したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

格闘ゲームの歴史・レビュー

1 1★ :2003/09/07(日) 14:25
資料的なスレにする予定です。
その作品がどのようなセオリーとなっていて、その結果
どのようなキャラが強かったのか等を書いてください。
若干面白おかしく書いてもいいかもしれませんが、
ただしその作品を「知らない他者」に広める解説記事である意味合いで書いていきましょう。
その作品への愛を込めて。
比較的書き込みの難度が高いスレと認識して下さい。

テンプレ
【作品タイトル】
【ゲーム性説明】
【おそらく仕様外のテクニック・バグ等】
【特色・総括的一口攻略】

111 強制はしませんが固定ハンドルを推奨します :2004/04/21(水) 08:56
昔カイザーやりこんでたんで書いてみます。

【作品タイトル】
カイザーナックル

【ゲーム性説明】
・新しい空中ふっとびの概念
カイザー以前の格ゲーでは、空中で通常技を食らった場合、
着地まで無敵というのがセオリーだった。
カイザーはその常識を覆した最初のゲーム。
例えば飛び込みを下大Pで落とされた場合、後方に吹き飛びつつジャンプ状態になる。
吹き飛びながら技が出せるのだ。裏を返せば、迎撃した側は追い討ちのチャンス。
またこれに付随して、全キャラ空中で起動を変えれる技を持っている。
と言っても斜め下方向にダイブする技がほとんどだが。
X-MENやZERO3が出てしまった今では不完全なシステムなのがわかるが、
当時はこのシステムに格ゲーの進化を感じた。
惜しむらくは、通常技対空が強すぎた事。このため、対空迎撃のダメージが
通常の2倍になっただけだった。ジャンプした側がどうあがいても、
優秀すぎる対空の前には無力だったのだ。
ちなみに2回目の対空を食らうと強制的にダウンになるので、無限コンボにはならない。

・超攻撃、激攻撃の存在
カイザーは6ボタンゲーム。パンチとキックにそれぞれ弱中強がある。
さらにカイザーでは弱P 中Pで超パンチ、中P 強Pで激パンチが存在する。
弱中強超激、パンチとキックが5段階で、10個もの通常技が用意されているのだ。

・クラッシュゲージシステム
サムライの怒りゲージのようなもの。ゲージMAXの時に必殺技を出すと
強化版必殺技になる。

・壊れる壁
ステージの端の壁に耐久力があり、ダウンなどで何度か叩きつけられると
壁が壊れて1画面分ステージが拡大される。
ラウンド開始時は端から端まで2画面だが、両方の壁の奥に1画面ずつあるため
最大で端から端まで4画面となる。

・最終奥義
体力が少なくなると出せるようになる。餓狼2のように撃ち放題。
だが全体的に威力は高いが性能(判定や硬直など)は低め。

【おそらく仕様外のテクニック・バグ等】
ラスボス、ジェネラルの無法な強さ。あれは何かの間違いだ

【特色・総括的一口攻略】
ヒットバック、ジャンプの感覚など、スト2に近い操作感。
新しい空中戦のシステムを搭載した割には、
結局ジャンプのリスクが高すぎて飛べないゲーム。
但し月光というキャラは空中戦特化キャラで(二段ジャンプ、
ターボの空中竜巻のような技、斬空波動のような技、空中コマンド投げ装備)、
比較的気楽にジャンプできた。
他のキャラは地上戦が主体なのだが、
多彩な通常技で地上戦を構築する、という楽しみはあった。
他の特色としては
CPU戦が難しすぎる(普通2面で死ぬ)。
音楽はZUNTATA。曲はどれもカッコイイ。

こんなもんだろうか…悪いゲームではないと思う。
知らない人と対戦してみたかった…_| ̄|○

112 111 :2004/04/21(水) 09:01
すみません、訂正

さらにカイザーでは弱P+中Pで超パンチ、中P+強Pで激パンチが存在する。

プラスが抜けてました。同時押しで超、激攻撃って事です。
読み返すと長いな…駄文失礼しました。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい写真集 - 青山 裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板