したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

もの凄く、かなりヤバい・痛い人おまみPart11

596 名無しさん :2019/10/28(月) 17:06:38 ID:ZyqyXBYgO
MAEのセラピーになるお片付け&おそうじ講座開催しました
2019/10/28 16:20

MAEのセラピーになるお片付け&おそうじ講座
今回は、急遽Skypeでのマンツーマンセッションとなりました
1994年から25年間箱の中に入ったまま
ずっと捨てられなかったいうウエッジウッドの飾り皿
思い入れがあって捨てられないというわけでもなく
高かったか安かったかも覚えていないし
飾るところもないのに
なぜか捨てられないもの
メルカリなどにも出してみたけれど買い手がつかず
このお皿と向き合ってみたいとのことでセッションがはじまりました
セルフイメージを使った片付け方の手法を取り入れながら
クライアントがなぜ、それを捨てられなかったか
本当はどうしたいかを丁寧にカウンセリングさせていただき
最終的にご自分でその答えを導き
すっと手放すことを選択できた瞬間は
ご本人も目から鱗という感じで
とてもはっとされた表情をなさっていたのが印象的でした
お皿そのものにときめいていたわけではなく
ウエッジウッドと書かれた
その箱にときめいていた
高級で素敵なブランドというイメージが好きだったと
そのことに気づいた瞬間つきものが落ちたように
手放すことに何の抵抗もなくなったとのことでした
私は、捨てることばかりを推奨するわけではなく
今回は、タイミングが来るまでとっておくことをおすすめしたのですが
そのことが意外にも
本人の本当はどうしたいかという気持ちを確かめるきっかけとなったようでした
物に役割があるとすれば
物それ自体の機能を果たすという意味のほかにも
物を通して、どうしたら自分は幸せを感じることができるのかということを
伝えてくれるお役目という働きもあると思います
要る要らないのジャッジで大切なことは
頭で考えすぎるのではなく
実際に手に取って触れ
自分がどう感じるのかという感覚や気持ちです
捨てるものや要らないものを探すのではなく
自分の快や幸せにしてくれるものや側面に目を向けるという習慣は
自分軸を取り戻し、自分の感情を大切にするとてもよい練習となります
人は、自分が自分をどう思っているか
「セルフイメージ」を元に生きていると言われています。
今、家のあるものやその状態は
「今の自分ふさわしい」とあなたが選んだもので構成されているのです。
部屋=自分だとしたら
【片付けやそうじ】を使ってこんな風に自分自身を見つめ
自分が本当に願うセルフイメージを手に入れていくことができます
それはさながら
要らないものに埋もれて見えなくなってしまった
「なりたい自分を迎えに行く」作業のようです
今回のクライアントのように
何があなたを幸せにするかは
私には思いもよらないものだったりして
つまり
あなたしか知らないのです
何を手放し、何を残していくか決めるのはクライアント
私はあくまで、クライアントの本当の気持ちを一緒に聞き
勇気を出したい時にはそっと背中を押させてもらう
インタビュアーのような立ち位置でいます
今回のクライアントの方も
「自分で決められるようになった」ということに
自信を感じられるようになったとおっしゃられていました
一年後に
自分の理想とするおうちですごす!という目標が
必ず現実になるよう
これからも応援させていただこうと思います
W様今回はこのようなチャンスをいただきありがとうございました
またお話しさせていただくのを楽しみにしております!


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

サクラクエスト 3巻 (まんがタイムKRコミックス) - Alexandre S. D. Celibidache


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板