したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

口舌の輩の部屋

20 美髯公 :2009/07/04(土) 22:20:40
 さて、書けるときに書き込んでおきましょうかね(笑

連投でスンマヘンなぁ(^^;

  「衆生己心の妙法が本(漫荼羅)御本尊が迹」でおますな

 『御義口伝 廿八品に一文充の大事  方便品』(御書全集 787ペ-ジ)

各人で参照の事

 『御義口伝講義 下』(792ペ-ジ)より

ここに、迹門とは、不変真如の理のことであり、
本門とは、随縁真如の智のことである。
また大御本尊に約して論ずるならば「是の法法位に住して」とは、
大御本尊は大宇宙の根元の法理であり、根本法則であるということである。
「世間の相常住」とは、大御本尊は、大宇宙の本源であると共に、
常住不滅の幸福なる当体であり、現実に、仏界を顕現している、躍動せる、
自受用智の当体であり、事実の上に、生活の上に、一切衆生の当体の上に
幸福をもたらす源泉であるということである。

 また大御本尊それ自体は「是の法法位に住して」お姿であり、
不変真如の理である。それを、さらに御本尊を根底に信心を開き、
人々の生活の上に、現実に、智慧となり、大生命力となって、涌現してくるとき、
これを「世間の相常住」と読むのである。

以上でおます。

この部分の講義は「当体義抄 第2章 十界の事相の所以を釈す」に

掲載されておますよってに所持されている御方は一度調べてみても

損は、ありまへんでぇ。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

サクラクエスト 3巻 (まんがタイムKRコミックス) - Alexandre S. D. Celibidache


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板