したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

【新たな能力者】新キャラ新武器新設定実験室【ここに来たれ!】

1 名無しさん :2015/02/22(日) 20:57:13 ID:772nmGRA0
ようこそ
ここは新キャラや新武器、設定等で過去との矛盾やチートにならないかどうかなど
本スレに出すにあたって不安がある方のためのスレです。

「新しく能力者スレに参加したいけれどこういう能力のキャラで大丈夫か」
「こんな武器や設定を使って問題はないか」
「こういう過去を持たせたいけど矛盾になっていないか」
もしくは「スレに出る前に性能を試したい」と言う方は、ここで練習ロールを行うことも可能です

また、アドバイスする側の方は率直な意見を出してあげる事も大切ですが、
厳しい口調になっていないか、上から目線が過ぎていないか、まずは書き込む前に一息置いてみて下さい。

次スレは>>950が立てて下さい

キャラ用テンプレ
【名前】
【容姿】
【能力】
【性格】
【戦闘方法】
【備考】

733 厳島の中 ◆zlCN2ONzFo :2018/07/08(日) 16:13:43 ID:6.kk0qdE0
>>732
査定ありがとうございます
解りました、バックボーン含めちょっと練り込んでみます!

734 ◆XLNm0nfgzs :2018/07/09(月) 22:43:53 ID:BRNVt/Aw0
>>733
査定ありがとうございます!
組織設定の方はロールでおいおい出していければと……

735 アリア ◆1miRGmvwjU :2018/07/15(日) 02:50:01 ID:rx96LdNQ0
/グランギニョルの設定に便乗して小狡いことやりたいなあ、、、とか思って作ったキャラです、気が向かれた時で構いませんので査定おねがいします!
/わりと無茶な設定かもなのでもし駄目そうならごめんなさい!!イベントでの数合わせとか!ちょっとした乱入とか!意味深な会話とか!そういうのに使えていけたらな、、、とか思ってます!

【名前】
セラ(Sera)

【容姿】
穢れなく純白の騎士鎧(プレート・アーマー)を纏った、然し四足歩行のヒトガタとして衆目に顕現する。その背には、身を覆い隠して余りある3対6枚の巨大な「翼」。その腰には、先端に一振りの大剣を宿す「尾」。
兜の右半分から右手の先にかけてが存在せず、鎧の割れ目からは星々の瞬きのような燐光を宿した「闇」が溢れ続けて、辛うじて腕の形を象っている。そうしてそれは、実際に「腕のようなもの」として機能する。 ── 白い兜の両脇より渦巻くのは、一対の「角」。
そしてまた左腕は、幾度となく熔かされ焼き固められたような異形の籠手として変質している。その手のひらは溶岩のように煮え滾り、身の丈ほどもある「炎の剣」を内側に宿す。体躯は決して人間と相違あるはずではない。しかし、であるというのに、余りにも ───。

【能力】
「アレクサンダー」 ──── Alexander:征服王
破壊力-NaN スピード-NaN 射程距離-NaN
持続力-NaN 精密動作性-NaN 成長性-NaN
不詳。しかし主としては、「敵の持つ武器を、焼け溶けた籠手か光瞬く闇にて複製する」姿が確認されている。また、肉体そのものを別の形に変容させる ─── ような芸当までも、行えるようだ。

【性格】
不詳。その声は言葉にならない甲高き獣の咆哮でしかなく、その行為は凄絶の一語に尽きる暴力でしかない。 ─── 故に対話は不可能、である筈、だが。

【戦闘方法】
舞い散る羽から自在に放たれる無数の白い熱線と、鋼を易々と斬り裂く硬度の翼、右手の代わりを為す「光瞬く闇」、左手に握った「炎の剣」、尾より伸びる剣、そして自身の能力を織り交ぜた熾烈を極める高速のオールレンジ攻撃を身上とする。
しかしながらその「強さ」は、何故か対峙する相手の戦闘力によって大きく変動を見せる。能力の特性から自身の敵と酷似した戦法を取ることも多いが、それでも凡その場合は"痛み分け"の段階で、何故かセラの側から身を引いてしまう。
─── されど、それは飽くまでも「一対一」の勝負であった場合。相対する「敵」の数が多いほど、その力もまた比例して強大なものとなる。さながら、全ての暴力を一度に相手取ろうとするように。

【備考】
「グランギニョル神話」における虚神が一柱、 ─── と、されるもの。INFナンバーは███(未定義)。虚構世界にかつて"存在した"とされるにも関わらず、収容できていなかった神格。Refizul(塵揺らぐ独罪の熾天使)の異名を持つ。
行動原理は判然としない。ただ争う者たち、あるいはそうでない者たちの眼前に現れ、敵味方の区別なく無慈悲な暴威を振りかざす。その刃は人間のみならず、同じ虚神にさえ向けられるのだから躊躇いはない。
──── 一説に依れば、嘗てはこれを戦神として崇めた伝承もあったという。異様なまでの好戦性は、其処に由来するものなのだろう、か。

736 名無しさん :2018/07/15(日) 16:12:42 ID:pEoe/juw0
【名前】海津

【容姿】
浅葱色の長髪を後方で一つ結びにして整えた、十代後半から二十歳程に見える海原の如き雰囲気の青年。やや癖毛で所々髪が跳ねている。
髪色と同様に深い青色を宿した瞳は底知れぬ深海の神秘を映すかのようで、見る者に不可思議な感覚を覚えさせる。
常に白いドレスシャツとジーンズを身に着けたラフな格好。対して足元は激しい動きにも耐えられるトレッキングブーツと重厚な印象。
細身のシルエットに似合わず筋肉質で、決して柔な人間ではないことを示している。

「スイ」
謎の生物。まるで水の様な体を持ち、宙に浮かぶ形で移動する細長い蛇のような何か。
竜のようにも見えるが明らかに小さく、神格らしさも感じられない。正体不明と呼ぶ以外に無い。

【能力】
「スイ」
傍らに寄り添う謎の生物「スイ」と所持している日本刀の二つによって発動する水を操作する能力。
スタンダードな水属性の能力だが、特筆すべきはその規模である。出現させられる水は最早大波と呼べる程であり、水属性と呼ぶよりは海属性と呼んだ方が適切と言える。
但し、発動には刀を抜き払う必要があり、ノーモーションで戦闘態勢に入ることは出来ない様子。

【性格】
穏やかで余り戦闘を好まない人物。記憶喪失であることから本来の性格から変質している可能性はあるが、それでも本質的な部分は善人である。
戦闘を好まないとあるが、やむを得ない場合はむしろ積極的に刃を振るうタイプ。「むざむざとやられるつもりは毛頭無い」とは本人談。

【戦闘方法】
上記の能力を使用した水流による攻撃が主。
水の刃を飛ばす、鉄砲水を放つ、水圧カッターで貫く、など水の形態を変えて様々な攻撃方法を見せる。

【備考】
記憶を失い彷徨う青年。目を覚ました時にはとある国の山中におり、目の前にいたスイに導かれながら人里へ降りた後は行くあても無く旅をしている。
何故記憶が無いのかもわからない状態であり、当面の目的は記憶の手掛かりを探すこと。彼よりもスイの方が知り得ている情報が多いようだが、意思疎通の方法が無い為に答えを知ることは出来ない。
ちなみにスイと名付けたのは彼。理由は「水っぽいからスイ」らしい。

737 院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/07/15(日) 16:13:20 ID:QvLYHuW20
>>735
わーっ! あんなヘンテコな設定に噛んで下さりありがとうございます!
見たところ矛盾は無いですし大丈夫かと!

ただグランギニョルのページにあるよう運用が特殊になりがちなので、そこだけ注意してください!

738 院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/07/15(日) 16:15:08 ID:QvLYHuW20
>>736
いいですね! こんのくっそ暑い中に居てくださればと思う様な爽やかイケメン!
能力も設定も魅力的でぐーです! 大丈夫ですよ!

739 ◆1miRGmvwjU :2018/07/15(日) 20:34:16 ID:o6XMS57s0
>>737
ありがとうございます!!うまいこと気をつけて色々やれるよう頑張ります、よろしくお願いします!

740 名無しさん :2018/07/26(木) 22:56:21 ID:6orO8Dn.0
/当方初心者です、査定お願いします

【名前】七篠 蒼
【容姿】白紙のように真っ白な外套を纏った少年、その手には幻想的な光る剣が握られている

【能力】
≪万色の光弾≫
 鮮やかな暖色の光を放つ様々な性質を秘めた魔法のような何か
 誘導性があり誰に大しても明確な弱点に等しい効果を持つ
 こうかはばつぐんだ!
 ただし威力が低い上に貯めが必要である

≪重なり迫る追撃≫
 戦闘中に蒼の攻撃が「あたらなかった」か「そらされた」ことにより有効打とならなかった瞬間に発動
 元の攻撃に鋭さを加えたものを重ねる
 有効打にならなかった理由が元の攻撃と同じである限り重ね続けられる
 元から誘導性があるものには使い勝手が悪い

≪白紙なる願い≫
 あらゆる願いを代償に応じ具現化する
 条件が合えば死者の蘇生も、代償さえ払えれば世界の破滅すらも
 軽い気持ちで支払える代償ではないが――

≪???≫
 本人も自覚していない

『くらうそらす』
 曖昧な守りを切り払うことの出来る幻に近しい性質を持つ光る剣
 持ち主である蒼が適当につけた名前なので正しいものではないだろう

【性格】
 現在進行形の記憶喪失者であり自分を見失っている
 好奇心を原動力とするそれは性根か記憶喪失故か
 あと忘れっぽい

【戦闘方法】
 ≪万色の光弾≫でしつこく追い回しながら≪重なり迫る追撃≫とできたら理想
 実際は≪重なり迫る追撃≫だけで戦うことの方が多いと思う
 足が速い訳ではないがアウトレンジキャラは鬼門を見るかもしれない
 防御系に受け止められるのが一番厳しい

【備考】
 中の人がキャラを定めきれていないので言動が不安定かも
 複線大好き

/初心者向けのキャラかどうかも考慮頂ければ幸いです

741 院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/07/26(木) 23:39:01 ID:jezLXi3I0
>>740
いらっしゃいませ!! ご新規さんですね! お越しくださりありがとうございます!!

能力に関してですが、注意が必要な面が結構見受けられますね。

《万色の光弾》については、誰に対しても弱点を付けるという点が難しいです。
元の威力が低いと言えど、弱点を付く性質である以上、どのキャラさんにとっても致命傷になりうる可能性を持ちます。
その点で当たったら不味い攻撃であるのに、誘導性を持つとなると、対処が難しいと判断される中の人が多いのではないでしょうか。

《重なり迫る追撃》については、重なり続ける点がややオーバースペック気味に感じます。
受け手側としても、無限に対応策が思いつく訳ではないですから、いつかは対応策が尽きてしまいます。
それに対して放つ側は、能力を使うだけで追い詰めることが出来る点が強過ぎる印象です。

《白紙なる願い》については、能力の万能性に対して、制約があまりにも抽象的すぎると思います。
例として挙げられている願いが­

742 院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/07/26(木) 23:42:58 ID:jezLXi3I0
すいません、また途中で消えちゃいました。

いらっしゃいませ!! ご新規さんですね! お越しくださりありがとうございます!!

能力に関してですが、注意が必要な面が結構見受けられますね。

《万色の光弾》については、誰に対しても弱点を付けるという点が難しいです。
元の威力が低いと言えど、弱点を付く性質である以上、どのキャラさんにとっても致命傷になりうる可能性を持ちます。
その点で当たったら不味い攻撃であるのに、誘導性を持つとなると、対処が難しいと判断される中の人が多いのではないでしょうか。

《重なり迫る追撃》については、重なり続ける点がややオーバースペック気味に感じます。
受け手側としても、無限に対応策が思いつく訳ではないですから、いつかは対応策が尽きてしまいます。
それに対して放つ側は、能力を使うだけで追い詰めることが出来る点が強過ぎる印象です。

《白紙なる願い》については、能力の万能性に対して、制約があまりにも抽象的すぎると思います。
例として挙げられている願いが­

743 院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/07/26(木) 23:43:18 ID:jezLXi3I0
すいません、また途中で消えちゃいました。

いらっしゃいませ!! ご新規さんですね! お越しくださりありがとうございます!!

能力に関してですが、注意が必要な面が結構見受けられますね。

《万色の光弾》については、誰に対しても弱点を付けるという点が難しいです。
元の威力が低いと言えど、弱点を付く性質である以上、どのキャラさんにとっても致命傷になりうる可能性を持ちます。
その点で当たったら不味い攻撃であるのに、誘導性を持つとなると、対処が難しいと判断される中の人が多いのではないでしょうか。

《重なり迫る追撃》については、重なり続ける点がややオーバースペック気味に感じます。
受け手側としても、無限に対応策が思いつく訳ではないですから、いつかは対応策が尽きてしまいます。
それに対して放つ側は、能力を使うだけで追い詰めることが出来る点が強過ぎる印象です。

《白紙なる願い》については、能力の万能性に対して、制約があまりにも抽象的すぎると思います。
例として挙げられている願いが­

744 院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/07/26(木) 23:45:06 ID:jezLXi3I0
すいません、また途中で消えちゃいました。

いらっしゃいませ!! ご新規さんですね! お越しくださりありがとうございます!!

能力に関してですが、注意が必要な面が結構見受けられますね。

《万色の光弾》については、誰に対しても弱点を付けるという点が難しいです。
元の威力が低いと言えど、弱点を付く性質である以上、どのキャラさんにとっても致命傷になりうる可能性を持ちます。
その点で当たったら不味い攻撃であるのに、誘導性を持つとなると、対処が難しいと判断される中の人が多いのではないでしょうか。

《重なり迫る追撃》については、重なり続ける点がややオーバースペック気味に感じます。
受け手側としても、無限に対応策が思いつく訳ではないですから、いつかは対応策が尽きてしまいます。
それに対して放つ側は、能力を使うだけで追い詰めることが出来る点が強過ぎる印象です。

《白紙なる願い》については、能力の万能性に対して、制約があまりにも抽象的すぎると思います。
例として挙げられてい願いが­

745 院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/07/26(木) 23:46:22 ID:jezLXi3I0
すいません、以下続きです

­

746 院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/07/26(木) 23:47:00 ID:jezLXi3I0
すいません、以下続きです

キャラの蘇生であったり世界の破滅であったり
非常にチート気味な願いである反面、その代償がぼかされている点が厳しいです。

普通に運用されるキャラでしたら無い方が良いです。ボスキャラとしての運用もオススメしづらいスペックになります。

三つの能力がどれも高性能で、そのまま運用されるのはあまりオススメできません。

けれども、能力の発想や内容は素晴らしいです! 全く新しい形の能力に感服します!
調整してスレに出さられるのでしたら幾らでもお手伝い致します!
どういうキャラさんやどういう能力を使いたいなどの希望はありますか?

747 名無しさん :2018/07/27(金) 01:45:51 ID:6orO8Dn.0
院長中身さんありがとうございます
と、お礼を申し上げるのと同時に謝罪させて貰います

分かりにくい書き方ですみませんっしたー!(コンマイ語に毒されてたorz)

まず《重なり迫る追撃》は「一度の攻撃に二度の対応を迫る能力」のつもりで書いていました
「攻撃を受け流して《重なり迫る追撃》を避ける」「攻撃を避けてから《重なり迫る追撃》受け流す」でそれ以上重ならず
そもそも「受け止められた」なら発動すらしない能力です
無限に重なるのは「あたらない」を利用して離れれば離れるほど鋭さを増す攻撃をしてやろうかと
(受けるか反らせばそれ以上重ならないけど、思わず避けたら……)

《万色の光弾》はこちらが詰まない為の能力としたつもりでした
どんな相手にも「こうかはばつぐんだ!」となりますがそれだけで状態異常の付与はなく
威力も貯めたわりにとかじゃなくて本当に低くて前衛が居ない限り《重なり迫る追撃》した方がマシな
どちらかというとロールプレイ的な能力のつもりでした
誘導性は《重なり迫る追撃》があるので付けないともっとまずいです
ぶっちゃけ枷のつもりでつけました(途中で誘導止めたら寸止め扱いで追撃不発)

《白紙なる願い》は普通に運用するにはキツ過ぎる代償を要求するつもりなのでそこは大丈夫かと(つまり大規模なイベント用)
ぶっちゃけ「何」を払うのかは決めています。蒼も知ってる設定です。
しかしロールプレイ的に隠しておきたいのです。
それに「具現化する」であって「叶える」とは限りませんからね……
(ちなみに小さな奇跡を起こすのも不味いでしょうか? もし大丈夫なら起こしても良い奇跡の目安があれば嬉しいです)

748 名無しさん :2018/07/27(金) 01:53:16 ID:6orO8Dn.0
ちょっと調整したものがこちらになります
≪万色の光弾≫
 鮮やかな暖色の光を放つ様々な性質を秘めた魔法のような何か
 弾速は速くないが誘導性があり、何に対しても有効な性質となる
 攻撃であるなら相手の弱点となるがその気になれば堪えられる程度
 何回も何回も喰らったり虚弱であれば話は別だが、長めの貯めが居る攻撃としては微妙

 こうかはばつぐんだ! しかし威力がたりない

≪重なり迫る追撃≫
 戦闘中に蒼の攻撃が「あたらなかった」か「そらされた」ことにより有効打とならなかった瞬間に発動する
 元の攻撃に鋭さを加えたものを重ねる
 有効打にならなかった理由が元の攻撃と同じである限り重ね続けられる

 受け止める以外では一度の攻撃で二度の対応を迫られる厄介さ
 元から誘導性があるものには使い勝手が悪い

≪白紙なる願い≫
 ある代償を支払うことによりあらゆる願いを具現化する
 代償の大きさは願いによって様々であり、同じ願いであっても代償の大きさが変わることもある
 代償と共に条件が揃えば死者の蘇生も、世界の破滅すらも願える
 軽い気持ちで支払える代償ではないが――

749 名無しさん :2018/07/27(金) 02:20:17 ID:6orO8Dn.0
要するに「外れ続ける」か「反らされ続ける」のが無限発動のカギで、それも一つの攻撃に重なって乗る奴ってことです
某農民の燕返しが近いですね、通常攻撃全部に乗りますが(これも強すぎるなら再考になります)

750 ◆KWGiwP6EW2 :2018/07/27(金) 03:16:05 ID:WMHqDivw0
>>747
横レスで失礼します。

まずは新規様初めまして!
中々ユニークな能力が多く、院長先生同様、発想に感心しております。

他の能力については、院長先生のご査定にお任せしますが、《白紙なる願い》だけは、簡単に通せる能力ではないかと思います。

代償が仮にキャラ自身の生命で有っても釣り合いは取れないかと。
大規模なイベントで有れば尚更に、"何でもできる"と言う能力は、様々なキャラ達が全員で積み重ねて来たロールと状況を一発でひっくり返してしまう可能性が有るためです。

また、代償は規模によって違う、とのことでしたので小さな奇跡であれば、小さな代償で達成できる、と言うことになれば、余りにも万能過ぎるかと思います。
例えば、"鍵の掛かった扉を開ける"程度の奇跡で有れば代償を即席で用意できてしまうのであれば、イベントに際して鍵を探すギミックが有ったとしても完全に無視できてしまいます。


その代償がスレの基準に合ったものであるかを我々は判断できません。
特に初心者向きかどうか、という観点で言えばこれはかなり厳しいと言わざるを得ないかと思います。
恐らく多少の軌道修正を加えても通すのは難しいのではないかと。

もしもこの能力を主軸とした大規模なイベントを企画している、と言うのであればそのイベントが動き出した時点で追加査定として出すのが良いのではないかなと思います。


この能力に限った話ではないですが、能力によってもたらされた結果は常に、受ける側に決める権利が有ります。
仮に、大きな代償を支払って相手のキャラを倒すような願いをしたとしても、相手が納得行かなければ何かの理由で無効化されてしまうでしょう。
逆に死んだキャラの蘇生についても、生き返るかどうかは死んでいる相手の判断に委ねられます。
上記の例のような"鍵を開ける"程度の話でも、開くかどうかは状況を見て、掛けた側が判断することになります。

能力が万能で有れば有るほど、不発に終わってしまうことも多く、自分としては満を持して使用したつもりでも、あっさり却下されてしまったり、期待していた結果にならないことも多々あります。
時にはその認識の齟齬で諍いの種になることも有るでしょう。
なので、こういった万能かつ詳細が不明な能力は推奨されない、と言うことになるんですね。


乱文では有りますが、ご参考頂ければ。

751 院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/07/27(金) 07:48:51 ID:jezLXi3I0
>>747>>748>>749

丁寧な返信ありがとうございます! 此方の読解力が足りなくて申し訳ないです……

予め申し上げておきたいのが、実験場での新規さんの能力はある程度『厳しめ』に鑑定している点です。
新規さんが来られるのはとても嬉しい反面、どんな方なのかなーと不安になってしまう点も大きいので、
取り敢えず何でもOKとするのが難しいのが本音です。

それを踏まえてですが、《万色の光弾》と《重なり迫る追撃》は今の感じなら大丈夫かなと思います!
相手さんに依存した能力になると思うので、寧ろ、運用していて上手くいかないかなと思う点が増えるかもしれません。
安定した攻撃手段があると、より戦闘に深みが出るかなーとも思ったりします!

そして《白紙なる願い》に関してですが、>>750さんが詳しく解説して下さってる通りです。

ただ、私の場合は少し解釈が変わるのですが、奇跡に関する範囲は対象が『自分』であればある程度は許容されると思います。
例えば、当たったら自キャラが死ぬ様な攻撃を奇跡を起こして回避する、といった具合ですね。

結局の所『運用次第』となるのですが、新規さん相手でしたら余計に、『運用次第』な能力をお任せするのは不安があります。

提案ですが、『能力』としてキャラに持たせず、『設定』とした持たせるのはどうでしょう?
ロールで使う訳ではなく、キャラの深みを増すフレーバーとしてでしたら、とても魅力的で良いと思います!

752 名無しさん :2018/07/27(金) 22:56:07 ID:6orO8Dn.0
>>750 >>751 深い考察ありがとうございます
願いが具現化するか否か、何が具現化するかやどの程度有効かも相手に委ねる形なら大丈夫……になるのでしょうか

あくまで具現化なので叶うとは限りませんし、TRPGにおける「GMからの救済措置」的な位置付けのつもりなので
"鍵の掛かった扉を開ける"ならごく普通のピッキングツールとか、鍵の手がかりのある場所を示すダウジングロッドとかになるんじゃないかなぁ
ギミックを作った人次第では不発になると思いますが(受ける側に決める権利が有る、をギミックを用意した人に適応して)
この場合はその場で出せる程度の代償ではありますが、容易に取り返せるものではありません(という体であまり頼りたくない)ので最終手段になると思います
大きさと次第によっては死ぬよりキツい代償になります(常にそのレベルという訳ではありませんが)

≪白紙なる願い≫
 七篠の願いに応じ様々なものを具現化することができる
 何が具現化されるかは七篠自身にも分からないが、意思がないことと願いを叶え得るものであることは共通している
 その代償はときには重く、小さくとも確実に支払うこととなる
 あるいは気にも止めない程度かもしれないが、余程でなければ躊躇う代償である

 具現化しても叶うとは限らず、代償が足りなければそもそも願えない


こんな具合の調整ならどうでしょうか、これで駄目なら諦めます

753 名無しさん :2018/07/27(金) 23:29:21 ID:6orO8Dn.0
>>751
範囲が『自分』ならある程度許容されるとのことですが『誰かの願いが叶うこと』を願ってしまう場合はどうすべきでしょうか
例えば相手が探し物をしていたら手がかりを与える立ち位置になれる能力ですし、相手が本当に困ってたら代償次第では七篠は支払ってしまいそうです
こういう場合は相手の中の人と相談することは当然として、他に気をつけることはあるでしょうか

754 院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/07/27(金) 23:39:03 ID:jezLXi3I0
>>752>>753

身も蓋もない話ですが、結局の所『使う人次第』ですし、『空気を読む』事が出来ていれば大丈夫とは思います!
ここまでのお話から、とても丁寧に設定を作られる方だと思いましたし、
そこまで配慮されてるのでしたら大丈夫かな、と!

『相手さん』に関わる点として大事なのは、『相手さんのしたい事』を汲み取る事かな、と思います。
例えば相手さんが探し物をしていたとして、それは今簡単に見つけていいものかどうか、という判断ですね。

もしかすると、その探し物から何か設定を発展させる予定があるのかもしれません。その辺を察する事が大事かな、と。

長々とお付き合い頂きありがとうございます! どれも練り込まれた良い能力だと思います!
正直ここまで考えはる中の方だったら、私の心配も杞憂かなと思いますが、お節介だと思って聞いてみてほしいです!

755 ◆KWGiwP6EW2 :2018/07/28(土) 00:16:23 ID:WMHqDivw0
>>752
ご一考ありがとうございました。

話を聞く限りTRPG出身者なのでしょうか?
私も元はTRPG畑の出身です。

TRPGとなりきり遊びは似ているようで、その目的が全然違うところがあり。
ルールがない分どうしても空気を読んだり、相手の意志を汲み取ったりと言うコミュニケーションが重要になってきます。

ただ、いきなりそれを完璧にやれ、と言われても難しいでしょうから、迷った時には雑談スレで質問してみたりすると良いかも知れません。

能力については、院長先生の回答の他付け足すことは有りません!


長々と読ませてすみませんでした。
ロールで出会ったらよろしくお願いします!

756 名無しさん :2018/07/28(土) 01:20:50 ID:6orO8Dn.0
>>754 >>755
お墨付きを下さりありがとうございます
習うより慣れろの精神で、でも慎重に行かせて貰おうと思います
相手の欲しい情報を察して提供するという面において未熟さを感じたので

>>755
やったことはないですがリプレイは結構見ているので、近い表現かなぁと思った次第です

未熟故に無作法があると思いますが、精進させて頂きますのでよろしくお願いします

757 ◆D2zUq282Mc :2018/07/28(土) 16:23:04 ID:qorPAiZI0
能力の鑑定の程、よろしくお願いします。

名前 沙羅=ブラッドベリ
身長 163㎝
体重 秘匿事項
年齢 不詳
出身 櫻の国と水の国のハーフ
所属 公安5課/特別対策室
肩書 特別対策室 室長補佐

沙羅=ブラッドベリに関する情報

その①
物腰穏やかで温厚な性格の女性
善良な市民や特別対策室のメンバーに対しては母性さえ感じさせるような立ち振舞いも見受けられる。

その②
【ダークグレーのスーツに、その下に黒のギャルソンベストとホワイトのシャツという着合わせ】 
【黒色の総髪に光の灯らぬ黒い双眸が特徴的な女性】

夏の時期はノーネクタイがデフォルト。
たまにパンツスーツではなくスカート+ニーハイの組み合わせの時もあるが公安5課内では不評。

シュロ曰く「歳を考えろや、クソババア」
エーリカ曰く「若作りのオバサンにはちょっとキツいんじゃない?」

沙羅自身はその組み合わせを気に入っている模様。

その③
同じ公安5課所属のシュロやエーリカは社会的に死んだ人間であるが、沙羅は医学的にも死んでいる人間である。
そんな沙羅であるが死亡した直後に、何者かによって人間ではない存在として蘇生させられた。

蘇生させた人物曰く「君は人の形をした魔導書だ。もはや人間じゃない」
加えて人の形をした魔導書として蘇生させられた際に、思考や思想を書き換えられている。

能力 Gluttony Fang

指先から魔力で作られた鎖を放つ。 
能力で作られた鎖には以下の特性がある。

1、放つだけで分銅、鞭としての役割をもつ
2、足や手に絡ませ、重みを加えることによる動きの制限
3、能力者に対して絡み付いた際の能力の出力制限

※補足
・出せる鎖の数は最大10本(両手の指の総数分)
・鎖の軌道は自在に操ることが出来る
・鎖の強度は大したものではなく、無理やり引きちぎる事は可能
・能力の出力制限を掛けることは出来るが能力そのものを封じる事は不可能

758 名無しさん :2018/07/29(日) 05:28:19 ID:6orO8Dn.0
この間の七篠にアイテムを持たせようと思うのですが鑑定お願いします

『甘味』
 ≪万色の光≫が込められおり、戦闘中やその直前に食べることで≪万色の光≫の連射効率を飛躍的に上昇させる
 効果には元となる食べ物の体積の大きさが関わる
 飲み込まないと効果がなく、2個完食で≪万色の光≫を3回使える程度
 元にするものは主にシュークリーム、他人が食べさせても何かしらの恩恵はある

飲み込むって結構時間かかるよね? それで飛躍的に上昇って元は……

『お守り』
 自動的かつ瞬間的に結界を張ることでどんなダメージであっても何度か無効化するお守り
 ≪万色の光≫を込めることで回数を増やせるが、あまり長くは留められない上に増やす程こぼれる
 『お守り』の保有量は1回分、2回を維持し続けるのすら中々の手間で3回目以降は直前準備か戦闘中

 かすり傷程度のダメージすら自動的に無効化し回数を消費してしまう

『プリズム』
 魔法やそれに類するものを何度か吸収して万色の攻撃へ変えて相手に返すアイテム
 反撃の威力は「七篠が受ける筈だったダメージ」に比例する
 割と強力なものでも普通に変換できたりするが、流石に限度はある
 回数制限も、かすり傷程度で反応して消費するのも『お守り』と同様
 魔法や超能力の類への反撃手段

 あくまで「相手の攻撃」である為に≪重なり迫る追撃≫は乗らない
 また「万色の光⊃万色の攻撃」であるが「万色の光≠万色の攻撃」
 要するに「『プリズム』で相手の攻撃を変換して『プリズム』へ込める! 魔法なんて効かないぜ!」とかは無理ということ

≪万色の光弾≫→≪万色の光≫に名称変更、直接攻撃の性能は変わらない

759 院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/07/29(日) 12:18:56 ID:azfHCc8A0
>>757
問題ないと思います!
5課の皆様口が悪いですね!

>>758
『お守り』と『プリズム』の性能が高い様に思われます。

『お守り』は拝見する限り完全防御に近い印象を受けます。
かすり傷でも自動的にとあり、恐らく意図したデメリットとして作られたと思いますが
その情報を戦闘に組み込めるのは、あくまでメタ知識を持つ『中の人』側になります。

その情報を持たないキャラにとって、初撃に限りどんな攻撃でも無効化されてしまうというのは脅威だと思います。

『プリズム』に関しては、魔法系の相手への対処法として作られたのだと思いますが、
此方も無効化し反撃という点で、魔法系のキャラにとってはかなり脅威になると思います。

この二種のアイテムですが、アイテムとして強力過ぎる点が気にかかります。

あくまでこのスレは『能力者』スレです。能力を持つキャラ達が中心となるべきです。
これらのアイテムは、防御系の能力者の立場を脅かすだけの性能を持っています、それらの能力者にとっては七篠さんが完全上位互換のキャラになるという事です。

また、もう一つお聞きしたいのが、これらのアイテムを本当に持つ必要があるのか、という点です。

恐らく戦闘になった際、『なす術なく敗北する』という状況を避けたいが為に作られたのでしょうが、
七篠さん自身が一度も戦闘していない状態で、更に強力なアイテムを追加するのは些か勇み足かと思われます。

何度か戦闘をされて、今のスペックでは足りないと思われたのでしたら、話は変わりますが
今現状で七篠さん単体の性能はスレの中でもかなり上の方にあると思います。

長文失礼しました。あくまで一個人の意見ですし、このスレを通さないと設定を出してはいけないという訳でも無いです。
キャラの設定上どうしてもこれらのアイテムが必要でしたら、出しても大丈夫とは思います。

760 ◆KWGiwP6EW2 :2018/07/29(日) 12:38:48 ID:WMHqDivw0
>>758
お守りとプリズムはかなり強力なアイテム、と言うより自身で作成・補充できることを考えてもこれはもう能力扱いで良いかと思います。

持っているだけで機能して、どんな攻撃でも防いだり跳ね返せたりするのは、単純に戦っている相手が面白くないのではないかと懸念します。
(似たようなケースですが能力者スレでは、戦闘中の再生能力が非推奨になっています。どんなダメージを受けても治る、と言うのは容易に無敵ロールに繋がってしまうからだと考えています)


攻撃手段もそうですが、基本的に相手に封殺されないようにする能力が多いように見受けられます。
しかし、封殺されない=相手を封殺する、に繋がってしまうことも有るかと。



自身の能力を魅せたい。活躍させたい、と言う願いは誰しも持つものですが、それは相手側も同じく持っています。
どうやったら自身のキャラを活躍させられるか、と言う視点の他に、
自分と戦うことで相手のその欲求を満たしてあげることが出来るか、と言う視点もこういったなりきり遊びの戦闘では重要ではないかな、と思います。


勿論相手側も、あなたの活躍させてあげられるように配慮すべきです。ご新規様が相手なら尚更。
『手も足も出ない』みたいな状況にはならないようにしてくれるはずです。


度々説教臭くて申し訳ありません。
仰っている通り、まずは習うより慣れろでロールしてみるのも良いかと思います。

後から能力の変更や追加が認められていない訳ではないので、様子を見ながら調整するのも良いのではないかと。

761 ◆KWGiwP6EW2 :2018/07/29(日) 12:40:26 ID:WMHqDivw0
>>759
あっ……長々考えてたら院長先生と被ってしまった。
すみません……

762 名無しさん :2018/07/29(日) 15:32:56 ID:6orO8Dn.0
「何、攻撃が通じない!? ……いや、この世界に完全無欠な能力など無い!」
なんて感じに攻略されたいなー、とか思ってたのですが
初見では脅威的な能力で、見破られた後も戦術的に運用できる感じにしたいなーと
(特に『お守り』は防御というより「攻め続ける」感じのアイテム)

能力をアイテムにした感じとうのは仰る通りで、アイテムであることにあまり意味は無いです
実はキャラを含めて元ネタがあるのでそれを再現した感じ(スレ向けに改造してるし性格も全然違うけど)

763 院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/07/29(日) 17:52:13 ID:SoSuQiSQ0
>>762
そういう展開は好きですし、素敵だとも思いますが、
それは本当に七篠さんのキャラでやる必要があるのかな、というのが率直な感想です。

既に三つも能力があり、そこに能力と遜色ないアイテムを三つ追加する。
果たして一人のキャラにそこまで高いスペックが必要でしょうか、万能キャラを目指しているのなら別ですが

元ネタがあるのでしたら尚更です。このスレで七篠さんの方が運用されたいのは、その元ネタまんまのキャラでしょうか?
元ネタがあるのは全然構いません。けれども、再現すべき所とそうでない所とがあると思います。

結論として私はこれらのアイテム郡を運用されるのは反対です。尤も、私の言葉にそこまで強制力はないので、
どうしても扱いたいのでしたらそのまま運用されても構いません、とだけ

764 名無しさん :2018/07/29(日) 19:25:47 ID:6orO8Dn.0
まず誤解を解く為に述べさせていただきますと
元ネタとなったキャラはここの能力者と戦うには力不足なのです

『お守り』は元ネタでも「強力な攻撃を防ぐ為のもの」ですが
能力者達がワンアクションで放つ攻撃の多くが元ネタにおける「強力な攻撃」に該当します
演出での使用が多くなることでしょう

『プリズム』は純粋な追加になりますが、これも「防御」に使える程に連発できる性能ではなく
更に≪万色の光≫や『お守り』とリソースを食い合う関係にあります

元ネタでは仲間から貰うリソースを『甘味』でテコ入れしてますが、これも使用には隙を見ないといけない

能力自体は多様ですが一つ一つの性能が低く、全てを駆使してどうにか渡り合えるようにしたのが今の形となります

自分の伝える能力の不足を自覚しながら同じ失敗を繰り返してしまい申し訳ありません
他にも理由は様々と思いますが、私の不徳が成すところと思います

765 名無しさん :2018/07/29(日) 19:48:03 ID:6orO8Dn.0
≪万色の光≫はポ○モンに例えると「2ターン溜めて出るのが威力30」で七篠の特攻も高くない
『お守り』や『プリズム』も隙を見ないといけなくて、その効果も簡単に消費してしまう
≪重なり迫る追撃≫が少し強めかなって位で他は補助にしかならないと思う

766 院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/07/29(日) 20:33:22 ID:S/DUh6T.0
>>764-765

刺々しい言い方になってしまい申し訳ないです。それに、そんなに下手に出る必要ないですよ!
鑑定する方が立場上とか、そんなの全然無いので……こんなの考えたけどどうかな? って気軽に相談できる場所と思っていただければ

んー、お聞きすればするほど、七篠さんの方と私とで認識のギャップがある様に感じますね。

どうしても『まだ七篠さんが戦闘をしていない』状態で、強化アイテムを持つ事に私は抵抗があります。
そこを何でもOKしてしまうと、元のキャラさんの鑑定が、それこそ意味がなくなってしまいます。

能力者スレの『能力者』をどの様に認識しているかは分かりませんが
存外今のままでも十分上の方にいる性能だとは思います

767 名無しさん :2018/07/29(日) 22:46:55 ID:6orO8Dn.0
>>766 その言葉ににホッとして砕けてみます

七篠 蒼というキャラのコンセプトイメージは「ごっこ遊び」だったりします(そして元ネタの作品イメージも)
つまり素のスペックはただの一般人なのです

例えば≪重なり迫る追撃≫は剣術の達人とかが持ったら非常に強い能力なんですけど
七篠はそうじゃないんですよね、能力抜きで銃弾切り払うとか絶対に無理です
対処法だってあります

≪万色の光≫も便利だけど本当の魔法使いの攻撃には遠く及ばない
そんなことはこの世界に居る幾多の本物には見抜かれてしまうでしょう

遊びの世界観を押し付けられれば話は別ですが……七篠には出来ません
一見強力な力を見せて驚かすのが限度です

そんな彼が本当に持ってる能力なんて≪白紙なる願い≫くらい
これは便利な力ですが、この世界では本当の危険性を持っています
濫用すれば廃人一直線ですよ

768 院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/07/30(月) 14:57:21 ID:SoSuQiSQ0
>>767
ええ、そんな感じで大丈夫です、肩肘張らずにで丁度いいのです

お聞きする限り七篠さんの方は、キャラ設定をきちんと練り上げてロールされる方なんだなと思いました。
身体能力や能力設定を緻密に作り上げている、そんな印象を受けます。

そうでしたら私の方からも、新しい設定に対して運用してはいけない、と言うこともできません。
きっと、そこまで含めて『七篠 蒼』というキャラクターなんだと思いますから。

一つだけ知っておいて頂きたいのは、なりきりという場が、設定を披露するだけの場では無いという事です。

設定を作り、ロールをして初めてキャラが独り立ちすると私は考えます。設定だけが練り込まれたキャラより、沢山ロールするキャラに私は魅力を感じます。

ですので、七篠さんの方に、是非たくさんロールして欲しいなと思います。長くなりましたが、この辺りで。

最後になりますが、wikiの初心者向けガイダンスをお勧めします。私よりわかり易く書いてるので、ぜひ読んでみてください

ttps://www53.atwiki.jp/nrks/sp/pages/25.html

769 名無しさん :2018/07/30(月) 22:35:06 ID:6orO8Dn.0
>>768
勿論ロールさせて頂きます、ロールをする為に能力者スレへ足を踏み入れたのですから
ちなみにガイダンスは隅から隅まで読ませて頂きましす

ついでに「やる夫で〜」シリーズのリンク切れを報告します

770 院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/08/02(木) 16:13:37 ID:wH3Jm5OI0
>>769
ご指摘ありがとうございます、ただ「やる夫が〜」シリーズの乗っていた掲示板自体が閉鎖されたので
ログのサルベージも出来ない状況なんですよね、申し訳ありません。

また、本スレでのロールありがとうございました。

771 ◆KWGiwP6EW2 :2018/08/03(金) 03:29:46 ID:WMHqDivw0
虚神絡みのイベントでのみ使用する予定の能力です。
査定をお願いします。

【能力】
擬似対抗神話 -贋造英雄-

【概要】
対INFオブジェクトのためのフレームワークである擬似対抗神話の中で一番最初に造られたプロトコル。
ゴーストライターの脚本が入る前に作成されているため、物語としての質は然程良くない。

その名の通り、認識と信仰によって存在しない英雄を創り出す試み。



【経緯】
かつて存在した数多くの遊牧民族達が自然と共に暮らす"草の国"。
文明レベルは高くなく、在るがままの生活を良しとする自然信仰が主な思想となっていた。

しかし、他の国との国交を拓いたことが仇となり、様々な近代技術が流れ込んだことにより、自然のままに生きて死ぬと言う思想は次第に侵食されていった。
中でも、若い人間達を中心にして最も流行ったのは、死や病、災害を『悪しき神』と定義し、それを打倒する人間を謳う英雄譚。
それは、自然のままに死することを否定し、運命に抗って生きると言う若き者達の叫びだったのだろう。

かくして草の国の歴史が続くにつれ、自然信仰は次第に少数派となり、多くの英雄譚が生まれ、また編纂されて行った。




■■年前。
当時は純正の"魔女狩り"部隊であったSACRILEGEは草の国に対して攻撃を加え、英雄譚を主軸とした神話が広まっている民族11万7000人を異端として草の国より消失させた。
彼らの魂を搾り出して圧縮し、一つの塊とすることで擬似的にINFオブジェクトに類似する存在を創れないか試みたのである。

だが、圧縮された彼らの信仰心が個々によって認識の統一がなされていなかったため、調整は上手く行かなかった。
そこで、拉致した部族の生き残りである、盲目の少女"ディー"にそれを埋め込み、11万7000人分の魂を背負わせることに成功。


彼女には文字通り、"盲目的に"愛する男、ギンプレーンと言う保護者がいた。
ギンプレーン自身は、既に死亡しているが、二つの意味で盲目故に彼女はそれを認知していない。
自身の中で絶対的な存在として、ギンプレーンと言う理想の英雄を創り上げ、彼女に宿った数多の魂に対して指向性を持たせ続けている。


かくして最初の擬似対抗神話。悪神を駆逐する英雄譚を軸とした"贋造英雄"が創り出された。


※ちなみに"草の国"の宗教汚染を仕組んだのもSACRILEGEであり、この信仰の搾取は気の長いマッチポンプであった。
※この事件が元になったのかどうかは定かではないがその後遠からず、草の国は急速に衰退し始め、消滅した。
※ディーはギンプレーンに連れられて他国に渡っていたため、SACRILEGEの襲撃を逃れていたが結局攫われてしまう。抵抗した際にギンプレーンは死亡した。
※本物のギンプレーンはただの奴隷商人であり、ディーは盲目故に買い手がつかなかった奴隷だった。

772 ◆KWGiwP6EW2 :2018/08/03(金) 03:31:03 ID:WMHqDivw0
>>771
【性能】
盲目の娘、ディーが創り上げた偽りの英雄。
生物としての実存と自我を持っており、人間のように活動しているが、ディーの意識の有る時にしか存在できない。

INFオブジェクトへの対抗に特化しており、都市伝説レベルの弱い神話で有るならばパワーゲームで自身の神話に取り込み強引に駆逐することが可能。
反面、神話の信仰強度で力負けすると、神話自体が汎用的過ぎるため一気に決定打を失ってしまう。
そのため虚神クラスの強大な神話には対抗できないとされ、主に出現したての神話生物や都市伝説の具現を相手に排除活動を行っていた。


・最善世界
論理的に不可能でないことは100%達成できると言う能力。
"必ず"達成できるため、この能力を使用して成した出来事は近傍可能世界において"必然の事実"として刻み込まれる。
ただし、以下の条件が前提となる。

・自身のスペックではどうやっても実現不可能なことはできない。
・他者の可能性に干渉することはできない。
・純粋な幸運には干渉することはできない。

例:
銃を撃って的の真ん中に当てる:可能
達人の剣撃を回避する:可能
銃を撃って敵に命中させる:不可能。他者の可能性は制限できない。"避け難い場所に撃つ"ことは出来てもそれを命中させるところまでは保証できない。
時速100kmで走る車から徒歩で逃げ切る:不可能。人間の走る速度、体力では達成は不可能。"車がたまたまエンストした"と言うような、他者や幸運への干渉はできない。
時速100kmで走る車のタイヤを撃ってパンクさせる:可能
ドアに掛かったロックのパスワードを当てずっぽうで当てる:不可能。パスワードを知らなければ純粋な幸運にしかならない。
ドアにパスワードを打っている人の手の動きを暗記してパスワードを割り出す:可能

元はディーが持っていた能力だが、ディー自体が脆弱な人間であるため、能力を活かせなかった。
贋造英雄とセットで使用することで、ギンプレーンに自身の能力を付与している。

能力を使っているのはディーであるため、キャパシティに限界があり、1戦闘での連続使用は3回程度が限度である。


【備考】
ディーは、ギンプレーンに盲目的な信頼を置いている。
そのため、その死を受け入れることはなく、破壊されてもすぐに復活させることが可能。
ただし、ディー自身が死ぬとギンプレーンは消滅してしまうため、その事実に気付かれると大きな不利を背負うこととなる。

773 院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/08/04(土) 11:07:32 ID:S/DUh6T.0
>>771>>772
擬似対抗神話! 素敵な設定です、ばーっちし大丈夫ですよ!!

774 名無しさん :2018/08/04(土) 15:57:58 ID:Pn/kKng.0
【名前】ランドル

【容姿】
やや濃い金髪のミディアムヘアをした17~18歳程の少年。
顔立ちはやや幼さを残しながらも凛々しく整った男のもの。
中世風の衣装と腕や脚のみの軽装鎧を身に纏い騎士、もしくは騎士見習いのような雰囲気を醸し出している。所謂グラブル風。

【能力】

・天賦の五体
生まれながらにして常人とは一線を画した肉体を有している。これは「究極の騎士」を作り出すと言う名目の下に行われた数々の人体実験の賜物であり、母胎に洗礼と方陣を施すことで製造された。
素手で金属を捻じ曲げる、短刀や拳銃であれば受け止める、トラックを押しとどめると言った人間離れした技を見せる。言うなれば身体能力強化と物理防御力向上の複合スキル。
しかし、ただ単に「とても頑健」と言うだけの特性である為、高火力の現代兵器や炎、雷などの前ではその鉄壁ぶりにも影が落ちる。

・いずれ熾る不滅の神聖(デュランダル)
彼が持つ一振りの長剣(ロングソード)。刃に豪奢な装飾などは施されていないが、鍔に刻まれた細緻な彫刻や所々に散りばめられた金細工など、決して凡百の代物では無いことを如実に表している。
柄には四つの聖遺物が納められており、通常の武装ではあり得ない程の神聖を帯びている。これにより悪魔や魔物から、果ては邪な者に対して通用する強力な特効力を有する。
また、穢れなき刃は決して傷つくことがない。言わば「不滅」の特性を持っており、例え対象を斬れなかったとしてもこちらの刃が欠けることは無い。
なお、この剣は聖剣の例に漏れず「剣が持ち主を選定」する。少年は未だ完全な主として認められた存在ではなく、引き出せる力は三割程度だと言う。

【性格】
誠実で勇敢、実直で青臭いと物語の騎士をそのまま引っ張り出して来たかのような性格。
あくまでそれらは人工的に設定されたものであり、一度ヒビが入ればバグを起こしたコンピュータのように崩壊する危険性も秘めている。

【戦闘方法】
人間離れした膂力と手にした剣による白刃戦を主とする。基本的には近接戦闘のみになるが、剣に内包された霊力によって連射は出来ないが剣撃を飛ばすことが出来る。

【備考】
とある「消滅させられた世界」から流出した異分子存在。本来この世界とは関係が無い筈の漂流者(ストレンジャー)である。
本来彼がいた世界では「いずれ聖騎士となる存在」として製造され、そのように育てられていた。しかし、世界その物の要因と外的要因によって世界の可能性が頓挫、結果的に彼の世界は終焉を迎えることとなる。
彼もまた「無かったこと」になる筈だったが、何の偶然かこちらの世界に流れ出ることで消滅を逃れた。
その後、自身のいた世界の消滅、大勢を守る存在として育てられたにも関わらずそれを為せなかったことを抱えながら、事の真相を探る為にこの世界を放浪している。

/新規参加希望なのですがこのようなキャラで大丈夫でしょうか……?

775 院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/08/04(土) 16:32:42 ID:S/DUh6T.0
>>774
新規さんいらっしゃいませ! よろしくお願いします!
とーってもよく練られた設定でワクワクしながら読ませていただきました! 設定はめちゃくちゃ大丈夫だと思います!

一つ気になるとすれば天賦の五体の性能がやや高めなので、『具体的に』記述するより、『抽象的に』とても頑強だけで良いと思います。

能力の上限も下限もぼかした方が運用にあたって便利かなと思います、相手さん次第である程度性能を上下できるので!

776 名無しさん :2018/08/04(土) 20:25:59 ID:Pn/kKng.0
>>775
ありがとうございます!では二行目の具体的な表現は削除、頑健な肉体と膂力を持っている、程度に書き換えておきます

777 名無しさん :2018/08/05(日) 08:47:51 ID:z0YEX0VM0
「お手合わせ願おうか」

【名前】
 権兵衛

【容姿】
 白装束、後ろ手に括った黒髪。二十代前半ほどに見える。
 中世的な顔・体付きで、男か女かはわからない。
 
【性格】
 表面上は穏やかに振舞うが、その本質は鎬を削るような死闘の中で「生」を見出す破綻者。
 流派や得物に頓着はなく、強者との試合をただ望む。

【戦闘方法】
 我流剣術。
 その身体能力は人であるのか疑わしい領域に達しており、これを最大の武器とする。豊富な戦闘経験に由来した情報判断能力も高い。
 追い詰められると能力を開放する。

【能力】
≪一刀両断≫
 彼が手にする唯一の「異能」。その正体は「剣戟から放たれる衝撃波」。
 単純にして明快な技だが威力は絶大。広範囲を薙ぎ払うため射程距離も目を見張るものがある。
 彼の必殺技にして完成された一撃だが、魔力の消費が極めて激しく一度の戦闘で一度しか撃てない。

≪二刀断滅≫
 既に使い果たした魔力を生命力で賄い、もう一度≪一刀両断≫を放つ。
 その威力は一撃目の≪一刀両断≫さえ遥かに凌ぐものの、攻撃の成否に関わらず使用者は死亡する。

【所持品】
≪無銘刀≫
 銘の刻まれていない刀。何があっても絶対に折れず、刃毀れせず、切れ味を保ち続ける。

【備考】
 「権兵衛」は剣客としての名。彼(あるいは彼女)に「本名」と呼べるものはない。

/新規参加希望です。こんな感じで大丈夫でしょうか。

778 院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/08/05(日) 09:48:37 ID:S/DUh6T.0
>>777
新規さんようこそいらっしゃいませ! 来てくださって嬉しいです!

剣術を活かしたクールなキャラ設定だと思います! バチバチの近接戦闘は中の人も好きなので、手合わせ出来るのが楽しみだと思いました!

基本設定に関しては大丈夫です。『高い身体能力を活かした我流剣術』が一番の軸になると思いますが
戦闘相手の方のキャラ性能に合わせて、中の方が調整できるとベストです! 文字通り『鎬を削る』戦闘も出来ると思います!

後者の二つの《異能》については、それぞれ注意点があります!

一つ目の《一刀両断》ですが、此方は文字通りの『必殺技』になってしまわない様に注意が必要です。
使用者にとっては『一度の戦闘で一度しか撃てない』としても、受ける相手のキャラにとってはそうではありません。
回避されたり、普通に受け流されたりするかもしれません。強力な一撃故に、キャラが死ぬのを避けたいと思う方もいるでしょうし

簡潔に言えば『一撃で倒せない』事も多々あると思います。それを予め了承して頂けると幸いです。

二つ目の《二刀断滅》ですが、使用=キャラの死亡となるのは中々運用が難しいんじゃないかなと思います。
権兵衛さんの方はキャラの奥の手として考えていると思いますが、上述した様に、
自分にとっては大きな意味を持つ攻撃でも、必ず相手に通る訳ではないという事を認識していただきたいです。

設定に関しては問題ないですが、全体的に運用にあたって注意が必要という印象でした。このままスレに出して大丈夫とは思いますが、もしかすると調整が必要かもしれません!

長々と失礼しました!

779 名無しさん :2018/08/05(日) 10:27:28 ID:z0YEX0VM0
>>778
ありがとうございます。

一刀両断についてはRPの後半に盛り上がりが欲しいということで追加した技なので防御の可能性については大丈夫です。
大技に対して「ぶつけた」「凌がれた」というRPができればそれで十分だと思っています。手応えのある戦闘さえできれば満足というキャラなので、生死にも大して拘るつもりはない感じです。
二刀断滅についても、キャラを死なせる際、最後に一花咲かせて散らせたいという程度のものなので基本的に基本使う予定はなかったりします。

ただ、こちらの雰囲気を掴むまでは色々と粗相をしてしまうかもしれません。
お手数ですが、その際はご指摘の程をよろしくお願いします。

重ねて、添削ありがとうございました。

780 院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/08/05(日) 11:13:41 ID:S/DUh6T.0
>>779
いえいえ、丁寧な返信ありがとうございます!
こちらこそよろしくお願いします!

そしてもし宜しければお試しロールでもどうでしょうか!

781 名無しさん :2018/08/05(日) 11:36:55 ID:z0YEX0VM0
>>780
お誘い大変嬉しく存じ上げますが、本日は都合につき実際のRPは難しい状態です。
大変残念ですが次の機会とさせてください。本スレでお目にかかれる日を心待ちにしております。
よろしくお願いします。

782 院長中身 ◆zO7JlnSovk :2018/08/05(日) 11:43:50 ID:S/DUh6T.0
>>781
あれま! 了解です!
それではまたロールできる日を楽しみにしてますー


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ふともも写真館 制服写真部 - ゆりあ


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa