したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が1スレッドの最大レス数(10000件)を超えています。残念ながら投稿することができません。

工廠裏の壁 6枚目

1 名無しの工員さん :2015/05/18(月) 19:18:40 ID:VkFbAUdg
                   描きたいけどいきなりスレを立てる勇気が無い
                       試してみたいけど何処かでひっそりと行いたい
                                そんなときに!


                              工 廠 裏 の 壁


                     ・ 短編、試作、とりあえずなんでも良し
                    ・ やる前には一応宣言して被らないようにする
                              ・ ハートフルに
                           ・ 埋まりそうだったら次建ててね            _
                                                  / jjjj      _
                                                / タ       {!!! _ ヽ、
                       /}¨ニ=-  _                     ,/  ノ    _  ~ `、  \
                       / |     ¨ニ=-  _               `、  `ヽ  _{_[_]_} ,. ‐'`  ノ
                   /     |       _  ニ=- l|]ニ=-  _           \  `ヽ(´・ω・`)" .ノ/
                     /      」  ニ=- ¨   ||   |||     l  ¨ニ=-  _     `、ヽ.  ``Y"   r '
          l    /_]  ニ=- ¨          ||   |||     |     |    l¨ニ=-  _i. 、   ¥   ノ
      _ .  -‐}‐- [|  ||             _  |「=ニ|||=-   |     |    |    |   ¨ニ=-  _ー イ
  ¨ ̄        |    ||  ||      _  -=ニ  ¨   ||   |||     |     |    |    |   |   |   l ¨ニ=-  _
          |    ||=‐||-=ニr_‐¬冖ニ〔}      ||   |||    _|___|__|_  |   |   |   |   |  |  |
  ―‐---     」 __||  || = |「 : : l/|: : :|        ||   ||| /´-―‐.ァ/ -‐,.===ァァュ  |   |   |  |  |‐
  圭℡rョ           ||  || - ||: : : l/|: : :|     _  ||   |||//  //// 〃    ///´||      |   |  |  |
  圭圭}l℡ _∠7エヽ_ ||  || |[Τ||: : : l/|: : :|  晶品嵒晶t℡| {__/_{ | L[f―――‐' {]―|l_____ |  |  |
  圭}圭圭‘=“0-0┘||_||_|_|||;_;_;_l/|;_;_;L晶晶品嵒亟亟lェェ―_‐ェェ|ュ |ュ  ̄ r=ュ Γ二l|_____||_|[]⊥
  “““¨¨´                       `¨¨¨¨“““““““f=======fョ_/:{zzzzzュェュ┴7ffT]三三7ffT{
                                     ` ̄V::}:リ ̄V::{iリV::}:7 ̄V::{i:ノ ̄ ̄V::{i:ノ
                                       `¨´   `¨´ `¨´  `¨´     `¨´

103 ◆QyQVxU6c3Q :2015/05/19(火) 02:00:03 ID:ITsL7Mqk
                    :: ::|::.:.:.:.::.:.:..\::::.:.:.:.:;;;,,'―――----'''"-――――'''-/   .::::|:::::.:.:.::. : :|
                    :::: |:..:::.:..:     \____________,, 、_/、,/   :,;;|::::::.:.:.:. . .|
                    ,;;, |:::.:...   ,;';#," |  f二二二二二二二二二i| iリト,ンスi      |   ,,_|
                     |  ,;;;,    |  |i|r――――――'',、| |ii| ヽニソ\  ,,;'#' _i,/  |
                     |         |  |il|' ̄i ̄ ̄i ̄ ̄i ̄`i| |ii|  |        レ′,;  |
                     |         |  |il|,_i__i__i__.i| |ii|  |    ,;∵ ト、_,/   |
                     |         |  |il|' ̄i ̄ ̄i ̄ ̄i ̄`i| |ii|  |        | i!     |
                     |         |  |il|    _i__i__.i| |ii| ;;'#|        | '\,  |
                     |         |  |il|l´ ̄l ' ̄i ̄ ̄i ̄`i| |ii|  |        l:.  ,;;'  |
                     |,;.      |  |il|li(O)| ___,i__i__.i| |ii|  |        |   ';'.  |
                     | ,;.     |  |il|`ー‐'';, ̄i ̄ ̄i ̄`i| |ii|  |        |     |
                     |         |  |il|,_i__i__i__.i| |ii|  |        |     |
                     |"\,_r     |  |il|' ̄i ̄ ̄i ̄ ̄i ̄`i| |ii|  |        |     |
                    ,;;; |    i'     |  |il|:::.:.:.:.:,,;,;,   __,l |ii|            |     |
                     |_/ ̄`ヽ_   |  |il|;;,__________,,_,,,_|ii|      .::;ー― |     |
                     |   ,-f´`\|  |二二二二二二二二二l|_,,|        |     |
                     |,;,#     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____\.    ,,:  |     |
                     |     'i ̄#'" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄''' ̄ ̄ ̄''"'__,,__|   ,,;   |     |
                     |     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,;ノ∴;;'。;;,)\     |     |
                     |     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄''J ̄ ̄ ̄ ̄i    |     |
                    :::: |::....::: /´ ̄'''" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'゙" ̄ ̄\   |
                    :::: |:: : : i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ,;; |


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そんな彼の目の前に現れたのは、妙に古めかしいドア。この周囲だけ、他と空気が違っていた。
┃怪しい。あからさまに怪しい。彼は思った。
┃けれど、その鼻と空腹を突く匂いには耐えられなかった。


104 ◆QyQVxU6c3Q :2015/05/19(火) 02:00:24 ID:ITsL7Mqk
                                 , -‐ー― - ニ 、_  ,.‐'´
                 ',     lllllllllli    ,.-‐''´           `゙´
                  ',      illllllllli _ ,./  、                             _,.-
                   i,.     illllllll(_  _ ,./. `ヾ,                    _ ,.‐ ''´
                     i,    illllllllli/ ̄      メ              ,. - ''´
                        i,    illlllllr'‐'''""~~"''‐,,.   ` ゝ_ _   _ ,.- ''´
                    i,    illll!'     (| i  ` 、   シ`   /'.,
                      i,    illl      ""   、 ./   /;;;;;;;;',
                        i,    illi、          i,.'   /;;;;;;;;;;;;;;;;i
                     i,    illllllli、          / .-''´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
                        i,    illllllll| ~"'=‐--‐''´''´ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'
                     i,    illllllll|             `::::;;;;;;;;;;;;;.'
                        i,    illllllll|



┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃しっかりと罠チェックを済ませてから、ドアノブにそっと手を掛ける。
┃反応はないのを確認し、彼はゆっくりとドアノブを捻り、ドアを開いた。


105 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 02:00:29 ID:2l3AVZV.
気をつけろ 匂いだけなら 美味しそう (IAI食品研究会5月の標語)

106 ◆QyQVxU6c3Q :2015/05/19(火) 02:00:36 ID:ITsL7Mqk
                                _、ー- 、 _
                               > `   ′,∠.._
                              /       ,    <
                             i    ,.ィ,ハ i:、 \
                                l   ノニ=   ァ=ヽ ヾ
                             | ∩| f;j   f;j N`
                               |. しl! ー 」 l_ー .|     こ、これは…………!!
                            |  / | v ‘‐u‐' |
                           」__/ l   ̄ ̄ ̄ .l
                          /  `ヽ.`'‐、  ̄ /
                         /7ー-----`ァニ<
                       ,.イ /    /     ヽ
                      /./ /     /      |
                     /!/ ./    /     ヽ,|


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃開いた彼の視界に広がっていたのは――――。


107 ◆QyQVxU6c3Q :2015/05/19(火) 02:01:07 ID:ITsL7Mqk
     ,,,'.::     _________/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      :;.,;,   //////////| なんか・・・・・
      ;':::;;.. ///////////|
     ''.:';;////////////|  イイ事あったんスか。
      /////////////\___  ___________
    /////////////////_.||∨___||____...\
    ┌| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ∧.||_∧  .........||    ̄~
    {::;;|   -|‐、 .....|   -─、、.....|   ./   ...|(∀`   ) ..........||
   }::;;|   (ノ~) .....|    (_ ......|   .|^し .....| ( ||  ヽ  . ||
    {;;/       ./|       ...|       ...|‐┬||――─‐i ||
   ソ._____ノ |_____|____  ノ    ノ   ノ
    ̄....   ||  .....|(    )          ノ    ノ  ノ | ||
        ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄) ::::::|::/ ノ  ノ   | ||
        || ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'''||  ::::::|/         ________________   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ||  ||  |           ||  ::::::|       /:::::::::::::::::\:::.\:::.:\:::.\:::.\:::.\:::.\.:::\  |  この時期、宴会で忙しいね。
        ||  ||  |_______...||  ::::::|      .// ̄ ̄ ̄\\::::.\ [_焼_き_鳥_モララー_]:::\\
                            ::::)`⌒ヽ  .//   ;;;;;;;;;;;;;;;;;; \\:::.\:::.\:::.\:::.\:::.\::\:::.\ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
                            ::::(  モ:||  ┏┫.r....―┐┌\\:::.\:::.\:::.\:::.\:::.\:::.\:::.\
                            : :::)ヽ ラ.|| /三三ヽ----:| ||--|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l||
                            ::::( ビ :|| {三焼三}  ..::| ||  ゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛||皮|゛゛゛゛゛゛||つ||゛
                            : :::) |  :||{;;三き三;;} ..::| ||  ‐■■■   ∧_∧    .||.く.||
                            ::::( ル...:|| {三鳥三}  ..::| || /########/  ( ・∀・)    ||ね||
                            : :::)..;.:;;;;;;|| ヽ三三ノ   . .:| ||  ||,,从人、、||  (  つ つ‐■■■
                            ::::'⌒ヽ'...|| ..┗^┛...─―| || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                            ::::::| ... .. .||......./r|;;;.||   ::| ||     全 種 類 一本\100      |
                            """"''''''''""""''''''''""""''''''''""""''''''''""""''''''''""""''''''''""""''''''''" (・∀・)<エンカイ イイ


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃立ち並ぶ屋台……!! 鼻を擽る焼き鳥の香り……! おでんの匂い……!


108 ◆QyQVxU6c3Q :2015/05/19(火) 02:01:24 ID:ITsL7Mqk
                                ___       _
                                ``ヽ、`ヽ、,i'"´∠ _
                               ,. ‐'"´ ̄        ``ニゝ
                               ∠´-,‐:‐'           ``ヽ
                              /               ゝ
                                /                  l
                            //       /l、        l
                             l      /| ./ l、iヘ        |
                                l /| , /! /. l./ u l | , 〉.iヘ、 .  |
                             |/ |/|/`!/-ニl_  v'|/'_ニl~ ヽ|、 l
                             /´l|.| !' /⌒     ⌒ヽ  |.i^ヽ
                             l |6||  l (0)    (0) l u ||.6l|
                             ヽ._||  ヽ、_ :|   |: _,ノ   ||_ノ
                               ∥ u   (    )    .∥
                               | v /⌒ヽ、` ‐'´,.ノ⌒ヽ  |\
                                _/l  l ,. -─‐三─‐- 、ノ  !  l 、
                          ,.‐''"´/  ヽ、` -‐ '´._`` ‐-" ,‐'´.  | `` ‐
                           , -‐''"⌒)ヽ`‐、.   ≡   , ‐'´l .l  │
                          (  -‐'"⌒)-、〉l:::` ‐--‐'":::::::::l |   . |
                             (  -‐'"⌒)ノ, |、::::::::::::::::::::::,ノ! |   .|
                          /( -‐''"⌒)ノ ! ` ‐----‐'´ .l  |    |
                            (._,,. -‐' ,"\ l         l ,へ、  |     <グ〜〜〜〜。
                                /   ヽ         レ'   \ .|


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃三好は思わず駆け寄りそうになる。けれど、一応の罠チェックを……!
┃逸る気持ちと駆け出しそうな足を理性で押さえつけ、彼はシャボン玉による執拗なまでの罠チェック……!
┃ゆっくりとゆっくりと焼き鳥の屋台に近づき、暖簾を潜れば――――。


109 ◆QyQVxU6c3Q :2015/05/19(火) 02:01:47 ID:ITsL7Mqk
                                  / )
                             /.∥
                              / ,'
                                /. ,'
                         /二二二二二ヾ
                         { -‐-:::,,,::::::::::}}}          ,,,...--─'''''"" ̄ ̄""''''─--...,,,
                        〃´::: : `゙゛:: `ヾ´           :{ _                 )
                     {´:.. 〃:::::::::::ヽ 〉         | ~U ~'''"uU~~~`'''"""cU "`}
                       /ミ三ニ=====ニ彡}          | ll   l    ;;;;;::::::l::::::::::::: |
                   /ミミ三ニ=====ニ彡ソ          |     l    ;;;;;::::::l::::::::::::: |
                 {γ´ ̄:: `y´:: `゙`ヽ  ∥            | ll~''"''。;'"。゚::;~~O'"゚。。''':;o.|-‐-- 、
                  〃´::::::::::::::::: `゛`:: ‐-ヘ-‐'           | 。゚。゚。; o。∵。゚o。:l∵・; l       ヽ
               ,,..,,_人__:: ":: `::::::::::::::::::::::::: }              | l ・  l; 。 .。。 。!q゚ '  l'"⌒・、  ¥
              /,,..,,_     ̄`゙゛゛゛""゛゛``ー-‐,,           | ll   。゚  。・  。  . l |    ))  )
              ヾ‐--- 、,,,,,,....,,,_____   ,,..,,_ .∥          | l  。.l  .  .゚ :l。゚  . |   // /
             ム__.,,,, -‐- . 、  ` ̄∧ニ=ク           | ll  . ゚   。・   ゚ "' l |  //  /
             {   ∧::::::::::::::: : ゝ.  ミ{i!}             |    。 ・     l ゚ ;  |  ノ  /
                 `7´:: -‐::::::::::::: 、 ヽニ三{iノ             | ll   l  .    l; 。 l レ"'  /
               {:::::::::::, ‐ 、:::::::::ヽソ                |          .     l |  /
                   ` </  /:: ,,,..メ´                    | ll   l    。  l     |- "
                /  /~"´                       |     l       ;l   l |
                  /  /                      | ll   l         l   .l |
                   ///                           | L_          _」 |
              /  /                         |    ̄  ー 一   ̄  ;  |
               { , '                          `ー--.....,,,,____,,,,.....--一"
              `´



┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そこにはパライゾがあった。


110 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 02:01:49 ID:g0daGBJU
クソ!!
駅の中にガード下とかも統合されてたとしらこんな展開も予想できたんだ!!
腹減らせやがって!!w

111 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 02:01:51 ID:5roE.F0c
SUICA使えない気がするぞ、これww

112 ◆QyQVxU6c3Q :2015/05/19(火) 02:02:02 ID:ITsL7Mqk
                 /ニニニニニニニニニニニニニニニニニ==- _ニニニニニニニニ=-、
                /ニニニニニニニニニニニ=Y⌒Y ニニニニニニニニ><ニニニニニニ\
               /ニニニニニニニニニニニニニニゝ ィニニニニニニニニニニニニ\ニニニニニ/
              /ニニニニニニニニニニニニニ==-  ̄ ̄ ̄ ̄ -=ニニニニニニ\ニニ/
              \ニニニニニニ=-   _ _  --------=-   -=ニニニヽ/
                \=/  _ -=ニニニニニニニニニニニニニ////> 、\ /
                  }__, <ニニニニニニニニニニニニニニィ /////////\ /
      __   __ ィ//////≧========≦ ̄///::::///////////l    _______
    ≦////////////>イ////////>' ¨` <////::Y ⌒Y/////////  /     /
    ///////_,,. -‐''"´--=////// イ、  (:) ///:::::::::ゝ- イ////////l /     /
    ニーニ ̄ ̄ ̄ ̄ == l////イii    ̄  //::::i    l//l//////// l     /  おお!! 客かぁ!!
                   l// V/il         '   l//l////////ハ    /
                   l/八 V/i       _ ----l// ///////     /    歓迎するぞぉ!!!!
                  //  \__ム    、 r , --- l/_///////     /
                 //      人  ヽ`^:::::::::::::::::::::///////     /
              --= ┐     .........\  \:::::, -- 、//////      /
           /     l      ................ト 、` --  /////       }
       /       l       ..................l> 、  /////       /
     /         l         ...r=ニニニニ≧l////{      /
                \         ..l三三三ミ l//// l    /    /
                   =- _     .l__ / l//// {   /   /
                       =- _  \三/   l//// l /   /


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃あと、妙にテンションの高い店主も居た。


113 ◆QyQVxU6c3Q :2015/05/19(火) 02:02:33 ID:ITsL7Mqk
                         /三三三三三三三三三≧s。          /.       {
                     ,ィ'三三三三三三三三三三三三≧.        /       ∨
                       ,イ三三三三三◎三三三三三三三三!      /         ∨  久々の客だ!
                     ,イ三三三三三≫",,zzzzzzzzzz三三三,'.     ,'      /.    ∨
                  /ニ三三三三//三三三三ノヽ::::::ゝ三}.      ,'.      /      ヾ 俺の焼き鳥を、酒を
                 {三三三三//三三三三>'",, -‐|:::::ト:::::::二ニ=-. ,'     /       { 好きなだけ呑み喰い
                     マ三三三アヲ三三‐7::::::: / イ (i)イ}::::,':::::>、,----'  ________} していくがいい!!
                   寸ニニ|:::::::|´ >ミ}:::: /  '¨´  ,':;イヽ:::::::::::::: ̄ ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    寸ニ!::::::|,く__(i),'::::/       ,'イ  リ ツノ ̄ ̄¨¨''''''''''ー─────''" ̄}
  ⌒ヽ                 ヾ:::::ヘ   ,'::,イ  l `  _,,.イ{ /´     | /   }         }  え、ええ!
  、  ヽー────ミ        /:::::::::ヘ  {イ  ,, -‐''"-‐マ  { ヽ     |'    /         ム  いいんですか?!
  州ハ   ヽ   ァ‐、  ヽ    /::::::::ハ:::::ヘ  寸-‐''":::::::::::::}  |   \ 0 |.    ,'           ム
  州州',  ヽ   ゝ `ヘ ヽ ,.イ::::>テへ::::::トノ¨ヽ\::::rニニ‐''‘ /!    \   /.           ム
  州州ム   ヽ   ',   ,..イ:>'" {    ヾ{  }ヘ>..、¨´ =彳/ リ      }ノ /           { 俺は嘘は言わん!
  州州州       ,..イ:::::/   `ヽ'、.      } ゞ、≫==≪=/  / ̄          /    { 満足するまで食うが
  州州州}     /:::::::/         \  O . |  ゞ `ヾマ'' _,...イ             /       ',          いい!
  州州州i}.   ,イ:::::::/ト、         ヾ`ヽ i! > 彡/ ○ィ ミ、           _ イ       }
  州/=/==ヽ ,イ:::::/   ', ヽ      ___ノ    ,' ゝz、     > -======-彡.         ,イ
  {=ァ==ノ州イ::::/    ',                      ム} |≧zz、___                  /:i:i:i:
  ==|=イ州/::::,イ      ヽ              / }. ムi:} ',:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ           /:i:i:i:i:i:i:
  ニYニ州i:::,イ州',       \            /.  } ム:i:iハ ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>、.       /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃店主の言葉には嘘は感じられなかった。いくら鈍い三好にもこの店主の圧倒的人間性と太っ腹具合を感じ取って
┃いた。


114 ◆QyQVxU6c3Q :2015/05/19(火) 02:03:35 ID:ITsL7Mqk
                                     ___       _
                                     ``ヽ、`ヽ、,i'"´∠ _
                                    ,. ‐'"´ ̄        ``ニゝ
                              ∠´-,‐:‐'           ``ヽ
                                   /               ゝ
                               /                  l
                                 //       /l、        l
                                  l      /| ./ l、iヘ        |
                               l /| , /! /. l./ u l | , 〉.iヘ、 .  |
                                  |/ |/|/`!/-ニl_  v'|/'_ニl~ ヽ|、 l
                                  /´l|.| !' /⌒     ⌒ヽ  |.i^ヽ
                                  l |6||  l (0)    (0) l u ||.6l|
                                  ヽ._||  ヽ、_ :|   |: _,ノ   ||_ノ
                                    ∥ u   (    )    .∥
                                    | v /⌒ヽ、` ‐'´,.ノ⌒ヽ  |\  旨い!! 喰わずには居られない!!
                               _/l  l ,. -─‐三─‐- 、ノ  !  l 、
                               ,.‐''"´/  ヽ、` -‐ '´._`` ‐-" ,‐'´.  | `` ‐
                                , -‐''"⌒)ヽ`‐、.   ≡   , ‐'´l .l  │
                               (  -‐'"⌒)-、〉l:::` ‐--‐'":::::::::l |   . |
                            (  -‐'"⌒)ノ, |、::::::::::::::::::::::,ノ! |   .|
                               /( -‐''"⌒)ノ ! ` ‐----‐'´ .l  |    |
                                 (._,,. -‐' ,"\ l         l ,へ、  |
                                     /   ヽ         レ'   \ .|


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃だから、一言礼を言うときんきんに冷えたビールジョッキを一気に呑み干し、鳥ももに齧りついた。
┃う、旨い! 酒も鳥も言葉にできないほどに旨い!! 今まで食ったどんなものよりも旨い!!
┃涙が出そうになるけれどそんなことをしている場合ではない、食べなければ……!(使命感


115 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 02:04:13 ID:ITsL7Mqk
i     l             ____
      l          _ィニニニニニニ=- 、                 _,,. -‐''"´
              /ニニニOニニニニニニ=、          _,,. -‐''"´
      l       <ニニニニ=-----=ニニV        __ /        _,,. -- 、
     ,....、       Vィ=ニニニニニ≫7へ   _,,. -‐''"´      _,,. -‐''"´     \
   ,..::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ィ:::::ィ_ャ>/○/:::} -=フ   /      /            \
  /,:'   ` ¨ ´ ̄    i::ハ:i    '_/:::/  /  /     _, /
, /;/            l/ .:八 〈 '⌒/::/  /  /    /                    いい食いっぷりだぁ!!
八:.........._,     _,>< },    ヽゝイ:/   /  /    /                          それでこそ男子よ!!
  `ヽ  `ヾ::::....、        「三T::{ , -‐、   __/\          __r-、
=-‐- 、__> --= __       _, --‐   ̄_ ノ  ///////> 、       l l .}
   ////////   /_>   ィ\ <::::::,   //l///////////> 、    .l l l
 /////////   / {    _,ノヽ } 〉 \::.、/// ゝ/////////>   ̄7 r、| l |__       まじ旨いっす!!
ゞ、///////   / 、_i rィ‐- 〉_ ィ    ゝ::......、//` <////      / / .} l  l }┐
   =--  -  _\_ フ  ` ¨´/ハ _ ////\:::::..、   \/     / / /  / / ノ
              /{-}|/ //// /////////>ト:::...、   \   //   ,:: ::(_ノ/      そうか、俺は嬉しいぞ!
              |l// ////l l/////////// ヽ::l    \人}      /       これも食うと良いっ!
            / }/// //// ///////////   ':l      ⌒ゝ __  _.ノ
          // ノ// //// //////////     }      \
          { {/////// //////////              \
           V/ {{/////{{//////////                 \     _,,. -‐''"´
           [ {r=-┐ フT7-ミ//////                    ` -=
          八ム__ l / ┴-- // Yイ                                   三好食事中…………。


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そんなこんなで三好の腹が一杯になる頃。


116 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 02:04:39 ID:2l3AVZV.
待て待て本気で待てそこの店主ぅぅぅぅううう!?

117 ◆QyQVxU6c3Q :2015/05/19(火) 02:04:55 ID:ITsL7Mqk
                                    __
                                _ 。r≦三三三三ニ.Y
                              く三三三三三三三ア
                               寸.三三三三三三〉
                                =≦三三三三夂」
                                  V;;;;|,。z{:::',ゞ‐ヘ::{}
                                 ヤ}::|  }ヾ',  |:::',
                                ,ィー,|::| _,, -‐' ∧::',─、    さて、満腹になったようだから、料金代わりに
                           / マ::|::|\ ¨ .イ |:|::|:ノ ヽ  一つ、聞かせて欲しいことがあるのだが。
                           〉   >: |z}ヽ`=´_{zl:ト、   |''<
                          , -<´:|。/ },'ヾ7777777イ}:} `ヽ。|   "''<
                         /      ミ,','ヘ 寸マ´   }:}   ノ      ∨
                      {        ,',' ヾ/ ∨  }:}  〈      } ∨
                     ,'        ,',' >ヘ o \ ,':}   ヘ      } . ∨
                     ,'        イ,'    .ハヾ   ,','     ヽ   }   ∨
                    ,'        ,':{   ,'ム',  ,':,'  \       }.   ∨          あ、はい!
                        ,'         {::{   ムニヘ. ,':,'    >ミ  ヽ  !.   ∨         なんでもどうぞ!
                       ,'         ハ:{   ムニニヘ{:{ \     `>ミ、 ノ.   ∨
                      ,'          ハ!ヾ . ムニニニニヽ    ゝ-=====─< ∨
                     ,'                  ムニニニニニヽ        ___   `ヽ、_
                     ,'                ムニOニニニニヽ    ,イ≦三三≧x ヽ  ∨
                       i                ムニニニニニニニニニニ=ニニニ/三≫''⌒"==>‐く  ∨
                  i             ムニニニニニニニニニニニニニ/三》"/´ -、 、_h V ∨
                      ,'               ムニニニOニニニニニニニニト《三{ ヘ  く:`Y }≧イ.  ',
                    ,'              ムニ>''¨''くニニニニニニニニ〉:i:ヾ≫x::ゝ、 Y{、_{ |',. {、  ',
                   ,'             ,'」 { .◎. }」三} ̄ ̄ ̄|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i¨{__{. /', ',:ゝ┘ . ',
                   ,'              ハニニゝ‐.イニニニニニニニニ〉:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/  /:i:iゝィ:i:|.   ',
                    i              ハニニニニニニニニニニニニニニハ :i:i:i:i:i:i:i:/  /:i:i:i:i:i:i:i:i|   }
                    |             ハニニニニニOニニニニニニニニニハ:i:i:i:i:i /  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|   |



┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃なんてことを店主が言い出した。なんだろう……?と三好は首を捻る。


118 ◆QyQVxU6c3Q :2015/05/19(火) 02:06:22 ID:ITsL7Mqk
                       >──‐<
                      /三三三三三>.、
                      〈,ィ//○///`ヾニニヽ
                   __,,-┴:::::::=-zzミヽ三ニニヽ
                  ,_,,.。s≦::>≠:::イ"イ‐゚イ:::∧Vニニ,イ
             /:::>''".   /::;.イ ァ‐-、_,ィ::::/}リニイ
            ,イ:::/_,ィ‐─--ミ__',  ̄´イ:::/‐':::,イ      お前の夢を教えてくれないか?
 、   `‐-ァ''"./::/__/   〃 / r⌒=フ::::,イヾ⌒ヽ、
  > 、__,イ.  /:::/-ミ  ヽ┌──''"___// o >^"` \   その胸の内に秘めた、大きな野望を、希望を、何物にも代え難
 ミ>、ニト、ヽ_.,':::イ _ニ=-} 0´ ̄>':::;イ  }/.       ヽ  い想い、そういうものを俺に、教えてくれ。
 ト、 ──ヽ、_.{:ハ___ , _,,,,,|/ ,.イ:::>"
 、_,‐爻>─‐リ≠>"_,, イ,!-':::/.       /
 ゞ><>zミ∠//,イ´,ィ':::>''"{       /
 `ー‐‐´゙ ̄7/oニニニ{/´ニニ|  ∨.      {
 三三ニ>''/ニニ三三三三}  ∨.     ',
 三ニ/,イニ三三三三三三}.   ∨    ',
 ‐", イ三三三三三三三三!     ∨     ‘,
 三三三三三三三三三三,'.    ∨    ‘,
 ⌒ヾ¨`-=三三三三三三{..     ∨    ',
 ___ノ /ニ/. `寸三三三三ム       ∨ \
  ̄ヽイニ/.    ヾ=三三三ム.       ∨.  \



          _、ー- 、 _
         > `   ′,∠.._
        /       ,    <
       i    ,.ィ,ハ i:、 \
       l   ノニ=   ァ=ヽ ヾ
       | ∩| f;j   f;j N`      夢、ですか。
      |. しl! ー 」 l_ー .|       夢って言うには、ちっさいていうかあれなんですけど…………。
      |  / | v ‘‐u‐' |
     」__/ l   ̄ ̄ ̄ .l
    /  `ヽ.`'‐、  ̄ /                                       構わん、俺は気にしない。
   /7ー-----`ァニ<
 ,.イ /    /     ヽ         じゃ、じゃあ……。
/./ /     /      |
 / ./    /     ヽ,|

119 ◆QyQVxU6c3Q :2015/05/19(火) 02:07:30 ID:ITsL7Mqk
             -、─-、 , -─;z..__
           -、─ゝ   ′   <
         ∠-‐ゝ          ヽ
        /  ,>  , .ハ i ,、    l      俺の夢は、大きな山を一発当てて、こうビックな存在になりたいんです。
      /  ∠-ァ ,.ィ /、 ゝトゞ\  |
    /      //イ'==   u == |.r.、!      子供の頃見た、綺麗な女の人や大きな戦車や自動人形にロボットを従え
  /        /   | 、f;j l l f;j , u||ユ}ト、     た強くて、誰かの夢になって、誰にも馬鹿にされない、そんな大きな男に
   l      イヘーr-、l/// ノ ヽ /// !ー':! ヽ、_   なりたいんです。
  ヽ.      | | l  l r‐-`ニ´-─、 ト、.|  |- 二
     \    | ! l  ド、ー─── '/  〉 :|    今はまだ始まったばかりだけど、いずれ、必ずそうなりたいんです!
       \  | !   |  l゙ヽ二 ‐ ´  //  |
        ` く    |  |  ト、   / /   |
           \  | :|/`ヾー// \ |
                ヽ|    o∨´==    `


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃三好は不器用ながらにもゆっくりと言葉を紡ぐ。
┃その言葉には熱があって、どうしようもないほどに狂おしい渇望があった。誰もが抱く願いを彼は胸で強く強く抱いてい
┃た。


120 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 02:08:47 ID:ITsL7Mqk
               /   /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
     /     /  /ニニニニニニニニニニ>ニニニニニ ィ
    /      /  lニニニニニニニニニニ>ニニニニr-yニ/.|
  /       /  └-トz__ニ>ニニニニニニニニニゝイ /=\
  :〈        / _    lニニニニニニニニニ=-  __ -=ニニニニニ):::::.......、
  \      /  ̄ ̄_,.]::::::::...-=T::::-=======ニニ=-イK:::\::::::::::::::::::::.....、
 _   \ __ / ___,,. -‐''"´l::::::::::彡:ハ::::::::::{ー--\::::::::(ツノl-\:::\-- ___::::::::::::::::::..、
    ̄  /   l  { _,...ィ:::::{:::/:::::r-ミ:::::::::K_苡_フ `ヽ---:::ヽ、ヽ::::::::::::::::::::::::\::::::\
      /   l|  V::::l::::::l:::::}、::::::{ r ヘ:::::::\      _ :> l \::::l  ̄ ̄ ̄  \::\::::::.,
     :/   /:l   V::{:::Vl:::::::l:\::::ト 、 i,:::::::::k;::.._     , ハ .------┐   / V::} ヽ::.、 なるほど、聞かせてもらった。
    ::/   / l   \:::ヽヽ::::lヽ:\:::::::Yヘ::::::::::` --‐=', ん \    -ゝ _  /  /ノ  l::::i
   :::/   / /l     \:::::Vl::::\:ヘ } \::::::\   八  |   ___  _, ノl/-- '    l:::l うむ、素晴らしい夢だ。
     / / l       \::i::::::从  } __.\::::::\¨_.....:l-:::::::::::::::::::::....,/    、__ jノ
    /  /  l          ̄ ̄ ̄ j    ヽ::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....、__,, - 、それはお前だけの夢だ。叶えるために
   /  /    i                   'ト.:::::::::::::::::::ィゝ、  /   ヽ:::ヽ    精進を続けるが良い。
  /  /     l                   V` T | o | | `¨{   l/  }::::::}
  :/  /      ヽ                   V .l  \/\}   l  }    l:::::;   そして、この言葉を夢を語ってくれた
 /、       _ > 、               ○ i l     |   | /    l:::/   お前に贈ろう。
    ̄ ̄ ̄         ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄  ` --┘ l     l\ |/  --彡
                                  /     l  \
                            _,,. -‐''"´ /     八   }
                                        }  /
                                      /  /
                _,,. -‐--                /   /
        _,,. -‐''"V/////////|//=-  __           /
   _,,. -‐''"´      lV////////l////////////≧=-  __ ィ____, ----- ┐
                }V///////i///////////////-,////ハ ///////////
                l/\/////}/////////////ノ//////--=- _///////    _,
               , ィ////ト 、 ノ//////////////ム////////////\ ̄ゝ ___ /
              //////////人//////////////ム/////////////ハ  l i li\
             /////// 八  Vム\/////////////////////////// } l l l/i ハ
             l/////////\ Vム  >- _////////////////////// // l/l  }
             l///////////>-= '////////≧==- _//////////// //  l/l /


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そう言って、店主は大きく両腕を振り上げて、大きく息を吸い込むと。


121 ◆QyQVxU6c3Q :2015/05/19(火) 02:09:21 ID:ITsL7Mqk
   \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/                    }      _
    ≫                                             ≪              /ェ.≧ッ、   ,ィ
   ≪   誰であろうと!どんな夢であろうと! 諦めなければ必ず叶う!!     ≫             イ≧、ヽヽヽヽイ
    ≫                                            ≪   ___     ////ゝヽヽヽ}.|
   /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\≦三三三三ミッ.ノ///////}.}.}ノイ
                                                  //三三三三三ニ.////////./
                                       /三≧ッ、,_       ./  i三三三三三////////./
                                  ,イ三三三三三ミッ,    /   {三三三ニ.////////./
                                 /三三>ェェェェ、ニニ.|   ./    マ三三////////./∨
                                    /三マiii/三三/ヾ<|,,__ ./  ./   マ.////////./三| ヽ
                                    マ三i|/===≦ィ弐|/;;;ゝ,____,,,、、──、///./三三i|  \
     ( {,                           \}ノ|イ弐;/,、 .イ `i>‐┐───''"´ ̄`ヾ、イ三三三ニi   \__
  、   } ∨_               /、ヽ、──、    /;;∧ .|/_,,ィ≦.| /、 。.|  /    |////イi;',三三三三i   ____,ィ'"
 >`"" //≧、,_          ./三ミi、 ヽ   \.//ヾi,ゝ\_,>´.|  `ヽ} ノ     i{//イ .|;;i三三三三i、
  イ i  .i.|∥∥イ///≧ッ、,_      ./三三ミi .',  >./ゝ、   |≧ッェイノ ,ィー/   /  .|イ三三.|;;|三三三三ミi       ,ィゝ
 ゞ {  .|.|.{.{.{.|.イ////////≧ッ、,_=イ三三三.| ././    ヽッ、.i ゝシυ<      ノ   三三ニイ/三三三三三ミi、__>'´彡
 ,ィ'>─.マヽヽヽ{///////////////////ィッシイ〉;;/ .',`ヽ  -ーー'´ /iゝi.i、,___`'ー-ー'´   /三三.イ´三三三三三三三三三.マ/乂
      ̄ ̄ ̄`"''ー=≡////////////}ゞ{./;;イ,   ヽ      / i.|i:{.{i:i:i:i:iゝ、    /i三三三三三三三三三三三三 .マゞ、__/
                     `"''<  \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/  ┘ /
                     / |三  ≫ ミ}ゞ;|ゝミミi、   ヽ,___ノ  .|i:i:i:i:|.|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|三三三三三三三三三三三 ≪  ┘ /
    _______>´/  |三  ≪  俺は、お前を応援しよう!  全身全霊の声援を贈ろうではないか!!  ≫  /
 >≦、           /  .ム三三  ≫ 三};;ヽ,三三三三≧─-イi:i:i:i:i:i:i|.|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:マ三三三三三三三三三三 . ≪  /三
  三三i          /  ム三  /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\ 三
  三三i            ノ三三三三三三三三ゞシッェッシ´ニヽi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}.}i:i:i:i:i:i:,ィェi:i:≦====ミ三三三三三三三 .ム┘ /三三
  三三ゝ────≦三三三三三三三三三三三三三三三三ニ}i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ ̄ ̄}i  ', マム___ヽヽ,三三三三三.ム┘ /三三

122 ◆QyQVxU6c3Q :2015/05/19(火) 02:09:41 ID:ITsL7Mqk

                               /三三三三三三三三三≧s。          /.       {
     ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ  三三三三三三三≧.        /       ∨
    <                             >  三三三三三三三!      /         ∨
   < 万歳ぃぃぃぃ!! ばぁぁぁぁんざぁぁぁぁい!! > zzzzzzz三三三,'.     ,'      /.    ∨
    <                             >  三三ノヽ::::::ゝ三}.      ,'.      /      ヾ
      Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY 三三三>'",, -‐|:::::ト:::::::二ニ=-. ,'     /       {
                           マ三三三アヲ三三‐7::::::: / イ (i)イ}::::,':::::>、,----'  ________}
                         寸ニニ|:::::::|´ >ミ}:::: /  '¨´  ,':;イヽ:::::::::::::: ̄ ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                          寸ニ!::::::|,く__(i),'::::/       ,'イ  リ ツノ ̄ ̄¨¨''''''''''ー─────''" ̄}
        ⌒ヽ                 ヾ:::::ヘ   ,'::,イ  l `  _,,.イ{ /´     | /   }         }
        、  ヽー────ミ        /:::::::::ヘ  {イ  ,, -‐''"-‐マ  { ヽ     |'    /         ム
        州ハ   ヽ   ァ‐、  ヽ    /::::::::ハ:::::ヘ  寸-‐''":::::::::::::}  |   \ 0 |.    ,'           ム
        州州',  ヽ   ゝ `ヘ ヽ ,.イ::::>テへ::::::トノ¨ヽ\::::rニニ‐''‘ /!    \   /.           ム
        州州ム   ヽ   ',   ,..イ:>'" {    ヾ{  }ヘ>..、¨´ =彳/ リ      }ノ /           {
        州州州       ,..イ:::::/   `ヽ'、.      } ゞ、≫==≪=/  / ̄          /    {
        州州州}     /:::::::/         \  O . |  ゞ `ヾマ'' _,...イ             /       ',
        州州州i}.   ,イ:::::::/ト、         ヾ`ヽ i! > 彡/ ○ィ ミ、           _ イ       }
        州/=/==ヽ ,イ:::::/   ', ヽ      ___ノ    ,' ゝ ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ
        {=ァ==ノ州イ::::/    ',                     <  |≧zz、___                  /:i:i:i:     >
        ==|=イ州/::::,イ      ヽ              / }< i:} ',:i:i:i:i:i:i:i: おおぉぉぉ!  万歳ァィ!! :       >
        ニYニ州i:::,イ州',       \            /.  } < ハ ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>、.       /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:     >
                                           Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃三好が顔を真っ赤にしてしまうほどに真っ直ぐで、何よりも自分を全力で応援してくれている店主に彼は涙を零しそう
┃になる。
┃けれど、それを堪えて、彼は店主の声を受け止めた。


123 ◆QyQVxU6c3Q :2015/05/19(火) 02:10:16 ID:ITsL7Mqk
        \ニニニニニニニニニニニニ=-=ニニニニニニニニ>  |
          lニニニニニニニ γ-マニニニニニニ=-  ̄_- イ::::l
           V-==ニニニニ弋_ノニ=-  ̄_-=ニ/:l::::::::::i                  /::::::::::::i
           ト=- __ ̄ ̄_ -=ニニニ>::::::::::レヘ:::::::., __               /´  ̄ l:ノ
            l::::::< ニニニニニニニニニ>彡ィl:::::::::::l l::::lヘ::,  ヽ           /<> /
            l:::::::::::ト戈ッ=ニニ=-イ/-ゞ'イ::::::::::::l l:::l  ヽ/  |、        /<> /
         /  ̄ l::::::::::l  ̄ `  ヽ:::::::,    l:::::::::::l_ノ::i  /  l ヽ      /<> /
      //  ゝ, ,:::::::::l,       \:::::,   l:::::::::::l:::ハ/       l   /<> /   ふう……。
       /     }::::::::lハ     l  }`ヽ::、  l::::::::::l::ノ´        l  /<> /
             l::::::::l ヽ    ヽ      l::::::::::l          /<> /      さて、そろそろ時間だな。
             l::::::::l  ヘ ヽ-=ニニ= - ' ,.:l::::::::::l         /<> /
       V     ,'::::::::::l  {〈〈\     / l:::::ハ:l\  _  -=/<> /        では、また会えるのを楽しみにして
       V    /::::::::::'  |\\\. _// /:::::, :l У      ̄ノ  /         いるぞ。
        V   /:::::::::/   \ \\  ///:::::/ _ノ` -- ィ  ̄  /
         \//:::::::/ l    \ Vハl l/ _/::::::/_ L  __   \ >/            その夢、必ず叶えるといい。
          / ,::::::/  l     \/} {////::/   \ \  ヽ/
         / l::::::/ (_)l     _,,  - ‐'' //Y ` - 、 ヽ {  l               俺はお前をずっと応援している。
        /  l:::::,\ l  ィ       ;: /l __   ト、 Vゝ、 ヽ
           l::::l  ヽ   l       l:::// \  Vヘ ヽ ` -┘
           V             V <>  ゝ _ ) ゝ-'


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃店主の不思議な言葉に三好は何かしらの言葉を返そうと口を開いた――。


124 ◆QyQVxU6c3Q :2015/05/19(火) 02:10:27 ID:ITsL7Mqk
                               _、ー- 、 _
                              > `   ′,∠.._
                             /       ,    <
                            i    ,.ィ,ハ i:、 \
                         l   ノニ=   ァ=ヽ ヾ
                            | ∩| f;j   f;j N`
                              |. しl! ー 」 l_ー .|
                           |  / | v ‘‐u‐' |     あ、あれ?
                          」__/ l   ̄ ̄ ̄ .l
                         /  `ヽ.`'‐、  ̄ /
                        /7ー-----`ァニ<
                      ,.イ /    /     ヽ
                     /./ /     /      |
                    /!/ ./    /     ヽ,|


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃開いた瞬間、眩い光に包まれた彼は、何時の間にか駅の前に立っていた。
┃夢か……?と思う、けれど腹は膨れている。口にはあの絶品の焼き鳥の味が、ビールの味が残っている。
┃店主の声援が、言葉が耳に、心には焼き付いている。


125 ◆QyQVxU6c3Q :2015/05/19(火) 02:10:39 ID:ITsL7Mqk
                              ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                              :: :: :: ::⊂二⊃ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
                              : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :⊂二⊃ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                              : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                                         , 'ニ ̄ニヽ
                                                         ( 二ニ ニ)
                                   _ヽー-、 ,. -;z.__           /~\ ヽニ_ニノ  ,/⌒ヽ
                                  ,>  `   ′ ' ∠._   /⌒ヽ,,  /     \     /     ^ヽ、
                                  /            <,/     ''''        \,,,/         \   /
                             イ      ,、     ヾ                               ー '
                                 │  , ,.イ ハ. ト、   |                     /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                               | .ィ/ニソ 'エ、ヽ | ________       |.::::| 田 田    田 田
                                 r'コ| { 9 .  9 } |Fヽiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|;;;;;|        |:::::|      日
                             |にl| `ー ,」 L ー '  l|-リ   夢、なわけないよな!!|:::::| 田 田    田 田
                             ヽニ| 、_"‘‐u‐’´"_, |ン//////////| | |           |:::::|      日
                              =i=i |.ト、二ニニ二ノ!|    よし、今日はもう帰るか!! i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=
                                   ,.l.ヽ.ー‐-rー─;ノ.l,、
                              _,  -‐''::「l.\ ̄二 ̄.//|::`'ー- ._
                          ,、-‐''":::::::::::::::::.:| \. ` ー ' / .|:::::::::::::::::::`''ー-,、
                          /::l:::::::::::::::::::::::::::::l.  \  /   .|::::::::::::::::::::::::::::/::l
                      /::::::l:::::::::::::::::::::::::::::l     ×     l:::::::::::::::::::::::::::/ ::::l


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃夕日に照らされながら、三好は静岡駅を後にした。
┃あれは夢じゃない。そんな確信を胸に抱いて、宿へと帰る。
┃だって、今も店主の声援が背中を押している。頑張れ、必ず叶えるのだ。という力強い声はまだ聞こえている。
┃だから、彼はあれは夢ではないと断言したのだった。


126 ◆QyQVxU6c3Q :2015/05/19(火) 02:11:08 ID:ITsL7Mqk
                              __  ,.
                           ,..イ_  / ヘ \-、
                         .-'   ∧凸;;;;;; ;;ヽ .- ::,、.._
                      _..-''    ∧凸;;;;;;出Tエニ  、  !.
                    ..‐"    .i+;;ii: ;rヘ∧凸‐┬||ir出Tエニ_ ヽ、
                 _..,-"/ ユ鬥H出Tエ彳∟凵Ξ|田;‐┬||irr-_ヽ : ヽ
               ..‐"/': イ'"/: 'ソi+;;r-、v冖v"|l巫]||斤\,;;;;;;;; 出Tエニ : : : -、..........
           : : ユ鬥H出Tエ: ;rヘ∧凸;;;;;;斤彳∟凵Ξ|田''^´_  `‐‐┬||i出Tエニ     ^` -,,,
       : 彡亡ェ辷ュ!':乂ユニ斤彳∟凵Ξ|田v"|l巫]||斤凸;;;;;;:┌==┬─ : ‐┬||irr-'''=="´ -,   ^''
  _... : ;;;;: : ニニニニニエニニニコ-、v冖v"|l巫]||斤;;ニ斤彳∟凵Ξ| ─⊂ニ⊃;:::┌┐;;;;;;;:::,,,,,ロ卅ユ鬥H出Tエ
‐''": : : : : :ョ゙ill#‐「ll!l;li+;;ii: ;rヘ∧凸;;;;;;斤彳∟凵Ξr-、v冖v"|l巫]|| 森森森_ : : : : : : : : : : .....,,,, -'": : : : : ;
:ユ鬥H出TエH出Tエニ斤彳∟凵Ξ|田冖v"|l巫]||斤:ユ鬥H出Tエ : : : : : : : : : : _,=-‐゛´´゛゛;;;;;;;;;;;`‐-‐=、,,:
: : : ョ゙ill#‐「─r‐┬||irr-、v冖v"|l巫]||斤: : : : : : ,,=_,,-‐‐‐‐‐---‐‐‐‐‐‐''''""´: : : : : : : ;;;;;;;;;;;;;;;___..../: : : : : : :
: : : 鬥H出Tエニ斤彳∟凵Ξ|田 __--"'''"´ ̄ ̄!;;;;出Tエニ斤彳::::::::;;;;;;;;;┌==┬─:::::::::┌==┬─::::::::::::::::
i+;;ii: ;rヘ∧凸;;;;;;、v ┌==┬─||irr-、v冖v"|l巫ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;; _,....=-‐´;;;;;;;;;;;;;;;:::─!杢卦士::::::::─!杢卦士::::::::::::::::::
ニ斤彳∟凵Ξ|田::─!杢卦士:::::::;;;;;;;;;;;;;;;:::::::/;;;; -‐‐´゛゛;;;;;;;;;;;;т㍑i゙i゙lェli;'ュョョョ゙ill#_ロロi|森森森_
r-、v冖v"|l巫]||斤::森森森_:::::::;;;;:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::i+;;ii: ;r┐;;;;;;;:::,,,,,ロ卅ユ鬥H;li+;;ii: ;rヘ∧凸;;;;;;::::::::::ヽ::::;;
::::::,=---‐‐‐"""""::::;;;;::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::,..-‐";;;;::ユ鬥H出Tエニ斤彳∟凵Ξ|田H出Tエニ斤彳∟凵Ξ|
田┐工ユE∧ヰA┌─≡─!杢卦士⊂ニ⊃;:::┌┐;;;;;;;:::,,,,,ロ卅ユ鬥H出Tエニ斤彳∟凵Ξ|田,
=,ィ'⌒ニニエニニil]1lー-i]__森森森森_トロロロi|::rーilil==┬≡┐| ̄|─r‐┬||irr-、v冖v"|l巫]||斤"" エ  -
-斗三三〈三彡‐i/ニ工ニ辷凵'辷三'亡彡亡ェ辷ュ!':乂ユュュュュコニュョュュ_l_ユ,,..,,....,,-u:--コ/ユ__.彡........__....
ニ ̄ ''''''''''''''''―‐‐‐‐‐―‐'‐ー‐―‐-/ニニニニニエニニニコ三三三土三三斗土二土Eヨョョョニニ-斗=l斗l斗二エユ
                                          ̄ ̄ ゙゙̄  ̄''''''''''''―‐''‐¬‐--‐


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ここは静岡駅。無色透明の罠が数多有り、進化し続ける巨大ダンジョン。


127 ◆QyQVxU6c3Q :2015/05/19(火) 02:11:24 ID:ITsL7Mqk
     ノ    ノ   ノ
    ノ    ノ  ノ
   ::::::|::/ ノ  ノ
   ::::::|/         ________________   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ::::::|       /:::::::::::::::::\:::.\:::.:\:::.\:::.\:::.\:::.\.:::\  |  この時期、宴会で忙しいね。
   ::::::|      .// ̄ ̄ ̄\\::::.\ [_焼_き_鳥_モララー_]:::\\
   ::::)`⌒ヽ  .//   ;;;;;;;;;;;;;;;;;; \\:::.\:::.\:::.\:::.\:::.\::\:::.\ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
   ::::(  モ:||  ┏┫.r....―┐┌\\:::.\:::.\:::.\:::.\:::.\:::.\:::.\
   : :::)ヽ ラ.|| /三三ヽ----:| ||--|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l||
   ::::( ビ :|| {三焼三}  ..::| ||  ゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛||皮|゛゛゛゛゛゛||つ||゛
   : :::) |  :||{;;三き三;;} ..::| ||  ‐■■■   ∧_∧    .||.く.||
   ::::( ル...:|| {三鳥三}  ..::| || /########/  ( ・∀・)    ||ね||
   : :::)..;.:;;;;;;|| ヽ三三ノ   . .:| ||  ||,,从人、、||  (  つ つ‐■■■
   ::::'⌒ヽ'...|| ..┗^┛...─―| || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   ::::::| ... .. .||......./r|;;;.||   ::| ||     全 種 類 一本\100      |
   """"''''''''""""''''''''""""''''''''""""''''''''""""''''''''""""''''''''""""''''''''" (・∀・)<エンカイ イイ



┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そんな静岡駅のどこかにあるドアの向こう側には、絶品の焼き鳥とビールを振る舞ってくれ、夢を全力で応援してくれ
┃る変わった店主が居るらしい……。

                                                                   終わり。

128 ◆QyQVxU6c3Q :2015/05/19(火) 02:11:56 ID:ITsL7Mqk
はい一発ネタでしたー

129 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 02:12:35 ID:g0daGBJU
くそう何で福本系の連中にはこんなに焼き鳥が似合うんだwwwww
乙乙っしたー

130 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 02:12:47 ID:gtX/QKrI
イイハナシダナー
乙っした

131 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 02:12:51 ID:2l3AVZV.
乙でしたー
異世界食堂というか異世界屋台?

132 ◆QyQVxU6c3Q :2015/05/19(火) 02:13:06 ID:ITsL7Mqk
さっきの投下を見て急いで作ったんだけど飯テロがブーメランしてきて辛い

133 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 02:14:32 ID:uqemNBhk

エエハナシヤ〜
でも再び訪れることはできないんだろうね

134 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 02:16:21 ID:vx9L36M2
乙〜。
いい話だけど、シズオカがどんどん異界化していく……www

135 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 02:17:20 ID:dGsDEJ62
おつー
一瞬駅長かと思ったけどこれは違うな。願いを叶える何かじゃなくて背中を押してくれる誰かだ

136 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 02:17:24 ID:2l3AVZV.
カンモンが悪意の坩堝ならシズオカは何でもアリのビックリ箱かw

137 ◆QyQVxU6c3Q :2015/05/19(火) 02:17:46 ID:ITsL7Mqk
大丈夫だって!カンモンみたいになるわけないからさ!

138 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 02:21:26 ID:jJuedjjI

てっきり食ってる間に出口が一光年先の彼方へと消える罠かと思ってた

139 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 02:38:53 ID:.sMsEWBs
>>70
歌詞はマズイ…!
マズイのだ…!

140 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 02:59:35 ID:JnxLS.4o
シズオカは重力異常はただの設計ミスで放射能ランプは清潔重視、駅長室へのご案内にいたっては親切というカンモンとは違った意味で魔鏡だな。
この状況で狂った駅員さんになっている自動人形が正気に戻ったらどう思うんだろ。

141 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 03:10:30 ID:9mn./0Ig
狂ったっつーか警備や駅員はルーチン通りの仕事してるだけだろう
建設者や各員に通達される終わらない駅開発計画が狂ってるだけで

142 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 06:35:50 ID:/lB4zhYA
>>140
ネット端末遺伝子を持った駅員の生き残りを求める探索者になる可能性が微レ存
流石に重力子放射線射出装置は持ってこないとは思うが

143 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 08:22:44 ID:8z0A/1aw
愛歌ちゃん(チョロッ……)

144 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 08:26:34 ID:Kmxb1qBA
メタルサーガの酒場のマスター「シズオカ駅にはクルマがあるらしいぜ」
たったこれだけで、戦車(電車)の予感を禁じえない
メタルフットとうりミサ付けなきゃ…(使命感

145 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 11:13:55 ID:ICdcT1Hs
そして出てくるマイトガイン

146 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 11:32:03 ID:/lB4zhYA
ポストマッポーカリプスの巷、装甲列車なんぞでこの先生きのこれるのか

147 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 12:37:55 ID:0PhN7OGE
地獄カンモン鬼金剛、羅刹シズオカ夜叉比叡 乗るなオキナワ鬼より怖い


みたいな替え歌が産まれそうなこの状況

148 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 14:16:58 ID:Ig2sdcKw
シズオカいいなぁ。こういう探索と工夫メインの話大好き

149 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 14:32:36 ID:c9wf7v8M
んー・・・・

頭に急に思い浮かんだネタで
メモせな直ぐに忘れる様なもんだけど・・・

スカベンジャー×SIMCITY

ゴミの街の市長になろう

150 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 14:36:47 ID:ICdcT1Hs
別に北米でfalloutしてもいいんだよな。スカイネットとかノアとかいそうだが。
問題は自動人形はほぼ出せないって事か。

151 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 14:49:04 ID:qhrHpS0I
その分海外はロボットが多かったかもしれない(小並感
海外って国家はほぼ存在しないんだっけ?

152 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 14:56:44 ID:ICdcT1Hs
他の文明は霧の向こうだろうね。
接触しないと外交できないCIV感。
あーモンちゃんみたいな国会腐るほどあるだろうな

153 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 15:15:01 ID:/m6v6QR2
軌道衛星上に主機の故障で地上に降りれなくなったSDF-1マクロスが
周囲のデブリから物資調達して1000年生き続けてるスペーススカヴェンジャーとかどうだろう(丸投げ)

154 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 17:00:52 ID:ICdcT1Hs
廠長が工具で戦ったり踏んだりしてしうな場所だなw

155 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 17:31:45 ID:/lB4zhYA
海外はプロテクトロンとか軍曹みたいなのが主流なんだろうな
よそと比べて人型が超蔓延ってるのはHENTAI日本らしい話ではある

156 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 18:57:48 ID:irp9zGug
もしかして東京大遺構が一番マイルドなんじゃ……
って気がしてきたな

157 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 19:00:39 ID:02sjyyxc
エヒメが一番穏当なイメージがある

158 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 19:04:25 ID:/lB4zhYA
IAIの試練場への入り口とかミュータントのハイヴを見つけなければ穏当やね(白目)

159 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 19:06:00 ID:84GAR1YY
正直どこも種類が違うだけで厄いわ。

160 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 19:14:41 ID:irp9zGug
エヒメは「腐敗」だからなぁ

161 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 20:09:42 ID:eE9lXfSQ
皇都は平和だよ。
なんと言っても皇主様のお膝元だからな!
平和じゃない筈がない。そうだろう、諸君?(@_@)

162 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 20:25:08 ID:2NFrRDUc
なお文官が戦死する模様

163 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 20:37:59 ID:33n57vFc
どっちかというと憤死じゃね

164 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 21:06:02 ID:yTl/WR5U
暗殺なのか過労死なのかは謎やな

>>155
何故か軍曹は一枚だけAAあるんよね……誰が作ったのやら

165 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 21:50:10 ID:Z3s.Fn86
フォールアウトのやる夫スレではボールが代役だったなあ>>軍曹
見た目はぴったりだけど戦力としてボールがたよりになってるのがちょっと違和感があったけどw

166 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 21:56:25 ID:uDnx6Xuo
原作だとあんなに強くないけど設定上はあれくらい強いんだよなぁ軍曹とか同型機
スパミュも設定上はまじやばい

167 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 22:00:27 ID:/lB4zhYA
デフォの軍曹はやわらか軍曹
BS導入後は堅牢な軍曹になってむしろちょっと残念がられるとか

168 名無しの工員さん :2015/05/19(火) 22:06:11 ID:n4vwmYZQ
>>151
廠長のとこなら極東ロシアに連邦という国家が存在しており皇国と敵対中。
カザフスタンや東トルキスタンあたりにはその連邦とぶつかっている騎馬民族的ノリで装甲車や多脚戦車乗りまわしている小国家や都市国家群があるらしい。

本家シャッチョウのとこだと曰く北米は地下に擬似AI管制な女王が支配する完全で幸福な地下都市が存在し、
地上では文明失ってヒャッハーする人間と再興を目指す人間が血みどろの争いを繰り広げているとのこと。

あと中東は数少ない水源と水精製プラントと水耕プラントを奪い合って大激戦しているかもしれないと言ってた。

169 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 04:37:10 ID:M3yJvyps
まぁメタルマックスのノアは日本(位置的には東京と埼玉の県境・都庁や東京タワーや地下鉄の位置からの想定)だけど
スカベ世界のノアがどこにあるかはわからないしね
ちなみにMM3はアメリカ西部らしいので(極楽谷は反応兵器とかのクレーターだとか
Falloutと混ぜると一手間発生するようになったんだよね…
なおMM4はスカイツリーっぽいのがあるのにヨーロッパだとか

170 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 10:22:07 ID:vPBYnr7c
というか本社でノアって別に出て来たことなくね? 誰かの二次設定でしょ

171 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 10:25:20 ID:I.HFsH8I
せやな
本社に出てない設定ていうなら壁のほとんどがそうやな

気に入らない設定だからといって考察や妄想すら否定してはならない
喧嘩の元になるし

172 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 10:37:24 ID:oqrc3hOY
何気に明らかになってない「前文明は何故滅んだか?」の謎
君はそれをノアにしても北斗の拳OPのアレにしてもきのこたけのこ戦争にしてもよい

173 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 10:47:33 ID:PA.4B4FE
あるいは地底からの侵略者だったかもしれないし宇宙移民との泥沼の構想の結果かもしれないし
怪獣が出たけど光の巨人的な対抗存在が居なかった世界線かもしれない

174 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 10:49:00 ID:Ahy13pX.
ノアと明言せんで、人類を滅ぼそうとした謎のAIくらいにしとけば問題ない問題ない。
滅んだ原因もひとつとは限らないしね。

175 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 11:12:25 ID:Ahy13pX.
つーか、スカベ世界自体が「甲殻機動隊」「ホライゾン」「メタルマックス」その他もろもろをベースにしたごちゃまぜ世界だし、
よっぽどおかしな設定じゃなきゃ吸収できてしまう、懐が広い世界観なんだよね。
だから皆いろんな設定をどんどん出せるのが面白い。
「あそこではああだったからここでもこうしろ」とか、
「ここはこうじゃなきゃダメ」というのは正直無粋でしかない。
但し、明らかに本社と矛盾した設定は、突っ込まれるのは覚悟したほうがいい。
例を挙げると、数日前に出てきた「本社の描写を見て、自動人形はおとぎ話のような存在にしました」という設定。
本社では「修理可能な自動人形がゴミ捨て場に捨てられている」例が何度も出てきている状態なのに、
何故おとぎ話のような存在になるのかまったくわからない。
「本社では人形はゴミ捨て場に捨てられてるけど、自分の世界観では違います」なら問題はまったくないんだけどね。

176 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 11:13:21 ID:I.HFsH8I
あるいはそういう地域を設定するとかね
良い意味でガバガバだから

177 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 11:29:20 ID:Ahy13pX.
>>176
地域ごとの特性とか考えると面白いよね。
いまだと北領ではATが余っていて安く手に入るとかあるけど、
例えばの話、カンモンはダンジョンアタックがメインなので、
車両類はあまり人気が無いけど、軽装甲スーツやセンサー類は飛ぶように売れるかもしれない。
西領では野盗が多いので、護衛用の装甲車両が人気かもしれない。
考えだすとどこまでも膨らんでいくのがとても楽しい。

178 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 11:30:46 ID:I.HFsH8I
今ブームのシズオカテンバイヤーも上手く設定を盛った結果だよね

179 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 12:50:10 ID:oTQb/7Ww
つまりノアとスカイネットとコンピューター様が管理していてもいいってことだな!

180 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 12:58:56 ID:9hIwF42g
月がディストピア化してる話はちょっと面白そうだったな
ムーンレィスとパラレルになるのとオービタルリングの存在云々がネックになりそうだが

181 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 13:11:07 ID:PA.4B4FE
>>179
ノアからのアクセスをギリギリで遮断できたが中途半端に狂ってしまった結果がコンピュータ様、とかありそうだなw

182 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 13:14:53 ID:b4b580M6
ある日突然管理AIがおかしくなってロボットが暴走を始めそれと偶然同じタイミングで各国の核ミサイルが発射され大地震と火山の噴火と巨大な隕石の落下と宇宙人の侵攻が襲って来てもいい
自由とはそういうことだ

183 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 13:16:40 ID:E78uZeLU
メカじゃない不死系の設定は、今のところスカ世界ではないんだっけ?

184 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 13:24:58 ID:xyQW7RPA
社長の話だとアメリカにはマジでパラノイア染みた事になってるシェルターあるっぽい?

185 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 13:27:20 ID:Ahy13pX.
>>183
不老系? 不死系?
不死系は誰かが短編でやってたかな。
本社での赤王姉妹とか英雄王兄妹は、なんとなく不老っぽい感じはするけど、
不死かどうかはわからんな。

186 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 13:50:24 ID:E78uZeLU
>>185
まじか→不死系。
作品名は何なのだろう? スゲエ気になる
今考えてる発掘武器が、不死系と相性グンバツだから、敵として出したいんだよね。

187 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 13:50:53 ID:MGQjXE02
>>183
ミュータントなんかの変異によるものとか
ゾンビ粘菌なんかによるアンデットか?

188 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 13:54:51 ID:nfhF3XXQ
きさま自分が自動人形の候補にゾンビクイーンを考えてるとなぜわかった>>ゾンビ粘菌
不死はどうやっても死なない(再生する?)1000年前からずっとウジ虫やってるやる夫の話があったな

189 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 13:55:02 ID:oTQb/7Ww
>不死系
1000年前の大破壊から何度死んでも蘇って、色んな物が移り変わって失われていくのに耐え切れず
ある意味心ぶっ壊して、記憶リセットしまくりながらスカベンジャーしてるやる夫の話じゃね?

190 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 14:06:58 ID:I2hdhvrA
>>182
かつての福岡が博多祇園山笠(野生のソイヤウォーカーの大群の襲撃)で滅んだなんてトンデモ話をでっち上げるのも自由?

191 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 14:09:11 ID:Ahy13pX.
>>190
実際のところはどうかはともかく「そういう伝説がある」と設定するのは自由じゃないかな?

192 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 14:10:39 ID:OTtESDYU
六本木ディバイド在住のエターナル幼女は不死系だな
少なくとも戦前から生きている

193 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 14:12:07 ID:Ahy13pX.
>>192
エターナルロリは不老系じゃないかな?
不老と不死は違うで。
歳とらなくっても首はねりゃ死ぬかもしれんのだし。

194 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 14:14:51 ID:OTtESDYU
>>193
当主の部屋にある本体が保全されている限りは不老であり不死
館内で活動している端末的存在が死亡しても、保管されているオリジナルが健在な限りは
サポートAIによって再構成されてまた端末として生を受けたアリスが登場する

一応、端末はまだ壊れた事がないって事になっている

195 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 14:17:20 ID:Ahy13pX.
>>194
つまり本体を殺せば死ぬのか。

196 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 14:19:48 ID:OTtESDYU
そうなるねー
まぁ、限界がある以上は擬似的な不老・不死という感じかな?

197 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 14:40:16 ID:oTQb/7Ww
本社の暴君とか英雄王とか不老系じゃけんね
じゃけんあのおっぱいはピチピチ!ピチピチです!

198 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 14:53:36 ID:ECHJ76QI
シズオカ駅の重力異常アノマリーの話を見てると
WhirligigだとかSpringboardだとかVortexって単語が頭を過るんだが俺だけかな

199 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 15:39:53 ID:zy0dEmf2
まんまSTALKERから孫引きみたいにだしてきてるから
ムキになったらそのうちでてくるだろうな

200 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 15:57:25 ID:dv5MkwMc
>>197
エターナルロリな愛歌ちゃんだってピチピチだし……!(胸から目をそらす)

201 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 18:28:06 ID:wWEz2BoA
つーかシズオカの元の人は放流宣言を自スレでやっちゃったよ。
何か拡張しようとしても>>199みたいなのが出てくるから仕方ないね。

202 名無しの工員さん :2015/05/20(水) 18:35:46 ID:I.HFsH8I
まあ他の人の手が入りすぎたってのもあるがな
元の人が軌道修正しようにも自説を曲げない人まで出てきてるし




■ したらば のおすすめアイテム ■

サクラクエスト 3巻 (まんがタイムKRコミックス) - Alexandre S. D. Celibidache


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板