したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

もの凄く、かなりヤバい・痛い人おまみPart11

527 名無しさん :2019/10/06(日) 10:41:05 ID:V1Yykh.Y0

【あなたの才能は】

この子は、素晴らしい才能や作品を持っているのにそれを箱にいれてしまいこんでしまうんです。そう、ちょうどあそこの飾棚の中にあるantiqueの素敵なティーカップみたいに

目まぐるしく変わりゆく下北沢で、そこだけ、10年前と変わらない秘密の路地裏

私の小説にも登場したその店で、あっという間にフルーツケーキを食べ終えて、ぬいぐるみで遊ぶ娘の横で、私は、きょとんとして振り返り、そのガラス扉の中にある、おそらく何年も使われていないであろう素敵な食器たちを見つけると思わず吹き出してしまった

そうそう、誰にも見せることも使われることもなく、こうやって大切にしまっておいては時々取り出して眺めて、やっぱりいいなぁと感動してまたしまってしまう

い言えて妙
まさにその通り

私の大切な私の分身と心

けれど、私に歌やギターの才能がないことは自分がよくわかっている。伝えたい思いや作りたい作品が大きすぎて、私の能力が追いつかない。これだけ人前に立つ仕事をしているというにもかかわらず【自分の歌でライブをする】というのは、死んでしまいそうなくらい恐ろしいことでもう何年も何年もやっていない

彼女の才能は世の中に出すべきだし、こんなに素敵なティーカップは使わなくちゃ古びていくだけではもったいない。沢山の人を幸せにすることだってできるのだから。

高校時代の同級生でもある彼女は昔と変わらぬ落ち着いているけれど、熱のこもった口調で続けた。

真実の心の真ん中には歌いたいという気持ちがあるはず

だってあなた、歌っているとき本当に楽しそうだもの

でも今はそれに、たくさんの【でも】がついているのよね

それをひとつひとつ外していったときに残ることに正直になったほうがいい

あなたは素晴らしいものをもっているけれど、惜しむべきは控え目すぎるところなの。
もっと自信をもってほしい


真実ちゃんは、本当に歌が下手だね

かつて信頼している人に言われた言葉

それは、聞けばアイドルなどのプロデュースをするときにそうやって一度へし折り、それから自信をつけさせてゆく常套手法だと聞いたことがあるが、ある種の正直さだと思うし、確かに酷すぎた

素直すぎる私はそれをそのまま受け取り、今でも私の前提となっている

伝えたい思いや、描く世界は技術ではない
私のものだけれど、私の純粋な歌いたい気持ちを棚に押し込めておくには未だに充分すぎる効果を持っている

遡ればもっともっと昔、娘と同じくらいの年に親から言われた

「まみちゃんは、おんちだね」という言葉が

私の中に残っているのかもしれない。

「え?どこがちがうの?どこがおかしいの
?おしえて!」なんど聞いても、自分のmelodyとのちがいがわからなかった記憶

今になって思うのは

あれは、「いっしょうけんめい、たのしそうにうたって、かわいいなぁ」という意味だったんだと思う。けれど、私は言葉通り受け取ってしまったんだなぁ。

確かに調子が外れていたのかもしれないけれど、楽しそうに歌いながらくるくるまわる私は、そこにいる家族を幸せにしていたのかもしれない

こうして、書いていて、なぜだか涙が出てきた

そうだ
私はずっと
歌うことがだいすきだった

家族でドライブをするときは車の中でずっとうたっていた。

歌がずっと
だいすきだったんだ

ずっと好きでいられること
それが
才能
忘れてしまっても
ちゃんと
「ある」
大切な宝物の気持ち


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

EMOTION the Best プラネテス DVD-BOX - 谷口悟朗

星屑の空へ

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板