したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

口舌の輩の部屋

1 美髯公 :2009/06/17(水) 15:26:01
 掲示板の主旨とはズレが生じますが、この部屋は意見交換を

主眼として行きたいと思います。

理由は簡単で、私が議論に向いてないタイプだからです。

そしてまた、謂れ無き悪口・雑言は禁句といたします。

犯せば、管理人さんよる即行削除の対象となります。

以上を御了承の上、入室をお願いいたします

2 美髯公 :2009/06/18(木) 12:52:55
 もう、すでに1年に渡って一部創価系掲示板において沖浦氏発言の

「衆生己心の妙法が本(漫荼羅)御本尊が迹」に端を発した

お祭り状態が続いております。

 「衆生己心の妙法」が何時の間にやら「人」や「自分」に置き換わり、

「人」を「人界」と捉える人、「自分」を「沖浦氏自身のみ」と捉える人等

そして「衆生己心の妙法が本(漫荼羅)御本尊が迹」を批判するのに

「五重の相対の本迹相対」を持って来る人等、これが学会教学かと思うと

嘆かわしくなるような事ばかり、どこの掲示板も書き連ねてあります。

そこで、今一度、語句の説明から確認して行こうと思います。

と、言っても私に大した教学が有るわけ無いので、教学小事典等からの

貼り付けになりますがね。(^^;ゞ ポリポリ

まぁ、気長に書き込んで行きますので、よろしく!

3 管理人 :2009/06/18(木) 18:53:50
お〜、いきなり凄いですね、わたくしも勉強させて頂きます。

4 美髯公 :2009/06/19(金) 00:31:04
 おばんです!

ヨイショしはっても、なぁ〜んもでぇへんでぇ(笑

古い書籍からの貼り付けだけでっせ(^^;

5 美髯公 :2009/06/21(日) 23:38:56
 『五重の相対』

今でも任用に出ているのかな?まぁ、詳しい説明は各人お調べあれ(^^;

 大聖人の教義の一つ。一切の宗教・哲学・思想を比較検討して

その浅深・高低・優劣を判釈する五つの批判原理を言う。

これらの判定により大聖人の仏法が最高で有ると言うことが証せらる。

①内外相対・②大小相対・③権実相対・④本迹相対⑤種脱相対ですね

①は仏教と仏教以外との比較優劣の判定、②は一代の諸経を小乗経と

大乗経に立て分け比較優劣の判定、③は大乗経の中でも法華経(実)と

法華経以外(権)に立て分け比較優劣の判定、④は法華経28品を

14品までを迹門、15品からを本門と立て分け比較優劣の判定、

⑤は大聖人の仏法(寿量文底下種益の法門)と釈迦の仏法(寿量文上脱益の法門)との

比較優劣の判定。

ここで、②〜④までの比較優劣は全て釈迦仏法内の事で有ると言うことが

解ると思います。

そして「五重の相対」の中の「本迹相対」は法華経28品の中での比較優劣です。

となれば、「衆生己心の妙法が本(漫荼羅)御本尊が迹」を「五重の相対」の中の

「本迹相対」で批判するならば、「衆生己心の妙法が本(漫荼羅)御本尊が迹」が

法華経迹門の中に有ると言うこと証明しなければならないはず、

しかしながら未だ証明された方は皆無。なぜか?

結局の所「本迹」というものが、よく解ってないのではないかと思います

かといって、私が解っていると言う訳ではありませんよ、念のために(^^;

ね、管理人さん期待ハズレでおまっしゃろ(笑

6 管理人 :2009/06/22(月) 21:44:38
美髯公さん、五重の相対は書かれている通り、宗教批判の基準として日蓮大聖人が示されました。
宗教の高低、勝劣、浅深を判定する基準を示したものですが、なぜか日蓮大聖人の書き著した御本尊とお題目を唱える側、(帰依する側)とが、比較、相対されるのかが理解できません。
お題目の五字の前につく南無、これをつけて南無妙法蓮華経と唱えるのですから、御本尊に帰依しますと祈る
ことになるのですから、当然、祈る側が本にはなるはずはありません。
そう考えるとおかしな話しですね。

7 美髯公 :2009/06/24(水) 23:12:43
 おばんですぅ、管理人はん

「五重の相対」は忘れなはれ(笑 

「衆生己心の妙法が本(漫荼羅)御本尊が迹」に「五重の相対の本迹相対」を

持ってくるのは間違いであると言うこと言いたいが為に

>>5 を書かせて貰っったよってに

 >なぜか日蓮大聖人の書き著した御本尊とお題目を唱える側、
 >(帰依する側)とが、比較、相対されるのかが理解できません。

「本迹」に立て分けれないもんなんてありまへん、

すべてにおいて「本迹」は、ありますねん。

 >お題目の五字の前につく南無、これをつけて南無妙法蓮華経と
 >唱えるのですから、御本尊に帰依しますと祈ることになるのですから、
 >祈る側が当然、本にはなるはずはありません。
 >そう考えるとおかしな話しですね。

これなぁ、難しゅうおます。大聖人様も「五字・七字」と言うてますやろ

先生は「南無妙法蓮華経如来」と言われているしなぁ。

単純に「妙法蓮華経」に「南無」するとは言えないのではおまへんか?

まぁ、そう教わったのは事実でおますけどなぁ。

 >祈る側が当然、本にはなるはずはありません。

であるなら管理人はどのように思ていはるん?

8 美髯公 :2009/06/24(水) 23:45:53
 >>7
 >>であるなら管理人はどのように思ていはるん?



「であるなら管理人はんはどのように思ていはるん?」

に訂正させていただきます。

すんまへん、管理人はんへの敬称が抜けておりました m(__)m

9 美髯公 :2009/06/26(金) 22:41:17
 少し気になったので「相対」について、国語辞書ですが調べてみました

「対立」的なイメ−ジしか持ってなかったけど

色々とありますなぁ。(笑

 ①むきあっていること。対立。
 ②お互いに関係があること。
 ③差別界の現象
 ④他とひきはなしては考えられないこと

以上が国語辞書です

 ①他との勝劣浅深を比較すること
 ②相互に向き合っていること。
 ③相互に関係をもっていること。対立すること
 ④哲学上、絶対に対することばで、他との関係において存在すること。
  あるいは、一定の関係、状況において妥当することをいう。
 ⑤天台において、相対種の開会の略称として用いる。

以上が仏教哲学大事典からです。

上記の様に「相対」が使われているからと言って、

かならずしも「勝劣浅深」を意味するものでは無いという事です。

10 管理人 :2009/06/29(月) 06:40:41
美髯公さん、私の考えでは祈っている時が本、祈っていない時が迹だと考えますので、沖浦氏のこのご本尊が迹で人が本では凡夫の姿のままが本ということになってしまい、ご本尊に祈る必要がなくなってしまいます。
従って、ご本尊否定に繋がりかねませんし、とても危険です。
凡夫がご本尊に向かい唱題して行く時に、本と現れ、時に迹と現れるのです。
学会活動している時が本であり、していない時が迹です。
教学の研鑽をしているときが本であり、していないときが迹です。
人は元来仏であると説かれていますので、その仏界を顕すことの出来る南無妙法蓮華経を唱え、行動していく中に本と顕れるだと思います。
我見ですかね?


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

坂本ですが? 1 (ビームコミックス) - 佐野 菜見


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板