したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

仏教大学講座講義集に学ぶ       【 日蓮大聖人の生涯 】

69 美髯公 ◆zkpDymnu/M :2015/10/30(金) 23:33:07

      【身延を選んだ理由】

  日蓮大聖人は、何故身延を選んだのであろうか。恐らくは、この地が日興上人と有縁の地であったという事である。甲斐(山梨県)は日興上人の出身地であり、
 また大聖人の弟子となってから、主に折伏に専心した地域は、この甲斐方面と駿河(静岡県)地方であった。四十九院時代の清厳な日興上人と出会い、
 その後文永六年頃入信した波木井六郎三郎実長の所領が、甲斐国巨摩郡波木井郷で身延山はその一部であった。この様な縁から日興上人は、身延を勧めたと
 考えられる。日興上人が大聖人の案内に立ち、身延へ同行した事は言うまでもない。大聖人は波木井実長の館に一ヶ月程滞在し、その間、身延の西谷の地に間に
 合わせの粗末な庵室を造り、六月十七日にそこに移った。それから約八年四ヶ月に渡って、この身延山中で生活を送ったのである。

 身延での生活は決して安穏なものではなく、人里から遠く離れ、冬は厳しい寒さに見舞われ、道も雪で閉ざされてしまうような僻地であった。食料、衣料等の物資も
 不足しがちで、南条時光や四条金吾、妙法比丘尼等の信徒達も大聖人の身を案じ、能う限りの供養の誠を尽くした。それらの信徒に送った御消息の冒頭には必ず、
 供養の品目、数量、それに対する謝意が記されている。

  そうした身延に於ける大聖人の生活には、南無妙法蓮華経の大生命という宇宙、生命の究極の実体を覚知した御本仏としての、無常のものに流されない確たる姿が
 ある。「聖人知三世事」に「幸いなるかな楽しいかな穢土に於いて喜楽を受くるは但日蓮一人なる而巳」(P.975 ②)とあり、「南条殿御返事」に「其の上此の処は
 人倫を離れたる山中なり、東西南北を去りて里もなし、かかる・いと心細き幽窟なれども教主釈尊の一大事の秘法を霊鷲山にして相伝し・日蓮が肉団の胸中に秘して
 隠し持てり、されば日蓮が胸の間は諸仏入定の処なり、舌の上は転法輪の処・喉は誕生の処・口中は正覚の砌なるべし、かかる不思議なる法華経の行者の住処
 なれば・いかでか霊山浄土に劣るべき、法妙なるが故に人貴し・人貴しが故に所尊しと申すは是なり」(P.1578 ⑨)とあるのは、それを表明したものである。
 またその半面、「今年のけかちにはじめたる山中に木のもとに・このはうちしきたるやうなる・すみか・をもひやらせ給え」(P.1507 ⑧)とあるように、
 身延の厳しい困苦の生活を赤裸々に綴っている。これも大聖人の本有の姿であり、苦楽一体の人間本来の姿を示していると言えよう。

71 美髯公 ◆zkpDymnu/M :2015/11/03(火) 19:53:11


      【文永の役】

  文永十一年(一二七四年)六月に、船の建造を完了した蒙古は、高麗兵五千六百を含めた総勢二万五千六百の日本遠征軍を編成し、十月三日、合浦を進発した。
 五日に対馬の西海岸を襲い、守護代の宗助国以下十数名が討死し、十日には壱岐を侵し、二十日には博多に上陸して来た。日本軍は少弐影助を大将としてこれを
 迎え撃ったが、蒙古軍独特の集団戦法、火薬を用いた新兵器、毒矢等の為に大苦戦を強いられ惨憺たる負け戦であった。ところが、夜になってどういう訳か、
 蒙古軍は船へ引き揚げてしまった。その夜半、大風雨が起こり多くの軍船は海の藻屑となった。その為一万数千の兵が溺死し、蒙古軍は一夜にして壊滅して
 しまった。蒙古軍の敗退が京都に伝えられたのは、十二月六日の事である。蒙古侵攻の有様は、身延の大聖人の許にもいち早く伝えられた。十一月十一日付の
 南条時光への消息に既に対馬、壱岐が襲われた事を記している。「大蒙古国よりよせて候と申せば、申せし事を御用いあらば・いかになんど・あはれなり、皆人の
 当時のいきつしまのやうにならせ給はん事・おもひやり候へば・なみだもとまらず」(P.1509 ⑤)

 結果的に蒙古軍が自滅したとはいえ、遂に他国侵逼難が現実となって現われ、多くの無辜の民が戦渦に巻込まれて死んでいった有り様を大聖人は悲しみ、憂えた。
 と共に他国侵逼という最大の難の根本原因に迷い、平和社会建設の原理である「立正安国論」の教えに目を開こうとしない、愚昧な指導者に対する大聖人の憤りは
 激烈であった。「顕立正意抄」に云く「去ぬる文永五年に蒙古国の牒状渡来する所をば朝に賢人有らば之を怪しむ可し、設い其れを信ぜざるとも去る文永八年九月
 十二日御勘気を蒙りしの時吐く所の強言次の年二月十一日に符号せしむ、情有らん者は之を信ず可し何に況や今年既に彼の国災兵の上二箇国を奪い取る設い
 木石為りと雖も設い禽獣為りと雖も感ず可く驚く可きに偏に只事に非ず天魔の国入って酔えるが如く狂えるが如く嘆く可し哀しむ可し恐る可し厭う可し」
 (P.537 ⑤)

 今後も為政者の間に何の反省の色もなく、民衆を忘れて政争に明け暮れ、究極の「立正」を欠くならば、再度蒙古の侵攻を蒙ざるを得ないとし、もしその様な
 事になれば、「先には・にるべくも・あるべからず、京と鎌倉とは但隠岐・対馬の如くなるべし」(P.1220 ⑰)と指摘されている。再び蒙古の大軍が侵攻して
 来たのは弘安四年(一二八一年)の事であった。之を「弘安の役」という。

72 美髯公 ◆zkpDymnu/M :2015/11/14(土) 20:51:09

      【「撰時抄」述作の意義】

  こうした不安定な社会状況、騒然とした時代背景のもとに「撰時抄」は著わされたのである。時に建治元年(一二七五年)、聖寿五十四歳の時である。
 「日蓮大聖人の御一代の化導は、『立正安国論』に始まり『立正安国論』に終わる」と言われているように、大聖人の実践の基本原理は「立正安国論」で
 あった。さらに「開目抄」に於いて、大聖人自身が末法永遠の救世主たる事を明らかにし、「観心本尊抄」に於いて、末法に弘まるべき法体「一閻浮提
 第一の本尊」を示した。これらに対して、「撰時抄」は一閻浮提第一の本尊の広宣流布を、未来の弟子に託した未来記と言える。いわば末法の時に、
 地涌の菩薩としての使命を担って出現し、広宣流布を目指す信仰人の、実践の在り方を明確にした実践の書と言える。

 大聖人は「撰時抄」に於いて、当時の日本に充満している災に三ありとして念仏、禅、真言の三宗を指摘し破している。だが、その内でも別しては、
 真言宗の破折にその鉾先が向けられていると言える。つまり「立正安国論」では念仏を一凶と断じたが、「撰時抄」では真言宗を他の念仏、禅とは
 似るべくもない大僻見であるとしているのである。佐渡流罪以前、大聖人の破折の鉾先は専ら念仏、禅等に向けられ、以後は主として真言へと変化して
 きている。つまり鎌倉布教時代に於ける「守護国家論」(述作三十八歳、P.36)及び「唱法華題目抄」(同三十九歳、P.1)では、真言宗を天台宗と同等に
 扱っているような趣がある。この事から佐渡流罪以後に於ける真言破折の姿勢を、単に大聖人の内的発展の為であると捉える向きもあるが、建長五年
 (一二五三年)の立宗宣言の時に於ける、四箇の格言の中で真言亡国と、はっきり打ち出している事から考えても、それはまさに大聖人の「時を選取
 しての所破の次第」であったと解すべきである。

73 美髯公 ◆zkpDymnu/M :2015/11/23(月) 14:21:08

  さらに「三沢抄」には「法門の事はさどの国へながされ候いし已前の法門は・ただ仏の爾前の経とをぼしめせ」(P.1489 ⑦)とあるが、日寛上人はここに、
 所破と所顕の二義があるとしている。所破とは佐渡以前に於いては真言を破していないからであり、所顕とは同じく三大秘法の大御本尊を顕わさなかったが故
 であると。それでは何故、佐渡以前に於いては、真言を破折しなかったのであろうか。同じく「三沢抄」に「此の国の国主我が代をも・たもつべくば真言師等
 にも召し合わせ給はんずらむ、爾の時まことの大事をば申すべし、弟子等にもなひなひ申すならばひろうしてかれらしりなんぞ、さらば・よもあわじと・をもひて
 各各にも申さざりしなり」(P.1489 ⑦)とある。この様に大聖人は以前から真言宗を民族、社会を滅亡させる元凶と見なし、公場対決によって理論闘争の決着を
 付けようと考えていた事が分かる。ここに佐渡以前に於いて、敢えて真言を破折しなかった大聖人の真意が明らかである。

 佐渡以後に於いては、専ら真言を破折し、三大秘法の仏法を顕わしたのである。その理由は先に述べた通りであるが、更に付け加えれば、一念三千の実体である
 三大秘法の大御本尊建立に当たって、真言宗が天台家から盗んだ一念三千を、あたかも自宗の教義であるかのように宣揚している玉石混淆の誤りを正し、真実の
 一念三千の法門を世に知らしめんが為であったと考えられる。

 最後に日寛上人の述べた所顕、すなわち三大秘法の大御本尊建立の義から、この「撰時抄」の立場を考えてみたい。大聖人はインド、中国、日本三国に渡る仏教
 史の中で、伝教大師が法華経円頓の戒壇を叡山に建立した事に対して高く評価している。それは「されば伝教大師は、其の功を論ずれば竜樹天親にもこえ天台・
 妙楽にも勝れてをはします聖人なり」(P.264 ⑤)と記している事からも明らかであろう。この様に伝教の戒壇建立を宣揚したのは、翌年の「報恩抄」(P.293)に
 おける三大秘法の開顕、更に「三大秘法禀承抄」(P.1021)における滅後の弟子への戒壇建立の委託等の、一連の所顕の伏線であったと考えられる。つまり、
 「撰時抄」は三大秘法の大御本尊建立のプレリュ-ドを奏でたものと言う事が出来よう。

74 美髯公 ◆zkpDymnu/M :2015/11/28(土) 23:08:10

      【師恩謝徳の書「報恩抄」】

  建治二年(一二七六年)旧師道善房は清澄寺で寂しい生涯を閉じた。その報せが大聖人に入ったのは六月であった。確かに不甲斐のない師匠ではあったが、一度
 師恩を受けた道善房である。その訃報に接した時の胸中を「報恩抄」には「それにつけてもあさましければ彼の人の御死去ときくには火にも入り水にも沈み・
 はしりたちてもゆいて御はかをも・たたいて経をも一巻読誦せんとこそ・おもへども・・・・」(P.323 ⑮)と述べられている。ここには旧師の死去を痛む、一人の
 人間としての大聖人の姿が浮き彫りにされている。本来ならば自分が馳せ参じ、旧師の墓前にて回向したい。しかし、世間の人々は自分の事を遁背の身と思っている
 故、不本意ながら差し控えたと。ここに「報恩抄」の一書をした為、弟子の日向に託し義浄房、浄顕房の許に届けさせたのである。この日向は、大聖人が小松原の
 法難後、房総方面の弘教に努めている折、得度して弟子になったと伝えられている人物である。

 大聖人は建治二年の正月に「清澄寺大衆中」という書を認めて、清澄の同志の人達を教誨しているが、その書は日向が中心となって読み聞かせてあげなさいと、
 言われている。日向が自分の出身地でもある、安房方面の指導的役割を担っていた事が伺われる。義浄房と浄顕房には日向を読み手として、嵩が森の頂上で二、
 三遍また故道善房の墓前で一遍読み、その後はこの日向に預けておいて常に聴聞し修学すべき事を指示されている。当時の清澄寺は、大聖人に強く反発した
 円智房、実成房等の念仏僧も既に死んでおり、他の妙法信仰の人達も自由に出入りが出来たらしい。義浄房等は大聖人の指導通り、故道善房の為に「報恩抄」を
 読誦し、回向を行った。この報告を受け取った大聖人は、大変喜び後年礼状を二人に送っている。「華果成就御書」と呼ばれる書がそれである。
 「さては建治の比・故道善房聖人のために二礼かきつかはし奉り候を嵩が森にてよませ給いて候よし悦び入って候」(P.900 ⑨)

  さて「報恩抄」は、父母・師匠・三宝・国王の四恩報謝の為に著わされた書であるが、別しては師恩謝徳のために記された書である。「報恩抄」には、日蓮
 大聖人が報恩の為に弘通した法華経の実体である本門の三大秘法が顕わされている。本門とは迹門に対する言葉で、仏の本地を説き明かした法門と言う事であり、
 釈尊の場合それは法華経寿量品であった。しかし、日蓮大聖人の本門とは三大秘法の南無妙法蓮華経に外ならない。釈尊は法華経寿量品に於いて、五百塵点劫
 という久遠に菩薩道を行じて成仏した事を説いている。釈尊が、そこで得た法の正体こそ、南無妙法蓮華経なのである。妙楽が「脱は現に在りと雖も具に本種を
 騰す」と述べているように、釈尊やその他の仏菩薩の悟りの核心には必ず南無妙法蓮華経が存在する。

75 美髯公 ◆zkpDymnu/M :2015/12/13(日) 19:42:55

 日蓮大聖人は自身の観心の立場から、法華経の文の背後に秘されている、南無妙法蓮華経を鋭く洞察されたが故に、文底独一本門と称されるのである。
 この文底極一本門の形貌は如何なるものか。それが三大秘法であり、「報恩抄」にはこの三大秘法が整足して説き顕わされている。これは画期的な事で、
 五大部中でも「報恩抄」以外に類を見ない。故に「報恩抄送文」にも「此の文は随分大事の大事どもをかきて候ぞ」(P.330 ⑪)と述べられているのである。
 日寛上人の「報恩抄文段」には、この点について言及し「『大事の大事』とは、凡そ五大部の中に、安国論は佐渡已前にて専ら法然の謗法を破す。故に
 唯これ権実相対して未だ本迹の名言を出さず。況や三大秘法の名言を出さんや。開目抄の中には広く五段の教相を明かし、専ら本迹を判ずと雖も『但本文
 寿量の文底秘沈』と云って、尚未だ三大秘法の名言を明かさず。撰時抄の中には、天台未弘の大法経文の面に顕然なりと判ずと雖も、しかも浄・禅・真の
 三宗を破して、未だ三大秘法の名義を明かさず。然るに今当抄の中に於いて、通じて諸宗の謗法を折伏し、別して真言の狂惑を責破し、正しく本門の三大
 秘法を顕す。これ則ち大事の中の大事なり。故に『大事の大事』というなり。吾が祖はこれを以て即ち師恩報謝に擬したもうなり」と述べている。

  ただし、大聖人が波木井郷に到着して間もなく五月二十四日付で「法華取要抄」を著わされたが、その中に「本門の本尊と戒壇と題目の五字となり」
 (P.336 ②)と、三大秘法の名言が見られる事は注目すべき点である。ともあれ「報恩抄」で顕わされた、三大秘法は日蓮大聖人の仏法の教義で基幹と
 なるものである。「一には日本・乃至一閻浮提・一同に本門の教主釈尊を本尊とすべし、所謂宝塔の内の釈迦多宝・外の諸仏・並に上行等の四菩薩脇士と
 なるべし」(P.328 ⑮)と記されている本門の本尊とは、「開目抄」 「観心本尊抄」で明らかにされた所の本尊である。

 「本尊」とは、端的に言えば人間の主体、幸福を確立する根源の実体であり、根本として尊敬する信仰の対境である。日蓮大聖人は末法全民衆の依り所で
 ある観心の本尊を、弘安二年(一二七九年)十月十二日に建立された。これが一閻浮提総与の大御本尊である。この本尊に「人の本尊」と「法の本尊」が
 あり、ここに「本門の教主釈尊」とあるのが人本尊にあたり、文底独一本門の教主釈尊の義である。すなわち、末法に於いて主師親の三徳を具備されている
 日蓮大聖人の事である。又「法本尊」とは「所謂宝塔の内の釈迦多宝・外の諸仏・並に上行等の四菩薩脇士となるべし」との相貌を具備している大御本尊で
 ある。しかし、その大御本尊は大聖人の生命それ自体であるが故に、人法一箇の大御本尊とも言う。

76 美髯公 ◆zkpDymnu/M :2015/12/15(火) 23:54:51

  次に本門の戒壇とは本門の本尊が安置される場所の義である。戒壇とは、元々僧侶が戒律を持つ事を誓う場の事であった。しかし日蓮大聖人の仏法に於いては、
 特別な戒律を持つ必要はなく、本尊を受持する事が、そのまま戒を持った事に通ずるのである。「教行証御書」に云く「此の法華経の本門の肝心・妙法蓮華経は
 三世の諸仏の万行万善の功徳を集めて五字と為せり、此の五字の内に豈万戒の功徳を納めざらんや、但し此の具足の妙戒は一度持つて後・行者破らんとすれど
 破れず是を金剛宝器戒とや申しけんなんど立つ可し」(P.1282 ⑩)と。また戒壇の戒とは、元来「防非止悪」すなわち非を防ぎ、悪を止める義である。
 末法事の戒は全人類の不孝と悲惨の根源に迫り、生命に内在する非道と根本悪を防止する事にある。従って、一閻浮提総与の大御本尊の前で人類の恒久平和と
 幸福確立を祈願する時、そこが本門の戒壇となるのである。

  第三に本門の題目とは、日蓮大聖人の仏法の修行すなわち観心である。この題目に信と行の題目がある。まず本門の本尊こそ、疑っても疑い得ない究極の
 実体であると信ずる事が題目の根本であり、これが信の題目である。更にその信を根本に、自行化他に亘る題目、即ち自らも人間完成を目指して題目を唱え、
 また他の人々にも菩提心を発させ題目を唱えさせて行く実践が行の題目になる。この信行は不即不離のものである事は言うまでもない。

77 美髯公 ◆zkpDymnu/M :2015/12/16(水) 23:04:17

  この一閻浮提の内に於いて、未曾有の三大秘法の南無妙法蓮華経を弘めるに当たっての大難は、先に見た通りである。それを忍び乗り越えられたのは、
 偏に「一切衆生の異の苦」を全て我が「一人の苦」とされる大聖人の大慈悲の故に外ならない。そこで「日蓮が慈悲曠大ならば南無妙法蓮華経は万年の外・
 未来までながるべし、日本国の一切衆生の盲目をひらける功徳あり、無間地獄の道をふさぎぬ、此の功徳は伝教・天台にも超へ竜樹・迦葉にもすぐれたり、
 極楽百年の修行は穢土の一日の功徳に及ばず、正像二千年の弘通は末法の一時に劣るか」(P.329 ③)と、妙法弘通の功徳が説き明かされる。

 そして濁乱の末法の世界で、妙法を弘通した大聖人の功徳は悉く「故道善房の聖霊の御身に集まるべし」(P.329 ⑭)と、その功を旧師道善房に帰せられた
 のである。ここに師恩報謝が完結する。更に言えば「報恩抄」は、別して師恩報謝のために著わされたが故に、このように結ばれているが、決して大聖人の
 功徳は故師のみに帰するものではない。通じて父母・師匠・国主の恩を挙げられている様に、末法の御本仏として一切衆生に功徳を及ぼし、救って行くとの
 宣言なのである。ここに挙げた文で「日蓮が慈悲曠大ならば南無妙法蓮華経は万年の外・未来までながるべし」と、妙法の広宣流布を明言されている事は
 重要である。しかも、それはあたかも春に花が咲き、秋に果実が実る様に「時のしかしむる」所であり、宇宙生命のリズムは南無妙法蓮華経のリズム
 それ自体である事を闡明にされているのである。

78 美髯公 ◆zkpDymnu/M :2015/12/20(日) 19:48:29

      【熱原法難と出世の本懐】

  日蓮大聖人に変わって、妙法弘通の第一線に立ったのは、日興上人を始めとする各弟子達であった。中でも日興上人の富士方面に於ける活躍は目覚ましく、
 実相寺、四十九院、滝泉寺等の住職が次々と妙法に帰して、更に広く農民の間に妙法が浸透していった。その結果、必然の事として、三障四魔が競い起こって
 きた。特に下方庄熱原郷の天台宗滝泉寺を中心に法難が勃発した。これを「熱原の法難」と言うが、大聖人の出世の本懐である一閻浮提総与の大御本尊建立の、
 機縁となった事件として重要な意味を持っている。

 建治期から大聖人門下に対して、加えられていた迫害が激しくなったのは、弘安二年(一二七九年)に入ってからである。同年九月二十一日、上野房日秀の
 持田の稲刈りに集まった信徒を、滝泉寺の院主代行智等が武装して襲い、二十人を捕えて鎌倉に送ったのである。大聖人は、無実の罪で捕えられた信徒の農民を
 救う為、自ら幕府に抗議する訴状の文案を考えられ、それを日興上人が認めて、日秀等の名で幕府へ提出された。鎌倉で裁きにあたったのは、平左衛門尉頼綱で
 ある。頼綱は妙法の信仰を、捨てようとしない二十人の農民の内、神四郎、弥五郎、弥六郎の三人を斬罪に処したのである。

 この法難は、それまでの迫害が大聖人御自身に対するものであったのに対して、信徒が蒙った弾圧であった事、しかも横暴な権力者の生命に及ぶ難にも、信仰を
 貫き通した点に特徴がある。日蓮大聖人は時の到来を感じて、同年十月十二日に末法万年に渡って、全世界の人々が根本として信仰すべき本門戒壇の大御本尊を
 顕わされたのである。大聖人の仏法の骨格は三大秘法であるが、根本はこの大御本尊に摂せられるのである、従って大聖人の仏法は全人類の救済が目的なのである。
 出世の本懐をとげられた大聖人は、日興上人に仏法の全てを付嘱され、弘安五年(一二八二年)十月十三日、安証として御入滅なされたのである。御年六十一歳で
 あられた。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ハクメイとミコチ 1巻 (ビームコミックス) - 樫木祐人

マキナタで暮らしたい……

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板