したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【リレー】第2回創発キャラトーナメントバトル【part3】

1 名無しさん@避難中 :2011/07/27(水) 01:06:39 ID:WXKLCzWU0
ここは創発のキャラを使ったトーナメントバトルをリレー形式で行うスレです

《まとめ》
http://www26.atwiki.jp/sousaku-mite/pages/1023.html

《過去スレ》
リレー小説でトーナメントバトル
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/3274/1294915051/
【リレー】第2回創発キャラトーナメントバトル【part2】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/3274/1295684382/

《前大会》
第一回創発トーナメント(ルパン「とんでもねぇ大会だぜジゲ〜ン」)
http://www26.atwiki.jp/sousaku-mite/pages/276.html

2 名無しさん@避難中 :2011/07/27(水) 01:08:19 ID:WXKLCzWU0
《リレーの流れ》
1.参加者のカテゴリ、参加人数、対戦方法を決める
2.参加者を決める
3.オープニングを書く
4.一回戦から並列的に書いてゆく。一試合単位で担当。
5.決勝戦まで4を繰り返す←今ココ
6.エンディングを書く
完成

《予約について》
・被りを避けるために予めこの試合を書くという予約宣言が可能(必須ではない)
・予約宣言にはトリップが必要。また期限は宣言から3日(72時間)まで有効
・予約の入っていない試合、試合以外の場面は宣言なしで投下可能

3 名無しさん@避難中 :2011/07/27(水) 01:09:13 ID:WXKLCzWU0
《出場選手》
01. プリン妖精 @亜人総合スレ
02. いかづち @にっしょくたん
03. 桃色 @色鉛筆を擬人化して萌えるスレ
04. フェアリー・テール (仮名) @学園島戦争
05. 一条遥 @ロボット物SS総合スレ
06. 倉刀作 @ハルトシュラーで創作発表するスレ
07. フーリャン @なんとかファイト
08. おにんにんムクッパ ◆69qW4CN98k

09. ほっしー @わしを育てるスレ
10. S.ハルトシュラー @ハルトシュラーで創作発表するスレ
11. 加藤キユーピー ◆kAto/QP606
12. マシロ @幼女を創作するスレ(YSS)
13. スーパー・ストロング・パンツマシーン (SSP) @創発発のキャラクター総合
14. 鎌田之博 @獣人総合スレ
15. ダイヤモンドダスト @にっしょくたん
16. 直りん @創発発のキャラクター総合

17. 世田春菜 @ロリババァ創作スレ
18. クズハ @みんなで世界を創るスレ
19. 創発亭串子 @創発発のキャラクター総合
20. 社会 @モブ少女
21. 発子・クリーシェ @創発発のキャラクター総合
22. ジークリンデ・ハルトシュラー @童話と民話創作
23. 岬陽太 @チェンジリング・デイ
24. うぱ太郎 @ウーパールーパーで創作するスレ+(・─・)+

25. 無限彼方 @創発発のキャラクター総合
26. 一条彼方 @ロボット物SS総合スレ
27. 日本鬼子 @萌キャラ『日本鬼子』製作
28. 青森さん ◆wHsYL8cZCc
29. PBM! の人 ◆1m8GVnU0JM
30. 超絶遅筆パチンカスゴミ絵描き俺も絵を描いちゃったりするの人 ◆bEv7xU6A7Q
31. やまなし @都道府県擬人化スレ
32. 無限桃花 @創発発のキャラクター総合

R1. スイカマスク @漫画・まんが・マンガ総合スレッド
R2. パンモロー博士 @スレを立てるまでもない相談・雑談スレ
R3. ドルンドメオン @ロボット物SS総合スレ
R4. 戦那羅・毘津愚兵弐須 @エージェント夜を往く

R…リザーバー(補充選手)
トーナメント表
http://loda.jp/mitemite/?id=1663

4 名無しさん@避難中 :2011/07/27(水) 01:09:55 ID:WXKLCzWU0
《選手以外のキャラクター》
実況 アンテナさん @創発で投下を見かけたらageるスレ
解説 柏木 @ハルトシュラーで創作発表するスレ
審判 よし子 @GGG
インタビュアー あんてなたん @創発で投下を見かけたらageるスレ
抽選人 メルフィー・ストレイン @ロボット物SS総合スレ
選手誘導 はさみさん @GGG
選手誘導 便利頭巾 @GGG

《キャラ紹介テンプレ》
wikiのまとめに使われます
【名前】
【出身スレ】
【代表作】
【容姿】
【性格】
【戦闘能力】
【他キャラとの関係】

5 名無しさん@避難中 :2011/07/27(水) 01:10:18 ID:WXKLCzWU0
現在二回戦進行中!
《未消化試合》
第二試合 一条遥 VS フーリャン
第三試合 S.ハルトシュラー VS マシロ
第八試合 PBM! の人 VS やまなし(◆nac/9nxvbM投下宣言あり)

6 名無しさん@避難中 :2011/08/09(火) 19:13:53 ID:E9VC/haY0
マックスコーヒーで過ごせ…だと…
それはそうと本日投下予定だとか

987 名前:629 ◆nac/9nxvbM[sage] 投稿日:2011/08/02(火) 23:52:12 ID:b6PcTpH60
まだ全然書き上がってないが、投下する意思があることの宣言と、締め切り
決めて自分を追い込むために投下日を設定する。

二回戦 第八試合 PBM! の人 VS やまなし

8月9日から10日にかけての深夜、新スレに投下します。
無効試合、没収試合上等!
悪ふざけにもほどがあるだろ!って怒られるだろうなフヒヒ
というノリでやってるので止めるなら早めに止めてくださいw

7 名無しさん@避難中 :2011/08/09(火) 19:26:17 ID:li9bJWP20
    ∧_∧
    ( ・∀・)ワクワク
  oノ∧つ⊂)
  ( ( ・∀・)ドキドキ
  ∪( ∪ ∪
    と__)__)

8 629 ◆nac/9nxvbM :2011/08/09(火) 21:20:48 ID:VkMkb6YU0
ただいま帰宅。今現在9レス分出来上がってるんだが最終的に
13〜4レスになりそうで今日中に完結させる自信がない。

明日(10日)23時投下開始ということで仕切りなおさせてください。
たいへん申し訳ない。

9 名無しさん@避難中 :2011/08/09(火) 21:26:03 ID:JrNSvYf6O
OK 楽しみにしてるぜ

10 スケベラム! の人 ◆1m8GVnU0JM :2011/08/10(水) 22:46:41 ID:qjLYYBrY0
 オラwktkしてきたぞ!

11 名無しさん@避難中 :2011/08/10(水) 22:52:36 ID:RSOJTzqc0
名前www

12 スケベラム! の人 ◆1m8GVnU0JM :2011/08/10(水) 23:06:15 ID:kHEZhz020
 何もおかしくはない。私はせ異常だよ。

13 629 ◆nac/9nxvbM :2011/08/10(水) 23:08:34 ID:irZx5ROM0
投下開始出来ません。すいません。
一旦予約破棄して、今月中旬のゲリラ投下を目指します。


>>10
wktk裏切って申し訳ない。

ついでに聞きたいんだが、会話の口調(心の声も含む)全て丁寧語というか
ですます口調だとキャラとして違和感あるのだろうか?

14 名無しさん@避難中 :2011/08/10(水) 23:10:47 ID:RSOJTzqc0
Oh...
まあそんなこともあるさドンマイ

15 スケベラム! の人 ◆1m8GVnU0JM :2011/08/10(水) 23:15:45 ID:dsXshRYE0
>>13
 大丈夫、延期には慣れてるよ!(ACⅤとスパロボの予約票を握りしめながら)

>口調
 ある程度は崩しちゃって問題ないよ!

16 名無しさん@避難中 :2011/08/10(水) 23:30:20 ID:RYuAaERI0
    /||ミ 作戦領域に到達。ミッションを開始する。
   / ::::||  ̄ ̄∨ ̄ ̄
 /:::::::::::||_____
 |:::::::::::::::||       .||
 |:::::::::::::::||       .||
 |:::::::::::::::||         ガチャッ
 |:::::::::::::::||ハ,,_,ハ,     ||
 |:::::::::::::::||・ω・ミ/^l.. ||
 |:::::::::::::::||u~~~u;' |  ||
 |:::::::::::::::||ω ・   ミ . ||
 |:::::::::::::::||[=]=|=  つ ||
 |:::::::::::::::||     ミ .||
 |:::::::::::::::||    彡 .||
 |:::::::::::::::||    ,:'   ||
 |:::::::::::::::||''~''''∪   ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



       l^丶
       |  '゙''"'''゙ y-―,  I'm thinker ♪
       ミ ´ ∀ `  ,:'
     (丶==[=]=(丶 ミ    トゥートゥートゥートゥトゥー ♪
  ((    ミ        ;':  ハ,_,ハ   ハ,_,ハ
      ;:        ミ  ';´∀`';  ';´∀`';,,
      `:;       ,:'  c ̄c.ミ' c ̄c.ミ
       U"゙'''~"^'丶)   u''゙"J   u''゙"J

17 629 ◆nac/9nxvbM :2011/08/10(水) 23:36:12 ID:irZx5ROM0
>>15
把握

口調は、ですます丁寧語で統一させてもらう。
まぁ新キャラのつもりで見てもらえればw

18 パラベラム! の人 ◆1m8GVnU0JM :2011/08/10(水) 23:40:06 ID:I/aKFYaU0
>>17
 了解です、楽しみに待ってますねw

19 名無しさん@避難中 :2011/08/10(水) 23:41:35 ID:.XtPzY.k0

      ∨___        / ̄ ̄ ̄\
    /⌒/rー-┬-‐\      /〈 ルハルカリ〉ヽ
   ,'/ /,,_   _,ヾ \    / :::::〇―〇::: 〇 そんな〜
   /    '''''` {''''`  .\  〇, :::::::::::::8〇〇〇
   |  i     ,__''_    ヽ、_ヽ〇| :::::::::::::::::::::::::| 
  !└二二⊃ ー .    | ∪. | :::::::::::::::::::::::::| 
  レ' |   ,、___,    ノ    |    ,、   |
     ヽ_二コ/   /     ヽ  / \  /
   _____/__/´     __ヽノ____`´

20 名無しさん@避難中 :2011/08/11(木) 02:17:30 ID:SqNJ6VbE0
なんだこのAAはwwwwwww

21 名無しさん@避難中 :2011/08/11(木) 04:51:54 ID:LNniQPec0
ひっでぇwwwww

22 名無しさん@避難中 :2011/08/11(木) 13:45:58 ID:SqNJ6VbE0
とりあえずこっちくんなwww

23 名無しさん@避難中 :2011/08/12(金) 10:08:24 ID:EI8ssY66O
「な、なんだあの二人は!」

青森「俺達はパーフェクト住人! 飛び入りで参加するぜ!」

ジョイン「カーカカカ、弱小住人にはご退場願おうか!」

バッ

「ゲーーーッ! 空中でおさげを掴んだまま回転したーーーッ!」

青森&ジョイン「地獄のネジ回し!」

ドカッ

倉刀&裏刀「ギャアーーーッ!」

「あ、あの二人を一瞬で……なんて奴等だ」

24 名無しさん@避難中 :2011/08/12(金) 12:38:59 ID:q8A9hPy.0
なんだこりゃw

25 名無しさん@避難中 :2011/08/12(金) 12:44:06 ID:eidqrI7w0
だれがネプチューンマンやねんwwww

26 名無しさん@避難中 :2011/08/12(金) 15:07:34 ID:EI8ssY66O
青森「わ、私達は如何なる時も道具を使わないことが、誇りではなかったのですか?」

ジョイン「グロロロロ…た、たまにはプロテインを使うことだってあるわ…」

青森(う……裏切られた!)

27 名無しさん@避難中 :2011/08/12(金) 17:42:44 ID:WBQnTkzU0
 パーフェクト住人ってなんですかwww

28 名無しさん@避難中 :2011/08/12(金) 19:13:54 ID:fPTjvhgU0
>>26
すまんプロテイン食ってんだw

29 名無しさん@避難中 :2011/08/15(月) 14:49:03 ID:0kKa7oZc0
ksks

30 名無しさん@避難中 :2011/08/15(月) 15:05:42 ID:aGKclFgc0
占<シュー

31 名無しさん@避難中 :2011/08/17(水) 20:19:27 ID:5Z4Tx.XcO
あぁんっ… これ以上焦らさないでェンっ…☆

32 二回戦 第八試合 PBM! の人 VS やまなし ◆nac/9nxvbM :2011/08/20(土) 00:18:11 ID:rVEFJtVA0
テスト

33 二回戦 第八試合 PBM! の人 VS やまなし ◆nac/9nxvbM :2011/08/20(土) 00:19:40 ID:rVEFJtVA0
スレの趣旨を無視してごめんなさい。
両者とも適当に設定を作ってごめんなさい。

PBM! の人、ごめんなさい。いろいろとごめんなさい。本当にごめんなさい。

全13レス、投下開始。

34 二回戦 第八試合 PBM! の人 VS やまなし ◆nac/9nxvbM :2011/08/20(土) 00:20:42 ID:rVEFJtVA0

 夕暮れ時の繁華街。
雑踏の中、伸びた影を少し気にかけながら一人の男が歩いていく。

 ダークグレーのサマースーツに薄く青の入ったワイシャツ。
襟元はクールビズスタイル。それでも内ポケットには堅実な柄のネクタイが用意されている。
 年齢不肖な巨大な丸メガネと背中までかかった髪。
そのいかがわしい風貌は、傍から見れば家路につく平凡なサラリーマンには絶対見えない筈だが、
とりあえず気にするものは誰もいない。

 ゆっくりと人の流れから外れ、男はあるビルの前で立ち止まる。

 洒落た横文字の置き看板。
僅かに反射光を放つショーウィンドウの奥には化粧箱に入った数々の商品見本が並んでいる。
そして男は控えめに記された看板下部の文字に気づく――――――


 第2回創発キャラトーナメントバトル。

 混沌と混迷の無法地帯と化した大会期間中、一回戦を勝ち上がった男に、二回戦の対戦者となる
女から一通の手紙が送られてきた。

 対戦者、やまなし。
セクハラまがいの行為と奇術に近い戦法で女同士の戦いを勝ち上がってきた選手。
秘めたる野望の持ち主なのか、勝つためには手段を選ばない女のようである。
 八百長操作、買収工作、強制拉致、美人局、色仕掛け、架空請求。
それらは大袈裟だとしても、何かしらの思惑が渦巻いているのは容易に想像できる。

 しかしそれは男にとって大した問題ではない。
要約すれば、ご馳走するので私の働いている店でお食事しませんか? という
内容の手紙だが、見なかったことにしてぽいっとゴミ箱に捨てればこれ万事解決である。

 しかしながら問題がある。

 対戦者、やまなし。
背はそれほど高くない。可愛いというより麗しいという言葉が似合う、四捨五入で
二十代と思われし女性である。
だがしかし、若い。ではなく幼い女性が好きな男にとってぎりぎりそれも大した問題ではない。

 ところがどっこいぎっちょんちょん。
男にとって重大かつ致命的な問題が残されていた。

 対戦者、やまなし。
彼女はまるで儚き陽炎のような、薄い薄い胸の持ち主なのである。

「……罠と知りつつ、それでも飛び込むつもりですか?」

 己に問う。

「あたり前田のクラッカー!据え膳食わぬは男の恥!!!虎穴にいらずんば虎子を得ず!!!!!
 その胸で朽ち果てるなら我が人生に一片の悔い無し!!!!!!!」

 一切躊躇せず。

 付け加えれば、世の中の99.137%の人がそうであるように男もまた異性から恋文なるものを
受け取ったためしがない。
 胡散臭いとは思っている。
しかしその甘い誘惑にあらがえる訳もなく、男は返信ハガキを握り締め光の速さで郵便局に出撃していた。

その男の名、PBM! の人――――――

35 二回戦 第八試合 PBM! の人 VS やまなし ◆nac/9nxvbM :2011/08/20(土) 00:21:44 ID:rVEFJtVA0

―― そういうことですか……。

 ビルの前。男の口から負け惜しみに似た小さな笑い声が漏れる。

 女からの手紙に記された、小粋なレストランやカフェを匂わせる店名。
目の前の看板にも確かにその綴りはある。ただその後に何故か連なる『山梨県観光物産館』という文字。
女の勤務先の正体。それは地方の名産品特産品を紹介販売する、俗に言うアンテナショップであった。

「……ほうとうでも御馳走になりますか。……放蕩な私にお似合いだ」

 自虐的な駄洒落をつぶやく。
幾重にも構築された妄想が波にすくわれた砂の城のように音も立てずに崩れていく。
そして気恥ずかしさだけが残る。

―― まぁ、これもまた一興。楽しみ方は知っています。

 しかし、騙されたとは思わない。
激しい思い込みは日常茶飯事。激しい妄想も日常茶飯事。たかがこれきしのことでめげる男ではない。
 食事や飲み会などで若い幼い女性と同席する機会は滅法減っている。
なによりもその女は男が理想とする立ち姿を持っている。こんな機会をみすみす棒に振るつもりはまったくない。

 コンビニで買ったばかりのハンカチで念入りに丸メガネのレンズを磨く。
両肩を軽くはたき、ついでにさりげなくさりげなくさりげなくズボンのチャックをチェックする。
そして何事もなかったように、男は数歩先の自動ドアの前に立った。

「ごめんください。私、パラベラムの人と申しますが、やまなしさんいらっしゃいますか?」

 著名な韓流スターばりの笑顔を浮かべ、男はレジカウンターで電卓を叩いている黒髪の女店員に
声を掛けた。

 店内はそれほど広くない。
半分は所狭しと陳列棚が並び、残り半分はカウンター席と六卓のテーブルがある落ち着いた様相の
飲食ブースになっている。見渡す限り客の姿は無い。

「あ、どうも。お待ちしておりました。私、やまなしです。どうぞこちらへ」

 立ち上がった黒髪の女から笑みがこぼれた。襟から覗いた胸元は見事なまでに谷間のたの字も見当たらない。

―― 白の半袖開襟シャツにかろうじて膝上の黒のキュロットスカート。シンプル、だがそれがいい。
   黄色の帽子とサスペンダー、ランドセル装着で小学一年生仕様じゃないですかっ!

 韓流スターばりの笑顔はぴくりとも変わらない。
しかし丸メガネの奥では、長年かけて磨き上げられた技が発動していた。

―― A650、いやもしかしてAA650ですか? どちらにしても素晴らしい。私の目に狂いはなかった。
   そして何たる偶然か、私のシャツとお揃いですよ、やまなしさん!!!

 一瞬で色はおろかカップのサイズまで掌握する洞察力は、もはや魔眼と呼ばれる域に達している。
しかし全身激しくスキャンされていることなど露知らず、女は何の疑いも持たず歓迎の笑顔で男を迎えていた。
 かざした腕の先は飲食ブース。カウンターの奥には小型のワインセラーが数台並んでいる。
小柄な女に促されるまま、男は黒で統一されたテーブルセットの椅子にゆっくりと腰を降ろした。

―― 業務用とは思いますが、黒のローヒールパンプス。
   期待を裏切らない。素晴らしい。……踏まれ、げふんげふん。
   ん? さて……? やまなしさんの髪の色は桃色だったような気が……?

36 二回戦 第八試合 PBM! の人 VS やまなし ◆nac/9nxvbM :2011/08/20(土) 00:22:35 ID:rVEFJtVA0

 背を向けカウンターに向かう女の姿に男は違和感を覚えた。
一回戦の試合を遠目に眺めただけで女とは初対面といっていい。
しかし胸の印象に隠れがちだが、鮮やかな色の髪が躍動していたことは忘れていない。

―― いくら女性とはいえ、客商売であの髪の色は派手すぎるということですか……。
   まぁ通常時は三つ編みツインテールを解除している私も人のことは言えませんが…………

 ぼんやりとしている男の前に、からんと涼しげな音が流れた。見上げた先には女の笑顔があった。

「どうもはじめまして。早速で申し訳ないんですけど、パラベラムの人さんって
 ちょっと呼びづらいので何かいい呼び方ありませんか? すいません、わがままで」

 はつらつとした女の声にどきりとする。

「ははは、すみません長ったらしい名前で。……そうですね」

―― 初対面の人にいきなり師匠というのもなんですし……。
   パラ。パラベ。……パラダ。……パラ田。それでいきますか。

 こだわりが無いといえば嘘になる。が、いちいち気にすることでもない。
パラ田ならより苗字に近く呼びやすいだろうと男は答える。

「それでは、パラ田と呼んでいただけますか」

「くくっ、あはははは!」

 男の提案に女から軽やかな笑い声が上がった。

「……?」

「あはは、いいなあパラダさん。なんかプラダのパチもんバックみたいで可愛いですね!」

―― その発想は無かった。さすがは女子。

「パラダさん、お食事は済まされました?」

 女から早速新しい名で呼びかけられる。
自分で軽量化しておきながら男は妙なこそばゆさを感じ苦笑する。

「いえ、確か山梨関連のお店と記憶してましたので、ほうとうを御馳走になりに伺いました。
 恥ずかしながらほうとうはまだ食べたことがないので、ちょっと楽しみにしています」

 お洒落なレストランかと思ってスーツ着てきました。念のためネクタイも持ってきました
ウハウハな展開に備えて銀行から普段より多めにお金降ろしてきました。

 当然そんなことは言える筈もなく、男は率直に御馳走になることを女に伝えた。
手紙にアンテナショップの記述はなかった。だが、ゲストとして招いてくれる旨は充分伝わってきた。
そして今のところ女から不穏な空気は感じない。逆に明るい声で笑う女に好感を抱いている。

 偉ぶるつもりは無いが、余計な気は遣わない。なるべく相手にも遣わせない。
 胸の中で男はそっとつぶやいた。

37 二回戦 第八試合 PBM! の人 VS やまなし ◆nac/9nxvbM :2011/08/20(土) 00:23:42 ID:rVEFJtVA0

「ええ。御代は気にせずゆっくりしてってください。パラダさん、お酒のほうは?」

 そう言いながら女は指でくいくいと杯を傾ける真似をする。

―― 見かけとはうらはらに実はオッサンですか……。
   大会出場者という親近感や連帯感はありますが、随分気さくな方のようですね。
 
 端正な顔立ちからは想像できない女の仕草に唖然としながらも、男の顔は自然とほころぶ。

「まぁ、人並みにお付き合い程度には」

 実際のところ特異体質の男はいくら飲んでもほとんど酒に酔わない。
しかし他人にとってはどうでもいいことなのでその手の質問には適当にお茶を濁して答えている。

「うふふ、そうですか。じゃあ相当強いってことですね。最初はビールでいいですか?」

「ええ、ありがとう」

 女は慣れた手つきでカウンターのビールサーバーに手をかけ、そして颯爽と戻ってきた。

「どうぞ」

 シンプルなビアグラスが男の前に置かれた。
右手でグラスを取り、軽く持ち上げそこで停める。

「それでは遠慮なく。いただきます」

 乾杯でもするように軽くグラスを傾け、女が見守る前で男はビールを口に運ぶ。

「…………」

「…………」

 そのビールは普段男が口にするものとは微妙に違っていた。
酒の味が判るとはまったく思っていない。が、それでも苦味が少し強く、独自の香りが感じられた。
 女に気づかれないようにグラスを横目で見る。店のロゴがプリントされているだけで
ビールメーカーの企業名や商品名は無い。
女は無言のままにこやかな笑顔を浮かべている。男は無言の意味を探す。

「……えーと、これ山梨の地ビールですか?」

「あっ、分りますか?」

 男の声に、いっそう女の笑顔が華やいだ。

「いえ、お店もお店ですし当てずっぽうなんですけどね。それでもいつも飲んでるのに比べたら
 ちょっと苦味と香りが強いかなって思いまして」

「嬉しいですね。そういう反応あると提供するこちらもやり甲斐がありますよ」

「はは、大袈裟な」

 店の成り立ちとシチュエーション。
ほとんど女に無理矢理言わされたようなものである。
しかし女の笑顔は、それを充分埋め合わせるほどに輝いていた。
 男が和やかな気分にひたった束の間、軽い音質のチャイム音が響いた。
失礼しますと一声残し、女はくるりと向きを変えカウンター奥へと駆け込んでいく。

38 二回戦 第八試合 PBM! の人 VS やまなし ◆nac/9nxvbM :2011/08/20(土) 00:24:43 ID:rVEFJtVA0

―― 素晴らしい。あと65ミリ背が低くて少しアニメ声が混じれば文句なしです……

「おまたせしました、ほうとうです。熱いので気をつけてください」

 くり抜きの木製汁椀から僅かに味噌の香りと湯気が揺らいでいた。
駅で見る立ち食いそば屋のどんぶりと同程度か小さいくらいの器である。

 妄想を見抜かれないように、早速男はほうとうの載ったお盆を引き寄せた。
大きめに切られたかぼちゃが存在を主張しているが、それ以外はありふれた具材で味を想像
しやすそうな構成である。
 そして麺。
すいとんや名古屋のきしめんのようなものと記憶の片隅にあった。
しかし問題がある。男はすいとんもきしめんも食べたことが無い。

「おいしそうな香りですね。じゃあ遠慮なく。いただきます」

 立ったままの女に見つめられる中、木製のレンゲをとり汁をすする。
どこか懐かしい、ほっと落ち着くような味と香りに包まれる。
 割り箸で麺を持ち上げる。幅広で厚さも程々にあるが濡れたリボンのようにくったりと
箸にしなだれかかってくる。
そのまま口に運び込む。勢いよくすするというより、食べるという感覚である。

「…………」

―― 小麦粉の香り、悪くない……。が、予想以上に柔らかい……。

「どうですか?」

 女から感想を求められる。男は一瞬迷う。

「……ええ。……しみじみというか、ほっとする味ですね」

「麺のほうはどうですか?」

「…………」

 そう聞く女の顔が少し意地悪に見えた。
 要らぬ気は遣わない遣わせない。
そう自分に言い聞かせ、男は素直に思ったことを口にした。

「……そうですね、小麦のいい香りもするしこれはこれでいいと思うんですけど、思ってたよりも
 だいぶ柔らかいですね。予備知識なしで腰のあるうどんのつもりで食べたら面食らうでしょうね」

「ぷっ、くっ……。あはははは、あはははは。ほうとうの、麺を食べて、面食らう。あはははは!
 パラダさんて楽しい方ですね。いえ、シャレのつもりで言ったんじゃないのは分りますけど」

「……どちらかといえば腰の強いうどんが好みなので、つい本音が出てしまいました」

 男の感想に女は笑う。
それでも悪い気はしなかった。あどけなさを残す笑顔と小鳥のさえずりの様な笑い声が心地よかった。

39 二回戦 第八試合 PBM! の人 VS やまなし ◆nac/9nxvbM :2011/08/20(土) 00:25:34 ID:rVEFJtVA0

「でも、パラダさんの感じたとおりですよ。もともとほうとうは手間をかけずに作る家庭料理が
 出発地点ですから、麺も基本的には全然手間ひまかかってないんですよ。
 水だけで小麦粉こねて延ばして切るだけで、こねてこねて足で踏んで一晩寝かして熟成させてとか
 そういう面倒な工程はほとんど無いんです。
 だから麺にコシなんて求めても無理なんですよね。そういう作り方じゃないですから。
 でも、郷土料理として有名になるに連れて、味や食感が求められるようになってきた。
 初めて食べる人が、うーん、となるよりは手間ひまかけても食感を少しコシのあるうどんより
 にしておいしく食べてもらったほうがいい。
 気がつけば有名店と呼ばれる店のほうとうの麺は固めになり、ほとんどが一杯千円以上の
 値段になりました。当然それを否定することは出来ないですし、値段に見合う料理だと思います。
 だけど、人にそれがほうとうかと問われれば私は自信を持って頷くことは出来ないですね。
 ……すいません、ちょっと長くなっちゃいましたね」

―― 名は体を表す。そのものな人ですね。当然といえば当然か……。
   でも、その熱意は嫌いじゃない……。

「私が食べてるほうとうは家庭料理のほうですか、それとも有名店のほうですか?」

 むやみに首を突っ込むことはせず、男は食べながら女に尋ねる。

「家庭料理のほうですね。でも、せんえつながら私が麺打ちしてますので素人料理かもしれません」

「それはよかった。正統なほうとうを食べたと自慢できます」

「あはは。有名店のほうとうを食べ比べしてみるのも面白いですよ。それぞれ個性がありますから。
 話は変わりますけど、パラダさんって案外まともと言いますか、実はとっても誠実な人なんですね」
 
「え……?」

 女の意外な切り替えに思わず男の箸が止まる。

「一回戦の様子ビデオ見させてもらったんですけど、正直、私こんな怪しげな人と戦って
 大丈夫かなって思ったんですよ。それで試合に関係なく会ってみればひととなりが分るかと
 思って手紙出したんですけど、返事はすぐ返って来るし、こざっぱりした格好だし、
 約束の時間通りに来るし、話し言葉も丁寧だしで、私、超安心しましたよ」

―― うぐぐ……。誠実な人認定されてしまいましたね……。
   喜ぶべきか悲しむべきか。まぁ私のパブリックイメージからすれば喜ぶべきでしょうが。

 シカトしてもよかったんですが、そういえばやまなしさんはちっぱいさんなことを
思い出しまして今日はその胸を拝みにきました。飛んできました。

 当然そんなことは口が裂けても言える訳がなく、墓穴を掘らないように男は慎重に言葉を選んだ。

「ははは、あの時はちょっとのっぴきならない事情がありましてね。
 まぁ誠実とはとても言えたものじゃないですけど、なんと言いますか、普段は普通に普通の人ですよ。
 そういう意味ではやまなしさんも同じじゃないですか? 前の試合のとき髪の毛ピンクでしたよね?」

「うっ、見られてましたか。普段はウィッグつけて誤魔化してるんですよ。
 ここの従業員はみんな知ってますけど、さすがにピンクだと目立ち過ぎますからね」

 話を遮るように、またしても厨房からのチャイム音が響いた。
すかさず女はテーブルの進み具合を確認する。

40 二回戦 第八試合 PBM! の人 VS やまなし ◆nac/9nxvbM :2011/08/20(土) 00:26:30 ID:rVEFJtVA0

「パラダさんビールもう一杯いかがですか。おつまみもお持ちしますので」

 グラスには三分の一ほどビールが残っている。
もともとの量が少なかったのかほうとうの椀も汁を除けば空に近い。

「ええ、ありがとう。喜んでいただきます」
 
 残ったほうとうの具をつつき、ビールを飲みきる。
空になったグラスを椀の載ったお盆に置きテーブルの脇に寄せる。
 いつのまにかテーブルに置かれたままのコップは汗で濡れ、コースターは水浸しになっている。
手持ち無沙汰を紛らすように、男はお手ふきでコップの汗とコースターに落ちた雫を拭う。
そうこうしてるうちに新たなお盆を持った女が表れる。

「お待たせしました。パラダさん、これ食べたことありますか?」

 男の前にビールと小皿に盛られた料理が差し出された。
たれ味の焼き鳥を串から外して炒め直したような料理である。
付け合せのサニーレタス。ししとうの緑。銀杏のような黄色の粒が彩りを添えている。

「焼き鳥……ですか?」

「同じようなものですね。熱いうちにどうぞ」

 女は多くを語らない。
言われるままに男は料理に箸をつけた。

 作りたての熱さと、焼けた甘辛いたれの香ばしさが口いっぱいに広がっていく。
食感は確かに記憶がある。無造作に、続けざまに放り込む。
 一旦ビールで舌をリセット。
そしてまたつまむ。砂肝、レバー。あとはいまいち自信がない。
味が濃いので酒がすすむ。一気にグラスが半分になる。

「これはいいですね。山梨の焼き鳥料理ですか?」

 紙ナプキンで軽く口の周りを拭きながら男は女に尋ねた。
 女の笑顔。しかし僅かに曇ったように見えた。

「……パラダさん。B級グルメに興味はありますか?」

 嫌な予感がする。
落胆させたかと思い、男は意識的におどけてみせる。

「えー、食生活はB級というかC級以下ですけど、……そういう問題じゃなさそうですね」

「ええ。実はB1グランプリというB級グルメの全国イベントでゴールドグランプリという賞を
 頂いたメニューでして『甲府鳥もつ煮』と呼ばれています」

「本当ですか? どうりで美味しい訳だ。……すみません、ちょっと勉強不足でしたね」

 気まずそうに男は頭を掻く。
しかし女は気にすることもなく笑っていた。

「あはは、気にしなくていいですよ。知らない人はまったく知りませんから全然大丈夫です。
 それにおいしいって言ってくれましたから、それだけで充分ありがたいですよ。
 パラダさん、よかったら日本酒いきませんか? 辛口の吟醸酒あるんですけど鳥もつ煮に
 合うと思いますよ」

41 二回戦 第八試合 PBM! の人 VS やまなし ◆nac/9nxvbM :2011/08/20(土) 00:27:52 ID:rVEFJtVA0

「いいですね。でも正直、吟醸酒と言われてもぴんとこないんですよ。私にはもったいないんじゃ?」

「いえ、こう言っちゃなんですが余り物なんですよね。あまり出ないお酒で封を開けたはいいものの
 その後全然オーダーが入らないというやつでして、まだ半分ほど残ってるんですよね。
 このまま注文が入らなければ流しに捨てられるという悲しい運命のお酒なので成仏させてやってください」

「そうですか。そういうことなら喜んで引き受けましょう」

 男の返事に女は身をひるがえしカウンターに向かっていった。
しばらくがらがらと音を立てた後、大袈裟な荷物を持って女は帰ってきた。
 テーブル中央に氷の張られた木桶を置き、次に小ぶりな木の枡に入ったグラスを男の前に一つ、
そしてテーブル対面に一つ。

「……あの、何ですか、この大掛かりなセットは?」

 いぶかしがる男の声には答えず、女はカウンターから大吟醸という文字がやたらと目立つ
色の濃い一升瓶を大事そうに抱えてきた。

「あはは、すいません。さっき言ったとおり、このお酒、社内規定と賞味期限の兼ね合いで
 今日廃棄処分になる予定でして、それはもったいないということで安く譲り受けたんですよ。
 それで、それとは関係なくパラダさんに今日来ていただいたんですけど、もし話が合う人の
 ようならサシで飲むのも悪くないかなと思いましてね。実は私、今日お休みいただいてまして。
 なんていうか妙な組み合わせですけど、よかったら付き合ってくれませんか?」
 
 そう言って女は少しいじらしげに笑った。

―― ぐはー、まさかのドリーム展開ですよ。
   誠実な人認定。…………侮れませんね。
   
「ええ。私のようなものでもよければいくらでも付き合いますけど……
 それにしても、木の桶に木の枡とは。何が始まるんですか?」

 湧き上がる妄想をひた隠しに隠し、男は尋ねる。

「あはは。雰囲気ですよ、雰囲気」

 一升瓶をそっと木桶に寝かせ、女は厨房から準備済みだったと思われる数種類の漬物と
茄子の田楽、そして新たな鳥もつ煮の小皿二皿を運んできた。

―― たぶん高価なお酒なんでしょうね。大吟醸って最高位なはずですから……

 一升瓶のラベルを眺める。
ひと目で高級手作り和紙という印象が伝わる台紙に、筆書きの大吟醸の文字が豪快に躍っている。

「じゃあ、いまお注ぎしますね」

 そう言って一升瓶を慎重に抱え、女は男の脇に立つ。
枡に入った小ぶりなグラスが見る見るうちに酒で充たされる。しかし女は手を止めない。
あふれた酒が枡をも埋める。
男の対面にあるグラスにも同様に酒を注ぎ、一升瓶を木桶に置く。

「それじゃあ失礼いたしまして……」

 そして男の向かいの席に女はゆっくりと腰を下ろした。

42 二回戦 第八試合 PBM! の人 VS やまなし ◆nac/9nxvbM :2011/08/20(土) 00:28:55 ID:rVEFJtVA0

―― 何かの礼儀作法テストですか…………?

 さしで飲むという絶好の展開になっているはずなのに、男はなみなみと酒を注がれた
グラスを前にして固まっている。

 ちらりと女を見る。笑顔を浮かべたままで動きはない。
枡にグラスが入っている絵は記憶がある。しかし単にコースターの代わりと思っていた男にとって、
枡にまで注がれた酒は理解不能なものだった。

 男は素直に女に尋ねる。

「……えー、すいません。これどうやって飲むんですか?」

「あはは、別に好きに飲んで構わないですよ。店によって器はそれぞれですけど
 いわゆる、もっきり。って飲み方ですよ」

 少し不安げな男を前にして女は楽しそうに笑う。

「あー、なるほど。もっきりってこれがそうですか。見たときはあるんですけどね。
 いつも銘柄とか関係なく安い日本酒をとっくりで飲んでますので気がつきませんでした」

「あはは、パラダさん正直ですね。雰囲気ですけど枡のお酒はひのきの香りがプラスされますので、
 好みでないようなら次からはグラスにだけ注ぎますよ。どうぞ飲んでみてください」

「ええ。じゃあ早速いただきます」
 
 グラスと枡の酒がこぼれないように両手で慎重に持つ。
そしてグラスに顔を近づけてすする。ある程度減ったところでそっとグラスを持って一口飲む。
さらに枡にも口をつけて飲む。

「……随分飲みやすいお酒ですね。時間差で遅れて喉が熱くなるような感じです」

「もともと飲みやすいお酒ですけど、さらにこれでもかってくらい冷やしてますからね。
 それこそ水のように飲めると思いますよ」

 女の言うとおり、その酒は日本酒の甘みや香りをあまり感じさせず、するりと喉に落ちていった。

 そして、そのせいか男がほんの少し目を離した隙に女のグラスはすでに空いていた。

―― 女房酔わせてどうするつもり?……ですか?
   さしつさされつさしすせそ。チャンス到来かもしれません。

「随分お強いようですね。……やまなしさん、私でよかったらお注ぎしますが?」

 冷静を装いに装い、男は一升瓶に手をかける。

「うふふ。……すいません、お客様を差し置いて私ばっかり飲んでますね。
 ……パラダさんもよかったらどうぞ」

 愛おしげに両手でグラスを持ち、少し恥ずかしそうに女は微笑んだ――――――

43 二回戦 第八試合 PBM! の人 VS やまなし ◆nac/9nxvbM :2011/08/20(土) 00:29:50 ID:rVEFJtVA0

―― 久しいですね、この感覚は。
   小さい胸という要因はありますが、幼女以外にときめくなんて何年ぶりでしょうか……。

 中身半分の一升瓶。
肴は茄子と漬物、鳥もつ煮。会話は山梨に限られた話題のみ。

 そしてテーブルの向かいには、頬を桃色に染めた女。

―― しかし、時が来たら魔法が解けたシンデレラのように、
   私もパラ田さんからパラベラムの人に戻ります。

 いつしか一升瓶は空になった。
盛られた料理は一口二口残すのみ。話題もそろそろ尽きかける。

 そして、女が頬を染めた理由も最初から分っていた。


 ゆっくりと店内BGMの音量が下がり、代わりに優しいオルゴールの音色が別れの時を告げに来る。

「うわっ、もうこんな時間すか。パラダさん話うまいから楽しくて全然気がつかなかったや。
 いやー、それにしてもパラダさんお酒強いですねー」

「ははは。体質ですかね、あまり酔わないんですよ。
 それでもやまなしさんには負けますよ。七割方やまなしさんが飲んだんじゃないですか?」

「うへー、そうですか? あはは、すいません。
 ……パラダさん、最後の最後で申し訳ないんですけどちょっと変なこと聞いていいですか?」

「……答えられる範囲でなら構いませんが」

 二十時五分前。
変わらぬ笑顔のまま、女は男に問いかける。

「あはは。あの別に嫌なら答えなくていいんですけど、パラダさんはこの大会に懸ける
 意気込みみたいなのあるんですか?」

 上気した頬が女をより幼く、純朴に見せる。
少し潤んだ黒い瞳には、最後までよこしまな影は映らなかった。

「……うーん、どうでしょうね。……まぁ、応援してくれる人はいますので頑張ろうかなとは
 思ってますけど、なにがなんでも勝つとかがむしゃらにとか、そういう感じではないですね」

「ですよねー。私もそんな感じだったし……」

 納得したのか、男の返事に女はうんうんと頷いた。
 男は女に聞き返す。

「なにか思うことでもあるのですか?」

「ええ。……何を今更って言われそうですけど、一回戦のときは気合がこう、山梨の為に
 負けられない!って感じになちゃって気がつかなかったんですけど、単純に私が勝ち進む
 ことによって山梨の宣伝になるなーって思いましてね。ほんとついさっき気づいたんですけど」

44 二回戦 第八試合 PBM! の人 VS やまなし ◆nac/9nxvbM :2011/08/20(土) 00:30:51 ID:rVEFJtVA0

「……そうですね、私も今日やまなしさんに誘ってもらわなかったら、甲府鳥もつ煮の存在は
 一生気づかなかったかもしれません。やまなしさんのおかげで鳥もつ煮のファンになりましたよ」

「あはは、早くも効果有りですね。郷土愛とかそんな大袈裟なことじゃなくて、単純に
 商業的な宣伝やアピールになればいいかなと思いましてね。
 まぁ、痛い思いをするのは私だし、何か戦う理由がなければやってられないってとこが
 本音なんですけど」

 戦う理由。
考えてもいなかった。そして男には何も思い浮かばなかった。

「……いいと思いますよ。どんな些細なことでも理由というか目的があればいざという時、
 心の支えになってくれますからね。何の意思も目的も持たない私よりは全然いいと思います」

「むむっ、対戦相手が結構マジになってるのに余裕っすね」
 
 男の返事に女は拗ねた子供のように口を尖らせる。

 男もわざとらしく胸の前で大袈裟に手のひらを広げた。

「いやいやいや。余裕なんて全然無いですよ。内心相当びくびくしています。
 ……ただ、不死身といいますか打たれ強さだけは誰にも引けをとらないと自負してますので、
 生半可な攻撃では私を倒すことは出来ませんよ」

「じゃあ一撃必殺の技をさらにコンボで繰り出すくらいしないと駄目ですか?」

 身を乗り出して女は問う。

 その柔らかそうな頬を、その華奢な肩を、ただ記憶に留めることしか男には出来なかった。

「…………たとえは古いですが、矢吹ジョーを沈めた力石徹ばりの渾身のアッパーカットでも
 貰わない限り私は倒れるつもりはありません」

「あはは、怖いなー。試合のときはどうぞお手柔らかにお願いします」

「ええ、こちらこそどうぞよろしく」

 名残惜しさを微塵も出さず、男は静かに答える。
いつのまにかオルゴールの音色も消えていた。もう席を立つ時が来ていた――――――

45 二回戦 第八試合 PBM! の人 VS やまなし ◆nac/9nxvbM :2011/08/20(土) 00:31:46 ID:rVEFJtVA0

「あのこれよかったらあとで食べてください。明日明後日には食べ頃になると思います。
 まだちょっと硬いので常温で保存して、食べる前に冷蔵庫で冷やしてください」

 別れ際、自動ドアの前。
男は女から底の広い紙袋を手渡された。口からは数個の桃が姿が覗いていた。

「桃ですか。さすがは山梨ですね。ありがとう、遠慮なくいただきます」

 紙袋を左手で持ち男は小さく頭を下げる。

「いやー、今日はパラダさんとお話できて楽しかったですよ。
 ただ試合のときは、それはそれ、これはこれ。と言うことで本気でいきますのでどうぞよろしく」

「ははは、望むところですよ」

 くすりと笑いながら男は答えた。
始めから終わりまで女の笑顔は眩しかった。
だがそれもドアの向こうに踏み出せば幻となって消えてゆくだろう。

「それじゃあ、パラダさん。ちょっと早いですけどおやすみなさい。気をつけて」

「ええ、やまなしさんもいい夜を。おやすみなさい」

 ゆっくりと男は女に背を向ける。

「ありがとうございました」

 女の声が背中に響く。
しかし男は振り返らず、右手を小さく上げるだけだった――――――


 駅に向かう遊歩道。
腕時計の針は二十時三十分。人通りはまばらになったが、並列する幹線道路では忙しそうな
車の群れがいまだ列を作っている。
 公園と呼ぶには狭すぎる場所で、明かりの消えた二台の自動販売機が選択ランプを走らせていた。
その前で数脚のベンチが飼い主を待つ犬のように静かに佇んでいる。
 歩みを止め、小銭を取り出し自動販売機に入れる。
ごとりと落ちた赤い缶の炭酸飲料を取り出し、男はベンチに腰をかける。
大して酒には酔っていない。それでも酔い覚ましの水を飲むように男は喉を鳴らす。

 一息つき、脇に置いた紙袋を眺める。

「やまなしさん。内心びくびくしてるのは本当ですよ。単に打たれ強いだけあって、私は他に
 何も持ってない。セクハラ的な攻撃を仕掛けたところで、あなたも勝つためなら躊躇無く
 セクハラ技を繰り出せる人だ、私の拳は届かない。
 それでも当然負けるつもりはありません。武士は食わねど高楊枝、つまらないプライドって奴ですよ。
 ……ただ、さっきは偉そうなことを言いましたが、戦う理由が欲しいのは本当は私かもしれません。
 正確に言えば戦う理由ではなく戦いを貫く力ですがね。
 応援してくれる人はいます。ただ残念なことに腐れ縁の憎めない愛すべき野郎どもでしてね。
 はは。声援がむさい連中の野太い声じゃかえってやる気がそがれますよ、趣味じゃない」
 
 一人男は笑う。

 ふと甘い香りに気づき、紙袋から白の保護ネットに包まれた桃をひとつ取り出す。
山梨産の桃というだけで、品種も値段も男には分らない。
 淡い赤と黄色のグラデーション。
女の言うとおり、まだ完熟には数日必要だろう。ただそれさえも男には女の優しさに思えた。

「ああ、そうか……。私にもひとつだけ戦う理由がありましたね」

 大切なことを思い出したように男は嬉しそうにつぶやく。

 男の手にした桃に、女のまばゆい笑顔が重なった。

46 二回戦 第八試合 PBM! の人 VS やまなし ◆nac/9nxvbM :2011/08/20(土) 00:32:49 ID:rVEFJtVA0

「邂逅……。めぐり合わせの妙ですか。
 やまなしさん、今日はありがとう。うたかたの逢引でしたがとても楽しい時を過ごせました。
 料理もお酒も美味しかった。それにわざわざお土産まで持たせてもらって申し訳ありません。
 お礼と言ってはなんですが、対戦者として恥じぬよう、私は、……私は、あなたのために戦います」



―― !?



 男の中で何かが目覚めた。

 曇ったフィルターを外したかのように景色が鮮明に色づいた。
そして打ち直され新たな魂を宿した刃の如く、全身の感覚が鋭く研ぎ澄まされていく。
 
「これは……?」

 類まれなる全能感が男の体を駆け巡る。
よどみのない高揚に包まれ、無意識に男はベンチから立ち上がった。

「……これが、……これが戦う者の力ですか?」

 そっと紙袋に桃を戻し、手のひらを見つめる。
走り抜ける風さえも捕らえられそうなほどに、爪の先までが意識と直結していた。

「……私もまだまだですね。またひとつ勉強になりました。やまなしさん、ありがとう。
 ……どうやらパラ田さんは還る時が来たようです」

 圧倒的な充実感に包まれたまま男は天を見上げた。
煌く星はどこにもない。しかし確かに男は満天の星を見た。

「……好敵手(とも)よ。
 あなたが郷土の英雄を名乗るならば、私は闇となり悪を演じてみせましょう! 
 これが我らの運命(さだめ)なら、私は全身全霊の拳をあなたに捧げましょう!」

 穏やかに、されど確固たる意思を持ち、男は夜空に誓う。

 しかし男には重大かつ致命的な問題が残されていた。そして最悪なことに男はそれに気づいていない。
確かに酒には酔っていない。だがしかし、男は激しく自分に酔っていた。

「我が名は PBM!の人! 私が体を預けるのは幼女のみっ!!! ジョインジョインハルカァァアアアアア!!!!!!」

 湧き上がる力のままに男は咆える。

 その声は、封印から解かれ、歓喜に震える魔王の咆哮のように、
星のない空の下、いつまでもいつまでも響き続けた――――――







  二回戦 第八試合 PBM! の人 VS やまなし



 PBM! の人、一身上の都合により出場辞退(案の定、酔っぱらいが騒いでいると通報され警察に御用。現在謹慎中)

 やまなし不戦勝。

47 二回戦 第八試合 PBM! の人 VS やまなし ◆nac/9nxvbM :2011/08/20(土) 00:33:57 ID:rVEFJtVA0

 俺の好き勝手にやっているので無効試合、没収試合、無かったことにして削除されても
何の不服も無い。

 前スレ>>972が目についた。
しかしキャラを把握どころか、キャラの呼び方さえ理解していない男に出る幕は無かった。
だがしかし、第八試合を書けと、悪魔の囁きに似た電波を男は受信する。

 そして男は、PBM! がパラベラム!の略であることを知った――――――


 俺が悪いんじゃない。前スレ>>124が眩しすぎたせいだ。
 
 さて、逃げるか。

(言うまでもないが、激しく自分に酔っているのは俺だw)

48 名無しさん@避難中 :2011/08/20(土) 00:42:56 ID:3mBEEpV60
しかし待ってほしい、「出場辞退」だ。

従って――大会の規定によると――

49 名無しさん@避難中 :2011/08/20(土) 00:57:31 ID:.gieYGes0
124 名前:名無しさん@避難中[sage] 投稿日:2011/01/23(日) 18:59:05 ID:yDVc0zuo0
 __[警]
  (  ) ('A`)  ←PBM! の人
  (  )Vノ )
   | |  | |


これかw 乙ww
ん、リザーバーがでるのか?

50 名無しさん@避難中 :2011/08/20(土) 01:26:42 ID:oWaEOiD.0
なんてこった……
なんてこったよwwwwwwww

51 名無しさん@避難中 :2011/08/20(土) 04:35:01 ID:aSqpbzf60
師匠を見事に操ったw なんという策略家www

52 ヘ ノ : ヘ ノ
ヘ ノ

53 パラ田 ◆1m8GVnU0JM :2011/08/20(土) 19:53:29 ID:scXw3FMc0
 (全裸になって)裸 だ っ た ら 何 が 悪 い !

 (シートにくるまれて連行されつつ)ハルカー! ハルカー!

54 名無しさん@避難中 :2011/08/20(土) 20:01:11 ID:HQHUupa60
これでロボスレの生き残りは遥さんひとりになってしまったか……何が起こるかわからんから怖いなw

>>53
また懐かしいネタだなオイwww

55 名無しさん@避難中 :2011/08/21(日) 23:29:44 ID:gLcCBkp6O
このトーナメントが始まったのはまだ寒い1月だったか…
時が経つのははやいもので

56 名無しさん@避難中 :2011/08/27(土) 17:35:00 ID:60brgvSA0
【二回戦 第二試合 一条遥 VS フーリャン】

いただきます

57 名無しさん@避難中 :2011/08/27(土) 17:36:23 ID:60brgvSA0

大魔女「バクサーレ メコレッ!!!!!!!」
ズドオオオオオオオォォッォン!!!!!!!!!!!

遥「なんのっ!!」

ワアアアアアアアアア!!

アンテナ『いやあようやくはじまりましたね、二回戦第一試合! 創発きっての勢いを持つ巨大スレVS超人スレ! 観客たちも凄まじい熱狂ぶり!!』

柏木『それにしてもいきなり飛ばすねえ』

アンテナ『かたや世紀の大魔女(20)、かたや魔法少女(19)、両者結構いい年してアレです!!』

柏木『声荒げてる君も相当だよ』


大魔女「メコレボンブ バクサス メコレッ!!!!!」
バババババッ
《爆発の弾幕が襲いかかかる》

遥「ぐうっ!」
ギリッ


ルガー『そっちは危ないよ!』

ワラース『馬鹿正直に誘導されてやがるな…ヒヒヒ…』

サナバー『それにしてもやり過ぎじゃないか』

リヒト『あれぐらいなら丁度いいって、ちったぁ揉まれてきたほうがデカくなる』

ウ詐欺<おっぱいの話ですねわかります>

リヒト『断じて違う! ロリの巨乳など邪道も邪道、ナイチチこそ未完にして究極の芸術よ!』

ボケ妹『突っ込む所そこかよ!!!!!!!!』

マリモス『ほう、リヒトさんと言いましたか、あなたとは気が合いそうですね』

亀『それにしても神子といったか、ロボの世界で魔法使いのようなものが存在するなんて興味深いな!!!! 今度取材させてくれ!!!!!!!』
パシャ

玉藻<おっと、まどかを撮るなら私を通してもらおうか>

まどか『こらこら、たまちゃん』

珍獣「それよりもはやくしないとお弁当なくなっちゃいますよ!」

ライ「いやs」

ボケ妹「いやそれより試合の心配しろよ!!!!!!!!!」

ライ「………」

ねこ「……あっフーリャンちゃんが危ないよう!!!!!」

ライ(こいつらなんで普通に馴染んでるんだ……)

58 名無しさん@避難中 :2011/08/27(土) 17:37:05 ID:60brgvSA0

ギャンッ!!

大魔女「くっ…まさか爆炎の中を突っ込んでくるなんて正気の沙汰じゃないわ」

遥「心頭滅却すれば火もまた涼し、ってね!!」

大魔女「だったら頭の中まで燃やしてやるまでよ!!! ハイドボム バクサーレ メコレ」
ドドドドドドドドドドドドォーーーーーーーーーーンッッ!!!!!!

遥「負けるもんかっ!! Go a head!!」
ダッ

アンテナ『なんとーっ!! 一条選手一切臆する事なく突き進んでいくーっ! 凄まじいガッツです!! かつてこんな勇ましい幼女(19)がいただろうか!! 』

ズドドドドドドドドドドドドォーーーーーーーーーーンッッ!!!!!!

《遥は致命傷だけをギリギリ避けて弾幕が薄い所を無理やり通り抜ける!》

大魔女「ちっ……ドン・レイファブリアイズ バクサーロード……」

遥「フィジカルスリーパー!!」
ガシィ!!

大魔女「くっ……いつの間に!!!!」

遥「確かに凄い威力の魔法だけど、この狭いリングじゃ自分や施設そのものも巻き込みかねないからね。そこに付け入る隙があるっ!」

ギシギシ……

遥「そしてこの距離とこの締め付けなら、得意の魔法もっ!」

大魔女「……」
ブリブリブリッ!!!!!

遥「くさぁっ!!」

《黙唱…フーリャンは詠唱なしでウンコ メコレを発動させていた》

アンテナ『あーっと一条選手流石にこれには腕が緩む! その隙にフーリャン選手脱出!!』


大魔女「ふん……ちょっと侮り過ぎたようね。フワラル レーロー メコレ!」
バサァッ

アンテナ『おっとフーリャン選手の背中から翼! 得意の飛行魔法です!』

柏木『あれでは一条選手は手が出せないか?』

遥「ならこっちも! 変☆身っ! 魔法少女フィジカルハルカ!」
パアァーッ!(変身バンクショートver)

59 名無しさん@避難中 :2011/08/27(土) 17:37:39 ID:60brgvSA0

遥「いくら空高く飛べてもここは地下! つまり高度も有限!!」

ダッ!

はさみさん『跳んだ!』

遥「きらめけブリューナク☆スーパージャンプ!!」
ギュオオオオオオン!!

串子『これは……槍から放出されたビームで加速!?』

グググ……

アジョ中『いや、これはむしろ……!』

グワン!
《ガン○ムのサーベルみたいにビームが凄い撓った!》

霧崎『まるで棒高跳び、といったところじゃな』

ゴオオオオオオオッ!!

大魔女「ハッ わざわざ飛び込んで来てくれるとは助かるわ!!!!! 魔体術『爆走』!!!!!!」
グッ!!!!!!

ドカーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!

《天井に爆風を当てて無理やり向きを変えると、その勢いをマントに受け帆船のように突っ込んできた》

遥「!!?」

グワシ!!!!!

アジョ中『あの体勢から空中の相手を掴んだと!』

大魔女「大魔女脳天逆落とし!!!!!!!!!」
ギャルギャルギャルーーーーーーー

SSP『空中でバックドロップ!?』

ギャオウン!!!!!

遥「〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッッ!!!」

アンテナ『勢いよく天に昇った一条選手、今度はそれ以上の速度で落ちていくーっ!!』

柏木『しかもそれだけじゃあない』

大魔女「フン、これで心置きなくブッ放てるわ!」
ゴゴゴゴゴ……

山梨『落下の最中じゃあ防御のしようがない……初めからこれが狙いだったわけね!』

一条彼方『お姉ちゃん!!』

発子『来るわ……彼女の最大級の魔法が!!』

「ゴクリ……」

60 名無しさん@避難中 :2011/08/27(土) 17:38:11 ID:60brgvSA0

大魔女「リアル ビッグ ウンコ メコレ」
ボンッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

「最大級のウンコだったァーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!」
ブブーーーーッ!!!!!!!!!!!!!!!


ドバッシャァアアアアアアアアアン!!!!!!!!!!!!


アンテナ『超巨大ウンコ落下ァァ!! 一条選手の姿は当然見えません! 当然あのウンコの下敷きになったと見るべきでしょう!! なんと恐ろしいフーリャン選手のウンコ魔法! これは決まったかーーっ!?』

柏木『君はそんな連呼していていいのか……待て、様子がおかしい』



<――――汝、平和を欲さば、戦への備えをせよ>


カッ!

ズドオォォオオオオオオオオオン!!!

アンテナ『ウンコが爆発したあああっ!! これはどういう事でしょう……いや、その答えは一つしかありません!!』

柏木『あれは……あれこそが一条選手の使役する漆黒の機械人形<オートマタ>――』

<システム、戦闘モードへ移行します。マスター、反撃の許可を>

『――M-12 リヒター・ペネトレイター!!』


「うおおおおおおおおおおおおお!!!」

「ローボ!! ローボ!! ローボ!!」

「ローボ!! ローボ!! ローボ!! ローボ!!」

「ローボ!! ローボ!! ローボ!!」

「ローボ!! ローボ!! ローボ!! ローボ!!」

アンテナ『これが、これこそがロボスレ! ついに登場した真打に会場はロボ一色です!!』

「パーーーンチラ!!! パーーーーンチラ!!!」

アンテナ『……ロボ一色です!! ロボ一色です!!!』

遥「待たせちゃったね……それじゃあ、いくよリヒター!」

リヒター<イエス・マイマスター>
ゴウッ

アンテナ『デカい! しかし速い! まさに疾風、まさに弾丸! バリアを解除して一気に突っ込む!!』

ムクッパ『だか……彼女も速い』

61 名無しさん@避難中 :2011/08/27(土) 17:38:34 ID:60brgvSA0

大魔女「韋駄天足!!!」

ビュッ

遥「かわした!?」

大魔女「マッサツ メコレ」
ガキキキキィン!!!!!!!

亀『すげえ嫌な音がするぜーー!!!!』

リヒター<……………>

大魔女「涼しい顔してくれるじゃない……流石にこれは骨が折れそうね。とはいえ長引くと面倒くさいし……」

スッ

大魔女「こっちも頭数を増やさせてもらうとするわ。カクリオ リフル メコレ!!!」

柏木『なるほど魔獣の召喚で対抗する気か』

ほっしー『あの召喚術はわしが育てた』

ボシュウウウウウ

「!!!!!!」
鑑賞用筋肉魔獣 アポロ
ドドン!!

大魔女「即効でブッアレすわよ!!!!!」

アンテナ『でかいっ! そしてナイスマッスル! 体格ではリヒターに勝るとも劣らないぞーっ!!』


アポロ「!!」

リヒター<マスターはやらせん>

《アポロの攻撃をリヒターが盾になって防ぐ》

大魔女「背中向けてんじゃないわよ!」

遥「リヒター、ブースト!」

ガシイイイイイン!!

《後ろから追ってきたフーリャンの攻撃をマナのバリアで防いだ!》

大魔女「硬い癖にバリアまで自由に張れるわけ!?」

サナバー『なんという息のあった連携じゃ……まったく隙がないぞ』

62 名無しさん@避難中 :2011/08/27(土) 17:38:49 ID:60brgvSA0

大魔女(それにしてもこのメカ…魔力で動いてるようだけど何かおかしいわね。さっきから魔力の流れが滅茶苦茶だわ!)

リヒター<もらう!>

大魔女「あんたにやるもんなんかないわよ! レレレイド ザンガ メコレ」
バリバリッ

遥「今だよリヒターっ!!」
ギュウン

大魔女「!?」

アンテナ『おっと回避したかにみえたフーリャン選手! しかし光のダガーが伸びる!』

ズバッ

明日名『これは……出力が瞬間的に増幅したのか?』

平賀『どうやらあれはただのカラクリ人形ではなさそうじゃな』

キッコ『ふむ、女子のほうからか魔素が流れ込んでおるの。ああ見えて案外あれはむしろ我らの側に近い存在なのかもしれん』


大魔女(ちっ……またマントっ!!! 三つ編みおさげ一人なら魔力を持て余していたみたいだけどこれは厄介ね……それなら!!!!!)
「カクリオ リフル メコレ!!!」
ボシュシューン

「じゃじゃ〜ん!」
精神攻撃用毒舌魔獣 リリス

「むちゅちゅ〜〜〜〜ん」
身代わり口吸い魔獣 ディアボロ

アンテナ『フーリャン選手ここで残りの魔獣も投入! 三つのしもべに命令だァー!』

柏木『資料によるとあまり戦闘向きではないようだが、さてどうするのかな』

大魔女「あんた達は全員で三つ編みの相手してなさい!!!! あのメカは私がブッアレす!!!!!!!」


まどか『オートマタが最大限の力を発揮できるのは神子との連携があってこそ…どうやら彼女はそこに目をつけたようですね』

ワラース『いひゃひゃひゃ!!! 互いに対戦者以外とやりあうなんてどんな試合だよ!!!!!』

かのたん『まあそこは適材適所でしね』

リヒト『チームプレイは大事だからな』

ヘンヨ『まったくだ』

ツカサキ『しっかしそう簡単に分断できるかねぇ?』

チャンダーン『行けーフーリャン様〜〜!!!』

ライ(めっちゃ増えてる! ってか席取られてる!)
ゴーーーーーーン

珍獣『あれ、ライディーンさん居たんですか』

63 名無しさん@避難中 :2011/08/27(土) 17:39:07 ID:60brgvSA0


リヒター<対多数は慣れたものだ……!>
ギュオン

大魔女「ジ アーレ メコレ……ふざけた瞬発力たけど接近するのがわかっていれば!!!!」

リヒター<!!?>
カチッ

ドオオオオオオオオン!!!!!!!!

マチコ『あらら、地雷を設置する魔法まであるのね』

遥「リヒター! って何これ邪魔っ……来ないで!!」

ディアボロ「むちゅ〜ん」

大魔女「でかしたわ! エブリル フォッサマグナ バクラージ メコレ!!!!」
ズドドドドドォォォーン!!!!!!!

《地面から大量の火柱が噴き出し壁を作り出す》

遥「ええいこんなっ!」

リリス「あんたの相手はこっちだよ〜森羅万象おめめ『モノリスっぽいの』!!!」

アポロ「!!!!!」
ぐぐぐっ……もりもりもりっ

アンテナ『火の壁・鉄の壁・肉の壁〜!!! 三つの壁が一条選手とリヒターを分断したぁッ!!』

柏木『決して強固ではない。そして恒久的とも言えない。だが二人をそれぞれ釘付けにするには十分だね』

遥「リヒター! 私は大丈夫だから、思いっきりやっちゃって!」

リヒター<イエス・マイマスター!!>

大魔女「意外とすんなり切り替えてきたわね。まあどっちみちブッアレすだけだけど…ハム バクサボ メコレ!!!!!」
ボゴゴォォーッ!!!!!!

アンテナ『凄まじい爆音!! 地面ごと吹き飛ばす気かーーっ!?』

柏木『いや、狙いは……!』

大魔女「対メカ魔体術――」

リヒター<土くれと爆炎に紛れたか!>
ピピッ……

直りん『炎の中でわざわざ氷結の拳? いえ…あの両手は……』

大魔女「――反属性パンチ!!!!!」
ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド!!!!!!!!!!

64 名無しさん@避難中 :2011/08/27(土) 17:40:42 ID:60brgvSA0
アンテナ『速い速い速ーい!! フーリャン選手怒涛のラッシュ!! しかしこれは効いているんでしょうか!?』

柏木『確かに普通の打撃なら大した効果はないだろうが、あれは魔法の力を身体に宿す魔体術。その効果は……』

ジークリンデ『炎と冷気に連続打撃……なるほど金属疲労狙いってわけね』

《金属疲労――急激な加熱と冷却を繰り返したりすると起こるっぽい現象》

大魔女「オラオラオラオラオラオラ!!!!!」
ドドドドドドドドドドドドドドドドドドド!!!!!!!!!!

リヒター<黙って受けるわけにはいかない!!>
ギュオオン!!!

大魔女「――ッ!! ハード ガドロワ メコレ!!!」

バッギャアアアア!!

アンテナ『ああっ! リヒター反撃の貫き手がフーリャン選手を捉えたーッッ!!! これはついに決着か!?』

柏木『いや、彼女は直前に防御魔法を発動させていたようだ。しかし……』

大魔女「防ぐのが遅れたとはいえこの威力……まったくもってふざけてるわね……」
ボロッ

アンテナ『フーリャン選手立ち上がったがどう見ても大ダメージ!! しかしとっておきの対メカ魔体術が効かなかったのはどういう事だーっ!?』

???『説明しよう!!!!』
バッ

新野『一見して只の金属に見えるオートマタの装甲だが――』

フォード『それを構成しているのは超極小の機械群、ナノマシン』

ユノー『このナノマシンがまるで有機生物の細胞のように成長と分裂を繰り返すことで――』

悪山『表皮、すなわち装甲を再生する事が可能となるのじゃ。より強固なものとなってな!』

「なんだナノマシンか」
「ナノマシンならしょうがないな」

アンテナ『よく分かりませんが説明ありがとうございます……ってか博士多っ!! 流石ロボスレ、白衣で1ブロックが埋め尽くされています』


亀『体力だけじゃなく身体そのものも回復できるなんて無敵じゃないか!!!?』

たま<ハハハ……苦しゅうない、もっと褒め称えよ>

まどか『まあ本当にそれで全部済んだら良いんですけどね』


リヒター<……次は直撃させる。死にたくなければ降参しろ>

大魔女「生きてもない奴が今さら偉そうな口叩いてんじゃないわよ!! 戦闘兵器ならごちゃごちゃ言わずにかかってきなさい!!!!!」

ウ詐欺<あらあら酷い言われようですね>

リヒター<……ならばそうさせてもらう>
ググッ……ゴオオオオオッッ!!!!

65 名無しさん@避難中 :2011/08/27(土) 17:42:15 ID:60brgvSA0
柏木『来るぞ…リヒター・ペネトレイターの十八番、「とっつき」だ』

《リヒターは背中のブースターを全開にして突っ込んできた!》

大魔女「!!」
バッ

リヒター<貴様の回避行動は既に見切っている>

大魔女「……カキン チンクルァ メコレ!!!」
ピキッ

バゴォォオオオオン!!!

アンテナ『フーリャン選手は魔法によって身体を硬化させたのかッ!? しかし関係ないと言わんばかりにリヒターこれを吹き飛ばし、叩き付けた壁をも粉砕するーーーっ!!』

ガラガラッ
大魔女「ぐっ………」

アンテナ『瓦礫の中からフーリャン選手再び立ち上がる! しかし……やはり大ダメージは免れていない! 完全に満身創痍!!』

ボケ妹『あいつまともに受けやがったぞ!!!!!』

リヒター<もう一度だけ警告する。降参しろ。貴様に次の手はない>

大魔女「ゲホッ…手がない? ……手がないってのは……今のアンタの状態を言うんじゃないの?」

ピシッ……

リヒター<!!?>

ピキピキッ……

柏木『これは!』

パキィィィン!!!

アンテナ『ななななんと! 攻撃を放ったはずのリヒターの拳が砕け散ったぁーーッッ!! 一体全体どういう事だぁ!!?』

『またまた説明しよう!』

大江戸『ナノマシンと言えど小さいだけで機械である事に変わりはない』

十字『先の攻撃による負荷そのものは少しずつではあるが、確実に蓄積されていた』

天農『そこに超高速の一撃。止めを刺したのは自らが放った衝撃の反動というわけだ』
ズララ〜〜ッ

アンテナ『な、なるほど……つまりナノマシンも万能ではないと?』
(解説の順番取りで並んどる……)

柏木『そもそも自動修復が備わっているという事は破壊を前提としている事に他ならないからねえ』

66 名無しさん@避難中 :2011/08/27(土) 17:42:48 ID:60brgvSA0

リヒター(利き腕の修復には時間がかかるか。ダガーでの攻撃は可能だがマナの残量も減ってきている。ここは一旦……)
ザッ

大魔女(流石に魔力的にも体力的にも結構厳しいわね……リリス達はうまく抑えてるかしら)
チラッ

《距離をとった両者は同時に戦況を確認しようとしていた。しかし!!》


遥「でね、私も猫のほうが好きっていったら『同じ』だねーって!」

リリス「あー何かそれっぽい。っていうかあのロボットも猫っぽいよねー」

遥「うそ、わかる? ぱっと見ドーベルマン系なんだけどあの子結構猫ネコしてるんだよね……あ、でも最近私に似てるって言われるかも」

リリス「えーじゃあそれって自分も猫って事じゃん…まあ一条はどう考えても虎だけど」

遥「リリスちゃんそれひどーい!」
きゃいきゃい

リヒター<………>

大魔女「………」

よし子『めっちゃ打ち解けてるーーーー!?』
ずーーーーーーン


メルフィー『遥さん今試合中ですよ!?』

遥「はっ……こんな事してる場合じゃなかった!!」

大魔女「リリス!!! あんた達もなにボサっと突っ立ってんのよ!!!!!!」

リリス「あはは、ごめんよ大魔女〜」

遥「集中っ!」
ざくっ

《遥が杖をを突き立てるとそこから魔力(マナ)が放出される》

探知桃花『これは……竜脈の流れに乗せて気を……違う、まさかそれすらも取り込んで?』

イリコ「あんな距離からでも飛ばるんですかン!!!!?」

サナバー「いかん! あれだけの量と密度、回復どころではすまされないぞ……」

遥「リヒター……一気に行くよ!!」
ギュオオオオオオオン

リリス「大丈夫だよジジィ〜」

オオオオオオン

《三重螺旋となってライフル弾のように走る魔力(マナ)。その先にあるのは――》

67 名無しさん@避難中 :2011/08/27(土) 17:43:13 ID:60brgvSA0
――――カッ

ディアボロ「ちゅむちゅー……むちゅっ!!!!」
《フーリャンの魔獣》!!!


リヒター<マスター!!!>

遥「えっ……うそ、リヒターじゃ……ない!?」

ドン!!

アンテナ『何が起きたのか!? 魔力とやらが見えない一般ピーポーにはサッパリですが一体全体どういう展開になっているんでしょうこれは!!? 流れを見るに魔力供給に失敗したのでしょうか!?』

リリス「お喋りしてる間に幻影投射をかけておいたんだよ〜 ごめんね一条〜」

《幻影投射――読んで字のごとく》
ドドン!!!!!!!!!

大魔女「でかしたわ!! トドメよ……バクエング バクサドン メコレ ギオッ!!!!!!!!!!」

カッ

ズドオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオォォォォォォォン!!!!!!!!!!!!


アンテナ『さ、炸裂ーーっ! これが上級呪文『メコレ』を上回る『ギオ』ッ!! 恐ろしすぎる威力っ!!』

柏木『しかし、あれは――!』

シュゥゥ……

リヒター<マスターは……私が……守る……!>

ドドンッ!

大魔女「アイツ……いつの間に……!!!!」

リリス「しかもなんか見た目がパワーアップしてるよ〜?」

《一瞬! フーリャンが呪文を唱え終わるまでの一瞬にリヒターが飛び込んでいた!!》

リヒター<しかし……どうやらここまでのようです……申し訳ありません、マイ…マス…タ……>
ヒュオォン……

センジュ『一度に大量のマナを消費しすぎたか。再起動には相応のエネルギーが必要だが……』

大魔女「はぁ……はぁ……とにかくこれでようやくチェックメイトね!!!!」

遥「……っっ!!」

リヒト「もういい、ギブアップしろ遥。これ以上は無理だ!」

遥「嫌です!!」

リヒト「何のためにリヒターが庇ったと思ってんだ。お前は半人前だ、一人で戦ってるわけじゃないんだぞ」

遥「だからです師匠、一条遥はひとりじゃない」

68 名無しさん@避難中 :2011/08/27(土) 17:44:38 ID:60brgvSA0
マチコ「フフ、強情な弟子をもったものね」

草川「あれをやるんだな、一条」

ルナ「私たちも応援するわよ!」

メルフィー「遥さん、こっちはいつでもOKです!」

隆昭(え……なんでこの面子で俺だけ何も知らないわけ?)

リヒト「しょうがねえな、どんな策があるかは知らんが、その代わり……勝てよ!」

遥「はいっ!! これが……これが私たちの、最後の切り札!」
キュォォ……

トエル「ふぇ…カードがけんじゅうに!」

炎堂「魔法少女にロボット使いの神子ときてお次はなんだァ!?」

《地面に描かれる魔方陣を打ち抜く遥》

キュイイイイイン

石川『ちごうからくりが出てきとるよ!』

ウパ太郎『これは……平行世界の力であるか』

ゴゴゴゴゴ……

柏木『あれは……本来の存在とは異なるもうひとつのアストライル・ギア――ヴィルティック(わっふる)!!』

ザザン!!

「ハールーカ!! ハールーカ!! ハールーカ!!」

「H・R・K!!H・R・K!!H・R・K!!」


大魔女(とんだ隠し玉を抱え込んでたわね……今度こそ魔力の残量がヤバイわ……)

遥「行くよメルフィー! シャッフル!!」

ヴン

<トランスインポート・ウイング>

アンテナ『でかいっ! その大きさは先の二倍以上……10メートルはありましょうか!! その巨体が!!」

ゴオォォォォッ

アンテナ『舞い上がる!! 天高く――』


遥「あっ」

メルフィー「えっ」

大魔女「は?」

69 名無しさん@避難中 :2011/08/27(土) 17:45:58 ID:60brgvSA0

アンテナ『――そう、天高……く……?』


ずぼっ


『突き刺さったーーーーーーーー!!!!!!!!!!』

《勢い良く飛翔したヴィルティックは頭から天井を突き破って挟まっていた》



まどか『…………』

ねこ『……うん』

リヒト『まあ……』

ウ詐欺<……デカ過ぎましたね>

サナバー『そうじゃな……』

ちーん


遥「ごっ…ごめん、つい勢いで……」

メルフィー「いえ、私も迂闊でした」

遥「あっ……これどうにか動かせないかな」

メルフィー「……天井が崩れる恐れが」

遥「……」

メルフィー「……」


アンテナ『とういう事は……』

柏木『規定に従うしかないねえ』

よし子『そ、そこまでだーーーっ!! ……ってコレでいいのかーーーーっ!!!?』
カァーーン


【二回戦 第二試合 一条遥 VS 大魔女フーリャン
リングアウト復帰不能により……
               勝利者:フーリャン】

大魔女「……」

ヒューヒュルヒュル……

大魔女「な  に  よ  こ  れ!!!!!!!!!!!!」

ズズーーーーーーン

《to be continued》

70 名無しさん@避難中 :2011/08/27(土) 17:47:29 ID:60brgvSA0
投下終了

はじめにオチありき。

71 名無しさん@避難中 :2011/08/27(土) 18:00:44 ID:G6CxotZ.0
おおー! おつおつ
キャラがすごく活きてる
オチワロタw

さて、長かった2回戦もあとはハルト閣下vsシロちゃんだけか

72 名無しさん@避難中 :2011/08/27(土) 19:16:38 ID:I/pG7J6QO
投下来てたコレ!!
乙!!!!!

73 名無しさん@避難中 :2011/08/28(日) 02:29:27 ID:E8pH/z7E0
 ああ! ウチの娘の試合投下されてた! ちんたらしてる間に完全に先を越される形になってた!

>>70
 乙です! 超乙です!
 よく頑張った! 遥さんもペネ子もよく頑張った! 二人とも頭なでなdジョインジョインハルカァ
 まさかわっふるの方まで使っていただけるとは感無量ですイィヤッホォォゥ!!
 それにしてもタカ坊だけハブられててワロタw


 さて……書きかけの第2試合になるはずだったものはどうしましょうか……。

74 名無しさん@避難中 :2011/08/28(日) 06:04:08 ID:7pUcHYDk0
ライと空気さん不憫w

75 名無しさん@避難中 :2011/08/29(月) 22:57:42 ID:s0pkPmzoO
>>73
>  さて……書きかけの第2試合になるはずだったものはどうしましょうか……。


詳しく話を聞かせてもらおうか

76 ◆1m8GVnU0JM :2011/08/30(火) 12:43:32 ID:hFlnyBKg0
>>75
 パンモロー博士を戦わせる予定だったんじゃよ!

77 名無しさん@避難中 :2011/09/02(金) 15:17:08 ID:Ju0MzDY60
wiki更新した
最初にやってくれてた人じゃないから不足分やおかしいところは各自修正よろしく。

PBMの人vsやまなし はやまなっちゃん勝利で収録したけど
リザーバー戦になるなら追加してやってください。

遥vsフーリャン はスレに投下されたショートバージョンのままです。


番外編のD君の話は何処にいれたらいいだろう?
鬼子vs青森さんの試合中の話らしいんだが
陽太vsウパの試合が先に済んでるらしくてどうしようかと。




《未消化試合》
第三試合 S.ハルトシュラー VS マシロ

78 名無しさん@避難中 :2011/09/02(金) 15:36:28 ID:CZOso4fo0
番外編でまとめてみたらどうかね?

79 名無しさん@避難中 :2011/09/02(金) 15:43:50 ID:e0euvAw20


80 名無しさん@避難中 :2011/09/04(日) 01:01:36 ID:D.VpR3M20
乙です

一人遊びのは単純にボツ稿タレ流しなんで現状でokです、いらん事して申し訳ない

81 名無しさん@避難中 :2011/09/05(月) 17:02:15 ID:VQBfTWGYO
まとめ乙ちゅ

82 名無しさん@避難中 :2011/09/10(土) 21:09:17 ID:r15SNSa20
>>76
http://loda.jp/mitemite/?id=2426.jpg

83 名無しさん@避難中 :2011/09/10(土) 22:16:14 ID:PVjb/xA.0
これはwww

84 名無しさん@避難中 :2011/09/11(日) 04:31:26 ID:GUP6x5jc0
ちょwww

85 名無しさん@避難中 :2011/09/11(日) 11:37:02 ID:EogMCwbc0
>>82
 ふぅ……。

 パンモロー博士はかわいいなあ!!!!

86 名無しさん@避難中 :2011/09/11(日) 12:27:44 ID:5UqSJJrM0
イイヨーエロイヨー

87 名無しさん@避難中 :2011/09/20(火) 13:41:30 ID:IP2x8ZssO
エロトーナメント

88 名無しさん@避難中 :2011/09/20(火) 17:06:19 ID:/Jw0IaqA0
   _|\
  \   |
 </ ̄ ̄\
 /   _ノ  \        …………。
 |    ( ◎)(◎)
. |     / ̄ ̄ ̄\
  |    \ ̄ ̄ ̄フ
.  |      ̄ ̄} ̄
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、

89 名無しさん@避難中 :2011/09/28(水) 17:21:57 ID:ZDntQiRIO
大乱闘創発シスターズ

90 名無しさん@避難中 :2011/10/07(金) 22:54:11 ID:XnVLQrugC











91 名無しさん@避難中 :2011/10/07(金) 23:52:57 ID:ih74cEbQ0




…ん?

92 名無しさん@避難中 :2011/10/24(月) 22:22:11 ID:9lnYwiKYO
(^人^)

93 名無しさん@避難中 :2011/11/07(月) 19:00:26 ID:vdDELBiUC
迎えるか一周年


余裕で迎えそうだな……

94 名無しさん@避難中 :2011/11/07(月) 19:03:46 ID:FyyM8ek.0
もうマックスコーヒーが主食の生活は嫌だお

95 名無しさん@避難中 :2011/11/24(木) 20:47:16 ID:PNH1sAdIO
ぬッッッッ








るッッッッ








ぢッッッッ

96 名無しさん@避難中 :2011/11/27(日) 18:19:17 ID:.gripqjAO
(;D)| ̄|_

97 名無しさん@避難中 :2011/12/07(水) 08:59:40 ID:IIZ2S11QO
( `;ω;)o彡゚

98 名無しさん@避難中 :2011/12/27(火) 11:56:37 ID:QBcoYFRsO
こねままじゃ一周年になっちまうぜっ……

99 名無しさん@避難中 :2012/01/06(金) 01:27:48 ID:1OXLKMzEO
age

100 ◆KazZxBP5Rc :2012/01/21(土) 22:31:56 ID:gCJJ3PvE0
第三試合 S.ハルトシュラー VS マシロ
投下します

101 二回戦 第三試合 S.ハルトシュラー VS マシロ ◆KazZxBP5Rc :2012/01/21(土) 22:32:43 ID:gCJJ3PvE0
SSPことニール・アルバート・フロントフィールドは、トイレで用を足していた。
観客用のトイレが混雑していたので、選手用のトイレまで足を運んだ。
ここにいると会場の喧騒がまるで嘘のようだ。
落ち着いた気分で水を流し、洗面台で手を洗う。
そのまま去ろうとしたまさにその時だった。
ガタッ。大きな音が掃除用具入れの方から聞こえてきた。
用具が倒れた音にしては鈍い。もっと大きな質量が動いた音のように聞こえた。
ニールは用心しつつ掃除用具入れに近づき、そっと扉を開いた。
「――!!」

「二回戦も残すところこの一試合となりました! さあ、両選手に登場していただきましょう。
 S.ハルトシュラー・アーンド……あれ?」
アンテナさんの締まらない声を受けて「二人」がリング上に姿を現す。
一方は、一見ドレスを身にまとった少女、されどその実体は『創発の魔王』、ハルトシュラー。
他方は、鍛え上げられた肉体を風に晒しながらも、素顔だけは決して見せない、
「スイカだーっ!」
スイカの皮で顔を覆った男、リザーバーのすいかさんだった。
「マシロ選手はどうしたーっ!」
すかさず審判よし子からのツッコミが入る。
すいかさんは答えた。
「彼女ならもう……来ないと思うよ。」
その発言の纏う空気に、会場が凍りついた。
言い方からして、彼が何かを知っているのは明白だ。
あらゆる方向からの不審、あるいは敵意が彼に向けられる。
しかし彼は(見えていないからかも知れないが)全くひるむ様子を見せない。
そんな中、一番強く殺気を放っていたのは、意外にも目の前の小さな魔王だった。
震える手を抑えながら、ハルトシュラーは審判に声を掛ける。
「よし子、いいな?」
把握していないリザーバーの登場というイレギュラーな事態にしばし呆然としていたよし子だったが、ハルトシュラーの声に我を取り戻し、
「あ……始めっ!」
戦いの幕開けを宣言した。

102 二回戦 第三試合 S.ハルトシュラー VS マシロ ◆KazZxBP5Rc :2012/01/21(土) 22:33:00 ID:gCJJ3PvE0
開始と同時に、弾丸のごとくハルトシュラーが飛び掛かる。
直立不動の相手の腹に、渾身のボディブロー。
「ハルトシュラー選手! いきなりのスマッシュヒットです!」
すいかさんはどストレートに飛ばされ、壁をぶち壊してようやく止まった。
どこかで見たような光景だ。
しかし前回と違い、この場にいる誰もが、これで終わったようには思えなかった。
あれだけ不気味に登場したすいかさんがこの程度でくたばるはずがない。
そもそも、ガードも何もしないというのは明らかにおかしい。
わざと受けたのではないか。その疑問を裏打ちする言葉が、壊れた壁の奥から発せられる。
「良い当たりだね。」
土煙の中から姿を現したその鋼の肉体は、少し汚れはしたものの、かすり傷ひとつ負っていなかった。
「じゃあ、こっちも行くよ。」
言うが早いか、すいかさんはハルトシュラーの元へと駆け寄る。
(身長差から考えて、蹴りがくるだろうな。)
即座に判断し、ハルトシュラーは構える。
すいかさんの一手は、彼女の狙い通り蹴りだった。右脚での回し蹴り。
これを左腕でガードし、右腕で……と、思考途中に顎への衝撃。
「なんとすいか選手! あの体勢から左脚で蹴り上げました!」
「筋力にものを言わせた強引な蹴りだねえ。
アンテナさんの実況を、解説の柏木が補足する。

「ちっ!」
舌打ちするハルトシュラーに、すいかさんは悠然と立ちふさがる。
「もっと本気を出してもいいんだよ。」
「言われなくてもそうする。」
片膝を突き、目は相手を見据えながら、ハルトシュラーは地面に人差し指を走らせる。
「これは、一回戦でも見せた実体化能力ですね!」
ほどなくして石の剣が形成される。
ハルトシュラーはそれを手に、敵へと向かってゆく。

103 二回戦 第三試合 S.ハルトシュラー VS マシロ ◆KazZxBP5Rc :2012/01/21(土) 22:33:17 ID:gCJJ3PvE0
(おかしい……。)
あれから何度か切り結んだはずである。
剣にはそれなりの鋭さをイメージとして与えた。
それなのに。
「すいか選手、未だに無傷です!」
もはや頑丈だとかそういう域を超えている。
彼は明らかに超常の能力の持ち主だろう。
ハルトシュラーの考えがそこまで至った時のことだった。
騒がしい会場にもかかわらず、全くかき消されない力強い声が響き渡った。
「STOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOP!」

その場にいた全員の注目が一斉に声の方へと集まる。
そこには、一人の男を担いだSSPの姿があった。
「その試合、ノーコンテストだ! こいつが本物のウォーターメロンマンだ!」
騒然となる会場に、柏木がとんでもない一言を投げ掛けた。
「ああ、やっぱりね。」
彼の投げやりな言葉によって観客席に火が付き、中には説明を求めて暴れ出す者も出る始末だ。
「皆さん! 落ち着いてください! 落ち着いて!」
アンテナさんが声を張り上げるが、届いているのかいないのか。

対照的に、リング上の二人は冷静だった。
「ここまで早くバレるとは想定してなかったな。」
「道理で開会式で見た時と“気”が違うわけだ。」
ハルトシュラーはそう言いながら観客席を目で探る。
視線はすぐに目標の人物を捉え、彼女は叫んだ。
「倉刀!」
「はいっ!」
弟子は阿吽の呼吸で師匠の望むものを投げつける。
それは、一振りの刀だった。
正式な試合ではないとはっきりした以上、律儀に持ち込み武器禁止のルールを守る必要も無い。
「こいつはさっきの即興モノのようにはいかぬぞ。」
「それは危険そうだ。僕も本気を出すとしよう。」
言葉ほどの危機感を感じさせない態度の偽すいかさん。
彼の影が、にわかに伸び始めた。
「これは!」
それは、一回戦でマシロが見せた影の技そのものだった。
影は形をぐにゃぐにゃとうねらせながら立体的にハルトシュラーの方へと伸びてゆく。
一方のハルトシュラー、これに臆することなく飛び掛かる。
剣先はぶれることなく影を斬り拓いて。
斬られた影がくっつくよりも速く、偽すいかさんの元へたどり着く。
そしてとどめの一撃を加える。

が、その軌道は背後から追いついた影によって逸らされた。
偽すいかさんの肩に一筋の血が流れる。だが、それだけ。
「さすがに今のは焦ったよ。」
ハルトシュラーはそのまま影によって捕まれ、身動きを封じられた。
しかしその表情は悔しさや絶望ではない。むしろ勝ちを確信したかのように笑っている。
「十分だ。」

104 二回戦 第三試合 S.ハルトシュラー VS マシロ ◆KazZxBP5Rc :2012/01/21(土) 22:33:34 ID:gCJJ3PvE0
突然、偽すいかさんの背に何かが飛びついた。
俯瞰していたアンテナさんが真っ先に状況を理解し、叫ぶ。
「ああーっとあれはー! マシロ選手です!」
「なっ……!」
偽すいかさんは初めて本心からの驚きの声を上げる。
まだ彼女が動けたとは。
彼の肩に乗った白髪の少女は、その流れ出る血を一滴も逃すまいとすすっている。
その髪が徐々に銀色味を帯びてゆく。
しばらくして、充電完了。マシロは蹴りを加えつつ、偽すいかさんの傍から離脱する。
「効いてませんの?」
「打撃は無駄だ! 斬れ!」
それを聞いてマシロはスカートの内側から包丁を取り出した。
客席のごく一部が反応する。
「あれは! 加藤先生の!」
「私が彼女に渡したんだ。先生の遺志を……継ぐために……。」
マシロが静かに目を瞑る。
その時、会場にいる誰もが、彼女の背後に浮かぶ鬼の闘気を見た。
次の瞬間には、全てが終わっていた。
「がはっ……!」
マシロと偽すいかさんの姿が重なり、偽すいかさんの胸には包丁が突き刺さっている。
「警備員ーっ! 今だ――っ!!」
よし子の声に警備員が動く。
こうして、偽すいかさんはあえなく御用となった。

「僕は、目立ちたかった。お前達人気キャラみたいに、お前達人気作者みたいに。
 ただ黙々と作品を創ったこともあった。雑談でそれとなく話題を出したこともあった。
 だが結果はどうだ!
 僕は何者にもなれなかった。そう、僕は創作発表板の“カゲ”でしかなかったんだ……。」
場外追放前に偽すいかさんが語った言葉に、ハルトシュラーは思うところがあった。
(私と全く対極の存在、か。その正体に心の奥では気付いていたのかも知れぬ。だから私は奴が許せなかったのか。)
彼に対する怒りはマシロのためのものではなかったのだろう。全く非情な自分に呆れる。
しかし今しばらく、それは胸に秘めておこう。
「よし子、今度こそ本当の試合を始めよう。」
「でっ、でもお前、まださっきの疲れが!」
「それは彼女もお互い様だろう。それに――」
ハルトシュラーはにやりと笑った。
「――これ以上観客を待たせるわけにいくまい。」

105 二回戦 第三試合 S.ハルトシュラー VS マシロ ◆KazZxBP5Rc :2012/01/21(土) 22:33:49 ID:gCJJ3PvE0
「それでは! 邪魔も入りましたが、改めて二回戦最終試合を始めます! 両者、位置へ!」
アンテナさんの声にしばしの静寂。
そして、
「始めっ!」
よし子の合図で会場は再び湧き上がった。

その頃、客席の一角に、女子○学生に膝枕をされている羨……けしからん男がいた。
「う、うーん……。」
「あ、博士っ!」
「あれ? 僕は一体……?」
体を起こし、首をかしげる男に、そばにいた幼女(まったくけしからん)が説明する。
「パパトママ ネテタ!」
男は〇学生の顔を見て、
「君も?」
と問うた。
「ええ、私もさっき起きたところなんです。」
「今の状況は?」
「あ、はい。ちょうど今マシロの二回戦が始まったようですよ。」
「二回戦!?」
ついさっきまで一回戦をやっていたように思うのだが……。
「寝てた」らしいがどうもその直前のことが思い出せない。
だが、彼女たちがそばにいてマシロが普通に戦っているということは、心配するようなことは無かったのだろう。
そう判断して、彼はおとなしく観戦を続けることにした。

106 二回戦 第三試合 S.ハルトシュラー VS マシロ ◆KazZxBP5Rc :2012/01/21(土) 22:34:05 ID:gCJJ3PvE0
(残り二分、といったところでしょうか。)
マシロにとって、ハルトシュラーの「今すぐ試合を始める」という提案はラッキーだった。
彼女は培養が十分でなかったため、ホムンクルス本来の力を発揮できるのは、血を飲んで数分の間だけなのだ。
(とにかく速攻ですわね。)
焦りは禁物だが急ぎはせねば。
とにかくハルトシュラーに向かって飛びつき、猛ラッシュをかける。
「はぁぁぁぁっ!」
「くっ!」
「ハルトシュラー選手、押されています!」
「パワーではやはりマシロ選手に分があるようだねえ。」
ハルトシュラー、苦し紛れに足払いを掛ける。
が、マシロはひょいとかわし、そのまま空中で両足キック。
ハルトシュラーはこの勢いを利用し、大きく後ろに逃れる。
させじと距離を詰めるマシロ。
「ハルトシュラー選手、受けるのは不利と判断したか? 攻撃を避けるように立ち回っています!」
そこからというもの、打てども打てども攻撃が入らない。
舞う葉のように鮮やかに避け続けるハルトシュラーに、マシロはいらだちを覚え始めていた。
(時間がありませんというのに……。)
ここはもう、四の五の考えてられない。攻撃が駄目なら口撃だ。
「逃げてばかりでは勝てませんわよ?」
すると、返ってきたのは意外な言葉だった。
「心配するな、今完成したところだ。」
「!?」
まずい! と、直感で回避しようとしたが間に合わなかった。
ゴゴゴゴ……と大きな音がして、地面からせり上がってきた石造りの巨大な左手がマシロを握り込む。
「右手も創ってやらんとな。」
そう言ったハルトシュラー自身の右手に、リングの石畳がまとわりついてゆく。
みるみるうちにそれは巨大な拳の形を形成していった。
「いくぞ! 春斗――」
(あんなものを食らってしまったら! しかし動けませんわ!)
もがくマシロの耳に、その時、
「――有情――」
「シロぉぉぉぉっ!」
客席のどこからか、男の声が聞こえてきた。
「――覇岩――」
(お父……様……。)
「――拳!!!!」

大量の粉塵が舞っている。客席はかたずを飲んでそれが治まるのを待っていた。
「えー、土煙で中の様子がよく……あっ、晴れてきました!」
その光景を見た瞬間、会場は一気に沸いた。
「うおおおおおおおおおおおおお!!」
「すげええええええええええええ!!」
マシロは、倒れてはいなかった。
それどころか、巨大な岩の拳を受け止めていたのだ。
腹の底まで響く歓声を受けながら、しかし彼女はぽそりとつぶやいた。
「はぁ……はぁ……ですが……。」
「おっと、マシロ選手! 座り込んでしまいました! どうしたのでしょう!」
「時間切れ、ですわ。」
銀色を帯びていた髪の色が、白へと戻っていく。
ホムンクルスの力を発揮して何とか戦えていた彼女の勝ち目は、これで完全に無くなった。
「審判、ギブアップを申し出ます。」
「なんと! マシロ選手ギブアップ! 準々決勝進出はハルトシュラー選手です!」
これ以上無いと思っていた会場の声量が、またさらに勢いを増した。

【二回戦第三試合 勝者 S.ハルトシュラー】


会場のどこか。一人の女がつぶやく。
「名無しの奴、しくじったか。ま、それほど期待はしてなかったがね。」
怪しい笑みを浮かべながら、彼女はまた人込みに紛れていった。


※偽すいかさんについて、特定のモデルがいるわけではありません。ご了承ください。

107 ◆KazZxBP5Rc :2012/01/21(土) 22:35:46 ID:gCJJ3PvE0
投下終わりです
暗躍する謎の人物については片方消化、片方保留ということになりました
が、別に後の投下では思いっきり無視してくれてもいいのよ?

3回戦(準々決勝)は前の通りだと23(月)0:00:00から解禁らしいよ

第一試合 桃色 VS 大魔女フーリャン
第二試合 S.ハルトシュラー VS ダイヤモンドダスト
第三試合 クズハ VS 岬陽太
第四試合 無限彼方 VS やまなし

108 名無しさん@避難中 :2012/01/21(土) 22:59:09 ID:8Hyflcqg0
偽スイカは本物スイカを倒すくらいの実力はあるんだなw

109 名無しさん@避難中 :2012/01/21(土) 23:30:22 ID:z6e1l8120
な、名無し……お前……!

それはそれとしてハルトさん素敵! 流石、勝ち進んだなw

110 名無しさん@避難中 :2012/01/21(土) 23:32:28 ID:03.4oKXU0
おお、見事にまとめおった。いやはや乙です

111 名無しさん@避難中 :2012/01/22(日) 05:28:27 ID:DuYxmvYUO
うひょ〜 キテター!!!

112 名無しさん@避難中 :2012/01/22(日) 14:08:52 ID:XM6R063s0
そろそろ予約期限1週間とかに延ばしてもいいと思うんだけどどう?

113 名無しさん@避難中 :2012/01/22(日) 22:03:53 ID:r52KO0Bk0
>>107乙!
ついにベスト8が揃ったか
しかし暗躍してるの誰なんだw


3日だろうが7日だろうが書ける人は書くし
踏み倒す人は踏み倒すだろうから自分はどっちでもいい

今夜、予約の取り合いは見られるんだろうかwktk

114 名無しさん@避難中 :2012/01/22(日) 23:23:54 ID:XM6R063s0
残り少なくなってきたし期間短いと書く人が焦るかなあと思って

wktk

115 ◆bEv7xU6A7Q :2012/01/23(月) 00:00:53 ID:.8NU9qb.0
ハルトvsダイヤ 予約

116 名無しさん@避難中 :2012/01/23(月) 00:02:22 ID:rUuSRR9g0
きちゃー!

117 名無しさん@避難中 :2012/01/23(月) 00:03:20 ID:RraPS8T60
wktk

118 名無しさん@避難中 :2012/01/25(水) 22:38:16 ID:5cbKSwi20
結局3日なのか7日なのか曖昧なままそろそろ3日

119 名無しさん@避難中 :2012/01/25(水) 22:41:15 ID:PyWeQY1w0
もともと遅れてる人もいたし七日でいいんじゃないかw

120 名無しさん@避難中 :2012/01/25(水) 23:11:14 ID:5cbKSwi20
うん、7日でいいよね
と言いつつ後何人か同意をとりたい

呼んでくるか

121 名無しさん@避難中 :2012/01/25(水) 23:36:39 ID:9IkGfzEw0
7日でよろしいかと

122 名無しさん@避難中 :2012/01/25(水) 23:37:44 ID:5tiZ2R860
一週間は切りがいいしよろしいかと

123 名無しさん@避難中 :2012/01/25(水) 23:46:16 ID:8Nyk6ATc0
七日か3日かか。

七日でええんでない?
緩い感じの作者居るなら三日の方が良いと思うけど

124 名無しさん@避難中 :2012/01/25(水) 23:49:41 ID:5cbKSwi20
>>123
別に必ず7日後とか3日後じゃなくて
期限内ならいつでもいいんだよ

125 名無しさん@避難中 :2012/01/25(水) 23:51:48 ID:8Nyk6ATc0
じゃあ七日ですな

126 名無しさん@避難中 :2012/01/25(水) 23:56:55 ID:5cbKSwi20
よしじゃあ7日で

127 名無しさん@避難中 :2012/01/26(木) 20:53:14 ID:lmbigEaQO
dkdk

128 名無しさん@避難中 :2012/01/26(木) 21:07:36 ID:VCYGuzdc0
wkwk

129 名無しさん@避難中 :2012/01/26(木) 23:31:49 ID:eoR1CY1.0
tktk

130 名無しさん@避難中 :2012/01/27(金) 01:13:31 ID:f.ASUbRsO
ksks

131 名無しさん@避難中 :2012/01/27(金) 01:15:49 ID:Zae2OuOM0
占くシュー

132 名無しさん@避難中 :2012/01/27(金) 04:54:52 ID:K4rn1Aqo0
あべし

133 名無しさん@避難中 :2012/01/30(月) 00:02:14 ID:VV8ulELw0
今日だなwktk

134 名無しさん@避難中 :2012/01/30(月) 22:50:34 ID:R.0nzf.s0
dkdk

135 名無しさん@避難中 :2012/02/04(土) 22:16:37 ID:HeJOztNg0
ksks

136 名無しさん@避難中 :2012/02/04(土) 22:30:48 ID:SUalifY.0
シュー

137 名無しさん@避難中 :2012/02/04(土) 22:34:05 ID:HeJOztNg0
やられたー

金曜か土曜と聞いてたので

138 名無しさん@避難中 :2012/02/04(土) 22:38:09 ID:Nco0dzGg0
まーたぶん今までの中でダントツの作業量ぽいから気長に待ってみようぜw
期限なんてそもそもあって無かったようなもんだしさw

139 名無しさん@避難中 :2012/02/06(月) 03:17:34 ID:p6q/bLHM0
ksks

140 名無しさん@避難中 :2012/02/06(月) 05:09:41 ID:H1WM1jnM0
シュー

141 名無しさん@避難中 :2012/02/15(水) 02:08:48 ID:HCrZbURo0
延長宣言くらいしようぜ? 待つからさ

142 名無しさん@避難中 :2012/02/15(水) 04:28:08 ID:zp5f4BxY0
あと一枚だそうです。

143 名無しさん@避難中 :2012/02/17(金) 20:31:58 ID:RNFNjR/QO
緊張してきた

144 3回戦 第二試合 ハルトvsダイヤ ◆bEv7xU6A7Q :2012/02/20(月) 21:07:47 ID:GuYRCsWc0

にっしょく 「そんなそうびでだいじょうぶなのですか?」
ダイヤ 「大丈夫です、問題ありません!」

にっしょく 「……あいてがあいてですからね」


※ ※ ※


ワアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!

アンテナ 「さあ、次の試合はハルトシュラー選手とダイヤモンドダスト選手の対決になりますが
       柏木さん、この試合をどう見ますか?」
柏木 「ん〜これはダイヤ選手、流石に相手が悪すぎるとしか言いようがありません。
      一回戦、二回戦では相性の問題もありダイヤ選手が優勢でしたが
       今度の相手は創発の魔王、ダイヤ選手の能力では正直太刀打ちできないでしょう」
アンテナ 「やはりハルトシュラー選手の有利と」
柏木 「そうなりますね」
アンテナ 「どうやらダイヤ選手には厳しい戦いになりそうですが…それでは選手入場!
       まずは細氷の化身、ダイヤモンドダスト選手!!!」

ワアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!

ダイヤ 「色々言われてますが…私の能力とこの聖衣があれば!」 ザッ!

アンテナ 「さあ続いてはこの方、創発の魔王!ハルトシュラー選手!!!」

ワアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!

倉刀 「頑張って下さいね師匠!」
ハルト 「………………」
倉刀 「……師匠?」

よし子 「よーし、それじゃー試合開始だー!!!」 ドンッ!!!

ギュオンッッッ!!!!!

ダイヤ 「へッ……!?」

ゴシカァン!!!!!!!

ダイヤ 「きゃああああああああああ!!!」
ハルト 「……ふん」

アンテナ 「おおっとぉ〜〜!!? ハルト選手、いきなりダイヤ選手の黄金聖衣を砕いてしまったー!!!」

ダイヤ 「ちょ、いきなり!? ひとまず逃げなきゃ……」 ザザッ
ハルト 「……遅い!」 ザザザザッッ
ダイヤ 「…は、速すぎ…って、ああああッ!!!」

ドカアアアアン!!!!!!
グシャアアアン!!!!!!
バキイイイイン!!!!!!

アンテナ 「ふ、フルボッコだー!!! ダイヤ選手、一方的にやられてしまっているー!!!」

145 3回戦 第二試合 ハルトvsダイヤ ◆bEv7xU6A7Q :2012/02/20(月) 21:09:39 ID:GuYRCsWc0
※ ※ ※

パチン描き (…あー やっぱうろ覚えのラフ描き装備じゃあんなもんか……)
パチン描き (……っていうかさっきから閣下がこっち睨んでるんですけど……)
パチン描き (やっぱテキトー描きの装備なんかで出場させた事に怒ってるのか……)
パチン描き (やるなら本気出せと…つまり……)

魔王は言っている…ここで終わらせる定めではないと……

ぎゅいいいいいん!!!

「!!!ッああああ、てっ…ぎす速、は…」 ヤイダ
ッンド 「!!!ーだ始開合試ーゃじれそ、しーよ」 子しよ
「ねすまりなうそ」 木柏
「と利有の手選ーラュシトルハりはや」 ナテンア

ぎゅおおおおん……


※ ※ ※


にっしょく 「そんなそうびでだいじょうぶなのですか?」
ダイヤ 「大丈夫です、問題ありま…」
パチンゴミ 「ちょっと待ちんしゃい」 ザッ
にっしょく 「かいちゃ……?」
ダイヤ 「あら、どうしたんですか描いちゃ…」

ジャカカカカ!!!

ダイヤ 「ッ!? え…何を?」
パチンゴミ 「ぐぶッ…さ、これを……」
ダイヤ 「これは…ペンタブ? でも私、絵は……」
パチンゴミ 「いいから、お守りだと思って持っておきなさい…」
ダイヤ 「???」


にっしょく 「……いったいなにをしたのですか、かいちゃ?」
パチンゴミ 「…………」 スゥー…
にっしょく 「え…?」


にっしょく 「かいちゃが…きえた?」

146 3回戦 第二試合 ハルトvsダイヤ ◆bEv7xU6A7Q :2012/02/20(月) 21:13:22 ID:GuYRCsWc0
アンテナ 「まずは細氷の化身、ダイヤモンドダスト選手!!!」

ワアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!

ダイヤ (なんでしょうね……この胸のモヤモヤ……)

アンテナ 「さあ続いてはこの方、創発の魔王!ハルトシュラー選手!!!」

ワアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!

倉刀 「頑張って下さいね師匠!」
ハルト 「………………」
倉刀 「……師匠?」

よし子 「よーし、それじゃー試合開始だー!!!」 ドンッ!!!

ギュオンッッッ!!!!!

ダイヤ 「……ッ!」

ゴシカァン!!!!!!!

ダイヤ 「くううううッ!!!」
ハルト 「…………」

アンテナ 「おおっとぉ〜〜!!? ハルト選手、いきなりダイヤ選手の黄金聖衣を砕いてしまったー!!!」

ドカアアアアン!!!!!!
グシャアアアン!!!!!!
バキイイイイン!!!!!!

アンテナ 「ふ、フルボッコだー!!! ダイヤ選手、一方的にやられてしまっているー!!!」

ガシッッッ!!!
ハルト 「ッッ!!」

アンテナ 「おおっとダイヤ選手、ハルト選手のパンチを受けとめました!」

グググググググググググググググ…
ビキッ!!!

ハルト 「うぐッ!!!」 バシッッ!!!
ダイヤ 「…………」

アンテナ 「ハルト選手、なんとかダイヤ選手の手を振りほどいた!!!」
柏木 「……どうも様子がおかしいね」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ズッ…ズズッ……ズズズッ……

桃花 「なッ……あれはッ!?」

柏木 「……驚いたね」
アンテナ 「こ、これはどういう事でしょう!? ダイヤ選手の姿が! PBM!戦で描いちゃ選手が描いた極寒怪人の姿に!!?」

ダイヤ? 「その呼び方はやめてくださいますか……?」
ダイヤ? 「わたくしは……氷厳寄生!」
http://dl7.getuploader.com/g/6%7Csousaku/513/DK2.png

147 3回戦 第二試合 ハルトvsダイヤ ◆bEv7xU6A7Q :2012/02/20(月) 21:15:28 ID:GuYRCsWc0
アンテナ 「なんとぉー!? ダイヤ選手ここでまさかの寄生化!!!
      この試合一体どうなってしまうのでしょうか!?」

※ ※ ※

にっしょく 「だい…や……?」
にじ 「どうしちゃったのダイヤ!? あんな怖い姿……」
いかづち 「ダイヤ……どうしちまったんだよ……ッ」

エル 「ダイヤさん……」
タイダル 「一体……」
テンペスト 「これは……」
たつまき 「ヒャハハ! イカスフォームチェンジじゃねえの!!!」

りゅうせい 「あら、いたのねあんた達」

 「「「…………」」」

※ ※ ※

ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオ……

アンテナ 「せ、『静止の世界』再び!―っていうかさささささ寒いッ! 先ほどの試合より
       強力な寒波がここ実況席まで来ておりますッ!!!」

よし子 「ウギギギギ……」 カチカチカチカチカチ
ハルト 「…………」

氷厳寄生 「これだけの極低温で顔色ひとつ変えないとは……
       流石は創発の魔王……という事でしょうか?」

氷厳寄生 「でも…先ほどの試合での動きはどうでしょうね…?」

ジャラッ

アンテナ 「ダイヤ選手、砕けた黄金聖衣の破片で何を?―― 」

氷厳寄生 「――『アイスサーベル』!」
ピキーン!

アンテナ 「おお! ダイヤ選手! 聖衣の破片を芯に氷の剣を作りだしたー!!!」

148 3回戦 第二試合 ハルトvsダイヤ ◆bEv7xU6A7Q :2012/02/20(月) 21:16:41 ID:GuYRCsWc0

ハルト 「ふふん、この私に剣で挑むか――」

バババババババババババババッッ!

アンテナ 「おおっと!? ハルト選手の周りに様々な武器の柄が浮かんできましたッ!」
柏木 「あれは前大会で見せた召喚術、『ゲートオブマヨヒガ』――!」

スラッ――

アンテナ 「そしてその中から! 一振りの日本刀を取り出しましたーッ!」

ハルト 「……」

氷厳寄生 「フフフ… ですが寄生であるこのわたくしに普通の武器では通用しませんよ…?」

ハルト 「 だろうな。……貴様、私の目…何故赤いのか分かるか?」

氷厳寄生 「目……? ――まさか!?」

ハルト 「ああ、そのまさかだ」

ズオォォォオオッ!!!

アンテナ 「な、なんとハルト選手ッ! 影を纏った――ダイヤ選手と同じく寄生化だーッ!!!」

氷厳寄生 「…………」

柏木 「ハルト選手はありとあらゆる魔術に精通している… 寄生の秘術を再現するなど容易いでしょう」

氷厳寄生 「剣には剣で、寄生には寄生というわけですね…フフフ……」

ハルト (消滅するかもしれないというのにこの余裕… まだ何か切り札を隠し持っているな )


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

149 3回戦 第二試合 ハルトvsダイヤ ◆bEv7xU6A7Q :2012/02/20(月) 21:18:04 ID:GuYRCsWc0
※ ※ ※ 

ズシャアァッッ!

ハルト 「うぐうッ!!!」

氷厳寄生 「フフフ…、おーほほほ!」

アンテナ 「ハ、ハルト選手、再びダウンッ! 対するダイヤ選手、まったく余裕の表情だーッ!!!」

ザワザワザワ…ッ!

倉刀 「し、師匠が剣で押されているッ!!?」

氷厳寄生 「あなた…まさか自分がいつも通りに動けてると思いますか? 『絶対零度』ですよ」

ハルト 「…………」

氷厳寄生 「こんな環境では筋肉の柔軟性は落ち、関節の可動域も狭くなります
        人は体温の低い状態で最高のパフォーマンスなどできません
        極寒で動きの鈍ったあなたがわたくしの動きについてこれない理由がわかりました?」

ハルト 「ふん、ここはお前の土俵というわけか……ならばッ!」

ビリリリリッ! ジュウウウウウ……

柏木 「シ…シバリング!! すさまじい熱だ…!!!」

 シバリング!!
 寒さなどで体温が下がった際 身震いなどにより熱を発生させ体温を保とうとする生理現象を「シバリング」という――
 ハルトシュラーの「シバリング」は大気を震わせ、絶対零度の中、体温を維持する程の熱を産出していた

氷厳寄生 「フフフ―― シバリングですか… それが幼稚なんですよ」

ハルト 「勘違いするな、ここからが本題だ――」

バオオオオオオオオオオオオオオオッ!!!!!

彼方 「……マジかよ」

アンテナ 「ハ、ハルト選手、さらに影を纏い漆黒の闇の姿にッ!!!」
柏木 「『天神化』―――ッ!!!」

150 3回戦 第二試合 ハルトvsダイヤ ◆bEv7xU6A7Q :2012/02/20(月) 21:19:22 ID:GuYRCsWc0
ドドドドドドドドドドドドドドド!!!

アンテナ 「凄まじい熱量ッ! 凄まじい闘気が会場全体に伝わってきますッ!」
柏木 「天神化は速度、攻撃力が跳ね上がる…これは決まりですかね……」

ワアアアアアアアアアアアアアアッ!!!

氷厳寄生 「…………」

ハルト (これでもなお余裕の表情… その正体、確かめてみるか――ッ!)

倉刀 (師匠が構えた…本気だッ!)

ダッ!!!
ザザザザザザザザザザッ!!!

ギュニュッ!!!

柏木 「縮地!!」

ギュラッ! ザンッ!!!

アンテナ 「ダ、ダイヤ選手の体が両断され――ッ!!!」

ハルト 「春斗魔刃剣 『鍾馗』!!」

倉刀 「 殺ったぞ!!!」


「殺っていません 殺られたのです」


ギンッ! ゴシャッ!!!

ハルト 「カ… ハァ!!」

倉刀 「し、師匠ーーーッ!!!」

氷厳寄生 「ソーダアイス菓子と叫んで斬れば 世界はするりと片付き申す…おーほほほほほほほほほほ!!!」


アンテナ 「な、なんだーッ!? ハルト選手の神速の技でダイヤ選手がやられたと思った直後
       出血し倒れたのはハルト選手の方ッ!!! しかもダイヤ選手は無傷だあーッ!?」

151 3回戦 第二試合 ハルトvsダイヤ ◆bEv7xU6A7Q :2012/02/20(月) 21:22:59 ID:GuYRCsWc0

ハルト 「ちッ……だが今のでわかったぞ」

ハルト 「そのひらひらした袖で隠れて気付かなかったが…それが貴様の切り札か」

氷厳寄生 「ふふふ、ご名答」

ズッ…

アンテナ 「あ、あれはッ…描いちゃ選手の持っていたペンタブ――ッ!?」

氷厳寄生 「今こそ見せましょう、このペンの真の姿を――」

ゴキベキパキベキピキッ!!!

アンテナ 「ぺ、ペンタブが禍々しい形に変形したーッ!?」
柏木 「あれは…ッ! 『邪悪な筆』!!!」

 《邪悪な筆》
 http://dl10.getuploader.com/g/6%7Csousaku/514/JF.png
 古の呪術師が使っていたとされる魔道具。その鋭い爪を使用者に突き刺し血を啜る事で
 自ら動き数々の素晴らしい作品を生み出すという――  しかし、その力で名声を得た代償は高く
 数多の創作者がこの筆に血を吸い尽くされ命を落としていったと言われる。

柏木 (だが……アレは確か……)

氷厳寄生 「正解ですわ、加えてこの寄生の体…いくら血を吸われようとダメージを受けることなく
        使い続けることができるのです…」

ハルト 「なるほどな、その筆で体の欠損部を描いて修復したという訳か」

氷厳寄生 「ええ、そして体を修復するだけではありませんッ!!!」

ジャカカカッ!!!

ダンッ!!!

カイチャ戦闘員1 「ほほほほほ! カイチャー!!!」
http://dl10.getuploader.com/g/6%7Csousaku/515/K1.png
カイチャ戦闘員2 「ふはははは! カイチャー!!!」
http://dl10.getuploader.com/g/6%7Csousaku/516/K2.png

アンテナ 「カ、カイチャ戦闘員です! PBM!戦で描いちゃ選手が描いたカイチャ戦闘員をダイヤ選手が召喚だー!!!」

152 3回戦 第二試合 ハルトvsダイヤ ◆bEv7xU6A7Q :2012/02/20(月) 21:26:44 ID:GuYRCsWc0
氷厳寄生 「さあ、カイチャ戦闘員共! ハルトシュラーに止めを刺すのです!!!」

カイチャ戦闘員1 「イエッサー!カイチャー!!!」
カイチャ戦闘員2 「幼い少女に手を上げるのは心苦しいカイチャー…これも命令、許せッ!」

アンテナ 「カイチャ戦闘員! ハルト選手にトドメを刺さんと襲い掛かるーッ!!!」

ドゴオオオン!!!

カイチャ戦闘員1・2 「「――ッ!?」」


ハルト 「…ふふん」

カイチャ戦闘員3 「ふふふふふ… カイチャー……」
http://dl7.getuploader.com/g/6%7Csousaku/517/K3.png
カイチャ戦闘員4 「ぐへへへへ! カイチャー!!!」
http://dl7.getuploader.com/g/6%7Csousaku/518/K4.png

アンテナ 「な、なんとッ…!!! ハルト選手もカイチャ戦闘員を召喚しましたー!!!」

ハルト 「『邪悪な筆』……それは私も持っていてな……」

ズズズッ…
http://dl7.getuploader.com/g/6%7Csousaku/519/%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%88SD.png

アンテナ 「ハ、ハルト選手も邪悪な筆をとりだしたーッ!!!」

カイチャ戦闘員1 「お、お前達、裏切るんでカイチャー!!?」

カイチャ戦闘員3 「裏切るもなにも…マスターが違うのだから当然の事でカイチャー…」
カイチャ戦闘員4 「へへへ、そういう事でカイチャー! そしてお主等では我々に勝てんッ!!!」

ドカアアアアン!!!!!!
グシャアアアン!!!!!!
バキイイイイン!!!!!!

カイチャ戦闘員1・2 「「おんぶーッ!!!」」

アンテナ 「カイチャ戦闘員3・4! 戦闘員1・2を蹴散らしたーッ!!!」

ハルト 「ふっ」
氷厳寄生 「ちいッ!」

153 3回戦 第二試合 ハルトvsダイヤ ◆bEv7xU6A7Q :2012/02/20(月) 21:29:03 ID:GuYRCsWc0
氷厳寄生 「ならばこれならどうですかッ 来なさいッ『念抹寄生』!!!」

ジャカカカッ!
ドウンッ!!!

念抹寄生 「ジョヤアアアアアアアアアアアアアアアッ!!!」
http://dl7.getuploader.com/g/6%7Csousaku/520/NK.png

アンテナ 「ダイヤ選手! 今度は雪の怪物、念抹寄生を召喚してきましたー!!!」

婆盆  「ほほう、しかし念抹は練刀より少し強い程度
      あの魔王に対抗できるほどの力は無い筈だが…」
練刀  「おい、ちょっとまて。聞き捨てならんぞソレ!」

氷厳寄生 「そうでしょうね……ですが!!!」 バッ

ズズズズズッ…!
念抹寄生 「セ…イ……ボ……ォォオオオオオッッ!!!」

アンテナ 「ダ、ダイヤ選手が念抹寄生と融合したーッ!」

氷厳寄生 「念抹は雪の寄生… ならばこのわたくしの能力で念抹を強化すればッ!」
念抹寄生 「クリス!!!マス!!!シュウリョウ!!!!!」

アンテナ 「念抹寄生がダイヤ選手と融合した事でより巨大で禍々しい姿に!!!」

ヒュンッ

ハルト 「ッ!」

ドゴオオオン!!!

ハルト (ちいッ! 速いな…ッ!)

アンテナ 「念抹寄生! 長く巨大な腕をブン回して攻撃ッ! 闘技場が揺れるッ!!!」

ザザザザザザザザザッ!!!
ドウンドウンドウンドウンドウンッッ!!!

アンテナ 「次々と繰り出される豪腕ッ! ハルト選手これを何とかかわしていくッ!!!」

154 3回戦 第二試合 ハルトvsダイヤ ◆bEv7xU6A7Q :2012/02/20(月) 21:29:54 ID:GuYRCsWc0
カイチャ戦闘員3 「マスター…ッ!」
カイチャ戦闘員4 「ぼさっとしてないで我らも行くでカイチャーッ!!!」

ザザザッ!!!

カイチャ戦闘員3 (腕は3本…それさえ砕けば……ッ)

ドゴオンッ!
ガキィィィン!!!

カイチャ戦闘員3 ( 硬い……ッ! なんて硬度ッ! )

アンテナ 「カイチャ戦闘員!足を狙い攻撃しましたがビクともしないー!!!」

氷厳寄生 「わたくしが強化した念抹の体皮は刃を通さない『氷皮(ヒエロ)』!
        それ自体が鎧なのです!! 生半可な攻撃では通用しませんわッ!!!」

カイチャ戦闘員4 「ならばッ!!!」
ダアン!!!

カイチャ戦闘員4 「本体のアンタを直接狙ってやるでカイチャーッ!!!」

アンテナ 「カイチャ戦闘員4!跳び上がってダイヤ選手に攻撃だーッ!!!」

氷厳寄生 「……ッ!」
ガッシン!!!

アンテナ 「ダイヤ選手! なんとかこれをガードッ!!!」

カイチャ戦闘員4 「ふんッ! だがここまで近づけばこっちのモ…ノ……ッ!?」

氷厳寄生 「かかったな アホが!」
ピキーン!!!

アンテナ 「こ、凍っているッ!!! ダイヤ選手、カイチャ戦闘員4を氷漬けにしてしまったーッ!!!」

氷厳寄生 「フゥー…『アイスタイム』……そしてこういう風に砕いてしまうと……」

ガシャァン!!!

カイチャ戦闘員3 「よ…4……ッ!!!」
カイチャ戦闘員4 「コッパミジンコ!!!」

155 3回戦 第二試合 ハルトvsダイヤ ◆bEv7xU6A7Q :2012/02/20(月) 21:31:15 ID:GuYRCsWc0
アンテナ 「か、カイチャ戦闘員4がバラバラに……ッ!!!」

ハルト 「……おい3 命令だ。今すぐよし子を連れて逃げろ」
カイチャ戦闘員3 「し、しかし……」
ハルト 「これから使う技はこの場の者を巻き込みかねん。それにそろそろアイツの体力が持たん」
カイチャ戦闘員3 「了解……」
ザッ

よし子 「あッ!お、おいッ!!!」
カイチャ戦闘員3 「……ここからは…残りの二人に任せましょう……」
よし子 「おまえ……カイチャ口調はどうした」

ハルト (……4の時間稼ぎで半分は仕掛けられた…あとは……)
ズオオオオオオオオオッ!!!

アンテナ 「ハルト選手再び天神化ッ!!!」

ガキイイインッ!!!

氷厳寄生 「ふふふ、無駄ですわ!!!」
アンテナ 「ハルト選手再び剣撃を加えますが効いていないッ!!!」

ドウンドウンドウンドウンッ!!!
ギインッ!ギインッ!!!

アンテナ 「ハルト選手! 念抹の猛攻を避けながら攻撃! しかしやはり通用しないッ!!!」
柏木 (……あの攻撃はダミーだな…本命は……)

ハルト (80……89……)
氷厳寄生 「効かないというんですッ!!!」
ハルト (……100ッ!)

ダアンッ!!!

アンテナ 「ハルト選手! 高く跳び上がったーッ!!!」

ハルト 「―――春斗……百裂拳ッ!!!」

ドゴゴゴゴゴゴゴガガガガガッッ!!!

アンテナ 「なッ!? 闘技場から無数の巨大な石の拳がッ!!! ダイヤ選手に襲い掛かるーッ!!!」

156 3回戦 第二試合 ハルトvsダイヤ ◆bEv7xU6A7Q :2012/02/20(月) 21:32:39 ID:GuYRCsWc0

氷厳寄生 「――――――『アイスエイジ』!!!」

ガキイイイイイイインッ!!!

アンテナ 「ダ、ダイヤ選手! 無数の石の拳を全て凍らせたーッ!!!」
柏木 「―――まだ来るッ!!!」

バリバリバリバリバリッ!!!

ハルト 「――――来たれ、龍」

アンテナ 「ハルト選手!! ダイヤ選手の頭上で黒い稲妻を―――」

ハルト 「――――爆ぜよ、天!!!」


ズガガガガッッ!!!


アンテナ 「ああッ!!!」

ハルト 「グ…ボォ……ッ!?」

氷厳寄生 「『両棘矛(パルチザン)』……おーほほおほほほほほほほ!!!!!」

アンテナ 「止められた…ッ! ダイヤ選手!無数の氷の剣を撃ちだしてきたーッ!!!」

氷厳寄生 「残念でしたわね……垂氷よォ! 銀竹よォ! 力をお貸し!」

ガガガガガガガガガガガガッッ!!!

アンテナ 「攻撃の手を緩めないッ!!!ハルト選手万事休すかァーッ!!?」
氷厳寄生 「雹の嵐でくたばりなさい!」
ハルト 「く…そ…ッ!」

アンテナ 「ハルト選手! 力なく落ち―――」
氷厳寄生 「トドメェッ!!!」

ゴシャァァンッ!!!

アンテナ 「念抹の豪腕がヒットォーッ!!! ハルト選手ッ壁に激突ーッ!!!」

157 3回戦 第二試合 ハルトvsダイヤ ◆bEv7xU6A7Q :2012/02/20(月) 21:34:52 ID:GuYRCsWc0
氷厳寄生 「おーほほほ!!! これが!これが創発の魔王? たいした事ありませんわね!」


ハルト  「ク…クハ…ッ クハハハッ ハハハ!!!」
ザッ!

アンテナ 「ハ、ハルト選手!満身創痍ながら立ち上がりました!!!」
氷厳寄生「…………ッ!」

ハルト 「 楽しい!! こんなに楽しいのは久しぶりだ。貴様を分類A以上の敵と認識する」

氷厳寄生 ( 不死身なのあいつは! 否! 不死身などこの世に存在しません!!
        余裕をかましてるだけでダメージは大きいハズ! )

氷厳寄生 ( 勝てますわ、魔王ハルトシュラーに!!)


ハルト 「拘束制御術式 第3号 第2号 第1号 解放。目前敵の完全沈黙までの間
      能力使用限定解除開始―――」


ハルト 「では教えてやろう、私がなぜ魔王と呼ばれているのかを――」


バリバリバリバリバリバリバリッ!!!
ズドオオオオオオォォンッッ!!!


大怪獣 『 ギャオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオッッッッッ!!!!!!! 』
http://dl7.getuploader.com/g/6%7Csousaku/521/BKK.png


氷厳寄生 「なッ……!?」
アンテナ 「か、か、怪獣だぁあああ!? ハルト選手、山のように巨大な大怪獣を召喚したー!!!」

倉刀  「師匠…!! あなたは…あなたは一体  何を創ったのですか!!」


大怪獣 『 グガァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッッッッ!!!!!!!』

158 3回戦 第二試合 ハルトvsダイヤ ◆bEv7xU6A7Q :2012/02/20(月) 21:38:43 ID:GuYRCsWc0
※ ※ ※

http://dl7.getuploader.com/g/6%7Csousaku/522/DP1.png

http://dl10.getuploader.com/g/6%7Csousaku/523/DP2.png

http://dl10.getuploader.com/g/6%7Csousaku/524/DP3.png

http://dl10.getuploader.com/g/6%7Csousaku/525/DP4.png

※ ※ ※

159 3回戦 第二試合 ハルトvsダイヤ ◆bEv7xU6A7Q :2012/02/20(月) 21:40:02 ID:GuYRCsWc0
氷厳寄生 「……ふん、大きいだけいい的にしかなりませんわ」
氷厳寄生 「いきますわよ念抹ッ! はああああああああッ!!!」
念抹寄生 「ジョヤァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッッ!!!」

ピシッピシッピシッ!!!

氷厳寄生 「エターナルフォースブリザードッ!!!」

ゴオオオオオオオオオオオオッッ!!!

大怪獣 『ガッ……!』
ピキーン!!!

アンテナ 「で、出ましたーッ!『エターナルフォースブリザード』ッ!!!一瞬で相手の周囲の大気ごと凍らせ絶命させる
       まさに一撃必殺の魔法攻撃ですッ! これには巨大な怪獣も参ってしまったかー!!!?」

氷厳寄生 「ふん、あっけない――」

 (クカカカカ……)

氷厳寄生 「――ッ!!!」

 (クカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカッ)

氷厳寄生 (笑っている……ッ!? そんなッ完全に死んだはずッ!!!)

大怪獣 『 クカカカカカカカカカカカカカカカカカッッッ!!!!!』
バキーン!!!ガラガラガラガラガラガラッ!!!

アンテナ 「き、効いてなかったーッ! 大怪獣、何事もなかったように復活!!!」
氷厳寄生 「あ、ああッ……」

ハルト 「ふふん、じゃあ次はこちらの番だな」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

大怪獣 『 カアアァアアアアアアアアアアア――― 』

アンテナ 「だ、大怪獣から巨大なエネルギーが――――」

大怪獣 『 ガンガオォオオオオオオオオオオオオオオオオオオッッッ!!!』

氷厳寄生 「あああああああああああああああああああああ!!!」
カッ!

160 3回戦 第二試合 ハルトvsダイヤ ◆bEv7xU6A7Q :2012/02/20(月) 21:40:48 ID:GuYRCsWc0


                               ヽ`
                              ´
                               ´.
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´


ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド!!!!!

観客   「うわああああああッ!!!」

アンテナ 「と、とんでもなく強力な熱線!!! 
       今にも会場が吹き飛びそうな…って大丈夫なのコレーッ!!?」


※ ※ ※

ズズズズズズズズズズズズ……

アンテナ 「な、何とか収まったようですが……」

柏木 「…タフな防御壁ですねえ、最も、衝撃の大半はゲートオブマヨヒガに吸収されたようですが……」

アンテナ 「中の二人は……、あ!土煙の中から見えてきました!」

161 3回戦 第二試合 ハルトvsダイヤ ◆bEv7xU6A7Q :2012/02/20(月) 21:41:25 ID:GuYRCsWc0
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ……

ハルト  「『誰にも滅ぼされず、全てを滅ぼす者』――」
ハルト  「かつて私は……」
ハルト  「…………」
ハルト  「もういいぞ、消えろ」

大怪獣 『 …… イ……ヤ ダ…… ネ…… 』

ハルト  「…………」

大怪獣 『 ……モット …モット …… 血ノ海ガ見タイ……人ヲ殺シタイッッ!!!』 


ハルト  「 消えろッ!!!」


バシュウウウウッ!!!

 (クカックカカカカカ……… )

ハルト  「…………」


※ ※ ※

ハルト  「………ふん」

氷厳寄生 「ぐッ……ぐうッ!」 グググ

ハルト  「念抹の中に潜り込みブリザードを放つ事である程度ダメージを軽減させたか、
      だが念抹は消し飛び、お前も再生が追い付かないほどのボロ雑巾だ。大ピンチだな」

氷厳寄生 「…まだ…まだですわッ この筆がある限りいくらでも……」

バシッ!!!「あうッ!!!」

ハルト  「これで頼みの綱の筆も失ってしまったな? さあ、どうする?」

氷厳寄生 「ばッ ば……化物ッ!!」
ハルト  「良く言われる。 それと対峙したお前は何だ 人か狗か化物か」

162 3回戦 第二試合 ハルトvsダイヤ ◆bEv7xU6A7Q :2012/02/20(月) 21:42:10 ID:GuYRCsWc0
氷厳寄生 「くッ……さすがは創発の魔王、筆も念抹も失っては もはや勝ち抜きはかないませんが……」

氷厳寄生 「この試合だけは勝たせて頂く!」

ブシューッ!
ビシャァ――ッ

ハルト 「ぬううっ!」

氷厳寄生 「どうですか! この血の目つぶしはッ! 勝った! 死んでくださいッ!」

アンテナ 「ああーッ! 視界を奪われたハルト選手にダイヤ選手の手刀が襲い掛かるーッ!!!」

ドスッ!!!

「「!?」」

氷厳寄生 (抜けない…!! 筋肉で止められた…!?)

ガシッ!

ハルト 「捕まえた、これで見えなくても逃がさない」
ハルト 「殺気を出せばこちらも構える、視界を奪った意味が無いな。
      それに刺すなら首だ…まぁ、ガードしたがな」

アンテナ 「ハルト選手! ダイヤ選手をガッチリとロック! 簡単には抜け出せそうにありません!!!」

氷厳寄生 「ふ…ふふ、何のつもりか知りませんがこの密着状態で『アイスタイム』を使えば――』

ハルト 「―――やってみろ」

ビリリリリリッ!!! ジュウウウウウ!!!

アンテナ 「ハルト選手のシバリング―――ッ!!!」

氷厳寄生 「きゃあああああああああああああああああああッ!!?」

ハルト 「まだまだ上がるぞッ!」

ジュウウウウウウウウウウウウウウウ!!! ボウッ!!!

アンテナ 「ハルト選手さらに白熱化したーッ!!! あ…ダ、ダイヤ選手の体が溶け…ッ」

163 3回戦 第二試合 ハルトvsダイヤ ◆bEv7xU6A7Q :2012/02/20(月) 21:43:16 ID:GuYRCsWc0
ジュウウウウウウウウウウウ!!!

氷厳寄生 「あああああああッ!離しなさいッ!離してッ!あああああああああッ!!!」
ハルト 「お前はよく頑張ったよ……もう、休め」

いかづち 「ダ、ダイヤぁーーーーッッ!!!」

氷厳寄生 「いやああああああああああああああああああああッ!!!」
ボシュウウウウ!!!

ポタッ…ポタッ……

アンテナ 「ダ、ダイヤ選手……消滅……しました……」
柏木 「……終わりですね」
よし子 「……ッ! 勝者…ハルトシュラー……ッ!!!」

ザワザワザワ……ッ

にじ 「そんな…そんな……」
いかづち 「ダ…イヤ……う… うわあああああああッ!!! よくもッ…よくもダイヤをッ!!!」

ダンッ!!!

にっしょく 「いかづち…っ!」
アンテナ 「ああーッ!!! 逆上したいかづち選手!ハルト選手に向かっていったーッ!?」

いかづち 「ああああッ! ライトニングボルトーッ!!!」
ハルト 「…………」

カッ! ドウンッ!!!

いかづち 「かはッ! ち…ちくしょう……」

アンテナ 「あ、あっさりと組み伏せられたーッ!」
柏木 「天神化してますからねえ…雷は効きません」

ハルト 「……安心しろ。ダイヤは死んでいない」
いかづち 「え……ッ!?」

ハルト 「寄生となった氷の精を元に戻すにはな…」

ピシッ

ハルト 「創作への愛情をこめて その氷の精を抱きしめて、溶かしてしまうコトだ」

ピシピシピシッ! パリーンッ!!!

アンテナ 「ああーとッ!!? 先ほどダイヤ選手が溶けて残った氷からッ!!!
       元の姿のダイヤ選手が出てきたーッ!!!」

164 3回戦 第二試合 ハルトvsダイヤ ◆bEv7xU6A7Q :2012/02/20(月) 21:44:19 ID:GuYRCsWc0
ダイヤ 「う、うう……」

いかづち 「ダイヤ…ダイヤッ!!!」
ダイヤ 「きゃ!いかづち…苦しい……」
いかづち 「良かった…ハハハ……」

にじ 「ダイヤ…よかった…無事で…………え?」
にっしょく 「……あらら」

ザワザワザワッ…!!!

ダイヤ 「一体私……って! なっ…なんで私裸なんですかーッ!!!」
いかづち 「は……?」

ワアアアアアアアアアアアアアアアッ!!!

ダイヤ 「い、い、いやああああああああああああああああああああッ!!!」
いかづち 「て、てめえら見るなッ見るなッ!!! 撮ってんじゃねえええええええッ!!!!!」
獣羽鶏 「そうはいかんちきん!!!そうはいかんちきん!!!」

ドカアアアアン!!!!!!
グシャアアアン!!!!!!
バキイイイイン!!!!!!

アンテナ 「あちゃー! いかづち選手と獣羽鶏が暴れだし会場が大混乱です……ってオオオオオッ!!?」

ふぁさッ……

オーロラ 「大丈夫かい?」 キラキラ
ダイヤ 「お、オーロラさ……」

アンテナ 「うおおおおおおおおおッ!!! と、闘技場に!す、す、凄いイケメンが!!降臨しましたーッ!!!」

オーロラ 「はーい!みなさーんちょっと注目ーッ!!!」 キラキラ

―――― ピカッ!!!

アンテナ 「うおッ!まぶしッ!!!……な、なんでしょう今の光は!!?」
柏木 「おーこれは…メンインブラックがよく使う記憶消去光ですねえ」

観客 「「「あれ…?俺達なにをしてたっけ……?」」」

ザワザワ……

165 3回戦 第二試合 ハルトvsダイヤ ◆bEv7xU6A7Q :2012/02/20(月) 21:46:08 ID:GuYRCsWc0
オーロラ 「これでよし……と言ってもボク自身にはこの技が効かないのがアレなんだけど――」
ダイヤ 「あ、あ、あのその…だ、大丈夫ですわ……ってキャッ!」
オーロラ 「じゃ、もどろっか。みんなの所に」 キラキラ
ダイヤ 「は、はい……///」

アンテナ 「おおーッ! ダイヤ選手!! イケメンにお姫様だっこされながら退場です!!! う…うらやましいッ!!!!」

いかづち (い、いいなあ…ダイヤ…いいなあ……)

アース 「チッ」
かまいたち 「ケッ」

ハルト 「ふッ…一件落着か」
倉刀 「ししょお〜〜ッ! お疲れ様でしたッ!」
ハルト 「倉刀…ふむ、少々疲れたな。マックスコーヒーを頼めるか?
      ハチミツとガムシロップアリアリで」
倉刀 「はい!」


※ ※ ※

―ハルトシュラー控室

倉刀 「師匠!マックスコーヒーお待たせ……あれ? それ、ダイヤさんが持ってた方のペンですか?」
ハルト 「ああ、 ……いつまでその姿でいる。正体を現せッ」

バリリリリリリッ!!!

超カスゴミ 「おんぎゃああああああーッ!!!」 ドサッ

倉刀 「えッ…ええッ!? 描いちゃさん!?」
ハルト 「そうだ。あの筆は私が持っているものがオリジナルだからな。
     ペンタブと自身を融合することであの能力を再現していたのだろう」

プスプス…
超カスの人 「う、うごご……ハッ ハアッ! か、閣下ッ!!!」

ハルト 「…………」 (ギロリ)

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

超ゴミの人 「ひッ!ひいいッ!!!」

ハルト 「……フッ フフフ、あれでいい。なかなか楽しめたぞ。これからも精進を怠るな、描いちゃ」

描いちゃ 「は、はあ……」


【準々決勝 第二戦目 S.ハルトシュラー vs ダイヤモンドダスト 】
  ――《勝者・ハルトシュラー》

166 3回戦 第二試合 ハルトvsダイヤ ◆bEv7xU6A7Q :2012/02/20(月) 21:47:19 ID:GuYRCsWc0
以上投下です。時間かかってごめんなさい…

167 名無しさん@避難中 :2012/02/20(月) 22:02:23 ID:6iulQHfc0
いろいろとネタ拾ってくれてありがとうと言うべきか豊富なツッコミどころを突っ込むべきか、それ以上に途中のジーク噴いたwww

168 名無しさん@避難中 :2012/02/20(月) 22:03:40 ID:iVDUC5S20
仕事し過ぎワロタw

169 名無しさん@避難中 :2012/02/20(月) 22:05:10 ID:I985legk0
カイチャ戦闘員3の口調がイケメソでやヴぁいw

170 名無しさん@避難中 :2012/02/20(月) 22:24:43 ID:d097ySRY0
何故例のシーンに挿絵が無いのか小一時間問い詰めたいっ!!!



171 名無しさん@避難中 :2012/02/21(火) 08:25:34 ID:qmP98QPg0
これはダイヤじゃない
べつのなにかだ

172 名無しさん@避難中 :2012/02/21(火) 12:31:21 ID:/ntrUjXE0


          ,イ圭圭ミ
       /圭圭圭圭i、               , イ圭ミヽ
         i圭圭圭圭圭}            /圭圭圭圭ト、
         |圭圭圭圭圭i         /圭圭圭圭圭圭!
        弋圭圭圭圭ノ          {圭圭圭圭圭圭ノ
           ̄ ̄              弋圭圭圭圭圭'"
                 ______   ` ̄ ̄ ̄ ̄
                  弋圭圭圭圭圭ァ
                 ヾx圭圭圭ノ

173 名無しさん@避難中 :2012/02/24(金) 23:58:41 ID:CbDFAryIO
age

174 名無しさん@避難中 :2012/03/22(木) 21:54:06 ID:9zQp8sBkO
期待age

175 名無しさん@避難中 :2012/04/18(水) 19:30:34 ID:Jk4Gq5/gO
ヒャホオオオオオッ!!!!!!
トーナメントのひょう消しちまったずぇえぇーーーーーーーーい!!!!!!!!!
アビャアアアアアアッ!!!!

176 名無しさん@避難中 :2012/04/19(木) 22:46:44 ID:USMGdK3E0
oh......

177 名無しさん@避難中 :2012/04/27(金) 23:08:03 ID:7tYI7XiMO
ぬぽる

178 名無しさん@避難中 :2012/04/28(土) 03:01:25 ID:9Mhe.OS.0
ガッ

179 名無しさん@避難中 :2012/06/12(火) 00:21:47 ID:qnM5TedQO
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3083053.jpg

180 名無しさん@避難中 :2012/06/12(火) 00:26:47 ID:/03zK69c0
すごいことになってるwww

181 名無しさん@避難中 :2012/06/12(火) 01:09:05 ID:rCCrkAqY0
お縄になってるのがいるぞwww

182 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 18:50:06 ID:5H4kzXHk0


―――《某所・創発地下闘技場・試合会場》―――

「何時間待たせんだコラァ!!」
「まだ試合始まらねーのか!」

 Boooo
Boooo

アンテナ「ただいま運営委員のほうが取り込んでおりまして……今しばらくお待ちください!」

「さっきからずっとそれじゃねえか、いい加減にしろよ!!」
「待たせるんだったらパンツでもみせろオラァ!」

アンテナ「ちょっ……! なに言ってるんですか、とにかく、あと一時の間だけですのでどうかそのまま!! あーーもう、柏木さんもなんとか言ってくださいよ!!」

柏木「いいんじゃないかな」

アンテナ「は?」

柏木「見せればいいじゃない、パンツ。それでこの場が収まるなら」

アンテナ「はあああああああ!??」

「パーンツ!」
「パーンツ!」

 ウオオオオオオオオオオオオオオ!!

あんてな「み、皆さん落ち着いてくださいっ!! 今日は試合を観にきたんでしょう!?」
 えぐっ……

「あんてなたんが言うならしょうがない」
「そうだな、怒りのあまり見たくもないものを見るところだった」

アンテナ「見せようとしてませんから! つーかどういう意味だコラ!!」
柏木「――アンテナくん」
スッ

アンテナ「柏木さん?」


柏木「私には見せてもいいんだよ、パンツ」

アンテナ「何『私だけは君の味方だよ』みたいな笑顔でセクハラ発言してんだこの人ー!!? 畜生試合はやく始まってくれーーーっ!!」

柏木「君はホントからかい甲斐があるな」

 Wai Wai……
Gaya Gaya……

183 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 19:00:29 ID:5H4kzXHk0


―――《闘技場選手控え室・10分前》―――

『……それで、相手選手はどうやら警察に補導されたみたい』

???「なるほど、それで運営もおおっぴらに対処できないってわけね。まあ、大方あの女の仕業でしょうけど」

『それじゃどうする? 恐らくこのままだと時間には間に合わない、あっちの不戦勝になりそうだけど』

???「予定通り、次の作戦に移るわ。K07の情報によると、リザーバーの選出が検討され始めているみたいだ――」

ももか「かーなたっ、なにしてるの?」
ガラッ

彼方「うおおおおおおっ!? ちょっと急に入ってこないでよ!!!」

ももか「いいじゃん、姉妹の仲なんだしー」

彼方「だからあたしはアンタの妹の彼方じゃねえ!!」

ももか「さーて彼方はお姉ちゃんに隠れてなにをしてたのかなー……っとお札?」
ガサガサ

彼方「駄目だこいつ人の話聞いてない」

『ガガッ……ピー……こちらK02、目標地点付近50メートルまで接近。周囲に人影なし』

ももか「うわああシャベッタァアアア!!」

彼方「ああ、もう勝手に触らないでよ! ――こちらK01、時間がないわ、早速準備をして! K05と06のほうはどうなの!?」

『こっちもOK、係員は他のメンバーがうまく足止めしてるわ』

彼方「よし、それじゃあ手は通り両班突入と同時に一斉攻撃。いいわね?」



ももか「彼方……あなた一体何をやろうとしてるの!?」

 ゴゴゴゴゴ……

彼方「ふふふ、ちょっとした布石よ。次の試合の勝利者が次の対戦相手となる。私の戦いはすでに始まっているのよ!!」

184 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 19:02:52 ID:uDQNSjEM0
GJwww

185 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 19:04:06 ID:uDQNSjEM0
おっと続いてた、失礼

186 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 19:12:23 ID:5H4kzXHk0


―――《すいかさん控え室前》―――

K02・大人彼方「それなりの実力があるとはいえ相手は手負い。3人で一気にカタをつけるわよ!」
K03・高校生彼方/K04・ブレザー彼方「了解!」

―――《パンモロー博士控え室前》―――

K05・中学生彼方「悪いけどこれも私達の野望のため!」
K06・なんとか彼方「しばらくお休みいただくのねん!」


彼方もといK01・和服彼方(やまなし……戦闘能力自体に脅威はみえないにせよ、あの女も恐らく勝つためには手段を選ばないタイプっ……! ならば……『試合に出られるリザーバーの数を減らし』てより強い相手をぶつけさせるっ……!! リザーバーが勝つ可能性もあるが……ワンサイドゲームにならなければ、どちらにせよ次の相手の手の内は割れるっ……!!)

 ざわ……
ざわ……

彼方's『『『全ては我らが乳のために!』』』
ダンッ!!



―――《某所・創発地下闘技場・試合会場》―――


アンテナ「さあ、長らくお待たせしました! えー控えます二回戦第八試合『PBM! の人 VS やまなし』ですが、PBM! の人選手は一身上の都合により出場辞退という事ですので、これよりリザーバーとの代行試合を開始いたします!」

「ヒャッハー試合だー!!」
「なんでもいいからはやくしろオラー!」

 ウオオオオオオオオオオオオオオ!!

アンテナ「では、選手入場です! 都道府県擬人化スレより、やまなし選手!!」

ザッ

山梨「さて、私の対戦相手は誰かしらね?」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ……

和服彼方(ふふふ、良い『泥試合』になるように励みなさい……!)

アンテナ「続きまして、リザーバーからは――」

ザッザッザッ――

――ずてっ
???「ふにゃっ!?」

アンテナ「雑談スレよりDr.パンモロー選手!!」

パンモロー「痛たた……はっ! み、みないでくださいっ!!」

「oh……」
「nice panties.」

和服彼方「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッッ!?」


アンテナ「それでは二回戦第八試合、開始です!!」

よし子「ファイッ!!」

カァァン

187 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 19:21:57 ID:5H4kzXHk0


和服彼方(どういう事!? まさかあれに返り討ちにあったとでも!!?)

なんとか桃花「おや、そんな怖い顔してトイレでござい? それならお姉ちゃんがついていってあげるでござーい」

和服彼方「ついて来るなっ! ってかお前も私の姉じゃねえ!!」
ダッ


―――《闘技場選手控え室・リザーバーブロック付近》―――


和服彼方「札の呼びかけにも応じない……まさか第三者の介入が」

ドオオオオオン!!!!

中学生彼方「ゲッホゲホ……」

和服彼方「K05! 一体何が起きたの!?」

中学生彼方「K01? それが実は……」


和服彼方「部屋を間違えたァ!!?」

中学生彼方「しかも開けたと同時に思いっきりぶちかましちゃったもんだからさ……」

なんとか彼方「ひえええぇぇぇん!!」
ダッダッダッ

和服彼方「あれはK06!?」


「こっちか!」「いやあそこだ!!」
ドドドドドド……

中学生彼方「ゲゲェーッ! 早速追いついてきたぁ!!?」


戦那羅毘愚兵弐須「「この恨み晴らさでおくべきかァ!!!」」
ドン!!

188 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 19:32:01 ID:5H4kzXHk0

和服彼方「いやああ※%&の化け物ぉおお!!!」
なんとか彼方「とにかく合流して助けてもらいましょん!!」

和服彼方「そうね、あっちだったらもう任務は遂行してるはず――」

ズドドドドドド……

高校生彼方「いやああぁぁぁ虫ィィ!!」


ドルンドメオン「一度向けた殺意ならば我が首落とすまで貫いてみせよ!」
ババァーーン!!!


和服彼方「なんであんたらまで間違えてるのよ!!?」

高校生彼方「過ぎた事を言ってもしょうがないでしょ! ウチらで最強の天神サマなんだからなんとかしてよ!!」

大人彼方「こちとら鬼子戦でがっつり体力使ってるんだかそう簡単にいかないわよ! ってか見なさいよ、 あのスピード! あの黒光り! アレが飛んできたらどうすんのよ!! 」

中学生彼方「じゃあどうするの!?」

ブレザー彼方「試合がはじまった以上こっから先はもう無駄……とにかく!」

戦那羅毘愚兵弐須「「待てぇい!!」」
ドルンドメオン「さあ覚悟を決められよ!!」

ブレザー彼方「逃げるのよォォォォ!!!」

なんとか彼方「ひィィーんやっぱりィィ!!!」

ドドドドドドドド……

189 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 19:41:25 ID:5H4kzXHk0

―――《某所・創発地下闘技場・試合会場》―――

オオオオオ……

パンモロー「はわわわわっ!!」

ボボボボボボンッ!!

アンテナ「やまなし選手これは1回戦で見せた桃の大軍団です!!」

山梨「疾きこと風の如し……」
ゴウッ!

パンモロー「わっ! とっ! ちょっ!! 待ってっ!!!」

アンテナ「四方八方から桃が弾丸のように飛んでいくッッ!! Dr.パンモロー選手危なげにかわしていくが!?」


山梨「徐なること林の如し……」
シンッ――

アンテナ「おーーっと、突然攻撃が止みましたがやまなし選手の姿が見えないッ! 周りを取り囲むように並んだ桃が異様な光景を作り出すーーッッ!!」

パンモロー(どこから? いや……あそこ!!)

山梨「侵掠すること火の如し……」
ドガガガガガァッ!!!

パンモロー「全部〜〜〜っ!!?」

アンテナ「全方位からの一斉放火ッッ!!息つく暇すら与えない怒涛のラッシュ! ラッシュ!」
柏木「いや、それだけじゃない!!」


山梨「……そして、動かざること山の如し!」

ズオオオオオオオォォオォッ!!!

ハルト「塵も積もればとは言うが、これは……」

アンテナ「突撃していった桃が集まって巨大な山となったァーーッ!! デカイッ!ガッチリと組み込まれてビクともしないぞォーっ!!」

柏木「さしずめ桃の南アルプス・北岳といったところか。これは厳しいねえ」

発子「全部食えばいいのよ、食えば」

190 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 19:50:16 ID:5H4kzXHk0

オオオオオオオオオオオン……


鍋奉行「しかしなんとまあ容赦のない……」

雑幼女「ふぇー……あの人大人げなさすぎるよぉー……」

パンモロー「むぎゅう……」


いかづち「おいおい、あっちはまだ一発も攻撃してないんじゃないか?」

ダイヤ「あんなの、対戦カードに助けられただけですわ」

にっしょく「トーナメントであるいじょう、うんがからむのもひつぜんです。もちろんそれがすべてではありませんが」

ゴゴゴゴ……

山梨(そう、トーナメントにおける相手との相性は始めのクジで決定でする……『リザーバー試合を除いて』!! 全ては――――)


ドドドドドドドド……


―――《闘技場選手控え室・リザーバーブロック付近・5分前》―――


高校生彼方「壱……」

ブレザー彼方「弐の……」

大人彼方「参っ!!」
ガタァン!!

191 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 20:00:39 ID:5H4kzXHk0

大人彼方「魔剣村正! この一刀で――――えっ!!?」

ザクッ

ドルンドメオン「……奇襲とは面白い」
ポタ……
ポタ……

ゴゴゴゴゴゴゴゴ……

ブレザー彼方「あはは、すみません部屋間違いちゃえましたぁ……」
そろ

高校生彼方「げ、入ってきた時の勢いでドア壊れてるんだけど!?」
ガチャガチャ

ドルンドメオン「ほう、ならば我が開けて進ぜよう!」
ぐぐっ

大人彼方「その長い触角をうねらすなァーーッ!!」


ちゅどーーーーん!!


???「……行ったか?」
ひょこっ

和歌山「ふう、扉ごと吹き飛ばされる思たわー……」

静岡「しかしあれ、ええずら? なんというか、良心が……」

愛知「ええて、ええて。わっちらはちびっとイタズラしたけだがや」

石川「ほんならこれ、戻しておきまっし」
スッ
《ドルンドメオン選手・控え室》《戦那羅毘愚兵弐須選手・控え室》

大阪「大体悪いのは喧嘩ふっかけた向こうやで。ま、一番悪いのはあの女の性根ちゅーか、商魂ちゅーか」


――
――――

――――そう、全ては


山梨『  計  算  通  り  』

ニヤァッ

192 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 20:10:41 ID:5H4kzXHk0

山梨(善く戦う者は勝ち易きに勝つ者なり……悪いけど、このまま一方的に勝たせてもらうわ。残る敵に、手の内が割れる前に、ね!)

パンモロー「むぐっ!?」

ドロォーッ

アンテナ「なんと!! Dr.パンモロー選手にのしかかっていた桃が溶けていくーーッッ!!」

山梨「過熟した桃はジュースに……搾り取る!! 」
ギュオオオオッ

悪魔メイド「これは万事休すデスね」


???「待ていッ!」
シュビッ

山梨「何者っ!?」

パンダ「!」
子パンダ「♪」

PBRX「天が呼ぶ、地が呼ぶ、人が呼ぶ、幼女を守れと俺を呼ぶ。正義の紳士、ポニーブレイドRX!!」
バァーーンッ!!


「な……」


よし子「なにやってんだアンターーーっ!!?」

アンテナ「なんという事でしょう! 窮地のパンモロー選手を助けたのはPBMの人ことPBRX選手だぁーーッ!!」

山梨「馬鹿な……何故あなたがここに!?」

PBRX「フフ、三つ編み幼女の危機とあらば、地球の裏側からでも駆けつけますよ」

よし子「いや、まず試合時間に駆けつけろよーーっ!?」

193 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 20:21:44 ID:5H4kzXHk0

マリモス「Oh……正しく騎士の鏡ですね」

遥「すごく帰りたい……」

隆昭「けど、この場合どうなるんだ? 元々はあの人の試合だったわけだけど」

大魔女「んなもん全部ぶっアレせばいいだけの話じゃない」


柏木「ルール上はすでに参加資格を失っているはずなんだが……」


「遅ぇーぞ!!」
「師匠ぉーーー!! 」

ワァァァーーッ

アンテナ「えーっ、ただいま大会運営委員より伝達がきました、『PBRX選手の参加を許可し、本試合を、やまなし選手・パンモロー選手・PBRX選手3人のバトルロイヤル形式とする』との事です……ってこれ良いんですか!?」

柏木「まあ元はお祭りみたいなものなんだから無闇にルールで雁字がらめにする事もない、って所だろうね」


PBRX「やまなしさん、あたなの『ちっぱい』は確かに素晴らしい……しかし、私は幼女を守るもの! 一飯の恩を仇で返すことになろうと、この身体を形作る螺旋構造からは逃れられない!! 」

山梨「それがあなたの戦う意思ですか。それなら、こちらもこちらの意思を貫かせてもらうまで」

PBRX「では、いきますよ! お嬢さん、危険ですから私の後ろに下がっていてください」
ニッコリ

パンモロー(何なのこの人……)


アンテナ「やはりというべきか、これは実質的なハンディキャップマッチになったぞーー!! 試合開始から常に優勢を保っていたやまなし選手ですが、ここにきて形成逆転か!?」

194 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 20:31:21 ID:5H4kzXHk0

山梨「疾っ!!」
バババババッ

PBRX「これは……さしずめ桃の武田軍団といったところでしょうか。しかし!!」
ダッ

滋賀「そのまま突っ込んできゃあた!」

ビシビシビシィッ!!

アンテナ「PBRX選手止まらないッ! 雨あられのように迫る桃を一切気に止めず意に介さず! 弾丸の如く突き抜けるゥゥーーーッ!!」

日本鬼子「これは……吸収と再生を繰り返している!?」

描いちゃったりする人「だがこの速度……私と戦った時よりもはるかに増している!! これが守るべきものを背負った紳士の力か!」


PBRX「やまなしさん、言ったはずですよ、一撃必殺でなければ、この私を倒す事はできないと!」
バシィィッ!!

アンテナ「ついにPBRXがやまなし選手を捉えるッ!!」

PBRX「あなたの能力では私には勝てない!! このままッ! 殴りぬけるッッ!!」
ギュオン

山梨「……へえ、『私の能力』ねえ。それでその『私の能力』を、あなたはどこまで把握してるのかしら?」

PBRX「動きがにぶい……ちがう、にぶいのではない……動けんッ! ば…ばかなッ!?」
ピタァ〜〜ッ

串子「寸止め……いや、様子がおかしい!?」

直りん「ふうん、何か仕込んだわね」

195 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 20:41:06 ID:5H4kzXHk0

PBRX「ぬうっ……あなたの能力は郷土特産品を召喚する能力のはず!!」

山梨「50点。召喚して『自由に操る』という部分が抜けてますよ、パラ田さん 」

PBRX「ハッ――まさか!!」

山梨「ジャム、ゼリー、ワイン……いくら加工されようとその生産地が変わらないのと同じく、私の制御圏内に存在する限り、いくら姿を変えようとその召喚物は私の支配下!」
クイッ

PBRX「ぬうううっ!!」
ギギギ……

山梨「あなた体内に吸収した数々の郷土料理、 そして今しがた付着した桃……吸収率の異なるそれらを、内側と外側から磁石のように時に反発させ、時に連結させる事で血肉を操る!!」

PBRX「うおおおおおおおおっ!!!!」
ギュウンッ

アンテナ「どうしたことか、なんとPBRX選手急に方向転換!! しかも向かった先はーーッッ!!」

ドドドドド……

パンモロー「ひえええええ!!!」

PBRX「お嬢さん、今の私は危険です……なんとか……逃げてください……!!」
ハァ……ハァ……

よし子「この画は完全にアウトだーーーっ!!?」



パンモロー「なになに、どういう状況なのこれ!? コントロール能力? 一体どういう原理で? いや、というかそれより……」

PBRX「うおおおお!!」

パンモロー「近寄らないでぇぇぇ!!」
ブンッ

PBRX「すぱなっ!!」
メコォッ


山梨「敵を共にするは敵を分かつに如かず、確かに私の能力ではあなたを倒せない。だけど、倒すことだけが勝利ではない――!」

196 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 20:51:52 ID:5H4kzXHk0


柏木「ふむ、こういう危ういバランスの三つ巴というのもなかなか面白い」

アンテナ「危うい、といいますと?」

柏木「先ほどまでは、PBRX選手とパンモロー選手は共闘の関係にあったわけだけど、彼女は手を出していなかっただろう?」

アンテナ「巻き込まれる恐れがあるからですか」

柏木「勿論それが一番……しかしそれだけじゃあない。PBRX選手が一方的に味方についているのに対し、パンモロー選手の側には彼を味方にする必然性はない。ルール上両方が敵であるならば、仮にPBRX選手を手助けしてやまなし選手を倒したとして、それが自身の勝利に直接つながるとは限らないからね」


ジークリンデ「――仮に『パンモロー博士を守る』のがあの男の真意であるなら、それはそれで手を出しにくいわね。攻撃をしかける側に回るということは、より攻撃を受けるリスクが高まる。そうなった時、PBRX選手は博士を守りにいくはずだから、やまなし選手からすれば、博士に攻撃を集中させるだけで、2人共を釘付けにできる。そう考えれば、静観して状況を見据えながら消耗を待つ、というのが安全策だったわけだけど、そうもいかなくなった」

ジークフリード「PBRX選手が組する側が入れ替わったから、だよね。……ってことは、今はやまなし選手が圧倒的に有利な立場にある?」

世羅「表面上はね。だけど、今の関係を支えているのは、やまなし選手の能力一点のみ。これがなければ、少なくとも3人が残った状況でPBRX選手の攻撃対象に選ばれる、という事はないのだから、今の状況はパンモロー選手にとって、やまなし選手を攻撃する明確な理由を与えてしまった事になる。やまなし選手がコントロール能力を維持できるか否かで、今回の試合は大きく動くことになるわね」


山梨「逃げ回っていても事態は好転しないわよ? しっかり戦ってもらわなきゃね」

PBRX「ぬうう……三つ編幼女を襲うなど紳士としてあるまじき行為だというのに!!」

パンモロー「ごめんなさいっ!!」

PBRX「〜〜〜〜〜〜〜〜ッッ!!?」
チーン

アンテナ「こ、これはクリティカルヒットか? いや、しかしPBRX選手立ち上がり……」

PBRX「フォォォォォォォォォォォォォォォ!!」

アンテナ「再び走り出す!! 効いた効かないというより何故か一層元気になっている気がするぞーーッッ!!」


雑幼女「ねぇねぇ、あのおじちゃん本当に操られてるだけなの?」

悪魔メイド「欲望は抑圧される程に爆発した時が怖いものですシネ」

鍋奉行「ウウム、彼の者に限ってそんな事はない……と思うぞ、多分……」

197 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 21:01:51 ID:5H4kzXHk0


パンモロー(やっぱり、あれからやまなし選手が攻撃してくる様子はない……。けどさっきから、一定の距離を保ったまま、こっちの斜線軸上に必ずPBRX選手が重なるようにわざわざ動いている。であれば、彼女自身はコントロール中は無防備になっている可能性は高い! 問題はどうやってこの人を振り払うか……)

PBRX(不味いですね……日本鬼子戦でのダメージもなんだかんだで残っている。今の私では攻撃の手を緩めるように働きかけるだけで精一杯だ。なにか、他に動かせるものがあれば、やまなしさんの不意を突いて……)

――ピキィーン

PBRX(いや! あるぞ、対抗手段が!! 我が友よ……あなたの与えてくれた力、今こそ使わせてもらいます!!)

ゴゴゴ……

山梨「!?」

PBRX「出ろォォーーーーッ!! ロリブレマスタァーーーーーッッ!!!」

ズゴゴゴ……ドゴォーーーーッ

アンテナ「なんだこれはーーッッ!? PBRX選手の叫び声に呼応するかのように、地中から突如巨大な物体……いや、巨大な三つ編が現れました!」

PBRX「幼女を守れ、トランスフォーム!!」
ガキョガキョガシィーーン


よし子「人型に変形したーーーっ!?」

柏木「そうか、あれが『ロリブレマスター』!! 超紳士力をエネルギーに稼動すると言われるPBMの人専用機!!」

山梨「まさか住人用のロボットまで存在するなんて!!」

PBRX「フフフ……ロリブレマスターはパイロットの脳とリンクし、最適化された攻撃データをリアルタイムで編み出すMeet Army(ミーツアーミー)システムを搭載した最強の矛! やまなしさん、覚悟してもらいますよ!!」

パンモロー「あれ、パイロットって事は勝手に動いたりしないんですね」

PBRX「心配後無用、私のパーソナルデータを基に設計された完全専用機ですからね、操られてしまうような事は絶対にありません!」

パンモロー「じゃあ、どうやって動かすんですか?」

PBRX「えっ」

山梨「えっ」

パンモロー「えっ」

ヒュルルルル……

PBRX「今乗り込めなかったァーーーーーッ!!!」

よし子「呼んだだけかーーーーーっっ!!?」

198 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 21:10:28 ID:5H4kzXHk0


山梨「だっちもねえ……よくも驚かせてくれたわね!」
グイイッ

PBRX「動け私の身体! なぜ動かん!!」

パンモロー「結局こうなるのーーーっ!?」

ズドドドド……

山梨「いいえ、一つだけ変わった事があるわ。それは――」

PBRX「避けてくださいっ!!」
ブン

パンモロー「わっ、とっ……しまった、後ろが!?」

山梨「障害物ができたって事よ! リングのど真ん中にどでかい奴を呼んでくれたお陰でね!!」

アンテナ「これはDr.パンモロー選手ついに退路を断たれたかーーッ!!」


パンモロー(いや……道はまだ一つだけある。だけどこれは逃げるんじゃない、攻めるための道!!)
ダッ

三重「ロ、ロボットのほうに突っ込んでった!?」

奈良「このままだとぶつかってしまうで」



パンモロー「ええいっ」
バサァッ

アンテナ「なにをする気だ!? パンモロー選手の白衣の下からは大量の工具が出現したァーーッッ!!?」


ドドドドド……

199 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 21:21:36 ID:5H4kzXHk0

パンモロー「分解っ!!」
ジャキィッ

PBRX「ホッ……ホァーーーッ!!!」

―――メゴッ


柏木「なんと!」

パンモロー「ふう、間に合った……」

PBRX「…………」
プスプス……

アンテナ「PBRX選手がロリブレマスターに激突したのに対し、パンモロー選手はすりたァーーッ!?」

柏木「よく見るんだアンテナくん、あれはすり抜けたんじゃない……ロリブレマスターの装甲をバラして、その間のわずかな隙間をくぐり抜けたんだ!!」

山梨「あの、一瞬で? 嘘でしょ!? くっ……だが本人がノビてようと関係ない、今度こそ叩き潰すまで!」

パンモロー「そうはいきません、やまなし選手、これが見えますか?」
バッ

マチコ「あれはまさか……ロリブレマスターの!?」

パンモロー「今しがた抜き取りました、エネルギー炉です。絶賛フル稼働中の」

ギュイイイイ……

山梨「それをどうするっていうの……まさか!!」

イイイイイ……
パンモロー「爆発させます」

イイイイイ……

山梨「ヤバいっ!!」

PBRX「ほげ?」


――――――カッ

200 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 21:30:42 ID:5H4kzXHk0


山梨「――――まさかの自爆だなんてぶっとび過ぎだわ……眩しい割に大した威力じゃなかったみたいだけど……」

パチ

アンテナ「凄まじい量の光でしたが、リングの様子はほとんど変わっていま……いや、なんでしょうかあの影は!?」

ズシン……

 ズシン……


遥「自分で……歩いてる!」

リヒター<マスター、あれは彼女の機械人形でしょうか>

アンテナ「なんとッ! リングに立っているのはロリブレマスターではない!! 別の……別の巨大ロボだーーーッッ!!! しかもその肩にはパンモロー選手の姿が!という事は!」

パンモロー「反撃です! 行けぇっ……Girs(ガーズ)A!!」

ガーズ「ガオオオン!!」

ズシィィン……

柏木「GirsA……ブランニア歴743年に発見されたと言われる古代の巨大ロボット! それをロリブレマスターのパーツを使って……再現したというのか!!」


山梨「作り直すって次元じゃないじゃない!! ……まあいいわ。私の目的は始めから、あなたとパラ田さんをぶつける所にあるんだからね!!」

PBRX「まだっ!?」
グニャン

ガーズ「グオオオッ!」
ズズッ

アンテナ「GirsAの巨大な腕が容赦なく振り下ろされるーーーッッ!!」

PBRX「ぎゃああ重い重い、潰れる、すり身になるーーっ!!」

ギギギギ……

ガクン

PBRX(ん? 身体が微妙に軽くなった!? いや、全然軽くないですけど……まさかこれは、コントロールの効力が切れはじめている!?)

パンモロー「GirsAフルパワー!!」

ガーズ「グガァーーッ!」

PBRX「ってこの状況じゃ意味ないですかやだーーー!!!」

201 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 21:41:26 ID:5H4kzXHk0

山梨(いつまで効くか不安だったけど、この様子なら先に潰しきれる。巨大ロボは厄介だけど、動きが遅い上に操り手が丸裸ならピンポイントに撃ち落とす事は不可能じゃない!!)

パンモロー「…………」

PBRX「ふぎぎぎぎ……」

アンテナ「不死身の再生力もこの質量の前では成す術なしかーーーッ!? 支える足がどんどん地面にめり込んでいくーーーッッ!!」

パンモロー(今!)
チラッ

山梨「良しっ!!」

パンモロー「GirsA、山梨選手に……」

ガーズ「グゴゴッ」
ギュオオォォ――

アンテナ「おおっと、巨大ロボットの額が光り輝いたァーーーッ!」

陽太「あれはまさか……」

パンモロー「ビーム発射っ!!!」

山梨「なっ!!」

ガーズ「ガァァッァァァッッズ!!」
ズギュゥゥゥウウウウン


「かはっ……」

「はぁ……はぁ……まさか、今の一瞬を狙うために、わざとパラ田さんにぶつかりにいったなんてね……完全に騙されてたわ」

「なん……で……」

パンダ子パンダ「!?」

アンテナ「ど……」

パンモロー「ぎゅう……」
バタッ

アンテナ「どういう事だァーーーッ!? GirsAの放った光線は確かにやまなし選手に向けて発射されたように見えましたが、倒れたのはなんとDr.パンモロー選手だーーーっ!!」

202 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 21:51:44 ID:5H4kzXHk0


山梨「……悪いわね、あなたに跳ね返ったのは、完全に事故だけど」
キラッ

京都「おやあれは……?」

山梨「我が山梨県の水晶加工技術は日本一! その力をもってすれば、ビームを反射させる事など造作もないことよ!」

ΩΩΩ「な、なんだってーーー!!?」


山梨「さて……順序は変わりましたけど、パラ田さん。改めて、お相手させていただきます。もっとも、今の身体じゃあ満足に拳も振るえないでしょうけど」

PBRX「ええ、確かに、今の私の身体はボドボドだ。ですが……」
ゴォッ

山梨「何、このプレッシャー!! あなたは一体……!?」

PBRX「とっくにお気づきなんでしょう……。今の私は幼女を愛する心を持ちながら、激しい怒りによって目覚めた悲しみの王子……ポニーブレイドRX!!」
カッ

よし子「いや何も変わってねーーーーっ!?」

はさみさん「いいえよし子、彼の身体をよく見てください!」

 モリッ… モリッ……

SSP「すごいな、まるで筋肉が生きているようだ」

PBRX「やまなしさん。降参するなら今の内ですが、あなたにも戦う意志がある以上強要はしません。ただこれは驕りでも、脅しでもない……今の私は、手加減どころか自分で自分を止める事すらできない」

 モリッ… モリッ……

山梨「まさか細胞の代謝が完全に? いや、コントロールの反応はまだある……何故!?」

 モリッ… 


PBRX「行きますよ!!」
ギュンッ

倉刀「速いっ!」

PBRX「ハッ!!」
ドゴッ!

山梨「ぐうっ」
バッ

PBRX「セイッ!!」
ドガガガッ!!

アンテナ「突進からの浴びせ蹴りっ! やまなし選手の反応を上回るPBRX選手の凄まじいラッシュだーーッッ!!」

203 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 22:10:18 ID:5H4kzXHk0


山梨「ぐふっ……効力が弱くなっていても、まだ自分の意志では完全に動くことなどできないはず……」

PBRX「確かに、私一人の力では、火事場の底力でも大したことはできない。しかしやまなしさん、今の私は一人ではない」

モリッ… モリッ…

  アオッ!

青森「身体が動かないなら、それを動かすだけの筋肉をつければいいのさ。師匠、待たせたな!!」

Woooooo!!!

アンテナ「ここに来てPBRXとしてPBMの人と融合していた青森さんが登場ッ!! 今まで何をしていたんだーー!!?」

青森「おいおい、そりゃあもちろん、身体の自由を確保するためにビルドアップしていたに決まっているじゃないか」
ムキッ!


山梨「まったく、作戦なんて結局は上手くいかないものね。でもまだ諦めないわ……」

PBMの人「ならば」
青森「決着をつけよう!!」
カッ

PBRX「クロックアップ!!」
ギュオオン!!


アンテナ「PBRXに再びフォームチェンジ!! そして再びの高速機動だーーーッッ!!!」

204 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 22:22:01 ID:5H4kzXHk0

PBRX「フン!」
ドヒュウ!

山梨「そう何度も!!」
バッ

柏木「かわしたか!」

山梨「――ぶっさらあれてたまるかっての!」
ズバァッ!!

PBRX「くっ……先の水晶をナイフに加工したわけですか!!」
ポタ……

山梨「こいつでとどめずら!!」
ゴオオッ!

――バシィッ

アンテナ「み……三つ編みで絡め取ったーーー!?」

柏木「むう、あれも彼にとっては武器であるという事か」

PBRX「破ァッ」
パキィィン……

山梨「くっ……流石にもう打つ手なし、ってトコかしらね。まけたわ」
ドサッ

PBRX「そうですか……では、山梨さん、あなたのその髪型を……」
ゴゴゴ……

山梨「は?」

PBRX「三つ編に、させてもらいましょうか」


よし子「へ、変態だーーーーーーーっ!!!」

PBRX「ウォォォ! ミツアミウォォォ!!!」
ドドドド……

山梨「自分を止められないってこういう事ーーーっ!!?」

205 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 22:51:16 ID:5H4kzXHk0


アンテナ「逃げるやまなし選手、追うPBRX選手!! なんだか凄いデジャヴュな展開になってきたぞーー!?」

柏木「ん……しかもやまなし選手の走ってる先は」

山梨「ゲゲェーーッ! さっきのロボ!?」
へなへな

PBRX「イヤッホォォォウ!!!」
バッ

山梨「――っ!」

シン……

山梨「ん?」

PBRX「な……」

ピタァ〜〜ッ

三重「動きが……また止まった?」


PBRX「まさか……またコントロールが戻ったというのですか!?」

青森「違うぜ……止めたのは俺だ」

山梨「なん……だと……!?」

206 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 23:00:40 ID:5H4kzXHk0

青森「師匠、あんたの『ミツアミスト』としての魂はわかるし否定もしない。だが、相手が『ポニーテーラー』なら話は別だ。そう、このやまなっちゃんのようにな!!」

PBMの人「ほう……そうですか。やはり決着をつけなければいけないようですね、ロボスレの永きに渡る戦いの歴史に!!」

ブオオオン

アンテナ「なんだなんだ!? 突如としてPBRX選手がPBMの人と青森さんに分離しましたよ!? っていうかどういう仕組みなんですかあれ!!?」

柏木「ロボスレの二大派閥である三つ編み派とポニーテール派……一度は手を取り合ったかに見えたが、パンモロー選手とやまなし選手、図らずもこの2人が対戦相手であったために、その間に亀裂が生まれてしまったという訳か」

PBMの人「うおおお! 遥さん(小)、遥さん(大)、彼方、悠ママ、クー、ユノーさん、ベル、グギャー、ピング、人稲たん、佐藤さん、セージ、ロリメル、優希ちゃん、アイリス、ロボスレ中の三つ編みっ娘達よ……私に力を分けてくれ!!」

ボケ妹「多いなおい!!!!!!」

まみ「……やっておしまい」

青森「合点承知」

フワッ……

PBMの人「ミーツアミアミアミアミアミアミアミアミアミアアミィ!!」
ドン! ドン!!

青森「ポォーニポニポニポニポニポニポニポニポニポニポニポニポニテェ!!」
ドドン!! ドドン!!

アンテナ「なんという白熱の高速ラッシュ合戦!! っていうかこれ何の試合ですか!!?」

あんてな「凄いこわいです……」


PBMの人「ミツアミッ!」
青森「ポニテッ!!」

ドグァシィン!!


PBMの人「ぐふっ……我が生涯に全編の悔い有り……」
ドシャアアン

青森「ウオオォォォォォォ!!!」

 ポニテ! ポニテ!

ポニテ! ポニテ!

よし子「っていうか全然関係ない人勝っちゃったこれーーーー!!!?」

207 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 23:50:01 ID:5H4kzXHk0

柏木「……うーん、一応確認はとったけど、問題ないそうだ」

アンテナ「えぇー……なんなのこの大会……えぇーっと、という事は本試合はロボット物SS総合スレッドより、青森選手の勝利……って事でいいんですかね?」

「ちょっと待ったァ!!」

青森「!?」

山梨「まだ試合は……終わってないわよ……!!」

青森「いや、でもアンタさっき自分で負けを認めただろ」

山梨「あら……私がいつそんな事言いました? 『まけたわ』とは言ったけど……」
ゴゴゴゴ……


クズハ「地鳴り? あっ……リングが!!」

山梨「『まけ』ておいたのは、南アルプス・富士・三ッ峠、豊かな山々に育まれた! 日本一の生産量を誇る、ミネラルウォーターよ!! 」

ドッパァアアアン!!

青森「いがん、足場がっ!」

山梨「もらったっ!!」
ドカッ

青森「むがごっ……!!」

山梨「知り難きこと陰の如く、動くこと雷霆の如し!!」

青森「ガハッ!! ゴボゴボッ……」

アンテナ「山梨選手、崩れたリングの下から出現した巨大水溜りに青森選手を沈めたーーっ!!」

山梨「そしてダメ押しのワイン醸造!! たーーっぷり飲むずら……なんてね!!」
ドドォーーン


青森「うげーーーっ」
グッタリ

アンテナ「これはひどい!! 」

三重「やまなっちゃん……」

山梨「ほほほ、勝てばいいのよ勝てば! っていうか勝てなきゃ戦なんてはじめっからしないんだから!! ほら、さっさとカウント取りなさい!」

よし子「5……4……3……2……1……試合終了だーーっ!!」

カンカンカァーーーン



《二回戦第八試合(リザーバー戦→変則バトルロイヤル戦)・勝者やまなし》

208 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 23:51:40 ID:5H4kzXHk0
終わりです。長々と占領してすみませんでした

209 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 23:53:54 ID:T8hGQuZM0
人が多いっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっちゅうねん!

210 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 23:56:57 ID:dedMSoCAO
乙W
カオスな戦いだったw

211 名無しさん@避難中 :2012/07/16(月) 23:59:13 ID:mMLRtZU60
乙おつ

212 名無しさん@避難中 :2012/07/17(火) 04:30:01 ID:HczzoY7Q0
なんだこれはwwwwwww

213 名無しさん@避難中 :2012/07/17(火) 22:07:24 ID:Pr7qtivY0
不戦勝かと思ったら実はこんな事が繰り広げられていたとは……!

214 名無しさん@避難中 :2012/07/23(月) 19:06:41 ID:Wis4q9Ak0
もう何回目だから遠慮とか考えないことにした
ゲリラ投下だあああああああああああっ!

215 第四試合 無限彼方 VS やまなし ◆KazZxBP5Rc :2012/07/23(月) 19:08:03 ID:Wis4q9Ak0
「あら、今度は一人なのね。」
「……白々しい。」
和服とソムリエエプロン。
互いに闘いに似つかわしくない服装の二人だが、尋常でない闘気を纏ってリングに立っていた。
三回戦の開始を告げる合図が、審判のよし子から下される。
「始めーっ!」
二人共、すぐには動かない。観客がざわめく中、やまなしが笑顔で対戦相手に話し掛ける。
「ありがとう、あなたの試合、とても参考になったわよ。」
それから、振り返ってセコンドの名を呼ぶ。
「しぞーかっ!」
その様子に和服彼方は呆れ顔でコメント。
「お熱いことですね。」
「こやせってぇ!」
思わず方言が出ちゃうやまなし。しょうがないよね。
「何ー?」
呼ばれた方は特に何も考えずについてくる。
「アレ出すわよっ、アレ。」
何かをごまかそうとしているのか、やまなしは心なしか早口だった。

「アレ、ですか?」
実況席で首をかしげるアンテナさん。しかし、解説の柏木はすべてお見通しのご様子。
「あの二人と言ったらアレしか無いでしょう。」

突然、激しい地鳴りが会場を襲った。
かと思いきや、リングが徐々にせり上がってゆく。
やがて、地下闘技場の天井まで覆おうかというところで、ようやく地面が動きを止める。
“本物”のサイズには到底及ばないが、それでもなかなかの大きさである。
「あなたも日本人ならこれが何かくらい知ってるわよね。」
俯瞰するとどうやら山らしい。上部は雪に覆われている。
もうお分かりだろうか。
山梨と静岡の県境にある、日本一の標高を誇る山。
そう、その名は富士山。
「もちろんですが、しかしこんなものを出してどうしようと言うのですか。」
至って冷静な彼方の問いに、やまなしはにやりと笑う。
「富士山はね、活火山なのよ。」
本人はさらりと言い放ったが、鋭い人間ならばその言葉の奥の意味に容易く気付いた。
「そっ、そんなことするために?」
相方も今更びっくり。
「や、やべえぜ!」
「おいおい、どうするんだよあれ!」
「落ち着いてください! 落ち着いてください! 観客席には安全のためになんかすごいバリアが張られています!」
さすがにこれには彼方も一瞬青ざめたが、客席のパニックぶりを見てむしろ我を取り戻した。
例の召喚札を懐から取り出す。
「試合順決めのくじ運に感謝しないといけませんね。」

216 第四試合 無限彼方 VS やまなし ◆KazZxBP5Rc :2012/07/23(月) 19:08:33 ID:Wis4q9Ak0
激しい閃光が札からあふれる。
現れたのは、厚手のコートをまとった女性だった。
「ダイ……じゃない! 氷厳寄生です!」
「さっきの試合の時に回収していたようだね。相変わらずしたたかな子だ。」
実況解説コンビの説明の間にも、氷厳は宙に上がり、これから起きようとすることを阻止する体勢に入る。
「こんな不謹慎なこと、わたくしがこの名に懸けて止めて差し上げますわ!」
火口に極寒の怒涛が押し寄せる。
最初はことごとく融かされるのみだったが、やがて氷の力が上回り、そして火口をすっかり固めてしまった。
氷厳の実力に冷や汗をかきながらも、やまなしは笑みを崩さない。
「やっぱり、ついでに呼んでおいて正解だったわ。」
彼方はハッとしてやまなしの視線をたどる。
「あの雲は!?」
その先に、高い山にはできやすいと言われる積乱雲があった。
積乱雲、となれば次に来るモノは自ずと決まってくる。
まばゆい光と共に、“彼女”はその姿を現した。
「ダイヤは元に戻ったんだ、またお前の影響を受ける前に消えてもらうよ!」
相次ぐ急展開に実況席のアンテナさんは興奮を隠せない。
「ここでなんといかづち選手が参戦です! 両者敗退のため実現しないと思われていた天候対決です!」
リングの上に、積乱雲からの雨が零れはじめた。

まず仕掛けたのはいかづちだ。腕から迸る電撃をそのまま氷厳に向けて飛ばす。対する氷厳は幾重にも張った氷の壁でこれを受ける。
こんなものではやはり小手調べにすらならないか。と、いかづちは電光石火で氷厳に近づき、電気を帯びた拳を氷厳に叩き込む。が、その拳は空を切った。
「速っ!? ……って何だこりゃああああ!」
いかづちが体の感触に違和感を覚えて下を向くと、彼女は先ほどまでの露出の多いスーツではなく、フリフリのドレスを纏っていた。
「あんな破廉恥な恰好より、その方がお似合いですわよ。」

「こはおやににるようですね。」
「誰がお母さんですかっ!」
客席の一角ではそんなやり取りが交わされていた。

一方、いかづちにはのんきな仲間達を気にかけている余裕など無い。
(電磁波を放出して、その反射で奴を捉える!)
そして一秒。氷厳は動かない。
二秒。まだだ。
三秒。時間がやけに長く感じる。
四……反射波!
が、いかづちは気付かぬ間に氷柱の大群に取り囲まれていた。
自然界の最高速度を誇る電磁波で探知したはずなのに。いかづちは驚きを隠せない。
「くっ!」
咄嗟に身を丸めるも、飛んできたいくつかの氷柱が体に突き刺さる。
「おーっほっほっほ! 手も足も出ませんわね。」
挑発に対し、いかづちは体に付いた氷柱を電熱で一気に蒸発させ、笑う。
「残念だったな! お前の攻撃は見破ったぜ!」
「な……いえ、強がりはおよしなさい!」

217 第四試合 無限彼方 VS やまなし ◆KazZxBP5Rc :2012/07/23(月) 19:08:55 ID:Wis4q9Ak0
その頃の地上。
やまなしが軍配を振ると、大量の桃が彼方を襲う。
しかしそれらは上空からの氷のミサイルによっていともたやすく撃ち落される。
「むぅー、なかなか攻撃が通らないわねぇ。」
やっかいなのは、氷厳がいかづちの相手をしながらも更に彼方を守る余裕まであるということだ。
ここは、牽制はしながらも、ただ待つことに徹するのが良さそうだ。
幸い、彼方はあれから一枚も札を使っていない。
「動かざること、山の如し、ね。」

いかづちの周りを迸る電流が勢いを増していく。
「はぁぁぁぁ……!」
「ふん! どうせこけおどしですわ!」
氷厳はまたもや瞬間移動。だが、今度こそはいかづちの手が正確に氷厳のいる方向を捉えていた。
「なっ!」
光が通り過ぎ、轟音がした。
危機一髪、更なる瞬間移動で氷厳はかろうじて脱出していた。
「はぁ……はぁ……。」
「お前はオレ……いや、会場全体をほんの少しの間だけ凍らせて、その間に移動してたんだ。」
いかづちの説明に、解説の柏木が気付く。
「なるほど、我々全員の意識が無いうちに一人だけ移動してたら、我々からは瞬間移動に見えるというわけだね。」
「カラクリさえ分かっちまえば不意を打たれることは無い。攻撃自体は探知より遅いからな。」
氷厳は苦虫を噛み潰したような表情になる。そんな氷厳に、更に追い打ちの言葉が。
「それに今の様子を見るに、この技はそう何度も連発できないようだな。」
「そんなこと……ありませんわっ!」

「あ……れ……?」
彼方は突然、立ちくらみを覚えた。
かと思うと、視界がぼやけ、息遣いも荒くなってくる。
「なに……これ……。」
待った甲斐があったようだ、とやまなしは口元をほころばせた。
「効いてきたようね!」
掌を上向きに広げて雨を受ける。
「これ、何だか分かる?」
「……。」
彼方の方は、もはややまなしが何を言ってるかなんてどうでもよくなってきた。
耐え切れずに膝をつく。
かまわず解説を続けるやまなし。
「ただの雨だと思ってたでしょうけどね、実は――」
やまなしが虚空から一本のボトルを取り出す。
「――白ワインでしたー。」

いかづちは攻撃の手を緩めない。
避けの一手である氷厳の体力も限界に近い。
「これで最後だっ!」
「くっ!」
しかし次の瞬間、いかづちはすんでのところで拳を止めることとなる。
目の前にいたのは、討つべき敵と似て非なる友の姿だった。
「ダイ……」
時間凍結中に自身をダイヤとすり替えた氷厳は、いかづちの真後ろにいた。
いかづちの隙を突き、氷厳は一瞬のうちに大量の氷柱を彼女の背に撃ち込んだ。
それを見たダイヤは青ざめる。
「いかづちっ!? くっ、クロノ・フリ――ズ!」

218 第四試合 無限彼方 VS やまなし ◆KazZxBP5Rc :2012/07/23(月) 19:09:08 ID:Wis4q9Ak0
ダイヤが叫んだ瞬間、すべてのものは静止した。
ただダイヤ自身と氷厳のみを残して。
「あなたは、私が生み出してしまったモノ。ですから私自らの手で倒させてもらいますわ!」
二人はもともと同じ存在である。故に、本来は強さも等しいのだ。
ただ前の試合では氷厳の攻撃的な性格によって潜在能力が引き出されただけなのであった。
(私にも、覚悟が必要ですわ。)
ダイヤはコートの裾を少し破いた。
「それが何になるって言いますの?」
「超低温は静止の世界。静止したものを無理に動かそうとすると必ず“摩擦”が発生しますわ。」
「……待ちなさい、貴女、なぜ濡れて……!」
「空気のほとんどは窒素と酸素。そして酸素の方がわずかに沸点が高いのです。」
ダイヤの服を次第に濡らしているものは“液体の酸素”。
「つまり、こうするのですわ!」
凍らせたコートの切れ端を腕にこすり付ける。
すると、“摩擦”によって起きた火花が“酸素”によって着火。
簡単に言うと、ダイヤの腕が発火した。
「まさか、そんな、自殺行為ですわ!」
「これが、私の覚悟です。」
炎はすぐに勢いを増し、ダイヤの腕を飲み込むほどになる。
氷厳にはもうこれだけの炎を消し飛ばす余力は残っていない。
薄い氷の壁を何重か張るので精一杯だった。
「さあ、今度は貴女が覚悟する番ですわ!」
業火が壁を無慈悲にぶち割ってゆく。
あと三枚、二、一、
「うぉぉぉぉぉぉぉぉ!」
二人が火だるまに包まれる……。

219 第四試合 無限彼方 VS やまなし ◆KazZxBP5Rc :2012/07/23(月) 19:09:26 ID:Wis4q9Ak0
「さ、さっきの一瞬で何が起こったのでしょう! 突然ダイヤ選手が現れ、いかづち選手が攻撃を食らったかと思えば、氷厳寄生がいなくなって、ダイヤ選手が真っ黒焦げになっております!」
「ダイヤ君も自分の役割を果たしたということかねえ。」
「いや、柏木さん意味が分かりません。何しみじみ言ってるんですか。」
ダイヤは氷厳の消滅を確認した後、吹雪で自らの炎を吹き飛ばしていた。
「ギリギリ……でしたわ。」
あと一瞬でも長く氷厳が耐えていれば……。ダイヤは身震いした。
「はっ! そうですわ! いかづちっ!」
「ああ、何とか生きてるよ。」
彼女も電熱で氷柱を融かしたが、傷まではふさげない。
二人はもはや戦闘続行不能。そもそも、氷厳を倒した今、戦う理由も無くなっていた。

「というわけで、後はあなただけよ。」
やまなしが余裕の表情を浮かべて宣言する。
対して彼方は、
「うにょら〜。」
もうべろんべろんである。未成年の飲酒は法律により禁じられていますのでやめましょう。
見ていられなくなったよし子(フルフェイスヘルメット着用)が口を挟む。
「ストップだーっ! これ以上戦わせるわけには」
「だいじょうぶなのら〜!」
彼方はよし子の制止を遮って一枚の札を取り出した。
例のごとく寄生が召喚される。
すると彼方は一転、平然とした口調で語りはじめた。
「BOURBON、吸収した酒の分だけ強くなる寄生です。」
ひょうたんを持った身長三メートル程の天狗が、やまなしをにらみつける。
「これは……まずいわね。」
やまなしはただちにワインの雨を止める。
「でも忘れた? アレを止めてた氷厳はもういないのよ。」
「はっ! やべーっ!」
よし子が猛ダッシュで避難したのを、まるで合図かと思ったように火口が煙を吹く。
次いで轟音が、そして赤い液体が噴出する。
「噴火だーっ!」
マグマはものすごい勢いで斜面を駆け降りる。
一分もしないうちにそれは二人の姿を飲み込んでいった。

220 第四試合 無限彼方 VS やまなし ◆KazZxBP5Rc :2012/07/23(月) 19:10:12 ID:Wis4q9Ak0
最初に姿を現したのは彼方とBOURBONの方だった。
「まったく、135枚も使わせないでください。雑魚なんで別にいいですけど。」
彼女たちは召喚した多数の寄生を盾に、マグマをやり過ごした。
「あの女、まさか自分の攻撃でくたばってる訳ないでしょうけど……。」
その時、物音と共に透明のロボットのようなものが姿を現した。
アンテナさんが叫ぶ。
「中にやまなし選手が乗っています!」
「どうやら水晶でできているようだね。」

水晶ロボが虚空からナイフを生成し、右手に持って、間合いを詰める。
そして大天狗の懐に潜り込むと勢いよくナイフを振り上げた。
ひらりとかわすBOURBON。それくらい読んでいると言わんばかりにロボは左手のキャノンを突き出す。
至近距離からの桃の射撃! が、これまたBOURBONははらりとかわす。
「酔拳っ!?」
その独特のリズムは非常に読みにくい。水晶ロボは慌てて距離を取る。
「線が駄目なら……面よ!」
ロボは宙に舞った。照明の光が乱反射して美しく会場を彩る。
それから、ナイフを幾本も生み出したかと思えば、BOURBONめがけてすべて投げつける。
ナイフは光の尾を引きながらバラバラのタイミングで地面に突き刺さってゆく。
彼方は訝しむ。全部外れ?
もちろん、そんなわけがない。
四方逃げ場の無くなったBOURBONに今度こそ照準を合わせ、本命の桃の砲弾が飛んできた。
「ガァアアァッ!」
奇声を発してBOURBONは目をこする。視力をやられたようだ。
「チャンスッ!」
やまなしがここぞとばかりに水晶の巨体を駆る。
止めは右ストレートだ。大きく体をひねって……振り抜く!
が、がっちりと掴まれた。流石、地味〜に大量の酒を吸収して強くなっているだけある。
組み合いは水晶ロボの不利。もはやここまでか。
(なーんちゃって。実は自動操縦のチビクォーツくんを背後から忍び込ませていたのよね。……今よっ!)
パリィィン!
「な……! チビクォーツくんがっ!」
やまなしが自信満々で放った小型ロボは、BOURBONの手刀で哀れ粉々に砕け散った。
「見えてなかったし気配も音も無かったはず!」
驚くやまなしに彼方が呆れ顔で伝える。
「あのねえ、あなた私の存在すっかり忘れてたでしょう……。無言でも指示くらい出せるのよ。」
「あ……………………しまったぁぁぁぁ!」
「なんとやまなし選手! 目先の敵の排除に追われ、本来の対戦相手を見過ごすという大失態!」
「ここに来てこんなことになるとはねぇ。」
BOURBONは鼻突きを一発。それだけで見事に水晶ロボは数多の破片へと姿を変えた。
「散々手こずらせてくれましたね。」
「ひっ!」
彼方が宙に踊るやまなしを睨み付けた。次の瞬間、BOURBONがやまなしの鳩尾にキツーい突きをお見舞いする。
すかさずよし子がカウント。
「壁まで吹っ飛んだーっ! ワン! ツー!」
壁にめり込んだやまなしはピクリともしない。
「……ナイン! テン! 試合終了だーっ!」
そして、地鳴りのような歓声が上がる。

221 第四試合 無限彼方 VS やまなし ◆KazZxBP5Rc :2012/07/23(月) 19:10:25 ID:Wis4q9Ak0
「かーなーたっ!」
「……。」
「あれあれー? 何書いてんの? おねーちゃんにも見せなさいっ。」
彼方はペンを放り出して溜息をついた。
訪問者・ももかはパラレルワールドでの彼方の姉らしい。あまり認めたくないが。
幾度となく勝手に控室に入ってきては過剰にスキンシップを求めるももかに、もはや彼方は無視を決め込むことにした。
(それにしても、どうしたものかしら。)
先ほどまで必死にノートに書きつづっていたのは、今後の戦略である。
彼方自身の戦力は札による寄生召喚のみで、今の戦いでかなり消費してしまった。
彼方はこの会場でパラレルワールドでの彼方を何人か見つけてきて味方として使っている。
が、彼女たちは彼女たちで今回の対戦前のいらぬ戦いにより余分に消耗していた。
どこで誰をぶつけるか、それが重要だ。
彼方が采配について悩んでいると、突然肩に重さを感じた。
「かなたっ、そんな難しい顔しないでさ、リラックスリラックス。」
「……。」
案の定抱きついてくるももかに、文句の一つでも言ってやろうかと考える。
が、何故か変なことを口走ってしまいそうな気がしたので、やっぱりももかとは口を利かないことにした。


【準々決勝第四試合 勝者 無限彼方】

222 名無しさん@避難中 :2012/07/23(月) 19:11:51 ID:Wis4q9Ak0
投下終わり

4周年までに終わるといいな(チラッ

223 名無しさん@避難中 :2012/07/23(月) 19:40:55 ID:9KOVOPII0
乙乙w まさかの山召喚とはwww

224 名無しさん@避難中 :2012/07/23(月) 20:25:52 ID:VtO60z8Q0
BOURBONって最初誰かと思ったわwww

225 名無しさん@避難中 :2012/07/23(月) 20:55:17 ID:Wis4q9Ak0
>>224
なぜか英語な気分だったんだw

226 名無しさん@避難中 :2012/07/24(火) 00:01:43 ID:NCYTIoP.0
富士山召喚とはたまげたw
都道府県勢強力だった

227 名無しさん@避難中 :2012/07/26(木) 21:13:04 ID:i1OUWVNE0
>>182>>215もおつです。
負けたかー。

http://dl10.getuploader.com/g/6%7Csousaku/715/%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A1.jpg

228 名無しさん@避難中 :2012/07/26(木) 21:42:44 ID:WKPwX9GU0
あんてなたんがw

229 名無しさん@避難中 :2012/07/26(木) 21:44:34 ID:ywbUnEAI0
掃除担当www

230 名無しさん@避難中 :2012/07/27(金) 22:35:04 ID:622YD8SE0
編まれているだと……

231 名無しさん@避難中 :2012/07/27(金) 23:06:38 ID:6Jxpl2cU0
山を片付けるとは……このあんてなたん、やりおる

232 ヘ ノ : ヘ ノ
ヘ ノ

233 わんこ ◆TC02kfS2Q2 :2012/08/03(金) 08:40:18 ID:k4jefN0Q0
お初します。勝手に場つなぎ的なエキストラ・マッチ。

234 月下の魔剣〜伝説の犬〜 ◆TC02kfS2Q2 :2012/08/03(金) 08:41:05 ID:k4jefN0Q0

 闘技場地下の控室、簡素なパイプ椅子の上に立ち上がり深夜3時を指す時計を恨みながら、まだ頬の紅い少年が歯軋りをしていた。
 部屋には白い扉にテーブルとソファーだけの無機質な空間。薄暗いといえば言葉は悪いが、無駄を省いたよく出来た箱庭とも言える。
 部屋の中で待ちくたびれたようにボタンのない学ランを脱いだシャツ姿の少年がとうと跳び上がり、二本の足で床に着地すると
片手を振り上げ何かを叫ぼうとしたが、思うところありやめた。

 「おれの……、おれの出番はまだか!煮えたぎる血潮に待てと言うのか!クロノスよ!」

 畏れ多くも時間を司る神に無茶ないちゃもんつける少年は岬陽太という。

 トーナメントに選ばれた。栄誉あることだ。何もかも、誰よりも強いことを見せ付けてやる。意気込んで競技場にやって来た。
 だが、出番は遠い。幾度も秋を過ぎるような思いだ。陽太は殺風景な控室にて、天井からぶら下がるモニタに映し出される
きらびやかなバトルフィールドでの闘いを見ながら、自分の姿を画面の上に重ねていた。

 深夜だ。月の明かりが支配する、誰もがまどろむ時だ。そんな時間に大根が一ふり。

 「月は狂気だ。理性ある人間どもの本能を炙りだし、獣と化し、闘うには他にない時だというのに。
  おれは神に見放されたのか!答えてくれ!魔剣・レィディッシュよ!」

 陽太は言い聞かせるように大根を持ち上げた。

 「日を跨ぐ頃からお前を待たせてすまない」

 モニタにはバトルフィールドの歓声が音もなく広がっていた。

     
 


  Souhatsu Characters    
Tournament Battle
Extra Much



     

 闇を裂くようなビームが闘技場目指して駆け抜ける。やがて光はゆっくりと走ることをやめ、エンジンの音漏らしながら
闘技場の屋根を見上げるようにポケバイは駐車場に止まった。

 「また、戻って来たよ」

 夜の底つく静けさに敬意を表しエンジンの音を止め、被っていたケモノ用のヘルメットを脱ぐ。イヌの耳が飛び出るように
二つの穴が空いているのが特徴的だ。タンクにヘルメットを置くと、闘技場が眼鏡のレンズに浮かんで予期せぬ来客を歓迎してくれた。

 サン・スーシ。

 彼は再びトーナメントに現れた。

235 月下の魔剣〜伝説の犬〜 ◆TC02kfS2Q2 :2012/08/03(金) 08:41:30 ID:k4jefN0Q0
 彼は闘技場に入ると沸き上がる地下のメイン会場に見向きもせず、錆び付いた扉を開けて階段をさらに深く降りていった。
 ぐるぐると渦巻きながら階段を一歩一歩踏み締めるサン・スーシは『叩き』にやって来た。叩き叩かれ叩き返され、それでも立ち上がり
相手を叩きのめす。何故か?サン・スーシにその質問は簡単すぎる。きっと「答えなんかすぐにわかるよ」と無垢な少年のような瞳で
答えるだろう。サン・スーシは『叩き』にやって来た。叩き叩かれ叩かれ返され、それでも立ち上がり叩きのめす。そして、白い扉を叩く。

     #

 「誰だ?」

 白い扉を叩く音が部屋に響く。
 突然の来客。
 出番はまだだというのに、不思議ではないか。

 警戒した眼差しで陽太がドアノブに手をかけると、小さな体に電気が走るような気がした。本能というか、闘いを控えた者だけが
感じることが出来る殺気というか。吹き飛ばすように扉を開くと、陽太の目の前……いや、胸に小さな眼鏡のイヌ獣人がリュックを
背負い立っていた。龍と虎、両者が向かい合い、目を牙を光らせるような空気が流れていた。

 「岬陽太くんだね!」
 「おれは、岬月下だ!貴様は。もしや」
 「陽太くんだよね」
 「月下だ!」

 あくまでも陽太は自分のことを「月下」と名乗る。慢性厨二病に罹患した者としては珍しくはない症例……発言だ。
 陽太の脳裏には栄ある創発トーナメント・ザ・1stでのサン・スーシの姿が過ぎった。

 「くっ……」

 創発トーナメント・ザ・1st。

 それはサン・スーシにとって初陣を飾るものだった。準決勝前までにコマを進めたものの、積み重なるダメージの為リタイヤと
なってしまい、サン・スーシの夢がここに潰えた。そんなサン・スーシに憧れた岬陽太。お互いのファイトスタイルを尊敬し、
場所は違えど各々ファイターとして認め合っていた。

 「いつかは闘ってやろうじゃないか」

 しかし、闘いの神の気まぐれか、両者は剣を合わせることなくトーナメントは幕を閉じた。

 「何をしにここにだ?」
 「暇つぶしかな」
 「おれは生憎、暇じゃないんだ。トーナメントを控えていてな」
 「ぼくは今回のトーナメントには惜しくも出場はならなかったんだけどね。神のいたずらかな」
 「神だと……」

 陽太は眉を吊り上げた。

236 月下の魔剣〜伝説の犬〜 ◆TC02kfS2Q2 :2012/08/03(金) 08:41:54 ID:k4jefN0Q0
 「おれは神に叛く男だぜ!神のいたずらならば……」
 「そうこなくっちゃ」

 にこっと笑みを浮かべ、サン・スーシはいきなり踵を返し薄暗い廊下を駆ける。陽太は考える間もなくサン・スーシを追いかける。
 夢中で廊下を走る陽太はサン・スーシにおびき寄せられながら階段への扉を開く。ぐるぐるとまるで地の底へと続くような螺旋階段。
足音がこだまするだけの暗闇。メイン会場とは天と地の差。光あれば影ありと、そして天高く舞う者いれば地へと沈む者ありと。
 息を切らしながらサン・スーシを追いかけた陽太が迷い込んだのは、暗闇に包まれた部屋だった。部屋というには広いのかもしれない。
 扉から漏れる廊下からの微かな明かりで電源の箱を手探りで開き、内蔵された大きなレバーを下ろすと部屋は陽太が思っていたよりも
広いことが分かった。煌々と薄い蛍光灯の光が部屋中央を照らし、ずんと四角いリングの存在を示す。色褪せたロープにくすんだ
キャンパス、ペンキが所々剥がれ落ちた鉄骨の脚。誰もみながリングのことを忘れていた証拠だ。

 「ぼくがこのトーナメントに出れなかったことを陽太くんは後悔するかい?」
 「どういうことだ?それにおれは月下……」
 「きみの座をぼくは奪うよ」

 サン・スーシは陽太の側を擦り抜けるとひとっ跳びでリングに上がり、陽太を誘った。
 短パンにタンクトップ姿へといつの間に姿を変えたサン・スーシ。そして、両手には赤いボクシングのグローブ。
 バンッとグローブを合わせて陽太を挑発しながら、小さいからだがリングの上で飛び跳ねていた。

 「きみの出番までここでエキストラ・マッチを行おうじゃないか。そして、ここで勝利した方が……本戦へと進むことが出来る」
 「なに?そんなこと許せるものか」
 「敗者はトーナメントに出る資格などない、よね?」

 リングの上からのサン・スーシは陽太を視覚的にも、心理的にも地を這う者のように見ていた。

 「レギュレーションは単純。どちらかがギブアップ、若しくは立ち上がることが出来なくなるKOを決めることで勝敗を決するんだ」
 「……」
 「どうする?尻尾を巻いてみる?」
 
 答えは早かった。陽太がリングに上がったことで、サン・スーシは拳を合わせる決意をした。

 「決まったね。よし。じゃあ、1ラウンド・時間無制限。ファイト!!」
 「よっしゃああ!これが神の定めた宿命ならば、それに叛いてみせてやるぜ!!!」

237 月下の魔剣〜伝説の犬〜 ◆TC02kfS2Q2 :2012/08/03(金) 08:42:17 ID:k4jefN0Q0
 両者、ぐるぐるとリングを廻りながら呼吸を読みあう。隙は見せられない。両拳でカードを固めらながら体を小さく丸める
サン・スーシに対して、陽太は両手を広げ積極的な動きを見せていた。無駄に体力は使うことは出来ないと、最小限に動きをまとめる。
 軽くサン・スーシは拳を前に出して伺いを見る。それでも臆することなく両手を広げる陽太は無鉄砲かもしれない。
 ジャブ程度とはいえ、ガードもせずにパンチを浴びることは試合の主導権を相手に与えるということに等しいからだ。
 それをわざとしているのか、それともムチャをしているのかは別にして陽太はぐるぐるとサン・スーシをおびき寄せる。
そして、右腕を天高く突き上げて叫ぶ。まるで、早くも勝者の雄たけびを上げるかのように。

 「出でよ!魔剣・レイディッシュ!!」

 腕ほどの太さと長さ。天に向かって真っ直ぐに伸びるそれは、暗闇の中に燦然と、純白に輝く……。大根だった。

 それは選ばれし者だけが手に入れることが出来た能力だ。

 陽太の武器は大根だ。いや、ここでは大根と呼ぶにはあまりにも無礼ではないか。何故ならそれは『魔剣』だからだ。
白い『魔剣』を片手に構える姿は幕末の志士たちよりもはるかに勇ましかった。

 「きみの不思議な能力を使ったね。夜になると一度食べたことのあるものを具現化できる、叛神罰当【ゴッド・リベリオン】」
 「こいつさえあれば、お前をぶっ飛ばすことなんか朝飯前だしな!来いよ!」
 「じゃ、本気出すよ」

 サン・スーシはいきなり右ストレートを繰り出すと、陽太はレイディッシュでガードする。硬い大根はサン・スーシの拳にダメージを
与えるが、陽太の腕には少なくとも衝撃を与えていた。陽太はひょいと左手に魔剣を持ち替えた。
 今度はサン・スーシの左フック。同じくガードをしようと陽太は魔剣を振るが、利き手でないためにぐらついた。魔剣を持つ手と
近い位置にサン・スーシの拳が当たったことは幸いだったのかもしれない。なんとか持ち堪えた陽太は利き手に魔剣を預けようと
魔剣をひょいと持ち替えたときのこと。いきなりのことだった。奇襲というべきだろうか。

 サン・スーシの右足が陽太の目の前を横切り、風を切り、魔剣・レイディッシュをただの大根へとリングの外へと弾き出していた。
陽太の意表をついたサン・スーシのハイキックで試合のイニシアチブが大きくサン・スーシに委ねられることが決まった。

 「ぼくを掴むなり、投げるなり、蹴り飛ばすなりしてごらん。きっとぼくは逃げかわしてやるからね」

 と。言い放ったや否や、陽太の顎の先数ミリを拳が音を立ててかする。
 あと少し陽太が顔を前に出していたならば、餌食となってしまいリングの露と化していただろう。
 陽太がガードを構えたのはサン・スーシの突き上げるようなアッパーをかわしてからだった。

238 月下の魔剣〜伝説の犬〜 ◆TC02kfS2Q2 :2012/08/03(金) 08:42:36 ID:k4jefN0Q0
 「人間には鍛えてもどうにもならない場所があるんだ。その一つ、顎。ぼくだって、そこを捉えられたらKOされちゃうかもね」
 「じゃあ、してやんよ!KOしてやっか!なんせな、おれにはこいつが!あるからな!」
 「どうかな。ぼくはきみよりも背が小さい。すなわち、ぼくの顎を狙うには攻撃する体勢に無理が生じなければならない」
 
 と。言い放ったや否や、陽太の脛を執拗にローキックで攻め続ける。
 くの字に体を曲げながら、陽太はン・スーシの頭を抱え込み動きを封じると、膝蹴りと共に二人は折り重なった。

 「くそっ……。もう一度、出でよ!レイディッシュ!」

 リングに上がって、二本目の召還。大きく陽太はふらつきながら立ち上がり、再び魔剣を手にする。脳に酸素が届いていなかったの
だろうか。ただで物を作り出すことなど。神に叛くことなのかもしれない。しかし、陽太にはそんな声など届く由もない。

 両者、ともにニュートラルへ。

 再び中段の構えで魔剣の先をサン・スーシの目先に合わせる。ゆらゆらと揺らしながら相手を攪拌させる作戦に出たが、
大きく左右上下に体を動かすことで陽太の戦法を潰そうとしていた。その分、両者は体力を削る。躊躇いは敗北だ。
 陽太はサン・スーシの懐に足を踏み出して入り込むと大きく振りかぶって面を食らわせる。それの報復としてサン・スーシは
捻りこみながらスクリューのように右拳を陽太のみぞおちに食い込ませた。どくんと陽太の内臓が音を立て、体内のあらゆる物を
逆流させながら、陽太は顔を大きく歪ませて尻餅をついた。筋肉の付かない陽太の華奢な体は自分の名誉を守るためにはまだまだ弱い。

 「うぐ……。くっ」
 「これでも手を抜いたほうだよ。なんちゃって」
 「黙れ!ハウス!ハウス!」

 よろめきながら陽太は魔剣を杖にして再び立ち上がったが、誰の目にも劣勢に立たされていることが写る姿だった。
 息が荒い。目の焦点が合わない。肩が大きく揺れる。相手はイヌだ。イヌっころの思い通りなどにはさせまいと応戦するも、
隙を突いて小さなパンチが頬、脇腹に、小さなキックが太ももへと矢のように突き刺さる。じわじわと陽太の体の中から崩壊させようと
幾つもの手が浴びせられ、毒が体内に蓄積されるように積み重なってゆく。相手は小さい。魔剣ならば一刀の元に斬り捨てられると
思っていたのが間違いだったのかもしれない。小回りの利くサン・スーシの体は体全体で陽太に襲い掛かる最終兵器のようだった。
 だが、ここで背中を見せるわけにはいかない。おれは神に叛く男だ。たった今ここで、勝利の女神がサン・スーシの方へと
微笑みかけようとしているのが見えるではないか。

 「食らえ!」

239 月下の魔剣〜伝説の犬〜 ◆TC02kfS2Q2 :2012/08/03(金) 08:42:59 ID:k4jefN0Q0
 見事な曲線だった。
 芸術的と言っても過言ではない。
 陽太を中心にぐるりと剣先が弧を描く。
 ホームランバットのように水平に振った魔剣がサン・スーシの脇腹を捉えた。そして、間も空けずに振り戻した魔剣が水平に
リングの上空を斬る。ジャンプで蹴り返そうとしたサン・スーシの脛に当たり、もんどりうって肩からキャンバスへと小さな
イヌの体が叩き付けられた。かなりの衝撃を受けたと見えて、サン・スーシは両拳を顔の前で合わせていた。
 最終兵器、崩れ落ちる。
 そう言っても、誰もが信じるしかないような惨状。
 小さな大の字がリングに描かれている様子を陽太はしかと自分の目に焼き付けていた。

 「……サ」

 一言口にするだけでふらつく。そして、全身全霊を込めて。

 「サ、サ、サウザン・ロック!」

 痛みに耐えながら吐き出す陽太の声が響く。南瓜だ。南瓜が陽太の手へと召還されて、岩石のようにサン・スーシの体に襲い掛かる。
大根よりも頑丈な南瓜はサン・スーシのガードを物ともせずに、両腕へ、脛へ、みぞおちへと幾つも降りかかった。体を小さく丸めた
小さなイヌは背を向けたままリングに横たわり、尻尾をゆらゆらと揺らしていた。
 勝負はあったのか。それとも……。それは杞憂なのか、考えが浅すぎなのか。陽太は魔剣を構えながら思考する。
 すると、サン・スーシはごろごろとリングの上を転がりながらコーナーへと自らの体を隅へと運んだ。トドの赤ん坊のようだ。
いや、そこまで立派な体格ではない。陽太がじりじりとにじり寄っている内に、ロープ最下段に右手をかけて、二段目に左手をかけて、
ゆっくりと、不死鳥が祭壇の炎の中から甦るが如く立ち上がり、そして陽太に向かって戦う意思を示した。

 「これでも利いてないんだよ。なんちゃって」
 「はぁ。はぁ……。甦ったな!魔剣の錆になるにはまだ早いというのか!」
 「ぼくは数学教師だ」
 「だってな」
 「その魔剣、曲線を描いている姿は美しかったよ。ただ、美しいだけじゃ魔剣を味方にしたとは言えない」
 「なんだって?コイツはおれの最高の相棒だぜ!」
 「曲線、円を描くことは数学だ。数学の計算があるから美しく見せることが出来る。ぼくが数学の教壇に立っている理由はそれだ」
 「何言ってるんだよ!ほら!来いよ!」
 「しかし、数学の考え無しに曲線を美しく見せることは、数学に対しての冒涜と取ってもいいかな?」
 「うるせー!さあ!ストレートでもフックでもアッパーでもキックでも来いよ!」
 「きみが悔いる為に、これから円周率の桁だけのマシンガンパンチを繰り出してあげよう!」

 陽太はサン・スーシの瞳に吸い込まれそうになっていた。

 「『ほぼ3』だけじゃ、円周率は片付かないんだよ!」

240 月下の魔剣〜伝説の犬〜 ◆TC02kfS2Q2 :2012/08/03(金) 08:43:21 ID:k4jefN0Q0
 右ストレート!
 左フック!
 右ハイキック!
 左アッパー!
 右フック!
 そして、再び右ストレート!

 目に見えぬほどの勢いでサン・スーシのパンチが浴びせられ、陽太は苦悶の顔を見せる。
 しかし、自分にダメージが直接加わることではないように見えるではないか。むしろ、魔剣を手放さないように必死に耐える
陽太の精神力を削っているからかのようであった。どのパンチも魔剣の刀身へと浴びせられている。

 いや……。これは、わざとだ。

 サン・スーシは陽太が魔剣や南瓜を召還するたびに、自らの体力を消耗していることに気付いていた。
 ならば、陽太に力がある限り能力を使わせて、体力が限界に近づけて猛攻撃を仕掛けようではないか、と。
 形あるもの、いずれ崩れる。今ここで魔剣をへし折れば、陽太も袋の鼠だ、と。

 「将を得んとすれば、馬を射よ」
 「くそっ、くそおお!耐えろ!おれの魔剣!」
 
 サン・スーシのグローブからは微かな湯気が登り立っていた。それほどの打撃が陽太、いや魔剣に降りかかっていたのだ。
 体制を整え、サン・スーシが腰を据えて捻りを加えながら会心の一撃を打ち放った。
 
 右アッパー……。

 魔剣・レイディッシュは粉々に砕けながら大地へと戻っていった。

 「うそだろ?うそだと言ってくれ!魔剣よ!!!」
 
 不敵な笑みを浮かべながら、勝利を確信したサン・スーシは未だに震える右の拳を愛した。
 びしびしと伝わる衝撃と手ごたえ。体中に電気が走るような感覚。拳を握り締めれば握り締めるほど体中の血潮が渦巻いて、
トーナメントでの勝利を夢見ること、いや現実となることに酔いしれるのであった。グローブの中で五つの指がみしみしと音を立てる。
 
 いざ。我に歯向かう者へ、鉄槌を下す時。

 陽太の懐へステップを決めて、スナップを利かせて潜り込む。

 丸腰の勇士に、何が出来ようか。両腕を顔の前に揃え、ガードの体制を取る。

 「叛神罰当【ゴッド・リベリオン】!!!出で……よ。レイディッシュ……」

241 月下の魔剣〜伝説の犬〜 ◆TC02kfS2Q2 :2012/08/03(金) 08:43:55 ID:k4jefN0Q0
 一瞬のことだった。サン・スーシが陽太との至近距離で左フックを頬に決めようとしたときのこと。
 二人の僅かな間で、魔剣・レイディッシュが甦ったこと。突如現れた真っ白な剣が陽太の手に、胸の前に召還されて天へと伸びた。
 懐に潜り込むサン・スーシの顎を魔剣の剣先が捉え、急襲をまともに受けたサン・スーシは顎を打ち抜かれ微かに口の中を切った。
そして、数学が導き出した美しい曲線を描きながら、薄暗い天を舞って、小さなイヌの体はリングへと沈んでいった。

 手ごたえはあった。痺れるような震えが身震いとなり、やがて快感となる。
 おれ、最強。おれ、最強。
 陽太は何度も口の中で繰り返しながら、ダウンした小さなイヌの体を見下ろしていた。

 「……!!」

 予想だにしない展開。
 おれ、最強。が、音を立ててひびが入る。

 それでも、サン・スーシは立ち上がったのだから。

 「ぼくは」 

 一歩、踏み込む。

 「このくらいでは」

 拳を振りかぶって、照準を陽太の顎へ。

 「倒れない……よ」

 陽太の黒い目にはスローモンーションで赤いグローブが弾丸のように見えた。
 そして、リングに体が沈む轟音とともに、決して表にされない闘いは幕を閉じた。


       #

 夜が明ける頃。控え室ではがたのきたパイプ椅子に腰掛けて、両足をテーブルに乗せ、真っ白な大根を片手にリズムを取る、
闘いを終えたの姿があった。愛しき敗者を讃えるために、互いの命を削った闘いを語り継ぐため。ソファーに寝かされた敗者は
満身創痍の肉体を明日に向けて休ませていた。ごろりと寝返り打つと傷だらけの床に転げ落ちた。

 「陽太くん。ぼくは闘いに悔いはなかったけど、ぼくのアッパーを打ち込めなくて残念だったよ」

 大の字を描いて、頬を腫らしたサン・スーシはぴたっと耳を床に付けた。ここならいくら地に沈んでもカウントは取られない。
心行くまで手を伸ばせ、足を伸ばせと言いたげに陽太は椅子から立ち上がった。

 「まさか、アッパーを出す前に崩れ落ちるとは思わなかったぜ」
 「さすがのぼくも立ち上がるだけでHPが0になっちゃったね。最後まで踏ん張れたらぼくのパンチが入ってて、
  陽太くんの方が再起不能のKOになるはずだったのにな」
 「ぜってーカウンター食らわしてやるから!」

 大根を投げ捨てて、ソファーに置かれた赤いグローブを手にはめた陽太は勇者健在を示すためサン・スーシに向かって拳を構えた。
 面白い。迎え撃とうじゃないかと、サン・スーシは床の大根を拾い上げ、陽太に向かって構えた。


    おしまい。

242 わんこ ◆TC02kfS2Q2 :2012/08/03(金) 08:44:38 ID:k4jefN0Q0
どうしても書いてみたかったんです。
では失礼しまっす。

243 名無しさん@避難中 :2012/08/03(金) 23:38:17 ID:NgkB/4bM0
You本戦も書いちゃいなYO!

244 名無しさん@避難中 :2012/08/05(日) 08:37:11 ID:sTKwS/9I0
息ぴったりだなあw

245 ヘ ノ : ヘ ノ
ヘ ノ

246 名無しさん@避難中 :2012/08/22(水) 21:30:15 ID:zZ5AC6JYO
chage

247 名無しさん@避難中 :2012/08/22(水) 21:35:54 ID:MthE1If20
asuka

248 名無しさん@避難中 :2012/09/09(日) 23:42:46 ID:PldVkoqIO
ヌノレポ

249 名無しさん@避難中 :2012/09/09(日) 23:45:52 ID:kdxFLPMg0
ガッ

250 名無しさん@避難中 :2012/11/03(土) 21:31:59 ID:XYEXn5BQO
そして

251 名無しさん@避難中 :2012/11/03(土) 22:54:45 ID:4hAMjfJk0
伝説へ…

252 名無しさん@避難中 :2012/11/28(水) 22:43:45 ID:bjaP6gzo0
と思わせて

253 名無しさん@避難中 :2012/11/29(木) 05:51:11 ID:6XupkHkU0
あげてみようか

254 名無しさん@避難中 :2013/01/09(水) 01:04:35 ID:.WeQcAiwO
もう2年ぐらいか
ながいな

255 名無しさん@避難中 :2013/01/16(水) 21:29:14 ID:TVW98W/6O
長くなるかもしれないけれど
書かせてもらいます

256 名無しさん@避難中 :2013/01/16(水) 23:24:05 ID:f/wcb0GM0
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

どっち?

257 名無しさん@避難中 :2013/01/16(水) 23:30:47 ID:TVW98W/6O
>>256
準々決勝の第1試合です
ちょっとレスが多くなるかもしれません

258 名無しさん@避難中 :2013/01/16(水) 23:54:35 ID:f/wcb0GM0
wktk

259 名無しさん@避難中 :2013/01/17(木) 01:04:29 ID:22GfxuaUO
投下します

260 名無しさん@避難中 :2013/01/17(木) 01:05:01 ID:22GfxuaUO
ブ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ブ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


アンテナ『えー 今日も今日とて鳴り止まぬブーイング!!!!
実はこのブーイング なんと半年近く前から鳴り止みません!!!!!!!!
それも仕方ありません 前回の本戦からそれくらい経ってるのですから!!!!!!!!
戦いに飢えた観客達は「早く血を見せろ!!」「絶望の叫び声を聴かせてくれ!!」と狂った音頭を奏でています!!!!!!!!!!!!!!!!」


観客達『おっぱい!!!!!!!! おっぱい!!!!!!!!』

観客達『女体の組んず解れつキャッキャウフフな戦いを見せろー!!!!!!!!!!!!!!!!』


アンテナ『狂った音頭です!!!!!!!! 戦いに飢えた狂った音頭です!!!!!!!!!!!!!!!!』

柏木『しかしあれだね 半年近く座ってるってのもしんどいね』

アンテナ『で…ですが皆様ご安心を!!!!!!!!
準々決勝第1試合「桃色選手 vs 大魔女フーリャン選手」がついに始まりますよーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』


うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


アンテナ『おおおおおおおおおお!!!!!!!! 会場が揺れるーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
これから始まる血みどろの争いを拝めるという歓喜の狂った音頭が会場を…否!!!
創発世界を揺らすーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』

わあああああああああああああああああああああああああああああああああああッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
観客達『よッしゃアァー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 女体の争いだァ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』

観客「やッはァーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!! ぼくのリビドーが跳ね上がる!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
これはもう青天井の勢いだーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
もんもんもォォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーんッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

観客達『おっぱい!!!!!!!!!!!!!!!! おっぱい!!!!!!!!!!!!!!!!』


アンテナ『…狂った音頭です!!!!!!!! 歓喜の狂った音頭です!!!!!!!!
さ…さぁーてでは選手に入場していただきましょう!!!!!!!!』


バンッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

261 名無しさん@避難中 :2013/01/17(木) 01:06:01 ID:22GfxuaUO
選手控え室

赤「桃……頑張れよっ!!!」

桃「はい」

赤「ヤバイと思ったらすぐ棄権しなよ 桃は普通の女の子なんだから」

桃「……大丈夫
…私には“皆”が付いてる…! ……皆が…!」


―――

アンテナ『桃色選手の入場ですッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』


ボン… ボン… ボン… ボンボボンボ
ボン… ボン… ボン… ボンボボンボ

パッ!!!!!!!!!!!!!!!!
桃色「みんなーーーーーっ!!!!!!!! 桃色だよーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!」
ぼっいぃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


観客「出たァーーーーーーーーーーーーーーーーーーぅごかぱしょぺげぇええぺぇえええええええええええええええええええッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
あぱくちゅぺけぇぽこらぷすょべゃああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

観客「桃色ちゅわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

観客「桃色ちゃんの細胞になりてぇよおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
うぇおおええええええええええええああああああああああああッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


アンテナ『さぁー予想通りの歓声だーー!!!!!
しかしこの狂った音頭を聞いて相手の大魔女フーリャン選手はどう思うでしょう!!!!?』

柏木『彼女は騒がしいのが嫌いですからねぇ
いきなりイライラMAXで登場するかもしれません』

アンテナ『それは恐ろしい!!!!!!!!!!!!!!!! それでは大魔女フーリャン選手の登場です!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』


しぃーん…

ざわざわ…


アンテナ『…おや? 大魔女フーリャン選手は…?』


??「ここよーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

262 名無しさん@避難中 :2013/01/17(木) 01:06:52 ID:22GfxuaUO
アンテナ『大魔女フーリャン選手の声がするーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
一体どこに〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!?
ハッッ!!!!!!!!!!!!!!!!』


ババンッ!!!!!!!!
よし子「ひ…ひ〜〜…」
よっせ よっせ

大魔女「動け動けーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!」
どん!!!!!!!!!!!!!!!!

アンテナ『な…なんとぉーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!! 大魔女フーリャン選手 審判のよし子さんを馬がわりにして登場!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
幼気なよし子さんを馬にするなんて!!!!!!!!!!!!!!!! まさに外道!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』

桃色「やめてください!! 苦しがってますよ!!!?」

大魔女「ふん あんたが次の相手ね…」
ゴゴゴゴゴゴゴ…

桃色「大丈夫ですか…?」

よし子「うぅ…桃色……私の仇をとってくれ…」
ガク…

アンテナ『し…死んだーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』
ゴーン!!!!!!!!

むくっ
よし子「おっと 試合開始!!!!」
カ〜〜〜〜〜〜〜〜ン!!!!!!!!

アンテナ『生きてた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
そして始まったーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!! 準々決勝第1試合〜〜!!!!!!!!』

桃色「ひどい人には容赦しません!!!」

大魔女「ふふ… やれるもんならやってみなさい
初撃は受けてあげるわ」

桃色「い…行きます!!!!!!!!!!!!!!!!」
ダッ!!!!!!!!

大魔女「ふっ あらゆる敵と戦ってきた私が一般ピーポーの攻撃喰らうわけないでしょ……」

桃色「パイチ(乳打)!!!!!!!!」
ボミョゴンッッ!!!!!!!!!!!!!!!!

大魔女「ぼからブボ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
ドギョオオオオオオオオオオオオオオオオオンッッ!!!!!!!!!!!!!!!!

アンテナ『なっ………喰らった!!!!!!!!!!!!!!!! 吹っ飛んだ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!
ほのぼの系スレの癒しキャラの桃色選手が ボロボロ系スレの殺しキャラの大魔女フーリャン選手を吹き飛ばしたァーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!
これは!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!?』

柏木『なるほど… どうやら桃色選手はことごとく運がいい 対戦相手との相性に恵まれているんだ
大魔女フーリャン選手は 第2回戦のプリン妖精選手同様 パイオツが弱点のようだ』

アンテナ『ど…どういうことですか!!!!!!!!!!!!!!!!?』

柏木『大魔女フーリャン選手は自分以外の乳… とりわけ巨乳に対し激しい憎悪を抱いている…』

アンテナ『な…なんですかその アンギラスみたいな設定は…』

柏木『しかしその憎悪の対象は 転じて彼女の弱点でもあるのだよ!!!!!!!!!!!!!!!!』

アンテナ『な…なんだってーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』

263 名無しさん@避難中 :2013/01/17(木) 01:07:55 ID:22GfxuaUO
アンテナ『な…なんですか弱点がパイオツて!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
そんなに効果があるんですか!!!!!!!!!!!!!!!! 吹っ飛びましたよ!!!!!!!!!!!!!!!!
だってただの女の子の桃色さんがパイオツボディプレスしただけですよ!!!!!!!!?』

柏木『大魔女フーリャン選手は「ちくしょうなんだこのパイオツは私よりデカくてぷるぷるで柔らかいじゃねーかドチクショー!!!!!!!!」というショックで自ら吹っ飛んだのです』

アンテナ『自ら!!!!!!!!!!!!!!!!? リアクションがダイナミックすぎるだろ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』


桃色「や…やったぁ…」

ガラガラ…
大魔女「な…なめやがって…
ちょっとパイオツがでかくて形がいいからってなんだってのよ
私だってもっとはやく成長期が来てれば……」
ぼそぼそぼそ


アンテナ『大魔女フーリャン選手 なにかボソボソと恨み節をつぶやきはじめたぞー!!!!!!!!』

おっぱい評論家『妙だな…』

アンテナ『ぶぼらッ あなたはいつぞやのおっぱい評論家の!!!!!!!!!!!!!!!!』

おっぱい評論家『いくら桃色選手のパイオツがすごいとは言え 今の吹っ飛びには別の要因が絡んでいる気がする…』

アンテナ『そ…それは一体…!!?』

おっぱい評論家『……おっと!!!! 来たか!!! 悪いが今追われているんだ!!!!』
ダッ

獣羽鶏『クェ〜〜〜!!!!!!!!!!』
ドドドドドドドドドドドドドドドッ!!!!!!!!

ひゅ〜〜…

アンテナ『い…行ってしまわれた…』

柏木『桃色選手に一体どんな秘密が…?』


大魔女「ぼそぼそぼそぼそぼそぼそ…」

桃色「何かしゃべってる所ごめんなさいですけど また攻撃します」

大魔女「…ちっ!!! なにがパイオツ攻撃よ…! 当たらなきゃどうってことないわよ!!!!」

桃色「今度は違う攻撃です!!!!!!!!」

バッ!!! シュババッ!!!!

大魔女「!!!!? この動き…」

桃色「桃色パンチ!!!!!」
ドッ!!!!!!!!
桃色「&パイチ!!!!!!!!!!!!!!!!」
ズビュムルンッッ!!!!!!!!

大魔女「ぐわたー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
どかーん!!!!!!!!!!!!!!!!


アンテナ『ま…また攻撃を当てたァー!!!!!!!!!!!!!!!!
しかし注目すべきはパイチ直前の動き!!!!! 桃色選手らしからぬ流れるような体術!!!!!!!!!
しかし私はあの動きに見覚えがあります!!!!!!!!!!!!!!!!』

柏木『一条神拳―――…かい?』
どんッ…!!!!!

264 名無しさん@避難中 :2013/01/17(木) 01:09:16 ID:22GfxuaUO
アンテナ『やはり!!!!!!!! 私もです!!!!!!!!
私も今の桃色選手の動きに 一条遥選手がダブって見えました!!!!!!
桃色選手が…なぜ一条遥選手の技を!!!!!? 謎が深まります…』


桃色「あちょー!!!!!!!!」
ドグォッ!!!!!!!!

大魔女「ふぐ!!!!!!!!!!」


アンテナ『な…なにぃー!!!!!!!!? 続いて串子選手ばりの蹴り!!!!!!!!!!!!!!!!?』


バチバチ…
桃色「ライトニング…桃ボルト!!!!!!!!!!!!!!!!」

バリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリ!!!!!!!!!!!!!!!!
大魔女「ぐほぁ!!!!!!!!」


アンテナ『ああああああ!!!!!!!!? これは!!!!!!!!!!!!!!!!?
い…いかづち選手の技〜〜〜!!!!!!?
もう混乱してワケガワカリーマセ〜〜〜〜ン!!!!!!
オーマイガーッ!!! ホーリ〜シィーット!!!!!』

柏木『君のキャラも訳が分からなくなってるぞ』

アンテナ『いやこんなキャラにもなりますよ!!!!
桃色選手が他の選手の体術だけでなく超常技まで使いこなしているんですから!!!!!!!!
何故!!!? なにゆえ桃色選手は他の選手の技を使えるのでしょう!!!!!!!?』

いかづち「あの雷撃はオレが教えた」

アンテナ『い…いかづち選手!!!!!?』

いかづち「他の技も その技の持ち主に習ったんだと思うぜ
……この試合の前にな」

柏木『それは一体どういう…』

いかづち「あの桃色って子は大したタマだ
…恐らく この大会の出場者の中で最もこの大会に強い思いを抱いている
そして誰よりも………」


努力家だ!!!!!!!!!!!!


―――…

265 名無しさん@避難中 :2013/01/17(木) 01:10:13 ID:22GfxuaUO
夕鶴「…………」

―――

《夕焼け空の小高い丘》

夕鶴「私に師になれだと?」

桃色「ち…ちがいます!!! な…なってくださいお願いします!!!!! です」

夕鶴「何故私なんだ?」

桃色「あ…あなたからは何だか…私と同じ感じがするからです」

夕鶴「そうか…… だが何故お前のような女の子がそこまでトーナメントにこだわるんだ」

桃色「私の世界の代表として 恥ずかしくない結果を残したいんです!!!!!!!!
でも次の対戦相手さんは運だけじゃ勝てないと思って………だから!!!!!!」

夕鶴「ダメだ」

桃色「え…!!!!!!」

夕鶴「…と言いたい所だが お前の本気の目を見て 私も何かしてやりたいと思ったよ
…だが今はダメだ ……他を当たりな」

桃色「そんな…」

夕鶴「待て待て なにもう諦めているんだ?
“今はダメ”と言ったんだ そして“他を当たれ”とも言った
………時が来たらまた来い その時 お前が私が教えるに値する女になってたら 考えよう」

桃色「…!! は…はい!!!!!!!!」


ザザザァア…

夕鶴(………大丈夫だ お前にはお前だけの…力がある!!!!!!!!!)


――― それから

一条遥「な…なんですって!!!!? 私の技を教えてって!!!!!!!!!!!!!!!!?
そ…それは出来ない…!!! 何故なら一条神拳は一子相伝の極意かもしれないから…!!!!!!!!
なんと言われてもそれだけは!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

PBMの人「まぁそう言わず教えてあげたらどうだい?」
ニコニコ

一条遥「う…うーん……分かりました…」

PBMの人「遥さんは素直でかわいいなぁ!!!!!!!!」
ニコニコ

―――

いかづち「もしかしたら戦ってたかもしれない相手に教えを請うなんて物好きなやつだ いいぜ!!!!」

―――

串子「私は厳しいわよぉ……うふっ」

―――

フェアリー・テール「快く了承します
昨日の敵は今日の友 …ですが今から私はあなたの師
一瞬でも立場的にあなたより優位になって先の試合の仕返しといきましょう …なーんて」

―――

ほっしー「わしのオンナになるなら考えてやってもえーで」

桃色「お断りします」

266 名無しさん@避難中 :2013/01/17(木) 01:10:51 ID:22GfxuaUO
―――

陽太「選ばれし者でないお前に俺の技が伝えられるか分からんが…… 少しは善処してみよう!!!!」

―――

ダイヤモンドダスト「……い…いいですわ… でもギブアンドテイクということで私にも色々教えてもらいますわ…」
主に胸について

―――

クズハ「教えてもいいですけど… 教えたところで扱える技じゃないと思いますよ」

―――

やまなし「それならフィニッシュは私の技でお願いね♪」

―――

倉刀「ぷしゅぺらぽぇいぷぉこぺぉしゃんぺぃぷりゅぽけらみゃにゃぼぇみ」
ガチガチ

―――

無限桃花「いいよ!!!! じゃあ私の仲間達にも協力させよう!!!!!!
おいで!!!!! 無限桃花たちー!!!!!!!!!!!!!!!!」

無限桃花達『うおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!』
ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド

―――

無限彼方「い…いいけど ここは一つギブアンドテイクで私も色々教えてよね」
主に胸について

――― etc etc etc

―――…

わ〜〜〜〜〜〜〜〜…

アンテナ『な…なんと 今の回想を見るかぎりですと桃色選手は出場選手やその他の創発キャラクター達に技を習っていた模様!!!!!!!!
しかも皆さん快く承諾してますねー』

柏木『そこで光ったのが桃色選手の「誰とでも仲良くなれるスキル」なのでしょう 彼女の大きな武器だ』

アンテナ『なんて素晴らしいチカラ!!! しかし体術はともかく 何故いかづち選手の超常技まで!!!!!!?』

おっぱい評論家『それが彼女の無限のキャパシティー…いや “キャパイシティー”のなせる技なのです』

アンテナ『また出た!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! キャ…キャパイシティー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!?』
ずーん!!!!!!!!!!!!!!!!

おっぱい評論家『彼女のパイオツと同様… 彼女には無限のキャパイシティーが…無限の可能性があるのだよ!!!!!!!!!!!!!!!!
巨乳こそ無敵!!!!!!!! 巨乳こそ至上!!!!!!!!
彼女の優勝でそれが証明され』
グシャアッ!!!!!!!!!!!!!!!!

獣羽鶏「ぐぇええええええええええええええええええああああああー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

アンテナ『ぎゃあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! おっぱい評論家ァーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』

267 名無しさん@避難中 :2013/01/17(木) 01:13:13 ID:22GfxuaUO
大魔女「なにが無限の可能性よ… 所詮は贋物!!!!!!!!!!!!!!!!
さっきの体術だって 本物(一条遥)の動きには到底及ばない!!!!!!!!
魔体術『韋駄天足』!!!!!!!!」
ビュッ!!!!!!!!

バゴン!!!!!
桃色「いやん!!!!!!!!」

大魔女「まだまだよ!!!!!!!!」
ダッ

つるーん!!!!!!!!
大魔女「ぬわー!!!!!!!! あ…足元に…バナナ!!!!!!!!!!!!!!!!?
そして転ぶ先には…」

ウニウニ〜〜

ぐっさぁ〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
大魔女「どぶろーーー!!!!!!!!」

じわ〜〜〜〜
大魔女「し…しかもこの足場は塩がまかれてる!!!!!!!! 傷に染みるわーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!」

ゴロゴロゴロ

アンテナ『ま…まるで陽太選手のような食物連鎖攻撃!!!!!!!!
陽太選手のように自由自在に出しているわけではないようですが!!!!!!!!』


桃色「怯んだ隙にパイチ!!!!!!!!」

大魔女「ローリング回避!!!!!!!!」
くるるんっ

大魔女「&回し蹴りよー!!!!!!!!!!!!!!!!」
ぐわんッ!!!!!!!!

桃色「お…おっぱいガード!!!!!!!!」
ボイーン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

大魔女「ぎゃああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
バキバキーン!!!!!!!!

アンテナ『大魔女フーリャン選手の膝が割れる〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ってなんでやねーん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』

大魔女「デラちくしょーが〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!」

桃色「ていていてい!!!!!!!!」

バキバキバキ!!!!! ドゴォ!!!!!!!!
ズドドドドッ!!!!!!!! ドキャ〜〜〜〜ン!!!!!!!!


アンテナ『ラッシュの応酬だ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!
桃色選手の体術には一条遥選手や串子選手 更には倉刀選手 SSP選手や鎌田選手のソレも混ざっているようにも見える〜〜〜!!!!!!!!!!
しかし大魔女フーリャン選手が力で押しているぞー!!!!!』

大魔女「ジェットフジツボパンチ!!!!!!!!」
ドゴォッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

桃色「みゅんッ!!!!!!!!!!!!!!!!」

大魔女「バクサボンブ モイモーイ メコレ!!!!!!!!!!!!!!!!」
ドオオオオオオッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

アンテナ『ついに出たー!!!!!!!! 大魔女の本領! 魔法だァ〜〜〜!!!!!!!!!』

ズッドオオオオオオオーーーーーーーン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

268 名無しさん@避難中 :2013/01/17(木) 01:14:24 ID:22GfxuaUO
ぷしゅ〜〜〜〜…

桃色「こわかった…」
てーん!!!!!!!!

アンテナ『な…なんと〜〜〜〜!!!!!!? 桃色選手…無傷〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!?』

柏木『…アレは!!!!!!!!!!!!』


バンッ!!!!!!!!

ふよふよふよ
妖精「なんてむじひなこうげき!!」

妖精「かよわきおなごにむけるわざでなしに!!」


アンテナ『あーっとあれはフェアリー・テール選手の使役する妖精だ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!?』

柏木『あの妖精たちが魔法の軌道を反らしたのか!』


大魔女「それがどうしたのよ!!!!
メライ ギライ バリトゥーロ メコレ!!!!!!!!」
ドドオオオオオオンッ!!!!!!!!!!!!!!!!

妖精「まもれー!!!!!!!!」

妖精「ひとつでもきずをつけたらわれらのはじとおもえー!!!!!!!!」

バチィインッ!!!!!!!!

桃色「あ!!!!!!!!!」

ズバゴォオオ〜〜〜〜ン!!!!!!!!!!!!!!!!


アンテナ『妖精たちが大魔女フーリャン選手の魔法で消え去ったー!!!!!!!! しかし魔法の軌道を少しズラすことが出来たようです!!!!!
ですが魔法の衝撃波は凄まじく桃色選手は転がっていったぞ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!』


大魔女「フワラル レーロー メコレ
バクサロロ メコレ」
バオォーオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


アンテナ『大魔女フーリャン選手飛び上がり更に魔法を放つー!!!!!!!!!!!!!!!!
妖精を失った桃色選手大ピ〜〜〜〜〜〜〜〜ンチ!!!!!!!!』


桃色「…!」
パアア…

大魔女「!!」

ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドウッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
しゅ〜〜〜〜


アンテナ『な!!!!!!!!? 桃色選手が陣のようなものを作りだし…光弾を放ちました!!!!!!!!!!!!!!!!
これはクズハ選手の!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』

柏木『なるほど 異形世界の魔法か
ならばここまで大魔女フーリャン選手の攻撃を受けても立ち上がる彼女の防御力の秘密が分かった
“魔素”によって身体能力を上げたというわけだね…』

アンテナ『桃色選手が大魔女フーリャン選手と同じ土俵にたったというのか〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!
一体どうなってしまうんだァー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』

269 名無しさん@避難中 :2013/01/17(木) 01:15:25 ID:22GfxuaUO
大魔女「ふふん 異世界の魔法とは面白いわね
撃ち合いましょう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

桃色「た〜〜〜!!!!!!!!」


ドウンドウンドウン!!!!!!!! ズバ〜〜〜〜〜〜〜〜ン!!!!!!!!
メコッ!!!!!!!! ぷう! どっぼん!!!!!!!!!!!!!!!!
メリメリ… ぼい〜〜〜〜〜〜〜〜ん ヨロレイヒー
にゃんにゃんにゃんにゃんにゃんにゃんっ


アンテナ『今度は激しい魔法の応酬となった〜〜〜!!!!!!!!!
しかしやはり 大魔女フーリャン選手が押している〜〜!!!!!!?』

柏木『 魔法を撃ち出す速度の差だね
大魔女フーリャン選手の魔法は一瞬で発動するが 桃色選手の使う魔法は陣をえがく必要があるしね
それをフォローする経験がなかったのもまずかったか』


桃色「経験でフォローは出来なくても…私をフォローしてくれる方がいます…!!!!!!!!」


大魔女「くらえ
リアル ビッグ ウンコ…」
ガシッガシッ!!!

大魔女「!!!? 誰かが私の腕を押さえ…」

妖精「このうらみはらさでおくべきか〜〜」

妖精「おくべきでな〜〜い」

どどーん!!!!!!!!


アンテナ『よ…妖精だ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!! 妖精は生きていた!!!!!!!!
大魔女フーリャン選手を押さえる!!!!!!!!!!!!!!!! そのスキにッ!!!!!!!!!!!!!!!!』


ピカァッ
大魔女「くっ しまっ…」

チュドオオオ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ボロボロ…ヒュルル〜〜〜〜〜…《落下するフーリャン》

大魔女「ブッアレす!!!!!!!! 落下式大魔女火だるまプレス!!!!!!!!!!!!!!!!」
ボオオオオ〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ギラッ
桃色「や…やぁ!!!!!!!!」
ぐいっ

大魔女「ふぁッ!!!?」

ぐるぅ〜〜〜 ドカァ〜〜〜〜〜〜〜ン!!!!!!!!!!!!!!!!
大魔女「ほんブバリッ!!!!!!!!!!!!!!!!」


アンテナ『な…なんでしょう!!!!!!!!!!!!!!!!?
桃色選手が何もない空を掴んで背負い投げをするような動きをすると それに合わせるかのように大魔女フーリャン選手が“投げ飛ばされた”〜〜〜〜!!!!!!!!!!』

柏木『これは…“退魔”…「魔掴み・魔力背負い投げ」!!!!!!!!
大魔女フーリャン選手の暮らす世界で“対魔法使い”のために作られた技術を使った技です』


大魔女「い…一体誰がこの技を…」


ジュリー「いやぁ〜〜 メンゴメンゴ」
ぼ〜〜〜ん


大魔女「てめぇかこの死に底ないのエロ骨ドちくしょうクソウンコパーティイイーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
カーッ!!!!!!!!!!!!!!!!

270 名無しさん@避難中 :2013/01/17(木) 01:15:57 ID:22GfxuaUO
アンテナ『なんという悲劇!!!!!!!!!!!!!!!!
大魔女フーリャン選手 まさかまさかで自分の仲間に裏切られましたーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』


大魔女「あ…あの骨め… あとでアレす………うッ!!!!!!!!!!!!!!!!」
ズザ〜〜〜!!!!!!


アンテナ『大魔女フーリャン選手が引っ張られる!!!!!? いや桃色選手が大魔女フーリャン選手の魔力を手繰りよせているんだーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!』


桃色「お迎えパイチ!!!!!!!!」
ぼいんっ!!!!!!!!

ズザーーー!!!!!!!!!!!!!!!!
大魔女「ゲリ ゲロ ワキガ ウンコ シューティン メコレ!!」
パシュッ!!!!!!!!

ブビッ!!!!!!!!
桃色「くぴ!!!?」
《臭い液を撃ち込まれる桃色ちゃん》

大魔女「返り討ちラリアット!!!!!!!!!!!!!!!!」

桃色「なんのパイチ!!!!!!!!!!!!!!!!」
ぼぼぼいぃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!!!!!!!!!!!!!!!!

大魔女「めごぶりッつァーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
ドーン!!!!!!!!!!!!!!!!


アンテナ『なんと!!!? 桃色選手に大魔女フーリャン選手のウンコ魔法が効いていない!!!!!!!!!!!!!!!!?』

にゅっ!!!!!!!!
変態無限桃花「私の教育のおかげでござーい」

アンテナ『ぎょえああ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!! 私の実況席の下から出てきた〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!』

にゅ
変態無限桃花2「私のファンシースメルで鍛えたでございよ!!!!!!!!」

にゅ
変態無限桃花3「魔女さんメンゴメンゴでござい!!!!!!!!」

にゅ
変態無限桃花4「おわびにあとで慰めてあげるでござい!!!!!!!!!!!!!!!! おひょひょひょひょひょひょ!!!!!!!!」

ぐーる ぐーる ぐーる

アンテナ『ぐあああああ!!!!!!!!!!!!!!!! 変態に囲まれたーーー!!!!!!!!!!!!!』


桃色「富士山プレス!!!!!!!!!!!!!!!!」
ぶみっ!!!!!!!!!!!!!!!!

大魔女「ぷけぷぇ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!」


アンテナ『自らのパイオツをやまなし選手必殺の富士山を模し大魔女フーリャンを圧迫祭〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!
って名前だけじゃねーか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』

やまなし「おしえたのと違う」


大魔女「ぐ……」

桃色「はぁはぁ… よし!! やります!!! …プリン妖精さん…!!!!」


ざわっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

271 名無しさん@避難中 :2013/01/17(木) 01:16:31 ID:22GfxuaUO
アンテナ『プリン妖精…!!!!!? まさか…桃色選手は自分が倒したプリン妖精選手にまで!!!!!!!!!!!!!!!!』

プリン妖精「イエス」
ぷるん

アンテナ『ぐはぁ!!!!!!!! 復活しとる!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』

プリン妖精「スウィートは自分が撒いた私の体を一つ一つ 律儀にもスウィート自ら赴いて私の体を持って行った人達から回収した…
そして私にこう言ったのさ…『私にあなたの技を…」

アンテナ『プリン妖精選手に教えてもらう技とはまさかあの技かーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!?
しかしあんなの普通の体の桃色選手に出来るわけがないと思いますがーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!?』

プリン妖精「聞いてください」

ゼリー妖精「HEY」

プリン妖精「Oh」

くいっくいっ
ゼリー妖精「Doraibu ni ikouyo…☆」

プリン妖精「…ウィッ!!」
きらーん…

《2人はドライブに行った》



桃色「桃技!!!!!!!! プリン・ハウス……」



ドクン… ドクン… ドクン… ドクン…

観客達『…ごくりっ』

アンテナ『ご…ごくっ』


桃色「ロック!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
ぼみゅいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

大魔女「むもも〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


アンテナ『パイオツで顔を押さえてるだけだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
窒息させるという点では同じだけれども!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』
ズーン!!!!!!!!

柏木『しかし苦しそうだ』


観客達『俺にやってくれ〜〜〜!!!!!!!!』


桃色「く…苦しいですか…!!? 気絶する前に負けを認めて下さい…!!!!!」

大魔女「………!!!!」

ガシッ!!!!!!!!!!!!!!!!
桃色「ぱうっ!!!!!!!!?」

ぱくぱくぱく
大魔女(負けるかぁ〜〜〜〜〜〜…!!!!!!!!!!!!!!
私よりあんたを先に窒息させてやるわぁあ〜〜〜〜〜…!!!!!!!!!!!!!!!!)
メキメキメキメキ…

桃色「は……ぅあぅッッ…!!!!!!!!」


ダイヤモンドダスト「桃色さんッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


桃色「!!!!」
ギンッ…

272 名無しさん@避難中 :2013/01/17(木) 01:17:18 ID:22GfxuaUO
ピキピキピキ…
バッ!!!!!!!!!!!!!!!!
大魔女「…!!!!!? あつッ!!!!!!!!!!!!!!!! いや冷たいッ!!!!!!!!!!!!!!!!
こ…こいつ自分の体温を…!!!!!!!!!!!!!!!!」

桃色「ダイヤさんの声で目覚めましたッ!!!!!!
そして… 直りんさんとダイヤモンドダストさんの…
『ざ・わーるど + 静止の世界』!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

ピキンッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

桃色「時が止まりました……… 今のうちに…」

大魔女「今のうちに なに?」
ばーん!!!!!!!!

桃色「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

大魔女「アンギール ドキトキ メコレ ギオ……私も時止めよ…
メコレ級以上を使わせるとはたいしたものね…」

桃色「………!」

大魔女「そろそろ終わらせましょう
バクサードン メコレ ギオ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

桃色「彼方さん直伝…桃色の稲妻!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


ドゴオオオオオオオオオオーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーンッッッ……


―――

ドゴッ!!!!!!!!!!!!!!!!
ドゴォーッ!!!!!!!!!!!!!!!!


アンテナ『はななぁーーーーーーーーー!!!!!!!?
なんか急に2人が吹っ飛びました〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 過程がまったく分かりませんでしたー!!!!!!!!!!!!!!!!?』

柏木『時を止めていたからね』


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ……

大魔女「う…あぐ…!!!!」

桃色「はうう…!!!!!!!!」


アンテナ『た…立ちました!!!!!!!!!!!!!!!!』

柏木『しかし互いに体力の限界だ…
大魔女フーリャン選手は強大な次元魔法をつかって魔力がもう……
……恐らく次で …決着がつく…』


大魔女「今撃てる最強の魔法を撃つ…覚悟しなさい」

桃色「私も………!!!」


―――

273 名無しさん@避難中 :2013/01/17(木) 01:18:24 ID:22GfxuaUO
―――

夕鶴「いい顔になった
今のお前になら 使いこなせるだろう
……あの――――」

―――


ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
大魔女「うお〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

アンテナ『大魔女フーリャン選手からこれまでで一番強い魔力がほとばしります!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
魔力の圧力で結界が震える〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!』

柏木『い…いや 彼女の魔力だけじゃない…
あれは!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』


ボインボインボインボインボインボインボインボイイイイイイイイイイイイイイイイイ
桃色「にゅうう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


アンテナ『桃色選手のパイオツの谷間から浮き上がるエネルギーが固まり…巨大に…強大に!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』


カタカタカタカタカタカタカタカタカタカ…


アンテナ『…地震?!』

柏木『…ちがう!! …身震いだ!!!桃色選手のエネルギーを感じて… 観客達の恐怖が蘇った!!!!!!!!
誰一人として忘れられない……あの惨劇…』


夕鶴クラッシュの!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



大魔女「ハアァーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
バクサーレ エンペル メコレ ギオ レード!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


ドバアオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


桃色「桃色クラッシュ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

ビカァッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


ズッッッッ…ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオンッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

274 名無しさん@避難中 :2013/01/17(木) 01:19:12 ID:22GfxuaUO
キュアアアァァーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー……ン……


しぃん………

むくっ
アンテナ『……ハッ
どうやら2つのエネルギーがぶつかった衝撃の凄まじさは………
結界ごしであっても私達に大きな影響をもたらし…私達は気絶していたようです…
……爆心地のステージには…今も爆発の残滓が…残光が…残響が留まっています
果して2人の選手は………ハッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』


バン!!!!!!!!!!!!!!!!

ヒュオオオオオオオオオォ…


桃色「………」

大魔女「………」


アンテナ『い…いた!!!!!!!! 2人とも…立っています!!!!』

柏木『次 どちらかが倒れた時 ……勝者が決まる』


ヒュオオオオオオオオオオオオオオオオオ…

ザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザ…


桃色「…くぅ」
ガク


大魔女「……………
…ふふッ!!!!!!!!!!!!」



大魔女「魔力切れ……ね…」
ドサァッ!!!!!!!!



桃色「はわぁ…!!!!!!」

アンテナ『き…!!!!!!!!!
決まったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
長い戦いについに決着〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』
ワッ!!!!!!!!!!!!!!!!


赤「やった…やったね桃ぉー!!!!!!!!!!!!!!!!」

侍黒「うむ! 見事であった!!!!!」

ねこ「そんなぁ…」

チロリーン「ジュリー ナム〜〜」

ジュリー「俺殺されるのかなぁ!!!!!!!!!!!!!!!!? やっぱり土葬されちゃうのかなぁ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!?」


わーわーわー

桃色「みんなありがとう………
みんなからもらった力で……次も勝ちます!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


【準々決勝 第一試合 大魔女フーリャンvs桃色
桃色の勝利!!!!!!!!!!!!!!!!!】

275 名無しさん@避難中 :2013/01/17(木) 01:19:32 ID:22GfxuaUO











――――

ドォンッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

大魔女「いい夢見れた?」

ババンッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
桃色「うぇ………ふぇッ!!!!!!!!?」

アンテナ『は…へ!!!!? ほぉ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!?
こ…これは!!!!!!!!!!!!!!!!? も…桃色選手が勝利したのでは!!!!!!!!!?
大魔女フーリャン選手が倒れたのでは!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!?
しかし今私達の目の前にある光景は 大魔女フーリャン選手が立ち桃色選手が倒れている姿!!!!!!!!!!!!!!!!
一体全体何が起きたのかワカリマセ〜〜〜〜〜〜〜〜ン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』

柏木『あの大魔女フーリャン選手の姿…まさか!!!!!!!!』

アンテナ『分かるんですか柏木さん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』

柏木「あの姿は大魔女フーリャン選手が持つ多くの“モード”の一つ…言霊モード!!!!!!!!
あのモードの大魔女フーリャン選手は 言霊を用いて相手に強力な幻を見せます
それは 夢か現か判断出来ないほどの幻術…
この会場にいる皆が彼女の幻にかかっていたんだ」

アンテナ『な…なんだってー!!!!!!!!!!!!!!!!
一体いつ幻術を!!!!!!!!!!!!!!!!?』

大魔女「この時よ↓」


――― ↓この時↓ ―――

大魔女「ぼそぼそぼそぼそぼそぼそ…」

桃色「何かしゃべってる所ごめんなさいですけど また攻撃します」

――― ↑あの時↑ ―――


アンテナ『あ…あの時↑!!!!!!!!? あの時既に我々は大魔女フーリャン選手の幻の世界に誘われていたのかーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』

大魔女「まぁ…幻であり現実よ
その証拠にあんたの体は傷ついてる」

桃色「そんな………幻で負けるなんて… うう…」

大魔女「だから幻であり現実なんだって
あんたが見ていた世界は 一つの可能性でもあったのよ
…私の判断が一瞬でも間違っていたら 私はきっと幻の世界と私と同じ結末を迎えてたはずよ」

大魔女「戦ったのは幻の中だったけど あなたとの戦いはスリリングだったわ!!
またお手合わせしたいものだわね 桃色選手」

桃色「は…はい!!!!!!!!」

アンテナ『素晴らしい桃色選手の笑顔!!!!!!!!
彼女の勝利へのあくなき思いは大会イチです!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
あなたは十分…恥ずかしくない結果を残したはずです!!!!!!!!!!!!!!!!』


【準々決勝 第一試合 大魔女フーリャンvs桃色
大魔女フーリャンの勝利(?)!!!!!!!!!!!!!!!!!】


大魔女(温存したから体力魔力ともに回復したわ… 次の相手とは全力で戦えるわね)

276 名無しさん@避難中 :2013/01/17(木) 01:19:57 ID:22GfxuaUO
投下終わりです
どうもありがとうございました

277 名無しさん@避難中 :2013/01/17(木) 02:36:07 ID:m3u3kAiE0
乙!
桃が主人公ポジだと思ったのになんというどんでん返しwww

278 名無しさん@避難中 :2013/01/17(木) 04:12:08 ID:HW6Syfz20
超乙www

279 名無しさん@避難中 :2013/01/17(木) 12:36:05 ID:tMrM6HCQ0
ううむ……そういう展開が作れるのか
実に見事に調理しきった試合だった、乙

280 名無しさん@避難中 :2013/01/17(木) 20:19:03 ID:KkmcpjM.0
乳と魔法とどんでん返しがwwwww
乙でした
大魔女の体力魔力の温存によるイニシアチブがすごそうだ

281 名無しさん@避難中 :2013/01/18(金) 00:01:39 ID:Fl01c34w0

あの時↑さかのぼってみたら大分最初の方だっただと…流石フーリャンだ

282 名無しさん@避難中 :2013/01/19(土) 08:01:32 ID:UrAPFXVI0
そう来たかwww

283 名無しさん@避難中 :2013/01/28(月) 17:41:07 ID:rSJF8xwo0
さて、二年と少したってそろそろクライマックスですな

284 名無しさん@避難中 :2013/01/28(月) 17:51:39 ID:oiysZBIwO
もうそんなに経つのか

285 名無しさん@避難中 :2013/02/19(火) 20:46:05 ID:1tZ9MK5oO
微妙に張られてる謎は回収されるのだろうか

286 名無しさん@避難中 :2013/02/19(火) 21:07:34 ID:0pDoKQFE0
それはあなた次第!

287 名無しさん@避難中 :2013/02/19(火) 21:08:27 ID:Me5EsP0c0
どんな謎があったのか前回のドラゴンボール的なテンションで誰か説明してくれ

288 名無しさん@避難中 :2013/02/19(火) 21:23:49 ID:0pDoKQFE0
また難題をwww
普通に言うとマシロのバトル追っていくと何者かが暗躍してる
DB風には任せた

289 名無しさん@避難中 :2013/02/20(水) 01:59:50 ID:9YgM8reo0
微妙に考えてはいる。うまくいけば書く

290 名無しさん@避難中 :2013/02/20(水) 02:04:36 ID:sPTSsI56O
期待してます!!

291 名無しさん@避難中 :2013/02/20(水) 05:45:59 ID:dl9hdGXY0
ちょうど他で何書いていいか分からなくなってたから俺も書くわ。

292 名無しさん@避難中 :2013/02/20(水) 20:24:20 ID:mN3ZIw4wO
>>289>>291
wktk!!!!

293 291 :2013/02/20(水) 20:38:36 ID:wu1DFtLk0
本編とか謎とか一切関係ない話だけどな!w

294 名無しさん@避難中 :2013/03/13(水) 22:31:03 ID:g9bDO4ucO
age

295 名無しさん@避難中 :2013/04/15(月) 21:12:47 ID:SXBdFNXQO
page

296 名無しさん@避難中 :2013/05/25(土) 20:08:55 ID:BkkhmfHoO
もんちゅるげも

297 名無しさん@避難中 :2013/06/26(水) 14:29:30 ID:fjom1P2c0
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

298 名無しさん@避難中 :2013/06/26(水) 22:24:00 ID:DSyHPSIk0
もう半年近いか

299 名無しさん@避難中 :2013/07/04(木) 23:18:49 ID:p5zfltjs0
裸で正座して藤花を待つぜッ!
いつまでもッ!

300 名無しさん@避難中 :2013/08/25(日) 23:24:01 ID:wWvESnT20
そろそろ創発5周年ですね(ニッコリ)

301 名無しさん@避難中 :2013/08/26(月) 17:20:26 ID:YGQ3Awqg0
そうだね(wktk)

302 名無しさん@避難中 :2013/09/03(火) 20:27:22 ID:4jQS2WbM0
創発5周年終わりましたね……(gkbr

303 名無しさん@避難中 :2013/09/10(火) 16:49:24 ID:0aPzR0qE0
ちょっと借ります

304 名無しさん@避難中 :2013/09/10(火) 16:50:28 ID:0aPzR0qE0

天井に灯る無数の照明具は、休むことなく会場の隅々までを照らし、多様な感情と言語とを内包する人々の熱気は、会場内の温度を上げるまでに至る。
そしてそれが可能となる程の、何千という観客を収容する敷地。
創発トーナメントの会場である地下闘技場は、その名が示す通りの位置関係を以って地上から隔たれた場所にある。
しかし一方でその性質は、おおよそ「地下」という単語から想起しうる印象と真逆のものであった。

この地を訪れたサティ・クゥワーヴァが一驚を喫したのは、会場における人種のヴァリエティである。
様々な地域を旅してきた彼女にとって、事象そのものはさして珍しいものではなかったが、構成する要素一つ一つが異様だ。
妖獣や亜人といった、大凡の分類――あくまで、彼女の今までの知識に依るものであるが――が可能なものから、鎧の巨人、果ては形容する言葉すら見当たらないような存在までもがある。
同じ人間であっても、その服装や佇まいから推察できる文化の成り立ちは、サティの生まれた世界のそれと、異なるものであるのは明白。
ともすると仮装儀式のようにも見える光景だが、視覚以上に優れた感覚を有するサティには、その混沌は本質である事が理解できた。

305 名無しさん@避難中 :2013/09/10(火) 16:53:33 ID:0aPzR0qE0

サティ・クゥワーヴァは魔法使いである。
魔法使いとは読んで字の如く、魔法を使うものであるが、その詳細、そして本質を語るには適した時と場が必要である。
ここでは仮に、一般的に想起される、超自然的現象を、独自の法則に基づいて操るという、大掴みな解釈で進める。

彼女の世界・ファイセアルスでは、魔法使いの存在は極めて普遍的なものであり、寧ろ魔法使いそのものが、社会を築き上げていったといっても過言ではない。
ファイセアルスの魔法使いを一言で括ることはできないが、その多くは、万物に宿る魔力を捉え、制御し、現象へと転じさせる術を持つ。
稀代の資質を持つサティとて例外ではなく、魔力とは場であり、魔法使いとは場の支配者という認識を持っていた。

だがこの場に滞在する魔力には明らかな斑(むら)があり、場としての体裁を保てているとは言い難い。
ファイセアルスの理に従えば、魔力はより強い魔法の支配に傾く。
故に、優れた魔法使いが居て、己が術のために会場に滞在する魔力を収束しているのだとしたら、ある程度の偏りがある事はなんら可怪しくない。
実際に、サティが探知の術を用いれば、そのような手練の存在もわかる。
しかし、感覚を研ぎ澄ませば研ぎ澄ます程に、異なる流れ――場ではなく、個としての魔力そのもの――すなわち己の肉体の内に魔力を蓄え、あるいは生成し、まるで生体器官の働きと同じように行使するものの存在も、明確になるのだ。
むしろこの場においては、サティのように直接的に魔力を保有せずして、それを行使できるもののほうが希少であるかのように感じられる。

306 名無しさん@避難中 :2013/09/10(火) 16:54:59 ID:0aPzR0qE0

そういった状況への遭遇は、彼女にとって決して日常的とはいえないが、真実を求め旅をしてきた数々の経験から、許容・理解できないものではない。
だが真に嘱目すべきは、異なる物理法則・魔法体系のいくつもが入り乱れ、一つの場に共存しているという点であろう。
ファイセアルスの歴史にもあるように、異なるもの同士の接触には争いが付き物であり、平和的な統一程困難なものもない。
故に混沌でありながら一種の秩序を備えるその異様な光景に、彼女は一人の人間として、暫し見入る。

サティは特別博愛主義者というわけでもないし、この会場はそもそも興行、それも戦いによって成立しているものであるからして、秩序そのものに感動しているというわけではない。
だが、眼前の不可思議な現象は、彼女の禀性に火を灯すには充分だったと見える。
サティ・クゥワーヴァという人間の探究心は、何時如何なる場所であっても変わる事はないらしい。

307 名無しさん@避難中 :2013/09/10(火) 16:56:17 ID:0aPzR0qE0

観客が試合直前の勝敗予想や、贔屓する選手の自慢話に熱を上げる中、サティはひとり会場を歩きまわる。
グラマー地方の伝統に由来する、ローブとベールで肌を包み隠した彼女の出で立ちは、熱気煽るるこの場で動くにはそぐわぬように見える。
それでも一切の苦を示さないのは、彼女が冷気を操り、自身の周りに快適な環境を作り出しているからである。
同体系の支配が及ばぬ領域では、彼女の世界の魔法効力は落ちる。
それを自らの支配領域に作り変える事で難なく覆してしまうあたりに、非凡の才が伺える。

308 名無しさん@避難中 :2013/09/10(火) 16:57:20 ID:0aPzR0qE0

暫く会場を見て回ったサティだが、入り口から見るよりもある敷地の広さに一つの疑念を抱く。
複数の世界が同居すると考えれば、観客席の広さは当然とも言える。
だがその内――試合が行われる、リングがここまで大きい必要はあるのだろうかと。
会場内に掲示された表から読み取れる通り、トーナメントは一対一の個人戦で行われるのだが、人二人が立つにしては、結構なものだ。
普通、このような決闘的スタイルを取る競技は、お互いに逃げ場をなくし、対面し続ける距離に設定するのが常である。
リング内に障害物や特別な仕掛けが設けられているわけでもなく、ただ平坦な石畳が続くのみ。
単純に、元からある施設を流用したがための余剰空間とも考えられなくもないが、一番ベターな答えは、それがこの競技における適正距離であるという事か。
互いの間合いが広ければ、どちらかが逃げ続ける事でエンターテイメント的閉塞を招くこともないし、建造に必要なコストも正当化される。
個として大量の魔力を有するものの存在を考えれば、それらが連続的にこの規模での撃ち合い行ったとしても不思議ではない。

309 名無しさん@避難中 :2013/09/10(火) 16:58:45 ID:0aPzR0qE0

その裏付けになったのは、リングと観客席との間にある、魔力の流れである。
(これは、防御結界……?)

ファイセアルスにおけるものとは性質を異にするが、機能の面では正しくそれであるとサティは感ずる。
彼女が知る結界は、原則的にその内を自在に支配するためのものであり、相応の術者であれば物理法則すらもその範疇に収める。
先に見せた空調制御も、一種の結界魔法と言えよう。
対して、この狭間にある魔力の流動は、内に対しても外に対しても支配領域を設けず、ただ循環するのみ。
しかし一度外界よりの力の侵入があれば、激流の如くそれを飲み込んでしまうのである。
ただ外から守るならば、リング内を支配領域に定義すれば良いが、それを行えば選手が異なる魔法体系であった時、公正さを欠く。
また内から外を守る、即ち試合の流れ弾を考慮した場合にも、支配領域が狭くてすむため、効率的である。
やはり、競技の規模にあわせて用意されたものなのだろう。

310 名無しさん@避難中 :2013/09/10(火) 16:59:52 ID:0aPzR0qE0

『大変長らくお待たせしました、間も無く準々決勝第三試合が開始いたします』
サティが結界の討究に入り込んでいるところ、会場に女性のアナウンスが響き渡った。
雑然としていた観客の声は、一つの目的に沿って集束しつつも、さらに激しさを増す。
それは結界の魔力流動も同じであった。

(成程、結界そのものが……いや、観客を含めた、会場全体か)
これだけの「新しい」魔力を如何にして確保したのが疑問に感じていたサティであったが、その答えは以外にも直ぐ明らかになった。
この結界は謂わば巨大な生命体の血管。
地形的に保持されるものだけでなく、個として保持するものから、無意識に流れる魔力をもかき集め、己が糧としている。
観客一人ひとりが其れを構成する細胞であり、会場そのものが一つの生命として働いているのである。
流れそのものや強度にある斑は、そういった生物の不規則性が集積する事で顕になったものではないかとサティは考える。
欲を言えば、実際に魔法をぶつけて直に反応を見たいのだが――――

311 名無しさん@避難中 :2013/09/10(火) 17:01:36 ID:0aPzR0qE0

ちらりと通路側に目をやると、警備員らしき男と目が合う。
この状況でそんな事をしてはテロ行為と受け取られかねない。
その優れた資質もあって、やや向こう見ずな所のある彼女だが、流石に己の欲を優先させて興行に水を差すほど無粋ではない。
リングで戦う選手両名の、異なる魔法体系に興味が移ったという事もあるか。

一方は内部蓄積型の魔法陣を中心とした複合魔法。
もう一方は外部収束型の転送、あるいは具現化魔法であろうか。

どちらも年端もいかない子どもといった風貌だが、表に示される勝ち上がってきたという証拠は、ただの子どもではない事を明確に告げている。
何より二人からは、幾多の修羅場をくぐり抜けて来たであろう、自信と覚悟の表情が見て取れた。
サティは血気盛んな魔法学校時代の自身を重ねる。
もっとも、戦いを、強者を本能的に求める性質は、今も彼女の心の奥底にあって、消えたりはしない。
本人としては「大人の立場」から懐かしむように試合を眺めているようだが、意識の有無に関わらず、血が騒いでいるという面も否定はできないだろう。
これだけの多様な文化があるからこそ、誰もが己に通ずるものを感じ取り、こうして一体となる事が出来るのかもしれない。
世界は限りなく広く、そして近い。

312 名無しさん@避難中 :2013/09/10(火) 17:05:39 ID:0aPzR0qE0
試合までもつれこませると長くなるので、こんなもんで。お粗末。

313 名無しさん@避難中 :2013/09/10(火) 17:09:23 ID:LGUV1BcE0


314 名無しさん@避難中 :2013/09/10(火) 17:56:38 ID:4XPUUzuUO
やっほう!! 乙です!!!

315 名無しさん@避難中 :2013/09/10(火) 19:50:29 ID:sdUPGm/M0
超乙!

長くなってもいいのよ

316 名無しさん@避難中 :2013/09/11(水) 18:37:05 ID:aVOU.KHs0
試合も見たいです!!

317 名無しさん@避難中 :2013/09/12(木) 02:48:57 ID:eLI3APTQ0
乙です!
実験的にも面白い状況な空間なんだろうな、会場
プリンとかは種族は亜人になるのだろうかそれとも妖精?

318 名無しさん@避難中 :2013/09/27(金) 22:19:22 ID:2bMtJ8H.0
yes!創発中毒

319 名無しさん@避難中 :2013/11/12(火) 17:27:35 ID:kkMQ9djwO
age

320 名無しさん@避難中 :2013/12/25(水) 20:30:08 ID:13etN5AEO
レジェンドメンバー乱入わ

321 名無しさん@避難中 :2014/02/11(火) 23:43:03 ID:0lbXxHX2O
みたい(切実)

322 名無しさん@避難中 :2014/03/14(金) 23:38:18 ID:s27n3pw2O
( ゚Д゚ )

323 名無しさん@避難中 :2014/05/15(木) 22:47:39 ID:L01NkHi6O
うごごご…

324 名無しさん@避難中 :2014/10/26(日) 02:16:47 ID:kCFGnR4w0
一年か‥

325 名無しさん@避難中 :2014/12/30(火) 20:23:49 ID:ZbcPm26IO
age

326 名無しさん@避難中 :2015/03/25(水) 22:27:25 ID:82ycauiI0
 定期age

327 名無しさん@避難中 :2015/12/06(日) 16:42:25 ID:azzyympMO
今年がおわります

328 名無しさん@避難中 :2016/03/02(水) 18:44:10 ID:PjmTC1BQ0
誰か残り試合の明細を教えてくれ。
正直全然余裕は無いのだが、俺が全部片付けてやるw

329 名無しさん@避難中 :2016/03/02(水) 19:22:30 ID:GTzzmK9I0
あーでも次のフーリャンは私もやりたいのだよなぁ

330 名無しさん@避難中 :2016/03/07(月) 12:34:54 ID:NkGvl7BE0
一度見て来たら結構大変でしたが、せっかくなので完結を見たいのでとりあえず流れの簡易まとめ

【一回戦】
・第一試合
 プリンに閉じ込められることによっていかづち窒息。プリン妖精勝利

・第二試合
 桃色のおっぱいに挟まれてフェアリー・テール窒息。桃色勝利

・第三試合
 倉刀の真・昇竜拳を貧乳回避した一条遥さんがカウンターで倉刀を地面に叩きつける。一条遥勝利。

・第四試合
 フーリャンの大規模破壊魔法を防ぎきるも、強烈な臭いを伴う魔法にスカトロされておにんにんムクッパ失神。フーリャン勝利

・第五試合
 監督から戦闘種族にジョブチェンジしていたほっしーはハルトシュラーに浣腸を決めるといううらやまけしからん展開になるも大技、夕鶴クライシスを受けて瀕死に。
しかし尚しぶとく立ち上がったほっしーは仲間を呼ぼうとするも(自業自得で)仲間は現れない。
 それでも尚神格クラスのこっくりさんを召喚して立ち向かおうとするが、こっくりさんはほっしーの暴言に失望。
反旗を翻したこっくりさんとハルトシュラーによってほっしーは倒れる。ハルトシュラー勝利

・第六試合
 何者かの意図によるものかリザーバー、ドルンドメオンが加藤キューピーを襲う。そこから連戦でマシロと戦闘。
 マシロにも何者かの〝影〟が見え、加藤キューピーはこれに苦戦。マシロから〝影〟を取り除くために自己犠牲浄化を行い加藤キューピーは姿を消す。マシロ勝利

331 名無しさん@避難中 :2016/03/07(月) 12:39:32 ID:NkGvl7BE0
・第七試合
 プロレスラーとヒーローの矜持をかけた戦い。
鎌田がチェンジリングとは別の、彼が元いた世界での姿を披露して迎えた最終局面。
お互いに打ち合った末に鎌田がSSPを下す。鎌田之博勝利

・第八試合
 なんかいろいろあったけどダイヤモンドダストが直りんのおっぱいを揉んで絶頂の末に戦闘不能。ダイヤモンドダスト勝利

・第九試合
 何者かの手引きによって本当に吸血鬼化したセラ。何者かの〝影〟を感じ取るクズハだが二人は互いに承知の上で試合続行。
相手の動きを読んで魔法でセラはリングアウト。クズハ勝利

 試合後、セラからは〝影〟は回収され、何者かは解説者にもどりました。

・第十試合
 試合に参加する気のない社会は棄権を伝えに行こうとしていたが、その途中でみかけた屋台で一杯やる。
 よっぱらった社会は屋台の店主にセクハラ。
店主串子は彼を闇討ちしたのか社会は棄権を伝えることもせず、試合としては不戦勝となる。串子勝利

・第十一試合
 発子がきれいな発子になって幼女もといジークリンデに力の差を見せつける。発子勝利

・第十二試合
 グレートサラマンダーに変身したうぱ太郎に陽太は魔剣を折られる。しかし陽太は折れた魔剣を巧みに操りグレートサラマンダーを退ける。岬陽太勝利

・第十三試合
 次々と『寄生』を召喚してくる無限彼方に対してマナのレーザーで応戦するも、腕を砕かれて一条彼方は戦闘不能。無限彼方勝利

・第十四試合
 ハードマッチョプリキュアと化した女子中学生青森さんが必殺技を行使するが、日本鬼子はこれに耐え、青森さんを殺害。後に捕食。日本鬼子勝利
 ちなみにその後何ごともなかったかのように青森さんは再生しました。

・第十五試合
 青森さんがPBMの人に代わって試合に出場。三つ編みとポニーテールの子、ポニーブレイドRXとなったPBMの人は次々と怪人を召喚する描いちゃと戦闘。
ちっぱいないちちにテンションを上げて静止能力を振り切ったりもしたけれど物量で追い詰められたポニーブレイドRX! しかしその時青森さんの意識がポニーブレイドRXの中で覚醒。
ボインが好きな青森さんとないちちが好きなPBMの人が合わさり最強に見えるポニテと三つ編みの融合に対して描いちゃもフォームチェンジで対応。
 直りんに閣下。路歩崩寄生まで召喚した描いちゃの猛攻にポニーブレイドRXは敗れる。
 しかし力を使い果たした描いちゃの申し出により、ポニーブレイドRXに次の試合に進む権利が与えられる。ポニーブレイドRX勝利

青森さんの肉片がなんか暴走してバイオハザードしそうだけどそれはまた別の話。

・第十六試合
 ピンクのギンガムチェック白レースの下着をやまなしに暴露されるも、変身を行い戦闘慣れしていないやまなしを圧倒する無限桃花。
 しかし県擬人化として特産品を召喚する能力を行使したやまなしにの物量攻撃によって押し潰される。やまなし勝利

332 名無しさん@避難中 :2016/03/07(月) 12:40:35 ID:NkGvl7BE0

【二回戦】
・第一試合
 あらゆる攻撃を無効化してきたプリン妖精に対しておっぱいという名のプリンを所持する桃色がその持てる乳力を駆使して無効化能力を無効化。
 プリン妖精の相手を包み込む攻撃すらも乳の共振によって弾き飛ばした桃色は砕け散ったプリンを回収して客にばらまきプリン妖精を無力化。桃色勝利

・第二試合
 召喚を駆使する大魔女に対してロボット、リヒターを召喚した遥。しかしリヒターは遥を守る盾となって戦闘不能に。
更に遥は並行世界からもう一つの力を召喚するも、巨大すぎてリングアウト。フーリャン勝利

・第三試合
 試合にマシロは現れず、代わりにすいかさんがハルトシュラーの相手になる。
〝影〟を操るすいかさんにハルトシュラーは一歩も譲らず、試合の途中でSSPがやってきて、すいかさんは偽すいかさんだと判明する。
 ハルトシュラーは会場に現れたマシロと協力して偽すいかさんを打ち倒す。
 創発板の影であった彼を下した二人は改めて試合を行う。
 力を発揮できる限界時間に達したマシロは降伏。ハルトシュラー勝利

・第四試合
 相性最悪の中、ヒーローとして戦いから逃げることはでずに挑んだ鎌田。
 健闘むなしく氷の棺のなかに閉じ込められるも、生まれた世界での知り合いが助けにかけつける。ダイヤモンドダスト勝利

 試合後、ダイヤモンドダストは死人に鞭もとい描いちゃさんに装備を描いてもらう依頼をした。

・第五試合
 眷属を召喚して攪乱した串子に対して防御を固めるクズハ。
 動きが止まった所に強烈な一撃を見舞おうとした串子だが、彼女が狙ったクズハは囮であった。
狐の化かしは成功し、串子は炎上。クズハ勝利

・第六試合
 女神クリーシェさんに挑む叛神の徒、岬月下。
 絶望的なまでの存在の格の差がありながらも怯むことを知らない彼はその持てる知恵と能力によって女神を酩酊させ勝利を得る。岬陽太勝利。

 女神は一応戦う力を残しつつ、自身の本分から戦うことを辞めたそうな。

・第七試合
 青森さんの細胞によってビルドアップした上にポニーテールになった鬼子対、作者の数だけ存在が重複するため会場から七人ほど同胞を集めてきた彼方の対決。
 ロリのために己の試合が控えているにもかかわらず献身してくれたPBMの人という名の盾を駆使し、更には寄生たちを召喚する物量攻撃を敢行する。
 対する鬼子は変身を行い全力を解放。彼方も最も強い個体が相対して激突。
結果、鬼子がレフェリー判断で敗北。無限彼方勝利


・第八試合
 食事に招待する手紙をもらったPBMの人。
 おそらく罠だろうと踏んでいながらも、彼はちっぱいに惹かれて彼女の誘いに乗った。
 そのままお店で楽しく酒を酌み交わす二人。
 その夜。酔っぱらったPBMの人は警察に捕まって不戦敗。やまなし勝利かと思われたが、リザーバーのパンモロー博士が試合に参加する。
 他のリザーバーは無限彼方が(騙されて)奇襲をかけたことにより彼方たちと小競り合いをすることになるがそれはまた別の話。
 パンモロー博士は封殺されかかるが、PBMの人が駆けつけて三つ巴の戦いになる。
 パンモロー博士の味方をしようとするPBMの人だが、やまなしは前日食べさせた山梨県特産品を通してPBMの人を操ってしまう。
 PBMの人はロボ的な何かを出して対応しようとするも、操縦方法が彼自身でもわからず役に立たない。
 パンモロー博士がそのロボを改造して自身の駒にしてビームでやまなしを攻撃するが、やまなしは水晶でビームを跳ね返してパンモロー博士を戦闘不能にする。
 幼女を倒されたことに怒りを覚えたPBMの人が合体している青森さんとともにやまなしに挑むが、三つ編み派とポニーテール派の悲しい争いによってPBMの人はノックアウト。
漁夫の利を得る形でやまなしが青森さんを打ち倒す。やまなし勝利

333 名無しさん@避難中 :2016/03/07(月) 12:41:05 ID:NkGvl7BE0
【準々決勝】
・第一試合
 誰とでも仲良くなれる才能で試合参加者から技を教わり、キャパイシティーでそれを自身の中に吸収した桃色が大魔女フーリャンに挑む。
 巨乳によってフーリャンを圧倒し、様々な技を駆使した上で最後は大威力の攻撃の打ち合いにて辛くも勝利を手にした桃色であったが、それは幻だった。
 フーリャンの幻術にかけられていた桃色は現実に覚め、フーリャンに倒される。フーリャン勝利

 おっぱい評論家の方が……。

・第二試合
 描いちゃの支援により氷厳寄生化したダイヤモンドダストと寄生から更に天神化を行ったハルトシュラーの対決。
 寄生召喚などを駆使して戦う氷厳寄生だが、ハルトシュラーが怪獣を召喚して粉砕。力の元である筆を奪い取り、
氷厳寄生を溶かしてダイヤモンドダストに戻すことに成功する。ハルトシュラー勝利

 ダイヤモンドダストは全裸だったもよう。さあ、参考資料を!

・第三試合 岬陽太VSクズハ
 NO,DATE(未消化)

・第四試合
 富士山を召喚するやまなし。
 無限彼方は氷厳寄生を召喚して活火山を黙らせようとし、山から生まれた積乱雲からいかづちが現れて天候対決が行われる。
 地上では白ワインの雨を降らせたやまなしが無限彼方に対して有利に立ち回る。
 天候対決はダイヤモンドダストがいかづち側に付いたことによって寄生の制圧で幕を閉じる。
 無限彼方はBOURBONを召喚して酒気を消すが、富士山は噴火してしまう。
 水晶でロボを作ったやまなしと、溶岩を寄生を盾にすることによって耐えきった無限彼方はBOURBONの相手に手一杯になっているやまなしを攪乱し、勝利を得る。無限彼方勝利

 無限彼方は寄生召喚の札を消費。同一存在の皆さまもそれなりに消耗しているということで次の戦いの立ち回り方を考えている様子。

334 名無しさん@避難中 :2016/03/07(月) 12:42:18 ID:NkGvl7BE0
・どうでもいいけどセラは変態さんと全年齢板ではできないことをしてるんだよなぁ……とか思い出して何ともいえない思いに震える月曜のお昼時
・すいかさんはあれ、倒された判定でいいのかな……?
・あと、岬陽太君が準々決勝(?)の試合前にサン・スーシと野良試合行ってます。勝った方が選手の権利を得るという戦いで陽太君勝利。

・裏での暗躍者は【実験】が目的ではないかなぁと思われる。
 で、残りのリザーバーはある程度何者かの目的に沿った動きをしている……?
 影とはなんだろう……とかそんなかんじで


ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org769024.jpg

335 名無しさん@避難中 :2016/03/07(月) 13:11:38 ID:cRWtyJRg0
凄まじく乙!!!
変態成分が多すぎるwwww

336 名無しさん@避難中 :2016/03/08(火) 17:22:28 ID:3b6GhjKQ0
>>330-334
乙。超ぉおおおおおおおおおお乙!
自分が関わっている試合の流れを読んで、感慨深いっていうか
一人でニヤニヤしてるw

残り試合は
順々決勝「岬陽太VSクズハ」
準決勝「フーリャンVSハルトシュラー」「無限彼方VS(岬陽太VSクズハ)勝者」
決勝戦の4試合か。

うん、俺>>328だけど無理w

337 名無しさん@避難中 :2016/03/08(火) 19:27:07 ID:w8WAkhdM0
何事もなく生き返った青森さん……青森さんとは一体……うっ、頭が……

338 名無しさん@避難中 :2016/03/09(水) 00:33:07 ID:kLyt2vB20
いやあ、なんかカオスだけどこうしてみるとちゃんとしたトーナメントに……いや、これギリギリアウト臭いなw
あーあ、どうやってこれが完結するのか楽しみだなぁ!(圧力

339 名無しさん@避難中 :2016/04/02(土) 23:16:33 ID:h445.ddY0
アンテナ
あんてな
寄生
柏木
ドルンドメオン
1000ならビッグペニス
フーリャン
ハルトシュラー
クズハ
岬陽太
無限彼方

の設定がざっと分かる所を教えておくれ

340 名無しさん@避難中 :2016/04/02(土) 23:45:52 ID:8PLFa1PQ0
ざっとわかる所はないからスレ追った方が早いよ


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

.
復刻版 ごきぶりホイホイ 5セット入 / ごきぶりホイホイ



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板