したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

( ^ω^) 2012年芸術の秋ラノベ祭りのようです

1 名も無きAAのようです :2012/11/22(木) 23:10:10 ID:.UzZnagU0
( ^ω^)ラノベ祭り投下及び報告スレだお


開催期間
11月18日(日)0時〜25日(日)23時59分


スレ立てを行った作品については、

作品URL
作品名
使用した絵のURL(任意)

以上のテンプレを使用して投下報告を行うこと
これがなければラノベ参加作品と見なされない
絵のURLについては、RESTさんのところからhを抜いて記載してくれればおk
スレタイに【ラノベ祭り】などの記載をするかは任意(宣伝効果はあるかもわからんね)

次スレは>>950を踏んだ人が立ててくれ

初代スレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/13029/1348068145/

前スレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/13029/1353163378/

436 名も無きAAのようです :2012/11/25(日) 22:53:57 ID:eg4sEbdYO

(#゚;;-゚)

薄暗い部屋の真ん中で、一人の少女が人形を編んでいます。
彼女の名前はでぃ。
身体のところどころに傷があります。

布と綿を部屋いっぱいに広げて、チクチク、チクチク。

人形もそろそろ完成。
顔と胴体をつなげて、

(#゚;;-゚) 「……できた」

( ^Д^)

完成です。
出来た人形は四足歩行で、ちょっと歪んだ笑顔をしています。

(#゚;;-゚) 「……まぁいいや」

ちょっと出来に不満があったみたい。
ですが、特に気にならないみたいです。

(#゚;;-゚) 「……おはよう、プギャー」

でぃちゃんは、その人形にプギャーと名前をつけました。
そして、愛おしそうに頭を撫でます。



( ^Д^) 「……ふわぁ。おはよう、でぃ」



すると、人形が産声をあげました。

437 名も無きAAのようです :2012/11/25(日) 22:55:10 ID:eg4sEbdYO







(#゚;;-゚)は作品に命を吹き込むようです

ttp://boonrest.web.fc2.com/maturi/2012_ranobe/e/77.jpg

438 名も無きAAのようです :2012/11/25(日) 22:57:23 ID:eg4sEbdYO
翌日。

(ノシ^Д^)ノシ 「でぃ、構え」

と、プギャーがうるさいので、でぃちゃんは遊び相手を作ることにしました。

(ノシ^Д^)ノシ 「でぃちゃーん」

プギャーがうるさいですが、無視することにしました。

( ^Д^) 「カマッテー」

でぃちゃんは反応しません。
しばらくすると、

( ;Д;) 「構えよお……構ってくれよお……」

遂に泣き出してしまいました。
ですが、人形の完成はもうすぐです。

(#゚;;-゚) 「もうすぐ出来るから、待ってて」

( ^Д^) 「何作ってるんだ?」

(#゚;;-゚) 「おたのしみ」

439 名も無きAAのようです :2012/11/25(日) 22:59:16 ID:eg4sEbdYO
と、話しているうちに、

( ,,^Д^)

完成です。
前回の反省を生かし、同じようなものを作り直しました。
でも、布が少し汚れしまい、模様みたいになっています。

(#*゚;;-゚)

ですが、今回はでぃちゃんは満足そう。

(#゚;;-゚) 「おはよう、タカラ」

でぃちゃんは、その人形をタカラと名付けました。

( ,,^Д^) 「……んぅ、おはようございます。でぃさん」

タカラはどうやら礼儀正しい性格のようです。

(*^Д^) 「よっ、プギャーだ。よろしくな!」

( ,,^Д^) 「タカラです。よろしくお願いします、プギャーさん」

念願の遊び相手ができて、プギャーも嬉しそう。
それを見て、でぃちゃんも顔を綻ばせました。

440 名も無きAAのようです :2012/11/25(日) 23:01:16 ID:eg4sEbdYO

――――――――――――――――

チクチク、チクチク。
でぃちゃんはまだまだ人形を編みます。

( ^Д^) 「まだ増えるのか?」

(#゚;;-゚) 「人数多いほうが楽しいでしょ」

今度の仲間は二足歩行。
中に綿をつめて、チクチク、チクチク。

( ,,^Д^) 「僕にも後輩が出来るのですね。楽しみです」

タカラはわくわく。
プギャーもわくわく。
でぃちゃんはチクチク。

(#゚;;-゚) 「よし」

完成です。
でぃちゃんは嬉しそう。

(;^Д^) 「……」 (^Д^;, )

ですが、さっきまでわくわくしてた二人は、何故か冷や汗をかいています。
心なしか、顔も青ざめています。

441 名も無きAAのようです :2012/11/25(日) 23:03:35 ID:eg4sEbdYO
お構いなしにでぃちゃんは、人形を床に置き、

(#゚;;-゚) 「おはよう、ショボン」

と、声をかけます。

「……ん? あぁ、おはよう、でぃちゃん」

それはとても野太い声で。
上半身には何も纏っていなくて。
ふんどし一丁で。



(´・ω・`) 「ウホッ、そこの二人、やらないか」

(;゚Д゚) 「「GYAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!」」 (゚Д゚;, )



――筋肉隆々の男でした。

442 名も無きAAのようです :2012/11/25(日) 23:05:08 ID:YcGqnwFk0
作品URLhttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/13029/1353847115/
作品名 从 ゚∀从はガラケー派のようです
使用した絵のURL http://boonrest.web.fc2.com/maturi/2012_ranobe/e/123.jpg

投下完了しました!

443 名も無きAAのようです :2012/11/25(日) 23:05:41 ID:xYGyS26s0
アッー!

444 名も無きAAのようです :2012/11/25(日) 23:06:05 ID:eg4sEbdYO

―――――――――――――――

(;^Д^) 「女の子を作ってくれ」

プギャーが必死に頼んできたので、でぃちゃんはまた、布を広げます。
タカラはなぜか、お尻を押さえて泣いています。

チクチク、チクチク。
今度は猫のような耳をつけずに、糸で髪をつけました。

(#゚;;-゚) 「できた」

完成です。
出来たのは、二足歩行のセミロングで、
つぶらな瞳が可愛らしい女の子です。

(#゚;;-゚) 「おはよう、ナベちゃん」

この女の子には、ナベと名付けました。

从'ー'从 「……ふわぁ〜。おはよ〜、でぃちゃん」

ちょっぴり気の抜けた喋り方です。
癒し系、という言葉が似合います。

(*^Д^) 「おはよう! 俺、プギャーだ。よろしくな!」

( ,*^Д^) 「僕はタカラです。よろしくお願いします」

二人がナベちゃんにアピールします。
顔を見るだけで嬉しそうなのが丸わかりです。

从'ー'从 「うん、よろしく〜。プギャーくん、タカラくん」

ほんわかとした喋り方で、返事しました。

445 名も無きAAのようです :2012/11/25(日) 23:08:01 ID:eg4sEbdYO
(´・ω・`) 「やぁ、僕はショボン。よろしく」

ショボンもナベちゃんに挨拶します。

从'ー'从 「よろしく、ショボ……」

言い終わらないうちに、ナベちゃんの顔が赤く染まりました。

从*'ー'从 「うわぁ! すごい筋肉だね! ちょっと触らせて〜」

(´・ω・`) 「はは、おやすいご用さ。どうぞ」

ナベちゃんは筋肉が好きなようです。
ショボンの鋼の肉体を、ぺたぺたと手で触ります。

从*'ー'从 「うわぁ……。すごいよぅ、固いよぅ……」

聞き様によって、とても卑猥に聞こえます。

(;^Д^) 「「(納得いかねええええええええ!!!)」」 (^Д^;, )

その光景を見て、二人は心の中で叫びました。
そしてその二人を見て、でぃちゃんは苦笑い。

446 名も無きAAのようです :2012/11/25(日) 23:10:17 ID:eg4sEbdYO

―――――――――――――――

そして少し月日がたち、色んな仲間が増えました。

( ´ー`)

ひねくれもののシラネーヨ。

( <●><●>)

とっても真面目なワカッテマス。

( ・3・)

お調子者のぼるじょあ。

/ ゚、。 /

ちょっぴり無口なダイオード。

皆は仲良く、幸せに暮らしていました。
ですが、その幸せも長くは続きません。

突然、でぃちゃんが倒れてしまったのです。

(;^Д^) 「しっかりしろよ、でぃ」

(;・3・) 「おぅわー、大丈夫かYO、でぃ」

( <●><●>) 「安静にしておくべきなのはわかってます」

( ,,^Д^) 「無理をしてはいけませんよ?」

(#゚;;-゚) 「うん、大丈夫。ありがとう」

しかし、でぃちゃんはわかっていました。
自分の命がもう長くないことに。

447 名も無きAAのようです :2012/11/25(日) 23:12:17 ID:eg4sEbdYO

( ´ー`) 「ったく、自分の体調くらい管理できねーのかヨ」

(´・ω・`) 「……おい」

( ´ー`) 「フン、事実だーヨ」

シラネーヨが悪態をつきました。
それをショボンが咎めます。

(#゚;;-゚) 「いいの。本当のことだから」

でぃちゃんは、最後の力を振り絞って、人形を一つ作ります。
ですが、身体が思うように動きません。

(#゚;;-゚) 「……ハサミ」

ハサミに手を伸ばしますが、届きません。

( ´ー`) 「……ほらヨ」

すると、さっきまで悪態をついていたシラネーヨが、ハサミを差し出しました。

(#゚;;-゚) 「……! ありがとう、シラネーヨ」

( ´ー`) 「フン、礼なんていらネーヨ。さっさと完成させろヨ」

ぷい、とシラネーヨはそっぽを向きました。
言葉は乱暴ですが、ところどころに優しさが感じられます。

448 名も無きAAのようです :2012/11/25(日) 23:14:46 ID:eg4sEbdYO

/ ゚、。 / 「……心配なら素直にそう言えばいいのに」

从'ー'从 「そうだよ〜」

( ・3・) 「おぅわー! シラネーヨったらツンデレだNE!」

( ´ー`) 「……そんなんじゃネーヨ」

ああ言ったシラネーヨですが、
心の中では自分に何が出来るか、と考えていたのです。

(#゚;;-゚) 「……優しい子たちばかりでよかった」

でぃちゃんは微笑みます。
そして、最後の人形が完成しました。

( ^ω^)

とても元気そうで、満面の笑顔。
今にも走り出しそうな人形です。

(#゚;;-゚) 「おはよう、ブーン」

でぃちゃんは、色んな所を走り回れるほど元気でいてほしいという願いをこめて、
ブーンと名付けました。

( ^ω^) 「……お。おはようだお、でぃちゃん!」

思った通り、元気いっぱいの人形です。

449 名も無きAAのようです :2012/11/25(日) 23:18:20 ID:eg4sEbdYO

―――――――――――――――

数日後、でぃちゃんは全く動けなくなってしまいました。
皆がでぃちゃんのそばに集まります。

/ ゚、。 / 「でぃ……」

(  ω ) 「でぃちゃん起きてお。僕、まだ会ってちょっとしか経ってないお」

( ;Д;) 「……」

みんな表情は暗いです。
プギャーはもう既に泣いています。

(;・3・) 「おぅわー……」

ぼるじょあも、この時ばかりは黙っています。

(#゚;;-゚) 「みんな、もっと明るくしてて。私は平気だから」

口ではこう言っても、身体はいうことをききません。
でぃちゃんの顔が苦痛に歪みます。

( <●><●>) 「……無理をしていることはわかってます」

ワカッテマスの言葉に、みんな頷きます。
無理をしているのは、みんな分かっているみたいです。

450 名も無きAAのようです :2012/11/25(日) 23:20:36 ID:eg4sEbdYO

(#゚;;-゚) 「そんなことないよ。大丈夫」

(  ー ) 「……大丈夫じゃネーだろうがヨ」

シラネーヨの声は震えています。

( ;ー;) 「嘘つくんじゃネーヨ!!」

从;'ー'从 「シラネーヨくん……」

(#゚;;-゚) 「……」

シラネーヨが叫びました。
それと同時に、目から涙がこぼれ落ちます。

(#゚;;-゚) 「……そうだね、ごめん。私、もうダメみたい」

( ,;^Д^) 「でぃさん……」

(´ ω `) 「やめてよ……でぃちゃん……」

でぃちゃんが一度、目をつぶります。
そして、呼吸を整えました。

451 名も無きAAのようです :2012/11/25(日) 23:21:10 ID:ZR6y30xE0
うわあああああああでぃいいいいい

452 名も無きAAのようです :2012/11/25(日) 23:22:24 ID:eg4sEbdYO

(#゚;;-゚) 「最期までみんなと一緒にいれて、楽しかったよ」

( ;Д;) 「やめろよ……最期とか言うなよ!!」

プギャーの涙が激しさを増しました。
頬を伝い落ちて、カーペットに染み込みます。

(#゚;;-゚) 「短い間だったけど、ありがとうね」

もう、誰も言葉を発せませんでした。

(#゚;;-゚) 「それじゃ」





(#-;; -) 「おやすみ、みんな」

453 名も無きAAのようです :2012/11/25(日) 23:24:26 ID:eg4sEbdYO

―――――――――――――――

「ねぇママ、なにしてるの?」

「荒巻おじいちゃんの遺品を整理してるのよ」

「いひん?」

「うん。死んじゃった人が持っていた物のことよ」

「ふーん。あ! このおへや、お人形さんがいっぱい!」

「本当ね。……おじいちゃん、こんなに人形作るの好きだったんだ」

「ママ、みてみて! おっきいお人形さん!」

「あら……。それ、私が小さい頃に作って貰った人形よ」

「へぇ、だからこんなにボロボロなんだ!」

「いつも一緒に遊んでたからね。それにしても、懐かしいわ、でぃちゃん……」



(#゚;;-゚)







(#゚;;-゚)もまた、命を吹き込まれた作品のようです


おしまい

454 名も無きAAのようです :2012/11/25(日) 23:26:22 ID:trNTJxwg0
泣いた・・・まさかこのラストは予想できなかった

455 名も無きAAのようです :2012/11/25(日) 23:27:06 ID:gFJcYCG20
乙ぅ!切なかわいいええ話や

456 名も無きAAのようです :2012/11/25(日) 23:27:43 ID:eg4sEbdYO
最後超特急でしたが、おわりです。
絵本っぽく書いてみました。
時間あればもっとちゃんと書けたんや……

もう一つ投下したい絵があったが、書けなかったんだぜ

№77さん、素敵な絵をありがとうございました!!


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! [Blu-ray] - 水島努

ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板