したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

国際政治について、すっごく真面目に語るスレ

114 テキ :2004/04/17(土) 04:46 ID:gahbtb9c
管理人が長々書いたので、ワシが書くこともないのだが……。
まず拉致られたうち、ジャーナリストとそれ以外を区別して考えることだわな。
ジャーナリストは仕事に命をかけてるんだから、万が一のことがあってもやむをえない。
ワシだってリビア国境までいった日には、さすがにホテルに遺書を残しておいたし、某Vカード発行をしなかった銀行には本社まで乗り込んだ(「ワシが死ぬのはワシの勝ってだが、冷房の効いた部屋でのうのうとしているヤツに、ワシの生命の価値は測られたくない」と啖呵切ってきた)。
となると、問題は残りの連中だ。
彼らからは「平和運動しているから、自分の生命は安全だ」という奢りしか見えてこない。
突き詰めれば、日本の平和運動とは、「自分の生命と日常生活が保障される」ことが守るべきものであり、その甘えを前提にしたままイラクに行ったんだな。
つまり「本当は他国でどれだけの人が苦しもうが自分には関係ない、がベースである平和運動」ってことが露呈したわけだ。
しかし、誰も「行くな」とは言えん。ただ行くんなら、「遺書のひとつでも書いておけ」。
その覚悟のないやつにボランティアされるイラク国民の身を考えろってことさ。まあ彼らには、そんな感性はないだろうがな。
それに死に向き合ったら、(彼らが犬死と嘲笑する特攻隊員のように)に黙って従えよ。
それができんやつが、戦争の悲惨さを訴える資格なんてねぇぞ。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

踏み出せば何かが変わる - 三浦 大輔


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板