したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が1スレッドの最大レス数(1000件)を超えています。残念ながら投稿することができません。

( ^ω^)ひたすら嘘予告をしていくようです

1 名も無きAAのようです :2013/01/04(金) 11:30:34 ID:WAZwdZK.0

映画の予告みたいなのを、ひたすら書きなぐるスレ。
嘘だよ。嘘だからね。投下はされないよ。
でも誰かがネタを拾って書いてくれるかもしれないね。
そうなれば嬉しいね。でもそんなケースは全然ないんだね。


m9( ^ω^)m9 嘘ついちゃいなよYOU



前スレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/13029/1313251527/

別掲示板スレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/sports/37256/1291284650/

2 名も無きAAのようです :2013/01/04(金) 11:43:04 ID:sTdPYGIoO
>>1
乙!

さて、俺が書いた10個以上の嘘予告を作品にする仕事が始まるぜ・・・

3 名も無きAAのようです :2013/01/04(金) 12:36:00 ID:heLogK9s0
>>1乙!
1000ナイスだな
読む作品が増えるぞ!

4 名も無きAAのようです :2013/01/04(金) 13:11:31 ID:R5icnbhk0
カタリ......カタリ......

君が手を叩き僕を呼ぶ

カタリ......カタリ......

僕の歯車はそれに反応して君のところへと歩いていく

カタリ......カタリ......

でも僕の足は遅いから

カタリ......カタリ......

僕が辿り着くときには君はもういなかった

カタリ......カタリ......ガチッ

あ、またネジが切れてしまった

今日はここまでのようだ

おやすみ

明日こそ会えますように......

5 名も無きAAのようです :2013/01/04(金) 13:12:13 ID:R5icnbhk0
............
......
...

( ^ω^)「......またあの夢かお」


夏休みに入ってから毎晩のようにみる、謎の夢。
機械仕掛けの少年が雪の中、誰かを探し求め歩く夢。
決して悪夢ではない。
しかし楽しい夢でもない。
なんとなく鼻の奥がツンとするような夢。


( ^ω^)「......君は一体誰なんだお?」


夢の向こうにいる、機械仕掛けの少年に僕は尋ねる。
答えはあるはずがない。
窓の外を見ると、そこは雪の気配すらない夏景色。
半袖短パンの僕の体には玉のような汗が流れていた。
汗を袖で拭いながら時間を確認する。
約束の時間までは、まだある。
だが、他にやることもない。

6 名も無きAAのようです :2013/01/04(金) 13:13:01 ID:R5icnbhk0
( ^ω^)「......となれば、行くかお!いざ決戦の地へ!」


僕は部屋にあった金属バットを握りしめ、近所の遊び場へと向かう。
あそこに、みんなが待っている。
今日こそ野球部のモナーの球を打ってやると心に決め、自転車に股がる。
倉庫にしまってあった自転車はひんやりとし思わず抱き締めたくなるような感覚を覚えた。


( ^ω^)「さ、いくお!」


目一杯力をこめ、ペダルを漕ぐ。
僕の足の力は歯車の回転へと変わり、チェーンの回転へと変わり、そしてタイヤへと伝わっていく。

カタリ......カタリ......

錆び付いた歯車の音が町に響き出す。
今日は八月一日。
夏休みの絶頂期。
だから僕は考えもしなかった。
八月の、この夏一番の暑さを記録したこの日に。
冬の、雪と氷の世界の記憶を探しにいくなんてことになるなんて。
雪の中の知らない少女のために、僕が世界の歯車になるなんて。
誰も知りはしなかった。

カタリ......カタリ......ガチッ

歯車が止まる。
まるで凍りついたかのように。
まるでネジが切れた人形のように。

7 名も無きAAのようです :2013/01/04(金) 13:13:48 ID:R5icnbhk0
─────踏み切りの、ど真ん中で。


( ^ω^)「......え?」


プアアァァァァァァ!!!


──────グシャッ


この日を境に僕は、この《夏》の世界から僕が姿を消すなんて、誰も分かりはしなかった。





( ^ω^)は凍りついた歯車を回すようです

そもそも自分でも設定が意味不明になったから公開できません

8 名も無きAAのようです :2013/01/04(金) 19:02:58 ID:yiuMcllQ0
>>1

9 名も無きAAのようです :2013/01/04(金) 21:29:24 ID:dFCBuTYsO
私は、テレビに育てられた。
そういったってちっとも言い過ぎじゃないくらい、小さい頃からテレビの前は私の定位置だった。

川д川

明日も私は一人でここに座るんだろう。明後日も一人で私はブラウン管を見つめるんだろう。
そう、当然のように思っていたけれど。

川;д川「や、いや、やめてっ、怖いっ…」

(  ∀ )「…ふふんっ」

それは多分、甘過ぎたんだと思う。


川д川 ビデオに呪われるようです


くらい部屋、うずくまる私は、眩しく照らされている。

10 名も無きAAのようです :2013/01/04(金) 21:32:18 ID:dFCBuTYsO
貞子3Dが予想以上にアレだったのと自分の文章力を痛感したのとで作成中止したやつ

11 名も無きAAのようです :2013/01/05(土) 03:38:10 ID:abf3Kqzw0



ホライゾン領地の最北端に、村が一つある

異常気象、他国からの侵略、作物の不作といった数々の危機に直面しながらも、決して滅びることの無かった村


北の大地の気候に由来し、『クール』と名づけられたその村は





『ホライゾン王国最強の兵士』が、生まれ育った故郷である

12 名も無きAAのようです :2013/01/05(土) 03:39:09 ID:abf3Kqzw0
1xxx7年

超巨大王国『V・I・P』、50万の兵を率いてホライゾン王国に進軍

ホライゾン領地最北端を経由し、ホライゾン王都へと侵略

この報を得たホライゾン国王は、兵を起こし迎撃の準備を行う

その為に要した時間は、およそ三日間



クール村には、避難勧告がなされた

50万の大軍を前にしては、村の滅亡は必至

村人だけでも逃げて欲しいとの、国王の願いであった


だが、この村の住人は、誰一人として逃げようとはしなかった


|(●),  、(●)、|「迎え撃つぞ同士諸君、VIPのクソどもを一人残らずぶち殺す」


『戦争』を、決意したのであった

13 名も無きAAのようです :2013/01/05(土) 03:40:48 ID:abf3Kqzw0
50万の兵力を迎え撃つのは、たった300人の村人たち

 _、_
( ,_ノ` )y━・~「悪かねえ、老いぼれの死に場所としちゃあな・・・」


百戦錬磨の老兵


( ゚∋゚)「ぶァい!!矛の斬れ、良し!!」


矛術の達人


|::━◎┥「…」


元処刑人


( <●><●>)「千里眼は伊達じゃありません、弓の腕はその次です」


弓の名手


|(●),  、(●)、|「弱きものが強きものを喰う、その瞬間がたまらねえ」


かつて、将軍として名を馳せた男


そして

14 名も無きAAのようです :2013/01/05(土) 03:49:06 ID:abf3Kqzw0
川 ゚ -゚)「同士諸君、気力は充分か?」


二対の鉈と手斧を得物とし


川 ゚ -゚)「敵は50万の大軍だ。それに対し我らは僅か300人」


黒馬に跨り戦陣を駆け


川 ゚ -゚)「はっきり言って絶望戦だ。勝つ見込みなど無い」


敵の首を狩り、嗤う『少女』


川 ゚∀゚)「昂ぶるよなぁッ!!野郎共ォォォーッ!!」


彼女は『クール』

強き者か集うこの村で、最強に値する者だけが受け賜わる、誇り高き名を持つ少女


これは、後にホライゾン最強の兵士となる彼女の、初陣の物語である

15 名も無きAAのようです :2013/01/05(土) 03:49:53 ID:abf3Kqzw0





川 ゚ -゚)「全軍に告ぐ!!」のようです




.

キングダムが最終回を迎えたら公開

16 名も無きAAのようです :2013/01/05(土) 10:51:11 ID:DWPws8xA0
『恋愛禁止』
私はその校則に惹かれてこの高校に入った。
そのはずだったのに─────

('、`*川「あら、校則には『不純異性交遊の禁止』としか書いていなかった筈だけど?」

川# ゚ -゚)「そんな言葉遊びはいらん!風紀を守る為の校則だろうが!」

─────実際は、薔薇と百合の咲き乱れる腐った花園だった

(,,゚Д゚)「こいつは俺の奴隷だ。手ェ出すのはやめてもらおうか」

(  ω )「すみませんお。クーさん。たとえ貴女でもご主人様の命令には……」

川 ゚ -゚)「……そうか。私も君だからといって容赦はしない!」

─────心を通じ合った少年との対立

ζ(゚ー゚*ζ「ふふふ。クーちゃんお久しぶりぃ」

川# - )「やはり、貴様だったか……デレ!」

─────黒幕の存在

川 ゚ -゚)『異性愛が不純?結構じゃないか。純粋であろうとなんであろうと私は同性愛は嫌いだ』

川 ゚ -゚)『貴様たちは同性の変態に襲われた事はあるか?好きでもない女に辱められた事があるのか?』

川 ゚ -゚)『私は、ここの生徒がどうなろうと構わん。しかし、私の命にかえても成し遂げたい事がある』

─────川 ゚ -゚)『薔薇も百合も枯れてしまえ』のようです

今後半年間同性愛関連のブーン系作品が投下されなかったら公開

17 名も無きAAのようです :2013/01/05(土) 20:33:15 ID:YeEfQhyw0
これは、とある世界においての戦いの物語――――



(#^ω^)「たった一人の人間が、すべての世界を… すべての命を牛耳ろうだなんて、おこがましいにも程があるおッ!」

('A`)「俺は特に、世界を救いたいだなんて考えちゃいないけどな…
    でも、誰かが敷いたレールの上を歩くような事はしたくないね! 例えそれが恵まれた道であっても!」

(´-ω-`)「僕には前線に立って、道を切り開いていくような力はないけれど…」
(´・ω・`)「君たちが戦うための『力』を造りだすことができる。 これが僕の戦いだ」

ξ゚⊿゚)ξ「私は知らなかった。 この世界が作られ、管理された箱庭世界だってことにね。 でも知った。 だから戦う。
      あんたたちみたいなのに『私』は管理させない!」


―――― 『鍵』を得、世界を統べる神となる事を目論む者達。

爪'ー`)y‐「さあ、始めよう。 世界を得る為の計画を―――!」

( ゚∀゚)「俺ぁただなぁ… こうして戦っていられりゃそれでいいんだよッ!」

( ^Д^)「次の目的地はココだな! … 存分にかき乱して来い!」

18 名も無きAAのようです :2013/01/05(土) 20:34:18 ID:YeEfQhyw0

彼らは戦う。 「モビルスーツ」と呼ばれる兵器を駆って。

(#'A`)「光の… シャイニングフィンガーァァァァァァ!!!!」

ξ゚⊿【+】「どんなに逃げ回ったって… 逃がさないわよ!」

(;´・ω・`)「僕だって、引き金を引くくらい…!」

( ゚∀゚)「おらおらどうしたぁッ! もっと楽しませて見せろよぉぉぉぉ!!」

<ヽ`∀´>「ウェーッハッハッハ、このスピードについてこれるニダかッ!?」

爪'−`)「私自らに葬り去られる事を、誇りに思うがいい!」

( ω )「お前は何もわかっちゃいないんだお。 管理された世界、管理された人々…
     そんなものは、何一つ創造することなく消えていくだけなんだってことを…!」

(#^ω^)「僕の想いに応えろッ! ファンネルッ!!」

19 名も無きAAのようです :2013/01/05(土) 20:35:10 ID:YeEfQhyw0

世界を創造し、管理する『鍵』 ジェネレーション・システムをめぐる戦いが今、始まろうとしている――――

《ハルファスガンダムを追い、ワールドシグナルを止めるのです―――!》



( ^ω^) Gジェネレーション・ブーンのようです



※Gジェネオーバーワールドフルコンプ達成で執筆開始するかも

20 EDF隊員 :2013/01/05(土) 22:54:14 ID:nZUGhAlE0
2013年 宇宙からの電波を受信、地球外生命体の存在が確認される

2015年 有事にそなえ、人類は連合地球軍“EDF”を結成

しかし、彼らは信じていた

宇宙からやってくる異邦人

彼らは、思慮と博愛にあふれた賢者であると

対話こそ、彼らを迎える唯一の手段であると

2017年のその日が来るまでは・・・・・・

〜引用ここまで〜

21 EDF隊員 :2013/01/05(土) 22:55:06 ID:nZUGhAlE0
「見ろ!あれは何だ!?」

「信じられません!
 市街地上空に巨大な飛行物体が浮かんでいます! まるでSF映画のような光景です!
 地球外からの訪問者、政府は彼らを『VIPPER』と呼称。 現在VIPPERへの呼びかけが行なわれています。
 彼らは友好的な隣人なのでしょうか? それとも……」

空を覆う異邦の船の影に、それまで熱狂で湧いていた人々が不安を露わにした。

22 EDF隊員 :2013/01/05(土) 22:55:59 ID:nZUGhAlE0
『驚くべき事態です。市街地上空に、地球外生命体のものと思われる宇宙船が出現しました。空をおおうような大船団です。現在、交渉の準備が進められていますが、万一にそなえ、レンジャーチーム、ストームチームは、配置についてください。』

モニターに表示された空の映像、そしてオペレーターの声が淡々と流れていく。
揺れる。装甲車の中は快適とは言えなかったが、確実に自身の持ち場へと近づいていく。
一時は渋滞が予想されていたがそれを見越した政府によって前もって装甲車両のルートは確保されていた。
ドクオが煙草に美味そうに吸い付き、煙を吐き出した。
煙が顔にかかる。若干迷惑そうに彼を睨むとワリィ、と煙草を灰皿に押し付けた。ショボンが苦笑しながらそれを見ていた。

(`・ω・´)「お前ら、ここは遊園地じゃないぞ! 気を引き締めていけ!」

( ^Д^)「隊長、大げさっすよ。何も宇宙人と戦うわけじゃないんだし」

('A`)「プギャーの言うとおりだぜ。煙草くらい吸わせろ」

シャキン隊長の叱咤に対し、プギャーが言った。
ドクオもそれに便乗して煙草をケースからもう一本取り出すと、点火。
また煙を吐き始めた。

( ^ω^)「煙いお……」

('A`)「ワリワリ、煙をそっちにいかないようにするから我慢してくれよ」

(´・ω・`)「今度はこっちが煙い……」

どうやらこの男から煙草を取り上げるのは無理そうだ。

23 EDF隊員 :2013/01/05(土) 22:56:55 ID:nZUGhAlE0
装甲車両のハッチが開き、天を仰ぐ。
銀色のそれは太陽の光を反射、思わず目を腕で覆い、驚愕した。

( ^ω^)「まじかお……」

('A`)「円盤が浮いてやがる……」

(´・ω・`)「信じられない……なんて光景だ」

空を覆い尽くす異邦の船。銀色の一際巨大な球体状の飛行物体を中心に銀色の円盤がそれを守るように浮かんでいる。
CGでも何でもない、実写だ。
狼狽えているのは何も自分だけじゃない。
周りのストームチーム隊員も皆同じように顔を上げている。

本部『総員、配置に着け!』

通信機から厳めしい男の声。EDF本部の司令官だ。
その声にハッとし、隊長格の男が一喝。続いて隊員も声を張り上げる。

(`・ω・´)「こちらストーム1。了解!」
(`・ω・´)「訓練じゃないぞ! 続け!」
( ^ω^)('A`)「Yes, Sir!」(´・ω・`)( ^Д^)

ストーム隊の面々が声を上げ、気を引き締める。
ライフルの持ち手を強く握りしめる。
何も心配はない。客人を歓迎するための護衛。ただそれだけだ。このまま何事もなく友好的な関係を……。
EDF構想のもたらした根拠のない願望は一瞬にして打ち砕かれた。

24 EDF隊員 :2013/01/05(土) 22:58:01 ID:nZUGhAlE0
隊員『こちらレンジャー4。きょ、巨大生物です! 巨大生物を発見!』
本部『レンジャー4。巨大生物とは何か?』
隊員『昆虫です! 大きな昆虫です! こっちへ来ます! 撃て! 撃てぇ!』
隊員「こちらレンジャー4。現在巨大生物と交戦中! 応援を要請します!」
本部「こちら本部。了解した」


無線通信に声。レンジャーチームの悲痛な声が発せられ、最後は銃撃音で締めくくられた。
意味が分からないといった顔でストームチームの面々は顔を見合わせるが、その答えはすぐにわかった。

( ^Д^)「おい、あれを見ろ……」
('A`)「地平線が動いてやがる……」

隊員の一人が指した、その方向には蠢く黒い線。
否、違う。あれは――。

( ^ω^)「蟻……巨大な蟻の大行進だお!」

蟻だった。
地平線を埋め尽くす影の正体は巨大な蟻。
遠くで逃げ惑う市民たちを襲っている。

本部「本部よりストームチームへ。レンジャー4が巨大生物と交戦中だ、直ちに救援に向かえ。」
( ・∀・)「こちらストーム2。巨大生物とは何か?」
本部「こちら本部。敵の正体は不明。繰り返す。敵の正体は不明」

奥で逃げ惑っていた一般市民の一人を、巨大蟻の強靭な顎に捕えた。
そして、蟻が男性を上へ掲げたかと思うと、その胴を噛み砕いた。
砕け散る男性の体。鮮血が道路を赤く染めた。

その瞬間、一同は覚醒した。
――殺した。命を奪われる様を目の前で見せつけられた。

今まで味わったことのなかった恐怖が襲う。その恐怖に駆り立てられるまま、ライフルを虫目掛けて構えた。

( ・∀・)「レンジャー4の救援に向かう。着いて来い!」
( ^ω^)('A`)(´・ω・`)( ^Д^)(`・ω・´)「Yes Sir!」他

25 EDF隊員 :2013/01/05(土) 22:58:45 ID:nZUGhAlE0
( ^Д^)「昆虫キモォォオス!!」

(`・ω・´)「怯むな! 突撃せよ!」

( ・∀・)「いけいけええええええええ!」

「うおおおおおおお!」

ストーム1、2の隊長を先頭に進んでいく。
一歩進むごとに、確実に死地へと近づいていく。
見渡す限りの蟻、蟻、蟻。
蟻だらけだ。黒い光沢を持った蟻たちがこちらへ迫ってくる。

(`・ω・´)「ふぁ、ファイヤーー!」

( ・∀・)「撃って撃って撃ちまくれ!」

「了解!」

ライフルから放たれた銃弾が巨大黒蟻に突き刺さる。
複数の銃口から放たれた銃弾は蟻に突き刺さり、動かなくした。

('A`)「効いてるっ! 効いてるぞ!」

(´・ω・`)「撃て撃てーっ!」

EDFが使っているのはAF14ライフル、外見こそはM16のままだが、その実、性能はそれを大きく上回る怪物。
走りながらでも精密な射撃を可能にし、弾倉一つにつき120発の弾丸。
既存のライフル銃など物ともしないその性能を、AF14ライフルは遺憾なく発揮した。
鉄板でも容易に打ち抜く威力を受け、蟻たちは次々と動きを止めていく。

26 EDF隊員 :2013/01/05(土) 23:00:50 ID:nZUGhAlE0
( ^Д^)「で、でかい……!」

( ^ω^)「こ、こいつら撃っても撃っても減らないお!」

気付けば弱音の声が次々と隊員たちの口から漏れ出していた。
カチリ、ライフルの引き金を引いたが銃口から弾は飛び出さない。

( ^ω^)「た、弾切れかお!」

1弾倉につき120発の弾丸を撃てるといってもそれをフルバーストで撃ちつづけていたら弾は切れる。
半ばパニックに陥りながらも新しい弾倉を出し、装填。
恐怖に突き動かされるまま、銃口を再び前へ向けた。


――キチキチキチ。


横から不快音。まるで鋏と鋏をかち合せている様な……。
恐る恐る、ゆっくりと顔を横へ向けた。

――キチキチキチ。

(  °ω°)「お、お、お……」

死神が、首をもたげていた。キチキチとその強靭な顎を噛みあわせながら、ゆっくりと死神が近づいてくる。


(  °ω°)「サンダー―――――――――――――――!」

27 EDF隊員 :2013/01/05(土) 23:05:35 ID:nZUGhAlE0
('A`)「俺たちを……人類を舐めるなあああああああ!」

( ^Д^)「地獄で待ってるぜ、戦友」

(`・ω・´)「これよりストームチームの指揮権をお前に預ける……EDFに栄光を……っ!」

28 頭痛がやべえ・・・ :2013/01/05(土) 23:11:33 ID:nZUGhAlE0
(   ω )「皆……すまないお」

友の屍を踏み越えて、EDFは往く。

決して敗北は許されない。友のために、明日のために。

空を、地表を覆う絶望に、彼らは立ち向かう。

敵のマザーシップ、絶望の権下を、一筋の希望が貫く。

29 頭痛がやべえ・・・ :2013/01/05(土) 23:13:23 ID:nZUGhAlE0
( ^ω^)「宇宙に帰れおおおおおおおおおおおおお!」



――( ^ω^)達は地球防衛軍のようです――

2013年、電波を受信したら投下開始。

30 名も無きAAのようです :2013/01/06(日) 13:55:36 ID:Ls2ICzH.0

( ´_ゝ`)「母者から家を追い出されたわけだが…」

( ´_ゝ`)「さあ、今日からどうしたものか」

(´<_` )「流石に25歳にもなってニートはダメだったか」

( ´_ゝ`)「むしろこの年までニートさせてもらってたことが奇跡だよな」

(´<_` )「だな」

( ´_ゝ`)「まじでどうしようか」

(´<_` )「所持金も二人合わせて五万円」

( ´_ゝ`)「せめて十万はほしかった」

(´<_` )「働こうにも働く気力がない」

( ´_ゝ`)「何か金を稼げるかって言われると…」

 ('A`))

( ´_ゝ`)

('A`))

( ´_ゝ`)「やっべ、良いこと思いついた」

31 名も無きAAのようです :2013/01/06(日) 13:56:31 ID:Ls2ICzH.0



( ´_ゝ`)
流石 兄者 25歳 ニート歴7年

                        (´<_` )
               流石 弟者 25歳 ニート歴3年




     二人の特技    




              "妖怪と話せる"

32 名も無きAAのようです :2013/01/06(日) 13:58:59 ID:Ls2ICzH.0



生きてくために選んだ道。




    それは
 

           『 妖怪専門お悩み相談 』








 日本各地の妖怪を助け、謝礼をもらう。

そんな二人の珍道中。



             ( ´_ゝ`)妖怪専門お悩み相談、承ります(´<_` ) 


  現行終わって余裕があれば公開するとかしないとか。
   妖怪多すぎて多分無理。

33 名も無きAAのようです :2013/01/06(日) 14:05:43 ID:HJqCgSy.0
>>32
すげー面白そう
読みてえ

34 名も無きAAのようです :2013/01/06(日) 15:02:27 ID:7fpr/B9U0
>>11,30
誤爆だよな?
はよ

35 名も無きAAのようです :2013/01/06(日) 15:17:53 ID:bmXGGnHk0
地球防衛軍大好き!早く電波受信しないかなあ

36 ◆Dl8RDFPb.U :2013/01/07(月) 02:12:04 ID:tZfAhSv.0
イナゴ:イナゴは直翅目・バッタ亜目・イナゴ科に属するバッタ類の総称。日本では稲を食べる害虫であると同時に水田から得られる貴重なタンパク質として食用にされている。
    時として大発生し、多大は被害を出す(蝗害) Wikipediaより抜粋

37 ◆Dl8RDFPb.U :2013/01/07(月) 02:12:46 ID:tZfAhSv.0
(,,゚Д゚)「イナゴたぁ…またぴったりな名前だな」

突如宇宙から飛来した、巨大な逆ピラミッド型の物質群。
それらは、なんの躊躇もなく、なんの前触れもなく、文字通り"陸地を食い始めた"
反重力のような不可思議な力を用いて大地を喰らい尽くしていく様は、まさにたわわに稲穂を実らせた水田に群がるイナゴのようだった。

もちろん人類がこれを親指咥えて見ているわけもない、即座に対イナゴ部隊が発足し、撃破に当たった。
最初は何の苦もなく浮遊物体を次々落とし、数千規模で展開していたそれらも数ヶ月で全滅するかと思われた。…しかし


( ∴) ∴) ∴) ∴) ∴) ∴) ∴) ∴) ∴) ∴) ヌンヌンヌン…

( ;^Д^)「な、なんだこいつら!ぐえわっ!?」


今までの沈黙が一転、突如として謎の兵隊を繰り出し反撃に移るイナゴ軍
戦闘機では勝ち目がない。対イナゴ部隊は、浮遊物体へ上陸し内部破壊作戦に移る。

38 ◆Dl8RDFPb.U :2013/01/07(月) 02:13:31 ID:tZfAhSv.0
( ^ω^)「…隊長、生体反応が」

(,,゚Д゚)「何?」

そこで彼らは出会う

从  ∀从

(;・∀・)「これは…人間?」

(;^ω^)「吸われてしまった人なのかお…?とても生きてるようには…」

(;゚Д゚)「…っ!モララー!ブーン!後ろだ!」

|::━◎┥「――――――――ィィ」

この戦争を左右する

从  ∀从

从 ゚∀从カッ

一人の…「金属」に

39 ◆Dl8RDFPb.U :2013/01/07(月) 02:15:06 ID:tZfAhSv.0


从 ゚∀从LivingMetalsのようです


実は( ^ω^)メイノウワカキのようですより先に設定は出来てたっていうね
でも本編が書けない、ラストの盛り上がりは思いついてるのに書いてない、メイノウワカキすらラストどうするか考えてないのにどうしてこうなった

40 名も無きAAのようです :2013/01/10(木) 00:35:36 ID:bA6Aejh60

日本標準時・西暦2013年6月28日、午後6時27分。


   グ  ラ  ッ  ・・・


日本全国を、原因不明の『地震』が襲った。

後に、この時、通常の地震のような震源や初期微動が存在せず、日本全土で均一の『揺れ』が観測されていたことが確認されている。


(´・ω・`)「ん? 地震か? 少し大きいな……。震源はどこかな。被害などが出てなければいいが」

(´・ω・`)「さて、今日はもう公務は無かったかな。公邸に帰るとしよう」


(´・ω・`)【政権与党『VIP党』総裁・日本国内閣総理大臣:諸本ショボン】

.

41 名も無きAAのようです :2013/01/10(木) 00:37:11 ID:bA6Aejh60

バタバタバタ

(;・∀・)「総理! お耳を……!!」

(´・ω・`)「どうしたんだね。君は?」

(;・∀・)「内閣情報調査室の茂羅モララーです。すぐに総理にお伝えすることが……!!」

(´・ω・`)「ふむ? …………。……なんだって?」

(´・ω・`)「諸外国との通信が?」


『揺れ』と同時に、日本国外とのあらゆる通信が途絶。

海底光ファイバーケーブル・電離層反射を用いた短波通信・衛星通信などの一切の交信手段が使用不能となる。


(´・ω・`)「判った。素直君」

川 ゚ -゚)「はい、総理」

(´・ω・`)「直ちに全閣僚を官邸に召集。通信技術の専門家も招聘しなさい。それと自衛隊の各幕僚長もだ」

川 ゚ -゚)「承知しました」

(´・ω・`)「それと自衛隊各方面隊に通達。可能な限り速やかに戦闘機を緊急発進させること」

川 ゚ -゚)「はい」


同日午後7時02分、緊急閣僚会議召集。同時に首相を委員長とする臨時対策委員会を設置。


( ・∀・)【内閣官房内閣情報調査室所属・内閣情報分析官:茂羅モララー】

川 ゚ -゚)【諸本議員公設第一秘書:素直クール】

.

42 名も無きAAのようです :2013/01/10(木) 00:39:12 ID:bA6Aejh60

( ・∀・)「では、現在までに判明している『事実』を申し上げます」

( ・∀・)「現在、日本国外――日本を除く全世界は、100年前……1913年6月28日の状態にあります」

(;;´・ω・`)「…………なんだって?」

( ・∀・)「自衛隊機が国外へ飛び各地で確認しました。2013年時点で日本の主権範囲外にあった土地は全て、100年前に戻っています」

( ・∀・)「海外と通信不能になったのも道理です。100年前の諸国や衛星軌道上に、光ファイバー通信施設や人工衛星といったものは存在していませんでしたから」

(;´ ω `)「な……なんてことだ……」


午後11時15分、対策委員会が現状を把握。

便宜上、目下の事態を『時間漂流』と命名。

.

43 名も無きAAのようです :2013/01/10(木) 00:41:47 ID:bA6Aejh60
 

(´・ω・`)「……この、『時間漂流』の原因は? 何か手がかりは無いのか?」

川 ゚ -゚)「今のところ、まったく不明です。専門家にも調査を依頼していますが、現時点では有益な情報は上がってきていません」

川 ゚ -゚)「ですが……私見ではありますが、現時点で判明している情報からの推察がひとつ」

(´・ω・`)「言ってみたまえ」

川 ゚ -゚)「ちょうど99年前――いえ、ちょうど1年後の1914年6月28日。現地時間10時30分頃の出来事です。
     グリニッジ標準時では9時30分、日本標準時ならば18時30分となりますが」

(;´・ω・`)「まさか……『サライェヴォ事件』か」

川 ゚ -゚)「はい。当時オーストリア=ハンガリー二重帝国領だった現ボスニア・ヘルツェゴヴィナの首都サライェヴォで、
     オーストリアの皇太子夫妻が暗殺され、第一次世界大戦の引き金となった出来事です。
     事件発生の正確な時刻は不明ですが、おおよその時刻は一致しています」

(´・ω・`)「……サライェヴォ事件がこの『時間漂流』に関係すると?」

川 ゚ -゚)「分かりません。ですが、偶然の一致にしては出来すぎではありませんか?」

(´・ω・`)「……現時点では、まだ『保留』だ。情報が不足し過ぎている。だが……一応、覚えておこう」


この日から、この国と世界は互いの生き残りを賭して激しく動き出す。

.

44 名も無きAAのようです :2013/01/10(木) 00:44:10 ID:bA6Aejh60
 

(´・ω・`)「またデモか……。もっとも、事態の異常性から鑑みれば穏やかすぎるほどではあるが」

川;゚ -゚)「申し訳ございません。警察当局とも連携しているのですが、未だ沈静化の目処が立っておらず……」

(´・ω・`)「いや、君たちはよくやってくれている。現に群集は議事堂の敷地内には侵入していない。感謝しているよ」

(´・ω・`)「しかし、議事堂の周りを埋め尽くすデモ隊か……。国外のみと言わず、国内も50年ほど逆戻りした気分だよ」


混乱する国内。


(;´・ω・`)「なんだって!? それは本当か!!」

(;・∀・)「はい。イギリス・フランス・ロシアからは連名で、それとドイツとイタリア、またアメリカからもほぼ同様の通告が」


『これは、世界とそこに住む全人類を守るための布告である。
 この度発生した事態を分析し解決するため、科学技術・歴史的資料・その他日本の保有するあらゆる情報は直ちに我々に全て開示せねばならない。
 また、日本政府並びに日本国民の事態解決への協力を義務付けることとする。
 これを拒否した場合、日本には世界との融和の意思はなく、ただ己の利権のためだけに、この地球に住むあらゆる生命体を危機にさらす邪悪な存在であると判断する。
 為されるべき返答がなかった場合、戦意有りとして我々はあらゆる資源の日本への輸出を停止し、また諸外国にも同様の処置を勧告する。
 それに加え、軍事力の使用も考慮した自由意志での事態処理を開始する』


(;´ ω `)「ば、馬鹿な……。こんな要求……。この100年前の世界で、我が国に、欧米諸国の属国――いや、植民地になれというのか」


帝国主義時代の最中の列強国からの最後通牒。


( ・∀・)「先日実施した国内世論調査で、『開戦やむなし』の声が62%を超えました」

(´・ω・`)「……内閣より臨時国会を召集。国民投票の準備も開始しろ。憲法改正の発議を行う」


(´・ω・`)「我々の情報によって『この世界』ではサライェヴォ事件は発生せず、本来の『第一次世界大戦』の勃発は防がれたはずだった。だが、そうではなかったのだ」

(´・ω・`)「世界大戦は起こる。【日本】と【全世界】という構図でだ。……願わくば、これが『第一次』でないことを」


混迷していく世界。

.

45 名も無きAAのようです :2013/01/10(木) 00:46:53 ID:bA6Aejh60
 


そして『時間漂流』事件の、ひいてはこの世界の未来への鍵を握るのは――――……。



( ・∀・)「アドルフ・ヒトラー、ベニート・ムッソリーニ、F・ローズヴェルト、ウィンストン・チャーチル、フォン・ブラウン、フォン・ノイマン。
      その他調べられる限り、現在或いは未来においての重要人物は1913年時点での我々の歴史と相違無い生活を、この世界でもしています」

( ・∀・)「ですが、ただ一人だけ。居なくてはならない場所に居ない……そして数ヶ月前からの足取りさえも掴めなかった人物がいました」

(´・ω・`)「…………誰だね。その人物は」


( ・∀・)「アルバート・アインシュタイン。彼のみが、1913年時点で本来居住しているはずのベルリンの邸宅に居らず、また現在の居場所も確認出来ませんでした」



……――――行方をくらませた、20世紀最大の科学者。






   (´・ω・`)は漂流国家の総理大臣のようです



俺がタイムスリップできたら投下開始

46 名も無きAAのようです :2013/01/10(木) 04:40:46 ID:bPwSm4As0
頑張ってタイムスリップしてくれ、頼む

47 名も無きAAのようです :2013/01/10(木) 15:15:42 ID:Lvi9OJmw0
これは読みたすぎる

48 名も無きAAのようです :2013/01/10(木) 19:27:35 ID:2Kyo5k2E0
タイムスリップはもうしたよ!
記憶がないだけだからはよ

49 名も無きAAのようです :2013/01/10(木) 22:00:02 ID:KxhX3Pcc0
10年後の今日から来たんだよ

50 名も無きAAのようです :2013/01/10(木) 23:04:50 ID:Zi8KB58MO
3000年後の未来では人々は突然変移により、性器が頭部に生えていた。
人々は性器に装飾品を付け、見せ合うのが常となった世の中に過去から一人の少女が飛ばされて来てしまった。

しぃはタイムスリップするようです。

どっからどうみてもクソ作品なので公開予定無し

51 名も無きAAのようです :2013/01/10(木) 23:09:33 ID:d1PM/PQs0
すげえ面白そうなのがきてるな…
読みたい…

52 名も無きAAのようです :2013/01/11(金) 20:24:30 ID:i92yEeEA0
これはすごい面白そうだ
是非とも書いて欲しい

53 名も無きAAのようです :2013/01/23(水) 02:29:19 ID:M9JAjegk0
吹き荒れる暴風の中、傷だらけの体に鞭打って、立ち上がった。
意識は朦朧としている。
死の風が吹き荒れるこの空間では、立ち上がることがやっとだろう。
何もできないまま、ここで、このまま終わるのかもしれない。

――何のために俺は生まれたのか。
 
前を見据える。嵐の中心には、黒い騎士の姿。

「――――。」
 騎士が言った。暴風に遮られ、声は聞こえなかった。けれども、何を言ったのかは痛いほど解った。その言葉は、痛いほどに自身の胸へと突き刺さった。

――何をして俺は生きるのか。

痛い。体が、そして、何よりも心が悲鳴を上げている。
分からない。何を答えればいいのか、分からない。
もとより、そんなものなど自分には無かったのか。

――答えられないまま、終わる。

――違う。

54 名も無きAAのようです :2013/01/23(水) 02:30:41 ID:M9JAjegk0
拳を握り締めた。もう一度、漆黒の騎士と対峙する。答えは確かにそこにあった。
今まで気付くことは出来なかった。けれども今ならば解る。

('A`)「……そんなのは、嫌だ。」

( ゚д゚)「そうか。」

騎士がゆっくりと、夜色の槍を前へ突き出す。
それに呼応するように、自身も剣を突き出した。
黒の騎士から静かに闘気が吹き上がる。静かでいて、どこか荒々しい。
この騎士は、怒っていた。絶望していた。
その悲しみを、内に眠る静かな怒りを、この騎士は全てぶつけようというのだ。
 
――騎士が静かに構える。

( ゚д゚)「ならば、語ろう」

('A`)「……ああ」 

構えはない。全て砕け散った。
あるのは傷だらけの鎧と剣。俺が最初に見た輝きはもうない。
あるのはただ、これまでの戦いの軌跡。俺が今まで出会った人々の足跡だけだ。

黄金の輝きは消え失せた。残ったのは――。

55 名も無きAAのようです :2013/01/23(水) 02:32:19 ID:M9JAjegk0
今まで漠然としたもののために、この身を捧げてきた。
人々の平和を守る、そんなバカみたいなことのために、この身を血で染めた。
結果的には無駄だったのだが。
残ったのは無残な結果。
俺が守ろうとしたものは、既に壊れていたのだ。

――人々は、壊れていたのだ。

俺は戦う意味を失った。

( ゚д゚)「では、何故戦う。今のお前は空っぽ、粉々に砕け散り、中身も全て消え去った、ただの残骸だ」

56 名も無きAAのようです :2013/01/23(水) 02:33:14 ID:M9JAjegk0
――しょうがない奴だお……。いつまでその幻想に縛られるつもりだお……?

――全員守る? 俺には一人の笑顔を守るだけで手一杯だね。

ふと蘇る、そんな言葉。
誰が言ったのか、今はもう思い出せない。
それでも、その言葉だけは覚えている。
その信念だけは刻まれている。






絶望に生きる人々? そんなもん知るか。勝手に死んでろ。
頑張らないで、最初から諦めてる奴を救うなんて、俺は御免だね。

( ゚д゚)「ならば、何故」

一生懸命戦って、苦しんで、足掻いた人々。
それが報われないはずがない、報われないわけがない。


今なら――。
俺が何のために戦うのか。

――俺が守るのは、未来だ。

――俺が通すのは、ただのエゴだ。

俺には誰も救えない。誰も守れない。
けれども、共に戦うことぐらいは出来る。
肩を並べて、共に歩んでいくことは出来る。

57 名も無きAAのようです :2013/01/23(水) 02:36:49 ID:M9JAjegk0
( ^ω^)「遅いお」

( ゚∀゚)「遅かったじゃねえか」

かつて、己の信じたものを、大切なものを守るために殉じた友が、呟くように言った。

「ワリィ……遅れた」

58 名も無きAAのようです :2013/01/23(水) 02:37:30 ID:M9JAjegk0





自身の意志を、答えを、覚悟を乗せ――剣を、自身の信念を掲げた。

――迷いを、絶望を断ち切った。 



意味不すぎて放置。誰か俺の絶望を断ち切って。

59 >>58 ミス :2013/01/23(水) 02:38:23 ID:M9JAjegk0
('A`)「そんなの、俺のために決まってんだろ」

自身の意志を、答えを、覚悟を乗せ――剣を、自身の信念を掲げた。

――迷いを、絶望を断ち切った。 






意味不すぎて放置。誰か俺の絶望を断ち切って。

60 名も無きAAのようです :2013/01/23(水) 22:54:58 ID:G7ZcDN0Y0
シィパード将軍を倒したドクオとブーン。

しかし、ドクオはシィパードによって致命傷に近い傷を負わされてしまった。

隠れ家への帰還と同時に襲ってくるギコロフ率いる、超VlP主義派。

TF141の生き残りであるブーン達はマカロフを殺し、第三次世界大戦を終わらせる事が出来るのか・・・・

( ^ω^)「ドクオ? ふざけた名前だおw」

( ^ω^)CALL of DUTY MW3のようです

61 名も無きAAのようです :2013/01/25(金) 01:01:15 ID:ZMkNpweU0
子どもが産まれた時、どんな気持ちだったって?


ξ;>⊿<)ξ「ふんぐぐぐぐぐ…」

(;^ω^)「ツン!!頑張るんだお!!もうちょっと!!もうちょっとだお!!」

助産師「テメー適当なこと言ってんじゃねえぞダボがァァァーッ!!こんなのまだまだ序の口だってんだこのタコ!!」

(;^ω^)そ「うわあ口悪いこの病院にしたの凄く後悔してる!!」


さぁてね?あん時は僕もいっぱいいっぱいだったし、すごく取り乱してた


(;^ω^)「先生!!彼女の苦しみを和らげる方法は無いんですか!?」

助産師「うるせェェェーッ!!男がガタガタ抜かしてんじゃあねえッ!!歌でも歌ってろ!!沙耶の唄を!!」

(;^ω^)「そ、そんな無茶な…ハッ!!」


とにかく、彼女の苦しさをなんとかしてあげたかった

その時、何故そんな行動に出たかはわからないが、すごく取り乱してた僕は『それが最善だ』って信じきってた


(;^ω^)「そ…」


言われた通り、歌ってみたんだ

思えばその行動が、僕と彼女と、産まれてくる子どもの人生を

大きく変化させたんだと思う

62 名も無きAAのようです :2013/01/25(金) 01:04:20 ID:ZMkNpweU0
(;^ω^)「そーれそーれそれそーれそ♪」

ξ;>⊿<)ξ「産!!」

(;^ω^)「そーれそーれそれそーれそ♪」

助産師「産!!」

(;^ω^)「そーれそーれそれそーれそ♪」




(;^ω^)「おりゃおりゃおりゃおりゃ!!」

63 名も無きAAのようです :2013/01/25(金) 01:09:54 ID:ZMkNpweU0



(#'A`)「よぉっしゃあああああああああああああああああああああああ!!!」オギャアアアアアアアア!!


_人人人人人人人_
> 突然の誕生 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄


( ^ω^)「」

( ^ω^)「ワォ!!」


とても漢らしい雄たけびと、申し訳程度の産声をあげて

僕の子ども、『ドクオ』が誕生した

その時の気持ち?ハハ、正直に言うよ



『やっちまった』って感じだったね



( ^ω^)おめでとうございます!!元気な漢の子ですよ!!のようです

64 名も無きAAのようです :2013/01/26(土) 00:39:18 ID:MeTY1xmw0
暗闇でふっ、と息をもらした。

(;^ω^)「……」

弾薬はほぼ底を尽き、手元に残っているのはコルトパイソンだけ。

1960年代に勃発したベトナム戦争。
それを辛くも生き延びた父が、こいつがなければ俺は死んでいた。
とまで言った愛銃だったらしい。
正確な事は覚えていない。
父はその後に起きた湾岸戦争で死んだ。
まだ若い母と幼い俺に、幾ばくかの金と、このコルトパイソンを残して。

当時は、世界中から絶賛された名銃も時間の流れには勝てない。
数年前に開発されたExecutioner 。
処刑にの名を冠するそれは、リボルバーの、役割を大きく変えた。
そんな今や、旧時代のリボルバーは玩具以下のがらくただ。
それでも俺は、このコルトパイソンを愛用していた。

(;^ω^)「……ッッ!!」

僅かな、ほんの僅かな物音がした。
手早く、そして静かにパイソンを構える。
ここで死ぬとしても。
せめて、一人でも多く。

全ては、栄光ある祖国のために。

65 名も無きAAのようです :2013/01/26(土) 00:40:08 ID:MeTY1xmw0

( ^ω^)は 2025年を駆け抜けるようです

CoDBO2をクリア次第投下したいところ

66 名も無きAAのようです :2013/01/27(日) 00:11:39 ID:lXFruVw20
 
西暦201X年、世界は突如として未曾有の大混乱に陥った。


ゾンビ――……映画の中にしか存在しなかったはずの『それ』が、現実の世界に現れたのだ。


噛まれるなど、傷口からゾンビの血液や唾液といった体液が付着した者も『感染』し、新たなゾンビとなる。
その恐るべき感染力で、平和慣れした先進諸国を中心にゾンビは瞬く間に数を増やしていった。


                 バイオハザード
こうして、人類は史上最悪の生物災害によってまさに滅亡の窮地に立たされた――――……なんてことにはならなかった。


.

67 名も無きAAのようです :2013/01/27(日) 00:13:15 ID:lXFruVw20

発生当初こそ人々はパニックとなり、あちこちで略奪や暴動といった混乱は起きた。

しかし有史以来の度重なる天災の経験から、人類は災害に対するある種免疫のようなものを身に付けていた。

高度に情報化した文明社会。関係者の懸命の努力によりほとんどの生活インフラは維持された。
ゾンビの特徴、ゾンビ化の条件や感染経路などの情報は即座に人々に共有され、ある程度以上の混乱は起きなかった。

そしてなにより、ゾンビの能力はパニックホラー映画で描かれたそれよりもずっと低かった。
生命力こそ高いものの、各部の筋繊維の損傷で筋力は低下し動きは鈍く、脳細胞の広範な壊死によって思考能力も生前よりもずっと低下していた。

                              ヒト ホモサピエンス
道具の駆使と高い知性による組織的行動――人間が 人 間 であるが所以、ヒト特有の強さがゾンビには欠落していたのだ。

やがて各地で軍や警察による鎮圧作戦が行われ、また民間レベルでもいたるところでゾンビは駆逐されていった。

     バイオハザード
そして、生物災害発生からわずかに一ヶ月足らずで、人類は再び平和を手にした――――。





……――――――と、いうところで映画みたいに綺麗に終われば良かったんだけどねぇ。


.

68 名も無きAAのようです :2013/01/27(日) 00:15:18 ID:lXFruVw20

【国連の事態完全終息宣言から一週間後:2ch県VIP市役所】


(#^Д^)「警察の鎮圧作戦の時にウチの平垣がボロボロになっちまった! どうしてくれるんだよコラ!!」

从;゚∀从「はい、この度は誠に申し訳ありませんでした。こちらの補償申請書類に被害の状況など必要事項をお書きになって……」


(#´ー`)「近所の河原でゾンビの死体が腐ってきてニオイがひどいだーよ。なんとかしてほしいだーよ」

从;゚∀从「すみません、我々も対処をしたいのはやまやまなのですが今は如何せん人手が不足しておりまして……」


(;´_ゝ`)「すみません、ウチの妹の行方はまだ分からないのでしょうか……」

从;゚∀从「あっはい、よろしければ今データベースに検索をかけます。えーと、妹さんのお名前は……」


/ ,' 3「あのー、ウチの裏山に生き残りのゾンビみたいなのがいたんじゃが……」

从;゚∀从「はい、すぐに担当者と警察に連絡しますので詳しい場所と日時を……」


('、`*川「『ゾンビ』と言っても元は市民です! 役所の対応は明らかに彼らの人権を侵害しており……」

从;-∀从「あーはい、毎度ご足労頂きすみません。ではまた別室にてお話をお聞きするのでこちらへ……」


( <●><●>)「高岡君、この地図と被害状況の資料なんだけど明日までにまとめといてくれる?」

从;゚∀从「え、明日までに……ですか。この量を……」

69 名も無きAAのようです :2013/01/27(日) 00:17:48 ID:lXFruVw20

(・∀ ・)「被害申請が」

( ФωФ)「復旧工事の件で」

(´・_ゝ・`)「予算監督が」

/ ゚、。 /「復興増税で」

( ゚д゚ )「備品納入の確認を」

( ´∀`)「県の視察で」

( <●><●>)「資料を」




从;゚∀从



从;-∀从-3 ...フゥ



\从#゚Д从/「だぁぁちくしょ――っ!! ゾンビめ余計な仕事死ぬほど増やしやがってぇぇぇ――――っ!!!!」








从;゚∀从こちらVIP市役所バイオハザード課のようです


ビビりの俺がバイオハザードシリーズのゲームを全てクリア出来たら投下開始

70 名も無きAAのようです :2013/01/27(日) 10:48:32 ID:NBEWrlJM0
なにこれ面白そう
さっさとクリアして書け

71 名も無きAAのようです :2013/01/27(日) 11:29:38 ID:ehDPvvnc0
脚部装備型建設作業機械(Legs Construction Machinery) 通称:LCM、もしくは装脚重機。
2020年代に入って、山岳部の整備用に開発された脚を持つ作業機械だ。
ロマンあふれるその重機は、大きな歓声を持って迎えられ、また実績も残していった。
時は流れ、装脚重機が第5世代にまで進歩を遂げると、お下がり品たる第1世代〜第4世代までの装脚重機は民間に安く売り出されるようになった。
ロマンを膨らませる若者たちは、安く売り出されたこれらに飛びつき、自前の改造を施していった。
そしていつしか、レーザーポインターガンなどで擬似武装化が施された装脚重機が集い、戦いを繰り広げる、新時代のサバイバルゲーム"LBCM"が誕生した。

72 名も無きAAのようです :2013/01/27(日) 11:30:51 ID:ehDPvvnc0
2062年、東北某所、山中。

ξ;゚⊿゚)ξ「キャッ!思ったより揺れるわね!」

('A`)「第1世代品だもんな、まだ揺れを抑える機構も試行錯誤してた頃だし仕方ねーよ」

( *^ω^)「ツンはわかってないお、こう大きく揺れてこそロボットっぽさが出て素晴らしいんだお」

装脚重機の開発元、日本のニューソク社が生み出した第1世代LCMの傑作ショベル「ゼッド」が、山の中でゆったりとその身を起こす。
本来1人乗りであるその座席は、無理やり三座にされており、そこには三人の男女が窮屈そうに座っている。
そして本来バケットがつくはずのアームの先には、仰々しい大きさのレーザーポインターが据え付けられていた。

( ^ω^)「それじゃ行くお!『トライドゼッド』発進!」

ボォン!と古ぼけたエンジンがひときわ大きな音を立て、彼らを乗せた装脚戦闘用重機が歩みをすすめる。
その一歩は、彼らの夢とロマンと笑いに満ちた、新たなる戦場へと駆り立てた。

73 名も無きAAのようです :2013/01/27(日) 11:32:46 ID:ehDPvvnc0



そんな夢とロマンと笑いに満ちた世界の中で出会う


  _
( ゚∀゚)「いい腕だな、どうだお前ら?俺のLBCMクラン『徹甲騎兵隊』に入らねえか?」

( ^ω^)「徹甲騎兵隊…といえば」

(;'A`)「日本一のLBCMクランじゃねーか!?」

ξ*゚⊿゚)ξ「という事はあなたがリーダーのジョルジュさん!?」


新しくて愉快な仲間たち


从#゚∀从「私の『フィッドラー』を舐めんじゃねーぞォ!!」

(´・ω・)「二腕が織り成す美しき戦舞…とくと見せてあげるよ」


そして魅力あふれる手ごわい敵


( ФωФ)「ふむ…よい腕なのである。日本人もなかなか侮れない」
  _
(;゚∀゚)「ロマ…!おいブーン、逃げろ!こいつはヤバいぞ!」

( ´_ゝ`)「逃がしはしねぇよ、なあ弟者?」

(´<_` )「おうよ、この『エイミングブラザーズ』からは逃げられない、絶対にな」


世界中を巻き込んだ、ロマンが詰まった新次元のサバイバルゲームが今、始まる。



( ^ω^)'A`)゚⊿゚)ξ進め!徹甲騎兵隊!のようです



重鉄騎を無犠牲でクリアできたら書き進める。

74 名も無きAAのようです :2013/01/27(日) 22:37:15 ID:9ON/Iuq.O

川 ゚ -゚)「・・・・・・」カチャカチャ

o川*゚ー゚)o「あれ、クー姉なにしてるの?」

川 ゚ -゚)「ん?おぉ、キュートか。 いや、ちょっと良いアイデアが浮かんでね
     せっかくだから、シュー達みたいにブーン系でも書いて見ようかと思ってな」

o川;゚ー゚)o「・・・く、クー姉が書くの?」

川 ゚ -゚)「当たり前だろう?確かに、私にはシューみたいなギャグや
     ヒートのような熱血物は書けない・・・だがなキュートよ」

川 ゚ -゚)+「この私の身体から溢れる程の女子力を持ってすれば、     恋愛物の1つや2つ、簡単に書けそうな気がするだろう?」

75 名も無きAAのようです :2013/01/27(日) 22:38:25 ID:9ON/Iuq.O

o川; ー )o「・・・う、うん。そうかもね」



o川;゚д゚)o(こいつはやべぇぇぇぇぇぇ!!
      このままじゃクー姉がスイーツ(笑)の称号と共に袋叩きにされちゃう!
      ってか現代文の評価1の癖になんでこんな自信満々なの!?
      国語能力の悪さは女子力じゃ補えないよ!?)

o川; ー )o

o川* ー )o(・・・こうなったら仕方ない)

o川*゚ー゚)o(私がクー姉のサポートをして、無事に作品を終わらせる!!)

o川*゚ー゚)o(もしくは手早く執筆を断念させよう!そうしよう!!)



o川*゚ー゚)o「ねぇクー姉!よかったら、誤字確認とか私も手伝おうか!?」

川;゚ -゚)「え、いや、まだ全然書けてないんだが・・・
なら、簡単なあらすじを言うから、それに対する意見とか貰えるか?」

o川*^ー^)o「私で良かったら、是非♪」
     (よし、これでなんとかマシになるように誘導して・・・)

76 名も無きAAのようです :2013/01/27(日) 22:39:19 ID:9ON/Iuq.O
o川*゚ー゚)o「で、どんな話なの? 確か、恋愛物なんだよね?」

川 ゚ -゚)「うむ、だがただ恋愛物をするだけでは面白みがないからな
     ここは1つ、最近の流行りを織り交ぜてみようと思ってな・・・」

o川*゚ー゚)o「流行りかぁー、確かに、短編に流行物を入れると時代を感じれて良いよね」

川 ゚ -゚)「・・・? 私が書くのは長編だぞ?プロットだけなら100話はある」

o川; ー )o「え"っ?」

川 ゚ー゚)+「その流行り物は、クトゥルー神話にしようと思っている。
      どうだ、斬新だろう?」

o川; д )oそ「」

川*' -`)「恋愛+クトゥルー神話の長編・・・うむ、これは流行るな!」

o川; Д )o「・・・・・・ウン、ソウダネ」

77 名も無きAAのようです :2013/01/27(日) 22:39:57 ID:9ON/Iuq.O
o川; Д )o(んなもん流行ってたまるかぁぁぁぁあい!!
      初心者がいきなり長編を書く事はもう別にいいとして、
      長編で流行物なんて入れたら、後から見直した時に切なくなるから!
      ってかまずクトゥルー神話ってそこまで流行してないし!!
      流行してたとしても、それってもっと昔の話だし!!
      第一、クトゥルー神話の何処に恋愛を絡ませるのか訳判らないし!!)

o川# Д )o(そもそもクー姉、ニャル子でしかクトゥルー知らねぇだろうがぁぁぁあ!!!)

o川; ー )o =3

o川;゚ー゚)o(・・・落ち着け、私。まだ慌てるような時間じゃない。
      もしかしたら奇跡的に微粒子レベルの確率で、
      最高の恋愛物が出来ている可能性だってある・・・
      まずはあらすじを聞いてから考えよう・・・そうしよう)

78 名も無きAAのようです :2013/01/27(日) 22:40:39 ID:9ON/Iuq.O
o川;^ー^)o「と、特徴は判ったから、あらすじ教えてよ」

川 ゚ -゚)「そうだった、あらすじだったな・・・ふむ、少し恥ずかしいな」

o川*゚ー゚)o「最初は誰だって恥ずかしいって、公開するんだから
      この位の恥ずかしさに負けちゃ駄目だよ!」

川 ゚ー゚)「・・・そうだな、よし、頑張ってみるとしよう」

川 ゚ -゚)「主人公は(,,゚Д゚)で、メインヒロインは(*゚ー゚)だ」

o川*゚ー゚)o「ここら辺は王道だねー」

川 ゚ -゚)「(,,゚Д゚)は昔、交通事故でとある障害を患っていてな、
     そんな(,,゚Д゚)の所に、いきなり(*゚ー゚)が転がり込むんだ」

o川*^ー^)o「ふむふむ・・・・・・・・・・・・・・・・・ん?」

川 ゚ー゚)「なんやかんやで(,,゚Д゚)と(*゚ー゚)は付き合い始めるんだがな、
     なんと、(*゚ー゚)は実は神話的生物だったんだ!」

o川;^ー^)o「・・・・んんん?」

79 名も無きAAのようです :2013/01/27(日) 22:41:30 ID:9ON/Iuq.O
川*' -`)「自分の恋人が化物と知らず、(,,゚Д゚)は(*゚ー゚)の為に
     彼女の大好きなお肉(人)を集めて集めて集め続けるという話だ」

oo川# ー ))oo プルプルプルプル

川 ゚ -゚)「この話にタイトルを付けるとしたら、そうだな・・・」

川 ゚ー゚)+「『しぃの唄』というのh」
o川#゚Д゚)o「はいアウトぉぉぉぉぉ!!!」

川;゚ -゚)そ「な、なんだ一体・・・」

o川#゚Д゚)o「なんだじゃねぇよこのスカタン!!
      お前これどうみても沙耶の唄のパクりじゃねぇか!!
      いやこれもうパクりとすら呼べねぇよ!内容薄すぎてビックリだよ!
      さらに名前はしぃの唄?ダブルパクりか!!パクり過ぎだよ!!」

o 川 ※ ゜ Д ゜ ) o「お前ラヴクラフト御大とニトロ+に一回土下座してこいやぁぁぁぁぁあぁぁぁぁあ!!!」





【川 ゚ -゚)がブーン系長編を書きたいようです】

【ここまで思いついたけど、オチが見えないので執筆未定】

80 名も無きAAのようです :2013/01/27(日) 23:54:12 ID:.2YtovCs0
なーに100話分もやれば道は開けるさ

81 名も無きAAのようです :2013/01/28(月) 14:29:01 ID:ebqnjB7I0
懐かしいなあ、しぃのうたwww

82 名も無きAAのようです :2013/01/29(火) 00:25:02 ID:mLH7yYzw0
( ・∀・)「ねえ、穴の空いた食べ物ってあるじゃん?」

( ´∀`)「穴の空いた食べ物?」

(,,゚Д゚)「ちくわとかか?」

( ・∀・)「そうそう、ちくわとかマカロニとか、とんがりコーンとか」

(;´∀`)「とんがりコーンはちょっと違うんじゃないかモナ?」

( ・∀・)「まぁまぁ、今挙げた食べ物って共通点があるじゃない?」

(,,゚Д゚)「共通点?」

( ・∀・)「ほら、穴になんか入れたくならない?」

( ´∀`)「あー、ちくわにきゅうりとか」

(,,゚Д゚)「とんがりコーンは指に入れて遊んだりするな」

( ・∀・)「それにマカロニはフォークに差し込んだりするよね」

( ・∀・)「たとえ何もなくても、指や箸なんかを差し込んだりしない?」

(,,゚Д゚)「確かにそうだな」

( ´∀`)「穴に指とかつっこむのはある種の本能モナね」

( ・∀・)「そうそう!だからさ……」

( *・∀・)「目の前の君たちにナニか挿れたくなっても……仕方ないよね?」

(,,゚Д゚)

( ´∀`)

(,,;゚Д゚)

( ´∀`)「……え?」

    ≡(,,;゚Д゚)ダッ

ハァハァ( *・∀( ;´Д`)そ「ギ、ギコォッ!?」

ハァハァ( *・∀(´Д`; )「……え?」

83 名も無きAAのようです :2013/01/29(火) 00:25:42 ID:mLH7yYzw0
<ヒギャアアアアアアアアアア!!!ヤメテ!!ヤメテェェェェェ!!

<ハ、ハナシテェェェェェェ!!!モマナイデ!!!ナデマワサナイデェェェェェ!!

<モナニソンナシュミハナイカラ!!ヤメテ!!!オシリダケハ!!!……アッ!!

<イヤ……ッ!!ヤメ……ッ!!ソンナ……!カキマワサ、ナイデェ……ッ!!

<イ゙ヤッ!!ア、アア、アアアアアアア!!ア゙ッ------ッ!!!!

(,,;゚Д゚)

(,,;゚Д゚)「……モナー」

(,,;-Д-)「……すまない」

シュバッ ili *・∀(,,;-Д-)「お前の犠牲は決して無駄には……」

( *・∀(,,゚Д゚)

( *・∀(゚Д゚,,)

( *・∀(,゚Д゚,)

「ひ、ひぎゃあああああああああああああああっああ、ああっアッーーーー!!!!!」

(*゚ー゚)「……」

(*゚ー゚)「ついに、見つけたわよ」

(*゚ー゚)「Mr.掘りラー……。いいえ、モララー!!」

84 名も無きAAのようです :2013/01/29(火) 00:26:24 ID:mLH7yYzw0
( ФωФ)「時は西暦20013年!!地球ではなんか同性愛とかのもつれがなんかものすごかった!!」

( ФωФ)「そんな中!!逆境に置かれれば進化する!!これが、生き物のサガ、なのか!!?」

( ФωФ)「なんと!!!!異性愛者とセェックスァ!!!!!!すると!!!!!!」

( ФωФ)「相手を!!なんと!!同性愛者に変えてしまえる能力者的なのが誕生したのである!!」

( ФωФ)「彼らはなんと!!」

( ФωФ)「……」

( ФωФ)「なんだっけ?」

□と(ФωФ )「あ、カンペあるんですか?ありがとうございます」

( ФωФ)□「おほん……」

( ФωФ)□「彼らはなんと!!自らを『性を操るもの・セクスチェンジャー』と名乗り!!」

( ФωФ)□「同性愛者は異性愛者を!!異性愛者は同性愛者を狙い始めた!!」

( ФωФ)□「そう……彼らはどちらの愛が勝るかを!!物量で勝負し始めたのだ!!!」

( ФωФ)□「しかし!!それをよく思わない者たちもいる!!いないわけがない!!!」

( ФωФ)□「その者達の名は!!!!そう!!!我らがヒーロー!!!!」



              (*゚ー゚)セックスポリスメンのようです!!!!



200013年4月1日、公開予定!!!!!!!

85 名も無きAAのようです :2013/01/29(火) 00:51:41 ID:IOZ4sjkw0
なんと!!!俺はなんかこの作品をものすごく読みたい気がなんかすごくする!!!

86 名も無きAAのようです :2013/01/29(火) 01:11:46 ID:XWJsXHiI0
やだ……どう転んでもマジキチカオスなクッソスレの香りしかしない……///

87 名も無きAAのようです :2013/01/29(火) 08:00:37 ID:rrKeSA460
はよ

88 名も無きAAのようです :2013/01/29(火) 18:20:25 ID:BV4r171E0
マジ基地カオスが是非とも読みたい…///

89 名も無きAAのようです :2013/01/31(木) 23:47:59 ID:ObeBvXcI0
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3901790.jpg

ぐるりぐるりら
視界がゆがむ

真っ白と笑いあう俺たち

(*´_ゝ`)「それは俺が....て...た..
(´<_` ) 「え?」

泣いている、唇をかみしめている
しどろもどろに、落ちていった

(*´_ゝ`)「るんたったー♪

俺の真っ白な世界に

(´<_`;)「なんで!?」

嘘、本当、嘘

( ・∀・)「本当にいいのかい?」
(´<_` )「氏ね」

(*´_ゝ`)「墓場まで持っていくもんねーwww」

もうどれが嘘なのか俺にもわからなくて
それでも優しい君にはばれたくなくて

「うそだ!」

もう声はでなかった


(*´_ゝ`)〜♪には語れないカコがあるようです


俺が2chの使い方が分かったら書くかも。
いや うそだけど

90 名も無きAAのようです :2013/02/02(土) 20:20:00 ID:.ptKIsLU0
最近やることが無くて暇で暇で暇で暇(ry
とにかく暇を持て余している( ^ω^)は、数年前に封印したTRPGのルールブックを偶然発掘する。
過去に書いた厨二感タップリな設定のキャラを見て死にたくなった所で、ある事を思い付く。

( ^ω^)「折角だしTRPG経験のあるドクオとかモララーとか呼んでセッションでもやるかお」

参加費はお菓子と飲み物。
必要な物は筆記用具と各種ダイスとほんのちょっとのネタ。
場所はここ。

参加人数5人。GMはメンバーで交代制。


まだまだ寒い冬の中、夏のように暑苦しくバカバカしくて、厨二臭いセッションが始まる。


( ^ω^)はTRPGをやるそうです

レゲネイドウイルスに感染したら投下予定

91 名も無きAAのようです :2013/02/02(土) 21:05:51 ID:JL5J1TFM0
>>90
誤爆だと思うけど時間すごいな、なんか

92 名も無きAAのようです :2013/02/03(日) 18:00:58 ID:5/6PZXKM0
(´・_ゝ・`)「今日の体育はセックスをします」
  _
( ゚∀゚)(……は?)

唐突だった。
朝9時、いつものように学校に来て、ホームルームを終えた後、クラスメイトは全員ジャージに着替えた。
まだ季節は白色が葉を覆い隠すような真冬。教室には電気で動くヒーターが2つあるだけで、決して暖かいとは思えないものだった。
そんな中で、自分の体温で温められた制服を一旦脱ぎ、冷やされたジャージを着なければならないことには、皆一様に抵抗があったらしい。
俺、渡辺ジョルジュも例外ではなく、この後体育館に行かなければならないことには心底うんざりしていた。
  _
( ゚∀゚)(どーせやるなら抜群に体を動かせるもんがいいなぁ…例えば…セックスとか(笑))

冗談で思いついたことだった。
エロゲ的展開ではよくあることだが、現実世界でそんなこと、あるわけがない。
そう思考を切り捨てて体育館にて整列を完了した矢先の、この先生の発言だ。
運命を感じずにはいられな…じゃない。耳を疑わざるにはいられない。


ザワザワ…ザワザワ…
エッ…センセイイマナンテ…
ジョウダンダロ…?

見ろ。クラスメイトは皆動揺している。
そりゃそうだ。誰がこんなエロゲ的展開を「やったー今日の授業はセックスだー!」なんて受け入れられるものか。

(´・_ゝ・`)「不平が出ないように出席番号順で…、つまり今となりにいるヤツとペアを組んでもらう。いいなー?」

しかし、これはチャンスだ。

93 名も無きAAのようです :2013/02/03(日) 18:01:56 ID:5/6PZXKM0
常々こういうえっちい妄想を繰り広げてきた俺にとって、これはまさに千載一遇のチャンス!
特に『体育の授業で先生によるいきなりの「今日の授業はセックス」発言』は幾度頭に思い描いてきたか知れない。まさに理想のシチュエーション!
幸い俺の在籍しているこのクラスには可愛い女の子も多い。
一番の当たり目は、今校内で一番可愛いともっぱらの噂のしぃちゃん!そして彼女の苗字は俺と同じ『渡辺』!!!
現に今、この俺のとなりに彼女は立っている…。

(* ー )

彼女はこの先生の発言と場の空気からか、それとも寒さのせいなのか、顔をほんのり赤らめ、俯いてもじもじしている。
今からこの子を俺のイチモツでぁんぁん言わせるのかと思うと、緊張と興奮で胸が張り裂けそうだ…。

しぃちゃんは処女かな?モテるくせに噂では誰にもOKを言い渡したことはないらしい。
俺がしぃちゃんの、初めてをもらうことになるのか…。いつの間に俺の自慢のヴァギナは彼女を欲してそそり立ってきている。


ξ//⊿/)ξ (^ω^*)

从* ∀从 (´・ω・`*)

ζ* ー )ζ ( A *)ハァーッ…ハァーッッ…

皆状況を理解し、自分の相手となる人をそれぞれが認識したようだ。
互いに顔を見合わせてなにか話す者もあれば、恥ずかしがって俯いている者もいる。
ドクオはもう少し力抜けよ…。

さてと、俺も愛しのしぃちゃんに声をかけてみることにするかな。
 _
(*゚∀゚)「しぃちゃ( ・∀・)「しぃさん、ペアだね。よろしく」ん…?」

94 名も無きAAのようです :2013/02/03(日) 18:04:29 ID:5/6PZXKM0
( ゚∀゚)「……なに?」

( ・∀・)「あー、ごめんね。渡辺君。女子の列は間隔が空いていたらしくてね。詰めると、しぃさんは僕とになるんだ」
  _
(;゚∀゚)「なっ…」

そんな馬鹿な…。
じゃあ、しぃちゃんの純潔は、このいけ好かないナルシスト糞野郎のモララーが、奪っちまうことになる…のか…?
いや待て、そんなはずはない。
だってこのクラスは男女同数の人数がいるはずで、余りなどは出ないはずなのだ。
そして男子の最後尾は俺。女子の最後尾はしぃちゃんのはず。
だから毛利モララーと渡辺しぃがペアになるはずは…。


('e')『素直ー。…ん?素直は今日休みか…?瀬野ー…』


俺はそのとき、朝のホームルームの出席確認の光景を、ありありと思い出した。
そうだ。今日、素直クールは…欠席していたんだった―――

  _
(:゚∀゚)(クソったれ!!なんてことだ…)

ん?まてよ。そうなると俺は…

(´・_ゝ・`)「ん?渡辺はなんだ。余りかー?」

俺のペアは…相手は……

(´・_ゝ・`)「あー。今日は素直が休みだからか。じゃあ仕方ないな…」

俺の……童貞を……捧げるのは……っっ

(´^_ゝ^`)「渡辺は先生とだな。なぁに安心しろ。先生も、処女だから」ニッコリ
  _
(  ∀ )「うっ」


うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!


まだ季節は白色が葉を覆い隠すような真冬。俺は、童貞を卒業する―――

(´・_ゝ・`)「今日の体育はセックスをします」ようです(゚∀゚ )

俺はこの続きを書くべきなのか、今とても迷っている。

95 名も無きAAのようです :2013/02/03(日) 18:19:55 ID:L.xEpc66O
迷ってるなら書くに一票

96 名も無きAAのようです :2013/02/03(日) 18:48:56 ID:5R9y41pE0
書いてから悩めばいいと思うよ!

97 名も無きAAのようです :2013/02/03(日) 19:09:41 ID:U0y7oOEA0
見てみたいけど正直絶望しか見えない

98 名も無きAAのようです :2013/02/05(火) 23:24:04 ID:RFSRbZSU0
青春は、はかなく過ぎるものである

それはそうと、俺は今パンツ穿いてない

─────VIP大学四年生
        鬱田ドクオ

99 名も無きAAのようです :2013/02/05(火) 23:36:16 ID:RFSRbZSU0
就職先が決まって、卒業単位も取れて、卒論もそこそこ出来上がった大学四年生はとにかく時間がある

('A`)「…夏だなぁ」

(#^ω^)「うるせえ!!話しかけんな!!!こちとら今デッドヒート中じゃあ!!」
カチカチ
(#´゚ω゚`)「うおおおおおおお!!!」カチカチ


大学生の夏と言えば、サークルに合コン、セックスにセックス、汗だくセックスだろう
一方、俺たちといえば、くっせえ部屋に閉じこもってゲームの日々…


もう、学生でいられるのは一年も無いと言うのに


('A`)「…ックスだろうが」

(#^ω^)「うおおおおおおおしゃああああああ!!!!勝ち鬨じゃああああああああ!!!!」

(#´゚ω゚`)「ヒイイイイイイイハアアアアアアアアアアアア!!!!そのイヤらしい鱗を剥ぎ剥ぎしちゃうぞおおおおおおおおおお!!!!」




(#'A`)「セックスだろうが!!!!!!」ドッギャアアアアアアンッ!!!

100 名も無きAAのようです :2013/02/05(火) 23:42:36 ID:RFSRbZSU0
(;^ω^)「!?」

(;´・ω・`)「!?」

(#'A`)「お前ら!!いつまでPSP弄ってるつもりだ!!チンコか!?それチンコなのか!?ああん!?」

(#'A`)「こんなもんこうだ!!!!お前らのお母さんに郵送で送って『子どもの手の届かない場所に隠しといてください』って言っといてやる!!!!」バッバッ

(;^ω^)「バッ…正気か!?」

(;´・ω・`)「お母さんの手に渡ったら最後!!都合よく忘れ去られて二度と戻って来ない!!!」

('A`)「やめて欲しかったらなぁ…着いて来いお前ら!!」

(;^ω^)「どこ行くんだお!!」

('A`)「決まってんだろ!!」







「青春を満喫しに行くんだよ!!!!」

101 名も無きAAのようです :2013/02/05(火) 23:45:34 ID:RFSRbZSU0
2013年の夏

俺たち三人は、青春最後の夏を過ごす――――






('A`)Yes Sex No!!Pantsのようです

102 名も無きAAのようです :2013/02/06(水) 12:18:33 ID:RGwOD0tw0
>>101
読みたい
こういう青春馬鹿物は大好物だ

103 名も無きAAのようです :2013/02/06(水) 21:28:17 ID:wDZ88ejQ0
はよう
今年の夏か

104 名も無きAAのようです :2013/02/06(水) 21:52:12 ID:EJ7f1O0k0
( ΦωΦ)(今日こそ......今日こそは思いを伝えるのである)


( +ω+)(緊張......するのである)


我輩はとある女性に恋をしている。
彼女は午後の3時半過ぎに毎日ここを通る。
ほら今日も、彼女が友達と歩いてきた。
耳を済ませばあの可愛らしい笑い声が聞こえるだろう?


<アハハッ......


( ΦωΦ)(......来たか)


(#^;;-^)「アハハッ!変なのー」


(*゚ー゚)「変じゃないって......あら?また来たの?」

105 名も無きAAのようです :2013/02/06(水) 21:52:54 ID:EJ7f1O0k0
どうやらこちらに気がついたらしい。
......おや。
今日こそはと思っていたのに。
また、足が震える。


(#゚;;-゚)「ん?......あ、ほんとだ」


(; ΦωΦ)プルプル


(#゚;;-゚)「震えてどうしたんだー?」


( ΦωΦ)(......)


(#゚;;-゚)「ん?どったの?」


いつも通りの彼女。
緊張が少しほぐれる。
さあ言おう。
愛の言葉を、叫ぼう。

106 名も無きAAのようです :2013/02/06(水) 21:53:38 ID:EJ7f1O0k0
( ΦωΦ)「ニャ......ニャー!!ニャーニャー!」


(#゚;;-゚)「んー?猫さん、何て言ってるんだ?」


(*゚ー゚)「さぁ?でもでぃちゃんのこと気に入ってんじゃない?」


(#゚;;-゚)「えーまっさかー」


( ΦωΦ)「ニャァ......」


我輩は猫である。
名前はまだない。
しかし、好きな人には名前がある。
今日も我輩は彼女の腕に抱かれながら伝わらない言葉で彼女の名を呼び愛を叫んでいる。


( ΦωΦ)鳴き声のようです(#゚;;-゚)


うちの猫が擬人化したら投下開始

107 名も無きAAのようです :2013/02/06(水) 21:55:18 ID:7RXTm5/60
お前んちの猫人化はよ!

108 名も無きAAのようです :2013/02/07(木) 00:26:11 ID:cfaLSCf.0

川 ゚ -゚)『親愛なる故郷の妹達へ。

     元気にしているだろうか。私は今、遠き北極海に浮かぶ船の上からこの手紙をしたためている。
     船は現在氷と吹雪に阻まれ、洋上で絶賛立ち往生中だ。
     幸いにして燃料や食料は大量にあるしいざとなればすぐ救助も呼べるから遭難の危険は無いが、どうにも時間が余って仕方がないのが現状というわけだ。

     なので今日は、先日私が聞いたある人物の体験を記そうと思う。
     この不毛であらゆる生物の存在を拒むかのような最果ての地で、私はある人物との出会いを果たした。
     これから記す物語は、彼女が今わの際に私達に語ったものだ。それが真実であるかどうかはさておき、どうか聞いて貰いたい。

     ある科学者と――――いや、私はあえて彼らのことをこう呼びたいと思う。悲しいすれ違いから悲劇の主人公となってしまった、ある《親子》の物語を。』

109 名も無きAAのようです :2013/02/07(木) 00:28:10 ID:cfaLSCf.0

从*゚∀从「は、はは……! やった! 成功だ!! 私はついにやったんだ!! あははははは!!」

《親》の名は、ハインリッヒ高岡。
最先端の自然科学を修めた彼女は、胸の内に途方も無い野心を抱いていた。

それは、『自らの手で生命体を、万物の霊長たる人間を創りだしたい』。つまり、『人間の創造主となりたい』というものだった。

从*゚∀从「さぁ、目を開けてくれ……愛しい《我が子》よ」

彼女は狂気をも孕んだ実験を繰り返した末、ついに実験に成功する。

十一月の或るもの寂しい夜のこと。
誰も知らない研究室の中で、《子》は死体を繋ぎ合わせたその身体に命を与えられた。

しかし。

(//‰ ゚)「…………」

命を与えられた《子》は素晴らしい体力と知性、そして確かな人間の心を持っていた。

だが、ただひとつ。その容貌は、余りにも醜かった。

从 ゚∀从「……違う」

从; ∀从「違う……! 私が、私が創りたかったのは……! 怪物め。あぁ、私はなんてことを……っ!!」

その姿を見た彼女は、自らの行為が神をも恐れぬ冒涜的行為だったと恐怖した。

そして自らが創った人造人間を『怪物』と呼び、その存在を否定した。

110 名も無きAAのようです :2013/02/07(木) 00:30:16 ID:cfaLSCf.0

(//‰ ゚)「…………」

(//‰ ゚)「…………なん、で……?」

名前さえ与えられなかった『怪物』は、姿を消した自分の造り主を追い求めた。


(//‰ ゚)「あの、すみません……」

(;^Д^)「う、うわぁぁぁぁぁっ!! バケモノだ!! バケモノが出た!!」

(;ФωФ)つ┏「近付くでない! それ以上一歩でもこっちに来たら撃つのである!!」

(//‰ ゚)「…………」

『怪物』は造られた存在ではあったが、普通の人間となんら変わらぬ、繊細で清らかな心を持っていた。

だがその醜さは、それが人間の世界に受け入れられることを許さなかった。

111 名も無きAAのようです :2013/02/07(木) 00:32:07 ID:cfaLSCf.0

(//‰ ゚)「……やっと、見つけた」

从;゚∀从「なんで……ここに、お前が……? どうして……どうやって生き延び、辿り着いた……?」

幾多の困難を経て、『怪物』は再びハインリッヒを見つけ出す。

(//‰ ゚)「私の願いはただひとつ。私の生涯の伴侶となり得る、私と同種の……『怪物』を、もう一人造ってほしい。
     それさえしてくれれば、私は二度と人の世界に姿を現さないと約束します」

それだけが、苦しみの果てに『怪物』が求めた、たったひとつの願いだった。

从 ゚∀从「……はん。お断りだね」

だが、やっと出会った造り主は『怪物』のその願いを拒否した。

从 ゚∀从「お前みたいな出来損ないのバケモノをもう一人? 冗談じゃない、バケモノは一人でも多すぎるんだよ。
      お前は在ってはならない存在だ。これ以上バケモノを増やすことなんて出来るものか」

(//‰ ゚)「…………」

『怪物』は、絶望した。

从 ゚∀从「……仮にも、私はお前を創った人間だ。ここでお前を殺すのはしのびない。
     どこか遠く、遥か人里離れた場所で永遠に暮らしてくれ。準備に金が入り用ならある程度は用意する」

(//‰ ゚)「…………」

そして、全てを憎悪した。

112 名も無きAAのようです :2013/02/07(木) 00:34:05 ID:cfaLSCf.0

  _
(  ∀ )

从 ー 从

从; ∀从「父さん、母さんっ!! ウソだろ……? なんで、なんでこんな……っ!!」

(´・ω・`)「目撃証言では、ツギハギだらけの怪物のような生き物が家に入っていくのを見たと……。にわかには信じ難いですが……」

从; ∀从「!!」

(´・ω・`)「……まぁ、月の出てない雪降る夜のことです。なにかの見間違いかと……」

从; ∀从「…………アイツだ……」

憎悪の果てに、『怪物』は殺人者となった。

从 ゚∀从「…………甘かった。私が、アイツを殺さないといけないんだ」

そして、互いが互いの存在を滅ぼす為の追跡劇が始まった。

113 名も無きAAのようです :2013/02/07(木) 00:36:20 ID:cfaLSCf.0

数多の出来事の果てに、両者は北極圏の荒涼たる雪原で最後の邂逅を果たす。


(//‰ ゚)「……あの後、私はずっと貴女に問いたかった」


(//‰ ゚)「私は、貴女の『作品』でしかなかったのですか?」


(//‰ ゚)「私は科学者としての仕事の『成果』で、そこに私という独立した人格としての『他者』の存在を、認めてはくれなかったのですか?」



(//‰ ;)「…………ねぇ、《お母さん》。愛そうとしないのに――――何故、私をつくった?」












原作:メアリー=シェリー著・『フランケンシュタイン、或いは現代のプロメテウス』(1818年)



    (//‰ ゚)ハインリッヒ氏と被造物のようです



俺が北極点に到達できたら投下開始

114 名も無きAAのようです :2013/02/07(木) 08:00:36 ID:tTUkkBL20
なにこれ誤爆か
はよ

115 名も無きAAのようです :2013/02/07(木) 18:24:07 ID:tsgTWYAE0
むかーしむかし、あるところに泉の畔で願い事をする子猫がおりました。
その子猫はある男の人が大好きで人になりたいと思っていたそうな。

(゚、゚トソン「神様神様......どうかお願いします」


(゚、゚トソン「どうか、このあわれな子猫に奇跡を......」


(゚、゚トソン「あのお方のお側にいたいのです......」


(-、-トソン「どうか私を人間に......」


すると突然辺りがフワッ......っとした明かりに包まれました。
その柔らかい光は泉の上で人の形になったそうな。

116 名も無きAAのようです :2013/02/07(木) 18:25:04 ID:tsgTWYAE0
(゚、゚*トソン「こ、この輝きは......まさか本当に神様が!!」


('A`)「願いは聞いたぞ子猫君!」


現れたのは32歳独身童貞でキモオタでガリヒョロのヒッキーのような男でした。
これにはさすがの子猫ちゃんもがっかり。


(゚、゚トソン


(゚、゚トソン「あ、やっぱいいです」


(;'A`)「え、なんで!?なんでなん!?せっかく神様来たんだよ!?」


(゚、゚トソン「いえ、そういう嘘は別にいいので......神様なのに威厳どころか存在価値すら感じられないし......」

117 名も無きAAのようです :2013/02/07(木) 18:26:09 ID:tsgTWYAE0
(;'A`)「嘘じゃねぇよ!!なんだ顔か!?顔なのか!?この神様差別の原因は顔なのか!?」


(゚、゚トソン「あーいえ、なんといいますか同じ空気を吸いたくないって言うか......」


(;'A`)「ひどいっ!?」


(゚、゚トソン「あー、でも願い事を叶えてくれるなら別にそれでもいいんですけど」


(;'A`)「ねぇ君わかってる?叶えてもらう側の立場なんだよ?ねぇ俺神様なんだよ?」


(゚、゚トソン「あーはいはい。童貞魔法使い様バンザーイ」


(;゚A゚)「童貞じゃねーし!!俺神様だし!!」


(゚、゚トソン「はいはーいすごいねー」

118 名も無きAAのようです :2013/02/07(木) 18:26:50 ID:tsgTWYAE0
('A`)「......ったく、俺だって神様なんだぞ......見てろよ。お前の願い事なんてちょちょいのちょいだ......」


(゚、゚トソン「マジかよ、やるじゃん」


('A`)「なんでタメ口なん?神様になんでタメ口なん?」


(゚、゚トソン「トソにゃんわかんにゃい」


(;'A`)「......もういいや。そーれ子猫よ人間になれー」

キモオタが腕を振るとあら不思議。
気持ち悪い手から出たとは思えないほどのカラフルな光が飛び出しました。
大事なことなのでもう一度。
キモい臭い汚いの三拍子の揃った手からこの世のものとは思えないほどのカラフルな光が飛び出しました。

119 名も無きAAのようです :2013/02/07(木) 18:27:42 ID:tsgTWYAE0
(゚、゚トソン「おおお......体がメキメキと......」


('A`)「俺の考える最高の体にしてやった。文句は言うなよ」


(゚、゚*トソン「最高の......体......」

子猫ちゃんの体はどんどんと人の形へとなっていきます。
ウェストは引き締まり胸も膨らんでいきます。
さらにはヒップも形のよいものに。
そして子猫はメキメキと変化していき......



  __
  / )))   _
`/ イ~   (((ヽ
(  ノ      ̄Y\
| (\ ∧_∧ | )
ヽ ヽ`(゚、゚トソン/ノ/  こ、これは......
 \ | ⌒Y⌒ / /
  |ヽ  |  ノ/
  \トー仝ーイ
   | ミ土彡/
   )   |
   /  _  \
  /  / \  ヽ
  /  /   ヽ |

(*'A`)「ナイスバディ!キレテル!!ヒューヒュー」

120 名も無きAAのようです :2013/02/07(木) 18:28:24 ID:tsgTWYAE0
最高の肉★体★美を手にいれた!!
これには子猫ちゃんも大満足!!



           猫パーンチ               ゴメーヌ

                   _ _     .'  , ..
            _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '      ( 'A`)
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ /
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/



(゚、゚トソン肉★体★美のようです

何が面白いかよくわらなくなったので投下しない

121 名も無きAAのようです :2013/02/07(木) 20:23:29 ID:iwhTkytI0
ムキムキトソンか

122 名も無きAAのようです :2013/02/07(木) 21:20:56 ID:0Eza6uIg0
むしろ投下された分で満足してしまったwwwwww

123 1/9 :2013/02/08(金) 20:34:17 ID:osyAY5Z2O

 人間とは一人一人が違うものである。


ξ゚⊿゚)ξ「ああっ、私はこの世で一番不幸な女だわ!」

 外見は勿論のこと、性格から思想、物事の好みまで、ありとあらゆる面において違いが生じる。

ξ;⊿;)ξ「身寄りもいない天涯孤独……信じられる人間なんか誰もいない!
      なんて寂しいの……寂しい……」

 多少似通うところはあっても、人が違えば、結局それは「別の人」だ。

ξ;⊿;)ξ「誰か、代わってほしいくらい……!」

 だから、その人の代わりなど、世界のどこを探したって見付からない──筈、なのだが。



(-@∀@)「んー……」

(-@∀@)「……ええと、ね。ごめんなさい。今回は不合格ってことで、ね」

ξ;⊿;)ξ「は?」



 この世には、「君の代わりはいくらでもいる」なんて言葉が蔓延っていたりする。


.

124 2/9 :2013/02/08(金) 20:35:10 ID:osyAY5Z2O

────────────────────
────────────────────



ξ#゚⊿゚)ξ「見る目のない糞どもが!!」

 ビルを出るなり、ツンが怒鳴る。
 ぎょっとした幾人かの通行人が振り返ったが、ツンに睨みつけられるや、
 そそくさとその場を去っていった。

 しばし息巻いていたツンは、不意に溜め息を吐き出すと、とぼとぼと歩き出した。

ξ゚⊿゚)ξ「はあ」

 ──彼女は小さな劇団に所属する、しがない「役者」だ。

 舞台公演と、たまにドラマに出演──エキストラ以外の仕事が来たことはないが──する他は、
 適当にアルバイトなどをして生計を立てている。



 ドラマの主役オーディションに行き、惨敗したこの日。

 彼女は、少年に声をかけられた。



(*^ω^)「お姉さん、女優さんだお」

ξ゚⊿゚)ξ「へ?」

(*^ω^)「ヴィップ劇団の人だおね! 前に舞台を見たお!
       テレビでも何回か見てるお? どれも脇役中の脇役だったけど」

ξ;゚⊿゚)ξ「よ、よく覚えてるわね、そんなの」

125 3/9 :2013/02/08(金) 20:36:26 ID:osyAY5Z2O

(*^ω^)「さっき、お姉さんが出てきたビル、新番組のオーディションやってたおね?
       お姉さん、オーディション受けたのかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「……ええ。君、子役か何か? 君もオーディションに来てたの?」

(*^ω^)「まさか! 僕がドラマに出るだなんて、そんな、役不足だお……。
       僕はただ、テレビや舞台の役者さんを見るのが好きなだけで……」

ξ゚⊿゚)ξ(……そういう場合は、『役者不足』って言うのよ)



 ツンのファンだと名乗る小学生、ブーン。

 彼から渡された一枚の紙が、全ての始まりだった。



(*^ω^)「じゃ、そういうわけだから、お姉さんの気が向いたら来てくださいお!」

ξ;゚⊿゚)ξ「ちょっ、ちょっと待ってよ、何なのよこれは!?」

(*^ω^)「お姉さんにぴったりな『役』をあげられる筈だおー! さよならー!」



【●内藤プロダクション

 TEL:○○○−○○○○
 〒:美符三丁目アパートシベリア205号室

 月・水・金・土曜日受付  11時〜18時】

ξ;゚⊿゚)ξ(……プロダクションって)

.

126 4/9 :2013/02/08(金) 20:37:39 ID:osyAY5Z2O

────────────────────
────────────────────



( ;ω;)「ちょwwwwwほんとに来たのかおwwwwwwwwww
       売れない役者(笑)は見境ないわーwwwwwwwwwwwwwww」

ξ゚⊿゚)ξ

( ;ω;)「小学生の話鵜呑みにしてwwwwwwwwwwぷふーwwwww」

(´・ω・`)「自分で呼んどいて、ずいぶん失礼な扱いするよね」

ξ゚⊿゚)ξ「ねえ。私が昨日見た、ピュアでシャイで熱心なキュートボーイはどこに行ったの」

(´・ω・`)σ ( ;ω;)ヒーwwwwwヒーwwwww

ξ゚⊿゚)ξ「違うわ。こんな、客人を見ただけで小一時間笑い転げるガキなんか知らないわ」

( ;ω;)「昨日のは演技だっつのwwwwwwwwww嘘wwwwwファンとか嘘wwwww」

ξ゚⊿゚)ξ「帰るわ」

( ぅω;)「あ、待った待ったwwwww……www……、……」

( ^ω^)「……はあ。よし。
       ツンさん、たしかに僕はあなたのファンじゃないし応援もしてないし正直どうでもいいとしか思ってないお」

ξ゚⊿゚)ξ「もうマジで帰るわ」

( ^ω^)「でも──あなたにぴったりの役を与えられる、というのは嘘じゃありませんお」

127 5/9 :2013/02/08(金) 20:38:12 ID:osyAY5Z2O



( ^ω^)「……ようこそ内藤プロダクションへ。
       ここには日々、様々な悩みを抱えた『依頼人』がやって来ますお」


( ^ω^)「あなたの仕事は、その依頼人に『成りきって』、悩みを解決してあげること」


ξ;゚⊿゚)ξ「……は……?」


.

128 6/9 :2013/02/08(金) 20:39:41 ID:osyAY5Z2O

────────────────────
────────────────────



(*・∀・)「衣装・メイクはこの俺モララーと!」

(*゚ー゚)「しぃにゃんにお任せ!」

(*・∀<)「どんな素材だろうと、依頼人そっくりに仕上げてやるぜ!!」(>ー゚*)



(´・ω・`)「台本なら僕の仕事だよ。
      最高にハッピーエンドなシナリオを書いてあげよう。
      ……依頼人にとってハッピーエンドなだけであって、他の人がどうなるかは知ったこっちゃないね」



('、`*川「演技指導は私が。
     依頼人本人すら気付かぬような細かい癖、仕草、言葉遣いを完璧に把握して教えてさしあげますね。
     ……ちょっと、スパルタですけれど」





ξ;゚⊿゚)ξ(こんな優秀なスタッフ達をまとめてるなんて……ブーン君って、どれだけ凄い子なの……!?)

( ^ω^)「で、僕はお菓子とか食いながら指示出すんでー頑張ってくださーい」

ξ゚⊿゚)ξ「おい」

129 7/9 :2013/02/08(金) 20:40:40 ID:osyAY5Z2O

────────────────────
────────────────────



   川 ゚ -゚)「……私の代わりに、プロポーズを断ってきてくれないか」



     ────【第一話:赤ずきんちゃん】────





川;゚⊿゚)(やっべええええええええメイク落ちてきてる!!)

ミ*,,゚Д゚彡「クー。俺達はいずれ結婚する運命なんだ。だから……もう、いいよな? な?」

川;゚⊿゚)(そして23年間の人生の中で初めて男に押し倒されているぅうううう!!
     ケダモノだ!! 狼だ!!)

ミ,,゚Д゚彡「……あれ、クー、何か……顔、変わってないか」

川;゚⊿゚) ギクー

ミ,,゚Д゚彡「目が大きくなったような……」

川;゚⊿゚)「そっ……」



川;゚ー゚)「そ、それは……ほら! あなたのことを、よーく見たくって☆」

ミ*,,゚Д゚彡「クー……!!」

川; ⊿ )(うわああああああい煽っちゃったぁあああああああああい!!!!!)

130 8/9 :2013/02/08(金) 20:42:00 ID:osyAY5Z2O

────────────────────
────────────────────



   ミセ;゚ー゚)リ「お願い! 私の代わりにパーティーに行って、長岡グループの跡取り息子をオトしてきて!」



     ────【第二話:シンデレラ】────




  _
(#゚∀゚)「おい! あんた、さっきから何なんだ!!
     人の皿落とすわ話の邪魔するわ頭突きしてくるわ、スーツにワインぶちまけるわ!!」

ミセ;゚⊿゚)リ「すっ、すみません! すみません! わざとじゃないんです!」

从'ー'从o川*゚ー゚)o クスクス……

ミセ;#゚⊿゚)リ(あのアマ共の仕業か……!!)


 |・ω・`)「僕の台本が無駄になりやがった……」
 |;・∀・)「あのドレス高かったのに!」
 |;゚ー゚)「早くメイク直せっつってんだろ!!」
 |*' ,`)「あらあら、『癖』を演じるの忘れてますね……せっかく教えたのに」
 |^ω^)「任務失敗、なんて結果に終わったら、どうしてくれようか……」


ミセ;゚⊿゚)リ(背後から凄まじい殺気……!?)ゾクッ

131 9/9 :2013/02/08(金) 20:43:36 ID:osyAY5Z2O

────────────────────
────────────────────



悩めるOL、社長令嬢、人妻にアイドル、果ては美青年!

幾人もの人間を演じていくツンだが、次々と発生するトラブル、トラブル、またトラブル!

果たして彼女の運命は!? ブーンは何者なのか!?

そして『たぶらかし』という小説とドラマの存在を知り、俺はそっと書き溜めをやめた──





ξ゚⊿゚)ξ代役はここにいるようです





ξ゚⊿゚)ξ「あんた、そんだけ演技上手いなら子役やったら?
      ドラマや映画に引っ張りだこよ、きっと」

( ^ω^)「まさか。この僕がドラマなんかに出るなんて──……役不足だお」

ξ;-⊿-)ξ「……役不足、ね。……うん、まあ、正しいわ」



今春、未公開

132 名も無きAAのようです :2013/02/08(金) 20:45:16 ID:OtgFftYU0
面白そうだなおい未公開とか見えないわ

133 名も無きAAのようです :2013/02/08(金) 20:47:20 ID:JJcHrcHw0
ラスト後ろから三文字目が見えない

134 名も無きAAのようです :2013/02/08(金) 22:36:03 ID:/dA8Zxm60
春が待ち遠しいなあ

135 名も無きAAのようです :2013/02/10(日) 22:53:54 ID:yTyOR7EU0

苦しい

よくわからないけれど、あいつにあうと胸が苦しくなって、


「近寄らないでほしいお」

それはきっとあいつが悪いからで


「寂しい…お」

でもあいつにあわないとなんだか寂しくて


「なんで」

自分は雨の中あいつの家にむかって走っているのだろう



心が変な病にかかったようです


恋をしたら投下

136 名も無きAAのようです :2013/02/13(水) 21:05:11 ID:FpBXKAHUO

あぁ。あぁ。

僕はどうして生きなければいけないのだろう。

毎日毎日、やりたくない事ばかりやって、笑いたくないのに笑って、下げたくない頭を下げて。

誰からも必要とされず、生きたくもないこの世界で、どうしてこんなに生きなければいけないんだ。

子供の頃、正義の味方に憧れていた時は、あんなにも世界が輝いて見えたのに。

世界には、正義なんて物は存在しないと気付いてからは、輝いて見えた世界はただ黒光りしているだけだと気付いてしまった。



――あぁ、もしもこの世界が、風にたゆたう一羽の蝶が見た夢ならば。

その姿形と同じ位、綺麗な世界を作って欲しかった。

どうして、こんな世界を夢見てしまったのだろう。

こんなに汚く、浅ましい世界は、蝶が見た夢というよりは・・・







―――明るい炎に惹かれて焦がれる、火盗蛾の夢のようではないか。

137 名も無きAAのようです :2013/02/13(水) 21:06:15 ID:FpBXKAHUO
――――――――――――――――――――――――――――――



世界大戦、勃発。

きっかけは、アジアの大国の加護を得た小さな独裁国が、世界に喧嘩を売ったのが始まりだとか言われている。
まぁ、私は歴史を受講していないので、詳しい事は知らないが。



( ^Д^)「津出戦術小尉!一歩前へ!」

ξ゚⊿゚)ξ「復唱!!津出戦術小尉!一歩前!!」

( ^Д^)「貴官を『第二八特殊強襲歩兵中隊』、隊長に任命する!!」

ξ゚⊿゚)ξ「復唱!!・・・・・・・・え?」

( ^Д^)「復唱!!!」

ξ;゚⊿゚)ξ「は、はッ!復唱!!津出戦術小尉!『第二八特殊強襲歩兵中隊』、隊長に任命されました!!」



戦争が始まって、もう30年が過ぎようとしていた。

今の若い士官にも、戦争じゃない時代を知らない世代も増えて来ていた。

かくいう私もその一人・・・津出麗子、22歳。

138 名も無きAAのようです :2013/02/13(水) 21:07:35 ID:FpBXKAHUO



ξ;゚⊿゚)ξ「・・・どうしよう」



ただ今絶賛。困惑中です。

士官学校を卒業し、晴れて軍人として、お国の為に尽くして行こうと決心し。
初めて部隊へと任命され、どんな事でも地道に努力していこうとした矢先の出来事でした。



『第二八特殊強襲歩兵中隊』と言えば、

開戦直後から編成され、数々の輝かしい戦果をあげてきた部隊。
恐らく、我等が祖国が誇る、最強の歩兵部隊と言ってもいいだろう。
その偉業の数々は国内外に問わず知れ渡り、祖国では英雄、他国では悪魔として敬われている部隊である。



・・・・・・・・・・・・・表上の話は。

139 名も無きAAのようです :2013/02/13(水) 21:08:36 ID:FpBXKAHUO



ξ゚⊿゚)ξ「・・・よし」

ガチャ

ξ゚⊿゚)ξ「気をつけーっ!! 本日付けで『第二八特殊強襲歩兵中隊』に配属された津出・・・」

カチャリ ( 'A`)っy==-ξ゚⊿゚)ξ


ξ;゚⊿゚)ξ「なっ・・・!?」

('A`)「なんだぁ?小娘よぉ・・・ここはてめぇのようなガキが来るような所じゃねぇぞ?」

('∀`)「あ、もしかしてスパイ?この部隊探りにきたの?じゃあ殺していいよね、頭吹き飛ばしていいよね?」

ξ;゚⊿゚)ξ「ヒッ・・!」

ミ,,^Д^彡「いいぞー毒尾ー!殺っちまえー!」

( ´_ゝ`)「いやまて、達磨にして便器にでもしてやれば良いんじゃね?よく見りゃ可愛いし」

(;´・ω・`)「や、やめてよ!女の子と一緒の部屋に居るなんて僕耐えられないよ!毒尾!早く殺してよ!!」



『第二八特殊強襲歩兵中隊』。
通称、『人外部隊』。
我が国の『人種適性検査』で『社会不適合』の烙印を押され、戸籍も破棄された者が集まる部隊である。

精神疾患者、道徳欠如者、異常性愛者・・・
そんな、人間でありながら人間としての枠組から逸脱した者達を集めた、『使い捨ての突撃部隊』。

それが、私が隊長として配属された部隊。

140 名も無きAAのようです :2013/02/13(水) 21:13:13 ID:FpBXKAHUO
('∀`)「んじゃま、グッドバイ、小娘」

ξ;>⊿<)ξ「やっ――――」



「やめろ、毒尾」



「……………」( 'A`)っy==-ξ;>⊿<)ξ



「・・・チッ」( 'A`) カチャリ ξ;゚⊿゚)ξ



('A` )「あーぁ、しけちまった」

ゾロゾロ 「あーぁつまんね」( ´_ゝ`)ミ,,-Д-彡「ポーカーすっかぁ」  ゾロゾロ



ξ;゚⊿゚)ξ 「………………」

「お嬢ちゃん、大丈夫かお?」

( ^ω^)「ここはお嬢ちゃん見たいなボンボン将校が来る所じゃないお、早く帰った方がいいお」



――そして、この人が生ける伝説。
ただの使い捨て部隊でしかないこの部隊を、彼等と同じ不適合者でありながら、国内最強の歩兵部隊に仕立てあげた、我が国の英雄。


ξ;゚⊿゚)ξ「・・・はっ。 あ、あのっ!!」

(ω^  )「んお?」

ξ;゚⊿゚)ξ「ほ、本日付けで配属となった津出戦術小尉であります」

( ^ω^)「おぉ、お嬢ちゃん・・・いや、小尉殿がそうでしたかお」

( ^ω^)「第二八特殊強襲歩兵中隊副隊長の内藤特別准尉ですお」



―――それが、私と第二八特殊強襲歩兵中隊の面々達との出逢いでした。

141 名も無きAAのようです :2013/02/13(水) 21:13:52 ID:FpBXKAHUO



これから、私は彼等と共に沢山の戦場を駆け巡る事になります。



('∀`)「よっしゃあ!俺達の勝ちぃ!!早速あの村を略奪じゃあ!!」

ミ,,^Д^彡「久しぶりの女だぁ!皆楽しめよぉ!!」



ξ;゚⊿゚)ξ「え!? ちょ、侵略地域の略奪や凌辱は我が国では禁止されて・・・」

( ^ω^)「お嬢ちゃん、私達は人外部隊だお。
       ・・・祖国に人として認められない者が、唯一祖国から黙認される『報酬』の時間を、邪魔しないでやってくれお」

ξ;゚⊿゚)ξ「そんな・・・」

142 名も無きAAのようです :2013/02/13(水) 21:14:18 ID:FpBXKAHUO
そのどれもが、私が生きときた常識の全てを、打ち壊してくれる物でした。



( ^Д^)「津出小尉、息災か?」

ξ゚⊿゚)ξ「教官、お久しぶりです」

( ^Д^)「まだ人外部隊に所属しているのか・・・まぁ、適当にやっていればいいぞ、どうせ奴らは・・・」

―――終戦後には、軍規違反で処刑されるんだからな―――



ξ゚⊿゚)ξ「・・・・・・えっ?」

143 名も無きAAのようです :2013/02/13(水) 21:15:06 ID:FpBXKAHUO
今でも、私は忘れる事が出来ません。
いえ、これからもずっと、忘れる事はないでしょう。



ξ;⊿;)ξ「どうしてっ! 戦争が終われば死ぬって判ってて、どうしてそこまで戦えるんですか!!」

('A`)「生きてるとか、死んでるとか、俺達にとってどうでもいいんだよ」

( ´_ゝ`)「どのみち俺達、最初から国に見捨てられてるしな」

(´・ω・`)「で、で、でも、こ、こんな僕達でも、ひ、必要とするのが、せ、戦争だから」

( ^ω^)「例え戦争の中だけでも、私達を捨てた国が、私達を必要とする。
       戦争の中でなら、私達は国民達の英雄になれるんだお」



(  ω )「―――例え戦時中だけでも、誰かに必要とされてるだけで、私達は―――僕達は満足なんだ」

144 名も無きAAのようです :2013/02/13(水) 21:15:51 ID:FpBXKAHUO
この戦争の中で見た、本当の英雄達の姿を。
戦火の間を駆け巡った、私の遅すぎる青春時代を。

歴史に残る事はない、あの部隊の本当の名前を。



( ^ω^)「お嬢ちゃんは、以前教えたこの部隊の通称を知ってるかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「え? えっと、人外部隊・・・」

( ^ω^)「それは軍の中で使われている通称だお。
       それとは別に、軍から正式に付けられた通称があるんだお」



――――その、名前は――――







( ^ω^)「ようこそ、お嬢ちゃん。第二八特殊強襲歩兵中隊―――」



「通称、『ヒトリガ部隊』へ」





【( ^ω^)まるでヒトリガの夢のよう。です】

145 名も無きAAのようです :2013/02/13(水) 21:17:14 ID:FpBXKAHUO
――――――――――――――――――――――――――――――





川 ゚ -゚)「と、いうのを考えたんだが、ここにどうやってクトゥルー要素を混ぜればいいと思う?」

o川;゚ー゚)o「ねぇ、絶対にクトゥルーを混ぜないといけないの?」

川 ゚ー゚)+「私としては、『火盗蛾だと思った?残念!実はアザトース様の夢でした!』というのを考えたんだが」

o川;゚д゚)o「タイトル詐欺にもほどがあるでしょうが!!」






【戦争物なんて書けそうにないので、執筆未定】

146 名も無きAAのようです :2013/02/13(水) 21:40:47 ID:v1AXsVZ20
まさかのクーのクトゥルフラブストーリーのやつかよww

147 名も無きAAのようです :2013/02/13(水) 21:49:35 ID:PBFq39Gk0
ま た お ま え か
さっさと執筆に戻れ

148 名も無きAAのようです :2013/02/17(日) 22:11:43 ID:6.0KuWbY0



V都。



ここでは、ある実験が行われているとの噂だ―



.

149 名も無きAAのようです :2013/02/17(日) 22:13:44 ID:6.0KuWbY0
しとしと、と柔らかい音がする。

(; ω )「んー…」

体の表面に、じとっとした汗の感覚。
着ている服も濡れているようだ。

突如、スピーカーの喚く音。

□<どうも!お疲れの皆さん!
  殺 人 ゲ ー ム
  の始まりですよー!

(;^ω^)「は?」

コンクリートむき出しの壁。
四方の壁に据え付けられたドア。
自分と同じように、辺りを見回す男女が十人ほど。

150 名も無きAAのようです :2013/02/17(日) 22:15:40 ID:6.0KuWbY0
集められた、一般人。

マト#>Д<)メ「なんなんだよこれ!帰してよ!」

( ・∀・)「へぇ…どうしたもんかねこれは」

公開される、ルールと情報。

(=゚ω゚)「…僕たちは一部を残して記憶を消されてるのかょぅ」

(;´・ω・`)「ここは地下200mに作られた施設?そんな映画みたいな…」

ミセ;゚д゚)リ「この中に殺人犯が一人!?」

生きて、帰るには。

□<これから、私の指示に従って移動してくださいな!
   指示に反した場合、「処刑」が皆さんをお待ちしていま〜す!
   それぞれの部屋で行われることはランダムですが、目的はもちろんあります!
   その部屋での出来事を乗り越えられれば!
   なんと!参加賞金と共に記憶をお返しし、その後の生活の保障まで致しましょう!
  
   ―では、お楽しみください!

151 名も無きAAのようです :2013/02/17(日) 22:16:35 ID:6.0KuWbY0
交錯する、それぞれ残された記憶と感情。

( ^ω^)「ツン…」

乗り越えなければならない、課題。

(゚、゚;トソン「こんな人と…この密室で?」

('A`)

('∀`)(春が来た!)

迎えられる、それぞれの結末。

( ><)「ごめんなさい、ワカッテマス君。それでも、僕は生きていたかったんです」

( ;<〇><●>)「あ…ガ…びろ、ぉど…」

152 名も無きAAのようです :2013/02/17(日) 22:18:59 ID:6.0KuWbY0

□<…生き残れるのは、だーれだ






(  )M計画のようです(  )







2013年4月31日公開

153 名も無きAAのようです :2013/02/17(日) 22:29:53 ID:4yiE8Utw0
たのしみだなあ

154 名も無きAAのようです :2013/02/17(日) 23:25:15 ID:dSBawIAI0
『クー、今日の晩御飯は何かお?』

川 ゚ -゚)「また操作情報の漏洩か?あまり感心せんな」

『ごめんなさいお……』

川 ゚ -゚)「どうせギコあたりが私に聞けとか言ったんだろう。あの係長今度会ったらシメる」

『……やっぱり自分たちで考えてみるお』

川 ゚ -゚)「待て。……やらないとは言ってない。……ギコもこうなるとわかっているから君に電話させたんだろうな、まったく……」

『あ、ありがとうだお!』

川 ゚ -゚)「ただしギコには次から自分で電話をかけてくるように言う事。わかったな?」

『わかりましたお……』

川 ゚ -゚)「"食材"は用意してあるのか?君の事だから心配はしてないが」

『あ、ちゃんと聞き込みは一通りと鑑識に話はしてあるお!』

川 ゚ -゚)「やはり殺人なのか……ここのところ多くなっていないか?」

『今のところ各事件の犯人には繋がりはなさそうだけど、お』

川 ゚ -゚)「ま、それは別問題か。……良いだろう。考えてみる。ただし、真実かどうかは保証しないぞ」

『いいんだお。頼り切るのもおかしいし、こっちはこっちで調べてみるお!』

川 ゚ -゚)「私の出番が来ない事を期待しているぞ、旦那さま」


川 ゚ -゚)「さて、"仕込み"を始めるか」
───────────────

川; ゚ -゚)「ロールキャベツ……まさかこれは、この事件は……」

川 ゚ -゚)「ブーン、『今日の献立が決まった』。みんなを集めてくれ」

『この事件の犯人は─────』

川 ゚ -゚)「─────さん、貴方だ!」

奥様探偵川 ゚ -゚)は事件を舌の上で転がすようです

2013年、公閉

155 名も無きAAのようです :2013/02/17(日) 23:26:38 ID:dSBawIAI0
>>154
×操作情報
○捜査情報

なぜ間違える俺

156 一つの歌ができるまで :2013/02/23(土) 23:32:56 ID:uSccs8Ic0
〜シベリアの奥地にて〜

( ・∀・)「さあついたぞ、ここがお前らの新しいスタジオだ」

('A`)「なんだぼろっちいな・・・5時間かけてこんなところかよ」

( ^ω^)「ドアが腐りかかってるお」


ギィ・・・


( ^ω^)「おっ、シンセがあるお」


('A`)「一応コンピューターも、シーケンサーもあるし、ドラムも」

('A`)♪タカタン


( ^ω^)「シベリアのボロ屋にしちゃなかなかそろってるお」

( ^ω^)♪ポロロン


( ・∀・)「気に入ってくれて何よりだ」

.

157 一つの歌ができるまで :2013/02/23(土) 23:36:07 ID:uSccs8Ic0
( ・∀・)「よーしお前ら、曲ができたら電話で知らせろ。
      迎えに来てやる」

('A`)「なんのことだ?」

( ^ω^)「さあ?」



( ・∀・)「あ、そうそう、作詞家がそのうち来るからな。しっかりやれよ。

      食い物は揃ってるから、適当に食ってくれ」


ガチャン

ブロロロロ・・・


('A`)( ^ω^)「・・・いっちまった・・・」

.
.

158 一つの歌ができるまで :2013/02/23(土) 23:38:42 ID:uSccs8Ic0
('A`)「はめられたな。缶詰にする魂胆だったんだ、奴は」


( ^ω^)「まあ契約期限切らしてクライアント怒らせた僕らが悪いんだけどね」

( ^ω^)「ところでドックン、こんなリフができたお」

( ^ω^)♪ポロロン



('A`)「ほう」

('A`)「陳腐だが悪くないな。ベースラインを足すとしたら、こんな感じか」

('A`)♪ボボボン

〜数分後〜

('A`)「よし、ミックスしてみよう」


http://twitsound.jp/musics/ts1oSMl1A


( ^ω^)「なかなかだお、曲とは言えんけど」

('A`)「陳腐だしこれといった山もねえしな、歌詞があればメロディー作る気になるんだが」

( ^ω^)「そういや作詞家が来るとか・・・」

159 一つの歌ができるまで :2013/02/23(土) 23:40:04 ID:uSccs8Ic0
.


【一つの歌ができるまで】


作詞家が到着次第連載開始



.

160 名も無きAAのようです :2013/02/24(日) 00:05:24 ID:mAMQRiRk0
ええ感じやないか
期待

161 名も無きAAのようです :2013/02/24(日) 13:47:23 ID:Rjn/qhVg0
よし、作詞してくれる人を募る作業に戻ろうか

162 名も無きAAのようです :2013/02/24(日) 17:53:30 ID:KhBipU220

どうも俺は、『ファンタジー』ってものが嫌いだ。

『呪文』だの『魔法』だのがまかり通る世界も、エセ中世ヨーロッパ風の町並みなんかもやたらと気に障る。
この世は科学で導き出される整然とした法則に基づくべきだし、中世ヨーロッパならもっと中世ヨーロッパらしい風景を描写するべきだろう。

まぁその辺は語りだすと長くなるからさておくとして、俺がそんな価値観を持ったのはいつからだったろう。
幼少の頃にドラゴンなんとか系の国民的RPGをプレイしたことがなかったからかも知れないし、ファンタジー小説の類を読まず専ら図鑑や地図帳に夢中になっていたからかも知れない。

勿論マンガやアニメ、ネットに触れてれば『勇者』や『魔王』といったファンタジー的お約束くらいは否が応にも分かるようになる。それが好きかどうかは全くの別問題としても。


……え? なんで突然そんな長ったらしいモノローグ語ってんのかって?


川*゚ -゚)「クックック……ハーッハッハッハッハッハ! 素晴らしい……ここが我が覇道の礎となる新世界……!!」


(;'A`)「…………」


そりゃアンタ、今朝起きたらウチの前の通りで魔王っぽいコスプレした不審者が叫んでたんですもんよ。

163 名も無きAAのようです :2013/02/24(日) 17:55:32 ID:KhBipU220

川;゚ -゚)「グッ! ――――フン、まだこの世界には身体が慣れぬか……。どうも瘴気が薄いな、この世界は……」

ああああ痛い痛い痛い。
とりあえず独り言はもっと小さく呟いてくれ。そこから窓閉めた二階の自室に居る俺に聞こえるって相当な音量だよ。

そもそも何あの真っ黒でボロッボロなローブ。勇者とラストバトルして辛くも別世界に逃げてきたとかそんなんなの?

川*゚ -゚)「フフ……兎に角、まずは我が居城ともなる場所が要るな。フム、まずは手始めにこの民家を制圧して最初の拠点とするか」

わーお、ありがちな量産型ライトノベルのお約束展開だー。でもお願い、そのセリフ我が家の方見ながら言わないでくれるかな。
というか現実世界で「ハーッハッハッハッハッハ」とか笑う人初めて見たよ。

川*゚ -゚)「フッ、我が贄となる哀れなる民草よ……精々我にひれ伏し慈悲を乞うが良い……」ザッ

あーあーあー、ヤバいよヤバい。この展開はマジヤバい。
見えるよこの後の展開が。

力が封印されたとかこの世界では力が使えないとかでもう一般人の女の子同然になってしまい戸惑う魔王をとりあえずウチに匿って。
初めはずっと家に居るんだけどそのうち暇を持て余した魔王に制服着せて学校に連れてったりして俺の幼馴染と恋のライバルになっちゃったり。
んで元の世界から魔王を追ってどう見ても人間な魔物さんだのが新キャラとして登場してさらに恋愛関係がこじれるとか、そんな感じの展開が。

冗談じゃない。
異世界人でも精神病患者でもどっちでもいいけど、そんなもんの主人公に誰がなるか。

そういうのは傍から見てるからいいんであって、実際その立場になったら相当大変だよなーって常々思ってたんだよ。俺は。


じゃあもう、やる事はひとつだね。

.

164 名も無きAAのようです :2013/02/24(日) 17:56:56 ID:KhBipU220
 

('A`)


(^∀^) ニコッ


(^∀^)つ白 スッ


(^∀^)つ白 ピピピッ トゥルルルル



白^∀^)「あ、もしもし警察ですか?」







('A`)と川 ゚ -゚)の正統派魔王系ラノベな毎日のようです


俺がファンタジー系の作品好きになったら投下開始

165 名も無きAAのようです :2013/02/24(日) 18:05:34 ID:qGxoKuRAO
>>164
ありとあらゆるファンタジーを読み漁れ、そのうちに好きになるから!早く!!

166 名も無きAAのようです :2013/03/05(火) 02:12:36 ID:LY1jd14Q0
5月3日 3時27分
第一多目的室兼裁判所


ザワザワザワ......


(; ^ω^)「......」ブルッ


( ・∀・)「ん?なんだ、今更緊張してきたのか?」


(; ^ω^)「ち、違いますお。今のは武者震いで......」


( ・∀・)「はは、そりゃいい。初舞台でそんな冗談を言えるなら大丈夫だな」


ザワザワザワ......


(; ^ω^)(......裁判長、遅いお)

167 名も無きAAのようです :2013/03/05(火) 02:13:23 ID:LY1jd14Q0
ガラッ!


(`・ω・´)「すまない、遅れてしまった」


( ・∀・)「ようやく裁判長が来たな。さあ、始まるぞ。用意はいいなブーン?」


( ^ω^)「は、はい!」


( ・∀・)「よし、じゃあ学級裁判の開廷だ!」


学級裁判......
それはAA小学校に存在する裁判所である
そこでは今日も学校で起こった様々な事件を裁いている......

168 名も無きAAのようです :2013/03/05(火) 02:14:05 ID:LY1jd14Q0
カンッ!


(`・ω・´)「では、これより学級裁判を開廷します」


(`・ω・´)「弁護側、検察側。準備はよろしいかな?」


( ^ω^)「弁護側、問題ありませんお」


(,,゚Д゚)「検察側、準備オーケーだ」


( ・∀・)「! 今日の検察は6ー3の"見抜きの天才"ギコか!」


( ^ω^)「見抜き......まさか、相手の癖とかを見抜くのですかお?それは厄介ですお......」


( ・∀・)「いや、裁判中に見抜きしはじめて捕まったことがあるからそう呼ばれてるだけだ。とくに厄介な相手ではないよ」


( ^ω^)「ただの変態じゃねーか」

169 名も無きAAのようです :2013/03/05(火) 02:14:45 ID:LY1jd14Q0
(`・ω・´)「では検察、事件の概要を」


(,,゚Д゚)「ハッ!!被告人、穂母ショボンは校内に違法薬物を持ち込み、および使用しました」


(`・ω・´)「違法薬物......とは?」


(; ^ω^)「ま、まさかドラッグかお!?」


(,,゚Д゚)「いや、もっと恐ろしい薬物......」


(`・ω・´)「......まさか」


(,,゚Д゚)「そう、チョコレートです!」


( ^ω^)


( ^ω^)「ん?」

170 名も無きAAのようです :2013/03/05(火) 02:15:30 ID:LY1jd14Q0
( ・∀・)「チョコレート......こりゃまたヤバイもんを......」


( ^ω^)「あのモララーさん」


( ・∀・)「ん?」


( ^ω^)「あの、チョコレートってなんかの隠語かなにかですかお?」


( ・∀・)「ん?いや、チョコレートはチョコレートだが......」


( ・∀・)「っ!!そうか、なかなかいいところに目をつけるじゃないかブーン!検察!」


(,,゚Д゚)「む、なんだろうか」


( ・∀・)「持ち込まれたチョコレートの種類はなんだろうか?」


(,,゚Д゚)「ああ、それはここに証拠もあるが......」


(,,゚Д゚)「ゴミ箱からキノコの山の箱が発見されたことから使用したチョコレートはキノコの山......マジックマッシュルームのようだな」

171 名も無きAAのようです :2013/03/05(火) 02:16:14 ID:LY1jd14Q0
( ・∀・)「なるほど......マジックマッシュルームか......」


( ^ω^)「え、マジでチョコなの?薬物って本当にチョコなの?」


(`-ω-´)「マジックマッシュルームといえば多用すれば肌荒れや鼻血、さらには眠れなくなると言う興奮を引き起こすと言われている......」


(,,゚Д゚)「ええ、あの味、食感でいまだに使用者の絶たないあの、悪魔のような薬物のチョコレートです」


( ^ω^)「なんか思ってた裁判とちがう」


(,,゚Д゚)「......よって検察側は被告に三ヶ月菓子パン無しの刑を求刑する」


( ^ω^)「随分軽いなおい」


(´;ω;`)「い、イヤだぁ!!そんな......そんな横暴が許されるかぁ!!」


( ^ω^)「あ、辛いんだ」

172 名も無きAAのようです :2013/03/05(火) 02:17:07 ID:LY1jd14Q0
( ・∀・)「......なかなか重い刑を求刑してきたな。おかわりじゃんけんまでちゃっかり禁止されるからな、あの刑は」


( ^ω^)「美味しいですおね、きな粉パンとか」


( ・∀・)「これはしっかり弁護しなくちゃいけねーな」


( ^ω^)「なんかもうかなりやる気が失われてるのですが」


(# ・∀・)「っ!!バカ野郎!!」


( #)ω゚)「へぶしっ!」スパーン


(# ・∀・)「確かに証拠を出され状況はかなりフリ......だがな、依頼人を見てみろ!」


( ^ω^)「依頼人?」


(´;ω;`)「違うんだ!食べてない!僕は食べてないんだぁ!!うぇっうぇっうぇっ」

173 名も無きAAのようです :2013/03/05(火) 02:17:57 ID:LY1jd14Q0
( ・∀・)「......見て、何を思った?」


( ^ω^)「ものすっごい泣いてますおね。少し引くお」


( ・∀・)「ああ......悲痛なほどに泣き叫んでいるな」


( ・∀・)「......信じてやれ、あの涙を」


( ^ω^)「......」


( ・∀・)「なんでこの学級裁判の弁護士が牛乳の蓋で作られたバッチを着けてるか知ってるか?」


( ^ω^)「ああこの牛乳の蓋に"べんごし"ってかかれたこれですかお?......さあ?」


( ・∀・)「牛乳の臭いやシミのようにしつこく粘れ......そういう願いが込められている」


( ^ω^)「聞かなきゃよかった」

174 名も無きAAのようです :2013/03/05(火) 02:18:49 ID:LY1jd14Q0
( ・∀・)「さあ、いくぜブーン。牛乳の臭いやシミのようにしぶとくいこうか!」


( ^ω^)「ものすごく帰りたい!」




( ^ω^)逆転する学級のようです

なんか眠いから投下しない
長くなってごめんね

175 名も無きAAのようです :2013/03/05(火) 04:55:15 ID:bcBmVUbA0
ものすごく見たい!

176 名も無きAAのようです :2013/03/05(火) 07:46:06 ID:N/uaXq2c0
俺のコーヒーやるからかけよ

177 名も無きAAのようです :2013/03/05(火) 07:51:14 ID:nQKdVJ.60


178 1/6 :2013/03/05(火) 15:04:22 ID:/KcbExJo0
ξ#゚⊿゚)ξ「何よ!アンタなんか!もう知らない!!」

(#^ω^)「そういう言い方はないんじゃないかお!僕だって必死で……!!」

('A`)「マァマァフタリトモ、オチツイテ…」

ξ#゚⊿゚)ξ「そんなこと言ったって……!!」

ξ゚⊿゚)ξ「言ったって……」

川 ゚ -゚)「どうしようもないじゃない、だ」

ξ#゚⊿゚)ξ「そ、そんなこと言ったってどうしようもないじゃない!!」

(#^ω^)「僕だって必死に引き止めたんだお!それでもあいつは、行ってしまったんだお!」

('A`)「ツンサン、ソレハホントウノコトナンダ。ブーンクンハガンバッタンダヨ。ソレデモコウナッテシマッタンダ。」

ξ゚⊿゚)ξ「〜〜〜〜ッ!!」

              ダッ  三ξ゚⊿゚)ξ

(;'A`)「アッ、ツンサン!!」

( ^ω^)「……放っておくお、ドクオ」

('A`)「デモ……」

( ^ω^)「放っておくんだお」

('A`)「……ワカッタヨ」

179 1/6 :2013/03/05(火) 15:05:15 ID:/KcbExJo0
( ´∀`)「はーい、そこまでモナー」

( ^ω^)ξ゚⊿゚)ξ('A`)「「「はーい」」」


( ^ω^)「やー、ツン怖いおーwwwまさに迫真の演技だおーwww」

ξ゚⊿゚)ξ「当たり前でしょ、アンタが怖がるようにやったんだから」

('∀`)「ブーンだって、相変わらず声に想いが詰まってたぜ?」

( ^ω^)「ドクオこそ今回もいい動きしてたお!」


川 ゚ -゚)「おい、先生が話すんだから少し静かにしろ」

( ^ω^)ξ゚⊿゚)ξ('A`)「「「はーい」」」

180 3/6 :2013/03/05(火) 15:06:05 ID:/KcbExJo0
( ´∀`)「うん、まずまず形になってきたモナね」

( ´∀`)「あとは個人個人のクセとかを直していけばいいと思うモナ」

( ´∀`)「まずブーン」

( ^ω^)「はいですお」

( ´∀`)「君は声は凄くいいモナ。よく通るし、気持ちが声にこもってるモナ」

( ^ω^)「いやー照れますおー」

( ´∀`)「ただ、君はあまりに動きが無さすぎるモナ」

('A`)「あー、そう言われれば確かに……」

(;^ω^)「動きですかお……?」

( ´∀`)「例えばさっきツンが上手(かみて・客席から見て右)側に走って行った時、君はどう思ったモナ?」

( ^ω^)「えーと、少しの戸惑いとあとは放っておけばいいって気持ち……ですかお」

( ´∀`)「さっきの動きではまるでそれが感じられないモナ。首一つ動いてなかったモナ」

(;^ω^)「え、そうなんですかお?僕の中では割と動きがつけられたと思ったんですけどお……」

川 ゚ -゚)「や、あんまり動いてなかったぞ」

( ´∀`)「舞台の上では少し動いた程度ではお客さんに動きが伝わらないモナ。それをもっと意識するモナ」

( ^ω^)「分かりましたお」

181 4/6 :2013/03/05(火) 15:07:10 ID:/KcbExJo0
( ´∀`)「ツン」

ξ゚⊿゚)ξ「はい」

( ´∀`)「君は声もいいし演技も上手いモナ。そこらの高校生程度じゃ相手にならない素質を持ってるモナ」

ξ*゚⊿゚)ξ「ふ、ふん!ま、まぁそうでしょうね!」

( ´∀`)「でもセリフ覚えるのが遅すぎるモナ。ここまで来るのにもうどれくらい経ったモナ?」

川 ゚ -゚)「開始20分の辺りまででもう3ヶ月、だな」

ξ;゚⊿゚)ξ「け、けっこう経ちましたね……」

( ´∀`)「モナ。もう大会まで2ヶ月しか無いモナ。もっと頑張ってもらわないと、その才能も無駄になるモナ」

ξ゚⊿゚)ξ「善処します」

('A`)「それやる気ない時にありがちなセリフじゃねーか……」

( ^ω^)「やる気ないおね」

ξ゚⊿゚)ξ「…………」


(#)^ω^)('A(#)「殴るこたねーお(だろ)……」


(;´∀`)「ま、まぁ頑張るモナ……」

182 5/6 :2013/03/05(火) 15:08:02 ID:/KcbExJo0
( ´∀`)「そんでドクオ」

('A`)「へい」

( ´∀`)「君はよくいい動きをするモナね。脇役ながらもよく頑張ってるモナ」

('∀`)「へへへ」

( ´∀`)「ただ、相変わらず声が小さすぎるモナ。あれじゃ何言ってるかよく分からんモナ」

(;'A`)「そうですか?今回は割と声出た方だったと思うんですが」

川 ゚ -゚)「先生の隣で見てたが、8割方聞き取れなかったぞ」

ξ゚⊿゚)ξ「ほとんど隣にいた私もあんまり聞き取れなかったわ」

( ^ω^)「同じくですお」

('A`)

('A`)「マジかよ……」

( ´∀`)「とにかく、いくら頑張って話そうが、聞こえなければ意味がないモナ」

( ´∀`)「動きで伝える方法も無いことはないが、ここではセリフで頑張ってもらいたいモナ」

('A`)「はぁ、発声練習もっと頑張ります」

( ^ω^)「ドクオこの間もそう言ってたお」

(;'A`)「うっせ」

183 6/6 :2013/03/05(火) 15:09:22 ID:/KcbExJo0
――――地区大会まであと2ヶ月!!――――

ξ゚⊿゚)ξ「月に代わって……えーっと……」

川 ゚ -゚)「おしおきよ、だ」

(;^ω^)「そもそもセリフが違うお!」

――――部員はたったの5人(先生含む)!!――――

('A`)「サァ、ミンナデテヲトリアウンダ!!」

( ^ω^)「え?」

ξ゚⊿゚)ξ「え?」

('A`)

――――ブーン達演劇部員の運命は!!――――

('A`)「なんでクー先輩は裏方なんですか?」

川 ゚ -゚)「役者は恥ずかしいからだ」


――――――――青春を、駆け抜けろ!!――――――――


           〜( ^ω^)達は演劇部員のようです〜


――――――――誰か、書いてください――――――――

184 名も無きAAのようです :2013/03/15(金) 02:54:40 ID:9mjowmYk0


この世でもっとも人間を愛してるのは、誰だか知ってるかい?



           それはね



                    "悪魔"さ

185 名も無きAAのようです :2013/03/15(金) 02:55:46 ID:9mjowmYk0




( ^ω^)「おいすー。フーンいるかおー」

( ^ω^)「フーン?」

( ^ω^)

( ^ω^)「フーン!!!!いるかおぉぉ!!!!!」

( ´_ゝ`)「煩い静かにしろ」

( ^ω^)「おっおっ、いるならすぐに返事しろお」

( ´_ゝ`)「俺はお前のような豚と違って忙しいんだよ」

( ^ω^)「嘘は良くないお!どうせ寝てたんだお」

( ´_ゝ`)「死ねくそ豚」

( ^ω^)「本当にフーンは分かりやすいおね」

186 名も無きAAのようです :2013/03/15(金) 02:56:50 ID:9mjowmYk0

( ´_ゝ`)「で?」

( ^ω^)「お?」

( ´_ゝ`)「何しに来たんだっつてんだよ、くそ豚」

( ^ω^)「豚は余計だお。いつもの頼むお」

( ´_ゝ`)「あーはいはい。全くご苦労なこって。何が楽しいのか俺にはさっぱりだな」

( ^ω^)「人間の考えることは楽しいんだお!」

( ´_ゝ`)「それには同感だが、また増築しねえと入らないんじゃないか?」

( ^ω^)「もう増築始めたお」

( ´_ゝ`)「お前の部下も哀れだな。バカみてぇな量の本のために家の増築が仕事とはな」

( ^ω^)「それには返す言葉もないお」

( ´_ゝ`)「まぁ、それがお前さんの性なんだ。部下たちも諦めてるだろうよ。
      そうだ、ついでに新米入ったから連れてってやってくんねぇか?」

( ^ω^)「堕天してきたのかお?久しぶりだおね」

( ´_ゝ`)「そうほいほい来られても困るがな
      兄者と弟者、こっち来い」

( ´_ゝ`)「ん?呼んだか、主」

(´<_` )「お呼びか、主よ」

( ´_ゝ`)「今日は人間界へ研修だ。この豚が指導員だ。言うことは良く聞けよ」

( ´_ゝ`)「把握した」(´<_` )

( ^ω^)「いい加減、豚は止めろ」

187 名も無きAAのようです :2013/03/15(金) 02:59:56 ID:9mjowmYk0


魔界では7人の悪魔と魔王が秩序を保っている



( ´_ゝ`)「てめぇらは俺を讃えてろ」

              『傲慢』を司るフーン


( ^ω^)「知っても知っても知識欲は尽きないお」

              『暴食』を司るブーン


('A`)「ちょっとリア充爆発させてくる。だから人間界へ行かせてくれ」

              『嫉妬』を司るドクオ


マト#>Д<)メ「まだ発展途上なんです!!」

              『憤怒』を司るマトマト


川 ゚ 々゚)「くるうちゃんは面倒事大嫌いなのです」

              『怠惰』を司るクルウ


(  ゚∀゚ )「アヒャヒャ!!そいつぁ面白そうだ、俺様もまぜろ」

              『強欲』を司るアヒャ


ζ(゚ー゚*ζ「服なんか着ない方が楽でしょう?」

              『色欲』を司るデレ



彼らをまとめ上げるのは、魔界の絶対君主

( ФωФ)「しにたい」

              『魔王』ロマネスク

188 名も無きAAのようです :2013/03/15(金) 03:01:18 ID:9mjowmYk0


人間の性を愛し

人間の思考を愛し

人間の自我を愛し

人間の感情を愛し

人間の愛情を愛し

人間の本能を愛し

人間の姿を愛する悪魔たち。




そんな彼らの送る日常

そして彼らへ着実に忍び寄る影。

189 名も無きAAのようです :2013/03/15(金) 03:05:02 ID:9mjowmYk0



下級悪魔たちの謎の失踪


              人間界、主要都市の壊滅


                                 天界からの猛攻



これらが何を意味し、何が起きようとしているのか


天界、人間界そして魔界。

3つの世界を巻き込む事件が幕を開ける――――――――――



( ФωФ)7大悪魔と魔王のようです

俺が次元を超える術を見つけられた時に公開

190 名も無きAAのようです :2013/03/15(金) 03:58:38 ID:FhS61OVsO
術を早く見つけるんだ

191 名も無きAAのようです :2013/03/15(金) 07:43:17 ID:nsqVTqm20
期待

192 名も無きAAのようです :2013/03/15(金) 17:44:39 ID:Lx23JzR20
待機するからはよ

193 名も無きAAのようです :2013/03/30(土) 16:38:23 ID:K5HKTdAM0

(*゚ー゚)

静かな街で暮らす少女、朝日椎奈。通称しぃ。
父親が滅多に家に戻らず一人暮らしをしていること以外は、どこにでもいる普通の女子高生。
彼女には、どうしても人には言えない悩みが、2つあった。

(*゚ー゚)(私、いや僕は――男の子)

まず一つ、彼女の心は”男”に目覚めつつあること。
女である自分にどうしようもない嫌気が差し、男に憧れるようになった。

二つ目は――


(*::∀(;*゚ー゚)

(;*゚ー゚)(いるッ!確実に!私の背後に――<ナニカ>がッ!!)


――少年の姿をした「ナニカ」にとり憑かれてしまったこと。

.

194 名も無きAAのようです :2013/03/30(土) 16:39:10 ID:K5HKTdAM0

「おばあさん、この綺麗なピアス、頂戴!」

「いいよいいよ、タダであげる」

全てはそう、露天商で買った不思議なピアスを身につけたその日から!
しぃの数奇な運命が今、幕を開ける!

(;*゚ー゚)「ピアスを付けたあの日から、私はコイツにとり憑かれたッ!この少年は何者!?」

(*゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ

【誰にも見えない、背後に顕れた謎の少年!】
【その正体は!】

ハハ:::ロ -ロ(-@∀@)「娘よ、お前も目覚めてしまったか……<スタンド使い>にッ!」

(;*゚ー゚)「父さんッ!その女の人は…ッ!?」

【生命エネルギーが作り出すパワーある像<ウ"ィジョン>――スタンド!】


.

195 名も無きAAのようです :2013/03/30(土) 16:39:51 ID:K5HKTdAM0


.                                 「甘美で狂おしい『死』を与えてやろう」


.                            「”美”とは人間のエゴだッ!!唾棄すべき存在なのだッ!」


.                               「僕が君になれば、僕はもっと愛されるはずです」


.                                   【次々と現れるスタンド使い!】


.                                 「俺は知りたい。スタンドの可能性、その先をッ!」


.                        「スタンド使いは惹かれあう。僕らは出会う運命にあるんじゃネーノ」


.                                           エゴイスト
.                                    【交錯するそれぞれの想い!】


.                           「例えこの想いが許されないものだとして……君を愛している、しぃ」


.                           「私は大切なものを、この街を、友達を、決して壊させたりしない!」


.                                     【少女らの戦いが、ここに始まる!】
.

元ネタ:ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない



(*゚ー゚)スタンドwithエゴイズムのようです 


                              現行書き終えたら投下予定

196 名も無きAAのようです :2013/04/04(木) 05:02:10 ID:rCS3uujg0
「この鈴は僕らの絆だお!」

あれから十年。
僕らは誰かに呼ばれ、異世界に降り立った。

( ^ω^)「皆で元の世界に帰るお!」

ξ#゚⊿゚)ξ「ごちゃごちゃ言わずにさっさと歩く! 野宿は嫌よ!」

('A`)「お前らは何年たっても変わらないなぁ」

出会いと別れ。

(,,゚Д゚)「俺はギコ。んで後ろに隠れてんのがしぃだ」

(,,゚Д゚)ー゚)「……よろしく」

この世界の中で歪んでゆく僕らの友情。
それは二度と戻ることはなく、やがて砂のように崩れてしまう。

「えへへ……。ブーンの膝……あったかいなぁ……」

(; ω )「あ……あぁ……」

「うわぁぁぁぁああああああぁぁ」

あの鈴は、もう鳴らない。

近日公開?( ^ω^)ブーンは選ばれたようです~リメイク~

ところで覚えてる人いないとリメイクって書く必要ないよね

197 名も無きAAのようです :2013/04/04(木) 15:42:23 ID:8iXltfP.0
>>178の話読みたいなぁ…!
俺も部員一桁の演劇部入ってたからすっげぇ親近感湧くわ

198 名も無きAAのようです :2013/04/04(木) 18:51:51 ID:26vJ0qVEO
>>196 
文丸にあるやつなら、倉庫も見てきたけど支持者多かった 
 
覚えてるやつはいると思うよ、196のレスの内容はなかったみたいだけど

199 名も無きAAのようです :2013/04/04(木) 21:13:32 ID:qQHKLfLI0
昔夢見た不思議な世界


例えば、走り続けないと留まれない場所
例えば、言葉を話す奇妙な動物
例えば、永遠に続くお茶会

でも、大人になった今、そんな世界に入ってしまったら不気味に思い、不安になってしまう筈


だけど


l从・∀・ノ!リ人「あ、ドードーなのじゃ!よーし捕まえて国に引き渡して絶滅種の発見者としてテレビに出たりして一躍有名になるのじゃー!」

(;’e’)「だ、誰か助けて〜!」

(;゚ー゚)「まって妹者ちゃん!野生の鳥は捕まえちゃダメよ!あと何で微妙に具体的なの!?」



ノハ ゚⊿゚)「うおおぉぉぉ!牛頭の海亀とったどー!どんなスープが取れるんだーー!?」

(;´Д`)「モ、モナー!?離して、離してぇぇぇぇ!!」

(;゚ー゚)「そんな得体の知れないの食材にしようとしちゃダメよヒートちゃん!」



(;ФωФ)「く、首がないのに……息が……苦し……」

(;゚ー゚)「えっと、クックルくん?頭だけの猫?さんが今にも死にそうだからちょっとだけだっこする力を弱めてあげようね?」

( ゚∋゚)「……………(コクリ)」

200 名も無きAAのようです :2013/04/04(木) 21:16:21 ID:qQHKLfLI0
( ・∀・)「はっはー、愉快なお茶会にこんな可愛らしいお嬢さんが来てくれるとは運がいいねぇ」

( メ_⊿)「ところでカラスと書き物机が似ているのは何故だか分かるかな?」

lw´‐ _‐ノv「それはもちろんwikiに載っている通りさ。それよりこのお茶にはクッキーよりもお米があうと思わんかね?」

(;゚ー゚)「お願いだから馴染まないでシューちゃん!そして先生は紅茶にお米は合わないと思うわ!」



( ^ω^)「おー、おっきい芋虫だおー」
  _、_
( ,_ノ` )y━・~「ん〜?どうした少年。大きくなれるキノコのことでも教えて欲しいのかい?」

(;゚ー゚)「ブーンくんブーンくん?先生おおきな芋虫にはちょっと近寄れないからこっちにきてくれないかなー?」


  _
( ゚∀゚)「うーむ、大きさは一級品。だが!若さとハリと、何より気品が足りない!そして恐らく黒ずんでると見た!」

ミセ#゚Д゚)リ「首を刎ねろおぉぉぉぉ!!!」

(;゚ー゚)「すみませんすみませんすみませんすみません!!」



幼稚園児にはやっぱり楽しそうな世界に見えるみたいです




(*゚ー゚)と園児と不思議の国のようです





(*゚ー゚)「良い子の皆はこんな妙な作品が公開されるって言われても騙されない様にしましょうね?先生との約束よ」

(*゚ー゚)「どうしても読みたいなら自分で書いてみましょう。先生楽しみに待ってるわ」

201 名も無きAAのようです :2013/04/04(木) 21:25:47 ID:RMS2qbmM0
さぁ今すぐ書きためる作業に戻るんだ

202 名も無きAAのようです :2013/04/04(木) 21:30:57 ID:QT6KnvoE0
なにこれ超読みたい

203 名も無きAAのようです :2013/04/04(木) 21:51:08 ID:BOJRVQzQ0
たのしみだなあ

204 名も無きAAのようです :2013/04/04(木) 22:45:17 ID:RMS2qbmM0

( ・∀・)「さぁアリス、シロウサギを追いかけよう」

――これは、一人の少女の――

(゚、゚トソン「だから私はアリスじゃないと…ええい」

――歪んでしまった、物語――

(メ._⊿)「……」

(゚、゚アリス「う、うさぎ…?」

――――

|゚ノ ^∀^)「アリス!戻ってきてくれたのね!」

(゚、゚;アリス「とりあえずその物騒なモン直して!」

――――

( ・∀・)「ぼくらのアリス、君が望むなら」

――――

(# ,,^Д^)「我らつぶあんぱんこそ至高!」

(#^Д^)「いいやっ!我らこしあんぱんだっ!」

(゚、゚アリス「地球最後の日に…あんぱんは、食べない」

――――

( 、 アリス「私――」

(゚、゚トソン「私、は――」

    歪みの国の (゚、゚アリス のようです


絶賛後悔中

205 名も無きAAのようです :2013/04/04(木) 23:10:31 ID:BOJRVQzQ0
おもしろそうなの書き逃げってひどいと思うんだ…

206 名も無きAAのようです :2013/04/05(金) 00:28:36 ID:jNz9O/8.0
ヒーロー。それは子供の夢。

ヒーロー。それは正義の象徴。

ヒーロー。それは人々の希望。

しかし、誰も知らない、いや覚えていないヒーローがいる。






('A`)「ヒーロー。見参!」



彼は力と引き換えに記憶に残らない呪いを受けた。
どんなに戦っても、どんなに救っても、感謝も理解も非難すらされない孤独なヒーロー。

だが彼は戦い続ける。これが己の信じた道としてずっと……


('A`)「覚えておけ。俺の名は……」




('A`)ドクオは孤独な正義【ロンリーヒーロー】のようです

3013年公開予定

207 名も無きAAのようです :2013/04/05(金) 07:17:50 ID:hkxoIA5M0
>>205
そのうち快感に変わるぞ

208 名も無きAAのようです :2013/04/20(土) 13:08:36 ID:MD1OpJrs0
能力バトル!

聞けば誰もが心踊る素晴らしい言葉 そして物語のジャンルだ

能力の強弱 能力の相性 能力の制約 能力の覚醒

その連なる言葉全てが魅力的でとても素晴らしい!

だがしかし考えて欲しい

(  )「その能力―――○○だよな?」

そう すべての能力には必ず元がある
超能力者はユリゲラー
魔法使いは中世ヨーロッパに
人外ならば都市伝説として至る所に

その元となる【能力】が存在する

『その元を突かれれば必ず負ける』

突如自分達が住んでいた世界とは少しだけ構造の違った世界に召集された人間達は
その類まれなる人生経験・・・或いは隠し持っていた野性の本能でそう思い至った

209 名も無きAAのようです :2013/04/20(土) 13:09:30 ID:MD1OpJrs0
ζ(゚ー゚*ζ「―――と言うわけで能力を選んで欲しいんですけど・・・」

彼らの眼前に並べられた幾数千の力たち
読めない本 機械の義手 大振りの鋏
もっと有名なものであれば北斗七星の傷 精神を具現化する矢 あるいは悪魔のような形状をした実
ζ(゚ー゚*ζ「・・・これ並び順逆にしたほうが良いんじゃないですかね・・・?」

そう呟く案内人の少女の目の前には そんな素晴らしい力の数々をほっぽりだしてその奥へと もっと知らない力へ
もっと使われない 相手に気取られない力と走る老若男女しかなかった

―――『しか』いなかったのである


未来予知―――誰も知らない未来予知

lw´‐ _‐ノv「凶だ!! それもそんじゃそこらの凶じゃない クレオパトラ級の・・・!」
能力詳細 対象の運勢を【煙草】の【銘柄】で判断する また嘘の銘柄を与える事で対象の運気【そのもの】を【操る】事も可能

埋める鉄槌―――誰も知らないピコピコハンマー

(*゚ー゚)「えっと・・・その・・・」
J( 'ー`)し「デートのときにガールフレンドがぴこぴこはんまーを持ち歩いていても大丈夫?」
能力詳細 白い【者】 或いは黒い【者】を地面へ生める事が出来る それぞれを埋めることで【好景気と不景気】を【調整】する

竜人変化―――誰も知らない竜人変化
  _
( ゚∀゚)「違う!人は・・・人はそんなに汚れてはいない・・・!」
能力詳細 相性の【悪い】共鳴を意図的に行う事で【暴走】を引き起こし寿命を削りながら絶対無比の一撃を放つ
その相性の悪さは シンクロ率【八千百九十二分】の【一】

時間跳躍―――誰も知らない時間跳躍

('、`*川「あ、勿論ゆり子には―――」
能力詳細 平面次元に存在する人格を有した【女性】による【完全無作為】な時間跳躍 女性に悟られ【なければ】跳躍させられる事は【無い】

戦闘兵装―――誰も知らない戦闘兵装

(,,゚Д゚)「さぁ・・・我に七難八苦を与えてみろ・・・!」
自身の体細胞から電力を【抽出】し 【射出】或いは身体の強化に用いられる
しかし自身のカロリーを【大量】消耗するため ざる蕎麦【10杯】分でも数分しか電力を生み出す事が出来ない

210 名も無きAAのようです :2013/04/20(土) 13:10:35 ID:MD1OpJrs0

('A`)「折角だから!俺はこの赤の扉を選ぶぜ!」
ζ(゚ー゚*ζ「至って普通の扉ですけど!?」
能力詳細 成長し【形状】が変わる拳銃を有する【資格】を持つ 【ただし】拳銃の照準が【ぶれぶれ】

ζ(゚ー゚*ζ「これ・・・誰が得するんですか・・・?」



('A`)達は反応しづらい能力だけで戦うようです

――

自分で考えておいて反応しづらいので公開しない
あと全部知ってる人がいたら飲みに行こうぜ

211 名も無きAAのようです :2013/04/20(土) 15:50:11 ID:kfjaynQ.0
ジョルジュの台詞しか分からぬ

212 1/2 :2013/04/25(木) 01:50:10 ID:iVoV8NCQ0

ツンデレは考えた。

ξ゚⊿゚)ξ 『川 ゚ -゚)'A`) ^ω^)゚⊿゚)ξ2008年を語りまくるようです』
       (※ http://boonfestival.web.fc2.com/talkyear/list.html
       みたいな作品がまた読みたい……


ξ゚⊿゚)ξ 言い出しっぺの法則か…。しゃーない書くかー

ξ゚⊿゚)ξ でも、まだ4月だし時期じゃないわね
       何より1年間振り返るとか面倒くさい…… 


ツンデレはひらめいた。

ξ゚⊿゚)ξ そうだ! 毎月ちょいちょい振り返れば良いんじゃない?

ξ*゚⊿゚)ξ したらばならスレは落ちないし、読者からの話題補完も期待できる!
        ブーン系雑談スレとして機能するかも!

ξ*^⊿^)ξ 書き手募集もすれば4月だけ書いて逃亡しても成り立つ!

ξ*^⊿^)ξ よしきたっ! 早速書きためるでー!



 ξ゚⊿゚)ξ2013年のブーン系を語りつくすようです  公開予定?


.

213 2/2 :2013/04/25(木) 01:51:02 ID:iVoV8NCQ0


ξ゚⊿゚)ξ AAはあたしとかブーンとか定番どころを出してー

ξ^⊿^)ξ テキトーにドクオdisっとけばギャグになるっしょ。余裕余裕♪


ξ゚⊿゚)ξ えっと、書くべき事は大まかに2つ

・話題作、完結作
・企画など各種イベント


ξ゚⊿゚)ξ スレの振り返りは【現行一覧】で(※ http://boonmtmt.sakura.ne.jp/genkou/

ξ゚⊿゚)ξ 感想書くのがちょっとダルいけど、
       話題作だったら総合とかにあるだろうから、そっからツマんでー

  _,
ξ゚⊿゚)ξ ん、話題? あたしがやったアレも触れなきゃなんないの?
  _,
ξ゚⊿゚)ξ スルーって訳にもいかないわよね……
       書けるかしら……?

  _,
ξ゚⊿゚)ξФ ……。


ξ゚⊿゚)ξ うっわ、他人行儀に書くとか白々しいわ。こんなの無理無理

ξ゚⊿゚)ξ さっきの書きかえましょ


 ξ゚⊿゚)ξ2013年のブーン系を語りつくすようです  後悔中!


ξ゚⊿゚)ξ 嘘予告に投げて〜


ξ゚⊿゚)ξノ ⌒о


ξ゚⊿゚)ξノシ つーわけで誰か拾って書いて。読むから


.

214 名も無きAAのようです :2013/04/25(木) 02:10:22 ID:F.qcWot6O
こんだけ書けるならさっさと初めろよ 
 
まずは3月まで書いて、一月過ぎるごとに更新すればいいだろ

215 名も無きAAのようです :2013/04/25(木) 02:24:13 ID:2A7DsnkA0
皆まで言わすんじゃねェよ

今すぐ速やかに迅速に最高速で書き始めろ

216 名も無きAAのようです :2013/04/25(木) 14:42:36 ID:g3WIyBiY0
とっとと書け太郎

217 名も無きAAのようです :2013/04/25(木) 23:18:33 ID:7ilgHvlY0
そこそこ静かでのどかな町『カンメイ町』で、本屋店主/ ,' 3の叫び声が響き渡る!!!!


/ ,' 3「盗まれたああああああああああ!!!!盗まれたああああああああああ!!!!」

/ ,' 3「ワシの店からキングダムが全巻ごっそり盗まれたああああああああああああ!!!」


極悪非道な所業!!!!
容疑者として挙げられたのは!!!!


(#'A`)「俺はやってねえええええええええええええええええ!!!!」


町一番のキングダム好きドクオ!!!!!


( ФωФ)「町内裁判の開始であるううううううううううう!!!!」


町内裁判!!!
容疑者をサツに突き出す前に、『本当にそいつが犯人か?』を町内の人々が判断するカンメイ町独特の司法制度!!!!!


/ ,' 3「ワシの店からキングダムを盗んだのはお前じゃあああああああああああああ!!!!」

(#'A`)「うるせええええええええええクソジジイイイイイイイイイイイ!!!!集英社と原先生に誓って俺はやってねえええええええええええ!!!!!」


晴れない容疑に、一人の男が立ち上がる!!!!!!





(´^ω^`)「ドクオくんの弁護人としてはせ参じたショボン様じゃーーーーーーーーーー!!!!」


(´^ω^`)「ひれ伏せーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!!!!!」

218 名も無きAAのようです :2013/04/25(木) 23:19:14 ID:7ilgHvlY0
町一番の毒舌家、ショボン!!!!



( ^ω^)「この証拠がドクオくんの犯行を裏付け(´^ω^`)「うるせーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」


検事をねじ伏せるおたけび!!!!!!


( ・∀・)「証人のモラ(´^ω^`)「死ねーーーーーーーーーーーーー!!!!!」


イケメンに襲い掛かる暴言!!!!!


ξ゚⊿゚)ξ「d(´^ω^`)「開けーーーーーーーーーーーー!!!!!お股ーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!」


セクハラ!!!!!


ζ(゚ー゚*ζ「s(´^ω^`)「種付けおセックスーーーーーーーーーーーー!!!!!」


セクハラ!!!!!!!!!!!


从'ー'从「h(´^ω^`)「しゃぶれーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!」


セ ク ハ ラ ! ! ! ! ! ! !


果たして、ショボンはドクオの無実を証明できるのか!!!!!!

そして、真犯人を突き止めることが出来るのか!!!!!!!!!



(´^ω^`)にこやか弁護人ショボン様だーーーーーーーーーーーー!!!!のようです


20!!年GW公開!!!!!!!!!!!

219 名も無きAAのようです :2013/04/25(木) 23:22:56 ID:gdGoBI9oC
ちょww気になるwwww

220 名も無きAAのようです :2013/04/25(木) 23:27:11 ID:2A7DsnkA0
駄目だこういうノリ大好きだわ
どんな脳ミソしてたらこの手の書けるのかマジで知りたい

221 名も無きAAのようです :2013/04/25(木) 23:29:21 ID:KaiFeRLs0
こういうの好きだわwww
はよ

222 名も無きAAのようです :2013/04/25(木) 23:36:48 ID:iVVWoj.k0
見たことあるぞこのキングダム感…!

223 名も無きAAのようです :2013/04/25(木) 23:58:39 ID:/ZTSnn..0
なんだっけ、このキングダム感……

224 名も無きAAのようです :2013/04/26(金) 00:38:54 ID:No.WBSPk0
ついに創作板でも本性表し始めたぞこいつ……!

225 名も無きAAのようです :2013/04/26(金) 01:50:34 ID:IC9tpXfYO
キングダムつったらもうあいつしか浮かばねぇよちくしょう

226 名も無きAAのようです :2013/04/26(金) 14:40:09 ID:98xOTX5M0
どっかで見たぞこのキングダム感……

227 名も無きAAのようです :2013/04/27(土) 21:33:18 ID:3Y/HV5MQO
こいつキンタ祭りにもいただろ

228 名も無きAAのようです :2013/04/28(日) 02:48:12 ID:Fc.dVxBU0
(^ω^)「よっと…」

【午前2時の天気、設楽場市晴れでしょう】

(^ω^)「天気いいみたいだお」

( ´∀`;)「ふぅふぅ、遅れたモナ」

(^ω^)「二分の遅刻お、そのでかい荷物はなんだお?」

( ´∀`)「ふふふ、あとでのお楽しみモナ、そんなことよりさっそく始めるモナ」

(^ω^)「おっお!」

午前2時、君ん家に望遠鏡を担いでった
ベルトに結んだラジオ、雨は降らないらしい
二分後にモナがきた、大げさな荷物背負ってきた
始めようか・・・

('A`)「なんかさ、俺最近誰かに見られてる気がするんだよね」

( ´_ゝ`)「自意識過剰乙www」

('A`)変体観測のようです(^ω^)

229 名も無きAAのようです :2013/04/28(日) 04:37:29 ID:8ib77L8Q0
「優しい」ってなんだろ?

誰かの間違いを許すこと?
ーーー間違いを正すのが面倒なだけ
誰かのワガママを聞くこと?
ーーー自分の主張をするのが面倒なだけ
誰かの愚痴に黙って頷くこと?
ーーー周りに流されてるだけ

何もしたくない
ただひたすら面倒くさい
何も考えたくない
ただひたすら面倒くさい
何もやりたくない
ただひたすら面倒くさい

権利なんかいらない
だから責任を押し付けるな
自由なんかいらない
だから責任を押し付けるな
楽しさなんかいらない
だからそもそも僕に構うな

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ピピピピピピピピピピピピ

( -ω-)zzz

( ぅω-)°° お…

( ^ω^) あ…バイトか…

( ^ω^) ……

( ^ω^) また一日が始まる


( ^ω^) 無気力フリーター24時のようです

2014年、就活に失敗したら公開予定

230 名も無きAAのようです :2013/04/29(月) 20:19:35 ID:2QhuicUk0
チュン・・・チュンチュン・・・

(^ω^)「んんっ〜今朝もいい天気だお〜」

シーン・・・

(^ω^)「だおね〜始発ですもんね〜発車オーラーイ!」

ピィ〜っ!

('A`;)「ちょっまっ!ブーン待って!乗る乗る〜」

(^ω^)「ハゲダッツ」

('A`;)「わーったガリガリ君で」

(^ω^)「発車オーラーイ!」

('A`;)「だぁぁぁ!!!」

ここは田舎のローカル線
たった11駅しかないこの線は今日も細々と利用者の足を担ってる

('A`)「ったく、こんなローカル線の始発なんて俺しか使わないじゃないか五分くらい遅れてもいいじゃねぇか」

(^ω^)「お前、運転中で手が出せないからってその横柄な態度…ここで下車してもらってもいいんだお?」

('A`)「悪かった、崖から飛び降りは勘弁」

毎日平和なこの線にも最近穏やかでない出来事が迫ってきた

('A`)「なぁ、もう決定の方向なんだろ?」

(^ω^)「まだだお、まだ余地はあるお」

('A`)「余地ってお前、なんか策でもあんの?もう廃線の方向で動き出してんのは目に見えてんだろ?認めろよ」

(^ω^)「・・・間もなく蘂莉愛〜蘂莉愛〜」

(^ω^)そこを走るはローカル列車のようです

231 名も無きAAのようです :2013/05/01(水) 00:18:58 ID:iIlDBdJE0
VIPのロマネスク国王がこの4年間国にしたことと言えば、
時期を見ない徴兵、民に重税を強いること、私腹を肥やすこと、命令を聞かない者を殺すことくらいのものだった。

隣国ラウンジの王、モララーの策略だと促す者もいたが、実際に悪政を敷いているのはロマネスクなのだ。
民の不満がロマネスクに集中するのに不思議はない。至る所で反乱の芽が燻っていた。

王子ブーン=ホライゾンもまた、以前と比べ変わりはてた父を見て挙兵を決意した1人である。

(♯^ω^) 我こそはVIPの王子!! ブーン=ホライゾンだお!!
……巨悪の根元、ロマネスク=ホライゾンを今ここにて討つ!!!!!

232 名も無きAAのようです :2013/05/01(水) 00:22:37 ID:iIlDBdJE0
('A`) 肉親を殺すって決意をした王子を……自分は守るだけです

ーー寡黙な従者は寂しげに呟いた

(* ゚д゚ ) はーっはっはっ!! 何が正しいのか! 何が間違っているのか!
そんなことはどうでもいいのです! 私の命は王子と共に!!

ーー陽気な従者は高らかに吠えた

(´-ω-`)y~~~ ふぅ〜〜〜
君が決めたことなら、勝手にするといいさ
どうせ言っても聞かないんだから

ーー自由な旅人は居場所を求めた

(;,,゚Д゚) 最初はアンタのことも殺そうと思った!
けど今はそうじゃない! あの時のことは言い訳できないけど、それでも、今は……!

ーー素直な暗殺者は命を求めた

( ^ω^)は誰かの心を動かすようです
子供が生まれたら書く

233 名も無きAAのようです :2013/05/01(水) 00:31:25 ID:0sE36ThsO
>>228 面白そうやないか

234 名も無きAAのようです :2013/05/01(水) 00:52:41 ID:ETMGsmxY0
>>232
はよ結婚して幸せな家庭を築いて子作りする作業に移るんだ

235 名も無きAAのようです :2013/05/01(水) 00:57:16 ID:jFqMZ7HI0
でも親がブーン系書いてるってキツくね?

236 名も無きAAのようです :2013/05/01(水) 00:59:39 ID:N7zd1w6k0
家庭第一で趣味なら許容範囲じゃね?
金かかるわけでなし

237 名も無きAAのようです :2013/05/01(水) 18:44:14 ID:x1zasONc0
>>231-232が前考えてた設定と結構似通ってる
ちょっと本気で執筆してみるかな

238 名も無きAAのようです :2013/05/01(水) 18:55:44 ID:LfKVNM.w0
>>237
聞いたぞ?聞いたからな?

239 名も無きAAのようです :2013/05/01(水) 18:57:08 ID:x1zasONc0
>>238
戦争物なんて書いたことないから投げるかもしれないけどね
期待しないで待っててくれ

240 名も無きAAのようです :2013/05/01(水) 22:16:00 ID:Tv3bPWOg0

「品質を重視、納期も厳守、信用第一は当社の方針です」

 ばかじゃねえのか、と思いながらそのうたい文句を眺める。
 入社したときからロッカールームに貼り付けられたままの月間目標は、既に月間なんて言葉が通用しない年季を帯びて平べったく塗装のはがれた壁にたたきつけられている。
 饐えたような臭いと印象が混じりきったそれを見るたびに脳の芯がじっとりと後ろ暗い冷静さで冷えていく。

 僕の仕事と来たらクソったれに月給だけは一丁前で、去年の僕はその一丁前の月給にすっかり惑わされてうっかり入社してしまった洟垂れ坊主だった。
 仕事の内容は至極簡単。
 一週間のうち五日程きっちり九時に出社。
 ロッカールームで着替えて支給されたバットをからから引きずって事務所に向い、本日の依頼人と依頼内容を話半分に確認する。
 ナビゲーターの都村さんを口説こうとしてこっ酷くあしらわれている間にその作業を終えればあとは言われたとおりに街へ繰り出して、
支給品のバットをからから引きずって依頼人の元に向かう。
 あとは適当に仕事を済ませて、それを二、三繰り返せば日は暮れてしまって、そうなれば自由解散だ。銘々に家に帰るなり酒場へ向かうなりすればいい。
 つまり品質も無ければ納期も無い、信用は第一かもしれないが現場の人間は支給されたバットをからから引きずるばかりでそんなものを気にするはずが無い。ロッカールームの月間目標は誰に向けての目標なのかというのは僕とギコの間で三ヶ月に一回ほどぼんやり話題に上ってはどうでも良いと受け流されるほどに重要な謎になっていた。

(,,゚Д゚)「この会社が入る前に入ってた会社の月間目標じゃないのか」

( ・∀・)「そういうのってフツー会社がなくなる前に捨てるんじゃねぇ?」

(,,゚Д゚)「しらねぇよ」

( ・∀・)「お前がぶったてた仮説だろうが。責任持てよ」

(,,゚Д゚)「俺は嫁さんが孕んだ時にしか責任は持たないようにしてんだ」

( ・∀・)「無駄に男らしいなお前」



 汚い裏通りとステキな表通り。
 その間に大層な違いなんて本当のところ殆どないし、どちらもどちらで平等にクソッたれなのを両方が両方自覚していない。
 そんなことを考えている僕だってクソッたれのなかのクソの一部分で、今日もバットをからから引きずって仕事をする。
 人の頭を端から端へとファールする簡単なお仕事だ。今日も今日とて引きずっていた相棒と表通りのお偉いさんの後頭部をぱっかーんと劇的キッスさせてそれで終わり。つまらないルーチン。



( ・∀・)「クソったれだな」


 の、筈だった。



|゚ノ ^∀^)「こんばんは、こんにちは、おはようございます。そしてようこそいらっしゃいました、"有用な人材資源"の皆様」



 の、はずだったんだ。

241 名も無きAAのようです :2013/05/01(水) 22:16:56 ID:Tv3bPWOg0







( ・∀・)「品質を重視、納期も厳守、信用第一は当社の方針です」だそうです

そのうち公開予定は特にない



業者スレがのっとり禁止とは初耳だったよ
ドンマイドンマイ 現行がんばろうぜ




( ・∀・)「品質を重視、納期も厳守、信用第一は当社の方針です」だそうです

そのうち公開予定は特にない



業者スレがのっとり禁止とは初耳だったよ
ドンマイドンマイ 現行がんばろうぜ

242 名も無きAAのようです :2013/05/01(水) 22:19:56 ID:Tv3bPWOg0
何で二度書いたんだ。何でこんなセルフドンマイしてんだ
どんだけドンマイなんだ マジドンマイ

243 名も無きAAのようです :2013/05/01(水) 22:30:26 ID:ZDk.m2Ko0
>>242
ドンマイドンマイ 現行がんばろうぜ

244 名も無きAAのようです :2013/05/01(水) 22:56:14 ID:N7zd1w6k0
>>242
ドンマイドンマイ 現行がんばろうぜ
読んでて面白かったぜ
いつか書いてくれたらうれしいぜ

245 名も無きAAのようです :2013/05/01(水) 23:00:20 ID:pUNV5QKY0
>>242
こういうセルフドンマイとかいう言葉を生み出しちゃえるあたりにセンスを感じる
マジドンマイ

246 名も無きAAのようです :2013/05/02(木) 19:13:13 ID:7sA4TJss0
中学校英語を、ブーン達ともう一度やりなおしてみませんか?

ハハ ロ -ロ)ハ「You □ from Japan. □にはなにが入るでショウカ、フォックス君?」

爪#'ー`)「あーッ! んなもんわかるかって!」

ハハ ロ -ロ)ハ「正解デス。areがはいりマス」

( ^ω^)「さすがフォックスだお」

爪;'ー`)「ま、まあな!」


ハハ ロ -ロ)ハ「例文を声に出して読んでみましょう。I love you.」

( ^ω^)「I love you.」

ξ゚⊿゚)ξ「あ、I do not love you.なんだからねっ!」

ハハ ロ -ロ)ハ「ハイハイ。そこのカップル向かい合って読まナイ!」


('A`)「先生。デレさんから英語の手紙をもらったんですけど、その………分からなくて」

ハハ ロ -ロ)ハ(英語でラブレターデスカ。フフフ)


中学校英語と、ほんのちょっぴり青春。


( ^ω^)達とやりなおす中学校英語のようです
英語のテストで100点をとったことがあれば公開

247 名も無きAAのようです :2013/05/05(日) 16:54:57 ID:wS5TIes.0
( ^ω^)「おっおっおっ今日はいつにもまして丁寧にやってるおねドクオ?」

銃の手入れをしているとニヤケ顔の豚…もといブーンが声を掛けてきた。

('A`)「たりめーだろ、今日は大物がきてるから人数も多いだろうし」

( ^ω^)「それもそうだおね…まあ多分大丈夫だお、来るのは下っ端なんだし」

そう言葉を交わすと豚はエントランスから外へと出て行った。
豚の後ろには数十人が付いていく。
今日の襲撃者はせっかちな奴らだ、もう来ているらしい。

『ドクオ聞こえてる?』

無線から女の声

('A`)「ああ聞こえてるぞツン」

ξ゚⊿゚)ξ『半分ぐらいはうちらが減らしてあげるからちゃんと残り倒してよね?』

('A`)「いや、多分俺らの取り分は三分の一さ」

ξ゚⊿゚)ξ『あら?どうして?』

('A`)「てめーの大好きな人が外出て行ったからな、三分と持たないぜ今日の敵さん」

ξ//⊿//)ξ『ばっ!ブーンなんて好きでもなんでもないんだから!』

('A`)(分かりやすすぎる)

そんなやり取りをしていると外が急に明るくなった。
今しがた会話した屋上のツン達がライトを点けたのだろう。

248 名も無きAAのようです :2013/05/05(日) 16:55:54 ID:wS5TIes.0
('A`)「おう、お前ら半分は二階の窓に着け、後ろのほうのを殺していくんだ」

「「「了解しました」」」

近くにいた仲間たちが上へと上がって行く。
おっと言い忘れてた。

('A`)「お前らスナイパーなんざ軟弱な奴らに負けたら承知しないから、OK?」

「「「了解しました!!」」」


明るくなった外では静寂が続いていたが、怒声、車のエンジン音が聞こえてきた。
そんな中一発の銃声が響く、多分ツンであろう。
これを皮切りに大きなブーンの声が聞こえてきた。

( ^ω^)「ようこそホテルVIPへ!」


    ( ^ω^)戦うホテルVIPのようです

ネタをくれれば書く

249 名も無きAAのようです :2013/05/06(月) 02:18:18 ID:4V9Fn5XU0
>>248
ネタなら沢山やるから早く書けよ!

250 名も無きAAのようです :2013/05/06(月) 02:19:04 ID:4V9Fn5XU0


目が覚めたらまずパソコンの電源をつける。


今や時代はWindows7や8となっているのに、僕の持っているそれは、もうどこの家電量販店でも見られないWindows2000だった。

パソコンが立ち上がるのを待つ間に、顔を洗い、湯を沸かす。
起動したのを確認し、いつも通りにJaneを立ち上げ巡回のジェスチャーをする。


ずらりと並ぶ新着レスのついたスレッドのタイトルを一つ一つ眺め、そして見つける。

( ><)「……ふう、」




あった。

251 名も無きAAのようです :2013/05/06(月) 02:19:45 ID:4V9Fn5XU0





432 名も無きAAのようです sage 2013/03/20(水) 00:56:85 ID:3iYvkln70
乙!

435 名も無きAAのようです sage 2013/03/20(水) 01:03:54 ID:xh83sydu0
やっぱりこれ好きだ
待ってた甲斐があったな

439 名も無きAAのようです sage 2013/03/20(水) 01:08:47 ID:04fnanaI0
おつ
まさか伏線がそことはな……

442 名も無きAAのようです sage 2013/03/20(水) 05:43:54 ID:gie774nI0
乙おつ!
そしてブーンは爆発しろ





252 名も無きAAのようです :2013/05/06(月) 02:21:47 ID:4V9Fn5XU0

深夜のゲリラ投下だと言うのに、レスが付いていた事に安堵の溜め息を洩らす。


( ><)(普段だったら乙レスは10を軽く越えるのにな)


( ><)(やっぱり深夜はだめですね、乙が貰いにくい)


一通りの"乙"の確認が終わったあと、稚内はパソコンの電源を切り、出勤の支度をした

253 名も無きAAのようです :2013/05/06(月) 02:24:19 ID:4V9Fn5XU0




( <●><●>)『文章力も信頼も評価も地位も何もかも持っているのに』


彼の言葉がそのまま刺さる


( <●><●>)『私がどれだけ努力しても手に入らないものをあなたは持っているのに』


握り締めたてのひらは冷たくなっていた


( <●><●>)『なんであなたが人気作者なんですか』


噛んだ唇は白く、



(。<●><●>)『撿撿なんで、』






.

254 名も無きAAのようです :2013/05/06(月) 02:26:52 ID:4V9Fn5XU0








『あなたじゃなきゃよかったのに』








.

255 名も無きAAのようです :2013/05/06(月) 02:28:07 ID:4V9Fn5XU0



( ><)「わかんないんです」


( ><)「なんでブーン系を始めたのか」


( ><)「なんでここまで書いたのかも」


( ><)「誉められたかったのでしょうか?」


( ><)「人気作者になりたかったのでしょうか?」


( ><)「たった一つの"乙"にはしゃぎ回り」


( ><)「たった一枚の支援絵に涙ぐんでいたのに」


( ><)「気がつけば"乙"や"支援"を数えて自己満足に浸る僕がいました」


.

256 名も無きAAのようです :2013/05/06(月) 02:29:43 ID:4V9Fn5XU0




( ><)「……ああ、僕は」






( ><)「なんのために、ここまで書いてきたのでしょうか?」






.

257 名も無きAAのようです :2013/05/06(月) 02:32:33 ID:4V9Fn5XU0




( ><)はブーン系有名作者のようです( <●><●>)


俺が有名作者になったら書く

258 名も無きAAのようです :2013/05/07(火) 00:41:29 ID:MpZ59rEo0
・・・遙か遠い昔、世の中には貨幣と呼ばれるものがあったそうだ

その貨幣は欲や希望などを満たすために利用でき、食べ物〜命までありとあらゆるものがそれと引き換えに手にできたらしい



('A`)「いらっしゃいませって、またかよ」

( ´_ゝ`)「頼む!ドクオ!貸してくれ!」

('A`)「いやいやいや、この前本名もなくしたじゃないか!」

( ´_ゝ`)「うっ・・・」

('A`)「ったく、借りるためには必要な物をちゃんと持ってきてくれよな」

(^ω^)「おっお〜ドクオ〜この前の返すお〜」

('A`)「まいど、えっと〜内藤ね、はいたしかに」

('A`)「ほら、こうやって返すあてができたらこいよ」

( ´_ゝ`)「・・・あぁ」

そんな貨幣なんて夢のようなもの本当にあったのだろうか?今は皆、首からかけたネームタグに刻まれた名前をやりとりして生きている
この( ´_ゝ`)みたく、名前を呼ばれなくなるということはどんなめにあうか皆わかっているから日々名前を増やすことに必死だ

( ´_ゝ`)「・・・ドクオ、今までありがとな、また明日会えたら呼んでくれよ」

('A`)「生きろ」

(´<_` )「ここにいたのか、名前入ったぞ、わけてやる、兄者だ」

( ;_ゝ;)「うっ、、、お、弟者〜」

('A`)「はは、よかったな兄者」

('A`)名義貸しのようです

259 名も無きAAのようです :2013/05/07(火) 16:56:48 ID:mTtuDvlc0

( ^ω^)「僕は、世界を見たいんだお!
     この世界には僕の知らないことがたくさんあるはずなんだお!
     このまま死ぬなんて嫌だお、最後まで抗ってやるんだお!」

('A`)「こいつについていけば、新しいものがみれる。
    こいつは俺の希望なんだ、死なせはしない」

ξ゚⊿゚)ξ「何もできないで諦めるなんて絶対にイヤ。
      戦って戦って、それで死ぬのもイヤ。
      私は生きてみせるわ。それだけの力をつけてみせる」

川 ゚ -゚)「彼女は私がいないと暴走しがちだからな。
     私は、彼女を守るために強くなる」

( ´_ゝ`)「なにもわからないまま死ぬなんてばかばかしいことがあるか?
       俺は御免だね。生きてる以上俺達には知る権利がある」

(´<_` )「世界のすべてを知るために、力が必要なんだ。
       俺は、もうなにも失いたくない」

(,,゚Д゚)「こいつを守るためならなんだってしよう。
     それで俺が死んでも構わない、ただ、こいつだけは死なせない」

(*゚ー゚)「彼は命知らずなの。
     私が、彼を守ってあげないと死んでしまうわ。
     彼のいない世界に意味なんてないのよ」

260 名も無きAAのようです :2013/05/07(火) 16:57:36 ID:mTtuDvlc0

( ・∀・)「あぁ教えよう。
     君達には生きる資格と、意志がある」

( ´∀`)「君達が世界を知って、どうなるかはわからない。
      ただ、君達が望むというのなら教えよう」

( ・∀・)「僕は魔法を」

( ´∀`)「僕は体術を」

「君達の力になるのなら」

この世界には、怪物があふれている。

怪物は人間を襲う。
そこに理由はない。
ただ人間を徐々に、着実に、減らしていく。

人類は絶望していた。
最期を想い神に祈り涙する者。
死を恐れ周囲を巻き込む者。
世界は変わらないと毒づき諦める者。

261 名も無きAAのようです :2013/05/07(火) 16:58:22 ID:mTtuDvlc0


そんな中、抵抗を続ける人間がいた。


怪物に抵抗する術を身につけるための学校。
彼等は戦う。

未来を手に入れるために。
傍らに寄り添う相棒を守るために。
世界を、救うために。

( ・∀・)「ようこそ、抗う者たちよ」(´∀` )


彼等は独りでは戦えないようです


主人公が決まらない、スレタイに納得いかない、世界観定まらないの三連コンボ
納得いく出来になったら、やるかもしれん

262 名も無きAAのようです :2013/05/10(金) 01:16:51 ID:PD1sqnac0
『結局さ、最強のキャラって誰なの?』

『王騎将軍に決まってんだろ言わせんな恥ずかしい殺すぞ』

『は?ガッツさん差し置いて何言ってんの殺すぞ』

『これだから漫画オタはキモいんだよ。最強のエンジニア、アイザックさんに決まってんだろド低脳が』

『佐天さんかわいいです』

『じゃあ、もうさ』

『実際に戦わせたらよくね?』

『そんなことよりクレイジータクシーやりに行こうぜ』

『詳しいルールは?』

『【平面的存在《グラフ》】どもに、ランダムに「キャラ専用の武器」を与えてやる。ランダムと言っても、使用者の基本スペックを考慮してあるがな。』

『ああ、女子供にゃ強力な武器がいきやすいように設定してあるとか?』

『…やっぱやめとこう。ほら、俺リョナ属性あるし』

『知らねーよ』

『映画のきゃらは?』

『好きにしろよ。なるべく楽しい戦い(リョナ的な意味で)が見たいしな。じゃ、始めんぞ?』

『うはwwみwなwwwぎっwwてwwきwwwwたwwwwwwブッリイイイイイイイイイイイブリブリイイイイイイイイイイイイイ!!!


『おっげええええええええええええええ!!!くっせえええええええええええええ!!!!!』

263 名も無きAAのようです :2013/05/10(金) 01:20:36 ID:PD1sqnac0
―――その時。


それはブーンが学校でドクオとキングダムについて語りながらアホみたいなテンションになっていた時。
それはドクオが学校でブーンとキングダムについて語りながらアホみたいなテンションになっていた時。
それはヒッキーがまたヤングジャンプのアンケートはがきを切っていた時。
モララーはうんこ。
それはギコが弟に『ばらしーの方がかわいいだろ!!!」ってキレてた時。
それはフサギコが兄に『はいはいきらきーの劣化コピー乙wwwww』って煽ってた時。
兄者と弟者がホモしてた時。
しぃが爆発した時。渡辺のハンバーガーが爆発した時。
etc.
etc.

彼ら彼女らは、なんの前触れもなく別次元に飛ばされた。

264 名も無きAAのようです :2013/05/10(金) 01:21:27 ID:PD1sqnac0



('A`)「な…」

('A`)「なんじゃこりゃあああああああああああ!!!!」


キングダムの話で盛り上がってたときになんか変な場所へ飛ばされた僕は至って平凡な高校生
強いて違うところを挙げるとすれば、キングダムに興味があるってとこかナ
名前は欝田ドクオ

そんなわけで、なんか変な場所で1人佇んでいるのであった


('A`)「!!」


ふと見ると、近くに一本の太い矛が地面に突き刺さっていた


('A`)「ウホッ!いい矛…」


『欝田ドクオ』 武器:王騎将軍の矛

265 名も無きAAのようです :2013/05/10(金) 01:22:10 ID:PD1sqnac0
そのころ、ブーンは


( ^ω^)「…」

( ^ω^)「いい、景色だ…人もいない…」


見知らぬ学校の屋上にいた


( ^ω^)「こんな場所にいると、小便がしたくなる…」ジーィ


そう言うと、内藤ホライゾンは、ズボンのジッパーを下ろし


( ^ω^) ボロン


イチモツをむき出しにし


( ^ω^)「アアッ…ふぅー」ジョボジョボジョボ…


眼下の町並みに放尿した


( ^ω^)「ところで、さっきから僕の隣に鎮座するこのかっこいい矛は何かな?」


『内藤ホライゾン』 武器:龐煖の矛

266 名も無きAAのようです :2013/05/10(金) 01:22:56 ID:PD1sqnac0
この世界のルール

・各々に支給された『キャラクターが持つ武器』を駆使し、最後の一人になるまで戦いあう
・『武器』にはそれぞれ『キャラクターの特徴、能力』があり、原作とほぼ同等の力を発揮できる
・また、武器は入れ替え可能とする



魔法よりも、特殊能力よりも、激しくぶつかり輝きあうもの

それは、『武力』

これは、もう1つの『最強能力決定戦』



('A`)は王騎将軍が最強だって事を証明するようです


あらチーの新作が出たら書く

267 名も無きAAのようです :2013/05/10(金) 01:25:35 ID:rFG.eVyM0
また出やがったな王騎将軍

268 名も無きAAのようです :2013/05/10(金) 03:18:06 ID:ZG9LBXgw0
>モララーはうんこ。
カワイソスwwwwwwww

269 名も無きAAのようです :2013/05/10(金) 13:05:28 ID:d5syYJ5E0
またお前かww
最強のエンジニアを推すあたり、この子出来る子だわwwww

270 名も無きAAのようです :2013/05/10(金) 16:44:07 ID:8Tbrhzwg0
そんな事よりクレイジータクシーやりに行こうぜ

271 名も無きAAのようです :2013/05/10(金) 21:48:51 ID:Ff1Eooug0
ξ ゚⊿゚)ξ「私ね、ブーンさん」

(;´ω`)「……なんだお?」

ξ ゚⊿゚)ξ「私、」

ξ ゚⊿゚)ξ「知りたいことが、あるの」

其れは、青年と少女の物語。

( ;,゚Д゚)「逃げたぞ! 追え!!」

( ´_ゝ`)「まったく、とんでもないお嬢さんだな」

( ・∀・)「初めまして。そして――一緒に帰ろうか」

(;´゜ω゜`)「あ、ああ……ああああああああ!!! 化け物! 化け物ォッ!!」

272 名も無きAAのようです :2013/05/10(金) 21:52:27 ID:Ff1Eooug0
  _
( ゚∀゚)「俺も、君の気持ちが分かる気がするよ」

(*゚ー゚)「ずっと、待ってる人がいるんだ」

畏怖の感情から始まった、青年と少女の、

ξ*゚⊿゚)ξ「ブーン! やっと分かった!!」

( ;ω;)「……ッ聞きたく、ないお……やめてくれお……!」
 
 
 
ξ*^⊿^)ξ「ありがとう、ブーン!」
 
 
 
生の、物語。

ξ ゚⊿゚)ξ知りたがりのようです(^ω^ )

現行スレが人気になったら書く

273 名も無きAAのようです :2013/05/10(金) 22:46:16 ID:FJ3d69p.O
>>272 
どれだよ、毎日書きこんでやるよ

274 名も無きAAのようです :2013/05/10(金) 23:16:28 ID:PD1sqnac0
精を求める女型の魔物が大陸を侵略し始めてから、五世紀が経過した

以前、人間軍はその数を減らしている

男は魔物に魅了され、性奴隷となり

女は魔力を注ぎ込まれ、新たな魔物として生まれ変わる





人は、絶滅の一途を辿っていた




だが、どんな絶望下でも

希望は生まれるのだ

275 名も無きAAのようです :2013/05/10(金) 23:19:26 ID:PD1sqnac0
この世のありとあらゆる生物は、みな『進化』し続けてきた


ある生き物は極寒に耐えるための毛皮を

ある生き物は猛暑に耐えるための脂肪を

ある生き物は天敵から逃れるための擬態を

ある生き物は獲物を捕らえるための毒を


そして、それは人間も例外ではない



魔物の力に耐えうる身体を求めた

魔物の誘惑に耐えうる心を求めた

魔物を殺す喜びを求めた

魔物の餌を生みださない喪失を求めた



救いの勇者を、求めた

276 名も無きAAのようです :2013/05/10(金) 23:26:44 ID:PD1sqnac0
(゛゜ё゜゛)「ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!」

(;^ω^)「お…おお…神よ…」


とある村で、同時に七人の『母親』が死に、七人の『赤ん坊』が産まれた

その赤ん坊達には、睾丸が無かった

顔は醜悪、泣き声はまるで悲鳴


おおよそ人間とは思えない醜さを持っていた


だが、彼らこそが『希望』


醜い赤ん坊はやがて成長し、魔物を滅ぼす戦士となった




その名は『Ugly』




全生物の目的である『生殖』を捨て、ただ魔物を殺すために産まれてきた『不細工共』である




(;^ω^)全員不細工のようです(゛゜ё゜゛)


ブーン系キングダム祭りが開催されたら公開

277 名も無きAAのようです :2013/05/10(金) 23:43:47 ID:EiOJBQ5kO
>>276
なにこれ見たい

278 名も無きAAのようです :2013/05/11(土) 01:12:14 ID:ru.taOQY0
名探偵、それは小説やマンガにおいて華麗に事件を解決する存在である。


(´・ω・`)「部屋には鍵がかかっている、窓はなし、天井には人の通れないような通気口だけ」

(´・ω・`)「完璧な密室だ」


現実に名探偵はいないのか、名探偵は小説やマンガの中だけの登場人物なのか?


(´・ω・`)「被害者に目立った外傷は無し、毒を飲まされた形跡も無し」


否、名探偵は実在する。


(´・ω・`)「普通ならば完全犯罪だったかもしれないが、相手が悪かったな」

(´・ω・`)「謎は全て解けた!」

( ´゚ω゚ `)「犯人は浸透勁で壁の向こうから被害者を殺したんだ!」


名探偵は肉体派のようです

ツンデレ込みで烈海王並みの猛者が現れたら公開

279 名も無きAAのようです :2013/05/15(水) 01:20:15 ID:VPNYhdJU0
2013年、今。豊臣秀吉の「刀狩令」からおよそ425年後。

突如日本人の中に「普通の人には見えない刀」を持つ人達が現れる。

その刀はそれぞれ意志を持ち、持ち主達にかの最高神天照坐皇大御神(アマテラシマススメオオミカミ)から「しん・刀狩令」なるものが下されたと告げる。

その刀狩令とは「刀」を手にした者と戦って相手の刀を奪いあえという荒唐無稽で突拍子もないものだった。

しかし刀は「これを拒む者は存在しない。何故ならばそういう者にこそ、この力の種を撒いたからだ」と言う……。

「侍達」の頂点に立った者に与えられるのは「最高の名誉」と「刀」、そして「力」。

主人公である内藤ホライゾンも参加者の一人。

だが彼は名誉や刀、まして強大な力の為ではなく、純粋に自らの好奇心だけのために。

天照が語らなかったこの戦いの目的を知る為だけに、戦いに参加する事を決意するのだった。


( ^ω^)2013年 しん・刀狩が始まるようです




( ^ω^)「じゃあ、いつ公開するのか?」

( ^ω^)

今でしょ!でお馴染みの林修先生がブーン系作品に興味を持ったら公開予定!

280 名も無きAAのようです :2013/05/15(水) 01:26:50 ID:VPNYhdJU0
見るからに理由のあるあざといageが俺を襲う……!

281 名も無きAAのようです :2013/05/17(金) 22:29:55 ID:X883dkC60
見るからにあざといageにのってやるから書け読むから

282 名も無きAAのようです :2013/05/18(土) 00:09:09 ID:9Kj/NVO20
かつて国内で最強を誇った精鋭部隊、『コマンドー』の隊長であったドクオ・メイトリックスは、軍を退役し家族と共に田舎町で静かに暮らしていた

(*'A`)「ハアアアアアアアアアアアン嫁と娘可愛すぎワロタ」

从 ゚∀从「暑苦しいからせめて服着てくれ」

o川*゚ー゚)o「パパ汗臭い」

平穏な日々は、突如として終わりを告げた!!

(,,゚Д゚)「お前の家族を帰して欲しけりゃ、俺たちに従えやゴラァ!!」

(#'A`)「OK!!」ズドン!!

(,, Д )∴「ペサァ!!」

過去の宿敵による誘拐事件!!

( ^ω^)「久しぶりだなメイトリックス」

(#'A`)「貴様…ブーン・ベネット!!!」

戦友の裏切り!!

( ・∀・)「娘の面倒は俺がしっかりみといてやるよ」

('A`)「面白い奴だな、気に入った」

('A`)「殺すのは最後にしてやる」

うざってえイケメン!!

(´<_` )「元グリーンベレーの俺に勝てるものか!!」

('A`)「俺だって元コマンドーだ」

元グリーンベレーのイケメン!!

ξ;゚⊿゚)ξ「これは船じゃないわ!!羽の付いたカヌーよ!!」

(#'A`)「だったら漕げばいいだろ!!」

KARATEの稽古に行けなかったシンディ!!

(#'A`)「このポンコツが!!動けってんだよ!!」ガンガン!!

飛行機「ウオオン」

('A`)「この手に限る」

283 名も無きAAのようです :2013/05/18(土) 00:10:58 ID:9Kj/NVO20
そして、因縁の対決!!


('A`)「来いよベネット、銃なんて捨ててかかって来い」

(#^ω^)「てめえなんかこわかねえ!!」


(# ゚ω゚)「野郎ぶっ殺してやああああああああああある!!!!」


父として、コマンドーとして

ドクオの戦いが今始まる!!!


('A`)「お前は最後に殺すといったな」

(;・∀・)「あ、ああ!!」

('A`)「アレは嘘だ」


『('A`)コマンドークオのようです』


( ^Д^)「一体何が始まるんです?」

( ФωФ)「第三次大戦だ」


キングダム原画展開催決定後公開!!

284 名も無きAAのようです :2013/05/18(土) 00:15:32 ID:mE2/6/Fo0
>>283
これは・・・嘘予告に見せかけた巧妙な暇つぶしと見た!!!

285 名も無きAAのようです :2013/05/18(土) 00:16:18 ID:EUBg2XV60
もうお前の名称キングダムの人でいいよな?

286 名も無きAAのようです :2013/05/18(土) 00:25:53 ID:UKvtO6fk0
逆にキングダム嫌いになりそう

287 名も無きAAのようです :2013/05/18(土) 01:12:38 ID:zbONaHNkO
( ^ω^)ブーン・ベネット、いいネーミングだ 
次はブーンネーターで5レスくらい書いてくれ

288 名も無きAAのようです :2013/05/18(土) 12:38:57 ID:Rn1RPDuE0
俺はこいつのせいでキングダムに興味もっちまったよ

289 名も無きAAのようです :2013/05/19(日) 00:55:45 ID:nQmveY9A0
ベネットとの戦いから三年…


(#'A`)「ぬうん!!手刀薪割り!!」パッカーン!!

从 ゚∀从「斧使えよ」

o川*゚ー゚)o「服着てパパ」


メイトリックス家は再び平和な日々を過ごしていた
だが…


(´・ω・`)「ここは…過去ですか?」

(;'A`)「親方ァァァー!!空から全裸の男の子が屋根ぶち抜いて振ってきたァァァー!!」


(;'A`)三三○)゚ω゚`)∴「イエエエエエエエエエガアアアアアアアアアアアア!!!!」


未来からの来訪者が、再び彼を戦場へと誘う!!

290 名も無きAAのようです :2013/05/19(日) 00:56:34 ID:nQmveY9A0
(´・ω・`)「単刀直入に言います。あなたの娘さんの命が狙われている!!」

(#゚A`)「ああ…?」ビキィ…


敵は!!


( ^ω^)「…」


(;'A`)「ベネット…まさか!!お前はあの時ぶっ殺したはずだ!!」

( ^ω^)「ベネット?違う」

( ^ω^)「俺は悪魔だ」


殺人サイボーグ、『ブーン・ネーター』!!

291 名も無きAAのようです :2013/05/19(日) 00:58:19 ID:4jSxiyN.0
(あ、これ絶対キングダムのあいつだ)

292 名も無きAAのようです :2013/05/19(日) 00:58:31 ID:nQmveY9A0
(;´・ω・`)「ダメですドクオさん!!あなたでは勝てない!!」

(#'A`)「『勝てない』は戦わない理由にはなんねえんだよ!!」


コマンドー最大のピンチ!!


( ^ω^)「…」

(;'A`)「バカな…傷が直っていく!?」


黒幕の介入!!


( ´_ゝ`)「邪魔なんだよ…いつまでも泥臭い戦争に浸っている奴は…」

(#゚A`)「楽に殺しゃしねえぜ…」


衝撃の真実!!


(´・ω・`)「僕は、キュートさんの息子です」

(;'A`)「孫…だと!?」


そして、最終決戦!!


( ^ω^)「無駄だ。お前の死は逃れられん」

(#'A`)「…硬い頭のお前に1つ教えてやろう」



(#'A`)「無理と無茶を通すのが…『コマンドー』だ!!」



『('A`)コマンドークオ2 未来をぶち壊せ!!』


ヤングガンガンで牙の旅商人が再開したら公開!!

293 名も無きAAのようです :2013/05/19(日) 01:13:14 ID:4KdiRaU60
とりあえず、キングダムがニコ厨らしいのは理解できた

294 名も無きAAのようです :2013/05/19(日) 21:46:49 ID:nQmveY9A0
( ^ω^)「ブーン系小説面白いお…チンチン漲ってくるお…」

( ^ω^)「僕も…書いてみたいお!!」


ブーン系小説を書いてみたいあなた


( ^ω^)「でも、ブーン系読者ってみんな目が肥えてそうだお…僕が書いた作品が叩かれないか心配だお…」


でもなんか虐められて乳首抓られるんじゃないかって不安になりながらもどこか興奮を隠しきれないあなた


( ;ω;)「どうせなら綺麗なチャンネーに乳首弄ってもらいたいお…」



そんなあなたにオススメなのが『駅前ブーン系塾』!!

(#'A`)「ブーン系なんてみんなでオナニー見せ合ってるもんなんだよ!!」

熱血教師が優しくレクチャーしてくれます!!

(#'A`)「教材はキングダム全巻だ!!」

(;^ω^)そ「!?」

面白い教材が、あなたのやる気を持続させ

( ^ω^)「先生!!面白い作品を書くにあたって必要なものとは!?」

(#'A`)「ああ!?そんなもんチンコチンコ書いてりゃいいんだよ!!」

思い浮かんだ疑問は速やかにお答えし

( ^ω^)「先生!!僕の処女作が出来ましたお!!」

(#'A`)「オラアアアアアアアアアア!!!ちょうどいいちり紙だぜえええええええええ!!!!」シッコシコオオオオオドッピュウウウウウウウウ!!!!

本当に満足のいく作品が書けるまで徹底指導します!!

さあ、あなたも体験してみませんか?


『駅前ブーン系教室』のようです

295 名も無きAAのようです :2013/05/19(日) 21:53:04 ID:C4jNBwmI0
嘘予告じゃなくて書いてくれよ気になるだろ

296 名も無きAAのようです :2013/05/19(日) 22:20:46 ID:aszd7MGoO
>>294 
おまえ、その2〜3レスなら溢れでる才能をもっと磨け 
そして書くんだ、まんじゅう、幸子、ロックンロー・ルハイスクール超えの作品を

297 名も無きAAのようです :2013/05/19(日) 22:37:02 ID:4jSxiyN.0
全部マジキチカオス作品じゃねーか

298 名も無きAAのようです :2013/05/20(月) 18:24:20 ID:GAaR3iRYO

――ここは、VIP白雪学園。
びっぷ市内で最も優秀であると言われる名門校である。
そんな学校には見た目、性格、性癖、エトセトラ……様々な人物がいる。
そして、その中でも一際目立ってしまう人物は必ずいるものだろう。


例えば、今体育館の裏庭で暴力的なクラスメイトにリンチを受けている人物のように。

(;'A`)「あうあう」

彼の名前は、宇津野ドクオ。
れっきとした日本男児である、のだが彼には彼自身だけが危機感を持たざるを得ない重大なコンプレックスがあった。
それが、

( ^Д^)「おーう、ドクオちゃんよー一体全体どうしてそんな格好なんだーい?」

(;'A`)「えっと…あの…これが、ふ、普通の……」
  _
( ゚∀゚)「聞こえないよードクオちゃーんwwwwww」

(; A`)「あ、あの……俺は、男なので、こ、この格好が普通で……」

( ^Д^)「おとこぉ?」

( *^Д^)9m「ぷ、プギャーwwwwwwwwww」
  _
( *゚∀゚)「そんな女みてーな顔の奴がお、男なワケねーだろwwwwwwww」

(; A`)「で、でも…俺は……!」

そう、彼のコンプレックスとは「女さえも羨む、美少女と言える程の女顔」のことなのだ。

( ^Д^)「女みてえになよなよしやがってよwww本当に男か試してみるかwwwww」

(; A`)「や、やめてください」
  _
( ゚∀゚)「お、いいねwwwww抑えてろよwwwwww」

そうしてドクオに向け、足を一歩進めると突然彼の前に立ちはだかるように人が現れた。

299 名も無きAAのようです :2013/05/20(月) 18:27:38 ID:GAaR3iRYO

川 ゚ -゚)

彼女は、砂岡クール。
ドクオとは正反対に、れっきとした女性であるはずなのだが、武道を一通り学んだため、男子顔負けの力を持っており、さらには属にいうイケメンな顔つきをしているのだ。

川#゚ -゚)「……おい」

(;^Д^)「ひっ……」
  _
(゚∀゚ )「お先!」

( ^Д^)「えっ」

川#゚ -゚)

(^Д^ )

( ^Д^)

(^Д^;)「す、すいませーん!」

川#゚ -゚)「………ふん」

「クールが臨戦体制に入ってしまったら最期、命が亡くなる」というのは学園内の周知の事実であった。
そのためか、先程まで強気だった彼らも糸を巻くように逃げ去ってしまった。
しかし、彼ら…そして学園内の殆ど知らないことがあった。

300 名も無きAAのようです :2013/05/20(月) 18:28:14 ID:GAaR3iRYO


川 ゚ -゚)「……ドクオ」

(うAと)「…うっ……ん…」

川;゚ -゚)「……その、大丈夫、か」

(うA`)「うっ、うん……大丈夫…」

川 ゚ -゚)「そうか、よかった…」

そしてクールは鳥の雛を触るような手つきでドクオを抱きしめる。
ドクオもそれに応えるように彼女の背中に手を回した。
そう、ドクオとクールは所謂カップルだった。
……余りにも、正反対すぎる彼女たちであるが。

この話は、そんなドクオとクールとそれを取り巻く変人たちの凸凹でちょっぴりエッチなストーリー。

<ロスト・シンデレラのようです>

(*'A`)「く、クー。助けてくれて、あ、ありがとねっ!」

川  - )ドキッ「っ!」

ヾ(; A`)ノシ「わ、く、クー?苦しいよー」

川* - )ギュー(ぶち犯してぇ………)


今夏公開!!!!!!

ラスト・シンデレラに興味持って見始めたら投下する。

301 この物語は :2013/05/20(月) 22:32:49 ID:HQ0V4qbk0
( ・∀・)「初めまして」

気がつくと、壁も床も天井も自分の影すらない白い空間にいた。
存在するのは自分と目の前にいる男だけだ。

口は動かず、視線も動かせず、ただただ黙って男を見つめている自分がいる。
そんな自分とは対照的に目の前の男は体を動かし軽やかに喋り始めた。

( ・∀・)「叶わぬ願いを祈り続けるお嬢さん」

( ・∀・)「その叶わぬ願い、叶えて差し上げましょうか?」

…この男は何と言った?
叶わぬ願いを叶える?

( ・∀・)「他の『お姫様』を蹴落として、あなたが唯一の『お姫様』になれたなら、
         『王子』の僕が、願いを叶えて差し上げよう」

未だに状況が理解できていない。自分は今混乱しているのだと理解する。
そんな中、動かなかった視線が動く。
移った視線に映るのは自分に向かって差し出された男の手。

体はまだ、動かせない。

302 この物語は :2013/05/20(月) 22:33:38 ID:HQ0V4qbk0
( ・∀・)「『王子』の手をとるのは『お姫様』だけの権利」

視線は男の手から離せない

( ・∀・)「『お姫様』だけが叶わない願いを叶えられる」

耳は男の声だけしか拾わない

( ・∀・)「手をとった瞬間に、あなたは『お姫様』になる」

だらりと下ろされていた手がピクリと動く。
そのまま上へと持ち上がり、男の手の近くでぴたりと止まる。

状況は未だ理解できない。
男の素性も知れない。
信頼もできない。

何もわからない。

( ・∀・)「さあ…」

しかし、自分はこの手を取るのだろう。

( ・∀・)「お手をどうぞ」

叶わぬ願いを、叶えるために

( ・∀・)「     」

303 この物語は :2013/05/20(月) 22:34:21 ID:HQ0V4qbk0
静まり返った校舎。
教室内は沈みかけた太陽に照らされてオレンジ色に染まっている。
そのオレンジ色の空間には立ち尽くす自分と、机に軽く座っている彼女。
自分よりも窓側にいる彼女は白い肌を、黒い髪をオレンジ色に染めこちらを見ている。
逆光により表情はよくわからないが、いつもの通り可愛らしい笑顔を向けているのだろう。

教室に物音がひとつ。
彼女は座っていた机から降りて、こちらに少し歩み寄る。
思った通り彼女は笑顔であった。
ただ、いつもの通りの可愛らしい笑顔などではなく、
今までに見たことのない、彼女のキャラにはあまりに似つかない妖艶とでも言うべき笑顔だった。

笑い方ひとつでこうも印象というものはがらりと変わってしまうのか。
自分が彼女に抱いていた昨日までの印象は明日から持てそうにない。

彼女の足音だけが響く。
学校という場所はここまで静かであっただろうか。
そんなことを考えている内にも彼女は自分との距離を一歩また一歩と詰めている。
窓から入る太陽の光がまぶしくて、目を細める。
背後から夕日を浴びている彼女の顔は少し影がかかる。
細めた目には彼女の瞳が赤く光っている様に見えた。

彼女が話しかける。
先ほどまでの笑顔はどこへ消えたのか、いつも通りの笑顔の彼女。
唇から紡がれた鈴が転がるような声もいつも通りだった。
その通りではなかったのは、紡がれた言葉。

(*゚ー゚)「死ねばよかったのに」

毒のような言葉

304 この物語は :2013/05/20(月) 22:35:25 ID:HQ0V4qbk0
景色は灰色に滲み、曇天が広がっている。
土砂降りの雨が灰色の空から落ちる。
落ちてきた雨はそのまま白波が立つ海へ落ちる。

砂浜には少女が立ち、その少女の表情は雨が隠してしまう。
傘も差さず、雨に濡れることも厭わず少女は立ち尽くしている。
だらんと脱力した彼女の右手には一振りのナイフが握られていた。

彼女が少し顔を上げる。ようやく見えた表情は虚ろ。
しかし眼だけはしっかりと私を見据え、捉え、離さない。

彼女の口が動く。
しかし雨の音と海の音の二つの水音で彼女の声は聞こえない。

彼女の足が動く。
水を吸った砂が形を歪め彼女の足を埋める。

彼女の目は動かない。
彼女の目は私から動かない。

彼女の口は動いている
私の耳には水の音しか聞こえない。

彼女は私に近づく。
お互い手を伸ばせば触れる距離まで彼女は来た。
彼女の口は動いている。

(*゚∀゚)「………」

彼女の声は、聞こえない。

305 この物語は :2013/05/20(月) 22:36:10 ID:HQ0V4qbk0
もう時計の針も頂上を刺そうという時間に何でこんな
高層マンションの屋上に女と二人っきりにならなきゃいけないんだ。
いくら最近暖かくなってきたからと言って真夜中に風を叩きつけられるのは
すこし厳しいものがある。寒い。

というか目の前の女だ問題は。
こんなクソ寒い所にご案内しやがって頭おかしいんじゃねえのか。
学校じゃ成績いいみてえだけど、気配りとか心配りとか出来ねえんじゃダメだな。
いるんだよな、たまに。こういう頭のいいバカって。

んでもってこのバカは屋上に来てからずっと背を向けっぱなしで
こちらを振り向こうという気配もなければ喋ってくるような雰囲気でもねえし。
なんだコイツ。照れ屋さんなのか?
誘ったは良いけど顔も見れないし何喋っていいのかもわからないシャイガールなのか?きめえ
月がキレイですねとか言うのか?知らねえし、月出てねえし。
頭のいいバカ面倒くせえな。

最初は強い風で長い黒髪がばっさばっさになってんの見て面白かったが
長い間見てたら飽きたし、寒いし、暇だし、進展ないし、暇だし、暇だし。

これはもう襲っていいレベル。
だって結構待ったし、超イイ子で待ってたし。静かに大人しく待ってたし。
誘われたってことは向こうも了承してるってことだもんな。

って思った途端にこっち向いたよ。
空気読めバカ。頭のいいバカ

川 ゚ -゚)「さて、君は私の出す五つの問題が解けるかな」

うっせぇバーカ

306 この物語は :2013/05/20(月) 22:37:02 ID:HQ0V4qbk0
隣に座るふわふわとした、かわいらしい女の子がアタシの手を握ってきた。
いきなりの行動に彼女の顔を見るが、ニコニコと可憐な笑顔がそこにあるだけだった。

平日なだけあって、公園は閑散としている。聞こえるのは風によって揺らされた木の葉の音。
そしてたまに聞こえる鳥の鳴き声くらいだ。
遠くにある噴水が視界の端を掠めるくらいで近くを歩く人もいない。

普通の光景だ。
少女が二人で見つめ合い、手を取り合っている姿を除けばどこにでもある風景だったのだ。

それが突然終わってしまった。

静寂ではなく無音。今まで聞こえていた音は一切聞こえなくなった。
シンとする世界に彼女から目を離し辺りを見回す。

アタシ以外何も動いてはいなかった。
空を舞っていた木の葉の一枚も、落ちるはずだった噴水の一滴も、

何も

ピタリと、止まった世界。
動いているのはアタシと目の前のニコニコしている彼女だけ。

笑顔が可愛くて、か弱くて、優しい彼女。
ずっと羨ましかった。アタシも、そうなりたかった。
貴女みたいになりたかった。

ζ(゚ー゚*ζ「ずっと、一緒にいましょう?」

思考も、止まってしまいそうだった。

307 この物語は :2013/05/20(月) 22:37:46 ID:HQ0V4qbk0
いきなりだった。

前も、後ろも、下も上もすべてが茨に囲まれた。
何処からか出てきた茨に彼女は飲み込まれていった。
私は茨によって吹き飛ばされたせいで肌に傷がついてしまった。

彼に褒められた自慢の肌なのに。
絆創膏でも貼っておいたら心配してもらえるかしら。
いえ、そのまま何もしないでいたら彼に絆創膏を貼ってもらえるかもしれない。
優しい彼の事だ。すぐに気づいてくれるだろう。

それにしても、どうすればいい?
いきなり標的が引き篭もりになってしまった。
外に出してあげたいが、場所すらもわからない。

目の前の茨で出来た壁を壊そうと手をかけたが
複雑に絡み合っていて通れるほどの穴を開けられそうにもなかった。
それ以上は彼に褒められた自慢の肌が痛みそうだったので試していない。

茨の迷路を歩いてもよかったが、周りは全て茨という風景でゴールまで辿り着けそうになかったし
歩きにくく、それだけでも体力を消耗しそうだった。
体力には自信がなかった。
こんな事なら彼と一緒にジョギングをしておくべきだった。

後悔しても遅いので何とか彼女を引きずり出す方法を考える。
そんな中、どこからともなく彼女の飄々とした余裕そうな声が響く。

lw´‐ _‐ノv「諦めて私を探しなさいよ。なに、見つけて1回針を刺せば一発コロリよ」

1回と言わず何回でも刺してあげる

308 この物語は :2013/05/20(月) 22:38:35 ID:HQ0V4qbk0
廃ビルに響いているのは狂った女の笑い声。

さっきすれ違った時に見た彼女の顔を思い出す。
何て楽しそうに人に凶器を向けるのだろう。
まるで子供のおもちゃの様に振り回す。
新しいおもちゃを手に入れた子供は実に嬉しそうだ。

しかし、振り回しているものは新しいおもちゃではなく
切れ味抜群の刃物だ。遊びでは済まされないのだ。
彼女の声が響く。楽しそうに歌まで歌っている。

恐らく彼女がジョーカーなのだろう。
この戦いで、唯一願い事を持たない女の子。

『お姫様』じゃない人。

負けるわけにはいかない。
けれども足が動かない。体の震えが止まらない。
悪い人は今まで見たことがある。
けれども彼女は悪い人ではない。

怖い人なのだ。

彼女が怖くて仕方がない。
初めて見る本当に怖い人…
おもちゃを振り回しながら彼女は私を探している

从 ゚∀从「早く出てこねえと腹引き裂いちまうぞ〜。いや、皮を剥ぐのもいいかもな〜」

もしかして、新しいおもちゃは私なの?

309 この物語は :2013/05/20(月) 22:39:34 ID:HQ0V4qbk0
走り回る彼女を追う。
彼女が使える攻撃はもうすべて見た。
落ち着いていれば避けられない攻撃はない。

始まってからかなりの時間が経ってしまった。
体力も精神も底を尽きかけているのではないか。
あとは恐らく根性だけで体を動かしているのだろう。

彼女が逃げた先は学校だ。校門を抜け校庭を走る。
隠れるところもないトラックを突っ切る。
すっかり暗くなってしまったが彼女の明るい金髪が
私に居場所を教えてくれている。
懸命に揺れる髪を追って私も走る。

体力にまだ余裕はある。学校に逃げて、どうするつもりなのか。
恐らくどこかに身を潜めるのだろう。そして体力の回復を待つ。

実につまらない戦法だが間違ってはいない。
個人的な願望を言ってしまえばそういった延命処置は暇でしかないので止めていただきたいが。

そう考えていると彼女は玄関の手前、校舎時計の真下で足を止めた。
肩で息をしながらくるりとこちらに振り替える。

どこからか鐘の音が聞こえる。

時計に目を向けると二つの針が頂点を指していた。

ξ゚⊿゚)ξ「12時の、鐘が鳴った」

魔法は、解ける時間だろう?

310 この物語は :2013/05/20(月) 22:40:22 ID:HQ0V4qbk0





主人公を、選択してください

ξ ⊿ )ξ (* ー ) 川  - ) (* ∀ ) ζ( ー *ζ lw´  _ ノv 从 ∀从

311 名も無きAAのようです :2013/05/20(月) 22:54:43 ID:BCwgwJGkO
ζ( ー *ζ←主人公はコイツ

312 この物語は浦島太郎のようです :2013/05/20(月) 22:57:11 ID:HQ0V4qbk0
主人公が決定しました

ξ ⊿ )ξ (* ー ) 川  - ) (* ∀ ) ζ(゚ー゚*ζ lw´  _ ノv 从 ∀从


タイトルが、決定しました。


この物語は、浦島太郎のようです。




まあ書かないけどね

313 名も無きAAのようです :2013/05/21(火) 00:27:52 ID:K0qsE82IO
そこまで書いたなら書けやゴラァ!

314 名も無きAAのようです :2013/05/21(火) 00:38:52 ID:JEL4vdngO
嗚呼、神に見捨てられた世界ソーサク。

砂海と荒野の果てに響くは、しゃれこうべ共の鎮魂歌か、悪党共の高笑いか。
裏切る者より、裏切られる者の愚かさが罪深いこの世界。

( ・∀・)「だから僕は救いたいんだ。もちろんギコも含めて」

心の力によって生み出される銃器、心鉄をシロガネに染め上げた男は救世の旅に出る。

神がいないこの世では、人を裁けるのはまた人のみとは誰の弁だったか。
真顔で語ることではない、だが酔狂で口にするべきではない。

(,,゚Д゚)「だから俺は殺したいんだ。もちろんモララーのみを」

心の力によって生み出される銃器、心鉄をクロガネに染め上げた男は復讐の旅に出る。

全てを救う為にたった一人を犠牲にした男。
たった一人を救う為に全てを犠牲にしようとした男。

どちらの想いが重いのか。
天秤の傾きを知るはずの神がいない世界では、結末見るまで答えはでない。

ただ荒野を舞う旅鳥達は今日も硝煙の匂いに酔いしれる。



(,,゚Д゚)鉄と砂煙とシロクロのようです(・∀・ )



(,,゚Д゚)「世界よ笑え。無慈悲に、残酷に」

( ・∀・)「世界よ歌え。無邪気に、優しく」


やがて死すべき運命なら、せめて友と呼んだ男の手によって……

315 明日はヤングジャンプだね!! :2013/05/22(水) 21:50:03 ID:fv6I2HzM0
(;´・ω・`)「なんてこったー!!アフリカの大地で呑気していたらいつの間にか迷子になって数日経っていたとはー!!」

(;´・ω・`)「そしていつの間にか謎の民族に囲まれているとはー!!」


('A`)('A`)('A`) ワラワラワラ


(;´・ω・`)「これが噂に聞く食人族ってやつなのかー!?畜生!!どうせ食われるならモンスター娘に食われたかった!!」


('A`)('A`)('A`) ワラワラ


('A`)('A`)('A`) パアン!!


(;´・ω・`)「な、なんだ!?」


('A`) パアン!!


その奇妙な音は、彼らの下半身から聞こえてきた

316 名も無きAAのようです :2013/05/22(水) 21:51:21 ID:fv6I2HzM0
('A`) パアン!!


世の中には、我々の想像を遥かに超えた文化を持つ民族がいる


('A`) パアン!!


大自然の中、彼らが生み出した独特の『コミュニケーション』


(;´・ω・`)「こ、これは…」


(;´゚ω゚`)「ケツを引き締めた時の音だーーーーーーーーー!!!!」


私は彼らを、『ケツ鳴り族』と名づけた


ショボン博士の研究レポート 〜ケツ鳴り族〜


『アカメが斬る』アニメ化が発表されたら公開

317 名も無きAAのようです :2013/05/22(水) 21:55:41 ID:Ek0VrFRg0
なんというクッソスレ臭……
さっさと書けや

318 名も無きAAのようです :2013/05/22(水) 22:11:17 ID:t4hpvxfgO
嘘予告だからって好き勝手しやがって…

319 名も無きAAのようです :2013/05/22(水) 22:23:02 ID:1dEZEVTk0

  三           三三
      /;:"ゝ  三三  f;:二iュ  何でこんなになるまで放っておいたんだ!
三   _ゞ::.ニ!    ,..'´ ̄`ヽノン
    /.;: .:}^(     <;:::::i:::::::.::: :}:}  三三
  〈::::.´ .:;.へに)二/.::i :::::::,.イ ト ヽ__
  ,へ;:ヾ-、ll__/.:::::、:::::f=ー'==、`ー-="⌒ヽ   ←>>316
. 〈::ミ/;;;iー゙ii====|:::::::.` Y ̄ ̄ ̄,.シ'=llー一'";;;ド'
  };;;};;;;;! ̄ll ̄ ̄|:::::::::.ヽ\-‐'"´ ̄ ̄ll





          oノ oノ 
          |  |  三  ポイッ
 _,,..-―'"⌒"~⌒"~ ゙゙̄"'''ョ  ミ
゙~,,,....-=-‐√"゙゙T"~ ̄Y"゙=ミ    |`----|
T  |   l,_,,/\ ,,/l  |
,.-r '"l\,,j  /  |/  L,,,/
,,/|,/\,/ _,|\_,i_,,,/ /
_V\ ,,/\,|  ,,∧,,|_/
                                    ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                    d⌒) ./| _ノ  __ノ

320 名も無きAAのようです :2013/05/25(土) 11:57:25 ID:EZbG7Ou2O


あるところに、とても優しい絵かきさんがいました。

生を敬い、自然を恋しく思い、人愛する優しい優しい絵かきさんでした。

ある日、愛した人が遠い国へと行ってしまいました。
絵かきさんは悲しみに暮れる日々を過ごしていました。

そんな絵かきさんに感銘を受けなさった神様は、ある贈り物をしました。

それは描いたものに命を与える、魔法の力でした。

優しい絵かきさんは、神様から頂いた魔法の力を
自分のためではなく、人のため使うことを決め、旅に出ることにしました。

―外に出ることが許されない少女に

―人と接することを恐れた少年に

―夢を描くことができない青年に

―愛することを忘れ、孤独になった女性に

―万物から疎まれ、卑屈になった少年に

―偽りの笑顔を向ける冷めた女性に

自分のように影を落としていた様々な人間に、惜しむことなく魔法の力を使いました。

しかし、魔法の力で幸せを掴んだとしても
それは永遠に続くものではありませんでした。

優しい絵かきさんはただ静かに涙を流すしかありませんでした。


これは、とても優しい優しい、そしてとても悲しいお話です。

 (゚、゚トソンきみがためのようです

現行に区切りついたら、やってみます。

321 名も無きAAのようです :2013/05/25(土) 14:26:49 ID:MC5wyWqI0
なんか最近、投下に前向きな嘘予告が増えてきてて嬉しい

322 名も無きAAのようです :2013/05/25(土) 18:49:50 ID:g3rDo2E2O


うすぐらい、無機質な空の下
マンションの一室、そこのベランダで私は目覚める


lw´‐ _‐ノv「……おはよう?いや、おやすみ……?」


訂正
目覚めるという表現は正しくない


だってここは、夢の中なのだから

323 名も無きAAのようです :2013/05/25(土) 18:50:34 ID:g3rDo2E2O
ドアの外には12個のドア

数字がいっぱいの世界、真っ暗な世界、蝋燭だらけの世界、チカチカする世界……

いろんな世界にいろんな生き物

いろんな光景にいろんな不思議


lw´‐ _‐ノv「あ、かえるだ」


不思議なわけじゃない、不思議な世界

でも当たり前、夢なのだから

怖いことがあっても大丈夫


lw´‐ _‐ >と キュッ


頬をつねれば、ほら

324 名も無きAAのようです :2013/05/25(土) 18:51:14 ID:g3rDo2E2O


lw´‐ _‐ノv「……」


つまらない部屋、いつものベッド、つなぎっぱのゲーム

ほら、目が覚めた


lw´‐ _‐ノv「さて、と」


目が覚めたら日記をつける

今日見た夢のことを



さて、次はどこにいこうかな




         lw´‐ _‐ノvゆめにっきのようです



112227665

325 名も無きAAのようです :2013/05/25(土) 22:37:37 ID:PWrYcdBg0
そういえば窓付きとシュールの顔似てるなwww

326 名も無きAAのようです :2013/05/25(土) 23:19:10 ID:h1B5ulgI0
独自解釈が面白いゲームだから、是非とも読みたい

327 名も無きAAのようです :2013/05/26(日) 10:45:36 ID:V0WYdOQA0
公開の日が載ってないな
はやく書くんだ

328 名も無きAAのようです :2013/05/27(月) 01:05:37 ID:PltXqy8A0
地球外生命体の襲来により、人類は甚大な被害を受けた
尚も軍が抵抗をするものの、その戦力は日に日に減少していく
合衆国大統領は決断を下した
『目覚しい力を持つ者を集め、スーパーヒーローのチームを作り、対抗する』と


(´・ω・`)「えー、僕の力を借りたいって…?」

(´^ω^`)「しょおおおおおおおがないなあああああああああああ!!!靴舐めろーーーーーーーーーー!!!」

ショボン・インダストリーズCEO『ショボン・スターク』
|::━◎┥:ヒーロー名『ワルプルギスの夜』
パワードスーツを装着する事によって高度な戦闘能力を持つヒーローに変身する


( ^ω^)「何も無くなってしまった…家族も恋人も」

( ^ω^)「今の僕には、任務しか残っていないお」


史上最強の愛国者『ホライゾン・ブーン・ロジャース』
( ^ω^):ヒーロー名『キャプテン・ホライゾン』
人体改造で得た強靭な肉体と盾を武器に戦う


川 ゚ -゚)「あの子が囁きかけてくるんだ…」

川 ゚ -゚)「『ママ、殺して』とな」


悪党殺しの殺人鬼『クール・ボーヒーズ』
川(゚∴゚):ヒーロー名『ジェイソン・クール』
子を失った悲しみと、狂気を抱くダークヒーロー


(゛゜ё゜゛)「無駄に生きるか、何かのために死ぬか」
(゛゜ё゜゛)「お前が決めろ」


怒れる帰還兵『バンリュー・ランボー』
(゛゜ё゜゛):ヒーロー名『ランボー』
ベトナムで得たステルススキルと、様々な重火器の扱いに長ける

329 名も無きAAのようです :2013/05/27(月) 01:06:25 ID:PltXqy8A0
そして


あの漢が


地球の危機に三度立ち向かう



('A`)「64億人がどうなろうと俺は知らんが…」

('A`)「嫁と娘の為ならビキニで宇宙遊泳してやる」


父親『ドクオ・メイトリックス』

('A`):ヒーロー名『コマンドークオ』



今度はチームで、家族を救え


『('A`)コマンドークオ3 コマンドー部隊VS全宇宙』


デッドプール映画化が発表されたら公開

330 名も無きAAのようです :2013/05/27(月) 01:39:39 ID:WM51HqbYO
>>328>>329 
これも読みたいけど、不細工の続きもはよっ! 


331 名も無きAAのようです :2013/05/27(月) 02:56:45 ID:/2w2YOm20
トットットッ***。その場で軽く跳ねる。


全身の筋肉は一つのほつれも感じさせない。

首を回していると肩に僅かな温もりを感じた。

ξ゚⊿゚)ξ「このまま聞いて」

返事はしなかった。静かに彼女の言葉を待つ。

ξ゚⊿゚)ξ「生きて帰ってきて」


風が温もりを攫った。

( ^ω^)「もちろんだお。僕は必ず帰ってくる。この足で***。君の元に」


さあ、今日はどのような熱いレースが繰り広げられるのでしょうか!?
会場の熱気も最高潮、後はスタートを待つのみであります!


少し湿った背中は、どこかくすぐったい。そんな気がした。

( ^ω^)Last runnerのようです

332 名も無きAAのようです :2013/05/29(水) 01:41:12 ID:qhJ6fLE60
('A`)「なんでケツって二つにしか割れてないんだろう…」

( ^ω^)「いきなり何言ってんだお前…」

('A`)「もっと割れるんじゃ無いのかな…」

( ^ω^)「割ってどうすんだお」

('A`)「天下一マッスル武道会に出る!!」

( ^ω^)「マジか」


天下一マッスル武道会とは
なんか筋肉を競い合う大会
ケツ筋で挑んだ人物はいない
賞金とか出たかもしれない
なんかよくわかんない


('A`)「そんで俺のケツを全世界にアピールする」

('A`)「名づけて、『全世界にケツ見せ付けることで興奮してチンコガッチガチ作戦〜神裂さんっていつも刀持ち歩いてるけど銃刀法引っかかんねえの?そのおっぱいで俺の七天七刀をはさんでください〜』だ」

( ^ω^)「なげえしそのまんまだしサブタイトル全く関係ないし死ね!!」

('A`)「さあ!!俺と一緒にレッツケツ筋トレーニング!!」

( ^ω^)「てめえ一人でやってろ」



('A`)とトレーニングケツ筋編〜親子丼の響きにエロさを感じ出した君へ〜のようです

333 名も無きAAのようです :2013/06/01(土) 00:24:00 ID:PPtbhzAoO
( ^ω^) 一生に一度だけ、思い入れのある物を擬人化できる能力?

('A`) 授業を聞いてなかったな?
    んまぁ、いつ目覚めるかも、永遠に目覚めないかもわかんねー能力で、確率は半々だけどな。


       (´・_ゝ・`) ショボン様のマグカップであり、執事のデミタスです、なんなりとお申し付けを。

       (´・ω・`) よしてよ頭を上げてよ、トモダチになりたいんだってば……。


( ^ω^) 何をどう擬人化しようかおーん。

('A`) ところがどっこい、擬人化する物の対象も、容姿も性格も自分じゃ選べねーんだな、これが。


       / ,' 3 なんで抱きついちゃいけないんじゃ!わしプリチーなぬいぐるみじゃぞ!

       ζ(゚ー゚*;ζ 元・ぬいぐるみでしょ、おじいちゃんったら!私から盗んだ下着返してー!

334 名も無きAAのようです :2013/06/01(土) 00:24:41 ID:PPtbhzAoO
( ^ω^) つまり僕らは擬人化するかしないかだけを選べるのかお。

('A`) 厄介だよな、擬人化に人権はねーとはいえ、捨てたら法に反するからな。
    いらなくなった擬人化は持ち主が壊すしかないって聞いたし。


       lw´- _-ノv 今日こそ君を壊してあげよう。

       ノハ#゚⊿゚) 壊れるのは貴様の方だクソババアァァァァァ!!


( ^ω^) いらなくなったら殺せってことかお。

('A`) 壊れたら擬人化が解けて物に戻るんだとよ。
    寿命がないから年も取らないらしいが、
    持ち主が死んだら、擬人化も勝手に壊れるらしいぜ。


       ( ´_ゝ`) もとの鏡にヒビが入ってたせいか、あちこち傷だらけだな、弟よ。

       (//<_` ) すま、ナイ、兄、ヨ。

335 名も無きAAのようです :2013/06/01(土) 00:25:25 ID:PPtbhzAoO
(*^ω^) それはいいおー。もし可愛い女の子になったらどうしようかおー。

('A`) 分かってんだろーな?擬人化との恋愛は……。


       (;^ω^) 好きなんだお!!

       ξ゚⊿゚)ξ ……人と物は結ばれてはいけないの。


(;^ω^) 分かってるお!いくら僕だって、物を好きになったりなんかしないおっ。

('A`) 気をつけろよな、擬人化と持ち主が恋愛したら、とんでもないことになるんだからよ。


       ( ^ω^)擬人化のいる生活のようです


「選んでくれて、ありがとう」


       誰か書いて下さい

336 名も無きAAのようです :2013/06/01(土) 00:45:14 ID:5yRyGMb60
てめえが書けよぶち殺すぞ天才作者

337 名も無きAAのようです :2013/06/01(土) 06:48:42 ID:Yr3nQeDM0
なんですかこの心ときめくお話は
さっさと書けください

338 名も無きAAのようです :2013/06/01(土) 23:18:31 ID:k37phx5I0
おまえが書けよはやくしないと寒いじゃねぇか

339 名も無きAAのようです :2013/06/02(日) 00:46:48 ID:HO.cTn920
なんで服脱いでんだよ……

340 名も無きAAのようです :2013/06/02(日) 01:06:34 ID:Ztu5ogh60
ある日、友人の家に遊びに行くと


('A`)「貸本いかがかねー」


貸本屋になっていました


( ^ω^)「お前なにしてんの?」

('A`)「いやね、余りある俺んちの漫画を商売に使えないかなーと思って貸本屋始めました」

( ^ω^)「本音は?」

('A`)「キングダムの布教」

( ^ω^)「やっぱりな!!やっぱり!!」

('A`)「ほら…いま創作板で人気じゃん…『マーケティング・ライブラリアン』。あれに乗っかろうって算段」

( ^ω^)「OK、それ以上いけない」

('A`)「っつーわけで、お前が記念すべきお客様第一号だ。今日はどんな漫画をお探しで?」

( ^ω^)「オススメは?」

('A`)「キングダム」

( ^ω^)「他の漫画読ます気ねえだろ」


『('A`)マーケティング・レンタルコミックスのようです』

341 名も無きAAのようです :2013/06/02(日) 01:06:59 ID:uxoLt57Q0
出たなキングダム

342 名も無きAAのようです :2013/06/02(日) 01:34:28 ID:AcTgnII60
('A`)「あーマンドクセ」

俺はいつもめんどくさがりだ

('A`)「コーラ、いや、コーヒー、いやぁ、、、マンドクセ、水でいいや」

【身体にいやらしい水エロハス100円】

飲み物選ぶにも今日はコーラにしようとかいちいち悩ましい、めんどくさくて大抵は水になる

そんな俺はある日、奇妙な五枚のカードを拾った

('A`)「?なんだこれ、トランプ?いや五枚しかないし、てか片面真っ白だし」

ただ、なんとなく、なんとなく拾ったこの五枚のカードを両手で広げて持っていたその時だ

(;*゚ー゚)「あの!やめてください!」

( ´_ゝ`)「大丈夫、ちょっとだけ、ちょっとだけだから、ほらおいで!」

(;*゚ー゚)「だっ誰かー!」

('A`)「え、人攫い?え、ちょ、どつしよ、ん?わっ!なんだこれ!」

手にしていたカードの真っ白な面に文字が浮かんできたのだ

【救出】 【逃走】 【協力】 【無視】 【傍観】

('A`)「なんじゃこりゃー」

('A`)人生は選択だ!のようです

343 名も無きAAのようです :2013/06/02(日) 02:15:42 ID:/TqU9Pb.O
>>342
これ読みたい

344 名も無きAAのようです :2013/06/02(日) 08:55:33 ID:X3EIXOe.O
ξ;>⊿<)ξ「キャー!誰か助けてー!!」

< `∀´>「ホルホルホル、いくら助けを呼んでも誰も来ないニダよ!」

「その子を離せ!!」

<;`∀´>「誰ニダ!?」

「トウッ!」

スタッ

「私の名は…」

\(')∞(`)ゝ「パンティー仮面!!」シャキーン





(')∞(`)パンティー仮面はヒーローのようです

345 名も無きAAのようです :2013/06/02(日) 11:14:08 ID:3y0BcViE0
>>344
ただの変態仮面じゃねーか!ww

346 名も無きAAのようです :2013/06/02(日) 12:06:01 ID:h.IxGUz.0
みんなはやくかけよ
素晴らしいクソスレが読みたいんだ

347 名も無きAAのようです :2013/06/03(月) 09:27:47 ID:qcy2nlMo0

(* ー )「ねえ、宇和佐さんって知ってる?」


――A組のあの子、実はB組のあの人のことが好きなんだって〜


( _ゝ )「放課後、友達と話してるとき、ふと思うんだ。『あれ?この子誰だったっけ?』って


――そうそう、入院してたんだけど、奇跡的に


( <_ )「さっきまで仲良く話してたのに、この子と話しているのは当然の事だったはずなのに……」


――急にテストの点数が良くなったじゃない?アレって実は


川 - )「もし、自分の記憶違いではなくその子が本当に知らない子だった場合、自分に都合のいい噂話を一つ作って教えてあげるといい」


――うん。あの先生辞めるらしいよ?なんかとんでもないことやっちゃったんだって


( ω )「そうするといつの間にかその噂は広まっていって、学校中に知れ渡るころには、その噂は本当になっているんだお」


――でね、○月△日の夜にあの百葉箱の中を見ると


ξ ⊿ )ξ「だけど気をつけなきゃいけないのは、その噂がつまらなかった場合」


――でもこの先には続きがあってね?その人たちは


( A )「その噂には望まない『尾ひれ』がついて帰ってくるそうだ」


ミンナミンナ―――



从'ー'从渡辺宇和佐さんの噂のようです



母校全てで宇和佐さんが噂になったら連載開始

348 名も無きAAのようです :2013/06/03(月) 12:14:39 ID:hGRMAUvE0
なんだお前宇和佐さんの噂知らねーの?
もうなってるから早く

349 名も無きAAのようです :2013/06/03(月) 13:34:26 ID:TDVO/NoI0
花子さんレベルで有名だよな

350 名も無きAAのようです :2013/06/03(月) 13:58:13 ID:LK0vxlsY0
もはや都市伝説並に有名だよな
オカルト板でもしばしば話題になってるって噂だし

351 名も無きAAのようです :2013/06/03(月) 15:37:35 ID:UCrLQpQQO
嘘予告も色んな所で噂すれば事実になるのか!

352 名も無きAAのようです :2013/06/03(月) 18:56:28 ID:y35JcHCoO
Σz ;ー )リ「なんで、なんですか……。ヒーローだっていうなら……なんで、こんなことを……」

川 ゚ -゚)「彼らヒーローとはそういう生物なのだ。正義感持ち世界を救う、マクロで見ればそれは間違いない」

川 ゚ -゚)「しかし、ミクロに焦点を当てるならば、彼らは人間個人の幸福など顧みたりはしない。……できないといった方が正しいか」

Σz ;ー )リ「良い人達だった……いつも昼間からお酒、飲んでて……馬鹿なこと……ばかりして……それでも優しい人達だったのにっ……!」

川 ゚ -゚)「君はヒーロー物語を目にしたとき、戦闘員一人一人の人間性や人生などを気にかけるのか?」

Σz ;ー )リ「…………」

川 ゚ -゚)「君は正式な戦闘員ではない。今ならまだ引き返せる」

川 ゚ -゚)「他の人間のように小さなことには眼を瞑り、彼らを受け入れれば、どこにでもあるような平和で幸福な人生が送れるだろう」

Σz ー )リ「…………」

川 ゚ -゚)「好きな男の為に料理を作ったり、おしゃれ一つにどきどきしたり。そんな普通の女の子としての幸せだ」

Σz ー )リ「…………」

353 名も無きAAのようです :2013/06/03(月) 18:57:02 ID:y35JcHCoO
川 ゚ -゚)「街、草原、山岳、雪原、海中、あの雲の向こう。ヒーローは世界中どこにだって無数にいる」

川 ゚ -゚)「今走ればもう引き返せない。明日死ぬとも分からない、戦いの人生だ。世界中が君の敵になる」

Σz ゚ー )リ「ドクオさんは私に……戦闘員の美学を一晩中語ってくれました……」

Σz ゚ー )リ「ショボンさんは私に……他人を思い遣る優しさを教えてくれました……」

Σz ゚ー )リ「そしてブーンさんは……子供だった私を、厳しく優しく育ててくれました」

Σz ゚ー )リ「あの人達は私に、数えきれないほどの大切なものを教えてくれました」

川 ゚ -゚)「…………」

Σz ゚ー )リ「その教えが背中を押すんです。前へ前へと、……走り続けろとっ!!」

川 ゚ -゚)「よかろう! ならば君は今から世界の反逆者だ! 後ろ指を差されながら、いつ終わるとも分からない戦いに身を投じるといい!」

川 ゚ -゚)「無論、一人ではない! その傍らで私が共に走ろう! 君には私のパートナーであったブーンの、戦闘員Bの称号をくれてやる!」

Σz ゚ー )リ「はいっ!!」



Σz ゚ー )リ 対ヒーロー殲滅用特殊戦闘員は走るようです

354 名も無きAAのようです :2013/06/03(月) 18:58:20 ID:y35JcHCoO
川; - )「ドクオが、ショボンが、そしてブーンがそうしたように……私もスニフィに託したいと思う……」

Σz ;ー )リ「そんな!? クールさんっ!」

川; - )「受け取れ、今日から君が戦闘員Aだ……」

Σz ;ー )リ「クールさんまでいなくなったら、私どうしたらいいのか……一人で戦うなんて、無理です……」

川  - )「甘ったれるなっ! 君は戦闘員だろう! ブーン達の教えを胸に走り続けると誓ったのだろう!!」

川  - )「ドクオは! ショボンは! ブーンは! 私は! 君の前でそんな戦闘員だったか!!」

Σz ;ー )リ「うっ、うぅ、……いい、え……そんなことあるわけがないっ!!」

川  - )「ならば走れ! 走り続けろ! 一度誓った生き様を貫き通せ! 倒れるなら前に倒れろ! それが命を懸けて真剣に生きるということだ!!」

Σz ゚ー )リ「……はいっ!! 最後までご指導ご鞭撻、ありがとうございました!!」

川* ー )「……でもな……本当に辛くなったら走るのをやめても……私は怒らないよ………………」

Σz ;ー )リ「あ、あぁ……クールさああああああんっ!!」



スニフィが流行ったら投下する予定

355 名も無きAAのようです :2013/06/03(月) 19:22:30 ID:.aWsDY6s0
メロスとライダーの匂いがするから早く書くんだ
流行ったらじゃなくてはやらせればいいんだ

356 名も無きAAのようです :2013/06/03(月) 21:58:03 ID:X5tIXWsEO
テンプレその4ガンバレ!

357 名も無きAAのようです :2013/06/04(火) 01:29:37 ID:7v02YETk0
よし、スニフィ主役で一人5作な

358 名も無きAAのようです :2013/06/04(火) 04:04:31 ID:Z0MWZwWkO
神竜『グハァッ』

闇竜『老いたな神竜よ』

紫黒の鱗を纏った竜が燃えるような紅の鱗を纏った竜の頭部を持ち上げる

神竜『ま、まだ終わっておらぬ』

闇竜『フン、頭だけの貴様に何が出来ると言うのだ』

神竜『…いずれ我が子が貴様を滅ぼし、世界を平和へと導くであろう…』

闇竜『フン、戯言を…貴様が死んだらすぐに貴様の子も殺してくれるわ』

神竜『』

闇竜『…死におったか』

闇竜『これで世界は我の物だ!ハッハッハッ!ハッハッハッハッハッ!!!』

359 名も無きAAのようです :2013/06/04(火) 04:05:39 ID:Z0MWZwWkO
―――10年後―――

ここは大陸の遥か東にある小さな町
その小さな町の小さな酒場で二人の男が世間話をしている

(´・ω・`)「今度は北の町が滅ぼされたらしいよ」

('A`)「またか、先月に南西の町が滅ぼされたばかりじゃねーか」
(´・ω・`)「最近またドラゴン達が活発になってきてるからね」

(´・ω・`)「あぁ、それとVIP国でドラゴン討伐隊員を募集してるみたいだよ」

('A`)「ドラゴン討伐隊員?」

(´・ω・`)「そう、男女問わず18歳以上の腕に自身がある猛者をドラゴンを倒す為に集めるんだってさ」

('A`)「へ〜」

(´・ω・`)「興味無さそうだね、でも男は強制参加らしいよ」

(;'A`)「マジかよ…マンドクセ」

360 名も無きAAのようです :2013/06/04(火) 04:06:58 ID:Z0MWZwWkO
残念フェイスの細い男が愚痴っていると酒場に来客を知らせる鐘が鳴った

カランコロンカラン

(´・ω・`)「やぁ、ようこそバーボンハウスへ」

(´・ω・`)「ってなんだ、君か」

垂れ眉のマスターが小さなため息を漏らし来客の前に水を差し出した

Σz ゚ー )リ「客に向かってなんだはないだろショボン」

(´・ω・`)「好きなだけ飲み食いして金を払わない人を僕は客とは認めないよ」

Σz ゚ー )リ「ケチ臭い事言うなよ友達じゃねーか、な、ドクオ」

('A`)「金払ってやれよスニフィ、この店潰れちゃうだろ」

Σz ゚ー )リ「むー、私のおっぱい触らせるから払ってくれない?」
('A`)「よしきた!いくらだショボン?」

(´・ω・`)「2680ゴルだよ」

('A`)「うん、無理、払えない」

Σz ゚ー )リ「ケッ!貧乏人が」

361 名も無きAAのようです :2013/06/04(火) 04:08:46 ID:Z0MWZwWkO
(´・ω・`)「で、何か用があって来たんじゃないの?」

Σz ゚ー )リ「おっとそうだった!二人は行くんだろ?」

(´・ω・`)「…何処へ?」

Σz ゚ー )リ「とぼけんなよ、VIPだよVIP!」

(´・ω・`)「そりゃぁ、僕もドクオも今年で18歳だからね」

Σz ゚ー )リ「私も連れてけ、てか着いてくぞ」

(´・ω・`)「…君は女の子なんだから行かなくてもいいんだよ?」
Σz ゚ー )リ「おっぱい触らせるから」

(*'A`)「よしきた!それじゃあ今行くぞ!すぐ行くぞ!しゅぱーつ!!!」

Σz ゚ー )リ「おー!」

(;´-ω-`)=3「…ハァ…」






Σz ゚ー )リスニフィと伝説の竜のようです

362 名も無きAAのようです :2013/06/04(火) 04:09:32 ID:Z0MWZwWkO
俺に彼女が出来たら書く

363 名も無きAAのようです :2013/06/04(火) 04:33:37 ID:K9vpLzaY0
>>362
彼女なら居るだろ?
画面の向こう側だけど

364 兄者 :2013/06/04(火) 10:47:31 ID:jR2omS4YO













~∧__∧
(´ゝ`)クックック

365 兄者 :2013/06/04(火) 10:49:04 ID:jR2omS4YO






































~∧__∧
(´ゝ`)クックック

366 兄者 :2013/06/04(火) 10:50:59 ID:jR2omS4YO
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

367 兄者 :2013/06/04(火) 10:53:18 ID:jR2omS4YO
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

368 名も無きAAのようです :2013/06/04(火) 11:35:15 ID:7v02YETk0






         おわり






.

369 名も無きAAのようです :2013/06/04(火) 17:54:03 ID:yslXTNaM0
何事だwww

370 名も無きAAのようです :2013/06/04(火) 18:37:36 ID:F/2m4SVA0
バカには読めない草文書か…こいつ出来るな…

371 名も無きAAのようです :2013/06/04(火) 22:25:44 ID:GZI8sJO.0


ζ(゚ー゚;ζ「いっやああん、遅刻しちゃうよ〜」


 あたし月野デレ、14才中2!


ζ(゚ー゚;ζ「ああんもう、ねむーい、ガッコ行きたくな〜い」


 自分でも思うケド、ちょっと泣き虫☆


 グニッ


ζ(゚ー゚*ζ「きゃんっ!?」

ζ(゚ー゚*ζ「いったあい、って猫?」

∧ ∧
(*゚ー゚)ニャアン

ζ(゚ー゚*ζ「ごめんねー」

372 名も無きAAのようです :2013/06/04(火) 22:26:30 ID:GZI8sJO.0

∧ ∧
(*゚ー゚)ニャアッ

ζ(゚ー゚*ζ「え、何? 額にバンソーコーなんか。剥がして欲しいの?」


 ベリッ
     ∧ ∧
    ミ(*゚ー゚)  タンッ
ζ(゚ー゚*ζ 「あんっ」

∧ ∧
(*゚ー゚)  ζ(゚ー゚*ζ


 額に……三日月ハゲ?


 キーンコーンカーンコーン


ζ(゚ー゚;ζ「きゃあああ! こんなことしてる場合じゃなかったあ!」


∧ ∧
(*゚ー゚) ……

373 名も無きAAのようです :2013/06/04(火) 22:27:23 ID:GZI8sJO.0


 その夜。


∧ ∧
(*゚ー゚)「あのね。デレちゃんは選ばれた戦士なの!」


 喋る猫がやって来た。

∧ ∧
(*゚ー゚)「デレちゃんには使命があるのよ! 仲間を集めて敵をたおすの!
     そしてあたしたちのプリンセスをさがしだして、そして……」

ζ(゚ー゚*ζ「しぃ! ブローチが光ってる!!」

∧ ∧
(*゚ー゚)「あたしのいうことまだ信じられない? さけんで!
     “ムーン”!!」

ζ(゚ー゚*ζ「“ムーン”?」

∧ ∧
(*゚ー゚)「プリズムパワー」ζ(゚ー゚*ζ


ζ(゚ー゚*ζ「メイクアップ!」


 セーラームーン。
 それがしぃが目覚めさせた、あたし。

.

374 名も無きAAのようです :2013/06/04(火) 22:28:11 ID:GZI8sJO.0



(゚、゚トソン「サボってなんかいません……勉強は、自分の力でするものですっ」

  水野トソン――セーラーマーキュリー


川 ゚ -゚)「他人と違う力があったのは……戦士だったから?」

  火野クー――セーラーマーズ


从 ゚∀从「恋なんかよりもっとずっと大切なコトが、
      ココであたしをまってるって――だれかがそうささやいたんだ」

  木野ハイン――セーラージュピター


ミセ*゚ー゚)リ「――そうね、あたしはほとんど人まえで
       このマスクをとったことはなかったわ」

  愛野ミセリ――セーラーV


 出会った、心許せる仲間たち。

.

375 名も無きAAのようです :2013/06/04(火) 22:29:12 ID:GZI8sJO.0


                          ( ・−・ )「あとは骨と皮だけになるがいい」


  ('A`)「――美しい。はじめて見たトキから気に入っていた、この少女」

                    _
                  ( ゚∀゚)「おまえの兵隊はしょせん土人形。だから脆いのさ」


 ( ´ー`)「その前にプリンセスとセーラー戦士に死を」


 現れる敵。
 そして。



( ・∀・)「いたいじゃないか、そこのたんこぶ頭。
      オレにまでたんこぶつくる気か」

ζ(゚、゚*ζ「☆〜〜〜〜っ
       こっ、これはたんこぶじゃなくておだんごっていうのよっ おだんごってっっ」


.

376 名も無きAAのようです :2013/06/04(火) 22:29:56 ID:GZI8sJO.0



( ・∀・)「幻の銀水晶を探している。オレの記憶の為に」


 タキシード仮面――地場モララー





( ・∀・)、「……何だか、会わせる顔なくても、デレこには会っちまう運命みたいだな」

ζ(゚ー゚*ζ(……うんめい)ドキ



 仲間が揃い、徐々に明らかになる敵の姿。
 そして、過去の宿命と使命を、ついに思い出す――!!

.

377 名も無きAAのようです :2013/06/04(火) 22:30:38 ID:GZI8sJO.0


ζ(゚ー゚*ζ「愛と正義のセーラー服美少女戦士
       セーラームーン!」

ζ(゚ー゚*ζ「月に代わっておしおきよ!」




ζ(゚ー゚*ζはセーラー戦士のようです

 配役書いたら満足した

378 名も無きAAのようです :2013/06/04(火) 22:32:54 ID:pj5qVGLI0
シーンを敵役に選ぶところにキャスティングのセンスを感じるわけです

379 名も無きAAのようです :2013/06/04(火) 22:42:15 ID:Tm6zbFccO
うおおおおおお読みてええええええ!

380 名も無きAAのようです :2013/06/04(火) 23:02:14 ID:pErgGnKc0
タキシード仮面はまり役だろこれ
懐かしいわ非常に読みたい

381 名も無きAAのようです :2013/06/04(火) 23:14:23 ID:sHMr2pYM0
久しぶりに原作読みたくなってきたな…

382 名も無きAAのようです :2013/06/04(火) 23:28:55 ID:F/2m4SVA0
昔っから、魔法少女アニメの助太刀イケメンヒーローが大嫌いだった
ヒロインがピンチになると颯爽と現れ、おいしいところを掻っ攫っていくあいつらだ
ヒーローは遅れて現れる?冗談じゃねえ


女を矢面に立たせるくらいなら


最初っから、男が敵を潰せば良い



(´^ω^`)「やあ!!僕の名前はショボン!!僕と契約して!!!!!!!ねえええええええ契約してええええええ!!!!!」

(-_-)「…」


珍妙な小動物が持ち出した契約は、日常を戦場に変えた


(´^ω^`)「第二次成長期の女の子の感情エネルギーより、男性の持つ漢氣エネルギーの方がやばいんだよね!!!彼女達を救いたかったらきびきび働いてよね!!」

(#^ω^)「ゲスの極みだお…インキュベーター…」


見ず知らずの少女を救い


|(●),  、(●)、|「俺ぁフェミニストでな…」


そして宇宙の寿命を延ばすため


(#'A`)「いいぜ、やってやるよ…」

(#'A`)「今日から俺がッ!!!魔法少女じゃあああああああああああああああああい!!!!」


漢達は、矢面に立つ『魔法少女』になった


『('A`)漢前!!魔法少女のようです』

383 名も無きAAのようです :2013/06/04(火) 23:42:22 ID:ZT433HFU0
「皆さんおはようございます。今日は4/3日水曜日です。今日も一日笑顔でがんばりましょう」
このアナウンスが意味するのはただ一つ。SHRまで五分を切ったということだ。
アナウンスを聞いた生徒たちが続々と校舎へ駆け込んで行く。
本校の規定で遅刻には厳しい処罰が下されることとなっている。それだけは絶対に避けたかった。
勿体無いがどうせ使う機会はないし使っておこう。
左手を力強く握り、天にかざして叫ぶ。
( ^ω^)「エクスコアオープン!One jump ahead!!」
左手から放たれた光は、かかとから膝までをすっぽりと包み込んだ。
地面を蹴る。
体は空高く浮き、生徒の列の最前列に一気に踊り出た。
('A`#)「ちくしょーきたねーぞブーン!」
最前列で汗を流しながら駆けていたのは友人だったらしい。
( ^ω^)「」

384 名も無きAAのようです :2013/06/05(水) 00:04:31 ID:9aP5Nt3s0
変なとこで投稿すんなFuck!!

「皆さんおはようございます。今日は4/3日水曜日です。今日も一日笑顔でがんばりましょう」


このアナウンスが意味するのはただ一つ。SHRまで五分を切ったということだ。

アナウンスを聞いた生徒たちが続々と校舎へ駆け込んで行く。


本校の規定で遅刻には厳しい処罰が下されることとなっている。それだけは絶対に避けたかった。


勿体無いがどうせ使う機会はないし使っておこう。


左手を力強く握り、天にかざして叫ぶ。



( ^ω^)「エクスコアオープン!One jump ahead!!」



左手から放たれた光は、かかとから膝までをすっぽりと包み込んだ。


地面を蹴る。


体は空高く浮き、生徒の列の最前列に一気に踊り出た。


('A`#)「ちくしょーきたねーぞブーン!」

最前列で汗を流しながら駆けていたのは友人だったらしい。

385 名も無きAAのようです :2013/06/05(水) 21:46:24 ID:qSdvB4vMO
     遂にあのSSが!!!!



     映画化決定!!!!!!



三⊂(;^ω^)⊃「寝坊しちゃったお!」



      ブーンが走る!!!


ξ#゚⊿゚)ξつ「いい加減にその手を離しなさいよ!」



      ツンが戦い!!!



"(*'A`)"シコシコシコシコ…



     ドクオがシコる!!!!!






/ ,'3 荒巻の水虫は荒れる一方のようです


     今夏上映予定!!!!

          は


   !!!!!!!未定!!!!!!!

386 名も無きAAのようです :2013/06/05(水) 23:09:54 ID:qSdvB4vMO
(*'A`)「俺、この戦いが終わったら結婚するんだ」




('A`)「俺がこんな奴に負ける訳がないだろ」




(#'A`)「俺に構わず先に行け!」



(;'A`)「や、やったのか?」




('A`)ドクオvs死亡フラグのようです

387 名も無きAAのようです :2013/06/07(金) 00:09:54 ID:/fM.Z19Y0
Σz#゚ー )リ「あたしが流行したら始めるですって?馬鹿にしないでよ!ここで言うってことはあたしが流行るなんてこれっぽっちも思ってないってことじゃない!」

Σz ゚ー )リ「いいわ。キャラも立ち位置も、一人称すら定まってなくてもあたしには誇りがある!意思がある!絶対、あなたに始めさせてやるんだから!」

( ´∀`)「はい。そのまま続けてー」

私は『言われたとおり』演技を止めて審査員の方へ頭を下げる

Σz ゚ー )リ「審査なんて大きなお世話よ!」

( ´∀`)「じゃ、次の人こなくていいモナ」

出て行く私と入れ替わるようにして黒髪の女性が部屋に入っていくが、私はさっさと荷物をまとめてちっぽけなオーディション場を出て行く


Σz ゚ー )リ「はぁ〜、ほんっと審査って元気が出るわ〜」

四畳一間のボロアパートにて、大の字に寝っころがりながら溜息


人類から『正直者』がいなくなって十数年。人は嘘しかつけなくなった。

神罰だとか特異ウィルスだとか言われているが原因は未だ不明。ただ単に人は言葉だろうが紙面上だろうが真実を言語として発信できなくなった

最初こそ混乱があったものの、時を重ねるごとに対策も進み今では日常生活に殆ど問題はなくバレンタインに恋人たちが「大嫌い」と囁き合い、それを見た非リア充が「幸せになれよ」と呪いを呟く

が、もちろん。常日頃から嘘に晒されていてはストレスが溜まるのも道理。そこで人は、真実に限りなく近い嘘を舞台の上に求めた


そんな舞台俳優に憧れて都会に飛び出してきたのが私、酒蔵スニフィで、しかしさっぱり芽が出ず女としてはまだしも女優としてはギリギリで

Σz ゚ー )リ「はぁ、女優なんて簡単になれると思ってたけどこの結果……私、才能あるなぁ」

言っててものすごく虚しい。実際はオーディションは連戦連敗。そろそろ実家からの呼び出しもきつくなってきた


ピンポーン


Σz ゚ー )リ「はーい、宗教ですか新聞ですか。何でも大歓迎ですよっと」

だらけた体に無理を言って起き上がり、茶色く変色したドアを開ける

ミセ*゚ー゚)リ「どうも〜、隣に前から住んでたミセリって言いません。引越しうどんを……って後輩!後輩じゃないですか!」

388 名も無きAAのようです :2013/06/07(金) 00:14:18 ID:/fM.Z19Y0
ドアの向こうにいたのは学生時代の後輩ミセリ。確かに今日入居予定の人がいると聞いていたがまさか彼女だったとは…

ミセ*^ー^)リ「もう二度と会いたくありませんでした!演劇部のOBから紹介されなかったここにいるってことは先輩も女優の道は諦めてたんですね!」

Σz;゚ー )リ「ま、まあぼちぼちね。ミセリはもうどこかの劇団か何かから追い出されたの?」

ミセ*゚ー゚)リ「ええ、VIP劇団には入れませんでした。とはいっても雑用を抜け出してお金があるからこの安いところに入ってるんですけど」

マジか。私よりずっと先に進んでる。思えば昔から器量、要領、技量よしの優秀な子だった

ミセ*゚ー゚)リ「スニフィ後輩はどちらに?」

Σz;゚ー )リ「えっ、私?私はほら、その―――」

後輩に見栄を張るために苦し紛れについた嘘の嘘。嘘だらけの世の中では何の変哲もない光景だったはずなのに…

ミセ*゚ワ゚)リ「しょぼーい!流石後輩!色々教えてあげていいですよ?」

Σz;゚ー )リ「も、もちろんダメに決まってるでしょ。オホホホホホー!」

ここから私の停滞が暴走気味に動き始めた

389 名も無きAAのようです :2013/06/07(金) 00:15:07 ID:/fM.Z19Y0
――道楽者の有名役者

( ・∀・)「へぇぇぇ、道理で見たことのある顔だと思った〜。なるほど、僕が所属してない劇団の一員だったとはねぇ〜?」

Σz;゚ー )リ「ひぃぃ、後輩へのちょっとした見栄とかじゃないんです。謝りませんから仕事を回すのは許して…」

( ・∀・)「ふ〜ん?ところで……その見栄を『嘘』にしてみる気はあるかい?

Σz ゚ー )リ「……へ?」


――双子の詐欺師

( ´_ゝ`)「他人の真実は自分にとって真実だと思うか?」

(´<_` )「もう一人の真実をさも自分のことのように話せば」

( ´_ゝ`)「嘘かどうか分からなくなる。こんな方法があるとは、流石だよな俺ら」(´<_` )

Σz;゚ー )リ(でもやってることは詐欺なんだよねぇ)


――そして――

( ´∀`)「はい。それじゃ最終オーディションを終わるモナ!参加者は呼ばれるまで控え室で騒がしくしていて欲しいモナ!」

ミセ*゚−゚)リ「……私、相手が誰で、境遇だろうと、絶対に負けて見せます」

Σz;゚ー )リ(しまらないなぁ)

私にとって最後のチャンスが、幕を開ける


Σz ゚ー )リ スニフィは嘘だらけの世界で舞台女優になりたいようです


Σz ゚ー )リ系創作板のようです が出来たら連載決定

Σz;゚ー )リ(例え出来たとしても連載自体が嘘だからなぁ)

390 名も無きAAのようです :2013/06/07(金) 00:34:39 ID:cRgfF.920
すごいおもしろい
がんばってくれ、スニフィ書いてくれ

391 名も無きAAのようです :2013/06/07(金) 02:09:46 ID:p4Q8dvgE0
(;^ω^)「嘘だお……こんなの…僕に………そんな……!!」

内藤ホライゾン、新大学生。夢の一人暮らしを謳歌する彼の前に立ちはだかる、「害虫の王」

G「」カサカサ

(;^ω^)(ここには菩薩の如き御手で彼奴に裁断を下すバーチャンもいなけりゃ、最速であ…否!彼奴等に走って追いつくアシダカ軍曹もいない…つまり!)

( ; ω )(僕がやるしか、ないってことかお…)

( ω )「…オイ、G」

G「」カサッ

( ω )「僕は今から、初めて買ったエロ本でオ○ニーとしゃれこもうとしてたんだお。でもテメェがいちゃあ、怖くて勃ちもしないお。そして…僕は、オ○ニーを諦めはしないお」

( ω )「だから…」

G「…!」サカッカサカサ

( ゚ω゚)「道 ( そ こ ) を 退 け !!!」


( ^ω^)ブーンと学ぶゴキ退治のようです
肝心のゴキ退治のノウハウを知らなかったのでボツ

392 名も無きAAのようです :2013/06/07(金) 03:27:57 ID:GFlc2fCoO
( ゚д゚)「おい、まだか?」ヒソヒソ

<ヽ`∀´>「ちょっと待つニダ」ヒソヒソ

<ヽ`∀´>「……」カチャカチャカチャ

ガコン

<ヽ`∀´>「よし、開いたニダよ」ヒソヒソ

( ゚д゚)「よし、早いとこバックに金を入れてずらかるぞ」ヒソヒソ

<ヽ`∀´>「ニダニダ」ヒソヒソ


ガサゴソ
  ガサゴソ  
    ガサゴソ

393 名も無きAAのようです :2013/06/07(金) 03:33:41 ID:GFlc2fCoO
( ゚д゚)「よし、これだけあれば良いだろ」ヒソヒソ

( ゚д゚)「ずらかるぞニダー」ヒソヒソ

<    >「……」

( ゚д゚)っ「おい、どうした?」ポン

::<ヽ ∀ >::ピクピク

(;゚д゚)「お、おい!どうしたんだ!おい!」ヒソヒソ

???「安心したまえ、少し眠らせただけだ」

(;゚д゚)「だ、誰だ!?」

「私か?私の名は…」






\(')∞(`)ゝ「パンティー仮面!!!」デデーン





(')∞(`)パンティー仮面はヒーローのようです2

394 名も無きAAのようです :2013/06/09(日) 00:58:36 ID:LH91lwgY0
BGM→http://www.youtube.com/watch?v=wyz_2DEah4o


VIPで鳴らした俺たち特攻部隊は、
濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが刑務所を脱出しソウサクに潜った。

しかし、地下でくすぶっている様な俺たちじゃあない。
筋さえ通れば金次第で何でもやってのける命知らず。
不可能を可能にし、巨大な悪を粉砕する、


俺たち、特攻野郎Aチーム!


( ^ω^)「俺はリーダーのジョン・スミス大佐。通称ブーン。奇襲戦法と変装の名人。俺のような天才策略家でなければ、百戦錬磨のつわものどものリーダーは務まらないお!」

( ・∀・)「俺はテンプルトン・ペック。通称モララー。自慢のルックスに女はみんなイチコロさ。ハッタリかまして、ブラジャーからミサイルまで、何でもそろえてみせるぜ。」
  _
( ゚∀゚)「よぉ、お待ちどう!俺様こそマードック。通称クレイジージョルジュ。パイロットとしての腕は天下一品!奇人?変人?だから何??」

( ゚∋゚)「B・A・バラカス、通称クックル。メカの天才だ。大統領でもぶんなぐってみせらあ!でも、飛行機だけは勘弁な!」



俺達は、道理の通らぬ世の中に敢えて挑戦する、
頼りになる神出鬼没の、

_
( ^ω^)( ・∀・)( ゚∀゚)( ゚∋゚)「特攻野郎Aチーム」!


助けを借りたい時は、いつでも言ってくれお!




( ^ω^)特攻野郎Aチームのようです




コングが一人で飛行機に乗れるようになったら公開

395 名も無きAAのようです :2013/06/09(日) 01:00:31 ID:hwl.iuEc0
>>394

じゃあ一生公開出来ないな…麻酔打てばなんとか…

396 名も無きAAのようです :2013/06/09(日) 09:42:33 ID:q3noh/.2O
>>394
エンジェルはいないの?

397 名も無きAAのようです :2013/06/09(日) 20:03:46 ID:RwA4dy.k0


Heil the nation!! Heil the people!!


ようこそ素敵な就職先
ここがお前の心の墓場


( ^ω^)「我々は」

ξ゚撿゚)ξ「最高法規の元」

('A`)「国民の為に」
 
川 ゚ -゚)「心身を捧げることを」

(´・ω・`)「誓います」


Heil the nation!! Heil the people!!


昨日の勤務は国のため
明日の勤務も国のため


( ^ω^)「いらっしゃいませ!ご用件は何でしょうか?」

ξ゚撿゚)ξ「デレ様のケースでは補助を受ける対象にはなれません」

('A`)「渋滞整理のための道路を設置します」

川 ゚ -゚)「産業の活性化のための誘致を計画します」

(´・ω・`)「こんにちは。旦那様はご在宅でしょうか?」

398 名も無きAAのようです :2013/06/09(日) 20:06:51 ID:RwA4dy.k0


Heil the nation!! Heil the people!!


国家の営むサービス業
今日も今日とて働け働け

 _
(#゚∀゚)「てめえニヤニヤしやがってふざけんじゃねえぞ!!」

ζ(゚ー゚#ζ「冗談でしょう!?私と子供を路頭に迷わす気!?」

(#・∀・)「はん!また税金の無駄遣いでいらない道路を作るってか!?」

( #゚д゚ )「ふざけるな!ソーサク商店街を潰す気か!?」

从#'ー'从「うるさいなあ!何度来たって、ウチに払うお金なんか無いってば!」


Heil the nation!! Heil the people!!


人権なんてありゃしない
それでも働く。人の為



パブリック・サーバンツのようです

399 名も無きAAのようです :2013/06/10(月) 20:35:20 ID:h68GWVmc0
部署によるけど、市役所って給料は安定してるけど心の安定はないんだよな…

400 名も無きAAのようです :2013/06/10(月) 22:10:48 ID:2r.FEHLA0

――出会いは万人に平等に訪れる。

川 ゚ -゚)「あー、陰毛にアンバサの空き缶をくくりつけてハネムーンに行きてー」

私は素直クール、うら若き乙女だ。

私の夢は父さんのように腹筋を5等分してその内一個を四国に分けてやることだ。
今のところ2.34ぐらいの腹筋割れ率だから、つるかめ算を使って計算すると……


川 ゚ -゚)「ふうむ、あさってぐらいには4等分されているな、めでたしめでたしだ」

感心した私は読んでいたはだしのゲンの一番エロいページ(元たちがガムと思って
噛んでたのが実は米軍製のコンドームだったシーン)にヴェポラップの刺身を挟んで、
それを嘆きのマートルに投げつけた。


川 ゚ -゚)「それでうまいもんでも食いな」

401 名も無きAAのようです :2013/06/10(月) 22:11:36 ID:2r.FEHLA0

('A`)「サンキュー、お礼にとっておきの織田裕二トリビア聴かせてやるよ」

川 ゚ -゚)「どうせ織田裕二の奥歯に挟まったわたパチは静岡産ってやつだろ、
     そんなの公文に通ってる連中ならだれでも知ってるよ」

('A`)「なんだ、がっくし」

彼は肩を落としてデュラムおばさんのカップパスタの中へと戻っていった。
いつかは彼も立派なフィットチーネとして日本を引っ張っていくのだろう。

川 ゚ -゚)ノシ「今日という日を忘れるなよ、あとドデカミンは言うほどでかくないってことも」

('A`)(なんて素敵な女性なんだ……シャンプーの銘柄とか聞けばよかった)

川 ゚ -゚)(髪を洗う時はいつもいなばのタイカレーさ……)

402 名も無きAAのようです :2013/06/10(月) 22:12:18 ID:2r.FEHLA0

海老タクシーに運ばれていきながら、なんとなくDef Techの前歯について
取り留めもなく考えていた時、窓の外からQRコードの赤ちゃんが見えた。

■□□□□□□□■
□□■□■□□□□
□□■■■■■□□
□■□□■□□□□
□■■■■■■■□
□□□□■□□□□
□□□□■□□□□
□□□□■□□□□
■□□□□□□□■


川*゚ -゚)「か、可愛い……」

■□□□□□□□■
□□□■■□□□□
□□■□■□□□□
□■□□■□□□□ ニコッ
□■■■■■■■□
□□□□■□□□□
□□□□■□□□□
□□□□■□□□□
■□□□□□□□■

川*゚ -゚)「笑った……!なんて無邪気なんだ」

403 名も無きAAのようです :2013/06/10(月) 22:14:42 ID:2r.FEHLA0

――そんな素直クールのほのぼのかつ破天荒な日々。


――そして、彼女を取り巻く人々との、心あたたまる交流。

(,,゚Д゚)「PS3のアフリカってゲーム、今度貸してやるよ。
    その代わりシマウマのステージ攻略してくれないか?」


――友情に助けられることもあれば、

( ^ω^)「なるほど……それは恋ではなく国道ですね、しかも45号線……」


――夢破れた恋に泣くこともある。

ξ゚⊿゚)ξ「さよなら、アタシの最後のフチ無しメガネ……」




――クーが最後に見た風景、それは一体何だったのか



川 ゚ -゚)クーの春うららかな日常のようです


         遠日公開

404 名も無きAAのようです :2013/06/10(月) 22:22:32 ID:FuoMAm4wO
>>400>>403
おまえが誰かわかったぞ

405 名も無きAAのようです :2013/06/11(火) 07:23:31 ID:Bw2A6tUAC
強すぎだろ

406 名も無きAAのようです :2013/06/11(火) 09:51:04 ID:hLWh62eY0
>>403がロックな人だってのはわかった

407 名も無きAAのようです :2013/06/11(火) 18:20:41 ID:fXmODyV.O
最近こういうカオス系多いけどなんだ
流行りか

408 名も無きAAのようです :2013/06/11(火) 19:29:10 ID:riyQl1z20
正直カオスギャグは面白さがわからない

409 名も無きAAのようです :2013/06/12(水) 01:30:50 ID:LIh9J/wo0
カオスギャグだからこそ続けられる自信がなくてボツった結果ウソ予告の可能性が

410 名も無きAAのようです :2013/06/14(金) 21:49:00 ID:fXOfa4pQO
>>408 俺も正直わからない
でも笑ってしまうから好き

あれだ、数人でくだらない雑談してると、変にスイッチ入って些細なことで爆笑してしまう時の感覚

411 名も無きAAのようです :2013/06/20(木) 20:43:14 ID:WqPwPOjs0

3年前に日本に越してきたという彼女はいつも大勢の人に囲まれていた


この学校に入学するのと同時にこの街にきた彼女は決して目立つ方ではなかった


キラキラと輝く金髪が


柔らかそうな黒髪が


溌剌とした明るい笑顔が


時々クラスメイトに見せる子供っぽい笑顔が


その声が


仕草が


彼女の全てが




たまらなく、愛おしかった




ハハ ロ -ロ)ハ ハロー、マイハニーのようです ('、`*川


まだ、話した事すらないけれど。


近日後悔

412 名も無きAAのようです :2013/06/21(金) 06:42:39 ID:M.rjsHGw0
1999年のボストンで大量殺人事件が起きた。

被害者はいずれもマフィアやゴロツキといった悪党たちだった。
街を荒らす悪党に裁きを与える男たちを人々は【聖人】と呼んだ

(;^ω^)おかしいと思わないのかお?お前らイカれてるお……」

神が彼等に与えし使命

( ゚∀゚)「おかしいのは世界のほうだ」

悪なる者を滅ぼし―

( ・∀・)「誰かが罰を与えるべきなんだ」

―善なる者を栄えさせよ

神の啓示を受け、兄弟は悪に裁きを与える

413 名も無きAAのようです :2013/06/21(金) 06:43:30 ID:M.rjsHGw0
( ・∀・)「意外に呆気ないもんだな」

( ゚∀゚)「当然だろ」

悪に裁きを下す兄弟と

(;^ω^)「何でこんなバカな事を……もうバカだバカだバカだバカだ……」

兄弟を支える協力者

('A`)「犯人は素人だ。プロの殺し屋はこんなやり方は絶対にしない」

彼等の影を追うFBIの奇人捜査官

/ ,' 3「イル・ドゥチェを出せ。奴等をぶっ殺してやる」

報復に動くマフィアと

( ´∀`)「……」

放たれた最凶の刺客

様々な思惑が交錯し物語は進んでいく

414 名も無きAAのようです :2013/06/21(金) 06:45:46 ID:M.rjsHGw0
光る剣を振り下ろす時

( ・∀・)「コンビニと一緒さ。24時間、年中無休で殺る」

( ゚∀゚)「上手いこと言うじゃねーか」

我が手は審判を得る

( ・∀・)「こないだの殺しはたまたまって感じで……」

( ゚∀゚)「誰をやればいいのかよく判んねーし」

原作:「The Boondock Saints(邦題:処刑人)」

主のために守らん
主の御力を得て
主の命を実行せん
川は主の下へ流れ
魂はひとつにならん

祈りの言葉と共に聖人達の正義が悪を撃つ

( ゚∀゚)「父と子と聖霊の御名において」(・∀・ )

( ゚∀゚)路地裏の聖人達のようです(・∀・ )



神の声が聞こえたら投下する

415 名も無きAAのようです :2013/06/21(金) 15:15:58 ID:H7oKR8u2O
>>414
1部に俺のようなカルトファンのいる名作か
やるなら是非とも続編までやってくれ

416 名も無きAAのようです :2013/06/23(日) 15:44:55 ID:1SQdk.5o0
飄々たる、風が吹く。
地平の彼方まで続くのは、砂と礫、わずかばかりの巌(いわ)。
薄く茶色がかった大地、モノクローム色の空。

死楽園(ディストピア)。

誰が呼んだか、死にゆく大地はそう呼ばれた。
だが、人の営みが潰えたわけではない。
むしろ、この限られた世界から抜け出すため人々は大きく結束し、死楽園の中に楽園を作り上げた。

エルドラド。

シャングリラ。

エリュシオン。

アルカディア。

アヴァロン。

ザナドゥ。

ニライカナイ。

理想郷の名を冠する都市。それぞれに異なる役割を持った巨大都市。
人々は結束し、今もなお楽園を目指す。

真の楽園。『エデン』を
そして『エデン』へと導く主導者……都市を一律管理する者達『教導者』によってエデンへの道は着実に進みつつあった。
だが、全てを順調に進めている筈の『教導者』達に、害なるもの、邪魔な者がいた。

『邪気眼使い』である。

人間の持つ強烈な意志力、それによってこの世の理を捻じ曲げ様々な怪奇異能を具現化する邪気眼使いは、真なる楽園を目指す『教導者』達には邪魔な存在に他ならなかったのだ。
『教導者』は、邪気眼使いを絶滅させる為に、実働部隊『カノッサ機関』を設立する。

417 名も無きAAのようです :2013/06/23(日) 15:45:50 ID:1SQdk.5o0
( ^ω^)「開け…宝庫眼」

萌葱色の"眼"を持つ青年が、自らの所有する大宝庫を開く。

ノハ#゚⊿゚)「頼むぞおおおおおおお!金剛眼んんん!」

猩々色の"眼"を持つ少女が、その細い腕で迫る岩塊を打ち砕く
  _
( ゚∀゚)「……!爆砕眼!」

弁柄色の"眼"を持つ男が、両の掌を大地に衝くと、大地が爆ぜる。

川゚ -゚)「父の敵だ。黒剣…」

漆黒の刃を持ちし"忌み子"。
そして……

('A`)「あー…わりぃ、ココドコ?」

何の能力も持たぬ、青年。



滅び行く世界。偽りの楽園。
滅びの原因とは?『エデン』とは?『教導者』とは何者か?

そして…世界に眠る二つの遺跡は応える。
この世界に真に必要なものとは――――

418 名も無きAAのようです :2013/06/23(日) 15:49:05 ID:1SQdk.5o0



邪気眼のようです、



>>407-409あたりのカオスギャグ云々ってのを見て「確かにそうだな」って思ったから
あえてクッソ痛そうなコテコテ能力バトルものを妄想してみた。
世界観は昔っから妄想してた世界。すっげえ細かい世界観なんだけどストーリーとか登場人物が浮かばない
え、邪気眼にする必要?




………かっこいいから?(すっとぼけ)

419 名も無きAAのようです :2013/06/23(日) 22:54:41 ID:UDLkKyRAO
川#^ω^)「ちょっと!貴女ショボン君に馴れ馴れしいんじゃないお?」

从#'A`ル「はぁ?貴女の方が馴れ馴れしのよ!ショボン君が嫌がってるのに気づいてないのかしらこのピザ女は!!」

川#^ω^)「ピザじゃねーお!ちょっとぽっちゃりなだけだお!!」

川#^ω^)「それとも私のナイスバデーに嫉妬してるかしら?この洗濯板が!!!」

从#'A`ル「キィー!誰が洗濯板よ!私はスレンダーなだけよ!」

从#'A`ル「貴女こそ私のモデル体型に嫉妬してるんじゃないわよ!このピザが!!!」

      バチバチバチバチ
川#^ω^)-----*----- ル'A`#从



川#^ω^)ブーン子とドク代は恋敵のようですル'A`#从


<ヽ`∀´>が竹島問題で土下座して誤ったら書く

420 名も無きAAのようです :2013/06/30(日) 00:12:32 ID:UDnuF2qQO
−200XX年−

人類は一部の天才達によって支えられていた。

その天才達を平凡な人類は、神になぞらえた。

現神人。それは、人類を幸福へと導く指導者。人類に技術という名のエデンの果実を渡す者…現人神に従ってさえいれば、あらゆる幸福の中で生きていける。
人は思考を放棄し現人神に全てを委ねはじめる。


そんな楽園とも呼べる世界で。



−錆びれた教会。

−にらみ合う男と男。それを不安そうに見る少女


  _
( ゚∀゚) 悪いが彼女に手をださせはしない。


(-)ソレハコマル。カノジョハシナネバナラヌ。コノセカイノタメ。カミノタメワレラノタメニ。

少女の体が恐怖で震える。
  _
( ゚∀゚)脅えんな。俺は…お前を守る。
世界が敵でも、守ってみせる。


男は笑う。


お前には夢が詰まってんだ。この世界をぶち壊すよッ。



生を赦されない少女と、抗う男。

命をかけた戦いが今

少女「どうして私を助けてくれるの?」
  _
( ゚∀゚)言ったろ。お前には夢が詰まってるってよ



  _
( ゚∀゚)爆乳少女を守るようです

421 名も無きAAのようです :2013/06/30(日) 00:30:37 ID:BwZM9E2wO
理由はおっぱいのためかよ! 
いつ投下するのちゃんと予告してくれよ

422 名も無きAAのようです :2013/07/03(水) 15:07:08 ID:NvXANtjM0
(-@∀@)


ある朝、起きたら


          /⌒丶         /⌒\
         /´    ヽ       /、   ヽ
         | /    |     /  /    |
     .    |     .|     | ,/ .    |
         |      |      / ノ    ,|
     .    |     |( ^ω^ )      丿    部屋にマッチョがいた
         ノヽ`   ノヽ   /  `   /
        /   ,/ソ         \ /
       (       ,/    `´   |  
        \   イ  ´         | 
         \  ヽ \    八  ノ 
           ヽ    ` ー ´人` / 
            \     / ´,、ヽノ  
           ノ⌒    /      |
          /            ノ_
          | ノ     ヽ    丿 \
       /⌒l |.          /     \
       /  l,丿 ,       ■     .  \
      |  /  ´      /⌒`l        \ 
     丿 /   ,     ./   ヽ   ヽ    | 
    /  |,   |    /      )\      ヽ 
    ヽ ノ    ヽ__,/      . (  _\_     |
    (_)__)|___,/          (__)_)_)ヽ、__/

423 名も無きAAのようです :2013/07/03(水) 15:07:55 ID:NvXANtjM0
(-@∀@)「…」


( ^ω^)「…」


しばし、見つめあった


先に沈黙を破ったのは


          /⌒丶         /⌒\
         /´    ヽ       /、   ヽ
         | /    |     /  /    |
     .    |     .|     | ,/ .    |
         |      |      / ノ    ,|
     .    |     |( ^ω^ )      丿 「我輩はブーン=ホライゾン卿」
         ノヽ`   ノヽ   /  `   /
        /   ,/ソ         \ /
       (       ,/    `´   |  
        \   イ  ´         | 
         \  ヽ \    八  ノ 
           ヽ    ` ー ´人` / 
            \     / ´,、ヽノ  
           ノ⌒    /      |
          /            ノ_
          | ノ     ヽ    丿 \
       /⌒l |.          /     \
       /  l,丿 ,       ■     .  \
      |  /  ´      /⌒`l        \ 
     丿 /   ,     ./   ヽ   ヽ    | 
    /  |,   |    /      )\      ヽ 
    ヽ ノ    ヽ__,/      . (  _\_     |
    (_)__)|___,/          (__)_)_)ヽ、__/

424 名も無きAAのようです :2013/07/03(水) 15:08:36 ID:NvXANtjM0
                 __ ( ^ω^)_     _,,,,、 「マッチョである」
         ,,.ィ'''フ''''=、r'"~ ヽ、ヽ / i,, `ヽr''"`ヽ、ヽ、
       ,r'"´ ノ"    )=、.,_ゝニ ノ,,..ィ'"´i      ヽ、
       (       ノ  ´ ̄ `Y"´            i
         )     __,,..         レ      _,,,,、       j、、
      r''ヽ. ,.ィ'''i"        J   ,,.ィ'"~  `'ヲ''ー-、ノ、 ヽ、
     / ,,.イ')'"  人        ,,l、        ノt   ) `ヽヽ
    /   /   / `ゝ、       人       ,,イ  jt、 ヽ    i
   f ,   ノ   /、   `ー--;::-ニ"_,ゝ=---‐''"    ノ ヽ、 ヽ  t、、
   )'  f   ノ ヽ、 r  、 f"   `i´ ̄` Y  `ヽ /   ゝ-,ヲ'''   )
.   ( ,.ィ''ーr"~    ヽj  ミi      !    j'   | /       ,r"    ft
   ノ、,ノ   ヽ,     `i  、〉、.__,人,___,..イ、,i" j''       (   ,ノ j
  ( t、    l      i  ヽf     Y    ,j,.  ,/      ) ,.イ´ ノ
  fヽ ヽ、   l      l ヽ、    .|   ノ ,. /     ,.イ '"ノ   ノ
  t i   l、.  t      l  、j`ー‐‐'`ー="レ' j'     // / ,/
  ヽ、 i、   i      l  ヽ  -ニ-  ノ  l     /,,,,ノ ,ィ/
    ヽ、`i  `i、     l   `i     /  ,l    /-,=、ヽv
′   ヽ ヽ、 'i,     人  ヽ    /   ノヽ   ノ''"Y,..ト-、
      `i、,,..=,i、   / ヽ、       /=ィ''i'i''j"  .`=(i-/、
       ヽ ,f`i-、   /   ヽ      /.`ー=''''"t.___  (,,ノ=、
       r-l =f,,ノゝ-''`=''フ  i、:' " ゛ ` ,i' :.    .l、  `ー=''=t_,i
      ,,.j-;t,ノ ,人r'''''''" ,:'         :.   !
     (_,.="f /,=ィ     :'          :.   l
      fヽ-''ー'" ,i' /   :             :   l i
           l '"    ':.          .:'   | .i,
           j     '::.        ,::'    l l
           f     /  ':::..   ..:::''  i.   l l
           l    /     ''' :: '' l    l   l l


彼の方からだった

425 名も無きAAのようです :2013/07/03(水) 15:09:36 ID:NvXANtjM0
( ^ω^)「この惑星を滅ぼさんと企む悪のマッチョの手より姫をお守りし」

( ^ω^)「世界を滅亡から救うために馳せ参じた。貴公の肉体を貸して欲しい」


(-@∀@)「…」


(@∀@-)「…」



外はいい天気だった

 
  マッチョ
『筋肉のさみだれのようです』

426 名も無きAAのようです :2013/07/03(水) 15:22:31 ID:VzxNoetM0
こんなノイはいやだ

427 名も無きAAのようです :2013/07/03(水) 21:34:06 ID:7CMoR2sI0
構わん続けろ

428 名も無きAAのようです :2013/07/04(木) 01:04:23 ID:9WkN23H2O
>>425 
ムカデ人間2、3はまだか

429 名も無きAAのようです :2013/07/06(土) 21:02:53 ID:KxazgCKAO
((( )))
(;´Д`)「ハァハァ…こんなにキツイ仕事とは聞いてないモナ…」
ドドドドド

((( )))
(;´Д`)「ヒィ!もう追いついて来たモナ!」

〜〜昨日〜〜

<すいません、そこの貴方

( ´∀`)「モナ?」

,((( )))
(-●Д●)「割りの良いバイトをしませんか?」

( ´∀`)「…どんなバイトモナ?」

,((( )))
(-●Д●)「簡単なバイトですよ。3日間ある人から逃げ続けるだけです」

( ´∀`)「…う〜ん」

,((( )))
(-●Д●)「3日間逃げ切れたら10万ペリカ差し上げましょう」

(*´∀`)「10万ペリカ!?」
,((( )))
(-●Д●)「失敗しても半分の5万ペリカ出しましょう」

(*´∀`)「やるモナ!」

430 名も無きAAのようです :2013/07/06(土) 21:03:35 ID:KxazgCKAO
,((( )))
(-●Д●)つ「有り難うございます。逃げてる間はこれを被り、困った顔をしながらでお願いします」

( ´∀`)つ「カツラモナ?」
,((( )))
(-●Д●)「はい、ただのカツラです」

 ((( )))
∩( ´∀`)∩「これを被って…」スポ

((( )))
( ´Д`)「これでいいモナ?」

,((( )))
(-●Д●)「パーフェクトです!それでは急で悪いのですが明日、VIP駅前のポチ公前に13:00から開始ですのでお願いします」

((( )))
( ´∀`)「明日からモナ?わかったモナ」

,((( )))
(-●Д●)つ□「有り難うございます。それでは貴方が逃げる相手はこの人です」

((( )))
( ´∀`)「ふむふむ、わかったモナ」

431 名も無きAAのようです :2013/07/06(土) 21:06:40 ID:caNpi8UQ0
既に面白い

432 名も無きAAのようです :2013/07/06(土) 21:15:06 ID:KxazgCKAO
〜〜現在〜〜

   ∧_∧
三三(*´Д`)「1さーん!!!」ドドドドド

  ((( )))
三三(;´Д`)「来るなー!!!」

   ∧_∧
三三(*´Д`)「照れてる1さんカワユスな〜」ハァハァ…

  ((( )))
三三(;´Д`)「照れてないモナ!こっちに来るな!このデカブツ!」

   ∧_∧
三三(*´Д`)「んもー、八頭身て呼んでって言ってるじゃない!ラフメイカーでもおkよ」ハァハァ…

  ((( )))
三三(;´Д`)「うわあぁぁぁん!!!」




( ´∀`)は逃げ続けるようです

433 名も無きAAのようです :2013/07/06(土) 21:18:37 ID:NlN3MInE0
やだ面白そう

434 名も無きAAのようです :2013/07/06(土) 21:32:45 ID:LjxpBcmc0
誤爆だよな
期待

435 名も無きAAのようです :2013/07/06(土) 21:51:00 ID:.1FfBx6k0
遂にブーン系でもこの二人の鬼ごっこが始まるのか!!!(超歓喜)

436 名も無きAAのようです :2013/07/06(土) 22:43:49 ID:QcGatrLAC
なにこれ超読みたい

437 名も無きAAのようです :2013/07/10(水) 01:43:36 ID:8NGZ/TYI0

 _
(;゚∀゚) ゼェッ、ゼェッ...


やあみんな!

今、鬱蒼としたジャングルを命を懸けて全力疾走している僕は日本の学校に通うごく普通の男の子。

強いて違うところをあげるとすればおっぱいに人生を捧げてるってことかナー。

皆さんご存知「全てのおっぱいの為に生まれ、そして死ぬ漢」ことジョルジュ長岡だよ☆

 _
(;゚∀゚)「クソッ! まだ追ってきやがる!!」ハァ...ハァ...


突然だけど、みんなは「天国」や「地獄」って信じるかい?

ああ違う違う、「アナタハ神ヲ信シマスカー?」的な宗教のお話じゃないよ。

ただ単純に「死んだ後にはそういうものもあるのかなー」、とか漠然とでも思っているかなって話。

 _
(;゚∀゚)「ちっ、こうなったら必殺ジョルジュくんクラッシュで……」ズザザッ

  _
li(;゚∀゚)そ「って、うぉっ!?」ズデッ! ドサッ!


僕はと言えば……正直、そういうのは信じちゃいないクチだったんだ。

だってそうだろう? 死んだらみんな同じく土に還っていくのが自然のサイクルってものじゃないか。

だから生のあるうちに全力で生きるんだろう?

438 名も無きAAのようです :2013/07/10(水) 01:44:19 ID:8NGZ/TYI0

 _
(;゚∀-)「くあぁ……痛ぇ……」ズキズキ


でもね。間違ってた。

地獄はあるんだよ。

死後の世界なんてよくわからない場所じゃない。

 _
(;゚∀゚)そ「ヤ、ヤバい! 余計に距離が詰まっちまった!!」


そう。

僕らの生きてるこの現世にさ。


 _
(; ∀ )「あ、あああ……!! やめろ! 来るな! 俺に近寄るなぁぁぁあぁああああ!!!」


そう。

僕は今、地獄にいます。



  _
( ;∀;)「もう嫌だ!!! 誰か助けてええええええええええ!!!!!!」



£ ゚ ゞ゚)
        「「「ようこそ……『男の世界』へ……」」」(´・ω・`)
N| "゚'` {"゚`lリ




  _
( ;∀;)無人島で一ヶ月ホモから逃げ切ったら賞金1000万円のようです




スレタイでジョルジュの眉毛が表現可能になったら投下します

439 名も無きAAのようです :2013/07/10(水) 02:03:29 ID:gjvP5PpsO
( ´゚`∀´゚`)ジョルジュの眉毛を表現しようと思ったら謎のAAが誕生した……

440 名も無きAAのようです :2013/07/10(水) 02:15:03 ID:3PxJ2iz60
うわ

441 名も無きAAのようです :2013/07/10(水) 02:33:39 ID:Nl26sLdI0
( ゚̄∀゚)
これでいこう

442 名も無きAAのようです :2013/07/12(金) 21:04:52 ID:8WMzWqX6O
( ´∀`)「この前はホントに酷い目あったモナ」テクテク

,∧_∧
( ´Д`) バッタリ (´∀` )

,∧_∧
( ´Д`)「あら、貴方は…」

(;´∀`)「あ…あぁ……」

,∧_∧
( ´Д`)「ちょうど良かったわ。ちょっと聞きt」

三三(;´Д`)「うわあぁぁぁ!!!」ダダダダダ

   ∧_∧
三三(;´Д`)「ちょっと!何で逃げるの!?待ちなさい!」ドドドドド

443 名も無きAAのようです :2013/07/12(金) 21:06:20 ID:8WMzWqX6O
,∧_∧
( ´Д`)「まったく、1さんと言いモナ君と言い、どうして私が気に入った人は私から逃げよとするのかしら?」

(;´Д`)「大丈夫モナ…あの悪夢は終わったモナ…あの時に八頭身さんとは和解したモナ」ブツブツ

(;´Д`)「きっと大丈夫モナ…多分…恐らく…大丈夫モナ…よね?」ブツブツ

,∧_∧
( ´Д`)「…聞いてるモナ君?」
(;´Д`)「…あぁ、ごめんなさい。何モナ?」

,∧_∧
( ´Д`)「全く、まぁいいわ。モナ君あれから1さんに会った?」
(;´∀`)「いや、会ってないモナ」

,∧_∧
( ´Д`)「やっぱりか…最近1さんの気配を全く感じられないのよね」

444 名も無きAAのようです :2013/07/12(金) 21:09:09 ID:8WMzWqX6O
( ´∀`)「八頭身さんが1さんの気配を探れないモナ?」

,∧_∧
( ´Д`)「そうなのよ。こんな事今までなか…!!!モナ君危ない!」バッ

(;´Д`)「モナー!!?お尻だけは!お尻だけはご勘弁おぉぉぉ!!!」ゴロゴロゴロ

ズドオォォォン

ズドオォォォン

<モナー発見。直チニモナーヲ捕獲シ帰還シマス。

<八頭身発見。直チニ排除シマス。

,∧_∧
( ´Д`)「……モナ君逃げなさい」

(;´∀`)「モ、モナ?」

  ∧_∧
三[+´Д`]三つ「八頭身。排除シマス」バッ

,∧_∧
( ´Д`)∩「クッ!早く逃げなさい!」ガシッ

三三(;´Д`)「わ、わかったモナ」ダダダダダ

  ∩_∩
三(-´Д`)「モナー逃走。直チニ捕獲シマス」ダッ

   ∧_∧
三三( ´Д`)「おっと、ここから先には行かせないわよ」ババッ



( ´∀`)は逃げ続けるようです2

445 名も無きAAのようです :2013/07/13(土) 02:37:52 ID:WLClMnHg0
四の五の言わずに書きやがれください

446 名も無きAAのようです :2013/07/15(月) 21:11:28 ID:Un2dE6y.0
はやくかいてくれええええ

447 名も無きAAのようです :2013/07/17(水) 02:03:15 ID:J3eNYlDs0
昔々あるところにひとりの貧しい少女がおりました
病気の母親を助けるために、朝に夕に働きますがお金は少ししか集まりません
でも大丈夫世の中には、親切な人が大勢いるのです
椅子に座って、引き金を絞る。必要なのは勇気だけ
心配しないで
神様はいつだって、あなたを見守っているのですから。



原作『ペニーガール』



( ・∀・)「ルールは簡単さ、目隠しでロシアンルーレットをするだけ。もちろん、スロットはいくらでも回して良い」

( ・∀・)「空撃ちするたびに賞金をあげよう。頭に向けて、引き金を引くだけでお金が手に入るんだ」


いつものように、親切な人は少女を助けてあげようと、ゲームをセッティングしました。
ですが、その少女は…


川  - )「弾は、一発だけか?」

( ・∀・)「え?」


どこか、おかしかったのです

448 名も無きAAのようです :2013/07/17(水) 02:04:02 ID:J3eNYlDs0
川  - )「五発込めろ、それで勝負する」

(;・∀・)「は?」

川 ー )「せっかくのギャンブルだ。これくらいのスリルがないとイけないんだよ」

(;・∀・)「い…いいのかい?生き残る確立は16.6パーセントだ。ほぼ勝ち目は無いよ?」

川 ー )「16.6パーセント?良心的だな、感動すら覚えるよ」

(;・∀・)(イカれてやがる…なんだこいつ…)

川  - )「それでだな、ここまで成功率を下げたんだ。賭ける対象の変更を求めたい」

(;・∀・)「な、なんだい?」



川  - )「勝利条件は『私の生存』、報酬は」



川 ∀ )「貴様の『命』だ、おじさん」



『川  - )Bet one's lifeのようです』


ぜかましが三隻集まったら公開

449 名も無きAAのようです :2013/07/17(水) 02:08:32 ID:pu9gAQ1U0
わりと初期からやってたからぜかまし4隻は出たで^^
なお2隻は沈んだ模様

450 西ノ宮 ◇Wfo7Kpppz2 :2013/07/17(水) 03:27:46 ID:jjV9kEW20
test

451 名も無きAAのようです :2013/07/18(木) 21:43:40 ID:8FazyDeM0
―――VIP学園三階、理科室の隣にある物置き部屋。


('A`)「お、ここにも部活あるじゃねえか」

( ^ω^)「目立たないにも程があるお…」


――――そこはとある志しを持った者が集う場所。


('A`)「……PPG部?懐かしいな。でも、なんでアニメのタイトルなんだ?」

( ^ω^)「何の活動してるかも分からないおね。人助けでもしてるのかお?」

('A`)「さあな。ま、覗くだけ覗いてみようぜ」

452 名も無きAAのようです :2013/07/18(木) 21:44:33 ID:8FazyDeM0

「……入部者か」

(;'A`)

(;^ω^)

「お前ら覚悟を決めてここに来たんだろうな」


「男の浪漫、女が求める虚像、それを追うのがこの部の目的だ」



  _
( ゚∀゚)「おっ“ぱ”い、いっ“ぱ”い、触るの生き“が”い……略してPPG部のな!」


(;'A`)「わっかんねえよ!なんだその微妙な文字チョイス!!」

(;^ω^)「くっ……、でも男として魅力を感じざるを得ないお!」

453 名も無きAAのようです :2013/07/18(木) 21:45:22 ID:8FazyDeM0

彼らは鍛える、夢にまで見た女子の胸を揉むために。
  _
(#゚∀゚)「おらあ!腕立てあと百回だやり切ってみろこのヒョロガリにギガントピザ!」

(;'A`)「ぐおおおおおなんだってこんなこと!」

( ;ω;)「ドクオ負けちゃだめだお!ジョルジュ先輩の思いをくみ取るんだお!」

(;'A`)「お前洗脳されるのはやいな!」
  _
(#゚∀゚)「無駄口たたいてるんじゃねえええええ!!!」


そして彼らは学ぶ、胸を揉むために必要とする知識を。

('A`)「…は、バッチ?」
  _
( ゚∀゚)「ああ、そいつをつけてる女子は触ってもいいと許可が下りてる」

( ^ω^)「高校生にして痴女の道を……」
  _
( ゚∀゚)「いやいや、ほとんどの女子は『体を鍛える』という目的のためにバッチをつけてるんだ」

('A`)「……エロい理由でってことっすか?」
  _
( ゚∀゚)「だから違うっての!文字通りの意味だ。なぜなら奴らは」


川 - )「相変わらずのんきなことだ」

454 名も無きAAのようです :2013/07/18(木) 21:46:07 ID:8FazyDeM0

彼らが目指す胸を持つ女子は―――全員格闘技術をもった者ばかり。

川 ゚ -゚)「いやはや、随分と腐抜けたやつが入部したものだな」

(*^ω^)「おおおおん!らめえええええ僕男の子だおおおおおお」モミモミモミモミモミ

(;'A`)「ぶ、ブーン!」

川 ゚ -゚)「ツンよ、こいつお前よりあるぞ」

ξ゚⊿゚)ξ「は?なにそれむかつく」

(;'A`)「うおっ!いつのまに背後へ!?」



(*゚∀゚)「あひゃ!アタシの胸を触れるのはフサだけって決まってるんだよ!」

('A`)「ビッチじゃねえか!」

('A`)「ビッチじゃねえか!!!!」

( ^ω^)「彼氏がいるのに参加するなんて……!」

(*゚∀゚)「へへん、お前らなんかに触らせる気は毛頭ないからビッチじゃねえもん!」

(*゚∀゚)「それに」


ミ,, Д 彡「おまえらころすころすころすころす」


(*゚∀゚)「いざとなったらフサが守ってくれるしな!」

(゚A゚)「くそがああああ!リア充しねええええええ!!」

(;^ω^)「ドクオ!真正面からいったら危険だお!」


自らの鍛錬のため、彼女たちは彼らの体へ拳を振るう。

455 名も無きAAのようです :2013/07/18(木) 21:47:09 ID:8FazyDeM0

それでも彼らは闘う。今までの成果を見せつけるために。


ζ(゚ー゚;ζ「な……っ」

( A )「へへ……油断したな、空手家さんよお…」

(#^ω^)「ドクオ!!」
  _
(#゚∀゚)「ひるむな!いけええええええ!!!!」


彼らを襲う格闘少女の攻撃をかわし、男の浪漫を。



(#'A`)「その右乳もらったあああああ!!!!」



――――おっぱいをその手で掴むために。

456 名も無きAAのようです :2013/07/18(木) 21:48:02 ID:8FazyDeM0




('A`)PPG部のようです





.

457 名も無きAAのようです :2013/07/18(木) 21:49:00 ID:8FazyDeM0

( ´_ゝ`)「お前らが新入りか」

(;'A`)「どもっす」

(;^ω^)「よろしくですお」

( ´_ゝ`)「よろしく。じゃあ簡単に手本みせてやるよ。まずこうやって近づいて……」

(;゚ー゚)「きゃあああああっ!」

(´<_` )「兄者、その子バッチついてないぞ」

( ´_ゝ`)「えっ」




  __[警] ∧_∧
  (  )(´く_`) エッ……
  (  )Vノ )
   | |  | |


<チガウンダ オレハ ムジツダ!
  _
( ゚∀゚)「次はいつ帰ってくるかねえ」

(´<_` )「二週間もしたら戻ってくるだろ」

(;'A`)「あ、日常茶飯事なんですね」


全てのおっぱいに魅力を感じるようになったら投下

458 名も無きAAのようです :2013/07/19(金) 01:52:26 ID:3iYbWb1UO
続き考えてるんだろ?待ってるからな

459 名も無きAAのようです :2013/07/20(土) 01:13:00 ID:Cbz1yRlE0

 その日。

「……αλλων……και……」

(;´-_ゝ・`)「……ん? う、ううん……」

/ ,' 3「γνωστο πρσωπο」

 盛岡デミタスは激しい頭痛としわがれた老人の声で目が覚めた。

(;´・_ゝ・`)「…………え? あんたら誰? ……というか、どこだここ?」

ノパ⊿゚)「Откуда вы пришли?」

 そこは、見慣れた自宅の寝室ではなかった。
 簡素で、ほとんど家具もない家。その藁敷きのベッドの上に、デミタスは寝っ転がらせられていた。

 目の前に居たのは知らない老人と少女。
 そのどちらもが日本人らしくない容姿で、聞いたこともない言語を話していた。

 そして、なにより。

 その二人には人間よりも遥かに長い、まるでおとぎ話に登場する『エルフ』のような耳がついていた。

.

460 名も無きAAのようです :2013/07/20(土) 01:14:01 ID:Cbz1yRlE0

ノハ;゚⊿゚)「Овие зборови не знаеш?」

(;´・_ゝ・`)「ううん、聞いたこともない言語だな……何語なの?
       残念ながら僕は日本語以外じゃ英語とフランス語くらいしか解らないんだけど」

/ ,' 3「Gereed hitte, 'n dwelm wat」

ノパ⊿゚)つU「Bwe` sa a」スッ

(;´・_ゝ・`)「なに? え、これ飲めってこと? ……このヤバ気な泡がぶくぶく出てる蛍光ピンク色したドロドロの液体を?」

/ ,' 3「Rijec(i ne kroz vas」グイグイ

(;´ _ゝ `)「おごっふ!? わ、わかった! 飲む! 飲むって!
      飲むからお願いムリヤリ僕の口に流し込まないでぇぇぇぇぇぇ!!」

 そして。

 デミタスがこの世界で最初に口にしたのは、なにやらえらく冒涜的な見た目をした狂気的の味のする汁だった。

461 名も無きAAのようです :2013/07/20(土) 01:15:00 ID:Cbz1yRlE0

(;´-_ゝ゚`)「うぇっぷ……おうええ。……3日ほど洗ってない靴下を生ゴミで煮詰めたみたいな味がした……」

ノハ;゚⊿゚)「そ、そんなに不味かったのか? それはゴメンな……」

(;´・_ゝ・`)「……へ? 言ってることがわかる……? キミ、日本語も話せたの?」

/ ,' 3「いえいえ、我々が喋っているのは先ほどと変わらずソーサク語ですじゃ」

ノパ⊿゚)「で、今おじさんに飲ませた薬が互いの言葉を自動的に頭の中で翻訳してくれる薬なの」

/ ,' 3「ご存じないのですか? 普通、各国を渡り歩く行商人などは皆これを使っておりますが……」

(;´・_ゝ・`)「いや、聞いたこともないよ。そんな薬……どうやって作ってるの」

ノパ⊿゚)「そりゃ、薬草や氷トカゲのシッポなんかを混ぜあわせてから魔力を込めながら煮込んで……」

(;´・_ゝ・`)「ちょ、ちょっと待った!」

/ ,' 3「はて、どうかなされましたか?」

(;´・_ゝ・`)「い、今『魔力』とかって単語が聞こえた気がしたんだけど……?」

ノパ⊿゚)「うん。そう言ったぞー」

(;´・_ゝ・`)「いや、キミらのその耳は『ちょっと趣味がアレな人』でとりあえず済ませようと思ってたんだけどさ」

(;´・_ゝ・`)「ここ……どこ? というか……この世界、なに?」

 その日。

ノパ⊿゚)「ここ? ここはクコヨソウ村だよー」

/ ,' 3「ソーサク王国の王都シタラバより南西に500スタディオンほど離れた、魔草栽培と魔法錬金学が盛んな村ですじゃ」

(;´・_ゝ・`)「は……え……」

(;´゚_ゝ゚`)「えええええええええええええ!!?」


 盛岡デミタスは突如、剣と魔法が支配する異世界に飛ばされたのだった。

.

462 名も無きAAのようです :2013/07/20(土) 01:16:00 ID:Cbz1yRlE0

ノハ;゚⊿゚)「へー……そんじゃおじさん、本当に魔法ひとっつも使えないの?」

/ ,' 3「この国では子供たちは皆6歳から魔法教育をされるのですが……」

(;´・_ゝ・`)「う、うん……。僕の住んでた国じゃ魔法のまの字も教えてくれなかったなぁ」

/ ,' 3「まぁそれはともかく、あんたもどうやら悪い人ではなさそうじゃ。
    帰るところがないのでしたら、どうでしょう。しばらくこの村でゆっくりなされては」

ノハ*^⊿^) 「ウチに来てくれ! かーちゃんもねーちゃんもきっと歓迎するぞ!」

(;´・_ゝ・`)「……ありがとう。帰る場所も無くてね……本当に助かるよ。……えっと」

/ ,' 3「おっと、そう言えば自己紹介もまだでしたな。儂はクコヨソウ村長の荒巻スカルチノフと申しますじゃ」

ノハ*゚⊿゚)「あたしは素直ヒート! よろしくな!」


 兎にも角にも、この異世界のエルフの村で、生粋の現代人たる盛岡デミタスの生活が始まった。

.

463 名も無きAAのようです :2013/07/20(土) 01:17:00 ID:Cbz1yRlE0


川#゚ -゚)「はあああ……! 必殺! エターナルフォースブリザード!!」ゴヒュオオオオ...

(´・_ゝ・`)「おー、すごいすごい。あっという間に桶の水が凍っちゃった」

ノパ⊿゚)「ねーちゃんは氷系統の魔法が得意なんだ! ちなみにあたしは炎系統の魔法が得意なんだぞ!」



(´・_ゝ・`)「……よっこらしょ、っと。これでいいかい?」

ノハ*゚⊿゚)「おおー、デミタスさん力持ち!」

川 ゚ -゚)「うむ、やはり大人の男性がいると作業の効率が段違いだな」

/ ,' 3「本当に助かりますでな。
    戦争が始まってからというもの、この村でもめっきり男手が減ってしまいましてなぁ……」

(´・_ゝ・`)「……戦争」



ノハ;⊿;)「あ、ああ……ウチの薬草畑が……」

(;´・_ゝ・`)「あれは……ドラゴン……?」

川  - )「……森の向こうの岩山に棲む、中型のドラゴンだ。
     今までだったら、破壊力の高い魔法の使える大人たちでなんとか撃退できてたのだが……」

(´・_ゝ・`)「……戦争とやらでそういった魔法の使える男は皆いなくなってしまった、と」

ノハ;⊿;)「せ、せっかく……みんなで頑張って、デミタスさんにも手伝ってもらったのに……とーちゃんが作った畑が……」

川  - )「泣くな、ヒート……。しょうがない。しょうがないんだ……」

ノハ;⊿;)「う、うあ、うわああああああん……」

(´・_ゝ・`)「…………」

.

464 名も無きAAのようです :2013/07/20(土) 01:18:00 ID:Cbz1yRlE0


/;,' 3「……い、今、なんと?」

(´・_ゝ・`)「聞こえませんでしたか? あのドラゴンを、倒すと申し上げたんです」

ノパ−゚)「……そんなの無理だよ」

川;゚ -゚)「そうだ。あなたは魔法が使えないのだろう。アレはただの剣や弓矢なんかで倒せる相手じゃない」

(´・_ゝ・`)「そうだね。確かに僕は魔法も使えなければ、身体能力が超人的に良いわけでもない。
      ……それでも、不可能じゃあないさ。」

/;,' 3「……本当に、出来るのですか」

(´・_ゝ・`)「この世界の子供たちが魔法の基礎を学んでいる間、僕の世界の子供たちは何を学んでいたのかってことです」

ノハ;゚⊿゚)「…………」

川;゚ -゚)「…………」

(´・_ゝ・`)「君ら、確か加熱と冷却の魔法が得意だったよね?」



川;゚ -゚)「……信じられない……」

ノハ;゚⊿゚)「あのドラゴンが……あんな、木っ端微塵に……」

(´・_ゝ・`)「ひゅー、大成功。これであの村がドラゴンに襲われることはなくなったね」

川;゚ -゚)「デミタスさん……あなた、いったいどんな魔法を使ったんだ」

(´・_ゝ・`)「魔法じゃないさ。空気と水からは窒素と水素が。
      窒素と水素でアンモニアが。アンモニアから硝酸が。
      ……そうやって化学反応を繰り返させれば、ニトログリセリンくらい作り出すのはそう難しくもない」

(´・_ゝ・`)「あとはそいつをおがくずにでも染み込ませて筒に詰めて導火線を付けてやればアラ不思議」

(´・_ゝ・`)「ダイナマイトの完成って寸法さ」

川;゚ -゚)「ドラゴンを一撃で爆砕するなんて、勅衛魔術師レベルの所業だ。それが……魔法でさえ、ないのか」

(´・_ゝ・`)「そうさ。これが、魔法の代わりに僕らの世界が積み上げてきた知識の結晶――」


(´・_ゝ・`)「――――『科学』の力、って奴だよ」


.

465 名も無きAAのようです :2013/07/20(土) 01:18:49 ID:NNdfAECc0
巨大生物ラドン、カルト教団「嫉妬作者」、大規模規制、デスライトニング芋虫……。
度重なる大災害を退けながら、人類はその数を着実に減少させていった。
今や、人類はその思念を電脳空間に残し、自らは冷凍睡眠に入ることで辛くも種としての情報を保存するばかりだった……。

──植民惑星「ブーンK 」第五コロニー、「ソーサ区」──


( 〈i〉ω〈i〉)「緊急放送日暮里!! 緊急放送日暮里!!」

( 〈i〉ω〈i〉)「現在、三十光年先の銀河に正体不明の船団が確認されている日暮里」

( 〈i〉ω〈i〉)「宇宙連邦法により定められた領宙侵犯の可能性がある日暮里!!」

( 〈i〉ω〈i〉)「“BDF”パトロールチームは直ちに現場に急行し、場合によっては退去勧告をする日暮里」

( 〈i〉ω〈i〉)「以上、ブリーフィングは十分後、第七会議室で行う日暮里」

──( 〈i〉ω〈i〉)ω)・・´(`BDF、チームT-4のようですΣz ゚ー )リ从、 ゚#ノハ──


Σz; ゚ー )リ「新兵だけで空間戦なんてッ……!!」

从、 ゚#ノハ「この惑星(ほし)を守るついでなら、あんたのことも守ってやるで」

──紡がれる友情!!

( メ∀・)「大規模規制に巻き込まれ、死んだと思っていたんだがな」

┗(⌒)(^^)「私は──思い出には、ならないさ」

──交錯する思惑!!

ω)・・´(`「僕は、海を見たことがないから……」

从、 ゚#ノハ「なら、見させてあげようか。……一秒、百円な」

──駆け巡るロマンス!!

( 〈i〉ω〈i〉)「ブーンK防衛軍は──」


( 〈i〉ω〈i〉)「──本日を以って、解散とする日暮里」

──怒涛のストーリー展開!!


──( 〈i〉ω〈i〉)ω)・・´(`BDF、チームT-4のようですΣz ゚ー )リ从、 ゚#ノハ──


テンプレ4が百人突破したら公開

466 名も無きAAのようです :2013/07/20(土) 01:19:00 ID:Cbz1yRlE0



( ゚д゚ )「わー! すっげー、騎士だ! 騎士様だ!」

( ・∀・)「やあ坊や、こんにちは。私は国王様からの使いでね、ある人を探しにこの村にやってきたんだ」

( ゚д゚ )「王様から!? ホントに!? すっげー!」

( ・∀・)「ああ。なんでも……この村に魔法を使わずにドラゴンを倒した男が居る、とか」




(´・_ゝ・`)は科学の力でファンタジーをぶっ飛ばすようです


              公開未定

.

467 名も無きAAのようです :2013/07/20(土) 01:21:43 ID:NNdfAECc0
すまぬ…!すまぬ…!

468 名も無きAAのようです :2013/07/20(土) 02:23:55 ID:SsffGtLEO
>>467 
書いてくれれば、おとがめなしだと思われる

469 名も無きAAのようです :2013/07/20(土) 12:44:48 ID:QkUjbNhU0
デミタスの読みた過ぎる
ここまで設定できてれば後はもう書くだけだな!!

470 名も無きAAのようです :2013/07/20(土) 17:00:31 ID:NITxPbR20
そうだな!書けよ!

471 名も無きAAのようです :2013/07/21(日) 18:35:18 ID:sHQj0i5M0
どっちも書けよ頼むから

472 名も無きAAのようです :2013/07/21(日) 18:37:47 ID:RLX0flIc0
それがものを頼む態度か?!

473 名も無きAAのようです :2013/07/21(日) 18:40:01 ID:j0EFIxP.O
いつも思うけどこのスレってだいぶ極悪な事してるよな

474 名も無きAAのようです :2013/07/21(日) 18:43:31 ID:mF6lab3M0
一番面白そうな見せ方しといて公開しませんだからな
鬼畜ですよ鬼畜

475 名も無きAAのようです :2013/07/21(日) 22:40:51 ID:WuMm2iTQO


476 名も無きAAのようです :2013/07/22(月) 02:29:12 ID:nBaKTBeIO
(;^ω^)「……」テクテク

(;'A`)「……」テクテク

ジィー

(^ω^;)彡クルッ

('A`;)彡クルッ

‖彡 ピャッ

¶ ジィー

(;^ω^)「……」

(;'A`)「……」

(;^ω^)「美しい人生よ」

(;'A`)「限りない喜びよ」

¶<コノムネノトキメキヲアナタニ〜♪




( ^ω^)と松崎しげるのようです

477 名も無きAAのようです :2013/07/22(月) 02:47:32 ID:nBaKTBeIO
( ^ω^)「今日もよろしくだお」

(´・ω・`)「はい、よろしくお願いします」

(´・ω・`)「それでは早速歌ってもらえますか?」

( ^ω^)「わかったお」

( ^ω^)「ん、うん!あ、あ、あー」

( ^ω^)‖θ「……」

( ^ω^)‖θ「ふぅ……」

( ^ω^)‖θ「心オナニーに例えよう♪1人満ちイクこの心♪」



( ^ω^)は売れっ子歌手のようです

478 ◆2GA/C1dTrU :2013/07/22(月) 16:54:14 ID:ZuTwicLw0
l从・∀・ノ!リ「こんにちは、おっきい兄者とちっちゃい兄者」

( ;´_ゝ`)「お、おい弟者。これは一体どういうことだ!?俺たちの妹者がボンキュッボンのナイスバデーになってるぞ!!」


(´<_` ;)「なんてこった……ロリシスコンの兄者涙目だな」

( ´_ゝ`)「いやこれはこれで全然」

(´<_` )「節操の無さは流石だな」

l从・∀・ノ!リ「私は十年後の妹者。未来から来たあなたたちの妹」

l从・∀・ノ!リ「お願い、兄者たち!どうかこの世界を救って!」

( ;´_ゝ`)「「な、なんだってぇー!?」」(´<_` ;)

479 ◆2GA/C1dTrU :2013/07/22(月) 17:00:16 ID:ZuTwicLw0
飛び交う怒号と熱線ー。

( ;´_ゝ`)「ぎゃああああああ!!頭が、頭が父者みたいにいいいいいい!!」

(´<_` ;)「落ち着け兄者、燃えたのは髪の毛だけだ!!」

双子ならではの協力プレイー。

(´<_` )「よし、兄者。兄者は囮になってあの戦車を翻弄してくれ」

( ´_ゝ`)「俺の役目、囮ばっかじゃね?」

そして未来世界の妹者とは何者なのか……。

l从・∀・ノ!リ「兄者たち……ごめんね」

480 ◆2GA/C1dTrU :2013/07/22(月) 17:02:15 ID:ZuTwicLw0




流石兄弟は未来世界の救世主になるようです。


ボンキュッボンの妹者って書きたかっただけなので公開は未定……。

481 ◆2GA/C1dTrU :2013/07/22(月) 17:25:02 ID:ZuTwicLw0



二千年代初頭より、VIPのSSを瞬く間に席巻し、そして廃れていったスレ、「新ジャンル」。

今その新ジャンルが、ブーン系小説とコラボして復活するーーー!!






( ^ω^)「おっおっ、やっと起きたかお。男くん」

男「……誰?」

482 ◆2GA/C1dTrU :2013/07/22(月) 17:32:53 ID:ZuTwicLw0
ある日、男と呼ばれた主人公は、不幸でつまらない事故によりその若い命を散らすこととなる。
その日より起きる謎の豪雪、そして全てのヒロインたちに巻き起こる悲しみ。

自分を天使と名乗るピザ男、ブーンは何を知っているのか。

神は誰を救おうとしているのか。

そして男は、死んでしまってもなお、何を成さねばならないのか……。

483 ◆2GA/C1dTrU :2013/07/22(月) 17:38:32 ID:ZuTwicLw0
「なんでっ……なんで男が死ななきゃならなかったのよぉ……っ!!」

ツンデレが、号泣する。

「……私が、男の代わりに死ねば良かったんだ」

素直クールが、悔いる。

(待ってろよ、男おおおおお……こんなとこ、私が必ず連れて出てやるからな……!!)

素直ヒートが、決意する。

「ブレイクッ、はいブレイクよー。まだよまだまだ」

素直シュールが、煽る。

484 ◆2GA/C1dTrU :2013/07/22(月) 17:45:33 ID:ZuTwicLw0
(*゚ー゚)「にゃー」

(*゚∀゚)「にゃーん」

「あははっ、かわいい猫さんたちッスねぇ」

裏方雑用が、なつかれる。

「バカ野郎……こんな様じゃあ、死んでった男に顔向けできないだろがあああああああ!!!!」

男友が、吠える。

「あはははははっ……男くんは私のものだよ、永遠にね」

素直狂うが、振りかざす。

485 ◆2GA/C1dTrU :2013/07/22(月) 17:50:20 ID:ZuTwicLw0
そして物語の核心は、彼へと委ねられる。


( ^ω^)「ブーンは、皆が大好きだお」

「僕だって、みんなのことが、大好きなんだお!!」

( ^ω^)「おっおっおっ」

真っ白な町を、彼らは、彼女らは、懸命に疾駆するーーー

失われた時を、取り戻すかのように。

486 ◆2GA/C1dTrU :2013/07/22(月) 17:52:02 ID:ZuTwicLw0




( ^ω^)天使ブーンが、新ジャンルの男を導くようです。

副題・新ジャンル青春群像「新ジャンルが、終わるようです」

487 ◆2GA/C1dTrU :2013/07/22(月) 17:53:52 ID:ZuTwicLw0
ブーン系板でやるようなネタでもないし、今のブーン系民に新ジャンルを知ってる奴が少なそうなんで公開未定

488 名も無きAAのようです :2013/07/22(月) 17:56:58 ID:WmeOnSqw0
VIPでやったら多分ウケるし俺も見るから公開しろ下さい

489 ◆2GA/C1dTrU :2013/07/22(月) 18:40:42 ID:ZuTwicLw0
長いようで短い大学の夏休み、我輩ことロマネスクは、恋人のヒートちゃんの地元へ遊びに行くことになったのである。


( ФωФ)「ここは自然がいっぱいでいいとこであるな」

ノパ⊿゚)「だろー!?一回ロマも連れて来たかったんだ!!」

そんなことを言うヒートちゃんが可愛くて可愛くてもう……。

( ФωФ)(願わくは、ヒートちゃんのご両親に顔を覚えてほしいのである)

ノパ⊿゚)「見えたぞ!!あそこが私んちだ!!」

490 ◆2GA/C1dTrU :2013/07/22(月) 19:00:30 ID:ZuTwicLw0
( ФωФ)「おー、あれがヒートちゃんの生家であるか」

『あんれまぁ、おまんヒートじゃあなかね?』

( ФωФ)「……ん?」

ノパ⊿゚)「あーっ!!ピャー子ばあちゃん!!」

川*` ゥ´)「帰ってくんならそう連絡すっぺ。出迎えの準備もあったっぺよぉ」

( ФωФ)「おう、こちらがヒートちゃんのおばあ様であるか」

ノパ⊿゚)「ばあちゃん、紹介するぞ!!私の彼氏のロマネスクだ!!」

川*` ゥ´)「あんれまぁ、えらいハイカラな名前だっぺなぁ。ヒートと仲良くしてくんろ」

( ФωФ)「いやいや、こちらこそ宜しくなのである」

ーーーこのおばあ様こそ、我輩を非日常の世界へと連れ去った張本人だったのである。

491 ◆2GA/C1dTrU :2013/07/22(月) 19:05:40 ID:ZuTwicLw0
ーーーそう、何を隠そうこのおばあ様は

川*` ゥ´)「ちょうど今から昼飯にすっとこだったけぇ、ヒートたちも食べてけ」

ノパ⊿゚)「やったー!!ばあちゃんのご飯大好きー!!」

( ФωФ)「ありがとうである。ご馳走にならせていただくのである」

ーーーこのおばあ様は

( ;^ω^)「た、大変だおー!!」

川*` ゥ´)「ん?内藤でねっが。なんかあったっぺか?」

( ^ω^)「うちの畑が、河童に荒らされたんだお!!」

( ФωФ)「……えっ?」

492 ◆2GA/C1dTrU :2013/07/22(月) 19:10:06 ID:ZuTwicLw0
ーーー
ーー


川*` ゥ´)「うちの村で悪さするでね!!」

('A`)「ぎゃああああああああああああ!!!!!!」

素手で妖怪幽霊の類いを倒せる、唯一の祓い屋だったのである。

493 ◆2GA/C1dTrU :2013/07/22(月) 19:11:27 ID:ZuTwicLw0





川*` ゥ´)は最強祓い屋ババァのようです


俺にAAで動きを表現できる技量がつくまで公開延期。

494 名も無きAAのようです :2013/07/22(月) 21:54:49 ID:987FuKXs0
新ジャンルがみたい たのむ

495 名も無きAAのようです :2013/07/23(火) 06:31:57 ID:0YBovJB60
河童……いいね

496 名も無きAAのようです :2013/07/23(火) 07:15:27 ID:7bDQGmWM0
( ^ω^)一発キました!!フランス書院からのお告げのようです

寝起きでボーッとしてたら唐突にそんなタイトルが浮かんだので

497 名も無きAAのようです :2013/07/24(水) 00:07:11 ID:CfBeKpDQO
( 'A`)y━・~「……」

窓の外を眺めているこの男の名はドクオ。
シルクハットを被りタキシードに蝶ネクタイ、右手にはお気に入りの葉巻を持ち、左腕にはこれまたお気に入りの先が男性器を模したステッキを携えていた。
どこからどうみても紳士である。
コンコン

( ^ω^)「失礼しますお。先生、また子供が1人消えたと言う情報が…」

口でノック音を奏でるこの男の名はブーン。
白地のタンクトップから顔を覗かせている黒乳首からは春の香りを感じさせる。


( 'A`)y━・~「これで6件目か…」

純白なシルク生地のブリーフを下半身に纏い、前方からは黄色いオーラ、後方からは茶色いオーラが溢れだしている。
そう、彼は紳士である。

498 名も無きAAのようです :2013/07/24(水) 00:08:06 ID:CfBeKpDQO
( ^ω^)「コンコン」

ガチャ

(´・ω・`)「失礼するよ」

口でガチャっと言った彼の名はショボン。
ショボンである。
もう一度言う、ショボンである。念のためもう一度、ショボンである。

('A`)y━・「やぁ、ショボン君。そろそろ来る頃だと思っていたと思うかい?」

なんとドクオはショボンが来る事をわかっていたかのように桃尻を兄者に見せつけた。

(´・ω・`)「……流石だねドクオ。いや、シャードック・ホーモズ」

そう言うとショボンは懐から竹の子の里を取り出すと隣にいる荒巻に投げつけた。

499 名も無きAAのようです :2013/07/24(水) 00:08:45 ID:nMZUlUKg0
(あ、これヤバい香りがプンプンする)

500 名も無きAAのようです :2013/07/24(水) 00:11:18 ID:CfBeKpDQO
('A`)y━ ジュ

('A`)「お前がここに来た理由も当ててやろうか。子供消失事件に協力しろだろ?」

葉巻をモナーに押し付けながらドクオはモララーの剛尻を叩いた。
(´-ω-`)「全てお見通しか…」

(´・ω・`)「で、協力してくれるかい?シャードック・ホーモズ」
ショボンは熱い眼差しをドクオに向け、天井に張り付いているジョルジュの眉毛を引きちぎった。

('A`)「勿論だよショボン君。この町の平和の為に共に犯人を捕まえようじゃないか!」

そう言うとドクオはパンツを裏返し弟者に被せて宇宙(そと)に出ていった。




( ΦωΦ)は戦場の狼のようです

501 名も無きAAのようです :2013/07/24(水) 00:13:13 ID:CfBeKpDQO
カオスを極めたら書くかもね!

502 名も無きAAのようです :2013/07/24(水) 00:17:38 ID:Q6uy2Mz60
多分もう極めてるよお前

503 名も無きAAのようです :2013/07/24(水) 01:11:35 ID:gUC2mrmc0
『腕を前から上に上げて大きく背伸びの運動から、はい!』

蝉時雨の中、首からスタンプカードをぶら下げ、汗を垂らしながらラジオ体操

今年も平凡な夏休みがやってきた

俺の町内会ではラジオ体操にて皆勤賞をとると、モスドナリアのハンバーガーセットがタダで食べられる券5枚が配られる

('A`)「1、2、3、4・・・」

課題である日誌や自由研究なんぞ初日で終わらせ、残りは毎朝ラジオ体操からのゲーム三昧

そんな例年通りの夏休み

になるはずだったのに・・・


(;^ω^)「ぬおおおお!夏休み三日目にして早くも遅れたおー!!!まだスタンプ間に合うかお?」

(*゚ー゚)「おはよー間に合うよー」


(;^ω^)「ふんっ!ふんっ!」

('A`)「おい、ブーン、近い近い!腕当たるから!」

( ^ω^)「おっお、ごめんお、そうそうドクオ知ってるかお?ハインさんとこに来た女の子」

('A`)「?」

( ^ω^)「真っ白なワンピースの似合う可憐な美少女らしいお」

('A`)「ほほぅ、それはけしからん」

興味本位だった、ただただ少年として可愛い女の子なら会ってみたいそれだけだったのに

川 ゚ -゚)舞姫の如く玉響にのようです('A`)


なんか夏休みの小学生向きの映画みたいな一夏の淡い冒険や恋的な話しとして仕上げたかったけれど挫折

504 名も無きAAのようです :2013/07/24(水) 19:59:04 ID:r/fCKKuY0
なにこれ読みたい

505 名も無きAAのようです :2013/07/24(水) 23:13:28 ID:x7s0gGWw0
俺もこういうの読みたい

506 名も無きAAのようです :2013/07/24(水) 23:32:08 ID:4y7bT.7A0
る所に


(;><)「うんやっと!!ほいやっと!!なんです!!」


月に向かって飛び跳ねるウサギがいました


普通のウサギは問いかけます


( <●><●>)「何故きみは、月に向かって跳ねるんだい?」


飛び跳ねウサギは答えます


(;><)「わかんないです!!でも、月に行かなきゃいけない気がするんです!!」


普通のウサギは呆れます


( <●><●>)「理由も無く飛び跳ねるなんて、どうかしているのはワカッテマス」


普通のウサギはやれやれとため息を吐き、他の場所へとピョコピョコと跳んで行きました


(;><)「うんやっと!!ほいやっと!!なんです!!」


バカにされたことも気にせず、ウサギは疲れるまで月に飛び跳ね続けます

507 名も無きAAのようです :2013/07/24(水) 23:32:49 ID:4y7bT.7A0
また別のウサギが、飛び跳ねウサギのもとにやってきました


('A`)「熊相手に命がけのスパーリングしてたらいつの間にかウサギの肉体を凌駕していた」


そのウサギはクレイジーでした


クレイジーウサギは問いかけます


('A`)「おっと、そこのお前さん。一体何をしているんだい?」


飛び跳ねウサギは答えます


(;><)「わかんないです!!でも、月に行かなきゃいけない気がするんです!!」


クレイジーウサギは、ふうむと唸って空を見上げました
今夜は満月。いつもより爛々と光る月に、ウサギのマークがぼんやりと映っています


('A`)「遠いな。この鍛え抜かれた俺のマッスルボディでも届く気がしねえぜ」


(;><)「でも!!いかなきゃ!!ダメなんです!!」


('A`)「ふーん…」

508 名も無きAAのようです :2013/07/24(水) 23:33:47 ID:4y7bT.7A0
クレイジーウサギは、頭も体もクレイジーでした


('A`)「生物には、限界があるんだよ」


時々、ぶっ飛んだ発想で皆を驚かせます


('A`)「その限界を補うために、ある生物は頭を使った」


そして今夜も


('A`)「その生物は、今や空の彼方まで飛んでいける術を持っている」


そのクレイジーな発想で、飛び跳ねウサギを驚かせるのです




('A`)「人間からロケット奪い取って月行こうぜ」



( ><)『飛び跳ねウサギは月を望むようです』


village peopleの新曲が出たら公開

509 名も無きAAのようです :2013/07/25(木) 00:37:37 ID:IKUem9aYO
village peopleの新作なんかでるわけないだろうが 
いままでのやつ、1作品くらいはちゃんと書けよ

510 名も無きAAのようです :2013/07/25(木) 00:51:46 ID:Qcwz/32Y0
なんだろうな、ワクワクしながら嘘予告開いていきなり筋肉なり漢なりが出てきてあ奴だと気づいた時の
この脱力感とともにくる心の穏やかさは・・・
期待を裏切ってくれない安定感って奴なのだろうか

511 名も無きAAのようです :2013/07/25(木) 01:20:27 ID:gaRgHVzg0
オーケーオーケー、わかった

次は漢とか筋肉とか一切無い嘘予告を書くよ


嘘予告だから…

本編では書きませんけどねーーーーーーーーーーwwwwwwwwwwwwwwww

512 名も無きAAのようです :2013/07/27(土) 05:47:17 ID:iGeUOwEQ0
 経済不振――

( ^ω^)「ビームってお金かかるし、銃火器も刃物も超能力もクレームうるさいんだお。てことで禁止」

 経費削減――
  _
( ゚∀゚)「お子様たちには憧れてもらえねえなあ……」

 手段を選んでいられない――

 ヒーロー界の最底辺、そこに一人の男がいた。

( ・∀・)「ねえ今どんな気持ち? 五年もせっせと書いてた中二ブログ知り合い全員にバラされてねえ今どんな気持ち?」
( ;_ゝ;)「もういっそ殺してくれ……」

 好感度、常にマイナス!

( ・∀・)「このー、現時点で唯一あくのそしきとの連絡手段である携帯をー、えいっ」
(;^Д^)「ちょっ、いやマジでやめうわああああ俺の昇進消えたああああああ」

 ヒーローランキング、常に最下位!

( ・∀・)「今日はこの彼女の可愛い飼い猫をー、彼女が土下座して投降するまでいじめたいと思いまーす」
从; ー 从「ほんとごめんなさいほんとごめんなさいゆるしてくださいほんとごめんなさい」

 誰もが外道と呼ぶ男!

 ( ・∀・)陰険圧殺、外道ヒーローのようです

 2014年後公開

513 名も無きAAのようです :2013/07/27(土) 12:43:00 ID:sOSxc3u20
クッソよみてぇwwww

514 名も無きAAのようです :2013/07/27(土) 15:32:46 ID:ybo1nZGQ0
モビルスーツーーかつて戦争に使用された人型兵器も、今ではスポーツの道具である。
そのスポーツの名は
「M S フ ァ イ ト」
古今東西のMSが入り乱れて戦うそれは、全世界の男達を虜にしたのだ。
そして此処、VIPシティでも毎年大会が開かれている。

515 名も無きAAのようです :2013/07/27(土) 16:41:26 ID:ybo1nZGQ0
( ^ω^)「ドクオー!そろそろいくおー!受付すませないと間にあわないお!」
内藤ブーン 搭乗MSーー ジム改
('A`) 「ちょっと待ってくれ。ヒートソードの調子が悪い。」
鬱田ドクオ 搭乗MSーーグフ

二人は幼少のころからこのスポーツのファンであり、今日念願の大会に出ることになった。彼らのそのころからの夢は一つ。

(*^ω^)(*'A`) 「「VIPシティ大会優勝!」」

そのために努力を惜しまず、ついには試作機、高コスト機ブームの今回の予選でも量産機で被撃破回数ゼロで勝ち抜いてきた。





しかし、現実は非情なものである。

516 名も無きAAのようです :2013/07/27(土) 17:10:29 ID:ybo1nZGQ0
(;'A`) 「う、嘘だろ。あのトリコロールのMSは!?」
(;'A`) 「マ、マニュピレーターがあぁぁ!」

ーーRX-78-2、ガンダム

(#^ω^) 「ジム改でオールレンジに対処するなんて無茶言うなお!」
(;^ω^) 「あれが、サイコミュの力かお!?」

ーーAMX-004、キュベレイ

その他諸々、かつての戦争でのエース機が入り乱れる大会だったのだ。

しかし、二人は諦めが悪かった。それは端からみれば、馬鹿のように見えた。無謀だった。

517 名も無きAAのようです :2013/07/27(土) 17:15:17 ID:ybo1nZGQ0
(#^ω^) 「たしかに馬鹿だお」






(#'A`) 「ああ、無謀だろうさ」

518 名も無きAAのようです :2013/07/27(土) 17:21:32 ID:ybo1nZGQ0




(#^ω^)(#'A`) 「「けど、勝ちたい!!!」」



( ^ω^)と('A`)は量産機で戦い抜くようです

519 名も無きAAのようです :2013/07/27(土) 17:23:51 ID:ybo1nZGQ0
明日ウルフルズが活動再会したら書く。

520 名も無きAAのようです :2013/07/27(土) 17:25:25 ID:sOSxc3u20
なんでみんなそうやって俺をいじめるの?ねえ?書いてよ?

521 名も無きAAのようです :2013/07/27(土) 17:32:19 ID:LBl.RE9A0
なんでや!グフもエース機やろ!!
ジム改も(パイロットは糞だけど)エース機やったやろ!!
量産機やからってガンダムに勝てないとかそんなわけムギャオー!!バンバン

ってなわけで書いてもいいのよ?

522 名も無きAAのようです :2013/07/27(土) 21:14:27 ID:hlIB331IO
ある日少年は鍵を拾った

( ^ω^)つζ「お?家の鍵に似てるけど少し違うおね」



少年は扉を開く

( ^ω^)つζ ガチャ



そして始まる壮大な物語り

(;゚ω゚)「なんじゃこりぁぁぁぁぁ!!!」



(;^ω^)「な、何でお前がここにいるんだお!?」



(;`ω´)「お前の目的は何だお!」



( ;ω;)「もう…誰にも死んでほしくないんだお!」





( ^ω^)と百万世界のようです



.

523 名も無きAAのようです :2013/07/29(月) 02:56:50 ID:IdyT7EzsO
少年は夏休みの間、田舎にある祖父の家に預けられることになった。



('A`)「暇だな…釣りにでも行くかな」

('A`)「じぃちゃん、ちょっと川に行ってくるね」

/ ,'3「おー、気をつけるんじゃぞ」

('A`)「あーい」



そして少年は出会う。





.

524 名も無きAAのようです :2013/07/29(月) 02:59:57 ID:IdyT7EzsO
ミーンミンミンミンミンミーン…



(;'A`)「……」

 彡⊂⊃ミ
( ^ω^)ノ「おいすー!相撲すっかお?」

ハイテンションな河童のブーン。




(;'A`)「……」

( ´_ゝ`)「君がブーンが言っていた少年か?」

(´<_` )「人間の子供と遊ぶのは何年ぶりかな」

悪戯好きな天狗の兄弟、流石兄者と流石弟者。




川 ゜-゚)「ぽぽ、ぽぽぽぽ、ぽ?」

麦わら帽子に白のワンピースを着た長身の女性。
素直クール。



( ´∀`)( ・∀・)( ∵)
その他大勢。

525 名も無きAAのようです :2013/07/29(月) 03:00:45 ID:IdyT7EzsO
そんな少年と妖怪達との一夏の思い出。

('A`)ノシ「おーい、ブーン。キュウリ持ってきてやったぞ!」

 彡⊂⊃ミ
( ^ω^)「いつから河童がキュウリ好きだと錯覚していたお?」




(;A;)「ウッウッ、ヒック…」

川 ゜-゚)「ぽ?」

「ぽぽぽぽぽ」川 ゜-゚)シ(;A;)ナデナデ




  _
( ゚∀゚)o彡゚「おっぱい!おっぱい!」クネクネ

( '∀`)o彡゚「おっぱい!おっぱい!」





('A`)夏の思い出のようです。

526 名も無きAAのようです :2013/07/29(月) 08:03:08 ID:NHSzF6mQ0
クールが無表情でぽぽぽぽいってんの想像してワロタ
かけください

527 名も無きAAのようです :2013/07/29(月) 09:13:52 ID:fyAWhrZc0
クーの八尺様はハマり役だな

528 名も無きAAのようです :2013/07/29(月) 11:32:22 ID:YAK93HYg0
もはや懐かしいなクーの八尺様

529 名も無きAAのようです :2013/07/29(月) 20:46:24 ID:r7CXpW1c0
なにかがおかしい


『皆様へお知らせ。本日より、夏服が規制されました。長袖、長ズボンでの通学、通勤をお願いいたします』

('A`)「また規制かよ……この暑いのにマンドクセ。カーチャン、冬服出して〜」

J( 'ー`)し「あらあら、今度は何でなのかしらねぇ。ともかく熱中症には気をつけるのよ」


いつからおかしかった?


从 ゚∀从「いよっすドクオ。今日も辛気臭え顔だな」

('A`)「おっすハイン。お前はスカートに続いて夏服まで規制されると男にしか見えねえな」

从 ゚∀从「んだとこら。こんな暑苦しい格好なら誰でも似たようなモンだろうが」

('A`)つ「あっち、見てみな」スッ

从 ゚∀从「ん?」

川 ゚ -゚)「皆おはよう」バイン

ζ(゚ー゚*ζ「おはよー、今日は特に暑いねぇ」ボイン

('、`*川「夏服規制されちゃったもんねぇ。日焼けはしないですみそうだけど」ドドン

从 ゚∀从「」ペタン

('A`)「冬服を押し上げて余りある『象徴』。それこそが男女を分ける最前セ 从#゚∀从「ホアタタタタタタタタ!」 アババババアババ!」

ξ;゚⊿゚)ξ「朝っぱらから何してんのよあんたら」ペタン

从 ゚∀从「おう、同士ツンか」

ξ;゚⊿゚)ξ「は?同士?同志じゃくて?」

(//)A(#)「あ〜、気にすんな」

(;^ω^)「おはようだお。ハインにドク…オ?」

530 名も無きAAのようです :2013/07/29(月) 20:47:13 ID:r7CXpW1c0

いや、いつからというのなら


キーンコーンカーンコーン

从 ゚∀从「あ〜、終わった終わった。帰りゲーセンとかよってかねぇ?」

( ^ω^)「ゲーセンは確かこの前ゲームが殆ど規制されてた筈だお?今はスポーツゲームか子供向けのしか残ってないお」

从;゚∀从「げ、マジで?なんでまた?」

('A`)「確か敵を倒すのは残虐表現、レースは暴走表現、もぐら叩き系は動物虐待でクレーンゲームはギャンブルとみなされてあとは」

从;゚∀从「あーわかったわかった。じゃあカラオケ……は曲が結構規制されてっからな」

ξ;゚⊿゚)ξ「となるともうモラモナルドぐらいしかないわねぇ」

531 名も無きAAのようです :2013/07/29(月) 20:47:59 ID:r7CXpW1c0

きっと、昔からだ


『 寄り道 は規制されました』 『 不健康食品 は規制されました』 『 ゲーム は規制されました』
『 漫画 は規制されました』 『 荒い言葉遣い は規制されました』
『 バイク は規制されました』 『 無作法 は規制されました』 『 不良 は規制されました』
『 ファッション は規制されました』 『 男女交際 は規制されました』 『 性別 は規制されました』
『 貧富の差 は規制されました』 『 感想 は規制されました』 『 感情 は規制されました』
『 ブーン は規制されました』『 ツン は規制されました』『 ハイン は規制されました』


(#'A`)「ざけんな!そんなの絶対認めねぇ!全員…いや、全部取り戻してやる!!」


『 ドクオは 規制さr』


従え。さもなくば、抗え


(#'A`)「マザーコンピューター!全規制の解除を申請する!!」

『・・・・・・・・』

(#'A`)「どうした!とっとと元に戻しやがれ!!]

『 規制解除の申請は規制されています 』


('A`)『 只今規制中 』のようです


2013年秋公開予t『この予告と本編は規制されました』非公開予定

532 名も無きAAのようです :2013/07/29(月) 20:54:31 ID:fsbCtZJs0
は?いいからとっととか『この発言は 暴言 とみなされ規制されました』

533 名も無きAAのようです :2013/07/29(月) 20:55:29 ID:9xU0.WqQO
なんでだあああああああ読みてえええええ!!

なんでいつも残酷な事するのよ!!!たまには嘘予告が嘘!!ってなってもいいじゃん!!!

534 名も無きAAのようです :2013/07/29(月) 21:02:15 ID:KmfXtYBI0
『 嘘予告 は規制されました 作者の皆様 今迄のツケを払いましょう』

535 名も無きAAのようです :2013/07/29(月) 21:04:30 ID:IdyT7EzsO
"嘘から出たまこと"と言う言葉があるんだぜ?

嘘を真にしちゃいなyo!
m9(^ω^)m9

536 名も無きAAのようです :2013/07/29(月) 21:07:52 ID:KK8i2gdI0
スレチな事だが、版権ものって伏字せんといかんの?いつかウルトラ●ンを題材にgdgd書きたい

537 名も無きAAのようです :2013/07/29(月) 21:23:29 ID:cS7FyjsQ0
>>536
それだと俺が今まで一年近く書きためてきた
歴代ライダー総出演の作品が投下できなくなるじゃないですかやだー!!

マジレスするとそんなことないからじゃんじゃん使え

538 名も無きAAのようです :2013/07/29(月) 21:25:42 ID:KK8i2gdI0
>>537うおおおお読みてえぇぇぇぇぇぇぇぇl
ありがとう!

539 名も無きAAのようです :2013/07/29(月) 21:43:09 ID:nokC6C1E0
ポケモンとかドラクエとかモンハンとか伏せ字どころじゃねぇ

540 名も無きAAのようです :2013/07/30(火) 18:20:55 ID:2phH9bp60


                  左右対象


|  ^o^ |「あなたたちのような ふかんぜんな いきものは いりません」


「われわれは うつくしさと つよさ

              つねに それらと ともに あるのですよ」| ^o^ |


( ・∀・)「あはは!

           冗談はよしな

               君のような下等生物……ひとひねりだよ、一捻り」


                  ( ´∀`)

            「シンメトリー。これぞ究極モナ」



       それは人の手によって生み出された、究極

     力と美しさを兼ね備えた、全知全能の……まさしく

                     ネ申

                 に最も近しい存在

541 名も無きAAのようです :2013/07/30(火) 18:36:57 ID:2phH9bp60


                  左右 非 対称



      「俺の妹が醜い?
                     冗談じゃない。
                                  醜いのは」
                     あんたの心さ
    「作られた、その心がな
                      俺たちを
                                あんたらと」
                    穢れたその心と
     「そのふざけた存在と

               ( ´_ゝ`)「一緒にするな」(´<_` )


Σz ゚ー )リ「はんぶんは人。

              はんぶんは竜。

                    両親から受け継いだ

                         この非対称を愚弄した君を、許さない」

「オレの目は右目一つだ。

                だが

                     真実は見えてる。お前らよりもな」从 ゚∀从


                  (メ._⊿)

          「みせてやろう。自然の美しさ。そして強さを」



            それは自然が齎した、不完全

         そして、この世の中で何よりも自由な……

                     自然                     

                 に最も近しい存在

542 名も無きAAのようです :2013/07/30(火) 18:46:22 ID:2phH9bp60
(;'A`)「ブーン!どうして、お前が……」


        「ツンは非対称だった。それだけだお。そしてドクオも」(^ω^ )


対称と非対称。

        引き裂かれた友情は

                  一体どこへ向かうのか?




('A`)「ブーン。いつかお前の目を覚ましてやる」


('A`)「力だとか、美しさだとか。そんな事じゃないんだ」


               ('A`)

        「 俺たちの友情はいつだって 」




('A`)シンメトリー・ア・シンメトリーのようです(^ω^ )


       2013 飽き、後悔。

543 名も無きAAのようです :2013/07/30(火) 18:55:04 ID:jWM8fXksO
当て字とか考える暇あるならさっさと書け

544 名も無きAAのようです :2013/07/30(火) 21:37:03 ID:bTfJuveg0
 ただひたすら、ありふれた話だ。

人間を憎む魔王が町を潰し、国を支配し、魔物はやりたい放題に暴れまわる。

魔王のいる世界と、これから先の未来に絶望した人々は、希望を求めた。

【魔物を倒し、魔王を殺してくれる勇者】という希望を。

…人々から土地を奪い、財産を奪い、愛する者を奪った魔王とて、
誰かの胸の奥に隠れた希望をも奪うことはできなかったようだ。

【希望】を願う祈りは雲を突き抜け、天まで届き、それはやがて神の知るところとなる。

545 名も無きAAのようです :2013/07/30(火) 21:47:43 ID:bTfJuveg0
魔王率いる魔族に虐げられている人間を、哀れに思ったのかどうか───それは、まさに神のみぞ知るのだろう。

とにかく、人々の望みは叶えられたのだ。
【魔王を倒す希望】が、天から与えられたのである。

……数百年前の、とある日の話だ。
魔王の支配の影響が少ない田舎の集落で、一人の青年が空から垂れ下がる鎖を発見した。
触れてみると鎖は青年の首に巻き付き、力を込めてもどういう訳か外れない。

だが、その鎖は青年に力を与えてくれたのだ。
魔物を苦もなく斬る腕力を。
どれだけ走っても疲れない体力を。
傷ついた体を癒す、魔法を。

546 名も無きAAのようです :2013/07/30(火) 21:58:04 ID:bTfJuveg0
この力があれば、魔王を倒せるかもしれない。

青年は居ても立ってもいられず、魔王を倒しに旅に出た。
立ち寄った町や国で困っている人を助け、そうしているうちに、仲間が出来ていった。

そうして彼は、憎き魔王と対峙するに至ったのである。
天の力を得た青年と、恐ろしい力を振るう魔王との戦いは三日に渡って続いたという。

魔王の一瞬の隙をついた青年が、最後の力を振り絞って魔王に剣を突き刺した。
そこで魔王は死に、精魂尽き果てた青年も、この世を去った。

勇敢な青年は勇者と呼ばれ、後の世まで崇められた。

──そう、書物には記されている。

547 名も無きAAのようです :2013/07/30(火) 22:11:44 ID:bTfJuveg0

物語は、青年が生きていた時代が伝説と呼ばれる頃まで進む。

───魔王が消えたはずの世界に、再び勇者が現れた。

(;^ω^)「魔王は死んだはずだお?それなのにどうして、勇者が現れるんだお?」

ξ ゚撿゚)ξ「簡単よ。魔王が復活しようとしてるんでしょ」

 これは、【  】ツンの物語である。

548 名も無きAAのようです :2013/07/30(火) 22:20:43 ID:bTfJuveg0
だが、

( ^ω^)「あれ、今の魔方陣、確か書物で見たような…」

その力は、

(;^ω^)「魔物が地中に引きずり込まれて行ったお…。魔法って恐ろしいお…」

…………

('A`)「旅、やめた方がいいような気がするんだ…」

本当に、

川 ゚ -゚)「ここら辺に魔物は出なかったはずだ」

本当に、

( ・∀・)「その魔方陣は…」

天から授かった力なのか?

549 名も無きAAのようです :2013/07/30(火) 22:25:40 ID:bTfJuveg0

ξ 撿 )ξ「今の話、本当なの?」

 【勇者】ツンの旅の終着点で、彼女はとある人物の魂に触れることになる。

从 ゚∀从「──あぁ、本当だ」

 伝説の時代に魔王を倒して死んだという、件の青年である。
青年は、ゆっくりと真実を語りだした。

550 名も無きAAのようです :2013/07/30(火) 22:44:01 ID:bTfJuveg0

自分は本当に、魔王を倒すための力を授かった。

書物では勇者が魔王に勝利したとあるが、実際は、致命傷を与え、魔王を取り逃がしてしまった。

自分は戦いの傷が元で死亡。
旅の仲間は魔物たちに襲われ、数人を残してほぼ殺された。

逃げた魔王は、復活の機を伺っている。

適当に選んだ人間に、魔王自らの力を込めた鎖を与え、あたかも【勇者】の力を得たと思わせ、自分の元へ向かわせるんだ。
出来るだけ、強く鍛えさせた上で、ね。

……【勇者】の最期?
あぁ、動けない魔王に取り込まれて、それで終わりだ。

いなかったはずの場所に魔物が現れたのは、お前に力を付けさせるため。

魔物を斬らせて、腕力をつけさせるため。
たくさんの魔物の群れから逃げ切る体力をつけさせるため。
魔法を使わせ、お前の魔法力を上げさせるため。

旅路の果てで力を付けた勇者を取り込んで、復活の糧とするーすべて、魔王の手のひらの上だ。

551 名も無きAAのようです :2013/07/30(火) 22:54:11 ID:bTfJuveg0

ξ 撿 )ξ「じゃあ、私のしてきた事は…」

从 ゚∀从「……魔王復活のための、手助け…だな」

【勇者】ツンに、未来はない。
【勇 】ツンに、希望はない。
【  】ツンに、残されたものは絶望だけだ。

从 ゚∀从「お前はもう助からない」

【  】ツンの絶望をも、魔王が取り込んで糧とする。

从 ゚∀从「勇者なんか、いやしなかったんだよ」

从 ゚∀从「悪かったな、魔王を殺せなくて。俺も、勇者にはなれなかったんだ」

青年は自嘲気味に笑った。
ツンは、何も答えなかった。

552 名も無きAAのようです :2013/07/30(火) 23:01:48 ID:bTfJuveg0
そして────


「嫌……取り込まれておしまい、なんて、そんなの、嫌よ…」

【  】ツンの、

「ツン!!頑張るんだお!!なんとか戦って、魔王から離れるんだお!!」

【 王】ツンの旅路の結末が、

「もう……ダメ…………」

【魔王】に、取り込まれていった。

/ ,' 3「久しく、この世界に戻った気分だな」

 人々を苦しめた魔王の復活である。

553 名も無きAAのようです :2013/07/30(火) 23:08:23 ID:bTfJuveg0

それからどうなったかは、分からない。

少なくとも、この話が残っている以上は、ツンか、もしくは旅の仲間が生きて戻ってきたということになるだろう。

今のこの世界に、魔王はいない。
本当に消えたのか、またどこかに身を隠して復活の機を伺っているのかは、誰も知らないのだ。


勇者と魔王の境界線ξ   )ξ
8月4日公開

554 名も無きAAのようです :2013/07/31(水) 00:18:14 ID:H1niWa6A0
凄く良さげなんだけど、書く予定があるなら重大なネタバレになってやしないだろか

555 名も無きAAのようです :2013/07/31(水) 00:20:53 ID:dTxDD5A20
何回か書こうと思ったんだが書けなかったから諦めますた

556 名も無きAAのようです :2013/07/31(水) 18:17:13 ID:i4iYogrk0
ここは、墓場。葬られるのは日の目を見ることなく消える宿命を背負った希望達


ある墓場の住民は泣く

Σz ;ー )リ「なんで……なんでこんな残酷なことができるんですか!?」


ある墓場の住民は嗤う

(*゚∀゚)「何でって?そりゃあ楽しいからに決まってんだろ!期待を裏切られた奴等のあの顔!最ッ高だねぇ!」


ある墓場の住民は憤る

从#゚∀从「期待できそうなものはいくつも見た。だけど全ては裏切ることを前提に作られていた。だったら今度は俺が裏切ってやる!」


ある墓場の住民は縋る

('A`)「俺も期待してるのさ。自分じゃ上手く歩かせることもできないこいつらを、ひょっとしたら誰かが拾って育ててくれるかも。ってな。奇跡よりも儚い、身勝手で絶望的な希望だけどよ」


ある墓場の住民は屈する

川 ゚ -゚)「私も昔は馬鹿な夢を見たものだ。自分ならこいつらを上へ引き上げてやれると。しかし知っているか?中途半端にあげた希望が落ちるとき、より多くの絶望が撒き散らされることを」


それでもお穣ちゃんは進むのかい?茨の道よりも血の池よりも辛い道だぜ?

Σz ー )リ「それでも……ボクは諦めない。『ここ』にある期待、希望」

Σz#゚Д )リ「その全てを、望む人たちへ届けてみせる!」



Σz ゚ー )リ『ここ』は嘘予告掲示板のようです

スニフィボクっ娘推進計画が完遂し、
全ての嘘予告を誰かが書いてくれた時、この物語は始まる…………かもしれない

557 名も無きAAのようです :2013/08/01(木) 01:35:00 ID:vjKSIecUO
 彡⊂⊃ミ
( ^ω^)「カツ カツ カツ カツ」

ここはお母さんに忘れられた遺跡。
そこにひとつの足音とひとつの明かりがあった。
  _
( ゚∀゚)「……」
 つ=@<

彼の名はジョルジュ長岡。
持ち手が男性器、ライトの部分が女性器の形を模した懐中電灯を灯しながら洞窟の奥を目指しているようだ。
  _
( ゚∀゚)「本当にこんな所にあるのか?」
 つ=@<

ジョルジュは空いてる左手で股間を一撫でするとせの左手を鼻先に持っていった。
  _
( ゚∀゚)∩ クンクン
 つ=@<

ん〜、マンダムなスメルがジョルジュの鼻腔を突き抜け、天が割れた。

558 名も無きAAのようです :2013/08/01(木) 01:35:41 ID:vjKSIecUO
 彡⊂⊃ミ
(*^ω^)「へへっ、俺この探検が終わったら手を洗うんだ」
  _
(゚∀゚;)彡「誰だ!」
>@=⊂

     彡⊂⊃ミ    _
「……」( ^ω^) (゚∀゚;)「……」
  _
(゚∀゚;)「気のせいか」
>@=⊂

物音がした方に鉄尻を向けるが何も反応がない。

向き直ろうとしたその瞬間!

 彡⊂⊃ミ
( ^ω^)「シュッ シュッ シュッ」
  _
(゚∀゚;)「っ!!」

突如暗闇から鋭利な誹謗中傷が飛んできた。

 彡⊂⊃ミ
( ^ω^)「カキン サクッ カキン」

ジョルジュは咄嗟に鉄尻で全ての誹謗中傷を防いだ。

559 名も無きAAのようです :2013/08/01(木) 01:37:52 ID:vjKSIecUO
<流石だね
  _
(゚∀゚;)「だ、誰だ!?」



《とある薄暗い部屋》

ピキ―^v-( ´_ゝ`)-v^―ン

(´<_` )「兄者も感じたか?」
( ´_ゝ`)「あぁ…」

( ´_ゝ`)「「誰かが俺等を呼んでいる!!」」(´<_` )



( ・∀・)「僕の名はモララー。君と同じトレジャーハンターさ!」





( ´_ゝ`)ロミス死ねのようです(´<_` )

560 名も無きAAのようです :2013/08/01(木) 01:59:21 ID:0HxblYL20
お前これ絶対タイトル言いたかっただけだろwww

561 名も無きAAのようです :2013/08/01(木) 02:06:57 ID:93574h/wO
作者は嘘予告最多作品のあいつだな

562 名も無きAAのようです :2013/08/01(木) 07:35:20 ID:1MLDha2UO


彼の名は猫山モララー。
華の高校二年生である。

キリッ
( ・∀・)+


容姿端麗


シュバババババ!!
( ・∀・)φ≡φ


博学才穎


テテーッ
≡┏( ・∀・)┛


運動神経抜群


と、三拍子揃った完璧超人。


絵に書いたような最強のイケメンの彼は、薔薇色の高校生活を楽し……

563 名も無きAAのようです :2013/08/01(木) 07:36:13 ID:1MLDha2UO


( ・∀・)「付き合ってください」


l从・∀・ノ!リ人「無理」




……んでいなかった。






.

564 名も無きAAのようです :2013/08/01(木) 07:37:00 ID:1MLDha2UO

('A`)「男は顔……ってわけじゃないんだよな。お前みたいな例があるわけだし」

( ・∀・)「……ほっといてよ」



顔が悪いわけではない



( ^ω^)「やっぱ中身かお?」

( ・∀・)「僕、嫌な奴かな?」

(´・ω・`)「君はいい奴だよ。イケメンでスポーツできて頭がいいってのは嫌味だけど」



性格が悪いわけでもない



なのに

565 名も無きAAのようです :2013/08/01(木) 07:37:48 ID:1MLDha2UO

(#ノ∀・)「ねぇ、平手打ちはおkのサインってとらえていいのかな?」

( ^ω^)「残念ながら……」

(´・ω・`)「見事、10連敗を達成したね」

('∀`)「俺と並ぶとは……さすがじゃねぇか」

(#ノ∀・)「嬉しくねぇ」




絶望的なまでに女にモテない


そんな彼が求めるのは



( ・∀・)「彼女を作って薔薇色の高校生活を満喫したい!!」



.

566 名も無きAAのようです :2013/08/01(木) 07:39:00 ID:1MLDha2UO

(;^ω^)「う……ごめんお」

ξ#゚⊿゚)ξ「謝るくらいなら最初からするんじゃないわよ!……ったく」


―――本来ならリア充街道まっしぐらの彼が


(´・ω・`)「僕は頭がいいわけじゃない。確かにテストは出来るかもしれないけど、僕はバカなんだよ」

ノパ⊿゚)「難しいこと言うなー、ショボンは」

―――非リアグループと一緒に道を進む


(;'A`)「へ?あ、あああい、いや、そういうんじゃなくて!!」

川 ゚ -゚)「少し落ち着け。別に私は気にしていない」


―――その先にあるのは……

567 名も無きAAのようです :2013/08/01(木) 07:42:59 ID:1MLDha2UO


( ・∀・)「僕と、付き合ってください」






          【( ・∀・)薔薇色の高校生活を目指すようです】



※AAで言うと榊原マリントンみたいな俺に彼女が出来たら公開する

568 名も無きAAのようです :2013/08/01(木) 08:17:28 ID:RsdEfb8o0
彼女にしてください…

569 名も無きAAのようです :2013/08/01(木) 10:03:06 ID:mbR9OTaA0
私マリントンみたいな顔してるけど付き合ってもいいわよ
だから書いてね

ただひとつだけ問題は出来るのは彼女でなく彼氏ってことだけど

570 名も無きAAのようです :2013/08/01(木) 16:07:31 ID:dMdyGKUA0

    ― その年の夏は、地球全体がおかしかった。
    東南アジアでは、全く雨が降らず、水田が枯れ、
    中東では、大雨による洪水が発生、
    アメリカでは、記録的な冷夏となっている。

    サマーキャンプにいた7人は、何も知らずにいた。
    それが、誰も知らない世界での
    冒険の始まりになることを… 

    キャンプ場 ――
    サンサンと照りつける太陽の下、
    子供達は、それぞれの楽しみ方で、
    夏のキャンプの昼下がりを満喫していた。
    一人の少年は、高い木の枝で昼寝の真っ最中。
    そのほっぺたに、空から白い物が落ちてきた…。

  八神 ブーン [VIP小学校5年生]
( ^ω^)「お?」
    その白い物は、他の子供たちの上にもちらちら舞い降りる。

  武之内 クー [VIP小学校5年生]
川 ゚ -゚)「あ…?」

  石田 ジョルジュ [VIP小学校5年生]
( ゚∀゚)「あ!」

  泉 ショボン [VIP小学校4年生]
(´・ω・`)「ん?…あ?」

  太刀川 デレ [VIP小学校4年生]
ζ(゚ー゚*ζ「ああ…」

   高石 ビロード [ソウサク小学校2年生]
( ><)「あ??」

   木戸 オトジャ [VIP小学校6年生]
(´<_` )「はあ!?」

    なんと、その白い物は雪。
    あっという間に本降りになり、子供達は大騒ぎで避難し始めた。
    ブーンたち7人は、近くにあったお堂に入り、季節外れの雪がやむのを待っていた。

571 名も無きAAのようです :2013/08/01(木) 16:08:23 ID:dMdyGKUA0

( ^ω^)「やっとやんだみたいだおね。」

    ブーンがお堂の戸を開けると、そこは一面の銀世界になっていた。

(*><)「わあ〜雪なんです!」

( ゚∀゚)「おい、ビロード!気をつけろ!!」

川 ゚ -゚)「う〜っ、寒いな、夏とは思えない…」

(´<_`;)「早く、大人のいるところへ戻ろう。ここにいつまでもいると…」

ζ(゚ー゚*ζ「きゃ〜っ!!きれい!!」

    子供達は一斉に外へ飛び出した。
    そんな中、ショボンは、一人お堂に残ってパソコンと携帯電話をつないでみたが…

(´-ω-`)「…ダメか。吹雪がやんだら、電波届くと思ったのにな。」

( ^ω^)「ショボン!早く来いお!」

    ブーンに呼ばれ、ショボンが外へ出てみると
    なんと、向こうの空に美しい自然のカーテン、オーロラが出ていた!

ζ(゚ー゚*ζ「うわぁ、きれい!ロマンチック〜!」

(´・ω・`)「あ…、あれは…」

川 ゚ -゚)「オーロラだな。」

( ^ω^)「初めて見たお…」

( ><)「すごいんです!」

(;´・ω・`)「そんな、変ですよ!日本でオーロラなんて…」

川 ゚ -゚)「…そうなんだよな。」

(´<_` )「は、早く大人たちのいるキャンプ場の方に戻らなきゃ。」

( ゚∀゚)「そうだな…、風邪ひいちゃつまんねぇしな。」

    オーロラは、美しいけれどどこか怪しげに輝きながら、遠くの空に揺れている。
    その時だった。

572 名も無きAAのようです :2013/08/01(木) 16:09:23 ID:dMdyGKUA0

( ^ω^)「!!おっ、あれっ!」

    オーロラの向こうに、不気味な緑色に光る物体が、ブーン達の方へ7つの火の玉が飛んできた。

子供達「うわあ〜っ!!」

    火の玉は、ブーン達のすぐそばに落下、積もった雪を跳ね上げて爆発した。
    しかし、雪まみれになって倒れたものの、全員無事のようだ。

川 ゚ -゚)「みんな!ケガはないか?」

( ゚∀゚)「なんとかな。」

ζ(゚ー゚*ζ「びっくりしたぁ!」

(´<_` )「い、一体…?」

(´・ω・`)「…隕石?」

    今落ちた火の玉の破片を見つけようとする光子朗。
    すると…。

(´・ω・`)「えっ!?」

    雪の上に、正方形の4つの角と真ん中を四角く切り取ったような、
    不思議な影が浮かび上がり、そこから、ぽわぽわとシャボン玉のような丸いあわが、
    7人のそれぞれの目の前に1個づつ上がってきた。
    子供達は、それを片手で握るようにしてつかまえて、手を開いてみると、
    雪の上に浮かび上がった影と同じ形の、小さな通信機のような物が手の中に収まっていた。

川 ゚ -゚)「なに…これ?」

(´・ω・`)「ポケベルでも携帯でもないし…」

     …と、子供達の目の前に、
     突然、巨大な水柱がゴーゴーと音を立てて空へ噴き出し始めた。

子供達「わぁ〜〜っ!!!」

    そして、あっという間に7人は、その水柱の中へ吸い込まれてしまった…。


http://www.youtube.com/watch?v=BKtAxDE0t9Q

573 名も無きAAのようです :2013/08/01(木) 16:11:22 ID:dMdyGKUA0

― 今、冒険が進化する ―


( ^ω^)デジモンアドベンチャーのようです




デジモンアニメ新シリーズが発表されたら公開・・・するかもしれない

574 名も無きAAのようです :2013/08/01(木) 16:16:24 ID:dMdyGKUA0
デジモンの日だったので勢いで書いたった
モナモンとかギコモンとかモララモンとか色々考えてたけど
長くなりそうなのでカットしますた

575 名も無きAAのようです :2013/08/01(木) 16:39:47 ID:DoSqcorE0
なんでや!なんで嘘予告に投下した!!

576 名も無きAAのようです :2013/08/01(木) 18:41:00 ID:vjKSIecUO
20XX年世界中のおっさんは絶望に包まれた!

肌は油ぎり!
加齢臭を纏い!!
髪の毛が抜け落ちた!!!

だが、おっさん達は諦めてなどいなかった!!!

+ 彡⌒ミ
(´_ゝ`)+「皆さん、覚悟はいいですね!?」

+ 彡⌒ミ
(0。^ω^)+「大丈夫だお!」

+ 彡⌒ミ
(´・ω・`)+「覚悟は出来ています!」

+ 彡⌒ミ
(´_ゝ`)+「それでは参りましょう!」

577 名も無きAAのようです :2013/08/01(木) 18:41:14 ID:vjKSIecUO
ウィーン



川 ゜-゚)「いらっしゃいませ。ようこそハーゲ21へ」

川 ゜∩゚)「今日はどのようなご用件で?」

+ 彡⌒ミ  + 彡⌒ミ  +彡⌒ミ
(´_ゝ`)+(0。^ω^)+(´・ω・`)+「「「植毛体験で」」」





 �鬮鬮�
+ 彡⌒ミ
(´_ゝ`)+父者達の植毛体験のようです

578 名も無きAAのようです :2013/08/02(金) 03:57:44 ID:S2ipUgYY0
( ^ω^)「精霊さんおはようだお」

ζ(゚ー゚*ζ「オハヨー」

旧文明が滅び、地図すら失われた世界である一人の少年がいた。

( ^ω^)「皆精霊さんと話せないなんて可哀想だお。どうにもならないお? ……ん?」

≡ξ゚⊿゚)ξ

( ^ω^)「精霊さんとそっくりな子だお……。というかどこに行く気だお」

精霊そっくりな女の子を見つけたとき、人と精霊と世界の運命は回りだす。

(;゚∀゚)「うひょー! こいつはスリリングなマラソンだぜぇ!」

ξ;゚⊿゚)ξ「そんな余裕みせるなら後ろのあの岩何とかしなさいよ!」

(;^ω^)「というか転がるスピード上がってやしないかお?」

ζ(゚ー゚;ζ「アガッテルー」

ギャアアアアアア ヒィィィィ オタスケエェエェ


川 ゚ -゚)「実はあの島に仲間が囚われていて……」

(*^ω^)「それはもう、この冒険者ブーンが助け出してみせるお!」

<ありがとう、さすが冒険者様だ

<フヒヒ、当然のことだお!

ξ#゚⊿゚)ξイライラ
ガッガツガッガッゴスッゴスッ

(;'A`)「あの、そんなに壁殴り続けタラ……」

ξ#゚⊿゚)ξ「は?」

(((;'A`)))「……ナンデモナイデス」

ζ(゚ー゚;ζ「コワイヨー……」

579 名も無きAAのようです :2013/08/02(金) 03:58:56 ID:S2ipUgYY0
やがて明らかになる邪悪の権化。

(;^ω^)「あ、あれは……」

ξ;゚⊿゚)ξ「流石はガイアね。ここまで強いなんて……」

(,,゚Д゚)「これがあの石化災害の……しぃの仇!」

ξ;゚⊿゚)ξ「駄目! 逃げて!」

迫る災厄に少年達が今、立ち向かう。

GRANDIAAのようです

グランディア3が発売されたら公開

580 名も無きAAのようです :2013/08/02(金) 03:59:55 ID:S2ipUgYY0
それらは世界の祖にして災厄を呼ぶもの。
真なる27の紋章と呼ばれるそれは後世各地でそれぞれが戦災の元となったが、遥か昔、それらが一堂に集結した戦争があった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
('A`)「死にたくないなら俺に関わらないでくれ」

周りの人間の命を吸い尽くすソウルイーター
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(*;ー;)「なんでギコ君と戦わなきゃならないのさ!」

(,,゚Д゚)「……ごめんな」

親しき二人を争わせる始まりの紋章
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ξ;゚⊿゚)ξ「なんでこの火山半分凍ってるのかと思ったら……」

(;^ω^)「凄いもん見つけちゃったお……」

世界の理となる真なる五行の紋章
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
川 ゚ -゚)「すまない、呪われたくなければ近づかないでもらいたい」

寄生し、宿主の命を吸い尽くす罰の紋章
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(´゚ω゚`)「死ねぇ! 貴様等全員死んでしまえええぇぇぇぇぇ!!!」

宿主の精神を狂わせていく太陽の紋章
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

108の光と27の害悪がここに集う。

幻想水滸伝Aのようです
幻想水滸伝6発売後公開

581 名も無きAAのようです :2013/08/02(金) 04:00:46 ID:S2ipUgYY0
(#'A`)「おい、ジジィ!!! テメェ騙したな!?」

/ ,' 3「はて、何の事かの?」

(#'A`)「たしか美味しい儲け話がガリランドにあるとか言ってたよなぁ?」

/ ,' 3「なんじゃ、もう誰かが受けちまったんか?」

(#'A`)「逆だジジィ!! あんなん受ける奴はイかれた糞だけだっつーの!!」

/ ,' 3「なんじゃ貧弱者め。最近の風水士どもは赤チョコボ程度も倒せんのか」

(#゚A゚)「赤5討伐とか誰も出来るわきゃねーだろ!! 頭沸いてんのかジジィ!!!」

/ ,' 3「流石にわし、怒っちゃうぞ?」

('A`)「あ? ジジィなんかにやられる俺じゃn」

/ ,' 3「冥界恐叫打」

(゚A゚)「アーッ」ブレイク
120



/ ,' 3「最近の若い奴は剛剣の一発も耐えられんのか。嘆かわしい」

獅子戦争の後の平和なイヴァリースを描く



畏国の傭兵達のようです

FFTイヴァリースの完全続編が出たら公開

582 名も無きAAのようです :2013/08/02(金) 04:04:12 ID:3HEpRNi.0
以上三作品を初めとした元ネタありの短編、中編作品を毎週日曜、夜27時より順次公開!

( ^ω^)ゲーム詰め合わせのようです

……やってくれる人いませんかねぇ

583 名も無きAAのようです :2013/08/02(金) 08:29:25 ID:lHyVbpNM0
>>579
これが読めるとは嬉しい☆


http://www.square-enix.co.jp/grandia3/

584 名も無きAAのようです :2013/08/02(金) 08:38:10 ID:eSzxlyGs0
FFT見てぇぇぇぇ

585 名も無きAAのようです :2013/08/02(金) 18:31:03 ID:cd/l7Y0M0
グランディアやってくれたら久し振りにスレに張り付いて支援する

586 名も無きAAのようです :2013/08/03(土) 11:29:35 ID:zYw915a.0
>>579
7年前に3は発売してる、はよ書いて

587 名も無きAAのようです :2013/08/03(土) 18:59:59 ID:6erjEcYk0
( ^ω^)「おっ?」

気が付いたら、戦場にいた。

(^ω^;≡;^ω^)「おっ?おおっ?」

爆音、轟音、銃撃音。
くすんだ空には火薬のにおいが充満し、あちこちにガラクタのようなものが転がっている。

( ^ω^)「……どこだったかお、ここ」

こんな状況に置かれながら、なぜかとても落ちついていた。
どこか懐かしい香りのする場所だったからだ。

(;^ω^)「てかちょっと待てお、さっきまで僕はドクオと一緒にFPSの話をしていたはずだお…お?」

FPS、その言葉に一瞬つっかかりを覚えた。
しばしの思考、そして思い出す。

( ^ω^)「そうだお!ここは僕がいつもやってるオンラインFPSの戦場の一つだお!」

( ^ω^)「………」

(;^ω^)「え、ちょ、て事はここゲームの中?mjd?」

588 名も無きAAのようです :2013/08/03(土) 19:01:31 ID:6erjEcYk0
地面を触ってみる、じゃり、という土の感覚がしっかりと手に伝わって来た。
頬をつねってみる、痛かった。

( ^ω^)「夢じゃねーお…てか頬をつねった時の擬音が想い浮かばねーお、痛かったとしか形容出来ねーお…」

地の文に突っ込みを入れつつ、少しだけ辺りを見回してみる。
FPSの戦場だが、人が見当たらない。ここは普段は激戦区のはずだ。少なくともプレイしている時は…

( ^ω^)「プレイヤーがいなけりゃそりゃ誰もいねーお…という事はここにいるのは僕一人って事かお…」

そう言った途端、急に不安になって来た。孤独感というのか、こんなむせるような場所に一人いるのはいいようのない不安が襲う

(;^ω^)「と、とりあえず、ここから離れるお…」

後ろに向かえばリスポンポイントである拠点があるはずだ。
そこでは武器の変更や兵種の選択が出来るようになっている。

( ^ω^)「FPSの世界なんだお…武器ぐらい持ってないと…」

誰もいないとは言え、用心に越したことはない。
使いなれたアサルトライフル、ハンドガン、グレネード、近接戦闘用のナイフ……

(*^ω^)「おお…」

ちゃき、と構えれば結構様になっているように思う
これで少しは安堵感が戻るというものだ。

( ^ω^)「……安心できたところで、どうすんだお」

リスポンポイントにも、やはり人の気配はしなかった。
外からは相変わらずこもった銃撃音や爆音が響いている。

( ^ω^)「おっ?」

ふと気付いた。
誰もいないはずなのに、銃撃音など聞こえるだろうか
環境音…ではない、音は不安定に、パターンなど無く響く

589 名も無きAAのようです :2013/08/03(土) 19:03:15 ID:6erjEcYk0
( ^ω^)「…遠くから聞こえる感じの音だお」

耳をそばだててみれば、その戦闘を示す音は、リスポンポイントの更に後ろ、ゲーム中では何も無いはずの方向から聞こえているようだった。

( ^ω^)「ここが本当にゲームの中なら、何もねーはずだけどお…」

そう呟くと、リスポン地点の後ろにそそり立つ山に、手を掛けた。
上れる、滑りはしない、急斜面だが、しっかりを掴まればがしがしと上っていける。
ゲーム中では滑って登れない部分だ。

( ^ω^)「何があるんだお…この先に」

この先は自分の知らない土地が広がっている、直感でそう感じていた。
そして同じように、ここはゲームの世界では無い、良く似た、また別の世界だ、とも感じていた。

山の頂上へ、手がかかる。

(;^ω^)「よっこら…せっと、ふぅ、結構キツかったお」

頂からは、何も無いと思っていた向こう側が見渡せた。

( ゚ω゚)「お…おお…!」

そしてそこに広がっている風景を見て、驚愕した。
そこに広がるのは、戦場という二文字では到底言いあらわす事が出来ないような、戦場。
空は様々な形の戦闘機(中にはUFOと行ってもいいような姿のものもある)が飛びまわり
地上は歩行兵器と戦車が土埃と黒煙を沸き立たせ、その合間を様々な服装の歩兵が走り回っている。

見るからにちぐはぐな、寄せ集めのような戦場。
ただ、それら一つ一つをよく観察すれば、自分自身も見た事あるものばかりだった。
そして、それらの共通点は、いとも簡単に発見出来た。

(;^ω^)「…シューティングゲーム?」

横スクロール、縦スクロール、FPS、TPS。
ゲーム黎明期から現代まで続くシューティングゲームの系譜が、そこにはあったのだ。






( ^ω^)はシューターのようです。

1年くらい前に1話分くらい書いて投げ捨てた作品。
整理してたら出てきた。 続き?書く気ねーよ

590 名も無きAAのようです :2013/08/03(土) 21:36:27 ID:5jOUvBeI0
書きなさいよばかぁ!

591 名も無きAAのようです :2013/08/04(日) 02:11:51 ID:PVHN1RAk0
「呼ぶとどうなるの?」

「呼ぶとね、なんでも聞いたことに対して答えてくれるんだって」

「どんな質問にも?」

「うん、いつ結婚できますか?とかあの人は彼女いるの?とか、なんでも、、、ただね」

「ただ?」

「質問は三回まで、それ以上聞くと。。。」



( ^ω^)「さて、巷でうわさのアレはじめますか」

( ´_ゝ`)「いぇーい!俺いつ彼女できるか聞いてみたいんだ!」

( ´∀`)「モナは人類滅亡の日とあとあと、、、」

('A`)「で?テンションあがってるのはいいが、どうやってやるんだよ?」

( ^ω^)「まかせるお!事前に川д川からやり方きいてきたお!ドクオ、パンツんなれお」

('A`*)「や////初めてだから優しく」

( ^ω^)「きめー、それじゃあみんなドクオの短小を握るお」

('A`)( ´_ゝ`)( ´∀`)「はい?」

( ^ω^)「いいからはやく!」

にぎっ

('A`)「あっ、、、」

( ´∀`)「キモいモナ」

( ^ω^)「我慢するお、んじゃ始めるお」


('A`)( ^ω^)モッコリさんおこしくださいのようです( ´_ゝ`)( ´∀`)


盆休み連休取れたら書く('A`)仕事のバーカ

592 名も無きAAのようです :2013/08/04(日) 12:03:47 ID:ByhX/j1wO
ξ ゚⊿゚)ξ「話って何?」

(;*^ω^)「あ、あの…その…」

ξ ゚⊿゚)ξ「ん?」

(;*>ω<)「ぼぼぼ僕とつつつつ付き合ってく下さいお!」

ξ;゚⊿゚)ξ「え?」

(;*>ω<)ドキドキ

ξ;゚⊿゚)ξ「……私……男だよ?」





ξ ゚⊿゚)ξは男の娘のようです





俺が男の娘の良さに気付いたら書くかもね

593 名も無きAAのようです :2013/08/04(日) 12:35:37 ID:vfzmHEnc0
分かった俺の部屋に来い

594 名も無きAAのようです :2013/08/04(日) 14:34:58 ID:exXxIGbo0
シューター面白そう

595 名も無きAAのようです :2013/08/05(月) 01:51:29 ID:9CHYMjnYO
平成38年
東京近辺で若い女性が次々と行方不明になる事件が発生した。

('A`)「ブーン、また若い女性が行方不明になったそうだ」

この猫の名は鬱田童子。
全身真っ黒で瞳の色が緑色をしている。

( ^ω^)「…いったい犯人は何を企んでいるんだお…」

ブーンと呼ばれた彼の名前は内藤ホライゾン。
学生帽と学生服、そして黒のマントを羽織った高校生だ。

('A`)「現状では犯人の目的すら分からんな…」

('A`)「…アイツの所にでも行ってみるか…何かしらの情報を掴んでいるやもしれんからな」

( ^ω^)「把握」

――――
―――

596 名も無きAAのようです :2013/08/05(月) 01:51:47 ID:9CHYMjnYO
――


【所本探偵事務所】

ガチャ

カランコロン

(´・ω・`)「いらっしゃいませ…って何だブーンとドクオちゃんか」

( ^ω^)「何だとは何だお。そんことより何か情報はあるかお?」

(´・ω・`)「あぁ、先ほど仕入れたばかりの新鮮な情報があるよ」
( ^ω^)「内容は?」

(´・ω・`)「数時間前に行方不明になっていた女性が1人発見されたらしい」

( ^ω^)「本当かお!?発見現場と女性の詳細は?」

(´・ω・`)「発見現場はVIP神社の賽銭箱に寄りかかる形で発見されたらしい」

(´・ω・`)「そして女性はVIP高校3年4組、津雲 出麗。住所は西VIP二丁目108-45だよ」

('A`)「よし!行くぞブーン。いや、十九代目葛葉ナイトウ!」

( ^ω^)「把握だお!!」

597 名も無きAAのようです :2013/08/05(月) 01:53:07 ID:9CHYMjnYO





( ^ω^)葛葉ナイトウ 対 超乳おっぱい兵団のようです





飽き性の俺には書けそうにないお…

598 名も無きAAのようです :2013/08/05(月) 01:58:47 ID:h4yB1RRc0
最悪書かなくてもいいから
超乳おっぱい兵団について詳しく

599 名も無きAAのようです :2013/08/05(月) 02:33:54 ID:9CHYMjnYO
>>598
貧乳の女性は巨乳に、巨乳の女性はより巨乳へと変貌させる悪?の組織です。



  _
(  ∀ )「Cカップ以下は乳とは認めん!」

600 名も無きAAのようです :2013/08/05(月) 02:46:42 ID:x3zF9KP60
>>599
神じゃないか

601 名も無きAAのようです :2013/08/05(月) 02:46:56 ID:qPbw4h4IO
   _
>(  ∀ )「Cカップ以下は乳とは認めん!」 
 
おまえは全日本女性の半分以上を敵に廻した

602 名も無きAAのようです :2013/08/05(月) 02:48:31 ID:MIYgv6WI0
流れ断ち切ってスマンが嘘予告ぶっこむね

603 名も無きAAのようです :2013/08/05(月) 02:49:28 ID:MIYgv6WI0
「世界が滅亡したら、君は人間でいられるかい?」


誰が言ったかこの言葉
俺は気に掛けもしなかったが


今では、その言葉がなにより重い

604 名も無きAAのようです :2013/08/05(月) 02:50:32 ID:MIYgv6WI0



原作『CARGO』
http://www.youtube.com/watch?v=gryenlQKTbE


.

605 名も無きAAのようです :2013/08/05(月) 02:51:36 ID:MIYgv6WI0
あるゾンビを、一人殺した
文字通り『腐るほどいる中』の一人だ
だが、そのゾンビはある『積荷』を背負っていた


<ヽ;`∀´>「赤ちゃん…ニダ…」


まるでニンジンを目の前にしたロバのように
目の前でゆれる『餌』を追って延々と歩いていたらしい


この子を救ってくれる『誰か』を見つけるために


*(‘‘)*「だー」


('A`)「ハハッ…かわいいじゃねえか…」

('A;)「なぁ…」


この人は、俺が殺したこの人は
ゾンビになっても、『人間』でいようとしたのだ

606 名も無きAAのようです :2013/08/05(月) 02:52:18 ID:MIYgv6WI0
( ・∀・)「どうするんだい?赤ん坊なんて足手まといにしかならないよ?」

( ^ω^)「心は痛むが、捨てていくしかないお」


ゾンビ世界で出会ったその子は


('A`)「心までこの世界に屈してどうするんだ」

('A`)「俺達は『人間』だ、人間なんだよ」


俺にとってはなによりの希望で


(ヽ゚∀゚)「た、頼む…その子を俺にくれ…げ、限界なんだ…」


二度と帰ってこない世界を思い出せるもので



从'ー'从「あの子のお友達が欲しかったのよね〜。だから、死んで?」


それと同時に


(,,^Д^)「穴があるならなんだっていい!!乳臭えガキでもな!!」



俺たちが『人』でいるために必要なものだったんだ

607 名も無きAAのようです :2013/08/05(月) 02:53:50 ID:MIYgv6WI0
('A`)「…負けるもんかよ。なぁ、ヘリカル」

('A`)「俺たちは意地でも、『人間』として生き残ってやる」

*(*‘‘)*「あー♪」



『('A`)達はCARGOを拾ったようです』


俺の書いた嘘予告の数が三桁を突破したら公開

608 名も無きAAのようです :2013/08/05(月) 14:09:19 ID:dh2iV6Rg0
>>607よしこのスレ1000まで貴様が埋めるぐらい予告するんだ

609 名も無きAAのようです :2013/08/06(火) 22:36:20 ID:OMZJ2lik0
どうせこいつキングダムのやつだろ?
なら後は大人しく100越えるのを待っとけばいい

610 名も無きAAのようです :2013/08/07(水) 22:08:44 ID:Y3YoJTO.0
>>607
私諺の嘘予告書いた人だけど、書かないなら俺が嘘から出た誠にしてやるぞコラ

611 名も無きAAのようです :2013/08/08(木) 00:18:36 ID:zoTb9mfc0
>>610
どうぞどうぞ

612 名も無きAAのようです :2013/08/09(金) 00:40:34 ID:2..FkW.s0
>>610
どうぞどうぞ

613 名も無きAAのようです :2013/08/09(金) 02:09:29 ID:1mHd3mfk0
>>610
どうぞどうぞ

614 名も無きAAのようです :2013/08/10(土) 18:08:50 ID:2AtdRAX.0
 かぁらん、かぁらん。
 秋の夜長に鬼が出る。人をとっては鬼が食う。
 かぁらん、かぁらん。
 そこのけそこのけ、浅葱者のお通りだ。


( ´_ゝ`)「すごくなっとくがいかない」

(´<_` )「何がだ兄者」

( ´_ゝ`)「なんで俺ら鬼呼ばわりされてまでこんな町の警護やってるんだろう……」

  _  
( ゚∀゚)「誰かと思やぁ、あさぎうr……っとと、青錆隊の皆さんじゃねえか」

( ´∀`)「ハハハそちらこそ誰かと思えばエンジムs……臙脂隊がお揃いで結構なことモナ」
  _  
( ゚∀゚)「……」

( ´∀`)「……」

(;*゚ー゚)「市街のど真ん中で睨み合わないでください!」


(,,゚Д゚)「見廻りの時間ずらしゃいいのに」

( ´_ゝ`)「そんなんで解決してたらとっくにやっとるわ」

('A`)「こないだ隊服も着てないのにエンジムシに因縁つけられたんだよなあ……」

(´<_` )「新入りの顔すら把握してたときはもうあいつら俺らのこと好きなんじゃねえかとすら思った」

(,,゚Д゚)「で、どうなったんだよ」

('A`)「逃げ足のドクオ様とは俺のことだぜ」

( <_  )「本当早いよな……」

(  _ゝ )「逃げ足だけはな……」

615 名も無きAAのようです :2013/08/10(土) 18:09:49 ID:2AtdRAX.0
(; ^ω^)「えっちょっ待っ、違うお! ブーンはしかるべき金を受け取ってしかるべきところに物を届けるただのしがない飛脚だお!」

('A`#)「『衝撃! 浅葱裏こと青錆隊の恐るべき陰謀!』……こんなビラをばらまくことがか?」

(; ^ω^)「いやー今月苦しくって、臙脂隊って金払いいいし」

('A`#)「大の野郎がテヘペロしても殺意が更に増すだけだわ」

(´<_` )「とりあえずこのビラはこちらで預かる、ていうか捨てる」

( ^ω^)「おっおー……こっちも仕事だお?」

( ´_ゝ`)「ということはつまり?」

( ^ω^)「端的に言うと金よこせお」

('A`#)「死ね」


 かぁらん、かぁらん。
 そこのけそこのけ、浅葱者のお通りだ。


( ´_ゝ`)あさぎもののようです

 買ってもない宝くじが当たったら公開

616 名も無きAAのようです :2013/08/11(日) 14:57:12 ID:nwZZORS.0
平成50年

日本では、バニラアイスを食べた人が毒で死ぬと言う事件が多発していた。

('A`)「嘘だろ!tanasinnまでもがバニラアイスで死んだって!」

  _
( ゚∀゚)「死因は毒。毒です。」

ξ゚⊿゚)ξ「北斗無情破顔拳!」

ζ(゚ー゚*ζ「やばい!隕石だ!」

(´・ω・`)「みいんなみいんな、俺がやった!」

   ヘ,,
 /i!i!i!ヽi!(^^)(⌒)┛「mczm、zs我fdslkfdslfdszd名さささjdさいjdsdさRapturEdしjfdsk4」
(/(/(/(/(/

   ヘ,,
 /i!i!i!ヽi!(^^)(⌒)┛「さあ今sjさdさ;dさ;。kSephirotHml、ds;;ldsl、dskfds開fdsdfds;l、fdす」
(/(/(/(/(/

( ^ω^)「ありがとう、■■」

(    )『それ』は、■■にあったようです。

反応があれば投下!

617 名も無きAAのようです :2013/08/11(日) 15:50:53 ID:yXY4FVec0
お前達、目を合わせるなよ……一瞬でやられるぞ

618 名も無きAAのようです :2013/08/11(日) 16:03:18 ID:nwZZORS.0
>>617
反応、しましたね。反応、しましたね〜
と言うわけで『(    )『それ』は、■■にあったようです。』製作開始。

619 名も無きAAのようです :2013/08/11(日) 16:10:30 ID:BDC6n.9.0
やっちまいましたねぇ・・・

620 名も無きAAのようです :2013/08/11(日) 16:13:04 ID:yXY4FVec0
>>618
そ゛ん゛な゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ!!!!!

621 名も無きAAのようです :2013/08/11(日) 23:18:46 ID:nrwxEE460
はなっから書く気しかねーじゃねーか、最初から予告の方に書けよw
これじゃなくて他もこんな形式であれば何人の読みてええええが救われることか

622 名も無きAAのようです :2013/08/12(月) 06:08:32 ID:LjS8jxjY0
>>620
藤原竜也さんなにやってんですか

623 名も無きAAのようです :2013/08/12(月) 09:23:22 ID:Ds2XyRL20
その名前、どんな意味がこめられてるのか聞いたことある?


('A`)「これとこの配線で、、、」

ブォォォォォォ!

うなりをあげるエンジン音。ここは彼の憩いの場。油の匂い、辺りには鉄くず、腰にはいつも七つ道具。周りは隙間だらけの木の板壁。なにからなにまでお手製だ。

('A`)「よぉし、いい子だ!」

前々から夜通し造ってきた。なぜなら今日は特別な日。

('A`)「さて、試運転といきますか。そろそろ少年Bもくるころだ」

( ^ω^)「Dーーーー!」

予想通り。壊れそうな勢いでこの場へやってきた。

('A`)「来たな、少年B!さぁ!乗れ!式の前に試運転だ!」

( ^ω^)「!!できたのかお!かっくいいお!」

('A`)「さぁ!行くぞ!」

ガシャン!ガシャン!

乗り心地最悪。けれど視界は高く、動作、音、匂い、申し分ない。

( ^ω^)「D、すごいお!動いたお!」

('A`)「たっりめーだ!メカニックなめんなよ!今日の式典の目玉なんだからな!気合い充分!二人乗り歩行ロボットD37、ついにおひろめだ」



(*゚ー゚)「じゃあ行ってくるねお母さん」

「行ってらっしゃい、今日は待ちに待った名付けの日ね、村長にいい名前貰えるといいわねS」

(*^ー^)「うん!」

今日は名付けの日、この星ではみんな15歳になるまでちゃんとした名前はない。
待ちに待った今日、この村の15歳になる少年少女たちは村長から立派な名前を貰うのだ。

624 名も無きAAのようです :2013/08/12(月) 09:24:15 ID:Ds2XyRL20
━━━━━━━━━


(;^ω^)「こんなところでなにやってるんだお!センターでメカニックを極めるんじゃなかったのかお!」

('A`)「私は清掃員DD4971」

何者かによって付けられた捻れた名前。


(;*゚ー゚)「私はあなたたちなんかに頼んだつもりなんかない!」

从 ゚∀从「おめぇらのヒーローごっこはここまでだ、墓標に刻む名前は俺が考えてやるから安心しな」

一体誰がなんのために名前を奪ったのか。


( ´∀`)「昔は七色の風が吹いていたんだモナ」

( ^ω^)「おっお、じゃあ七色の風を集めれば名前は皆のもとに?」

鍵を握る七色の風。


( ^ω^)「ボクたちに力を貸して欲しいんだお!」

川 ゚ -゚)「私は藍の風、そなたらの望みには答えられない」

集めよ、七色の風

取り戻せ、本当の名前

救え、この星を


( ^ω^)〜少年Bから始めよう〜のようです('A`)

日本の最高気温が50度になったら書く

625 名も無きAAのようです :2013/08/12(月) 12:01:20 ID:psijDsjM0
え?もうなってるけど(すっとぼけ)

626 名も無きAAのようです :2013/08/14(水) 01:47:47 ID:F0aUW8Xk0
群馬の最高気温が56℃じゃなかったっけ?

627 名も無きAAのようです :2013/08/14(水) 08:20:37 ID:IuHK9yTk0
 ━━━━━VIP高 福利棟二階


ノハ;゚⊿゚) 皆おはよー!!今日もあっついなー!! ガラッ

( ´_ゝ`) もう8月中旬だからな ほれジュース買ってきたぞ

( ・∀・) おお さっすが気が利いてるねえ!

('A`)  ポチポチ

lw´‐ _‐ノv ポリポリ

( ・∀・) ・・・ん?

ノパ⊿゚) シュー先輩また生米齧って!お腹壊しますよ!

lw´‐ _‐ノv 美味

( ´_ゝ`) もう言ってやるな こいつの偏食は農家が絶滅しても治らん

ノパ⊿゚) でもー・・・

( ・∀・) ・・・なあ

( ´_ゝ`) ん?  

.

628 名も無きAAのようです :2013/08/14(水) 08:21:24 ID:IuHK9yTk0
.


( ・∀・) 俺いっつも思うんだけどさ


( ・∀・) 缶飲料ってなんで絶滅しないの?


( ・∀・) ペットボトルに勝る部分、一片もないよね?



ノパ⊿゚)


('A`)


( ´_ゝ`)


lw´‐ _‐ノv


( ・∀・) ・・・始めるぞ


それはいつも唐突な、一言の疑問から始まる。


.

629 名も無きAAのようです :2013/08/14(水) 08:22:14 ID:IuHK9yTk0
.

(#´_ゝ`) お前は缶でコーラを飲んだことがないのか!?ペットボトルなんぞとは格が違う!!!!


(#・∀・)  ああ!!?炭酸飲むような味障が味の違いなんぞわかるもんかね!!!



 燃え上がる一人称視点。



ノパ⊿゚) ペットボトルは環境に悪い感じだぞ!!スチール缶はリサイクルとか効率良さそうじゃないか!!


('A`) ・・・でも「ペットボトルのポイ捨て」より「缶のポイ捨て」のがよく聞くような・・・



 唸る偏見、嘶く憶測。



lw´‐ _‐ノv 米缶ほしのゆめ、非常食に最適だぞ ポリポリ


ノハ;゚⊿゚) ・・・それどうやって炊くんです? 


lw´‐ _‐ノv 生で行け



 吼えて轟く 関係ない話。


.

630 名も無きAAのようです :2013/08/14(水) 08:24:55 ID:IuHK9yTk0

部則 

壱 ・ 素朴な疑問こそとことん語りつくすべし。

弐 ・ 結論が出るまでは議論終わる事なかれ。

参 ・ 「意見」は「異見」、真実は言葉をぶつけて生むべし。

肆 ・ ググるな。



(#・∀・) お前らもよく知ってるはずだ!!!缶は、缶はなァ・・・・!!


(#・∀・) 蓋がないからッッ!!!!零れやがるんだァァァアァアァァア!!!!!!!!!!!!!!




これはただ議論の順序も公平性も競技性もひいては正しさすら忘れ、

ただ、言葉をぶつけ相手を屈服させることに青春を捧げた者達の物語。




(  _ゝ ) ・・・なあモラ、お前は知らなかったのか?


(#・∀・) ・・・なんだと・・・?


(  _ゝ ) 『ボトル缶』


( ´_ゝ ) 缶飲料にも・・・蓋があるものはある


(; ∀ );:・∵゜.  ガハッ




( ´_ゝ`) 市立VIP高校 結論部のようです



書くか書かないか結論が出たら書く

631 名も無きAAのようです :2013/08/14(水) 08:37:06 ID:bYNluRjw0
書く

632 名も無きAAのようです :2013/08/14(水) 09:55:18 ID:/qXbU2qA0
書け

633 名も無きAAのようです :2013/08/14(水) 10:31:32 ID:q8zTy57AO
超読みたい
近年で一番読みたい

634 名も無きAAのようです :2013/08/14(水) 13:28:09 ID:lCw./wEYC
書いてください

635 名も無きAAのようです :2013/08/15(木) 03:27:11 ID:Q4N6Z0Mw0
ゲームをやったことある人間なら誰でも思うことがあるだろう。

(*^ω^)「ゲームの魔法を使ってみたい!」

('A`)「違うゲームの技を競わせたらどっちが勝つんだろ?」

(´・ω・`)「既存の技に自分のオリジナルを混ぜてみたいなぁ」

その願い、叶えましょう!
日本の全てのゲーム会社が利益度外視、共同で制作したこのゲームは、世界観もストーリーもカオスでありながら空前のブームを巻き起こした。
至難と思われたゲームバランスも特定の基準を決めることで解決し、誰がどのゲームの技を使っても楽しめるようになった。


( ^ω^)「[イオナズン]!」

モンスター「……」

( ^ω^)「……」

( ^ω^)「運が良かったな。今日はMPが足りないみたいだ」


('A`)「[ドライアイス]![スルーリアクト]!」

('A`)「ククク……これで貴様は俺に触ることすら出来ぬ」

川 ゚ -゚)「鏡見て今の技使えよブサメン」

(;A;)

(´・ω・`)「[全剣技]というチート技に更に改良をしたこの[完全剣技]があれば無敵だ……」

(´・ω・`)「ふふふ……この世界の頂点に立つのは」

(´^ω^`)「このショボン様さ!」E:鋼の弓


無限遊戯のようです
需要があれば書くんじゃない?

636 名も無きAAのようです :2013/08/15(木) 03:34:00 ID:mgZSKg3k0
結論部読みてえ……

637 名も無きAAのようです :2013/08/15(木) 05:39:17 ID:PDpWVDN60
>>635
ショボンwww
早く書きたまへ

638 名も無きAAのようです :2013/08/15(木) 07:17:17 ID:.Z3HP7r20
アーチャーなのに剣技習得すんなwwwwww

639 名も無きAAのようです :2013/08/15(木) 07:17:32 ID:qipC6jgE0
需要があればとかいう誘い受けちゃんは書くな

640 名も無きAAのようです :2013/08/15(木) 10:25:24 ID:j4CXH6l20
今日、パシフィック・リムを見に行きます…
俺、それを見終わったらロボットもの書くんだ…

641 名も無きAAのようです :2013/08/15(木) 14:24:19 ID:M4ZdZdnU0
>>640
主人公側のイェーガーってロボはカッケーけど敵の名前がカイジューってダサくね

642 名も無きAAのようです :2013/08/15(木) 18:42:12 ID:j4CXH6l20
>>641
カイジューじゃない!「カイジュウ」だ!
それに「カイジュウ」は敵の総称で個別にはいろんな名前が付いてるよ、「ナイフヘッド」とか「レザーバック」とか、日本風の名前の「オオタチ」「ライジュウ」とか言うのもいた。
ちゃんと怪獣やってていい感じだったよ、死骸の後処理屋が出てきたり死骸が闇ルートで高値で売られてたり結構しっかり作りこんでていい作品でしたまる

…さ、書くか

643 名も無きAAのようです :2013/08/15(木) 20:32:48 ID:G2pJXUf.0
>>642
判ったからとっとと書けよ
筋肉成分多めでな

644 名も無きAAのようです :2013/08/15(木) 21:35:01 ID:CCFcIiME0
小説板( ^ω^)いろいろ紹介していくようです

テロった。完全に占拠してやったぜ

俺と一緒にいろいろ紹介したい奴、来いよ。紹介する権利をくれてやる

645 名も無きAAのようです :2013/08/15(木) 21:45:06 ID:CCFcIiME0
次のテーマは「好きなブーン系小説」だ! ながら投下でも何でも構わん、腹括った奴からhttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/lite/read.cgi/sports/37256/1306731030
ここに来い! 管理人不在の世紀末世界で、俺と「紹介」の快感を味わおうぜ!

646 名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 22:10:17 ID:Z9cfC2Y.0
今、AA界は空前絶後のゆるAAブーム!

(つ´・ω・)つ だっこしてー を筆頭に、数々のゆるAAが台頭し、今ではゆるAA以外のAAは
存在することも許されなくなったこの世紀末めいた時代・・・

そんな時代に終止符を打つべく、今、一人の古参AAが立ち上がった。



(,,゚Д゚)「・・・本当にやるのか?」

(*゚ー゚)「うん。 私が、初代可愛いAAのこの私が、ゆるAAが闊歩するこの乱世を終わらせるべきだと思うから・・・」

(,,-Д-)「・・・そうか。 判った、もう何も言わない」

(*゚ー゚)「・・・ありがとう、ギコ君」




ミセ   リ
∩(*゚ー゚)∩スッ 「私・・・」



ミセ*゚ー゚)リ カポッ 「がんばるからっ!」

647 名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 22:11:27 ID:Z9cfC2Y.0


―とあるゆるAAのライブ会場―


┗(⌒)(^^) 「思春期を殺した少年たちの翼」


ξ゚⊿゚)ξ「きぃぃぃぃぃぃぃぇぇぇぇぇぇぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!ラプチャァァァァァァァァァァァ!!!」

川 ゚ -゚)「素敵ぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃい、ゆる可愛ぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぇぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ」


┗(⌒)(^^) (くくく・・・今年のゆるAAグランプリは頂きで国分寺)


「まてぇーーーーーーいっっっ!!!」


┗(⌒)(;^^)「なっ・・・何奴!?」


(   )「魑魅魍魎跋扈するこのゆるAA界・・・・それを破壊すべく生まれた、ゆるAA殺しのゆるAA・・・」


┗(⌒)(#^^)「おのれっ・・・姿を現せ!!」


(   )「ふはは、よかろう! 最強のゆるAA、今ここに爆誕!!」


ミセ   )リ「とぉ〜ぅ!!」


今ここに、可愛いAAのヴェールを脱ぎ捨て、被り物をしてまでも
AAの尊厳を守るため、一人のゆるAAが立ち上がった!!!

その名は・・・・・・そうっ!!!その名はっ!!!!!!

648 名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 22:12:30 ID:Z9cfC2Y.0








┣゙ォ━━━━━━ン!!

    ∧_∧
 ((oミセ*の▽の)リo)) 「づらっしぃーだっしぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!」
     ヽ   ヽ ♪
     し―-J

649 名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 22:13:43 ID:Z9cfC2Y.0


ξ ⊿ )ξ ゚ ゚

┗(⌒)(; ) ^^

川;゚ -゚))))))


ミミセセ*の▽の)リリリ ガクガク


関節という関節から先を前後左右にガクガクブルブルと震わせ
その癖、一切胴体を揺らさず
顔にはニヤついた笑みを絶やさない被り物

そんな、どこをどうみてもゆるAAに相違ない格好をしたしぃ・・・否、づらっしぃーは、まるで生まれたての小鹿のように
脚をガクガクと揺らしながら、滑るようにラプチャーへと近づいていく


ミミミミミミミミミミミミミセセ*のの▽▽のの)リリリ ガクガクガクガク


┗(⌒)(;^^)「ひっ!?」


ミミセセセセセ*ののの▽ののの)))リリリリリ ガクガクガクガクガクガクガク



ミセ*の▽の)リ” ピタッ


┗(⌒)(;^^)「・・・・・・?」


ラプチャ―の目の前でピタリと止まったづらっしぃーは、ラプチャーを覗き込むようにして顔を上げる。

650 名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 22:14:43 ID:Z9cfC2Y.0



づら汁ぶっしゃー
ヾミセ*の▽の)リノ:;::;.,*+(^^;)(⌒)┛


┗(⌒)(;゜゜)「ぎゃあぁぁぁぁぁぁぁ!!?」



ラプチャーに謎の液体を噴出し、今度はライブ会場にいるファンの方を向き・・・



           づら汁ぶっしゃー
川 ゚ -゚)ξ゚⊿゚)ξ+*,.;::;:\ミ(の▽の*セリノ"


ξ;゚Д゚)ξ「ぎゃぁぁぁぁぁぁ!!?!」

川 ゚ -゚)「うをっ、汚ねッ」



謎の液体らしきものをまき散らしながら、づらっしぃーはライブ会場を滅茶苦茶に汁まみれにしていく



┗(⌒)(;゜゜)「ぺっ、ぺっ!?なにこれ、髪の毛!?なんかべたべたと一緒に髪の毛がぺっ、ぺっ!!?」

川 ゚ -゚)「ぺろっ・・・・・・ふむ、これは・・・汗か? 汗で刻んだ髪の毛を纏めているみたいだな」

ξ;゚Д゚)ξ「どのみち汚ねぇぇぇぇぇ!!?」

651 名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 22:15:51 ID:Z9cfC2Y.0



( ´_ゝ`)「ふむ・・・聞いたか弟者」

(´<_` )「あぁ、行くぞ、兄者」



づら汁ぶっしゃー    うぉぉぉぉぉぉぉぉ!!
ヾミセ*の▽の)リノ:;::;.,*+(´<_`#)(#´_ゝ`)


(#´_ゝ`)「受けとれぇ!父者ぁぁぁぁぁあ!!」(´<_`#)



       :;::;.,*+
       彡⌒ミ
      ( ´_ゝ`)


    バァーーーーン!!
       彡ノlレミ
      ( ´_ゝ`)



 彡ノlレミ
( ´_ゝ`)「・・・・・・・・・・・・」


 彡ノlレミ
( ;_ゝ;)「ありがとう・・・・・・本当にありがとう・・・・・・」




.

652 名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 22:16:52 ID:Z9cfC2Y.0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ライブ会場全域と、ライブに来た観客と主役をづら汁塗れにし
大勢の苦悶の表情と、一部の感涙の涙を産んで
満足したづらっしぃーは、ライブ会場を後にした



ミセ*の▽の)リ



しかし、づらっしぃーの戦いは終わらない
全てのゆるAAを打倒し、もとの平和なAA世界を取り戻すまで
づらっしぃーの戦いを終えるわけには行かないのだ!!



ミミセセ*の▽の)リリリ ガクガク



たたかえ、づらっしぃー!負けるな、づらっしぃー!!



ミミミセセ*のの▽▽のの)リリリ ガクガクガクガク



世界を取り戻す!その日まで!!!



ミミセセセセセ*ののの▽ののの)))リリリリリ ガクガクガクガクガクガクガク



ミセ*の▽の)リ” ピタッ




.

653 名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 22:18:12 ID:Z9cfC2Y.0




ミセ*の▽の)リ(私、このままゆるAAグランプリ優勝狙えんじゃね?)


ミミセセ*の▽の)リリリ ガクガク(優勝したら、仕事の依頼も今まで以上に来るんじゃね?)


ミミミセセ*のの▽▽のの)リリリ ガクガクガクガク (・・・・・・・・・・・よし)






ミミセセセセセ*ののの▽ののの)))リリリリリ「このゆるAA界の頂点に立って、うっはうっはするづらっしぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃい!!!」




【ミセ*の▽の)リ新ゆるAA!づらっしぃーだっしぃぃぃぃぃぃぃ!!のようです】


【ニシコくんの内臓がゆるきゃらグランプリで優勝したら書いてやるよ】

654 名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 23:56:45 ID:pCD5fbF60
ポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチ

('A`)「送信っと」

('A`)「最近7のボタンが押しづらいなぁ、このガラケーもいよいよかなぁ。」

携帯電話がこの世に生まれてから70年
日々進化してきたケータイもいつからかスマートフォンと呼ばれるケータイに取って代わり、今じゃ俺がもつガラパゴスケータイ、通称ガラケーは絶滅危惧種だ

スマートフォンが出始めてからこのままあと数年でなくなると言われたガラケーもなんだかんだでまだ生き残ってる

しかし、数えられるほどしかもう残ってないんだと

AST(昔の携帯電話の大手三社が合併してできた通信会社)によるとガラケー利用者はもう日本にしかいないらしく、俺を含めて1000人ちょっとなんだとさ

もう移行するからやめてくれ、スマートフォン無料でやるからさ!っていいにくるまで俺はガラケー使っていこうと思ってる
少なからず俺を含めてガラケー利用者はそうだろう

『川 ゚ -゚)ドックンメールだよ〜(着ボイス:人気アイドルクーにゃん)』

('A`)「お、ブーンから返信きた!って兄者かよ」

( ´_ゝ`)スマホにしますたwww

('A`)「マジかよ!あのやろ裏切りやがったな!唯一のガラケー仲間だったのに!」


('A`)は人類最後のガラケー利用者のようです

14年度モデルが全てガラケーだったらかく

655 名も無きAAのようです :2013/08/19(月) 01:26:23 ID:Ny3l3hkQ0

(,,゚Д゚)「足掻くな。運命を受け入れろ」

川 ゚ -゚)「戦場だ。覚悟はできている」



── In the myth ──



(#@∀@)「アナトリアのネクストは置物か!?」

('A`)「ケッ。だから時代遅れってんだ、雑魚が。死に腐れ」


── God is force ──



( ・∀・)「To novels, welcome to the Earth」

(´ ゚ω ゚`)「ハラショオオオオオオオウウ!!」





──かつて、「人類種の天敵」と呼ばれた男がいた──。



( "ゞ)「所詮は大量殺人だ。刺激的にやろうぜ」

( ´_ゝ`)「新しい……。惹かれるな」







( ^ω^)ダイブ・トゥ・ジ・アースのようです


ACがフルCGでアニメ化されたら連載

656 名も無きAAのようです :2013/08/23(金) 15:36:25 ID:izVHysBI0

 また、少年をあの夢が苛む。
 誰かが、助けを求めているのだ。

 声のする方に辿り着こうと急ぐが、その道すがらでは見知らぬ男性がまた、囚われている。
 少年はそこでいつも、一つの岐路に立たされる。

 ( A )

 一人は苦しそうに表情を歪めながら何かに重くのしかかられ、脱しようともがく。
 何か、というのはそれは一見人の姿形をしているが、どこか異形だからだ。

 (  - )

 もう一人は、背負った大きな十字で磔刑(たっけい)に処されながらうなだれて、表情は窺えない。
 こちらは逆で、運命を悟りそれを受け入れているようにも思えた。

(…公園で発見された、女子高生遺棄事件の続報です…)

 少年は彼らに、何かの答えを求められているのだと遅まきながら気付く。
 しかし、いつもこの場面で覚醒してしまう。その先に、辿り着くことが出来ない。

 覚醒する間際、決まって少年は妖しげな儀式の行われる祭壇の置かれた場所に立つ。
 そこではまるで供物のように担ぎ上げられる女性の姿が映し出されては、彼女は少年に求める。

 ξ ⊿ )ξ

(……の、…前を……)

 彼女もまた、少年に何かを求めている。
 声を振り絞り、必死に叫びをあげようと。
 そこで映像に、ノイズが走る。

「―――ツ♪♪♪♪♪ ♪♪♪♪♪ ♪♪♪♪♪―――」

 必死の呼びかけは彼女に届く事なく、そこで目覚める。
 起きればすぐに頭からは消え去ってしまうのに、何故か強烈に印象を重ねるその夢から。

 少年にとっては、夢と現が融け合うようなそれは、何か大きな予兆のように感じられた。

657 名も無きAAのようです :2013/08/23(金) 15:37:26 ID:izVHysBI0

          EL ELOHIM ELOHO ELOHIM SEBAOTH
           ―永遠なる主、ツァバトの神―

          ELION EIECH ADIER EIECH ADONAI
        ―栄光に満ちたるアドナイの神の名において―

          JAH SADAI TETRAGRAMMATON SADAI
       ―さらに口にできぬ名、四文字の神の名において―

          AGIOS O THEOS ISCHIROS ATHANATON
       ―オ・テオス、イクトロス、アタナトスにおいて―


               AGLA AMEN
         ―秘密の名アグラにおいて、アーメン―


 RESET;
 SEI
 CLC
 XCE
 CLD

 X16
 M8

 LDX #1FFFH
 TXS
 STZ NMITIME
 LDA #BLANKING
 STA INIDSP

( ^ω^)デジタルデビルバスターのようです■

658 名も無きAAのようです :2013/08/30(金) 04:32:47 ID:Edxb8idAO
ある日ニュースキャスターの姉ちゃんが乳を揺らしながら他愛もない事を言った。

乳スキャスター『大変です!大量の隕石が地球目掛けて飛来して来ているようです!」

俺は急いで自分の乳毛を処理し、脇の匂いを嗅いだ。

('A`)「ん〜、マンダム。今日も良いヨーグルト風味ですな〜」

<ビックリスルホドユートピア!ビックリスルホドユートピア! パン!パン!

10㎞離れた山田さん家の犬がうるさく吠え勃てる。

659 名も無きAAのようです :2013/08/30(金) 04:35:22 ID:Edxb8idAO
('A`)「カーチャン」

J('ー`)し「はいはい?」

('A`)「俺、ちょっと世界を救ってくるわ」

そう言って俺はシルクハットを被り、上半身にタキシードを着込み、下半身にはオシャレな黄色と茶色のコントラストが入ったシルクのブリーフ一枚と太股までのアミタイツを履き、先が男性器を模した電動金属バットを携えて布団にくるまった。





('A`)Zeroから始まるカウントダウンのようです




.

660 名も無きAAのようです :2013/09/03(火) 17:55:29 ID:/FtZSt0Q0

僕は平凡な人生を歩んできた。
成績は中の中、顔は……高めに見積もって中の中。とにかく、なんの取り柄もない普通の高校生だ。
そんな僕が超高校級と呼ばれる人たちが集まる希望ヶ峰学園に入れるなんて、何かの間違いなんじゃないかって思った。

でも僕が選ばれたのは才能でもなんでもない、ただの運のみ。
平凡な高校生の中から抽選で選ばれた、超高校級の幸運というのが僕の肩書。
それでも僕の胸は期待に膨らんでいた。平凡な日常が、生まれ変わるのだと思っていた。

都内の一等地にそびえる大きな校舎を目の前にして、深呼吸をする。
そして、一歩敷地に踏み入れた、瞬間。
酷い頭痛と耳鳴りが僕を襲った。視界がぐにゃりと歪んで、僕は意識を手放した。

目覚めた時は教室だった。
机に突っ伏すように寝ていたらしい。
誰かが僕を運んだのだろうか、と考えておかしいことに気付く。

教室に、監視カメラがある。
窓には鉄板が大きいボルトで固定されている。
外そうとしてみたけど固くて歯が立たない。廊下の窓も全部だ。

ふと教卓の上に紙が置かれていることに気付く。
そこには幼児がクレヨンで落書きしたような絵と、これまた幼児が書いたような字が連なっていた。

「八じからきぼうヶみね学えんの入学しきをはじめます
 みなさん体いくかんにおあつまりください  学えんちょう」

入学式? 八時から……教室の時計を確認すると、丁度八時になっていた。
体育館の扉を開けると中にいた人達が一斉に僕を見た。
彼らも僕と同じく教室で目覚め、案内を見てここにきたらしい。

661 名も無きAAのようです :2013/09/03(火) 17:56:29 ID:/FtZSt0Q0

「あーーあーーーマイクテス、マイクテス」

突然マイク特有のキーンとした音と共に機械の合成音声が鳴り響く。
思わず耳をふさぐと、体育館のステージにある壇から突然何かが飛び出した。
∧_∧
( ・∀・)「やぁやぁみなさん希望ヶ峰学園にようこそ!」

ぬいぐるみが喋っている。
驚きの声があがるとそれが顔を赤くして怒り始めた。

(#・∀・)「ぬいぐるみじゃなくて僕はモララーなんだけど。
     しかも、学園長なんだけど」

( ・∀・)「まぁいいけど。どーせおまえらこれからここで暮らすんだしね」

( ・∀・)「え? 聞いてない? ま、どーしても出たいって言うなら方法がないわけじゃないよ」

( ・∀・)「この中の誰かを殺したら出ていいよ」

( ・∀・)「殺せるわけない? なら一生ここでくらしなよ。君達優秀な希望を保護するための案なんだからさぁ」

( ・∀・)「安心しなよ不自由な生活はさせないよ? ただここから出られないだけ、何がいけないの?」

( ・∀・)「君たちは校則を守って、おとなしく暮らせばいいだけさ。うふ、うふふふ、うふふふふふふふ」

662 名も無きAAのようです :2013/09/03(火) 17:57:43 ID:/FtZSt0Q0

( ^ω^)「絶対にここから出るんだお! みんなで!」

  ――内藤ホライゾン( ^ω^)――超高校級のランナー――

('A`)「この学校自体が密室みたいなもんだろ……まったく、そういうのは小説だけで十分だっての」

  ――毒島毒男('A`)――超高校級のミステリー作家――

ξ゚⊿゚)ξ「なんでこんなことになってしまったの? 教えてよ、クー」

  ――ツン・ディースブルクξ゚⊿゚)ξ――超高校級のお嬢様――

川 ゚ -゚)「お嬢様は私が必ずお守りします。何が起ころうと、必ず」

  ――直空流川 ゚ -゚)――超高校級の使用人――

( ´_ゝ`)「いやしかし、ネットがないのは死活問題だな弟者」

  ――流石兄者( ´_ゝ`)――超高校級のメカニック――

(´<_` )「そこを気にするとは、流石だな兄者。でも状況考えような」

  ――流石弟者(´<_` )――超高校級のメカニック――
  _
( ゚∀゚)「なんなんだよこれ……なんであかねぇんだよクソッ!!」
             _
  ――長岡ジョルジュ( ゚∀゚)――超高校級のヤンキー――

ζ(゚ー゚*ζ「だって、私女優だもん。女優は笑ってないと、ね!」

  ――井出デレζ(゚ー゚*ζ――超高校級の女優――

663 名も無きAAのようです :2013/09/03(火) 17:58:31 ID:/FtZSt0Q0

川д川「ごっごめんなさいごめんなさい! あ、あ、ああたし何も覚えてないの!」

  ――山村貞子川д川――超高校級の予言者――

从 ゚∀从「ふざけんなよ……こんなとこにいてたまるかってんだ」

  ――高岡ハインリッヒ从 ゚∀从――超高校級のボクサー――

( <●><●>)「今一番危険なことが、単独行動であることはわかってます」

  ――若手ワカッテマス( <●><●>)――超高校級の数学学者――

(,,゚Д゚)「仲間割れは無しだ。無理にでも信じろ。でなきゃ……死ぬ」

  ――埴谷ギコ(,,゚Д゚)――超高校級の柔道家――

lw´- _-ノv「やだどうしよう、土に触れないとシューちゃん死んじゃうわ」

  ――直愁lw´- _-ノv――超高校級の農家――

(*゚ー゚)「私、頑張るからね! なにかあったら、言って?」

  ――猫田しぃ(*゚ー゚)――超高校級の保健委員――

664 名も無きAAのようです :2013/09/03(火) 17:59:22 ID:/FtZSt0Q0

僕の日常は終わりを告げた。

最悪の形で、僕達に絶望を見せるためだけの非日常が始まった。

それでも、諦めるわけにはいかない。だって、どんなときだって希望はある。

(-_-)「希望は、前に進むんだから」
  ――小森ヒッキー(-_-)――超高校級の幸運――


(-_-)弾丸論破、のようです


トリックを思いつく頭がないためボツ

665 名も無きAAのようです :2013/09/03(火) 19:32:57 ID:BpvOn2po0
超高校級の農家wwwwww

666 名も無きAAのようです :2013/09/04(水) 05:48:54 ID:seCYvuhkO


( ^ω^)←明日死ぬ


ξ゚⊿゚)ξ←明後日ブーンに告白しようとしてる


( ・∀・)←明日ブーンが死ぬってツンに伝えようとしてる


('A`)←明日ブーンが死ぬ直前に警察に痴漢の現行犯で捕まる


ζ(゚ー゚*ζ←明日ブーンが死ぬ直前に痴漢される


( ´∀`)←明日ブーンを殺す





(´・ω・`)←明日ブーンが死ぬ運命を変えるようです

※本作品は第三次世界大戦終戦記念として書かれる作品です

667 名も無きAAのようです :2013/09/04(水) 08:32:28 ID:Fi05XCuE0
地味に見たい

668 名も無きAAのようです :2013/09/04(水) 10:32:51 ID:KrtflAa60
>>657
続きはよ
安価で交渉やルートが決まる感じで誰かはよ

669 名も無きAAのようです :2013/09/05(木) 12:51:25 ID:/fCDTzio0
>>668
書きたいけど現行抱えてたら無理ぽ

670 名も無きAAのようです :2013/09/09(月) 03:51:37 ID:zkAKE5p.0

VIP学園には、四人の魔王と四人の従者がいる。

四人の魔王――普段は天真爛漫なミセリさんも、優しくてオトナな素直さんも、いかにも不健康での根暗っぽいドクオさんも。
そして、何をする時だって不真面目でおちゃらけている、変人の代表格こと、俺の『姉さん』高岡ハインリッヒだって。
みんながみんな、今目の前に転がっている様な心霊現象に対しては、途轍も無く敏感に反応する。
そして、一様に不気味に歪んだ瞳を、『従者』たる俺達に向けるのだ。

ミセ*゚ー゚)リ「始まったみたいだね、トソン」

束の間の静寂を破ったのはミセリさんだった。
その瞳は、すでに現実を捉えていない。 そこに映るのは、恐らく尋常ではない何か。

('A`)「今回のは……ケッコーヤバ気だなぁ、ツンちゃん」

続いて言い放ったドクオさんの口元は、歓喜を滲ませていた。
普段より更に細まった仄暗い眼には、致命的な狂いが顔をのぞかせている。

川 ゚ -゚)「お前らはここで引き返せ。
      最後までこの件に関わるつもりなら、情緒の保証は出来ないぞ、ブーン」

素直さんの声には多少の震えが混じっていた。
それは如何なる感情から来るものだったのだろうか。
恐怖か、愉悦か。
恐らくは、そのどちらもなのだろう。

从 ゚∀从 「その女の言ってることは本当だぜ。 多分、俺みたいなのでも楽じゃないヤマになる」

続けて何かを口にしようとした素直さんを制して、僕の『魔王様』が一歩前に出る。
まるで底のない空洞のような瞳を俺に向けて。

671 名も無きAAのようです :2013/09/09(月) 03:52:36 ID:zkAKE5p.0

从 ゚∀从 「ここから先は深淵だ。
      ちょっと覗くだけのつもりでも、気を抜けば頭っから引っ張り込まれちまうような、そんな領域。
      俺もお前らは帰った方がいいと思うなぁ、特にジョルはチョロいから。 ただ、それでも・・・」
  _  
( ゚∀゚)「行きますよ、僕は」

ハインさんの言葉を遮って言った。
そして、調子付いて名乗りを上げる同士たち。

(;^ω^)「っていうか、ここまで来たら引き返せないお」

ξ゚⊿゚)ξ「むしろ上等じゃない。 こちとら伊達にオカルトマニアしてないっつーの」

(゚、゚トソン「こんな大事、ミセリだけには任せられませんから」

从 ゚∀从「……って言うだろうから、俺は止めないけどね」

途端、まるで裂けた様に引きのばされた姉さんの目尻や口元。
そして、魔王達は宣言する。
僕が、僕達が闇へ到達した、その瞬間を。

672 名も無きAAのようです :2013/09/09(月) 03:53:17 ID:zkAKE5p.0

从 ゚∀从ミセ*゚ー゚)リ「――ようこそ、現世の端へ。 心と霊の世界へ。 夢も希望もない、深淵へ」('A`)(゚‐ ゚川


違和が始まる予感がした。
いつものように。 愉しくて、虚しくて。
生の中で死を感じて、死を暴いて安堵を得る。
虚脱感の中に充足感を感じるような、そんな曖昧な灰色の時間。
  _  
( ゚∀゚)「ごめんな。 でも、ちゃんと悼むから。 ちゃんと、愉しむから」
  _  
( ゚∀゚)「……あんたの、死も、この、異聞録も」


  _  
( ゚∀゚)まちの異聞録のようです

俺が霊能力者になったら公開!!

673 名も無きAAのようです :2013/09/11(水) 20:10:27 ID:StqsZ6XgO
( ´∀`)「今日は鉄サソリと戦ってもらうモナ」

('A`)「はい、俺死んだ」

( ´∀`)「毒針は切ってあるから安心して行ってくるモナ!」

( ´∀`)┌┛Σ( ゚A゚)ドン

三三(ノ  )ノ ズザー

('A`#)「何すんだこのジジイ!」

( ´∀`)「ジジイじゃないモナ。まだピチピチの60代モナ」

('A`#)「棺桶に片足突っ込んだジジイじゃねーか!」

( ´∀`)「うっせ!この短小童貞が!」

('A`#)「はぁ?童貞は世界の宝だって知らねーのか?」

( ´∀`)σ「そんな宝腐ってもげちまえ!…そんな事より後ろを見るモナ」

ミ(#'A`)「あ?」クル

(;゚A゚)そ   (鉄サソリ)三三ダダダダダ

674 名も無きAAのようです :2013/09/11(水) 20:11:07 ID:StqsZ6XgO
( ´∀`)「行け!サソリ!ドクオの宝をちょんぎっちまえ!」

(#'A`)っ┫ニフ「クッ!後で覚えてろよ!」ジャキン

(鉄サソリ)「ギシャァァァァ!」ブン ブン

三( 'A`)三「そんな大降りな攻撃が当たるかよ!」サッサッ

       ミ
三三( 'A`)っ┫ニフ「とう!」

カキン

(;'A`)「硬っ!」

( ´∀`)「当たり前モナ。今のドクオじゃあ鉄サソリは切れないモナ」

(;'A`)「じゃあどうやってコイツを倒すんだよ!」

( ´∀`)「自分で考えるモナ」

(;'A`)「チッ!」

675 名も無きAAのようです :2013/09/11(水) 20:11:48 ID:StqsZ6XgO
(鉄サソリ)「シャアァァァァ!」ブン ブン

三(;'A`)三(どこだ、どこを狙えば……!!そうか!!」サッサッ

三( 'A`)三「皮がダメなら…」サッサッ

       ミ
三三(#'A`)っ┫ニフ「繋ぎ目だ!」ブン












キン

(;'A`)「硬っ!」

( ´∀`)σ「ブヒャハハハwwwwwやると思ったモナwwwww」

676 名も無きAAのようです :2013/09/11(水) 20:12:26 ID:StqsZ6XgO
(#'A`)「クソジジイが!」

(鉄サソリ)「グアァァァァァ!」ブン ブン

三(#'A`)三(クッ、どこを狙えばいいんだ…」サッサッ

( ´∀`)「敵の全体を良くみるモナ。この世の全てのモノには弱所があるモナ」

(;'A`)「またソレかよ!」

( ´∀`)「コレが全てモナ」
(;'A`)(…全てをみるか…)

(敵サソリ) ジリジリ

(;'A`)(体は駄目。繋ぎ目も駄目。尻尾…も無理か」

(;'A`)(後はハサミ…は無理だから……頭か……!!そうか!!)

677 名も無きAAのようです :2013/09/11(水) 20:14:05 ID:StqsZ6XgO
(鉄サソリ)三三「ぐわぁぁぁぁぁ!!」ダダダダダ

( 'A`)っ┫ニフ「これで決める!」チャキ

(鉄サソリ)「ギシャァァァァ!!!」ブン

三三(#'A`)っ┫ニフ「でりゃぁぁぁ!!!」














(-@∀@)「番組の途中ですが臨時ニュースをお伝えします」





(-@∀@)臨時ニュースのようです

678 名も無きAAのようです :2013/09/11(水) 20:17:03 ID:StqsZ6XgO
余は満足じゃ

679 名も無きAAのようです :2013/09/11(水) 20:17:11 ID:aalgYYMU0
えっなにそれ?は?

680 名も無きAAのようです :2013/09/11(水) 20:24:15 ID:mD1yOyqs0
これは、卑怯過ぎるわ・・・思わず吹き出しちまった

681 名も無きAAのようです :2013/09/11(水) 20:30:22 ID:YLJDZUPw0
クソワロタwww

682 名も無きAAのようです :2013/09/11(水) 20:37:17 ID:fFRD4C6k0
ほう…
ネタ切れとの戦いになりそうだけど、連載して欲しい!

683 7レスほど嘘予告 :2013/09/12(木) 21:22:59 ID:xkLt5K2A0
川 ゚ 〜゚) )) モムモム

川 ゚ 〜゚) )) 「お。これ美味しいぞ」

(  ゚¥゚)「そうですか。それは良かった」

川 ゚ 〜゚)つ⇒「ホラ、一口」 アーン

(  ゚¥゚)) 「どれどれ」 ハム

(  ゚¥゚))) モフモフ

(  ゚¥゚)「あ、ホントだ。甘さ控えめでなかなか」

川 ゚ -゚)「だろう。あ、それも一口もらえるか?」

(  ゚¥゚)つ⇒「勿論。はい、どーぞ」 アーン

川 ゚ 〜゚)) 「んー」 ハム.

ξ゚⊿゚)ξ

( ^ω^)

川*゚ ,〜゚) )) <アーコレ甘〜イ

(;  ゚¥゚)<アーモウホラホラ、垂レテル垂レテル!

ξ゚⊿゚)ξ

ξ゚⊿゚)ξ「……ねえ。あの二人ってさ」

( ^ω^)「うん」

ξ゚⊿゚)ξ「付き合って」

( ^ω^)「ないお」
 _,
ξ゚⊿゚)ξ「……解せぬ…」
  _,
( ^ω^)「……解せぬなァ…」


(  ゚¥゚)は川 ゚ -゚)の"幼馴染み"のようです

684 名も無きAAのようです :2013/09/12(木) 21:24:10 ID:xkLt5K2A0
Q:後輩・偽モナーについてどう思ってるの?

ξ゚⊿゚)ξっP

川 ゚ -゚)「ん?あいつか?そうだなぁ、気の合う奴だよ。話しやすくて好きだ」

Q:「好き」というのはつまりどういう意味?

ξ゚⊿゚)ξっP

川 ゚ -゚)「どう、って……相棒的な意味で、とか、親友的な意味で、とかかな」

Q:「ラブ」じゃなくて「ライク」という事ですか?

ξ゚⊿゚)ξっP

川 ゚ -゚)「無論。幼馴染み、という意味では確かに仲は良いが」

川 ゚ ー゚)「恋愛に発展する事はあり得ないよ。多分あいつもそう思っているだろうし」

ξ゚⊿゚)ξっP

 _,
ξ゚⊿゚)ξっP 「解せぬ」

川 ゚ -゚)「?」

685 名も無きAAのようです :2013/09/12(木) 21:24:59 ID:xkLt5K2A0
Q:先輩・素直クールについてどう思ってる?

( ^ω^)っP

(  ゚¥゚)「どう、って……まぁ、趣味が合う人だよ。話してて楽しいから好きだな」

Q:「好き」というのはつまりどういう意味だお?

( ^ω^)っP

(; ゚¥゚)「あぁ?そりゃ、そのまんまの意味だよ。好きとか嫌いとかの『好き』だ」

Q:「ラブ」じゃなくて「ライク」って事かお?

( ^ω^)っP

(; ゚¥゚)「『ライク』の方に決まってるだろ。確かに幼馴染み同士で仲は良く見えるかもしれないけどさ」

(  ゚¥゚)「"友達以上恋愛以下"ってところかね。多分先輩もおんなじ事考えるんじゃねェか?」

( ^ω^)っP

  _,
( ^ω^)「これで付き合ってないとか死ねばいいのに」 ボソッ
    コキ.
(# ^¥^)o} 「あ゛?今何つッた?」 表出ルカ? ン?

(; ゚ω゚)「なんにも言ってませんお!」

686 名も無きAAのようです :2013/09/12(木) 21:25:51 ID:xkLt5K2A0
―――――――――――――
ワイワイ  ガヤガヤ

川 ゚ -゚)ノシ「あ、おーい偽モナー。一緒に学食行かないか?」

(; ゚¥゚)「あー、いや、俺は購買行くんで……」

川 ゚ -゚)「まさかまた焼きそばパンとかで済ますつもりじゃなかろうな」

Σ(; ゚¥゚)「うぐ」
  _,
川 ゚ -゚)「駄目駄目。お前最近栄養バランス偏りすぎ。ちょっと一緒に来い」 グイグイ

<; ¥ )))) 「ちょ、ほっぺ引っ張るの止めてくださ…アイタタタタタ」  ズズズ...


(´・ω・`)

( ^ω^)

ホラ サッサト来イ. (゚- ゚ 川っ<;  ¥ ) ))) イタイ! セメテ腕ニシテ!

(´・ω・`)「……ねぇブーン。あの二人って幼馴染みじゃなかったっけ」

( ^ω^)「そうだお」

(´・ω・`)「偽モナーって前までクー先輩に敬語なんて使ってなかった気がするけど」

( ^ω^)

( ^ω^)「うん」

687 名も無きAAのようです :2013/09/12(木) 21:26:35 ID:xkLt5K2A0
―――――――――――――
川 ゚ -゚)「なぁ偽モナー」

(  ゚¥゚)「なんですか」

川 ゚ -゚)「同性愛者の恋は、実ると思うか?」

(  ゚¥゚)

川;゚ -゚)「その――な、内緒だぞッ!?」

(  ゚¥゚)

川;>-<)「私な、私――ツンの事が…ツンが……」

(  ゚¥゚)「知ってます」

Σ川;゚ -゚)「え」

( -¥-)「知ってますよ」


――『知ってましたよ』

688 名も無きAAのようです :2013/09/12(木) 21:27:15 ID:xkLt5K2A0
『貴方が恋をしている事も、』
『可憐なあの子をいつも見ている事も、』
『とっくに気付いていましたよ』

(  ゚¥゚)「先輩の恋がどうなるかなんて、俺には分かりません」

川;゚ -゚)

川 。 。)、「そ、そう――そうだよな……」

(  ゚¥゚)「でも」
     ,
川;゚ -゚) `

(  ゚¥゚)「先輩が本当にツンちゃんを好いているなら――本気で恋愛してるってんなら」

(  ^¥^)「"幼馴染みとして"、俺は先輩の恋路を応援しますよ」

『俺を、』
『俺の事を、"友達として"好いてくれている事も』

川;゚ -゚)「――あ、」

川*; -;)「あ、ありっ、ありが、とう」

川 つ-;)「ありがとう、な……偽モナ………ありがと……」

(  ゚¥゚)

( -¥-)

『もう、だーいぶ前からちゃあんと知っていましたよ』

689 名も無きAAのようです :2013/09/12(木) 21:28:18 ID:xkLt5K2A0
ξ^⊿^)ξ キ

川*゚ -゚) キ

(  ゚¥゚)

『いつからだったっけなぁ』

( ノつ¥-) -3

『クーを異性として意識し始めたのは――』

( ノつ¥-)「……あー………」


「いてーなぁ。畜生」



――(  ゚¥゚)は川 ゚ -゚)の"幼馴染み"のようです

( ^ω^)P 「――近日、非公開――」


(; ゚¥゚)「お前さっきから何一人で喋ってんの」

+(^ω^ )P 「ナレーションごっこ」

(;´・ω・`)「……楽しい?それ」

(* ^ω^)「ちょー楽しい!」

690 名も無きAAのようです :2013/09/12(木) 21:40:17 ID:8uEnqEBk0
表情豊かでいいな

いいな!

691 名も無きAAのようです :2013/09/12(木) 23:51:49 ID:ykfZNdlIO
>>683>>689
おまえ、書く気満々だろ!

692 名も無きAAのようです :2013/09/15(日) 19:32:20 ID:I.wobihE0
>>683>>689
おいまさかこれで終わりなんてないよな!?

693 名も無きAAのようです :2013/09/15(日) 21:51:49 ID:QIDXjCHQ0
(自演くせぇ…)

694 名も無きAAのようです :2013/09/15(日) 23:38:58 ID:ir.OYWUs0
(おい、皆黙ってたんだから言ってやるなよ……)

695 名も無きAAのようです :2013/09/16(月) 02:36:53 ID:BAME8cxE0
( ´ー`)「ヘイセタンタ」

川 ゚ -゚)「あ、王様」

( ´ー`)「今からクランの館に行くんだけど、お前も来る?」

川 ゚ -゚)「え、あ、ちょ、今から私コート入りなんで、ちょい待ってて貰えませんか」

( ´ー`)「あー、じゃあ先行ってるわ。クランの館は分かるよな?」

川 ゚ -゚)「あのでっかいところですよね。分かります」

( ´ー`)「そうそうそこそこ。そんじゃあ勝ったらおいで」

川 ゚ -゚)「ういーっす」


川 ゚ -゚)「ふー、頑張ったらラケットブチ折れたけど勝てて良かった」

川 ゚ -゚)「えーっと、クランって確かあの金持ちの鍛冶屋だったよな。館はこっちのほう……」

川 ゚ -゚)「…………なんか門閉まってないかあれ」

<ワンワンワン!

川 ゚ -゚)「…………なんか犬放たれてないかあれ」

696 名も無きAAのようです :2013/09/16(月) 02:38:18 ID:BAME8cxE0



(’e’)「え、なに、子供が後から来る? え、マジすか」

( ´ー`)「マジマジ」

(’e’;)「ヤッベー! 番犬庭に放っちゃったじゃないっすか!!」

( ´ー`)「えマジで。あの番犬? 有名な?」

(’e’)「有名な」

(;´ー`)「……セタンタ死ぬ!!!」


 王が慌てて屋敷から飛び出すと、のたくるような血の匂いが鼻を突き刺した。
 まさか、と暗闇に目を凝らせば荒い獣の息が聞こえてくる。


(;´ー`)「セタンタ!!!」






川 ゚ -゚)「何ですか、王様」

697 名も無きAAのようです :2013/09/16(月) 02:40:34 ID:BAME8cxE0




 闇に慣れた瞳に映ったのは、頬に飛び散った赤い血を拭い落としている子供の姿だった。
 だらりと垂れさがった右手には、短い木の棒が握られ、その先からぽたりぽたりと地面に血の落ちる音がしている。
 王の後ろから様子を見ていたクランが悲鳴を上げた。

 鍛冶屋クランの番犬といえば、アルスターでも随一と言われる猛犬だ。
 彼がその手ずから塩にかけて育て上げた愛犬が、子供の足元でぐったりと血だまりの中に横たわっている。


川 ゚ -゚)「っていうか聞いてないですよ、何で私が行くって言ったのに門閉めて」

( ´ー`)「あの猛犬を倒したのか?! 一人で?!」

川 ゚ -゚)「ちょ、聞いてくださ」

( ´ー`)「さすがだ、さすがだセタンタ! 素晴らしい! お前はとんでもない戦士になるぞ!」

川 ゚ -゚)「いや、っていうかあの、何で門。もしかして忘れてたんじゃ」

( ´ー`)「祝いだ! 皆の者、祝いをするぞ!」

川 ゚ -゚)「ねぇちょっと」






ブーン系で読む!『炎の戦士 川 ゚ -゚)フーリン』のようです


実家に忘れて来た炎の戦士クーフーリンが朝起きたら枕元にそっと置いてあったら書く

698 名も無きAAのようです :2013/09/16(月) 04:28:51 ID:bq5/VZrEO
つ[エロ本]ソッ

699 名も無きAAのようです :2013/09/16(月) 07:04:21 ID:SoXXfkPE0
('A`)「……私は事実だけを話しました。」

『部下の偽川君は自分が撃った銃に撃たれた?そんな非現実的なことをSITの隊長でもある君が言うのかね!』

『おおかた、君が誤射して偽川君に命中させたんだろう!』

『もういい。この調査は捜査一課にまかせよう。鬱畑警部補、君には本日付けで』


『警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係に配属となる』

700 名も無きAAのようです :2013/09/16(月) 08:06:37 ID:SoXXfkPE0
('A`)(未詳……)  

聞いたことがある。捜査一課が手に負えない「特殊」な事件を捜査する部署らしい。超能力や心霊現象など科学では説明できない事件が担当だ。かなり胡散臭い。

('A`)(どうせ、頭のおかしい奴等のクレームをのらりくらりかわすだけだろう)

('A`)(そんな部署に左遷されたんだ。おれもおかしいと思われたに違いない。)





('A`)(ん、此処か。)

701 名も無きAAのようです :2013/09/16(月) 10:18:41 ID:SoXXfkPE0
( ^ω^)「ようこそ未詳へ。僕が係長の内藤だお」
('A`)「鬱畑警部補です。本日付けでこちらに配属となりました。」
( ^ω^)「では早速捜査に向かってもらうお。」 




( ^ω^)「君の部下、偽川君が自分の銃で撃たれた事件だお」

702 名も無きAAのようです :2013/09/16(月) 10:39:25 ID:SoXXfkPE0
( ^ω^)「数日前、不可解な殺人事件が発生していたのは知っているおね?」

('A`)「はい。男性の一瞬のうちに多数のナイフで貫かれた死体が発見されたとか。」

('A`)「ですが、偽川の件とどう関係が?」 

( ^ω^)「同一犯…それも[SPEC]を持つ人物かもしれないんだお」  

(;'A`)「す、SPEC?」

( ^ω^)「動物が進化したように、人間も常に進化し続けているお。その進化の末、超人的な力を偶然手にした人物がごく希にいるんだお。」

( ^ω^)「その力を我々は[SPEC]と呼んでいるお。」

703 名も無きAAのようです :2013/09/16(月) 10:46:08 ID:SoXXfkPE0
(;'A`)「それでは……その事件の犯人はどんな[SPEC]を持っていると考えているのですか?」 

( ^ω^)「おそらく……」 




( ^ω^)「時間を止める[SPEC]だお」

('A`)[SPEC]のようです

704 名も無きAAのようです :2013/09/16(月) 12:54:38 ID:IHlgO9V.0


本当の友達だと思っていたから、僕は君を許せない。

    
人質を見殺しにした警官
( ^ω^) 
 

結婚寸前に婚約者を殺された男
('A`)


事故によって選手生命を絶たれた男
( ・∀・)


小学五年生の一学期、いじめにあっていた男
(´・ω・`) 



過去を消したい男たちは同窓会で出会った。

そして、“謎の男”が提案した、

「記憶を消す薬」を盗み出す計画に参加する――。


それが、復讐劇の始まりとも知らずに。


riverのようです
(原作・鈴井貴之第2回監督作品「river」)


鮭の稚魚が成長して川を上ること

それは死を意味する

705 名も無きAAのようです :2013/09/16(月) 15:37:15 ID:ewCL1tZU0
>>704
なにこれ読みたい
ついでに原作未見だからそっちも気になる

706 名も無きAAのようです :2013/09/18(水) 13:41:31 ID:8rexgOx60
( ^ω^)「やられたらやり返す」

( ^ω^)「倍返しだ!」

文沢直樹のようです

707 名も無きAAのようです :2013/09/18(水) 19:08:12 ID:2vQbBBtQ0
やっつけすぎワロタ

708 名も無きAAのようです :2013/09/19(木) 21:38:48 ID:3nngcwno0

「つまんないモナ」

「そうだお。その眉毛剃ればいいんだお!」

「ごん太眉のせいでイケメンwが台無しだぜw」

「流石だな俺たち」

「いきなり抵抗し始めたぞゴルァ」

「悪いのはにーちゃんなんです」

「ニダニダ。そーれジョーリジョルジョル」


( ∀)


('A`)「ぶ…ブーン……おま、お前」

  _
( ^ω^)ノ「どうしたんだお?」

  _
('∀`)9m「まwゆwwげwww」

.

709 名も無きAAのようです :2013/09/19(木) 21:44:36 ID:3nngcwno0
  _
ζ(゚ー゚;ζ『一晩で眉毛が街のトレンドとなってしまったとでもいうのでしょうか!?』
  _
从 ゚∀从『これは奇病か、呪いか、かみの悪戯か』
  _
( ФωФ)『今わかっているのは、あの街にいけばいずれ眉毛が発毛する。それだけである』
 _
ξ;⊿;)ξ「こんなのいやぁあああ!」

(#・∀・)「お前らのせいでジョルジュは!」
  _
( ´∀`)「にあうモナ?」
  _
('、`;川「こんな形で派手になっても嬉しくないわ!」
 _
(;><)「ひぃい! ついに生えてきたんです!」
 _  _
(´;ω;`)「どれが目かわからないじゃないか!!」
  _ _
川;゚ -゚)「増殖……だと?」
  _ _
(,,;゚Д゚)「ジョルジュが変わっちまったのは、これを止めるためだった…っていうのかゴルァ」
.

710 名も無きAAのようです :2013/09/19(木) 21:51:34 ID:3nngcwno0
  _ _
<;`∀´>「街が封鎖されたニダ!」
 _ _
( ゚∋゚)「彼は自ら眉毛【カルマ】を背負うことで、終焉【エンドレス】をその身に封じていたのだ」
 _  _
(゚、゚;トソン「剃刀が割れた……!?」
 __
( ´_ゝ`)「OK。全て繋がったな弟者」
 __
(´<_` )「ときに兄者、それは事件のことか? 眉毛のことか?」


( う∀;)o彡゜「僕に眉毛が生えないのは、ジョルジュが帰ってくる可能性だって…

          …信じているんだからな!」



( ∀)「あ…」

( ゚∀)「あひゃッ…」

( ゚∀。)「あひゃひゃひゃひゃひゃヒャヒャひゃひゃひゃあひゃヒャひゃ



  _
( ゚∀゚)MAYUGEのようです



仕事中に思いついて困った。
眉毛がずれるのがこわいので、公開予定はないんだからな!

711 名も無きAAのようです :2013/09/19(木) 21:55:02 ID:BFe.Nd5E0
繋がり眉毛の表現が秀逸wwww

712 名も無きAAのようです :2013/09/19(木) 23:59:06 ID:.9qgsCEkO
御金の龍のようです
(元ネタ マネーの虎)

(´・_ゝ・`)「番組をご覧の皆さん、こんばんは」


(´・_ゝ・`)「司会の盛岡デミタスです」


(´・_ゝ・`)「これは、一般の方が目的のためにお金を起業家達……『龍』から出資してもらうバラエティー番組となっております」


(´・_ゝ・`)「志願者の目標金額に達すればマネー成立、一円でも足りなければマネー不成立と、非常にシビアな内容」

713 名も無きAAのようです :2013/09/19(木) 23:59:47 ID:.9qgsCEkO
(´・_ゝ・`)「しかし、志願者は後を断ちません。今宵も、龍に挑む勇者達が、その宝を狙うように」


(´‐_ゝ・`)「喰らいつきます」


オープニング


タイトルコール→橘れ○ん「御金の龍」

714 名も無きAAのようです :2013/09/20(金) 00:00:36 ID:lDwU2TrAO
〜〜〜


('A`)「ちっす」


ナレーション<その男は、勇者などではなかった。


(# `ω´)「なんだ、その態度は!?」


《株式会社ホライゾン 代表取締役 内藤文太郎 年商20億》


('A`)「いいから、出してくださいよ」


ナレーション<男は、風貌に似合わず、ふてぶてしく、傲慢で。


ζ(゚ー゚;*ζ「あなた、何しにここにきたの?」


《株式会社デーレ 代表取締役社長 津出レイ 年商15億》


('A`)「金だしてもらいに来たにきまってんだろ。さっさと俺に投資しろクソアマ」


ナレーション<尊大な態度をとる魔王のような男だった。

715 名も無きAAのようです :2013/09/20(金) 00:01:48 ID:lDwU2TrAO
(;´・ω・`)「わ、わかりました、真面目に話しましょう。あなたの希望には事業計画書はおろか、資金計画すらない。これで、よく来れた……いや、よくスタッフが通しましたね……!」


《KSMSカンパニー CEO(最高経営責任者) ショ・ボーン 年商非公開》


('∀`)「スタッフ?ああ、顔パス顔パス。俺ってデキる大人に見えるから。つか、計画書だ?んなもんいらねぇだろ、ほら、出せよ」


(;´・ω・`)(いくら必要ないといっても、なぁ……)


ナレーション<しかし──


川д川「私、出すわ」


《井戸屋 社長 戸井貞子 年商30億》

716 名も無きAAのようです :2013/09/20(金) 00:02:42 ID:lDwU2TrAO
ナレーション<一人の龍が金を出したとき、状況は変わる。


('、`*川「あなた、大した男ねぇ……」


《株式会社ペニサス 社長 伊藤さす子 年商60億》


('∀`)「えへへ」


ナレーション<事実、この魔を体現した男が。


( ・∀・)「俺も出すよ」


《八百屋経営 店主 茂良野しげる 年商5億》


('A`)「おせぇよ、バカ野郎。最初から出しときゃいいんだよ」


ナレーション<龍たちの宝を奪う。

717 名も無きAAのようです :2013/09/20(金) 00:03:32 ID:lDwU2TrAO
('A`)「さぁ、後はあんただけだ。内藤さん。ほら、とっとと出しちまえよ。ま、だせねぇなら他の奴からもらうからいいけどな。」

('A`)「ただし……後悔すんぞ」


(; ^ω^)「……」


<始まりから終わりまで、出すのか、出さないのか――ではない。


( A )「――――を希望します」


<足りるのか、足りないのか!開幕早々、志願者が最初に放ったその金額に、龍たちは動揺する。

718 名も無きAAのようです :2013/09/20(金) 00:05:52 ID:lDwU2TrAO
(´・ι_・`)「いくらを……希望しますか」


《俳優 盛岡デミタス》


('A`)「1700円を希望します」


《美府中学校二年B組 宇都宮ドクオ》


ナレーション<では、その一部始終を見よ!!



・既にありそうなネタだと思いますが、無類の○○好き盛岡というセリフがちゃんと思いついたら、社長達の業種とかも決めて公開します。まぁ無理でしょう。

719 名も無きAAのようです :2013/09/20(金) 00:40:06 ID:Wg0ssBjE0
N| "゚'` {"゚`lリ「…秋だな、ショボンよ」

(´・ω・`)「いきなり何?ちょっと今中国産の極太マツタケをケツに挿入するのでいそがsああああああああああああああああああああああああああああああイクウウウウウウウウウウウウウウ!!!」

N| "゚'` {"゚`lリ「相変わらず罰当たりなプレイをするじゃないの…」

(´・ω・`)「で、秋がなんだって?」ドピュドピュ

N| "゚'` {"゚`lリ「ああ、折角だから秋らしいことをしようと思ってな」

(´・ω・`)「じゃあ、僕と一緒に秋の幸逆レイププレイしようよ。次はこの毬栗を挿入るんdあああああああああああああああああああああああああああああああ死んじゃうのおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」ドッピュウウウウウウウウウウ!!!!

N| "゚'` {"゚`lリ「いや、俺は食べ物をレイプする派なんでな…遠慮しておくぜ」

(´・ω・`) ビクンビクン

N|;"゚'` {"゚`lリ「お、おいショボン、どうし…」


(´・ω・`)


N|;"゚'` {"゚`lリ「し、死んでる…」



『N| "゚'` {"゚`lリ愛する男が死にました。だから私はチン拓を取るようです」

720 名も無きAAのようです :2013/09/21(土) 16:20:24 ID:Dk6aEsuQO
――演劇部部室――

(・∀ ・)「ちょっと全員来てくれ。」

(゚、゚トソン「なんですか?」

( ゚д゚ )「なんだ?」

ハハ ロ -ロ)ハ「ナニナニ?」

(・∀ ・)「よし、全員来たな、王様ゲームやろうぜ。」

( ゚д゚ )「何でだよ。」

(・∀ ・)「暇だから。」

(゚、゚トソン「それより新入生部員を集めてくださいよ。」

(・∀ ・)「面倒くさいからヤダ。」

( ゚д゚ )「ガキかお前は。」

ハハ*ロ -ロ)ハ「ソレヨリ、ハヤクオウサマゲームヤリマショウ!」

(・∀ ・)「おっ、ハローさん分かるねえ。」

( ゚д゚ )「急に老けたな。お前。」

(゚、゚トソン「はぁ…分かりました。数回だけですよ?」

(・∀ ・)「流石はトソン!」

( ゚д゚ )「いいのか?」

(゚、゚トソン「もうさっさと終わらせて新入生部員を集めてもらいましょう。」

( ゚д゚ )「…それもそうだな。分かったよ。」

(・∀ ・)「おし、じゃあ始めるぞー!」

721 名も無きAAのようです :2013/09/21(土) 16:21:06 ID:Dk6aEsuQO
――演劇部前廊下――

/ ゚、。 /「ここが…演劇部だね…」

/ ゚、。;/「すごいドキドキしてきた…優しい人達だといいな…」

/ ゚、。 /つ|ガラッ「失礼しまー…」

(・∀ ・)←上半身裸+スカート+手に靴下装備

( ゚д゚ )←亀甲縛り+ピエロの鼻

(゚、゚トソン←首輪+素足

ハハ ロ -ロ)ハ←変化なし

/ ゚、。 /つ|ガララッ「…したー。」

(;・∀ ・)( ゚д゚;)(゚、゚;トソン「「「待ってええええええ!」」」


/ ゚、。 /えげつなく緩い演劇部に入ってしまったようです

722 名も無きAAのようです :2013/09/22(日) 20:47:59 ID:xS63SndE0
なぜ自分だけ主人公ではないのか。
この事実はいつだって自分を苦しめてきた。
周りは非日常的なことで溢れているのに、自分はそれに参加することさえ許されない。
なぜ自分は....

「('A`)ドクオはモブキャラのようです」

周りは主人公ばかりで自分の居場所なんてなかった。

723 名も無きAAのようです :2013/09/22(日) 21:57:13 ID:InRkn8a6O
( ・∀・)「どうしよう」

( ・∀・)

( ・∀・)

( ・∀・)「冤罪で捕まった」

( ・∀・)「俺が人殺したらしい」

( ・∀・)「ハハッ、ワロス」

( ・∀・)

( ・∀・)

( ・∀・)「まじどうしよう…」


( ・∀・)刑務所は案外快適なようです

724 名も無きAAのようです :2013/09/22(日) 22:13:33 ID:2vHiUrhI0
最近の刑務所はマジで居心地いいらしいからな

725 名も無きAAのようです :2013/09/22(日) 22:25:25 ID:YGXYUVBc0
ノルウェーのハルデン刑務所に半年くらい投獄されるのが夢

ハルデン刑務所参考URL
http://gigazine.net/news/20100512_luxurious_prison/
http://karapaia.livedoor.biz/archives/51691811.html

726 名も無きAAのようです :2013/09/22(日) 23:00:54 ID:InRkn8a6O
>>725
日本もこうだったらな…

727 名も無きAAのようです :2013/09/22(日) 23:35:56 ID:RlMqRFqk0
日本もかなり水準高いと思うが
禁固刑なら尚更

728 名も無きAAのようです :2013/09/23(月) 01:01:47 ID:pcOeU70cO
ζ(゚ー゚*ζ「ねえ。」

ζ(゚ー゚*ζ「私はどうして一人なの?」

ζ(゚ー゚*ζ「私はずっと一人なの?」

ζ(゚ー゚*ζ「これからもずっと一人なの?」

ζ(゚ー゚*ζ「ねえ。」

ζ(゚ー゚*ζ「答えてよ。」

('、`*川「知らんがな」

ζ(゚ー゚*;ζ「! ! ?」

('、`*川「それにしても結構痛いわね…一人で部屋の隅に向かって話しかけてるのは…」

ζ(゚ー゚*;ζ「いつ入ってきた!?どうやって入ってきた!?そもそもあんた誰!?」

('、`*川「そんな事どうでもいいわよ。カップ麺で1分1秒気にするレベルでどうでもいいわよ。」

ζ(゚ー゚*;ζ「よくないき!おまはんなんばしよっとるかわかっとん!?」

('、`*;川「あんた方言滅茶苦茶よ…まあいいや。さて…」

('、`*川「あんたちょっと時間ある?」

ζ(゚ー゚*;ζ「は!?ちょっと待って!話が急すぎるんだけど!?」

('、`*川「はいはい、分かった分かった。とりあえずそこのコンビニまで歩いて片道5分ってとこかな?」

ζ(゚ー゚*;ζ「全然分かってないじゃん!」

('、`*川「はいはい、靴履いて。まったくこの子はもー。」

ζ(゚ー゚*;ζ「おかんか!もっかい言うよ!おかんか!」

('、`*川「じゃ、コンビニへ歩いてる5分間で…」

('、`*川「あんたの話、聞いてあげるわ。」


('、`*川散歩がてら、話しましょうのようです

729 名も無きAAのようです :2013/09/23(月) 01:18:00 ID:kYbU83RcO
( ^ω^)「やっぱりパンはパスコだお!」

ξ゚⊿゚)ξ「はぁ? 天下のヤマザキ舐めるんじゃないわよ」

( ^ω^)「なに言ってんだお!
      クマーの学校がデザインされたチョコスティックはかわいいし、最高だお!」

ξ゚⊿゚)ξ「パサパサして飽きるじゃない。第一、規模が違うわよ。」

( '・ω・`)「ふっ…君達はわかっちゃいないな。」

ξ゚⊿゚)ξ「え?」

( ^ω^)「お?」

( '・ω・`)+「手作りのパンが一番ウマイに決まってるだろう?」

( ^ω^)「…」
ξ゚⊿゚)ξ「……」


没。

730 名も無きAAのようです :2013/09/23(月) 01:35:46 ID:kYbU83RcO
( ' ω `)「………」

(;^ω^)「ツンの平手打ちで、ショボンの顔がパンみたいになってるお…」

ξ゚⊿゚)ξ「…」 コキッコキッ

(;^ω^)「無言で見ながら拳を鳴らさないでくれお…
      か、帰りに、ヤマザキのパン買うから…」

ξ゚⊿゚)ξ「許す。」



ξ゚⊿゚)ξ第一次パン大戦争のようです(^ω^;)

731 名も無きAAのようです :2013/09/23(月) 01:46:12 ID:LiqtuhGMO
>>730 
書けそうじゃないか、頑張ってほしい 
俺の地方にはリョーユーパンとか池田パンというメーカーもある

732 名も無きAAのようです :2013/09/23(月) 07:23:33 ID:txW1pneU0
ご当地パンを出しても面白いかもな。マンハッタンとか。
コノヘンニパスコアンマリウッテナイ

733 名も無きAAのようです :2013/09/23(月) 08:05:25 ID:0abb4dBQ0
>>731-732
>>730だが、ご当地パンという発想がそもそも無かった…orz
投下中のアレを、書き溜めるのに疲れたら書こうかと思ってた

というかショボンの顔間違えてて自分でワロタ
やっぱ携帯はだめだな

734 名も無きAAのようです :2013/09/23(月) 13:02:09 ID:ZLYdMIIg0
『艦長!奴らは我々を裏切りました!』

『落ち着け』

『あぁ、もうダメだ……!奴のベア・ムーン砲はフランスまで届く……逃げようがない!おしまいだ!』

『艦長、私には妻と娘が居ます!こんな所で死にたくない……総員退避の許可を!』

『落ち着けと言っている』

『ベア・ムーン砲、エネルギー充填開始した模様!最終確認、ターゲットは我々です!』

『も、もう嫌だ!俺は逃げる!艦長、邪魔するならあんたを……』

『落ち着けと言っているのが分からんのかァッ!!』

『ヒッ』

『……予測充填率、10、15、20……』

735 名も無きAAのようです :2013/09/23(月) 13:10:51 ID:ZLYdMIIg0
『……確かにこの艦には、食糧輸送艦としての機能しか存在しない』

『だがそれはあくまで表向きだ』

『……え?』

『……30、35、40……』

『《弑逆駆逐県艦 かごしま》』

『それがこの艦《食糧輸送県艦 かごしま》の本当の名前だ』

『『!』』

『艦長の名において実行。裏コマンド、《カイモンダケ》』

ピピピピ
  ピピピピ
    ピピピピ
      ピピピピ 

キン

【承認】

736 名も無きAAのようです :2013/09/23(月) 13:21:57 ID:ZLYdMIIg0
『目標は《強襲駆逐県艦 くまもと》!』

『な、なんだこれ……知らないぞ、こんな機能……』

『艦長、これは……?』

『ぜっ、全乗組員に告ぐ!対ショック姿勢をとれ!』

『猫島。敵艦武装エネルギー充填率の報告を』

『……はっ、はい……85……90……』

『もうすぐか』

『95、100!ベア・ムーン砲来ます!』

『こ、このままだと直撃』

『はっ、発射来ました!』

『アッシュフィールド展開』

【承認】

…………ギャギャギャギャギャ

ギャリリリリギリギリリリリガギギギギ……!!!!

737 名も無きAAのようです :2013/09/23(月) 13:33:30 ID:ZLYdMIIg0
『……あ、れ……』

『来ない……?』

『いや、そんなはずは……けど何の衝撃もないぞ?』

『《粉末状かく乱防衛壁 アッシュフィールド》』

『アッシュフィールド……?』

『これによりベア・ムーン砲の衝撃を全方向に拡散、そして吸収した』

『なっ……!』

『行くぞかごしま。奴を確実に沈めろ』

【御意】

『桜島、てえーっ!』

ドッ……ドッ……ドッドッドッドッドッドッドドドドドド!!!!

カッ……

738 名も無きAAのようです :2013/09/23(月) 13:45:57 ID:ZLYdMIIg0
『……目標、かっ、完全に、沈黙』


   / ,' 3機動県艦かごしまのようです


ボツ理由
・熊本の人に怒られそう
・他の県の事を勉強しないといけない
・北海道とかマクロスみたいなことになりそう
・東京とかファンネル使いそう
・そもそもAAの配役が難しそう
・鹿児島が嫌われそう
・そもそも描写がそこまで上手くなかった
・沖縄とか呪術使ってきそうなイメージ
・こういう話に今の福島を出すのはあまりに不謹慎ではないかと
・香川の主砲がうどん砲とかいうふざけた事になりそうだから
・そもそも鹿児島はそこまで強くない

739 名も無きAAのようです :2013/09/23(月) 14:12:38 ID:pcOeU70cO
>>738
お願いします。書いてください。

740 名も無きAAのようです :2013/09/23(月) 14:55:26 ID:LiqtuhGMO
熊本民だけど別に怒らんぞ、ただ佐賀には勝つシナリオにしてくれ

741 名も無きAAのようです :2013/09/23(月) 15:18:44 ID:9G3XXthk0
宮崎をライバルにしてくれ

742 名も無きAAのようです :2013/09/23(月) 15:40:59 ID:LgnrKBHk0
兵庫は日本一ィィィィィィィィ!!!!

743 名も無きAAのようです :2013/09/23(月) 15:55:54 ID:VxCkNPGY0
大阪民国が誇る衛星兵器『でんがなまんがな』を使用する時が来たな・・・

744 名も無きAAのようです :2013/09/23(月) 16:18:59 ID:mp6gVLUY0
さ、桜島噴火したら強いから……

745 名も無きAAのようです :2013/09/23(月) 16:32:20 ID:jMDAzPXg0
>>740
クッソワロタ お前ら仲良くしろww

746 名も無きAAのようです :2013/09/23(月) 16:38:47 ID:vUaWlEiw0
じゃあ西日本勢が内紛で弱体化したところを速やかに東日本を平定した我が大新潟帝国がサクッと併合させて頂こうか

747 名も無きAAのようです :2013/09/23(月) 16:58:01 ID:d40Kb8Ho0
滋賀は最初から大穴開けて大破してんのな

748 名も無きAAのようです :2013/09/23(月) 17:26:24 ID:pcOeU70cO
>>747
ドーナツ型の戦艦じゃね?

749 名も無きAAのようです :2013/09/23(月) 19:48:42 ID:h6qXjKEo0
>>738
書いてくださいお願いします

750 名も無きAAのようです :2013/09/23(月) 22:58:58 ID:kYbU83RcO
>>749

( ^ω^)「無理強いはいくないお」

ξ;゚⊿゚)ξ「こら、勝手に割り込まない!」

( ^ω^)「言い出しっぺの法則」

ξ;゚⊿゚)ξ「あんたが言えたことか!」

( ^ω^)「はーいパソコンの前に座ってー」

( ^ω^)「パソコンの電源ぽちっと押してー」

( ^ω^)「起動したらメモ帳ひらいてー」

ξ;゚⊿゚)ξ「無理強いイクナイとか言いながら書かせないの!」

751 名も無きAAのようです :2013/09/24(火) 01:22:32 ID:OppJN/mM0
( ・∀・)「何が欲しい?」

( ^ω^)「圧倒的勝利」

('A`)「永遠の孤独」

ξ゚撿゚)ξ「終わらない恋」

川 ゚ -゚)「人を愛する心」

( ー∀ー)「実に人間的だ」

( ・∀・)「勝者には与えよう!望みのモノを!」

近日公開!!!!!!!!

752 名も無きAAのようです :2013/09/24(火) 02:48:59 ID:OuuCWGkoO
('A`)「あー…やべ、借りた五万が底をついちまったよ。」

彼は、鬱田ドクオ(29)
現在のVIP国の人口1億5000万人の一人である。

('A`)「もう、売れるようなもんなんてねーよ…」

彼は俗に言うホームレスをしている。
これでも彼はニューソク私立中学という昔も今も名門とされる中学を卒業しているのだ。
もっとも、中学卒業が彼の最終学歴なのだが。

('A`)「はぁ…まともに学校の授業受けてればこうはならなかったのかもな…」

彼の父親は彼が物心つく前に亡くなっており、
女手一つで彼を育ててくれた母親も5年程前に全国的に広がった謎の疫病で亡くなっている。

753 名も無きAAのようです :2013/09/24(火) 02:49:42 ID:OuuCWGkoO
('A`)「何か売れるようなもんなんて落ちてないかな…」

彼はこれで小金を稼いでいる。しかし、そう簡単に価値のある物など見つかりはしない。
このVIP国では4年前から貧富の差が激しくなっている。
ドクオが居る土地は『病める土地』とまで言われ、物が落ちれば愚者が群がるとさえ言われている。
そんな土地でドクオが生きていけたのは奇跡に近いだろう。

('A`)「ん?なんだこれ?」

そして、またも奇跡が起こった。

754 名も無きAAのようです :2013/09/24(火) 02:51:14 ID:OuuCWGkoO
木で彫られた時計を拾ったのだ。

('∀`)「かなり精巧に作られている…少なくとも今晩の飯にはありつけそうだ…!」

しかし、こんな時計をなぜ誰も拾わなかったのだろうか?
ドクオは悩んだ。が、『ただ気づかなかったのだろう』
すぐに彼はそう自己完結させた。

('A`)「さて…ギコさんの所にでも売りに行くか…」

ドクオは何気なしに時計をもう一度見直した。
すると、彼が自分自身の目を疑うような光景が映し出された。

755 名も無きAAのようです :2013/09/24(火) 02:52:06 ID:OuuCWGkoO
(;'A`)「時計の針が…回っている!?」

信じられないことに時計の針はグルグルと猛スピードで左に回っていたのだ。

(;'A`)「うわぁっ!」

ドクオは時計を投げ捨て、逃げてゆく。
しかし、針はグルグルグルグル回転し続け…

ピタリ、と止まった。
そして、時計は光を放った。
ドクオは光の中へ包まれて、そのまま消え去った。
空っぽの財布だけを残して…

756 名も無きAAのようです :2013/09/24(火) 02:53:26 ID:OuuCWGkoO
(;'A`)「は?なんだここ?」

開口一番、彼の口から出たのは疑問の言葉であった。
しかし、そんな事を言いながらも、頭の中ではここがどこなのか分かっていた。

(;'A`)(俺の家だ…)

なぜここにいるのか、どうしてここにいるのか、どうやってここに来たのか、その全てを考えようとした時、

J( 'ー`)し「ほら、ドクオ。起きなさい。」

(;'A`)「カ、カーチャン!?」

J( 'ー`)し「あら、起きてるじゃないの。珍しい事もあるわね。まあ、中学2年生になるんだものね…今日入学式でしょ?遅れちゃだめよ?」

もう、何が何だか分からなかった。
しかし、分かったことが2つある。
1つ目は彼は中学2年生の入学式の日に戻ってきているのだ。
そして、2つ目は。

(;'A`)(この会話…中2の入学式の時にしたよな…)

(;'A`)(という事は…俺は夢を見てるか…或いは)

(;'A`)(時を遡ったのか!?)

まったくもって有り得ない話だが今の彼にはそうとしか考えられなかった。
そして、それと同時にある事を決意した。

757 名も無きAAのようです :2013/09/24(火) 02:54:26 ID:OuuCWGkoO
('A`)(面白いじゃねーか…)

('A`)(あんな思いをするなんてもう絶対嫌だね…!)

('A`)(というわけで…!)

そして、彼は高らかに言い放った。

('A`)「疫病の原因を突き止め!カーチャンが死ぬ未来を避ける!」

そうそう、言い忘れていたが…

758 名も無きAAのようです :2013/09/24(火) 02:55:06 ID:OuuCWGkoO
('A`)(だって働くの面倒臭いし)

彼は下衆である。


('A`)は働きたくないので疫病に立ち向かうようです。

759 名も無きAAのようです :2013/09/24(火) 03:05:09 ID:OXPruGogO
>>751 
>近日公開!!!!!!!! 
 
自分で書いたんだからな、ちなみに近日中とは大部分は3〜5日以内と受けとる

760 名も無きAAのようです :2013/09/24(火) 04:20:46 ID:O7awwDIQO
>>758
いいね…いいね!

761 名も無きAAのようです :2013/09/24(火) 04:23:15 ID:CK9JqiKQ0

気がついてしまった。

( ・∀・) ・・・俺は、何が誇れる?


いつもの賢者タイムのことだ。
いつもなら惰性でPCを触ることで乗り過ごしてきた。


( ・∀・) 昔から何もかも中途半端だった


何度も何度も考えた事。
ただ今日この時初めて、ソレに真正面からぶつかったような気がした。


( ・∀・) 不幸な境遇にも生まれず、運動も人並みにできたし
       勉強だって友達の数だって確かに人よりは多かった


でも。


( ・∀・) 今の俺に・・・自慢できることはあるのか・・・?


今まではずっと「どうやったって俺は主人公にはなれない」だとか
「平均的人間の幸せもある」だとかそういう理屈で済ましてきた。
俺は今もそれを疑わない。


( ・∀・) ・・・子供かよ俺は・・・!


でも。


まだ俺は。


「頂点に君臨したい」願望を捨てきれていなかったのだ。

「世界で最も優れている人間になる」 

そんなアホくさくて子供みたいな夢を忘れきれてなかったのだ。

.

762 名も無きAAのようです :2013/09/24(火) 04:24:37 ID:CK9JqiKQ0

自分に自慢できることがない。

それだけのことなのに自分の存在意義をすべて無くした気がした。

ゲームも楽しい。ラノベは時間潰し。ネットは危機感を忘れさせてくれる。

それなのにそれらが急に「楽しみ」から「害悪」に変わった気がした。

自分への嫌悪感。

よくわからない自分への危機感。

(; ∀ ) (落ち着け・・・発作みたいなもんだ・・・ネットで危機感を紛らわせろ・・・!)

その時。
立ち上がった時、何かが俺の脚に引っかかった。

(  ∀ ) ・・・!

目についたのはコンビニで買った時間潰しにしかならない500円の本。
しかし今の俺には何よりも興味のある、光り輝く本だった。

.

763 名も無きAAのようです :2013/09/24(火) 04:25:35 ID:CK9JqiKQ0

ゆっくり拾い上げる。

( ・∀・) ・・・

めくる。

( ・∀・) ・・・ プッ

めくる。

( ・∀・) くふ、ふふふふ・・・

めくる。めくる。めくる。
めくる。めくる。めくる。
めくる。めくる。

(*・∀・) へはっ、ひゃはははははははははは!!

(*・∀・) くっだらねえ!サイッコーにくっだらねえ!


溢れる脳汁。

ホンキで思った。
これは神が俺が与え給うたきっかけなのかもしれない。


(*・∀・) きゅうりの輪切り・・・ケチャップ早飲み・・・
       拍手の長さに連続切手貼りに尻でくるみを割る・・・!!!

(*・∀・) これならできる・・・!やってやるよ・・・!やってみせる・・・!


結局のところ。
久しぶりの「目標」と「やる気」。
それと「世界一」に俺は酔わずにいられなかったのだ。


( ・∀・) くっだらないギネス記録を塗り替えしていくようです


嘘予告した回数でギネス記録取れたら書く

.

764 名も無きAAのようです :2013/09/24(火) 19:48:25 ID:EtCEFClQ0
('A`)「ばあさんや、私は畑に行ってきますよ」

川 ゚ -゚)「おじいさん、畑は一昨日行ったでしょう」



元ネタ・日本昔話

( ^ω^)ブーン系で日本昔話のようです

765 名も無きAAのようです :2013/09/24(火) 20:08:09 ID:EtCEFClQ0
ξ "撿")ξそこに誰か、いるの?

( ^ω^)!


元ネタ


ξ "撿")ξそう、あなたは絵描きなのね。

ξ "撿")ξあなたの描いた絵を見てみたかったけれど、私にはなにも見えないの

( ^ω^)何も…


安房直子著・ハンカチの上の花畑より


( ^ω^)あの子に空の色を教えてあげたい

( ^ω^)草の上を泳ぐ風の色を、海を渡る鳥の色や形を、教えてあげたい


 そらいろのゆりいす


( ^ω^)色を与えたいようです

766 名も無きAAのようです :2013/09/25(水) 00:54:53 ID:sNUH2dkQO
この物語は

( ^ω^)「ドクオ。お前はどっちなんだお。」

('A`)「は?愚問だな。」

全人類が兵士になり、

( ´_ゝ`)「弟者。お前の守るべき物はなんだ?」

(´<_` )「俺の守るべき物は…」

文字通り命を懸け、

ξ゚⊿゚)ξ「デレ…あなたまさか…」

ζ(゚ー゚*ζ「ごめん、お姉ちゃん。」

相手を殺し、潰し、平伏させ。

( <●><●>)「ビロード…」

( ><)「戦場で…会いましょう。」

我を通す為に戦う。

(,,゚Д゚)「やめてくれ…お前とは、戦いたくない。」

(*゚ー゚)「あなたは、兵士なんでしょ?なら、敵から逃げることはできない。」

その鎖からは、自分が自分である限り、抜け出す事はできない。

(´・ω・`)「久しぶり…だね。」

(`・ω・´)「お前の墓はここでいいんだな?」

後に、この戦いはこう呼ばれた。

きのこたけのこ戦争と。



きのこたけのこ戦争のようです

近日公開!
しようかな?

767 名も無きAAのようです :2013/09/25(水) 11:30:51 ID:J3u6CBxAO

学校に出かける前。
朝ご飯にがっつり白米を食べるお姉ちゃんと、朝に弱いから、コーンフレークをつまむ私。
食べおわって出かけるときは、いつも一緒。

何にも変わらないはずの朝。
なんだか、嫌な予感がしたの。

ξ゚⊿゚)ξ

『あの日』だからって、忘れ物を取りに行ったお姉ちゃん。
同じ女なんだから、私が持っていって、貸せば良かった。
私が、止めていれば良かった。

そしたら、お姉ちゃんは、死ななかったのに。


ξ゚⊿゚)ξふたり、のようですζ(゚ー゚*ζ

元ネタ:赤川次郎・著「ふたり」

768 名も無きAAのようです :2013/09/25(水) 11:50:01 ID:J3u6CBxAO

をちすひいにちんいうすとち
いにちやをちすんいうすとけろとち

ξ゚⊿゚)ξ「…知らないわよ、あんたなんか。」

のお、なえすと

ξ゚⊿゚)ξ「知らないわよ、あんたなんか。」

(;^ω^)「いきなり話し掛けといてそりゃねーおww
       僕だって君を知らないお。」

をちすちつひをせろとすみてちは?

――修復可能部分を読み込んでいます――

私は――であなたは―――
普通の―――――だって、あなたが自分で――――じゃない
いつだっけ、人間から生まれた人間が――して――――になっていったの
あれ、私は――だよね?あれ、―――も――?

私、私は――?私は――?私私私わたしワタシワタシをちす―――ザァーッ………

ξ゚⊿゚)ξプログラムが壊れたようです

769 名も無きAAのようです :2013/09/25(水) 16:53:00 ID:iQhVI6s60
投下予告が活発だなあ
えっ?嘘予告?うわぁぁぁぁ撿撿撿撿撿撿撿撿(˘ω˘ )撿撿撿撿撿撿

770 名も無きAAのようです :2013/09/25(水) 18:10:34 ID:3nBiVSl20
>>769
現行の書き溜めにちょいと疲れたから
気分転換に>>730を投下したかったんだけど
スレ立て出来ないわ、レベル足りないわでやめた

771 名も無きAAのようです :2013/09/25(水) 21:13:05 ID:Dy0f4GNY0
( ^ω^)お?

('A`)ん?

ξ゚撿゚)ξあら?

川 ゚ -゚)?

それが全ての始まり
それが世界の終わり

( ^ω^)達が始めるようです

772 名も無きAAのようです :2013/09/25(水) 23:17:22 ID:i2O2MKIY0
名前なんて忘却してしまった。
泥のようだから泥。
でぃと呼称された。

私には思惟しなければならないことがある。
私をかばい死亡した姉。
何故私をかばったのか。

今日も両親に殴打された。
そして夢の中へと落下していく。

姉探しの夢が、今日も始まる。


(#゚;;-゚)思惟するようです
かきためが現れたら投下

773 名も無きAAのようです :2013/09/26(木) 05:20:10 ID:3HIQvOG6O
( 'A`)「……」



俺の名前は鬱田 ドクオ。
高校を卒業して15年、一度も働いた事がないニートの鑑だ。

2年前にカーチャンが病死して俺の人生はガラリと変わった。

カーチャンが亡くなってから分かったんだが家には結構な額の借金があった。

保険金だけでは足りず俺は今まで生まれ育った我が家を手放す事になってしまった。

手元に残ったのは140万ぽっち。

俺は安アパートを借りて真面目に働く決心をした。





だが、時すでに遅し……





30を過ぎの働いた事の無いおっさんなんか何処も雇ってくれるはずもなかった。

774 名も無きAAのようです :2013/09/26(木) 05:21:18 ID:3HIQvOG6O
10ヶ月後、残金は93万になっていた。

俺は安アパートを解約した。





はぁ…人生やり直してーな……





俺…どうなるんだろ……





このまま野垂れ死ぬのかな……





いやだな……





死にたくねーよ……





涙が止まらない。

775 名も無きAAのようです :2013/09/26(木) 05:22:38 ID:3HIQvOG6O
死ぬのが嫌なら生きるしかねーよな。



そして俺は生きる覚悟を決めた。










ガサガサ

( 'A`)そ「!」

( 'A`)(来た!)

俺は手作りの弓矢を構えて出てきた鹿に向かって矢を放った。





('A`)狩猟生活のようです

776 名も無きAAのようです :2013/09/26(木) 22:47:44 ID:FWvVVVsw0
とある未来の日本――。

ここでは全ての情報は管理され、監視されている。

その莫大過ぎる情報を捌いているのが、ネットワークコントロールセンター。

通称『NCC』――。

そこには五人の天才がいた。

777 名も無きAAのようです :2013/09/26(木) 22:48:34 ID:FWvVVVsw0

ξ゚⊿゚)ξ
照屋怜奈 通称『ツン』
弱冠23歳にして情報管理の天才。

('A`)
宇津野 独 通称『どっくん』
気は小さいが粘り強い男。

( ´_ゝ`)
流石 兄者 通称『バカ』
一見バカだがその頭脳には情報が全てインプットされている。

o川*゚ー゚)o
須永 愛子 通称『キュート』
明るいムードメーカーで男好き。

ζ(゚ー゚*ζ
照屋 恋 通称『デレ』
外部とのコンタクト担当、ツンの妹で穏やかな少女。

778 名も無きAAのようです :2013/09/26(木) 22:50:00 ID:FWvVVVsw0


この国の情報は、この五人が管理している。

もちろん、騒動も多々ある


ξ;゚⊿゚)ξ「くそっ、リアルタイムでコードが書き換えられてる!」

o川*゚ー゚)o「うそー! どうすればいいの?!」

ξ#゚⊿゚)ξ「うるさいわねこっちも書き換えてやるわよ! 
      宇津野! あんたはADTファイルのコード!
      キュート! あんたはSMUファイルのコード!」

(;'A`)「ふ、ふぁい!」

o川*゚ー゚)o「りょーかいっ!」

( ´_ゝ`)「ツンたん俺はー?」

ξ#゚⊿゚)ξ「あんたは無駄口叩かず犯人突き止めろ!」

(*´_ゝ`)「うっひゃおっけー!」


テロリストにも上層部にも負けずにこの五人は情報を守っている。

がんばれNCC! 負けるなNCC!




【情報を司っているようです】


 

無     理    が     あ    る

779 名も無きAAのようです :2013/09/28(土) 00:05:45 ID:tT4pjHs6O
( ´_ゝ`)「時に弟者。」

(´<_` )「なんだ兄者。」

( ´_ゝ`)「アニメで日常ってあるじゃないか?」

(´<_` )「ああ、そうだな。」

( ´_ゝ`)「タイトルが目常だったらどんな感じになってたんだろうな?」

(´<_` )「ならねーよ。」

( ´_ゝ`)

(´<_` )

( ´_ゝ`)「…そうだな。」

(´<_` )「ああ、そうだ。」

( ´_ゝ`)「時に弟者。」

(´<_` )「なんだ兄者。」

( ´_ゝ`)「華麗に舞うって言う表現あるじゃないか?」

(´<_` )「ああ、そうだな。」

( ´_ゝ`)「そこを鮃に舞うって考えたんだが。」

(´<_` )「コメントの仕様がない。」

( ´_ゝ`)「鮃な舞い。鮃臭。左鮃に右鮃。どうだ弟者。」

(´<_` )「最後に至っては意味が分からん。」



( ´_ゝ`)二人は暇キュアのようです(´<_` )

780 名も無きAAのようです :2013/09/28(土) 19:20:55 ID:ozlyxvikO
( ´_ゝ`)「……」

(´<_` )「兄者、兄者が行こうとしてる道は人として間違っている!」

( ´_ゝ`)「……頼む弟者、そこをどいてくれ」

(´<_` )「悪いが兄者、その頼みはきけない…」

(#´_ゝ`)「なんで…なんでだよ!なんで皆して俺の邪魔ばかりするんだ!!!」

(´<_` )「そんな事もわからないのか!皆も俺も兄者を愛しているからだろうが!!!」

( ´_ゝ`)「愛して…愛しているならほっておいてくれよ……」

(´<_` )「すまん、兄者…諦めてくれ」

( ´_ゝ`)「……」

(´<_` )「わかってくれ、兄者」

781 名も無きAAのようです :2013/09/28(土) 19:21:59 ID:ozlyxvikO
(  _ゝ )「……わかったよ……弟者」

(´<_`*)「そうか、わかってくれたか兄者!」

(  _ゝ )「俺は……」

(´<_` )「気にするな兄者、さぁ帰ろう、皆が待ってるぞ」

( ゜_ゝ゚)「お前を倒してでも俺の道を行く!!!」ドン

(´<_`;)「ガッ!」

( ゜_ゝ゚)「誰であろうと俺の行く道を妨げる奴は許さん!」

( <_ ;)「ま…て……兄…………」バタ

( ゜_ゝ;)「さらばだ、我が弟よ……」





.

782 名も無きAAのようです :2013/09/28(土) 19:22:44 ID:ozlyxvikO





( ´_ゝ`)はペドフェリアの道を行くようです





.

783 名も無きAAのようです :2013/09/28(土) 20:25:41 ID:3BJA.2yI0
なんとなく判ってた

784 名も無きAAのようです :2013/09/28(土) 20:45:26 ID:tT4pjHs6O
>>780
なんだ、同士か。

785 名も無きAAのようです :2013/09/29(日) 03:44:53 ID:RdfFNWt.O
某日沖縄

( ^ω^)たのもー!!!

( ゚д゚) ぬーがやーは?(訳:なんだお前は?)

( ^ω^)たやっさーぬミルナに相違ないかお…?

( ゚д゚)やさしが(訳:そうだけど)

( ^ω^)くっくっくっ

( ゚ω゚)クワッ

( ゚ω゚)僕と都道府県バトルしろおっ!!!!!

( ゚д゚ )ぬ、ぬーがってぇぇぇぇぇぇ(訳:な、なんだってぇぇぇぇぇぇ)

突出たやっさーぬミルナの前に現れた男ブーン!!
もし負ければアレがほにゃららされる危険な都道府県バトルにブーンが今挑む!!!!!

( ^ω^)は都道府県破りのようです

COMING SOON !!!!!!!

( ゚д゚ )いや、無理やっさーから。 そーそーけーってね(訳:いや、無理だから。 さっさと帰ってね)

( ´ω`)ちんすこう買って帰るお トボトボ

786 名も無きAAのようです :2013/09/30(月) 12:54:10 ID:zry/dmC6O
( ><)「ワカッテマス君、ごめんなさい!」

( <●><●>)「どうしたんですか、ビロード」

( ><)「僕、もう浮気しないって決めたのに…」

(;<●><●>)「私は身に覚えがないのですが」

( ><)「ワカッテマス君と一緒に過ごした日々…僕は忘れたくないんです…」
(;<●><●>)「ビロード!?」

(;><)「でも、僕…もうだめなんですっ!ごめんなさい!」

(;<●><●>)「さっきからあなたはいったいなんの話をしてるんですか!」

(;><)「さようなら、ワカッテマス君…」

(;><)「さようなら、木村屋…」

(;><)「さようなら、北海道れん乳ツイストドーナツ…」

(*><)「僕は、デイプラス酵母パンの道へ旅立ちます!」

( <●><●>)

〜大手から中小へ〜修羅を行くパンメーカーのようです

787 名も無きAAのようです :2013/09/30(月) 18:24:24 ID:u2PnaHpc0
( A )「どうしてこんなことになってしまったんだ……?」


( A )「俺たちは一体どこで……」


(;A;)「間違ってしまったんだろう……?」



コンコン……!



从゚ー゚从「ねぇ、どっくん?どうして返事してくれないの……?わたし寂しいから泣いちゃうよ?カッターナイフで手首切っちゃうよ?」



从゚ー゚从「どっくんを殺してわたしも死んじゃうよ……?」



ある日を境に壊れてしまった幼馴染との関係……




( ゚ω゚)「僕にはドクオしかいらないんだお……!ドクオにも僕しか必要無いんだお……!!そうだおね……?」



突然の親友の変化……

788 名も無きAAのようです :2013/09/30(月) 18:25:14 ID:u2PnaHpc0
ξ;⊿;)ξ「痛いよう……!!どうして叩くの?どうして警察呼んじゃうの?わたしたち前世から結ばれることを約束されていたじゃないッ!!嘘つきッ!!」



見知らぬ女の不法侵入、そして繰り返されるストーキング行為……





川 - )「私 た ち の 世 界 に」



川#゚ -゚)「……踏み込んでくるなああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああああああッ!!!!!!」



ぐちゃぁっ!!



クラスメイトの謎の発狂……




こうして俺たちの日常は音を立てて崩れて行く……




気 づ い た 時 に は 全 て が 手 遅 れ だ っ た




('A`)はヤンデレの標的にされるようです

789 名も無きAAのようです :2013/09/30(月) 19:33:09 ID:UBgtuatU0
ヤンデレハーレム(ホモもあるよ)とかすごい俺得

790 名も無きAAのようです :2013/09/30(月) 20:50:18 ID:NjiGaoU.0
>ホモもあるよ
これ重要

791 名も無きAAのようです :2013/09/30(月) 20:58:48 ID:p5KagAoUO
ムカデもありますか?

792 名も無きAAのようです :2013/10/01(火) 00:08:23 ID:DUbfIFfQ0

文明の違い、それはときに、悲劇を呼ぶ

(#,,゚Д゚)「おい、あいつら、白旗あげてやがるっ
     ふざけやがってっ…!!」

ミ#,,゚Д゚彡「撃てぇええ!!あいつらを撃ち落とせええ!!」


(#^ω^)「なんでだおっ!ブーンたちは争う気なんて…」

(;'A`)「おいっ、どうなってんだよ!」

川 ゚ -゚)「白と赤は挑発…宣戦布告を意味します。」

絶えぬ争い、増える犠牲者
やり場の無い憤怒、憎悪、悲哀

ξ#;⊿;)ξ「死刑よ!
        こんな男、死刑にしてしまえばいいんだわっ!」

芽生える愛、育まれる命、救いの手は差し伸べられるのか?

巨神のようです

・元ネタは1980年代に放映された有名な富野作品
・壮大すぎるのでムリ

793 名も無きAAのようです :2013/10/01(火) 00:48:20 ID:ydnR3zkQ0
>>792
最終的にイデさん降臨してバッドエンドじゃないですかやだー

794 名も無きAAのようです :2013/10/01(火) 19:28:55 ID:5RZInX3kO
( 'ω`)鬱藤ホライゾン(ドーン) ξ'⊿`)ξツンドク ('A`)ドクオ 川 'A`)素直クール ζ('ー`*ζドクデレ
  _
( '∀`)o彡゜ドクジュ長岡 ノハ'⊿`)素直ドート (´'ω``)ショドーン (`'ω`´)ドキン

( '∀`)ドナー ( '∀`)ドククー (,,'Д`)ギド猫 (*'ー`)どぃ (*'∀`)どー (#';;-`)どでぃ

/ ,` 3毒巻ドカルチノク ミ,,'Д`彡フサドコ ( '_ゝ`)ド兄者 (´<_` )ク弟者

(*'ω`*)どんぽっぽ ( '`)わかりたくないです=オクード ( <'><`>)わかっていたい

<ヽ'∀`>ニドー ( ,,'Д`)タカオ ( 'Д`)ドギャーン  *( '`)*ヘドクル沢近 川д`川独子

('∀ `)斉藤まんどくせ ('_`)ドッキー ( 'ー`)シニタイーヨ (='ω`)ノどうょ ( 'д` )こっちみたい

从'ー`从五月一日さん ('、`*川ペニサス伊藤 从 '∀从ドインリッチ高岡 ( Ф'ωФ)杉浦ロドリゲス

|゚ノ '∀`)レドナ ( '.`)ビコード ( '∋`)ドッドル lw´' _`ノv素直シュドール J( 'ー`)しカーチャン



テンプレがリニューアルするようです

795 名も無きAAのようです :2013/10/01(火) 19:30:20 ID:5RZInX3kO
※訂正※
素直クール→素直ドクール

796 名も無きAAのようです :2013/10/01(火) 19:32:25 ID:5RZInX3kO
あぁ…弟者も間違ってるわ…('<_` )

797 名も無きAAのようです :2013/10/01(火) 19:44:06 ID:ydnR3zkQ0
ビロワカの名前が秀逸だな

798 名も無きAAのようです :2013/10/01(火) 19:52:39 ID:ME0Rchps0
わかっていたいとわかりたくないですで草不可避

799 名も無きAAのようです :2013/10/01(火) 19:55:33 ID:FofcvNPQ0
名前が全体的に一歩足りない

シラネーヨはシニテーヨだろ

800 名も無きAAのようです :2013/10/01(火) 20:02:20 ID:Ijjb65fs0
ドギャーン

801 名も無きAAのようです :2013/10/01(火) 20:37:32 ID:rqZZ/4yw0
('A`*川 ペニドク伊藤

802 名も無きAAのようです :2013/10/01(火) 20:40:15 ID:4zBeymEA0
ドキンワロタ

803 名も無きAAのようです :2013/10/01(火) 22:39:36 ID:3b2HdQpcO
ドギャーンが普通に使えそうだ…

804 名も無きAAのようです :2013/10/01(火) 22:46:57 ID:ME0Rchps0
ドインリッチ

805 名も無きAAのようです :2013/10/01(火) 22:55:40 ID:YqhulC2Y0
ロドリゲスどうなってんだよこれww

806 名も無きAAのようです :2013/10/02(水) 00:11:12 ID:gYtrwCrg0
私が目を覚ました時、傍らにいたのは私の知る人間ではなく、二頭身の奇妙なマスコットたちだった。


( ^ω^)「おっおっ」

( ´∀`)「モナモナ」


どうやらここに人間はいないらしく、そして私の他には、この二頭身生物しか存在していないようだ。


( ^ω^)「ようこそ、白い荒野へ」

( ´∀`)「ようこそ、白い荒野へ」


彼らがそう言うように、そこには白い地平が続くばかりの何もない場所で……。

加えて言うなら、私は己が何者であるのかも、全く記憶していなかった。

807 名も無きAAのようです :2013/10/02(水) 00:16:41 ID:gYtrwCrg0
私は一体誰であるのか?

そしてここは何処で、何のために存在する場所なのか?


( ^ω^)「その答えは、この真っ白い地平の遥か彼方にあるお!」

( ´∀`)「さぁ、僕たちと一緒にここを旅するモナ」


二頭身たちに誘われ、私は果てしない大地へ一歩を踏み出す。

滅び去りし者物の足跡を、辿りながら。

808 名も無きAAのようです :2013/10/02(水) 00:27:29 ID:gYtrwCrg0
道中、彼らの仲間とおぼしき個性的な二頭身生物たちが、私へ向けて問いかける。


ξ゚⊿゚)ξ『ねぇ……お兄さん……答えてよ、私たちの質問に……』

川 ゚ -゚)『あなたは我々の問いに答える義務がある』

lw´‐ _‐ノv『何故なら君は、そのためにここへ呼ばれたんだからね』

ノパ⊿゚)『逃げるんじゃないぞおおおおおおお!!!!』


時には答えに詰まり、時には遁走したくなる私を支えたのは、いつも私のそばにいてくれた、この二人だった。


( ^ω^)「人間には、二種類の人がいるんだお」

( ´∀`)「それは、真実を求める人間と、己の求める答えを望む人間モナ」

私は果たして、そのどちらに属する人間であったのだろうか。

.

809 名も無きAAのようです :2013/10/02(水) 00:37:08 ID:gYtrwCrg0
.


そして、長い長い荒野の旅路の果て。

私はついに、この白い荒野を支配する、謎の黒石盤モノリスと対峙する。


撿撿撿『旅人よ』


黒石盤は語る。私の居た世界に何が起こったのか。そして、私は何故ここへ呼ばれたのか。


撿撿撿『我は汝に問おう』


黒石盤は語る。二頭身たちによって『もう何も起きない場所』と通称された、この白い荒野とは何なのか。


そして、黒石盤は問う……


撿撿撿『汝が名は、何であるか?』


と。

810 名も無きAAのようです :2013/10/02(水) 00:41:42 ID:gYtrwCrg0
.


その問いによって、私はようやく、自分自身の名前と、そのあるべき姿を思い出したのだ。

私は、私の名は……




撿撿撿『名無し』



.

811 名も無きAAのようです :2013/10/02(水) 00:43:36 ID:gYtrwCrg0
.






       名も無きAAのようです       






.

812 名も無きAAのようです :2013/10/02(水) 00:45:38 ID:gYtrwCrg0
嘘予告書いただけで力尽きたのに本編なんて書けるか!!


誰か拾ってやってくだちい。

813 名も無きAAのようです :2013/10/02(水) 00:54:00 ID:AXdFRbm60
何がなんだか分からないのに書けるか!!お前が書け!!

814 名も無きAAのようです :2013/10/02(水) 01:48:48 ID:sOBhSvH.0
なんだこの最高にワクワクする嘘予告は!
読みたくなるだろ馬鹿!

815 名も無きAAのようです :2013/10/02(水) 21:09:14 ID:nZ/WqFmg0
「キュートに言われてしまったよ。あなたが男だったら良かったのに、って」

「そうか」

「やはり幾ら仲良くなっても『友達』なんだな」

「そうか」

「もしも…もしも私が男だったらキュートは振り向いてくれたのだろうか」

「……」

「もしもキュートが男だったら、普通に恋愛も出来たのか」

「……もしも俺が女だったらお前は俺の方を見てくれるのか」

「……お前は男だが、お前の事は見てるだろう」

「……お前がキュートを見ている目で」

「……ふむ、それはつまり、告白ととって良いのか?」

「ああ、そうだ。俺はお前のことが好きなんだよ……。言わせんな恥ずかしい」

「そうか……じゃあゲームをしよう」

「ゲーム?」

「お前の言葉をはぐらかしている訳じゃない。」

「じゃあ、なんだよ」

「賭け、と言っても言いな。……私と付き合おう」

「私と1ヶ月付き合って、私を惚れさせてみろ。」


俺とクールの、奇妙な始まりを告げた、奇妙な関係が始まった。





---川 ゚ -゚)どこにでもある、奇妙な話のようです('A`)---

816 名も無きAAのようです :2013/10/02(水) 21:12:29 ID:NsST6ZBM0
飽き性な上にありがちなんでボツになったよ

817 名も無きAAのようです :2013/10/03(木) 15:32:40 ID:KJ66G66U0
ありがち←まちがい
王道←せいかい

そして俺は王道が大好物だ、後はわかるな?

818 名も無きAAのようです :2013/10/03(木) 21:21:44 ID:hDdQolYoO
(,,゚Д゚)「俺の心は燃えている!暴力事件は燃やしてやる!マッチ一本火事の元!ギコレッド!」

('A`)「冷静沈着慌てない慌てない。頭の回転はまぁすごい。ウツダシノウ。ドクオブルー。」

( ´_ゝ`)「好きな男キャラはシブタク。情報の早さは音速を越える。好きな女キャラはあこ姉。アニジャイエロー。」

(‘_L’)「えー、なんと言いましょうか…まぁ、お金ならあります。なんと言いますか、よろしくお願いします。フィレンクトグリーン。」

( ><)「男じゃないんです!女なんです!男を色気でイチコロ、どんな情報も引き出すんです!ビロードピンクなんです!」


(´<_` )「うん、ごめん。ちょっと待って。」

( ´_ゝ`)「ぷれいばっ、ぷれいばっ。」

(,,゚Д゚)「今のことーば。」

( ><)「ぷれいばっ。」

(‘_L’)

('A`)「ぷれいばっ。」

(´<_` )「テーテーテーテ。」

(´<_` )「じゃねぇよ。突っ込ませろ。」

( ;´_ゝ`)「えっ…おま…こんな所で(´<_` )「それ以上言ったらキルミー全巻捨てるぞ」ごめんなさい」

819 名も無きAAのようです :2013/10/03(木) 21:22:26 ID:hDdQolYoO
(´<_` )「まず、レッド。最初は良かった。でも最後拍子木持ってるおっさんが見えた。なにあれ?スタンド?」

(,,゚Д゚)、「俺んとこ、火事になったことがあるから…」

(´<_` )「じゃあなんでレッドなんだよ。」

(´<_` )「次にブルー。お前IQ146じゃねえか。何がまぁなんだよ。そこだけ謙遜すんな。」

(´<_` )「あと、お前死ぬな。」

('A`)「いや…それがアイデンティティだから…」

(´<_` )「そんなアイデンティティ捨てちまえ。」

(´<_` )「次にイエロー改めクソ兄者。あこ姉には突っ込まない。俺も好きだ。」


( ´_ゝ`)「だよな。」

('A`)「俺はりこ姉派だが。」

(´<_` )「だが、何故シブタクだよ。俺も知らなかったわ。」

( ´_ゝ`)「いいじゃんね、別に。」

('A`)「生活ノートの姉か。俺はデスノートの中では総一郎撃ったホセな。」

(´<_` )「一々混ざるな。俺は宇生田な。」

820 名も無きAAのようです :2013/10/03(木) 21:23:07 ID:hDdQolYoO
(´<_` )「そしてグリーン。大手ラーメンチェーン浪漫の三代目がなんでいるんだよ。」

(‘_L’)「ここなら舌の肥えた同世代の試食係が2人もいますので…」

('A`)「カーチャンはミシュランで星を貰ったことが100回以上ある。」

(,,゚Д゚)「火事にあった俺の家は和食の原点と言われる寺。」

(´<_` )「ああ、うん。納得。(AA使用率的にこの中で浮いているとは言わないでおこう)」

(´<_` )「最後にピンク。お前完全なロリ体系じゃねえか。どこに色気があるんだよ。」

( ;><)「で、でも危ないおじさんには人気なんです!」

( ´_ゝ`)「そもそも情報は俺が集めるし。男女関係なく集めれるし。」

( ;><)「じゃあ、なんで僕はここにいるんですか!?わかんないんです!」

('A`)「マスコットじゃね?」

( ´_ゝ`)「そうだな。」

(´<_` )「そうだな。」

(,,゚Д゚)「そうだな。」

(‘_L’)「そうですね。」

( ;><)「クソッタレなんです!」

(´<_` )「で、一通りツッコミが終わったので聞く。なんで俺は呼ばれたんだ?」

(,,゚Д゚)「あー…あのさ。」

(,,゚Д゚)「ブラックの枠が空いてるんだよね…」

(´<_` )

(´<_` )「は?」



僕らのこんなヒーローは、のようです

821 名も無きAAのようです :2013/10/03(木) 21:33:25 ID:wDEoEuAM0
あぁ、頭が割れちゃいそうです。

聞こえないハズの声がガンガンと頭の内側を叩きます。

裏の声、人の底。

『聴きたくなかった!』思わず耳を塞いでしまいます。

ボクはいらないコなんですか?

あぁ、聞きたくない!

聞こえてしまう。

ボクは言葉は望んでないんです。

ただ、ボクを思って下さい。

○   ○   ○   ○

822 名も無きAAのようです :2013/10/03(木) 21:34:48 ID:qAIIGTN.0

とある少女は遠くにいる思い人へ 、

とある女性は子供の頃そばにいた妖精へ、

とある青年は引きこもりの友達へ、

とある少女は愛猫へ、

そして、とある少年は大事な友人へ、

それぞれの思いを乗せて、この小さなポストに託します。

思いが大切な人に届くよう願って。

823 名も無きAAのようです :2013/10/03(木) 21:36:40 ID:.Vgh3T3Q0



『( ><)は郵便配達人のようです』



―――――公開未定―――――

824 名も無きAAのようです :2013/10/03(木) 21:49:20 ID:nK7DrW4A0
なんかハートフルないい話になりそうな予感

825 名も無きAAのようです :2013/10/05(土) 09:29:16 ID:keKNwkHg0

(   )「あははははっ」

(  )「おっ、――、カメラなんて使えるようになったのか?」

(   )「そうよ、パパよりも上手なんだから!」

( )「そうか、じゃあかっこよく撮ってくれよ」

( )「…なあ、――。お父さんと一緒で、楽しいか?」

(  )「…楽しいに決まってるじゃない!どうして?」

( )「ママがいなくて…寂しいだろう?」

(  )「大丈夫よ。だって、ママはお星様になったんでしょう?」

(  )「ママが見てくれてるし、――には、パパがいるもん。」

( )「……そうか、良かった。」

826 名も無きAAのようです :2013/10/05(土) 09:39:27 ID:keKNwkHg0

 数え切れない犠牲があった。数え切れない未練を残した。

 彼は、数え切れない罪を残したまま、――だ。

 ここにいるのは、鉄の塊。何も知らない…それゆえ
救われることの無い、哀れな塊。
「彼」の姿は保てても「彼」にはなりきれない、成り損ない。

 塊は見上げた。綺麗な地球があった。しかし、偽りの星だった。
「彼」に救いは訪れない。罰を受けるのは、……

( ^ω^)赤い石が紡ぐ物語のようです―星雲編

没理由1、現行
没理由2、1作目から3作目まで全作品書く意欲はあるけど
       欲張ったら続かない
没理由3、設定を深く知ってから書きたいけど
       いつになるかわからない

827 名も無きAAのようです :2013/10/06(日) 14:22:21 ID:44rzvNV.O
やあ。僕はヒッキー。フリーのカメラマンさっ。
え?テンションおかしい?
うん、僕もそう思うよ。
でもね、こんなテンションじゃないとやってられない時もあるんですよ。
例えば、リストラされたとか、相手のポケモンがトゲキッスとかグライオンとかキノガッサとかそんなんばっかりだったとか、

「ヒャッハー!汚物は消毒だぁ!」

「ギャァァァァァァァァ!」

(;-_-)「(隣でリアル世紀末やってるとかねぇぇぇぇ!)」

(;-_-)「(それと、フリーのカメラマンとか言ったけどただの社会科教師だからぁぁぁぁぁ!)」

828 名も無きAAのようです :2013/10/06(日) 14:23:04 ID:44rzvNV.O
特技のポーカーフェイス使ってるけどすげービビってる。ちなみにこの特技が役に立ったときは38度あったのに修学旅行に行ったとき。

(=゚ω゚)ノ「まあ落ち着きなさい。お茶でも飲んで。」

うるせー40後半(に見える)の中年。反抗期の子供なめんなよ?反抗しちゃうぞ?

(;-_-)「って誰だよ!」

(=゚ω゚)ノ「焦りは禁物。のんびり行きましょう。」

(;-_-)「今度は違う意味で誰だよ!それと…」

(-_-)「なぜ僕が焦っていると分かった?」

(=゚ω゚)ノ「…」

(=゚ω゚)ノ「いや、顔に出てるし…」

(;-_-)「ポーカーフェイスを特技からはずそう…」

829 名も無きAAのようです :2013/10/06(日) 14:23:45 ID:44rzvNV.O
(=゚ω゚)ノ「まあ、先にわかったのは武器のおかげだょぅ。これだょぅ。」

(;-_-)「はぁ?これが武器?」

その男が見せた“武器”は片手剣でも弓でも操虫棍でもなく。

(;-_-)「…地図じゃんか。」

(=゚ω゚)ノ「そう、地図だょぅ。」

(=゚ω゚)ノ「この地図の名前は『母は知る―マザーマップ―』。って裏に書いてた。」

(=゚ω゚)ノ「この地図に映し出されているのは俺の半径500m内だょぅ。」

(=゚ω゚)ノ「そしてこの地図の範囲内にいる人間の感情を色で写し出すという代物だょぅ。」

(;-_-)「………」

そうか。一見雑魚っぽいものだけど半径500m内なら殺意むき出しの危ない奴もわかるし、
相手が自分に気づいているかわかり、攻める事も守る事も可能だ。
そしてその事から出た結論は。

830 名も無きAAのようです :2013/10/06(日) 14:24:32 ID:44rzvNV.O
(;-_-)「僕を…殺すのか?」

当然だ。武器もなくただ焦り、怯えている軟弱な社会科教師なんてカモネギが色違いジラーチをしょってくるようなものだ。

(=゚ω゚)ノ「殺さないょぅ。」

(;-_-)「殺さないのかよ!」

(;=゚ω゚)ノ「なんでそんなメリットにもデメリットにもならない事しなきゃならないんだょぅ。」

(;-_-)「いや、だってそういう力手に入れたら殺し合いが始まるのがテンプレじゃないの?」
(;=゚ω゚)ノ「いや…みんなどうすればいいか分かんないみたいだし、とりあえず“怯え”の感情が出てる奴に会いに行こうかなって…」

(;-_-)「マジで?おっさんいい人!」

こんな世界でとても頼もしい助っ人と会えるとは思わなかった。
後で長篠の戦いについて教えてあげよう。

831 名も無きAAのようです :2013/10/06(日) 14:25:12 ID:44rzvNV.O
(=゚ω゚)ノ「ところでお前“武器”はなんなんだょぅ。」

(-_-)「えー…知らないよ。」

(;=゚ω゚)ノ「知らないって…せめて自分の身は自分で守って欲しいょぅ。」

そんな事言われても持ってるのは寝間着のジャージと授業の為に作った指し棒しか…

(-_-)「…え?指し棒?」

(;=゚ω゚)ノ「なんだょぅ。その向けられるとテンション下がるような棒は。」

いつも向けられるとテンション下がると評価されるこの指し棒はいつも職員室の壁に掛けていたはずなのになんでここに?

(-_-)「持ち手に所棒意って彫ってる…これは間違いない!僕のだ!」

(;=゚ω゚)ノ「(しょぼいってお前…)」

(-_-)「色んな事思い出すな…なおるよ君が股間にあてがって『伸びろ、如意棒!』って言ってたなぁ…」

(;=゚ω゚)ノ「(最悪だょぅ!)」

(-_-)「それで『伸びろ、所棒意!』だろ。って注意したな…」

(;=゚ω゚)ノ「(お前何てこと言ってるんだょぅ!)」

しみじみと一昨日の事を思い出していると、ふと疑問に思った。

832 名も無きAAのようです :2013/10/06(日) 14:26:26 ID:44rzvNV.O
(-_-)「あれ…?なんか重くなったような…」

手に伝わる重さが変わったような気がする。所棒意の先を見てみると、

(;= ω )ノ

スーツを着てる男が見え、その首ギリギリに所棒意の先があった。

(;= ω )ノ「まあ、敵意があってやったわけじゃないって事は地図を見ればすぐわかるょぅ。」

(;-_-)「な、なんだ。それなら良かっ(#=゚ω゚)ノ良くねえょぅぅぅぅぅぅ!」ですよねぇぇぇぇ!」

―1時間後―

(メメメ)「すみません。顔は原型を留めてますか?」

(#=゚ω゚)ノ「知るかょぅ!」

(;-_メ)「痛てて…もう、びっくりしましたよ…」

(#=゚ω゚)ノ「俺の方がだょぅ!数秒たっていきなり目の前まで伸びたんだからょぅ!」

(;-_-)「もし、『尖れ!所棒意!』とか言ったら大変な事に…」

(;-_-)「あ。」

やっちゃったよ。うっかり言っちゃったよ。尻穴グリグリされちゃうよ。

(;=゚ω゚)ノ「さ、さっさと投げ捨てろょぅ!」

(;-_-)「わっかりましたぁぁ!」

あの時はディーン元気レベルに出せてたと思う。元気が。思いっきり投げた。うん。それは自分でも誉めたい。
じゃあ、何がいけなかったか。そのままの向きで。スーツの男目掛けて投げた事かな。

(#=゚ω゚)ノ「お前殺してやるょぅぅぅぅぅ!ギャァァァァ!」

(;-_-)「同じセリフ内で断末魔上げた!」

/(;-_-)\「そして人殺しちまったぁぁぁ!」

(#=゚ω゚)ノ「勝手に殺すなょぅ!」

(;-_-)「良かった!生きてた!無罪!万歳!」

(#=゚ω゚)ノ「ふざけんなょぅ!あれが軽かったから助かったんだょぅ!全然痛くなかったょぅ!」

(;-_-)「え?痛くなかった?当たったら流石に痛いと思うんだけどな…」

所為棒を持ち上げてみると確かに軽く、紙のようにすら感じた。

833 名も無きAAのようです :2013/10/06(日) 14:27:06 ID:44rzvNV.O
所為棒を持ち上げてみると確かに軽く、紙のようにすら感じた。

(-_-)「(もしかして…『尖れ』と言ったから『軽く』なったのか?)」

(-_-)「(まあ、何はともあれ一件落着という事で)」

(#=゚ω゚)ノ「終わるはずがないょぅ。」

(-_-)「ですよねー。ギャァァァァァァ!」

(#=゚ω゚)ノ「同じセリフ内で断末魔の刑だょぅ。」


(-_-)社会科教師ときかん棒のようです

834 名も無きAAのようです :2013/10/07(月) 18:33:17 ID:NvJ55vpgO
( ^ω^)(君は)

( ^ω^)(君は僕と同じなのかお?)
     (僕と同じ)=(心が読める)
         ≒(仲間)→(一人じゃない)
 

ξ;゚⊿゚)ξ(あなたも? あなたもなの?)

      (私と同じ)=(心が読める)→(私を変な目で見ない)
         (仲間)≒(友達になれる?)

(;^ω^)(ああ、良かった)→(周りにはいなかったから)

      (孤独だった)(悲しい)≦(嬉しい)(僕の友達)

( ^ω^)心が読めるようですξ(゚⊿゚ξ

835 名も無きAAのようです :2013/10/07(月) 23:39:27 ID:iswfjTYAO
( ^ω^)「さぁ!皆さんお待ちかね!この企画がいよいよ始動しますお!!」

( -ω-)スー ハー

( ゚ω゚)クワッ!

( ゚ω゚)「第一回!ブーン系創作板!嘘予告選抜総選挙!開催ですお!!!!!」

( ^ω^)「司会は私、ブーン系小説の顔。内藤 ホライゾン改めブーンと」

('A`)「変態紳士からニヒルな役までどんとこい!ブーン系小説の万能調味料。鬱田 ドクオでお送りいたします」

( ^ω^)「それでは早速ドクオさんにブーン系創作板 嘘予告選抜総選挙の説明をしていただきましょう」

('A`)「…マンドクセ」ボソ

(#^ω^)「……えー、ブーン系創作板 嘘予告選抜総選挙とはブーン系創作板に今まで投下された嘘予告の中でどれが一番読みたいかを皆さんの投票で決める企画ですお」

836 名も無きAAのようです :2013/10/07(月) 23:40:19 ID:iswfjTYAO
( ^ω^)「投票時間は10/8の午前0時から10/10の午後24時までとしますお」

( ^ω^)「投票は1人一票までですのでご注意下さいお」

( ^ω^)「1位に選ばれた嘘予告を投下した作者には、投下した作品を完結してもらう権利が与えられますお」

( ^ω^)bそ「やったね!たえちゃん!!!」

('A`).。oO(あぁ…フルーツタルト食いたい…)





( ^ω^)第一回!ブーン系創作板!嘘予告選抜総選挙のようです('A`)





嘘だよ!嘘だからね!投票しても何も無いからね!

837 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 00:02:47 ID:HEa9YCzw0
あー何選ぼっかなー!迷うなー!

838 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 00:23:39 ID:Dl/O7A6E0
ヒント:嘘から出た真

839 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 00:28:04 ID:rArDrdEA0
企画したってことは多少は期待してもいいんだよな? ギロッ!





投下してくださいお願いします

840 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 00:54:35 ID:LfkETz8Y0
これは期待したい
もし選ばれたら書いてやんよwww

841 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 19:26:53 ID:sGefY7k2O
じゃ、文沢直樹で

842 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 22:18:48 ID:0RpD/Dgs0
漂流国家に一票

843 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 22:34:20 ID:CAsXKaRU0
じゃあ俺はアレだ
デミタスがファンタジー世界で科学知識無双するの

844 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 22:45:12 ID:jVHig26U0
( ^ω^)自衛隊は虚構で戦い抜くようです、かな

845 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 22:50:11 ID:eMP6DbGg0
l从・∀・ノ!リ人魔法少女もなにかと大変なようです、かすごく見たい

846 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 23:13:27 ID:4H3h9.M2O
1から読んできた、この三作からどうしても絞れなかった 
主催者のひと、目をつぶってくださいお願いします 
 
>>166>>174 
 ( ^ω^)逆転する学級のようです 
 
>>451>>457 
 ('A`)PRGのようです 
 
>>734>>738 
 / ,' 3機動県艦かごしまのようです 
 


847 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 23:25:44 ID:hR/ucN8EC
町内裁判のショボン様が見たいです…!

848 名も無きAAのようです :2013/10/08(火) 23:43:25 ID:MX4ZkZ2.0
('A`)『 只今規制中 』のようです
すっごい見たい、これはマジで見たい

849 名も無きAAのようです :2013/10/09(水) 02:41:52 ID:zobBVCkY0
ゆめにっき好きだからゆめにっきのようですが読みたいな
>>322からのやつ

850 名も無きAAのようです :2013/10/09(水) 07:48:03 ID:99BQ50oM0
漂流国家


というかここに書かれてるの拾って書いてもいいのかな?

851 名も無きAAのようです :2013/10/09(水) 09:29:40 ID:H0fZh.PA0
>>850
全く構わないどころかそういうスレだよ

852 名も無きAAのようです :2013/10/09(水) 10:33:16 ID:GlgU9i5g0
つまり嘘予告投下した本人とネタもらったので読める確率は倍率ドン、と……

853 名も無きAAのようです :2013/10/09(水) 14:30:02 ID:xnkBUF3MO
嘘予告スレには幾多の話が生み落とされたが……
それが他の誰かによって拾い上げられたというのを未だかつて目撃した試しがない
嘘予告で拾われるのは、半荘一回の麻雀で役満出すよりはるかに難しいだろう

854 名も無きAAのようです :2013/10/09(水) 14:36:14 ID:51bagYho0
数少ない現実化した事例はいずれも本人によるものか

855 名も無きAAのようです :2013/10/09(水) 14:39:42 ID:K.P6of7s0
そういや一回アイデアの原型だけ拾ったことある

856 名も無きAAのようです :2013/10/09(水) 15:14:13 ID:Wxh/Sis20
本人が書くかもしれないってのがここでの拾う手を伸ばしづらい原因かも
もしかしたら書くかもしれないって気持ちがあるからネタ捨て場ではなく嘘予告に書きこむってこともあるし
本人以外は難しいかもなってことで書いてくださいお願いします

857 名も無きAAのようです :2013/10/09(水) 15:18:39 ID:4GIJ4YEk0
作者が違う限り全く同じ作品にはならないからかぶってもいいから書いて欲しいものだな、本人にも気に入った人にも

づらっしぃに一票

858 名も無きAAのようです :2013/10/09(水) 17:33:09 ID:Rj0onrbg0
昔ここでネタ拾ったなぁ
その節はありがとうございましたといいたい

859 名も無きAAのようです :2013/10/09(水) 19:22:44 ID:FOszMOnYO
>>845
よく一年半ぐらい前のやつ覚えてるな
相当適当に書いたやつだけど挙げて貰えて嬉しいし
何とか形に出来ないか考えてみる

860 名も無きAAのようです :2013/10/09(水) 21:44:59 ID:m8G2UqYQ0
>>859
頑張ってください

861 名も無きAAのようです :2013/10/10(木) 10:57:39 ID:VRfBUTTA0
じゃあ僕は>>811の「名も無きAAのようです」ちゃん!

862 名も無きAAのようです :2013/10/10(木) 14:32:23 ID:5K6WGLuMO
―――早朝4時―――

(-A-)zzZ

(゚A゚)クワッ

(゚A゚)m9「犯人はアナタだ!」ビシッ

( -ω-)zzZ

(,,-Д-)zzZ

((´-ω-`))zzZ ピクッ

川 ゜-゚)zzZ

ξ -⊿-)zzZ

(゚A゚)m9

(-A-)m9

(-A-)zzZ





('A`)謎解きは早朝4時にのようです

863 Selden :2013/10/10(木) 22:03:05 ID:cpUE0DiE0
いつもの <a href="http://paulsmith.rohrlab.com/&quot;&gt;&lt;b&gt;ポールスミス ネクタイ</b></a>からくり 確実 冒涜だけでなく、三帝国で、<a href="http://paulsmith.cosmooutlet.com/&quot;&gt;&lt;b&gt;ポールスミス ネクタイ</b></a>比較することができ、 宗派 異常珍しい真に 、ハッブルもっと? 小ベスト小半分の 純粋にそこに無条件帝国、またはオーナー様ではなかったごまかし 倫理それなかった画像に入るが、<a href="http://paulsmith.cosmooutlet.com/&quot;&gt;&lt;b&gt;ポールスミス スーツ</b></a> アクセプト楽器キャラクター 、それらのほとんどは断片 サーベル 、しかし、いくつかの最年少は、それはここに完成した商品 推力 不規則火花平野に増殖を平和を "私は意味のボスであることがいつも 休み完全固体 <a href="http://paulsmith.rohrlab.com/&quot;&gt;&lt;b&gt;paul smith 財布</b></a>空気の十分なし乏しい ベールが、何? 名前 、もし最近の 可愛いの彼女の試みにポケットいや、<a href="http://paulsmith.rohrlab.com/&quot;&gt;&lt;b&gt;ポールスミス 財布 新作</b></a> 未経験 ディレクター forestOf "いくつかの?聞い千人中央でキャッチ振った彼の会長それ'あなた' 思い付くしませんでした、あなたは信号が沖でた 今までが、 設計とリフレッシュコンディショニング、と新しい未踏ジョーク林のPingの侮辱広がり、として空気 純粋 瞬時 、 均一の方向与える説得の感を チャンスの短い 通信 意識を回復全てへ 世界 <a href="http://paulsmith.rohrlab.com/&quot;&gt;&lt;b&gt;ポールスミス アウトレット</b></a>、 を超える正確には、 来 LIVID 偉大重要へ無限の虚無側"シングル出|に関連死のマークの数千人の精密最も刺激の群れは ギャロップでの光の速さで"ああ、 先端 日 熱望 アレンジ A 種類善意、<a href="http://paulsmith.cosmooutlet.com/&quot;&gt;&lt;b&gt;paulsmith&lt;/b&gt;&lt;/a&gt; 不問妖精、私は、また血液凝結恐ろしい意識府中誰缶 無傷 忙しいそれを生きる? "出版李嘘 、と広範 道路 Shaoie 飽きもせず厳しい彼林興に戻って誰かを払うと約束"ああ" 、 |と仕返しリンダ功の息子で、 I 目的? "千考えはあなたが作った悪い動き ?ありドライブこと強制 怒りへ<a href="http://paulsmith.rohrlab.com/&quot;&gt;&lt;b&gt;ポールスミス バッグ</b></a> 原始 、しかし少し 硬い 笑い 、牡丹妖精地下 経過 ユーモア:この女 <a href="http://paulsmith.rohrlab.com/&quot;&gt;&lt;b&gt;paul smith 時計</b></a>"著しく 平野を気取らない、 呪い他人の害 心臓などが想像 AVER ホールドが、あると思わないでのみあなたは持っていた後に称賛 、またはので、私はスポーツ 、それは注意が必要 にを改善現時点

864 名も無きAAのようです :2013/10/10(木) 22:16:26 ID:Ntd.hJ.o0
>>863

 1946年に生まれた、ポール・スミスというファッションデザイナーのブランド。私は偉大であると思うのだ。

( ・∀・)「ふっふふふ…」

 紳士服の●●とつく日本のブランドよりも、遥かに紳士らしい。婦人服もシックでなかなかのものだ。

 寒色を基調に、彼の独特なデザインが大きく前身に写されており、見る者全てを魅了する。

 僕は、そのデザインに深く感銘を受けた。

( ・∀・)「決めたよ、モナー。」

(;´∀`)「ぼ、坊ちゃま!そんな…いけません!」

 一度、やると決めたら聞かない性分だと、この執事はわかっているはずなのだが。ちらりと一瞥して、僕は一歩踏み出した。

( ・∀・)坊ちゃまはファッションデザイナーを目指すようです


(;´∀`)
※注:嘘予告ですモナ、業者を使って申し訳ございませんモナ…

865 名も無きAAのようです :2013/10/10(木) 22:45:51 ID:xTb/tV5k0
業者を利用ワロタwwwwwwww

866 名も無きAAのようです :2013/10/10(木) 23:32:26 ID:6PazqXXY0
嘘予告選抜総選挙ももうすぐ終わりの時間か……

867 名も無きAAのようです :2013/10/10(木) 23:59:23 ID:cZTAVpsI0
投票は
('A`)『 只今規制中 』のようです
投票外で
ξ゚⊿゚)ξ代役はここにいるようです
从;゚∀从こちらVIP市役所バイオハザード課のようです
( ^ω^)まるでヒトリガの夢のよう。です
( ^ω^)逆転する学級のようです
この物語は、浦島太郎のようです。
( ^ω^)擬人化のいる生活のようです
从'ー'从渡辺宇和佐さんの噂のようです
Σz ゚ー )リ スニフィは嘘だらけの世界で舞台女優になりたいようです
( ´∀`)は逃げ続けるようです
(´・_ゝ・`)は科学の力でファンタジーをぶっ飛ばすようです
( ・∀・)陰険圧殺、外道ヒーローのようです
(-_-)弾丸論破、のようです
  _
( ゚∀゚)MAYUGEのようです

迷った本当に迷った
いつか書いてくれることを願って応援してるぜ

868 勝手に集計結果間違えてたらごめん :2013/10/11(金) 00:36:34 ID:sK0JY5JA0
(一票獲得)

>>706
文沢直樹のようです

>>459
(´・_ゝ・`)は科学の力でファンタジーをぶっ飛ばすようです

前スレ>>910
( ^ω^)自衛隊は虚構で戦い抜くようです

前スレ>>231
l从・∀・ノ!リ人魔法少女もなにかと大変なようです

>>166
( ^ω^)逆転する学級のようです

>>451
('A`)PPGのようです

>>734
/ ,' 3機動県艦かごしまのようです

>>217
(´^ω^`)にこやか弁護人ショボン様だーーーーーーーーーーーー!!!!のようです

>>322
lw´‐ _‐ノvゆめにっきのようです

>>646
ミセ*の▽の)リ新ゆるAA!づらっしぃーだっしぃぃぃぃぃぃぃ!!のようです


>>811
名も無きAAのようです


(二票獲得)

>>40
(´・ω・`)は漂流国家の総理大臣のようです

>>529
('A`)『 只今規制中 』のようです

869 名も無きAAのようです :2013/10/11(金) 08:34:12 ID:dpoehsSg0
時間過ぎてるけど、
( ^ω^)まるでヒトリガの夢のよう。です
从;゚∀从こちらVIP市役所バイオハザード課のようです
( ФωФ)7大悪魔と魔王のようです
lw´‐ _‐ノvゆめにっきのようです
(´・_ゝ・`)は科学の力でファンタジーをぶっ飛ばすようです
('A`)『 只今規制中 』のようです
( ´_ゝ`)あさぎもののようです
/ ,' 3機動県艦かごしまのようです
名も無きAAのようです
( ´_ゝ`) 市立VIP高校 結論部のようです
( ><)は郵便配達人のようです

に投票したかったな。一番は決められなかったよ。

870 名も無きAAのようです :2013/10/11(金) 11:58:53 ID:9exirssA0
>>240
「品質を重視、納期も厳守、信用第一は当社の方針です」
が読みたい

871 名も無きAAのようです :2013/10/11(金) 12:46:21 ID:dK8Nc15cO
「情報を司っているようです」に興味がある



(#^ω^)「ガストがいいお!」

(#'A`)「バーミヤンに決まってんだろ」

(#´・ω・`)「ジョ・ナ・サン!ジョ・ナ・サン!」

ξ;゚⊿゚)ξ「どれも同じすかいらーくじゃないの…」

川 ゚ー゚)「面白そうじゃないか、私も加えてくれ」

川 ゚‐゚)「ちなみにパンは第一パン派だ」


〜ξ;゚⊿゚)ξ今度はファミレス!?大戦争勃発のようです(^ω^#)〜

( ^ω^)「別作品を書き溜め中だからほんとの嘘予告ですお」

872 名も無きAAのようです :2013/10/12(土) 07:07:11 ID:4xWtK/9o0
手を掲げると暗紫色の光が灯る。先程まで太陽に届かんとしていた一つの花が、その命を終えたようにさらさらと砂のようなものへ変わっていった。

じっと手を眺めた。

ー我が身に宿る呪いは生きとし生ける者全ての命を終わらせるー

自分は何者にも触れることが許されない。触れられることさえも。

('A`)「すまなかった」

男は一人空へ呟き、フラフラと森の中へと消えていった。


('A`)Don't touch me のようです

今書こうとしてるやつの前身です。
時間が取れたらこっちも書きたい。

873 名も無きAAのようです :2013/10/12(土) 16:28:53 ID:gCBgIq2Y0
 男は、耳にイヤホンをしていた。

 ポケットに入っている最新式小型の、ミュージックプレイヤーが稼動している。

 歌を口ずさみながら、男は移動してきた。こいつのにやけ面が、気に食わない。

「おい、貴様…俺らを裏切るつもりか?!」

 はて、なんのことか? そう言いたげな目線を向けて、男は首を擡げる。

 …苛立つ。

 考える素振りをしている男に、一発放った。

 しかし、避けた。

「なっ!?」

 安物なのか、音漏れのするイヤホンから流れているのは
J-POPだとかTECHNOだとか、ニッポンという国ではやっていた雑音。
周囲の音など、あの男には聞こえないはずだ。

874 名も無きAAのようです :2013/10/12(土) 16:31:56 ID:gCBgIq2Y0

 挙句の果てに、ヘリウムガスだろうか…スプレーを取り出して
喉に噴出すると、男は歌を口ずさみ始めた。

 とても、男とは思えない声で。


( ^ω^)「しあわせにかくれた ついおくのじかんに」

( ^ω^)「かくされたおもいは みえないままでいるの」

( ^ω^)「そのむねにひそんだ はんたいのそのかげ」

( ^ω^)「きづかないままいるの きづいている」

( ^ω^)「はずでも」


 男は口ずさみながら、握っている拳銃を物凄い速度で撃ち始めた。

 もともと器用なのだろうか?

 彼の弾は、次々と排出される全ての敵の、急所を撃ち抜いていった。

875 名も無きAAのようです :2013/10/12(土) 16:32:41 ID:gCBgIq2Y0

 ブーンとしか名乗らず、何一つ語らない彼のことは、誰も知らないだろう。

 ライブで共に歌い合った親友を、戦場を共に駆け抜けた恋人を、戦争で亡くし

 戦場で仇を討ち、戦場で死に逝くことを望んだ彼のことを。

876 名も無きAAのようです :2013/10/12(土) 16:33:24 ID:gCBgIq2Y0

 男の名は、内藤ホライズン。

 全ての音を、歌で遮断しながら戦い続ける、歩く最強の兵器と呼ばれる彼は

 今日も歌いながら、にやけ面を崩さずに、愛用の拳銃を敵に向ける。


「よるのなかで きこえてくる」

「きみはいつも そこにいるね」

「ないていても だれもこない」

「いつもきみは なぜ ひとりきりなの」


( ^ω^)戦場を駆け抜けていく歌のようです

877 名も無きAAのようです :2013/10/12(土) 17:57:14 ID:gLKZddWQ0
嘘予告見返して妄想するの飽きたお…(´・ω・`)
キングダムカデ人間さん多すぎません?

878 名も無きAAのようです :2013/10/12(土) 20:40:03 ID:gHgFbVYU0
100年に一度、ある女によって選びだされる者たち。

「レッドアイ・アンドロイド」。

その者たちは「何か」を奪われ、死んでも生き返る身体となるのだ。

そしてある時代、選ばれた4人の少年少女。

( メω^)「父さんも母さんも、片目が無いだけで、化物扱いするなんて」

( メω )「僕に力なんて、いらなかったんだお……」

力の代償に片目を失った、オーガの子孫である少年。

从 ゚∀从「魔力だと?運命だと?そんなものいらねえよ……」

从 ∀从「俺のせいなんだ、父さんと母さんがいなくなっちまったのは……」

魔力の代償に両親を失った、大魔女の血を引く少女。

( ・∀・)「俺が記憶をなくしたのは、その女にとって幸運なことなのかも知れないよ」

( ・∀・)「記憶がない以上、運命に従うしかないんだから……」

知恵の代償に、記憶を失った亡国の王子。

川 ゚ -゚)「私の歌った愛の歌は、本当は憎悪の歌だったのさ」

川 ゚ -゚)「今は感情など、持つことはできないがな」

歌声の代償に、感情を失った傷だらけの王女。

4人は運命に抗う為、女を殺めるべく、集う。

〜( ^ω^)从 ゚∀从運命に抗うようです( ・∀・)川 ゚ -゚)〜

すいません思いつきですorz
中学生の限界でございます。

879 名も無きAAのようです :2013/10/13(日) 02:03:44 ID:kyIaq9F.0
(*゚ー゚)「30円のお返しです」

一目惚れだった・・・

('A`)「好きだ、、、」

でも、面と向かって伝えられなかった

('A`)「名前はなんていうんだろうか、いきなり手を握られた(正確には触れただけ)」

('A`)「もうこの気持ち止められない!」


(*゚ー゚)「いらっしゃいませー」

ξ゚⊿゚)ξ「ちょ!しぃ!また来たわよあいつ」

('A`)「今日こそ・・・」

いくじなし、そんな僕はただただ、遠くから見つめることしかできなかった

(*゚ー゚)「う、うん・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「またあんな角に突っ立ってるだけとか、買う気ないなら帰れよ」

【あなただけ見つめてる】

(;*゚ー゚)「どっどうしよう、ツン!とうとう家の前まで来ちゃったよ〜」

ξ゚⊿゚)ξ「おっ落ち着いて!もうそれ完全にストーカーよ!警察警察!」

('A`)「今日こそピンポン、今日こそピンポン、そして好きだと伝えなくちゃ」

(´・ω・`)「キミ、不法侵入で逮捕」

('A`;)「え?」

880 名も無きAAのようです :2013/10/13(日) 02:04:41 ID:kyIaq9F.0
【出会った日から】


ξ゚⊿゚)ξ「今の彼、どうなのよ?」

(*゚ー゚)「すっごくやさしいの!それにね、守ってくれてるっていう安心を感じさせてくれて」

ξ゚⊿゚)ξ「そ、よかったじゃない、昔は変なのにつきまとわれてたもんね、今の彼ならそんなやつ撃退してくれるわね!ってもまぁあいつは捕まったっきりどうなったのか知らないけど。また他の誰かに変なことしてなきゃいいんだけど」

(*゚ー゚)「も〜やめてよ〜その話は〜あの時はすっごく怖かったんだから〜」

ξ゚⊿゚)ξ「はいはい、ごめんごめん」



壁|)

壁|`)

壁|∀`)・・・

ξ゚⊿゚)ξ「ん?」

壁|彡サッ

(*゚ー゚)「?どうかしたの?」

ξ゚⊿゚)ξ「いいえ、なんでも」

壁|<みぃーつけた


【今でも、、、ずっと】


壁|'∀`)ボクは見てるよのようです

881 名も無きAAのようです :2013/10/13(日) 05:47:09 ID:mdFjAhu60
こえーよ

882 名も無きAAのようです :2013/10/13(日) 12:58:32 ID:W9NqfwpEO
('(゚∀゚∩<見てるよ!

883 名も無きAAのようです :2013/10/13(日) 13:10:26 ID:bNerps0E0
( <●><●>) そこにいるのはわかってます

884 名も無きAAのようです :2013/10/13(日) 14:10:03 ID:5YrOboSk0
( <'><`>)わかっていたい

885 名も無きAAのようです :2013/10/15(火) 02:32:22 ID:CGGpX7aEO
( ^ω^)「今からでもおそくないお!こっちに来るんだお!」

('A`)「……すまん……ブーン」

( ´ω`)「……そうかお…もう昔には戻れないんだおね」

('A`)「…あぁ」

(  ω )「わかったお…」

( A )「……」

(  ω )「……」

( ゚ω;)つ┫ニフ「「去らば!友よ!」」∠ニ┣⊂(゚A; )





( ^ω^)つぶあん*こしあん戦争のようです('A`)

886 名も無きAAのようです :2013/10/15(火) 02:39:46 ID:CGGpX7aEO
つぶあん一択で!

は?白餡だと?お前の味覚は間違っている!!!Σm9・`ω・)

887 名も無きAAのようです :2013/10/15(火) 03:03:25 ID:M3G3zQTA0
平等に愛せない貴様に餡子を題材とした作品は書かせない。書いてはいけない

888 名も無きAAのようです :2013/10/15(火) 05:13:40 ID:HzEAatPU0
つぶ餡もこし餡も同じ物が表情を変えているだけだと言うのに、、、

(´・ω・`) の (´°ω°`) と (´^ω^`) でどっちが好きかって言い争っているようなもの

889 名も無きAAのようです :2013/10/15(火) 07:43:22 ID:D72687P.O
ξ ⊿ )ξ「やめなさいよ!」

��(#`ω´)(゚A゚#)そ

ξ ⊿ )ξ「そんな不毛な争いして、どうするのよっ…」

ξ ⊿ )ξ「つぶ餡もこし餡も白餡も、争うために作られたものじゃないわ…」

ξ;⊿;)ξ「職人が、みんなにおいしく食べてもらいたいから汗水流して作ってるのよ!」

ξ;⊿;)ξ「あんた達みたいに争ってたら、そのうち派閥を嫌がって
      誰も餡子を口にしなくなるわ!!」

ξ;⊿;)ξ「だからやめてよ…そんな不毛な争いは……」

(;`ω´)(゚A゚;)

ドクオ…( ^ω^)('A` )ブーン…





ξ゚⊿゚)ξ「わたしは餡子嫌いだけどね」

( ^ω^ )( 'A` )

890 名も無きAAのようです :2013/10/15(火) 08:25:20 ID:Vt4deI1o0
孤高のみそ餡派閥

891 名も無きAAのようです :2013/10/15(火) 20:41:36 ID:O5QT4hcw0
最後のブーンふとましいな

892 名も無きAAのようです :2013/10/15(火) 21:49:10 ID:7FOCF8bI0
なんかよくわからん巨大モンスター『アラガミ』によって陵辱(レイプ)され滅びた世界!!
人類は、なんかキモイ物体で作った兵器『神機』を創り、スタイリッシュかつ中二病全開でアラガミと対抗していた!!!


だが!!そんなことは!!地上でたくましく男前に生きる彼らの知ったこっちゃなかった!!!!


(#'A゚)「うおおおおおおおおおおおお!!!!なんかよくわからんライオンっぽい奴出たぞおおおおおお!!!!」

(´゚ω゚`)「ウホッ!!マジかああああああああああああああ!!!!今市場価格高騰してっから暫く遊んで暮らせるじゃああああああねえええええかあああああああ!!!!」

( ゚ω゚ )「女食い放題酒飲み放題じゃあああああああああああああああ!!!うひょおおおおおおおおおおお!!!!!」


原作設定、完全無視!!!!


(#'A゚)「漢は裸一貫で戦い抜くものなんじゃあああああああああああああ!!!!!」


アラガミの特性、関係無し!!


(#´゚ω゚`)「傷穴ほじくり開けてレイプしてやるぜえええええええええええええ!!!!」


中二病ですらぶち壊す!!!


(#゚ω゚ )「神機なんて軟弱なもんに頼ってんじゃああああねえええええええええええええ!!!!」



『ゴッドイーター(物理)のようです!!!!!!』


世界中の人々が「足を引っ張らないでください!」で射精したら公開!!!!!

893 名も無きAAのようです :2013/10/15(火) 21:58:29 ID:M3G3zQTA0
むしろゴッドレイパー(物理)じゃねぇかこれ……

894 名も無きAAのようです :2013/10/15(火) 22:26:37 ID:lIsciGGQ0
またお前か…

895 名も無きAAのようです :2013/10/15(火) 22:56:31 ID:nJUtTnaA0
もうお前そろそろどれか書けよ

896 名も無きAAのようです :2013/10/15(火) 23:37:07 ID:g1vVsp760
バルバトスさん、なにしてはるんですか?

897 名も無きAAのようです :2013/10/16(水) 01:05:20 ID:j56JnWHgO
お前か…

898 名も無きAAのようです :2013/10/16(水) 03:00:42 ID:.M3pdmssO
( ・∀・)「買い物ー♪買い物ー♪」


たまの休日-…
友達と遊ぶのも楽しいけれど

ひとりで過ごすのも悪くないんじゃない?


( ・∀・)「やべ 約束忘れてた。」

( ・∀・)「………」

( ・∀・)「携帯の電源切っとけばいっか。」


家の中から外まで、ひとりで満喫♪

約束なんて明日言い訳すれば良いのです。

自由気ままなおひとりさまライフ


( ・∀・)おひとりさまなようです


近日公開!!(しませんw)

('A`)「遅ぇ……」

('A`)】「携帯も繋がんねーし………」

('A`)「………」

('A`)「もう少し待ってみるか……」


乞うご期待!!(しないでくださいw)

(* ・∀・)「〜♪」

899 名も無きAAのようです :2013/10/16(水) 03:36:15 ID:yn.FY7P20
( ・−・ ) 「本当に良いのか?あちら側へ行けばもう二度とこちら側には戻ってこられないんだぞ?」

(  ゚∀゚ )「ああ、いいぜ」

( ・ー・ )「分かった・・・・・・よし、じゃぁ行くか!」

( ・−・ )(この世界の脅威を取り除くために・・・)

うるさくて静かな世界を取り戻すようです

900 名も無きAAのようです :2013/10/16(水) 22:45:55 ID:UhAbeAZw0
 庭の片隅、植木鉢の陰、一匹の猫が息絶えていた。

 お墓に埋めてあげよう、と言ったのはどちらだったか。

 二十数年の月日に埋もれた記憶はところどころが抜け落ちて、曖昧で、
 夢のような色合いをしている。
 だから、もしかしたら本当に夢だったのかもしれないと弟者は今でも思うことがある。
 
(´<_` )「あにじゃ、おれ、すこっぷをもってくる」

 あにじゃはねこさんをみていて。

 二つのスコップを手に戻ったとき、猫の姿はそこになかった。
 時間にして、せいぜい三分のことだった。

901 名も無きAAのようです :2013/10/16(水) 22:46:50 ID:UhAbeAZw0
(,,゚Д゚)「じゃ、これ、頼むわ」

( ´_ゝ`)「はーい……」

 兄者は男の手から放られた封筒の中身を確認しなかったし、
 男も三分かからずに終わる兄者の仕事を見届けずにその場を去った。

 兄者の前に置かれた、ぐったりと重そうな寝袋。
 外国製だというそれは日本人なら成人男性でも楽々、収納することができる。

 男――名をギコという――は、金と共にこれを置いていく。
 週に一度、持ってくるときもあれば、一年間音沙汰がなかったこともあった。

( ´_ゝ`)「頭部が無事だといいけどなあ」

 一人ごちて、寝袋のジッパーを少しだけ、下げた。
 おそるおそる、そこから手を差し入れる。
 
 さわった感触は、冷たい。
 ところどころ、ざらざらとしたものが付着している。
 思うよりも早く兄者の経験はそれが固まった血であることを彼に教えた。

 脳や飛び出した眼球にふれなかったことに、安堵した。
 兄者はこの仕事を始めて長いけれど、適職だと思ったことは一度たりともなかった。
 
( ´_ゝ`)「早く成仏してくれよー」

 そのまま、一分。
 二分。
 三分……

902 名も無きAAのようです :2013/10/16(水) 22:47:52 ID:UhAbeAZw0
……十分が経過。

 寝袋の中身は依然として、そこにあった。

(;´_ゝ`)「あっれ、なんで消えないんだろ?」

 予想外の事態に焦って、寝袋の中の手をめちゃくちゃに動かす。
 兄者の顔色はみるみるうちに青くなっていた。たぶん、寝袋の中身に勝らずとも劣らない。

 混乱寸前の頭で考えた、中身が消えない理由は二つ。
 一つ、自分が能力を失ったから。

 そして、もう一つは。


(  )「だって、俺、まだ死んでないし」





( ´_ゝ`)



(;゜_ゝ゜)「GYAAAAAAAAAA!!!」

 反射で手を引っ込めた。
 下げられたジッパーの間から汚れた手がにょっきりと出てきて、
 寝袋の中身は自ら寝袋を脱ぎ去った。

 息が、止まる。

903 名も無きAAのようです :2013/10/16(水) 22:48:36 ID:UhAbeAZw0
 さっきまで死体として扱われていたとは思えないほどにぴんと立った彼は、
 そういえば人並み以上の生命力を誇っていた。兄者はそのことをよく知っている。
 だって、幼い頃、崖から転がり落ちたくせに軽い打撲と擦り傷ですみ、
 車にぶつかられたときも入院することなく、一週間後には平然と体育に参加していた。
 兄者はそれらを、いちばん近くで見ていたのだから。

(´<_` )

 十年前、行方不明になって、今度こそ死んだのかと思っていた。
 目の前で呼吸をしている彼は、まぎれもなく、兄者の弟だった。

(´<_` )「よお」

(;´_ゝ`)「よ、よお……? えっ何これ夢?」





(;´_ゝ`)絶対に捕まらない殺し屋のようです(´<_` )


 触れた死体を消滅させる能力をもつ兄と、
 殺人で生計を立てる弟のお話。



(´<_` )「死にそうに寒いんだけど」

(;´_ゝ`)「あ、死体みたいに冷たかったもんな、おまえ」

904 名も無きAAのようです :2013/10/17(木) 18:08:02 ID:RjVkUWJwO

ξ*゚⊿゚)ξ「…いいわ、素晴らしい筋肉だわ…」

ξ*゚ー゚)ξ「あなたみたいな人に…」

(*´ー`)そ「おぉほっ」

ξ*゚⊿゚)ξ「抱かれたいと、思っていたの…」

( ´ー`)「ひひっ…」

(*´ー`)「ひひひ、いい女ダーヨ…俺が、たっぷり可愛がってやるんダーヨ…」

(*´q`)「今夜は、寝かさないんダーヨ…グヘヘヘッ」

ξ*-⊿-)ξ


( ^ω^)       ξ゚⊿゚)ξチラッ

ξ-⊿-)ξコクリ

( ^ω^)b(おk)

( ^ω^)「さあ、行くとするかお…」

( ^ω^)「…ドクオは清掃員、僕はそこの社長」

('A`)b「ああ、おkだ…最初と同じ計画だな」

( ^ω^)b「…油断するなお、グッドラック」


( ^ω^)ξ ゚⊿゚)ξ( 'A`)スパイ大作戦のようです(・∀・ )(-_- )   Σジャジャァアーーーンッ

905 名も無きAAのようです :2013/10/17(木) 20:21:39 ID:z5FQV/zAO
デッデーデデ

デッデッデーデ

デッデーデデ

デッデッデーデ






ペプシマーーーーン!!!

( o )「シュコー!」




( o )帰ってきたペプシマンのようです

906 名も無きAAのようです :2013/10/17(木) 21:46:37 ID:qCv9PlpsO
>>899>>905
おい、ここは一番盛り上がるとこを書くとこだぞ 
まあプロローグの1レスならいいけど、第一話がくるのを待ってるからな

907 名も無きAAのようです :2013/10/17(木) 23:30:06 ID:pDmNR3NU0
>>905
はよ!!!はよ!!!!!!!!
メッツとかいう新参をシメてやってくださいよ!!!!!

908 名も無きAAのようです :2013/10/18(金) 00:22:54 ID:8fg5hcDsO
>>906
お前のルールなんて知らんがな

909 名も無きAAのようです :2013/10/18(金) 08:35:41 ID:n.yTLgJE0
>>906
どこにもそんな事書いてへんがな

910 名も無きAAのようです :2013/10/19(土) 01:34:43 ID:LMuuEmR.O
>>908-909

( ・∀・)「自分のルールか…」

 醜い、あまりにも醜い争いだ。僕は嘆息し、ルールというものについて考えた。

 ルール…社会の秩序を保つために設けられた規則、掟。人が、人を縛るために作った戒め。
縛られることを嫌がる人もいるし、固く誓い厳守する人もいる。

 僕は、そんな「ルール」を捨てたいと思っているのだ。
そもそも、列挙できる限り浮かべた「ルール」は、一人一人が気を付けていけばいいものだ。
人があらかじめ作ってしまうから、守ろうとしないのだ。

(;´∀`)「失礼ですが、、坊ちゃま。」

( ・-・)「なんだい、いまいいところなのに」

(;´∀`)「かの勇者のような顔をしてもだめですモナ」

(;´∀`)「まさか今回なられるお仕事は『精神科医』では」

( ・∀・)「残念だったね。全く違うよ。」

( ・∀・)「『哲学者』さ」

( ・∀・)坊ちゃまは哲学者を目指すようです

(;´∀`)※嘘予告ですモナ、お取り込み中、申し訳ございませんモナ…

911 名も無きAAのようです :2013/10/19(土) 11:01:36 ID:9ynIsWlAO
>>910
お前天才だよ

912 名も無きAAのようです :2013/10/19(土) 12:19:21 ID:Pva9diio0
がながなでガナーちゃん来ないかなーなんて

913 名も無きAAのようです :2013/10/19(土) 13:11:41 ID:xjlJEWfs0

キーンコーンカーンコーン


('A`)「はぁ……だっりぃなぁ」


 近くを通りがかった小学校から、終業の音が聞こえた。
 生来の面倒臭がりな性格。
 それはいつか変わる時が来るのだろうと、何となく思っていたのだが。


('A`)(高校中退してコンビニバイトの日々ねぇ。いつまで続けられっかな)


 人間、そうは変われない。
 思っているだけで行動しないのだから、まぁ当然か。


「あれっ、もしかして欝田じゃない?」

('A`)「えっ?」


 下を向いて何かいいものでも落ちてないかと探すように歩いていた俺に、声がかけられた。
 一瞬どきっとしたのは、それが聞き覚えのある女の声だったから。

914 名も無きAAのようです :2013/10/19(土) 13:12:47 ID:xjlJEWfs0

ξ゚⊿゚)ξ「久しぶりー、覚えてるぅ?」

('A`)「……お、おぅ」

ξ゚⊿゚)ξ「相変わらずテンション低いよね、欝田」

(;'A`)「や、いやいや、んなことないって」


 家柄の裕福な美熟人妻から、行きずりの肉欲を求めてお声がかかる事はないだろうか。
 常日頃、道行く女どもを脳内で丸裸にしつつ街を練り歩く事が日課の俺に、そんな機会は訪れない。
 案の定、今回もそのようなことはなかった。

 こいつはたまたま中学、高校とクラスが一緒だった同級生の津出だ。

 男女分け隔てなく接するこいつは、物事を歯に衣着せずはきはきと喋り、かわいいから人気もあった。
 現に今、風に乗って運ばれてくる津出の髪から漂うフローラルが、俺の本能を刺激してくる。
 清潔感に加えて、まだ大人に差し掛かる一歩手前といった段階の若さゆえの瑞々しさ。
 出会ってまだ二言しか交わしていないが、自らの男としての証が、熱く波打った感触を憶えた。

915 名も無きAAのようです :2013/10/19(土) 13:13:31 ID:xjlJEWfs0

ξ;゚⊿゚)ξ「あんたその癖まだ抜けてないの?」

(;'A`)「あ、いやいや、やっぱさ……」

ξ;゚⊿゚)ξ「いい加減なおしなよ〜、もう〜」

(;'A`)「ハ、ハハ」


 へこへこと頭を下げるように、ついつい後ろ頭を押さえながら人と話す悪癖。
 一度クラス中に聞こえる大声で、そんな癖はやめたほうがいいと指摘された事がある。
 これは大変に恥ずかしい、媚びへつらうようで許せなかったらしいのだが大きなお世話だ。

 可愛いから許すが、今どきツインテールとかマジで俺のツボを狙っているとしか思えない。
 「この女、俺に抱かれたいのだろうか」と思った事も、過去に二度や三度ではないのだ。
 今も、足元に視線を下ろす振りをしては、生足をつぶさに何度も拝謁している。

 同時にそれを機に、股の間にぶら下がる雄としてのシンボルの動きに異変を察した。
 更に自己主張を強めようとしていたその動きを、決してメスの嗅覚にだけは気取られぬよう、
 何気なさを装って、しかし素早く差し込んだハンドポケットの右手の指先でねじ伏せる。

 手綱を握るのは、俺だ。

916 名も無きAAのようです :2013/10/19(土) 13:14:26 ID:xjlJEWfs0

ξ゚⊿゚)ξ「あ、そういえばあんたも行くんでしょ?」

('A`)「え?」

ξ;゚⊿゚)ξ「嘘、もしかして知らなかったの!?」

(;'A`)「は……いや、何が?」

ξ;゚⊿゚)ξ「内藤よ! 内藤が帰ってくるのよ、今日!」

(;'A`)「えっ……はぁぁっ!? マジで!? どっから!?」

ξ;゚⊿゚)ξ「大マジよ!」


 内藤とは中学時代から一緒に3年間を過ごした、気のおけない友達だ。
 その頃は親友といえる間柄だったけれど、あいつが俺と同じ高校に上がる事はなかった。

 なぜなら中学3年の時、ともに修学旅行先として訪れた北海道で、あいつは行方不明となった。
 学校側の責任追及はマスコミの影響で大きく取りざたされ、当時は大問題に発展した。
 警察は300人体勢で内藤が消息を絶った地域の捜索をこれまでも続けてきたが、
 結局有力な情報を得ることが出来ないまま、その後3年の月日が流れた。

917 名も無きAAのようです :2013/10/19(土) 13:15:58 ID:xjlJEWfs0

 俺が高校を中退したのは、内藤という近しい友達がいなくなってしまった事も影響している。
 だけど、当時はそんなことになったのは自分のせいなのだと、俺は自殺まで考えた。


('A`)『どうせあいつ津出とセックスしてんだろうな……死んじまえばいいのに』
スコスコ

 ある日俺が日課をこなしながら呟いた、そんな悪意に満ちたひと言が原因だったのではないかと。
 津出は恐らくあの時内藤と密かに付き合っていた。公言こそしていなかったが、二人は下校時、
 よく並んで歩いて帰っていたのが目撃されている。

 内藤が行方不明になって、クラスにお通夜のようなムードがしばらく続いていたのは、
 泣きはらした表情で毎朝登校してきては、食事も喉を通らないほどに激ヤセしていたツンが、
 クラスの全員にとってはいたたまれなかったからだ。やはり両思いだったのだ、今でも死ねばいいのにと思う。

 そのツンから、聞かされたのは―――


       / jjjj      _
     / タ       {!!! _ ヽ、
    ,/  ノ        ~ `、  \  
    `、  `ヽ.        , ‐'`  ノ   「おおおぉぉぉいっ!」
     \  `ヽ( ^ω^)  .ノ/
       `、ヽ. |``Y" | r '
        i. 、|  ¥ | ノ
        `、.` -‐´;`ー イ

918 名も無きAAのようです :2013/10/19(土) 13:17:18 ID:xjlJEWfs0

 函館でロシア人に拉致され、そのまま北朝鮮へと連れ去られるさなかで船が難破。
 救命胴衣も無しに船外へと放り出された後に、たまたまTVで備えていた救命知識を用いて、
 ジーンズに上手く空気を取り入れて浮力を得ることに成功する。

 冷たい海水に低体温症を起こしながらも、命からがら流れ着いた先がロシアのナホトカ。
 漁師に発見されて救助された後、コニャックを振る舞われ賑やかな酒宴の中で現地のロシア人と意気投合。
 「養子にならないか」と強引に引き留められ、それでも日本に帰りたいと言ってみた所、大喧嘩に。
 娘の通報により現地警察が駆けつけると、すぐさま留置場へと放り込まれた。

 「タイシカンニツナイデクレオ」の一点張りで押し通そうとするも、身分証明書を一切持たず、
 血まみれの小汚い風貌。運び屋か何かと間違われてしまい、全身をX線で検査される始末。
 不当な扱いに腹を立て警官ともみ合いになった際、居合わせた一人がやむなく発砲。
 運悪くそれは同僚警官の脇腹に命中し、「シラナイオ、ブーンジャナイオ」などと絶叫しながら
 裸足で警察署から逃走を図る。

919 名も無きAAのようです :2013/10/19(土) 13:18:20 ID:xjlJEWfs0

 背に腹は代えられず、乗り込んだタクシー運転手の喉元に、自分の足裏に刺さっていたガラス片を突きつけ、
 およそ2時間にも及び走らせ続けた。最終的には建造中のバイパスから仮組みの鉄骨を足場にジャンプ。
 歯噛みする警官らをよそに、タクシー運転手と「こんな熱いチェイスは久しぶりだった」と感謝されつつ
 固く握手を交わした後に名残惜しくも別れ、別行動を取ることに。

 たまたまそれを見ていた中国系マフィアのボスからスカウトされ、一時的に隠れ家へと案内される。
 軽い気持ちで「イエス、イエス」と答えていたら、なぜかリアルな重量感のトカレフを手渡され、
 いつの間にやら敵対組織のボスを殺るヒットマンへと仕立てあげられていた事に気付く。

 決行当日、震える手でトカレフの銃身を眺めていると、ふと部下の一人がすすめてくれたコニャックに
 故郷の味を思い出し――――いや、ここは故郷ではない、俺の故郷は日本だという決意を新たにし、
 「この仕事が終わったら、日本に帰ろう」と固く心に刻み込んだ。

 そして、人気が無いのを確認して、馴染みのクラブに入っていく敵対組織のボスに向けて引き金を引いた。
 その瞬間、大きな風圧が発生して思わず狙いが逸れてしまう。
 突風をを巻き起こしながら上空から降下してきたのは、ガトリングを装備した武装ヘリコプターだった。

920 名も無きAAのようです :2013/10/19(土) 13:19:05 ID:xjlJEWfs0

 「しまった、ここまでの手はずを整えているとは」
 舌打ちし、3秒後に訪れるであろう人生最期の瞬間に向けて祈った―――
 だが、偶然にも狙いの逸れた弾丸は操縦席のパイロットの眉間に叩きこまれており、
 激しい爆音と共に武装ヘリは墜落、炎上した。

 それに驚いたのはブーンよりも、ターゲットであったはずの麻薬組織のボスであった。
 武装ヘリによる襲撃もまた、この男を狙った別の敵対組織によるものだったのだ。
 命の恩人だといたく感謝され、自分が実はヒットマンだと明かしてさえ、力になれる、と言ってくれた。
 その言葉を信じて、ヒットマンとしての役目を果たすこと無く、そのまま敵対組織のマフィアへと寝返った。
 そこのボスは昔気質のえらく情に厚い男であり、数日待ってくれれば日本への密航便を手配出来るという
 その言葉を信じ、仲良くなったボスと夜ごと隠れ家で酒を酌み交わしながら、約束の時を待っていた。

 数日後、別れは突然に訪れる。
 あと2時間後に船が到着するという段になってから、業を煮やした元の組織が更なるヒットマンを送ってきた。
 トラックで隠れ家を襲撃してきた人数は14人、全員が自動小銃や手榴弾で武装しており、護衛であった
 3人の部下は瞬く間にやられてしまった。

921 名も無きAAのようです :2013/10/19(土) 13:19:53 ID:xjlJEWfs0

 「このままではお前もやられる、逃げろ」
 口の端から血を流しながら、それを最期の言葉に逝ったボスの想いに報いるべく、残されたトカレフ一丁で
 どうにか連中とやりあう腹づもりを決める。左肩と右腹部に銃弾を受け、満身創痍になりながらも
 一弾一殺で14名の敵全てを冥土へと送ってやったという。
 トラックを運転していた筋肉モリモリマッチョメンの変態が、そこで満を持して登場する。
 最後の相手という訳だ。「こいよ、銃なんて捨ててかかってこい」

 その言葉に、満身創痍ながらもプライドを逆撫でられて受けて立つ事に。
 武装トラック突入時の火災が徐々に拡大し、燃え落ちていくあばら屋で最後の戦いが始まった。
 軍人くずれの黒人が放つボクシング仕込みのパンチは鋭く、殴られる一方。
 顔に大きな青あざが増え続け、このまま気を失うかと思ったその時、走馬灯の様に母国の日の丸が思い浮かんだ。

 日本が世界に誇るものはなんだ、空手の大山倍達か、合気の塩田剛三か。
 いいや、こいつはボクシングで向かってきている、ならば俺もボクシングで応えよう。
 日本には、あの伝説のチャンプ、輪島功一の技がある。

922 名も無きAAのようです :2013/10/19(土) 13:22:27 ID:xjlJEWfs0

 突然頭を振って脇へと視線を送ったブーンに、黒人もまたそれにならった。
 一瞬の隙を見逃さず、次の瞬間正面へと向き直った黒人の鼻っ柱に、ストレート一閃。
 ただ一発、ワン・パンチにて失神KOを勝ち取ると、一足先にあの世に逝ってしまったボスにも聞こえる程の、
 勝利の雄叫びを放ち続けるブーンの影が、いつまでも、いつまでも炎の中で揺らめいていたという。

 その後、紆余曲折を経て―――メキシコへと辿り着く。
 麻薬組織に魂を売った汚職警官の罠にハメられ、そこでもブーンには試練が待ち受けていたらしいが……

 修学旅行中に行方不明となった同級生との、3年の時を経た再会。
 京都の舞鶴からフェリーでやってきたという彼の肉体は、ウェポンXと呼ぶに相応しい完成度に高められていた。


 (メ^ω^)「オイーッス、ドクオー。ひっさしぶりだおねぇ!
        なんだかんだで13ヶ国旅してきたお。日本は平和でいいおー!」

 ('A`)「この、筋肉達磨の御仁は?」

 ξ゚⊿゚)ξ「ここ2年ばかしは、中東で”クリシュナ”とまで讃えられるようになった、内藤よ」 


 ( ^ω^)とことんTOUGH!のようです

供養させてもらった。長々ごめんなさい

923 名も無きAAのようです :2013/10/19(土) 13:24:09 ID:uFDr/Bb20
クソワロタ

924 名も無きAAのようです :2013/10/19(土) 14:38:37 ID:fTGjkJu60
これ見たいwww

925 名も無きAAのようです :2013/10/19(土) 14:54:50 ID:9ynIsWlAO
グレート…!

926 名も無きAAのようです :2013/10/19(土) 15:03:56 ID:iEdJY6vw0
良いなこれwww

927 名も無きAAのようです :2013/10/19(土) 22:38:53 ID:xjlJEWfs0
ほぼこれが全ての内容だったw
勢いだけでたらた書いたので変な部分だらけだけど、少しは笑えてもらえたようで何より

928 名も無きAAのようです :2013/10/21(月) 21:45:51 ID:bNPRa88o0
( ^ω^)「あかちゃんはどこから来るんだろう…」

( ^ω^)「どこから来るんですかドクオくん?」

('A`)「そんなこと聞かれても、僕達まだ女の味も知らない小学一年生だからなぁ」

( ^ω^)「なんてこった…この知識欲をどこで埋めればいいんだ…もうレイプするしかないのかお…」

('A`)「落ち着け、僕はその答えを知らないが、きっと彼らなら教えてくれるはずだ!!」

( ^ω^)「彼ら?」



      r ‐、
      | ○ |         r‐‐、     
     _,;ト - イ、      ∧l☆│∧
   (⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l  『良い子の諸君!のようです』
    |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒) 
   │ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /| 
   │  〉    |│  |`ー^ー― r' | 
   │ /───| |  |/ |  l  ト、 |  
   |  irー-、 ー ,} |    /     i      
   | /   `X´ ヽ    /   入  |

929 名も無きAAのようです :2013/10/22(火) 04:19:49 ID:PVcqfFqUO
皆さんは幼少の頃に【カメハメ波】や【霊丸】や【ペガサス流星拳】などを真似た事がないだろうか?

このお話は皆さんが知らず知らずに起こした真実である。



( ^ω^)「カーメーハーメー波ー!」ボッ



(,,゚Д゚)「こんな宇宙の片隅にこれほど美しい惑星が存在していたとはな…」

(-@∀@)「ギコ様!前方の惑星よりエネルギー弾が接近して来ます!」

(,,゚Д゚)「なに!?」

シュン

( ・(エ)・)「船体に損傷無しクマ」

(,,゚Д゚)「…どうやらあの惑星には先客がいるようだな」

(-@∀@)「ギコ様」

(,,゚Д゚)「うむ、主砲にエネルギー重点!先客を皆殺しにしてくれるわ!」

(-@∀@)「「了解!!」」(・(エ)・ )

930 名も無きAAのようです :2013/10/22(火) 04:21:11 ID:PVcqfFqUO
( ^ω^)「ん〜。もっとこう、全身の力を掌に集める感じで……」

( ―ω―)「……」スー ハー

( ―ω―)「カ〜、メ〜、ハ〜、メ〜……」



( ・(エ)・)「エネルギー重点完了クマ!」

(,,゚Д゚)「よし。目標エネルギー弾発射地点!」

(-@∀@)「目標エネルギー弾発射地点!」

ピピピ

(-@∀@)「セット完了!」

(,,゚Д゚)「てぇー!!!」

バヒューン!

931 名も無きAAのようです :2013/10/22(火) 04:23:28 ID:PVcqfFqUO
( ゚ω゚)クワッ!

(#゚ω゚)「波あぁぁぁぁあぁぁぁぁぁ!!!!!」

ドゴオォォォォォン!!!



(;-@∀@)「前方の惑星より先程とは比べ物にならない強力なエネルギー弾が接近して来ます!」

(,;゚Д゚)「なに!?」

(;・(エ)・)「こちらのエネルギー弾が押し返されているクマ!」

(,;゚Д゚)「くっ!一時撤退だ!フルスピードでこの領域から離脱しろ!」

(;-@∀@)「だ、駄目です!回避間に合いません!」

(,; Д )「クソ!クソッ!クソオォォォ!!!」

ドッゴオォォォオォォオォォォン…



( ´ω`)「ハァ…やっぱりリアルだとカメハメ波は出ないおね…」





( ^ω^)知られざる真実のようです

932 名も無きAAのようです :2013/10/22(火) 11:54:16 ID:DUJgd.VMO
なんで嘘予告なんだ…

933 名も無きAAのようです :2013/10/23(水) 00:40:57 ID:e1QJThp20
妄想中二病

('A`)「邪気眼なめんなよ、マンドクセ」

ドクオ参戦!!

疾風の豚野郎

( ^ω^)「ボクのスピードについてこられるかお?」

ブーン参戦!!

白衣の堕天使

从 ゚∀从「診察してやるよ」

ハイン参戦!!

微笑みの悪魔

(*゚ー゚)「あんまりこーゆーの好きじゃないんだけどなぁ」

しぃ参戦!!

ペチャパイのツンデレ

ξ゚⊿゚)ξ「ドリルで貫かれたいのは誰?」

ツン参戦!!

ブーン系オールスター大乱闘スマッシュブラザーズ!!のようです

( ´_ゝ`)「ブラザーズなら俺らじゃねぇの?」

(´<_` )「出番ないみたいだな兄者」




warning・・・warning・・・warning・・・

???「たかしのために頑張るからね!」

934 名も無きAAのようです :2013/10/23(水) 06:15:39 ID:lsI9/Vgc0
>>933
ブンツンドーのエイプリルフール企画に同じネタがあったお

935 名も無きAAのようです :2013/10/23(水) 07:02:30 ID:0/Uw5OMk0

('A`)「ん? なんだこの手紙……開けてみるか」

ある日、少年の元に届いた一通の手紙

『欝田ドクオ様
 おめでとうございます!この度、貴方は"ドリームクラッシャー"に選ばれました!

  ☆仕事内容☆
 *貴方には毎夜、夢に囚われている人(以下"彼ら")の夢に入ってもらいます。
 *彼らは、現実では成し得ない願いを夢で叶えようとしています。
 *そんな彼らに現実を教え、夢から覚ましてあげてください。
 *夢のなかで24時間たつと、強制的に貴方は夢から覚め、彼らは永遠に夢で過ごすことになります。
 *一人覚ますごとに、10万ほどの報酬があります。
 *毎夜強制的に他人の夢に送りますが、夢の中で仕事をするかどうかは貴方次第です。』

(;'A`)「なんだこれ……イタズラか? まあいいや、シラネ」ポイッ

この手紙のせいで少年は、夢の中で様々な人と出逢うことになる

936 名も無きAAのようです :2013/10/23(水) 07:03:28 ID:0/Uw5OMk0

夢の中で死んだ妻と暮らす老人

/ ,' 3「どうせ目を覚ましたところで、心配してくれる妻もいない……待っているのは病気の辛さだけじゃ」

/ ,' 3「だからどうかこの老いぼれへの餞別だと思って、わしを見逃してくれんか?」

('A`)「……っ、でも……」

/ ,' 3「もうすぐ死ぬ人間なんじゃ……気にしなくともいいんだよ」

(;'A`)(ど、どうしたらいいんだよこれ……
!)


治らない病気を患った少年

(*´・ω・`)「僕さ、一度でいいからこうやって外で走り回ってみたかったんだ! 外ってこんなに楽しいんだ!」

(*´・ω・`)「遊んでくれてありがとう、お兄ちゃん!」

(; A )「おう……ゲホッ……良かったな……ゼ-ハ-……」

937 名も無きAAのようです :2013/10/23(水) 07:04:39 ID:0/Uw5OMk0

恋人を待つ幼馴染み

三(ノ;A;)ノ「どっくんアターック! リア充死ねええ!!」ドーン

(;^ω^)「おおっ!? いてーお、ドクオ!」

ξ;゚⊿゚)ξ「ドクオ!? なんであんたがここに!」

(;A;)「なんでこんなところまで来てリア充どものイチャイチャを見せつけられなきゃいけないんだよちくしょう!」

ξ;゚⊿゚)ξ「はあ? 何言ってるのあんた……」

(;A;)「しかもどっちが夢見てる奴か分からねえし! 難易度高いよ!」


そして―――

( ・∀・)「やあ、歓迎するよ欝田くん」

( ・∀・)「ようこそ……"ドリームメーカー"へ」

(;'A`)「ドリームメーカー……? ってまさか」

( ・∀・)「そう。私が人々を夢に誘い、そして君をドリームクラッシャーにしたんだよ」


     ('A`)ドリームクラッシャーのようです


ありがちっぽいので嘘予告に

938 名も無きAAのようです :2013/10/23(水) 12:31:11 ID:Kypg1DsEO
ありがちでもいい、そのネタ書いてくれ
書かないならもらっちまうぞ

939 名も無きAAのようです :2013/10/23(水) 13:01:40 ID:VSpnG.HU0
>>937
>>938
ふたりで二作書こうぜ!

940 名も無きAAのようです :2013/10/23(水) 13:45:01 ID:50I4BKAYO
ありがち=王道=大好物です!

941 名も無きAAのようです :2013/10/23(水) 15:25:35 ID:zG6qXVvk0
グレーゾーンで嘘予告めっちゃまとめられてるね

942 名も無きAAのようです :2013/10/23(水) 16:03:08 ID:9Jhp1IOM0
(働きすぎで潰れないだろうな…)

943 名も無きAAのようです :2013/10/23(水) 18:53:25 ID:0/Uw5OMk0
>>938
書いてくれてもいいんだぜ…?

944 名も無きAAのようです :2013/10/23(水) 22:52:42 ID:Kypg1DsEO
>>943
おk

945 名も無きAAのようです :2013/10/24(木) 22:46:57 ID:gnoMPSUsO
('A`)「はぁ…寝坊してオーキド博士からポケモン貰えなかった…」

('A`)「……しょうがない、あれを持っていくか」

―――30分後―――

('A`)「よし、行くか」

トコトコ

トコトコ

トコトコ

('A`)「ん?あれは…」

(キャタピー)「ムシャムシャ」

('A`)「キャタピーだ!…飯中でこっちに気づいてないな……」

〜( 'A`) ソローリ

(キャタピー)「ムシャムシャ」

〜〜( 'A`) ソローリ

946 名も無きAAのようです :2013/10/24(木) 22:49:41 ID:gnoMPSUsO
ドクオはキャタピーの背後に立つと持ってきたハンカチをキャタピーの口元に押し当てた。

(キャタピー)そ「っ!?」

('A`)「……」

(((キャタピー)))ジタバタ

((キャタピー))ジタ…バタ

(キャタピー)ジタ…

(キャタピー)zzZ

なんと、キャタピーは眠ってしまった。

( 'A`)「……」ガサゴソ

ドクオは素早くキャタピーをモンスターボールに押し込めた。

ドクオはキャタピーをゲットした。

('A`)「よし、ポケモンゲットだぜ!」





('A`)はポケモンマスターを目指すようです

947 名も無きAAのようです :2013/10/24(木) 22:53:26 ID:RvuFab1s0
ひっでぇwwww

948 名も無きAAのようです :2013/10/24(木) 23:03:59 ID:fdZGI6HE0
川 ゚ -゚)「…ハロウィンだな」

<ヽ`∀´>「クーがイベントに関心を持つなんて珍しいニダね」

川 ゚ -゚)「いやな、仮装という点が素晴らしいと思ってな」

<ヽ`∀´>「何かコスプレするニダ?」

川 ゚ -゚)「…」ジィー…

<ヽ;`∀´>「…あの、まさか」

川 ゚ー゚)「この前、ハインとドンキホーテに行ってきたんだ…」ジリッ

<ヽ;`∀´>(アカン)ジリッ…



:川ヽ ∀ >: ニダーン




川*゚ -゚)「思ったとおりだ…最悪なまでに女装が似合わない。バケモノだなこれは」

川ヽ;∀;>「だったら何で着せたニダアアアアアアアアアア!!!!!」

川*゚ -゚)(ああもう可愛いなぁ)



川*゚ -゚)ニダーが可愛すぎて夜も眠れないようです



('A`)「姉御ー、そろそろ3DS返し…」


川ヽ;`∀´>そ


('A`)「て……」


('A`)白「おいブーン早く来いすっげえ面白いもの見れるぞ」

川ヽ;`∀´>「ちょっ…やめろ!!」

:川* - ): ブルブルブルブル

949 名も無きAAのようです :2013/10/24(木) 23:04:43 ID:fdZGI6HE0
川 ゚ -゚)「…ハロウィンだな」

<ヽ`∀´>「クーがイベントに関心を持つなんて珍しいニダね」

川 ゚ -゚)「いやな、仮装をするという点が素晴らしいと思ってな」

<ヽ`∀´>「何かコスプレするニダ?」

川 ゚ -゚)「…」ジィー…

<ヽ;`∀´>「…あの、まさか」

川 ゚ー゚)「この前、ハインとドンキホーテに行ってきたんだ…」ジリッ

<ヽ;`∀´>(アカン)ジリッ…



:川ヽ ∀ >: ニダーン




川*゚ -゚)「思ったとおりだ…最悪なまでに女装が似合わない。バケモノだなこれは」

川ヽ;∀;>「だったら何で着せたニダアアアアアアアアアア!!!!!」

川*゚ -゚)(ああもう可愛いなぁ)



川*゚ -゚)ニダーが可愛すぎて夜も眠れないようです



('A`)「姉御ー、そろそろ3DS返し…」


川ヽ;`∀´>そ


('A`)「て……」


('A`)白「おいブーン早く来いすっげえ面白いもの見れるぞ」

川ヽ;`∀´>「ちょっ…やめろ!!」

:川* - ): ブルブルブルブル

950 名も無きAAのようです :2013/10/24(木) 23:08:23 ID:eJ8t/BAk0
(お、キングダムカデ人間かな?)

951 名も無きAAのようです :2013/10/25(金) 00:12:04 ID:TJ9L5buI0
クーニダは萌えません以上

952 名も無きAAのようです :2013/10/25(金) 00:39:47 ID:auyeQfTEO
キングダムキングダムうるせえ

953 名も無きAAのようです :2013/10/25(金) 07:49:14 ID:kNL.rmL20
王国さんちーっす

954 名も無きAAのようです :2013/10/25(金) 19:10:18 ID:bXVJlWvY0
( ^ω^)「塔の一部が崩れたって? そんな筈はないお。この塔はレーヴァテイルたちが【謳】の力で守ってくれているんだからー」

('A`)「ああ、そのはずだ。でもな、妙な話を聞いたんだ」

( ^ω^)「妙な話?」

('A`)「塔の中心部で謳を紡いでいるはずのレーヴァテイルを、町で見かけた奴がいる」


 元ネタ・アルトネリコ


ξ ゚撿゚)ξ「…だから、レーヴァテイルはずっと謳を紡いでいろっていうの? 冗談じゃないわよ」

「この身が朽ち果てるまで、私は謳うさ。それが私の運命で、私の使命なんだからな」(゚- ゚川


 塔の存在を左右するはずのレーヴァテイルたちが、何故、謳うことを止めたのか撿

(;^ω^)「き、君は何者なんだお!?」

( ゚ ゚)「………」

 謳うことを止めたレーヴァテイルたちと、彼らの前に現れる、謎の人影。

955 名も無きAAのようです :2013/10/25(金) 19:21:53 ID:bXVJlWvY0
ξ#゚撿゚)ξ「アンタにダイブされるくらいなら、私がこの塔から外にダイブした方がマシよ!」

川 ゚ -゚)「見られて恥ずかしいものは…まぁ、無い訳ではないが…君がダイブしてくれるなら、我慢しよう」

 謎を解くための鍵を探しに、ヒロインの心にダイブしたブーンが得たものはー

从 ゚∀从「塔の管理者? オレだけど何か用?」

( ^ω^)「」

( ^ω^)「えっ」

956 名も無きAAのようです :2013/10/25(金) 19:26:20 ID:bXVJlWvY0

( ^ω^)「……ツン」

ξ ゚撿゚)ξ「……」

( ^ω^)「謳って、くれないかお?」


 ξ ゚撿゚)ξ少女の詩は世界を救うようです


アルトネリコの設定を頭に叩き込んでヒュムノス語でブーン系投下し終わったら書く

957 名も無きAAのようです :2013/10/26(土) 02:03:24 ID:5mWffGnMO
むかしむかし、あるところに赤ずきんちゃんというかわいいかわいい娘が……


 @@@
@#_、_@
 (  ノ`)「じゃあ、ちょっとおばあさまのところにいってくるかね」

J( 'ー`)し「森にはおおかみがいるから気を付けるんだよ」

 @@@
@#_、_@
 (  ノ`)「わかってるよ。ちゃんと毛皮を剥いでくるさ」

J( 'ー`)し「うふふ。わかってればいいのよ。じゃあ、言っておいで」


かわいい……えっ?かわ……えっ?



 @@@
@#_、_@
 (  ノ`)  赤ずきんちゃん?のようです


おおかみさん役(( ´_ゝ`))がこの後生きてたら公開

958 名も無きAAのようです :2013/10/26(土) 09:30:04 ID:KMLfcLF20
兄者逃げてぇぇぇぇぇ!!www

959 名も無きAAのようです :2013/10/28(月) 21:41:01 ID:EiVKMCfkO
('A`)m9「犯人はアナタです!」

(´・ω・`)「違います」

(;'A`)「え?…し、証拠だってここにa」

(´・ω・`)「違います」

(;-A-)(ん〜、こんなに否定するってことは犯人は別の人なのか?)

(´・ω・`)っfy=ー -=・ バキューン!

(,, Д )「グハァッ!」バタン

('A`)「ん?」

(´・ω・`)〃スチャ

(*;ー;)「キャー、ギコ君!ギコくーん!」

('A`)「ショボンさん今…」

(´・ω・`)「違います」

(;'A`)「今、拳銃を…」

(´・ω・`)「違います」

(;'A`)「そ、そうですよね。疑ってしまってすいません」

(´・ω・`)「いえいえ、誰にでも間違いはありますから気になさらないで下さい」

960 名も無きAAのようです :2013/10/28(月) 21:41:40 ID:EiVKMCfkO
(*;ー;)「ギコ君!ギコ君!目を開けてよギコ君!」

(´゚ω゚`)っfy=-「うるせーんだよ!雌豚ビッチが!!!」バキューン!

(゚A゚)そ

(* ー )バタン

(;゚A゚)「ショ、ショボンさん今…」

(´・ω・`)〃「違います」スチャ

(;゚A゚)「いやいやいや、確かに見ましたよ!」

(´・ω・`)「違います。見間違いじゃないですか?」

(;'A`)「……本当に?」

(´^ω^`)「えぇ、本当ですよ」ニッコリ

(;'A`)「そっか俺の見間違いか。度々すいませんねショボンさん」
(´・ω・`)「いえいえ、お気になさらないで下さい」





('A`)名探偵シャードックン・ホームズのようです

961 名も無きAAのようです :2013/10/28(月) 21:54:35 ID:WA68GgH60
どこかで見たぞこれ…

962 名も無きAAのようです :2013/10/28(月) 21:55:32 ID:ASsxTmQ60
似たネタをすでに幸子がやってるな

963 名も無きAAのようです :2013/10/28(月) 22:00:59 ID:Oo9047WM0
てかわりとそのままのやつがあったと思うんだけど
確か「自信ない」とかいうタイトルついた話だったと思うんだけど
ブーンとモララーが探偵のやつで

964 名も無きAAのようです :2013/10/28(月) 22:02:51 ID:1bNT1BEw0
元気印

965 名も無きAAのようです :2013/10/28(月) 22:07:32 ID:ASsxTmQ60
そうだ幸子じゃなくて元気印だわ

まぁここまで言っといてなんだが嘘予告だしネタ被ってもいんでね?

966 名も無きAAのようです :2013/10/29(火) 04:23:05 ID:0oAC65BoO
ギコピクミンは火に強い♪

(,,゚Д゚)「シャー!ゴラァ!」


モラピクミンは溺れない♪

( ・∀・)「女性は僕に溺れるけどね!」


ショボピクミンはケツ狙う♪

(´・ω・`)「君のアナルにロックオン!」


ブーンピクミンただのデブ♪

(#^ω^)「デブじゃねーお!ちょっとぽっちゃりなだけだお!」


……………………♪

(#'A`)「何だよ!何か喋れよ!」
個性が強すぎちょっとウザイ♪






( ^ω^)達はピクミンのようです

967 名も無きAAのようです :2013/10/31(木) 13:41:55 ID:cZTsPmxkO
( ^ω^)おかずでもレス数でも残り少なくなると皆遠慮がちになるおね



( ^ω^)日本人のあるあるのようです

968 名も無きAAのようです :2013/11/01(金) 02:41:47 ID:yThEtfGEO
('A`)「いいよなー、お前」

( ^ω^)「お?いきなりどうしたお?」

('A`)「幼馴染みの事だよ!」

( ^ω^)「?アイツがどうかしたのかお?」

('A`)「『どうかって』お前!あんな可愛い幼馴染みに毎朝起こしてもらってるんだろ?いいよなー」

(;^ω^)「んー、可愛いかどうかはわからないけど毎朝起こしてもらってるのは事実だお」

('A`)「クソッ!リア充死ね!リア充爆散しろ!」

ピンポーン

( ^ω^)「お?誰か来たお」

969 名も無きAAのようです :2013/11/01(金) 02:44:59 ID:yThEtfGEO
<ブーン、イルンデショ!?

('A`)「お?噂をすればなんとやら」

( ^ω^)「部屋に居るから上がって来いお!」

<オジャマシマース!

(*'A`)「な、何か緊張するな?な?」

( ^ω^)「いや、全然」

トタトタトタトタ

(*'A`)ドキドキ ドキドキ

ガチャ

(*'A`)(フヒッ!来た!フヒッ!)

( ^ω^)「いらっしゃいだお」

(´・ω・`)「いらっしゃいました」

(*゚A゚)(フヒッ!フヒッ!フヒッ!フヒッ!フヒッ!フヒッ!フヒッ!フヒッ!フヒッ!フヒッ!フヒッ!フヒッ!フヒッ!フヒッ!フヒッ!)





( ^ω^)以外みんな同姓愛者のようです



これも同じ様なのあったよね?
だから需要あっても書かないよ!

970 名も無きAAのようです :2013/11/01(金) 03:12:27 ID:teRZKFjs0
    ┏━┓    ┏━━━━━┓    ┏━┓    ┏━━━━━┓┏━┓  ┏━┓
┏━┛  ┗━┓┃          ┃┏━┛  ┗━┓┃          ┃┃  ┃  ┃  ┃
┃          ┃┗━┓  ┏━┛┗━┓  ┏━┛┗━━━┓  ┃┃  ┃  ┃  ┃
┗━┓  ┏━┛┏━┛  ┗━┓┏━┛  ┗━┓        ┃  ┃┃  ┃  ┃  ┃
┏┓┃  ┃┏┓┃          ┃┗━┓  ┏━┛        ┃  ┃┃  ┃  ┃  ┃
┃┃┃  ┃┃┃┗━┓  ┏━┛┏━┛  ┗━┓        ┃  ┃┗━┛  ┃  ┃
┃┃┃  ┃┃┃    ┃  ┗━┓┃   ━ ┏━┛    ┏━┛  ┃    ┏━┛  ┃
┗┛┗━┛┗┛    ┗━━━┛┗━━━┛        ┗━━━┛    ┗━━━┛

971 名も無きAAのようです :2013/11/01(金) 14:56:26 ID:AIqOQQOsO
誤字なのは分かってるけど「同姓愛者」にちょっと吹いた

972 名も無きAAのようです :2013/11/01(金) 22:07:50 ID:q7PIEqLM0
>>971
星新一のショートショートにそのネタあったはず

973 名も無きAAのようです :2013/11/02(土) 23:09:37 ID:pxVr/HpU0
ホモ作品は何作品あろうと俺が得する

974 名も無きAAのようです :2013/11/03(日) 00:56:14 ID:OdlL8/Jk0
ここは遠い未来…
男性の数が急激に減少し、人類は絶滅の一途を辿っていた…


(´・ω・`)「ヌゥン…なんと面妖な…」


そこに降り立つは、戦国時代からタイムスリップした

『野武士』…ジャパニーズ・サムライだった!!


(゚、゚トソン「現代には存在しない、逞しい体格と繁殖力の高い精子を持ち合わしています。これを逃す手は無いかと」

ξ゚⊿゚)ξ「そうね。人類存続のため、彼には我々の『精子タンク』となってもらいます」


人類の存亡の為、彼を付け狙う精鋭の100人の女性軍
通称、『プラネット・ナース』!!


(;´・ω・`)「ヌゥゥ!!」


サムライは孤独な戦いへと身を投じる事になる!!


(´・ω・`)「この島田ショボ左衛門…ただでヤられる男では無いわ!!」

975 名も無きAAのようです :2013/11/03(日) 00:57:38 ID:OdlL8/Jk0
主題歌
『Desperado』(邦題:ならず者)


ξ;゚⊿゚)ξ「わかってるの?過去に戻るよりずっと良い生活が出来るのよ!?」

(´・ω・`)「笑止!!拙者が生きる道は、刀に誇れるあの戦国の世よ!!」


女共よ!!


(゚、゚トソン「ならばいたし方ありませんね。必要なのは彼の『精巣』だけ、ですから」

(#´・ω・`)「女子と鉄砲如きに臆する島田では無いわ!!」


そこをどけ!!


川 ゚∀゚)「面白い…サムライ、足掻いて見せろ」

(#´・ω・`)「武士道とは…死ぬことと見つけたり…ッ!!」


野 武 士 が 通 る ! !



『ナース100人VS野武士のようです』



(#´゚ω゚`)「斬って斬って…」


男の生き様が


(#´゚ω゚`)「斬りまくれええええええええええええッ!!」


未来を、斬る



十三人の刺客を元ネタにしたブーン系を誰かが書いたら公開

976 名も無きAAのようです :2013/11/03(日) 01:09:24 ID:ZbSnVU/o0
ほとんどブシドーの台詞じゃねぇか・・・
続きはよ

977 名も無きAAのようです :2013/11/03(日) 01:59:13 ID:bwNHMQVo0
弟者はこれを見たかったのか…

978 名も無きAAのようです :2013/11/03(日) 19:16:48 ID:dfM.fD9w0


    「ねえねえ、最近溜まってない?」

    「溜まってるよね?そんな顔してるもん」

    「ねえ、出しちゃおうよ」

    「我慢なんてよくないよ」

    「ほら、私も手伝ってあげちゃうよ」

    「だからね」

    「君のお腹に溜まった、ドロッドロ」

    「気持ちよく吐き出しちゃいなよ」



ノリ*゚ヮ゚)v 「ね?」

979 名も無きAAのようです :2013/11/03(日) 19:17:34 ID:dfM.fD9w0

川 ゚ -゚) 「正直に言うと私は君の容姿も無い面も全く好みでは無い。むしろ嫌悪感すら覚えるレベルだ」

川 ゚ -゚) 「冷静に考えて私が君を好きになると思うのか」

川 ゚ -゚) 「容姿は並以下の以下。その上性格は卑屈で口を開けば言い訳ばかり」

川 ゚ -゚) 「得意げに皮肉屋を気取るのはいいが、ずれてる上に性根の悪さしか見えてこない」

川 ゚ -゚) 「なんだ、私が少し優しくしたから勘違いしたのか?」

川 ゚ -゚) 「それは済まなかった。私も一応、並み程度の社交マナーは持ち合わせていたからな。まさかあの程度で勘違いするとは思わなかった」

川 ゚ -゚) 「君が好きだと言ってくれた素直なところを、惜しげも無く前に出して言わせてもらうが、私は君が嫌いだ」

川 ゚ -゚) 「陰気で、不真面目で、自己嫌悪をアピールし、自己正当化に躍起になり、本当に自分の悪い部分を直そうとなどしていない」

川 ゚ -゚) 「醜い。心から嫌悪するよ。男としてどころか、人間としてな」

川 ゚ -゚) 「だから、もう頼むから、その乞うような目で私の前に表れないでくれ。私に、ここまで言わせた自覚を、もっと持ってくれ……」

ノリ*゚ヮ゚)v 「はーい、アウトーーー!!」

川;゚ -゚) 「?!」

980 名も無きAAのようです :2013/11/03(日) 19:18:25 ID:dfM.fD9w0

川 ゚ -゚) 「なんだ君は。初めて見る顔だな……」

ノリ*゚ヮ゚)v 「ダメダメ「素直クール」ちゃん!そんなとこまで素直になっちゃダメだよう!」

川 ゚ -゚) 「しかたないだろう。こういう性格なんだ」

ノリ*゚ヮ゚)v 「違うちがーう!もっと媚びて!素直なのは都合のいい時だけでいいんだよ!」

川 ゚ -゚) 「都合のいい時だけ?」

ノリ*゚ヮ゚)v 「必要ないんだよ!嫌悪を吐き出す素直さなんて!」

ノリ*゚ヮ゚)v 「あなたは素直なフリして「好きだ」とかプラスの事ばっかいってりゃいいの!」

川 ゚ -゚) 「しかし、私だって人を嫌うことくらい……」

ノリ*゚ヮ゚)v 「はーいじゃあ全面カットォ!そんな人間味必要ナイナイ!」

ノリ*゚ヮ゚)v 「せっかくうだつの上がらない現実から目をそらしてんのに、そんな生々しさ見せられたらブヒブヒできないじゃん!」

川 ゚ -゚) 「しかし……」

ノリ*゚ヮ゚)v 「あなたの出せないブラックな部分は、私が全部引き受けてあげるから」

ノリ*゚ヮ゚)v 「さっさとキャラ厨萌え豚に餌をあげるお仕事に戻った戻ったァ!!」

981 名も無きAAのようです :2013/11/03(日) 19:19:50 ID:dfM.fD9w0

川 ゚ -゚) 「……君は一体何なんださっきから。無礼にも程があるぞ」

川 ゚ -゚) 「初めて見る顔だし、そもそもブーン系のAAなのか?」

ノリ*゚ヮ゚)v 「私は「言っちゃいけない」「我慢しなきゃいけない」そんなブラックな気持ちを代弁するために生まれてきた女の子AA」

ノリ*゚ヮ゚)v 「その名も!」

 
 
 
ノリ*゚ヮ゚)v 「素直ブラックちゃん!!」
 
 
.

982 名も無きAAのようです :2013/11/03(日) 19:20:43 ID:dfM.fD9w0

ノリ*゚ヮ゚)v 「ブラックちゃんスレは誰でも参加オッケー!!」

ノリ*゚ヮ゚)v 「かの懐かしき新ジャンル系スレのように思いついた人が思いついたことを投下していいんだよ!」

ノリ*゚ヮ゚)v 「作品なんて面倒でかったるい形式を取らなくてもオッケー!」

ノリ*゚ヮ゚)v 「可愛い可愛いブラックちゃんに似合うブラックなセリフを口走らせるだけでいいんだよ!」

ノリ*゚ヮ゚)v 「インスタントにAAを使い潰して慣れ合い出来ればそれで楽しい一部の人にはぴったりだよね☆」

ノリ*゚ヮ゚)v 「例えば、こんな感じで↓!!」


 ノリ*゚ヮ゚)v 「結局騒ぎになったからアレが使われなくなったってだけで使ってた人たちの本質はくっさいまんまだよね!!」

 ノリ*゚ヮ゚)v 「ネカマと慣れあうスレ(苦笑)」

 ノリ*゚ヮ゚)v 「あの人あの人!ほら!書く作品大して面白くもないのにいろんな場所で自己主張激しいだけの人!!」

 ノリ*゚ヮ゚)v 「いや、君確かに慣れあい厨ではないけど、かまってちゃんじゃん(笑)」

 ノリ*゚ヮ゚)v 「あ、やっぱりあそこからの流入……(察し)」


ノリ*゚ヮ゚)v 「などなど!ブラックちゃんの愛らしさは無限大!!」

                                                              ※あくまで例です

983 名も無きAAのようです :2013/11/03(日) 19:21:32 ID:dfM.fD9w0

ノリ*゚ヮ゚)v 「荒れた空気になるのが嫌だから……」

ノリ*゚ヮ゚)v 「素直に文句言っても、目的の相手は聞く耳持たずで、関係ない人ばっかり自粛させちゃうし……」

ノリ*゚ヮ゚)v 「創作板規制されたら行く場所ないし……」

ノリ*゚ヮ゚)v 「そもそも俺も完璧な人間じゃないし人に文句言うのはやめよう……」

ノリ*゚ヮ゚)v 「そんなチキンな癖に一丁前に不満を溜め込んでいるそこのギークボーイ!」

ノリ*゚ヮ゚)v 「私のお口を使ってすっきりしていってね!!」

ノリ*゚ヮ゚)v 「大丈夫!ブラックちゃんのブラックな愛らしさを楽しみたいだけだもん!!」

ノリ*゚ヮ゚)v 「流れに関係なくAAのネタ挟んだり!」

ノリ*゚ヮ゚)v 「承認欲求を満たしたいがために所構わずイカ臭い自己主張したり!」

ノリ*゚ヮ゚)v 「××五月蠅い一部と同じ!自分が楽しみたいだけ!」

ノリ*゚ヮ゚)v 「嫌なら見るな(覇笑)でいいんでしょ???」

ノリ*゚ヮ゚)v 「そりゃあやりすぎたら怒られ叩かれ涙目しょんぼりだけど!きっと規制まではされないよ!」

ノリ*゚ヮ゚)v 「たぶんね!!きっとね!!ね!!」

984 名も無きAAのようです :2013/11/03(日) 19:22:52 ID:dfM.fD9w0
 
 
川 ゚ -゚) 「まあやらないけどな」

ノリ*;ヮ;)v ガビーン
 
 
ノリ*゚ヮ゚)v 脳天直撃!素直ブラックちゃんデビゥ!!のようです  近日データ削除!!

985 名も無きAAのようです :2013/11/03(日) 19:23:50 ID:dfM.fD9w0

 没理由
 ・明るく楽しいブーン系を推奨
 ・気味のいいブラックさが上手く出せない
 ・書きだしたブラック(笑)発言の八割以上が自分に突き刺さって辛い


没供養1:やりすぎて怒られたブラックちゃん

          Ω゙   ジンジン
        γμハヾ
        ノリ*;ヮ;) ヒェー
           / ∪ ∪
        と_)__)

没供養2:重ねて謝罪を要求されたブラックちゃん

              Ω゙
           ∬ γμハヽ    ゴメンチャーイ
  lヽ三∬三゙;';'゙ ノリ*;ヮ;) ;゙\;'
  h.ヽ三三三 ゙,;゙/ ∪ ∪,゙'三,;'\';∫
  └ヽ ヽ三三,; `'と_)__)'' 三三;'\'"
    ヽ ヽ三,'三三∬三;'三;'三三三\´;
      ヽ ヽ三,'三三;'三三三;'∬三三\´;
         ヽ |__|烝烝烝烝烝烝烝烝烝|__|
           lj_」 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄凵

986 名も無きAAのようです :2013/11/03(日) 19:25:12 ID:JaM1bD3I0
これは書かなくて正解

987 名も無きAAのようです :2013/11/03(日) 19:47:21 ID:BPaugVr60
やべぇ、ちょっと見たい

988 名も無きAAのようです :2013/11/03(日) 21:43:11 ID:FMpVxBus0
正直見たい

989 名も無きAAのようです :2013/11/03(日) 23:38:17 ID:OdlL8/Jk0
気持ちいいから続けろいや続けてくださいお願いします

990 名も無きAAのようです :2013/11/04(月) 02:11:00 ID:EuAtVKgYO
( ^ω^)「では、行って参ります。」

( ‘∀‘)「うむ、必ずや魔王を倒してくれたまえ。」

('A`)「この命に代えても…私達は必ず魔王を倒してきます。」

ξ゚⊿゚)ξ「国民や、国王にこれほどまでに信頼されているのです。」

ζ(゚ー゚*ζ「私達にそれ以上励みになることなどございません。」

( ‘∀‘)「皆さん…ありがとうございます。」

川 ゚ -゚)「では、そろそろ向かいます。一刻も早く世界に平和を取り戻さなければなりませんので。」

( ‘∀‘)「そうでこざいますか…分かりました。表門から出てください。民が待っております。」

( ^ω^)「なんと…ありがとうございます。」

(´・_ゝ・`)「開門!開門!」

ユウシャサマー! マオウヲタオシテクダサイ! ガンバッテクダサイネ!

ワー ワー ワー ワー ワー…

991 名も無きAAのようです :2013/11/04(月) 02:11:41 ID:EuAtVKgYO
――兵士宿舎(フォックスの部屋)――

(´・_ゝ・`)「あー、疲れた。」

爪'ー`)y‐「おお、デミタス。ご苦労だったな。ノックしやがれ。」

(´・_ゝ・`)「大声出すの苦手なんだけどな…」

爪'ー`)y‐「まあ、勇者の魔王討伐の旅だ。それくらいやってやれよ。」

(´・_ゝ・`)「うっせ、そんな事は分かってるよ。」

ハソ ゚−゚リ「それに、今までの勇者とは格が違うもんね。」

爪'ー`)y‐「なちも帰ってきたのか。お前もノックしやがれ。」

992 名も無きAAのようです :2013/11/04(月) 02:12:22 ID:EuAtVKgYO
(´・_ゝ・`)「本物の女神の加護に護られた勇者。」

爪'ー`)y‐「魔術師というレベルに収まらず“魔”そのものとさえ評価された魔術師。」

ハソ ゚−゚リ「拳圧で1m離れたレンガを砕く武闘家。」

/ ゚、。 /「その武闘家の双子の妹であり、弱冠15歳にして微生物すらも切ったという逸話が残されている剣士。」

( ・∀  ∀・)「本来なら世界から追われてもおかしくないという暗殺術の使い手。」

(´・_ゝ・`)「どいつもこいつも化け物だな…って勝手に入ってくんなよ、ダイオード、モラ。」

爪'ー`)y‐「俺の部屋だから。後、ノックしやがれ。」

( ・∀  ∀・)「俺だけ略すのかよ。」

爪'ー`)y‐「聞けよ。」

993 名も無きAAのようです :2013/11/04(月) 02:13:14 ID:EuAtVKgYO
爪'ー`)y‐「まあ、これで世界も平和になるってもんだな。」

(´・_ゝ・`)「………」

/ ゚、。 /「ん、どうしたのデミタス?」

(´・_ゝ・`)「ん?いや…」

(´・_ゝ・`)「本当に平和になるのっていつぐらいなんだろうな…って思ってさ。」

爪'ー`)y‐「………」

/ ゚、。 /「………」

ハソ ゚−゚リ「………」

( ・∀  ∀・)「………」

(´・_ゝ・`)「お前らはお前ら自身で変えようと思わないのか?」

(´・_ゝ・`)「このクソッタレな世界を、さ。」



マイナークエストのようです



皆がフォックスの部屋をノックするようになったら投下

994 名も無きAAのようです :2013/11/04(月) 07:37:52 ID:W9q83qy6C
なにこれ読みたい

995 名も無きAAのようです :2013/11/04(月) 09:05:28 ID:AvYTCX6w0
コンコンしてくる

996 名も無きAAのようです :2013/11/05(火) 21:34:30 ID:riOVtE4A0
そろそろ次スレ立ててもいいか?

997 名も無きAAのようです :2013/11/05(火) 21:40:27 ID:CvLuOB4U0
どうぞどうぞ

998 名も無きAAのようです :2013/11/05(火) 21:46:02 ID:riOVtE4A0
ほい
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/13029/1383655457/

999 名も無きAAのようです :2013/11/05(火) 21:50:33 ID:s7OWCTvw0
おー乙

1000 名も無きAAのようです :2013/11/05(火) 21:53:34 ID:p1ieCTXE0
次スレもぶっぱなすぜ(^ω^ ≡ ^ω^)m9




■ したらば のおすすめアイテム ■

小林さんちのメイドラゴン : 1 (アクションコミックス) - クール教信者


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板