したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【レヴュースタァライトSS】まひる「私が耳かきしてあげる」

17 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/10/03(水) 21:24:50 ID:0vVkBrkM
 夕食を終え、入浴も済ませ、寮生活は自由時間を迎えていた。
 華恋は今頃、二人との約束を果たしているのだろうか。ななは、今度は純那に耳かきされているかもしれない。双葉と香子は、またじゃれあっているのだろう。。
 クロディーヌはそんなことを考えながら、眠っているフリをして、本を読んでいる真矢を見つめていた。
 その真矢が、おもむろに振り返る。クロディーヌは目が合わないよう、慌てて瞼を降ろした。
 そしてそのまま数秒が経ち、もう真矢は視線を本に戻しただろうと、クロディーヌはもう一度瞼を開いてみた。するとしかし、真矢はさっきと同じ角度のままこちらを向いていて、しかと目が合ってしまった。
「すみません。起こしてしまいましたか?もう光を消しましょうか」
 そう言って、机の上で柔らかな光を放つスタンドに、手をかけようとする真矢を、クロディーヌは制止した。
「その必要はないわ」
「では、どうして」
 こちらを見ていたのですか?真矢はクロディーヌにそう尋ねた。
 そう尋ねつつも、真矢はその理由を理解していた。長い付き合いだ。
 またクロディーヌも、自分の胸の内が理解されていることを、理解していた。ただ、だからと言ってどうして軽々に打ち明けられようか。
(私も他の皆のように、耳かきして欲しいだなんて……)
 顔を少し赤らめるばかりで、答えられないでいるクロディーヌを見て、真矢は微笑んでこう言った。
「もしかして、晩に皆さんが言っていた……耳かきのことですか?」
 もしかして。などという言葉に、舞台少女らしからぬ白々しさを感じ、クロディーヌはいささか憤った。そんな茶番を演じてまで、私に恥をかかせたいのか。
「本当に嫌な女……」
 そう言いつつも、クロディーヌはそこに居直した。つまりはそういうことであると察し、真矢は机から離れ、クロディーヌの下へ近づいた。
 そして自然な流れでクロディーヌの膝に自分の頭を乗せた。クロディーヌは心地よい重みを感じた。
「私が耳かきされる側じゃないの!?」

18 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/10/03(水) 21:28:28 ID:0vVkBrkM
「……違うのですか?」
 真矢はさも当然だと言わんばかりの表情で、膝元からクロディーヌを見上げた。この体勢こそが二人のあるべき姿だと確信している態度である。
 クロディーヌには、それが演技かどうか見分けがつかなかった。もし演技だったのだとすれば、まさしくトップスタァとして申し分ない演技力であると感嘆する。と同時に、私をからかうために得た能力ではないだろうと𠮟ってやりたくもなった。
「それでは、こうしましょう。まず、私があなたに耳かきをしてもらう。その後、私があなたの耳かきをする。これなら公平でしょう」
 どうやら、真矢は本気で私に耳かきをしてもらうつもりだと理解したクロディーヌは、観念したように耳かきを手に取った。
「それでいいわ。じゃあ、始めるわよ……」
「はい。お願いします……」
 不意に動いてしまわないように、手のひらで真矢の頭を抱えた後、優しく、耳かきで真矢の耳がなぞられていく。真矢は安らぎに瞳を閉じて、たまに熱っぽい、悩まし気な吐息を吐いた。
 端正な耳の輪郭と、その華やかな息遣いに、天堂真矢はどこを取っても天堂真矢なんだと、自分の中の憧れとの相違のなさに、クロディーヌは少し安心した。
 しかしそれと同時にクロディーヌは複雑な心境だった。
 憧れ、敬い、そして時には争いさえしたあの天堂真矢が、無防備にも私の膝に頭を預け、耳の中を私にいいようにされている。舞台の上から全てを射抜くような、毅然としたあの瞳が、今では赤子の様ではないか。
 その光景と事実に違和感を覚えると共に、愛おしさすら感じている。それもまた違和感。クロディーヌの胸の内では、様々な感情が渦巻いていた。
 彼女との関係が、自分の中の憧れである天堂真矢が、別の何かになってしまうのではないか。そんな不安もあった。
「……ねぇ、真矢」
「何ですか?クロディーヌ」
「私達の関係って、一体何なの?」

19 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/10/03(水) 21:29:06 ID:0vVkBrkM
 クロディーヌは、そう尋ねた後、すぐに後悔した。こんな弱々しい台詞、彼女のからかいの格好の的ではないか。
 しかし、クロディーヌが深刻に考えている様を見て、真矢は実に真摯に答えたものだった。
「そうですね……最も客観的に確かなのは、ルームメイトであるということでしょう。それから仲間、同志……友達という言い方も、今では相応しいでしょう。そして……ライバル」
「ええ……そうね」
 ライバル。その言葉にクロディーヌは、今度こそ本当に安堵した。それは今までと変わらない。そしてクロディーヌ自身が望んでいた関係だったからだ。
 彼女に対する私の対抗心は、決して一方通行ではなかったのだ。そんな思いを新たに、クロディーヌは闘争心で胸を熱くした。
 だが、そんな思いと裏腹に、真矢は全く別の感情を胸で薫らせていた。
「けれど……私としては、あなたとはもう一つ、他の関係でありたいとも思っているんですよ?」
 真矢はクロディーヌを見上げながら、その頬に触れた。
「……へっ?」
 クロディーヌは突然のその行為に、唇を歪ませた。
 どこを掴まれているわけでもないのに、クロディーヌは真矢の視線から目を離せなかった。
 舞台の上でも、他の皆の前ですら見せない——おそらく、クロディーヌにしか向けない、その視線から、何故かどうしようもなく目を離したくなかったのだ。
 そして一つ瞬きを挟むと、真矢はするりとクロディーヌの膝から頭をどけていた。そして、礼儀正しい美しい正座を取って、膝を優しく叩くのだった。
 あの膝に頭を委ねれば、私の身に、もしくは精神に、あるいはその両方にきっと何かとてつもないことが起きる。クロディーヌの勘が、けたたましくそう告げていた。
「さぁ。約束通り、次はあなたの番ですよ……私のクロディーヌ」



  -終わり-

20 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/10/03(水) 21:29:40 ID:0vVkBrkM
以上になります。

設定や一人称、三人称を間違えている箇所があったらすいません。

一応補足しておきますと、香子の「ぎょーさん耳垢が溜まってはるなぁ」という台詞は事実を語った物ではありません。
あくまで彼女なりの軽口であり、双葉はんは清潔です。
でも双葉はんは自分のことに無頓着だったり少しガサツだったりするといいよね。
そんで香子に「もっと自分に気ぃ遣いーや?」とか言われてんだきっとたまらないねもう。

というわけで、流行れ。少女☆歌劇レヴュースタァライトSS。

ありがとうございました。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ハクメイとミコチ 1巻 (ビームコミックス) - 樫木祐人

マキナタで暮らしたい……

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板