したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

カメラ談義の部屋

2 越智健 :2005/09/27(火) 02:23:39 ID:05Pu3WRs
ワタクシの場合 <普段持ち歩く場合>
M42マウントという、古くはペンタックスや東独プラクチカが使い始め、
日本でもヤシカ、コシナ、オリンパス、海外でもソビエトのゼニートといった
ブランドが対応機やレンズを提供してきた歴史があり、今でもコシナが細々と
新品を製造しているマウント規格のものを主に使っとります。

本体:チノンCE-3
M42の特徴である「ねじ山でねじ込んだレンズの後ろにあるピンを押して
絞りを絞込み、その状態で測光する」という単純な機構は、フルマニュアルカメラ
としては使いやすい方であり、機構の単純さからさまざまなメーカーからレンズが
出ていて魅力的ではありますが、開放測光や自動露出、オートフォーカスといった
方面に発展させていこうとすると面倒なものであります。特に開放測光と自動露出
に関しては、チノン以外のいろいろなメーカーが、絞り値を本体に伝達するレバー
を儲けたりして徒らにM42規格の持ち味である汎用性を失わせたりしたものでした。
そんな中、このチノンCE-3は、シャッター半押しで絞りピンを押す板が前進して
絞りを絞り、そのときの光量をTTL測光することによって自動露出するという、
素直といえばあまりに素直な方式を採ったのでした。M42規格のカメラの中では
80年代前後以降のほかの規格のカメラに使い勝手が一番近くて扱いやすい代物
でしょう。

レンズ
M42規格華盛りの頃というとズームレンズは筒がやたら長くて(通常、ズーム
レンズといって想像されるものの倍以上あるものがザラです)暗いだけという
代物ばかりなので、主に単焦点を使っています。
広角 原産国不明 Photax-Paragon 28mm f1:2.8
   東独製 Carl Zeiss Jena MC Flectogon 35mm f1:2.4
標準 東独製 Carl Zeiss Jena MC Pancolar 50mm f1:1.8
東独製 Carl Zeiss Jena Tessar 50mm f1:2.8
(サブで日本製 EBC Fujinon 50mm f1:1.8)
中望遠 ソビエト製Jupiter9 85mm f1:2
望遠 東独製 Carl Zeiss Jena MC Sonnar 135mm f1:3.5
を持ってますが、普段使うのはPancolar,Flektogon,Sonnarの三本です。
クセの強い描写がほしいときはTessarとJupiter9を使います。
ともかく、レンズ選びのポリシーは、明るくて透明感があるものというのが基準です
(あと、値段も…)。
ズームを併用する場合も、f1:1.いくつぐらいの標準レンズを一本持っておいた
方がよいだろうと思います。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

※画像アップローダーはこちら

(画像を表示できるのは「画像リンクのサムネイル表示」がオンの掲示板に限ります)

■ したらば のおすすめアイテム ■

モンスターハンター:ワールド(発売日以降お届け分) - PS4 - カプコン

一狩りいこうぜ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板