したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

仏教大学講座講義集に学ぶ       【 日蓮大聖人の生涯 】

1 美髯公 :2015/05/25(月) 22:33:19

 【仏教大学講座】は
  昭和四十八年は「教学の年」と銘打たれ、学会教学の本格的な振興を図っていく重要な時と言う命題の基に開設された講座です。

 設立趣旨は
  ①日蓮大聖人の教学の学問体系化を図る。
  ②仏法哲理を時代精神まで高めていくための人材育成をする。
  ③現代の人文・自然・生命科学などの広い視野から仏法哲学への正しい認識を深める
  等

 期間は一年、毎週土曜(18:00〜21:15)開座、人員は五十名、会場は創価学会東京文化会館(実際は信濃町の学会別館って同じ所?)

 昭和五十二年度の五期生からは、従来方式から集中研修講義方式に変わり期間は八日間で終了と言う事になる。

  そして、それらの講義を纏めたものがとして「仏教大学講座講義集」として昭和50年から54年に渡って全十冊になって販売されました。
 その中から、御書講義部分を中心に掲載していきたいと思っております。
 個人的には、この昭和48年から昭和52年の間が、一番学会教学の花開いた時機だと思っております。

 なお、よくよく考えた結果、講義担当者名は非転載といたします。
 各講義に於いては、概論・概要でしか講義されておりませんので、あくまでも個々人の勉学の為の一助的な役割しか果たしておりませんので
 その辺りの事を銘記して、各人それぞれ各講義録で精細に学んでいって下さればと思います。
 今回の【 日蓮大聖人の生涯 】は、講義集の第一・二・三集に掲載されております。

3 美髯公 :2015/05/25(月) 22:43:10

  講義に入る前に、本講座の主旨について述べておきたい。
  第一に、日蓮大聖人の思想、精神を正しく理解する為には、その置かれた時代、社会を把握してこそ可能になる。一体、大聖人の生きた時代、社会は如何なる
  状況であったかを明らかにしていきたい。
 
  第二に、「日蓮大聖人の御化導は、立正安国論に始まり、立正安国論に終わる」と言われる様に、大聖人の仏法に於いて「立正」つまり仏法と「安国」
  すなわち社会とは不可分の関係にある。それは大聖人の生き方の中に、一貫して流れているものである。大聖人ほど、現実社会に関わり、民衆と共に
  生き抜かれた宗教者は他に類を見ない、
 と言っても過言ではない。可能な限り大聖人と社会との接点を、浮き彫りにしていきたい。

  第三に、之まで大聖人の思想、精神、人間像について善きに付け悪しきに付け、余りにも極端な捉え方をした為に、還って誤解を与えてしまっている。
  例えば、大聖人を神秘化したり、その思想を国家主義と做したりしている点である。これでは「日蓮を用いぬるともあしくうやまはば国亡ぶべし」(P.919 ⑯)
  と言われている様に、一人の生きた人間としての大聖人像を浮き彫りにしたいと考えている。

5 美髯公 :2015/05/26(火) 22:37:46

      【 大聖人の出生と出身 】

  日蓮大聖人が、御自身の出生の生年について記されているのは、「波木井殿御書」(昭和新定ばんに収録)である。
 その冒頭に、「日蓮は日本国人王八十五代後堀河院の御宇貞応元年壬午安房の国長狭の郡東条郷の生まれ也。仏の滅後二千百七十一年に当たる也」と
 触れられている。また「御伝土代」(日蓮正宗第四祖日道上人が日蓮大聖人、二祖日興上人、三祖日目上人の伝記を記した草案)には「後の堀河の院の御宇、
 貞応元年二月十六日誕生なり」と記されている。これらの文献からも明らかな様に、末法万年を照らし晴らす使命を担った日蓮大聖人は貞応元年(一二二二年)
 二月十六日、安房国(現在の千葉県)長狭郡東条郷の海辺で出生された。大聖人の出身は、貴族の出でも、武士の出でもない。何の財力も権力も名誉もない、
 一介の庶民の中から出て行かれたのである。

  「本尊問答抄」に云く「日蓮は東海道・十五箇国の内・第十二に相当たる安房の国長狭の郡・東条の郷・片海の海女が子なり」(P.370 ⑧)と。
  「善無畏三蔵抄」に云く「東条片海の石中の賤民が子なり威徳なく有徳のものにあらず」(P.883 ⑨)と。
  「佐渡御勘気抄」に云く「日蓮は東夷・東条・安房の国海辺の施陀羅が子なり」(P.891 ⑪)と。
  「佐渡御書」に云く「日蓮今生には貧窮下賤のものと生まれ施陀羅が家より出たり」(P.958 ⑨)と。

 「施陀羅」とは梵語(Candâla)の音写で、屠者、殺者等と訳される。かつてインドではカ-ストと言って、身分を大きく四姓に分類し差別を設けた。(ブラ-フマン=
 司祭、クシャトリャ=王族、バイシャ=農工商の庶民、ス-ドラ=度民)施陀羅はこの四姓より下に置かれ、狩猟、漁労等の殺生、獄卒等を生業としている人達を、
 この枠に収めて不条理な差別を強いたのである。我が国の鎌倉時代には、そうした身分制度があった訳ではないが、大聖人の父三国の太夫が漁師であった事から、
 「施陀羅が子」と譬喩的に言われたのであろう。だが、江戸時代の様に士農工商の下に置かれた穢多の様な、はっきりとした差別を受けなかったにせよ、身分的に
 下層階級であった事は否めない。大聖人が「施陀羅が子」 「賤民が子」とあえて言い切られているのは、謙遜の意味もあるが、大聖人の仏法は何処までも民衆の
 側に立つものである、との宣言とみるべきである。最も虐げられ、犠牲を被って来た無名の庶民を人間の王者へと変革していく仏法 ─ それが大聖人の民衆仏法に、
 他ならないという事である。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

サクラクエスト 3巻 (まんがタイムKRコミックス) - Alexandre S. D. Celibidache


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板