したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

( ^ω^)は街で狩りをするようです

1 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 20:29:47 ID:.JjyiNM60
今後の投下はこちらでやらせて頂きます。
まとめ 内藤エスカルゴさん
ttp://localboon.web.fc2.com/

2 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 20:30:45 ID:.JjyiNM60
 ジョルジュ感染から続いた一連の騒動は、指導者の交代を持って一旦終幕となった。
 モナー・ヴァンヘイレン総統率いる独裁政治の誕生は、数日経った今でも市民の話題の中心となっている。

 セカンドはここにやってくる。と、B00N-D1は市民に危機を促し。
 今必要なのは協力と団結だ。と、ツン・ディレイクは競合の不要を指摘し。
 奴等に反撃する時だ。と、最後にモナー・ヴァンヘイレンが市民を奮起させた。
 
 あの時、あの場所は、特異な雰囲気に包まれていたと言えよう。
 モナー・ヴァンヘイレンは意外にも指導者として相応しい演説を行った。
 まるで100年前から語り継がれるナチスのヒトラーのようだった。
 と、パンデミックを生きながらえた老いた政治ジャーナリストは、そのように評価した。

 とはいえ、『セントラル』で生きる誰もがセカンドを恐れているのに変わりは無い。
 モナー・ヴァンヘイレンが軍事政治に市民を賛同させたのは事実だが、
 指導者交代前の就業を鑑みれば、彼の軍備中心の施政が困難な道のりとなるのは明白である。

 セカンドと戦う事を選択する市民は確かに存在する。
 しかし、その殆どはバックアップという建前で兵器開発関係の職に就くのだ。
 実際に地上で奴等を狩ろうとしたり調査に乗り出したりする者は5%に満たず、
 大半数は地下都市から離れようとしないのが現状である。

 それどころか市民の7割以上が、兵器開発関係の職に就こうともしない。
 何故か。
 とある学者の分析と指摘を拝借すれば、
“『セントラル』という街そのものに高い依存性がある”、という原因に帰結するだろう。

3 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 20:33:16 ID:.JjyiNM60
 現在B00N-D1のようにハンター業を営む者を含め、市民がセカンドの恐ろしさを体感したのは5、6年も前の事だ。
 だが、時間で忘れられるような失恋とは違う。
 セカンドウィルス・パンデミックとは、そんな生易しい物ではなかった。

 当時から心的外傷後ストレスを引きずる者は少なくない。
 それに今も尚、数キロメートル上の地上で死病が出歩いているのだ。
 今になって精神疾患を患う者は多いし、先日のボストンからの襲撃を鑑みれば患者の増加は大いに考えられる。
 これが死病と呼べるセカンドウィルスと密接する人類最後の砦の現状である。

 実際ホライゾン・ナイトウとツン・ディレイクもASD(急性ストレス障害)と診断されている。
 彼等は憎しみが原動力となり戦いに身を投じているが、患者としては珍しいケースなのである。
 何の障害も患わず戦う者といえば、よっぽどのバカか、サイコだ。
 あるいは兵器に対する慢心を持った者であろう。

 こと、慢心に関してはジョルジュ・ジグラードがそうだった。
 彼はバトルスーツの性能を過信するあまり、ウィルス感染という最悪の結末を辿った。
 結果として感染後の治療法の足がかりともなったが、それを賛美されたのは回数は両手で足りえる程度だ。
 市民の生む世論としては、やはり前者の「バカ」の方が遥かに目立っていた。

 「やはり戦いなんて挑むべきではない。不透明な治療法など当てに出来ない」。
 という具合に、市民は特別驚きもせず夕飯の液体化食料を啜っていた。これが現実だ。

4 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 20:34:57 ID:.JjyiNM60

 さて、『セントラル』には依存心を作る中毒性が秘められているという話だが、
 そう指摘した学者が目をつけたのも、実は心的外傷ストレス障害であった。

 そもそも心的外傷ストレス障害――PTSDとは、大まかに3つにカテゴリされる症状だ。

  1、精神的不安定による不安、不眠などの過覚醒症状。
  2、トラウマの原因になった障害、関連する事物に対しての回避傾向。
  3、事故・事件・犯罪の目撃体験等の一部や、全体に関わる追体験(フラッシュバック)

 この3つは、簡略すれば市民の多くが全てに当てはまると言えるが、
『セントラル』と深い相関があるのは項目の2である。

 つまり、パンデミック後の記憶の想起の回避・忘却する傾向、幸福感の喪失、
 物事に対する興味・関心の減退、そして特に顕著であるのは「建設的な未来像の喪失」、という症状だ。

 セカンドなどに立ち向かえるはずがない。
 奴等の仲間になるか餌になるかして人類は淘汰される。
 そうと決まれば今を謳歌しようではないか……患者の心情を具体的に述べれば、こんなところだろう。
 
 この街の英雄であり指導者であった荒巻スカルチノフはPTSDと診断こそされなかったが、
 彼もまた胸の内に「恐れ」を抱いていたのかもしれない。
 優先的な『セントラル』都市開発は、もしかすると、
 彼の「恐れ」が捻じ曲がった方向へ未来建設を進めてしまったと考えられるからだ。

5 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 20:36:49 ID:.JjyiNM60
 真相はどうあれ、多くの市民が荒巻スカルチノフを支持してやまなかったのは、無理もない話だった。
 行き場のない感情の掃け口、覆せない現実からの逃避を、
 娯楽に、酒に、人に、そして薬にまで縋り求めたく、『セントラル』は急成長したのだから。

 これにB00N-D1の躍起なまでの報復行動が加わって、市民の危機意識は更に低下した。
 彼の活躍がニュース報道や彼の本を通じ、市民を勇気付けては希望を見せたのは事実だ。
 同時に「彼が代わりにやってくれる」という依存心も植えつけてしまったのである。

 確かに、先日の襲撃騒動の発端はチーム・ディレイクである。
 先日演説台で自白したブーンは勿論、ツン・ディレイクも辛い自責を感じている。

 その一方でツンは同等の憤りも感じるのだ。
 戦いもせず、遊び暮らしたいが為に第5階層かそこらで街作りにばかり精を出していた者が、
 よくもまあのうのうと「死んで償え」などと言ってのけたものだ、と。



 だから彼女は、せめてビロードの前に現れたエクストに、
 心の持ちようを変えて欲しくべく語ったのだ―――――

6 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 20:38:12 ID:.JjyiNM60

  第36話「新手の妨害者」


ξ゚−゚)ξ「エクスト君、貴方の気持ちは分からなくもない」

 向かい風で靡く巻き毛をくつろうツン。
 市内で戦闘が行われているにも関わらず、アクセサーは何のトラブルも妨害も受けずに進行している。
「第3階層、議会堂前ターミナル」まで残り3分と、目的地を目前に控えていた。

ξ゚−゚)ξ「ただ、改めて言わせてもらうわ……逆恨みなんて、止しなさい」

<;フ − )フ「…………」

 ツンは一息ついて、エクストから外していた視線を戻す。
 すると、下を俯いたまま微動だにしないエクストに気づいた。

ξ;゚⊿゚)ξ(……しまった。彼には特に、キツい話だったはず……)

 父親を失った彼に、同じく両親を失った自分の体験をありのまま話してしまい、
 もしかすると父を二度殺されたような気分に彼を陥れたのかもしれない。
 プラズマン氏を当然思い出すであろうし、あるいは死に様を想像する事も考えうる。

 配慮が足りなかったとツンは考え、少し甘い声色で仕切り直そうとした。
 
ξ;゚⊿゚)ξ「でもね、貴方がビロードを殴り、ナイトウを責める姿を見て、
       きっと貴方のお父さんは悲しんだはずよ?」

 エクストは話題が父の事へと移ると僅かに身を震わせて反応を見せた。

7 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 20:40:05 ID:.JjyiNM60

 言い分があるのだろうとツンは思い、彼の返答を待った。
 ツンは、彼が何を言い出すのか少しばかり不安を覚えるが、
 意外にも沈黙は短く終わり、心構えする猶予を殆ど与えられなかった。

<;フ − )フ「……でも、でもさ、ブーンが失敗しなきゃ、トーチャンは……」

 殆ど呟くような擦れた声で、エクストが言った。
 未だ責任を押し付けるような態度に出ている、とはいえど、ツンに飽きれる気持ちは皆無であった。
 彼の憤りはもっともだからと思うからだ。

 と、ちょうど街頭テレビがB00N-D1を糾弾するような番組を流しているのを見て、
 ツンは改めて市民の依存心を思い出す。

 少年に体験談を話した所で同情を引くのが関の山であろう……などとは思わなかったが、
 自立する準備もままならぬ反抗期前の少年に、
 自ら変わってくれるなどという期待を押し付けた自分もまた大人気なかったと、ツンは省みる。

 それでもはっきりとした調子で、ツンはエクストに返す。

ξ゚⊿゚)ξ「確かに危機を呼び込んでしまったのはナイトウの失態。
      いえ、ナイトウが貴方と同じく、弱さと恐れを持つからよ」

8 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 20:41:14 ID:OYSmzL.U0
まっていたざますよ!

9 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 20:42:26 ID:.JjyiNM60

<;プ−゚)フ「……俺と同じ弱さと、恐れ?」

 考えても明瞭しない思考に耐え切れず、エクストはようやくツンと目を合わせ、尋ねた。
 こくりと頷いて、ツンは片手で振るい街並みを見せるような表現をする。

ξ゚⊿゚)ξ「貴方だけじゃないわ。ここにいる多くの人と同じなのよ」

 信じられないと書いてあるエクストの顔に微笑みかけ、ツンは続けた。

ξ゚ー゚)ξ「あいつ、ヒーローなんて呼ばれてるけど、
      昔っから一緒にいるアタシから見れば何て事ない、普通の奴よ」

 そう説明した後、ツンは覚えのある罪悪感に襲われた。

ξ − )ξ「…………」

<;プ−゚)フ「……お姉ちゃん?」

 ツンの顔からは途端に笑みが消え去った。
 自らの言葉で再び過去を反芻してしまったせいであった。

 何処を見るわけでもなく、虚ろに視線を落としてツンは切り出した。

ξ ⊿ )ξ「エクスト君、ナイトウは」

10 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 20:43:57 ID:.JjyiNM60

ξ ⊿ )ξ「ナイトウは……サイボーグの力と免疫を持ってるだけで、
      本当はセカンドが恐ろしくて堪らない、普通の奴なのよ」

<;プ−゚)フ「…………」

 エクストに救いを求めるなんて。
 そう一瞬考えるも、恥らわずにツンは訴え続けた。

ξ ⊿ )ξ「でも、あいつは戦ってる。地上の街では孤独なのに。
      何でかって、自分と同じような人を出したくないと思ってるし、」

ξ ⊿ )ξ「あいつは、アタシにした事を償おうとしてる……バカよね。
      アタシだってアイツに、同じ事したっていうのに……」

「バカよね、ホント……ホントはもう、アタシは……」

 そこで、ツンは口をぎゅっと噤んで押し黙った。


<;プ−゚)フ「お姉ちゃん……」

 髪で顔半分が隠れてしまったが、嗚咽を漏らしそうな口元に気づいて、
 エクストは心配そうな声でツンに呼びかけた。

11 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 20:46:21 ID:.JjyiNM60
 それを否定するようにツンは顔を軽く左右に振り、話題を戻した。

ξ゚⊿゚)ξ「……貴方のお父さんだって、きっとそう。そして共に戦ってくれた。
      あの時、戦場に出た人は、決してナイトウを責めたりしなかったはず……。
      じゃなかったら、『セントラル』に隠れてたもの。ナイトウに責任を押し付けて」

 特段、ハッとするような表情を浮かべず、エクストは聞き続ける。

ξ゚⊿゚)ξ「……悪いのはセカンドよ、全部。
      お願いよ、エクスト君。ナイトウとビロードを恨んでやらないで。
      2人とも、貴方と同じように両親を亡くしてしまってる犠牲者なのよ……」

<;フ − )フ「…………」

 再びエクストが頭を垂れる。
 2人の間に沈黙が流れようとしたが、アクセサーがお構いなしに間も無くの到着を告げる。
 第4階層から一つ上の階層へと昇る少しばかり長かったドライブが終わる。
 ツンは居心地の悪い静寂を誤魔化そうと、凝り固まった身体を解したく肩や腰を回した。
 それに、この後走らなければならない。

12 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 20:48:53 ID:.JjyiNM60
 アクセサーが緩やかに停止し、ドアが自動的に縦に開く。
 ツンは慣れた調子で先に降りた後、まだ座ったままのエクストに言った。

ξ゚⊿゚)ξ「エクスト君。嫌ならこのまま帰ってもらってもいいわ」

 目を合わせようとしない彼を数秒見つめた後、ツンは踵を返した。
 こつこつとほんの4度靴音を鳴らし、もう走ろうとした瞬間、
 背後で勢いのある着地音が聞こえ、ツンは歩みを止めた。


<;フ − )フ「お姉ちゃん! 俺さあっ――――」

 ツンは振り返り、エクストの言葉を無言で待った。


<_プ−゚)フ「……俺さあ、トーチャンいなくなっちゃったから、帰っても一人なんだ。
       昔、ここに逃げる前にカーチャンも殺されちゃったし」

<_プー゚)フ「だから、その、たまに遊びにいってもいい? ブーンを励ましたいっつーか……」


<_プー゚)フ「俺もさ、大人になったら戦いてえんだ! トーチャンやブーンみたいに!」

13 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 20:50:42 ID:.JjyiNM60

ξ; ⊿ )ξ「エクスト君……」

 涙が出そうになるのをぐっと堪え、けれど冷静に言葉を選んだツンは、


ξ゚ー゚)ξ「……もちろんよ。たまになんて言わず、いつでも遊びにいらっしゃい」


 戦いたいという彼の意思だけ無視し、そう返した。
 自立しようとする心の芽を摘みかねないと考えて。
 そしてまた彼もビロードと同じ孤児である事を思い知って。

<_フ///)フ「あ、あとよ、ほ、ほら! ビ、ビロードの奴、友達いねえん……だろ?
       い、一緒に遊んでやってもいいんだぜ!
       俺もその、ダチって呼べる奴、本当は少なくって……」

 エクストは恥ずかしさの余り、派手に頭を掻いた。
 耳まで赤くする人は少なくないが、首まで高潮するのは珍しい。

 彼の様子がおかしくて堪らず、ツンは思わず笑ってしまう。
 僅かに濡れた目尻をそっと指でなぞり、笑みはそのまま保ち、彼に近づいた。

ξ^ー^)ξ「ありがとう、エクスト君」

<_フ///)フ「!! お、お、おねえちゃ……!」

 そして恐らく、ブーンですら聞いたことのない、
 実に可愛らしい声を発しながら、彼の頭を撫でた。

14 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 20:52:02 ID:.JjyiNM60
 普段、ハインリッヒやドクオを始めとする仲間の多くに「まな板巻きグソ女」などと酷い罵りを受けるツンだが、
 確かに体付きは未熟ながらも(もはや貧相に育ってしまっただけかもしれないが……)、
 顔立ちはというと、これが極めて美しい。

 彼女の気取らない笑顔を、しかも至近距離で見て、エクストはツンの美しさに初めて気づいた。
 人知れず心を奪われたエクストは耳と首周りをより一層赤く染めつつ、視線を落とすのだった。

<_フ///)フ「…………」

ξ;゚⊿゚)ξ「なぁに? どしたのアンタ?」

<;フ///)フ「へぶうあ!? な、なな、なんでもねえよ!」

ξ;゚⊿゚)ξ「なんなのよ? 隠さずに言ってみなさい」

 何気ない調子で言いながら、ツンは腰を落としてエクストと目を覗き込む。
 しかし今のエクストにとって彼女に見つめられるのは堪らなく、
 思わず首をそっぽに向けて、慌てた調子で取り繕った。

<;フ///)フ「い、いいから! いいからホントに!」

ξ;゚⊿゚)ξ「何なんなのよもう! 気になるわね!」

<;プ−゚)フ「な、何でもないから……そ、それより――――」

15 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 20:52:52 ID:.JjyiNM60

<;プ−゚)フ「……さっさとビロードを助けてやろうぜ! お姉ちゃん!」

ξ゚⊿゚)ξ「ええ! 絶対に助けるわよ!」

 ターミナルホームを覆う、幾何学的に散りばめられたガラスの向こう側の近く、
 機械仕掛けの白き建造物「議会堂」のドーム状の巨大な天蓋が、
 降り注ぐ擬似星光を反射して僅かに煌いている。

 ツンは、議会堂にいるであろうモナー・ヴァンヘイレンの姿を想像する。

 多忙なモナー・ヴァンヘイレンがまだ帰路についたとは思えない。
 モララーが状況を伝えていたろうし、
 感染者が市内で戦闘行為に打って出ているのは嫌でも耳に入るはず。
 今頃、対策を講じるべく緊急会議を開いているだろう。

 次いでツンは、自分の狡猾さを満足げに笑うモララー・スタンレーを想像する。

ξ゚⊿゚)ξ(モララーは先手を打っているでしょうね)

 端末の使用に制限を掛けられる程だ、ビロードの事だって知らせずにおける。
 となれば、これは単なるジョルジュの暴走だとかこじつけて、
 我々を蚊帳の外に置き、モナーや議会員の情報源をを断つはず。
 議会周辺に警備という建前でクローン部隊でも配置すれば磐石だろう。

 ともかく我々がやるべき事は唯一つ。モナーと会い、モララーの不審を伝える事。
 その為に来たことを改めて思い出したツンは、緊張感を滲ませた声でエクストに言う。

ξ゚⊿゚)ξ「急ぎましょう。ジョルジュさん達が危ない」

16 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 20:54:42 ID:.JjyiNM60

<;プ−゚)フ「……でもよ、実際あの中に入れんのか、俺ら?
       実際のところクローン部隊を操ってるのはモララーだろ?
       俺達が咬んでるって事ぁ知られてると思うぜ。門前払いされねーか?」

ξ゚⊿゚)ξ「へえ。アンタ、意外に賢いじゃない。見直したわ」

<_プー゚)フ「ヘッヘッヘ。ビロードにゃ悪いがこういうの好きでさ!
       何でか知らねえがイタズラとかになると冴えるんだよね」

 口の端を上げて踏ん反り返るエクスト。
「そういうのは悪知恵っつーのよ」、と、ツンは飽きれながら返して、

ξ゚∀゚)b「フッフッフ。それについてはお姉ちゃんに考えがあるわ!」

 なんとも不敵な笑みを肩越しに見せた後、彼を置いて先に走り出した。


<;プー゚)フ(……なんだか嫌な予感しかしねえぜ……)

 ツンに対し妙な胸騒ぎを感じつつ、エクストはツンの背を追った。


 2人は、人もまばらなターミナルを走り抜けてゆく。

17 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 20:56:30 ID:.JjyiNM60
 周期的なプログラムを組まれた天蓋が相変わらず気取った夜を見せている。
 深部細部をじっくり探れるほど、その空はリアルだ。
 人々は無限の宇宙すら錯覚できるだろうし、人々がそう錯覚する為に空はリアリティを持たされたのだ。

 空を始め、地下世界『セントラル』の人々は非現実を求めるが故にあらゆる点で「リアリティ」を追求した。
 窓辺から呆けた顔を覗かせている光景は決して珍しくない。
 今を生きるこの街、この瞬間、その全てが偽りではなく、 
 これこそ我々の現実なのだと自覚したいが為、リアリティ溢れる空を仰ぎ見るのだ。

「――の暴走の制圧行動が――指定の避難場所か自宅への――――」

 そこに前触れなく異物が切り込み、彼等の現実は崩壊した。

 美しい空に似つかわしくない騒音であった。
 寝耳に水を注がれたように第4階層は騒然とした。

「――現在、クローン部隊による、感染者ジョルジュ・ジグラードの暴走の、制圧行動が行われています。
 なお、レーザー兵器の使用許可も下りていますので、激しい戦闘が予想されます。
 速やかに市民の皆さんは指定された最寄の避難場所か自宅への――――」

 サイレンと、それと同時に発せられた肉声のアナウンスが繰り返して鳴り響いた。
 特に第15番街とその近辺は巣を突かれた蜂の如く、逃げ惑う人々で一気に溢れかえった。
『セントラル』というシステムは巨大だが、虚を衝かされた時、脆さを露呈する都市に成長してしまった。
 訓練など数え3年は実施されていないせいもあろうか、人々は簡単に恐慌状態に陥ってしまった。

18 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 20:57:54 ID:.JjyiNM60

「やばい、やばい! 感染する! 逃げろ! 逃げろ!」

 ギコ・アモットは大軍を率いて攻めてきたが、戦闘員の活躍により街への侵入は許されなかった。
 反して今回は違う。
 なにしろ初めてのケースだ。
 ウィルスを撒き散らす恐れのある感染者が街で“暴走”しているのだという。
 市民にとってこれは恐怖以外の何でもない上、「セカンドウィルスは治療法なき病原菌」だと改めて思わせる報せであった。

 15番街から人の姿が消えるまでそう長くはかからなかった。
 サイレンも止まり、ブティックから漏れ出す音楽が返って静けさを煽る。
 孤独に吼えるエンジン音もそうであった。

 孤独な一機のバイクがビルとビルの合間を縫って全速前進している。
 何かに追われるような焦りようだ。
 搭乗者の表情も添えて、そう物語っている。

(;゚∀゚)(手が早い……早すぎるぞクソッタレ! 行動を抑えられちまってるのか!?)

 まだ視認していないが確実に追っ手がいるだろう。
 連中が是非と手段を問わずビロードを奪おうとしているのを、身を持って知った。
 街の状況を見てもそう思うしかない。
 上空から見渡すストリートに人影は一つも見当たらない。
 本格的な戦闘行為に及ぶ舞台が整っている……そう思うしかない。

 こうして2人で無人の街を往くのは二度目となるが、状況が違いすぎる。
 今は追われる立場だ。

19 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 20:59:54 ID:.JjyiNM60
 木を隠すには何とやら。
 定法に則り、全身白尽くめといえど人ごみに紛れれば発見も遅れると踏んでいた。
 加え、たとえ独裁権の下で銃を携える番人であれど、罪無き無関係の市民に手出しは出来ない。
 強行手段を採れないとなれば逮捕される可能性も低くなる、そんな期待を抱いていた。

 期待を裏切るように響いたアナウンスは、その内容に偽りは一切なかった。
 ジョルジュが感染者であるのは事実であり、法定速度を越えた暴走をしているのも事実。
 法と街を守護する番人達が彼を追うには幾つもの正当な理由が存在するのだ。

 されど議会側にも落ち度はある。
 これがモララー・スタンレーの独断による行動なら付け入る隙はあるはずだ。
 付け入れれば、の話であるが。

(;゚∀゚)(ここまで大規模な手段に打って出るとは……!)

 層一つを巻き込んだ作戦を展開するとは想像だにしなかった。
 ジョルジュは敵が如何に強大であるか思い知ると同時、モララー・スタンレーの真意を疑う。

 ビロードの免疫はセカンドに対する強力な対抗策になるだろう。
 その稀有な存在に対し逆恨みする市民の一部が殺害に及ぶ可能性を孕んでいるという。
 だから議会は躍起になって保護しようとしている。
 ここまでは筋が通る。

 それなら、ツン・ディレイクのいる周辺に警備を立たせておけば万事が上手く収まるのではないか。
 手中に入れようとするのは何が目的だ?
 そう考えると筋が通らない。何を企んでいる?

 ジョルジュの思考を、異音が遮った。
 6つのスキール音だ。

20 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 21:02:05 ID:.JjyiNM60

(;><)「ジョルジュさん!」

(;゚∀゚)「分かってる! 喋んな! 舌咬むぞ!」

 異なるエンジン音が2人を後方から襲う――6人で編成されたクローン兵士の追走だ。
 スーツと同色のホワイトで塗装されたバイクは猛然とジョルジュ達に迫る。

(  〓 )「やむを得んが、仕方あるまい。出来れば穏便に行きたかったが――――
      マスター・モララーより銃撃許可を得た。ジョルジュは処分でも構わないとの事。
      ビロード・ハリスは当初の予定通り入院という形で我々が保護するぞ」

(  〓 )「本当にベッドでの生活になるかもしれんがな…………いや、当初よりその予定だったか」

 彼女達は一斉にハンドル部のタッチパネルを触る。
 機械的なまでに素早く正確な操作だ。
 ガコッ、とサイドボディが音を立てて開き、収納されていた銃の柄のみを出す。
 そこまで彼女達は一人として動作に遅れる者は無く、計ったようなタイミングで一斉に銃を引き出した。

(  〓 )「出力は出来るだけ抑えろ。あくまで威嚇射撃に留める。
      連中を地に下ろすぞ――――銃撃を開始する」 

 まず2条の蒼い光が奔った。
 ジョルジュは肩越しで後方に目を光らせ、バイクを僅かに逸らし銃撃を回避。
 続く第二撃が間髪入れず繰り出される。
 3条の光線を借り物のバイクのリアボディにコゲつけて際どく回避し、ウィリーの状態で上空に昇った。

21 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 21:02:07 ID:Jwa187/U0
しえーん
次からはぜひVIPに戻ってきて欲しいなぁと思いました

22 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 21:04:05 ID:.JjyiNM60
 応じ、クローン部隊はアイコンタクトすら取らずに散開して多面からの攻撃で撃ち落しを図る。
 6条のレーザーが同時に射出――――これもすれすれでジョルジュは避ける。
 6条の光が衝突して爆ぜた光の粒の下を往き、ジョルジュはバイクを急降下させた。

 一気に地面との距離が詰まる。
 フロントボディが衝突する寸前でバーニアンが角度を変え、浮上。
 ボディを挟んでいたビロードの両足が耐え切れずに宙を舞う。
 一際大きな悲鳴があがるが「思いっきりしがみ掴め!」と叱咤し、アクセルを緩めるどころか更に捻った。

 ストレートの先には標識を掲げた大きな十字路が待っている。
 速度計は200kmを優に上回っているが、ジョルジュは速度を保ちながらコーナリングをしようと覚悟を決める。
 バイクを曲がり角に侵入させる直前、ジョルジュはビロードが吹っ飛ばないよう、片手で彼の手を抑えてやる。

(#゚∀゚)「目ェ瞑ってろ!」

 ジョルジュはハンドルを切りながら体重を力任せに掛けながら、タッチパネルを操作。
 地面と平行になる直前、操作に応じたバーニアンは車体を持ち上げようと角度を変える。
 しかし、速度に対しバイクの動作は余りにも遅かった。
 地面との関係は平行を通り越し搭乗者を路面に擦り付ける形を取る。

23 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 21:06:36 ID:.JjyiNM60

(#゚∀゚)「うらぁああッ!!」

 ビロードの髪が地面に触れかかった時、ジョルジュは地面に腕を叩きつけた。
 その際、彼が忌々しく思う「免疫ポッド」で殴りつけたのは決して故意ではないが、
 結果的にバイクは車体を持ち直し、コーナリングを決める。


( ゚∀゚)「ヘッ、そこで指でも咥えてな、コピー女共」

 後ろを振り向かず、中指を立てて掲げるジョルジュ。

 彼女達も人間離れした反応速度を有してはいるが、ああも捨て身な操縦をしようとは思わないし、
 ああも危険なコーナリングに打って出るとは想像していなかった。
 このまま直進しようとしていたクローン兵士達は、咄嗟に急ブレーキした後、方向転換してから角を曲がるハメになる。

(  〓 )「…………」

 彼のバイクのバーニアンが作った轍を越える頃には、既に200m以上の差を着けられていた。
 双方のバイクに著しい性能差は無い。
 今から追いつくには厳しい距離であるのは明白だが、彼女達はすぐさま追跡を再開した。
 バイザーに隠されていた彼女達の顔は、やはり眉一つ形を変えず保たれている。

24 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 21:09:46 ID:.JjyiNM60

(  〓 )「データ以上の反応速度を持つようだが作戦に支障は無い。
      市内の監視カメラはこちらが押えている。このまま挟み撃ちにして制圧する」

 __


 奇妙な事にジョルジュとクローン部隊によるバイクチェイスの模様は報道されていなかった。
 『セントラル』といえど、以前の世界のように悪行あらば報道するのがメディアの義務であり務めだ。
 だが、政界の都合や政界を牛耳る権力者の鶴の一声で報道に規制を掛けるのは、この地下世界も同様であった。
 事実、第4階層が恐慌状態にあるというのに、一つ上と下の第3、第5階層の人々は平然としている。

 モララー・スタンレーが第一に提案したメディア操作を、モナーは二つ返事で承諾している。
 ディレイクに肩入れする彼であれどウィルス蔓延の恐れがあるのは否定できないし、無視もできない。
 市民に事態が知れればパニックになる事は火を見るより明らかだ。
 そう考え、アクセサーを停止させて状況を第4階層に留めるという対策も即座に実施した。
 
 更に現在は情報端末に使用制限が掛かっている。
 一般的には制御センターの緊急的なメンテナンス作業中と伝えられているが、これも議会の手回しだった。
 銃を携えたクローン部隊に言われるがまま作業員達が制御しているだけだ。
 メディア操作同様、モララーの提言によるものだった。

 閉塞したのは階層間のみならず、議会堂第2会議室もそうだった。
 モララーは次々と的確な提案提言を吐き出し、モナーはそれを鵜呑みにする。
 肝心のモナー・ヴァンヘイレン総統は事態の中心にいるつもりで、実は蚊帳の外に立たされているのだった。

( ・∀・)「総統閣下、ラボに向かわせたクローン兵士が事情聴取を終えました」

25 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 21:12:11 ID:.JjyiNM60

( ´Д`)「それで、ツン・ディレイクは何と?」

( ・∀・)「ジョルジュの暴走についてはこちらでも対策すると。
      しかしIRON MAIDENは外部からコントロールできるものではないらしい。
      加えてB00N-D1は修復中につき動けないとのこと」

Ω「これ以上ウィルス絡みの問題を起こしたくないだけじゃないのか?」

 場に居合わす議会員の一人が、何気ない調子で口を挟んだ。
 モナーは鋭く睨みつけて、低く言う。

( ´Д`)「言葉を慎め」

Ω「う、これは、失言でした……そ、その、総統閣下、わ、私は」

( ´Д`)「もうよい。それでモララー、ツン博士は他に何か?」

( ・∀・)「はい。ツン・ディレイクはジョルジュを処分する方向で動くとの事です。
      彼女は先日負った責任を果たそうとしているようですが……」

( ´Д`)「ブーンは出てこれん、か」

( ・∀・)「はい。とはいえ彼が出たところで、ジョルジュ相手にまともに戦えるとは思えませんが……。
      B00N-D1とジョルジュには深い交友関係があると聞きます。
      逆に、こちらがやられるかもしれません。
      ツン博士もジョルジュの暴走行為を助長させる恐れがあると仰った」

( ´Д`)「ブーンの助力なんぞ求めはしないよ」

26 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 21:13:38 ID:.JjyiNM60

( ´Д`)「セカンドといえど、彼の友人ならば彼の手を汚させる訳にはいかん。
       我々の手で処理をするぞ。彼には借りを借りっぱなしだ。
       それで、モララー。第4階層の状況は?」

( ・∀・)「市民の避難は完了。直ちに銃撃を開始するようクローン部隊に指示致しました。
      現在、全兵がジョルジュの処分にあたっています。
      間もなく厳戒令を解けるでしょう」

ダルシム「街の被害状況はどうなっているヨガ?」

(  〓 )「今のところ大きな損害はございません」

 街の監視カメラは作動しているが一つ問題を抱えている。
 映像の送信及び受信は情報端末のそれと同じく単一のインフラに依存しているという事。
 つまり、この場においても何の役にも立たない、単なる映像記録機に過ぎなかった。

 その制限の下で監視カメラの映像を受信できる存在がクローン兵士だった。
 彼女達が情報シェア機関を持つと疑ったショボンは正しかったのである。
 クローン兵士達は見聞きした情報を独自の通信回線を持って瞬時に送受信する事が可能であった。

 とはいえ映像を投影させるような機関を彼女達は持たない。
 会議場に入る情報は傍らに立つクローン兵士が中継して口頭説明する物のみだ。
 モナー達の指示もそうだ。
 伝達はいずれもクローン兵士のシェア機関を通じ行われている。

27 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 21:14:39 ID:.JjyiNM60

( ・∀・)(容易い連中だな)

 この状況を作り出したモララー本人は、込みあがる愉悦と笑いを押し殺すのに必死であった。

 モナーは正義感と責任感の塊のような男で、人情深くもある。
 モララーにとっては他といない制しやすい男であった。
 更にビロードについては一つも言及していない。
 全てが予想通りに進むかどうかは定かではないが、少なくとも都合よく進んでくれている。

 偽りに偽りを重ねられる。
 まさにモララーの独壇場であった。

( ・∀・)(まさかビロード・ハリスとジョルジュの確保が狙いだとは夢にも思わないだろうな。
      ジョルジュ本人かショボン、ガイル辺りが乱入する事は読めていたが、
      こうも計画通りに事が進むと少し拍子抜けるな)

( ・∀・)(あとはジョルジュを追い込み、“サード”となったところを制圧するだけだ。
      出来損ないの“セカンド”どまりとなるなら処分するまで。
      邪魔者は誰であろうと排除するよう命令は下した。
      ジョルジュからウィルスが漏洩したとのたまえば、それで済む話だ)

( ・∀・)(市内でのバイオハザードは絶対に阻止せねばならぬ。
      フフフ、荒巻スカルチノフが定めた政令が、このような形で活きるとはね……)

( ・∀・)(ツン・ディレイク。君もこちらに向かっているようだが、せいぜい用心するといい。
      君も感染者として処分しなくてはならないからな)

28 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 21:16:59 ID:.JjyiNM60
 一方。

 ツンとエクストはターミナルの昇降口で顔を出して辺りを伺っていた。
 100メートルと離れない議会堂の正面入り口に、銃器を携えたクローン兵2人配置されている。
 周辺の警備も同様に薄く、2,3人のクローン兵が巡回しているのを見かける程度だ。

 政権転覆を狙うテロリストの存在が囁かれている状況にしては余りにも手薄だ。
 恐らく、ジョルジュ達3人を制圧するのに兵数の大部分を割いているのだろう。
 これは幸運と言っていいかもしれない。
 ツン・ディレイクは緊張を滲ませる顔でほくそ笑み、エクストの耳元を打つ。

ξ;゚∀゚)ξ「手薄ね……敵の本営に切り込むアタシ達には好都合よ。
       いい? エクスト君、アタシにぴったり付いて来て」

<;プ−゚)フ「ちょ、ちょっと待ってくれ! お姉ちゃんの作戦ってやつを聞かせてくれよ!」

ξ;゚∀゚)ξ「人質を取るのよ、人質を。無関係で善良な市民をね」

「は?」と聞き返すエクストに、ツンは懐に忍ばせていた銃を取り出した。
 それがダウンサイジングされたBlueBulletGunであるとエクストは知りもしない。
 が、とにかく、やはり彼女は物騒な手段に打って出ると明らかになると、エクストは予め覚悟しておきながらぞっとした。

ξ;゚∀゚)ξ「目ぼしい人質は見つけてあるわ! 行くわよ!」

 半ば呆然とするエクストの肩を叩いてツンは駆け出す。

<;プー゚)フ「マジかよ……ああああもう、やけくそだ! 乗ってやらぁ!」

 エクストは引きつった笑みを浮かべ、ツンの後をぴったりと追う。

29 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 21:20:35 ID:.JjyiNM60
 ツンが足音を忍ばせて走り向かうのは議会堂正面の広場。
 中心に噴水を持ち、周囲に幾つかのベンチがあるだけの簡素な憩いの場だ。
 擬似の陽射しを除ける木々が並び、議会堂からの見通しは悪いだろう。

 ツンは腰を曲げてそそくさと目標のベンチに近づいた。
 後を追うエクストも当然、彼女の姿勢に習ってそうする。

 ベンチには座るのは大人の女だ。
 身長と、黒色の髪が長く伸びている事からそう伺える。
 華奢な女なら扱いやすいと踏み、ツンはこの女を選んだのだ。

<;プ−゚)フ「…………」

 エクストは緊張と罪悪感で高鳴る鼓動を感じながら、ツンの一挙一動を見守った。
 ツンは銃をゆっくりと掲げ、銃口を女の後頭部にあてがった。

 すると女はその感触で悟ったのか、声も手も上げずに言葉を待った。

ξ;゚⊿゚)ξ「何が頭にあたってるか、分かるわよね?
       アタシの指示に従って動いてもらうわよ……こちらを振り向かずに、ゆっくりと立って」

「…………」

 言われた通り、無言を保ったまま女はゆっくりと腰を上げた。
 女は黒いビジネススーツにその華奢な身を包んでいた。
 腰まで伸びた髪が広場の照明を浴びて艶やかに輝いている。
 容姿と物腰だけを見れば器量の良いキャリアウーマンのように想像できる。

30 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 21:23:06 ID:.JjyiNM60

ξ;゚⊿゚)ξ(あれ……この人……)

 ツンは妙だと思った。
 仮に仕事熱心な女だとしても、今彼女を脅かすのは案件なんかではなく、銃。

 微動だにせず要求に応じられるのは、不自然だ。

<;プ−゚)フ「お姉ちゃ――――」

 不意に、黒髪がツンの両目を撫ぜて視界を防いだ。
 ツンは反射的にトリガーを引くが、指先に伝わったのはカチと言う弱弱しいもの。
 セーフティを外し忘れていた事を悟りツンは青ざめる。
 直後、銃を持つ腕に強烈な手応えが走るが、それを忘れる程のケリが無防備な腹にねじ込まれた。

ξ; ⊿ )ξ「づうっ!?」

 体重の軽いツンは派手に吹っ飛んでエクストと一緒くたに地に転がった。
 硬い地面を滑った2人は露出する肌を卸されて血を滲ませる。
 ツンは胃から込み上げた物を地に吐き出した。
 涙で潤み僅かに混濁した視界を映す目を上げ、見下ろす女の顔を伺う。
 
(  〓 )「私服での警備を任されたとは想像できなかっただろうな」

 既に女の顔はフルフェイスのヘルメットで覆われていた。
 人質には格好の的だと思い込んでいた女は、スーツを脱いだクローン兵であった。

 クローン兵はツンの手から離れ宙を舞っていた銃をキャッチし、唖然と口を開けるツンに銃口を向けた。

31 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 21:25:36 ID:.JjyiNM60

ξ; ⊿ )ξ「そ、そんな……」

(  〓 )「ツン・ディレイク、エクスト・プラズマン。今ここで貴様達が抱える数件の罪状を述べる必要は無い。
      ウィルスバスターとして貴様達をセカンドウィルス感染者と見なし、処分する」

<;プд゚)フ「はあ!? ちょ、ちょっと待て! 俺達感染なんかしてねーよ!」

「――――その子の言う通りだぜ、兵士さん」

(  〓 )「……む?」

 トリガーに掛かった指が動こうとした時、隣のベンチに居合わせた男が唐突に口を挟んだ。
 男の言葉でクローン兵士は動きを止め、男の方へ振り返る。
 黒髪を短く小奇麗にまとめ、ツナギに身を包んだハンサムな男だ。

 男はベンチの背凭れに両腕を廻し、足は組み、この状況を見ている者としては余りにも悠長だった。
 場慣れしている、とも言えるかもしれない。
 そうエクストが思ったのは、銃口を向けられているというのに男が顔色をまるで変えないからだ。

「この可愛い子と小娘が感染者だって? そいつはおかしい。
 俺のサーモグラフィはウィルス感染を示す熱量を計測していないぜ。
 故障なんかじゃないぞ。俺は定期的にメンテナンスを受けてるからね」

(  〓 )「貴様、何者だ?」

「断っておくがどっかのデータベースにアクセスしようったって無駄だぜ。
 フフ、分かってると思うが、応援も呼べないぞ。
 先程ここら一帯に君達の電波通信に対するジャミングを張らせてもらったんでね」

32 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 21:29:01 ID:.JjyiNM60
(  〓 )「邪魔者はウィルス感染者として殺すまでだ」

 クローン兵がトリガーを引く。
 しかしトリガーは動かず弾丸は射出されなかった――――セーフティが解除されていない。
 冷静沈着なはずのクローン兵が舌を打ち、勝手の分からない拳銃を捨てる。
 素早い動作で腰に帯びている専用の対セカンド用レーザー銃に手を伸ばした。

「フッ!」

 女の一連の動作中に距離を詰めていた男が右手を奔らせる。
 鳩尾を抉る掌打はクローン兵を悶絶させる威力を持たぬが、硬直に至らせた。
 女は蹈鞴を踏みながら痛覚とは異なる違和を腹に覚え、咄嗟に手を伸ばす。
 異物の正体が何らかの攻撃機器であると悟り引き剥がそうとするが、機器のツメがスーツに食い込んで剥がれない。

 電波送信を受けたとランプは点灯し示す。
 強力な電流が女の全身に流れ、恐らく美しいであろう女が地面でのた打ち回る。
 その妖艶な形と色の口から泡が吹き出る頃には、女は意識を完全に欠いていた。

「遅いね。にしてもセーフティ解除を確認し忘れるなんて、存外間抜けなんだな……でも間抜けはお互い様、か」

 男は電流放出終了を促す信号をスタンに送った後、腹からそれを取り上げた。
 最中、クローン兵の真っ黒なフェイスカバーが映す怯えと驚愕を浮かべる2つの顔に気づく。
 振り返ると、思いも寄らぬツンの第一声に、ツナギの男は苦笑いした。

ξ;゚⊿゚)ξ「あなた!? ナイトウの行き付けのウンコ屋さん!?」

阿部「おいおい、ウンコ屋は止してくれ。列記としたカレー屋さんだぜ?」

33 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 21:32:15 ID:.JjyiNM60

阿部「ま、ほんの遊び心でトグロを巻いちまってるがな」

 ツナギの男の名は阿部高和といい、第4階層でカレー屋を営む男だ。

 ショボンとドクオとの交流をツンは知る由もなく、単に奇妙な料理を売りつける男として記憶していた。
 だがツンもサイボーグ工学の一人者。
 戦闘を一見すれば、おおまかなスペックと機能を予想するのは簡単な事だった。

ξ;゚⊿゚)ξ(40年代後半から50年代初頭に掛けて注目を浴びた、多目的サイボーグね。
       開発コストが掛かるから少数人に適用されたはずだけど、生き残りがいたなんて……)

 それに阿部のようなサイボーグは稀有な存在で、いつだったか読んだ父のデータを元に、正体を推測した。

 開発中の新兵器の設計資料の漏洩など、複雑な情報戦へと縺れ込ませたのが彼のような人物だった。
 最新の戦闘システムを搭載しながらも卓越したクラッキング技術を持ち合わせている事から、
 ディレイク系サイボーグの後期トライアルだと限定できる。

阿部「女にまじまじと見られるのは趣味じゃないな……確かに俺はいい男だがね。
   フフッ、でも君のようなチョイ悪そうな美少年ならウェルカムだ」

<;プー゚)フ「ひええ……この人ガチかよ……」

ξ;゚⊿゚)ξ「そ、それはさておき! アンタ、何してんの?
       とてもベンチで夜空を眺めてたって風には思えないわ」

34 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 21:33:22 ID:.JjyiNM60

阿部「話は後だ。一度態勢を立て直そう。議会堂の方から不穏な気配が接近している」

 人間のツンとエクストには聞き取れぬ物音が、阿部には聞こえていた。
 足音、それからガチャガチャと揺れる装備の音から察し、クローン兵だと断定。

阿部「あそこに公衆トイレがあるな。そこで少し身を隠そう。
   ツン博士、君も事情を聞きたいだろうしな」

ξ;゚⊿゚)ξ「は、はい」

 言われるがまま、ツンとエクストは阿部と共に公衆トイレへと駆け込む。



阿部「ところで、俺は阿部高和。君、名前は?」

<;プー゚)フ「エクスト。エクスト・プラズマン」

阿部「エクスト君、か……ふふっ」

<;プー゚)フ(何だよ気持ち悪ぃな……)

阿部「やらないか?」

<;プー゚)フ「何をやんのか分からねぇけど、ご遠慮させて貰うぜ!」

 阿部は渋々と、ジッパーに掛けていた手を離した。

35 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 21:36:27 ID:.JjyiNM60
 遡ること数分前。

 情報シェアリングによるネットワーク形成に乱れが発生した事を、無論クローン兵は気づいた。
 手段は不明だが第3階層に配置した兵との連絡が取れない。
 指示を仰がずに単独で数名が状況確認に向かったが、誕生が間もなくも、初のケースであった。

(  〓 )「失礼します。モララー様」

 会議場の情報網を担うクローン兵とは別の者が入室し、脇目を振らずモララーの耳を打った。
 この場においてはクローン兵がモララーに耳打ちしたのは、これが初めてだった。
 2人のこのようなやり取りをモナーは暗黙していたが、今日ばかりは露骨に怪訝な目を向ける。
 それに気づいたモララーが慌てて取り繕う。

( ・∀・)「っと、失礼。私のラボで支障が……つまり、彼女達に関わるトラブルが発生したようで。
     少しばかり席を外させて頂きますが、すぐに戻ります」

 長い白髪を靡かせモララーはクローン兵を連れて会議場から出てゆく。
 小事を片付けるようなモララーの軽い物腰は、モナーに限り異なって見えた。

 総統の耳には打てぬ事情を隠す。
 2人のやり取りに不審を覚えたモナーは、彼が荒巻暗殺を企てた本人である事を思い出す。

( ´Д`)(……果たして、本当にただのシステム障害か?)

 無言の場に、胸中の苛立ちを吐露するような溜息が響いた。

36 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 21:40:26 ID:.JjyiNM60

( ・∀・)「問題が?」

(  〓 )「ハッ。議会堂周辺に配置した兵の間で通信トラブルが。現在も尚、復旧に及びません。
      この私もです。外部との通信が取れません。第4階層の状況についても不明です。
      敵による妨害行動が展開されているかと思われます。
      独断で、3名に周辺の調査に向かわせました。引き続き調査を続行させております」

( ・∀・)「独断で……? ほう、君達にしては上出来な判断だ。褒めてやる」

(  〓 )「我々の存在意義はフォックス様並びモララー様の目標達成に尽力する事だと認識しております」

( ・∀・)「その口ぶりから察するにシステム障害を患った訳ではなさそうだな。
     尤も、中枢に障害が生じればマスターが対処なさるだろうが……他には?」

(  〓 )「第3階層議会堂前広場にて、No74がツン・ディレイク及びエクスト・プラズマンと直接接触しました。
      私服での行動を取っていた者です。No74が博士の殺害に及ぼうとした際、通信が途絶えました。
      あくまで私の推測ですが、サイボーグがそこに居合わせていたのではないでしょうか。
      情報戦に強い多目的サイボーグの類であれば我々のシステムの妨害もできましょう。合点はいくかと」

( ・∀・)「……ふーむ、流石だな、君は。私も同じような推測を立てていた。
     急な通信インフラ停止に勘付いてインフラの中枢をクラックし、どういう訳かこの近辺に足を運んだ。
     そしてツン殺害に及んだ現場にたまたま居合わせ、お前達の通信を妨害……手練のサイボーグと見ていい。
     それに良い度胸をしている。関心はせんがな」

37 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 21:43:34 ID:.JjyiNM60

( ・∀・)「Hollow-Soldier、そのサイボーグにつまらぬ好奇心を抱いた事を後悔させろ。
     私の警護は会議場の付近に2,3立たせておけばいい。サイボーグを直ちに殺せ」

(  〓 )「了解しました。発見次第、ウィルス感染と見なし抹殺します」







                         第36話「新手の妨害者」終

38 ◆jVEgVW6U6s :2012/02/07(火) 21:53:34 ID:.JjyiNM60
以上、本日の投下は終了です。
今後はこちらでやっていきます。
また考えを改めるかもしれませんが・・・・

では、お疲れ様でした。ハイル、イトーイ

39 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 22:01:41 ID:kFGJSfVs0
乙ーーイ!!

40 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 22:04:02 ID:OYSmzL.U0
おっつー!

41 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 22:07:38 ID:hiAZzBqcO
安定の面白さだな


42 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 22:17:31 ID:SYb8fesMO
こっちに来たと聞いて
ハイルイトーイ!

本当の狙いはジョルジュのサード化と見て良さそうだな
続きが楽しみ

43 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 22:20:55 ID:e66fG/igO
( ^ω^)こっちに来たのか

44 名も無きAAのようです :2012/02/10(金) 12:57:05 ID:e9FqSESc0
最近はまったから続き楽しみしとるよ

45 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:04:49 ID:C0RcvdDk0
            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i   暇だから投下するぜ
           | |,,_   _,{| 
          N| "゚'` {"゚`lリ 〜前回のあらすじ〜
             ト.i   ,__''_  ! 阿部さんがいたおかげでどうにかなった
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|

46 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:05:36 ID:C0RcvdDk0
まとめ 内藤エスカルゴさん
ttp://localboon.web.fc2.com/

では37話です

47 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:07:06 ID:C0RcvdDk0
 ビロードが襲われる1日前、深夜2時、広大な『セントラル』の何処か。


 市を統べる議会すらも知らぬその秘密の場所を、男は衣食住と研究を一緒くたにしていた。
 クローゼットの中に整然と並ぶ衣類は白衣ばかり。
 キッチンもなく生活臭と呼べる雰囲気は皆無。
 簡素な椅子とテーブルに置かれたのは簡素な食料(液体化食料バナナ味)と、吸殻で埋もれた灰皿だけ。
 絵に描いたような研究者の一室だ。
 周辺を囲う膨大なホログラムとタッチパネルを一望しつつ、男は本日23本目となる煙草に火をつけた。 

 着火と同時、ホログラムモニターの一つに慣れ親しんだ顔が映る。
 その音に気づくと男は足を組んだまま回転椅子を回してモニターに振り返った。
 男、フォックス=ラウンジ=オズボーンは、温和な笑みを浮かべてモララー=スタンレーの通話を歓迎した。

爪'ー`)y‐「夜分遅くにすまないな、モララー。監視の目は振っただろうね?」

( ・∀・)『勿論です。Hollow-Soldierのサポートは優秀です』

 フォックスとモララーのやり取りは殆ど携帯端末で行われている。
 公共のネットワークを利用したものではなく、独自のネットワーク上でだ。
 直接面を合わせての頼み事は、実は彼等にとってあまり例のない事なのである。
 しかし独裁者の片腕ともなると監視の厳しい日常を強いられ、モララーは通話一つにも細心の注意を払うようになった。

 監視しているのは他でもない議員共だ。
 恐らくはモナー・ヴァンヘイレンの差し金だろう。
 それに感づいたモララーはフォックスに仰ぐと、こちらもモナーに監視するようと指示を受けた。
 こうしている間にも、Hollow-Soldierはモナーの動向を見張り続けている。

( ・∀・)『とはいえ、あまり時間がございません。出来れば手短にお願いしたい』

48 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:08:59 ID:C0RcvdDk0

爪'ー`)y‐「うむ。承知している。それでだ……モララー、折り入って君に頼みがある」

( ・∀・)「頼み、ですか」

 物腰柔らかなフォックスであるが、こういう時ばかりは浮かべる笑みに少々謹慎さを欠く。
 歪な笑みはモララーにとって言わばスイッチを意味する。
 壁を敷き詰めるコンピュータが一丸となっても敵わぬその脳で、今度は何を企む?

 好奇心という甘美な情緒をくすぶり、モララーは主の次の言葉を待った。



  第37話「解かれた拘束」



 ツンから貰ったアプリケーションと持ち前の聴力を元に、二人のサイボーグは不利な現状に焦りを感じていた。

(´・ω・`)「ジョルジュさんへの追跡が正確すぎる。
      やはり敵は独自のネットワークを所有し、連携しているようだね」

 手首に巻いた携帯端末が中に映すホロと、視界に映るビジョンに目を行き来させ、ショボンが言った。
 バイクの後部座席に座るヒートも同様のデータを収集、顔を曇らせて返す。

49 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:11:04 ID:C0RcvdDk0

ノハ;゚⊿゚)「ジャミングなんて、出来ませんよね?」

(´・ω・`)「僕は所謂“量産型”だし、戦闘に特化したサイボーグだからな」

(´・ω・`)「尤も、それについて言えば、端末利用が制限される前とある友人に頼った。 
      多目的型のサイボーグでね。この手の妨害に強い奴で、信頼もできる」

ノハ;゚⊿゚)「何でそれを早く言ってくれないんですか!」

(´・ω・`)「連中だって良い耳してるだろうし、迂闊に喋るのは危険かなと思って。
      で、彼にはツン達の援護に回ってもらった。
      果たしてそれが正解だったかどうか、不安を覚え始めたけどね……」

ノハ;゚⊿゚)「不安? どうして? 早く本丸を叩くに越した事は……」

(´・ω・`)「どうやら自力の分析力に関しては僕の方が上手のようで、安心した」

ノハ;゚⊿゚)「うっ……自分で考えるのはちょっと苦手です……仕事もゴリ押しの営業ばっかだったし……」

 つくづく、戦闘バカ。ショボンはそう胸中で呆れた後、推測を述べ始めた。

(´・ω・`)「恐らく、いや、十中八九そうだろう。敵は現存勢力のほぼ全てを第4階層に集結させている。
      スタンレーラボも先の戦いで得た損失は手痛いはずだ。
      音から推定するに現在第4階層にいるクローン兵は20数名。
      議会堂の護衛も重要だろうに、この人員の多さは何だ?」

ノハ;゚⊿゚)「……モナー総統という後ろ盾を失っても、モララーにとっては大した損失ではない、とか?」

(´・ω・`)「いい推理だが、少し飛躍しているように思えるな」

50 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:12:26 ID:C0RcvdDk0

(´・ω・`)「ともかくモララーは、ジョルジュさんとビロードが狙いなのさ。      
      もっと正確に言えば本命はジョルジュさんだろうね」

(´・ω・`)「ビロードを確保する機会なら幾らでもあったはずだ。
      しかし敵は一度それを放棄に近い形で延長し、あの子を餌として利用した。
      ジョルジュさんを誘い出す為のね。事実、ツンはジョルジュさんに応援を要請、
      こうして避難令が出されるまでに至ったが、幾らなんでも街を巻き込むなんて規模がデカすぎる」

(´・ω・`)「ジョルジュさんは完全な感染者として仕立て上げられたのさ。
      街を統べる一議会員として感染者を処分したいのか、
      それとも研究対象として確保したいのか……理由は定かではないが、
      モララー・スタンレーはジョルジュさんに狙いをシフトさせたんだろう」

ノハ;゚⊿゚)「モナー総統を言い包めるのも簡単でしょうね」

(´・ω・`)「そうだな。元々ウィルス治療なんて発見されていないからね。
      IRON MAIDENも治療法ではなく延命みたいなもんだ。
      ああやって街を飛び交ってるのを傍から見れば、セカンドの暴走行為とも取れるだろうね」

ノハ;゚⊿゚)「セカンドがバイクに乗って暴走って考えると、無理がありませんか?」

(´・ω・`)「ギコ・アモットの例がある。
      ギコという男は、意思を保ちながらも憎悪に駆られ暴走したと聞く」

ノハ;゚⊿゚)「あ……」

51 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:13:34 ID:C0RcvdDk0

(´・ω・`)「まあ、セカンドとは解明されていない部分を多く秘める存在だし、
      人がどのように想像しても何もおかしい事はないからね。
      僕の憶測だって、いずれも意味を持たないだろう。
      ともかく今僕達がやるべき事はジョルジュさんとビロードを守る事だ。
      多勢に無勢だが、ツンがモナー総統の誤解を解くまで時間を作るぞ」

 目的地までの距離を二キロと控え、ショボンが銃器を手に取った。
 マシンガンの弾倉にガンベルトを流し、セーフティを外した。

(´・ω・`)「さて、お喋りはここまでだ。ヒートさん、無理は承知の上だが、いけるね?」

ノハ;゚⊿゚)「……ええ、いける――――って、ちょっとショボン! この反応って……!?」


(;´・ω・`)「故障じゃない、か……クソッ! 最悪の展開だ! とにかく急ぐぞ!」


  ___

52 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:14:43 ID:C0RcvdDk0
 第3階層とは『セントラル』の中枢機関そのものである。

 市民の生命活動に不可欠な水と空気の供給は第2階層全体に犇く無人機とシステムが担う。
 精密に練りこまれたプログラムを搭載した無人機とシステムはAIに近い存在だ。
 メンテナンス以外に人の手を煩わす事のない機械達は、故に高い利便性を賛美される。
 機械無くして今の生活は有り得ず、また、『セントラル』も有り得なかった。 

 が、人々は行政や経済までオートメーションに依存しなかった。
 行く末を決めるのは人自身の手と知能だ。
 セカンド共に蹂躙され地下へと追い込まれた人々も、元々は自由を貫く国民である。
 自治欲を放棄し機械に求めていれば、とうに街は卑劣な犯罪者共に支配されていたであろう。

 それに人々は働く事に熱中したかった。
 家庭の重荷を忘れ仕事に打ち込むサラリーマンと同じで、人々はそうして悪夢を忘れたかった。
 何も現実逃避の手段は娯楽に限らない。
 あるいは、娯楽を生み出したいが為に知恵を絞った。

『セントラル』においてもラボとは新製品の研究と開発を行う施設を示す。
 開発されるのは対セカンド兵器だけでなく、住宅地や生活用品、家電、果てはゲームと幅広い。
 ありとあらゆる製品が、市場たる第4階層へと流れる、そんな構図が仕組まれているのだ。

53 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:16:08 ID:C0RcvdDk0
 故に第3階層には数多の施設が一挙に集う。
 媒体を問わず情報を流すメディア局、資材の流通などを担うオフィス、
 老若男女と数多の生徒を歓迎する学校、病院、電子図書館、公園、会議場、公共並び個人の資材倉庫、ラボ、
 そして議会堂。
 中央エレベータと共に聳える議会堂の周りには、多くの施設と建造物が整然と立ち並ぶ。

 地面から天蓋までの距離は最大400メートル強。
 天にまで昇るのは何も中央エレベータだけでなくオフィスビルもそうだ。
 此処は地下に模された摩天楼なのである。
 ふと視線を上げれば都市の巨大さに圧倒され、如何に自分が矮小な存在なのか自覚するだろう。
 そしてここが地下である事すらも、忘れてしまうのかもしれない。

 迷子は珍しい事ではない。
 詳細なマップを閲覧しようが自分の現在地すら見失う者も少なくない。
 複雑に入り組んだ構造を利用したハイド&シークを嗜む若者がいるくらいなのだ。

 とはいえ犯罪者を追う警察官となると話は異なる。
 都市構造が犯罪者を味方すればそれは本末転倒と言えよう。
 そこで活躍するのが、改装以前から設置されていた無数の監視カメラである。

 端末から監視システムにアクセスして犯人の居所を早急に察知。
 情報は厳重なセキュリティ下にあるネットワークを通じて共有され、いとも容易く犯人は追い込まれる。
 この常套手段は公にされ、恐れた犯罪者達は成りを潜めたのである。
 ただし、不可侵と謳われたネットワークの安全さえ保たれれば、だが。

54 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:19:24 ID:C0RcvdDk0
 警察に代わり頭角を現したクローン兵も、『セントラル』においてはネットワークに依存した一種の警察機関だ。
『セントラル』全体が軍隊を目指すのなら、その内部秩序と規律を維持する彼女達は「憲兵」といえよう。
 彼女達は警察と同じく監視カメラのシステムにアクセスし映像を閲覧し、情報を共有する。
 そして警察を凌駕する機動性を持ち、より迅速な犯人逮捕を期待される存在である。

 己の手で公共のネットワークを停止し、更に外部からの介入で私有の通信機関まで妨害された現状。
 彼女達が得意とした情報取得は、一般市民と何ら変わらず五感に頼る事になってしまった。
 こうなればHollow-Soldierであれど、たった3名で広大な議会堂周辺から標的を見つけ出すのは困難に陥った。

(  〓 )「探せ! まだ近辺にいるはずだ!」

 クローン兵の一人が声を張り、遠方の兵との連携を取る。
 こうして声を上げて意思疎通するのは、彼女達には初めてとなる行為であった。
 電波障害を促すジャミングを張られた今、彼女達が得意とする情報シェアとネットワークアクセスは封じられていた。
 警察や議会の管理下にあるシステムにアクセスさえすれば、ツン達3人の居所を探るのは容易い。

(  〓 )「ジャミングは“晴れぬ”か……手を焼かせる」

 生身の警察官であれば、閉塞的な状況に対しあからさまな苛立ちを見せるだろう。
 だがクローン兵は、言葉と反して顔は無表情である。
 感情を制御された彼女が舌を打とうとも苦言を漏らそうと、それは決して苛立ちなどではない。
 System-Hollowのプログラムが作用し、現状をそのように評価しただけなのだ。

55 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:21:52 ID:C0RcvdDk0
 ガチャリ、とブルーエネルギー照射機を鳴らし、エネルギーを装填した。
 Hollow-SoldierNo81とナンバリングされた者はカード型のキーを切って倉庫のドアを開いた。
 第3階層内のどんな建物にも立ち入る事を可能とする万能キーだ。

 足音を消してコンテナからコンテナへと移動して内部を探った。
 耳をそば立てて臨むが不穏な物音や声は一切聞こえない。
 ドロイドの忙しない駆動音が虚しく響くだけである。

(  〓 )「ここもハズレか」

 断定するや彼女は出入り口に向かって走り抜ける。
 ともかく、ネットワークへのアクセスが叶わない現状、捜索するに当たり走るしか手段が無い。
 広大で雑多な街並みを見渡し、彼女はマスターに仇名す者達の追跡を続行する。


<_プー゚)フ「連中、どっかに行ったぜ。一先ずここは安全そうだ」

 公衆トイレの窓辺から覗いていたエクストが小さく言った。
 ツンはほっと胸を撫で下ろすが、一方で阿部は得意げにほくそ笑んだ。

阿部「足音で分かるさ」

 阿部は単なるカレー屋の店主ではなく、実態は高機能多目的型サイボーグだ。
 他州で同性愛婚が認められるようになって50年ほどになるが、彼等ゲイやホモと呼ばれる人種はやはり珍妙である。
 その手の趣味を持たない男性は、彼等が人権を認められた事を賛美するより軽蔑する方が多いだろう。
 エクストもその手の趣味はなく、阿部の妙に色っぽい視線に気づくと、ぷいと顔を逸らした。

56 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:24:25 ID:C0RcvdDk0

阿部「おいおい、別にとって喰おうってんじゃねえぜ?」

<;プー゚)フ「うるせえよホモが! 気色悪い目を俺に向けるんじゃねえ!」

阿部「おっと、そんな目で見ていたとは気づかなかった。ま、確かに君、可愛いからね」

<;プー゚)フ「お姉ちゃん何とか言ってくれ! こいつもうヤダ!」

ξ゚⊿゚)ξ「我慢なさい。それより……えと、阿部さん、だったわよね?
      まずアタシ達を助けてくれた事を感謝するわ。
      で、さっきの問いに答えてもらっても?」

 ツンはふてぶてしく腕を組んで尋ねた。
 キリスト教徒である彼女にとって、同性愛者とは本来軽蔑すべき対象であるが、高圧的な態度に出た理由は別だ。
 それに、もしもツンが敬虔な教徒であるのなら、ショボンとも交流を持たなかっただろう。

 今は時間が惜しい状況であり、悠長に話している場合ではないのだ。
 阿部もそれを把握しており、

阿部「手短に済まそう。君の言う通り、俺はベンチに腰掛け空を眺めてたんじゃない。
   俺は兼ねてよりの友人であるショボンから連絡を受け、彼に頼まれてここに来たんだ。
   君の護衛の為にね」

57 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:26:21 ID:C0RcvdDk0

ξ;゚⊿゚)ξ「ショボンからですって!? アンタ達一体、どういう関係よ?
       ただのホモ仲間って訳じゃない……わよね?」

阿部「おいおい、時間が惜しいのにいいのか? まあ簡単に答えてやる。
   確かに俺とアイツはただならぬ仲だ」「

<;プー゚)フ「ただならぬって……」

阿部「誤解するな。単にそういう仲なんじゃない。
   俺とアイツは嘗て中東戦争で共に諜報員として参加したサイボーグなんだよ。
   俺は敵のシステムに侵入するクラッカー、戦闘に特化したアイツがその護衛としてね」

ξ;゚⊿゚)ξ「あのショボンが戦争の参加者……話の腰を折ってごめんなさい。続きをお願い」

阿部「で、だ……ショボンとの連絡の最中、通信が途絶えたんだ。
   通信システムのインフラ整備だとメディアが報じたが、きな臭いと思ってね、
  『セントラル』のネットワークシステムの中枢に侵入したって訳だ。
   覗いてみるとこれが驚き、整備なんぞ実施されてなかったのさ」

ξ;゚⊿゚)ξ「やっぱり、敵の仕業だったのね……」

阿部「ああ。しかし自宅からシステムに介入するのは不可能でね、とりあえずショボンの指示に従い3階層に向かった。
   ベンチに座って周辺の様子を伺っていると、見覚えのある女性が広場にやってきた。
   一瞬目を疑ったが俺のデータがクー・ルーレイロ本人だと証明し、俺は悟られぬよう彼女を監視する事にした」

ξ;゚⊿゚)ξ「クー・ルーレイロ?」

58 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:28:25 ID:C0RcvdDk0

阿部「いつかのミスコン準優勝者で、スタンレーラボの研究員……元、な。
   モララーが提出した報告書によれば彼女は実験中の事故で亡くなったとされているが……
   本当にそうなのかもしれないな。今生きているクーとは、いずれもコピーだろう。
   当の本人は口封じの為に殺害されたか、クローンのベースとして保存されているのかも」

ξ;゚⊿゚)ξ「思い出した。アタシも出場したコンテストの……」

阿部「そうだ。君がわざわざ豊胸手術してまで出場した、いわくつきのコンテストだね」

<;プー゚)フ「ほ、豊きょ――」

ξ;///)ξ「ととととともかく! そこにアタシ達が来て今に至るのね!?」

阿部「そういう事だ」

阿部「それともう一点補足しておく。
   俺は電波傍受に長けていてね……この一帯に妙な電波が飛び交ってたのが分かった。
   連中が独立した通信機能を有してコミュニケーションを取っていると推定し、
   ジャミングの用意をしていたんだが、正解だった」

阿部「するとどうだい。今もジャミングは継続しているんだが、連中、
   統率を失ったような動きを見せ始めたぞ。
   チェックの済んだ倉庫を30秒後に別の誰かが見に行ったみたいだ。
   傍から見るとトんだ大間抜け共だぜ」

59 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:29:09 ID:C0RcvdDk0

ξ;゚⊿゚)ξ「つまり彼女達の弱点は……」

阿部「そう。通信の妨害だ。独自のネットワークを持つようだが、俺にとっちゃ大した事ないね。
   尤も、ジャミングは俺を中心に400メートル範囲にしか機能しない。
   ここから下層で戦ってるショボン達の手助けはしてやれないぞ。
   かといって、今から下層に向かうにも時間もないし手段もない……さて」

阿部「連中が戻ってくる気配がない。頃合だ。
   議会堂に侵入しよう。妨害があれば俺が排除する。
   現役時代の装備をしこたま仕込んで来ている。バキュームカーに乗ったつもりで安心しな」

ξ;゚ー゚)ξ「今でも十分現役って感じだけど? OK! ここからはアンタの判断に従う!」


阿部「オーライ。それじゃあ行こう!」

 まず、入り口から一帯を見渡し、安全を確認して阿部が走る。
 広場に戻り、身を低くしてベンチや木々の影に隠れた。
 阿部が手招きを始め、ツンとエクストが全力で走り抜ける。

60 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:32:14 ID:C0RcvdDk0

 肩で息をするツンとエクストに、阿部は肩越しに言った。

阿部「議会堂周辺に気配はない。恐らく内部に警備を配置しているだろう。
   戦力の大部分を第4階層に割いているとは思うが、派手な戦闘になる事も覚悟しておけ」

 街灯や照明は数多く建っているがそれでも夜分につき暗い。
 銃を構えたクローン兵が暗闇に紛れているのではないか、生身のエクストはそう思っていた。
 しかし先導を担う阿部はサイボーグだ。
 生身の者には知りもしないような情報を当たり前のように収集している存在だ。

ξ;゚⊿゚)ξ「了解、心得たわ」

 今やサイボーグ工学の第一人者であるツンがこくりと頷いたのを見て、エクストはサイボーグの機能を思い知る。
 阿部はひょうひょうとした男だが戦いというものを熟知しているようだ。
 自分とは懸け離れた存在。
 そして、自分が目指したい存在が、目の前にいるのだと改めて気づいた。

 少しばかり間を空いたが、エクストが無言で何度も頷いたのを見、阿部は続けた。

阿部「よし。では博士、セーフティを解除し忘れるくらいじゃ腕前に期待できんが一応持っておけ」

 ツナギの腰周りにずらりと並べられた機械の一つを手渡す。
 形状は銃、カートリッジに埋め込まれた残量メーターが、これを小型エネルギー発射機器だと決定付ける。
 女手にも軽く、とりわけ特殊合金製の両腕を携えたツンであれば使用に難はなさそうだ。

61 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:36:12 ID:C0RcvdDk0

<;プー゚)フ「俺は!? 俺のは!?」

阿部「お前さんは敵の人質にならんように俺のケツにピッタリとついてこい」

<;プд゚)フ「ちぇ……」

ξ;゚⊿゚)ξ「エクスト君、遊びじゃないのよ」

<;プ−゚)フ「ンな事ァ分かってるよ! ただ、よぉ……」

阿部「いい男になったら銃の撃ち方を直々に教えてやるさ。さ、行くぞ」

 阿部が駆け出した。
 ツン、エクストと、阿部の進路を正確に追って行く。
 しかし阿部とツンが言い包めたと思っていたエクストは、ほんの少し遅れていた。

<;プ−゚)フ(モナー総統の誤解を解くネタってだけかよ、俺は……!)

 エクストは雑念を禁じえなかった。
 挙動に陰りが見え始め、足取りはどことなく重く、終いに余所見などをしてのける。
 彼からすれば周辺に気を配っていたつもりなのだが、そんなものは阿部がとうに終わらせている。
 エクストなりに役に立ちたかったのであるが、この場においては余計な行動に過ぎない。

 しかしその最中、エクストは思い掛けない物の存在を発見してしまった。

 先を行く阿部とツン、それから再び周辺にいるかもしれないクローン兵を警戒した。
 何も告げず阿部の進行ルートから外れ、急いで数メートル先に落ちている物を拾い上げた。
 阿部がこちらを見ているような感じは無い。

62 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:39:29 ID:C0RcvdDk0

<;プー゚)フ(しめたぜ……!)

 それはショウウインドウにずらっと並んだ数々の宝石よりもずっと眩く見えた。
 まるで手招きしているようだったし、自分に誂えた物のように思えた。
 二人の様子を確認した後、取り上げる。ツンの持っていた小型BlueBulletGunだった。
 銃をベルトの後ろに刺し、エクストはしたり顔を浮かべてツン達の元へ戻った。

ξ;゚⊿゚)ξ「……アンタ、どうかした?」

 僅かに遅れてきたエクストを、ツンは訝しげに見つめた。

<;プー゚)フ「ん? いや、別に」

 顔の緩むのを堪え切れなかったが、ツンが「そう」と返し顔を背けると、エクストはほっと脱力した。
 しめしめと、更に悪戯に口元を釣り上げながらエクストは腰の物を愛しむように摩った。

阿部「エクスト」

 すると不意に名前を呼ばれ、エクストは総毛が立つのを感じた。

阿部「もう一度勝手な行動を取ったら張り手を見舞うからな」

<;プー゚)フ「あっ……バレてた?」

63 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:40:30 ID:C0RcvdDk0

<;プー゚)フ(しめたぜ……!)

 それはショウウインドウにずらっと並んだ数々の宝石よりもずっと眩く見えた。
 まるで手招きしているようだったし、自分に誂えた物のように思えた。
 二人の様子を確認した後、取り上げる。ツンの持っていた小型BlueBulletGunだった。
 銃をベルトの後ろに刺し、エクストはしたり顔を浮かべてツン達の元へ戻った。

ξ;゚⊿゚)ξ「……アンタ、どうかした?」

 僅かに遅れてきたエクストを、ツンは訝しげに見つめた。

<;プー゚)フ「ん? いや、別に」

 顔の緩むのを堪え切れなかったが、ツンが「そう」と返し顔を背けると、エクストはほっと脱力した。
 しめしめと、更に悪戯に口元を釣り上げながらエクストは腰の物を愛しむように摩った。

阿部「エクスト」

 すると不意に名前を呼ばれ、エクストは総毛が立つのを感じた。

阿部「もう一度勝手な行動を取ったら張り手を見舞うからな」

<;プー゚)フ「あっ……バレてた?」

64 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:41:11 ID:C0RcvdDk0

阿部「ったく……仕方ない、博士。エクストの銃のセーフティを解除してやれ」

ξ;゚⊿゚)ξ「あー! アンタ、いつの間に……抜け目ないわね……」

<;プー゚)フ「ヘヘッ、だってよぉ、俺だってホラ! 役に立ちてえじゃん!」

阿部「そんな物を使わずに済むのが最善なんだがな。まあ無理もないか。
   ガキの時分ってのは銃を握りたがるもんだ。頼むから俺のケツに弾丸をくれてやんなよ?」

 阿部の辛辣な物言いにツンは何か言いかけたが口を噤み、エクストを一瞥してから後を追った。
 エクストは押し黙った。
 理想とは懸け離れた現実を彼は感じ、複雑に交錯する思いに苛立った。

<;フ− )フ「……ちくしょう!」

 それでも瞳を潤ませたりせず、確かな足取りで内部へと続く階段を駆けていった。
 学ぶべき父、リレント・プラズマンは失った。
 リレントは強化外骨格OSM−Suitを纏いセカンドと勇猛果敢に戦う戦士であった。
 B00N-D1の活躍と比較すれば父の戦歴など霞むのは事実であるが、それでもエクストにとって父こそ真の英雄であった。

 将来は共に肩を並べ街に立つ事がエクストの夢であった。
 食卓を囲っている際に夢を物語ると、父は学道など真っ当な生き方を賞賛して勧めたものだった。
 ただ、呆れた物言いをする父の顔はどこか嬉しそうであった。

 父の誇らしい戦いは数少ないデータを閲覧するしか見る方法がなかった。
 それは今後も変わらず、決して増える事もなく。

 だから今は、目の前の男に従い、彼から習うしかなかった。

65 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:46:18 ID:C0RcvdDk0
 終業時間を迎え節電状態にある議会堂内部は暗かった。

 外に比べ照明機具は多いものの発光はどれも控えめだ。
 長く続く廊下の先を肉眼で見るのは少々難儀である。
 生身の二人は暗闇に不穏を感じるが、反して阿部は堂々と直進し続けている。
 彼には味気ない装飾一つも鮮明に見えているだろうが、一つも目をくれず駆け抜ける。
 澱みのない足取り、しかし足音を殺す彼に習い、二人も何とか模して付いてゆく。

ξ;゚⊿゚)ξ「連中がどこにいるのか分かる?」

 一つ、角を曲がる際に、ツンが阿部の耳元を打った。
 阿部は目線をツンへと移さず、唇も殆ど動かさずに返す。

阿部「気配から察するに一階ではないな……2階か、3階。もう少し情報が欲しい」

 ツン、エクストは細長くもだだっ広い空間を目を凝らして一望する。
 議会堂内部は数多の部屋を有しながらも構造はシンプルだ。
 一般的な学校に似通う部分が多い。
 長く伸びる廊下の左右に並ぶドアはいずれも会議室へと続くもの。
 あるいはトイレであったり休憩所であったり、喫煙所などもある。
 荒巻政権時代ではどれも存在意義を有していたが、軍備増強その他縮小のモナー政権下の今となっては持て余しそうな数だ。

 一同はとりわけ重厚な扉を有する箇所に到達する。
 ツンはそこで止まるものかと思っていたが、直進を続けようとする阿部に思わず尋ねた。

66 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:47:04 ID:C0RcvdDk0

ξ;゚⊿゚)ξ「ちょっと待って。エレベータは使わないの?」

阿部「この静けさでエレベータの駆動音は目立つかと思ってな。
   階段の方が無難だろう。発見された際に応戦もしやすい」

 と、阿部が講釈している最中、まさにそれと思わしい音が上方より響いた。
 阿部とツンは一斉にエクストへと視線を注ぐが、本人は怒りを孕む目で返し、首を振って否定した。
 エレベータが一基、降りてきている。
 くいと指を折り曲げし阿部は自分の背後に二人を並べ、エレベータの壁際に臨み何者かの到着を待つ。
 左手に銃、右手には一度クローン兵を無力化した実績を持つスタンがある。

 キィン、エレベータが甲高い音を打ち同階への到着を知らせる。
 重厚な扉が左右に分かれ、中から出てきた者はスーツ姿の初老の男であった。
 凝った形の襟章は議会員を証明するように輝きを放つ。
 彼は阿部達に気づかず、気持ちのよさそうな欠伸をしながら正面玄関の方へ身を向けた。

 ツンは発見されなかった事をほっと胸を撫で下ろした。
 そのまま帰路に就き床に就くだろう彼を見送るつもりでいたが、あろうことか、阿部が男を急襲する。
 目を見開き驚愕するツンが自分の口を押さえた。
 男も同様であった。
 男は阿部に口を押さえられ、目は恐怖で見開いていた。

 呻き声を漏らし、足をばたつかせる初老の男。
 しかし口を塞ぐ何者かの力が常人ならざる事に気づくと一切の抵抗を止めた。
 阿部は震え上がる男の耳に囁いた。

67 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:48:00 ID:C0RcvdDk0

阿部「これはサプレッサー付きの銃だが、アンタの死体を処理するのは面倒だ。
   言いたい事は分かるだろ? 指で答えな。モナー総統達がいる会議室は何階にある?」   

 初老の男はやはり震えた手を掲げ、指を3つ立てた。

阿部「3階の会議室なんだな。では何番の会議室だ? 」

 男は指を折り2と示す。

阿部「近辺の警備に当たっているのはクローン兵だな? 知る範囲でいい、何人いる?」

 男は指を3に戻す。

阿部「協力に感謝する」

 阿部は白髪混じりの男の背を容赦なく突き飛ばし、地に転がす。
 その背にはスタンが仕掛けられていた。
「ヒッ!」そう小さく漏らしたと同時、男は高圧電流に見舞われた。
 
 初老の男が白目を剥き、泡を吐き、最後に失禁したところで阿部はスイッチから指を離した。
 整髪量で七三にまとめられた髪も、クリーニングに掛けたばかりのスーツも、
 でっぷりと肥えた腹も貫禄の議員が、見るも無残な姿へと変貌していた。

68 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:49:39 ID:C0RcvdDk0

 非道を極める所業を平然とやってのける阿部に対し、エクストは怯えた目を向けていた。

阿部「情に流されれば命取りになる」

 その視線に気づいた阿部が冷酷に告げた。

 エクストと同じく、ツンも罪無き人に手荒なマネをしたと心を痛めていた。
 だが阿部の言う事が正しかった。
 ナイトウに聞かせてやりたい言葉だと、ツンは独り胸中でごちた。

阿部「幸運に恵まれ連中の居所が分かったな。
   ツン、気が変わった。エレベータでいっちまおう。
   3人程度の警備なら俺一人で制圧できる。今は外のクローン兵が戻ってくるのが心配だ」

ξ;゚⊿゚)ξ「りょ、了解! 頼りにしてるわ!」

 一同はエレベータに乗り込む。
 エクストが操作パネルに触れる直前、阿部が遮ってエレベータを操作した。

<;プ−゚)フ「何だよぉ……」

阿部「押し間違えらたりしたら堪らんからな」

<;フ− )フ「チッ……何だよそれ……」

 エクストは顔を膨らませてそっぽを向いた。
 同時にエレベータが思い響きを伴って閉まる。
 確かに人気のない今、エレベータの動きは目立つかもしれないとツンは思う。
 しかし利用者がいる事を先ほど知り、そこまで臆することでもないと改めた。

69 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:51:49 ID:C0RcvdDk0

阿部「まず俺が安全を確保する。合図があるまで音を立てずに待ってるんだ」

 2から3へランプが移り変わる直前に阿部が言った。
 扉が開き、清潔な匂いが微風に乗りエレベータ室内に入り込んだ。
 廊下には足音一つも響いていない。
 気味の悪い静けさにツンとエクストは唾を飲んだ。

 念を押して阿部は手を翳して二人を制し、機を見て廊下に飛び出す。
 膝を立て、両腕でハンドガンを構えた。


(  〓 )「なに――――」

 物音に気づいた巡回中のクローン兵が振り返ったと同時、阿部の銃撃。
 アーマーピアシングが硬いフェイスカバーを貫き、口内に血を溢れさせて黙らせた。
 後頭部に穿たれた綺麗な穴からも栓を抜かれた樽が如く、生臭い液体を垂れ流す。
 クローン兵とはいえ頭部を破壊されれば沈黙するらしく、彼女は痙攣こそすれど反撃の素振りは見せない。

70 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:53:34 ID:C0RcvdDk0

阿部「あと二人……!」

 阿部は腰だめに銃を構え、臨戦態勢を保つ。
 サプレッサーは音を消すが死体が臥す際の音までは消せない。
 急襲と言えるのはここまでだ。
 ばたんと響き渡って間もなく、目的地の方から何者かが足早に駆けつける音が聞こえていた。

 クローン兵の一人が宙を舞いながら、角から現れた。
 素早い動作で壁を蹴り、且つ、阿部の銃撃を避けながら間合いを一気に詰める。
 両者共に運動性能は高い水準で均衡。
 尽く中空を切る弾丸と光線、同等以上の速度で駆ける二人。
 衝突寸前、同時に繰り出したストレートで両者の体が飛んだ。 

阿部「ぐ……!!」

 頭を地に叩き付ける寸前、阿部の放った弾丸がクローン兵の体幹を裂いた。

 しかし安堵に浸る猶予はない。
 新手の気配だ。情報通り一人――――来る。
 阿部はどうにか立ち上がり、声を上げ、姿を見せた敵に突撃した。

71 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:54:55 ID:C0RcvdDk0

(  〓 )「チッ!」

 お互い手首を撃ち落した。
 流血、紫電と迸りながら粗暴な殴り合いに転ずる。
 強靭なクローンの身体から繰り出される体術は、先ほど僅かに劣化した阿部のそれを上回る。
 阿部の動きに陰りがあった。
 阿部はスタンを仕掛ける機械など与えられず、じりじりと追い詰められ防戦を強いられる。

<;プ−゚)フ「っにゃろう!」

 そこで、二人が予想だにしなかった第三者、エクストが場に介入した。
 彼に一瞬見とれたクローン兵の隙を突き、阿部が強烈な蹴りを後頭部に与える。
 クローン兵は滑るようにして倒れこみ、エクストの手の届く位置に無防備な頭を晒した。

<;プД゚)フ「――――――――ッ!!」

 瞬間、乾いた音が廊下に木霊した。
 クローン兵のマスクに弾痕が穿たれている。
 徐々にエクストの足元へ血が忍び寄り、エクストは腰を抜かして後ずさりした。

<;プД゚)フ「う、わ、ああ、ああああ……」

 エクストの持つ銃から、僅かに硝煙は上がっていた。
 しかしながら彼の放ったエネルギーの弾丸は、大きく逸れて地を抉るに過ぎなかった。

72 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 03:57:05 ID:C0RcvdDk0

ξ;゚⊿゚)ξ「はあッ、はあッ」

 レーザーが銃身を焦がす独特の匂いがもう一つ、エレベータ内からも流れていた。
 クローン兵に弾丸を直撃させたのはツンだった。
 エレベータ前に滑り込んできたクローン兵を見るや、反射的にトリガーを絞ったのだった。

 ツンは息が整わぬ内にエレベータを出てエクストに歩み寄る。
 手を差し出して彼を立たせ、恐らく鬼の形相を浮かべているであろう阿部を共に待った。
 が、阿部は呆れた風に頭を掻きながら、

阿部「いや、咎めやしないよ。助かった、博士」

ξ;゚ー゚)ξ「いえ、こちらこそ」

 長い緊迫から解放され、ツンは溜め込んだ息をどっと吐いた。

阿部「だがなエクスト。金輪際一線に足を踏み入れるんじゃない。
   お前さんのような子供が穴倉の外に出るには、まだ早い」

ξ;゚⊿゚)ξ「本当よアンタ! いきなり飛び出したり、何考えてるのよ!」

<;フ− )フ「……悪かった、悪かったです。俺、まだこんなの……無理、でした……」

阿部「分かったんならいいさ。まあしかし、正直助かったぜ。勇敢だよ、お前さん」

<;プ−゚)フ「阿部さん……」

ξ;゚⊿゚)ξ「でもこれで残るはあと一人! モララーに引導を渡してやろうじゃないの! 行きましょう!」

 三人はモララー、モナー待つ第2会議室へと走る。

73 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:01:00 ID:C0RcvdDk0
 あれだけ派手な銃撃戦があったというのに、どよめきといった雰囲気が先々から伝わってこない。
 会議室のいずれも防音に優れているお陰であろう。

 今頃モララーが我々の死体を想像してほくそ笑んでいる頃だろう。
 侵入者が目と鼻の先まで来ているというのに。
 してやったりと、ツンは不敵な笑みを浮かべた。

 第2会議室前に辿り着いた。
 ツン、エクストには途方もなく長い道程に感じられた。
 しかし、ここからであった。
 モララーの目論見、真相を暴いてやらなければならないのは――――

 一同頷いて意思疎通し、阿部がドアのタッチセンサーに手を翳した。
 ドアが開いた瞬間、阿部が吼えるように第一声を発した。

阿部「動くな! 全員その場を動くんじゃない!」

ξ;゚⊿゚)ξ「モララー博士! 直ちに全クローン兵に攻撃停止を呼びかけなさい!」

 議会員達は一斉に視線を阿部に注ぎ、銃の携帯に気づくや諸手を挙げた。
 モナー・ヴァンヘイレンも戸惑いながら要求に応じる。

 その中、懐に手を忍ばせる者がいた。モララー・スタンレーだ。

74 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:03:30 ID:C0RcvdDk0

( ;・∀・)「ぐあっ!?」

 そのモララーが両膝を撃ち抜かれる。
 彼の想像と予想の範疇を越えた、背後からの一撃であった。
 すかさず阿部はモララーに飛びつき、身動きが取れぬよう間接を決める。

 かつかつと、その者は空恐ろしいまでに静かな足取りでモララーの前に立った。

( ;・∀・)「な、何を……くう……ふ、ふざけるな! 貴様に私を撃つ理由は、ないだろう!」

 地に伏したモララーは頭を動かしてその者を見ようとした。
 するとその者は眉一つ動かさず、モララーの眉間に銃口を定めて告げる。


( ´Д`)「動くなと言われたろうが、モララー。ん? こんな理由では不服かね?」


(;・∀・)「グッ、モナー……貴様……!」


ξ;゚⊿゚)ξ「モ、モナーさん!?」

( ´Д`)「さて……同じく、断りなく動いてしまった私に君達が攻撃しないとなれば、
       モララーに用があって此処へ来たと察するが……?」

75 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:05:41 ID:C0RcvdDk0

ξ;゚⊿゚)ξ「もしや彼の企みに気づいていたのですか?」

( ´Д`)「いいや……何か裏があるような気はしたが……しかしコイツはね、
       ツン君、荒巻を暗殺した張本人なのさ。今日も何度か不審な動きを見せてくれもした」

ξ;゚⊿゚)ξ(ドクオの言ってた事、まさか本当だったなんて……)

( ´Д`)「良い機会だ。聞け、モララー」

( ´Д`)「私はね、いつ君に寝首を掻かれるのかと、不安を抱えていたのだよ。
       だからな、どうやって君を排除しようか常に考えていた」

( ´∀`)「独裁権を持つ身とはいえ、あからさまな処刑は避けたいのでね。
       市民の信頼を失いかねんのでな……君を牢にぶち込む正当な理由が欲しかった。
       それが、たった今、ここに舞い込んできたのだ……フフッ」

( ´Д`)「私を上手く操っていたつもりのようだが、侮るな。
       これでもな、争い絶えぬ米国の政界で長年生き長らえてきたんだ」

(;・∀・)「この、タヌキめ……!」

( ´Д`)「黙れ。ではツン君、まず君から聞こう。コイツの企みとは一体何だね?」

ξ;゚⊿゚)ξ「は、はい」

76 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:07:38 ID:C0RcvdDk0

ξ;゚⊿゚)ξ「モナーさん、まず彼、モララーはビロード・ハリスの誘拐を目論見ました。
       貴方の政権樹立と共に囁かれたテロリストの噂に乗じ、
       特殊な細胞を持つビロードを保護するという名目で、クローン兵で我々に接触したのです」

ξ;゚⊿゚)ξ「彼女はこうも言いました。私、ツン・ディレイクとの交渉など端から予定にない、と。
       その際の証言者もここにいます。
       このエクスト・プラズマンはテロリストの一味だとでっち上げられ、
       ビロードを保護という名目で確保する理由付けに利用されたのです」

(;´Д`)「プラズマン……リレント・プラズマン氏の息子か。エクスト君、そうなのかい?」

<;プ−゚)フ「お、おうよ! お姉ちゃんの言ってる事は本当だぜ!
       それにクッソ痛かったぜ、あの女のパンチ!」

ξ;゚⊿゚)ξ「しかし我々は、人権から鑑みてビロードを渡すのは不適当だと考え、拒否を。
       するとクローン兵は力づくでビロードを連行しようとしました。
       私はジョルジュ・ジグラード、ショボン・トットマン、ヒート・ダイムバッグ三名にに応援を要請し、
       ビロードを守ろうと現在も尚、交戦中です」

(;´Д`)「ジグラード氏が第4階層で暴走している、というのも、嘘か? モララー」

(;・∀・)「さてね、どうだか」

(;´Д`)「モララー! 今すぐクローン兵に攻撃の停止を呼びかけろ!」

(;・∀・)「それならまずネットワークのメインフレームを再稼動させるんだな。
      といっても、そこのツナギ男のジャミングが解除されない限り、彼女達と連絡が取れんのだがね」

77 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:09:51 ID:C0RcvdDk0

(;´Д`)「君! 電波妨害を解除してくれ!」

阿部「了解した総統閣下…………OK、いいぜ。ケツから垂れ流していたジャミングは止まったよ。
   すぐにオタクの回線も復帰するだろうぜ、モララーさんよ」

(;´Д`)「モララー、直ちに停戦命令を下せ!」

(;・∀・)「そう逸るなよモナー。まずはネットワークの復旧が先だと言ったろう?」

 携帯端末に文字を入力しながら、モララーは返した。

(;・∀・)「よし。Hollow-Soldierが作業に掛からせた。間もなく映像が出せるぞ」

(;´Д`)「何を悠長に……! 人命が掛かっているのだ! 早く停戦を呼びかけろ!」

(;・∀・)「仰るとおり、人命が掛かっている。ビロードも、ディレイクの戦闘員共も、市民もね。
      第4階層が激しい交戦状態にあるのは本当の事さ。
      感染者ジョルジュ・ジグラードが暴走している可能性は否定できんのだぞ?」

ξ;゚⊿゚)ξ「いいえ! IRON MAIDENの抑制機能が働いているはず! それは有り得ない!」

(;・∀・)「ツン博士、戦闘状態のジョルジュの身体データを測定した事なんてないだろう?」

ξ;゚⊿゚)ξ「な、無いわ……それが一体……
       ――――まさか!?」

78 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:12:06 ID:C0RcvdDk0

(;・∀・)「我がクローン兵が実戦を持って収集したデータでは、もはや彼は人の域を遥かに超えていたぞ。
      IRON MAIDENに抑制されているとは思えんほどにね。
      戦闘の最中、変異し続ける彼が人の意思を保っていられるかどうか。
      ククク、それとも成ってしまったかな? 市民が恐れる、セカンドに!」

ξ; ⊿ )ξ「な、なんて奴……!」


(;´Д`)「ダルシム! 映像を出せるか!?」


ダルシム「つ、繋がりましたヨガ! 第4階層の映像を出すヨガフレイム!」

79 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:13:24 ID:C0RcvdDk0

(;・∀・)「フ、フフフッ! さてさて! どうなったかなぁ!? ジョルジュ君!!
      つまらん結果だけは見せてくれないでたまえ! アッハッハッハハハハハハ!!」


  ___


 連携乱れた第3階層とは反し、第4階層には統率の取れた集団行動があった。
 直下の第4階層のクローン兵達は、阿部のジャミングの影響をまるで受けていなかった。

 敵の追跡を振り切ったと思われたジョルジュとビロードの前に、再び彼女達が現れようとしている。

 ジョルジュ・ジグラードは路地裏にバイクを捨てていた。
 目的地バーボンハウスへの距離はジョルジュの推定でおよそ2キロ。
 一時は目前に迫っていたが、クローン兵の攻撃から逃れている内にすっかり遠ざかってしまっていた。
 
 2キロ程度の道のりを歩くのは本来大した労力とはならない。
 陸軍歩兵師団で鍛え上げたジョルジュは――しかも現在はウィルスで増強――無論のこと。
 今年で10歳になるビロード・ハリスだって、愚痴を零そうと歩きのけるはずだ。

 だがしかし、たった2キロの道のりが極めて困難である事を、地に足をつけた瞬間から二人は悟った。
 むしろ地に足つけた時にはバーボンハウスを目前に控えていたかった。
 ジョルジュもビロードも、共に焦燥し、疲弊していた。
 一度は振り切れたとはいえ、クローン兵は猛然とした追跡を続行するだろう。

80 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:15:23 ID:C0RcvdDk0
 多勢に無勢という形勢も懸念材料の一つであるが、現状、危惧すべきは敵の探査機能だった。
 彼女達は街を利用した包囲網を敷いている。
 ジョルジュの憶測にすぎないが、一連のチェイスを通じ、監視カメラを使っているとしか考えられなかった。
 でなければ、いつまでも振り切れぬ敵の気配に説明がつかない。

( ;゚∀゚)(行ったようだ……まだ直接発見されていないようだな……)

 彼は壁から顔を覗かせて安全を確認した後、ビロードの手を引いて影から影へと身を移した。
 大通りを避け、監視の薄い路地やビルなどの遮蔽物を壁に、転々と移動を続けていった。
 監視カメラが超小型であるのは噂にも高く、ジョルジュの視力を持っても視認は不可能だった。
 従って設置されているであろう箇所に目星を付けて進むしかなかった。

 今のところ二人の足取りは順調と呼べるが、やはり余裕を感じるゆとりは持てなかった。
 一度カメラに映りもすれば銃撃に見舞う。
 モーションセンサーで作動する爆弾が仕掛けられた中を進むような、恐ろしい気分をジョルジュは味わっていた。

 それでも発見され次第銃撃に襲われるという心配はしていなかった。
 唯一無二の免疫の所持者、ビロード・ハリスがいる。
 チェイス中の銃撃は出力が抑えられていたし、直撃を狙ったものではなかった。

( ;゚∀゚)(あくまでも連中の目的はビロードの確保のはず……)

 ジョルジュは視線を落とし、少年の顔を見つめる。
 そうしている内に、ふと脳裏に一筋の疑念が走った。

81 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:16:10 ID:C0RcvdDk0

(;><)「……どうしました? ジョルジュさん」

 一瞬、握られた手に力が入ったのをビロードは感じた。
 フェイスカバーで隠れジョルジュの表情は伺えないが、どうも様子がおかしい。

( ゚∀゚)(……思えば腑に落ちない点がある。
      ビロードが狙いだとしたら何故、最初の接触の時点で部隊で臨まなかった?
      小僧と小娘くらい一人で始末できると踏んでの事か?)

( ゚∀゚)(いや、そうではない。端から大部隊で行う“この作戦”を画策していたのは間違いない。
     奴等に高度な情報シェア手段があるにしろ、用意周到と言うものだ。
     インフラの停止、避難アナウンス、高機動バイク、対セカンド兵器……手が込んでやがる)

( ;゚∀゚)(チーム・ディレイクが応援を呼ぶと予想したのなら、それで説明はつく。
      だが、腑に落ちない。ビロード・ハリスの確保を優先したのなら、もっと秘密裏に事を進めたはずだ。
      ビロードも狙いだろうが、本命があるはずだ……何か、もっと、別の――――)

(;><)「ジョルジュさん……服、破けてるんです!」

 何気ないビロードの一言、されどジョルジュは顔をはっとさせた。
 そしてジョルジュの思巡は一つの可能性を導いた。

(#゚∀゚)(そういう事かよ! クソが!)

82 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:17:26 ID:C0RcvdDk0

(#゚∀゚)(唯一無二の存在はなにもビロードに限った話じゃねえ。
     俺も、同じだ! 俺は意思を保つ感染者じゃねえか!
     イカれたマッドサイエンティストからして見りゃ、これ以上ない研究対象って訳か……!)

 自惚れ端々しいと自虐的に笑みを浮かべるが、辻褄は合う。
 歯をぎりりと鳴らすジョルジュ。
 少年が痛がっている事に気づかず怒りにわなわなと震えた。

(#゚∀゚)(化け物になる覚悟は出来ちゃいるが、化け物に仕立て上げられるつもりはねえ。
     クソつまらねえ目論見を企てた事を後悔させてやるぞ、モララー・スタンレー……!)

(;><)「い、痛い、痛いんです!」

 ビロードは思わず声を上げてしまう。
 ようやく我に返り、ジョルジュはビロードの手を解放した。

( ;゚∀゚)「す、すまねえ。大丈夫か?」

( ><)「……それはこっちの台詞、なんです。大丈夫ですか? ジョルジュさん……」

 ビロードは眉を顰めた目で見つめ、そう言った。
 するとジョルジュは強い衝動に駆られてビロードの胸倉を掴みあげた。
 ひっ、と、ビロードは怯えた声を洩らすも、ジョルジュは少年に容赦なく怒りを吐き出した。

83 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:18:43 ID:C0RcvdDk0

( ゚∀゚)「……水臭ぇな。仲間だって言ったろ?
     少なくとも俺は、二度とお前をガキ扱いしたりしねえ。お前は自分の意思を貫ける強い奴さ」

( ゚∀゚)「いいか、ビロード。よく聞け。人ってのは一人じゃ生きていけないもんだ。
     一人で抱え込んじゃ何も解決出来ない事は腐るほどある……俺だってそうだ。
     だから、困った時ぁ俺達を頼りな。じゃなきゃ、どこかのクソサイボーグみたいになっちまうぜ」

 一言一句、己を戒めよう言ったものであった。
 なんと愚かで、なんと情けなかったか、その二言がジョルジュの心を埋め尽くしていた。

 自棄になるな。まだ化け物らしい化け物になると決まってはいない。
 まだ奴等の研究資料にもなっていない。
 仲間がこんな化け物の為に身を窶して戦ってくれている。
 彼等に報わなければならない。この少年を守り抜いて、報うのだ。

( ><)「…………ジョルジュさん、ありがとなんです!」

( ゚∀゚)「こちらこそだよ、ビロード。さあ行こう。もう少しでゴールだ」

 嘘のない笑顔を眺めながら、フェイスカバー越しにジョルジュも微笑む。 

 再び少年の小さな手を引いて、ジョルジュは合流ポイントへの移動を再開した。
 辺りを慎重に見回した後、物影から飛び出す。

84 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:20:31 ID:C0RcvdDk0

( ;゚∀゚)「なっ――――」

 その時、頭上で衝撃音が鳴り響いた。
 冷や水を浴びせられるよりも、ずっと冷ややかな感覚が全身に走る。
 直後、心臓が激しく動き、一気に全身が熱を上げ、目が眩むのを感じた。

 突然の発砲に硬直した彼等の頭上に、コンクリの破片がパラパラと降りかかる。
 路地のずっと先に見える大通りに、ジョルジュとビロードは視線を走らせた。

( ;゚∀゚)「……クソッタレ……」

(;><)「そ、そんな……」

 そこには銃を携えたクローン兵が立ちはだかっていた。
 直ちに周囲に不穏な物音が連なって響く。
 前方、背後、高所。
 瞬く間に配置を完了させ、ジョルジュ達の退路を断ったクローン兵が警告する。

(  〓 )「逃げ果せたと思っていただろうが逆だ。貴様等は追い込まれていたのだ。
      観念しろジョルジュ。ビロードを引き渡せ。
      そうすれば貴様も無傷で逮捕してやる。これは取引だ」

( ;゚∀゚)「くっ……」

85 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:22:23 ID:C0RcvdDk0

(;゚∀゚)(……前方の敵はざっと5人ってところか……どうにか切り抜けられる数だ……やるしかねえ……)

(;゚∀゚)「……ハッ。無駄な抵抗は止せってか」

(;゚∀゚)「街には俺達しか残ってねえ。てめえ等は容赦なく獲物を扱えるつもりだろうが、
     ビロードには手を出せねえんだろ? こちらにはまだ、利があるぜ」

(  〓 )「その期待には沿えんな。
      あくまで我々は、生きた状態でビロードを連行しろと、そのように命令されている」

(;゚∀゚)「ビロード! 伏せてろッ!」

(;><)「は、はいッ!」

 ジョルジュは黒いロングコートに隠し持っていたマシンガンを取る。
 そして身体を躍動させた――――――その瞬間、

86 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:26:15 ID:C0RcvdDk0

(; ∀ )「があああああああああああああああああああああああああ!?」

 突然、ジョルジュは叫び、無様な格好で転がり回った。
 痙攣とは呼べぬほど全身を大きく波打たせ、息苦しそうにスーツの首周りを引掻いた。
 手先には掻く爪や鋭利な物など持たず、尽く滑った。
 丸みを帯びたグローブでいくら掻いても苦しさから解放されず、今度は腕に付けられたポッドを地面に叩きつけた。
 ブーンの細胞と血から作った抗体を注入するポッドを、力のまま叩きつけた。

(;><)「ジョルジュさん!?」

「うがぁぁぁぁああああああああああああああああああああああああああああ!!」

 ポッドは頑丈だ。
 これまで幾度となく自室の壁や地面に叩きつけていた。
 皹の一つも入らないのをジョルジュは思い知っている。

 それでも、やめられない。いや、早く、破壊しなければならない。
 なにかがくる。ナニカガ―――――

 震える手で必死に握ったマシンガンをポッドにあてがった。
 だが、ショック吸収に優れたポッドは弾丸の勢いを完全に殺し、虚しく地に転がった。
 怒りのままにマシンガンを投げ捨て、ジョルジュは再びポッドを地面に殴りつけ始めた。

(  〓 )「……IRON MAIDENの抗体注入か。戦闘状態に移行したのと同時だったな」

 無様にもがくジョルジュに対し、銃口を向けてクローン兵士の一人が無感動に呟いた。

87 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:27:56 ID:C0RcvdDk0
 ジョルジュは悶絶し狂ったように叫び続けている。
 彼女の声は音として耳に入っていた。
 ジョルジュには、何と言っているのかまるで分からない。
 今のジョルジュには耳障りなノイズにしか聞こえなかった。

 視界も現実とは思えないほど酷く歪み、ジョルジュは胃の中の物を――液体化食料でありほぼ水分――を血反吐と共に吐いた。
 フェイスカバーと一緒くたに顔面が汚れるが、そんな事に気を留められぬくらい、痛みは激しさを増していく一方だった。

 クローン兵士No87は、そんなジョルジュに蹴りを入れて仰向けに転がした。
 次いで、銃口をフェイスカバーに打ち付けるようにして当てた。

(  〓 )「ウィルスは貴様の意思に応じ、反応を見せた。
      だがしかし、貴様はもうウィルスをコントロールしているようには見えん。
      貴様は、ウィルスに支配されてしまったようだな、ジョルジュ」

「あ゙ぁぁぁああああ! ぐ、が、あ、ああッ! ああ、お゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ!!!」

(  〓 )「ギコ・アモットが既に強靭な意思によるウィルス制御を見せている。
      だから貴様はもう、サンプルとしても市民としても、存在する意味を失ったのだよ」

(  〓 )「ジョルジュ・ジグラード、貴様をセカンドと見做し処分しよう」

 No87が指をトリガーに掛けた。


(  〓 )「死ね」

88 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:32:15 ID:C0RcvdDk0
 まさに引き金を絞ろうとした時、彼女の視界から銃口が突然消え去った。
 間髪入れず、血飛沫がフェイスカバーを汚し、視界の八割が赤く塗り替えられた。
 不可解な現象に一瞬思考を止めるが、肘から先が妙に軽くなった事に猛烈な違和を覚え、No87は腕を掲げた。

(  〓 )「何……貴様……」

 肘から先がなかった。
 心臓の鼓動に合わせ、歪な断面から血が飛び出ている。
 数瞬遅れて情報シェアは行われ、彼女と彼女達は一斉に腕の行き先を目で辿った。
 とあるクローン兵士の足元に、びゅうびゅうと勢いよく血を噴出す奇妙な肉片があった。

(  〓 )「がふぁ!?」

 気を取られていると今度は腹に高熱を得た。
 痛みなど一切感じないが生理的現象は押さえ切れず、声と血を吐き出したのだ。
 クローン兵士No87特に臆する様子も見せず腹部を見る――黒いスーツに覆われた腕で貫かれていた。

 ずるずると、腸が引っ張り出される。
 その力に引き寄せられたNo87は体勢を崩して不恰好にジョルジュへと覆い被さった。
 すると、もう一度、背から手が突き抜けた――――手先に、長い爪がある。

 骨のような物で刺々しく突起した手が握り掴むのは、心臓。
 まだびくびくと鼓動を続け、千切れそうな血管に血液を送っている最中の心臓。

「ううぅぅぅうううあああああがああああああッ!」

 “それ”は叫喚をあげて彼女の心臓を握り潰し、完全に脱力したクローン兵士を投げ飛ばして、立ち上がった。
 爪を自分のフェイスカバーに突き刺し、力任せにマスクを切り払った。
 そして、同様に、忌まわしいポッドもスーツから切り落とした。

89 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:34:01 ID:C0RcvdDk0
「ふう、ふう、ふう、ふう、」

(;><)「ジョルジュ、さん……?」


「う、ううう、ううううううううッ!」


 枷、IRON MAIDENが切り裂かれ現れたジョルジュの姿は、

 人に限りなく近いだけの、決して人と呼べる物ではなかった。

 銀に輝く髪は元より色素操作により人為的に手を加えられたもの。
 しかし感染前には小奇麗に切り揃えてられていた短髪が、腰に届くまで伸びていた。

 肌は病的なまでに白く、黒がかった血が流れる血管が浮き出、
 顔や二の腕には禍々しいタトゥーが彫られているようである。

 瞳は焼けるように赤く、口元には牙が見える。

 背がぼこぼこと蠢いている。
 数秒、気味悪く波打った後、鋭い突起が立って、スーツを破った。

 赤い翼であった。
 闘病生活の中、有り余るほど膨れ上がっていた筋繊維と背骨が作った、肉の翼だ。
 肉の翼は血を滴り、不気味なほど深い赤みを帯びている。

90 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:34:58 ID:C0RcvdDk0

 翼が、ゆっくりと大きくはためく。
 もう一度大きく、今度は鋭く上下し、纏わりつく血を払った。



《あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あああああああああああああああああああああああああああああ!!!》



 そして、叫んだ。

 今度は激痛に苛む叫びではなく、それ以外の何かを発散するような――――

91 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:36:22 ID:C0RcvdDk0



ミ# Д シ《あ゙あ゙ぁぁぁぁぁあああああああああああああああああああああああああああああああああ!!》



 それは自由を取り戻した歓喜の叫びか。
 それとも、理性を失った暴虐なる獣の咆哮か。


(;><)「あ、ああ…………」


 少なくともビロードには、あの優しくも厳しいジョルジュとは思えなかった。

 ビロードは無意識の内に、今のジョルジュを「彼」に重ねた。

 自分自身の母親代わりでもあり、そして彼が心から愛していた者――――シーケルト・ゴソウ、
 彼女をブーンに奪われ憎悪に狂ったかつての兄分、ギコ・アモットの姿と。


ミ# Д シ《グルルルルルゥゥゥゥゥ…………》

92 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:37:08 ID:C0RcvdDk0
 ――――第4階層、第17番アベニュー、某オフィスビル屋上。

(;´・ω・`)「クソッ! やはりセカンドウィルスの熱量反応だったか! 最悪だ!
       考え得る最悪のケースが起こるなんて……クソ!
       やはり敵の狙いはこれだったのか!?」

ノハ; ⊿ )「……そんな……」

 高所からスナイパーライフルを構える、ショボン・トットマン、ヒート・ダイムバッグの2名は戦慄していた。
 守るべきジョルジュがセカンド化したという事実、市内でセカンドが発生してしまったという、事実に。
 銃口を向けるべき狙いが定まらない。ポインタはクローン兵とジョルジュの間で揺れ動いている。

ノハ; ⊿ )「ショボン、教えてくれ。私は、どっちを攻撃すればいい? どっちを」

(;´・ω・`)「それは…………」

ノハ; ⊿ )「教えてくれ! どっちを、どっちを殺せばいい!?
      アンタが選んだ方を私が殺す! 私が殺してやる!」

(;´・ω・`)「僕に聞くな! 引き金を引くだけで済ませようとしやがって! 僕に、選ばせるんじゃない……!」

(;´・ω・`)「それに、まだだ! 焦るには早い! 可能性が潰えた訳ではないんだ!」

ノハ;゚⊿゚)「――――そうか! ギコ・アモットのように……!」

(;´・ω・`)「なってくれればいいが、議会がどう判断するか……チッ! 堂々巡りか!
      どちらを……我々は、どちらを攻撃すればいい……!?」

93 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:39:27 ID:C0RcvdDk0

 ――――広大な『セントラル』の何処か、フォックス・ラウンジ・オズボーンのアジト。 


爪'ー`)y‐「……おや? 突然、映像が回復したぞ……もしや進展があったかな?」

爪;'ー`)y‐「……おお! おお、ジョルジュ! ジョルジュ・ジグラード! 拘束を遂に解いたか!
       我が右腕モララーよ! よくぞ彼をここまで追い込んだ! 褒めてつかわす……」

爪'ー`)y‐「のはまだ早いか……逸るな、フォックス。ふー…………。
      ここからが見物なのだ、ここからが……フフフフフ………」


爪'ー`)y‐「人の意思を保ったままの人間、サードになれなければ、それまでだ。
      ジョルジュ・ジグラード、足掻くがよい。そして私に見せてみろ!
      貴様が私の想像通りの人間ならば! 人類の希望を見せてくれるはずだ!」

爪'ー`)y‐「……ふー……」

爪;'ー`)y‐「にしても……凄まじい変異を遂げたな。呆れたパワーよ。
       人形が文字通り人形扱いされているではないか。
       本当に暴走されたら現存のHollow-Soldierの数では制圧できんぞ……」

94 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:41:14 ID:C0RcvdDk0

 ――――第3階層、議会堂3階、第2会議室。


(;・∀・)「は、ハハハハハハッ! よくやった! Hollow-Soldier!
      さあジョルジュッ! 足掻け! 足掻いて、お前はサードにふぐおぉぁッ!?」


ξ# ⊿ )ξ「ふざけるな!!」

 哄笑するモララーの口に思い切り爪先を叩き込んだツン。
 燃え滾る怒りに瞳を潤ますが、その目は憎きセカンドを見る時以上に歪んだ形を作っている。

(;・∀・)「フッ、ブフッ! フハッ、ヒッハッハッハッハッ………!」

ξ#;⊿;)ξ「くっ……」

 モララーは口と鼻から夥しい血を流しながらも笑い続けた。
 抱腹の思いが込み上げて止まらず、肉体を刺していた激痛すらも忘れていた。
 そしてモニターに映る変わり果てたジョルジュを見つめ、己と主の願望の成就を祈る。

 モナーは醜く笑い続けるモララーを侮蔑の目で一瞬睨みつけた後、

(;´Д`)「ツン君……緊急事態につき、容赦してくれ。
       ブーンを、ブーンを出撃させて欲しい……」

 苦渋のその判断を、ツンに請った。

95 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:45:00 ID:C0RcvdDk0

ξ; ⊿ )ξ「モナーさん、それは」

(; Д )「分かっている! 分かっている……だが……!」

 セカンド狩りに恐ろしいまでの執着を見せるブーンに、その手の頼み事をするのが気が楽だという依頼人の数は知れない。
 モナー・ヴァンヘイレンも気づけばそうであったし、総統となった今後は特に彼に頼ろうと考えていた。
 彼はこの5年間のどんな時よりもセカンドを容赦なく駆逐してくれるだろう。

 それでも、この依頼だけは避けるべきだと常に考えていた。
 この依頼だけはあってほしくないと、祈っていた。

 ジョルジュが感染したと報じられ、どうにかして彼の保護方法を模索した。
 これに関し、ツン博士、ハインリッヒ博士の両名が手がけた“IRON MAIDEN”は良い助けとなり、決め手となった。
 結果、監視付きの居住という名目で、彼の『セントラル』居住願いを通らせる事も出来たのだ。

(; Д )(なのに、何故だ……何故こいつは、こんな真似を……!
       それが科学者のする事なのか! お前達は、人を導くのが役割のはずだろう!?
       それが、どうしてだ……)

(; Д )(こんな、狂った科学者に片棒を担がせた私が愚かだったのか……
       もう少し早く、コイツを排除していれば……いや、だが、
       モララーという断行者がいなければ『セントラル』は荒巻の毒牙に掛かったままであった)

(; Д )(私は、それを代価とは呼ばんぞ…………責任は、必ず…………)

96 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:51:50 ID:C0RcvdDk0

(; Д )「……ツン君。万が一の事もある。もはやクローン兵を持っても彼には歯が立たんだろう」

(; Д )「ブーンを、B00N-D1に、出撃要請を」


ξ; ⊿ )ξ「…………分かりました」


 ツンは携帯端末の液晶パネルにタッチし、ホログラムを虚空に投影させる。
 小さなウィンドウの片隅に書かれた宛名はホライゾン・ナイトウ。
 コール音が、しばらく響く。

 8回目のコール音の末、通信先から無言が流れた。
 ウィンドウはブラックアウトしたまま。
 映像の送受信を先方に拒否されたようだ。

 恐る恐る、ツンが切り出す。

ξ; ⊿ )ξ「ナイトウ、聞こえる? 緊急事態よ。ジョルジュさんが――」


『分かってる』


 弾丸よりも鋭く空気を切り裂くような、そんな声であった。

 普段のあの間抜けた調子を伴っていない。
 怒気といった激情を抱えているはずと場の誰もが想っていたが、恐ろしいまでに静かな一言であった。

97 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:52:46 ID:C0RcvdDk0

 しばしツンは呆然と真っ黒な画面を見つめた。
 心臓が激しく鼓動し始めた事に気づかないほど、ツンは圧倒されてしまったのだ。
 彼の無念の怒りによってか、それとも、悲しみだったか。
 伝わって来た感情と意思は分からないが、ナイトウが激情に滾っているのだけは確かである。

ξ; ⊿ )ξ「…………そう、状況は把握しているのね。
       総統閣下の命令も直々に下ったわ……出られる? そう、何とか出られるのね? 分かった……。
       それから……うん、ハインには絶対に言わないようガイルさんに伝えて」

ξ; ⊿ )ξ「ではミッションを通達するわ。
       ブーン、直ちに第4階層17番アベニューへ。
       ビロード君を救助なさい………そして…………」

 そしてツンは唇を咬み、断腸の思いで命令を下した。

98 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 04:53:29 ID:C0RcvdDk0




『そして……判断はアンタに委ねる。
 目標、ジョルジュ・ジグラードがセカンドだと判明次第、ブルーエネルギーを持って抹殺しなさい』



「了解。B00N-D1……」


(  ω )「……出撃する」



 ――――第3階層、チーム・ディレイク、ラボ。

 四肢の着工を終えていないボロボロのサイボーグは、
 愕然と立ち竦むドクオを見据え、そう告げた。




                            第37話「解かれた拘束」終

99 ◆jVEgVW6U6s :2012/02/14(火) 04:57:03 ID:C0RcvdDk0
以上、第37話でした。
次の投下は2月終わりから3月頭を予定してます。

100 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 06:25:29 ID:y1tbxecY0
きてた!おつ

101 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 06:39:21 ID:PK/rBNncO
乙トーイ!

凄まじい展開だな……
これでようやくジョルジュの件に片が付くのか

果たしてどうなるのか、期待して待ってます

102 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 09:37:41 ID:LRbkkUUI0


103 名も無きAAのようです :2012/02/14(火) 17:47:07 ID:qmuzufu20
おっつー

104 名も無きAAのようです :2012/02/15(水) 13:03:32 ID:pu5pdFDYO
モナー大したやつだな

105 ◆jVEgVW6U6s :2012/02/16(木) 00:00:27 ID:cO6rHEl60
ふと読み返してたら・・・修正です
>>79

×
(;・∀・)「フ、フフフッ! さてさて! どうなったかなぁ!? ジョルジュ君!!
      つまらん結果だけは見せてくれないでたまえ! アッハッハッハハハハハハ!!」


(;・∀・)「フ、フフフッ! さてさて! どうなったかなぁ!? ジョルジュ君!!
      つまらん結果だけは見せんでくれたまえ! アッハッハッハハハハハハ!!」


日本語でおk

106 名も無きAAのようです :2012/02/16(木) 01:46:51 ID:AtbfmGtoO
ちょっと前に合作でこの作品を知って一気に読み上げてここまで追いついた!
モナーさんがいい人でよかった…
あーとにかく色々かっこよすぎる! 乙!!

107 名も無きAAのようです :2012/02/19(日) 11:37:57 ID:m4IX3fEEO
かなり遅れたけど乙でした!

108 名も無きAAのようです :2012/02/20(月) 23:18:00 ID:dqTOKAPEO
( ´ω`)ジョルジュ…

109 名も無きAAのようです :2012/02/23(木) 07:04:09 ID:sZtLRklkO
一週間かけて読破してきた!気になるところで追いついちまったぜ…ジョルジユが生き延びることを祈って乙

110 ◆jVEgVW6U6s :2012/03/01(木) 17:36:24 ID:M92hnJG20
>>109
ここまで読破するのに一週間・・・だと・・・!?
手軽に読めない長い作品になったんだなーなんて感じるレスでした

まだまだ続きますが、最後までお付き合いいただければ幸いです

ってことで第38話投下!

111 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 17:37:22 ID:M92hnJG20
〜あらすじ〜


ィ'ト―-イ、
以`゚益゚以「イトーイ!!イトイトットトトイトイトイトーーイ!!
      イイイイトトトトトトットトオトオイイイイトイイトイイトーイ!! イイイイットトトト!!! トットットットトトトトトト!!
      フウウウオオオオオオオオオオオオオイトーーーーーーーーインンァアアアアアアアアアアあああああああああ!!!」


ィ'ト―-イ、
以`゚益゚以「わんわん!わんわん!わんわん!わんわん!わんわん!わんわん!わんわん!わんわん!
      わんわん!わんわん!わんわん!わんわん!わんわん!わんわん!わんわん!わんわん!
      わんわん!わんわん!わんわん!ちんちん!わんわん!わんわん!わんわん!わんわん!
      わんわん!わんわん!わんわん!わんわん!わんわん!わんわん!わんわん!わんわん!」



ィ'ト―-イ、
以`゚益゚以「…………」





ィ'ト―-イ、
以`゚益゚以「詳しくはまとめがございますので、そちらをご覧ください」

112 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 17:39:22 ID:KQZ47c8k0
我々は君を待っていた!!

113 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 17:41:47 ID:M92hnJG20

 情報とは何よりも重要視される存在だ。

 例えば偏に水を指してもそれがどんな水であるかは不明だ。
 美味いのか、不味いのか、はたまた人体に悪影響を及ぼす汚染水なのか。
 深刻な渇きに耐え切れずに手を出した水がもしも毒であったのなら、それは元も子もないというものだ。
 そう否定する一方で、勇や好機に鼓舞した者による検分、経験が情報となるのだ。

 しかし何らかの形で伝達、収集されなければ意味を成さないのが情報だ。
 それに託けて独占を目論む者すらいる。
 いずれにせよ、情報とは自分と他人の行く末を決定づける物である。
 迅速な伝達を可能とした現代社会においては、情報取得に疎い者、怠る者を淘汰する一つの物差しとなるのだ。
 
 ――――感染の可能性がある。
 そう報じられた市民において最重要視される情報が“場所”と“現状”の2点であった。
 何処が危険区域なのか、何処の避難場所が既にキャパを超えたのか。
 議会と対セカンドチームのセカンドウィルス除去の状況は、現状どうなっているのか。

 第4階層に取り残された市民の行く末を決定づける、即ち死活問題である。
 それら情報の精度と、早急な伝達に、彼等は飢えていた。そして、怯えていた。

 尤も、この状況は第4階層に限定されている。
 一つ上と下の第3第5階層の者は、復旧されたネットワークを趣味などに利用したかったに違いない。
 事実、事態を知らぬ者達は何事もないような顔でそうしようとしていた。

 だが口コミの伝播速度というのは素早い。
 メディアが情報規制を掛けて速報を流そうとも、網目を抜けるようにして情報は拡散していった。
 すぐに趣味、仕事そっちのけで市民全員が注目するようになった。

114 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 17:43:31 ID:M92hnJG20


 "ジョルジュ・ジグラードが遂にセカンド化した"


 どのようなコミュニティにおいても人々は同じ話題で白熱していた。
 帰りを待つ妻子に一つ声息を送る者、友人恋人の安否、恐慌状態を楽しむ者、好機に鼓舞し街を出歩き実況を試みる者……。
 と、情報はあらゆる形に変えられてネットワークを介し、『セントラル』全体に広まっていった。
 憶測が飛び交うようになり、やがては尾ひれが付き、人々はますます疑心暗鬼に陥っていった。

 しかしその内、話題は一つの事柄に絞られるようになる。
 その発端となった質問は、

「B00N-D1は何をやっているんだ?」、という短い内容であった。

 呟きに等しい一つの書き込みが果ては論争へと発展し、ネットワーク利用者の6割がブーンについて議論を交わした。

 果たして彼は戦えるのだろうか。
 損傷は修復できているのか。
 彼は実の友人を殺せるのだろうか。
 彼はセントラルを危機から救ってくれるのだろうか。

 やがて市民の想いは一つに共通する。

 "ブーンよ、セカンドウィルスを街から消し去ってくれ"と。

115 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 17:48:20 ID:M92hnJG20

 ――――第3階層、チーム・ディレイク・ラボ、メンテナンス室。

 
 出撃する。

 分厚いガラスで隔離されているブーンが、はっきりとドクオにそう言った。

 数え切れぬ諍いを共にし、だからこそ絆の深い友人となった彼を、抹殺しろという残酷な令を反発せずに受けたのだ。
 燃えるような怒気を孕んだ何と鋭い目つきは、しかし氷のように冷ややかでもある。
 親殺しのセカンドを見つけると躍起になっていた近寄りがたい頃のブーンの目だ。
 ドクオはその迫力に呆然としていると、耳に装着したヘッドフォンに流れた深沈な声にはっとした。

(  ω )「何してんだお、ドクオ。早く現場に向かわないと」

 ドクオはたじろいだ。

 ブーンの落ち着いた調子は、だからこそ逆に焦りを伺えるものだった。
 誰かに言われずとも、事態は深刻で急を要しているのは分かる。
 だが、四肢の着工を終えていないブーンを今出した所で何が出来るというのだ?
 一つだけ戦う手段は残されているが、出来ることなら「アレ」の使用は避けたい。
 
(;'A`)「……無理だ! 歩くこともできねえのに! 俺が連れてけって言うのか!?」

(# ω )「BLACK DOGⅡがあるだろう! 僕はまだ戦える!」

(;'A`)「……やっぱそれに目をつけてたか……」

 悪い予感が的中し、ドクオは項垂れて油っこい頭を乱雑に掻いた。
 ドクオは黙考する。
 このまま、閉じ込めておくべきか? と。

116 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 17:50:41 ID:M92hnJG20

 ブーンという男は後先を考えぬ直情的な男でもある。
 これまでオペレータとして彼を支えてきたドクオは彼の性格をよく理解していたし、昔話を聞かされより理解を深めた。

 そして先日の演説で表明した確固たるセカンド狩りへの意思。
 ブーンは己が身に何が起きようと這ってでも奴等を狩り殺すだろう。
 先日の戦いでは脳へのダメージを負いはしなかったが、あのような無茶な戦いを続ければ、いずれ障害を患うだろう。
 任務に私情を挟んでいないと言えば嘘になるが、肝心の戦闘員の肉体を軽率に乱費させるのは考え物だ。

 ドクオはそれを懸念し、アーマーシステムの使用を控えたかった。
 友の身を慮るのが私情と言われればそれまでだが。

(  ω )「安心するお。無茶苦茶な戦いはしない」

(;'A`)「ブーン……」

 しかし、ブーンはまるでドクオの心を見透かしたかのように告げた。
 刺々しさも消え去っている。

(  ω )「それにジョルジュさんがまだセカンド化したとは決まってないお」

(;'A`)「……そうか! ギコの例がある!」

(  ω )「ギコさんは稀な例だと思いたかったお。
      じゃなかったら今頃世界中がセカンドと人のハーフみたいな存在で溢れかえってるお。
      でもジョルジュさんはギコさんの実態……いや、抗い方を知っているから、もしかすると……」

(;'A`)「可能性は残っているって訳か……!」

 頷き、肯定するブーン。
 ドクオを説得した一方で、ブーンもまた、その僅かな可能性に縋りたい者の一人である。

117 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 17:55:55 ID:M92hnJG20




  「半年後か一年後か、あるいは一ヵ月後かもしれねえ。
   とにかく、俺がセカンドになった時は、俺を撃ってくれ」



 ブーンはボストンに出立する際、ジョルジュにそう頼まれていた。


(  ω )(お願いだ、ジョルジュ隊長……どうか、無事でいてくれお……)


 今がその時だとは、信じたくなかった。
 その時が来るとは、信じたくなかった。

(; ω )「だから、早く出してくれお! 僕はこの目でジョルジュさんを見守りたい!
      クローン兵の攻撃も心配だお! それに……」

 そしてもう一つ。
 そのボストンで死したパートナーより託された遺言があった。


  「一時パートナーは休止だ、若いの。ビロードを、頼むぞ」



(; ω )「あそこにはビロードもいる……助けてやらなくては……!」

118 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 17:57:31 ID:KQZ47c8k0
Ⅱの性能が気になる所

119 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:00:35 ID:M92hnJG20

(;'A`)(……スネークさんの遺言、か……)

(;'A`)「わ……分かった! おい! 誰かBLACK DOGの準備に取り掛かってくれ!」

 スタッフ2名が両脚パーツの調整作業を中断し、公共格納庫に向かった。
 ドクオはブーンの寝台の周囲に目を配らせながら手元のタッチパネルに素早く打ち込む。
 次々とブーンの肉体に繋がれていた配線が外れてゆき、
 まるで動きを封じ込めるように突きつけていたドリルやカッターも本来の位置へと成りを潜めた。
 そうして寝台には、黒色のパンツ一枚を身につけた裸体のブーンのみが綺麗に残った。

(;'A`)「よし……ブーン、外に行こうか」

(; ω )「ああ、頼むお。早くしてく――――」

 その時、ブーンはガラス越しに起こった異変を見て声を失った。


ガイル「動くな」

 ドクオの頭部に銃を向けるガイル。

 実弾を撃ち出す自動式拳銃を片手で構えるガイルはいつになく軍人然としていた。
 敵兵を容赦なく撃ち殺す冷酷な兵士そのものに見える。
 額を濡らす油汗を除けば、だが。
 事実、ガイルは自分の行いに恐怖を感じていた。

120 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:01:52 ID:M92hnJG20

(;'A`)「……ガイルさん、どういう、つもりですか?」

 反射的に諸手を挙げたドクオだが、真っ当な対話をする余地があると見、臆せず問うた。
 ブーンも、まだ銃は撃鉄すら上げていない事を確認し、彼の言い分を待った。
 尤も、彼が撃鉄を起こすかどうかは、自分の返答次第なのだろう事も理解している。

ガイル「まだ話はおわりじゃない! そうだろう!?
    万が一が起こった場合、ブーン! お前はどうするつもりなんだ!?
    隊長が、ジョルジュ隊長がセカンドになっちまったら――お前は、本当に殺すのか!?」

ガイル「答えるまでは、行かせる訳にいかねえ……!」

(# ω )「殺す……そう言ったら行かせる訳にはいかない、でしょう? ガイルさん」

ガイル「お、お前……!」

 スピーカーとガラスを越して伝えられた揺ぎ無い殺意に対し、ガイルは己が耳を疑う想いであった。
 前言撤回を求めるが如く撃鉄を起こし、本格的な射撃体勢で銃を構えた。
 もはや、ドクオを殺し、ブーンの脳を破壊してやりたい激情が彼の胸を満たしていた。

(;'A`)「ブーン……お前……」

 一方、弱弱しく吐いたドクオだが、何も発言の撤回を求めたく彼の名を呼んだのではない。
 後頭部をガイルに晒し、より無防備な格好となったのも、ブーンを直視したかったからだ。
 己が目を疑いながらも。

 遅れてガイルも気づいた。
 発言から汲み取った殺意とは程遠い、ブーンの寂寞な心境を。

 ブーンは、怒りに狂いもせず、ただただ悲しみを顔に張り付かせていたのだ。
 それはガイルを憐れむものではなく、もっと、何か別の理由を秘めているように見えた。

 二人は無言無動で彼の次の言葉を待った。

121 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:02:47 ID:M92hnJG20

(  ω )「僕だってジョルジュ隊長を殺したくない。
      でも、誰かがやらねば彼が市民の殺戮に及んでしまう。
      セカンドとは生物の本能そのものだ。
      あらゆる欲望の衝動に駆られ、躊躇いなく満たそうとする、生物の恐ろしい成れの果てだ」

(  ω )「そんな化け物になってしまうジョルジュ隊長を、ガイルさん、貴方はどうしたい?
      外へ逃がしてやりたいんですか?
      それとも幽閉したいのですか? 街で暴れぬよう、理性のない肉食の動物を飼い慣らすように」

ガイル「ふざ、けるな……! 俺は、俺はそんなつもりで言っているんじゃ……」

(# ω )「では、どうしたいのですか!?」

ガイル「お、俺は……」

(# ω )「それとも、抹殺命令に対し了解を唱えた僕に怒りを抱いているのですか!?
      貴方だって命令で人を殺す職を生業とした軍人だったはず!
      地上の感染者だって元は人であった者が大半だ! 今更奴らを人間として見るのですか!?
      貴方はただ、差別したいだけだ! 他の感染者とジョルジュ隊長を!」

ガイル「あ、当たり前だ! お前はセカンドとなったコイツを、ドクオを殺せるのか!?
    ツンを殺せるのかよ!? 俺にはそんな非道なマネ、無理だ! それなら、いっそ――」

(# ω )「全員で心中するべきだとでも言うのか!? ふざけるな!!
      何のために今日まで人々が生きて来たんだ!?
      再び地上に出るのか、治療法を見つけるのか、それともただ生きていたいのか、
      目的はどうだっていい! 貴方だって『セントラル』の為に戦ってきたはずだ!」

(# ω )「何の為にハインリッヒさんは実兄を亡くしたんだ!? 言え! ガイル!」

ガイル「だ……黙れッ! 復讐の為に生きてきた奴が綺麗事を!」

122 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:05:02 ID:M92hnJG20

(#'A`)「ブーンはもう復讐の為なんかに戦ってるんじゃねえ!!
    俺達やアンタの為にセカンドを倒すと、言ったんだ!」

ガイル「自分の罪滅ぼしの為にな! そうだろう!? ブーン!」

(#'A`)「違う! ブーンはなぁ、アンタがジョルジュさんを想うのと同じように戦おうっつってんだ!
    何でそれがわからねえ!? 話にならねえな! こんな茶番はもうヤメだ、ヤメ!
    アンタにゃ俺を殺せねえようだしな……遠慮なく行かせてもらうぜ」

 ドクオは銃口を無視し、ブーンを隔離する手術室へ通ずるドアに近づこうとした。


( ;゚ω゚)「ドクオ、危な―――――――」


 瞬間、2種類の銃声が室内に鳴り響いた。

 ガイルが握る銃は硝煙を上げている。


ガイル「うあッ!?」


 しかし、崩れ落ちたのはドクオではなく、ガイルその人であった。

ガイル「……何故、アンタが……」

 義足の右膝が上げる煙越しに見える者に、ガイルは怯えを潜む目を向けた。

123 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:06:07 ID:M92hnJG20

 場は時を止めたかのように静まり返り、銃撃の余韻が煩いほどに残る。
 一斉に後方へと3人は視線を注ぐが、ドクオを救ったその人物はいつもと何ら変わらない調子で言った。


「ったく、廊下まで響いてきたぜ。お前の恥ずかしい言葉の数々がよ」


 指先でくるくると銃を回した後、白衣のポケットに銃を収めた振る舞いは慣れたものであった。


从 ゚∀从「まさか週3回通ってる射撃訓練の成果が、こんな形で出ちまうとはな。
     よりによって撃ったのが他ならぬ仲間っつーのは……今だけはスカっとするもんだが、
     二度としたくないもんだぜ」


ガイル「な、何故だ!? 博士! 何故アンタがここにいる!?」

从 ゚∀从「インフラが再稼動してからネットはジョルジュの話題で持ちきりだぜ。
     私のラボでも同様、嫌でも耳に入っちまった」

ガイル「そ、それなら何でアンタがコイツらを止めないんだ!?」

(;'A`)「そ、そいつだけは同感だ、ガイルさん。正直この人だけにゃ殺される覚悟だった。
     尤も、アンタが本当に俺の頭でも撃ち抜こうとしていたのかどうかは聞かないでおくけどよ」

124 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:08:38 ID:M92hnJG20

(;^ω^)「二人の言う通りだお。それにハインさん……アンタはジョルジュ隊長の事が――」

从#゚∀从「その先を言うんなら口に銃を突っ込んで黙らせるぜ!?
     そんなんじゃねえ。私はな、お前に頼みがあってここに来たんだよ」

(;^ω^)「頼み?」

从 ゚∀从「ああ……他でもないお前にな」

从 ∀从「……アイツがセカンドになっちまった時は、ブーン、お前が殺してくれ。
     私には、出来ない。それがお前にも酷だと承知の上で、頼みに来た」

从 ∀从「頼むよブーン。お前にしか、頼める奴がいない。
     万が一の時ぁ……私の兄、ミルナ・アルドリッチのように、送ってやってくれ」

(;^ω^)「ハインさん……」

ガイル「博士……本気か……」

从 ゚∀从「正気を欠いているように見えるか? 私は、本気だ」

 ハインの確固たる意思は、彼女の目の光が如実に証明している。

 ガイルは思わず、目を逸らしてしまった。
 それは場において負けを意味した。
 ガイル本人も、口には出さないも認めるしかなかった。
 もはやハインリッヒを反証する事は出来ないと悟ったのだ。

 ガイルは、愕然と手を着いた。

125 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:10:39 ID:M92hnJG20
 
 項垂れ、床を呆然と見つめるガイルは、頭の中で延々と疑問を反芻していた。
 兄を殺されて吹っ切れたのは分かるが、ジョルジュは兄と同等以上の存在のはず。
 生き別れた兄の代わりとして見ていただろうし、女としてジョルジュを見ていたはずだ。

 それなのに、どうしてだ? どうして、殺すと決断できたのだ?

 ガイルには未だハインリッヒの心情が分からなかった。
 ハインリッヒ・アルドリッチがジョルジュに恋慕の情を抱いているのは、長い付き合いで勘付いているのだ。

从 ゚∀从「さあ、行こう。手伝うよドクオ」

(;'A`)「あ、ああ……助かる」

ガイル「待ってくれ。本当に、いいのか? それで……」

从 ゚∀从「……ガイル」


从 ∀从「ガイル……私は――――」

 6年前、メリーランド州で車を失い一人歩いてマンハッタンを目指すと言ったハインリッヒ。
 ジョルジュ達米軍残党が彼女をワシントンDCで拾ってから、今日までに至る彼等の関係は始まった。

 「命知らずの特攻野郎」の渾名を持つジョルジュは、北上中に度重なった戦闘でも特に活躍を見せた。 
 攻撃を決めたら相手がセカンドであろうと徹底的に攻撃し、
 逃げると決めたら非感染の暴徒――しかも女であった――から車を奪って逃げもした。
 その冷酷なまでの決断力に導かれる内、ハインリッヒは自然とジョルジュに惹かれたのだ。

126 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:12:31 ID:M92hnJG20

 ジョルジュの決断力と行動力は、操る武器がバトルスーツとなった後もますます磨きがかって発揮した。
 バトルスーツを眺めるジョルジュの横顔は、玩具を与えられた無垢な子供のようでもあった。
 しばしばバトルスーツの調整について二人は話し合った。
 ハインリッヒにとってそれは最も心地よい時間であったし、心浮き立つ時間でもあった。

 意中の想い人が既婚の男で、妻を失った悲しみを戦闘で忘れようとしていたと知っていても。

 恋情はジョルジュが感染しても尚消える事はなかった。
 ガイルは、寝る間を惜しんで治療法を模索しているハインリッヒの姿を、時折見かけていた。
 普段は気丈に振舞っているが、誰もいないはずのラボからたまに嗚咽が響いているのを知っている。

从 ゚∀从「――――私は、アイツがセカンドウィルスに負けるような奴だと思ってない」

ガイル「博士……」

从 ∀从「だけど! アイツだって本当は……弱い人間なんだ。
     あれからも命知らずと謳われてたアイツは、実は嫁さんの事を忘れようと
     我武者羅に戦ってただけに過ぎないんだ……」

从 ∀从「もしかすると、心の何処かで死に場所を求めてたのかもしれねえな……」

 ハインリッヒは、そう言い、胸中に隠した「セカンド化の可能性」を露呈した。
 そしてガイルはようやく気づいた。
 それを懸念していたのは自分だけではなく、他でもないハインリッヒもそうだったのだと。

ガイル「……隊長の事はアンタが一番よくわかってるんだったな……」

 呟きに対しハインリッヒが頷いて見せた後、ガイルがドクオに向き直す。

127 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:13:54 ID:M92hnJG20

ガイル「すまなかった。俺は、お前を撃つつもりだった。
    ……愚かだった。情けない。博士が止めてくれなければ、俺は……」

('A`)「いえ……気持ちは、分かりますから……」

ガイル「謝罪は後でいくらでもする……だから、今は俺にも手伝わせてくれ。
    煙が上がった膝だが、歩くのに支障はない。
    ブーンを、隊長の所に行かせてやってくれ!!」

('A`)「ガイルさん……」

('∀`)「……そういやあ、アイツの体って半端じゃなく重いんですよ。
    実は、一人でどうやって車椅子に乗せようか悩んでまして。
    屈強なガイルさんに手伝って貰えればなと思っていたんです」

( ^ω^)「お前の細腕でどうやって僕を運び出すのか楽しみにしてたのに」

(;'A`)「うるせえ! テメエは黙ってシステムの再チェックでもしてろ!」

ガイル「……ハハッ、喜んで手伝わせてもらおう」

从 ゚∀从「急ごう! 随分話し込んじまった! ケツに火が着けられたつもりで動くぞ!」

ガイル「「おう!」」('A`)

128 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:15:03 ID:KQZ47c8k0
しーえーん

129 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:16:43 ID:M92hnJG20
 命令を下されてから実に15分もの時間が経過していた。
 その事を誰も口に出さなかったが各々焦りを隠せずにいた。
 特にガイルは、ドクオに指示を仰いでからというもの口を一切開こうとしなかった。
 ブーンの為にと誰よりも動いていたのは要らぬロスを生んでしまった張本人だと自覚しているからだ。

 彼は、酷く落ち込んでいた。
 あのバトルスーツ隊隊長ジョルジュ・ジグラードがおぞましきセカンドになるはずがない。
 現バトルスーツ隊隊長を務めるガイルは、ジョルジュが感染した当初から今日までそう信じていたのだ。

 しかし心の奥底で燻っていた「悪い方の可能性」を、ふと思い出す日もあった。
 そして今日、その命運を別ける時がとうとう来てしまうと、ガイルは悪い想像ばかりするようになってしまったのだ。
 彼の慎重な性格は長所と呼べるが、それはマイナス思考という短所なんだと覆す事も出来よう。

 或いは、仲間を想う気持ちが誰よりも強い彼の、その優しさ故の凶行であったのだろう。
 そして彼がブーンとドクオに立ちはだかったのは、実はハリンリッヒの恋情を慮っての事であった。
 上司であるハインリッヒは、ガイルという男をよく理解している。
 だからこそ、ハインリッヒはブーンを侮辱したガイルを許せなかったのである。

从 ゚∀从「いつまでもショボくれてんじゃねえよ、DJテーブルが」

ガイル「博士、俺は……」

从 ゚∀从「いいって事よ。それに……な、ガイル。私は、感謝してるんだぜ?」

从 -∀从「……ありがとうな。アイツを、庇ってくれてさ……。
     街中がアイツを敵視してる中、お前はやっぱり味方だったな」

ガイル「ハ、ハイン博士ぇ―――――!!!」

从;゚∀从「うわっ!? やめ、ちょ、抱き着くんじゃ――いってええ!? お前の頭硬ってぇな!」

130 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:17:55 ID:M92hnJG20

  ※

 結局、女手も借りて3人掛かりでブーンを車椅子に乗せ、彼等はラボを出た。
 ラボの出入り口を抜けた所で待っていたのは、チーム・アルドリッチ所属の戦闘員、春麗だった。

从 ゚∀从「悪いな春麗、突然自宅から呼び出してすまなかった」

春麗「いいえ。状況が状況ですし、私も居ても立ってもいられず自宅を出ようとしてたところだったので」

 外周に沿って段を成すドーナツ状の構造の廊下は、その何処に立とうと第3階層の街並みを一望する事が出来る。
 ドーナツ構造で対面に位置するアルドリッチ・ラボから此処に向かうには、本来アクセサーを用いている。
 しかし現在は停止中につき、空陸両用バイクで交通法を無視しての大胆なショートカットを余儀なくされたのである。

ガイル(……一時の迷いとはいえ、春麗にあんな姿見せなくて済んで、ほっとした……)

 ハインリッヒをここまで連れて来たのは春麗であったと気づいたガイルは、胸を撫で下ろした。
 密かに恋慕を抱く当の本人が先ほどの現場に居合わせたと想像すると、ゾッとした。

春麗「にしても、遅かったですね。ま、大方、ガイル隊長がブーンを止めようとしてたんでしょうけど」

ガイル「うっ、何で分かるんだよ……!?」

春麗「あら? 本当だったんですね」

ガイル「おい!」

131 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:18:56 ID:M92hnJG20

春麗「ふふ……ま、そこが隊長の良いところでもあるんで……ハッ!!
   そ、それはさておき、今の状況を簡潔に伝えてますね!」

 何故か慌てて取り繕った春麗。咳払いした後、ブーンを見て切り出した。

春麗「確かな情報筋によると、両者はまだ交戦状態に入っていないようです。
   クローン兵は攻撃を開始せず、ジョルジュさんの様子を伺っているような状況みたいです。
   どうやらまだジョルジュさんは変異の途中らしく、その、何ていうか……」

 春麗は口を噤みながら、ハインリッヒの顔色を伺った。
 ハインリッヒは張り詰めた表情で、頷いて続きを促した。

春麗「セカンドに成り次第、攻撃を開始するのかと思われます。
   その理由は定かではありませんが、彼女達がモララー・スタンレーの配下であるのなら、
   研究の対象として、今は重要な瞬間なのではと、情報屋の間では持ちきりです。
   尤も、セカンド化したジョルジュさんをクローン兵が止められるか疑問されているんですが……
   だから今、市民がこぞってB00N-D1の出撃を期待しているんです」

 春麗はブーンに向き直し、更に続けた。

春麗「ブーン。私も一市民として貴方に問いたい。
   万が一の場合、貴方にジョルジュ・ジグラードを殺す覚悟はあるのでしょうか?
   セカンドとなったジョルジュさんに助力し、反旗を翻すなんて考えてないですよね?」

 数秒の沈黙の後、ブーンは口を開いた。

( ^ω^)「……春麗さん、いや、皆。
       ジョルジュさんの矜持を守ろうと胸の内に秘めておくつもりだったけど、言うお」

 一同息を呑み、次に吐かれる言葉に臨んだ。

132 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:20:20 ID:M92hnJG20

( ^ω^)「ボストンに向かう日の事だったお。
       そうなった場合、俺を殺してくれと、ジョルジュ隊長は自ら僕に頼みに来たんだお。
       あの時から、ジョルジュ隊長は万が一の事も予見なさっていたんだお」

从 ゚∀从「そう、だったのか……」

( ^ω^)「だからこそ、ジョルジュ隊長は今日まで必死にウィルスに抗ってきたんだお。
       それでも、ハインさん、貴方が万が一の事を考えていたように、
       ジョルジュさんもその可能性を否定する事は出来なかった……だから、死ぬ時と場所を、僕に委ねたんだお」

(  ω )「だから、もし――――」



( ゚ω゚)「もし、今日がその時となるのであれば――――だから僕は迷わない!
      ジョルジュ・ジグラードが意思なきセカンドとなるのなら! 僕はセカンドとして彼を殺す!」



(;'A`)「……ブーン……」

 達磨の如き姿となったブーンは、その姿故に言い様のない殺意を放つのかもしれない。
 手足が捥げようと、このサイボーグは命ある限りセカンドに喰らい付くのだろう。
 チーム・アルドリッチの面々は勿論、車椅子を押すドクオも寒気を覚えた。

133 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:24:32 ID:M92hnJG20

( ゚ω゚)「BLACK DOG!!」

 愛機が整備を終えたとリンク機能を介して知っているブーンは、地下の空に向けて声を発した。
 公共格納庫の方角から間もなく姿を現し、その駆動音は彼等の場の空気を尽く割った。
 オーナーの意思を感知した戦闘用可変型バイクBLACK DOGⅡが、星空色のボディを輝かせて現れた。
 子供も大人も超えられぬよう設置された高い鉄柵を、BLACK DOGは硬質且つ鋭利なボディでぶち抜き、主人の下に近づいた。

 バイクの規範を大きく超えた設計であると、見たままの大きさが証明している。
 コクピットもまた巨大だが、数多の制御装置やモニターパネルで埋め尽くされている為、搭乗者は一人に限られる。
 それでも達磨の如き姿の今のブーンには遊びの多くなった空間と化している。
 両者共に優れたバランサーを搭載しているとはいえ、足も着けぬ運転は危険であるだろう。

 従って、たった今からプログラムを起動しなければならない。
 ドクオが手を払い、周囲から離れるよう皆を促した。

(;'A`)「お前とBLACK DOGのバッテリーは充電済みだが、戦闘中を加味して稼動時間は10分が良いところだろう。
     それを過ぎればBLACK DOGは予備電源の使用に強制移行し、バイクに戻っちまう。いいな?」

(  ω )「分かっている」

「アーマーシステム、起動」

 システム・ディレイク、BLACK DOGⅡ戦闘プログラムアーマーシステムの起動解除コード出力。
 コード認証/着装/神経接続及び電気系統接続を開始/システム・ディレイク並びアーマーシステム同調――システムオールクリア。
 B00N-D1本体からの電力供給を開始/スタンバイモードに移行――強制パージまで残り30m。
 スタンバイモード終了/戦闘モードに移行――――強制パージまで残り21m。

134 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:25:07 ID:KQZ47c8k0
遂に来るぞ新システム!

135 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:26:54 ID:M92hnJG20
 瞬く間に変形を終え、それまで赤子のように抱かれていたブーンは変貌した。
 更なる機械仕掛けの存在に。

 その全身は漆黒の金属に固められ、「元の姿形」をイメージさせる鋭利なフォルムを全身に余す事無く施している。
 頭部は「バイクのフロントボディ」を想起せざるを得ないと同時、獰猛且つ冷酷な猟犬を彷彿させる口先のようである。
 こめかみから後頭部に伸びた突起は、獲物の位置を聞き立てる耳のようである。
 背、腰の辺りから伸びる計4本の長いノズルは尾のようである。
 銀色の鋭き2つの光を放つそれは、獲物を逃がさんと追う眼そのものである。

 分厚い手足は、それぞれが数多の武器を隠す武器庫である。
 敵が如何なる悪鬼であろうと、その息の根諸共忌まわしき病原体の活動を止める、強力な武器と化す。

 全てが、セカンドを殺戮するが為に生み出された外骨格機構、BLACK DOGⅡアーマーシステム。
 強力が故に、使用者の身をも滅ぼす、破壊の兵器である。


 漆黒の猟犬は口元を僅かに開き、熱を帯びた蒸気と、曇った声を吐き出した。


ィ'ト―-イ、
以`゚益゚以「行ってくる」


 4本のノズルと両脚から蒼炎を吹かし、ブーンは飛び立った。

 死して去ったパートナーに託された、一人の少年を守る為に。
 そして、死となるか、それとも別の結末を共に迎える事となるか。

 しかし果たすであろう、友との送別の為に――――――――

136 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:29:31 ID:KQZ47c8k0
パワー高めのタフネス低めって感じになったんか

137 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:32:59 ID:M92hnJG20
 
  第38話「美女と野獣」


 第4階層を二分するように縦列する総20の街。
 その内8番から14番までの街道は『セントラル』のメインストリートと言われている程に、個々が巨大なスケールを誇っている。
 数多の超高層ビルが立ち並び、その目下に劇場と商店、カジノとあらゆる施設が列挙し、まさに眠らぬ街を再現している。
 全てを嘗てのニューヨークを模したかのようなこの街は、嘗てに倣い、ビジネスとエンターテイメントを混雑し、
 両者が依存し合い生んだ一大マーケットを有しているのだ。

 このストリートに政治を憂いアナーキズムに走ったパンクロックは存在しない。
 旧政体を賛美するような絢爛なポップスとヒップホップばかりが流れている。
 無機質なビート、それを打ち鳴らすのは音楽だけでなく、建造物も同様だ。

 建造物はいずれも近代建築様式の外観と機能の美に満ちている。
 建物の内外を問わず保有した数多のオートメーションがプログラムに沿って静かに、そしてめぐるましく変動し続けている。
 眩い輝きを放つ無数のネオンですら、その引き立て役に過ぎないだろう。

 街が洗練されれば人もまた洗練されるものだ。
 ニューヨーカーを示す気取った衣服なくしては此処を歩けず、白衣を着ようものなら忽ち浮ついた存在になってしまう。
 選ばれた者だけが出入り出来るような、そんな風潮を示すように、このメイン街は「ヴィッパ」と名づけられた。
 それはもはやヴィッパのルールと言えようものである。
 連日多くの市民が夢見心地の顔で闊歩する為、暗黙の内に取り決められた様々なルールだ。

 加え、何より警察と優れた監視システムが存在するお陰で、「嘗て」とは比較にならぬほど平穏で満ちていた。
 犯罪者は徹底して排除されてきた。
 所謂アウトローに分類される者は活動拠点を他に設けなければならなかった。
 マイノリティーだとか、単に貧民層などと区分される者達も同様だった。

138 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:35:55 ID:M92hnJG20

 そういった者達はもう一つの市場を作り出して個々の生業を持つようになった。
 番外認定された幾つかの街は、嘗てに倣って「ゴッサム」と呼ばれるスラム街と化したのだ。
 公共サービスを受けられないほど荒廃していないが、スラムの持つ意味合いは住宅街でも顕著に現れている。
 貧富の差別を生み出した荒巻政権は、働けぬ者を安くて狭いアパートに追いやったのだ。
 果てはアクセサーが走る高架の下に違法住宅を構えるホームレスさながらの人物が、市民権を持ちながらも、そうして存在するのだ。

 そして15番街は、ヴィッパともゴッサムともつかぬ街である。
 大勢の人間、そしてジャンクとも言うべき物品と資材が行き来する中間地点、それが15番街の役割だ。
 その日常を送る最中、人のみが消え去った15番街は、物だけが取り残されたゴーストタウンさながらの状態にあった。
 過去最大の注目を浴びるにしては、寂しくも奇妙な光景である。

 緊急避難警報が発せられ、運搬途中であった列車がターミナルに辿りつかず停止している。
 それと同じように、トラックなどの運搬用車も道端に乗り捨てられている。
 たとえそれらを撃ち抜き爆発させようと、死傷者が出ないというのは有難い。

 しかし、ショボン・トットマンは、どちらの為に戦闘介入しようか未だに判断がつかずにいた。
 ゴーストタウンに潜む幽霊よりも気配を消し、人ならざる者を監視し続けていた。

(;´・ω・`)「IRON MAIDENのパージから15分26秒が経過……両者ともに依然膠着。
       両者とも動けずにいる、と言った方が正しいか……。
       ジョルジュさんは、まだ変異途中にあるようだ」

ノハ;゚⊿゚)「ウィルスに抗っていると訂正するべきか? しかし酷い有様だ、見てられねえ……」

 精神を“戦闘状態”にシフトしているヒートも、ジョルジュの変貌ぶりには戦慄していた。

139 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:37:55 ID:M92hnJG20

 変異開始から15分、最初の一人を除外し、死人は出ていない。

 ジョルジュは全身を激しく痙攣させながら、その身をより複雑に変形させ続けていた。
 翼が生えたかと思えば、今度は背骨が皮膚とスーツを破り、尾として見せた。
 こびりつく程度に肉を持つ、歪で貧相な尾であった。
 かと思えば倍速再生されたCGのように非生物的に血肉を及ばせ、赤みのある猛々しい尾に成長させる。

 嘗てのジョルジュの姿に見る影はない。
 刻々と、悪魔の化身へ近づいている。
 そしてそれを、自らの意思で完了させんとしているかどうかは、定かではない。

ミ# Д シ《あ゙ あ゙あ゙あ゙あああ……》

 激痛に苛み苦痛を漏らす彼は、まるで延々と肉を裂き続けられる凄惨な拷問に掛けられているようである。
 がば、と音を立てて肉が剥がれ、突出を目論んでいた不気味な形の骨が現れる。
 顔とて例外ではなく、歪な突起が輪郭に沿い幾つか立っている。
 全身を包んでいた拘束衣IRON MAIDENは幾つかの装具を残した軽装の鎧と化し、
 だが、体外に飛び出た骨の棘の装飾に相まい、禍々しい重装の甲冑にも見えよう。

 それまで爪に留まっていた獣の刃も、今やその付け根を拳骨に及ばせ、物を掴めぬ五指と化していた。

 シザーハンズ。

 顔面だけは蒼白く生気を感じさせないジョルジュを見、ふと、ショボンはそんなタイトルの古い映画を思い浮かべた。
 しかし容姿だけで鑑みれば、映画の主人公のように純真な人の心を持つとは思えなかった。

140 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:40:38 ID:M92hnJG20


ミ# Д シ《グルルゥ…………》


(;´・ω・`)「――ッ、変異を完全に終えたようだ……」

 突然ジョルジュが身をぴたりと止めた。
 呼吸こそ肩を上下させてするものの、聞くに堪えぬ叫喚は止んでいる。
 代わりに獣のような唸りを静かに上げた後、腕に残るスーツの籠手で血みどろの顔を拭った。
 籠手にべっとりと残った血糊より、ショボンをぞっとさせたのは長く伸びた髪の隙間に見えた赤い瞳だった。

(;´・ω・`)「――――ッ」

 ショボンは咄嗟に狙撃ライフルの向く先を空へ向けた。

ノハ;゚⊿゚)「……ショボン?」

 ヒートは訝しげにショボンを伺うが、ショボンは恐怖を顔に張り付かせて絶句で狼狽している。
 一体何を見たのか、疑問しながらヒートはスコープに再び目をあてがった。
 
 ショボンは呼吸を整えた後、銃を構えなおして再度スコープでジョルジュを観察する。
 万が一の時は狩るのは我々である、それを再確認する為に。

(;´・ω・`)(こちらを、見ていた……偶然か?)

 一瞬、スコープを通してショボンはジョルジュと目を合わせたのだ。

 この場においては最も高所に位置するというのに、ショボンは獰猛な肉食動物に発見されたような戦慄を覚えたのだ。
 だが、ジョルジュは興味ないように視線を移らせ、再び場を改めるように周囲を見渡していた。
 それは生まれたての獣が生きる世界を初めて見ているかのようである。
 故に偶然の出来事だとショボンは考えたが、確かに獣と目を交したと、そう錯覚した。

141 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:42:37 ID:M92hnJG20
 ジョルジュは視線を左から右へ、ゆっくりと時計回りに街を見渡す。
 そして背後で腰を抜かしていたビロードに、果たしてジョルジュは視線を向けた。
 ショボンが再び戦慄したのは、ジョルジュが獣のように本能に従って獲物を求めんとしたからだ。

(;><)「ひっ」

ミ Д シ《う、あ……》

 ジョルジュは血を滴らせる爪の手を伸ばし、ゆっくりとビロードに近づいた。
 涙で顔を小水で下半身を汚すビロードは、血塗れの異形の接近を許しがたく、無意識に後ずさりした。
 その光景を見るショボン、ヒートは痺れを切らしそうになるが、二人より先に動いた者達がいた。


(  〓 )「――――ビロード・ハリスを保護する! 攻撃しろ!」

 クローン部隊だ。

 低出力に設定されたエネルギー兵器による射撃は威嚇に留まらず、ジョルジュの背に直撃した。
 痛烈な叫喚が上がり、銃撃の余韻を切り裂く。
 そして背を攻撃されたと知ったジョルジュは、敵愾心剥き出しの目を彼女達に向けた。

 これにはクローン兵達も戸惑い、銃撃を一時中断する。
 あくまで威嚇に留めるつもりだった。回避するものだと想定していた。

 しかし、これでようやく結論を見出せた。
 ジョルジュ・ジグラードはやはりセカンド化したのだと。
 銃撃の意味と結果を思考する理性がないと、今の一連の流れでそう判断するしかないのだ。

142 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:43:49 ID:M92hnJG20

 高所から様子を伺っていたショボン、ヒート両名も、クローン兵と同様の決断をする。 
 ジョルジュ・ジグラードはセカンドと化した、と。
 理性を欠き、血に飢える彼はその渇望をビロード・ハリスに向けようとしていたのだ。
 そして二人は言葉を交さずとも今すべき事を悟る。
 ジョルジュを殺さなければならない、と。

 スコープを覗き見る。
 情報処理システムと連携したライフルは300メートル先の虫けらすら撃ち抜くだろう。
 しかし、スコープに映るのは化け物の頭部ではなく、蒼い光条の数々だった。
 目の細かい光の網が決して広くはない路地に広がっているようである。
 これでは狙撃しようにも実弾は空中に消え去るだろう。

 文字通り、蚊帳の外に立たされてしまった。
 焦燥を煽り立てるように、雑然と積み置かれたコンテナが炎を巻き上げる。
 路地を見下ろすショボンとヒートも、さすがに苦悶を浮かべて顔を背けてしまう。

 咄嗟に二人の脳裏に走ったあどけない少年の顔。
 蚊帳の内側には一匹の獰猛な獣と、それを仕留めようとする数多のハンター。
 危険な狩場に迷い込んでしまった少年が、そこに――――

(;´・ω・`)「――――ビロードは何処だ!?」

 爆炎から顔を背けた一瞬、ジョルジュの傍らで蹲っていたビロードが忽然と消え去っていた。
 機械の目と耳を持って必死に捜索するが見当たらない。
 クローン兵が連れ去ったかと思い彼女達の動向にも目を配るが、誰かがビロードを確保したような気配は伺えない。
 それどころか彼女達は、遂に攻撃を開始したジョルジュとの交戦に必死なようであった。

143 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:46:26 ID:M92hnJG20
 稲妻の如く迸るレーザー攻撃を掻い潜り、擦れ違い様に振るわれる爪。
 瞬く間に首、臓物が鮮血と共に舞い上がり、夥しい量の血液が路地を赤く塗り替えてゆく。
 その最中、ジョルジュは腕か足かの肉片にかぶり付いて喰ったのだ。
 血肉の美味を知るや所構わず牙を立て、クローン兵を啄ばんでいった。

 しかし、クローン兵達に分があった。
 高度な機関で統制されている彼女達は如何にジョルジュが素早くとも、次に銃口を向ける位置を予測する事が出来る。
 壁を飛び交うジョルジュを追うようにして放たれる銃撃、遂にその翼に穴が穿たれた。
 悲痛な叫びを上げながら墜落するジョルジュ。
 クローン兵達は一定の距離を保ちつつ、彼を囲んだ。

 現状を見下ろすショボン・トットマンは目を瞑った。
 たとえセカンドとはいえ、友人が撃ち殺されるのを見るのは胸が痛む。

(;´‐ω-`)(違う、ショボン・トットマン。お前は誰かが手を下すのにほっとしているんだ。
       僕なんかに彼を撃ち殺す度胸なんてない。これでいい。そう安心しているんだ……クソ!)

(;´・ω・`)(せめて、ビロードだけでも――――)


「――――ぁぁぁぁぁぁぁああああああああああああああ!!」


 ショボンがそう思った矢先であった。暗澹とした空気を祓うかのように、上空から叫び声が木霊したのだ。
 ショボン、ヒートは一瞬呆気に取られるが咄嗟に彼の落ちゆく場所へと駆け込んだ。
 損傷を負っていないショボンが難なく彼をキャッチし、お互い、目を丸くして見合った。

(;´・ω・`)「ちょ、なっ、何で、君が!?」

144 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:47:52 ID:M92hnJG20

(;><)「はあ、はあ、し、死ぬかと思ったんです!」

ノハ;゚⊿゚)「お、おいおいおい、何でお前が空から落ちてくるんだよ?」

(;´・ω・`)「ビロード! 一体、誰に何をされた!?」

 なんと陳腐な問い質しか。しかしショボンは他に言葉が思いつかなかった。
 地面から約250メートル離れたビルの屋上に突如現れたのは、ビロードだった。
 ショボンはビロードを降ろし、涙と鼻水で散々に汚れた顔をハンカチで拭ってやった。
 緊張から解放されたと理解したビロードは綺麗になった顔をまた涙と鼻水で濡らし、ショボンの胸に飛び込んだ。

(;><)「ジョ、ジョルジュさん、ジョルジュさんが!!」

 嗚咽に加え荒立った呼吸とあり、ビロードはショボンに縋りたいも喋るのがままならなかった。
 ショボンはビロードの両肩を持って彼の目線まで膝を折り、落ち着いた声で問い質す。

(;´・ω・`)「落ち着け。ジョルジュさんがどうしたんだ?」

 ビロードは呼吸を整えた後、答えた。

(;><)「ジョ、ジョルジュさんは、セカンドなんかじゃ、ない!」

(;><)「僕をまた! な、投げてくれたんです! たっ、助ける為に!」

(;´・ω・`)「ジョルジュさんが、お前を助けた……?」

145 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:49:22 ID:M92hnJG20

ノハ;゚⊿゚)「ショボン。ビロードの服に、爪で引っ掛けられたような痕があるぜ。だとしたら……」

(;><)「ジョルジュさんを助けてください! このままじゃ殺されるんです!!」

 ビロードが目下に指を刺して縋った。
 だが、ショボンとヒートの表情は依然として曇っている。

(;´・ω・`)「……しかし、彼は……」

 俄かには信じられない発言であった。
 現にジョルジュは人肉を喰らう獰猛な獣と化している。
 にも拘らず、ビロードのみを救うのは腑に落ちない事である。

 思考を巡らせている内に、ショボンはジョルジュと目を合わせた出来事を思い出した。
 そして一つの可能性を立てる。
 あれはもしかすると、此処にいるであろう我々を探していたのではないかと。
 それからクローン兵の初撃を被弾した事、あれはビロードを庇ったとも取れる。

 しかしながらあくまで可能性なのだ。
 一個人の観察から立てた推測なのだ。
 事実に至らせる材料は揃っていても、解明すべき対象が特別種のセカンドとあれば迂闊に手を出せない。
 ショボンは、最もジョルジュをセカンドたらしめる要素をヒートに差し向けて尋ねる。

(;´・ω・`)「……彼は、人を喰らっている。これにどう説明をつける?」

ノハ;゚⊿゚)「それは……それにしても、腑に落ちない事が多すぎる」

(;´・ω・`)「ああ、依然正体は不明だ。どちらを手助けするか、もう少し様子を……いや、もはや我々は撤退すべきかもしれないな」

146 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:49:31 ID:KQZ47c8k0
やっぱり理性があったかジョルジュ!!

147 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:50:32 ID:M92hnJG20


(;><)「何で助けないんですかショボン!? ジョルジュさんは人間なん――――」


 言いかけたビロードを襲ったのは、まず音圧であった。

 僅かに遅れ、目の覚めるような色の閃光が立て続けに路地へと降り注いだ。

 誰も予兆せぬ突然の事であった。


(  〓 )「――――回避しろ!」

 更に蒼光は爆音を伴い上空から降り注ぐ。
 滅多撃ちだ。
 生身の人間ならそう思うだろうが、熟練のサイボーグ達は不気味なまでに正確な射撃に対し、口を開けて驚愕した。
 クローン兵の腕と銃のセットを、秒間で2セットのペースで消し炭にしているのだ。

 クローン兵とて生身の人間と懸け離れたデザインドヒューマンだ。
 近代サイボーグと戦闘しても十分渡りゆける身体能力を持つ。
 そんな彼女達が地を飛び跳ねようが地を転がろうが、蒼き閃光は腕だけを撃ち抜いて行く。

 抵抗反撃の余地はない。
 防戦、退避も許されぬ一方的な蹂躙だ。

148 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:53:16 ID:M92hnJG20


(  〓 )「体感して初めて理解したが……アーマーシステム、これ程とは……」


 闖入者の攻撃が終わった。
 路地に犇くのはジャンクの残骸と、片腕を失い沈黙したクローン兵達であった。

 裂傷と大火傷を一緒くたにした腕の断面から零れる血はない。
 高速且つ高熱の攻撃は止血作用すら残していったようだ。
 加えて彼女達は痛覚が鈍い。
 混乱せずに現状を受け入れる彼女達の統制は見事なまでである。

 しかし同時に歯がゆさも伺えた。
 総勢20といる誇り高きスタンレーの尖兵、その誰もが成す術もなくじゅ蹂躙され、
 闖入者を見上げて睨みつけるのが精一杯となったのだから。

 戦慄するショボン、ヒート、ビロード、クローン部隊。

 そして胸に何を抱くか定かではないが、ジョルジュすらも上空を見上げた。

149 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:54:25 ID:KQZ47c8k0
誰だってあんな顔のが来たら見上げちまうよ

150 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:55:50 ID:M92hnJG20

 一斉に上空へと注がれる視線と、偽りの星雲の煌きを浴びるそれは、漆黒の鎧であった。

 両腕と腰に携えた銃口から立ち上る銃撃の硝煙。
 蒼き輝きを放つバーニアンとイジェクト。
 銀色の瞳を持つ、機械仕掛けの猟犬の顔貌。


ィ'ト―-イ、
以`゚益゚以「…………」


 B00N-D1が愛機BLACK DOGを身に纏った最強の戦闘形態だと、その場の誰もが知っていた。

 ショボンはブーンに拝跪するように愕然と膝をつけ、思い切り膝つく地に拳を突きつけた。
 銃を奪われたクローン兵達は二人を囲うような配置取りをした後、総じて直立不動した。

ミ,, Д シ《……ガルルルゥゥゥ……》

 処分の危機から解放された獣、ジョルジュは、何事もなかったかのようにその身を正し、降り立った鎧と向き合った。

151 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:58:58 ID:xcex.K2w0
初遭遇、街狩り大好きだ

152 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 18:59:20 ID:M92hnJG20



ィ'ト―-イ、
以`゚益゚以「…………………………》ミ Д ,, シ



 有機的な身を持つ獣、無機質な身を持つ獣。
 人ならざる姿を持つ両者は、静かであった。

 何かを語ろうともせず、威嚇の唸りもあげず、銀と赤の双眸で睨みあうのであった。

 兜から漏れる金の髪、血に染まった銀の髪。

 対照的で相容れそうに無い両者を煽るように、場に熱風が吹き荒れた。
 常人ならば途端に苦悶する高温の風を、両者は指一つ動かさず、共に浴びた。

153 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:00:49 ID:M92hnJG20

 突風は、更なる闖入者の訪れを知らしめるものであった。

 INDIGA(インディガ)。
 土色をベースに黄金色を施したYOGA製最後の戦闘用ドロイドが、7機の編成で介入した。
 全長4メートルを超える巨躯に搭載されたバーニアンとエアーイジェクトが生む流れこそ、突風の正体であった。

 両脚両腕を伸縮自在させる高機動戦闘ドロイドINDIGAは、全身に機関銃、火炎放射、レーザーと豊富な武装を秘めている。
 手足は細く、反して図体は太いというアンバランスなボディ、そこに座する細長の頭部が緑色のモノアイを光らせている。
 モノアイを始めとする機関の情報収集を元に、INDIGAの高度なAIは命令遂行の為に人間以上に思考するのだ。

 人間以上、つまり、冷酷且つ非人道的な行動を何の疑いもせずにやってのけるのがドロイドの本質だ。
 そして、欠陥である。
 この欠陥を埋めた戦闘兵器の完成品こそHollow-Soldierである。
 しかし、皮肉にも彼女達は今、旧時代の兵士に銃を突きつけられているのだ。

 配置を速やかに終え、機関銃による圧力でクローン兵を制圧したINDIGAが外部スピーカーより告げる。
 AIの電子的な声による語りではなかった。

『――テロ首謀者、モララー・スタンレーは逮捕された!
 貴様等もテロに加担する反乱分子と見做し、逮捕する! 速やかに投降せよ!
 貴様等のマスター、モララー・スタンレーの命は、我々の握る銃で左右されているぞ!』

ィ'ト―-イ、
以`゚益゚以「その声、モナーさんか」

『ブーン、すまない……君の手を煩わせる事に……ましてや、こんな事になるとは、私は……』

 総統、モナー・ヴァンヘイレンの肉声であった。

154 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:02:28 ID:M92hnJG20

(  〓 )「フン、抵抗しようにも腕ごと奪われているというのに、新しい権力者も随分臆病な事だ」

 皮肉に対しモナーは反論せず沈黙する。
 ドロイドも特に思考せず、銃を構えたまま静寂を保っている。

(  〓 )「まあいい。大人しく投降してやる。たった今、マスターからもそう命令された。
      我々も任務を全うし果せた。結果的には失敗のようだがな」

(  〓 )「B00N-D1、最後に聞かせてもらおうお。何故邪魔をした。奴はセカンドだ。
      貴様はセカンドを保護しようというのか」
ィ'ト―-イ、
以`゚益゚以「ジョルジュ隊長を殺すのは僕の役目だ。
      それに、まだだ。まだジョルジュ隊長がセカンドになったとは分からない」

(  〓 )「戯言を」

 クローン兵は肘から先のない腕をジョルジュに向け、無感動に言い放つ。
 止血効果が切れて血を滴る腕の断裂面を敢えて向けたのは、血に飢えた獣を挑発したとしか見えない。


(  〓 )「そいつはもう、人を喰らうセカンドだ」


 侮辱に対し激情を放ったのはジョルジュではない。
 機械仕掛けの猟犬の方であった。

155 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:03:33 ID:M92hnJG20
 左腕を振るう。激情のまま無意識に取った動作はそれだけであった。
 しかし重量感と速度を伴った動作は、クローン兵を圧倒させるに十分過ぎるものだった。


ィ'ト―-イ、
以`゚益゚以「黙れ、さっさと去れ」


 何よりB00N-D1自身の冷やかな声が、例えようのない殺意を孕んでいた。
 サイバーウェアで制御された彼女達は、無意識に、じりと地を鳴らした。

(  〓 )「……好きにするがいい。ビロード・ハリスも貴様達に預けておこう」

(  〓 )(尤も、貴様等にはどちらの重要性も理解できないようだがな)

 クローン兵隊を臨時で代表した者が最後に胸中でごちると、彼女達は潮らしく片手を上げて投降した。
 INDIGAに圧されるように歩いてゆく。
 恐らく第3階層のセントラル警察に身柄を渡されるだろう。
 モララー・スタンレーが徹底した監視を受ける限り、彼女達が武器を取る事もないはずだ。

 ブーンは一度息を吐く。
 これで騒動の発端となったスタンレー一味は排除した。


 後は――――

156 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:05:04 ID:M92hnJG20

『ショボン、ビロードを頼む』

(;´・ω・`)「ブーン!?」


 不意に入信した無声通信。頭に入った声に対し、思わずその場で叫んでしまったショボン。
 屋上から身を乗り出してブーンを見るが、ブーンはショボンに一目もくれず、

『ジョルジュ隊長は僕に任せろ』

 ジョルジュと対峙したまま、そう続けた。

(;´・ω・`)「ブーン、すまない。僕はまた誰かに頼ろうとしていた。
       ましてや敵のクローン兵に判断を委ねてしまった。
       そして結局、君に頼ってしまう事に……」

『構わない、ショボン。君は店で客に酒を持て成していた方がずっといいお。
 ウィルス絡みの仕事は僕が片付けてやる。それに、これは――――』

157 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:06:03 ID:hxJCgslI0
支援支援

158 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:07:05 ID:M92hnJG20



ミ,, Д シ《…………》


ィ'ト―-イ、
以`゚益゚以「――――僕とジョルジュ隊長の約束だ」



 ――――後は、目の前の男に集中するのみ。


 ようやく舞台は整った。




 果たして、彼は人間なのか。
 果たして、彼はセカンドなのか。
 それとも、もっと別な、何かなのか。

 様々な憶測が脳裏を巡るが全て定かではない。

 確かな事はただ一つ。
 送別の時という事だけである。

159 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:09:01 ID:M92hnJG20

ィ'ト―-イ、
以`゚益゚以(ジョルジュ隊長……!)

 人であって欲しいと願うばかりだが、心の奥底に眠る可能性をどうしても払拭出来ずにいた。
 一刹那の後、血を血で洗う殺し合いに転じるという可能性を。

 ブーンは、武装解除しないどころか、今一度アーマーシステムの再チェックを密かに行う。
 ジョルジュには伺いようのないデジタルグラフィックスでエネルギー装填率、バッテリー残量を表示。
 強制パージまで残り13分、だがエネルギー及びバッテリーの残量は一体のセカンドを屠るに十分だ。

 ジョルジュが如何様な攻撃を繰り出してこようと対処出来るのを、ブーンは至って冷静に確認した。
 言い返せば、いつでも殺せるという安堵を得たとも言えた。
 アーマーシステムの攻撃及び移動速度の恐ろしさを、B00N-D1は文字通り身を持って体感している。

 それは揺ぎ無い自信でもある。
 相手がどんなセカンドであれ追随を許さぬ、それがアーマーシステムだ。

 両腕に変形した武器庫、テールノズル、どちらも射撃可能。
 いつでも、撃てる。

 従ってブーンは試みる―――――ジョルジュとの対話を。


 開かぬ猟犬の口先から、くぐもった声が漏れる。

ィ'ト―-イ、
以`゚益゚以「……ジョルジュ隊長」

160 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:10:30 ID:M92hnJG20

ィ'ト―-イ、
以`゚益゚以「奴等は去った。もう監視カメラを気にする必要だってない。貴方はもう、自由だ」

ィ'ト―-イ、
以`゚益゚以「だからジョルジュ隊長、喋れるんなら、何か言ってくれ」


ィ'ト―-イ、
以` 益 以「頼むお……」



ミ,, Д シ《…………》



ミ,, Д シ《………………》




ミ,, ∀ シ《………………ヘッ》

161 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:11:51 ID:M92hnJG20


ミ,, ゚∀゚シ《待ちわびたぜ、ブーン》



ィ'ト―-イ、
以`゚益゚以「ジョルジュ隊長、やっぱり……」




ミ,, ゚∀゚シ《ああ、自我を保ってるぜ》



 ブーンは頭部を背に収納し、肉眼と呼べる双眸で改めてジョルジュと見合った。
  


(; ゚ω゚)「ではどうしてクローン兵を喰った!? 獣染みた行為をどうして!?」



ミ,, ゚∀゚シ《……酷く》

162 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:13:29 ID:M92hnJG20


ミ; ゚∀゚シ《酷く、腹が減っててな、腹が。それに、喉も渇いてた。
      酷い渇きと餓えだった。思わず喰っちまったんだよ、アイツ等ならいいんじゃねえかって。
      クククク、中々美味いもんだぜ? 人の肉って。この体だからか、それともアイツ等が特別美味いのか知らねえが》


(; ゚ω゚)「う……ジョルジュ隊長……」


ミ; ∀ シ《なあブーン、お前には俺がどう見える? お前の鎧に映る俺は、醜い化物だ。
       人を平気で喰っちまえる化物だ! ウ、ク、クッククククク!!
       ああ! 喰い足りねえ! 喉も渇いた! ずっと我慢してたんだよ! 分かるだろ!?
       お前の血を流されてずっと縛り付けられたんだ!》

(; ゚ω゚)「……誰かを喰おうって言うのか……?」

 ブーンは思わず疑ってかかってしまったが、ジョルジュは邪な笑みを消して、フンと鼻を鳴らし、

ミ,, ゚∀゚シ《その口ぶり、やっぱり化物に見えちまうか》

 当然、ブーンは狼狽した。
 カマをかけられたと言えばそうなるが、試すにしても自虐的すぎる。
 しかし、そんな事をジョルジュに言えるはずもない。
 ジョルジュにとっては重要な問題だったのだ。

(; ゚ω゚)「ジョルジュ隊長、僕は、そんなつもりじゃ、」

 慌ててブーンは取り繕うが、

163 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:13:32 ID:KQZ47c8k0
実写版のブランカみたいなジョルジュさん!!

164 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:16:50 ID:M92hnJG20

ミ,, ゚∀゚シ《分かってる。分かってたさ。自我を保てようと俺は此処にいちゃいけねえって。
      俺は血に飢えた獣だ。獣は人と一緒にゃいられねえ。
      人を獣に変えちまう病気を振り撒く、セカンドなんだ》

 ジョルジュは困惑するブーンを宥めるように、落ち着いた調子で遮る。
 タチの悪いカマかけも、それは改めて確認しなければならない事だったのである。
 ブーンのように免疫と自分の身を守る力を持ち合わせる者であれば、自分のような化物とだって共にいられるのだろう。

 だが、ブーンが見せた懸念とは、非力な市民に対しての事であった。
 ジョルジュはそれを再確認し、脳裏に描かれ続ける友との別れを酷く惜みながら、静かに続けた。


ミ,, ゚∀゚シ《俺は、人とは相容れない存在なんだな》

(; ω )「ジョルジュ隊長……」

 ジョルジュの言葉は寂しげに響いた。
 今、彼の目には、相対する鎧が映し出す変わり果てた自分の姿がある。
 そして脳裏には恐怖を張り付かせたビロードの顔があった。

 仲間と呼んでくれた少年ですら、今の自分に怯えていた。
 手を差し伸べてくれる市民はいないのだ、そうジョルジュは悲観して止まなかった。

 だが、目の前の男だけは違う。
 見込んだとおりの男は、化物になった俺に対し、まず対話する事から初めてくれたのだ。

ミ,, ゚∀゚シ《ブーン》

ミ,, ゚∀゚シ《約束を果たそうと、来てくれたな。俺は、お前に……》

165 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:18:30 ID:M92hnJG20

ミ,, ゚∀゚シ《……感謝す――――》



ミ; Д シ《ぶっはぁあっ!?》



 突然、ジョルジュは夥しい量の血を吐いた。

 爪で傷つけないよう掌で胸と腹を押さえ身体を撓ませた。
 苦しそうに唸り続け、終いには膝を着き、尚も血反吐を足元に広げた。
 ぴんと張っていた翼も萎れたように閉じ、丸くも歪な背を激しく痙攣させた。
 大型の虫か何かが背中で蠢いているようである。

(;゚ω゚)「ジョルジュ隊長!!」

 ブーンは咄嗟に駆け寄り、背に触れようとした。
 だがジョルジュは腕で振りのけ、血走った目を向けて叫ぶ。


ミ; Д シ《その手で触るんじゃねえ!》

166 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:19:26 ID:M92hnJG20

(; ゚ω゚)「――そうか、抗体が……」

 抗体。セカンドにとって最悪の劇薬。
 重要な事を失念していたと気づき、ブーンは酷く動揺した。
 制御を忘れられた巨体は尻餅をついて、じっと腕を見つめた。

 配線、回線、配管を通り全身に巡る蒼き光、その動きは、指の関節部分で顕著に現れていたのだ。
 直に手で触ろうと抗体がジョルジュの身を焼くことはない。
 それでもジョルジュは、ブーンの持つブルーエネルギー、抗体が、恐ろしくて堪らなかった。

ミ; Д シ《そうだ。俺は、毒されていたんだ……ずっとな。お前の抗体は俺にとって猛毒だ。
      治療法でも抑制法でもない、ただの、毒だったんだよ。
      別にお前やツン博士を恨んじゃいねえ。こんな結果になるとは誰も思わなかったろうよ……》


ミ; Д シ《なに、その内良くなる。外の連中でも喰えば毒も抜けるはずだ》


ミ; ゚∀゚シ《……それが、獣になっちまった俺の、これからの生き方でもある……》


(; ω )「……ジョルジュ、隊長……」

167 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:21:55 ID:M92hnJG20

ミ; ゚∀゚シ《なあブーン。セカンドウィルスってのは、何なんだろうな。
      人智にも及ばぬ存在ってのは分かる。だが、我々人類にこれから何を齎す?》

ミ; ゚∀゚シ《一度は人類と文明を破壊し尽した存在が、今度は俺に力を与えている。
      傷つかぬ身体、車よりも速く走れる脚……空を飛べる翼。
      人が持たぬ人が望み描いた物を与えてくれるウィルスと考えるべきなのか?》

 そこで、ジョルジュは立ち上がり、しっかりと地に足をつけ、ブーンに問うた。


ミ,, ゚∀゚シ《ブーン。お前はどう思う》


(; ω )「……ジョルジュ隊長、僕は、」


(  ω )「僕は、ボストンで知った事がある。
      この世界に取り巻くウィルスは、禁断の果実に等しい存在なんだと」

(  ω )「邪な考えを持つ者が悪戯に手にすれば、たちまち悲しみと憎しみを生み出す代物と化してしまう。
      或いは、この禁断の果実を好奇心を抑え切れない弱い者の前に差し出せば、垂涎の思いで彼等は縋り付くかもしれない」

(  ω )「オットー・サスガは人類を成長をウィルスに願いもしたが、本当は違った。
      彼がウィルスを解明しようとしていたのは事実だが、彼は好奇心に屈服したに過ぎなかった。
      そう。ウィルスに可能性を求めたのではなく、強大な力を持つウィルスに依存しようとしていただけだった。
      それは大きな間違いだった。人として外れた道を行くものだった」

168 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:23:45 ID:M92hnJG20

(  ω )「僕はオットーを認めない。彼の考えを肯定すれば、生き残った我々人類の努力は全て水泡と帰してしまう。
      ジョルジュ隊長、今日までの貴方が抗ってきた努力の全ても、否定する事になる」

ミ,, ゚∀゚シ《ウィルスに非はないと考えるか》

(  ω )「僕が許せないのは欲望に狂った者全てだ。クローン兵とモララー・スタンレーは断じて許さない。
      そして可能性を食い破る地上の獣、セカンドが存在する事を許したくない」

(  ω )「両親の殺害したセカンドを殺すまでは……僕は死ねない」


( ^ω^)「…………或いは、貴方を治す治療法を見つけるまではね」


ミ,, ∀ シ《…………ハッ》


ミ,, ゚∀゚シ《泣かせてくれるじゃねえか、クソガキ》

(; ^ω^)「からかわんでください」

( ^ω^)「……ジョルジュ隊長、人の可能性は無限だと思います。歴史に学べば、その事は文字通り歴然だと分かります。
       人類は何度も障害にぶちあたってきたが、宇宙というステージにも飛びたてた。
       まあ、運悪くセカンドウィルスに出会ってしまいましたが……それは恨みますけどね」

ミ,, ゚∀゚シ《なるほどな》

169 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:25:23 ID:M92hnJG20

ミ,, ゚∀゚シ《だが、想像してみろ。人類がセカンドウィルスと付き合えるような未来が訪れたら、お前はどうする?
      現に俺とオットー……いや、ギコ・アモットがウィルスとの付き合い方の一つを確立させちまった。
      もしかすると、世界には俺のような人種が存在するかもしれねえ。この大陸にもだ。
      もし世界中が俺のような人間になっちまったら、お前やツン、ビロードは孤立しちまうかもしれねえぞ》

(; ^ω^)「ジョルジュ隊長、それは……」


( ^ω^)「それは僕にとっては何とも途方もなく、遠い未来の世界のように思えますお」


ミ,, ゚∀゚シ《はっはっは。だろうな。正直、毒さえ抜けりゃ俺は死ぬ気がしない。
      サイボーグのお前がこの先何年生きるのか、見ものだぜ》


( ^ω^)「はは……それにこうして、僕は貴方と友人のままでいられる。孤立してるだなんて思わないでしょう」


ミ,, ゚∀゚シ《…………ああ、互いに、な…………》


( ^ω^)「……貴方と殺し合いを演じずに済んだのは、本当にホッとしました」

( ^ω^)「……ジョルジュ隊長」

 ブーンは視線を落とし、長い髪で表情を隠し、声を震わせて続けた。

(  ω )「ジョルジュ隊長、僕は寂しい。そして不安です。
      過酷な地上で生きる事を強いられてしまった貴方の、これからの行く先々が、不安で仕方がない」

 弱弱しく呟くブーンに対し、ジョルジュは声を荒立てて返す。

ミ#゚∀゚シ《ああ? 舐めてンのか? 俺を誰だと思ってる? 軍人時代の俺の渾名を知らねえのか?》

170 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:27:07 ID:M92hnJG20


(  ω )「命知らずの」


ミ,, ゚∀゚シ《特攻野郎》

 ジョルジュは鼻を鳴らし嘲笑する。

ミ,, ゚∀゚シ《ったく、我ながら物騒な渾名をつけられたもんだ。
      誰が言い出したのか知らねえが、他になかったのかよ……クソが》

ミ,, ゚∀゚シ《生きるも死ぬも、ずっと命懸けだ。もう死に場所を決めてもらう必要はねえ。
      テメエに頼む理由も無くなった。これからは、俺自身が決める》


ミ,, ゚∀゚シ《……今はもう、肩から荷が下りたような気分さ……》


 偽りの夜空を眺め籠もった息を吐くジョルジュの顔は、どこか清々しく見えた。

 もう何の迷いもないのだろう。
 目の前に現れた新しい道を、ただただ歩いて行く。
 それは途方もなく危険に満ちた道程となろう。

171 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:28:39 ID:KQZ47c8k0
Aチーム!!

172 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:28:54 ID:M92hnJG20

(  ω )「…………」

 だが、彼なら歩いてゆけるだろう。

 老衰で眠るように死を迎える、そんな死に方に向かって。
 新しくスタートした人生を、決して無碍に終わらせぬ意味のあるものにしてしまうのだろう。

『セントラル』で生きる我々がそう目指すように、人ならざる姿となった彼も、きっと。


( ^ω^)「……分かりました」


ミ,, ゚∀゚シ《……ああ。俺はさっさと地上に出るとしよう。此処を汚す訳にもいかねえからな》


ミ,, -∀-シ《まあ……あいつ等にゃ、よろしく頼んだぜ》


( ^ω^)「残念ですが、それは引き受けられない頼み事です。
      外で生き永らえたいなら耳を鍛えるといい。そろそろ貴方の耳でも聞こえる頃でしょう」

173 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:30:04 ID:M92hnJG20

(  ω )「…………」

 だが、彼なら歩いてゆけるだろう。

 老衰で眠るように死を迎える、そんな死に方に向かって。
 新しくスタートした人生を、決して無碍に終わらせぬ意味のあるものにしてしまうのだろう。

『セントラル』で生きる我々がそう目指すように、人ならざる姿となった彼も、きっと。


( ^ω^)「……分かりました」


ミ,,゚∀゚シ《……ああ。俺はさっさと地上に出るとしよう。此処を汚す訳にもいかねえからな》


ミ,,-∀-シ《あいつ等にゃ、よろしく頼んだぜ》


( ^ω^)「残念ですが、それは引き受けられない頼み事です。
      外で生き永らえたいなら耳を鍛えるといい。そろそろ貴方の耳でも聞こえる頃でしょう」

174 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:30:57 ID:M92hnJG20

ミ,, ゚∀゚シ《ああ? 何を言って――――》

 バイクのエンジンが鳴らす甲高い音、それに混じり僅かに耳に入る聞き慣れた声。
 ジョルジュは溜息を吐きながら掌底で頭を押さえた。
 長年苦楽を共にしてきた仲間と一言も交わさず別れるというのは、我ながら水臭いとジョルジュは思っていた。
 しかしブーンの鎧に映る化け物の我が姿を、願わくば彼等にだけは見せずに去りたかった。


从 ;∀从「ジョルジュ―――――――――ッ! 無事か――――――ッ!?」


ガイル「隊長ォォォォ!! 隊長ォォォオオオオオオオオ!!」

(;'A`)「ちょっ! 暴れないでくださいガイルさん!」


ミ,, ゚∀゚シ《あの馬鹿共……》

 そして、例え彼等が送別を望みに来たとしても、その優しさに甘んじるつもりも無かった。
 腹に溜め込んだ思いはブーンに全て吐き出すつもりであったのだ。
 そうして吹っ切れた所に、仲間の情に触れれば、後ろ髪を引かれる思いを酷く味わうだろう。

 そう、思っていた。

175 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:31:37 ID:KQZ47c8k0
なんと?!

176 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:32:01 ID:M92hnJG20

(;´・ω・`)「ジョルジュさん!」

ノハ;゚⊿゚)「ジョルジュ!」

(;><)「ジョルジュさぁ――――――ん!!」


ξ;゚⊿゚)ξ「ジョルジュさん! ナイトウ!」


 続々と集まる馴染みある顔触れ。
 皆、化け物を見るような目をしておらず、まるで怪我を負った友人を見舞いに来たかのような表情だ。
 ビロードが本気で心配そうに見ている。

 どれもこれも、嘘のない顔だ。
 B00N-D1が憎たらしく笑んでいるを伺えば瞭然だ。


《ったく、面倒臭い連中に好かれちまったもんだな……》


 そう皮肉を浮かべ、ジョルジュは表情を悟られぬよう、髪で顔を隠した。


 ___

177 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:33:34 ID:M92hnJG20

 ―――――暗黒の空、荒廃した大都市。


 嘗て大都市が吐き出した空気に汚染された空は、もう殆ど回復しているようである。
 極まりなく広がる闇夜で輝きを放ち点々と存在する星々は、小さくも確かな存在感を放っている。

 そう感じるのは偽りの空に慣れていたからであろうか。
 任務といえば日の出と共に開始し、日没と共に帰還するのが大抵であった。
 屈強なパイロット、ジョルジュ・ジグラードですら、夜空に美しさを覚えたのはパンデミック以前に遡る。

 ジョルジュは奇妙な感覚を全身で感じていた。
 自分自身も暗黒の中の一部になるほどに暗いだろうに、明るい風景が見えた。
 何の変哲もない木々も、流れゆく雲も、星も。
 遠くに見える朽ちたビルやタワーですらも廃墟が醸し出す独特の破壊美として心を打つ。

 空気の流れすらも見えるのではないかと思えた。

 月明かり以外に照明を伴わない地上の、草木の息吹すら聞こえてしまいそうな静けさ故なのか。
 それとも、人ならざる存在と化した故の、新しい五感がそう見せているのか。
 いや、双方の賜物なのだろう。、
 ジョルジュは複雑な思いで白い息を吐いた。

ミ,, ゚∀゚シ《ブーン、お前はいつも、こんな風に外を見ていたのか》

 傍らで聞く他の者には意味の分からない言葉であった。
 ブーンは少し間を空けた後、頭を掻きながらジョルジュに返した。

178 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:36:28 ID:M92hnJG20

( ^ω^)「いえ……恥ずかしながら、そんなゆとりを持てずにいましたお。
      それに僕とアンタじゃ、違って見えるのかもしれませんし」

ミ,, ゚∀゚シ《そうか……なら、俺は色々見て回るとする。
      バトルスーツ無しで歩き回るのはもう御免だと思っていたが、空一つ見上げるだけでも乙なもんだ》

ξ゚⊿゚)ξ「旅、ですか……最初の旅先は決まってるんですか?」

ミ,, ゚∀゚シ《とりあえず、ニュージャージーへ向かおうと思う》

(;^ω^)「ニュージャージー……」

ξ;゚⊿゚)ξ「アタシ達の故郷を、ですか」

ミ,, ゚∀゚シ《お前らの次の探索場所だろうよ。新たな資源の発見を議会も期待するだろうし。
      俺にしか出来ない事があるかもしれねえ。まあ、何かあれば逐時報告するつもりだ》

 ジョルジュは手首に巻かれた携帯端末を見せて言った。

( ^ω^)「無茶だけはしないでくださいお」

ミ,, ゚∀゚シ《どうかな? どうにも無茶しちまう性分でね……まあ、肝に銘じておくよ。
      では、ニュージャージーで再会するとしよう、ブーン》

( ^ω^)「はい! その日を楽しみにしてますお!」

179 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:38:24 ID:M92hnJG20

春麗「ジョルジュ隊長、平穏な旅になるとお祈りします」

ミ,, ゚∀゚シ《お前とは一度も隊列を組んだ事がなかったな。残念だ》

春麗「何をおっしゃいますか。貴方には羽がありましょう。
   例えバトルスーツがなくとも共に空を飛べるではありませんか。
   いつか共に作戦が出来る事を願います」

ミ,, ゚∀゚シ《……そうだな、それは良いアイディアだ》

ガイル「隊長ォ……」

ミ,, ゚∀゚シ《ガイル……チーム・アルドリッチを頼んだぞ》

ガイル「……Yes,Sir!」

 ガイルは見事なまでに背筋を立たせ、微動だにせず敬礼し続けた。
 しかし堪えていた涙がここで流れ出し、顔といえば大の大人が見せる物とは思えぬほど破顔してしまった。 
 春麗も敬礼した。ガイルとは対照的に一筋の涙も見せず軍人然とした態度を見せている。
 泣きたいのは山々なのだが、春麗は自分が強い女である事を証明し、ジョルジュの門出を飾りたいのである。

 必死に敬礼姿勢を続けるガイル、春麗を見つめ、ジョルジュはハッと気づいた。
 今まさにこの時こそ、退役と呼べる瞬間なのだと。
 ジョルジュは五本の細長い爪をキンと鳴らして揃え、敬礼でガイルに応えた。
 もう軍服に身を包む事が叶わぬ異形の姿。
 しかし、敬礼するジョルジュの姿は、紛れもなく軍人のそれであった。

180 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:39:52 ID:M92hnJG20

 一斉に敬礼姿勢を解く。
 ガイルは涙を拭い、朗らかな笑顔を見せて言った。

ガイル「……隊長、故郷と文明が恋しくなったら気軽に呼んでくれ。バトルスーツで何でも届けてやらぁ」

ミ,, ゚∀゚シ《それは有難いなガイル。液体化食料はコーラ味、飲み物はビールだ。ホットドッグも忘れるなよ。
      これは絶対だ。無人の球場を眺めながら摘んでみるのが、今の俺のささやかな夢なんだよ》

 冗談かどうかはさておき、退廃した球場を独り占めにするジョルジュの堂々たる姿を思い浮かべると、
 ガイルは勿論、一同は口の端を吊り上げずにはいられなかった。

ミ,, ゚∀゚シ《ま、当分はショボンが詰めてくれた食料で恋しさを凌ぐとするよ》

 と、大きなリュックサックを持ち上げ、ジョルジュは呆れたような笑顔を見せる。

阿部「タッパーに俺の特製カレーも入れといた。最後に取っておけよ。
   じゃなきゃショボンの飯なんか食えなくなるぜ」

(´・ω・`)「黙れよ阿部さん。ジョルジュさん、少量ですが酒も入ってます。
      旅路の楽しみにして頂ければ幸いです。それこそ味は保証できませんがね」

ミ,, ゚∀゚シ《ハッハッハ。酔えりゃいいさ、酔えりゃ。酔えるのか分からないがな》

181 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:40:56 ID:KQZ47c8k0
ガイルの……ホット……ドッグ……ッ

182 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:42:24 ID:M92hnJG20

('A`)「ジョルジュさん」

 次に声を掛けたのはドクオであった。
 ドクオとジョルジュは、荒巻暗殺に関して些か遺恨を残した仲である。
 今日という日に至ったのも全て、ドクオが容疑を掛けていたモララー・スタンレーであったのだから、
 それを軽視してしまっていたジョルジュが複雑さを覚えたのは無理もなかった。

ミ,, ゚∀゚シ《ドクオ。お前には悪かったと思っている。お前は正しかった。
      これに関しては皆申し訳なく思っているだろう》

 いつになく、ジョルジュは悪びれた態度を見せながら言う。
 いや、もしかすると、こんな謙遜を見せるのは両チームの確執が始まって以来なのかもしれない。
 ドクオは照れくさく頭を掻いた。

ミ,, ゚∀゚シ《だがな、何か抱えている事があるんなら、遠慮なく言っちまったほうがいいぜ》

('∀`)「ご心配には及びません。強力な協力者がいますから」

( ^ω^)「何かあったら僕にも頼ってくれお、ドクオ」

('A`)「おう。ま、今はお前の修理が最優先だけどね」

183 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:44:18 ID:M92hnJG20

ノハ;゚⊿゚)「私の改造も忘れないでくださいね! 何かあったら駆けつけます! ジョルジュさん!」

(;´・ω・`)「ええい、耳元で喚くな! まだちょっとビビってるくせに!」

 と、ヒートはショボンの背後から顔だけを出して叫んだ。

ミ,, ゚∀゚シ《借りたままじゃ癪だ、レッドヘアー・リーパー。いつか借りは返すよ》

 爪をキンと鳴らして返したジョルジュ。
 ヒートは引きつった顔で、何度も頷いて見せるのが精一杯であった。


( ´Д`)「ジョルジュ君」

 次に口を開いたのは、モナー・ヴァンヘイレンであった。
 白衣、私服とラフな格好が並ぶ中、彼はやはりきっちりとスーツに身を包み場に臨んだ。

ミ,, ゚∀゚シ《総統閣下、アンタまで俺の送別なんかに付き合うなんてな。収拾はついたのか?》

( ´Д`)「一応カタはついた。安心してくれたまえ」

 ジョルジュの言う通り、モナーが送別に出向いたのは皆には意外な事だった。
 しかも護衛も伴わずにである。
 モナーは、ブーン達と同じく一人の友人として彼に別れを告げたかったのである。

184 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:47:17 ID:M92hnJG20

( ´Д`)「ジョルジュ君、すまなかった。私さえ、もっとモララーを疑っていれば……」

 それに詫びねばならぬのは他でもない自分だと、モナーは責め立てた。
 モナーは深々と頭を下げ、ジョルジュの言葉を待った。
 総統のその姿には一同驚いたが、護衛を付けずに内輪での送別にする事の意味を、これで理解した。

ミ,, ゚∀゚シ《頭を上げてくれ……総統、アンタにゃ感謝してるんだ。
      俺の為に居住許可を取り計らってくれたのはアンタだった》

ミ,, ゚∀゚シ《今回の件でもアンタは良くやったよ、総統。誰もアンタを責めたりしないさ。
      議会が綺麗になってよかったじゃねえか》

ミ,, ゚∀゚シ《セントラルを頼むぜ》

( ´Д`)「言われずともな。それが総統に祭上げられた、愚かな私の責務だ」

( ´∀`)「……だから、と言うのも変だが、いつでも戸を叩くといい。
      セントラル代表として君の帰りを歓迎しよう。
      ただし今日のように寒空の下になるのだろうが、肘を付けるテーブル、それにコーヒーさえあれば会話には事足りるはずだ」

ミ,, ゚∀゚シ《勿論、市民にゃ内緒でな。知られたら大変なスキャンダルだ》

( ´∀`)「はっはっは。いや、タフだね君は。見習いたいものだ。
       ジョルジュ君、良い旅になることを祈る」

185 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:49:12 ID:M92hnJG20

( ><)「ジョルジュさん!」

<_プー゚)フ「外に出るのはもっと先かなーって思ってたのに、まさか出れちゃったよ!」

 ひょこっとツンの影から出てきたのは二人の少年であった。
 エクスト・プラズマンとは直接面識のない者が大半だが、まず、父リレントの名が彼を何者か知らしめるのに役立った。
 そしてツンから彼との出会いの経緯を説明され、今回の作戦の功労者の一人であるエクストを皆は歓迎した。

阿部「エクスト、デカイ声出すんじゃない。穴倉の真上とはいえ、ここは外だぞ」

<;プー゚)フ「さ、サーセン! 先生!」

 しかし阿部だけは彼に厳しい。
 また悪戯な行動を起こさぬかと、エクストをずっと見張り続けていた。

 エクストは阿部に弟子入りを懇願したのだ。
 孤児であるエクストを思うツンの頼みもあり、阿部もそれを快く引き受けたのだが、
 当面は自分の店の店員としてこき使ってやろうと算段を立てているのを、エクストは何も知らない。
 そのケツを虎視眈々と狙っている事を、エクストは知らない。

阿部(……いや、青いな、まだまだ。もうちょっと先かね)

186 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:51:20 ID:M92hnJG20

(;><)「何だかわかんないんですけど、ゾッとしたんです!」

<;プー゚)フ「お前もかビロード! うおおお! 何かがここを狙ってる気がする!
       まさかセカンドか!? ブーン! 反応を捉えてるんじゃないのか!?

(;^ω^)「その反応を捉えないように静かにしてくれお」

ξ;゚⊿゚)ξ「とんでもなく元気なのと知り合ってしまったわね……」

<_プー゚)フ「お姉ちゃん!! 今日からラボで遊んでもいい!?」

ξ;‐⊿-)ξ「あーはいはい。好きに使いなさいな」


ミ,, ゚∀゚シ《ハッハッハ、こりゃ、ますます騒がしいラボになるな、ツン博士》

ξ;゚ー゚)ξ「本当にね。頭痛の種が増えたわよ」

 肩を空かすツンだが、実のところ満更でもなかった。
 様々な事情と境遇を抱え、入学すらままならないビロードがどのように同世代の友人と知り合うか、ツンは不安であった。
 エクストのわめき声に頭痛こそ抱えるだろうが、少なくとも、悩みの一つは無くなりそうだ。

187 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:52:03 ID:M92hnJG20

ミ,, ゚∀゚シ《ビロード、友達が出来たか》 

 ツンやブーンがそう安心するように、ジョルジュもまた安心していた。

 エクストという歳の近い少年と無邪気に戯れるビロードを見て、ジョルジュは嬉しそうに口元から牙を見せる。
 一種のPTSD患者のヒートや、年端のいかぬエクストは獣染みた彼に素直に怯えたが、ビロードは違った。
 先刻、ジョルジュに手を差し伸べられ恐怖したビロードであるが、今はもう陰りすら残っていない。

( ><)「はいなんです!」

 あどけない笑み。
 無邪気で人懐っこいビロードが見せていたものであった。

( ><)「でも、ジョルジュさん」

 ビロードはてってとジョルジュに駆け寄り、その小さな手を差し伸べた。
 

( ><)「ジョルジュさんもずっと友達なんです!」


 ビロードが、人ならざる人となったジョルジュに、握手を求める。
 差し出された小さな手を前にジョルジュは固まった。
 触れただけでウィルスに作用する強力な免疫の持ち主だ。
 触れる物を傷つけるシザーハンズの持ち主は、憂いと戸惑いを一緒くたに顔に出す。

188 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:54:15 ID:M92hnJG20

 どうしたらよいものか。
 どうすれば少年の偽りのない優しさに触れる事が出来るのだろうか。 

 悩むジョルジュより先に答えを出したのはビロードであった。
 袖に覆われた右腕を掲げる。
 それと対角して存在する、拘束衣に覆われた腕を合わせろ、と促している。
 奇しくもそこは、ジョルジュを散々に痛めつけたポッドが搭載されていた部位である。


ミ,, ゚∀゚シ《……ああ、そう言ったのは俺だったな。皆を大切にしろよ、ビロード》

( ><)「はい……!」


 腕と腕を合わせる、少年と異形の人間。

 それは誰の目にも感動的な光景に映った。
 ツンは目尻を拭い、ヒートですら感極まって涙した。
 ドクオとガイルに至っては恥ずかしげなく号泣する始末だ。

( ^ω^)(ジョルジュ隊長、ビロードの事、ありがとうございますお)

 ブーンは、ビロードの成長を誇らしく思った。

189 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:56:26 ID:M92hnJG20

('∀`)「へへ……じゃ、ここらで御暇させて頂きましょうかね」

ξ゚ー゚)ξ「そうね……別れは惜しいけど。ジョルジュさん、いつでもご連絡ください。
      我々チーム・ディレイクは喜んで貴方の生活をサポートします」

阿部「ショボンの店で一杯やるとしようか」

(´・ω・`)「そういう予定でしたしね。ジョルジュさんがご出席出来ないのは残念ですが……」

( ´∀`)「彼が飲まない分は私が責任持って飲むとする」

ノハ;゚⊿゚)「ええ!? そ、総統閣下が、いいんですか? 本当に」

( ´∀`)「議会員共が私を連れ戻すまではな。今日は私が奢らせてもらう」

<_プー゚)フ「ひょーっ! 太っ腹だぜ総統閣下ァ!!」

阿部「これ、言葉に気をつけんか」

 一同は賑やかな喧騒を振舞いながらエントランスへ向かった。

ミ,, ゚∀゚シ《さて……俺も行くとするかね》

 彼等の後ろ姿を一瞥し、ジョルジュは踵を返そうとしたが、車椅子に座るブーンがそれを呼び止めた。

( ^ω^)「待てお、ジョルジュ隊長」

ξ゚⊿゚)ξ「このまま黙って行くつもりなら許しませんよ?」

190 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:58:19 ID:KQZ47c8k0
しぇん

191 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 19:59:08 ID:M92hnJG20

ミ,, ゚∀゚シ《……ああ?》

ガイル「そうだ、水臭いぞ隊長」

春麗「まさか、忘れてた、だなんて言わせませんよ?」

ξ゚ー゚)ξ「ってわけで、後は二人に任せてアタシ達も戻りましょうか、『セントラル』に」

( ^ω^)「ああ、これ以上はヤボってもんだお」

 意味深な笑みを見せて去りゆく4人。
 別れを飾る最後としては味気なく、ここに来て憎たらしささえ覚えるものだが、
 森の奥から近づいてくる気配に気づいて合点が行った。

ミ,, ゚∀゚シ(……ったく、二人きりにさせようってか?)

 学生の甘ったるい恋愛か、冗談じゃない。
 意図的に用意されたシチュエーションに、ジョルジュは心中で毒づく。
 しかし、それより気になる事があった。

192 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 20:01:01 ID:M92hnJG20

 思えば何故、今まで姿を見せなかったか。
 第4階層で起こした騒動に収拾つけているとは、モナーがここに登場した事で思えぬし、
 IRON MAIDENの不具合だと責務を問われているのなら、今頃ツンだって議会にしょっ引かれていたはずだ。

 そうであれば、そのけったいな紅いドレスを着飾る為に時間を割いていたのか。
 確かに、普段白衣ばかり来ている彼女とは見間違えるほど美しい。
 歳も離れているせいか、これまで女という風にあまり意識して見ていなかった分、この時に限っては胸が揺らいだ。

 しかし人ではない自分が、彼女に対し女として好感を抱いてよいものか。
 背徳的とも言える罪悪の念が押し寄せる。

 ジョルジュは交錯する胸中から何と声を掛けていいのやら言葉を見出せず、押し黙った。
 そんなジョルジュを見かね、彼女はいつものようにぶっきら棒に、始めた。


从 ゚∀从「よう。何だよその顔。どうせおかしく思ってんだろ、私がこんなドレス着ててよう」

 いつも通りのハインリッヒであった。
 呆気に取られたジョルジュは必死に無表情を保ち、同様に返した。
 どうしてか分からないが、無様に取り繕うような姿だけは絶対にハインリッヒには見せたくなかった。


ミ,, ゚∀゚シ《仰る通りだハイン。なまじ白衣ばかり見ていたんでな。こっちが恥ずかしくなっちまう》

 と、何とか演じきってジョルジュは安堵する。
 いつも通りだ。送ってきた日常と何ら遜色のない、慣れたやり取り。

193 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 20:02:16 ID:M92hnJG20


从 ゚∀从「……そんなに似合ってないか?」

 しかし、ハインリッヒが見せたのは、日常と懸け離れた姿であった。
 それは身に纏うドレスとよく似合う女そのものの表情、物腰。

 あの男勝りなハインリッヒがどうして女らしい。
 流石のジョルジュも面を食らいつつ、なるほど、二人きりにしたのはこういう事かと納得する。
 確かにツン・ディレイクあたりには見せれぬ姿だ。

 ならば、その配慮に甘んじようではないか。
 ジョルジュは意を決して口を開いた。

ミ,, ゚∀゚シ《……似合ってるぜ。そうしている方がいいとすら思う。
      いや、違うな。戦う女と知ればこそ、そう思うのかもしれないな》


ミ,, ゚∀゚シ《綺麗じゃないか、ハイン》


从 ゚∀从「そっか……そりゃ、良かったな……へへっ」

194 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 20:04:56 ID:M92hnJG20

 
ミ,, ゚∀゚シ《ああ。俺みたいな化け物なんかにゃ、勿体無いくらいだぜ》


从 ∀从「化け物なんて、そんな事言うなよ」


ミ,, ゚∀゚シ《だが、事実だ。俺は、お前とはもう一緒にはいられない。
      その姿を見れただけで幸せ者なんだろう。ああ、目に焼き付いたさ。
      瞼を閉じれば見えるのはきっとペニー……死んだペニーではなく、今のお前だよ》

ミ,, ゚∀゚シ《それで俺は、充分だ。この先充分、やっていける。
      お前の為に必死に生きていけるさ》


从 ∀从「……キス」


ミ,, ゚∀゚シ《……なんつった?》


从 ゚∀从「キスしろ。そうすりゃ信じてやる」


ミ; ゚∀゚シ《そ……そんな事できるか! 俺は感染者だぞ!?
      たちまちお前も仲間入りだぜ!?》

ミ,, ゚∀゚シ《できるか……そんな事……手だって握れやしねえのに……》

195 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 20:06:17 ID:M92hnJG20

从 ゚∀从「へえ……じゃあ、してえんだ? キス。私と」

ミ,, ゚∀゚シ《したいしたくないの話をしてるんじゃない、出来ないと言っているんだ。
      仮にお前が化け物になりたいんだとしてもだ、それは頼めない注文だ》

ミ,, ゚∀゚シ《お前の双肩に『セントラル』が掛かってると本気で思ってるんだ、俺は。
      それを俺やお前の色沙汰で蔑ろにしてしまえば、あいつ等に何て説明すりゃあいいんだ》

从 ゚∀从「んな事ァ分かってるよ。だからな、感染しないようにしてもらったんだよ、ツンに」

ミ,, ゚∀゚シ《感染しないように……?》

从 ゚∀从「忘れたか、ビロードの免疫」

ミ; ゚∀゚シ《……お前、まさか、その為に……」


从 ゚∀从「ドレスくらい私だって持ってらぁ。議会の連中におべっか使ったり苦労してんだぜ?
      ダンスパーティに浮かれた少女みてーに長い時間鏡に向き合ってたんじゃねえさ。
      抽出した免疫が有効かどうか、テストしてたんだよ、この身を持ってな」


ミ; ゚∀゚シ「ば、馬鹿かテメエ!? 無茶なマネしやがって! 本当にセカンド化しちまったら――」

196 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 20:08:58 ID:M92hnJG20

从 ゚∀从「セカンド化しちまったら、しちまった。そのくらい覚悟しての事さ」

 ハインリッヒは不敵な笑みを浮かべ、ジョルジュにゆっくりと歩み寄った。

 豊満な胸をボロボロに化した白色の装甲にあてがい、爪先を立てて顔を近づける。
 痛々しく変異したジョルジュの首に、ハインリッヒが腕を回す。
 吐息が頬に触れ合うのを二人は感じた。

 透け通るような白い頬を持つ美女。
 蒼白く染まる頬を持つ吸血鬼のような醜い男。


从 ゚∀从「お前とは、命懸けになるくらいが、調度良いんだよ」


 赤いルージュに彩られた唇が、牙を隠せぬ唇に重ねられた。
 舌を交わせるような接吻ではなかったが、月明かりの下交わされる禁断の関係とあれば、これを置いて何を情熱的と言えようか。
 ジョルジュも、ハインリッヒも、例えようのない恋情を、しばし共に感じ合った。

197 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 20:10:33 ID:M92hnJG20


 しかし、ジョルジュは気づいたようにハインリッヒを離した。
 そして逃げるように翼をはためかせ、空へ上がった。


从 ゚∀从「ジョルジュ……?」


 戸惑うハインリッヒを上空から見つめながら、声を飛ばした。

ミ,, ゚∀゚シ《だめだ! こりゃクセになっちまう!》


 思わぬ言葉にハインリッヒは大いに笑った。
 月を背景に浮かぶジョルジュに向かって叫ぶ。

从 ゚∀从「いいんだぜー!? 帰って来たければいつでもよ!」


ミ,, ゚∀゚シ《お前に甘えに帰ってきてると知れりゃメンツが立たねえよ!
      ブーン達ディレイクやガイルに笑われるのは癪ってもんだ!》

从 ゚∀从「はははっ! それは同感だ!」

198 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 20:12:07 ID:M92hnJG20



ミ,, ゚∀゚シ《……ハイン、さようならは言わないぜ》



从 ;∀从「……ああ! 元気でな! 死ぬんじゃねえぞ!!」



ミ,, ゚∀゚シ《死んでたまるかよ!だけどな! お前がババアになる頃に治療法が見つかるのはゴメンだぜ!》



从 ;∀从「言うこと欠いてそれか!? バーカ!!」



ミ,, ゚∀゚シ《ハハッ!》

199 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 20:13:02 ID:M92hnJG20


ミ,, ゚∀゚シ《――――! ――!》


 最後の言葉は、翼がはためく音で掻き消えていたかもしれない。
 だが、もう言葉を交わさずとも想いは伝わるだろう。
 塞き止めていた涙が溢れ嗚咽を漏らすハインリッヒは、だから笑っていた。


 月明かりを受け、異形のシルエットが浮かぶ。


 翼を今一度大きく開閉し、尾を振り、獣の唸りを勇猛に響かせた。

 そして、そのちっぽけな黄色の背景から飛び出て、あっという間に暗闇の中に溶け込んでいった。



从 ゚∀从「神よ、どうか……ジョルジュを……」

 ハインリッヒは涙を拭い目を凝らして行方を追い、そして祈った。




 暗黒の街に身を投じた、愛する者の――――願わくば、永遠の平穏を。



.

200 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 20:16:34 ID:M92hnJG20









「ククククク、ハハハハハハ………………」







爪;'ー`)y‐「ハーッハッハッハハハハハハハハ!!!」


.

201 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 20:17:33 ID:M92hnJG20


爪;'ー`)y‐「ジョルジュ! よくぞやってくれた! よくぞ見せてくれた!
       フハハハハハハハッ! やはり私は正しかった!
       私の見立て通り! セカンドウィルスとは意思で制御できるものであった!」


爪;'ー`)y‐「屈強なる意思……それこそが真にウィルスを制御する力……!
        出会い唐突ゆえ人類は虚を突かれたが、次は違うぞ!
        もはやホライゾン・ナイトウもビロード・ハリスも、ウィルスを殺す力など必要ない!」



爪'ー`)「セカンドウィルスは我ら人類に、光明を見せてくれよう!!」



 『セントラル』の街並みを捉えた映像に言い放ち、フォックス・ラウンジ・オズボーンは燻る煙草を握り潰す。
 火種の熱さを忘れてしまう熱い情熱が胸を焦がす。
 どんな美酒を持っても味わえぬ陶酔感に、フォックスはしばらく酔いしれた。




                                                第38話「美女と野獣」終

202 ◆jVEgVW6U6s :2012/03/01(木) 20:20:37 ID:M92hnJG20
以上、第38話でした。お疲れ様でした。

次の投下は未定です。
4月に開催されるブーン系タッグバトルに参加しますので、
もしかするとそちらのほうに集中するかもしれません。

だけど今月中にもう一話投下したいところ・・・!

203 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 20:33:25 ID:KQZ47c8k0
乙でした!!

自分のペースで続けて下せぇ

204 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 21:32:10 ID:qWkLdB1EO
乙!ハッピーエンドで良かった……!
最後の別れは思わずニヤリとしちゃったよ

205 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 22:38:16 ID:cymmXAtkO
よかった!誰も死ななくて。
ジョルジユが人の心を持ったままでいられて。
この先保っていられるかはまた別の話だろうが。
ブーンも旅先でジョルジュに会って協力できるといいな。
美女と野獣の演出、にくいねぇ。

206 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 23:36:54 ID:q0IeuEmY0

いい話をありがとう

207 名も無きAAのようです :2012/03/01(木) 23:49:32 ID:58z0kRVg0
この絶倫め!!

208 名も無きAAのようです :2012/03/02(金) 00:11:24 ID:KIvys34gO
乙!
ジョルジュ隊長格好良すぎ。人の心が残っててよかった
でもフォックスはやっぱり見てたんだな……毎度の事ながら何とも言えない読了感だよ

いよいよ物語合作の続きかな?楽しみにしてる

209 名も無きAAのようです :2012/03/02(金) 03:41:20 ID:cQn7Fv26O


210 名も無きAAのようです :2012/03/02(金) 05:04:14 ID:39iq8gSUO
乙!

211 名も無きAAのようです :2012/03/09(金) 09:21:39 ID:DF7EWmyIO
>>111
ブーン系でイクラちゃん版を昔見た記憶がある
なんだっけ…

212 ◆jVEgVW6U6s :2012/03/22(木) 02:06:42 ID:cTi871Zg0
>>211
たぶんワードナかと。
あの最低なあらすじが大好きでついパクっちゃいました

今月投下は厳しいです。その内またドバッと立て続けに投下致しますん

213 ◆jVEgVW6U6s :2012/04/05(木) 03:31:22 ID:CkB5Pck60
凄く今更なんですが>>82>>83の間に凄く大事なレスを入れ忘れたようです


(#゚∀゚)「この俺に同情してんのか!? ああッ!?
     免疫持ちのテメェなんかにゃわからねえさ! 俺の気持ちなんかよ!
     俺は感染している! じきに化け物になっちまうかもしれねえ!
     違う……! 俺はもう、人間離れしちまった化け物なんだよ……!」

 フェイスカバーの奥で、人ならざる瞳が一層赤みを増して輝いた。

(;><)「…………わかんない、です………」

(#゚∀゚)「だろうよ。二度とそんな目で俺を見るんじゃねえ、クソガキが!」

(;><)「で、でも!」

(;><)「……ジョルジュさんも友達が出来ないって事は……分かるんです……」

(#゚∀゚)「…………」

( ゚∀゚)「…………そうだったな……」

 ジョルジュはビロードを離し、彼の目線まで膝を折る。
 涙で少し潤みのある無垢な目を見つめながら、ジョルジュは彼の肩をそっと手を乗せて言った。

( ゚∀゚)「悪かった、ビロード。本当にすまなかった。
     俺達、仲間なのに酷い事言っちまったな……許してくれ」

(;><)「いえ、そんな! 僕はその……僕なんかの為に皆戦ってくれて、
      何て言ったらいいのか、その……わ、わかんないんですけど、その、」

214 名も無きAAのようです :2012/04/24(火) 07:22:10 ID:yehQAbU.O
>>212
あぁ、ワードナかスッキリした
久しぶりに読んでみるかなサンクス

215 名も無きAAのようです :2012/10/19(金) 18:34:52 ID:rOrA3ttQ0
前回の投下から半年以上か(´・ω・`)

216 名も無きAAのようです :2013/03/14(木) 09:50:22 ID:nEMls4oQ0
もう飽きたのかな

217 名も無きAAのようです :2013/05/11(土) 19:54:08 ID:pxH3DNDY0
もう1年かー

218 名も無きAAのようです :2013/05/14(火) 09:08:42 ID:QHdAt.O.O
まってる

219 名も無きAAのようです :2013/06/12(水) 18:03:29 ID:M6Zdb4S.0
ばあさんや、続きはまだかの

220 名も無きAAのようです :2013/06/15(土) 02:34:13 ID:6z9xYnaI0
じいさん1年前に読んだでしょう

221 名も無きAAのようです :2013/10/16(水) 01:04:34 ID:UACRAI5EO
1年半か……
生存報告ぐらいはそろそろ欲しいところ

222 名も無きAAのようです :2013/10/25(金) 18:33:27 ID:6zXmPcSY0
タッグバトルこけてやる気無くなってしまったんかな
続き読みたいわ

224 名も無きAAのようです :2013/10/30(水) 04:05:20 ID:5cjo/vXAO
続き期待

225 名も無きAAのようです :2014/02/08(土) 04:07:53 ID:P8KE9oJsO
ageイトーイ

久しぶりに読み返してる
続き待ってるぜ!

226 名も無きAAのようです :2014/02/08(土) 16:57:09 ID:2DleYPvIO
上がってるから続きが来たのかと
待ってるぜ

227 名も無きAAのようです :2014/04/09(水) 14:35:26 ID:SXyWvcGI0
はよ!

228 名も無きAAのようです :2014/04/10(木) 21:34:45 ID:udEu8BGM0
でも今復活してもかつてのまとめサイトが軒並み停止してまとめてもらえないのが悲しいところだよな

どっか拾ってくれんのかね?

229 名も無きAAのようです :2014/06/10(火) 16:01:48 ID:NjivbuncO
意欲的に更新してるまとめに頼んで見るとか
自分が使ってるまとめの中じゃ、今でも週1更新してるブンツンドーとかやってくれるかも
まぁそれもこれも作者が帰ってこないことには意味がないが・・・

230 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 05:54:57 ID:qq8q1xQQ0
久々に読んだらやっぱり面白かった
全体的にクオリティ高いし、続きが楽しみだったんだけどなぁ

231 名も無きAAのようです :2014/11/30(日) 14:53:50 ID:PL5awNdU0
追い付いたー
面白かったです

またいつか、続きを楽しみに待ってます!

232 名も無きAAのようです :2015/06/08(月) 15:40:06 ID:4VLQG/.oO
もう3年も経ったのか…

233 名も無きAAのようです :2015/08/04(火) 04:28:23 ID:7GgriaN.0
飽きちゃったのかなあ...

234 名も無きAAのようです :2015/08/04(火) 21:24:09 ID:gxMq2CjA0
あげんじゃねえよ天かす野郎

235 名も無きAAのようです :2015/08/14(金) 08:08:21 ID:mqg4iSCw0
うるせえよ

236 名も無きAAのようです :2015/08/14(金) 17:28:07 ID:7W8UaryA0
邪魔になるから無意味に上げんな

237 名も無きAAのようです :2015/08/14(金) 17:29:07 ID:B3ddVe0k0
天かすだけに揚げるなってか

238 名も無きAAのようです :2015/08/14(金) 17:46:08 ID:a/1cdRFEO
て、天かすは美味しいんだなぁ

239 名も無きAAのようです :2015/08/20(木) 01:22:46 ID:vV9uinwU0
作者はボカロ上げたりライブしたり音楽ばっかやってるからな、残念ながらもうこっちに興味ないんだろうな・・・

240 名も無きAAのようです :2015/08/20(木) 01:42:08 ID:ve1CaC0E0
また天かすが沸いたか

241 名も無きAAのようです :2015/09/27(日) 07:14:19 ID:Vvtr0cm.0
揚げたてやで

242 名も無きAAのようです :2015/09/28(月) 18:30:57 ID:wO7s2T8Q0
パリパリ〜

243 名も無きAAのようです :2015/09/30(水) 20:06:49 ID://WhTG5Y0
うまそう
蕎麦にかけたい

244 名も無きAAのようです :2016/02/19(金) 14:46:57 ID:K8DfRz7k0
スマブンにイトーイ出ないかな

245 ◆jVEgVW6U6s :2018/08/18(土) 23:27:46 ID:C64hHLno0
お久しぶりです。
まじでどのツラ下げて帰ってきたんやって感じですが・・・

ファイナルの方で続けていきますので、良かったらお付き合いくださいませ。
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/21864/1534598345/


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

干物妹! うまるちゃん 1 (ヤングジャンプコミックス) - サンカクヘッド

FPSは・・・遊びじゃないんだよ!!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板