したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

ダウィンチちゃんとぐだ男が関係を持ってて

1 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/08/12(月) 07:23:11 ID:752r36zk
カルデア陥落の際に別れて
落ち込むぐだ男をロリンチが頑張って代わりに慰めてたら
ノウムカルデアでダウィンチちゃんが復活したので
ロリンチは身を引こうとしたらダウィンチちゃんに抱えられて
「ちっこくてかわいい私がいったいどのように鳴かされたのか制作者としてはとても気になるなぁ����」
「ちょっ、私は君の代わりでだね!」
「私は君の親兼姉みたいな感じだし、彼は君が悲しんだら一緒に悲しんじゃうタイプだからね」
「……」
「恋人としてはそういうのは見逃せないのさ、簡単な解決策もあることだしね����」
「今夜の主役は君の方だとも、さあ第二夫人として夫婦から祝福を受けたまえ」
「え?」
ってなってロリンチがイチャイチャとろとろにされるイチャラブ3PSSが読みたいです

90 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/15(日) 08:23:29 ID:0SzzQdE6
新作ええぞ!ええぞ!

91 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/15(日) 08:28:53 ID:Vw8QmcYg
あぁ^〜

92 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/17(火) 22:54:11 ID:On1isAVc
廊下
ロリンチ「……………………」

「え?ね、寝てないよ?」

「瞑想だよ瞑想、普通座ってやるものだけど私は天才だから立ったまま出来るの」

「め、瞑想だよ?」

「まあどこでも出来るけどさあ」
「人肌恋しいのかい?」

ぐだ男部屋
ロリンチ「分かったよ、ここで瞑想しながら警戒しておくよ」

「あっ、瞑想だから一緒に寝なくても……」
「いくら天才でも本当に寝ちゃうよ〜」

就寝
ロリンチ「………………」
「ごめんね……」
「本当は限界まで動いてないと不安なんだ」

「オリジナルを見ると少しだけ不安に」

「もしも、もしもだけど……私がオリジナルと同等じゃなかったら」
「十人十色とはいうけど、下位互換とか劣化版に用はないでしょ?」
「君がそういう人じゃないのは分かるよ?」

「うん」
「だから、個人的な悩みだったんだ……」

「うん、ごめんね」撫でられてる

「ちゃんと寝る」撫でられてる
「ありがと……」
「(あれ?このままじゃ愛人じゃなくて娘とか妹みたいになっちゃうんじゃ……)」

「えーと、エッチしたくなったら遠慮しなくていいからね?」

93 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/17(火) 22:57:57 ID:/OT4XSHw
かわいい

94 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/17(火) 23:05:36 ID:4aNzdCg.
ダヴィンチスレすき

95 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/17(火) 23:35:19 ID:JO0vJ3Iw
不安に掻き立てられるロリンチちゃんもいい

96 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/19(木) 00:24:48 ID:IVy9gqnY
玉も竿もでけえなお前(誉めて伸ばす)

97 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/20(金) 23:47:02 ID:qghaPcx.
ダウィンチ「んー?」
「どうしたんだいこれは」縛られてる

ロリンチ「いっつもいっつも君はお香を炊こうとして……」
「気持ちは分かるけど君は甘々としたプレイとかピロートークに興味ないのかい?」

ダウィンチ「好きだけど獣のような(ぐだ男の名前)が新鮮でね」
「私達しか知らない彼の顔、みたいな?」

ロリンチ「君だけなら別に良いけど今日は3Pでしょ、もう」
「だから今夜は君のお仕置きだ」

ダウィンチ「え?」嬉しそう

ロリンチ「最初からこうしておけばよかった……」
「今夜は2人がかりで大きい私を滅茶苦茶にしよう」
「私が抱きたかったら放置プレイで私だけを愛してくれてもいいよ?」

ダウィンチ「それは勘弁してほしい……」
「放置プレイは好きじゃないんだよ〜」

ロリンチ「日頃の行いだよ〜だ」
「で、どうする?」


ダウィンチ「あ、これはこれで」両方のおっぱいを二人に攻められてる

ロリンチ「この辺りはどうかな〜?」下腹部に手を伸ばす

ダウィンチ「あっそこは//」



ダウィンチちゃんは二人に滅茶苦茶にされた
挿入は最後まで焦らされが2人がかりの弱点攻めに満足したようだった
ロリンチはダウィンチちゃんが寝たあとに甘々イチャラブプレイで満足した

ロリンチ「大きい私の方が満足してる気がする……」
「あれくらい自分の欲求に素直になった方がいいのかなー」

「ふふーん、君は気にしなくていいよー」
「ピロートークも腕枕も私が一人占めだもんねー」抱き締めてくる
「お休み」チュッ

しかし朝になると
縄から抜けたダウィンチちゃんがもう片方の腕枕を奪っていたのであった

98 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/20(金) 23:49:40 ID:wWex5rEQ
こういうのでいいんだよこういうので

99 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/21(土) 00:03:04 ID:H1wOY156
優しい世界

100 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/22(日) 19:03:32 ID:kpWMcFJg
早く妊娠させて幸せな家庭を作るんだ!

101 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/25(水) 23:57:11 ID:4XEsGCOY
ダウィンチ「私だってイチャラブ好きです〜」軽く拗ねてる
「なんだい私が尻軽みたいに、今さら君以外に体を許すわけないだろう、もう」プンプン
「なーんてね」

「イチャラブしながら何か考えようか」
「名前とか」

「違う違う、子供は妊娠してからでいいよ」

「私の名前」
「いやー両親に『レオナルド・ダウィンチです!』って紹介するわけにもいかないだろ?」
「だから私の名前どーしよーかなー」

「レオナルド……いっそ和名にする?帰化したとか適当に言って」
「でもこれは後回しにしてるだけだしなー」

20分後
ダウィンチ「家を建てるならこれぐらいの面積は欲しいな〜」図面引いてる
「子供も考えないといけないし」←名前を考えるのに飽きた
「和風建築は資料でしか知らないから日本に行くときに見て回りたいな」

「閻魔亭?あれ観光地だから一般家屋とはちがうだろ?」

「でも紅閻魔ちゃんに見学させてもらおうかな、かっこいいしね」

「え?ここ?」
「隠し部屋」

「なんか面白そうだろ?」

次の日
ダウィンチ「…………ん?」
「寝ちゃってたか……」

「ああ、おはよう」
「ごめんねー私も今起きた所でさ」
「小さい私との交代の時間がすぐなんだ!」
「ほんとごめん!」
「次はお茶とかお菓子とか、あと何かいやらしい服とか作ってくるからさ」抱き締める
「だから今日はこれで許してくれ」思いっきりディープキスする

「じゃ、またね」

102 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/25(水) 23:58:49 ID:LETiWylI
興奮してきたな

103 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/26(木) 00:19:15 ID:m31FL69c
ほっこりする

104 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/26(木) 22:59:56 ID:9B7FXazc
寝落ちするダヴィンチちゃんかわいい

105 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/09/29(日) 00:08:47 ID:MWiqqfbM
ぐだダウィ流行らせこら!

106 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/03(木) 00:00:21 ID:BWCUOV4M
ロリンチ「……………」

「いや、座禅だよ?」
「ちゃんと座ってるでしょ?」

「何でって……」
「気分を落ち着かせる為かな」
「オリジナルの私が帰ってきたから休む時間も増えたんだー」
「で、空いた時間で何しようかな〜って考えてたんだけど」

「うん」
「ワーカーホリック気味だったみたいで分かんなかった!」

「だからまあまず、『何もしない』を全力でやってみた」

「うん、楽しくはないね……」

「でもどうしようかなー」

「料理?そういえば最近やってなかったね」
「何食べたい?作るよ」
「君に………人に作る方が気合いが入るものでしょ?」

「イタリアンかー」
「小麦とかあるし出来るよ」

「ほんと?でも私が作るから雑用ばかりになっちゃうよ?」

「じゃあ……ありがとっ」頬にキス

「じゃ、ついてきてね」

「まず食堂じゃなくて食料庫だよー」
「素材から選ばないとね〜」

ぐだ男と一緒に料理するのが楽しくてついつい大量に作ってしまったので
この日のカルデアの夕飯はロリンチ製イタリアン尽くしになった
もちろん好評だった

107 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/03(木) 00:03:28 ID:X0oPg5es
素晴らしい!

108 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/03(木) 00:09:31 ID:dG0OfbDw
あぁ^〜

109 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/03(木) 00:50:21 ID:jb1A/Wvo
こういうのでいいんだよこういうので

110 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/05(土) 19:52:17 ID:AXxO/S..
今夜はロリンチだった
ベットの中で抱き締め合い、唇を濃厚に繋げると
ロリンチは今夜は私が上!と股がってきた
ぐだ男は上半身を起こし壁に背を付け、姿勢を安定させると、ロリンチを優しく抱き締め濃厚なキスを再び行った

ぐだ男とロリンチはキスを繰り返しながらお互いの服を緩め合い、もうお互いに知り尽くした感じる部位をなで回した
脱がせ初めてから数分後、双方とも適度に脱げたのでロリンチは腰を浮かし、湿っていた膣に自分から受け入れた

ロリンチは自分が主導権を得る為に上を選んだのだが
このだいしゅきホールドと呼ばれる体位はロリンチとって厳しいものだった
キスがしやすいのは嬉しいが抱き締められると腰を浮かして逃げることが難しく
肌の密着しやすいので熱を感じ、興奮も高ぶる
ただでさえ感度が高いのにである

そのためロリンチはものの数分で絶頂してしまい、ぐだ男もそれに合わせて精を中に解き放った
また、声を出そうと口を開けると、ぐだ男にキスで塞がれがら空きだった口内も舌で蹂躙される
嬌声すらほとんど許されない状況はさらにロリンチを興奮させた

ロリンチの感度は辛いほどだったが逃げることが出来ず、また逃げる気になれず
そのままの体位で4度ぐだ男の精を受け入れた

性行為が終るとぐだ男は腰が抜けてしまったロリンチをシャワーで洗った
タオルで拭いてあげ、髪の手入れなども手伝うと寝巻きに着替えさせ、自分もそうした
そのまま腕枕を貸し、朝まで眠った

111 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/05(土) 19:53:55 ID:qy2i4YCc
えっち!

112 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/05(土) 19:55:09 ID:AXxO/S..
ちなみにダウィンチちゃんは全部盗撮している

113 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/05(土) 19:55:40 ID:AXxO/S..
情事なんて初めて書いたが慣れないな……

114 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/05(土) 19:56:58 ID:4uS0mkSE
シチュエーションが良い
書こうという熱意がもう◎ですよね

115 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/05(土) 20:04:25 ID:wunpgyLI
今度はダヴィンチちゃんサンドだ!

116 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/05(土) 21:15:35 ID:XI3WKB1E
良い!良い!良い!

117 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/05(土) 22:33:15 ID:xURT/o0o
すばらしい

118 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/06(日) 01:28:15 ID:0VnyBN1I
大人ダヴィンチちゃんに責められたい

119 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/07(月) 22:49:46 ID:UmXO1pJI
ダウィンチちゃんに呼ばれたので部屋に行ってみた

教えてもらった暗証番号を入力し、入室する。
するとダウィンチちゃんは椅子に座ったまま背もたれに寄りかかり、顔を上に向けて眠っていた
よだれが口から少し垂れておりなんだか幸せそうだ
起こすのもなんだし可愛いのでぐだ男は眺めることにした

少しすると体重をかけすぎたのか椅子の足が浮き始めた
あわてて押さえようとするも間に合わず椅子は倒れてしまう
しかしまあ流石は天才(?)、身の危険を察知したのか頭を打つ前に椅子から転げ落ちた
ぐだ男そこを今度こそ抱えたのであった

ダウィンチちゃんは軽く虚ろな目でぐだ男と見つめ会うと視界に時計が入る
ぐだ男が大丈夫かと声をかけようとすると
ダウィンチちゃんは真っ赤になりボサボサになってしまった髪と普段着のままベットに入り毛布にくるまってしまった
ぐだ男は可愛いなぁとしか思わなかったが恥ずかしかったようだった

ぐだ男はこのあと一時間ほどダウィンチちゃんを慰めた
しかし面倒になったのでダウィンチちゃんの部屋のシャワーを借りる
するといつもの調子に戻ったダウィンチちゃんが全裸で乱入してきて
イチャラブでエロエロなことをするのであった

ぐだ男はダウィンチちゃんの扱いが少しずつ分かってきた

120 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/07(月) 22:53:34 ID:A/lUVjXg
ヌッ!

121 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/07(月) 23:22:39 ID:a232Ykr.
アニメもここも可愛くていいゾ〜これ

122 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/08(火) 00:08:21 ID:fPBQM1tg
ボサボサダウィンチちゃんは絶対可愛い

123 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/10(木) 19:49:56 ID:ZX1PW1dY
ダウィぐだ流行れ

124 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/10(木) 23:39:59 ID:k.IhENSE
ダウィンチ「そういえば私の部屋に泊まったことはなかったよね」

「どう?といっても同じ設計のベットだから大して違わないか」

「この引き出しはねー、リモコン、明かりのやつ」

「うん、私も決まった置き場作らないと無くしちゃってね」
「天才でも人ではあるからね……」

「それは着替え、見ても良いけど本人から脱がす方が楽しくないかい?」

「分かってるよー、まだ日が高いからね」
「露骨過ぎた?」

「疲れてるかーじゃあ早く寝ようか」


ベットで寝てる
「所でさ」
「マシュについて相談なんだけど………」

「私と小さい私の間に入れて三姉妹にするってどう?」

125 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/10(木) 23:42:14 ID:fPEc.o6c
ほう

126 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/10(木) 23:50:22 ID:k.IhENSE
マシュ「まあなんとなく感じてはいました」

ダウィンチ「そう?まあ長い付き合いだし分かっちゃうかー」

マシュ「その……それが何かあったのでしょうか」
「身を引くので先輩を私に任せたいとかであったら反対します」

ダウィンチ「あーそうじゃないそうじゃない」
「マシュの身の振り方についてだね」

マシュ「私ですか」

ダウィンチ「私の妹にならないかい?」

マシュ「ダウィンチちゃんの妹………」

ダウィンチ「深い意味はそこまでないんだ、戸籍を捏造するから一緒にどう?ってだけ」

マシュ「(というと先輩は三姉妹のうち長女と三女に手を出してることに………)」

ダウィンチ「小さい方の私が三女でマシュは次女って感じに、どうかな」

マシュ「(そんな節操ない人なら次女に手を出してもおかしくないでしゅね………)」

ダウィンチ「彼も君の将来を心配しててねぇ」
「先輩を取っちゃった私が言うのもなんだけど、私も心配だから身近に居た方が嬉しいかな」

マシュ「やりましゅ!」

ダウィンチ「あ、うん、なら話は早いんだけど」

マシュ「私は大丈夫です!」
「先輩は魅力的な人ですから私も鼻が高いでしゅ!」
「でも仲良し三姉妹なので私にも分けてくださいね!」

ダウィンチ「お、おう……」


その頃
ロリンチ「……」ピキーン!
「何かが来る……?」
「この気配は一体……」

127 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/10(木) 23:56:16 ID:k.IhENSE
こうして最強の三姉妹が結成された

128 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/11(金) 02:31:15 ID:uCuy6fMY
ファッ!?

129 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/11(金) 03:19:33 ID:bBeWfWKI
来ちゃった…

130 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/11(金) 23:45:40 ID:AR9jvoro
三姉妹来日
ぐだ男の実家へ
ぐだ母「帰ってきて早々お嫁さん作って連れてきて……」

父「いいじゃないかね、稼げる上に美人さんで」

ダウィンチ「うんうん、自分で言うのもなんだけど良い物件だと思うよ」

母「私よりも料理が上手い……」

父「家とかはどうするんです?ここに住みます?」

母「三姉妹とも移住するんでしょ?三人増えるには狭いのよねえ」

ダウィンチ「あ、自分で建てますのでお構い無く」

母「!?」

父「建てるのか〜田舎で良ければ俺の親父……実家の方に余った土地あったなそういや」

ダウィンチ「え?良いんですか?」

母「え?建てる?え?」

父「いいよいいよ、義理の娘になるんだから土地ぐらい」
「親父に声かけてみるわ、大工の友達が居たはずだし」

ダウィンチ「ありがとうございます」

母「あ、あなた建てるって……」

父「まあいいんじゃねえの?楽だし」軽く流してる

母「ええぇ……」


別室から聞き耳
マシュ「すごいですねダウィンチちゃん……」

ロリンチ「うーん、ぶっ飛びすぎな気がする……」

131 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/11(金) 23:55:27 ID:AR9jvoro
三ヶ月後
ぐだ祖父「どうだ久々の新築は」

大工「こんな楽な仕事は始めてだよ」ぐだ祖父の友達

祖父「女の依頼は面倒だから嫌だって言ってたじゃねーか」

大工「見てみろよ、あれ」

祖父「ん?」


ダウィンチ「マシューその角材投げてー」骨組みを組んでる

マシュ「はーい」でかい角材投げてる

ロリンチ「もークレーンで吊りなよー」クレーン動かしてる


祖父「………」

大工「私有地だから重機の免許は要らねえからな」
「嬢ちゃんが作った図面も問題なかった、あとは嬢ちゃん達が作ってるのを眺めてりゃいいって訳よ」
「天才っていうのかね、若い頃に出会ってたら嫉妬で狂ってたな」

祖父「あの角材何キロある?」

大工「200ぐらいか?」

祖父「………」

大工「ちっこい嬢ちゃんは工具とか機械の扱いも上手いし、いっそあの三姉妹に後継いでくんねーかな」

祖父「手間賃返せ」

大工「やだ」

六ヶ月後無事一軒家が完成した
ぐだ男は主に雑用だった

132 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/12(土) 00:05:10 ID:nanVy5c6
優しい世界

133 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/12(土) 00:17:58 ID:Yg0fxgUY
「ふう」
家を建て終え、当分休むことにしていたダウィンチちゃん
と言っても暇なので次に建てる工房の図面も引き始めていた

ある日、図面を引く途中に寝落ちしてしまう
目を覚ますと声が聞こえた
「おめでとう」
聞いたことがある声だった
二度と聞くことが叶わないはずの声だった
数少ない現代の人間の友人の声だった
「お祝いには遅いんじゃないかなぁ」
そうあくび混じり呟くとダウィンチちゃんは机の上を片付ける
そして隅に置いてあった写真建てを手に取り
数秒眺めたあと、ダウィンチちゃんはその写真を神棚に置いた
それは一枚だけ残っていたロマニ・アーキマンの写真だった

134 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/12(土) 00:21:11 ID:Yg0fxgUY
ネタギレを極めたので完結です……
マシュを急にねじ込んだのは
カルデアが無くなったあとこれだと独りぼっちじゃね?と思ってしまい胸が締め付けられたからです(クソザコメンタル)

ぐたダウィ流行れ
ダウィぐだでもいい


というかイチャラブ流行れ

135 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/12(土) 00:27:01 ID:JMngvGlE
おめでとうございます
とっても楽しかった

136 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/12(土) 00:34:26 ID:Yg0fxgUY
追記
三姉妹ともちゃんもぐだ男と子供作ります
妊娠したダウィンチちゃんを見てたり
子育てを手伝ってたら変態シールダーになりませんでした

137 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/12(土) 11:51:01 ID:7GGFpl26
また何時かぐだダウィ書いて
あとこのSSを触媒にダウィンチちゃんピックアップきたら俺も回しますよ〜?

138 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/12(土) 19:59:11 ID:os6tfqVA
乙シャス!
地味にスレが上がって更新されるのが楽しみでした
ありがとナス!

139 名前なんか必要ねぇんだよ! :2019/10/12(土) 23:16:35 ID:yHlNaxrM
ダヴィンチちゃんはかわいい(真理)
またいつかネタができたら書いて欲しい
ありがとナス!


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板