したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

格闘ゲームの歴史・レビュー

117 強制はしませんが固定ハンドルを推奨します :2004/09/04(土) 20:23
【作品タイトル】
マーブルスーパーヒーローズ(MSH)

【ゲーム性説明】
X-MENの続編にあたりシリーズ第2段
(正確にはvsシリーズではないが、基本操作が同じなので同列で扱われる)
前作の荒削りだったシステムを洗練。
登場キャラはX-MENの垣根をとっぱらい、マーブルユニバースのスーパーヒーロー達が使用可能。
コミックス、インフィニティガントレットが元ネタにあたり、相応のキャラやボスが登場。
有名所でスパイダーマン、ハルク、キャプテンアメリカ、マグニートなどである。

他段ジャンプ、スーパージャンプ、チェーンコンボ(地上・空中)空中ガードを基本システムとして搭載。
基本的に全ての技が空中ガードでき、全ての技がキャンセル可能。
またスーパージャンプによって縦2画面分のフィールドを駆け巡れるのも前作と同じ。
細かいテクニックでは、前作で永久ガードを蔓延させた、通常技ガード時のスーパージャンプキャンセルが不可となっている。

本作で特筆すべきなのがジェムとエリアルレイブ

ジェムという5種の宝石を試合中に獲得し、使用することで一定時間パワーアップできる。
体力回復、スピードアップ、ゲージ回復など効果は様々。
発動が任意なため、ジェムを溜め込んで一気に攻め込むことが可能。(併用不可)
また必殺技をあてるとジェムを落とすので奪い合いがおこる。ラウンド間の持ち越しはできるが1回の対戦で使えるのは各1回。
発動モーションは無敵で数ドットのダメージがあるが、ガードキャンセル発動があるため起死回生の引き金になる。

エリアルレイブは前作での空中連続技をシステム化したもの。
空中の相手に3ヒット以上のコンボを決めると成立する。
始動技と呼ばれる通常技を使い、自動でスーパージャンプ→空中チェーンが基本。
これを基に様々なコンボが考案された。所謂コンボゲーの走りである。

【おそらく仕様外のテクニック・バグ等】
バグではないがエリアルレイブを使用したコンボは極悪。
1発気絶、即死、永久、激減りコンボなどが横行。

有名なバグでは隠しキャラの使用。
サノス(ラスボス)Drドゥーム(中ボス)アニタ(ヴァンパイアハンターのおまけキャラ)
3キャラとも性能は抜群だが、その中でもアニタが異常。
インフィニティスペシャル「Love for You」は、直撃で8割、ガードしても5割の削りという無法っぷり。

隠しキャラは正規に用意されたものではなく、
使用コマンドは、フリープレイモードでコイン入れっぱなし状態で特定コマンドという特殊なもの。
しかし、あまりの魅力に筐体を改造し使用させる店は多かった。

調整もされていないのでアニタに石化モーションがなくバグってしまったり、
ドゥーム同キャラでは中Pを出すたびにキャラの色が同じになったりする。
CPU戦でも遊べるがエンディングも中途半端であった。



【特色・総括的一口攻略】
攻撃力が高く基本コンボで減りすぎるのがイタイ。ダメージ設定を低くしてやっと対戦になる。
キャラバランスはスパイダーマンがズバ抜けて強い。
ジェムキャンのサイロック、スラキャンのウルヴァリン、どっからでも無限のアイアンマン。
気絶値異常のシュマゴラス、最速投げのマグニートなど一様に特長がある。
ただしハルク、ジャガーノートやや厳しい。1発はあるが大抵コンボの練習台にされてしまうだろう。

攻めも強いが守りも強い。コンボの使い分けや投げ連携など研究要素が豊富。
さらにランダム要素のジェムを投じることで、対戦のマンネリ化をみごとに防いでいる。

惜しむらくはアニタの影響とダメージの高さ。
そして認知度の低さか・・・


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

小林さんちのメイドラゴン : 1 (アクションコミックス) - クール教信者


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板