したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

本迹関連の部屋

1 美髯公 :2009/07/18(土) 14:25:22
 「本迹」と一応銘を打ちましたが、「本迹」に限らず「教義一般」も

こちらで、お願いいたします。

話が入り組んでくれば、その時は分割も考えますのでm(__)m

2 沖浦 克治 :2009/07/18(土) 14:30:15
 ここに書かせていただきます。
 内容は私の板に書いたものですので、マルチポストと判断なさるなら削除くださいませ。
 本当は本迹にスレッドが立ってから書きたかったのですが、何方もお立てにならないのでここに書かせていただきます。

 曼荼羅は、虚空会に建った宝塔を書き写したもの。
 御書にあります。

 『爰に日蓮いかなる不思議にてや候らん竜樹天親等天台妙楽等だにも顕し給はざる大曼荼羅を末法二百余年の比はじめて法華弘通のはたじるしとして顕し奉るなり、是全く日蓮が自作にあらず多宝塔中の大牟尼世尊分身の諸仏すりかたぎ(摺形木)たる本尊なり、』
 (日女御前御返事)

 『すりかたぎ』とは、書き写すとの意味ですね、現在の印刷やコピーです。
 お曼荼羅は虚空の宝塔を書き写したもの。ですので、宝塔が本来の姿で本、お曼荼羅は書き写されたもので迹です。
 双方の対比では必然的にこうなります。
 
 では、虚空の宝塔は何を書き写したものか?
 先生のご指導にありますね。

 『この宝塔は、衆生己心の妙法を虚空に写し取ったものですから迹です。
 衆生己心の妙法が本です。』(趣意)

 これではっきり致しました。
 お曼荼羅は、宝塔に対して迹。
 宝塔は、衆生己心の妙法に対して迹。
 ですので、衆生己心の妙法は双方に対して本。
 お曼荼羅は他の二つに対して必ず迹。

 物凄く単純なんですよ。
 所が複雑にして飯食ってた人がいるんです。
 日蓮正宗という宗派のボンさんですよ。
 以下に彼らの邪義を貼っておきます。
 天城さんや、恋さん、その他の眺め人が、この通りの意見を何度も何度も書いていますね。

 【破邪顕正】創価教義検証館 から、抜粋引用。

 池田名誉会長と教学部幹部は、「如来神力品第二十一」における釈尊から地涌の菩薩への付嘱を題材にとって、
仏と九界の衆生との垣根を取り払い、「凡夫でしかない」という従属的な信仰的立場から、
「凡夫こそ仏なのだ」「人間こそが最高に尊貴なのだ」という主体的な信仰への変革こそが法華経の心 であるとしている。
その文証として日蓮大聖人御書全集から『諸法実相抄』の 『凡夫は体の三身にして本仏ぞかし、仏は用の三身にして迹仏なり、
然れば釈迦仏は我れ等衆生のためには主師親の三徳を備へ給うと思ひしに、さにては候はず返って仏に三徳をかふらせ奉るは凡夫なり』(全集P1358)
同じく、『本仏と云うは凡夫なり迹仏と云ふは仏なり』(全集P1359)を、その究極の表現として挙げ、
 「信仰実践者である衆生・凡夫こそ本仏であり、教えを説く仏は衆生の影(迹)の役割となる。
であるから、仏は我等衆生にとって主師親三徳を備えているのではなく、実は我等衆生が主師親三徳を被らせることによって仏を尊貴たらしめているのである。」
 「凡夫こそ本仏。仏は迹仏にすぎない。」
という、まさに「仏法だけでなく、全宗教史上、驚天動地の宣言」であると宣揚している。
 さらに、「絶対者と思われている神仏は、 実は凡夫=人間の影であり、用(働き)であり、人間のための手段にすぎない」として
「人間のための宗教」の大宣言であるとし、「人間が上、仏が下」とする創価学会独自の法義解釈を展開している。

3 沖浦 克治 :2009/07/18(土) 14:31:54

 命の顕れ方です。

 大聖人様の人としてのお姿は迹ですね。
 少し微妙な問題ですが整理いたしましょう。

 『下種最後直授摩頂の本迹 久遠一念元初の妙法を受け頂く事は最極無上の潅頂なり法は本人は迹なり。』
 (百六箇抄)

 『下種寂照実事体用無上の本迹 生仏一如の事の上の本覚の寂照なり人は迹仏は本なり云云。』
 (百六箇抄)

 この御文が本物かどうか?
 ひとまずおきます。
 人として生きる姿は、命の永遠性から見ると、迹です。
 命そのものが己心の妙法で本で仏。
 私はこのように思います。
 ですので、私共も、大聖人様も現世は仮の姿で迹。
 命そのものが本です。

 『故聖霊は此の苦をまぬかれ給いすでに法華経の行者たる日蓮が檀那なり、経に云く「設い大火に入るも火も焼くこと能わず、』
 (上野殿後家尼御返事)

 命そのものは火にも焼けない。
 このように仰せですね。

 方便現涅槃。と言いますが、死ぬ事は方便だと説かれます。
 ですので、生きる事も方便です。
 命が、死んだり生きたりする事自体が命の性質の現われで、本質は更に深いところにある。
 これが仏法です。

 若退若出が命の本性です。

 『生死を見て厭離するを迷と云い始覚と云うなりさて本有の生死と知見するを悟と云い本覚と云うなり、今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る時本有の生死本有の退出と開覚するなり、又云く無も有も生も死も若退も若出も在世も滅後も悉く皆本有常住の振舞なり』
 (御義口伝巻下)

 ですので、大聖人様も私共もこの世は仮の姿です。
 そして、仏と衆生も仮の姿なんですよ。

4 管理人 :2009/07/20(月) 22:19:26
沖浦さん、貴殿はその仮の姿をどう現じていくのでしょうか。
それによって、貴殿が仏にもなれば、四悪趣の衆生にもなる。
この信心は現世で成仏をするための信心であるのは言うまでもありませんが、例えば今が臨終の時であるならば貴殿は健やかに臨終を迎えられるでしょうか。
遣り残していることはないか、明日死んでもいいのか。
それぐらい今日を悔いなく戦ったのか。
ご本尊に申告できる唱題をお互いに心がけて行きましょう。
南無妙法蓮華経、臨終正念。

5 沖浦克治 :2009/07/21(火) 07:35:52
 仮の姿をどう現じて行くのか??

 考えもしませんね。
 明日死んでも、今この瞬間死んでも、思う事は一つだけなんですよ。

 この次も創価で行くぞ!!

6 管理人 :2009/07/21(火) 16:05:32
沖浦さん、すごいですねそれは。
まだお若いです、負けそうです。

7 沖浦克治 :2009/08/01(土) 06:15:01
 信じる宗教や思想、信条の如何を問わず、人を憎めばいくら創価の御本尊様にお題目を唱えても功徳はありません。
 怨嫉謗法を言う大謗法ゆえです。

 『何に法華経を信じ給うとも謗法あらば必ず地獄にをつべし、うるし千ばいに蟹の足一つ入れたらんが如し、』
 (曾谷殿御返事)

 仏敵だとして、人を憎めば怨嫉謗法です。 
 ですので、この御文の通り功徳はありません。
 人を憎んでいるかどうか?
 簡単に見分ける方法があります。
 希望と夢を語るか?
 嫉妬と、恨みを語るか?
 この差を見れば簡単に判明致します。
 
 仏敵は自分の命のなかにある。

 これを知っているか?
 しらないか?

 敵が命の中なら、仏も同じ所にいるのです。
 曼荼羅の中にいるのではありません。

 人が本、仏が迹。
 曼荼羅は迹。
 拝む人が主体で本。

8 造素 ◆9LvDHshvXI :2009/08/02(日) 21:55:19
沖浦様、はじめまして。よろしくお願いいたします。
謗法があれば功徳は無い。おっしゃるとおりです。
怨嫉についてもう少し詳しくご教授いただけますでしょうか。

9 沖浦克治 :2009/08/03(月) 07:16:42
 造素 さん、おはようございます

 怨嫉は、十四謗法の最後の四ッです。
 十四謗法は以下の通りです。

憍慢(きょうまん) - 増上慢と同義。慢心。おごり高ぶり仏法を侮ること。
懈怠(けたい) - 仏道修行を怠ること。
計我(けいが) - 我見と同義。人間我に執着し、自分考えで仏法を判断すること。
浅識(せんしき) - 自身の浅はかな知識によって正法を否定すること。
著欲(じゃくよく) - 欲望に執着して仏法に不信すること。
不解(ふげ) - 仏法を理解しようとせず自己満足すること。
不信(ふしん) - 仏法を信じないこと。
顰蹙(ひんじゅく) - 顔をしかめて仏法を非難すること。
疑惑(ぎわく) - 仏法を疑い惑うこと。
誹謗(ひぼう) - 仏法を謗(そし)り悪口を言うこと。
軽善(きょうぜん) - 仏法の善を信受する者を軽く見る・蔑視すること。
憎善(ぞうぜん) - 仏法の善を信受する者を憎むこと。
嫉善(しつぜん) - 仏法の善を信受する者に嫉妬すること。
恨善(こんぜん) - 仏法を信受する者に対して恨みを抱くこと。

 このうちの十までは御本尊様に自行化他のお題目を唱える事で、チャラになります。
 所が、最後の四種類はいくら創価でがんばっても犯すと罰が出ます。
 ここで注意すべきは、この四種類の但し書きです。

 仏法の善を信受する者を。

 とありますね。 
 私もそう習ってきました。 
 でも、大嘘なんですよ。
 御書にあるでしょう。
 身子(舎利弗の過去世の名前)がバラモンに目をあげて、臭いからいらないと踏み潰されました。
 その時身子は、

 こう言うどうしようもない奴は救わなくてもいい。

 こう、思って菩薩の行をやめたんです。
 それで地獄に堕ちたと説かれます。
 自分が折角目を上げたのに、踏み潰した。
 憎んだんです。
 軽んじたんです。
 恨んだんですよ。
 妬んだかどうか?
 わかりませんね。

 バラモンは正法(仏法)なんかやってませんよね。
 だから、バラモンじゃないですか。
 目をくれと言うから、自分の目を繰り抜いてあげた。
 痛いですよ、麻酔だってありません。
 世界中で、今出来る人10人い無いと思います。
 それを、これは菩薩の修業だから。と実行したんです。
 すると、もらったバラモンは、

 こう言う臭い目はいらない!

 踏み潰したんです。 
 これ、普通許せますか?
 この話聞いて、それは身子がいけない。と思いますか?
 私は思えません。
 所が、大聖人様は、それが退転だ。と、仰せです。
 仏法はね、修業する側には物凄く厳しい教えなんです。
 救われる側には物凄く甘いんです。
 開目抄のこの御文は、私には、

 一切衆生が本来仏だから、誰でも彼でも、憎んだり、恨んだり、軽蔑したり、嫉妬すれば、即、怨嫉謗法なんだよ。

 と、大聖人様がご指南だと思えます。
 一昨年、気が付きました。
 それまで45年ほど、気付かないでいたんです。
 法華講の方々との、法論と、3度の質問会でお教えいただきました。
 ですので、法華講の方々には感謝申しております。
 開目抄です。

 『身子が六十劫の菩薩の行を退せし乞眼の婆羅門の責を堪えざるゆへ』

10 管理人 :2009/08/03(月) 18:50:12
沖浦さん、大変勉強になる貴重な体験を書き込んでくださり感謝します。
そうですよね、人は人の中でしか成長することはできない。
現実の世界が本当の仏道修行の場であります、NETがその現実における修行の掛け橋になれればこれほど有益な手段はないと確信しております。
沖浦さんにはその率先の一人になって頂いて、これからのNET界を変えて頂きたいと思います。
わたくしも微力ながら、後に続いて行きたいと決意しております。
貴重な体験をありがとうございます。

11 沖浦克治 :2009/08/03(月) 22:51:08
 管理人さん

 ネットは布教の有効な武器になると存じます。
 然しながら、現在、ネットの創価を名乗る人の大半がレベルが低すぎます。
 現実社会で頑張ってこそのネットです。
 それが、眺め人は反対なのですね。

 お互い頑張りましょうよね。

12 造素 ◆FuMfqbppQY :2009/08/04(火) 00:18:57
沖浦様。ご丁寧にありがとうございました。
早朝からスラスラとご解説すばらしいですね。
知識が身についていないと出来ない事ですね。
眺め人らが本棚をひっくり返して書物を散らかして
あーでもないこーでもないといいながら
書き込みするのと大違いですね。

13 沖浦克治 :2009/08/04(火) 05:40:31
 造素 さん、おはようございます

 御書は一編を深く読むことが大切何です。
 丸暗記するまで読みふける。
 寺子屋教育と同じなんです。 
 生徒にテキストを丸暗記させるのです。

 音楽と同じです。
 オリジナルを作りたがるアマチュアはトップには昇れません。
 面白い事に、個性が出ません。

 言葉と同様ですね。
 日本語発明した人いませんでしょう。
 私共は言葉を覚える時、徹底した模倣から入ります。
 赤ちゃんと、幼児期です。
 でも、いつの間にか、隣の部屋で一言聞いただけで、今誰が喋っているってわかるじゃないですか。
 徹底した模倣が、本物のオリジナルの基礎なんです。

 ルイ・アームストロングという、トランペット奏者がいました。
 一世を風靡された方でした。 
 彼が田舎から出て、プロになるべく出発する時、心に秘めた言葉がありました。
 トランペットの先生に教わった言葉です。

 基本を学びそれから外れろ。
 自分以外の誰をも目指すな。
 
 御書も同じなんです。
 読んで読んで読みふけって、その上で現実社会で戦って、同苦して、初めて読めます。
 私も少しだけ読めるようになりました。
 眺めててもわかりません。

14 佐藤義徳 ◆TxJTOsA7Go :2009/08/10(月) 22:46:50
こんばんは。佐藤です。

宇宙の森羅万象すべてが、衆生を取り巻く全ての環境が衣報でもあるが、妙法であり御本尊でもあります。 肉眼で見ることができます。曼陀羅も同じく肉眼で見ることができます。

衆生己心の妙法も御本尊であり正報にも例えられます。
勿論、肉眼で見ることができません。

日本古来では、主にアイヌ民族が先住民族であると、政府は認め始めています。
アイヌ民族の前身は縄文人であり、日本人の祖先なのです。

大陸からの北方系渡来人とは違いますが、どちらも日本人であることは間違いありません。

アイヌ民族は人間を取り巻く環境全てに感謝をし、【本】と捉え、祈りを捧げてきました。
衆生の生命には神は内在しないという考え方です。
これを一応は、多神教、偶像崇拝、宗門曼陀羅崇拝と類似しています。

原理主義、外道信仰とも言います。

私たち衆生己心の妙法そのものが御本尊です。
肉眼では見えませんが、正報にも例えられます、衆生己心の妙法【本】の仏界を喩現させるには、お題目をあげることです。
これを内道信仰と言います。

日蓮正宗の原理主義、外道信仰との違いを、スタンスの違いを明確にしなければならないと考えられます。

15 沖浦克治 :2009/08/15(土) 06:38:34
 本迹を,最も世間で納得を得られる捉え方は、目的が本、手段が迹。でしょう。

 何のため、の、何が本、ためが迹。
 一言の中に本迹があります。
 そして、分割は不可能です。
 セットですね。

 行為と、目的です。
 目的があっても、行為がないと達成は不可能ですし、目的がなければ正しい行為は起こせません。
 衆生救済。という目的があって、はじめて菩薩の行が可能です。
 衆生が本で、菩薩は迹ですが、菩薩の中だけでは、四弘誓願と言う誓いが本、そのための行動が迹。
 然しながら、行動にも本迹があります。
 誓願にそった行動が本、外れた行動が迹。
 本迹はいくらでも細かく判定可能です。

 仏法と衆生では、衆生のための仏法ですから、人が本、仏法全体が迹ですね。
 仏は仏法の中に含まれますので、

 仏が迹、衆生が本。
 衆生のみにかぎると、本来は仏様ですので、仏としての立場が本、人としての立場は迹になります。
 人は本来仏様ですので、自身の命が全て備えた仏であり、三大秘法も全て自身に備わったものだ。
 こう決める事が本覚です。
 虚空会とか、御本尊様はその説明です。
 これが、仏法の基本原則です。
 これを外すと、外道になります。

 『但し妙法蓮華経と唱へ持つと云うとも若し己心の外に法ありと思はば全く妙法にあらず・法なり、・法は今経にあらず今経にあらざれば方便なり権門なり、方便権門の教ならば成仏の直道にあらず成仏の直道にあらざれば多生曠劫の修行を経て成仏すべきにあらざる故に一生成仏叶いがたし、故に妙法と唱へ蓮華と読まん時は我が一念を指して妙法蓮華経と名くるぞと深く信心を発すべきなり。』
 (一生成仏抄)

 素直に拝すれば簡単に理解が出来ますね。
 所が、複雑に読む職種の人がいます。
 日蓮正宗の僧侶と言う生業の方です。
 この人たちは、一切衆生と仏を別次元にし、その次元の狭間で受け渡しをすることがご商売です。

 イタコですね。
 霊界と現世の橋渡し役です。
 仏法では霊界はありません。
 若退若出が命の本質です。

 『又云く無も有も生も死も若退も若出も在世も滅後も悉く皆本有常住の振舞なり、』
 (御義口伝巻下)

 イタコは不要です。
 同じく、凡夫のことを人間と言い、仏が本来で衆生が仮の姿。
 これが仏法ですから、ご本仏様と、法と、お曼荼羅があれば、誰でも成仏可能です。
 すると、僧侶は不要になります。
 指導者は必要ですが、僧侶と言う職業にはこだわる必要がありません。
 過たず方向を示せるコーチングが必要ですが、仏法は現実社会で開く教えなので、在家しかいりません。
 出家は不要です。

 曼荼羅至上主義の眺め人は、出家待望論ですね。
 邪義です。

 サ〜〜、眺め人はどう言い返すかな〜〜??
 とにかく私が何か言うか、現世でアクションを起こすと、何が何でも難癖つけないと、ネットで住み場所なくなる人たちです。
 反沖浦グループ。
 ネットの眺め人ですね。
 屁理屈楽しみにして待っていましょうね。
 笑ってあげましょう。

16 管理人 :2009/08/17(月) 18:49:53
佐藤義徳さんこんばんは。

もうすでに明白ですね、創価学会は今もなお広宣流布し続けておりますが、宗門は衰退の一途をたどっております。
結果の伴わない宗教など邪宗と言えるでしょう。

17 管理人 :2009/08/17(月) 18:57:43
沖浦さん、こんばんは。

わたくしはこの掲示板を開設するにあたり、もろもろの掲示板管理者に開設のご案内メールをしております。
でもいまだにこられない所を見ますと情けなくなります。
NETでしか批判できない日蓮仏法を下げる輩がこの世界には蔓延しているようです。
どうか、現実の世界で戦わせてさしあげましょう。
それが慈悲というものです。

18 沖浦克治 :2009/08/17(月) 21:33:20
 管理人さん

 たまには私の板にもどうぞ。

 お互いに現実社会で勝利いたしましょうね。

19 管理人 :2009/08/31(月) 11:15:54
沖浦さん有難うございます。

お気持ちだけ受け取っておきたいと思いますので、お互いに現実で戦って参りましょう。

20 taka :2009/11/11(水) 16:16:27
沖浦克治さん
本迹論について教えてください。
私の「本迹」の認識は、
①、本地と垂迹
②、本門と迹門   の二つと認識していますが、沖浦さんは、この二つから展開されていると理解しても良いのですか?

21 美髯公 :2009/11/12(木) 15:35:28
 おや、「幸」の常連のtakaさん?

おはつでんなァv(^^、こないな辺境な板まで巡回されておますのか?

今後とも、この板盛り上げてやってな。よろしゅうに

23 taka :2009/11/12(木) 19:57:07
沖浦克治さん
本迹論について教えてください。
私の「本迹」の認識は、
①、本地と垂迹
②、本門と迹門   の二つと認識していますが、沖浦さんは、この二つから展開されていると理解しても良いのですか?

24 美髯公 :2009/11/13(金) 12:34:26
 >>22
 おはつでおます。無名人はんm(__)m

チクッと、お尋ねいたしますが この >>22 っちゅうのはミスリでっか?

それとも、ワザと、でしゃろか?ミスリなら管理人はんに削除要請を

出そうか思っとりますよってに。どないなんでしょ?

25 無名人 :2009/11/13(金) 17:52:11
ごめんなさい。ミスです。

26 taka :2009/11/13(金) 17:58:07
美髯公さん
沖浦さんをここに呼んでくださいませんか。

27 美髯公 :2009/11/14(土) 11:04:10
 というこで・・・・・と思ってたら、早ァ〜削除されとりますがなァ(^^;

手際よい処置、お手数かけよりましたm(__)m

 >>26
 おはようさんです、takaさんm(__)m

ヘッ!(゚o゚; なして、そうなりますねん(^^;ゞ

と言う、弄りは止めときまっさ(笑

一応、メ−ルは打っておきましたが、条件は「手隙な時」と

入れておりますよってに、焦らず気長に待ちまひょ。ねv(-_^

28 taka :2009/11/14(土) 18:01:37
ありがとう

29 沖浦克治 :2009/11/15(日) 21:44:49
 takaさん

 やって来ましたよ。
 本門と迹門は私は意識していませんね。

 どっちが目的に適うか?
 どっちが手段か?
 こう言うたてわけが主ですね。

30 taka :2009/11/16(月) 01:59:40
沖浦克治さん
私の拙い教学力での質問ですが。
目的が本、手段が迹。とのことですが、世界平和が本、広宣流布が迹でいいのでしょうか。

31 沖浦克治 :2009/11/16(月) 06:42:47
 広宣流布は民衆救済が目的ですね。
 世界平和はそのための必須条件です。
 すると、広宣流布の中に含まれます。
 ですので、広宣流布が本で世界平和が迹となります。
 然しながらこれは立場と見かたで反対になりえます。
 平和が欲しくて信心する国民が多数いれば、そこでは平和が本で広宣流布は迹になります。
 法華経の本迹は絶対的な真理での優劣です。
 多くの人はこの本迹に惑わされています。
 真理は価値ではございません。
 認識の対象です。
 牧口先生は真理を価値から外されて、利益を入れられました。
 どっちが利を生むか?
 創価の価値観ですね。
 すると、爾前経で救われる衆生がいるなら、その衆生はその教えが本です。 
 後の教えは全て迹です。
 ニュートン力学より、相対性理論が真理として優れます。
 然し私共の生活はニュートンで問題ありません。
 ですので、相対性理論は真理として優れていても、一般化致しませんね。
 同じ理屈です。

32 taka :2009/11/16(月) 14:10:29
沖浦克治さん ありがとうございます。
広宣流布と世界平和の、本迹の関係理解できます。つまり、「必要条件」「十分条件」「必要十分条件」という考え方がありますが、その考え方でいいのでしょうか?

それから「法華経の本迹は絶対的な真理の優劣です」と言われるのはどういう意味でしょうか?
是非教えてください。

33 沖浦克治 :2009/11/16(月) 17:25:00
 taka さん
 爾前経では、釈迦は弟子達に言うんです。
 お前達とはこのインドではじめて会ったんだ。
 そして今化導をしている。
 それが、法華経迹門では、三千塵点劫と言う大昔に、お前達と私は一緒に修業したんだ。
 その縁で自分はインドに生まれて仏になった。
 そしてお前達を化導している。
 と、過去世からの弟子達との関係を明かしました。
 本門では、それを否定して、自分はインドに生まれる前から仏だったんだ。
 五百塵点劫と言う物凄い昔に実は仏になった。
 その後あらゆる娑婆世界で説法教化してきた。
 その時お前達もズート教えて来たんだよ。
 と、自分がインドで仏になったんではなくて、遥か以前から仏だったと明かすんです。
 始成正覚を破るといいます。
 始めてインドで正覚(正しい悟りで成仏を示します)を得た。と言う立場を破ったんです。
 それまでは、インド応誕の釈尊と言って、インドで生まれてインドで修業をして、インドで仏になった釈迦。
 ところが本門寿量品では、インドに生まれる遥か昔から仏だった。
 すると、16歳で出家して、30歳で明の明星が光る瞬間悟りを開いて成仏したのは一体なんだろうy?
 こうなりますね。
 だって、インドに生まれる以前から仏だったんですから、30以前も当然仏じゃないですか。
 でも、30歳以前と以後では全く違う立場なんです。
 現実にはそうなんですよ。
 以前は法は説けません。
 以後は仏法を説きます。
 この差は何か?
 30歳で思い出したんです。
 悟りは、俺は元々仏だったんだ。ですね。
 すると、一切衆生も忘れているだけじゃないなのかな?
 と言う可能性が出ます。
 でも、釈迦はここまでなんです。
 その後は大聖人様の法になります。
 ここまでおわかりいただけましたでしょうか?

34 taka :2009/11/16(月) 17:51:50
沖浦克治さん
解ります。何度も、教学試験で勉強してきました。
つまり、「如我等無異」をおっしゃりたいのですね?

35 沖浦克治 :2009/11/16(月) 21:51:31
 takaさん、今晩は

 如我等無異ですね。
 元々人は仏様で大聖人様と何一つ変わりがないのです。
 ですが、借りにこの世ではさまざまな姿と境涯を現じています。
 こう言うと、元々仏なら、仏道修行はいらない。と、文句を言う人が必ずいます。
 人は人として生まれますが、キチンと人間社会で育たないと人にはなりません。 
 同じくチンパンジーを人間と同じ環境で育てても、人にはなりません。 
 元が猿ですから。
 人が成仏すると言うことは、元が仏だからです。
 御書には、日蓮が弟子檀那等。と書かれてあります。
 日蓮だけで言い場面でもしばしば出ますね。
 仏様の慈悲、如我等無異が顕れたお言葉です。

36 taka :2009/11/17(火) 11:05:32
沖浦克治さん
「人」と「仏」が、「如我等無異」であることを「本迹」で理解するのは、少し無理があるのでは?
私は、「人」と「仏」が、ともに「本地」は同じで、この地に「垂迹」したと解釈していますがいかがでしょうか?

37 沖浦克治 :2009/11/17(火) 17:17:00
 takaさん

 仏と衆生の本迹は一つではないのです。

 『下種寂照実事体用無上の本迹 生仏一如の事の上の本覚の寂照なり人は迹仏は本なり云云。』
 (百六箇抄)

 『本とは凡夫なり、末とは仏なり、究竟とは生仏一如なり、生仏一如の如の体は所謂南無妙法蓮華経是なり云云。』
 (御講聞書)

 最初の御文は、人は迹で本は仏。
 後のものは、反対ですね。
 どうしてでしょうか?

38 taka :2009/11/17(火) 23:56:01
沖浦克治さん
 『下種寂照実事体用無上の本迹 生仏一如の事の上の本覚の寂照なり人は迹仏は本なり云云。』 (百六箇抄)

下種…下種仏法
寂照…悟りの境地
実事…真実
体用…体は法の本体、実相。用は、体にそなわる働き。
無上…最高・最上
生仏一如…「生」は迷いの衆生、「仏」は悟りを得た仏陀の事、「一如」は全く等しく差別がないこと。
事…事相・事法のこと。理に対する語。
本覚…本仏の正覚

通解;下種仏法における真実無上の悟りの本迹は、事の上での生仏一如であるという悟りである。それは「本地は仏」であり、「垂迹は人」である。

『本とは凡夫なり、末とは仏なり、究竟とは生仏一如なり、生仏一如の如の体は所謂南無妙法蓮華経是なり云云。』
 (御講聞書)

本末究竟等のこと。相・性・体は凡夫の姿であるが、南無妙法蓮華経の実践により、用である、力・作・因・縁・果は仏になる。

すみません、日ごろ馴染のない御書なので、かなり、己義を交えてしまいました。教えてください。

39 無名人 :2009/11/18(水) 11:54:55
沖浦克治さん
 最初の御文は、人は迹で本は仏。
 後のものは、反対ですね。
 どうしてでしょうか?・・・・・・・

「私の己義」をあえて言わせてもらえば、この2文に矛盾はないと思います。
「法性の淵底・玄宗の極地」が地涌の菩薩の住所であり、目指すは、「九識心王真如の都「です。
御本仏日蓮大聖人が凡夫の姿でこの娑婆世界にお生まれになり(本迹)、我々弟子とともに目的地まで進んでいく(本末)。
だけれど、勿体ないことですけれども、この世に、「仏・菩薩」が存在しなければ、「悩める衆生」は、成仏しない、又「悩める衆生」がいなければ、「仏」の存在意義がない。まさしく、「仏の使命は、衆生救済にある」と。沖浦さんは、仰りたいのだと思うのですが、いかがでしょうか?
私も、そう考えます。

40 沖浦克治 :2009/11/18(水) 23:05:16
 人と生まれるのは仮の姿で、本地は仏だ。
 こう、考えると人が迹仏が本。
 ですね。

 然しながら、仏は人の幸福のために法とを説きに出現する。
 この捉え方では人が本、仏が迹です。

 捉える側のスタンスの相違です。
 ですから、どっちでも正解でしょう。
 要するに、

 一切衆生の本地は仏で、あらゆる仏達はそれを気付かせる為に出現し法を説く。

 これをキチンと理解すればいいのだ思います。

41 taka :2009/11/19(木) 21:23:18
沖浦克治さん
ここまでは、分かったような気がします。
ここでは、「仏」と「人」の二つに分けての本迹ですが、「仏」にも、優劣といいますか、上下はないのでしょうか?
もちろん、「人」にもですが?

42 沖浦克治 :2009/11/20(金) 07:15:54
あると思いますよ。
 あくまでも現象面ですが。
 どの仏も全て南無妙法蓮華経如来ですね、本地は。
 私共も同じです。
 本地は差別が全くありません。
 然し現実社会では差別があるでしょう。
 お金持ちだったり、貧乏だったり。
 持てる人持てない人。
 天才と鈍才。
 一杯あります。
 でも、これは世間と言う所での仮の姿ですね。
 経文にはとあります。
 方便で死ぬ、ですから生きるのも方便です。 
 生死不二が仏法ですから。
 ですので、この世の姿は全て方便です。
 生きても方便死んでも方便。
 本地は南無妙法蓮華経如来。
 この世の姿がそのそれぞれの命の垂迹。

 優劣も上下もあっていいんじゃないでしょうか?
 
 『久遠自受用報身の本迹 男は本女は迹知り難き勝劣なり。能く能く伝流口決す可き者なり。』
 (百六箇抄)

 この御文をお互いに思索致しませんか?

43 沖浦克治 :2009/11/20(金) 07:17:35
 抜けていました。

 経文にはとあります。〜経文には方便現涅槃とあります。

44 taka :2009/11/20(金) 19:36:05
『久遠自受用報身の本迹 男は本女は迹知り難き勝劣なり。能く能く伝流口決す可き者なり。』
 (百六箇抄)

久遠自受用報身の本迹…本地自受用報身の垂迹上行菩薩の再誕・本門の大師日蓮=日蓮大聖人
男は本女は迹知り難き勝劣なり…勝劣などあってはならない
能く能く伝流口決す可き者なり…伝えていきなさい。

通解;我々大聖人門下は、男女の差別、勝劣は一切ないということを、伝えていきなさい。(迷約)

申し訳ありません。「百六箇抄」に関しては、全然参考書もなければ、先生の指導も私の周りには見当たりません。ゆえに沖浦さんとの対話が成り立たないのではないかと思われます。よろしく御賢察ください。

45 沖浦克治 :2009/11/20(金) 22:44:37
 この御文は、男が本で女が迹だと言われているのではないでしょうか?
 然しながら、勝劣は知りがたい。
 若しくは非常に知る事が困難だ。と、仰せでないかとおもうのです。
 同じく男女の立場の同位性を説かれた御文があります。

 『末法にして妙法蓮華経の五字を弘めん者は男女はきらふべからず、皆地涌の菩薩の出現に非ずんば唱へがたき題目なり、』
 (諸法実相抄)

 ここでは男女差別を否定なされておられますね。
 すると本迹が勝劣とイコールでないと考えられませんか?

46 taka :2009/11/21(土) 10:34:07
沖浦克治さん
「男が本で女が迹」が解りません。詳しく教えてください。

47 大河 :2009/11/21(土) 14:07:59
横レス失礼します。 >>46 takaさん

昔、大白蓮華に「百六箇抄講義」が掲載されていたことを、某板、某HN氏の書き込みで
読みました。さて、本になっているのでしょうか?
本があるといいですね。

池田先生の御義口伝講義に少しだけ記載されています。
takaさんは、ホームにしている掲示板上で御義口伝講義を所持と書かれておりましたね。

ですから、詳細に書く必要はありませんので、該当箇所だけ書きます。

「また、これは甚深の法門になるが、日蓮大聖人も、釈尊も男であり、天台、伝教も男である。創価学会会長も男であり、経文の「福徳智慧」の定義に照らしても、
又「百六箇抄」の「男は本・女は迹・知り難き勝劣なり」との御相伝を拝しても
それは当然の道理である。」


尚、場所は、「普門品五箇の大事・第四・二求両願の事」

多少ご参考にしていただければ幸いです。

48 taka :2009/11/21(土) 17:05:45
大河さん   ありがとう

49 taka :2009/11/21(土) 22:04:45
沖浦克治さん
大河さんのアドバイスで、今勉強中。
「勝劣」でないことは、分かりますが。「本迹」が理解できそうで頭の中で整理できません。

50 taka :2009/11/22(日) 18:23:52
沖浦克治さん
分かったような気がします。間違いを、恐れずに申しますと、”男””女”を固定的に考えるから分からないのであって、”男的個性(性質、役目)”女的個性(性質、役目)”と解釈すれば、「本迹」が理解できるのですが、いかがでしょうか。

51 大河 :2009/11/22(日) 19:33:14
>>50

>男的個性(性質、役目)”女的個性(性質、役目)

先生の著書で読んだ記憶があります(これは確実で出典は出せます)

永遠の生命のうえで、来世に「男」に生まれるも、「女」に生まれるのも
あり得る、どちらの可能性もある、と、書いてありました。
何かヒントがありそうですね。

ただ、私は、「本迹」は勝劣であることを、疑いません。
男は本、女は迹、これについて
今、100パーセント解らなくても、必ず理解できる時が来ると
信じていますので。

でも、研鑽、探求することは素晴らしいと思います。

52 沖浦克治 :2009/11/22(日) 20:18:36
男か女かは命の本質ではありませんね。
 今の世で男でも、次はわかりません。
 ですので、その差別は方便ですね。
 ですから、本迹と勝劣、共にこの世の方便です。

 男が優れ、女が劣る。

 これは仏法ではないでしょうね。

53 大河 :2009/11/23(月) 09:27:53
takaさん

『久遠自受用報身の本迹 男は本女は迹知り難き勝劣なり。能く能く伝流口決す可き者なり。』
 (百六箇抄)

については、「勇気・前進♪♪今日より明日へ」掲示板http://jbbs.livedoor.jp/study/9219/

鬼さんが、「解からない事聞きましょう」スレッドで、今夜にも書いて下さるらしいです。
注目ですね。

それから、「幸の架け橋」掲示板の「麦の信行学」スレッドでも、白麦さんが
ご自分の「考察」形式で、書いています。なかなか、内容が濃く、読み応えが
あり、今回の「命題」も、早くも取り上げています。
参考になると思います。


それからですね、昨年来、沖浦氏の「己義」が問題になったのは
「衆生己心の妙法が本・曼荼羅が迹」を、執拗に主張し、今でも主張していますが
これは明確に「邪義」であることは、多くの人が破折し尽くし、その頂点は

http://www2.ezbbs.net/33/amagian/
天城五兵衛氏の、統一された論文です。
一読の価値あります。

54 taka :2009/11/23(月) 12:36:39
沖浦克治さん、大河さん
私は、「勝劣」と「優劣」を混同していたように思われます。
男女の「本迹」に勝劣はあるけれども、男女の「優劣」はない。
いかがでしょうか。

55 大河 :2009/11/23(月) 15:49:23
>>54 takaさん

唯一の手掛かりは、先日紹介しました「御義口伝講義・普門品五箇の大事・第四二求両願の事」だけです。

あらためて熟読してみました。そして整理してみました。takaさんは所持されているので
簡略化しておきます。

「求女とは世間の果報」・・・・女の子を産みたいというのは「世間の果報」を求める心である

世間の果報とは、女性は現在自分が置かれている立場での、安穏な幸せを求める。
保守であり、消極性であり、受け身である。(多くの女性は当てはまりますね)

求男とは出世の果報・・・・経文に「福徳智慧」とあるごとく、男は、智慧と福運を
もって未来を切り開いていく逞しい力が無くてはいけない。

出世とは、自分一個でなく、対社会であり、狭い枠を打ち破って前進していく
積極性と考えられる。

「求女の徳」・・・現世安穏、現実生活の幸福

「求男の徳」・・・後生善処、すなわち福運と智慧をもって、いかなる事態をも
悠々と乗り越えていく力、永遠の幸福境涯、

この「求男の徳」は、創価学会の女性会員も、当たり前のこととして確信を掴んでいますよね。勿論、男性会員も当然ですが。

でも、日蓮仏法を知らない、男性は「求男の徳」は、ありませんね、一般的には。

もちろん、日蓮仏法を知らなくても、「求男の徳」を有している立派な方は、
たくさんおりまして、特に先生と対話をされている世界の識者(男女共)などは
仏法を知らずとも、自然に価値観を同じくしています。

「求男の徳」と「求女の徳」との対比であれば、「勝劣」は認められそうですね。
何故ならば、この仏法を創価学会の中で学び、多くの女性が確かなる価値観「求男の徳」
を得ているわけです。それまでは、低い劣った価値観(思想)で生きていたわけですから。

大聖人の仏法が、法門上、最高だからであって、
「久遠自受用報身の本迹」と、ありますね、このへんは、ポイントかなと思いますが
今は確かなことは書けませんが。

「求男の徳」という点では、既に、創価学会員の男女では男女差は無く、むしろあるとすれば
「個人差」ですね。

56 沖浦克治 :2009/11/23(月) 20:13:00
 勝劣と、優劣はほとんど同じ意味じゃないでしょうか。

 takaさん

57 沖浦克治 :2009/11/24(火) 08:29:30
 本迹を整理しておきましょうね。
 
 先ず、ここにAさんと言う衆生がおられる。
 この人は、仮の姿で人間で凡夫なんです。
 では、この世で悩み苦しみながら生きているこのAさんの、本当の姿、本地って言うのは一体なんだろう?
 ソクラテスの言う、汝自身を知れ。
 の、汝自身が本地ですね。
 池田先生が、今月号の大白蓮華御義口伝講義で明快にお答えです。

 『汝自身とは、一念三千の当体、尊極無上の仏の生命なのです』

 はっきりしているでしょう。
 Aさんの本地は久遠元初からの仏です。
 御書にもあります。

 『第四 如来如実知見三界之相無有生死の事
 御義口伝に云く如来とは三界の衆生なり此の衆生を寿量品の眼開けてみれば十界本有と実の如く知見せり、』
 (御義口伝巻下)

 書いてありますよ、これを信受するだけでいいんです。
 これも、先生のご講義に書かれてあります。
 ところが、これを信受されると困る人がいます。
 僧侶と言う職種の人ですね。

 いいや、これは大聖人様だけなんだ。
 他の人間は違う。

 そうして置かないと、自分達の優位性は崩れます。
 日蓮正宗と言うところがそれで、寛師と言う人が始めた邪義です。
 ところが、御書にはそうは書かれていません。

 『所詮此の如来とは一切衆生の事なり既に諸法実相の仏なるが故なり、』
 (御講聞書)

 この通りですね。
 先生がそう仰せで、御書にもその様に書かれてある。
 信受すればいいのです。

 そうすると、Aさんは垂迹で人なんですよね、現世では、
 本地とは本の事で、仏。
 迹は垂迹で、人。
 御書にもそう書かれています。

 『下種寂照実事体用無上の本迹 生仏一如の事の上の本覚の寂照なり人は迹仏は本なり云云。』
 (百六箇抄)

 大聖人様の文底下種から見れば、衆生と仏が一如(不二)の立場では、人としての姿が垂迹で、久遠からの仏である事が本地で本。
 このように仰せです。

59 taka :2009/11/24(火) 18:30:13
沖浦克治さん
理解できます。
「勝劣と、優劣はほとんど同じ意味」を、詳しくお願いします。

60 沖浦克治 :2009/11/24(火) 19:24:57
 勝とは、優れるの意味を含むでしょう。

 優とは、勝るの意味を含みますね。

 ですから、そんなに違いは無いと思うのです。

61 沖浦克治 :2009/11/24(火) 19:27:08
 takaさん、今からお題目の時間ですので、又後ほど。

62 沖浦克治 :2009/11/24(火) 21:06:12
 今度は、仏と衆生の本迹を考えます。
 個人としての本迹は、本地が仏で、垂迹が人間。
 娑婆世界は、この垂迹の人間が集まる世界ですね。
 そして当然自分が仏である事は忘れ去っています。
 だから不幸が起こります。
 救済のために仏が出現して法を説き広めます。
 この法を説く仏も、救われるべき衆生も、本地は全く同じ仏です。
 仏は自分が仏と悟っている、衆生は忘れていて迷いの状態。

 『総じて一代の聖教は一人の法なれば我が身の本体を能く能く知る可し之を悟るを仏と云い之に迷うは衆生なり此れは華厳経の文の意なり、』
 (三世諸仏総勘文教相廃立)

 この通りです。
 すると本地は同じですが、現実の姿は異なります。
 仏は衆生のために出現しますから、救済されるべき衆生が目的で本。
 救済する側の仏は迹。
 こうなります。
 現代語で言えば、人間のための法ですから、人が本で、法が迹。
 法とは仏法全部ですから、仏も、お曼荼羅も当然迹に含まれます。

63 taka :2009/11/25(水) 15:19:32
沖浦克治 さんが言われているのは、「本迹一致説」ではないですよね?
「本門」と「迹門」には勝劣があります。これは間違いない。
「本地」と「垂迹」には勝劣はあるのでしょうか?
「本地・垂迹」は同一人ですよね?
同一人だから、勝劣はないと思われますがいかがでしょうか?
「発迹顕本」はどう解釈されますか?
すみません、何となく理解できてるようなのですが、「もやもや」しています

64 沖浦克治 :2009/11/25(水) 17:21:19
 takaさん

 少し難しく考えすぎでしょう。
 同一人物での勝劣は常にあります。
 今日は1時間唱題するぞ! 
 で30分で終われば負け。
 やれば勝ち。
 全てに勝劣はあります。
 発迹顕本は本地を顕すですが、本地が優れ、垂迹は劣るでいいんじゃないですか。

65 taka :2009/11/26(木) 13:05:46
沖浦克治 さん  理解できました。 次の、
 「仏は衆生のために出現しますから、救済されるべき衆生が目的で本。
 救済する側の仏は迹。
 こうなります。
 現代語で言えば、人間のための法ですから、人が本で、法が迹。
 法とは仏法全部ですから、仏も、お曼荼羅も当然迹に含まれます。」を、
詳しく、教えてください。

66 taka :2009/11/26(木) 18:45:29
沖浦克治さん
 『総じて一代の聖教は一人の法なれば我が身の本体を能く能く知る可し之を悟るを仏と云い之に迷うは衆生なり此れは華厳経の文の意なり、』
 (三世諸仏総勘文教相廃立)(御書p567・4行)

通解; 総じて一代の聖教は一人のことを説いた法であるから我が身の本体をよくよく知るべきである。この自身の本体を悟ったのを仏といい、これに迷うのが衆生なのである。これは華厳経の文の意である。

講義; 一大聖教は「我身一人の日記文書」で生命のありようを説き明かしたものであり、この自己の本体を徹底的に悟りきわめたのが仏である。
このことは華厳経が説いている通りであるとされ、この自己の生命と宇宙万象との一致を明かした止観輔行伝弘決の文を挙げて、自身を知ることは宇宙万象をも知ることであると教えられるのである

「すると本地は同じですが、現実の姿は異なります。」  解ります。

「仏は衆生のために出現しますから、救済されるべき衆生が目的で本。
 救済する側の仏は迹。」  ここは、「生(迷)仏(悟り)一如」、「衆生即仏」と解釈すべきではないでしょうか?

 「現代語で言えば、人間のための法ですから、人が本で、法が迹。
 法とは仏法全部ですから、仏も、お曼荼羅も当然迹に含まれます。」
ここでは、「人法勝劣」ではないと思われますが、紛らわしいので、大聖人の仏法は、「人法一箇」と思います。

以上、私の拙い解釈をしてみました。よろしくご指導ください。

67 沖浦克治 :2009/11/26(木) 19:48:31
 takaさん

>仏は衆生のために出現しますから、救済されるべき衆生が目的で本。
 救済する側の仏は迹。」  ここは、「生(迷)仏(悟り)一如」、「衆生即仏」と解釈すべきではないでしょうか?

 即はイコールではありません。
 即は精進行であるお題目です。

 『昼夜常精進 為求仏道故
 此の文は一念に億劫の辛労を尽せば本来無作の三身念念に起るなり所謂南無妙法蓮華経は精進行なり。』
 (御義口伝巻下)

 衆生が本地を思い出すには、仏道修行が必要なんです。
 人が人本来の能力を発揮するには、教育が必要でしょう。
 同じなんですよ。
 ですので、人に仏道修行をさせ導く側が仏。
 導かれる側が衆生。
 衆生の化導が目的ですから、衆生が本、仏が迹。
 生徒の教育が目的ですから、生徒が本、教える先生は迹。
 何のため。が本で目的なんですよ。
 
>「現代語で言えば、人間のための法ですから、人が本で、法が迹。
 法とは仏法全部ですから、仏も、お曼荼羅も当然迹に含まれます。」
ここでは、「人法勝劣」ではないと思われますが、紛らわしいので、大聖人の仏法は、「人法一箇」と思います。

 人は元々南無妙法蓮華経の当体ですね、ですので人法一箇です。
 本迹とは異なる観点です。

68 大河 :2009/11/27(金) 00:32:30
>>67

> ですので、人に仏道修行をさせ導く側が仏。
> 導かれる側が衆生。
> 衆生の化導が目的ですから、衆生が本、仏が迹。
> 生徒の教育が目的ですから、生徒が本、教える先生は迹。
> 何のため。が本で目的なんですよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国民(民衆)の幸福が本・国家(政治体制等)が迹

こういう指導は先生のスピーチにあります。

その例でいけば、

宗教組織(教団)のケースは

会員(信者)の幸福が本・教団組織は迹、・・は成立しますね。

>>生徒の教育が目的ですから、生徒が本、教える先生は迹。

教育とは生徒の「幸福」のためで(目的)、教師は「環境」の最たるものです。

69 沖浦克治 :2009/11/27(金) 07:36:22
 あのネ、大河さん、

 申し訳ないですが、邪魔なんですよ。

72 taka :2009/11/27(金) 19:24:22
大河さん
私は、あなたに対して、特別な感情は、有りませんが、今、沖浦さんと、
真剣に、対話をしています。沖浦さんが邪魔だと仰るのですから、ご遠慮ください。
それから、自己紹介の件、私がうっかりしていました。美髯公さんとは、無二の親友なもので、
すみません。

73 taka :2009/11/27(金) 23:06:27
沖浦克治さん
大聖人の仏法は、人法一箇ですね。釈迦仏法は、人法勝劣ですね。
大聖人の仏法は、但信力のみですね。釈迦仏法は、歴劫修行ですね。

「衆生が本地を思い出すには、仏道修行が必要なんです」とは、
沖浦さんがの仏道修行の程度はよく分かりませんが、精進行だと私も思います。
精進行については、もう少し考えてみたいと思いますが。

「御本仏日蓮大聖人」「御本尊」「御書」「創価学会」「三代の会長」
私は入信以来疑ったことがありません。おかげで、何不自由のない生活をさせていただいております。
「無疑曰信」こそ成仏の要諦だと思うのです。
「御本仏日蓮大聖人」「御本尊」「御書」「創価学会」「三代の会長」を、私の成仏のための、功徳を得るための、手段にしてはいけないと思うのです。「根本尊敬」の存在だと思っています。
つまり、本迹を論ずるものではないと思うのです。

私たち、弟子はそれを論ずる資格はないと思います。

「御本仏日蓮大聖人」「御本尊」「御書」を、迹(手段)と言えるのは、御本仏以外にないと思います。
「創価学会」「三代の会長」を、迹と言えるのは三代の会長以外にないと思います。

私たちが言えるのは、友人と仏法対話をする時、その時は、友人は「本」で自分は「迹」と言えるのではないでしょうか。その時、友人が衆生で、自分が仏だとおもいます。

しつこいようですが、弟子の立場で、師匠が「迹」というのは、どうも不自然だし、あるべき姿ではないと思うのですが、いかがでしょうか。

74 沖浦克治 :2009/11/28(土) 07:21:44
 takaさん、おはようございます
 
>「御本仏日蓮大聖人」「御本尊」「御書」「創価学会」「三代の会長」を、私の成仏のための、功徳を得るための、手段にしてはいけないと思うのです。

 物凄く間違った考えですね。
 一見正論と間違う所が非常に危険です。
 紛然ですね。
 手段なんですよ。
 先生のご指導です。

 『大聖人様の仏法は本因妙、釈迦は本果妙です。
 ところが、大聖人様と日興上人を較べると、大聖人様は既に本果であられる、日興上人は本因です。
 私と戸田先生、戸田先生は本果であって私は本因です。 
 諸君たちと私では、諸君たちが本因、私は本果。
 今度は、諸君達が本果で部員さんは本因。
 こうして、仏法は本因本果、本果本因と永遠に続いていくのです。
 ですから独裁はありません。』(取意)

 本果妙が迹で、本因妙が本。
 こうなりますね、ですから弟子は本で師匠は迹になります。
 これと、根本尊敬とは別のお話です。
 いくら何方かを根本から尊敬し南無しても、主体は自分ですね。
 取って変わることも、変わってもらう事も出来ません。
 依正でわけるなら、正報が自分でその他は全て依報です。
 依報が主体になる事はありません。

 我思う故に我あり。

 シベン哲学の最高峰ですが、仏法はこの、思っている我を、我即如来。と説き明かします。
 思う自分がこの世になければ、一切は自分に取って存在しません。
 あくまでも、全ては自分が中心。が仏法です。
 良いことも、悪いことも、一切が自身の命の中から起きている。
 内道と言います。
 師匠に南無して根本尊敬だから、価値判断は一切お任せします。
 外道の見本です。
 弟子がね、勝手に一切を師匠に寄りかかって、広宣流布できますか?
 師匠は迷惑ですよ。
 何故そう言う発想になりませんか?
 
 『仏法者は、独立した自由人です。』(取意)

 こうあるべきなんですよ。
 
>「根本尊敬」の存在だと思っています。
 つまり、本迹を論ずるものではないと思うのです。

 『答えて云く本尊とは勝れたるを用うべし、』
 (本尊問答抄)

 本迹論じて生き残れないようなものは、拝んじゃいけませんよ。
 無疑曰信を勘違いされていますね。
 
 『疑って、疑って、疑いぬいて、それでも疑い切れなかったから信じる以外にない。
 無疑曰信とはそう言うことなんです。』(取意)

 池田先生です。
 信の入り口は常に疑いなのです。
 そして、信を深めるものも、やはり疑いです。
 動執生疑があらゆる信の入り口で、深めるきっかけです。
 私は、かって池田先生を疑いました。
 書物も、音源も全て捨てました。 
 でも、疑い切れずに帰ってきたんです。
 疑う以前の先生への気持ちと、現在。
 現在が何百倍も強いです。
 疑えない人に、真実の信はないでしょうね。

 『なんどの種種の大難出来すとも智者に我義やぶられずば用いじとなり、其の外の大難風の前の塵なるべし、』
 (開目抄下)

 いくらでも疑って見ろ!
 信じさせてやる!!

 私にはこのように読めます。

>私たち、弟子はそれを論ずる資格はないと思います。

 いいえ、論じない人は弟子の資格が無いと思います。 
 盲信は弟子の道じゃありません。

75 taka :2009/11/29(日) 23:13:37
沖浦克治さん
 『大聖人様の仏法は本因妙、釈迦は本果妙です。
 ところが、大聖人様と日興上人を較べると、大聖人様は既に本果であられる、日興上人は本因です。
 私と戸田先生、戸田先生は本果であって私は本因です。 
 諸君たちと私では、諸君たちが本因、私は本果。
 今度は、諸君達が本果で部員さんは本因。
 こうして、仏法は本因本果、本果本因と永遠に続いていくのです。
 ですから独裁はありません。』(取意)・・・・・・・

この指導で私が感じることは、「本因・本果」と「本・迹」は別の観点で論じなければならないと思います。
「本因・本果」は、師弟、指導を教えられているように思います。
「本・迹」は、仏が、衆生に本地を悟らせるための方便と言えるのではないでしょうか。
つまり、仏が、衆生に、「迹」を通して「本」を教えている。あるいは、悟らせようとしている。そう思います。大聖人のご一生を、学ぶと、ありありと分かります。
池田先生も、然りです。

沖浦さんの「本迹論」の展開は、ほぼ、間違っていないと思います。
只、日蓮大聖人の仏法においては、弟子の立場からは「本迹」は必要ないのではないかと思います。だって、信じさえすれば、瞬時に、やすやすと仏になれるのですから。
例を挙げますと、沖浦さんが仰っている、「衆生が本、漫荼羅が迹」――これは、日蓮大聖人が、弟子のために、末代の幼稚の頸に、かけてくださったわけですが、弟子である私たちは、「日蓮大聖人の魂」であると拝すべきだと思います。

76 taka :2009/11/29(日) 23:15:49
沖浦克治さん
私の信心は、“盲信”ではありません。
“盲信”では、40年以上信仰を貫くことはできません。
入信以来、勤行・唱題・20分の教学を欠かしたことはありません。、
(だからといって、御書講義がやすやすとできる能力があるわけではありませんが)
私の信仰は、日々の積み重ねで今日があると自負しています。
朝晩の勤行の際、池田先生の導師で、大聖人を仰ぎ、決意・報告等を行っています。だからでしょうか、何時間でも、心ゆくまで唱題をすることができます。
御書は、日蓮大聖人のお言葉として、お手紙として、自分の身に当てはめて、そのまま拝するようにしています。

私の人生は、沖浦さんに負けないくらい、波乱万丈でした。
大病(がん)で生死の境をさまよったり、経済的にどん底をはいずりまわったり、だけど一度も師匠を疑ったりしたことはありません。それはそれで、良い思い出になりました。

体験を言っていたらきりがありません。

77 taka :2009/11/29(日) 23:16:50
沖浦克治さん
弟子は、師匠の言われたことを、一言一句もらさず、100%実現するのが使命です。
日興上人、戸田先生。池田先生のご一生を学べば解ります。
私が申し上げたいのは、「この人は私の師匠だ」と決めるのは「弟子」だということです。
だから、決める瞬間の条件としては、「師匠は絶対である」ということではないでしょうか。
「師匠のために、一生を懸けても悔いはない、命も惜しくない」
「師の理想を、命を懸けて実現させるのだ」
私は、身近な、池田先生の振る舞いから学びました。

翻って、師匠の立場から学ぶことはなにか。
師匠である日蓮大聖人のご一生は、一切衆生のため、弟子たちのため、古今東西の思想・哲学を、駆使して、命を懸けた戦いでした。それは、弟子たちに、「本地」を悟らせるためでありました。
池田先生も然りです。
つまり、「本迹」は、師匠の立場で、表現するものであると思います。

私(弟子)の立場で、日蓮大聖人、池田先生を「迹」とはもってのほかです。

原田会長は仰いました。
「池田先生にまなび、池田先生のごとく」と。

78 沖浦克治 :2009/11/29(日) 23:41:48
>私(弟子)の立場で、日蓮大聖人、池田先生を「迹」とはもってのほかです。

 では、対話を終了いたしましょう。
 もってのほかの方と対話をしても平行線です。
 貴方は貴方のお立場、私私のスタンス。
 それで良いと存じます。

79 管理人 :2009/11/30(月) 05:29:05
心の師となるとも心を師とせざれですね。

80 沖浦克治 :2009/11/30(月) 06:59:48
 管理人さん、おはようございます

 対話は大切です。
 ですが、自分が絶対だと思ったらもう対話ではありません。
 私は大聖人様とご本仏と信じ、池田先生を師匠と仰ぎます。
 ですが、それを他人に押し付ける事は絶対に致しません。

 私の生き様をみて、世間様は、創価学会も、大聖人様も、池田先生の事もご判断なされる。
 だから無様な人生だけは絶対に生きないぞ!

 このように、言い聞かせて生きております。
 もとより私は非常に軟弱で、臆病で、だらしの無い、ルーズな人間です。
 ですので、常に自分に言い聞かせないとあっと言う間に堕落致します。
 そう言う人間が、他人様に創価を開くには、人生で勝ち上がる以外に無いと思っております。
 本迹や因果、総別や本末などは、人生に勝手こそ生きる理屈でしょう。
 ところが今、ネット上げて大騒ぎしている。
 私はこの惑耳驚心が、非常に滑稽に感じます。
 功徳さえ受けているなら、笑いながら堂々と対話が可能なのです。
 ところが、ほとんどの人は、罵りしか返らない。
 功徳のない人生です。
 決めつけは、堕落の始まりですね。

81 taka :2009/11/30(月) 09:14:56
沖浦克治さん
それでは、仕方ありません、またの日を楽しみにしています。
色々有難う御座いました。

82 美髯公 :2009/11/30(月) 12:50:56
 沖浦さん、taka さんお疲れ様でした。

結局の所、お2人の立ち位置の違い(「本迹」の捉え方)ですね。

それがお互い解かっただけでも収穫でしょ。

たった、一度の対話(テキストのみの)では、理解は出来ても納得までは

中々難しいですよね。リアルの対面対話でさへそうそう簡単には

いかないのですから

またの、お2人の対話期待しておりますm(__)m

83 沖浦克治 :2009/11/30(月) 13:34:04
 takaさん

 よろしければ私の掲示板で続きをやってもいいですし、貴方が、もってのほかと言うご意見を取り下げていただけるなら、対話を再開いたしますよ。
 いかがでしょうか?

 決め付けてしまうと対話にはならないと思うのです。

84 taka :2009/11/30(月) 17:18:57
沖浦克治さん
あなたがいわれいる「本迹」は、「師」である立場(大聖人)においてはその通りだと思います。
それを、弟子の立場で、そのことを、「本迹」として、とらえたり、活用してはいけません。
あなたは、「本迹」を展開しすぎです。どこやらの、『ノラ』さんがいっている、ねつ造でも、ましてや、あなたは、『邪師』でもありません。
そのことだけは言っておきます。

85 沖浦克治 :2009/12/01(火) 09:01:11
 taka さん、おはようございます、そしてありがとうございました。
 
 最後にですが、池田先生が、かって、観心の本尊について述べられました。
 正確な音源が私の家にございます。
 来年、時期を見計らって、私のと頃で聞く会を致します。
 多くの方々にご確認をいただく予定です。
 
 『観心とは信心と訳します。
 我が心の仏界を観じる。
 私共凡夫が仏になるためには本尊が要る。
 そのための本尊を、五の五百歳に始めておいたよ。
 こう読むんです。
 本尊のための人間じゃないよ、人間のための本尊なんだよ。 
 だから大聖人様はありがたいんです。』(取意)

86 taka :2009/12/01(火) 11:08:40
沖浦克治さん
しばらくご無沙汰します。
光線さんの好意で、「百六カ抄」を勉強しようと計画しております。
それが終わった時点で、また、考え指してください。

87 沖浦克治 :2009/12/02(水) 07:51:16
 『爰に日蓮いかなる不思議にてや候らん竜樹天親等天台妙楽等だにも顕し給はざる大曼荼羅を末法二百余年の比はじめて法華弘通のはたじるしとして顕し奉るなり、』
 (日女御前御返事)

 広宣流布の旗印だと仰せですよ。
 シンボルで道具ですね。
 書き顕されたご本人様が仰せです。
 これを素直に信受する。
 我見はいりません。
 そしてね、ご本尊様に関して先生のご指導です。

 『戒壇様って言ったって誰も拝まなければお力は出ません。
 ただの物です。
 物で出来ているんだから何時かはなくなっちゃいます。』(取意)

 『観心とは信心と訳します。
 我が心の仏界を観じる。
 私共凡夫が仏になるためには本尊が要る。
 そのための本尊を、五の五百歳に始めておいたよ。
 こう読むんです。
 本尊のための人間じゃないよ、人間のための本尊なんだよ。
 だから大聖人様はありがたいんです。』(取意)

 感情論でご本尊様論じても無意味です。
 先生のご指導です。

 『教学無き戦いは感情である。』(取意)

 感情で話す人は、教学無いのです。

 御本尊様は人のためにある。
 人が御本尊様のためにあるのではない。

 これだけキチンと弁えているなら、後は別にかまいません。
 私はね、御本尊様は虚空の宝塔を、大聖人様がお曼荼羅として書き顕されたと信じます。
 そして、その虚空の宝塔は私共の命をそのまま虚空に写したものです。
 これも先生のご指導にあります。
 そうすると、お曼荼羅の大元は私共の命ですね。
 極簡単な理屈です。

 衆生己心の妙法(南無妙法蓮華経)〜虚空の宝塔〜お曼荼羅。

 こう言う順番になります。
 御書と、池田先生のご指導で明白なんですよ。
 昨日の聖教新聞ご覧ですか?
 開目抄が載っています。

 大聖人は、万人に具わる衆生本有の仏性を南無妙法蓮華経となづけられ、唱題の実践によって、いかなる人であれ、胸中の仏の生命が涌現することを教えられた。

 この通りです。
 私共の命は南無妙法蓮華経。
 それを虚空の宝塔として釈迦が顕した。
 大聖人様は更に、ご本尊様として書き顕された。
 大元は私共の命です。
 これを忘れて仏法はないのですよ。
 更に、昨日の聖教新聞です。
 先生の北海道指導が載っています。

 広宣流布といっても、あくまでも大切なのは、一人一人が幸福になることだ。
 学会員の幸福を「豆腐」に例えるならば、広宣流布は「オから」で、つまり、その副産物で、自然のうちに成し遂げられるのだ。

 個人なんですよ。
 一人の人間が最も尊くて大切なんです。
 ここが全てです。
 組織やお曼荼羅至上主義は間違いなんですよ。

88 <削除> :<削除>
<削除>

89 管理人 :2009/12/05(土) 19:45:21
>>88は掲示板趣旨に合わない為、削除いたしました。

90 美髯公 :2009/12/15(火) 10:41:16
 悲しいかな未だ「衆生己心の妙法が本・曼荼羅が迹」を理解出来得ず
『信じたくて、信じたくて、切なくも悲しいまでに「沖浦説」を信じたくて、
「衆生己心の妙法が本・曼荼羅が迹」も強烈に支持していて、』と、
のたまう御仁が居るのは驚きである。
恐らくは、「本迹=優(勝)劣」と言う、宗教批判の原理である「五重の相対」の
呪縛から踏み出す事の出来得ないのであろうとは思うが無惨な事である。

この様に書けば、すぐさま「百六箇抄」を上げてくると思うが、
いかんせん、小生、この講義書を持ち合わせて居らねば反論の仕様も無し。
そして、この様な御仁の決まり文句は『「御本尊を迹」と思えば不敬に
つながる』とか、「強いて言えば『御本尊も本であり、衆生も本である』」と
愚劣と言う様な回答しか戻ってこない。

なぜ、「御本尊を迹」が不敬につながるのか、これは前述した理由によるものと
判断できる。
また、「御本尊も本であり、衆生も本である」ならば、「迹」は何なのか?
これの答えは誰にも答えられない。
なぜなら、その場凌ぎの、思い付きでしかないからである。
「迹」の無い「本」なぞ在りはし無いし、また「本」の無い「迹」も在りはし無いのだから

91 とっくり :2009/12/15(火) 12:35:09
もー、分からんちん(  ̄Д ̄)σ)* ̄- ̄)

92 美髯公 :2009/12/15(火) 13:12:52
 他掲示板でも「本迹」について、問題提起したことがありますが、
結局の所、「本迹」が、よく解かっておられないようでしたね。
俗に言う公式見解から一歩も出られることは無かったですね。
曰く、「迹は本に対する影である」とか「本=天月、迹=池月」であるとか。
「迹門を不変真如の理、本門を随縁真如の智と言う」が理解出来なかった様ですね。
その御仁曰く、「不変真如の理が迹(影)であるはずがない」といわれました。
自称、「教授」ですよ(笑 
そして、思ったとおり「百六箇抄」を引っ張ってきましたね。
今、お相手は一服しておりますが(^^;

 大聖人仏法における「本迹」って何なんでしょうね?
法華経二十八品の立て分け?天月と池月の関係?本体と影の関係?
じゃぁ無いでしょうね、それらは皆、釈迦仏法の範疇だと思います。
結局のところ、「迹門を不変真如の理、本門を随縁真如の智」ではないかと
思います。そして、基本差別無しの「而二不二」の関係と思います。
ここが解からねば「衆生己心の妙法が本・曼荼羅が迹」は理解しがたいでしょうね。

93 とっくり :2009/12/15(火) 14:35:22
南無妙法蓮華教=日蓮大聖人=御曼荼羅=祈る俺等

うん。

で、何で本迹入れんの?

入れなあきまへんの?(* ̄∇ ̄*)。

ついでに、HN何てよむの?

自己紹介、後で入れるね(* ̄∇ ̄*)。

94 美髯公 :2009/12/15(火) 15:18:07
 なァ〜してェ〜、入れちゃァ〜あきまへんかァ〜?
入れてもよろしゅゥおまっしゃろに(笑

「美髯公」=「びぜんこう」で、おまっせェ〜v(^^

95 とっくり :2009/12/15(火) 17:43:35
ある人によると、本迹を入れないと、正宗であり、眺め人らしいのだが、入れないといかんの?

96 美髯公 :2009/12/15(火) 20:08:05
 そないな事、その御仁に聞いておくれ、わては、知らん。

わてが、書いてるンは「衆生己心の妙法が本・曼荼羅が迹」が、

間違いであると言う御仁向けやして。

それに、あんさん、そない手ェ広げてよろしゅゥおまンのか?

他板で、なんや「五百塵点劫」が、どうたらこうたらとやっておられたと

思いますが、もう片付きはったんか?

97 taka :2009/12/16(水) 08:15:18
とっくりさん、美髯公さん
「南無妙法蓮華教=日蓮大聖人=御曼荼羅=祈る俺等」はただしい。
「衆生己心の妙法が本・曼荼羅が迹」もただしい。
大聖人は、御本仏です。故に、御本仏のお立場からいえば、曼荼羅は衆生を仏界に導くための道具(迹)です。
ゆえに、「衆生己心の妙法が本・曼荼羅が迹」は、御本仏の立場で仰っていると思います。
だからといって、弟子である、私たちが、軽々しく使っていいものではありません。
「南無妙法蓮華教=日蓮大聖人=御曼荼羅=祈る俺等」は、弟子として、最も正常な信心感覚だと思います。
結論として、沖浦さんの「本迹」は展開のしすぎです。
私は、こう思いますがいかがでしょうか。

98 美髯公 :2009/12/16(水) 10:23:11
 おはようさんです、takaさんm(__)m

 >「南無妙法蓮華教=日蓮大聖人=御曼荼羅=祈る俺等」はただしい。
 >「衆生己心の妙法が本・曼荼羅が迹」もただしい。
 
はい、その通りだと思いますね。

 >大聖人は、御本仏です。故に、御本仏のお立場からいえば、曼荼羅は衆生を仏界に導くための道具(迹)です。
 >ゆえに、「衆生己心の妙法が本・曼荼羅が迹」は、御本仏の立場で仰っていると思います。
 >だからといって、弟子である、私たちが、軽々しく使っていいものではありません。

この部分に、ついては異論がありますが止めておきます。

沖浦氏との話し合いされてる時感じたのですが、この部分に関しては多分に、takaさんの感情的なものを

感じた故。

 >「南無妙法蓮華教=日蓮大聖人=御曼荼羅=祈る俺等」は、弟子として、最も正常な信心感覚だと思います。

まァ、「弟子」は除いても、日常的な信心姿勢だと思います。と、言うよりそれより他無いでしょうね(^^;

ですので、「衆生己心の妙法が本・曼荼羅が迹」は、あくまで教学の見地からであり、

実際の信心姿勢は、「本迹不二」であり「境智冥合」なのです。

所謂、とっくりさんの言われる、「南無妙法蓮華教=日蓮大聖人=御曼荼羅=祈る俺等」の姿に

他ならないのです。

99 とっくり :2009/12/16(水) 18:38:27
>>96
うん!?

ああ、あれね。

なんかレスの進行ハンパ無く早いから、どっか行っちゃった。(((^^;)
別にいいよ。どのみち話の論点ズレてるし。

100 沖浦克治 :2009/12/16(水) 22:45:37
 ご本尊様にお題目を唱え、仏道修行をして、人間革命と言う功徳を受けた私や貴方に姿が本。

 教学の捉え方の差で目くじら立てて難癖言う人は罰の人生で迹。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

踏み出せば何かが変わる - 三浦 大輔


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板