである。



平成元年2月。

冬の新宿御苑にて執り行われた大喪の礼には、皇国に次ぐ大国であるリンド王国女王、シャーナも王配の陽博と共に参列している。

21発の弔砲は、皇国にとって転移前という古い時代の終わりであり、新しい時代の幕開けでもある砲声であった。

283 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/15(日) 16:17:54 ID:k83QLRus0
投下終了です。

くぅ〜疲れましたw これにて完結です!
(中略)
本当の本当に終わり

西大陸のライランス王国編や東大陸の北方諸国同盟編の本編の続きを書くつもりはありません。
そういう意味では本当にこれにて完結です。

書くとしたら外伝や後日談で、そちらは機会があれば投下しようとは思ってます。
『皇国召喚』世界での平成編を書きたいとか思ってたら、もう令和ですよ。
しかしそれが却って「今の時代の話」ではなく「少し前の時代の話」
として心理的抵抗感が薄れて書きやすくなった感じはします。

本当に長い事、お付き合いいただき、ありがとうございました。

284 名無し三等陸士@F世界 :2019/12/15(日) 16:59:17 ID:.1oOitpE0
完結お疲れ様でした!
最後はちょっと悲しい終わりでしたね。

285 名無し三等陸士@F世界 :2019/12/20(金) 03:45:13 ID:BmLLBGIA0
完結おめでとうございます。お疲れさまでした。
架空戦記は中々完結させるのが難しいジャンルの小説ですが見事に完結。
本当にお疲れさまでした。
読者としても楽しく読ませていただきました。次回作も待っております。

286 名無し三等陸士@F世界 :2019/12/20(金) 04:01:01 ID:BmLLBGIA0
てか遡ってみたら10年の連載かあ、、、
読み始めた頃20代だったのに気がつけば30半ばw

287 303 ◆CFYEo93rhU :2019/12/20(金) 23:12:37 ID:k83QLRus0
改めて、これにて完結です。
こうやって支援レスしていただけたから、続けられました。
ありがとうございます。

終わったという安堵と共に、終わってしまったという寂しさがあります。
拙い内容かもしれないが、私にとってはこれ以上のものは無い最愛の作品なので。

>>284

皇国と敵対して早期に下らなかった君主は死ぬというジンクス。
スカッと爽快に終わるより、ちょっと後味悪いというか、そういう方が好きです。
皇国や同盟国の発展の影には犠牲があったんやと。

>>285

皇国召喚の外伝掌編を突発的に投下する事はあると思いますが、新規の次回作の確率は非常に低いです。
現代日本(の超強化版)が異世界転移というのも、考えはしますが、色々な事情で形にするのは難しいです。
編成表とかの設定はあるけれど本文に取り掛かれないやつ!

>>286

そんな残酷な事を口にするのはやめるんだ!

288 名無し三等陸士@F世界 :2019/12/26(木) 22:50:02 ID:0lcvtDxk0
お疲れ様です。非常に楽しめた作品でした。感謝。

289 名無し三等陸士@F世界 :2019/12/30(月) 22:57:04 ID:06BBujPs0
完結する小説は良い小説
素晴らしいことです

290 名無し三等陸士@F世界 :2020/01/23(木) 07:59:51 ID:kFn8UjI.0
お疲れ様です。
なろうへの転載分見てますが、「東大陸編20『リンド王国の戦後』」が番外編の章に入ってしまってますよ。

291 303 ◆CFYEo93rhU :2020/01/25(土) 01:30:00 ID:k83QLRus0
303です。
今年もよろしくお願いします。
本編は終わりましたが、外伝を投下する「かも知れない」可能性は残しておきます。

>>288
>>289

ありがとうございます。
私自身にとっても嬉しい事でした。

>>290

報告ありがとうございます。

最初期に「西大陸編⇒番外編⇒東大陸編」
の順番に投稿したのですが、なろうの投稿システムを理解をしておらず
変な形の更新の仕方(最新部分が本編の最新話とならない)してしまった
せいで、最新部分より前の部分を更新するたびに章分けがずれるので
東大陸編を投稿する度に手動で直してます。

上手く反映されなかったか、単純に直し忘れたか、どちらかです。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板