したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

ネタ捨て場のようです

1 名も無きAAのようです :2011/11/20(日) 16:21:22 ID:q80dHHtA0
*ここは形にならなかった、または完成できなかったネタ(プロット、設定、仕掛け)などを書く場所です。
 あまりに一般的で王道的なプロットや古典のパロディなどもおkです。

*ここに書かれたネタの再利用は自由です。利用する際、このスレからとったことを明記する必要はありませんが、
 書いておくと揉め事を避けられるかもしれません。加工、重複利用、など使用に制限はありません。


    ∧ ∧___
   /(*゚ー゚) /\
 /| ̄∪∪ ̄|\/
   |  ネタ   |/

2 名も無きAAのようです :2011/11/20(日) 16:28:54 ID:j1ZzKemw0
嘘予告と一体どう違うんでしょう

3 名も無きAAのようです :2011/11/20(日) 16:58:59 ID:cRZxD1rY0
こちらでは捨てられた子供達を引き取る事が出来ます
つまり義妹、そう、妹が出来るのです。素晴らしいですね

4 名も無きAAのようです :2011/11/20(日) 17:21:33 ID:7UPPDfSA0
>>2
設定作ったけど話が思いつかないよ!

ええい!ここに捨ててしまえ!

数日後

ん?こんなところに素晴らしいアイデアが!

どうせ捨てられたゴミだし、俺が使おう!

5 名も無きAAのようです :2011/11/20(日) 20:21:11 ID:Wi227bqQ0
いいな

6 名も無きAAのようです :2011/11/20(日) 20:23:04 ID:wIx/vkn.O
プロローグと第一話の始めまで書いたけどボツにしたやつをそのまま投下していいの?

それが誰かの義妹になるの?

7 名も無きAAのようです :2011/11/20(日) 20:35:48 ID:uvAHdxqw0
とんでもないじゃじゃ馬じゃなければ拾ってもらえるかもしれません

8 名も無きAAのようです :2011/11/24(木) 19:18:07 ID:9Ukp.AnY0
( ^ω^)勇者のようです(仮)
魔物の間に生まれた人間の勇者の物語

思いついたはいいけどどうにも使えそうにないんで投棄

9 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 09:26:57 ID:O3B5.iVEO
>>8
妄想が瞬く間に広がった
書いてみたいんだけど何か細かい設定とかあったりする?

10 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 11:52:52 ID:dygeZ78Y0

①、死者の魂は「渡し守」の運転する「獄営バス」で地獄裁判所に運ばれます

②、獄営バスは魂を地獄裁判所に運ぶためのバスなので、途中停車も引き返しもありません

③、獄営バスは「運命」による予約制なので、「運命」から外れた死者は「民間のタクシー」を利用します

④、タクシーは地獄裁判所に行くことも、途中停車することも、引き返すこともできます

※引き返す場合は地獄裁判所からの経費が下りないため、運賃は自己負担となります。

⑤、爪'ー`)y‐は地獄で唯一のタクシー運転手です。


爪'ー`)y‐コ人タクシーのようです。


運命から外れ死んでしまった人が、フォックスのタクシーに乗り
色んなことを話考えながらそのまま死ぬか生き返るかを悩む話を考えていた


現世媒体師に近いコンセプト
俺自身が多様な人間模様を書くほど引き出しが無い←最重要

この二つの理由からまったく書き溜め出来ずにいたんだけど
個人と故人と狐人をかけたタイトルとかなんか気に入ってしまってるので
もしかしたら誰か拾って書いてくれんだろうかと思って捨ててみる

11 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 11:57:39 ID:I2ryD2R.0
拾ったネタを試し書きしてここに投下しても面白いかもな

12 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 12:06:18 ID:ZeOK9/AE0
こういう主人公がホストになって色んなゲストのエピソードを展開するオムニバス形式の話を
根本的で重要な設定だけ定めて色んな人が書いたら結構多様なものが出来るんじゃないかしらと思ってみたり

13 ◆XPmQ5mHBTk :2011/11/25(金) 12:38:13 ID:hJtUkcgc0
>>10
ちょっとシベリアに投下してみていいかな?

今日21:00位に

14 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 12:59:46 ID:dygeZ78Y0
>>13
マジか、期待するぞ期待しちゃうんだぞ
是非是非活かしてやってくらはい

15 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 13:12:38 ID:dygeZ78Y0
>>13
ところでそのトリって初めて使った?
検索したらブーン系無しで正直不安な結果が出まくったんだけど

16 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 13:33:01 ID:gWWIetS.0
>>15
ただの酉被りだと思うけど、変えた方が良いだろうね

17 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 13:41:44 ID:hJtUkcgc0
>>15
んにゃ?今の自分の状況をトリップにしただけだが…

不安なら変えるぜ!

18 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 13:45:53 ID:hJtUkcgc0
>>15
書き方悪かったねゴメン
使ったことはないよ、>>16のいう通り只の酉かぶりでする



ふむ、ならちょっと待ってて
専用の酉作ってくる

19 ◆TAXI/8MPvs :2011/11/25(金) 13:54:23 ID:hJtUkcgc0
これでどうだ

20 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 14:18:12 ID:G0a5jTbo0
タクシーとか分かりやすいトリだな

21 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 14:18:20 ID:qztvZlc60
なんでもなかったかスマソ
トリの検索結果がカオスだったのと反応早かったのもあって釣られてんのかと

実にタクシーだ
投下楽しみにしてる

22 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 14:19:51 ID:qztvZlc60
俺ID変わっとりますやん(´・ω・`)

23 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 14:24:55 ID:hJtUkcgc0
>>20
まあ作成ほやほやの酉だから被りはないと思うのでこれでいきます

>>21
あまりプレッシャーかけんなww
釣りではないが期待に添えるかわからんよ

24 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 15:24:05 ID:nPS3X99.0
どっかの嘘予告に投下したやつの設定を置いていくぜ

( ^ω^) 糸繰り人形       ξ ゚⊿゚)ξブーンの主
('A`)ダッチワイフ         (´・ω・`)ドクオの主
(゚、゚トソン 身代わり人形       ( ・∀・)トソンの主
( ´_ゝ`) (´<_` )パペット 从 ゚∀从流石兄弟の主
川 ゚ -゚)着せ替え人形        ( ´∀`)クーの主
ノハ ゚⊿゚)カラクリ人形        (*゚ー゚) ヒートの主

 とある町を恐怖のどん底に突き落とした連続殺人事件の犯人を追う為に造られた、人間サイズの人形とその主の話
人形は話せるし、普通の人と大体同じくらいには動ける。
人形使いと契約したら、身代わりだとか人形の持つ特性が生かせる、みたいな

なんか色々考えはしたんだが、結局俺には書けなさそうだから誰か貰って書いてくれるといいなーと思う

25 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 15:28:19 ID:nPS3X99.0
元ネタ、トワイライトシンドローム

川 ゚ -゚) がユカリ
lw´‐ _‐ノv がチサト
o川*゚ー゚)o がミカ    みたいなイメージ

 基本的にキュートが胡散臭いオカルト情報持ってきて、嫌々ながらもクー達が夜の学校とか神社を探検するって話
正直キャラ当てはめて、肝心の中身は全く考えてなかったから捨てに来ました

26 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 15:32:49 ID:nPS3X99.0
これは書いてもらったんだけど、まぁ別に誰が何回書いてくれてもいいだろうって事で一つ。

( ^ω^)カラーのようです(仮)
「色」から属性を引き出せる人間がいて、その力を使って色々する話。
赤だったら火、水色なら水、黄色なら電気、みたいな感じ。

力の威力は、引き出す「色」の範囲によって変わる。

で、自分が使える「色」は一色だけ。
しかもその属性の「色」がついてるものに触れてなきゃ力は使えない。

途中まで考えてたのだと、

川 ゚ -゚)『青』=氷
('A`)『紫』=毒
ξ ゚⊿゚)ξ『黄』=電気
( ´_ゝ`)『水色』=水
(´<_` )『緑』=風
(*゚∀゚)とノハ ゚⊿゚)『赤』=火

( ^ω^)未定   (白?)

何回もスマンかった、誰か拾ってくれるといいな

27 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 15:48:20 ID:tDnAT13AO
>>26
その書いてもらったのってなんて作品?読みたい

28 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 16:51:06 ID:tho6Ypjk0
>>24
正直これめちゃくちゃ見たいんだよ

でもある程度のプロットはしてみようかなと思う
本気で行けそうだったらいつか投下させていただきます

29 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 17:13:40 ID:NiXLWDTA0
>>28
wktk

30 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 17:17:59 ID:DSnY0.nE0
>>9
特に設定とかは考えてない
妄想が爆発しすぎて手に負えないのでお好きに

31 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 17:25:47 ID:DSnY0.nE0
>>26
その設定に+αとして宝石を足してみては如何だろうか
ちょっと前に考えては見たがバトル物が書けない…

誰もが持つ宝石
キンバーライト ダイヤ母石
ダイヤ・金剛石・透明
アレキサンドライト・金緑石
それぞれが持つ石
赤・ルビー・紅石
橙・ガーネット・柘榴石
黄・トパーズ・黄石
緑・エメラルド・翠石
青・サファイア・蒼石
藍・アクアマリン・藍石
紫・アメシスト・水晶石
黒・オニキス・瑪瑙石

32 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 17:37:00 ID:G0a5jTbo0
人形使いっていう作品が芸にあったきがす

33 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 18:10:24 ID:O/nMFXP.0
【+  】ゞ゚)吸血鬼ハンターのようです(仮)

人の血を吸う者を吸血鬼、彼らを狩る者をハンターと呼んだ
主人公のオサムは人と吸血鬼のハーフ、今まで人間側にも吸血鬼側にもついていなかったが
吸血鬼に襲われている人間を助けてしまったため、吸血鬼側から狙われてしまう

吸血鬼なので身体能力は常人を遙かに超えるが、血を吸わない間はあまり力が出ない
母親が人間であるため、今まで血を吸わずにトマトジュースだけで生きていたが
それでは吸血鬼にもハンターにも勝てない

そのとき助けた少女から「死なない程度なら血を吸ってもいい」と言われ
初めて人間の血を吸うことに。そこで自身の能力が覚醒し、襲ってきた吸血鬼たちを圧倒する

少女と共に、ハンターと吸血鬼、どちらからも命を狙われる逃亡劇が始まる
ところが旅を続ける内に、吸血鬼と人間たちが影で繋がっていることを知り……


的なものを考えた

34 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 19:38:42 ID:O3B5.iVEO
>>27
( ^ω^)Palette Colorのようですってやつ
ななばつにまとめられてる

http://nanabatu.web.fc2.com/boon/Palette_Color.html

>>28
もらってくれたら嬉しい、俺も読みたいし

>>30
分かった、ちょっとプロット作りながら考えてみる!

>>31
宝石の知識がry
まぁ、拾ってくれる人がいたらその人に委ねるよ

>>32
うわ、初めて知った
ネタ完全に一緒だ…

35 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 19:50:25 ID:S/xbw1as0
>>32
これだね
( ^ω^)ブーンが人形使いになったようです
ttp://boonsoldier.web.fc2.com/doll.htm
確かに結構似てるけど、個人的にダッチワイフのドクオがみたいので>>24も読みたい

36 ◆TAXI/8MPvs :2011/11/25(金) 20:26:32 ID:Hw7yUJu60
(´・ω・`)シベリアもしかして調子悪い?

37 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 20:53:17 ID:tho6Ypjk0
>>32
本当だ
頑張って少しだけ変えてやってみる

38 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 21:33:25 ID:ObyD7G120
>>36
おれも人大杉ってなった

39 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 21:37:40 ID:3sh0YfRc0
VIPは復活したが今度はシベリアか

40 ◆TAXI/8MPvs :2011/11/25(金) 21:41:52 ID:Hw7yUJu60
ああああ投下途中だたのに

41 名も無きAAのようです :2011/11/25(金) 21:52:44 ID:ObyD7G120
donmai

42 ◆TAXI/8MPvs :2011/11/25(金) 23:59:05 ID:Hw7yUJu60
むぅ…朱鷺鯖復活しないなぁ…

一応明日の10:00位まで待ってシベリアが復活しなかったら創作板の方にお世話になろうかと思ってます

一応連絡しときます

43 名も無きAAのようです :2011/11/26(土) 01:20:52 ID:GUstzl6M0
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/siberia/1319164400/l50
戻ったそうです

44 名も無きAAのようです :2011/11/26(土) 15:36:27 ID:gwiTtKowO
ここでもらった義妹書き出したんだが、しばらく書けなかったのに結構さくさく進む

45 名も無きAAのようです :2011/12/05(月) 00:19:45 ID:Tt88NiUc0
人間界から遠く離れた”王”の国『ザ・キングダム』、ここには様々な天の王を中心に様々な王が住んでいる。

キャラクター
( ^ω^) ”地平線上の肉”こと『地の王』ホライゾン。主人公、ピザデブ

ξ゚⊿゚)ξ ”絶壁の花畑”こと『花の王』ツンデレ。ヒンヌー、最近自分の会社の洗剤が売れなくて悩んでいる。

( ФωФ)”冷血非道”こと『魔の王』ロマネクス。二つ名がパクリ、そんなに強くない。

ノパ⊿゚) ”ファイヤーウォール”こと『焔の王』ヒート。ヒンヌー、ツンと仲が悪い

('A`) ”たかし”こと『孤の王』ドクオ。友達が少ない、大学の食堂で昼を食べたことがない。
  _
( ゚∀゚) ”母なる父”こと『豊の王』ジョルジュ。ヒンヌー組から目の敵にされている。

/ ,' 3 ”統べる者”こと『天の王』スカルチノフ。キングダムで一番偉い人。最近娘が飲酒していた、ネットでも炎上中。

他にも沢山キャラ考えたけど面倒なのでここまで




タイトル未定、バトルかほのぼのか路線も決まってない上にネタかぶりしている気がしてならない

46 名も無きAAのようです :2011/12/05(月) 00:24:10 ID:QdhaLIdM0
>>45
下らなくて面白そう

47 名も無きAAのようです :2011/12/05(月) 00:25:52 ID:Tt88NiUc0
>>45
> 人間界から遠く離れた”王”の国『ザ・キングダム』、ここには様々な天の王を中心に様々な王が住んでいる。
>
様々な天の王ってなんだよ…様々が一つ余計でした、お粗末

48 名も無きAAのようです :2011/12/05(月) 06:39:12 ID:G.mUN/LwO
>>45
洗剤ワロタ

49 名も無きAAのようです :2011/12/05(月) 07:12:28 ID:EmoOFa6Q0
たかしwwwww

50 名も無きAAのようです :2011/12/06(火) 23:18:15 ID:mvpty.oA0

从 ゚∀从アルティメットハインのようです


とにかく最強のハイン。超最強。空を飛ぶ戦闘機を素手で落とすくらい
でも設定は現代。別に超能力者とかそういうのはいない普通の現代
ただしハインは最強。誰も勝てない。国の軍隊でも無理
でもほのぼの。ハインはただ強いだけ。しかもタイトルに顔文字あるけど作中にはあまり出てこない
実際は妹とか弟とかその同級生とかが繰り広げるほのぼの系。でもハインは最(ry

51 名も無きAAのようです :2011/12/07(水) 19:19:36 ID:j51XpLjA0

('A`)トイレットワンダーランドへようこそ!


友達が全員転校してしまったため、ドクオは一人便所飯。
しかしいつもの個室が使われていたため、旧校舎のトイレで飯をくうことに。

するとそこで突如まばゆい光に襲われ、気がつけばそこは全てがトイレの世界…。
トイレの家に住み、トイレの車が空を飛び、人々はトイレに出勤、登校する。

そこはトイレを愛する人間が生み出した並行世界「トイレットワンダーランド」だった


登場人物
主人公サイド
('A`)/主人公/NYO-MORE(エヌ・ワイ・オー・モア)という組織と闘うトイレの勇者
( ・∀・)/トイレットワンダーランドの住民/実はサンポールという王国の王子でドクオと共闘
ξ゚⊿゚)ξ/トイレットワンダーランドの住民/実はナプキン王国の王女でモララーが好き

NYO-MORE
???/敵/NYO-MOREという謎の組織を立ち上げ世界征服を企む
(-_-)/敵/組織の幹部だが実はドクオの…

その他
/ ,' 3/謎の人物。トイレの神様とも呼ばれているがただの酔っぱらいにしか見えない


あとの配役は考えて無い

52 名も無きAAのようです :2011/12/13(火) 22:21:29 ID:aI7YM8i20
( ^ω^)は自殺見届け屋のようです


現代日本と天国(的な場所)を繋ぐ”自殺見届け屋”ブーンと、
自ら命を絶っていく数名の話。
神様(从 ゚∀从)が損得勘定なしの好奇心のみで始めた自殺見届け屋という職業は、
自分自身が自殺によって天国に来たという数名にしか許されていない。


見届け屋に課された任務は
・神様が割り当てた自殺する人間の場所に行き、それを見届けること
・自殺する人間に、ある人物からの伝言を確実に届けること
・ある人物からの、自殺する人間への伝言を確実に受け取ること

の3つ。そして、見届け屋はこれから自殺する人間を決して止めてはならない。


いじめを理由に飛び降り自殺を企てるドクオ
父親からの虐待を理由に風呂場で手首を切ろうとするヒート
借金苦で心中をはかるショボン・シャキン兄弟
などなど、命を絶っていく人間と見届け屋ブーンの少しの関係を書いていく。

見届け屋が預かる伝言の行き先は?
ブーン自身の自殺の理由は?
見届け屋になろうとしたわけは?
ある日神様から通達された、自殺者の名前はなんと・・・?



相当設定も練って多少書きためもあったけど、いつの間にかデータが全部あぼんしてた。
同じものをもう一度書ける気がしないので、ここに投下してふっ切ることにする

53 名も無きAAのようです :2011/12/14(水) 00:36:06 ID:MKJNYiQk0
>>52
ものすごく面白そう

54 名も無きAAのようです :2011/12/14(水) 07:20:06 ID:BCtLMHxY0
楽しそうだけどアレとちょっとばかし被るな
でも楽しそう

楽しそう

55 名も無きAAのようです :2011/12/14(水) 15:27:04 ID:F8T5lM.M0
吹っ切っちゃうの?面白そうなのに
読んでみたい

56 名も無きAAのようです :2011/12/14(水) 17:05:02 ID:4FEbIeToO
>>54
>>52だけど、アレだろ…恨み代理店だろ…自分でも被ってると思いながら書いてたんだ


しかし予想外の反応をくれてありがとう

57 名も無きAAのようです :2011/12/19(月) 21:45:40 ID:TpVWDhqU0
毎日を怠惰に生きてきた主人公は、報酬1000万以上という心理実験に参加することになる
しかしそれは、実験と称した殺し合いゲームだった


【設定】
便宜上、全員が死刑囚ということになる。
死刑囚たちは心臓付近に爆弾を埋め込まれている。
爆弾が停止する条件を満たすことを浄罪と呼ぶ。

58 名も無きAAのようです :2011/12/19(月) 21:46:54 ID:TpVWDhqU0

【詳細ゲームルール】
1.死刑囚たちはそれぞれギルティポイント(GP)を与えられる
  GPを零点(無)にすれば浄罪(実験終了)。爆弾は停止する

2.ゲーム開始時の初期GP数には個人差がある
  各人のGPは次の条件によって決定される

  Ⅰ.ゲーム開始以前に殺人を犯していない者 初期GP:3
  Ⅱ.ゲーム開始以前に殺人を犯している者  初期GP:3+α(殺害人数)

  持ちGPは常に体内インカムによって知ることができ、他人にはわからないようになっている

3.GPを減らせるのはルール5を除いた次の場合のみである

  Ⅰ.「自分」を殺した場合 -3点
  Ⅱ.「他人」を殺した場合
     ・殺した人物がルール2のⅠに当てはまる者の場合 -0.5点
     ・殺した人物がルール2のⅡに当てはまる者の場合 -α(殺害人数)点

4.2〜5人の範囲でグループを組むことができる

  Ⅰ.グループ内の生存者全員が解除を要求しない限り、新規にグループを組むことはできない
  Ⅱ.グループを組むとルール3の「自分」「他人」が「グループ内の人物」「グループ外の人物」に変わる
  Ⅲ.ルール3によるGP減少はグループ内で一様に適用される
  Ⅳ.グループ内の生存者、誰か一人でも持ちGPがプラスの場合、そのグループ内でルール1は適用されない
  Ⅴ.Ⅳの状態でグループを解除すると、「全員の持ちGPを足した合計÷人数」分のGPが各人に振り分けられる

5.浄罪されていない者の内、生存者が残り一名になった場合、その者は持ちGPに関係無く浄罪されたものとする

59 名も無きAAのようです :2011/12/19(月) 21:47:46 ID:TpVWDhqU0
【ゲームの流れ】

ゲームは「小部屋」と「大部屋」を交互に通過することで行われる
死刑囚たちは一人ずつ別々のドアからそれぞれの部屋に入る
大部屋の場合は全員が集うことになるが、小部屋の場合は2〜6人に別れる
また誰と誰が同じ小部屋に入ったかというのはわからないようになっている
生存者全員が大部屋に集った状態にならないと、次の小部屋には進めない
GPを減らせるのは小部屋のみである



こんなんずっと前に考えてた
ファイル漁ってたら出てきたので晒す

60 名も無きAAのようです :2011/12/19(月) 21:52:20 ID:FYESgboQ0
死刑囚って文字で死刑囚葛藤かと思った
バトロワ物好きだし誰か書いてくれないかなー?

61 名も無きAAのようです :2011/12/19(月) 22:27:25 ID:NhWNpExsO
ちょっと被るけど面白そうだな

62 名も無きAAのようです :2011/12/31(土) 14:53:10 ID:yApCpGeQ0
核による環境汚染が生物の進化系統を乱し、
知性と強力な身体能力、そして暴力性を兼ねそろえた生物を生み出した

彼らは赤く強靱な皮膚を持ち、巨躯を構え、黄色い目で人を睨み、憎み、暴力を奮った
どうして彼らが人を襲うのか、それは彼らにもわからない
本能。生きるために食べ、寝るのが生物だとすれば、彼らにとって生きるとは「人を殺す」ことである

人々の間に起こっていた紛争は収まったが、今は鬼と人が殺し合う時代となった
誰もが互いを憎み合い、死が死を呼び込む死の世界

ならば変えてみましょうこの死海。鬼から生まれた鬼太郎
人と鬼の逃避行が生んだ異端児が、今世界を変えるために立ち上がる
銃でもない、爆弾でもない、剣でもない
彼が使うのは「歌」だった

( ^ω^)鬼から生まれた鬼太郎のようです

戦場という名のステージでギター一本背に据えて
人と鬼の子が世界を救うおとぎ話

63 名も無きAAのようです :2011/12/31(土) 22:12:17 ID:c/ao7ojU0
>>62
超面白そう
読みたい

64 名も無きAAのようです :2012/01/10(火) 00:09:32 ID:HUyja9PM0

( ^ω^)六人の彼女と結婚する方法のようですξ゚⊿゚)ξ(仮)


ξ゚⊿゚)ξの中には他に五人の人格が存在する
ブーンはξ゚⊿゚)ξと付き合っているが、他の人格からは嫌われている
どうしてもξ゚⊿゚)ξと結婚したいブーンは、全ての人格にプロポーズすることにした


こういうの考えてみた

65 名も無きAAのようです :2012/01/10(火) 09:46:28 ID:fK2TfYlAO
lw´- _-ノvは魔王になったようです



 
 
魔王

人々は畏怖の念を込めてその者を王と呼ぶ。

彼は絶対的な力を持ち、その力で人々を恐怖で支配する。
物語や伝説に登場する魔王は、ほとんどが傲慢で、私利私欲の為にその力を振るう。

そんな理不尽さがまかり通る支配の下、人々は生きる。
それは、「誰かが魔王を打ち倒し、いつか平和な世界を与えてくれる」という、人任せな希望を持つが故に。



さて、話は変わるが、ここに少女がいる。

lw´- _-ノv「(くっそつまんねぇ……)」

彼女の名前は素直シュール。彼女は、周りの人間と比べて、少し変わった考え方をする少女だった。

今、シュールは家路についていた。先程の友人達との会話を反芻しながら。



***


('A`)「なぁ、なんで魔術ってもんがこの世にあるんだと思う?」

(´・ω・`)「ん……そうだね、元々は力が弱い人が強い人を倒すためって習ったけど」

('A`)「んなこた分かってんだよ」

('A`)「俺が言いたいのは、何でそれが今も残ってんのかってこと」


この世には"魔術"なるものが在り、大半の人々は学校で簡単な魔術を習う。
そして、生徒達は魔術を習う際に、「魔術とは弱い者が強大な者と並ぶ為に開発されたものである」と教え込まれる。

66 名も無きAAのようです :2012/01/10(火) 09:47:43 ID:fK2TfYlAO
しかし、実際問題として魔術を使う機会は皆無と言っても良い。
喧嘩で使おうものならこっぴどく叱られ、街中で使おうものなら逮捕される。

昔と違い、今の世の中には必要不可欠であるとは言えないものであった。


(´・ω・`)「確かに、宝の持ち腐れだよね」

('A`)「だよな。せいぜい魔術省に就職するときに要るぐらいだ」

lw´- _-ノv「よっ、なんの話?」

('A`)「よう。いやな、今の時代に魔術いらなくねって話」

lw´- _-ノv「あー確かにね」

('A`)「もうちょっと早く産まれてたら俺も英雄になれたのになぁ」


今から約200年前、世界は魔王に支配されていた。魔王は様々な物を人々から徴収し、逆らう者は力でねじ伏せた。彼は欲に捕らわれていた。

そのまた約150年前には、別の、魔王と呼ばれる者がいた。その者は酷く好戦的であった。強い者を求め、闘いを挑み、また更なる強者を探す。
その結果、行き着いた先が魔王という地位だった。


歴史上、存在した魔王は7人。その7人は全て打ち倒された。
英雄と呼ばれる存在に。
そして、彼らの誰もが魔術を行使した。

つまり、魔王は魔術によって打ち倒されてきたと言える。

67 名も無きAAのようです :2012/01/10(火) 09:50:39 ID:fK2TfYlAO
 
(´・ω・`)「まぁでも平和が一番さ」

('A`)「そうかもな。今が幸せなのかもしれん」

lw´- _-ノv「幸せ?なんで?」

('A`)「ん?だって魔王が居なくて平和なんだぞ。幸せだろ?」

lw´- _-ノv「……」

lw´- _-ノv「英雄は最初から英雄だったの?」

(´・ω・`)「?」

lw´- _-ノv「英雄は魔王が居て、初めて英雄になれたんだ」

lw´- _-ノv「英雄も魔王が居なけりゃただの人だよ」

lw´- _-ノv「魔王が居ないのは……不幸だ」

('A`)「……何言ってんのお前」

68 名も無きAAのようです :2012/01/10(火) 09:52:04 ID:fK2TfYlAO
 
 
***


この後20分に渡って討論は続いたが、他の生徒も加わり、「今の状況が幸せか否か」という討論は1対6でシュールの負けという結果に落ち着いた。

lw´- _-ノv「(いや、私だって平和が良いよ)」

lw´- _-ノv「(だけど何もないのが幸せかと言ったら、それはノーだ)」


例えるならば、一流の役者に成りたくて、しかし、どんなに練習を重ねてもどこにも舞台そのものが無いような。
医者に成りたくて必死に勉強しても、この世から病気が一切無くなってしまった時のような。

ゴールに辿り着くための手段が全く無い。英雄に成るための手段である魔王が居ない。
果たしてそれは幸せか?


lw´- _-ノv「(つまり、平和なまま魔王が居れば良いんじゃね……?)」

lw´- _-ノv「(でも魔王が居たらそれは平和じゃ無いしなぁ)」

lw´- _-ノv「……」

lw´- _-ノv「……!」

lw´- _-ノv「あたしが魔王になりゃ良いんじゃね?」



(=゚ω゚)ノ「何か魔王とか言ってるよぅ」

J( 'ー`)し「しっ、見ちゃだめだよ」

69 名も無きAAのようです :2012/01/10(火) 09:54:53 ID:fK2TfYlAO
 
家に帰るや否や、シュールは書斎に向かった。
シュールが脚立を使っても一番高い場所にある本に届かないような本棚が無数に並ぶ、本の匂いに満たされた空間。
この書斎はシュールのお気に入りであった。

lw´- _-ノv「えっと、魔王魔王……と」

読書家なシュールは、既に書斎の4割程度は読破していた。魔術――取り分け召喚術の知識なら教師と肩を並べられる程。
しかし、「魔王」などは学校で習う程度のもので興味もなかったので、今までその手の本に触れた事すら無かった。
一冊手に取り、パラパラと捲り、また一冊、と繰り返すのは中々骨の折れる作業で。

70 名も無きAAのようです :2012/01/10(火) 09:55:53 ID:fK2TfYlAO
 
***

シュールは休むことなく魔王に関する本を読み漁った。しかし、「魔王になる方法」などとチープなものがある筈もなかった。


lw´- _-ノv「んー……やっぱり歴史しか載ってないなぁ」


数時間が経ち、そろそろ諦めて夕食にしようと、持っていた本を閉じた時だった。
本からヒラヒラと舞い落ちる紙。
それは一見ただの黒い付箋であった。


lw´- _-ノv「あれ、なんだこのしおり」


付箋を覆うは文字。
それもただの文字ではなく。

lw´- _-ノv「詠唱式……」

lw´- _-ノv「しかもめっちゃ長ぇ……」


普段、教師からも親からも「めったな事では魔術を使うな」と釘を刺されている。
好奇心旺盛で、常に我が道を行くシュールは、よく大人達を困らせていた。
そんなシュールが果たして、この見知らぬ詠唱式に対する好奇心を抑えられるだろうか。

lw´- _-ノv「……《機械の都と光る森》」

答えは火を見るより明らかだった。

lw´- _-ノv「《振り落つ虹は三匹》」

密室の書斎に風が渦巻く。

lw´- _-ノv「《落下する者は頭を垂れる 周囲を巻き込む髭の音》」

音を追うように文字に光が走る。

lw´- _-ノv「《その目は時 その耳は空 その口は距離をかける》」

シュールの周りに集まる風。
バサバサと慌ただしく中身を晒す無数の本。
ガタガタと震えるように音を立てる棚。 まるで何かに恐れるように。

lw´- _-ノv「《因と果 周と要 刹那と久遠を結ぶ者 その名は》」

71 名も無きAAのようです :2012/01/10(火) 09:58:08 ID:fK2TfYlAO
 
lw´- _-ノv「(あれ?)」

魔術――取り分け召喚術において、"何か"を喚ぶ際に必要不可欠な物、それが真言であった。
それは名前であったり、契約法であったり、はたまたこちらから近づく為の位置情報であったりする。

しかし、どちらにせよ、術式発動の鍵となるのは真言である。
謂わば、拳銃で言えば"弾"が魔力、"セット"が術式、"引き金"が真言である。

その大事な引き金が、シュールの持つ付箋には書かれていない。つまり召喚出来ない。

無いものは仕方がない。そう思い、召喚を諦めようとした時。
ふと記憶が蘇った。

祖父との記憶。靄がかかったような朧気な記憶。その中での祖父の言葉は

lw´- _-ノv「《その名は》」

lw´- _-ノv「……《ロマネスク》」

72 名も無きAAのようです :2012/01/10(火) 09:59:37 ID:fK2TfYlAO

以上!長え!

73 名も無きAAのようです :2012/01/10(火) 20:38:17 ID:tZoeilGk0
普通に予告汁!捨てるな!

74 名も無きAAのようです :2012/01/16(月) 00:05:19 ID:mAy5fQ.60

( ^ω^)('A`)(´・ω・`)僕が覚悟を決めた日のようです


いじめっ子のジョルジュにショボーンが骨を折られた
日陰で生きてきた僕たちの間で感じたことの無い気持ちが芽生える
初めて拳を振り上げたとある夏の日の覚悟の記録

75 名も無きAAのようです :2012/01/16(月) 02:44:42 ID:XcVA.ChU0

ノパ⊿゚)真っ直ぐ道を進むようです


究極の方向音痴ヒートが家に帰るために放ろうする
道中、様々な人生の迷子と出会うが、彼らはみなヒートの真っ直ぐな生き様に憧れ
悩みを解決していく、コメディ

76 名も無きAAのようです :2012/02/07(火) 00:04:42 ID:yN8p1QUs0
時は室町時代
はるか未来より次元転送装置の故障で送られてきた
7丁のアサルトライフルを手にした農民達が、
圧政を強いる幕府にたった7人で一揆を仕掛ける


( ^ω^)アサルトライフルとクワを持って、のようです

77 名も無きAAのようです :2012/03/18(日) 12:57:19 ID:y566a9Ko0

(*゚∀゚)カンフーつーちゃんのようです

伝説のカンフーマスター荒巻が死去
息子のブーンはカンフーを封印し、一門を解散して日本に移住する

時は流れ、ブーンの一人娘のつーちゃんが高校生となったころ、
かつての同門だった者たちが、荒巻のみが体得していたという暗殺拳の
古文書を求めて、ブーンの元へやってきた

長らくカンフーから離れていたブーンが彼らに適うはずがなかった
ギャグ小説だったので何とか一命を取り留めたブーンだったが、
病院に長期入院されることを余儀なくされる

古文書は絶対に渡してはならない
つーちゃんは、父親の同門、そして彼らの息子たちと闘う覚悟を決めた

78 名も無きAAのようです :2012/03/18(日) 16:26:52 ID:oXFEfeX20
こんなスレがあったのか。

( ^ω^)雨が止まない村のようです ジャンル:ファンタジー

大国同士の戦争が何年も続く世界。

道端で倒れていたブーンを拾い、自宅で休ませるツン。
起きたブーンに対してツンは言う、「ここは雨の止まない村だ」と。

第一章はツン視点。
ツンが幼馴染の徴兵に際し、自分の恋心を告げようとするが、その幼馴染から酷い扱いを受けてしまう。
しかしブーンが怒り、圧倒的な強さでその幼馴染を捩じ伏せる。
幼馴染への想いは吹っ切れたツンだったが、果たしてこの凄まじい強さを持つブーンの正体は何なのか?

第二章はツン視点
村のはずれの屋敷に、ブーンの知り合いのドクオがいた。
村へ訪れる軍の重鎮、それを始末しようと暗躍しようとする人々、阻止しようとするブーンたち
やがて事件が静かに幕を下ろそうとしたとき、ツンはきいてしまう。
この止まない雨が降る原因となったのが、ブーンであるということを。

第三章はブーン視点
ツンに問い詰められて、雨を降らせてしまったことを告白するブーン。
雨を憎んでいたツンはショックを受け、ブーンを追い出してしまう。
一方そのころ、ブーンに強いライバル意識を持った男が村を訪れてきて……


ここから先はよく考えてない中途半端なものです。
雨が降った原因も、作戦遂行のためとか、機械の誤作動とか、いろいろ考えて、結局まとまってなかったです。
誰かがこのネタで、このお話を昇華してくれたら幸いです。

79 名も無きAAのようです :2012/03/18(日) 16:51:30 ID:oXFEfeX20
( ^ω^)は空を飛べるようです ジャンル:ファンタジー

遥か未来のお話、世界の全てを掌握していた王さまが命じました。
人が飛行機を作ってしまったから、大規模な戦争が起こる様になったのだ。
世界を掌握できた今、戦争が起きるのを防ぐために、飛翔への憧れとなるものを全て廃しよう。
ロケットも、飛行機も、ヘリコプターも、気球も、そして鳥類さえも……

そうして世界から鳥がいなくなり、人が飛ぶという発想さえもタブーになった世界のこと。
ある少女が、放浪の旅をしていたブーンと出会う。
そして、ブーンが鳥と戯れている姿を目撃してしまう。

少女は鳥を見たことがなかったため、ブーンへの興味がわく。
ある晩、彼女はブーンを尾行し、謎を突き詰めようとする。
そして、彼女はブーンの背中に翼が生えているのを目撃する。

以下、設定
ブーンはかつて地球上である地域だけに発生していた、翼の生えた人間。
上記の王さまの命令は実は卓越した身体能力を持つ鳥人間を排除するため。
しかし鳥のことを愛していた科学者たちがこっそり鳥人間の細胞を培養、どこかで育ててた。
で、王さまにその存在がばれて、鳥人間たちは王国軍に狙われることになった。

ブーンと少女の交流や、鳥たちのことを忘れられずに、今でもこっそり飛行機を作っている民族など
様々な人々を巡って世界を旅し、最後にとうとうブーンは王さまと対峙することに。

こんなお話ですが、あまりにも壮大なので手に負え無くて投げた。
誰か拾ってくれたら嬉しいです。

80 名も無きAAのようです :2012/08/04(土) 18:15:01 ID:A5qmYQuw0

ペニサスと荒巻は、里親として三人の孤児たちを引き取る。
虐待の経験を持つ三人は、始めは心を開かなかったが、
二人の優しい愛情によって、人を慈しむ心を持つ、優しい大人へと成長する。


( ・∀・)は情報工学の世界的権威を持つ技術者に、( ゚∀゚)は英国特殊部隊SASに、
そして、人一倍臆病だった( ^ω^)は、多くの挫折を経験しながらも会社員として立派に独り立ちしていた。


荒巻が病気で死去してから三年が経ったある日。
三回忌で実家に帰ろうとしていた三人の息子たちは、ペニサスが誘拐されたということを報される。
ペニサスとそっくりの顔を持つ政治家と間違えられたというのだ。

彼女を誘拐したのは、A級危険指定国際テロリスト。

血の繋がらない、たった一人の家族を守るために、三人の息子たちが戦いを挑む。



という熱血感動ギャグもの(クレしん映画的)を思いついた。
軽いノリで書ければなーと思ったけど書く時間ないので誰か拾ってください

81 名も無きAAのようです :2012/08/18(土) 14:19:18 ID:BR/TrK7c0

  「 現世に未練がある方 何でも願いを叶えます 」



町中に張り出されたこの広告には、特殊な紋様が描かれており、
これによって目当ての客だけがこの広告に注目するようになっている。


客とは、現世に未来がある魂のことである。
生まれつき霊感が強いブーンは、現世に取り残された魂を救うために、
幽魂となった者たちの願いを聞き、それを叶えてやっていた。


ある日、少女の魂がブーンを尋ねる。
彼女の願いは、自分を殺した者に復讐をすることだった。



っていうアイデアがある。
メインヒロイン(幽霊)と一緒に、店を尋ねてくる幽魂の願いを叶えながら、
平和な町を脅かす殺人鬼の捜査を同時に進めていく感じ。

82 名も無きAAのようです :2012/08/19(日) 23:27:35 ID:Sz0iE/o.0
北アフリカ戦線にチハがいたようです



伍長閣下の救援要請にチハが一台北アフリカに送られました
ロンメルの親父にディーゼル機関を見せて自慢したり
イタリア戦車から軽油をパクって走ったり
予備の砲弾が無いから右往左往したり
イギリス戦車相手に善戦したり(マチルダ等の重戦車は除く)

嘘まみれ火葬戦記です
これの絵をシリーズで描いてて途中で秋田
だれか話を広げて書いてくだしあ

83 名も無きAAのようです :2012/08/20(月) 00:12:27 ID:7JgFwN160
ドクオの吸う煙草の紫煙が月明かりに照らされてゆらゆらと神秘的に広がっていくのが見える。

廃村に閉じ込められてもう2日、既に六人死んだ。

外には何故か出られない。

何故、ここに閉じ込められなければならなかったのか?

大学のサークルでちょっとした冒険心で廃村に肝試しに来ただけなのに。

何故、殺されねばならないのか?

ドクオが僕を見る。

('A`)「難儀な事だ」

大学の友人の中でも一際偏屈で霊感のあるドクオ。今、唯一頼れる存在。

('A`)「さっさとでる方法を聞き出さないとな」

('A`)は恨み辛みを一蹴するようです

百物語用に考えてたけど、間に合わなそうだし長編になりそうだし、書く気力が沸かなかったのでここに

84 名も無きAAのようです :2012/12/13(木) 18:50:30 ID:ACL4qMyE0
ネタ捨て場。
ここに集まるのは、物語に慣れなかった「ネタ」たち。

( ・∀・) 「今日は、どんなネタに会えるかな?」

ボクはここ、ネタ捨て場に住み着くモララー。
ネタ捨て場にいるけれど、別にボクは捨てられたネタってわけじゃない。
ここにいるのは、ボクなりにちゃんと理由がある。

( *・∀・) 「……あ!これ、すごくキラキラしてる。」

ボクは、ここに捨てられた「ネタ」が好きなのだ。
「ネタ」は言ってしまえば、未完成の物語。物語になる前に捨てられてしまった、孤児だ。
だからといって、それらに魅力がないわけじゃない。
むしろ未完成だからこそ、強い魅力を持ち、様々な可能性を感じさせるのだ。

( *・∀・) 「君は、どんな物語になるんだい? どんな世界になるんだい?」

ボクはそのネタに語りかける。
無邪気に光を放つそれは、まるで宝石のようで、星空のようで、少年のようで。

( *・∀・) 「君も、物語になれるといいね!」

「ネタ」はこのままでも美しいのかもしれない。
だけど、やはり「ネタ」は「物語」になった瞬間にこそ、光り輝くものなのだ。

AAであるボクには、物語を紡ぐことはできない。
ボクに出来るのは、演じること、代弁すること。

( ・∀・) 「作者さん、絵師さん、頑張って!」

∩( ・∀・)∩ 「支援age!」

ほんのちょっとだけ、人の心を揺さぶること。
それと――

( ・∀・) 「ここのネタたちが、いい物語になれますように!」

ここ、ネタ捨て場のネタたちに、幸せを願うこと!

85 名も無きAAのようです :2012/12/26(水) 16:41:47 ID:QqVDXfok0
餅を詰まらせ三千里。のようです

〜おおざっぱなプロット〜
誰が餅を食べるか議論

第三者が食べる→詰まる

どこかにある餅取り専門病院を目指す

息絶える

考えてて迷走してきた
正月用に是非

86 名も無きAAのようです :2013/01/16(水) 20:21:23 ID:sAG9OKRk0
ブーン系のAAは顔文字だけの概念で生まれる。そのため、明確なイメージが与えられず完結した作品のAAはジサクジエンのような耳すらない姿になり、知能も低い。
逆に長編作品等で確固たる概念を得たAAは、作品から独立できるほど成長できる。

板は土地であり、スレは施設である。
長期化するスレほど、施設は大きくなる。
例えば雑談スレはレジャーシートのような状態だが、partスレや長編ストーリーでは家やビルや村になる。
人気のあったスレはdat落ちしても何らかの形残っていることが多い。

ちなみに各板は列車や飛行機などで移動ができる。


没った上に使いこなせそうにないのネタでここにコソーリと

87 名も無きAAのようです :2013/01/25(金) 23:58:45 ID:uW8dBkpM0
( *<i>ω<i>) 僕のおいなりさんと君のおいなりさんをぶつけ合う日暮里!! そうすれば君は魔法少女に変身する日暮里!

( ;ФωФ)そ (何言ってんだこの子ーーーーーーー!?)


ネタメモから出てきたんだが、これを書いた時俺は何を考えていたんだろうか

88 名も無きAAのようです :2013/02/06(水) 04:27:37 ID:5yTYl.4gO
【('A`)は被害者だと思っているようです】

【予告用】

理不尽な社会に抑圧され、自分は不幸な人生を歩む羽目になってしまった。
そう考える欝田ドクオは、世の中に対し宣戦布告する。
解き放たれた彼の狂気、彼が復讐の果てに見たものは?


あらすじ

幼い頃からイジメを受け続けていた、ドクオは社会不適合者となってしまった。
そんな彼も社会に出て、やり直したいとの思いから、大学になんとか進学する。
しかし大学でも彼を待っていたのは明るい未来ではなく、イジメだった。
心配する周りを尻目に、彼は次第に大学にも行かなくなり、引きこもるようになる。
そして大学は退学となり、彼は家族とも話さなくなってしまった。
そして23歳の誕生日、ドクオは久しぶりに街に出る。
ガンケースを背負いながら……

内容はドクオが復讐(という名目の無差別殺人)を通して変わっていくというもの

最終的には不幸や抑圧を乗り越えられなかった自分が悪かったと気付く

結局は復讐自体が馬鹿馬鹿しくなり自殺



ボツ理由


どうしてもイジメられた側を批難しているように見えてしまう箇所がある
長編にしたかったが、どう考えても中編が限界
単調でつまらない(自分の技能では面白く出来そうもない)
モチベが上がらない
内容が薄い

89 名も無きAAのようです :2013/02/06(水) 04:28:34 ID:5yTYl.4gO
>>88

序章部分


風が強く吹いていた。

正面から吹き付ける風に、彼は何度も吹き飛ばされてしまうのではないかという不安に駆られていた。

錆び付いた非常階段の手すりをしっかりと握り、一段一段恐る恐る昇っていく。

時折、穴の空いた足場から聞こえる金属の軋む音が肝を冷やした。

眼下は光に満ち溢れている。

街頭や信号、車のヘッドライト、どれも美しい。

ただ彼には一つ気に入らないものがあった。

それに照らされる人々だ。

彼がこの世で最も嫌いなものだった。

階段を昇りきった。

辺りは高層ビルの山々に囲まれている。

背負っていたガンケースを下ろし、コンクリートの床に座り込んだ。

ジーンズ越しに、外気に冷やされたコンクリートの冷たさが伝わる。

空を見上げた。

綺麗な星空が広がっている。

深く息を吸った。

肺に冷たい空気が浸透していく。

強く吐き出した。

ガンケースに手を伸ばす。

これから彼の復讐が始まろうとしている。





スレ汚し失礼しました。

90 名も無きAAのようです :2013/02/24(日) 16:57:09 ID:Rjn/qhVg0
くるりくるり、くるりくるり。指先でつまみを回し、チューニングする。

くるりくるり、くるりくるり。電波に乗せて、声を届ける。

「こちら誰もいない地球より、流石弟者です。どなたかお返事下さい。繰り返します、こちら…」

91 名も無きAAのようです :2013/02/24(日) 16:58:19 ID:Rjn/qhVg0
スターダスト・ラジオのようです

ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/13029/1358500780/441

92 名も無きAAのようです :2013/02/24(日) 16:58:59 ID:Rjn/qhVg0
月面都市。

誰もいなくなった地球の都市に変わり、新たな拠点となった都市。

食事に住居。自由に不自由。全てが平等に与えられる、楽園。

ここに、一人の少年がいる。

流石兄者。

彼の趣味は、ラジオを聞くこと。

( ´_ゝ`)「……」

くるり、くるりと、指が回る。

くるり、くるりと、チャンネルを回す。

( ´_ゝ`)「……」

指が、止まる。

彼が聞くのは「衛星放送」。

地球と月。地球に誰もいなくなる前に使われていたチャンネル。

何も流れない、誰も聞かない、誰も使わないチャンネル。

( ´_ゝ`)「……」

ヘッドフォンを耳に押し当てる。

流れ込んでくるのは、ざあっという、ノイズのような音。

( ´_ゝ`)「……やっぱり、知ってる」

不規則な音を、彼は聞く。

音はただのノイズにしては、柔らかく、優しい音。

( -_ゝ-)「……波の音。風の音。……海の音」

彼は月で産まれた。そう記憶している。

だが、知っているのだ。海を。見たこともないはずの、地球の海を。

93 名も無きAAのようです :2013/02/24(日) 16:59:53 ID:Rjn/qhVg0
( -_ゝ-)「……」

ラジオから聞こえる、海の音に思いを馳せる。

偶然見つけたチャンネルから、なぜ地球の音が聞こえるのかは知らない。

ただ、彼は、地球の音が聞こえるこのチャンネルが、好きだった。

――ざっ、ざざっ

( ´_ゝ`)「……?」

突然、地球の音ではない、機械的なノイズが、雑音が、混じる。

徐々にそれは収束し、兄者にもわかる音へと変化する。

これは、声、だ。

「こちら誰もいない地球より、流石弟者です。どなたかお返事下さい。繰り返します、こちら…」

男の声だ。どことなく、聞き覚えのある。男の声。

( ´_ゝ`)「地球……?」

( ´_ゝ`)「流石、弟者?」

それは、兄者の興味を惹くには十分すぎた。

今まで、ノイズに近い環境音しか聞こえなかったラジオから、人の声が聞こえた。

それは、「誰もいない地球から」放送しているといい、声の主は「流石弟者」と名乗った。

記憶の奥底にある、地球。

そして、自分とよく似た名前。

94 名も無きAAのようです :2013/02/24(日) 17:00:34 ID:Rjn/qhVg0
「こちら誰もいない地球より、流石弟者です。どなたかお返事下さい。繰り返します、こちら…」

男の声は、繰り返し聞こえてくる。

イントネーションが異なっているところからするに、本当に繰り返し喋っているのだろう。

返事をしたいのは山々であるが、兄者が聞いているのはラジオ。

受信することはできても、送信することはできない。一方通行の機械。

「――どなたかお返事下さい。」

( ´_ゝ`)「……お返事したいんだけど、どうすればいいのかな?」

声の主……弟者は、声を繰り返すばかり。メッセージのお届け先などは喋ってくれない。

誰も返事をくれないと気づいたのか、弟者は言葉を変える。

「――誰か、聞こえている人がいたら、聞いてください」

( ´_ゝ`)「ん?」

「俺……いや、私、流石弟者は、地球にひとり、残されています」

「どういった経緯で「月面移住計画」から残されてしまったのかは、私にはわかりません」

「衣食住など、生きていく上で困っていることは、ありません」

「ただ、私は何をしていけばいいのかわからず、途方に暮れています」

「朽ちていく都市を見守るのが使命だというのなら、それを受け止めましょう」

「蘇りつつある自然と共存しろというのなら、彼らを見守り続けましょう」

「ただ、私には、それが正しいことなのか、自信が持てないのです」

「誰にも合えず、ただただ、地球と共に過ごしています」

「素直に言うのなら、寂しいのかもしれません。人肌に飢えているのかもしれません」

「だれか、だれか聞こえていたら、お返事をください」

――ぷつり、ざ、ざざ。

声が途絶えた。

機械的なノイズが混じり、またいつもどおりの波の音に戻る。

95 名も無きAAのようです :2013/02/24(日) 17:01:21 ID:Rjn/qhVg0
( ´_ゝ`)「……」

流石弟者と名乗る男から届いたメッセージ。

悲痛な叫び。

寂しくて、不安に押しつぶされそうな声。

( -_ゝ-)「……」

目を瞑り、思考を巡らせる。

今の声は、兄者以外の、誰かに聞こえたのだろうか?

星ほどあるラジオのチャンネルの中で、一瞬の流れ星のような声。

それも、だれも聞かないと言われている「衛星放送」のチャンネル。

誰も見上げない空の流れ星なんて、誰が気づくというのだろうか。

( -_ゝ-)「……」

くるりくるり。

くるりくるり。

思考を巡らせる。

( ´_ゝ`)「そうだ」

答えが出た。それは、とてもシンプルな答えだ。

( ´_ゝ`)「行こう。地球へ」

96 名も無きAAのようです :2013/02/24(日) 17:02:21 ID:Rjn/qhVg0
「だれか、だれか聞こえていたら、お返事をください」

誰にも伝わっていないだろうメッセージを呟き、無線の電源を落とす。

ここは、衛星放送タワー。

地球と月。地球に誰もいなくなる前に使われていた放送局。

何も流さない、誰もいない、誰も使わない寂れたタワー。

そこに、流石弟者はいた。

(´<_` )「……」

ヘッドフォンを耳に押し当てる。

流れ込んでくるのは、ざあっという、ノイズの音。

(´<_` )「……やっぱりもう、だれもいないのか?」

規則的な音を、彼は聞く。

月へと続く、衛星電波の音。

(´<_` )「電波が生きていたのは助かったが、やはり反応はなかったか」

97 名も無きAAのようです :2013/02/24(日) 17:03:04 ID:Rjn/qhVg0
(´<_` )「……これからどうするかな」

ぐっと伸びをし、ヘッドフォンを外す。

今の声は、誰かに聞こえたのだろうか?

星ほどあるラジオのチャンネルの中で、一瞬の流れ星のような声。

それも、だれが聞いているかもわからない「衛星放送」のチャンネル。

誰も見上げない空の流れ星なんて、誰が気づくというのだろうか。

(-<_- )「……」

くるりくるり。

くるりくるり。

思考を巡らせる。

(´<_` )「……そうだ」

答えが出た。

(´<_` )「探そう、俺がしたいこと」

(´<_` )「歩こう。地球を」

98 名も無きAAのようです :2013/02/24(日) 17:04:44 ID:Rjn/qhVg0
ここまで書いたけどぶっちゃけ飽きた

元ネタはこれ

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/13029/1358500780/441

流石兄者は一人っ子。彼の趣味はラジオを聞くこと。
ある日いつも通りラジオを聞こうとすると、ヘッドフォンから知らない声が。
「こちら誰もいない地球より、流石弟者です。どなたかお返事下さい。繰り返します、こちら…」
( ´_ゝ`)スターダスト・ラジオのようです
>>43
http://boonpict.run.buttobi.net/up/log/boonpic2_638.jpg

99 名も無きAAのようです :2013/02/24(日) 17:35:34 ID:Sn5BHsac0
おい、投下場所間違ってんぞ。
今すぐスレ立てて続きを書くんだ。
書け!いや、書いてください!!!!

100 名も無きAAのようです :2013/03/10(日) 12:22:06 ID:RPZ9PMhQO
強い魔力を持つ王女川'A`)が美しい農民の子川 ゚ -゚)に恋をする
→しょっちゅう城を抜け出して川 ゚ -゚)に会いに行く川'A`)を親はよく思わない
→川'A`)は自分の醜い顔を全ての魔力を使い川 ゚ -゚)に変える
→親にどうしたんだと問い詰められる
→呪いをかけられた、もうきっと解けることはないけど、そのままの私を愛してねとかなんとかと嘘をつく
→とりあえずドクールを塔に閉じ込め、親たちは会議
→結論:呪いをかけたのはあの農民の子川 ゚ -゚)ということにして農民の子とその一家を国から追放する
→しかし農民の子はドクールが自分で自分を呪ったことを知っていたので遠い国でドクールを憎む

101 名も無きAAのようです :2013/03/10(日) 12:22:26 ID:RPZ9PMhQO
→色々な方法を試すもやっぱり呪いは解けず、時間だけが過ぎていく
→呪いがかかったままドクールは成長し、美しい見た目に惹かれて塔へとやって来た人々にしばしば求婚されるが、その頃立派なナルシストに成長していたドクールは誘いをことごとく断る
→しかしある日、川'A`)時代からドクールに片思いしていた隣国の王子(´・ω・`)が呪いを解く方法を見つけ出す
→焦るドクール。さらにその頃、成長した農民の子が仲間を引き連れドクールに復讐するべくドクールのいる国へと向かっていた…!

102 名も無きAAのようです :2013/03/10(日) 12:23:48 ID:RPZ9PMhQO
まで考えたけどクソつまらんから没

103 名も無きAAのようです :2013/04/21(日) 20:49:35 ID:r915H5rQ0
粗筋:
テーマ…"夏だ!スイカだ!闇鍋だ!さあレッツ☆闇鍋の会 開催"
…シューから送られてきた謎の招待状メールを受信した友人達が
様々な食材を土産にシューの家へ集まるが…。
lw´‐ ∀‐ノv「さあ諸君。夏の風物詩・闇鍋をさっそく始めようではないか」
(;'A`) 「それ夏の風物詩っていわない」
( ´∀`)「ホラー要素的な意味では合ってるモナ」

登場させたい人物:
lw´‐ _‐ノv …シュール系ボケ役(元から変人。闇鍋パーティの主催者)
( <●><●>) …熟れた突っ込み役(付き合い長いからもう慣れてる)
( ФωФ) …不動の突っ込み役(上に同じく。ワカッテマスとは色々と気が合う)
( ´∀`) …天然癒し系ボケ役(本人無意識。なんか ほんにゃりしてる子)
('A`)     …唯一の常識人役 or シューに首ったけな影の薄い友人


……まで考えて、本編を書き始める前に夏が終わってしまったので
結局没案になっちゃった。 捨ててくから誰か拾ってやってくれ(´・ω・`)

104 名も無きAAのようです :2013/05/05(日) 21:19:43 ID:L1uiWZTw0
勃起承転ケツのようです
5レス使って一つの話
勃でエロい展開
起承転はふつうに
ケツで合体

なに考えてんだ自分

105 名も無きAAのようです :2013/05/05(日) 22:20:01 ID:0SLne1PU0
DBF(ディシディアブーンファンタジー)のようです
DFFをブーン系でやりたかったけど物凄く長くなりそうだから諦めた
10人のシナリオ+αとか無謀すぎる

106 名も無きAAのようです :2013/05/05(日) 23:00:44 ID:x7h1yy9E0
>>105
そう言われれば物語のページ合作ってDFFっぽいな
4人の主人公格+α(アルファベットのことではない)であの文量だから個々のシナリオ薄くしても10人以上はキツいかもな

107 名も無きAAのようです :2013/05/06(月) 01:36:10 ID:U2Ys02NoC
( ゚д゚ )と付き合って二年目の彼女川 ゚ -゚)は、親友の( ゚∀゚)に初の彼女从'ー'从ができたと紹介される

しかしそれ以来、クーと渡辺が自分たちによそよそしくなり疑問をもつミルナとジョルジュ
それとなく聞いてみてもはぐらかされる

そしてついに二人は振られてしまう
二年も付き合った彼女にあっさり振られ戸惑うミルナと、手も握れぬまま振られ大号泣のジョルジュ

彼女たちが彼らを振った理由はなんと!お互いを好きになってしまったから!!
そう、百合!

考えなおせと説得するミルナに元カノが一言

川 ゚ -゚)「そっちはそっちで付き合えばいいんじゃないか」
      _
(;゚д゚ )( ;∀;)「……は?」

元カノに言われなぜか付き合う事になった二人

二人は彼女とよりを戻せるのか!
それともこのままksms街道まっしぐらなのか!?

基本的ギャグ


ボツ理由

文章力とギャグセンスが皆無
萌え豚腐豚ホイホイになりそうだったから


書けそうにないから置いておきます

108 ◆lLjZFMif2Y :2013/05/27(月) 09:26:28 ID:LAaum7pg0
流石兄弟が好きすぎて初投下考えたけど無理だったので
( ´_ゝ`)空と明日と望んだ世界のようです(´<_` )
ジャンル:現代系
主人公:流石兄弟
繰り返される9月14日と、変わらない世界の話。
解釈 空→考えてない 明日→来ることの無い明日
望んだ世界→学生達がそれぞれ望む世界

説明は続く

109 ◆lLjZFMif2Y :2013/05/27(月) 09:58:06 ID:LAaum7pg0
登場人物(かなり多い)
異変を止めるサイド ※全員クラスメイト
( ´_ゝ`) 流石兄者 主人公1。平和すぎて何も無い。
(´<_` ) 流石弟者 主人公2。平凡な高校生。クラス1の成績&人気。
( ^ω^) ブーン 兄弟の次に異変に気付く。かなりのバカ。
('A`) ドクオ ブーンの親友。初めは異変を信じていなかった。
ξ゚⊿゚)ξ ツン クラス2番の天才。冷たい裏面結構優しい。
ζ(゚ー゚*ζ デレ ツンの友達。二重人格。愛らしい人格の裏は―。
(*゚ー゚) しぃ 流石兄弟を尊敬している。つーの姉。 
(*゚∀゚) つー 妹。いつもしぃと一緒にいる。
正常化を邪魔するサイド※全員正常化組と同じクラス
(´・ω・`) ショボン 他の家と違って好青年。邪魔する方法が物理的。 
(`・ω・´) シャキン ショボンの兄。兄弟愛が恐ろしい。
(,,゚Д゚) ギコ猫 思い立ったらすぐ行動。チームから孤立状態。
(-_-) ヒッキー 昔ドクオと大喧嘩した。以来仲がものすごく悪い。
川 ゚ -゚) クー 序盤は誠実な潜入役。終盤で裏切る。ヒートの従姉妹。
ノパ⊿゚) ヒート クーについていく位仲良し。勿論裏切りにもついていく。
lw´‐ _‐ノv シュー 異変の犯人。9月15日に大事な人を失った。
o川*゚ー゚)o キュート 記憶喪失。この異変を止める鍵。

書いてくださる人の為のネタバレ系は次で

110 ◆lLjZFMif2Y :2013/05/27(月) 10:38:33 ID:LAaum7pg0
※バトルとかもいける気がする。辻褄は皆が合わせてくれると嬉しい。
追加:ペニサスが事故に遭う→シュー絶望、時間が繰り返される→
    ヒッキーは一番初めに異変に気が付く→ドクオと大喧嘩→
    事故で絶望したシューはこの事態を異変が起きてから
    1年後に気が付いた→それでもしかしたら時間を元に戻そうと
    する人がいるかもしれないと思考が狂った(そのままあの日に
    なってほしくないという謎の理由)
    →なんとか止めようと、メンバーを集める→1年後→
違和感を感じて流石兄弟も気付く→
    ブーン今起きていること理解→
    ドクオ以外信じる→後からドクオが仕方なく信じる→
    異変を止めようと頑張る
ネタバレ
キュート→シューが事故で失ったペニサスが姿を変えた
ヒッキーとドクオが喧嘩した理由→もうヒッキーは異変が
始まっているのに(初めは皆毎日違う行動(普通の日常)を送っていた)
気が付いていて、ドクオに説明したら信じてくれなくて大喧嘩。
クーが裏切った理由→実はペニサスの事故を目撃していた。
そしてキュートの真実を知らずにシューは狂ったままだから、
全てを正そうと裏切った。
デレの二つ目の人格→敵味方問わず殺そうとする。はっきり言って
隠す要素でもない。

以上。
ボツった言い訳
・長編になりそう
・ネタが出てこない
・ありきたりでつまらん
・初投下は無理があった
・なんか色々変
・キャラ多すぎ
・めんどくさい

誰か書いてください・・・

111 名も無きAAのようです :2013/05/28(火) 13:39:59 ID:MFi8FkIY0







('A`)「僕、いつの間にか役作りに没頭してしまうんです……普段から上下スウェット、髪はボサボサ……
    僕の近場のコンビニ店員さんなんかは、やっぱり”役通りの奴なんだ”って思ってるでしょうね」

───(笑)

質問その1

・ブライベートではどの俳優と仲がいい?

('∀`)「あはは、その質問。必ず来ると思ってましたよ───やっぱり、内藤君です」

───過去、名作と呼ばれる作品の数々にはほとんどご一緒されてますよね?

('∀`)「うん……やっぱり、付き合いも一番長いし。内藤君と切磋琢磨してきたからこそ、
    今の自分がある。彼には本当、感謝してますよ」

('A`)「あ、今の部分本誌ではカットしといて下さい……彼、また調子に乗っちゃうんで」

───(笑)

112 名も無きAAのようです :2013/05/28(火) 13:44:38 ID:MFi8FkIY0

質問その2

・これまで出演して来た作品で、もっとも思い入れのある作品はなんですか?

('A`)「難しいな……これは」

そう言って、落ち着きなさそうに身体を前後に揺らす宇津田さん。
しばらく顎を摩っていたが、次第にゆっくりと語りだしてくれた。

('A`)「本当に難しい質問です……”アルファベット”に出させて頂いた時なんかは主役こそ
    内藤君でしたが、僕もあの作品自体に本当にのめり込んでいきましたよ」

―――既に個性派俳優として周知され始めていた頃でしたね。

('A`)「……劇中でベテランの河内御流那さんの演技と、僕の掛け合いがあったんですが、
    役に入り込み過ぎた僕が途中何度も感極まって、3回もリテイク頂いちゃいましてね(笑)」

───河内さんもそれには苦笑い?

('∀`)「いえ、それが河内さんも撮影が終わった後は結構泣きそうに鼻声だったんですよ(笑)」

───(笑)

113 名も無きAAのようです :2013/05/28(火) 13:54:33 ID:MFi8FkIY0

('∀`)「……一番の思い入れという質問でしたよね。やっぱり、”アルファベット”で内藤君が
    一躍時の人になってた一方で、自分も同じ俳優としては複雑な心境だったんですよ」

―――鬱野葉さんにもそんな時期があったんですか。

('∀`)「えぇ、内藤君が一気にスターダムをのし上がっていくのを見ながら、自分の演技や
    表現力そのものに、不安を感じていた時期はありました」

―――しかし”正義ヒーロー”では、全く新しい鬱野葉さんの演技に周りは皆驚きましたよね。

('∀`)「あら、言われちゃいました?―――そうそう、そんな中で頂いた主演が、
    あの”正義ヒーロー”でした。あれは自分の中でも結構賭けで、まぁおかげ様で
     かなりの評価を頂くことが出来ました……そういう意味では、やっぱり一番感慨深いかな」

───最初は冴えない若者の役柄でしたが、見違えるように成長してゆく作品でしたね。

('A`)「えぇ、僕自身もっと向上心を持たなければと。内藤君が脚光を浴びる裏では役柄と同じ心境でした。
    それが───結果的に良かったんでしょうね……物語の中で成長していく主人公とともに、
    全ての撮影が終わってから試写会に立ち会った時、そこで自分が一皮向ける事が出来たと、泣きましたよ」

───失礼ですが、鬱野葉さんは結構普段から泣かれるんですね。

114 名も無きAAのようです :2013/05/28(火) 13:58:34 ID:MFi8FkIY0

('∀`)「ちょっと恥ずかしいですけど、僕のような役をやる上での職業病かも知れませんね。
    でも、僕の演じる”ドクオ”の心が脆いというのこそが、より親しみを覚える。
    弱いからこそ、最初は自分や他者を責める。だけど、人一倍痛みに敏感だから、他者を労り
    困難を乗り越えて成長していく事が出来る───感情移入できる人が多いと思うんですよ」

───最後はちょっと良い話で締めくくって頂きまして、ありがとうございます。

('∀`)「いえいえ。」







( ^ω^)「こんにちは」

イメージ通り、やはり爽やかな好青年。
待ち合わせ場所にキャンディゴールドのムルシエラゴで乗り付けた彼だが、車から出てきた彼には、
ビッグスターである事を嫌味に振舞う様子も無く、彼に気付いた女子高生達は群がってサインを求めていた。

3枚ほどサインを仕上げた後に、我々記者立ちがその場で待っているのに気付くと、
”本当、ごめんね!”と少女たちに軽く手を振って、小走りでこちらへやってきた。

(;^ω^)「どうもすいません、これから取材だというのに」

───いえいえ、初っ端からネタになるスターっぷりを見せて頂き、ありがとうございます(笑)

(;^ω^)「いやいや、スターだなんて」

115 名も無きAAのようです :2013/05/28(火) 14:01:46 ID:MFi8FkIY0
>>111-114
もう何番煎じか数えられないようなネタですが、メモ帳に残っていたのでここで供養をと。
作品しっかり読み込んで、それぞれの時系列もしっかり追えないと無理だなと断念。
勝手に作品名出して作者さんに怒られるかなw

116 名も無きAAのようです :2013/07/25(木) 05:12:16 ID:.IVf.m060
ちょい長いんだけど、お蔵入りしたやつを一本

生まれた時からガチ透明人間で、誰にも触れられないし見えないし聞こえない
そんな弟者と祝言あげることになった町娘デレちゃんの江戸時代恋愛もの

「誰にも観測できない」特殊さを持つ弟者とデレのふれあいやら、
お庭番的な仕事をする流石一族と幕府の権謀術数やら
書きたいものありすぎてまとめきれなくなった

観測できないってのは、たとえばデレが「リンゴが欲しい」って言ったとしたら、
背後でゴトッとか音がして、振り向くとリンゴが現れてる…みたいな感じ
現れる瞬間や移動してる最中のリンゴは、それを行ってる弟者同様観測できない

母者でさえ息子の顔をみたことがない
二人分の胎児が腹を蹴るのを感じてたけど、生んだと認識できたのは兄者だけ
飯とかトイレとかは弟者が自分でなんとかしてた
兄者に乳やって飯びつに寝かせて、母者が数刻うとうとしたら妙に乳が減ってた、とか。
人外さを強調するエピソード

以下プロローグ

117 名も無きAAのようです :2013/07/25(木) 05:12:59 ID:.IVf.m060




流石、って一族を知ってるかい?

そうそう、「あの」化け物ぞろいの流石さ。

近々あすこの次男坊に、なんとまあ可愛いヨメさんがくるって話よ。

ほんにまあ、可哀想にねえ。

118 名も無きAAのようです :2013/07/25(木) 05:13:47 ID:.IVf.m060




ζ*゚ー゚)ζ流石デレ者のようですって!(´<_` )

119 名も無きAAのようです :2013/07/25(木) 05:14:32 ID:.IVf.m060

ζ*゚ー゚)ζ「右向けェー、みぎっ!」

ζ*゚ー゚)ζ「やまっ!」

ζ(゚ー゚*ζ「左向けェー、ひだりっ!」

ζ(゚ー゚*ζ「これまたやまっ!」

ζ(゚ー゚*ζ「前も! うしろも! やっぱり山っ!」

ζ(-д-;ζ「完全に迷っちゃった……」

ζ(゚ー゚ ;ζ「おかしいな、私方向感覚と金銭感覚にだけは自信あったのに」

うっそうと茂った森の中、行けども行けども草また草。
旅費をケチって歩いてきたはいいものの、嫁ぎ先がここまで山奥とは正直思っていませんでした。

ζ(゚ー゚*ζ「戻るべきかなー、進むべきかなあ……」

ζ(゚ー゚*ζ「戻るにしても大分戻んなきゃいけないし……」

しかし立ち止まっていても話は進みません。
分かるところまで戻るべく風呂敷包みを背負い直したところで、

(;´_ゝ`)「いたーーーーーーー!!!!!!!!!!!!」

ζ(゚Д゚;ζ「ほんぎゃーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!???????」

120 名も無きAAのようです :2013/07/25(木) 05:15:12 ID:.IVf.m060

突如響き渡る男の人の声。

(;´_ゝ`)「雄々しい絶叫がうら若き少女の口から!?
      ちょ待って逃げないで!! デレちゃん! デレちゃんだよね?!!」

ζ(゚ー゚;ζ「ああははははいっ、はじ、初めましてデデデデレですっ!!」

声はすれども姿は見えず。
言葉を返しつつきょろきょろと周りを見渡していると、上、うえ、とまた声が降ってきました。

慌てて上を向けば、背の五倍ほどの高さにある枝の上に人の姿。
その人は軽く枝を蹴り、目を丸くする私の目の前へ、なんでもない事とばかり飛び降りました。

( ´_ゝ`)「初めまして。俺は流石の兄者です。弟のヨメさんを迎えに来ました」

流石一族。時の権力者に雇われて、時代を陰から支えた異能の人々。
高い木の枝から飛び降りることは、彼らの力のごくありふれた一端でしかないのでしょう。
初っぱからこれかー、と、今後を思い気合を入れ直しながら、私は差し出された右手を握りました。

( ´_ゝ`)「見つかってよかった。ろくな手入れしてない山の中だし、
      大事なヨメさんに何かあったらと気が気じゃなかったよ」

ζ(-д-;ζ「ご迷惑おかけして申し訳ありません……」

( ´_ゝ`)「いやいやw まあヨメさんの足腰がしっかりしてると分かって嬉しいよ。何せヘンピな御山なもんで」

121 名も無きAAのようです :2013/07/25(木) 05:15:53 ID:.IVf.m060

薄水色の着物にあちこち木の葉をくっつけて、兄者さんは屈託なく笑いました。
探しまわった時間を表すそれは立派な汚れっぷりに、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
失礼します、と声をかけ、着物と同じ薄水の髪にくっついていた木の葉を払いました。

自分のいでたちに気付いたのか、兄者さんは慌てて体中をはたきだします。
あらかた汚れを落とし終えて、こほんと小さく咳払い。
ばつが悪そうに頬を染めたまま、私の方へ向き直りました。

( *´_ゝ`)「さて、早速ですが俺らの屋敷へご招待です。
       ちょっと飛ばすからしっかり捕まっててくださいねっと」

ζ(゚ー゚;ζ「飛ばっひゃあ!!?」

ひょい、と膝を掬われて、私はあっさり抱えあげられてしまいます。
そのまま兄者さんは土を蹴り、すいすいと木々や茂みを避けて走り出しました。

目の回るような速さで流れていく風景。速駆けの馬に乗ればこんな具合でしょうか。
兄者さんの首にしがみついて、流れていく緑を見送ります。

人ひとり抱えているとは思えない、危なげない兄者さんの走り。
楽しげに細められた糸目を見上げつつ、私は少しだけ暗い気持ちになりました。

家を出て、顔も見たことのない相手の元へ嫁ぐ。
貧しい武家の次女として生まれた以上、いつかは享受しなければいけない未来。

でも、こんな、言ってしまえば得体のしれない家の人とだなんて思ってもいませんでした。

122 名も無きAAのようです :2013/07/25(木) 05:17:34 ID:.IVf.m060

( ´_ゝ`)「気持ち悪かったりしない? 平気?」

ζ(゚ー゚*ζ「平気です。むしろちょっと楽しいかも」

( ´_ゝ`)「弟のヨメさんはなかなか豪気だな」

ζ(゚ー゚*ζ「えへへ」

( ´_ゝ`)「もっと速く走れるけどどうしよっか」

ζ(゚ー゚*ζ「望むところですよ!」

( *´_ゝ`)「よーし兄者頑張っちゃうぞー!」

こちらを気遣ってか、色々話を振ってくれる兄者さんと、他愛のない会話を続けました。

初めて会った「流石」の家の人。
ちょっと言動が唐突なところもあるけれど、どうやら優しい人のようです。
この人の弟さんならそうそう変な人ではあるまい。
きっと、きっと、うまくやっていけるはず。

この人が私の結婚相手だったら、なんて
過ぎった酷い考えはつとめて頭から追い出しました。

123 名も無きAAのようです :2013/07/25(木) 05:18:15 ID:.IVf.m060

生産性のないこと考えるより、弟さんについて聞いておこう。
今更ながらそう考え、口を開いた瞬間。
あたりが開け、立派な石垣に囲まれたお屋敷が目の前に現れました。

( ´_ゝ`)「到着ー」

抱えたときと同じく軽々と私を下ろした兄者さん。
いつのまにか持ってくれていたらしい私の風呂敷包みを慌てて受け取りました。

ζ(゚ー゚*ζ「あ……ありがとうございました。重かったですよね」

( ´_ゝ`)「いんや全く。修行で抱えた臼に比べりゃ軽い軽い」

ζ(゚―゚*ζ「それはどういう?」

(;´_ゝ`)「例え間違いました。申し訳ない」

ζ(゚ー゚*ζ「まったくもう」

包みを抱え直し、兄者さんに続いて門をくぐりました。

124 名も無きAAのようです :2013/07/25(木) 05:19:04 ID:.IVf.m060

プロローグここまで
この後流石家の人物紹介や、結婚相手が透明人間な事など判明する

あと一番書きたかった祝言、三三九度のシーン


こと、と小さく音がしました。
反射的に目を開き、隣に目をやると、三方の上、盃が半分ほど干されていました。
美しい螺鈿の細工が施された守り刀と、なにやら折りたたまれた手紙らしきものも現れています。

兄者さんが三方ににじり寄り、手紙を取り上げます。
うやうやしく私たちの前に進み出ると、綺麗に三つ折りにされた半紙をそっと開きました。

『うみゆかばみづくかばね
 やまゆかばくさむすかばね
 おおきみのへにこそしなめ
 かへりみはせじ』


祝言の時にわざわざ死体なんて縁起悪い言葉を使った手紙を送るなんて…と思ってたデレだけど
後々弟者と交流を重ねていくうち本当の意味に気付く、みたいな

「あなたが海を行くのなら水に沈む屍となり、山を行くのなら草生す屍となろう。
 ずっと傍に居させてほしい。
 隣にいるのがもしあなたでなかったらなど、かえりみる事は決してない」

書きあげられる気しないから供養カキコです

125 名も無きAAのようです :2013/08/16(金) 02:12:49 ID:MPkCB3rI0
人間になりたい不死身の化け物クーと、人になりたい存在価値虫以下のドクオ(16)が
必死になって生きる話が浮かんだけど未だにまともにAA打てねえから置いとく。
誰か頼むこの子達を拾ってあげてくれ。

大切にしているものがあるとする。
それは、形あるものではなく、親からもらった愛情だとか、人としての尊厳であったりとか。
それらを一緒くたにミキサーにかけられ粉々にされ、目の前で豚の餌にされるのをただじっと眺めるのが、俺の人生だ。

死にたいわけではない。
生きている限り生きていたい。
けれど、お前は本当に生まれてきたかったのかと問われると、首を傾げて苦笑いするしかできなくなる。

126 名も無きAAのようです :2013/08/16(金) 02:14:00 ID:MPkCB3rI0
━━━━俺は、生まれてくるべきではなかった。

127 名も無きAAのようです :2013/08/16(金) 02:27:18 ID:CbGC0WG60
気が付いたら木の根元でぼんやり空を眺めていたというのは、生き物としてはわりと欠陥のある生まれだと思う。
空(くう)を眺めていたからクゥル、なんていうのも、自分が自分の名付け親だもいうのも、なんともいえず空虚なものだ。

人は良い。
絵を描き、歌を歌い、物語を紡ぎ、そして友と夢を語る。
無為に孤独に、何百何千もの月と太陽を眺めてきた私にとって、彼らの営みは非常に心惹かれるものだったが
真似れば真似るほど、近付こうとすればするほど、私は彼らと私の違いに泣くはめになった。

私は、恐らく生きることに倦んでいる。
そして何百年も生きていながら、私は未だ人に焦がれている。
それだけが、私の事実だ。

128 ◆MgfCBKfMmo :2013/08/19(月) 10:18:15 ID:Yk3KobIk0
百物語のためネタを考えたけど没にした物語をここに供養します。

・ショボンは峠で戦いを挑むようです
峠に出没するお化けと走り屋ショボンの勝負のお話。
屋根に飛び乗ってきたり扉を叩いてきたり、いつの間にか同情してくるお化けたちをショボンが機転を利かせて倒していく。
勝負の果てに彼が見たものは……

(没にした理由)
車の描写が「車」としか書けない時点で、このような物語は僕の手に負えないと思った。




・トソンと藁人形のようです
ネット通販で藁人形を手に入れたトソンが、クラスの人気者であるミセリを殺そうとする話。
藁人形に唆されて何度も実行しようとするも、昔のミセリの姿がちらついて思いとどまる。
やがて藁人形の前の持ち主が接触してきて……

(没にした理由)
構想を練っているうちに矛盾がひどくなってやめた。

129 名も無きAAのようです :2013/09/06(金) 22:53:55 ID:2p33nsL20
『つ・な・げ・て・み・た・い』の没編が見つかったのでここにぶちまけますん

130 名も無きAAのようです :2013/09/06(金) 22:54:44 ID:2p33nsL20
(;´・ω・`)


こんな深夜に、僕は何をしているんだろう
いや、見てくれればわかるように、レンタルビデオ屋にいるんだ
そんなことは誰だって経験することだろう


だが、問題は借りるDVDの内容だ


『ムカデ人間』

『ムカデ人間2』


人の頭と尻を繋げて、ムカデのような人間を作り出そうとするキチガイ映画
なんでこんなカルトまっしぐらな映画が日本最大のレンタルチェーン店でのみ取り扱っているのかわからない


誤解の無いように言っておくと、僕が観たいわけじゃない
クラスに一人はいるDQN、長岡に借りて来いと言われたのだ
情けないことだが、僕はパシリとしてわざわざ深夜に出向いたのだ


(;´・ω・`)(自分で借りろよ気持ち悪い…)


心の中で文句を言いつつ、適当なアクション映画の間に挟んでレジへと持っていった

131 名も無きAAのようです :2013/09/06(金) 22:55:44 ID:2p33nsL20




『つ・な・げ・て・み・た・い』

未公開シーンのようです



.

132 名も無きAAのようです :2013/09/06(金) 22:56:35 ID:2p33nsL20
  _
( ゚∀゚)「おっせーんだよ垂れ眉!!!」

(;´・ω・`)「ご、ごめん…」


『お前だって濃い眉毛しているくせに』という文句を押し込め、レンタルバッグを手渡す
室内はタバコの煙で充満し、机の上にはビールの空き缶が所狭しと並んでいた


ζ(゚ー゚*ζ「ちょっと〜、かわいそうだってwwwせっかく借りてきてくれたのにwww」

(*゚ー゚)「そうだよwwwww」


黙れよパツキンクソビッチ共、そんなこと微塵も思ってないくせに


(;´・ω・`)「じゃ、じゃあ、僕は帰るね…」


こんな所にいつまでも居たくない
早く帰ってゲームの続きをしたかった


(,,゚Д゚)「待てよ、せっかく来たんだからゆっくりしてけやゴラァ」


同じくDQNの猫田が引きとめた
冗談だろ?仲間に入れと?


(;´・ω・`)「あ、う…」

(,,゚Д゚)「な?」


強面の彼に凄まれ、僕は渋々居座る事になった

  _
( ゚∀゚)「おいおい、あんまビビらせんなって。大事なお友達なんだからよwwwww」

(,,゚Д゚)「別にビビらせたわけじゃねーよ。ホラー映画は人数多いほうが楽しいからな」


ああ、要するに…怖がる僕を見て楽しみたいわけだ
とことん見下げ果てた連中だ。胸糞が悪い

133 名も無きAAのようです :2013/09/06(金) 22:57:16 ID:2p33nsL20
  _
( ゚∀゚)「オラッ、早く挿入ろって」


顔面にDVDが入ったバックが叩きつけられる


(;´・ω・`)「った…」
  _
( ゚∀゚)「ごっめーんwwww痛かったwwww」

ζ(゚ー゚*ζ「wwwwwwwwwww」


ああもう、本当に気分が悪い
マジでこいつら、事故とかで死なないかな


『ムカデ人間』をデッキに挿入する


(;´・ω・`)「…」


大して興味を惹かれない予告編が多数流れた後
本編が再生された

134 名も無きAAのようです :2013/09/06(金) 23:00:00 ID:2p33nsL20



(;´ ω `)「…」
  _
( ゚∀゚)「ヒャッヒャッヒャッヒャッヒャwwwwwww」

ζ(゚ー゚*ζ「ウケルーーーーwwwww」


こいつら、頭おかしい
なんでこの内容の映画をゲラゲラ笑いながら観れるんだ


(,,゚Д゚)「くっだらねえwwww」

(*゚ー゚)「きもーいwwww」


動悸と震えが止まらない
もし自分があの状況になったらと思うと…恐ろしすぎる

  _
( ゚∀゚)「見ろよwwwこの垂れ眉の怖がりようよwwwwww」

ζ(゚ー゚*ζ「ありえないんですけどwwwww」

(;´・ω・`)「あ…」


どうしよううまく言葉も出ない

  _
( ゚∀゚)「『あ…』」
  _
( ゚∀゚)「だってよwwwww何感じてんの?キモ過ぎwwwwww」


部屋の中が爆笑の渦に包まれる
…惨めだ、帰りたい


(;´・ω・`)「…」


だけど、こんな状況でも
何故か三人が繋がっている映像から目を離せなかった


(;´・ω・`)「…」

135 名も無きAAのようです :2013/09/06(金) 23:01:24 ID:2p33nsL20
『ムカデ人間2』になるともう

  _
(; ∀ )「…」

ζ( ー ;ζ「オエッ…」

(,,゚Д゚)「おいしぃ、大丈夫か?」

(;゚ー゚)「ちょっ…と、いや、大丈夫だよ」


笑い声なんて上げる余裕はなかった
桁が違いすぎた


(´ ω `)「…」


醜悪な見た目の主人公
その周りを取り囲むイカれた親族、関係者
映画『ムカデ人間』を観て暴走する狂気
被害者の12人
最悪な手術
母親に踏み殺される子ども


(´ ω `)「ハ…」


こんな惨状を観て僕は


(´ ω `)「ハハハ…」


何故か、笑えた
最悪の想像が、更に加速した

136 名も無きAAのようです :2013/09/06(金) 23:02:14 ID:2p33nsL20
僕の隣には、『木刀』が立てかけてあった


映画の中で彼は、『バール』を使っていた


問題ないだろう



問題、無い

137 名も無きAAのようです :2013/09/06(金) 23:03:25 ID:2p33nsL20
『』



長岡が目を覚ましたのは、その二時間後だった

  _
(  ∀ )「う…」

(;´ ω `)「ッ!!」


直後、再び頭に強い衝撃を受け、意識を失った


.

138 名も無きAAのようです :2013/09/06(金) 23:04:25 ID:2p33nsL20
バブル時代の都市開発で建てられたビルがある
間も無くして泡が弾け、業者は倒産
結果的に廃ビルという形で、解体されること無くひっそりと佇んでいた


(;´・ω・`)「ハァ…ハァ…」


早朝、ホームセンターからありったけの『手術器具』を調達し戻ってきた
ついでに、コンビニで『ウイスキー』を買ってきた

  _
(  = )「…」

ζ( = *ζ「…」

(,#゚=゚)「ウウー…」

(* = )「…」


口はガムテープで塞ぎ
手足はビニールテープで何重にも巻きつけ拘束していた


(;´・ω・`)「わ…起きてる…タフだなぁ猫田くんは」

(,#゚=゚)「んんんんんんん!!!!」

(;´・ω・`)「お、起こんないでよ…き、君たちが悪いんだから」

139 名も無きAAのようです :2013/09/06(金) 23:07:02 ID:2p33nsL20
         A             B             C
     '⌒ヽ       __     '⌒ヽ       __     '⌒ヽ       __
    l・   ー---‐'    `ヽ l・   ー---‐'    `ヽ l・   ー---‐'    `ヽ
 →  ヽニ二ニ====ニ二ニ==ヽニ二ニ====ニ二ニ==ヽニ二ニ====ニ二ニ==ヽ  →
     ` ー- 、          | ` ー- 、          | ` ー- 、          |
         l   /    イ  |     l   /    イ  |     l   /    イ  |
        │  厂 ̄´ │  ,′    │  厂 ̄´ │  ,′    │  厂 ̄´ |   ,′
        /  ,'       |   l     /  ,'       |   l     /  ,'       |   l
          /  /      l  ー──/  /、      l  ー──/  /、      l  ー─── 、
       /  /        └───/  / │     └───/  / │     └────┐│
        し'´                 し'´ Lノ              し'´ L.ノ               L.ノ


                                      ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                       d⌒) ./| _ノ  __ノ
                                      ---------------
                                      制作・著作 MKD

140 名も無きAAのようです :2013/09/07(土) 00:45:30 ID:1CmE/4U2O
>>129>>139 
今までで一番の感動作品だったよ 
これは暑いなか死にそうになりながら、薄い本ゲットした奴が拾ってくれるよ

141 名も無きAAのようです :2013/09/08(日) 01:11:12 ID:Q6l69z2oO
ジュラ期に飛ばされるようです

小さな田舎街の外れにひっそりと佇む研究所、ここでは極秘裏に様々な実験が行われていた。

とある実験中に強大なエネルギーが発生し、街ごとジュラ紀へタイムスリップしてしまう。

過去に送られた人間は凡そ2万人、彼らは恐竜で溢れ返るこの時代で生き残り、過去から脱出出来るのだろうか?

没理由

勢いで書いたので、展開がさっぱり思い浮かばず…
あと、似たような展開の映画がありそう。


一応結末

帰れない

142 名も無きAAのようです :2013/09/08(日) 01:11:47 ID:Q6l69z2oO
少女解体のようです

ある山中に、一人離れた場所に住んでいる老人がいた。

老人の住む家は、その外観の不気味さから、地元の住民からお化け屋敷と呼ばれていた。

そんなお化け屋敷に入ってみようとした主人公は、老人に捕まってしまう。

捕まってしまった主人公は、そこで恐ろしい光景を目の当たりにする。

なんと老人が、人間を解体していたのだ。

なんと老人の趣味は人間の解体、そしてその肉を食べることであった。

主人公も食肉として咀嚼されそうになるが、何故か殺されず、その代わりに獲物が入る度に、解体の手伝いをすることになる。

毎日気が狂いそうになりながら、無理矢理解体をさせられる中、老人が連れてきた新たな獲物は、自分が密かに恋心を抱く人物だった。

老人にそれを見抜かれた主人公は、彼女の解体を自分一人で行うように命じられる。

脳裏に浮かぶ彼女の無惨な姿。しかし、同時に脳裏に浮かんだ彼女の悲惨な姿に高揚を感じている自分に気付く。

彼は一体どうするのだろうか?

没理由

なんか色々とおかしな時期に思い浮かんだ作品、書ける気がしない。マジキチ。

とりあえず主人公は、欲望のなすままに少女を解体していく。

143 名も無きAAのようです :2013/10/17(木) 20:59:10 ID:6wYl/DM60
無駄な伏線張りまくって一切回収せずに最終回まで突っ走る話考えたけど展開が思いつかないから没

144 名も無きAAのようです :2013/12/25(水) 21:56:31 ID:AhXB30BQ0
長編書くときにスレタイと各章のサブタイだけ事前に考えて結局放置ってことがよくあるので、試しにタイトルだけここに置いといてみる
誰かティンと来たら使ってやってくれ



第一話「黄色い花とオムライス」

第二話「凪ぎ止み消える浪の音」

第三話「玉兎の夢のように」

第四話「ヴァニラ・アイスが溶けたら」

第五話「くるくる回るよ羅針盤」

第六話「7つの×(ばつ)」

最終話「ブーン系小説に花束を」

.

145 名も無きAAのようです :2014/01/06(月) 12:26:19 ID:z885NyMo0
世界は五分前に作られた
主人公だけがそれを知っている
主人公には五分前からの記憶しかない
ありもしなかった過去のことをひきずる周りの人々を馬鹿だなあとながめる話

というのを思いついたが書けないのでどうぞ

146 ◆noe7UUkd3A :2014/02/08(土) 11:54:35 ID:MpUptTlQ0

('A`)「…ところでさ、クー。」

川 ゚ -゚)「なんだ」

('A`)「お前って、第一パン派じゃなかったっけ」

川 ゚ -゚)「あれは嘘だ、本気にするな」

(;'A`)「嘘にしちゃうのかよあれ」

川 ゚ -゚)「だって嘘予告だし」

(;'A`)「まあ、嘘予告だけどな…」

川 ゚ -゚)「帰国後、最初に食べた朝のパンは『あげパン番長』だがな」

('A`)シ「おい、それ神戸屋」

川 ゚ ー゚)「なら、説明はあの二人に任せるか」

(;'A`)「ええええ…ってことは、俺らの出番これだけ?」

川 ゚ -゚)「なんだ、不服か? 皆と接触したいのか?」

川 ゚ -゚)「だが、外の気温は一桁だし、北風が強くて寒いぞ…ほれ」ガラッ

(゚A゚)そ「ヒィイッ!!」


カチンッコチンッ + [゚A゚] +<カッチカチヤデッ 


川;゚ -゚)「窓開けただけで凍るのか、なんと貧弱な…」


大手パンメーカー大作戦のようです・4

秋が過ぎたから練り直して一から書いて
正月すぎたんだけどあけおめでいいだろうかと考え中のため
許せ

147 名も無きAAのようです :2014/02/08(土) 23:58:04 ID:EO4gkgGoC
今日は1月39日だから大丈夫だ

148 名も無きAAのようです :2014/02/26(水) 02:29:14 ID:pnVwr/RY0
嘘予告に投下した下の話なんだが……

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/13029/1357266634/806

訳あって某所に転載したらすごく読みたい生殺しじゃねえかと言われたんだが、どう考えても自分の手に余る

誰か拾ってくんねーかな

149 名も無きAAのようです :2014/02/26(水) 21:45:16 ID:v4zMUuWYO
>>148 
転載するくらいだから、書く意欲満々とみた 
2〜3ヶ月後を楽しみにして待ってるよ

150 名も無きAAのようです :2014/05/26(月) 20:58:50 ID:U7geNdWU0

('A`)「ブーンと飲んでるなう、っと」

(; ^ω^)「どっくん、なうってもう古くないかお?」

('A`)「え?」

( ^ω^)「いや、最近なうって使う人少ないと思うお」

('A`)「……」

( ^ω^)「……」

('A`) 「……おこだよ?」

( ^ω^)「は?」

('A`)「もう一回そんなこと言ったらおこだよ?」

( ^ω^)「……」

('A`) 「……」


------------
激おこぷんぷん丸まるなるワードが流行っていた時期に
もう古いけど、日常ものの穴埋めにでも何でも使えたら改変など、自由にドゾー

151 名も無きAAのようです :2014/05/26(月) 21:01:27 ID:U7geNdWU0
そんな感じで日々は続いたようです

1、精米機になれなかった女


( ФωФ)「ご入学おめでとうございます」

( ФωФ)「我が校では、皆様の実りある……」

ζ(゚ー゚*ζ(わあああ、部活は何に入ろう)

ζ(゚ー゚*ζ(そうだ、友達ってどうやって作ったっけ?)

ζ(゚ー゚;ζ(もう、どうしよう! 緊張する……)

lw´‐ _‐ノv「……機」

ζ(゚ー゚*ζ(ん! 隣の子が何か呟いてる!)

w´‐ _‐ノv「……米機」

lw´‐ _‐ノv「精米機になりたい……」

ζ(゚ー゚;ζ「……」

ζ(゚ー゚*ζ(や、病んでる……)


------------
ほのぼの日常もの。この先が思いつかないので諦めた
ご自由に使ってやってください

152 名も無きAAのようです :2014/08/28(木) 21:32:16 ID:B3FlUyDQ0
lw´‐ _‐ノv・・・

lw´‐ _‐ノv今日はmyばーすでー

lw´‐ _‐ノv記念すべき14歳

lw´‐ _‐ノvふぅ…



lw´‐ _‐ノv世界救お


救星シュールのようです


lw´‐ _‐ノvあちきの武器は蜘蛛

lw´‐ _‐ノvスパイダーマン的なやつ

lw´‐ _‐ノv世界を、この星を護るため!

lw´‐ _‐ノv美少女救星主探偵が世界を駆けずり回る!

ーーーーーそして目覚める本当の力

ーーーーー「救星シュール」この言葉に隠された意味とは…

………………
没理由
設定ばっかりできてヤバい
世界観を広大にしすぎてヤバい
シューの蜘蛛の力とか本当の力とかを生かしきれなくてヤバい
そんなこんなでヤバい
こんなヤバい作品、星を救う覚悟をもって自由に使ってください

153 名も無きAAのようです :2014/12/05(金) 22:42:20 ID:VEZwdQVg0
(´<_` )

(゚、゚トソン

(゚A゚* )

('(゚∀゚∩

(´<_` )「何だこのメンツ」

すでうよのAAき向左(´<_` )

154 名も無きAAのようです :2014/12/21(日) 23:08:10 ID:mj3/RRdc0
/|\゜^゜)素直くうねる
ってどうよ

155 名も無きAAのようです :2015/02/04(水) 00:30:11 ID:wSR4WOsY0
今日ここのネタの子が拾わてVIPで活躍してたな! 生みの親でもなんでもないんだが、このスレ好きでここにあるネタになんとなく愛着があるから、ネタが花開いて作品になってくと、なんか嬉しいわ。

156 ◆CHa7wGxL9A :2015/06/23(火) 16:04:03 ID:MHqpFj3.0
>>148

使わせてもらっても良いですか?

157 ◆CHa7wGxL9A :2015/06/23(火) 16:04:58 ID:MHqpFj3.0
>>148

使わせてもらっても良いですか?

158 ◆CHa7wGxL9A :2015/06/23(火) 16:06:03 ID:MHqpFj3.0
連投すみません

159 名も無きAAのようです :2015/08/13(木) 23:19:14 ID:WbHmiW7w0
>>156-158
二ヶ月も気付かずに放置してすみません……
まだ使っていただけるならどうぞご利用して下さい!!

160 名も無きAAのようです :2015/08/14(金) 01:58:56 ID:2/fquFkU0
 虐められり、無視されたり、クラスの連中は俺のことなんてゴミ屑程度にしか思っていなかった。

 俺はいつの間にか、そんな現状を受け入れた、正真正銘のゴミになるところだった。

 だが今は違う。スクールカースト最底辺。何も無いところから、大きな夢を掻っ攫う。

 これは下克上。これこそヒップホップってやつだろう?

('A`)「hey-yo まずは青コーナーから一発かまそうか? しっかり韻踏み合い殴り合い。膝折らねぇならインファイトつまりイルでタイトなライムからお前に渡すパンチライン。俺のスキルに会場呆然? ならば当然なっちまう日本一」

 このステージに立つ俺を、会場の皆が、全国の皆が見てくれている。

 俺はこの場所でなら、誰よりも格好良くなれるんだ。



('A`)は高校生ラップ選手権に出場するようです

没理由
自分の趣味過ぎて感覚を共有出来る人があまりにも少なそう

161 名も無きAAのようです :2015/08/14(金) 07:18:30 ID:6UegRCz.0
>>160
「今が楽しければ〜」にもラップあって嬉しかったが、俺はそういうの好きだ書いてくれよ

162 名も無きAAのようです :2015/08/31(月) 14:07:49 ID:rBi6/Kcc0
2chクルーズのようです

2chのいろんな板の特性を解説するって奴考えた

どんなことをする板なのか
どんな住民がいるのか
この板の楽しいところ
こんな人にオススメ

主にこのようなことを解説する

没理由は面倒いから

163 名も無きAAのようです :2015/08/31(月) 20:43:45 ID:.JPfR/Ek0
夏終わる前に書こうと思ってたけど普通に出来なかったので捨ててきます
誰か来年にでもこっそり拾ってやってください いつか自分で拾いに来るかもしれない

( ^ω^)夏の終わりを告げるようです


( ^ω^):田舎の子供。主人公で小学生
ミセ*゚ー゚)リ:蝉(ヒグラシ)。見た目の年齢は12〜15歳ぐらいのちょっとお姉ちゃんのイメージ
       服装が茶色のワンピースに麦わら帽子

基本はこの二人が軸で他にもブーンの友達がいっぱいいたりいなかったり
ミセリと出会ったブーンがおおよそ1〜2週間の間だけミセリと一夏の思い出を作って、最後に突然別れてしまうみたいな流れの話
なぜミセリがヒグラシ指定なのかというと、夏の終わりの時期に現れる蝉で夏の終わりを意味するのに良いかなと思った次第
最初は総合短編で書こうと思ったんだけどあからさまに30レスに収めて展開出来ないと思ったあげく、じゃあ短編として書こうとしてこの有り様です

あと蝉からダジャレでヒロインにミセリを選んだのはここだけの内緒だ

164 名も無きAAのようです :2015/08/31(月) 20:45:35 ID:.JPfR/Ek0
あ、ちなみにミセリは田舎の不思議パワーで人型になってるってことで
本当は蝉なんだけど妖怪みたいな存在で人の形になれるみたいな

165 名も無きAAのようです :2015/09/05(土) 03:10:00 ID:DM9NbLI.0
( ^ω^)の面接

1レスごとに、ミルナとブーンの視点を入れ替え

テロリストの偽装アジトに、
そうとは知らず面接に来たフリーターのブーン


( ^ω^)「ここかお?」

タイミングが悪く、面接官ミルナは今日捜査官が来ると思っていた

急な移動の準備をしていた為、表に出れる人員はミルナだけ。
後ろに控えているのは、全員顔がバレている。見つかったらアウトだ。

ブーンは普通のデブ。しかし、ミルナにはそれが偽装だと判る。

キョドってびくびくと視線を彷徨わせるも、
ミルナには周囲を観察していると思われる。

緊張し過ぎて、逆に欠伸が出そうになるブーン
それを我慢しようと俯いて震えているところを、
笑っているのを露骨に隠していると勘違いされる。

消しゴムを落とすミルナ。それを善意から拾おうとするブーン。
自分でもうっかり落としてしまった為、これは逆に使えると思い、
拾おうとするブーンに向かってサイレンサー付きの銃を撃つ。
椅子に座っていたとは言え、緊張で体が固まり、足がガクガクになっていたブーン
床で躓いてしまい、銃弾を回避。

照れ隠しに、頭を掻く。ミルナから見ると掠ったと思われる場所を。
戦慄するミルナ。こいつには敵わない。

ラスト、本物の捜査官が現れる。

自然体で現れたブーンをテロリストの重役だと盛大に勘違いし、第二ラウンド。

166 名も無きAAのようです :2015/09/05(土) 07:19:49 ID:iHLsmDS60
なにこれ面白そう

書いてくれよ

167 名も無きAAのようです :2015/09/05(土) 13:31:21 ID:V5kiCi220
すげぇ
そこまで練れてるなら、8割書けたようなもんだろ……
諦めんなよ!!

168 名も無きAAのようです :2015/09/05(土) 15:52:44 ID:CVqwaFy60
期待しているぞ

169 名も無きAAのようです :2015/09/06(日) 02:16:39 ID:lcs1VPxg0
ID変わってしまったが>>165
もうプロット練った時点で飽きたやつだから捨てたんだ

期待されても書けないんで
もし書きたい奇特な奴がいたら好きに書いてくれ

170 名も無きAAのようです :2015/09/06(日) 02:54:07 ID:8QY.zM5M0
じゃあやるしかねえ…

171 名も無きAAのようです :2015/12/15(火) 22:27:13 ID:PfoQ71Ug0
女性が毎晩のように叫んでいる。しかしそれを咎めるわけでもなく、通報するわけでもなく、ただ日々は流れている。一体どうして?

彼はとても怖い思いをして死んでしまった。しかし彼はポケットに忍ばせていたマッチを磨りあげただけであり、また、その状況を作り出したのは他ならぬ彼である。一体どうして?

女性が水場で禁断の果実を手にした結果、ある国が滅んでしまった。そしてそれを長きにわたって、人々は喜ばれている。一体どうして?


「君に許されているのは、YesとNoで答えられる質問、そして結末を迎えるための回答だけだよ」

「……え、と」

「さあ、頑張って。この問題の御褒美はドラジェだよ」

不思議な喫茶店で、不思議なメニューを頼んだ少女の答えは?

 ζ(゚ー゚*ζスープとお菓子のようです

没理由
ウミガメのスープをやってるAAたちと、甘いもの食べてほえほえしてる描写が書きたかったけど、問題とそれに関連するお菓子を結び付ける知識が無かった。

172 名も無きAAのようです :2015/12/15(火) 22:31:23 ID:PfoQ71Ug0
そしてそれを長きにわたって×
そしてそれは長きにわたって〇
回答が上から
赤ん坊が泣いてるだけだから。
男は死刑囚で、脱獄のためにトラックの棺桶に入っていたが眠ってしまい、棺桶が土葬された後に目覚めたから。
桃太郎。

173 名も無きAAのようです :2015/12/30(水) 21:00:16 ID:Xf3cLbZU0
>>165,169
使用させて頂きます、ありがとうございます

174 名も無きAAのようです :2015/12/30(水) 21:31:01 ID:TsSH0ua.0
>>173
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/13029/1447821093/

175 名も無きAAのようです :2015/12/30(水) 21:32:54 ID:TsSH0ua.0
>>173
これだったわ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/13029/1441500301/

176 名も無きAAのようです :2015/12/30(水) 21:53:56 ID:hicpaPlc0
別の人が書いたらどうなるのかちょっと気になる

177 名も無きAAのようです :2015/12/30(水) 22:13:03 ID:Xf3cLbZU0
ぐあああああああ!
やられちゃいました。
ブーン系がいま書けないので、一般的な形の小説に書き直してます。
いま拝読しました。>>175の先の作品も書き終えたら拝読させていただきます

178 名も無きAAのようです :2015/12/30(水) 22:58:43 ID:Xf3cLbZU0
173です。
ttp://kotodori.chobi.net/patio/patio.cgi?read=439
ここではないのですが、こちらに書かせていただきました。
なんかいろいろ申し訳なかったです。それではROMらせていただきます。

179 名も無きAAのようです :2016/01/17(日) 20:32:12 ID:eLryus0A0
('A`)はすべてのクズ共のためのなんでも屋なようです

大きな町並みの小さな路地
小さな路地にある小さな横道
小さな横道の途中にある、あまりにも目立たない扉
そこはありとあらゆる社会不適合者だけが見つけることができ、そして彼らだけがその扉を開くことが出来る

('A`)「……おっと、いらっしゃい。あんたは初めてのお客さんだね?」

('A`)「この店は俺、鬱田独男が経営してる『なんでも屋』。」

('A`)「言われたものならなんだって見つけて、あんたに売ってやるぜ。この店を見つけたあんたにはこの店で物を買う権利がある。」


没理由
書き溜める時間がない
話の展開のさせ方が思いつかない

180 名も無きAAのようです :2016/02/06(土) 09:21:16 ID:dFR3rSz20
何年も前と今日に同じ夢を見て書けと言われたような気がするがひどいオチだから書けない
あと精神病とネタが被る、被るか作品見て影響受けて夢見たのかわからんがとにかくネタだけ

タイトルは思いつかない
ただ内容はいつも決まってブーンと妻ツンデレの話
職場の環境で精神病というかほぼ統合失調や鬱の類を患ってしまうブーンの話
入院するブーンを待ってるツンデレと子供達、退院したブーンや退院後も 苦しむブーンが描かれる
経緯こそ何年も前と今で違うものの、オチはいつも電車のホームで飛び降りて轢死するブーンに泣き崩れるツンデレという鬱END
今回はブーンの看病で疲弊したツンデレを退院後心配するブーンと、ツンデレの誕生日に子供達がケーキ贈ってそれ食った後
(確かクリーム系の甘味を摂取すると精神的に鬱になりやすいから気をつけろってツンデレから警告受けてたような謎設定)
鬱というより電波系に近いのかもしれないが、とにかく強烈な夢だったからポイしておく

181 名も無きAAのようです :2016/02/06(土) 20:47:08 ID:WtUx2lHY0
>>180を見て全く関係ない自分がなんとなく思いついたのも不法投棄するおっおっおっ
人のネタに便乗するという粗大ごみみたいなネタなので要らなかったらヒャッハー消毒だァーーーー!!!!してくれな

何度もブーンとツンがその鬱ENDの結末をループしていて最初は本人たちも前のループをほぼ忘れちゃうんだけど
何百回と繰り返す内にいくつものデジャヴが発生してループに気づき、その運命に抗おうとしていく二人
そしてそれを観測していた何かが・・・なんていう半タイムリープ物にしても良いんじゃないかと思う

182 名も無きAAのようです :2016/02/07(日) 22:46:52 ID:fTiH0jHE0
 
知っているのなら、誰か教えてほしい。
真実は残酷だと言って、或いは思い出したくないと言って
そして聞かせたい話でもないからと、いつも葬られる。
いつだって墓場まで持っていかれる。

想像してみてほしい。
真実を知らないとは、どれほど残酷なことなのか。
知らないまま生き続けていくとは
どれほどつらく悲しいことなのか。

誰か僕に教えてほしい。
そして答えてほしい。
誰も知らない真実を。


僕は今でも探している。
年月と共に忘れ去られた、真実を。

183 名も無きAAのようです :2016/02/11(木) 22:18:07 ID:VH0rSFiA0
【リアル人狼ゲーム】

基本的なルールは普通の人狼ゲームと同じ(初日役欠け・初日銃殺アリ)


【特殊ルール】

・ゲーム上で殺害されたプレイヤーは、処刑室へと連行される

・処刑室でリボルバーを受け取り、弾を自分で2発込める

・銃口を口に咥え、引き金を引く

・一連の行動を終えても生存している場合、拳銃を置いて処刑室から退出し、霊界ルームへと移動する

・ゲーム終了後、敗者陣営は全員殺害される(霊界ルームに居ようと同様に殺害される)

・引き分けは狐陣営の勝利とする



ここまで考えたけど、シリアスな心理描写書けないからボツった
誰か再利用したい人いたら拾っていって

184 名も無きAAのようです :2016/04/14(木) 10:46:48 ID:i2WDD.ak0
セイクリッドとシークレットって響きがにてるので聞き間違えによるトリックを思いついたけどめんどくさくなった

185 名も無きAAのようです :2016/04/17(日) 16:33:26 ID:5ZrpGe5s0
ディスガイアのエクストラゲインっぽい感じを物語にしたらおもしろそうだなと思った
数値管理とその表現がめんどくさくて断念

186 名も無きAAのようです :2016/04/17(日) 16:44:00 ID:5ZrpGe5s0
もしも浮気という概念が存在せず二股三股するのが当たり前って世界だったら
ってことを考えてみたがそもそもぼっちなので掘り下げられず断念

187 名も無きAAのようです :2016/04/17(日) 16:52:56 ID:5ZrpGe5s0
埃ってのは物の消費した生命力でいずれ物は生き絶える
ただし生き物に利用されている物は生き物の生命力を吸い取り埃を出さず長生きする
誰も住んでいない家が埃にまみれているのは瀕死状態

って設定を考えたらナウシカっぽいなぁ等と感じて辞めた

188 名も無きAAのようです :2016/04/17(日) 17:10:44 ID:5ZrpGe5s0
世界タンパク質王選手権!

この言葉を扱えるネタが思いつかなかった
と言うか何でこの言葉を思い付いたかも覚えてない

189 名も無きAAのようです :2016/04/17(日) 17:19:05 ID:5ZrpGe5s0
16才の誕生日を迎えて実は魔女の子孫と発覚して魔力を扱えるようになったツンちゃんの日常系魔法失敗連発短編

ξ;゚⊿゚)ξ あーもう!魔法さえなけりゃ魔女って楽なのに!!

どう考えてもサブリナです
本当にありがとうございました

190 名も無きAAのようです :2016/04/17(日) 17:27:37 ID:5ZrpGe5s0
北海道出身のブーン(たこ焼き屋)は持ち前の人当たりの良さを生かし仲間を集める
こんなに人のいいブーンが世界征服を企んでいるとは誰も思わず協力した結果なんか大体誰かのためになってたりする
ブーン的には失敗だが周りはとても喜ぶそんなよくわからないストーリーをまとめる力はなかった

191 名も無きAAのようです :2016/05/20(金) 02:41:51 ID:bDN0fd.Y0
( ^ω^)それは舞い散る桜のようです

192 名も無きAAのようです :2016/05/20(金) 02:54:39 ID:bDN0fd.Y0
RPGの店ってすごいなぁ
どこに行っても同じ品質のものを同じ値段で取り引きできる

流通形態から利益率まで気になる
どこかに本部があって品薄にならないように届けて店頭に置いてると考える
モンスターだらけの世界でそんなことできる?

運送屋がモンスターであるなら余裕で可能
落とし物は配送途中
落とすお金は運賃

え?じゃあ勇者側って無差別強盗じゃん


って所まで考えて店の人もモンスター怖がってたりするしなぁと思って相変わらずの頓挫

193 名も無きAAのようです :2016/05/20(金) 03:38:09 ID:bDN0fd.Y0
記号を見てAAを見ず

194 名も無きAAのようです :2016/05/26(木) 22:50:49 ID:Yk41gOxE0
川 ゚ -゚)6通りの性のようです('A`)



( <●><●>)「本当に油断ならない生き物です。どんなに愛していても。どんなに信頼していても。私にはそれがわかっています」

――――

川 ゚ -゚)「選ばれたんだ。そうだろう?生物として特権階級なんだよ。だが、1人では不完全だ。だから、私にはお前が必要なんだ」


――――

ξ゚⊿゚)ξ「“オメガ”だって、“アルファ”だって、“ベータ”だって。なんだって、関係ないじゃない。あなたはあなたよ」

――――

(゚ー゚*)「勝手にやってろって感じだよね。私たちには、“ベータ”には関係ないよ」

――――

o川*゚ー゚)o「ねえママ?私はパパとママどっちから産まれたの?」

――――

(*‘ω‘*)「この2人を知らないかっぽ?こっちは、私のつがいになる男で、こっちが、私のつがいを盗んだ男だっぽ」

――――

(#゚;;-゚)「……どうしてこんな身体なんだろう?って、結局運命でしかないのかな」

――――

( ・∀・)「いつフェロモンの言いなりになってもおかしくない身体なんて、ビョーキでしかないよ」

――――

('A`)「俺は結局、ただの、苗床か、」

――――

オメガバースおもしれえホモだけじゃ勿体ねえ色々な組み合わせの愛憎劇書きてえって思ったけど構成力がなかった

195 名も無きAAのようです :2016/09/05(月) 23:55:14 ID:sK0rZi2Y0
>>191

人々は「桜」を求めた
尽きることの無い「桜」を


元来、桜とは散るものである
蕾をならせ、人々に春を告げつつ咲き、そして春とともに散っていく
その一連の流れこそが、桜の美しさとも言われた

しかし、ある酔狂な科学者は自然の摂理に異を唱えた


散ることの無く、枯れること無き永遠の「桜」
その名を、「内藤妖」
検体No.B-00n、通称「ブーン」の成れの果てであった






力尽きた…誰か拾って

196 名も無きAAのようです :2016/09/06(火) 00:08:00 ID:9xpSsjmk0
>>195 思いついたので追記

設定?
「内藤妖」のモデルは西行妖
つまり生気を吸う桜

吸うのはどこからでもいいし、星そのものからも吸える
その生気を使って花を散らないようにしてる

ただ( ^ω^)は生気を吸いたくないし、できれば散りたい
でも呼吸のようなものだから辞められなくて
そのうち命少ない奴らが集まってきて
いろんなことを( ^ω^)に話してく
ってお話

でも人生経験足りなくて書けない上に
オチが見当たらないので誰か拾って

197 名も無きAAのようです :2016/09/06(火) 01:29:28 ID:z5P3NxGc0
( ^ω^)「今なら桜の気持ちがすこーしだけわかるお
      美しくなるために散る訳じゃなくて
      全力で咲いてみたら結果的に美しく散れるんだおね〜」

ξ゚⊿゚)ξ「じゃあアンタってまだ力を出し切ってないんじゃないの?
      別に応援とかはしないけど散りたいなら本気でなんかやりきってみたら?」

( ;^ω^)「なんか、と言われましても……」


みたいな感じ?

198 名も無きAAのようです :2016/09/06(火) 06:44:13 ID:9xpSsjmk0
>>197
そうそれ
頑張れ、君になら書けるさ

199 名も無きAAのようです :2016/09/10(土) 01:42:46 ID:JqhiDatk0
とりあえず世界観と数人のキャラ設定だけ出来て投げたので誰か使うなら使ってくれ

('A`)デッドマンズ・ハンドのようです

コンセプト:『未来の西部劇』

世界観:遥か先でも、すぐ近くでもない未来。
    地球全土に未曾有の大災害が起こり、地表の大陸・島国はほとんど砂漠化している。
    本編はそれから更に50年程経った頃の話。
    災害時、人類の大多数は避難用の地下シェルターに潜ったので助かった。
    そもそも災害は地象学者などから予測されており、対応が早かったのはその為。
    地下シェルターには人類が住める居住用シェルター、食物を補完する巨大冷凍庫型シェルター、
    文化を残す為に作られたシェルターの中で最も巨大な文化シェルターが存在する。
    文化シェルターの中には世界各国ありとあらゆる膨大な書物、映像、機材が保管された。
    このシェルター各種をかならず各国一個以上作らなければならないという世界共通法が災害前に配布された。
    (この時、「もし起こらなかったら」という考えで反対意見もあったが、賛成が他を圧倒し、可決された)
    その時期、カルトな新興宗教(「神を信じれば災害は来ない」・「災害は天の裁き」等が多かった)が乱立した。
    その中の幾つかは今なお存続している。(いくつかの話でキーポイントになる)
    地下から出てきた人類に最初に襲いかかったのは重度の食糧不足である。
    地下シェルターに避難しておいた食糧では助かった人間を養うには少なすぎたのである。
    かと言って食物を新しく栽培しようにも、土地が砂漠では食物は育たない。
    その上水も深刻に不足していた。
    そして起こったのが暴動と略奪であった。
    どうあっても人口を減らしたかった各国はこれを逆手に取り、「粛清」という名目で大量虐殺を行った。
    その間に進行していた「シティ計画」の第二段階(砂漠に都市を建設し、その中で生活や、食物の栽培などをする)が成功。
    世界は「シティ」と「外界」に二分される。
    外界と言っても技術などの文化は存在しており、現代レベルの文明の一部は存在している。
    シティの場合、今よりも少し進んだ科学が発達しており、効率的な食糧供給や電力供給などが行われている。

【シティ計画の概要】
    ・第一段階:都市の建設、生活環境の設定と確保。食物栽培の実験
    ・第二段階:実際に市民の移住、食物の栽培
    ・第三段階:職業の設定。通貨の設定。貿易準備
    ・第四段階:文化の移植
    ・最終段階:シティの倫理に則った、住民への”洗脳”

シティ建設・稼働から数年の月日が流れ、シティ内部には秩序が築かれるが、外界は荒くれどもの巣窟と化す。
    主人公のドクオが住むのは、世界一巨大なシティ「2ch」の最寄にある集落「VIP」。
    シティ付近の集落は、物資が奪える事からアウトローの溜まり場になっている。
    しかも世界一の規模を誇るシティなので、物流が多いことから、世界一の悪の吹き溜まりになる。
    ドクオは「VIP」で「交渉人」を務めている。
    公証人と言っても、「銃」での交渉に限る。
    そこに一人の少女。クーが転がり込んで来るところから話は始まる。
    
   【ギア】
    元々クーの父であるセントジョーンズが作ったナノマシン『賢者の石』を媒体にして作りだされた(劣化コピー)
    ナノマシンにより、体調、身体的増強の管理をすることにより人間離れした動きをすることができる。
    ロマネスクはこれを追々は全ての人間に投与することで『完全な人類』を野望とする。
    数々の人体実験の末生まれたもので、クーの『姉妹達』も人体実験の為に作られたクローン。
    被検体の成功例として、ギコ兄弟、クーが居る。

200 名も無きAAのようです :2016/09/10(土) 01:43:46 ID:JqhiDatk0
キャラ設定:
      ('A`):ドクオ(鬱田毒男)
      年齢:25歳。
      人種:旧日本国系列
      得意な事:射撃、飲み比べ、自堕落
      不得意な事:他人とのコミュニケーション、面倒臭い事。
      
      ウーパー(ウルトラスーパー)自堕落人間。三度の飯より酒が好き。
      案の定童貞。
      元々はシティの生まれだが、幼い頃両親からの虐待を理由にシティを抜け出す。
      VIPに流れ着いた所を荒巻に拾われ育てられる。ブーンとは幼馴染。
      VIPで交渉人を務める。
      駄目男だが銃の腕前は折り紙つき。
      VIPの人間からは『デッドマンズハンド』という二つ名で通っている。
      好物はインスタント食品(人口合成食糧)と人口煙草とアブサン(酒だけは天然厨)
      全て「マンドクセ」で済ませるスキルを持つ。
      結局は童貞。

      川 ゚ -゚):クー(03-CR1778)
      年齢:身体年齢と精神年齢はおよそ17〜19歳程度。実際は5歳
      人種:人口人種
      得意な事:料理、ドクオの操作
      不得意な事:褒められる事。昔を思い出すこと。

      ドクオの元に転がり込んできた居候少女。自他共に認める美少女。
実は生態ギアの実験途中偶然生まれたホムンクルスのクローン体。
  かなりはやい速度で成長するが、肉体年齢が20歳前後になると一般人と同じ成長速度になる。
      IQ180以上ある天才少女。爆発的な超人的運動能力もあるが、使うとかなりの負担が身体に掛る。
      本物語のキーキャラクター。クーを中心に物語は加速していく。

      ( ^ω^);ブーン(内藤ホライゾン)
  年齢:26歳
      人種:旧日本国系列

      VIPで情報屋を営むドクオの幼馴染。
      ピザだが童貞ではない。
      生まれはVIPだが孤児。荒巻に拾われ育てられる。
      荒巻の情報屋業を継ぎ、現在はVIP屈指の情報屋として生計を立てる。
      ドクオの基本的なビジネスパートナーでありドクオ唯一の親友。 
      ツンと付き合っている。

      从 ゚∀从:ハイン(高岡ハインリッヒ)
      年齢:22歳
      人種:旧中華人民共和国系

      VIPで掃除屋を営む腕利きスナイパー。格闘術にも長けていて、中国拳法を操る。
      俺っ娘。萌え。
      ドクオとコンビを組んで仕事をすることもあれば、敵になることもある。

201 名も無きAAのようです :2016/12/26(月) 14:18:14 ID:QkNeQZBE0
第一特異点 炎上汚染空域VIP
第二特異点 風雪飽和戦線シベリア
第三特異点 終焉観測要塞ファイナル
第四特異点 有名無名戦争ユートピア
第五特異点 無期限休止作品(ロストスコア)デウス・エクス・マキナ

202 名も無きAAのようです :2017/03/01(水) 01:12:23 ID:MfYPUZyo0
スレイヤーズ!の設定はパクりやすい


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

小林さんちのメイドラゴン : 1 (アクションコミックス) - クール教信者


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板