したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

都市伝説を書いたり語ったりするスレ

1 名無し :2019/07/08(月) 08:53:25
なかったので

2 名無し :2019/07/08(月) 12:34:12
くねくね怖い

3 名無し :2019/07/08(月) 14:00:40
耳たぶから白い糸〜とか?

4 名無し :2019/07/09(火) 11:45:18
ジブリの都市伝説好きだったな

5 名無し :2019/07/09(火) 16:56:40
>>4 ジブリ聞きたい

6 名無し :2019/07/10(水) 10:10:06
となりのトトロ
サツキとメイの影が後半から消えている
2人は途中から死んでいて幽霊になったから影が消えた

7 名無し :2019/07/10(水) 14:40:11
トトロは実は死神で死期が近い人間、もしくは死んだ人間にしか見ることができない。

子供だけに見えると言うがメイに見えて、次にさつきに見えたがカンタには見えなかった。

さつきはトトロに死んだメイの元へ連れて行って欲しいと頼み連れて行かれてしまった。

8 名無し :2019/07/10(水) 15:49:38
猫バスはあの世と行き来する乗り物

9 名無し :2019/07/11(木) 11:20:41
さつきとメイのお母さんは結核なんだよね

10 名無し :2019/07/12(金) 10:08:09
あれ?なんか狭山の事件と関係してるとかも言われてなかったっけ?

11 名無し :2019/07/13(土) 18:47:42
狭山事件とは

1963年、埼玉県狭山市で起こった少女の誘拐事件である。狭山事件の被害者になった少女は殺されてしまう。そして彼女の姉は錯乱状態となり、妹を探しにいったが、彼女も加害者によって殺害されてしまう。

12 名無し :2019/07/14(日) 22:17:49
>>11
メイを追いかけていくさつきに重なるってことか…

13 名無し :2019/07/15(月) 15:40:25
気付いたらジブリスレになっててワロタ

14 名無し :2019/07/17(水) 11:27:35
夏だし怖い話しよ

15 名無し :2019/07/23(火) 09:37:56
赤いクレヨン

ある中古の一軒家が売りに出されています。中古とはいえ新築同様で、不思議なことに価格も大変安いものでした。

ある夫婦がこれを気に入りその一軒家を購入することにしたのです。その一軒家には買った当初から、戸棚の上にクレヨンが置かれていました。

「前の住人の忘れ物かもしれない」そう思いながらも、家主はそのままにしていました。ところがそのクレヨンが、ことあるごとに床に転がるのです。何度拾っても床に落ちている。

おかしいと思った夫婦は家を調べはじめます。すると塗り固められた壁の向こうに、もう1つ部屋があることに気が付きます。壁に穴をあけてその部屋に入ってみると、壁や床一面に赤のクレヨンで書かれた文字が埋め尽くされていました。

『おとうさんおかあさんごめんなさいここからだしておとうさんおかあさんごめんなさいここからだして……』

16 名無し :2019/07/23(火) 17:09:32
コインロッカー

あるところに子供を身ごもってしまった女性がいました。彼女は子供を育てるには若すぎるたため、駅のコインロッカーに、生まれた赤ちゃんを捨てることにしたそうです。

それからというもの、そのロッカーを彼女は避けるようになっていました。しかしある日、用事のためにどうしてもそのロッカーの前を通らなくてはならなくなってしまいます。

彼女は急ぎ足でその場を通り過ぎようとしますが、そこで小さな男の子がロッカーの前で泣いているところに出くわしてしまいます。

「どうしたの?迷子なの?」と話しかけますが、男の子は泣いてばかりで返事をしません。ところが「お母さんはどこかな?」と聞くと、男の子はピタリと泣き止み彼女の服の端をつかむと一言。

『お前だ!!』

17 名無し :2019/07/25(木) 10:51:16
マンションで一人暮らしをしているA子の部屋に、友人のBが泊まりで遊びにきていました。
楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、気づけば真夜中。明日も朝が早い2人は、もう寝ることになりました。

じゃぁどうやって寝ようか?という事になったのですが、その部屋はシングルのベッドが一つしかありません。
仕方なくA子がベッドで、Bは床に布団を敷いて寝ることになりました。

「じゃおやすみ〜」

A子が部屋の電気を消そうとした時、Bが突然
「あ〜ちょっとコンビニ行きたくなっちゃった!ね〜一緒に行こうよ?」
と言い出します。

眠気で面倒なA子は
「私はいいから、一人で行ってきてよ〜」
と断るのですが、Bは絶対に2人で!今すぐ行こう!と言ってききません。

根負けしたA子は、渋々Bと部屋を出てコンビニへと向かうのですが、どうもBの様子がおかしい。
顔は真っ青で汗をかき、逃げるようにコンビニへ向かおうとするのです。

「ちょっと〜B、どうしたのよ〜?」
Aが問うと、Bは答えました。

「A子が電気を消そうとした時にベッドの下を見たら、そこに包丁を持った男の人がいるのが見えた…。」

18 名無し :2019/07/25(木) 17:21:38
1936年の2月、ハンガリーのブダペスト市警は靴屋主人ジョセフ・ケラーの死亡現場を調査していた。ケラーは自殺とみられ、部屋には遺書とみられるメモも見つかっていた。
そのメモには、とある歌の一節が引用されていた。自らの命を絶つ者が、辞世の句の代わりとして愛する歌の一部を引用することは、別に珍しいことではないかもしれない。しかしこの歌に限っては別だった。

その歌の名前は「暗い日曜日(Gloomy Sunday)」。
当時のブダペストでは、既にこの歌に関連した17人の自殺者が出ていた。

この事態を重く見たブダペスト市警は、自殺とこの歌との因果関係は明らかになってはいないものの、販売と演奏の禁止に踏み切った。
しかし時既に遅く、すでに輸出されていた「暗い日曜日」は海外でも猛威を振るい、自殺者が相次いだそうだ。
いつしか「暗い日曜日」は自殺の聖歌とまで呼ばれるようになり、その騒動はかなり大きなものとなっていた。
イギリスのBBCでは、放送禁止の曲に指定されている。
暗い日曜日に関連する自殺者の話には、以下のようなものがある。

・バーで、ジプシーバンドがこの曲を演奏したところ、突然男二人がその場で拳銃自殺した。
・少女が「暗い日曜日」のレコード盤を抱きしめたままドナウ河で入水自殺した。
・バーで飲んでいた初老の紳士が、バンドに「暗い日曜日」をリクエストするなり、店の外に歩き出して頭を銃で打ち抜いた。
・ベルリンで若い女性が首つりで命を絶った。足下には「暗い日曜日」のレコード盤が置かれていた。
・ニューヨークでガス自殺した女性が、遺書に葬式で「暗い日曜日」を流すようリクエストしていた。
・ローマで自転車に乗っていた少年が、ふと浮浪者の前で立ち止まった。少年はポケットの有り金を全て手渡し、フラフラと河へ飛び込み死亡した。後の調査で、浮浪者はただ「暗い日曜日」を口ずさんでいただけだ、と打ち明けた。

19 名無し :2019/07/25(木) 17:22:42
ちなみに作曲したシェレッシュ・レジェー、日本で『暗い日曜日』をカバーした阿部薫、そして阿部薫の妻・鈴木いづみはそれぞれ自殺によって命を落としている(阿部薫については自殺か事故死については定かではないようです)。

2015年7月13日に、某局のテレビ番組「月曜から夜ふかし」にて恐怖体験を街頭インタビューしていたところ、ある女性がこの曲にまつわる話をしていました。
「暗い日曜日」を窓を開けながら聞いていたら、何もないベランダに血痕のようなものが浮かんできたのだとか…。

20 名無し :2019/07/31(水) 09:47:33
暗い日曜日、有名だから気になるのに怖くて聴けないw

21 名無し :2019/07/31(水) 18:10:36
家に来た警察が犯人だったのは怖いわー


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

サクラクエスト 3巻 (まんがタイムKRコミックス) - Alexandre S. D. Celibidache


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板